同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:すたじおちぇりー

   ● ドスケベお姉ちゃんのイタズラ催眠
   ● あんしん・甘々おねショタ催眠


ドスケベお姉ちゃんのイタズラ催眠

サークル「すたじお ちぇりー」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて悪戯好きなお姉ちゃんが
寝たフリをしてる少年に催眠をかけてから変わったエッチをします。

深呼吸をたっぷりさせながら軽い暗示を入れるリラックス特化の催眠
特定の音やカウントを起点に興奮と絶頂を促すエッチなど
年上の女性に優しく弄ばれる雰囲気を大事にした催眠音声らしいサービスを行います。

この作品はDMM専売となっておりDLsiteでは現在販売されてません。
今後発売される見込みもないようですから興味を持った方はDMMにてお買い求めください。
お姉ちゃんとするいけないお遊戯
お姉ちゃんに催眠をかけられ何度もイかされるお話。

「おーい おーい おーい 起きろ」
お姉ちゃんはやや男らしい話し方をする優しい声のお姉さん。
主人公の部屋に来たところ彼が寝てるので起こそうとすると
寝たフリをしてるとすぐさま見抜き、催眠を使ったエッチな悪戯を始めます。

本作品は肉親もしくは幼馴染あたりの非常に親しい間柄にある彼女が
無抵抗な彼にちょっぴり意地悪する形で催眠やエッチなサービスを提供します。
「ドスケベお姉ちゃん」と言われてるだけあってほぼすべてのシーンを積極的にリードし
エッチも前半と後半でスタイルを大きく切り替え何度も何度も絶頂へ追い込みます。

「あたしがお前に催眠術かけて すっごいいやらしいことしてやる」
セリフだけを見ると乱暴な印象を受けるでしょうが
口調は終始穏やかで高圧的に感じることはまずありません。
弄ばれてる雰囲気をより強く出すために敢えて男性っぽい部分を持たせた感じです。
無理矢理犯す展開にもなりませんし、聴き手を楽しませることを第一に考えながらプレイを進めます。

催眠はおよそ19分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずはお馴染みの深呼吸で心身を一旦落ち着けます。

「本当に眠ってるみたいに 眠ってるみたいに ゆーっくり」
彼が寝たフリをしてる状況を利用し寝てる時の感覚をイメージさせたり
息を吐くのに合わせて「力が抜ける」と軽い暗示を入れるなど
催眠に入るための環境作りを見据えて最中は色んな言葉を投げかけます。

本作品は催眠パートが19分、エッチは11分と深呼吸する時間が非常に長く
これらを続けてるだけでも胸のあたりがスッキリするとか、意識がぼんやりする感覚が湧いてきます。
催眠は意地悪な要素がまったくありませんからいい気分に浸って聴けるでしょう。

7分程度深呼吸を続けた次はいよいよ催眠状態を少しずつ深めていきます。
引き続き呼吸しながら彼女が手を叩くのに合わせて目を開き、しばらくしたら閉じるのを繰り返します。

サークルさんは半覚醒状態と催眠状態を往復させる揺さぶりを意図してやられてると思うのですが
1回目をやる際に目を閉じるタイミングが明確に指定されないこと
閉じたのに合わせて追い込みの暗示を入れてこないことから
このシーンで催眠に入っていく感覚が味わえる可能性は低いと見てます。
私の場合も深呼吸による眠気を軽く感じただけで体の重さや催眠特有の感覚はありませんでした。

深呼吸も合図はしっかりしてるのですがそれに合わせて暗示を入れる頻度が低く
結局のところ暗示を受け入れやすい状況を作ったところで終わってます。
この流れなら例えば呼吸の合図と暗示を入れる声をふたつに分け
それぞれがタイミングを取って語りかけていれば今よりもずっと深いところに誘導できたはずです。
「何のために深呼吸や目の開閉をさせるのか」を考えながら催眠を組み立てて欲しかったです。

ひたすら深呼吸を繰り返すリラックス特化の催眠です。
聴き手の心と体を骨抜きにし、お姉ちゃんが好きに弄べる状態にすることを目的に
最初から最後までほぼずっと深呼吸を繰り返し、その合間に脱力の暗示を入れたり目の開閉をさせます。

全体の流れは特に問題ないと思います。
ですが時間に対する暗示のボリュームが少なく、入れるタイミングも的確とは言えません。
催眠のキーとなってる深呼吸を有効活用できてないところも引っ掛かります。
彼女の目的を考えれば脱力にもっと力を入れてもよかったのではないかなと。

以上のことからあまりよくない催眠と私は考えてます。
最初は優しく、次は意地悪に
エッチシーンは38分間。
プレイは擬似手コキ、音による絶頂、上半身舐め、フェラ、お姉ちゃんのオナニーです。

擬似手コキ、オナニーの際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「今からお姉ちゃんが ご褒美をあげような」
催眠を使って主人公を抵抗できない状態にしたお姉ちゃんは
言葉と音を組み合わせた責めで体の感度や絶頂したい気分を盛り上げます。

エッチは終始彼女がリードする形で進みます。
前半の20分間はおねショタらしい甘やかすスタイルでの責め。
手コキっぽい音を鳴らしながらおちんちんが敏感になる暗示を入れ
ある程度準備できた後にカウントと心臓の鼓動音を組み合わせて最初の絶頂へと導きます。

「この音が聞こえるたびに お姉ちゃんがキスしてくれる おでこの奥が ムズムズして ジンジンして 気持ちよくなる」
「この音がするたびに お前の体の奥がキューッとなって 切なくなる」

このシーンでは彼女が彼の体に直接触れる描写がほとんどない代わりに
責められてるイメージを膨らませる音を適度に鳴らして興奮を後押しします。
特定の音をトリガーに感覚を操作する音モノっぽいプレイと思ってください。
心音以外の音は同人音声のエッチシーンで流れる効果音とほぼ同じで結構エロいです。

絶頂については心音が鳴った瞬間にイク暗示を事前に入れ
それから10あるいは5カウントをストレートに数えるシンプルなものです。
面白い試みだと思うのですが、残念ながらここも前後の暗示が弱い関係で効果が薄くなってます。
今回がまだ2作目なのもあるのでしょうけど、音やカウントといった素材を持て余してる印象を受けました。

それに対して後半は彼女の態度がややSへと傾きます。
心音でイクことを教え込んだうえで今まで通りカウントを数え、それを最後にわざと鳴らさなかったり
5秒程度ちゅぱ音を鳴らしてしゃべるのを繰り返す焦らし系のフェラで性感を限界ギリギリまで蓄積させます。

「イかせてもらえないたびに お前の中でムズムズしたものが溜まって 気が変になりそう」
プレイ自体は意地悪ですが彼女の態度は引き続きさばさばしてます。
言葉責めをしたり彼の情けない姿を嘲笑うことはありません。
前半よりも強い絶頂を味わわせるために敢えてこうしてると見るのが妥当です。

カウントを使った寸止めプレイがメインになるので、カウントを数えるシーンがとにかく多いです。
ただカウントは単に数えるだけだと催眠にとってそれほど意味のある行為にはなりませんから
回数をもう少し減らす代わりに「数が減るほど股間のムズムズが強くなる」など
カウントそのものに暗示を丁寧に入れることを頑張ったほうがより機能したと思います。

「オナニー気持ちいいっ チンポ チンポ好きっ」
最後の絶頂を迎える終盤だけはプレイの内容が大きく変化します。
これまでのプレイで我慢できなくなった彼女が彼に跨ってオナニーを始め
おまんこをかき回す音を鳴らしながらやや下品な淫語を連呼します。

最後まで意地悪に振舞ってたらおねショタらしさが崩れてしまいますし
二人で一緒に楽しんで締めくくる展開はとても良いと思います。

このように、優しさと厳しさが混在した催眠音声らしいエッチが繰り広げられてます。
シチュは良いのだが…
ワイルドな女性が自分なりのやり方で少年をもてなす穏やかな作品です。

お姉ちゃんは自分が来ても恥ずかしくて起きられない主人公を楽しませようと
まずはリラックスできる催眠を施して緊張をほぐし、それから緩急をつけた独特なエッチをします。

全編の半分近くで深呼吸を続けるスタイル、音やカウントといった催眠らしい要素を織り交ぜたエッチ。
おねショタの醍醐味である年上の女性が優しくリードする姿勢を維持しつつ
男女がする普通のエッチとは明らかに違うプレイで彼をドライオーガズムに導きます。

「また遊んで欲しかったら 何度でも戻ってきていいんだぞ? お姉ちゃんは お前のこと大好きだから」
彼女は自分となかなか上手く接することができない彼を可愛いと感じており
強引に責めたりせず言葉と体への刺激を組み合わせてじっくり気持ちよくします。
そしてエッチの終盤では我慢できずにオナニーを始める可愛いところも見せてくれます。
頼り甲斐があって女性らしさも持ってる魅力的なキャラに映りました。

催眠は暗示の扱いや表現が軽い点を改善した方がいいと思います。
深呼吸は催眠音声だと本当によく見かける行為ですが
サークルさんの実力や経験によってその品質に大きな差が出ます。
深呼吸をしっかりやること自体は問題ないので、今後の作品でそれをどう活かすかに期待したいです。

エッチは催眠音声だからこそできるプレイを強く意識してます。
中でもくちゅ音や心音に暗示を連動させるアプローチは珍しくて面白いです。
ただカウントは今のままでは闇雲に数えてるだけになってるかなぁと。
序盤の感度強化も「ムズムズ」「ジンジン」といった同じ単語を繰り返し言ってましたし
催眠パートと同じく暗示の表現力や幅広さを磨いていけばもっと良いものが生まれると思います。

絶頂シーンは10回。
くちゅ音それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

以上のことから今回はこの点数とさせていただきました。
価格がたったの100円ですから興味を持った方はどうぞ気軽にお試しください。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:07:43

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点

ドスケベお姉ちゃんのイタズラ催眠
体験版はこちらにあります


追記
ページがうまく表示されない場合は以下のコメントご覧ください。
http://doonroom.blog.jp/archives/36419653.html#comments

作品自体の点数は3点。
コスパが非常に良いので+2してあります。

あんしん・甘々おねショタ催眠

サークル「すたじお ちぇりー」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまなお姉ちゃんが
甘えん坊な少年に催眠を交えた気持ちいいサービスをします。

総時間の半分以上の時間で深呼吸するリラックス特化の作りが魅力で
彼女と密着してる状況から温かさを伝えたり、それをエッチな感覚に変換してイかせるなど
ストレートなエロ要素をほとんど使わず言葉だけで心地よさや絶頂感を与えます。

この作品はDMM専売となっておりDLsiteでは現在販売されてません。
今後発売される見込みもないようですから興味を持った方はDMMにてお買い求めください。
温かい声と体に包まれて
お姉ちゃんに催眠をかけられ気持ちよく絶頂するお話。

「あら? こんにちは 今日も遊びに来たの?」
お姉ちゃんは明るくて温かい声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明し目を閉じさせると
遊びに来た主人公と肌をくっつけて甘やかします。

本作品は甘やかし上手な彼女が甘えん坊な彼に終始体を密着させながら
総時間をほぼ均等に分けて催眠と2種類のエッチを提供します。
おねショタ系のエッチと聞くと筆おろしあたりをイメージするかもしれません。
ですが彼女はフェラやSEXといったストレートな責めを一切行わず言葉だけでイかせようとします。

私が聴いた限りだとエロ要素と呼べるのは淫語(「SEX」を一回言うだけ)くらいで
一般的な18禁音声作品よりもずっとマイルドな描写がされてます。
性的快感ではなく彼女と一緒にいる幸福感で絶頂させるタイプのエッチと思ってください。

癒しのパワーは結構強いですからそちら目当てで聴くほうが満足できるでしょう。
また75分近くのボリュームに対し価格がたったの100円とコスパが抜群に優れてます。

催眠はおよそ28分間。
横になって目を瞑り、まずはじっくり深呼吸しながら彼女の声に耳を傾けます。

「君は風船 空気が溜まる 大きくなる 空気が抜ける 小さくなる」
「息を吸って 吐くと とっても静かで 穏やかで ゆったりした とても幸せな気持ちに なれるよね」

彼女は一人でも多くの聴き手がより良いリラックスを得られるように
呼吸の様子を実況したり、風船に例えたり、心にプラスに働く暗示を適度に入れます。
本作品は催眠エッチ共に深呼吸に大変力を入れており、この先も深呼吸を指示するシーンがたびたび登場します。

「総時間の半分以上にあたる42分する」と言えばボリュームの多さがわかっていただけるはずです。
少し経つと彼女の声が呼吸のリズムを取る役と話しかける役に分かれますから
その通りに続けていけば徐々にスッキリした感覚が体中に広がっていきます。

心身を適度に落ち着けた後にするのは体の脱力。
左右の腕と足にひとつずつ意識を向けて脱力感や軽さを感じます。

「息を吸うと 右足が軽くなっていく 息を吐くと 右の指先がどんどん軽くなる」
ここでも彼女は彼が深呼吸してる状況を利用し
息を吸ったり吐いたりするほど感覚が強くなるように暗示を入れます。
時間に対する暗示の量が少ないためそれほど強い脱力感は得られないのですが
深呼吸を続けたことによる心地よさや眠気はそれなりに感じるでしょう。

深呼吸しながらひたすら脱力するリラックス特化の催眠です。
聴き手を深いリラックス状態にすることを目的に、パートの大部分で深呼吸させながら
最初は純粋なリラックス、その後は手足の脱力や温かさと内容を切り替えて進めます。
そして最後におそらく深化への誘導と思われるカウントを数えます。

流れが極めてシンプルですし内容もテーマの癒しに合ってると思います。
しかし技術面を見る限り残念ながらこの音声を聴いて深い催眠に入れる可能性は薄いです。
暗示の量が少なく方向も定まってないこと、深化部分が非常に弱いことが主な理由です。

前者は深呼吸を長時間する関係でそれらと連動して暗示を入れるシーンが多く
結果的に個々の暗示がものすごく軽くなってしまっています。

「息を吸うと お腹がぽかぽかしてくる 息を吐くと お腹が優しくスッキリしてくる」
「息を吸う 満ちていく 気持ちいい 息を吐く 綺麗になる 気持ちいい」

もう少し具体的に言うと、彼女は「深呼吸すると体が温かくなる」と言った数分後に
今度は「深呼吸すると気持ちよくなる」と暗示を入れます。
さらにその多くが二言程度しか言わないため、感覚が実際に湧いてくる前に次へ移ってしまうわけです。

例えば最初のシーンで深呼吸する際に森の中にいるイメージを絡めて
「森の空気を吸い込むと心が安らぎ、吐き出すと体の中に溜まったストレスが抜けていきます」と入れ
次の温かさを与えるシーンでは日向ぼっこのイメージ、その後の脱力は空に浮かんでるイメージなど
同じ深呼吸でも異なる題材を取り入れて暗示を入れていれば随分変わったと思います。

個人的には呼吸のリズムを取ってるのなら吐き出す時に暗示を的確に入れるだけでも
今よりずっと深いところまで誘導できたと見ています。
そうすれば少なくとも今より暗示の密度が高まり感覚を伝えやすくなるはずです。
全編を通じてセリフの間がほぼ一定ですし、今のままだとただ何となくやってるように映ります。
深呼吸を「なぜ」ここまでたっぷりやるのかを考えながら進めてほしかったです。

後者については脱力後に10カウントを数えるだけなのと
その前後と最中にこれといった暗示を入れてこないため深く入るのは難しいです。
この音声を聴いて意識がぼやけたり眠気を感じる人はそれなりにいると思います。
でもそれは深呼吸を長く続けた結果であって催眠の技術によるものではありません。
暗示を受け入れやすい環境を整えたところで深化させずエッチに進んでいます。

以上のことから大変厳しい催眠と見ています。
エロ要素を極力削った独特なエッチ
エッチシーンは2パート28分間。
プレイは言葉による絶頂のみです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「わかった 君のこと もっと もっと気持ちよくしてあげる」
催眠をかけて主人公の体を隅々まで心地いい感覚で包み込んだお姉ちゃんは
引き続き言葉を使って彼がもっと気持ちよくなれるように誘導します。

エッチは手やおっぱいを一切使わず、引き続き体を寄せ合ったまま声と言葉でイかせます。
ドライパート1と2がありますが基本的な流れや絶頂回数は一緒のため両方一緒に説明します。

「息を吸うと お腹の奥が じんじんしてくる 息を吐くと お腹の奥が むず痒くなる」
「息を吸うと もっと気持ちよくなれる 息を吐くと もっと気持ちよくなれる」

エッチに入っても彼女は催眠パートと同じく深呼吸を中心に据え
これまでで得られた心地よさがお腹のあたりに集まり、それがエッチな熱に変わる暗示を入れます。
またある程度進むと「気持ちよくなる」「快感が増える」など感度上昇に関するセリフを連呼します。

「お腹の奥で 気持ちよさが育ち始める」
また彼女は彼の体内に溜まった快感を植物に例え
それが成長していくイメージに沿って絶頂へと導きます。
直前に説明したことにも言えることですが直接的なエロ描写を徹底的に避けて進めます。

暗示や別のイメージを通じて性感を高める催眠音声らしいプレイですね。
絶頂シーンで数えるカウント数が違うくらいでアプローチやそれに用いる素材はどちらも同じです。

「息を吸うと もっと気持ちよくなれる 息を吐くと もっと気持ちよくなれる」
「気持ちよくなる 頭が真っ白になる 気持ちいい」

狙いはわかるし面白いのですが、聴き手を実際にイかせるには暗示の表現力が不足してるかなぁと。
「気持ちいい」などストレートな言葉をひたすら重ね続けます。
気持ちいい、と一言で言っても色んな気持ちよさがあるはずです。
そういった部分を含めてきっちりリードしないとこのタイプのエッチは成立しないと思います。

お姉ちゃんとせっかく体を密着させてるのですから
例えば少し体勢を変えておっぱいや太ももの間に顔を優しく挟む形にすれば
同じ深呼吸でも女性の匂いを嗅ぐ要素が生まれてイメージを膨らませやすくなります。
あるいは彼女の体温や柔らかさを意識させてもいいでしょう。
淫語やちゅぱ音を使わなくてもエロく感じさせる方法はいくらでもあります。

このように、男女がする一般的なプレイとはかなり違うエッチが繰り広げられてます。
確かに癒されるのだが
深呼吸による癒しは得られるけどそれ以外はうーん・・・な作品です。

お姉ちゃんは自分のもとに来てくれた主人公に少しでも幸せになってもらおうと
最初から肌を密着させ優しい言葉をかけながらエッチな催眠を施します。
人間なら誰でも癒しを感じる深呼吸を多く盛り込み、それに連動させて癒しの暗示を入れたり
同じくエッチな熱が高まる暗示を入れることで絶頂へと少しずつ誘導します。

「嬉しい お姉ちゃん 君のこと とっても大好きだよ」
エッチの内容はかなり淡白ですが、彼女が彼を嫌ってる様子はまったくありません。
むしろ彼にはまだ早いから敢えてこういうことをしてるように思えます。
あるいはサークルさんが催眠音声だからこそできるエッチに挑戦されたのかもしれません。
本作品に癒しの効果があるのは間違いないです。

ですが催眠音声である以上、催眠の技術を使って癒せてるかが重要になります。
その観点からいくと残念ながら非常に厳しいというのが正直な感想です。
深呼吸を催眠にあまり活用できてないこと、暗示の量が少なく入れ方も散発的なこと
エッチシーンが2パートあるのに内容がほぼ同じで暗示の表現力に乏しいことなどが理由として挙げられます。

実際に聴いた時も催眠に入った感覚は特にせず、エッチも別段気持ちよくなれませんでした。
お姉ちゃん役をやられてる紅月ことねさんの演技がしっかりしてただけに尚更残念です。

絶頂シーンは2回。
淫語ごくごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上のことから今回は以下の点数とさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:14:09

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点

あんしん・甘々おねショタ催眠
体験版はこちらにあります


追記
ページがうまく表示されない場合は以下のコメントご覧ください。
http://doonroom.blog.jp/archives/36419653.html#comments

作品自体の点数は2点。
コスパが非常に良いので+2してあります。

↑このページのトップヘ