同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:ふしぎラボ-MystiskaLab-

   ● ルミナスタジオによる 体の調子を整えるシャボン玉のエクササイズ
   ● ルミナスタジオによる 創造性と繋がるシャボン玉のエクササイズ
   ● ルミナスタジオによる 創造性を育てるシャボン玉のエクササイズ
   ● ルミナスタジオによる 気持ちをリフレッシュするシャボン玉のエクササイズ
   ● ルミナスタジオによる シャボン玉に包まれるリラクゼーション
   ● アニマの素敵な下ごしらえ


ルミナスタジオによる 体の調子を整えるシャボン玉のエクササイズ

サークル「ふしぎラボ -Mystiska Lab-」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、現代人の多くが求める「体調改善」をテーマに
お淑やかなお姉さんがシャボン玉を使った癒しの催眠を施します。

「体が重くなる」などのストレートな暗示はほとんど入れず
イメージ、音、色といったセリフ以外の要素で癒すのが最大の特徴です。
リアルな音を複数重ねて流し続けますから、目を瞑って聴けば別の世界にいるような気分が味わえるでしょう。
シャボン玉の力で心身をリフレッシュ
ミレーニアに体調が整う催眠をかけてもらうお話。

「こんばんは お元気ですか?」
ミレーニアは上品で穏やかな声のお姉さん。
鳥の鳴き声が流れる中、主人公に作品のコンセプトを説明すると
さらに2つの特殊な音を流して心地いいシャボン玉の世界へ案内します。

本作品は現在までに7本出てるシリーズの第5弾。
心身両面の調子を改善することを目的に、彼女がおよそ50分に渡る癒しのサービスをします。
シリーズものですがストーリーは特にないので今作から聴いても問題ありません。

現在出てる催眠音声は序盤に「体が重くなる」とタイミングよく言ったり
終盤にカウントを数えて一気に深化させるなど暗示を中心に据えたアプローチをします。
しかしこのシリーズは言葉で感覚を伝えるシーンがほとんどありません。
その代わりイメージ、音、色を上手を組み合わせて作品世界にいる感覚を膨らませます。

催眠音声を多く聴いてる人ほど独特に感じるでしょうね。
しかしやり方が通常と異なるだけでこれも立派な催眠です。

音声の最初から最後までほぼずっと何らかの音が流れ続けるおかげで
現実世界のノイズが遮断され集中力を維持しやすくなってます。
また付属のPDFファイルに各シーンの概要や聴く際のコツも書かれてます。
様々な癒しの音に包まれて
催眠はほぼ全編にあたる47分30秒間。
横になって目を瞑り、1回だけ深呼吸してから大きくて頑丈な箱をイメージします。

催眠開始より少し前に「ヴヴヴヴヴヴ」という小刻みな振動音(バイノーラルビート)が流れ始め
開始直後には滝の音のような爽やかな効果音も加わります。
バイノーラルビートは聴けば聴くほど脳を軽く揺さぶられてる感覚がして心地いいです。

「これにより ネガティブな思いや感情が すべて遠くへと消え去りました」
箱のイメージは不安やストレスといった自分にとってマイナスの要素をすべてそこに放り込み
遠ざけてこの先のお話に専念できる環境を整えます。
本作品の舞台はシャボン玉の世界ですから、現実世界と一時的に切り離す意図もあるのでしょう。

ちなみにミレーニアは作中の色んなところで敢えて無言になり
その間は効果音だけを流して没入感と心のゆとりを与えてくれます。
暗示を無理に追う必要が無いので最中は頭の中を空っぽにしたまま聴くことができます。

テーマの体調改善に取り掛かるのはその次から。
全身がすっぽり収まるくらい大きなシャボン玉の中に入り
そこに湧き出す小さな泡を全身に纏って体の内外を洗浄します。

「この泡に包まれることで あなたの全身は まるで炭酸風呂に入ってるかのように 爽やかにリフレッシュしていきます」
そしてここからは先ほどの音に加えて水中に潜ってるような水と泡の揺れる音や
炭酸飲料を飲む時によく聴くシュワシュワ、パチパチした音が加わります。
炭酸の泡は全身をいくつかのパーツに分けて順番にゆっくり意識させてくれますし
仕事や生活で疲れてる人ほど爽快感や開放感を抱くでしょう。

無事シャボン玉の世界に移動した後は本題へと移ります。
先ほどイメージした小さな泡を今度はゼリーに変化させ
それを赤、青、緑、黄、橙、白の順に変化させてそれぞれに対応した癒しのパワーを充填します。
そして最後にすべてが融合した虹色の光でおさらいします。

「この赤色の光は 血液を浄化し 癒していき 精神的には元気や情熱を育む色です」
赤は活力、青は鎮静、緑は平和と色が持つ印象をわかりやすく伝えながら
鉄琴のような澄んだ音を鳴らす本作品らしいリフレッシュ法です。
このシーンだけで27分もの時間を取り、それをほぼ均等に分けて各色の感覚を楽しみます。
無言の時間も長めに取られてますからそのまま寝てしまう人がいるかもしれませんね。

複数の音を同時に鳴らす場合、どうしても噛み合わせが悪くなったりするのですが
同じ系統の作品をいくつも制作されてるサークルさんなだけあって扱い方がとても上手です。
ひとつでも癒やされる音をぶつからないように鳴らしてくれれば当然より癒やされます。
色が変わるたびに鉄琴のトーンを変えるなど、細かな部分にも気を遣っていて完成度が高いです。

このように、誰でもわかるイメージと音を使って誘導する変わった催眠が繰り広げられてます。
幻想的に癒す作品
サークルさんらしいやり方で体の内外を同時に浄化する良作です。

ミレーニアは主人公の調子を心身両面で改善しようと
大らかな声とのんびりした口調で語りかけながら少しずつシャボン玉の世界へ案内します。
そしてその様子を言葉よりもリアルで優しい音の数々で表現します。

イメージ、音、色といった大衆性の高い要素を使って癒す作り
その中で敢えて無言の時間を用意し聴き手をボーっとさせる配慮
炭酸や鉄琴など作品のコンセプトに合った音選び。
一般的な催眠音声とはかなり違うやり方でサービスを進めます。

催眠音声でよくある体が重いとか、落ちる感覚はあまりしないと思います。
だけど聴いてて妙にスッキリするとか、イメージ力の向上を感じる人は結構いるんじゃないでしょうか。
中盤以降の色を使ったヒーリングはその状況を活かした効果的な手法と言えます。
あとは心地よさで意識がかなりぼんやりします。

効果音がとにかく充実していて後になるほど眠くなります。
過去4作とは違う試みもされており楽しく聴くことができました。
催眠音声の中では総時間が比較的短いのも良いです。

人の心に眠る力を使って体調改善を応援してくれる作品です。

CV:桜月秋姫さん
総時間 49:54

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
シリーズ3作がセットになったバージョンも販売されてます。
個別に買うより430円ほど安いです。
ルミナスタジオによるサウンドエクササイズシリーズ 応用プログラム三点セット

ルミナスタジオによる 創造性と繋がるシャボン玉のエクササイズ

サークル「ふしぎラボ -Mystiska Lab-」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、女神のように清らかな声を持つお姉さんが
シャボン玉のイメージを使った催眠で癒しと創造性を膨らませます。

リアルな音を組み合わせ、イメージの内容に応じて変化させる作りや
イメージするコツをわかりやすく説明し、無言の時間を長めに取ってそれを強化するなど
暗示よりも音や雰囲気で感覚を操作する変わった催眠が楽しめます。
音とイメージで創造性をアップ
ミレーニアの催眠で夢の中にあるシャボン玉と繋がるお話。

「こんばんは お元気ですか?」
ミレーニアは明るくておおらかな声のお姉さん。
音声を聴いてる人たちに作品のコンセプトを簡単に説明すると
シャボン玉の夢の中へ導くための準備を始めます。

本作品は現在まで7本出てるサウンドエクササイズシリーズの第4弾。
絵画や執筆など色んな活動の原動力となる創造性を補充することを目的に
彼女が音声のほぼ全部を使って癒しの催眠を施します。

創造力を直接高めるよりも取り組みやすい精神環境を整えることに力を入れてます。
不安やストレスといった邪魔になる要素を取り除いたうえで集中できる場所に案内する感じです。
癒しのパワーが非常に強いですからそれ目当てでも十分聴く価値があります。

このシリーズが持つ最大の特徴は「音」を使って誘導すること。
音声開始直後に1分程度鳥の鳴き声やピアノBGMが流れ
ミレーニアが登場した後も様々な音を重ねて鳴らし夢の中にいる雰囲気を出します。
現実世界のノイズが遮断されるおかげで最初から最後まで音声だけに集中できます。

中でもバイノーラルビートはほぼ全編で流れ続け
最初は「ヴヴヴヴヴ」という小刻みな振動音だったのが途中から「ぷーーーん」というパルス音へと変わり
さらにしばらく経つと最初の音よりも振動の間隔が長くなったものになります。
頭に多少響く音なので普段よりも音量を絞って聴いたほうがいいでしょう。
頭の中を優しく揺さぶられる感じがして心地いいです。

それに対し技術や暗示は必要最低限の分量に抑えられてます。
「力が抜ける」とか「意識が落ちる」といったセリフはあまり言わず
シャボン玉のイメージやそれを想像するにあたってのコツを説明することが多いです。
また各シーンの最後に無言の時間を用意し、聴き手が自分でイメージするゆとりを与えます。

実際に聴いてみると催眠に入った感覚はあまりしないと思います。
でも彼女が話すイメージをそれほど苦労せずに思い浮かべられるのではないでしょうか。
全体の構造や方向性が一般的な催眠音声と随分違う変わった作品です。
シャボン玉になって不思議な世界へ
催眠はおよそ40分間。
最初は夢の中に行くための準備としてお馴染みの深呼吸や
心の中にあるいらないものを取り除くイメージをして心身をリフレッシュさせます。
指示は特に出ませんが最初から目を閉じておくのがいいでしょう。

「吸う時に 体が少し膨張していくのを感じてみてください」
バイノーラルビートと滝の音っぽい環境音がバックで流れ続け
ミレーニアも細かい合図を出さず、呼吸の際にどんなイメージをすればいいかを教えます。
1分程度無言になって自由に呼吸する時間もありますし、序盤からゆったりした誘導をしてくれます。
忙しい日々を送ってる人ほどこの「何もしない時間」に癒しを感じるのではないでしょうか。

「その箱の蓋を開けます 重くて頑丈な蓋です 箱の中はしっかりしていて どんなものでも入れることができます」
深呼吸の後に始まるネガティブなものを除けるシーンも
それらを粘土のようにこねて頑丈な箱にぶち込み遠ざけるイメージを使用します。
本作品の催眠はイメージ力が重要になりますから多くの人が取り組みやすいと感じるように言葉を選んで進めます。
どのシーンも彼女が言ったことをイメージするだけなのでものすごく簡単です。

夢の中に行く第一段階は体のシャボン玉化。
あちらの世界にある大きなシャボン玉とより深く繋がれるように
全身を細かいパーツに分け少しずつシャボン玉へと変えていきます。

「呼吸をするごとに 足先が軽やかになり 柔らかくて艶のあるシャボン玉の質感へ変わっていきます」
足先、脹脛、太もも、腰、お尻、お腹、胸と下から上へ順になぞりながら
それぞれに軽さやリラックスを感じる暗示を入れて感覚を伝えます。
バックで流れるぶくぶくと泡のはじける音や、ピコピコという電子音っぽい音もそれを助けます。
私の場合は手足の軽さと海中に漂ってるような感覚が味わえました。

そして最後は夢の中の世界で感情、知性の二方向から創造性を磨きます。
感情はピンク色をしたハート型のシャボン玉、知性は空のように青いシャボン玉と異なるイメージを用意し
最初は個別に、その後は両方を使って自分の好きなように時間を過ごします。

このシーンは無言の時間が特に長く取られてますから、無理に何かを思い描くよりも
ぼーっとしたまま頭の中に浮かんでくるものを楽しむ感じで取り組んだほうがいいでしょう。
創造性は誰かに与えられるものではなく、自分で作り上げるものと暗に教えてくれてるのかもしれません。
癒しの音だけが流れ続けるひと時は静かで落ち着きます。

このように、音やイメージを駆使して別世界に案内するテーマに沿った催眠が繰り広げられてます。
心をリセットできる作品
聴くだけで気持ちがスッキリする作品です。

慈愛に満ちた声のお姉さんが、音とシャボン玉のイメージを組み合わせた催眠で夢の中へと案内し
そこでふたつの方向から創造性にプラスに働く成分を注入します。

シーンごとに変化しながら流れ続ける効果音や環境音、敢えて何もしない時間を設けたゆとりある作り
そして暗示で直接働きかけずイメージを通じて聴き手が自分からそうなれるように導くアプローチ。
精神面のネガティブ要素を一時的に切り離し、クリエイティブなことに専念できる環境を整えます。

「あなたの意識が 爽やかで自由になるほど より深く 夢の世界のシャボン玉と繋がっていくことができます」
本作品の最も良いところは聴き手の自由を最大限に尊重してることだと思います。
シャボン玉に関するイメージを投げかけつつあまり深くは働きかけず
「こんな風にイメージしてみてはどうでしょうか?」くらいの緩い姿勢で接します。
シーンごとに無言の時間を用意してるのも聴き手自身にイメージして欲しかったからだと思います。

催眠者が1から10まで何でもするタイプの作品とは違うので
イメージがあまり得意でない人は戸惑うかもしれません。
ですが登場するイメージはどれも大衆性が高いですし音によるサポートもしています。
音声を聴いてる最中はまるで別の場所にいる気分が味わえました。

言葉以外の要素を使って癒しを与える独特な作品です。

CV:桜月秋姫さん
総時間 43:29

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
シリーズ3作がセットになったバージョンも販売されてます。
個別に買うより430円ほど安いです。
ルミナスタジオによるサウンドエクササイズシリーズ 応用プログラム三点セット

ルミナスタジオによる 創造性を育てるシャボン玉のエクササイズ

サークル「ふしぎラボ -Mystiska Lab-」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

現在までに5作品が発売されている「ルミナスタジオによるサウンドエクササイズ」シリーズ。
その3作品目にあたるこちらは、清らかなお姉さんの声に導かれてシャボン玉の世界へと赴き
そこで3種類のエクササイズをしながら心と体をリフレッシュします。

暗示を中心とする「声」で誘導する多くの催眠音声とは違い
効果音や環境音といった「音」を使って作品の世界を構築し
そこに漂いながら聴き手が自分の力で改善するのをサポートする催眠が繰り広げられています。
癒しに満ちたシャボン玉の世界へ
ミレーニアの催眠でシャボン玉の世界に移動し、癒しのエクササイズを行うお話。

「こんばんは お元気ですか?」
ミレーニアは明るくて穏やかな声の女性。
主人公の疲れた心と体を癒すために催眠を使って心地よいシャボン玉の世界へと導きます。

この「ルミナスタジオによるサウンドエクササイズ」シリーズは
そのすべてにおいてシャボン玉を扱った催眠を施してくれるわけですが
冒頭から聞こえ始める鳥の鳴き声、その直後に加わるバイノーラルビートという軽い振動音
シャボン玉の質感を連想させる弾力のある効果音など
ありとあらゆるシーンで様々な音を重ね、それによって非現実的な空間を演出しています。

音声の開始から終了までほぼ必ず何らかの音がバックで鳴り続けますから
聴いてる最中は現実世界とは切り離された気分に浸ることができるでしょう。
音質はどれもリアルですし、音量も声の邪魔にならないようきちんと抑えられています。

催眠はほぼ全編にあたる36分30秒ほど。
まずは1回だけ大きく深呼吸し、その後ミレーニアが言うイメージをしながら好きなペースで呼吸を繰り返します。

「自分が一番楽なペースで 自然に気持ちよく 呼吸してください」
「吸う時に体が少し膨らんで 吐く時に体が脱力する様子をイメージします」

彼女は催眠者というよりは案内役に近い役割を担っており
シーンごとにイメージのコツや心構えをわかりやすく説明すると
わざとしばらく無言になり、聴き手が自由に行動できる余裕を与えます。

暗示を使ってきめ細かく誘導する一般的な催眠音声とは違う緩い催眠です。
だからといって彼女は決して手を抜いているわけではありません。
聴き手が自分自身で心身をリフレッシュさせるのが今回の催眠の目的ですから
自分の内面に目を向ける時間を設けることも必要です。
そういった場面で迷わないよう彼女はでしゃばり過ぎないレベルでフォローしてくれています。

「頭にゼリーがとろりとまとわり その感覚に気持ちがよくなります」
お次は自分の全身を包み込むくらいの大きなゼリーボールをイメージし
そこに体を潜り込ませて全身を上から下へと部分ごとに揉み解します。

ゼリーに体を差し入れる際は「ごぽっ」という水の揺れる音
その後は「ぽむっ」と膜がゆれる音がリズミカルに鳴り響き、仮想空間の雰囲気を作り上げています。
シーンごとに切り替わるだけでなく、その瞬間にリアルな音を鳴らしてくれるのがいいですね。
イメージ中心の催眠だからこそ音による演出にかなり力を入れられています。
シャボン玉のエネルギーを感じながら
催眠開始からおよそ8分後、諸々の準備が整ったところでいよいよシャボン玉の世界へと移動します。
ここで行うエクササイズは全部で3種類。
一番最初は自分の両手のひらの上に丁度いい大きさのシャボン玉をイメージし
そこから手→腕→全身へと温かいエネルギーが伝わっていくのを感じます。

「あなたは握ったシャボン玉を通して 手のひらから 純粋なエネルギーを取り込むことができます」
後ろで微かに鳴り始める「プーン」というパルス音や
海底に潜っているような水の弾ける音を聴きながらイメージしていると
手のひらに軽い圧迫感があったり、体がほんのり温かく感じるかもしれません。

シャボン玉の世界がどんな場所なのかを様々な音によって表現し
イメージの内容や方向性を言葉を使ってわかりやすく教えてくれます。
声と音を上手に組み合わせてエクササイズしやすい環境を作り上げています。

「このドームの中で 安らぎを感じるだけで あなたの全身には 自然な形で創造性のエネルギーが浸透していきます」
2番目のシャボン玉の世界の空気を吸い込むエクササイズ
3番目のシャボン玉全体のエネルギーを取り込むエクササイズも至ってシンプル。
鉄琴の音やヒーリングミュージックで流れるような神々しいBGMも登場し
シャボン玉という幻想世界にいる気分を持たせながらリードしてくれます。

この世界に漂っているだけでも心地いい気分がするでしょうね。
解除後にこの感覚を取り戻しやすくするためのトリガーも用意してくれますし
刹那的な癒しを与えるだけでなく、現実世界を快適に過ごせるひとつの道も示してくれています。

このように、音を使った特殊な催眠が繰り広げられています。
現実逃避しやすい作品
シャボン玉の世界を声や音を使ってリアルに作り上げている作品です。

音声の最初から最後まで数多くの効果音を登場させ
それを常に3種類程度重ね続けることで独特の世界にいる気分を出しています。
今年に入って音を扱う催眠音声が徐々に増えつつあるのですが
本作品のように音をシーンや瞬間に合わせて複合的に使い分けている作品はまだまだ少ないです。
おかげでリアルの嫌なことを忘れてまっさらな気持ちになることができました。

「少し大きめで 部屋を包み込むくらいの大きさがいいでしょう」
「例えば 花の香りや草木の香り 新鮮な果物の香りや あまーいお菓子の香りなど あなたの大好きな香りです」

そして効果音以上に印象的だったのがミレーニアのかけるセリフです。
彼女は聴き手がイメージをする際に戸惑わないよう言葉を使って的確にリードしています。
そのほとんどが聴き手にある程度の選択権を与える緩い言い回しになっていて
音だけではどうしても表現できない部分をうまい具合にカバーしています。

私はこのシリーズを過去2作聴いているのですが
その時に比べてミレーニアの存在感がかなり増しているように思えます。
暗示のレベルが上がったとでも言えばいいのでしょうか。
全体の流れもシャボン玉よりは質感を掴みやすいゼリーを間に挟んでいますし
従来の作品に比べて若干ですがパワーアップしたように見られます。

他のサークルさんとはまった違う方向から癒しを与えてくれる作品です。
癒しを得たい人、リアルから一時的に遠ざかりたい願望を抱いている人にお薦めします。

CV:桜月秋姫さん
総時間 41:58

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
本作品には同シリーズの2作品を同梱したセットバージョンもあります。
ルミナスタジオによるサウンドエクササイズシリーズ 基本プログラム三点セット

ルミナスタジオによる 気持ちをリフレッシュするシャボン玉のエクササイズ

サークル「ふしぎラボ -Mystiska Lab-」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

今からおよそ2ヶ月前に紹介した
ルミナスタジオによる シャボン玉に包まれるリラクゼーション」の続編にあたる本作品は
温かみにあふれたお姉さんの声に導かれながら
シャボン玉を使ったイメージをして心をリフレッシュします。

前作同様ハイレベルな効果音や環境音を数多く取り入れており
それらをシーンに合わせて適度に使い分けながら
現実とは違った幻想的な空間に漂う気分を味わわせてくれます。



自分の中にある悪い要素を浄化しよう
謎のお姉さん「ミレーニア」の催眠で癒されるお話。

「こんばんは お元気ですか?」
ミレーニアは穏やかで温かい声のお姉さん。
日々の生活でストレスが蓄積している主人公を癒すために
シャボン玉を使った催眠をかけてあげます。

今回の催眠のテーマは
「シャボン玉を使ってネガティブな感情を浄化し、リフレッシュする」こと。
その目的のために作中では多種多様な効果音や環境音が登場します。

例えば彼女の挨拶が始まる前には鳥のさえずる音が鳴りますし
催眠中は「ブゥゥゥゥン」という軽い振動音と
「ズオォォォー」と滝が流れるような音の両方がバックで流れ続けます。
音声を聴いている最中は常に何らかの音に包まれ続ける形になるおかげで
リアルの雑音などから隔離された落ち着ける空間に漂うことができます。

お姉さんの言葉(=暗示)で催眠を深める世間一般的な催眠音声に対し
本作はこれらの音を中心に据えつつ、ミレーニアが言葉で補足をしながら
聴き手が物語の状況をイメージしやすい環境を整えてくれます。

催眠音声を聴いている人ほどいつもと違った印象を受けるでしょうね。
アプローチの方向性が異なるだけですからこれも立派な催眠音声です。



ゆったりとした気分で取り組める催眠
催眠はほぼ全編にあたる37分間。
最初は心身をリラックスさせるために
深呼吸やシャボン玉を使ったイメージによるマッサージを行います。

「シャボン玉の気持のよいマッサージのおかげで 全体が深く緩んでいき 神経が落ち着き 筋肉が柔らかくなっていきました」
頭のてっぺんから足先までを細かいパーツに分けながら
その都度鳴る「ぼにゅ むにゅん」という弾力のある音を聴いていると
頭が軽くゆらゆらするとか、心地いい感覚がだんだんと湧いてきます。
下敷きを軽く曲げて元に戻したときに鳴るようなすごく独特な音です。

またミレーニアはシーンごとにわざと無言になる時間を適度な長さで用意し
聴き手に様々なことをイメージしてもらえるゆとりを提供します。

本作品の最終的な目的は癒しですから、無理にあれこれやってもらうよりは
こういう何もしない時間があるほうがのんびりできるという背景もあります。
バックで流れる音を聴きながらぼーっとしているとそのまま寝てしまうかもしれませんね。

お次はリフレッシュの手始めとして大きな箱をイメージし
その中にリアルで蓄積されている嫌な気持ちをぶち込んでから
嬉しかったこと、楽しかったことなどのポジティブな感情を注ぎ込んでいきます。
ここでは「ごぽごぽ ぽよん」というシャボン玉の弾む音や
花に水をあげるような、水を左右にスライドさせながら注ぎ込む音がイメージを助けます。

今の時期ですと特に新社会人は環境の大きな変化に苦労されているはずですから
そういったものを別のところに置く、というイメージをするだけでも
心なしか肩が軽くなったり気が晴れる思いがするでしょう。

「大きなシャボン玉に包み込まれると 箱の重そうな気配は薄まり 心なしか軽くなったような感じがします」
直後に行う箱をシャボン玉で包み込むイメージも
シャボン玉の持つふわふわとした軽さでストレスを軽減させる効果を狙っています。
素材の特性を活かしながら上手にリフレッシュを促してくれます。

「この中では体の重みはなくなり 無重力のように ふわふわとした感触を楽しむことができます」
そして最後は箱の中から生まれた無数の小さなシャボン玉に全身を包まれたり
それらが合体してできた巨大なシャボン玉の中に入って自分自身を癒します。
今までとは明らかな別空間であるのをイメージしてもらうために
バックの音がトーンの高いパルス音と幻想的な音へと切り替わり
今までよりもずっと静かで落ち着ける雰囲気を演出しています。

ミレーニアが無言になる時間も他よりずっと長く
すべてを忘れて存分に気持ちいい気分に浸ることができます。
声・イメージ・音など様々な要素を上手に組み合わせながら
聴き手が没頭し、リラックスできる空間を見事に作り上げています。



ちょっと変わったスタンスで癒してくれる作品
暗示のボリュームを敢えて減らし、その代わりにリアルな効果音を取り入れることで
作品の世界にどっぷり浸りながら癒しを得られる作品です。

全編を通じて流れ続けるバイノーラルビートやパルス音
そしてイメージするシーンごとに適切に流れる様々な効果音が
シャボン玉の世界という架空の空間を鮮明に彩っています。
どの音も癒されるとか心安らぐもので統一されており
その効果もあって聴き続けていくほど眠気が増幅されていきます。

対するミレーニアは効果音が織り成すこの独特な世界を
聴き手がよりイメージしやすくなるよう言葉でサポートしています。
催眠者というよりは物語の進行役に近い位置づけになっているため
彼女は「体が重くなる」など、催眠音声ではお馴染みの暗示をあまり言いません。

ですが最初にリラックスさせ、その後イメージを使って誘導していく流れは
明らかに催眠に酷似しており、最中はイメージがとても容易に思えたことからも
ある程度の催眠状態を味わっていたのだと思います。

作品のコンセプトが聴き手自身の中にある感情を浄化することにあるため
できるだけ聴き手のやりたいように任せているところがあります。
この点が他の催眠音声との大きな違いであり特徴でもあります。

「この箱の中に入れたものは 元々あなたの中に存在しているものなので それをリフレッシュさせ あなた自身の活力を 取り戻していきます」
この作品の中で個人的にすごく気に入っているのが
ネガティブな感情を捨て去るのではなくリフレッシュするアプローチです。

悪い感情ほどできるだけ遠ざけたくなるものなのですが
人間の心はそう簡単に割り切れるほど単純なものではありません。
だからそれらとより良い形で共存できる道筋を示してくれています。
イメージ自体は幻想的ですが、やってることは意外と現実的です。

音で包み込みながらのんびりと癒してくれる作品です。
先ほど挙げた新社会人などリアルに疲れている人へ特にお薦めします。

CV:桜月秋姫さん
総時間 43:41


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
本作品には同シリーズの2作品を同梱したセットバージョンもあります。
ルミナスタジオによるサウンドエクササイズシリーズ 基本プログラム三点セット

ルミナスタジオによる シャボン玉に包まれるリラクゼーション

サークル「ふしぎラボ -Mystiska Lab-」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、天使のような優しい声のお姉さんに導かれて
シャボン玉の世界に行き、そこに漂いながら心身をリフレッシュします。

暗示で聴き手の気持ちを誘導する一般的な催眠音声とは少し違い
リアルな効果音を使ってイメージを膨らませるお手伝いをしてくれます。
環境音、バイノーラルビートといった様々な音に包まれていると
まるで別世界にいるかのような幻想的な気分が味わえます。



リアルで多彩な音に彩られた不思議な世界
ミレーニアにシャボン玉の世界へと連れて行ってもらうお話。

「こんばんは お元気ですか?」
ミレーニアは穏やかで清らかな声のお姉さん。
日頃の生活から生まれるストレスに悩んでいる主人公に
シャボン玉を使ったイメージで癒しを与えます。

本作品は聴き手が幻想的なイメージをしやすいように
効果音や環境音の質感や鳴らし方にとても力を入れています。

音声の開始直後に鳥の鳴き声が聞こえていたかと思えば
しばらくすると「ザー」っと滝の流れるような音に変化したりと
主人公がシャボン玉の世界に行く様子を音でしっかりとサポートしてくれますから
今自分が何をしているかを感覚的に掴むことができます。

そしてそれらの音のすべてが癒しの効果を持っています。
中でもほぼ全編で流れ続けるバイノーラルビートの効果は強力で
「ブーーーン」という軽く振動するような音を聴いていると
頭の中を揺さぶられているかのようなぼんやりとした感覚が湧いてきます。

※バイノーラルビートをご存じない方は以下の記事の第2項をご覧ください。
http://doonroom.blog.jp/archives/32142160.html

聴き手に物語の世界にどっぷりと浸ってもらい
さらにはリフレッシュしてもらうための効果的かつ個性的な演出と言えるでしょう。

催眠の時間はおよそ40分。
最初に深呼吸や脱力を行い適度なリラックス気分を得てから
大きな箱をイメージし、そこにリアルでの嫌な出来事や思いをすべて放り込みます。

「ネガティブな感情 マイナスの思いや 嫌な出来事 過去の思いなどを思い浮かべて 粘土のように丸めて 丸めて 思い切って 勢いをつけて放り込んでいきます」
ミレーニアはイメージをするにあたってそれが具体的にどんなものか
それをどうすればいいかをわかりやすく教えてくれます。
このシーンの場合は叩きつけるように箱に放り込んでみるといいでしょう。
嫌なことが遠ざかり、見えなくなって心がスッキリします。
彼女はわざと無言になり聴き手にそうするための時間も与えてくれます。

今回の催眠の目的はシャボン玉の世界に行ってリフレッシュすることなのですが
ただ単に行くだけでは本当の意味での癒しは得られません。
自分の汚れている部分を洗い流し、まっさらな心と体になった後
彼女は初めてそちらの世界へ行くことを切り出します。
常に自分のことを考えてくれる彼女の真心にも癒しを感じるでしょうね。



ふわふわ、ぽわぽわとした心が軽くなる空間
開始からおよそ10分後、様々な準備が整ったところで
いよいよ本題となるシャボン玉の世界へと旅立ちます。
まずは目の前に自分の体がすっぽり入るくらいの大きなシャボン玉をイメージし
全体を眺めたり軽く触ったりしながらその質感を心に馴染ませます。

「指や手が触れるたび シャボン玉は膜を揺らし あなたに気持ちよい感触を伝えてくれます」
「ぽよんぽよん」という弾力感のある音が適度に流れ
シャボン玉の柔らかさをしっかりとイメージできる手助けをしてくれます。
音自体にも心地よさを感じるでしょうね。
その世界にどっぷりと浸れるように順を追いながらゆっくりと進めてくれます。

「シャボン玉の中は とても柔らかい空気で ほんのりとした暖かさと 幸せな雰囲気に満ちています」
そしていよいよシャボン玉の中へと入ります。
腕→上半身→顔→下半身と割れないようにゆっくりと侵入しながら
ミレーニアはその都度中の世界の温かさ、柔らかさを感じさせてくれます。
効果音も滝のような音がヒーリング音楽で流れるような幻想的な音へと変わり
シャボン玉の中が安らげる場所であるのを印象付けます。

シャボン玉に無意識的に「軽い」というイメージを抱いていたからか
私はこのシーンで下半身を中心に体が軽くなったような感覚がありました。
他にも肩の力がスッと抜けるとか体が楽になる人もいるかもしれません。
そのすべてに言えるのが心地よい、癒される感覚ということです。

その後はシャボン玉の心地よさを満喫したり
ちょっとしたエクササイズをしながら心身をリフレッシュします。
柔らかく温かい効果音、慈愛に満ちたミレーニアの声
すべての要素が安心感で包まれている空間はとても心地よく
そのまま寝てしまいたくなるほど落ち着くことができました。

ミレーニアが適度に長めの休憩を挟んでくれることもあり
音声を聴く前に比べて自分がびっくりするほど落ち着いているのを実感できるでしょう。
だからこそシャボン玉の中に本当にいるかのような感覚が味わえるのです。

このように、音を使って幻想的な世界を演出している個性的な催眠が繰り広げられます。



現実逃避しやすい作品
リアルで立体的な音を駆使して物語をイメージしやすくしてくれている作品です。

環境音やバイノーラルビートといった人間の本能に働きかける音を駆使し
それらを聴き手が安らげるものに統一することで自然な癒しを与えます。
ミレーニアが行うのはイメージの内容や何をすればいいのかの説明くらいで
他の部分をほぼ効果音のみで演出しています。
非常に珍しいタイプの作品と言えるでしょう。

音声を聴き始めた当初、効果音がちょっと大きいかな?と感じたのですが
それも本作品の持つ独特の世界観に浸ってもらうための演出なのでしょう。
効果音が小さいとリアルで発生するノイズが耳に入るため
それがシャボン玉の世界に行くには邪魔になってしまいます。
おかげで一時的に別世界にいるかのような現実逃避気分がとても味わいやすいです。

一般的な催眠音声との大きな違いは、効果音中心であるのに加えて
「力が抜ける」「意識が沈む」といった暗示をそこまで入れてこないことです。
ですから催眠に入った感覚はあまりしないかもしれません。
しかしシャボン玉の世界をとてもイメージしやすいように感じるでしょう。
それはミレーニアが上手に聴き手のイメージ力を膨らませているからです。

催眠者が何でもかんでもやってくれるようなスタイルではなく
彼女は聴き手が自由にイメージできる場を整えてくれます。
アプローチの方向性が違うだけで、本作品も立派な催眠音声だと思います。
少なくとも私はスッキリした気分で聴き終えることができました。
自由がある、ゆとりがあることも癒しにとっては必要不可欠です。

言葉よりも音を使って感覚を伝えてくる変わった趣向の作品です。
癒しを求めている人が聴くのが一番ですが
ちょっと変わったスタイルの催眠音声を聴いてみたい人にもお薦めします。

おまけはシャボン玉に包まれてのフリーフローエクササイズです。
(セリフは無く本編で登場した効果音のみで構成されている音声)

CV:桜月秋姫さん
総時間 本編…46:18 おまけ…45:14


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
本作品にはこの後に出た2作品を同梱したセットバージョンもあります。
ルミナスタジオによるサウンドエクササイズシリーズ 基本プログラム三点セット

アニマの素敵な下ごしらえ

サークル「ふしぎラボ -Mystiska Lab-」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。
全年齢向けの癒し系作品を専門に作られているサークルさんです。

本作品は少女にお菓子の世界へと導かれて
そこで心と体をとろとろに溶かして気持ちよさを味わいます。
体をお菓子に変えられる作品は他だと「ちょこれーとになっちゃう催眠音声。」が挙げられますが
催眠状態にいる時の心地いい感覚にイメージが似ており
お菓子の持つ甘さや美味しさも手伝って幸福感が割と簡単に得られます。



不思議な音を聞きながらお菓子の世界へ
謎の少女「アニマ」と一緒にお菓子の世界へ行くお話。

「初めまして それとも またお会いしたのかしら?」
アニマは幼さを感じる可愛い声の女の子。
主人公を楽しくて素敵なお菓子の世界へと案内するやめにやってきた彼女は
そこに行くための準備として彼の体を声を使ってリラックスさせます。

本作品は作中でバイノーラルビートの有無を選択可能で
有りの場合は開始序盤から終了直前まで軽く振動するような音が聞こえます。
(バイノーラルビートの詳細については「妖怪娘催眠噺~座敷わらしの章~」をご覧ください)

これ単体で聴くと人によっては頭が痛くなりそうなタイプの音なのですが
今回は環境音の裏でこっそり流すような演出が施されており
事前に知らないと流していること自体に気づかないかもしれません。
あくまでリラックスの促進をサポートするような控えめな役割に留めています。

催眠はほぼ全編にあたる40分ほど。
最初はお馴染みの深呼吸と脱力で心身を程よくほぐします。

「ここは 落ち着ける環境 誰もあなたの心を邪魔する人はいないから ゆったりと 自由に心を開放して 寛ぐことができると思うわ」
催眠でよく使われる手法なだけに、これ自体にも十分なリラックス効果があるのですが
アニマがこれらにゆったりと取り組めるように意識してのんびりと話していたり
この段階から聞こえ始める滝の水が流れるような環境音も加わって
割と序盤から作品の世界に没入することができます。

神経質な人や周りがややうるさい地域に住んでいる人だと
声だけでは無音の時間に雑音が聞こえてなかなか集中できないケースもあります。
しかし本作品はほぼ常に何らかの環境音が流れている作りですから
それらが邪魔な音をシャットアウトして、作品をより楽しめるようにしてくれています。

「こねればこねるほど 芯まで柔らかくなって どんどん力が抜けていくわ」
お次は実際にお菓子の生地をこねるように彼女がパーツごとに全身を揉みます。
ここでも「ぽわん むをん」というやや立体的な不思議な効果音が流れ
お菓子作りの雰囲気を盛り上げてくれます。

誰かにマッサージを受けている場面をイメージし、その気持ちよさを思い浮かべながら
さらにリラックスして意識をぼんやりとさせていきましょう。
そうやって心と体の境目を取り除き、ただのお菓子へと自分を作り変えていくわけです。
私の場合はこのシーンで肩のあたりがかなり重くなるのを感じました。



あまーい世界でアニマとひとつに
ある程度お菓子の土台ができあがったら今度は味付け。
アニマはバニラとチョコレートを主人公に注いでかき混ぜながら
甘い味と香りを植え付けて幸せなひと時を味わわせます。

「バニラがあなたに混ざっていくと あなたの体が 優しいバニラの香りと味に ふわふわあまあまの バニラクリームに 変化していくの」
どちらもアイスでよく見かける味なだけに誰でもイメージが可能で
かつ甘いものが嫌いな人でもなければ好ましく思う素材です。
どちらかといえば女性の方が楽しみやすい内容でしょうね。

彼女が意識して話を止めて、聴き手にイメージを膨らませてもらう時間がここから多くなり
自分の無意識に眠っているそれらの感覚や印象を余裕をもって確かめることができます。

「2人の隙間はなくなり 合わさったところから混じりあい 同化して あなたの体は 私の中にゆっくりと 沈んでいくの」
そして最後に主人公が変化してできたお菓子を彼女が美味しくいただきます。
本作品では「食べる」だとイメージ的にマイナスに働くと考えたのか
実際は彼女と溶けあって同化するといった描写がされています。

液体の中にいるイメージにふさわしい水中で泡が弾ける音を背後に聴きながら
白い液体に染まってすべてを真っ白にし、体の芯からリフレッシュします。
おそらくこの段階で頭の中がとろとろになっている感覚を強烈に味わっているでしょうから
あとは彼女の声を聞きながらそれに浸るだけでも十分に気持ちよくなれます。
エッチな要素が一切ないおかげで癒しに専念できるのがいいですね。

このように、イメージを中心とした幻想的な催眠が繰り広げられます。



現実逃避できる作品
アニマの不思議なキャラ、わかりやすくファンシーなイメージ
そして諸々の効果音が合わさって仮想世界にいるような錯覚を見せてくれる作品です。

アニマは聴き手を不安がらせる表現をできるだけ避けながら
実際にお菓子を作る要領で気持ちよさや心地よさを味わわせようとします。
こねる際も「むにーん むにむにん むにゅーん」と可愛い声と擬音語を使っていて
そういったやや子供っぽい部分が和みや癒しを生み出しています。
甘いお菓子を作るイメージも彼女のキャラに合っており違和感なく聴けます。

効果音についてはちょっと鳴らしすぎかな?とも思うのですが
音自体はクオリティが高くイメージも適していると言えます。
アニマの声と環境音・効果音にほぼ同等のウェイトを置いて
別々の方向からリラックスやリフレッシュへと導いているように感じられました。

催眠は分割弛緩法、イメージ法、沈黙法といった古典系の技術が使われています。
しかし、それらを型どおりになぞることに力を入れるあまり肝心の暗示のボリュームが少なく
どちらかというと彼女の声に導かれるというよりは
彼女の与えたイメージを材料に、こちらがそれを料理して心地よさを感じる作りになっています。
具体的には体をこねている際にその様子をわかりやすく伝えてくれますが
「こねられた部分が温かくなり、気持ちよさを感じる」といった暗示はほとんど入れてきません。

正直なところ、一般的な催眠音声と比べると催眠的な効果はやや弱いです。
ですが世界観がしっかりしていて没入感を得やすく
その結果リフレッシュ効果は大いに見込めると思われます。
私自身が聴いている最中は来客があったのに気づかないほどのめり込んでいました。

総合的に見て、純粋な催眠音声と呼ぶには厳しい部分もあるのですが
作品の目的である癒しの効果は一定以上得られると判断しました。

サークルさんも作品説明文で「催眠の技法を用いています」とは書いていませんし
作中でも「催眠」と一切言わないなど催眠らしさを敢えて消している姿勢が見られます。
だから本気の催眠ではなく催眠の要素を取り入れて
より効率的に癒しを与えてくれる作品と考えるのが妥当でしょう。

CV:七凪るとろさん
総時間 48:36


オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
解除音声はもちろんあります。

↑このページのトップヘ