同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:さーべるたいがー

   ● ちょいギャル店員のHなレンタルショップ
   ● 未亡人女将のHな旅館
   ● バイトの後輩とHな夜勤




サークル「さーべるたいがー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ノリが良くてエッチ大好きなギャル店員が
お店の常連にあたる男性に自分の体を貸し出します。

彼女の性格を反映させた明るいエッチが行われており
ギャル特有のフレンドリーな言葉遣いで話しかけながら
当初の予定よりも多くサービスしてあげたり、複数の性感帯を同時に責めてサクッと射精させます。
援交っぽいシチュですが成分は非常に薄いのでノーマルな人でも普通に聴けます。
AVもいいけど生身もね
レンタルビデオ店員の平沢結花と4種類のエッチをするお話。

「いらっしゃいませー はい 返却っすねー お待ちください」
結花は砕けた口調で話す明るい声の女の子。
主人公が借りてたAVの返却と新たな貸し出し手続きを済ませると
さり気なくこういうジャンルが好きなのか尋ねます。

本作品はあまり人は来ないけどコアな固定ファンがいるお店で働いてる彼女が
そこをよく利用してる彼と80分程度に渡って楽しくエッチします。
主人公は元々ギャルにいじめられたい願望があるらしく
その手のAVを何度も借りてるのを彼女も知ってました。
だから序盤から積極的に仕掛けて彼の夢をしっかり叶えてあげます。

「いや 全然恥ずかしいことないっすよ ジャンルはまあ個人の趣味として エロいのは男として当然のことですから」
店員だからといってかしこまらず友人に話しかけるような態度で接し
AVを借りまくってる彼にも見下すどころか好意的なことを言います。
エッチもギャルのイメージ通りの巧みな責めを披露してくれて統一感があります。

物語の序盤にお金のやり取りをするシーンがありますが
きっちりサービスしてくれますし、金額もぼかされてるので援交っぽさはあまりありません。
2回目以降はそのやり取り自体が消えて恋人に近い雰囲気でエッチします。
聴いた限りではお金よりもエッチを純粋に楽しみたいように映りました。

肝心のエッチについては耳舐め手コキ、キスや乳首責めをしながらのSEX
手コキ+フェラ、耳舐めSEXといった具合に
どのパートも複数の性感帯を同時に責めることを強く意識してます。
エッチな声や音が重なって鳴るので実時間よりも内容が濃く感じます。
彼女のギャルらしさをわかりやすく表現するためにこうしたのでしょう。

また同じプレイでも状況に応じて効果音の動きや質感が変わる凝った演出もされてます。
2人が車に乗ってホテルへ移動するシーンでリアルなエンジン音と走行音が鳴るなど
全編を通じて音に対するこだわりを持って制作されてます。
ギャルが相手の時点でエロさは重要になりますし、そこに力を入れるのは当然だし効果的だと思います。

ノリの良いギャルがギャル好きな男性をエッチにもてなすシチュと密度重視のプレイ。
キャラの魅力を出しつつ実用性にも配慮したノーマル~ややM向けの作品です。
少しずつ心も近づけていくエッチ
エッチシーンは5パート62分間。
プレイは手コキ、フェラ、耳舐め、太ももを撫でる、素股、乳首責め、SEX(騎乗位、正常位)、乳揉みです。
服を脱ぐ、手コキ、素股、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「うふふっ お兄さん興奮してます? 鼻息荒いっすね」
自分からお金と引き換えにエッチしようと持ち掛けた結花は
主人公の手持ちが少ないことを知り、値下げする代わりにプレイを通常よりもソフトにします。

エッチは終始彼女がリードします。
一番最初の「Tr2 初回サービス」はお試しプレイに近い内容(約22分)。
スタッフルームへ移動してからまずは普通の手コキで元気にし
軽いフェラを経由して耳舐め手コキで1回目の射精に導きます。

「少しだけ チンポ舐めてあげる お兄さん反応いいから特別」
そして彼女は早速積極的でサービス精神旺盛なところを見せます。
交渉した時は手コキのみのはずだったのがおちんちんを湿らせる名目でフェラをおまけし
さらに右耳→左耳の順に耳も舐めて彼を喜ばせます。
またプレイの合間に「変態」「ばーか」といった軽い言葉責めもします。

言葉責めは彼がM気質だからアドリブで追加したのでしょう。
声が至って穏やかなのできつさはまったくありません。
彼がオカズにしてたAVの内容を忠実に再現するところに優しさを感じました。

手コキもフェラの前は「すりゅっ」という滑らかで乾燥した音だったのが
舐めた後は水分が一気に増してにちゃにちゃしたいやらしい音へ変わります。
耳とおちんちんを同時責めすることも含めて本作品の持ち味が早速発揮されてます。

次の2パート23分間はホテルでするエッチ。
「Tr3 安全運転のスペシャリスト登場」は彼が車を運転してる最中にほんの少し悪戯し
「Tr4 いちゃラブホテル」は部屋へ到着後シャワーも浴びずに素股と騎乗位SEXをします。

「じゃあ 耳と乳首とチンポでぇ 3点責めしちゃおっ」
「お兄さん 上手じゃん こんなの腰 止まんなくなっちゃうよ」

彼女もお試しプレイで彼と相性が良いことを実感したのでしょう。
素股の時は耳、乳首、おちんちんを同時に責めて存分にサービスし
SEXに移ると彼のことを褒めながら気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らします。

開始時に彼からキスを求められ素直に応じるシーンがあったりと
彼女が彼に多少の好意を抱き始めてるのが見て取れます。
射精時に熱いキスを交わしながら彼女も同時に果てる姿にも一体感がありました。
お金がきっかけで関係を結んだのは間違いないですけど
後になるほど彼女がより親しみを持って接してくれます。

その部分がよく出てるのが終盤の2パート17分間。
何らかの事情で彼の家に押しかけてきた彼女が泊めてもらうお礼に
「Tr5 浴室、残響とギャル」はお風呂でのフェラ&顔射
「Tr6 ギャル店員のHなお泊まり」はゴム無しでの耳舐め正常位SEXをプレゼントします。

「お口開けて待ってるから 遠慮せずぶっかけて?」
このへんまで来ると彼女も彼と一緒にいる状況にすっかり馴染んでおり
お風呂場では自分から顔にぶっかけていいよと言って愛情を示します。
「お金はいらない」とまで言いますし、彼女の心情がこれまでとは明らかに違うことがわかります。

「大丈夫 出しちゃえ 私の子宮に 精液びゅるびゅる注いじゃえ」
最後のSEXもゴムを着けないことにまったく抵抗を感じず
フィニッシュを全部中で受け止めてホテルでしたSEXとの差別化を図ってます。
初回プレイ時に見られた言葉責めも完全になくなり
2人が対等な立場で愛し合うラブラブなエッチで締めくくられてます。

いじめて欲しい人とってこの展開は物足りないでしょうけど
彼女はSっ気がそれほどありませんからこれが自然な付き合い方なのだと思います。
言葉で伝えるのではなく、プレイ内容を少しずつ手厚くする本作品らしい愛情表現です。
明るいエッチが楽しめる作品
ギャルが持つ明るさとエロさをストレートに反映させた作品です。

結花はギャルに対してかなりの興味を抱いてる主人公を気持ちよくしようと
まずはお金と引き換えに軽めのプレイをして自分の魅力をアピールします。
そしてその後はホテル→彼の自宅と場所を変えて恋人同士に近いプレイを楽しみます。

気さくでサービス精神旺盛なギャルが男性を色んなエッチでもてなすシチュ
唇、耳、乳首、おちんちんを同時に責めて射精へ持っていく密度の高いエッチ
彼が喜ぶことを積極的にやる彼女の優しいキャラ。
援交→セフレ→恋人と2人の関係を変えていく流れで作品を組み立ててます。

中でもエッチは彼女のキャラを引き立てるのにも影響する要素なので一際力を入れてます。
個々のプレイは至ってノーマルですが、同時責め主体にすることで個性とエロさを出してます。
多くのシーンで密着してくるのも彼女との近さを楽しんでもらいたかったのでしょう。
最中に鳴る色んな音も相まって抜きやすいプレイに仕上がってます。

射精シーンは4回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

M性がほとんどないギャルものが好きな人には特におすすめします。

CV:かの仔さん
総時間 1:23:43

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年3月6日まで10%OFFの792円で販売されてます。

未亡人女将のHな旅館

サークル「さーべるたいがー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、山奥の旅館を1人で経営してる美しい女将が
そこを訪れた若い男性客を特別サービスでもてなします。

責める時はやや下品な音を積極的に鳴らして興奮を煽り
逆に責められる時は適度におねだりを挟みながらストレートに乱れるなど
男に飢えてる未亡人らしい丁寧で色気のあるエッチが楽しめます。
青姦のシーンを多く用意し、状況に合った環境音をバックで流し続けるのも特徴です。
心の傷をエッチで回復
旅館の女将をしてる松沢仁美と4種類のエッチをするお話。

「あっ こんにちはー えっと 本日ご予約の…」
仁美は上品で穏やかな声の女性。
自動車で遠路はるばるやって来た主人公に挨拶すると
旅館まで案内しながら軽く雑談します。

本作品は若い時に夫を亡くしてご無沙汰な彼女が
偶然やって来た彼と50分程度に渡って激しく愛し合います。
彼が仕事を辞めストレスを抱えてることを踏まえて無理矢理襲ったりはせず
男心を適度にくすぐって彼が自然とやる気になるよう上手にリードします。

「元気出してください 人生仕事がすべてじゃありませんから 生きていれば 良いことも 悪いこともありますし」
旅館へ移動する途中に彼の事情を知ると優しい言葉をかけて励まし
自慢の温泉に入ってるところへお酒を差し出す細やかな気配りを見せます。
そして雰囲気が十分出来上がった後はパートによって責め/受けを切り替え
どちらも彼が気持ちよく射精できるようにエッチな声と音をぶつけます。

未亡人なら男性の扱いにも慣れてるでしょうから
そのへんをエッチに色濃く反映させて彼女らしさを出してます。
普段の声と喘ぎ声とのギャップがそれなりにあって聴けば聴くほど股間に強く響きました。

もうひとつの魅力は環境音。
主人公が車から下りた直後に鳥や蝉の声が鳴り始め
温泉でエッチする時はもう夜なので虫の声に変わり、さらに最終パートは雷や雨音も登場します。

本作品のエッチは4パート中3パートが青姦なため
野外でエッチしてる気分が出るようこれらの音にもかなりこだわってます。
音質が良く、それぞれの音の重ね方も上手で落ち着いた雰囲気が漂ってました。
そして周りが落ち着いてるからこそ、2人が激しく責め合ってる様子との対比が引き立ってます。

上品で積極的な女将が体を張ったご奉仕で若い男性を心の芯から癒す。
登場人物の性格や背景をしっかり盛り込んだ風情のある作品です。
大人の色気漂うエッチ
エッチシーンは4パート35分間。
プレイは手コキ、耳舐め、手マン、SEX(立ちバック、対面立位)、乳揉み、フェラ、キスです。
手コキ、手マン、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「もしよろしければなんですけど 溜まってるのでしたら 手で、しましょうか?」
旅館に到着後、入浴してる主人公のところへ着物姿で現れた仁美は
お酌してる最中に彼の性欲が溜まってることに気づき、控えめな言い方で手コキを提案します。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
前半の2パート20分間は露天風呂でのお話。
Tr2は耳を舐めながらの手コキ、Tr3は手マンからの立ちバックSEXで1回ずつの射精に導きます。

「嫌なこととか全部忘れて 気持ちよくなってくださいね」
そして彼女は彼が満足できるよう様々な気配りを見せます。
自分に見られてどんどん大きくなるおちんちんを嬉しそうな表情で眺め
石鹸を馴染ませた手を上下させながら熱っぽい吐息を至近距離から漏らします。
そしてこれらの最中に労る言葉もかけて心の重しも取り除きます。

彼女は未亡人ですから過去に随分辛い思いをしたのでしょう。
仕事を辞めてここまでやって来た彼に同じものを感じたのかもしれません。
性欲を発散しながら彼の気持ちを前向きにする思いやりに満ちたエッチをしてくれます。

「私 耳を舐めるのが好きで すみません 嫌でなければ 舐めさせてください」
プレイ中に彼女が自分の希望も伝えるのがいいですね。
作中で「若い男性とするのは本当に久しぶり」と言ってましたし
この機会に思う存分楽しもうとする気持ちが窺えます。
そしてこれがあるからこそ積極的な責めや激しい乱れっぷりが拝めるわけです。

このシーンの山場はTr3。
1回射精しても元気なおちんちんを鎮めようと、手マンで十分ほぐしてからゴムをつけずに繋がります。
指やおちんちんが入ってきた瞬間にうっとりした声を上げ
ピストン中は普段とはやや違う色っぽい喘ぎ声をガンガン漏らすなど
彼女の心情や乱れる姿に焦点を当ててエロさを出してます。

そして彼にも同じくらい楽しんでもらえるよう適度におねだりします。
挿入時は後ろを向いてすっかり濡れたおまんこを見せつけ
フィニッシュは自分から中出しを求め、事後にお礼も言って罪悪感を取り除きます。
体への責めは好きにさせ、要所で彼を立てようとするところに年上らしさを感じました。
女性に尽くされる、大事にされるシチュが好きな人ほど満足できるでしょう。

続く後半は翌日のお話(約15分)。
Tr4はお目覚めのフェラでサクッと抜き、Tr5は帰る途中でもう一度SEXを楽しみます。

「ごちそうさまです 昨晩もですが 相変わらずすごく濃い精液でした」
昨日激しいエッチをした後なので彼女ももう遠慮しません。
朝立ちで硬くなってるおちんちんにすぐさまむしゃぶりつき、精液もきっちり口で受け止め飲み干します。
その一方でどんな風に責めてほしいか尋ね実行する優しさもきちんと残ってます。
本作品は彼女のキャラが大きな魅力なので、それを崩さないことを心がけながらエッチを組み立ててます。

シチュ的に面白いのはTr5でしょうね。
駐車場まで歩いてる途中に雨が降り始め、近くにあった小屋でそれが止むまでイチャイチャします。
ちなみに旅館から駐車場まで歩いて数十分かかるそうです。
一応建物内ですけど家じゃありませんから青姦の一種と見るのが妥当かなと。
雨音が普通に聞こますし壁で完全に囲まれた場所ではないと思います。

露天風呂との大きな違いは声の位置と距離。
今回は立ったまま向かい合って繋がるので彼女の吐息がより近くに感じられます。
ここに来てキスを解禁するなど、彼女が彼にすべてを預けてるのがわかって心が満たされました。
引き続き彼にピストンを任せ、彼女がそれをサポートする一体感のあるプレイです。

このように、体を重ねながら心の距離も近づけるラブラブなエッチが繰り広げられてます。
大人の魅力が詰まった作品
十分に年を重ねた女性としっとり愛し合う良い雰囲気の作品です。

仁美は心に疲れを感じてやって来た主人公をリフレッシュさせようと
丁寧な物腰で接しながら色々気配りして安らぎを与えます。
そして入浴後は体のほうも気持ちよくして溜まりに溜まった性欲を解消します。

上品でエッチが上手い女将と主に野外でイチャイチャする甘いシチュ
巧みなリードと男心をくすぐるおねだりでやる気にさせる年上らしいエッチ
その中で自分もしっかり楽しむ彼女のキャラ。
一方的にお世話するのではなく、彼女の願いも叶える形で作品を組み立ててます。

すごくエッチが上手なんだけどそこまで淫乱に感じないところが印象的でした。
彼を気持ちよくする、スッキリさせることを一番の目標に掲げ
そのついでに彼女の希望にも沿ったプレイをするのが大きいです。
SEXシーンで彼に主導権を預けてるのもあります。

人妻相手といっても未亡人ですし、エッチがご無沙汰な設定があるので罪悪感も特に湧きません。
もしかしたら主人公に亡くなった夫の面影を感じたのかもしれませんね。
湿っぽい描写もなく晴れやかな気分で聴き終えることができました。

エッチは時間がそれほど長くないことを踏まえて声や音を意図的にエロくしてます。
例えばフェラはペースを上げない代わりにむしゃぶりつく感じのちゅぱ音を鳴らし
SEXは完全な受けに回って色っぽい吐息と喘ぎ声を後になるほど激しく漏らします。
さすがにTr4のお目覚めフェラ(約6分)単体で抜くのは難しいでしょうけど
前半で1回、後半で1回出せる程度の実用性は持ってると思います。

射精シーンは4回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

おまけは「耳舐めSE無しVer」です。

CV:御崎ひよりさん
総時間 58:49(本編…52:43 おまけ…6:06)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

バイトの後輩とHな夜勤

サークル「さーべるたいがー」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、明るくてちょっぴりSっ気もあるバイトの後輩が
職場や主人公の自宅でエッチしながら自分の魅力をアピールします。

プレイ中に時々おねだりを要求して興奮を高めたり
大好きなおっぱいに精液をぶっかけることを許すなど
彼の欲求を満たすことを強く意識した甘いエッチが楽しめます。
大好きな先輩に振り向いて欲しくて
後輩の日野沢ゆうひとエッチするお話。

「ふぅ ゴミ出してきました」
ゆうひは明るくて可愛い声の女の子。
ゴミ出しを終え洗い物をしてる主人公のところへやって来ると
それを手伝いながらお互いのシフトのことを話します。

本作品はバイトの同僚としてよく一緒に働いてる男女が
それを終えた後に誰もいない職場の事務室や彼の自宅で3種類のエッチをします。
物語の開始時点で2人がまだ付き合ってないことを踏まえて
肌を重ねるうちに心の距離が近づいていく様子も描きながら進めます。

挿し絵の制服や会話を見る限り職場はレストランだと思います。

「うーんまあ そりゃ 夕方までのほうが楽ですけど 先輩夜しかシフト入ってないし」
彼女は最初から彼に対する好感度がマックスの状態。
彼が夜しか働かないことを知ってわざわざ同じ時間に合わせ
さらに通常よりもサイズの小さい制服を着ておっぱいを強調するなど
今回のエッチに入る前も色々と誘惑をかけてたそうです。
しかし彼がとんでもなく鈍感なせいで進展はなく、2人きりになれたこの機会を使って実力行使に移ります。

彼の性癖がMなのでそちらに属するプレイも少し入ってますが
基本的には若い男女がする純愛系のエッチを主軸に置いてます。
挿し絵にだけ「ちょっとSな」を入れてあるのもそのへんを皆さんに伝えたかったのでしょう。
属性はほぼノーマルで、ややMな人も一応聴けるくらいに調整されてます。

ちなみにさーべるたいがーさん名義の作品は今回が1本目ですが
確認したところさーべるたいにゃーさんの姉妹サークルだそうです。
年上モノじゃないからこういう形式を取ってるだけで、あちらと同等の品質を持ってます。
さーべるたいにゃーさんの作品を視聴済みの方ならこちらも同じくらい楽しめるでしょう。
2人の立場が少しずつ逆転していくエッチ
エッチシーンは3パート42分間。
プレイはおちんちんの愛撫、手コキ、耳舐め、キス、乳首責め、SEX(騎乗位、正常位)、手マンです。
服を脱がす、愛撫、手コキ、乳首責め、SEX、手マン、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「大丈夫ですよ 戸締まりはしましたから もう誰も来ません」
戸締まりと消灯を手分けして行い今日の仕事を片付けると
ゆうひは主人公に後ろから抱きつき、ズボンとパンツを脱がせておちんちんをしごきます。

エッチはパートによって責め手を入れ替えながら進めます。
一番最初の「Tr1 突然ですが、電気消します…」は彼の心を掴むことを意識したプレイ(約15分)。
彼に恋人がいないことを確認してから手コキを始め
しばらく経つと耳舐めも加えて気持ちいい射精に導きます。

「ずっとこうやって 先輩をいじめてみたいって思ってました」
「女の子みたいに 可愛い声で 気持ちいい もっとしてって ほらほら言って?」

手コキをしばらくした後に自分がSなことをはっきり伝え
さらに恥ずかしいセリフを声に出して言うよう適度に促すなど
Mな彼が喜ぶことを積極的にやって魅力をアピールします。
焦らしや寸止めといった意地悪な行為は特にやらず、言葉でくすぐる感じです。

手コキについては序盤は滑らかな摩擦音だったのが
途中で彼女が軽いフェラで湿らせた後は一気に水気が増します。
そして射精が近づくほどペースが徐々に上がっていく丁寧な作りです。
合間に入る耳舐めもコリコリしたちゅぱ音を固めて鳴らしててリアルでした。

「ほら 念願のおっぱいに たーっぷり精子かけて ぴゅるるーって射精するところ 見せてください」
射精の時だけ彼女がおっぱいを晒しぶっかけさせてくれるのが実に良いですね。
彼が望むことなら何でもするという気持ちが強く表れてます。
先ほどの言葉責めと属性は正反対ですが、「彼を満足させる」という点では一致してます。
こんなふうに彼女は最初から最後まで彼に尽くす姿勢を取ります。

続く「Tr2 憧れの女子更衣室」は女子更衣室での騎乗位SEX(約15分)。
今いる場所ではやりにくいからと少し移動し、そこにあるソファで初めてひとつになります。

「ぬぷぬぷーっておちんちん おまんこで飲み込んで 先輩とSEXしたいんです」
自分からキスをおねだりし、彼が触りたがってるおっぱいを好きにさせ
敢えてゴムを着けずに挿入し、その後は熱っぽい吐息とエロ可愛い喘ぎ声を多めに漏らすといった具合に
男性が喜ぶツボを何度も突いて性的興奮と射精への欲求を膨らませます。

ここからは彼女の心情や乱れっぷりに力を入れて進めるので
前のパートに比べてM性が随分下がります。
またセリフを減らす代わりに吐息、喘ぎ声、効果音、ちゅぱ音といった
エロ要素の分量を増やし、かつ同時に鳴らすことで抜きやすくしています。

絶頂時はキスしながら中出しを決めたりと正統派の純愛SEXが楽しめます。

最後の「Tr3 突撃お宅訪問」は彼の自宅でする正常位SEX(約12分)。
先ほどのエッチで汚れた体を綺麗にしようと移動した後
シャワーを浴びる前にもう一回戦やって絆をさらに深めます。

「今度はちゃんとベッドで しましょ? 脱がせてください 先輩」
「いいですよ 先輩の好きなように動いて いっぱい腰振って 中ずぽずぽして」

前のパートと同じくSEXするわけですが、その内容には明確な違いが見られます。
彼女が敢えて受け身にまわって彼にすべてを委ね
自身は先ほどよりも大きな喘ぎ声を漏らし、さらに耳舐めを少しやって彼を応援します。

実際に聴いてみるとこのパートのほうが乱れっぷりとイキっぷりが激しいのに気づくでしょう。
職場から自宅に移ったことで他人に見られる心配をする必要がなくなり
彼女がエッチに専念できてることをセリフ以外の部分で表現してます。
声の位置が若干近くなってることも含めて、細かな違いをいくつも重ねて別のプレイにしています。

このように、2人の親密度に合わせて内容が変化する甘く繊細なエッチが繰り広げられてます。
若干アブノーマルな純愛作品
年下の女性が持つ可愛さや健気さをひしひしと感じながら抜ける質の高い作品です。

ゆうひは前々から好きだった主人公と対等な恋人になるために
2人きりになれる仕事終わりのタイミングに体を密着させて彼の反応を見ます。
そしてエッチできると踏んだ後はパートごとに異なる責めを繰り出して心を徐々に引き寄せます。

ちょっぴりSだけど根は優しい後輩がエッチを通じて想いを伝える純愛系のシチュ
最初はややM向けだったのが後になるほどノーマルへシフトする変わったエッチ。
彼が喜ぶことを積極的にやる彼女の献身的な姿。
単に気持ちよくなって終わりではなく、2人の恋愛模様もきっちり絡めたエッチをします。

この作品を聴き終えた直後に疑問を感じた部分があります。
それは「彼がMなら最後までM向けのプレイをすればいいんじゃない?」ということです。
女性にいじめられることに快感を覚える男性だとわかってるならそれを通すのが順当です。
ややSな彼女の性癖にもマッチしてますしね。
でも彼女は最終パートで敢えて彼に主導権を譲り、自分は乱れることに専念します。

ここからはあくまで私の勝手な推測に過ぎないのですが
それをやったら彼女が求める結果が得られなかったからだと思います。
彼女は最初から彼の恋人になることを目指して今回のエッチをします。
でも彼を性的にいじめ続けるプレイをしたら、恋人ではなくご主人様と奴隷になってしまいます。

「もぅ そういうことじゃなくって ほら わかってなかった」
そう言える根拠は彼の鈍感さにあります。
彼女も作中で何度かそのことに触れており、彼の誤解を解こうと自分の気持ちをはっきり伝えます。
こういう人物に調教じみたエッチをした後で「恋人になってください」と言ってもすんなり結ばれないでしょうし
サークルさんが彼女の意思をプレイに反映させたのではないかなと。

先ほど「推測」と書いたように、これらは作中で明確には語られてません。
でもこういう読み解き方ができる時点でキャラやプレイに深みがある作品と言えます。
表面も十分しっかりしてるんだけど、その裏に何かあるんじゃないかと思える懐の深さがあります。

エッチはどのパートもレベルが高く抜きやすいです。
時間が短めなハンデをエッチな声と音の厚みでカバーしてるのが大きいです。
特にSEXシーンは吐息&喘ぎ声とピストン音を上手く連動させていて生々しく感じました。

射精シーンは3回。
くちゅ音と喘ぎ声それなり、淫語とちゅぱ音そこそこです。

おまけは「耳舐めSE無し」(作中の耳舐めシーンを抜粋した音声)です。

CV:こやまはるさん
総時間 1:00:12(本編…51:22 おまけ…8:50)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ