耳かき旅館 猫屋敷 ~子子その2~

サークル「耳かき工房」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、温泉街にある旅館で働いてる上品な女性が
ここを再び訪れた男性を様々なサービスで癒します。

会話は必要最低限に抑え、その代わりリアルな音をたっぷり鳴らすのが特徴で
序盤は足や肩、中盤以降は耳とお世話する部位を変えながら
それぞれに合ったリアルな音を適度に変化させて落ち着ける空間を作り上げます。

販売ページのジャンルタグに「催眠音声」が入ってますが
催眠音声ではありませんのでご注意ください。
秋の日を2人でのんびりと
耳かき旅館 猫屋敷の店員「子子(ねね)」が健全なお世話をするお話。

「あっ お久しぶりでございます 耳かき旅館 猫屋敷に二度もお越しいただきありがとうございます」
子子は甘くしっとりした声のお姉さん。
旅館を再度訪れた主人公を嬉しそうに迎えると
館内を回ると言う彼に簡単な説明をしてひとまず別れます。

本作品は2018年9月に発売された「耳かき旅館 猫屋敷 ~子子~」の続編。
前回のサービスが気に入ったのか、この地を再び訪れた彼を癒そうと
彼女が90分程度の時間を使って合計7種類のサービスをします。
耳に特化した構成だった前作とは違い、今作は足湯や爪切りといった耳以外のケアも合わせて行います。
ストーリーや込み入った背景はないので前作を未視聴でも大丈夫です。

最大の魅力は音を主役に据えて物語を進めること。
どのパートも会話より音の比重を高くし、状況に合ったリアルな音を通じて癒しを与えます。
セリフは状況説明や小話といった軽いものがほとんどで
しかも音の合間に一言二言話す程度と必要最低限に抑えられてます。

例えば挨拶を終えた直後に彼が1人で自室に移動するシーンがあるのですが
そこはセリフをまったく入れず足音と環境音だけで表現してます。
サークルさんが自然公園に出向いて録音されただけあって静けさや落ち着きを感じました。
秋らしさを演出するためにゆっくりのんびり音を鳴らしますから
聴いてる最中は普段よりも時間の流れが緩やかに感じるでしょう。

ASMR(音フェチ)が好きな人にはかなり向いてます。
セリフを挟まなくても簡単にイメージできるくらい音の質と動きがハイレベルです。
音が織りなす癒しの空間
主人公が「竹の間」と呼ばれる部屋に移動した後、最初にするのは足湯(約20分)。
部屋に備え付けられてる湯船に足を浸したまま
子子が足と肩のマッサージや爪切りをします。

開始と同時にちゃぷちゃぷとお湯の揺れる音が適度な間隔で鳴り始め
ジェルスクラブで左右の足を交互に優しく擦る、両肩を撫でたり指圧する
右→左の順にパチンという軽快な音を鳴らし最後にヤスリをかけるといった行為をほぼ音だけでお届けします。

「こちらのお湯は アルカリ性の単純温泉となっていて お肌に優しく リラックス効果も期待できます」
最中のセリフはこれから何をするかや簡単な説明くらいで
それ以外は「んっ」などの小さな掛け声を漏らす程度に留まってます。
ここまでセリフを削ってるのは音に相当な自信があるからでしょう。
実際のところ現在活動されてるサークルさんの中でも上位に位置する品質を持ってます。

肩のマッサージをする際にわざと拳で叩かないのが印象的でした。
本作品は秋らしさを大事にしてるのであまり激しい音を鳴らさないよう心がけてます。
拳で叩く音は刺激的な反面、静けさを壊す可能性があるからこうしたのではないかなと。
音、セリフ、間をすべて優しいもので揃えて作品に統一感を持たせてます。

続く4パート61分間は耳に的を絞ったサービス。
夕食を挟んでから両耳を指でゆっくり引っ張り、カミソリのような器具を使って産毛を取り除き
膝枕の状態で左右の耳を耳かき棒と梵天で掃除して内外を綺麗にします。
仕上げの息吹きはどちらも弱めの風圧で8回程度行います。

耳マッサージは弾力のある摩擦音を内から外へ引っ張るように
産毛剃りは「じょりっ」という尖った音が一方向に何度もスライドするように
耳かき棒は「ぞしゅっ」という若干硬さのある平べったい音を手前と奥で動きを変えながら、と
ここも作品の強みであるリアルかつ多彩な音が登場します。

「うふふっ 前回 気持ちよく思っていただけたみたいで 何よりです」
特に産毛剃りは前作でも好評だったサービスということで14分も用意し
電動ではなく手動にしてじっくり聴けるようにしてあります。
わざと手間をかけることで静けさを維持するあたりがすごく本作品らしいなと。
聴き手が頭を空っぽにできる時間が長ければそれだけ癒しも強くなります。

「すぐ近くに流れる猫川で 真っ赤な紅葉が ゆらゆら ゆらゆら」
他には耳かきパートの中盤で催眠暗示っぽいセリフがほんの少し登場します。
このへんが「催眠音声」タグをつけた理由なのかなと。
彼女に催眠をかける意図がなく、これといった技術も使われてないことから
この音声を聴いて催眠状態になる可能性は皆無と見てます。

このように、様々な音を上手に組み合わせたゆるーいサービスが繰り広げられてます。
静かな作品
旅館でまったり過ごしてる様子を疑似体験できる作品です。

子子は猫屋敷を再び利用してくれた主人公に癒やされるひと時を提供しようと
午後から夕方あたりに渡って秋らしさを感じる静かなサービスを行います。
そしてこれらの多くを言葉ではなく音で表現して作品の世界にゆっくり引き込みます。

上品で落ち着いた女性が2人きりで健全なお世話をする穏やかなシチュ
セリフよりも音の量を多くし、状況に応じて動きも変えてお届けする音重視の作り
足湯に浸かりながら足、肩、爪をケアする序盤シーン。
前作の長所を継承しつつ新しいことにも挑戦してます。

ASMRは全年齢向けを中心に最近流行ってるジャンルで競争も激化してます。
そんな背景を踏まえて変わり種を投入するサークルさんも中にはいらっしゃるのですが
耳かき工房さんの場合はほぼ王道路線を貫き質で勝負してます。
これだけ良い音を作られてるなら私もその方針が正しいと思います。

音質が凄いのに加えて動きにかなりこだわってます。
同じサービスでもシーンによって音の位置、距離、ペースが変わって本当にリアルです。
サービスの種類が多めなのに慌ただしさを感じないのはどのパートもゆとりを持たせてるからでしょう。
音ごとの間隔を長めに取って丁寧に鳴らすから環境音とも違和感なく共存できてます。

声や言葉よりも音を楽しみたい人には強くおすすめします。

CV:たまこさん
総時間 1:34:54

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年5月13日まで50%OFFの162円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。