同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:ささやき

   ● 双子のあまあまM性感~優しい同時責めで乳首と前立腺をとろとろにしちゃいます~【バイノーラル】
   ● 【立体音響】錬金術師のお姉さんに素材採取されちゃった僕(後編)
   ● 【立体音響】錬金術師のお姉さんに素材採取されちゃった僕(前編)
   ● 【脳姦ASMR】おい、そこのお前。私の奴隷なれよ!
   ● ダウナー系仲居のゆまちゃんに温泉旅行中に色エロされちゃうバイノーラルwith わかな&わかば【KU100】
   ● 女の子のお人形遊び催眠
   ● ふたりがけ催眠ドライイキサポート編
   ● バイノーラルで孕ませ連呼 人妻の中出し筆おろし 旦那の代わりに孕ませ子作り
   ● なりヌキ! ~忘れ物から始まる挟まれエッチ~
   ● 生意気サキュバスなんかに負けない!


双子のあまあまM性感~優しい同時責めで乳首と前立腺をとろとろにしちゃいます~【バイノーラル】

サークル「えむおな」さんの同人音声作品。
今年2月に処女作を出されたばかりの新しいサークルさんです。

今回紹介する作品は、穏やかでサービス精神旺盛な双子の風俗嬢が
複数の性感帯を同時に責める濃いサービスでMな男性の欲望を満たします。

タイトル通り乳首やアナルを多めに責めるのが特徴で
パートごとに刺激する手段を若干変えながらそれらを同時責めして性感を高め
準備が整ったところでおちんちんも責めて気持ちいい射精に導きます。

持ってる方はエネマグラを用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
優しい双子の変わったご奉仕
愛奈と麗奈が性感帯を同時責めするお話。

「本日お兄さんを担当させていただく、私、姉の愛奈と……」
愛奈は上品で落ち着いた声のお姉さん。
「私、妹の麗奈です♪」
麗奈は愛奈よりも若干幼い声のお姉さん。
繁華街にあるM性感系風俗店を初めて訪れた主人公に挨拶すると
サービスを始める前にどこを一番責めてもらいたいか尋ねます。

本作品は所属してるスタッフが双子ばかりという珍しいお店を舞台に
彼女たちがおよそ70分に渡って合計4種類のエッチなサービスをします。
彼が乳首やアナルを既に開発しており、それをさらに深めたがってることを踏まえて
どのパートも必ずそれらを同時責めしながら絶頂まで持っていきます。


こういうことを書くとドライオーガズム(射精を伴わない絶頂)が目的の作品と思われるかもしれません。
しかし本作品ではパートの中盤頃からおちんちんも責め始め、最後は射精で〆るスタイルを取ってます。
要は乳首&アナル責めを良質な射精への触媒に位置づけてるわけです。

エネマグラを使う描写が出てくるのも1パートしかありません。
ですから乳首、アナルどちらかを開発してる人なら問題なく聴けると思います。
普通の作品よりもおちんちんを責める時間が短くなってますから
さすがに両方未開発だと興奮や快感は落ちてしまうんじゃないかなと。

愛奈「前立腺コリコリ♪ 前立腺指先くいっくいっ♪ くいくいくいくい♪」
麗奈「乳首ぴくんぴくん♪ 背筋ゾクゾク♪ ゾクゾクゾクゾク♪」
もうひとつのポイントは彼女たちのキャラ。
愛奈は右、麗奈は左に陣取り彼の性感帯を手分けして責め続けます。
上のように責めてる様子を擬声語混じりに実況することが多く、それらを囁きに近い抑えた声量で言うため
アブノーマルなプレイとは随分違う穏やかな雰囲気が漂ってます。

タイトルに「あまあま」が入ってることからもわかるように
彼女たちは最初から最後まで彼を甘やかす方針でサービスを進めます。
彼が「乳首とアナルを責めて欲しい」と言ってもドン引きせず快く受け入れ
パートによってやり方を多少変えながらそれらを徹底的に責めて満足させます。
言葉責めと呼べるセリフも特にないですし、属性はややMあたりが丁度いいでしょう。

おちんちん以外の性感帯を責める割合を増やしたエッチと双子の優しさ。
プロがM男をもてなす様子を甘く濃く描いた個性の強い作品です。
気持ちいいところをゆっくり集中攻撃
エッチシーンは4パート67分間。
プレイはアナル責め、乳首責め、手コキ、乳首/アナル/おちんちんオナニー、キス、ディルドアナルSEX、SEX(正常位、対面座位)、耳舐めです。
手コキ、おちんちんオナニー、アナルSEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

愛奈「服を脱いで裸になったら、麗奈と一緒にソファに腰掛けてください♪」
麗奈「私のこと背もたれみたいに……そうですそうです♪ 私にもたれかかったおにーさんを……背中からぎゅーって抱きしめちゃうの♪」
主人公が初来店ということでひとまずソフトなサービスをすることに決めた双子は
早速彼を前後から挟み込み手分けして乳首とアナルをいじり始めます。

エッチはお店なので終始彼女たちがリードします。
一番最初の「乳首&前立腺&おち○ちん・男の子の弱点を双子の指責めフルコース」は指を使ったプレイ(約16分)。
愛奈は前からアナルをローションでほぐし、麗奈は後ろから手を伸ばして乳首を優しくいじります。

愛奈「お兄さん、トロ顔でぴくんぴくんって体振るわせて、とっても可愛いです♪」
気持ちいいところを同時に責められてとろけた彼を「可愛い」と言ったり
乳首は胸→乳輪→乳首、アナルは穴の周辺→内部→前立腺と順を追って責めるなど
サービス開始後も引き続き彼のことを第一に考えて丁寧に進めます。

どちらも効果音を使わず「ぬぷぬぷ」「すりすり」などのセリフで実況するのがやや残念ですが
何をやってるかはイメージしやすいです。
私は乳首だけをいじりながら聴いてたら結構気持ちよくなれました。
エネマグラを挿入しながらだともっと凄いのでしょうね。
おちんちんをいじる前の準備の役割をきっちり果たしてます。

愛奈「どぴゅっ♪ どぴゅっ♪ どぴゅどぴゅどぴゅ~♪♪♪」
おちんちんへの責めが加わるのはプレイ開始から11分後。
彼がもどかしそうにしてるのを見て愛奈がもう片方の手をおちんちんへ伸ばし
小刻みなストロークで速めにしごいて一気に射精へ追い込みます。
効果音があるおかげで責めてる様子がわかりやすく
射精シーンでは効果音とぴゅっぴゅのセリフを同時にぶつけて応援してくれます。

射精開始から終了まで1~2分用意されてますから
慌ただしさを感じることなく最後まで出せるでしょう。
射精が始まった後もおちんちんを責め続けるあたりがプロらしくて良いです。
乳首とアナルでおちんちんの快感を押し上げる本作品のスタイルがきっちり出来上がってます。

それに対し後半の2パート36分間は彼女たちの魅力に着目したプレイ。
後日、「乳首弄りアナニー・双子に左右から耳元囁きオナサポコース」で
今度は乳首&アナル&おちんちんオナニーをして彼を満足させた2人が
そのまた後にお店で禁止されてる裏メニューを自ら行いより親密な関係になります。

愛奈「お兄さんのエッチなお尻おまんこに♪ 私の女の子おちんちん負けちゃってます♪」
麗奈「私もおにーさんのエッチなおちんちんにぃ、あっ♪ おまんこトロトロに掻き回されてぇ、頭おかしくなりそうですぅ♪」
3番目のパートは愛奈が双頭ディルドで彼のアナルを貫き
それと同時に麗奈が正常位で彼のおちんちんを受け入れ
4番目は立場を入れ替え今度は対面座位で愛奈と繋がる逆サンドイッチ形式です。
そしてそれらの合間に乳首責めの実況が少しだけ入ります。

どちらも基本部分は一緒ですが前者はキス、後者は耳舐めとサブのプレイが異なり
熱っぽい吐息、控えめな喘ぎ声、ピストン音、ちゅぱ音とエッチな要素をガンガン重ねてエロさを出してます。
さらにフィニッシュも中出しを許すなど、彼女たちの優しさを強調して心も一緒に満たしてくれます。

心の距離を取ることが多い風俗店で敢えてこういう描写を入れたのは
タイトルの「あまあま」をわかりやすく表現したかったからではないかなと。
あとは前半の2パートとの違いをはっきり出したかったのでしょうね。

このように、アブノーマルなプレイをとことん甘く行う聴きやすいエッチが繰り広げられてます。
ソフトなM性感が楽しめる作品
癖の強いプレイを柔らかいタッチで描いた作品です。

愛奈と麗奈は乳首やアナルを責められながら射精する気持ちよさを主人公に教えようと
左右や前後に陣取り体を密着させたままそれらを手分けして優しく責めます。
そしてある程度興奮が高まってきたところでおちんちんにも刺激を与えて一気に追い込みます。

穏やかな双子風俗嬢がMな男性の性感帯を同時責めするややM向けのシチュ
どのパートも乳首、アナル、おちんちんにバランスよく刺激を与えるタイトル通りのエッチ
変態な彼を一切見下さずに優しく接する彼女たちのキャラ。
プレイだけでなくそれらをやる相手にも魅力を持たせたサービスに仕上げてます。

愛奈「ちゅっ♪ 好きぃ♪ お兄さん大好きぃ♪ ちゅっちゅっ♪ ちゅ~~~♪♪♪」
中でも3番目の要素は風俗嬢よりも恋人っぽく接してくれて良い気分で聴けました。
こういうプレイをする場合、どうしてもM性が強くなってしまうので
それを彼女たちの存在によってある程度和らげてます。
女性に優しく弄ばれるのが好きな人に最も向いてる作品です。

気になった点を挙げるとするなら彼女たちの個々に対する個性が薄いところでしょうか。
例えば愛奈は耳舐めが好き、麗奈はちょっぴり意地悪に振る舞うのが好きといった感じに
それぞれに得意なプレイを用意し、それをサービスに反映させればもっと面白くなったと思います。
3つの性感帯を同時責めする制約があるからこそ、それ以外の部分でパートごとの違いをもっと出して欲しかったです。

エッチは乳首&アナル特化にしてないのが特徴です。
最近の同人音声はおちんちんに一切触れずドライを目指すものも出始めてますから
それらよりもとっつきやすいラインを突いてて住み分けができてます。

射精シーンは4回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:そらまめ。さん
総時間 1:22:45

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年4月7日の24時まで20%OFFの864円で販売されてます。

【立体音響】錬金術師のお姉さんに素材採取されちゃった僕【期間限定価格】

【立体音響】錬金術師のお姉さんに素材採取されちゃった僕(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「Track5.生ハメエッチで一緒に気持ちよくなろ?」以降の様子を中心に紹介します。
協力してくれた後はご褒美
後編のエッチシーンは56分間。
プレイは乳揉み、おまんこの鑑賞、クンニ、SEX(正常位、対面座位)、キス、乳首責めです。
SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほぉら、手貸して…んぅ、柔らかいでしょう? お姉さんのおっぱい」
一度射精してもおちんちんがまったく萎えてないことに気づいたルーシェは
主人公の手を自分のおっぱいに導いて初めての感触を味わわせます。

エッチは引き続き年上の彼女がリードします。
最初の16分間は性教育らしさを出しつつゆっくり気持ちを高めるシーン。
彼女のおっぱいを揉むところから始まり、寝そべった彼の眼前におまんこを近づけてじっくり見せ
そのままクンニに移ってお互いにSEXできる準備を整えます。

「君の目の前でパクパクって口を開いたり閉じたりしているのが…おちんちんが入る場所 おまんこ穴の入り口…♪」
前編のエッチではずっと責める側にまわってたので彼女も欲求不満なのでしょう。
おっぱいやおまんこといった女性の大事な部分を惜しげもなく彼に委ね
いじられた時は熱を帯びた艶めかしい吐息と喘ぎ声を漏らします。
クリトリス、尿道口、膣口の位置をわかりやすく教えるなど相変わらず進め方が丁寧です。

これまでのエッチは彼の精液を採取するという大きな目的がありました。
しかし今回はそれを無事やり遂げた後のご褒美に位置づけてます。
正統派のおねショタにより近いプレイをしてくれますから良い気分に浸りながら抜けるでしょう。

「それもしかして、お姉さんのフェラチオのまねっこ? あはぁ、嬉しいな…ん、んくぅっ…ああぅ、一生懸命な舐め方いいよぉ」
自分のほうがずっと経験豊富なのに敢えて受けにまわるところが印象的でした。
気持ちよかったら素直にそれを表に出して上手く責められてることを遠回しに教えます。
クンニされてる時に腰を前後に動かして彼を応援するなど、快楽を純粋に求めてる姿勢が随所に見られます。
彼を錬金術師の助手ではなく、一人の対等な男性と思ってストレートに愛し合う純愛系のエッチです。

続く40分間は山場にあたるSEXシーン。
定番の騎乗位を避けて正常位で挿入し、15分ほど経ったら対面座位に切り替えて一緒の絶頂を目指します。

「少しだけ入れてっ…はぁ、ん…先っぽ全部が温かくなったのを確かめたら、後はゆっくり進んで、来て…んくぅう…はぁ、上手だよ…」
彼がすんなり挿入できるように入り口の場所をちゃんと教え
我慢できずにガンガン責めても一切咎めずむしろ優しい言葉をかけるなど
ここでもお姉さんらしい心の行き届いたリードを随所でしてくれます。
そして彼がピストンに疲れたら今度は自分が腰を動かしておちんちんを気持ちよくします。

時間が十分に取ってあることを踏まえてペースを比較的緩く設定し
その中に甘いセリフやキスといった愛情を感じるものを多めに盛り込んでます。
ピストン音、キス音、吐息だけが流れる時間もそれなりに取ってあり
サークルさんが得意にされてるASMRらしさも感じるエッチに仕上がってます。

「くす、そうだよね、男の人はみーんなこれが大好きだもの でもまさか…んんぅ、君から積極的に触ってくれるなんてね」
SEXを続けるに連れて彼女が彼に本気で入れ込み始めるのもポイント。
これまではずっと彼女にリードされてた彼がとあるタイミングで自発的に責めるようになり
それを受けてとても嬉しそうな表情を見せます。
最後の射精シーンではおまんこの一番奥で彼の精液を一滴残らず受け止めますし
このパートの最初と最後で2人の心の距離がさらに近づいたのがわかります。

面接を受けた直後は彼女に恐怖を抱いてた彼がここまでの変化を見せたのは
やはり彼女が時間をかけて誤解を解く努力をしたからだと思います。
タイトルにもなってる素材採取から敢えて外れて長く深く愛し合う。
おねショタの良い部分をそのまま凝縮させた甘く抜きやすいエッチが繰り広げられてます。
一風変わったおねショタ作品
ちょっぴり怪しいお姉さんとひたすらイチャイチャする作品です。

ルーシェは自分が出した求人広告を見てやって来た主人公から良質な素材を採取しようと
まずは爪切り、性感マッサージ、フェラを通じてその目的を果たし
そこから先は一人の女性に戻って彼にエッチのやり方を手取り足取り教えます。
そしてASMRらしさが出るよう癒しやエッチな音だけを鳴らす時間をある程度取りながら進めます。

年齢不詳の錬金術師が少年をエッチにもてなすシチュ
彼の爪や精液を採取しながら心もケアする穏やかなアプローチ
エッチの前半と後半で方向性を大きく変えるエロさの高い作り。
おねショタの要所を押さえつつ癒しにも抜きにも役立つように作品を組み立ててます。

「可愛くって優しい君とずっと一緒にいられたら、なんて」
中でも2番目の要素は物語の開始時点で彼が彼女を疑う描写を挟み
様々なサービスを通じてそれが解消されていく流れを作って甘さを出してます。
最初から親密な状態よりも、疎遠だったところから親密にしたほうが変化がわかりやすいですしね。
彼女が多くを語らないせいで彼を誤解させてしまったというのが実際のところです。

エッチは前半は彼女がぐいぐい押していく形でちゅぱ音重視
後半は彼に主導権を渡しそれをサポートする形で効果音&喘ぎ声重視と
それぞれに明確な違いがあって面白いです。
精液を採取すると言っても強引なことは一切やりませんし、射精も合計2回なので完全にノーマル向けです。

最後に、本作品の締めくくりを飾る「Track6.耳舐めで深い眠りへ…」を紹介します。
名前の通り時間いっぱい耳舐めしながら寝かしつける癒し特化のサービスで
性感マッサージの時よりも舐め方を控えめにし、さらにセリフも減らして静かにお世話します。
耳の外、耳たぶ、内側と位置によってちゅぱ音の質感や動きも変わってリアルでした。
ずっと囁き声で話してくれますから寝ながら聴くのもいいでしょう。

後編の射精シーンは1回。
くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声(吐息含む)多め、淫語それなりです。

耳舐めや囁き声が多めのおねショタが好きな人には特におすすめします。
おまけはPRボイスとフリートークです。

CV:御崎ひよりさん
総時間 3:37:53(本編…3:25:33 おまけ…12:20)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年4月6日の24時まで20%OFFの1036円で販売されてます。

【立体音響】錬金術師のお姉さんに素材採取されちゃった僕【期間限定価格】

サークル「ディーブルスト」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて甘やかし上手な錬金術師のお姉さんが
助手として雇った少年に色んなサービスをしながら薬の素材を採取します。

痛いことをされるんじゃないかと怖がる彼を後ろから抱きしめて爪切りしたり
長時間のオイルマッサージと耳舐めで感度を上げてから気持ちよく射精させるなど
エッチを知らない彼を彼女がゆっくりリードするおねショタ系のサービスが楽しめます。

総時間が3時間40分近くあるため前編(Track1~4)と後編(Track5~6)の2回に分けてお送りします。
若返りの薬の材料は・・・
錬金術師のルーシェが少年から素材を採取するお話。

「あ、君がお客様ね いらっしゃい」
ルーシェは上品で艶のある声のお姉さん。
求人募集を見て自分のアトリエにやって来た主人公に挨拶すると
用件を確認してから簡単な面接を始めます。

本作品は錬金術師として実力、名声の両方を兼ね備えてる彼女が
助手になった彼を相手に200分程度の癒しとエッチなサービスをします。
若返りの薬を調合する材料を手に入れるために彼を雇った背景があるため
彼の爪や精液といった体の一部をいただきながらお世話を続けます。

「痛いことはしない、怖いことは…まあ、感覚によるけれど 君を傷つけることはひとつもしないって約束するわ」
彼女は見た目は20代前半ですが中身はそれなりの年齢に達してるそうです。
だから年下の男性の扱いにもすっかり慣れており
仕事の詳細を知らないせいで多少の恐怖を抱いてる彼に優しい言葉をかけて落ち着けます。
他にも頭を撫でる、ぎゅっと抱きしめる、そのまま囁きかけるなど
年上の女性から連想される優しさや温かさを感じる描写が非常に多いです。

簡単に言うとこの作品はおねショタを変わった切り口から描いてます。
癒しや甘やかしの成分が強いですから、そのへんが好きな人ほど楽しめるでしょう。
声優もやられてるこのえゆずこさんがシナリオを担当されてますが
ディーブルストさんの持ち味がしっかり反映されてて本当に甘いです。

もうひとつの特徴はどのサービスもゆっくりのんびり行うこと。
短いものでも22分、長いものだと60分近くの時間を用意し
責めるペースを全体的に緩めてそれぞれに合った効果音をたっぷり鳴らします。
セリフの量が比較的少ないおかげで音だけが流れる時間もそれなりにあり
バックで流れる風の音や窓の軋む音も相まって静かな雰囲気が漂ってます。

前編部分だけでも囁き声が47分あったりと
錬金術師が持つ禍々しさを中和する要素が数多く込められてます。
キャラ、セリフ、サービス、空気のすべてが癒しで統一されてる大衆性の高い作品です。
心を解きほぐしながらゆっくり採取
2人が面接を終え雇用契約を結んだ後、最初にするのは爪切り(約22分)。
「若い男性の体でしか作れない特別な素材が欲しい」と言われて臓器と勘違いした彼をなだめようと
ルーシェが後ろから抱きついて右手→左手の順に現実世界と同じ器具を使ってケアします。

「日に焼けて…ゴツゴツして、とても男らしい手 私はとても好きよ…こういうの 爪切りって理由がなくても握っていたくなっちゃう」
彼女は彼の初心な性格と瑞々しい肉体に強い興味を抱いたようです。
だから囁き声で優しい言葉をかけたり彼のことを褒めて心の距離を近づけようとします。
若返りの薬を作るために相手してる割には甘やかしっぷりが強いです。
サービス中はほぼずっと囁き声な点も彼女との近さを表現するのに役立ってます。

爪切りはお馴染みの「パチン」という音をやや間隔をあけて何度も鳴らします。
音フェチ作品でも10分あれば終わる行為をその倍以上かけるところに本作品らしさを感じました。
聴いてる間は時間がゆっくり流れていくように思えて気持ちがとても落ち着きます。
2人が親睦を深める様子をシンプルに描いた重要なシーンです。

次のTrack3でするのはオイルマッサージ(約20分)。
全裸になり仰向けで横になった彼の体を上から下にかけて丁寧に揉みほぐします。

「どうしても恥ずかしいなら…私もお揃いにしようか? それで君が安心して脱いでくれるのならいいよ」
「たくさん歩く足をしている君は…内股も凝っているでしょう? ここは掌で少し強く…きゅって押してあげるの」

そしてここでも彼女は幼馴染のお姉さんのような優しさと気遣いを見せます。
女性の前で裸になるのをためらう彼に「それなら自分も全裸になろうか?」と言って恥ずかしさを和らげ
おちんちんが丸見えになってても普段通りの落ち着いた態度で健全なマッサージをします。
パート名が「性感マッサージで下準備」となってることからエッチ目的なのは間違いないですけど
少なくともこのパートの前半部分はエロさをほぼ感じさせずにお世話を続けます。

マッサージ音はくちゅくちゅと控えめな水音がゆっくり鳴ります。
引き続き風の音が流れるおかげで聴き取りにくく感じましたが音質は良いです。
ちゅぱ音の質と量にこだわったエッチ
前編のエッチシーンは2パート46分間。
プレイは乳首責め、耳舐め、筆責め、フェラ、アナル責め(前立腺マッサージ)です。
乳首責め、筆責め、アナル責めの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「じゃあ、ここはどうかしら…さっきは手の平全体で触れるだけだった…乳首ぃ♪」
マッサージの最中、オイルの効果で主人公の感度が上がってるのを確認したルーシェは
これまで避けてきた性感帯にターゲットを移して少しずつ気持ちよくします。

エッチはどちらも彼女が責め続けます。
前半の「Track3.性感マッサージで下準備」は射精に向けた準備をするパート(約26分)。
乳首をオイルまみれの指でいじりながら左右の耳を片方ずつ舐め
しばらくすると彼女が調合した生きてる筆を5本投入し全身を撫で回します。
当サイトではTrack3の前半部分を非エロ、後半をエロとみなしてレビューを進めます。

「本当に君ってばいい反応ね 元々全身の感度が高いんだろうけど、特に耳での反応すごいわ」
彼女が欲しいのは良質な精液ですからすんなり射精はさせません。
まずはおちんちん以外の性感帯を弱めに刺激し心と体の感度を上げます。
要は焦らすわけですが引き続き甘やかしてくれるので意地悪さはそれほどありません。
耳元至近距離から鳴るコリコリしたちゅぱ音がリアルでゾクゾクしました。

パート終盤に登場する筆責めは「しゅっ」という乾いた摩擦音が小まめに鳴ります。
複数の筆に責められてる感じが出るよう左右に振り分けてありました。
普通にエッチするだけだと錬金術師っぽさが薄れてしまいますから
それを補うためにこういう変わったプレイを用意したのでしょう。

続く「Track4.新鮮な精液をお口で採取」はフェラでの精液採取(約20分)。
長時間のマッサージですっかり硬くなったおちんちんを彼女がいきなり咥え込み
そのまま後になるほど激しくしゃぶって気持ちいい射精に導きます。

「快感を限界まで高めて…脳内物質がたっぷり分泌された状態で、それこそ命そのものを詰め込んだエネルギーの塊のような精液を出して欲しいの」
「これしゅごいぃ! 君の反応っ…しゅごく、じゅれるるぅ、かーわいい♪」

最初は尤もらしいことを言ってたのが、だんだんエッチを普通に楽しむようになるのが良いですね。
耳舐めの時よりもずっと下品なちゅぱ音をガンガン鳴らしてくれて純粋なエロさも高めです。
また途中からはアナルに指を挿入し前立腺を刺激するアブノーマルな責めも加わります。
といってもちゅぱ音の合間に微かな水音が聞こえる程度ですからメインはあくまでフェラです。

マッサージパートを聴いて「ソフトだなぁ」と感じた人も
このパートを聴けば考えを改めていただけるんじゃないかなと。
普段の落ち着いてる彼女とは違うメスの顔が垣間見えてギャップがあります。

前編の射精シーンは1回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

おまけはPRボイスとフリートークです。

後編へ続く…。
【立体音響】錬金術師のお姉さんに素材採取されちゃった僕(後編)

CV:御崎ひよりさん
総時間 3:37:53(本編…3:25:33 おまけ…12:20)


体験版はこちらにあります

追記
2019年4月6日の24時まで20%OFFの1036円で販売されてます。

【脳姦ASMR】おい、そこのお前。私の奴隷なれよ!

サークル「女性優位主義の女」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声は穏やかだけど性格はドSなお姉さんが
3種類のプレイを通じて自分の奴隷になりたがってる男性たちの適正を見定めます。

ASMR(音フェチ)とドM向けの調教を組み合わせた珍しいサービスが行われており
様々な音やちゅぱ音をたっぷり鳴らしてそれらに興奮できるかどうかを診断し
そこをくぐり抜けた者にだけアブノーマルなオナニーを与えて心をガッチリ掴みます。
奴隷になるための気持ちいい試験
有梨沙さんがエッチな調教を施すお話。

「はははっ マジで私に奴隷志願とかしてくるやつなんているんだ」
有梨沙さんは穏やかな声のお姉さん。
自分の奴隷になりたがってる主人公を軽く笑うと
その適性を確かめるために耳を責め始めます。

本作品は女性の奴隷になってきつい言葉責めや恥ずかしいオナニーを味わうことを目的に
彼女が90分程度の時間を使って合計3種類の変わったプレイを提供します。
マゾレベル診断、悶絶オナニー、洗脳射精と後になるほどハードなものを用意し
それらをやりながら聴き手にどれくらいのM度があるかを見定めます。

彼女と主従の契約を結ぶまでの様子を中心に描いてるので
どぎついプレイの割合はそれほど高くありません。
本当に従う意志がある者以外を振い落そうと逆に優しく接するシーンもあったりします。

最大の特徴はASMR要素を多分に含んだ調教をすること。
物語の序盤から中盤にかけては人や物が生み出す様々な音を至近距離から鳴らし
その後でオナサポ形式のきつい調教へと移ります。

たぶん最初のパートを聴いた時点では「これ本当にドM向けなの?」と疑問に感じるでしょう。
でも2番目以降を聴けば納得していただけるはずです。
落差の大きいサービスをするのでシーンによって随分違った印象を受けます。

囁き声と嘲笑の量が非常に多いのもポイント。
総時間のおよそ89%にあたる81分に渡って囁き続け
その合間に軽めの嘲笑を小まめに挟んで見下されてる感じを出します。

「お前らみたいなキモい奴なんて リアルでは私みたいな可愛い女の子に 口きけるような身分じゃないだろうから 会わなくて当然か」
彼を常に「お前」と呼び、「キモい」「クズ」など露骨に見下すセリフをガンガン言います。
でも囁き声のおかげである程度和らいでおり視聴後も残るほどではありません。
彼女がすぐ近くにいる雰囲気を出すことで調教のリアリティを上げてます。

様々な音を交えた調教と囁き&嘲笑の多さ。
癒し系作品でよく使われる要素を敢えて取り入れた面白味のある作品です。
ご主人様が満足する奴隷に
エッチシーンは3パート77分間。
プレイは耳舐め、指を擦り合わせる、擬声語責め、色んな音を聞かせる、耳のオイルマッサージ、乳首オナニー、アナルオナニー、○○、おちんちんオナニーです。
指を擦り合わせる、色んな音を聞かせる際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「今から有梨沙がこうやって バイノーラルマイクでお前らの耳に気持ちいい音 沢山流し込む」
冒頭の4分間を使って自分のことや奴隷募集した理由を説明した有梨沙さんは
ひとまずその第一段階として主人公の耳元で色んな音を鳴らします。

エッチはどのパートも彼女が主導権を握ります。
最初の「マゾLevel診断~脳姦ASMR」は聴き手のM度を調査するためのプレイ(約47分)。
彼女の体や道具を使って耳に心地いい音をたっぷり聞かせます。

「結構有梨沙も好きなんだ キーボード もっと聞かせてやるからな」
耳を指でいじるところから始まり囁き声で色々話す
至近距離で指を擦り合わせる、「こちょこちょ」「かりかり」といった擬声語を連呼するなど
全年齢やR-15の癒し系作品に出てくるタイプの音をテンポよく繰り出します。
全編バイノーラル録音なだけあってどの音も質感が良く
一部のプレイをする時には微かな風圧や振動まで伝わってきます。

終盤で耳の甘噛みや耳舐めをするシーンもありますが
全体を見ればエロさは低めで調教と呼べるほどきつい表現もありません。
だからこそ奴隷の適正を確かめるのに有効な手段と言えます。

というのもこの作品は主人公以外にも多くの男性が音声を聴いてる設定がされており
彼女がその中で自分の奴隷に相応しい人物を見つけるためにこれらのプレイをします。
その証拠にこのパートの最後で自分が望む反応をしなかったら「消えろ」と言ってあっさり切り捨てます。
1人の男性を自分好みに躾ける一般的な調教とは大きく異なる姿勢で取り組みます。

続く2パート30分間は本格的な調教。
「悶絶オナニーの時間」は乳首やアナルをいじって性感を高め
「洗脳射精」はそれらに亀頭と竿を加えて情けない射精を目指します。

「いいか お前らは今からアナルをいじりなさい」
そしてここからは調教色が一気に強くなります。
乳首やアナルをいじらせながらそれらを開発してるか確認し
乳首開発済み、アナル開発済み、両方未開発の3グループに分けて異なるプレイを指示します。
聴き手の開発具合によってやることが変わる展開は面白いなと。
M男たちを振るいにかけて自分好みの奴隷を見つけ出そうとする流れもテーマに合ってて良いです。

「おいこらっ! おいお前ら 自分の存在意義ってもん わかってんのか?」
また「悶絶オナニーの時間」の中盤~終盤は彼女が囁き声を解除し
今までで最もきつい罵声を浴びせかけるシーンがあります。
いきなり変わるのでビックリする人もいるでしょうね。
でもこれくらいの言葉責めをしてくれたほうがドM向けらしいとも思います。

「洗脳射精」は彼女の指示に従いながら焦らし気味にオナニーを続けます。
最初は亀頭だけいじる許可を出し、しばらくすると竿も解禁して全力でしごかせます。
そして1~2分後にはストップをかけて自由に射精できない状況を作ります。

復唱形式で彼女への服従を宣言するあたりは確かに洗脳っぽいです。
しかし声が囁き声に戻り、プレイも割と普通で最後を飾るにはやや物足りなく感じました。
言葉責めがもう少しパンチの効いたものだったらまた違ったかもしれません。

このように、3つの試練を設けクリアした者だけを奴隷にする変わったエッチが繰り広げられてます。
突き抜けてる作品
既存作品で行われてる調教の殻を破った独創的な作品です。

有梨沙さんは自分のS性癖を満たしてくれるM男を見つけるために
まずはASMR系のサービスを長めにやって相手のM度がどれほどあるのかを確かめます。
そしてある程度絞り込めた後は正統派のM向けプレイをやってさらに吟味します。

1人の男性を奴隷に作り変えるのではなく
多くの男性たちから自分好みの奴隷を見つけ出すためにエッチする珍しいシチュ
囁き声と嘲笑を多く盛り込んだうえできつめの言葉責めをするスタイル
序盤から中盤は音を、終盤は体の快感を主に使って責めるエッチ。
独自の要素をいくつも盛り込みまったく新しい調教を作り上げてます。

「有梨沙が欲しいのは 有梨沙のことを崇拝してくれて 一日中有梨沙のこと考えて興奮できる 最低なオスだけ」
彼女は最初から最後まで自分の利益を第一に考えます。
嗜好に合わない男性がいたらすぐさま見捨てるし、セリフもこちらを見下す表現が非常に多いです。
「資格のない人はもう二度と自分の作品を買うな」と言ってくるのには驚きました。

同人音声でよくやる聴き手をもてなすタイプの調教とはほぼ真逆のことをするので
Mな人でも自分には合わないと感じるかもしれません。
でも内容を理解したうえで聴くならハマる可能性を十分に秘めてます。
ここまで己を貫いてる作品はなかなかないです。

エッチは2番目の「悶絶オナニーの時間」が最も印象に残りました。
体の開発具合に応じてやることが変わる流れが斬新ですし
プレイ自体も乳首やアナルを責めるアブノーマル路線です。
前項のプレイ一覧で伏せておいたプレイもここで登場します。

射精シーンは1回。
淫語・ちゅぱ音・効果音それなり、喘ぎ声はありません。

人を選ぶけど強烈な個性と魅力を持ってる作品です。

CV:有梨沙さん
総時間 1:31:40

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

ダウナー系仲居のゆまちゃんに温泉旅行中に色エロされちゃうバイノーラルwith わかな&わかば【KU100】

サークル「ya-ho-games」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、テンションは低いけど性格はとっても優しい仲居さんが
温泉旅行に来た男性へ多種多様な癒しとエッチなご奉仕をします。

彼の同行者にばれないようこっそりお世話するのが特徴で
多くのシーンで密着し囁き声で語りかけながら
ダウナーな声や態度とは随分違う積極的な責めを繰り出して気持ちいい射精に導きます。

今回は本編部分に絞ってレビューをお送りします。
新妻たちの目を盗んでこっそりと
温泉旅館の仲居をしてる「ゆま」が色んなサービスをするお話。

「いらっしゃいませ あ、わかなさんだ わかばさんもいる」
ゆまは淡々と話す可愛い声の女の子。
新妻のわかなやわかばと一緒に温泉旅館へやって来た主人公を迎えると
軽い雑談をしてから泊まる部屋へ案内します。

本作品は近くに観光地がない静かな旅館でアルバイトをしてる彼女が
150分以上もの時間を使って上半身を癒したり多種多様なエッチをします。
非エロ27分、エロ106分と後者にとても力を入れており
彼が泊まってる部屋や男湯で昼間から夜にかけてたっぷり愛し合います。

「わかなさんもわかばさんも ゆまの先輩だったんですが テンションが高くて ゆまもついていくのが大変でした」
彼女は彼と一緒に宿泊してるわかなとわかばの元後輩。
タイトル通りダウナーな雰囲気で語りかけながらプロらしい心の行き届いたお世話をします。
こういうキャラが相手の場合、事務的プレイなど冷たい感じのエッチをすることもあるのですが
彼女は感情を表に出すのが苦手なだけで終始あまあまです。

普段が大人しいからこそエッチの大胆さに驚くでしょうね。
態度と行為にそれなりのギャップを持たせて魅力を引き立ててます。

もちろん彼女のダウナー属性を活かした演出もあります。
多くのシーンで体を密着させ、囁き声で話しながら比較的スローペースで彼の体を責め続けます。
本編の約51%にあたる82分が囁き声と言えばその多さがわかるのではないでしょうか。
彼女が話したり感じるたびに漏れる熱っぽい吐息にも風情と色気が漂ってます。

ちなみに本編以外にも34分ほどのEXトラックが存在し、そこでは脇役だったわかなとわかばが活躍します。
他にもループ音声をまとめたおまけもあったりと、本編以外に楽しめる要素をいくつも持ってます。
ya-ho-gamesさんはコスパが良いことで有名なサークルさんですから
本作品以外も含めて同人音声初心者にはおすすめです。
セリフと音をバランスよく配置したサービス
主人公が宿泊する部屋に到着した直後にするのは癒しのサービス(27分)。
同行してるわかなとわかばが美肌効果のある温泉に入ってる時間を利用し
肩のマッサージ、耳かき、蒸しタオルを顔にかけたままの愛撫を順に行います。

「いけませんよ お仕事は大切ですけど 無理ばかりしていると 体を壊してしまいます」
この旅館はインターネットがないせいで繁忙期もあまり客が来ない穴場だそうで
彼女も暇なことを正直に打ち明けて彼に付き合って欲しいとお願いします。
そして開始後は彼の心身を労る言葉をかけながらリアルな音を鳴らします。

サークルさんは販売ページのジャンルに「ASMR」を設置してますが
実際はセリフと音の分量がほぼ同じくらいですから音フェチ要素はそこまで強くありません。
物語の序盤で彼女が無言だと事務的な女性と思われてしまいますし
会話を交えて優しさや面倒見の良さを表現することを心がけてます。

「毎日 お仕事お疲れ様です 今日も とっても頑張りましたね」
彼女の人柄が最もよく表れてるのは2番目の耳かき(約11分)。
膝枕の状態で耳かき棒のみを使いお掃除しながら彼のことを褒めまくります。
「ずすっ」という硬く乾燥した音と並行して投げかけられる温かい言葉が心に染み入り癒やされました。
年齢は彼より下のはずですが母親のような包容力を持ってます。
大胆さが光る濃厚なエッチ
本編のエッチシーンは8パート106分間。
プレイは耳舐め、オナニーの見せ合い、太ももコキ、パイズリ、キス、SEX(騎乗位)、フェラ、手コキです。
オナニー、太ももコキ、パイズリ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「眠っていらっしゃるなら 少し 悪戯してしまいましょうか」
家庭的な癒しのサービスを受けて主人公がぐっすり寝入ったのを確認したゆまは
隙だらけの耳に口を近づけてゆっくりねっとり弄び始めます。

エッチはどのパートも彼女が責めます。
一番最初の「仲居のゆまの目隠し(タオル)耳舐め」でするのはもちろん耳舐め(約17分)。
時間をほぼ均等に分けて左→右の順に比較的ゆっくり舐め回します。

「夢ですから 動けませんよね」
彼女は彼が2人の新妻とここに泊まってることを知ってますから
他の女性に責められ戸惑う気持ちをしっかりケアしながらリードします。
今の出来事は夢の中だから耳舐めされても仕方ないと言ったうえで
熱っぽい吐息とちゅぱ音を交互に繰り出し射精したい気分にさせます。
そして射精を我慢できなくなったら素直に許可を出して気持ちよく出させてあげます。

おちんちんをいじる描写がないのでたぶん耳舐めだけでイかせてるのだと思います。
ちゅぱ音自体は結構エロいですし、オカズにしながらオナニーすれば出せるのではないかなと。
先ほどまでの癒やされる雰囲気から少しずつエッチな雰囲気へシフトさせます。

彼女の印象が大きく変わるのはその次から。
「ゆまの秘密」では彼女が、「お客様のオナニー拝見オナサポ」は彼がオナニーを披露し
続く2パートは場所を男湯に移して太ももコキとパイズリをプレゼントします。

「指入ってるの 見られちゃうぅ これ好き 見られそうなの すごくいい」
1回射精した後すぐそばで寝てる彼を見ながらオナニーするあたりは
ダウナーな態度とは随分違う淫乱さがあって実に良いです。
見られるかもしれないのに続けるところを見ると露出性癖があるのかもしれません。
絶頂後に「すごく良かった」と漏らすなど、エッチに対する積極性を感じる描写が多いです。

「いいんですよ わかなさんや わかばさんのための精子 ゆまの太ももに漏らしてしまいましょうね」
「お客様のお精子は ゆまのおっぱいで全部受け止めますから お風呂のことは気になさらないで 気持ちいいお射精してくださいね」

お風呂に移動した後も彼女の大胆さは留まるところを知りません。
裸ではなく湯帷子で登場し、背中や前を洗ってから体をくっつけ太ももでおちんちんを挟み込みます。
そして露天風呂に入った後は自ら前をはだけさせておっぱいで優しく包み込みます。
射精する時に体へぶっかけて欲しいとおねだりするのがいいですね。
妻以外の女性を自分の体液で汚す快感をくすぐってより出しやすい環境を作ります。

効果音も一応鳴りますけど、それよりもシチュと息遣いで興奮させるプレイかなと。
彼女のキャラを大幅に崩さないよう気をつけながらガンガン責める実用性の高い内容です。
このシーンはバックでお湯の音も流れますから同時に癒しも感じるでしょう。

終盤の2パート32分間は再び部屋に戻ってするプレイ。
「仲居のゆまのささやき逆レ騎乗位」は騎乗位で1回射精させ
「仲居のゆまのじっくりお掃除フェラ」はその後始末のついでにもう1回精液を搾ります。

「声を出してはいけませんよ 隣で眠っている わなかさんやわかばさんが 起きてしまいます」
「いいんですよ びゅーびゅーって いっぱいお射精して ゆまのお腹の奥 赤ちゃんのお部屋を 精子でいっぱいにして」

すぐ隣でわかなとわかばが寝ているところへこっそり押しかけ
そのまま生挿入&中出しを決めるなかなかスリリングなプレイが楽しめます。
バレないように囁き声で緩く責めるおかげで吐息の量が多く、それを通じて彼女の興奮具合が自然と伝わってきます。
時間は11分と短いものの、大胆さと密度の高さは最も高いパートと言えます。

それに対して次のお掃除フェラは本作品で最も長い21分もの時間を用意し
中央やや下から素早く舐めたり絞り上げる感じのパワフルなちゅぱ音を鳴らします。
わかなとわかばに内緒でこっそりやるにしては音がやや激しい気もしましたが
宿泊の最後を飾るプレイなのを考慮すればこれくらいのほうがむしろ抜きやすいです。

口、視線、太もも、おっぱい、おまんこ、手と
彼女は文字通り全身を使って彼の性欲を鎮めようとします。
淫語やちゅぱ音といったエロ要素の量も多い大変充実したエッチが繰り広げられてます。
熱くて落ち着きのある作品
ゆまの近さを感じながら癒したり興奮させる作品です。

ゆまは新妻たちと羽を伸ばしにやって来た主人公を心の芯からスッキリさせようと
わかなとわかばがいないタイミングを見計らって現れ長時間に渡る色んなご奉仕をします。
そして癒しよりもエロの比重を高くし、ダウナーな性格とは随分違う大胆な責めを繰り出します。

見た目は淡々としてるけど内面は感情豊かな彼女のキャラ
囁き声と吐息を多く盛り込んだ密着感のある演出
王道からやや珍しいものまで幅広く取り揃えたサービス。
彼女が持つふたつの顔を前面に押し出した抜き重視の物語に仕上がってます。

「ゆまも 旦那様と触れ合うことができて これからのことに自信が持てた気がします」
わかなとわかばに隠れてエッチするシチュから寝取られを連想する人もいるでしょうけど
実際は背徳感がほとんどない穏やかな終わりを迎えます。
そう言える理由は最後まで聴けばわかるはずです。
ブラックになりがちな要素のプラス面だけを抽出し興奮させるスパイスにしてます。

エッチはパート数とプレイの種類がいずれも多くて幅広いニーズに対応できてます。
私個人はお風呂の2パートが一番エロいと感じましたが
人によっては耳舐めだったりお掃除フェラをそう感じるかもしれません。
彼女の健気さや淫乱さが色んなところに表れてて感情移入しやすいです。

本編の射精シーンは7回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて本作品をサークルさんでは初の満点とさせていただきました。
吐息や囁き声が好きな人には特におすすめします。
おまけは幕間とループ音声です。

CV:ゆま…涼花みなせさん わかな&わかば…浅木式さん
総時間 3:44:53(本編…2:38:43 EX…34:24 おまけ…31:46)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

女の子のお人形遊び催眠

サークル「あるみかん」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、上品で落ち着いた雰囲気の女の子が
「人形化」をテーマにしたエッチな催眠をかけます。

エッチの4倍近くもかけて催眠状態をじっくり深めたり
直接的なエロ要素を使わず暗示の力で絶頂を促すなど
催眠そのものの気持ちよさを追求した作りになってるのが特徴です。
女の子のお人形さんに
女の子に催眠をかけられ心身を操られるお話。

「初めまして…かな? 初めてでもそうじゃなくても 私に会いに来てくれて嬉しいな」
女の子は甘く穏やかな声の女の子。
自分に会いに来てくれた主人公を優しく迎えると
催眠を使って幸せな時間をプレゼントします。

本作品は催眠に入ったりどっぷり浸かる感覚を楽しんでもらうことを目的に
彼女が60分程度に渡ってエッチな催眠を施します。
催眠が37分、エッチ9分と前者にとても力を入れており
十分にリラックスさせてから段階的に落とす丁寧なアプローチがされてます。

催眠音声は技術のレベルが品質に大きな影響を与えるので
新規のサークルさんだとどうしてもイマイチなものになってしまいがちです
しかしあるみかんさんは事前に相当勉強されたのか
処女作とは思えないほど催眠の内容がしっかりしてます。

全体の進め方、技術の組み合わせ方と使い方、暗示を入れるタイミングなど
基本的な部分が一定以上のレベルに達しており安定感があります。
一部のシーンではちょっとしたトラップを張ってスムーズに深化させますし
催眠をある程度経験して人なら割と入りやすく感じるでしょう。

「リラックスがよくわからなかったら 体の力を抜いて 私の言葉に集中してみてね」
今回のお相手を務める女の子はお姉さんっぽい雰囲気漂う女性。
最初から最後まで落ち着いた様子で彼に語りかけ
人形化についても嫌悪や抵抗を抱かせないよう気を配って進めます。
囁き声で暗示を入れてくるシーンが割とあるので、その時に耳や背筋がゾクゾクする人がきっといるでしょう。
リラックス重視の堅実な催眠
催眠は2パート37分間。
横になって目を瞑り、まずは彼女の声に合わせて深呼吸します。

「体の余分なものが 吐く息と一緒に 体から流れ出る」
「吸ってー」「吐いてー」と掛け声を出すのと同時に
それよりも控えめな音量で実際に呼吸音を鳴らしてリズムを取ります。
そして息を吐き出した時にだけリラックスする暗示を軽く入れます。

時間に余裕があるのを踏まえてここだけに8分以上も費やし
その中で心身を個別に脱力させたり、過去に体験した催眠の感覚を喚起して深化しやすくします。
暗示の内容が散発的だったので、もっと絞ったほうがいいかなぁとも思いましたが
深呼吸による純粋なリラックス効果のおかげで意識のぼやけをそれなりに感じました。

お次は人形化の第一歩として全身をくまなく脱力します。
左右の腕と足、胴体、頭と主要なパーツに分け
それぞれで暗示を入れながら脱力感を少しずつ広げます。

「ほらっ ずーん 力が抜けるの 気持ちいいね」
肩→二の腕→肘→手のひらといったように、中枢から末端に向けて伝播させるスタイルを取り
その中で「ずーん」を多めに盛り込み、かつやや強調して言います。
その後にはカウントを何度か数えてその都度追い込み暗示を入れるなど
どのシーンも基本に忠実なリードがされてます。

初めての作品ということであまり冒険せず手堅く進めてる印象を受けました。
催眠音声の場合、サークルさんの知名度や実績によって催眠の入りやすさが変わることもあるので
新規さんならそれを作るためにまず「催眠ができるぞ」ということをアピールするのが有効だと思います。
そういう点も含めてしっかりしてるなと。

続く深化パートはさらなる深化とエッチの準備。
キーワードを設定しそれを何度も言ったり
短いカウントに合わせて半覚醒状態と催眠状態を行き来させてより深いところに導きます。

「ずーん また落ちる 気持ちいい ずーんと 深く ふかーく」
パートの前半と後半でやり方を変えながら
「深く」「落ちる」といった深化を促す暗示をテンポよく入れて少しずつ持っていきます。
単調さが出ないよう最後のほうだけやり方を変えてあったりと
声に対する興味と集中力を切らさない配慮もされてます。

テーマの人形化に合わせてもっと支配しようと働きかけるのかと思いきや
「声が好きになる」など押し付けがましさを感じない表現を心がけてます。
脱力感や頭の中がぽわぽわする感覚もそれなりに味わえて気持ちよかったです。

Sっ気をほとんど出さずに服従させるマイルドな催眠です。
聴き手を女の子の言いなりにするのを目的に、最初のパートは深呼吸や分割弛緩法で心身を脱力し
次のパートでキーワードを交えた揺さぶりをかけて深化を促します。

催眠音声でよく使われてる古典催眠の技術を違和感なく組み合わせ
さらにどのシーンもゆっくりのんびり語りかけてリラックスしやすくしています。
十分な時間が用意されてるのも相まってそれなりの深さまで入ることができました。
ほぼ言葉だけでイかせるエッチ
エッチシーンは9分間。
プレイはオナニー、言葉による絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフは一応ありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「あなたは 私の言う通りのエッチなお人形」
長めの催眠を通じて主人公を自分の人形へと変えた女の子は
そのままさらなる暗示を入れて今度は性的な気持ちよさを味わわせます。

エッチは一般的なプレイをやらず言葉の力で絶頂まで追い込みます。
序盤に両腕が勝手に動くようにするシーンがありまして
それ以降は自分で性感帯をいじってもいいし、寝たまま声に耳を傾けるだけでもいいと言われます。
任意のオナニーなのでその時の気持ちに従って選ぶといいでしょう。

左「落ちて? もっと落ちて? 何もわからなくなって?」
右「頭の中とろけて? ずーんと深くなって?」

また彼女はパートの中盤あたりから声を最大3つに分離させ
左右から別のことを同時に言ったり、カウントと暗示を同時に投げかけて性感を高めます。

厳密には違いますけど双子っぽいアプローチですね。
プレイ時間が短いハンデを声の密度でカバーしようとしています。

ただ効果音はおろか淫語すら言わないので
この内容で絶頂まで持っていけるかと言われれば私は首を捻ります。
催眠パートの終盤に感度を高める要素が多少入っていればまた違ったのでしょうが
10分以内でそれと絶頂を両方こなすとなると相当に難しくなります。

もう10分くらい伸ばしてじっくり進めたほうが上手くいったのではないかなと。
今のままでは残念ながら絶頂に至るパワーが不足してます。

このように、純粋なエロ要素を使わずにイかせる催眠音声らしいエッチが繰り広げられてます。
催眠重視の作品
総時間の大部分を占める催眠が魅力の作品です。

女の子は主人公に自分の人形になる快感を味わわせようと
40分近くもの時間をかけてリラックスや深化をさせ、それから短いエッチをプレゼントします。
そして性的な快感よりも催眠に入る/漂う感覚を重視して進めます。

時間、内容いずれも催眠をとても重視した作り
古典系の技術を順序よく組み合わせて少しずつ確実に落とす催眠
その状況を使ってエロくないやり方でイかせるエッチ。
サークルさんがおっしゃられてる通りの方針で作品を組み立ててます。

有料の処女作でここまで催眠に寄せてくるケースは珍しいです。
催眠音声は催眠に入れないと何も始まりませんし
そこをじっくり腰を据えて取り組むのは良いことだと思います。
私個人は今後のご活躍が期待できるサークルさんと見てます。

しかし催眠に比べてエッチが淡白ことと、作品としての個性が不足してるという弱点もあります。
前者は新規さんではかなり難度の高いプレイに挑戦されており
セルフの有無が曖昧なのも相まって消化不良なものになってます。

後者は有料作品の場合ユーザーに対して何か引きつけるものが求められます。
最近発売された冬コミ作品も双子催眠をやったり、絶頂回数がとんでもなく多かったり
動画形式で催眠をかけるなどサークルさんが創意を凝らして制作されてます。

今の段階でそれに比肩するものを作って欲しいとまでは思いません。
ただ今後の制作において何かしらの強みを持つことは意識されたほうがいいです。
催眠を突き詰めるなら現代催眠のテクニックは大きな武器になるでしょうし
(許容暗示をちょこちょこ使ってたところを見ると既に勉強されてるのだと思います)
好きなシチュがあるならそれを掘り下げるのも大いに有りです。

絶頂シーンは1回。
淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声いずれもありません。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:みもりあいのさん
総時間 56:36

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

ふたりがけ催眠ドライイキサポート編

サークル「フルトラ」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまな双子の女の子が
左右に寄り添い協力しながら少しずつドライオーガズムへ導きます。

意地悪さを感じない程度に我慢させるまったり系のエッチが行われており
前半は耳&乳首、後半はアナル&前立腺と責める部位を切り替えながら
体への刺激は敢えて緩め、その代わり気持ちよくなる暗示を多めに入れてイける環境を整えます。

今回はノーマル版を聴いてのレビューをお送りします。
気持ちいい絶頂を迎える決め手は
双子がドライオーガズムを応援するお話。

右「おかえりなさーい」
左「おかえりなさい」
双子はややトーンの違うどちらも可愛い声の女の子
再び自分たちのもとにやって来た主人公を抱きしめ頭を撫でると
そのまま優しい言葉をかけて心の中にあるいらないものを取り除きます。

本作品は催眠状態には入れるけどドライをまだ迎えられない人のサポートを目的に
彼女たちが80分程度の時間を使ってそれに沿った催眠とエッチなサービスをします。
処女作から今まで全作品が双子形式なサークルさんということで
今回も全編でそれを採用し、シーンごとに2人が役割分担しながらゆっくりじっくり導きます。

フルトラさんは「ふたりがけ催眠カミングオーガズム編」「ふたりがけ催眠メルティオーガズム編」という
似たコンセプトを持つ作品を過去に制作されてるのですが、ドライ初心者に的を絞ってたそれらとは違い
今作ではドライを既に迎えてる人がより気持ちよくなれることも見据えて作られてます。

それを最もわかりやすく物語ってるのがエッチに複数のパターンが存在すること。
耳舐め、乳首オナニー、PC筋トレーニングをする通常パターン以外に
PC筋トレーニングをしない、PC筋+乳首オナニーをしないものが同梱されてます。
その次のパートも絶頂時に力を入れるものとそうでないものを選ぶことができます。

例えばドライ経験済みだけど乳首未開発な人は普通にいるはずです。
そういう人が乳首オナニー有りを選択すると逆に絶頂しにくくなるかもしれません。
そういった聴き手の属性に幅広く対応することでより多くの人がイけるようにしてます。

今回紹介するノーマル版以外にショート版(約57分)とexロング版(約100分)があるのも
時間を取れない人やがっつり楽しみたい人への配慮なのだと思います。
同じドライ未経験者向けでも過去作と今作では構造に大きな違いが見られます。

「速くても遅くてもダメだよ ちゃんと我慢して? 快感を受け入れて?」
作品のテーマは「我慢」
催眠、エッチいずれも彼女たちはわざと焦らし気味に進めます。
これだけを聴くと意地悪に思えるかもしれませんが、彼女たちは彼のためにやってるわけで悪意はありません。
その証拠にストレスを感じないよう励ます言葉を適度にかけたり
エッチの時間を長く取りスローペースで責め続けて性感を少しずつ蓄積させます。

本作品は催眠音声では珍しくエッチシーンの時間が本編の7割近くを占めます(通常は3割~5割)。
時間に余裕があるから刺激が弱めでも最後に絶頂しやすく、途中に寸止めを挟む必要もなくなります。
そしてこれを成立させるために双子形式を活用してます。
ちゅぱ音や効果音が結構鳴りますけどメインの抜き要素はあくまで催眠の技術です。
目的を見据えたコンパクトな催眠
催眠は2パート13分間。
楽な姿勢になって目を瞑り、まずは深呼吸しながら双子の声に耳を傾けます。

「吐く息に不純物を乗せて 無駄な力を吐き出して」
右が呼吸の合図を出しつつ左がイメージを絡めたリラックスの暗示を入れ
さらに協力して腕や足を軽く脱力させるなど、催眠者が2人いる状況を活かしスムーズに進めます。
本レビューでは読みやすさを優先して左右や色分けをせずにセリフを記載してますが
音声では左右交互に言ったり、ひとつのセリフを短く振り分けるなど変化に富んだ作りをしてます。

「このまますとーんって落ちたら気持ちいいことはわかってる けどまだダメ もう少し我慢してから」
これらをやった直後の深化で敢えて少し我慢させるのがいいですね。
本作品のテーマは我慢ですから催眠の段階で早速それに慣れさせようとします。
実際のところ少し踏み留まった後に落ちたほうが催眠に入ってるのを自覚しやすいです。

次の「誘導」パートは催眠状態をさらに深めます。
とあるイメージをしながら彼女たちがカウントを数えて一度半覚醒させ
その直後に逆のことをしながらさらなる暗示を入れて心身をドロドロに溶かします。

「頭の中から力がすっと抜ける 気持ちいいのがふわりと広がる」
催眠音声でよく使われる「揺さぶり」という技術なのですが
それを双子式にアレンジしたり「ふわり」などの柔らかい擬声語を盛り込み甘さを出してます。
前のパートで行われた比較的スピーディーな深化に対し
こちらは時間をかけてゆっくり、と2回ある深化にも落差をつけて二重の意味での揺さぶりをかけてます。

私が聴いた時も全身がぐーっと地面に引っ張られるような感覚がして気持ちよかったです。

忍耐力を多少つけさせながら落とす目的意識の強い催眠です。
心身の力を抜き、双子の言うことをすんなり受け入れられるようにすることを目的に
最初のパートは深呼吸や脱力からの軽い深化、次はイメージを絡めた揺さぶりと
古典催眠の技術を作品なりにアレンジしてスムーズに進めます。

1人で催眠をかける場合13分は結構きつい長さなのですが
双子のおかげで予想以上に深いところまで入れました。
双子のみをずっと制作されてるだけあってその使い方がしっかりしており
限られた時間で何をやるべきかを見据え、それをきちんとこなしてるのが大きいです。
ほんの少しだけ我慢するシーン用意してるのもエッチに向けた練習なのだと思います。
おちんちん以外を集中攻撃
ノーマル版のエッチシーンは3パート60分間。
プレイは両耳舐め、乳首オナニー、PC筋トレーニング、アナル責め(指、ペニバン)です。

アナル責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありですが射精表現はありません。
作中で服を脱ぐ指示が出ることもありません。

「それじゃあそろそろ エッチで気持ちいいこと始めよっか」
コンパクトな催眠で主人公をトロトロにした双子は
先ほどよりも体をさらに近づけ囁き声で気持ちよくなる暗示を入れます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
一番最初の「性感開発パート」はじっくり上り詰めていくプレイ(約36分)。
左右から個別に、あるいは同時に耳舐めしながら言葉でエッチな熱を徐々に高め
しばらく経つとそこに乳首オナニーやPC筋トレーニングを加えて広範囲を同時に気持ちよくします。
ちなみにPC筋は会陰のあたりにある筋肉でおしっこを止める時などに使います。

「右から来た快感と 左から来た快感が 頭の中でぶつかって弾けてるみたいに どんどん気持ちよくなっちゃうね」
性感帯を直接刺激するスタイルなのでドライ未経験者でも気持ちよくなりやすく
彼女たちも耳舐めと同時に感度上昇の暗示をガンガン入れてそれを応援します。
その一方で淫語はほとんど言わなかったりちゅぱ音をソフトにして純粋なエロさを抑えてます。

言葉責めしながら乳首をいじってイったらただのオナサポになってしまいますから
それとの違いを出すためにわざとこうしたのでしょう。
最初はピンとこなかったとしても続けるうちに股間のあたりがムズムズしてきます。
おちんちんには触れないどころか意識すらさせない徹底したドライ路線です。

プレイの流れは交互の耳舐め→両耳舐め→耳舐めを停止してから乳首オナニー
→PC筋トレーニング追加→耳舐めを復活させての同時責めと変化に富んでます。
そして乳首オナニーの際は「かり かり きゅっきゅっ」と掛け声を入れてペースを教えます。
どのシーンも責めるペースがかなり緩く、適度に休憩を挟むため
途中で我慢できずにイってしまう人はたぶんいないと思います。

超スローオナニーとでも言えばいいのでしょうか。
内容はM向けなのに雰囲気がものすごく甘くてノーマルでも聴きやすくなってます。
彼女たちの声や態度にも癒しを感じるでしょう。

続く2パート24分間は前立腺をターゲットにしたプレイ。
「お尻責めパート」は右の子がゴム手袋を着けた指で
「もっとお尻責めパート」は左の子がペニバンを使っていずれも2回連続の絶頂へと追い込みます。
実際にやる指示は出ませんから何か準備する必要はありません。

「快感の塊が前立腺に叩きつけられて ゾクゾクとトロトロがいっぺんに押し寄せて 頭の中ふわーってなっちゃうの」
先ほど以上にアブノーマルなプレイですが彼女たちは引き続きあまあま。
指やペニバンを挿入される感覚を言葉で伝えながら泡立った水音をゆっくり鳴らします。
上のセリフのように擬声語をよく使ってるのが面白いなと。
柔らかい雰囲気を維持したままアナルを責められる気持ちよさを直感的に伝えます。

私の時はどちらかと言えばペニバンのほうが気持ちよかったです。
最初の一突きで畳み掛けるような追い込み暗示を入れて気持ちを一気に盛り上げ
それからピストンを繰り返して絶頂に必要なパワーを蓄えます。

どのパートも絶頂時にとある言葉を投げかけてくれますから
後になるほどそれに合わせて何らかの変化が表れる可能性が高くなります。
プレイの内容から脳よりも股間に強い快感が襲ってくるでしょう。

このように、意地悪に感じない程度の我慢をさせてからイかせる緩いエッチが繰り広げられてます。
満たされながらイける作品
ドライ未経験者から上級者まで幅広く楽しめる作品です。

双子は自分たちに会いに来てくれた主人公に気持ちいい時間を提供しようと
どのシーンも左右に寄り添いながら甘い声で語りかけます。
そして催眠誘導の時間はできるだけ削り、エッチの時間を長く取って3種類のプレイをがっつり楽しみます。

可愛い双子が協力して催眠やエッチをするスタイル
軽く我慢させてから二段構えで落とす洗練された催眠
おちんちん以外の性感帯をとことん責めるドライを強く意識したエッチ。
サークルさんがこれまで培ってきたものに新要素を加えて一歩進んだドライ系作品に仕上げてます。

中でもエッチは初ドライを迎えるきっかけ作りになるだけでなく
そこをクリアした人がさらに突き詰めることも見据えたプレイをしています。
過去2作はかなり初心者寄りだったので、経験者視点だとやや物足りなくも感じたのですが
今作は乳首オナニーや前立腺責めに力を入れてるおかげで満足できました。

「前立腺が内側から 甘く甘くとろけていく トロトロの快感がどんどん膨らんでいく 気持ちよくなっちゃう」
ちゅぱ音や効果音と暗示の役割分担がきちんとできてるのも良いです。
前者は何をしてるか伝える程度の脇役に位置づけ、後者が快感をコントロールする役目を果たします。
エッチメインですけど催眠色の強い作品だなと。
脳がトロトロに溶ける感覚も長時間味わえてリフレッシュ効果が高いです。

ノーマル版の絶頂シーンは5回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえてサークルさんでは3本目の満点とさせていただきました。
おまけは4種類の音声です。

CV:みもりあいのさん
総時間 1:59:51(ノーマル版本編…1:26:05 おまけ…33:46)
※本編の時間は構成によって多少変わります。

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

バイノーラルで孕ませ連呼 人妻の中出し筆おろし 旦那の代わりに孕ませ子作り

サークル「ケチャップ味のマヨネーズ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、エッチな事が大好きな色っぽい人妻が
夫がいない間に前々から目をつけてたお隣さんと深いSEXを楽しみます。

彼女が序盤から積極的に種付けのおねだりをしてくるのが最大の特徴で
囁きに近い声量で「赤ちゃん産みたい」「孕ませて」といいったセリフをガンガン言って男心をくすぐります。
エッチを重ねるにつれて彼女が彼を本気で愛し始める展開もポイントです。
人妻からの大胆なお願い
隣に住むミナミと種付けSEXするお話。

「あらどうも 今お帰り?」
ミナミは明るくて艶っぽい声のお姉さん。
帰宅した主人公に宅配便の荷物運びを手伝って欲しいとお願いすると
そのお礼にすかさず軽めのキスをします。

本作品は子供が欲しいけどなかなかできなくて困ってる彼女が
気になってたお隣さんを家に連れ込み事情を説明してからひたすらSEXします。
夫が出張中なのかしばらく帰ってこない状況を踏まえて全編を3つのシーンに分け
どのパートも妊娠を匂わせるセリフを積極的に投げかけて興奮を煽ります。

「奥に当たってる そこ お姉さんの子宮の入り口だよ 運が良かったら あなたの赤ちゃんができる場所」
音声作品でSEXや中出しをする作品は数多くありますが
ここまでストレートなおねだりをするものはなかなかありません。
「赤ちゃん作ろう?」「孕ませて」などのセリフが本当に多くて征服欲をくすぐられます。
その相手が綺麗で淫乱な人妻なら尚更です。

この件がきっかけで主人公が彼女の心と体を奪ってしまうため、結果だけを見れば明らかな寝取りです。
しかしそのすべてを彼女が持ちかけ望んだ経緯があるおかげで
寝取り特有の暗さや背徳感がかなり薄まってます。
終わり方も割と穏やかですし、人妻に種付けするスリルだけ味わえるように工夫されてます。

エッチのほぼ全部が囁き声で進むのもそう感じる要因のひとつです。
バイノーラ録音の長所が出るようシーンやプレイごとに声の位置と距離を切り替え
彼女の興奮が高まるにつれて息遣いや喘ぎ声が少しずつ激しくなります。

彼女とエッチしてる雰囲気や一体感を重視した演出ですね。
SEXメインなのに効果音を入れてないのも、この部分を聴き手に楽しんでほしかったからだと思います。
やってることはヤバいのに最中の様子が結構大人しくて人妻の品を感じました。
後になるほどのめり込んでいくエッチ
エッチシーンは3パート60分間。
プレイはキス、耳舐め、SEX(騎乗位、対面座位)です。
エッチな効果音はありません。

「おいで ほら ベッドに お洋服なんか脱いじゃえ」
キスした勢いでSEXしようと言い主人公の同意を得たミナミは
すぐさま彼を裸にし、すぐそばのベッドに寝かせて挿入の準備に取り掛かります。

エッチは経験豊富な彼女が童貞の彼をリードします。
一番最初の1日目パートは初めてのSEX(約23分)。
騎乗位で挿入しキスや言葉責めを挟みながらゆっくり射精に導きます。

「今まで入れたおちんぽの中で あなたのが一番好き」
「お姉さん あなたの赤ちゃん 生みたくなっちゃった」

彼女は子宝に恵まれない夫の代わりに彼を選んだだけなので
この時点の2人には恋愛感情や愛情といった心の繋がりはほとんどありません。
しかし童貞にも関わらず相性抜群で耐久力もある彼のおちんちんを味わううちにそれが芽生え
だんだん夫ではなく彼の赤ちゃんを生みたいと思い始めます。

普通に種付けSEXするだけだと雰囲気がどうしても淡白になるので
彼女の心情変化を加えて人妻を寝取るスリルや男としての優越感を盛り上げます。
通しで聴くと彼女が彼にどんどん溺れていくのがよくわかるでしょう。
寝取られる側が自分から寝取る側にすべてを捧げようとする展開が面白いです。

プレイの様子は効果音を入れてないハンデを吐息で補ってます。
最初はほんのり熱っぽいくらいだったのが次第にはっきりわかるレベルで荒くなり
射精シーンに差し掛かると呼吸のリズムも不規則になって絶頂が近いことをアピールします。
囁き声主体なのはこの細かな変化を聴き取りやすくするためなのかもしれませんね。

「あなたの素敵なぴゅっぴゅで お姉さんの子宮を征服して」
もちろん主役の孕ませ連呼も充実してます。
特定の言葉を何度も繰り返すこともあれば、上のように普通に話す感じでおねだりすることもあります。
主人公も彼女の積極的なアプローチにあっさり負けて中出しを決めますし
お互いが同意の上でこのやや背徳的なエッチを楽しみます。

続く2パートは彼女が彼にもっとのめり込むシーン。
2日目は引き続き騎乗位で、3日目は対面座位で1回ずつの中出しをします。

「あなたを見ただけで 濡れちゃった 昨日の子作りが良すぎて 体が反応してるのかな」
先日のSEXで自分のメス心に火がついたのでしょう。
主人公に会うとすぐさまキスをし、いつでも挿入可能なことをはっきり教えます。
そして開始後は今まで以上にうっとりした声を漏らします。

孕ませ連呼を時間内にできるだけ多くすることを優先させた関係で
SEX中に彼女が喘ぎ声を漏らすことはあまりありません。
その代わり声の感じや息遣いといったセリフに絡めやすい部分で想いの強さとエロさを出してます。
元々の声質が魅力的ですし、ちゅぱ音や効果音が控えめでも十分抜ける品質を持ってます。

「あなたの精子で作って もうあの人の精子じゃ嫌なの もうあなたの精子でしか作りたくない」
「心もおまんこも あなたに夢中になっちゃった あとは子宮だね」

彼女の心が夫から彼に傾く展開もそれに大きく役立ってます。
つい昨日まで童貞だった彼にSEXを通じて男としての強い魅力を感じ
子供さえできれば夫/主人公どちらでもいいと思ってたのが「彼の子供がいい」へと変化します。
そしてより確実に妊娠できるよう興奮できるおねだりと言葉責めをガンガン投げかけます。

3日目には夫に今まで一度もしたことのないプレイを敢えてするなど
言葉と行為の両方から彼が特別な存在になってることを伝えます。
彼が自分から行動するシーンはほとんどありませんから、彼女が自然に惚れたと見るのが妥当でしょう。
男性が女性を無理矢理奪う寝取りのセオリーからわざと脱線させてまろやかさを出してます。

このように、人妻が自分から積極的に種付けをおねだりする変わったエッチが繰り広げられてます。
穏やかな寝取り作品
寝取りっぽさを適度に薄めたうえでエロさも出してる独特な作品です。

ミナミは夫相手ではなかなか上手くいかない子作りを主人公に手伝ってもらおうと
ちょっとした用事をきっかけに2人きりの時間を作り筆おろしSEXまで持ち込みます。
しかし体を重ねるにつれて彼を本気で愛し始め、最後のほうには彼の子供を生むためのSEXをします。

年上の人妻が孕ませ連呼のおねだりをしてくる変わったシチュ
バイノーラル録音特有のリアルな声と吐息をふんだんに盛り込んだ作り
お話が進むほど彼に体だけでなく心も奪われていく展開。
独身男性が夫持ちの女性をその魅力で虜にする様子をソフトなタッチで描いてます。

「ぴゅっぴゅ ぴゅっぴゅ すごい 子宮に精子がいっぱい入ってきて 幸せ」
明るくて爽やかな寝取りをしてるところが一際印象的でした。
彼女は最初から妊娠覚悟で彼とエッチしてますし、最中のセリフも甘いものばかりです。
主人公が嫌がったり強引に責めるシーンもないので後味がスッキリしてます。
2日目と3日目は会ってすぐさまエッチに入るおかげでSEXの密度をほぼ均一に保ててます。

あとは孕ませを主軸にしたセリフがそそります。
SEXメインなのにここまで言葉責め重視というのも珍しいですね。
単調さが出ないよう言い回しに工夫がされていて興奮を維持しやすいです。

射精シーンは3回。
淫語多め、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

SEXが持つ本来の意味と目的をストレートに表現した作品です。

CV:霜月優さん
総時間 1:09:56

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

なりヌキ! ~忘れ物から始まる挟まれエッチ~

サークル「Mistless Piece」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、性格は違うけどどちらもエッチ大好きな2人のクラスメイトが
自分たちのキスを覗き見てた男子を3Pに誘います。

女性が複数人いる状況を活かしたちゅぱ音特化のエッチが行われており
前半は耳舐め、後半はフェラとパートごとに責める部位を切り替え
それぞれに応じた比較的下品な音をゆっくり重ねて鳴らし興奮を煽ります。
クラスメイトと秘密を共有
リカとマキに耳とおちんちんを責められるお話。

「マキちゃん 私 もう我慢できない」
リカは清楚で可愛い声の女の子。
「私も リカのことばっかり考えてて 全然集中できなかったわ」
マキは上品で大人びた声の女の子。
ある日の放課後、他に誰もいない教室でキスしてると
その様子を忘れ物を取りに来た主人公に見られて呼び止めます。

本作品は同じクラスの友人でありセフレに近い関係の彼女たちが
その秘密を知った彼を巻き込み35分程度のエッチなサービスをします。
口止めの見返りに気持ちよくするみたいなシチュですが事務的感はまったくなく
自分たちについてないおちんちんを不思議そうに観察したり積極的に味わいます。

マキ「ねぇあなたもさ この舌の中に混ざりたくない?」
自分たちの関係を邪魔する存在ではなく秘密を共有する仲間として見てくれるので
最初から最後まで和やかな雰囲気でエッチを進めます。
彼が童貞でも見下しませんし言葉責めの類も特にありません。
女性に挟まれて責められる快感や幸福感のみを追求したノーマル向けの作品です。

しかしエッチ自体は抜きをかなり意識してます。
そう言える一番の要因は時間に対するちゅぱ音の量が多いこと。
左右から耳やおちんちんを同時に舐めたり、別の性感帯を手分けして責めるなど
女性が2人いる状況を活かしてエッチな音を重ねて鳴らします。


担当の声優さんが違うおかげで同じプレイでも舐め方に微妙な違いがあります。
さらに耳、乳首、おちんちん、金玉でちゅぱ音の鳴らし方をきっちり変えるなど
音だけで責めてる様子が伝わるように考えて演技されてます。
最大で3つの音が同時に鳴るシーンもありますから実際に聴いてみるとプレイが濃く感じるでしょう。
舌と唇を駆使したエッチ
エッチシーンは2パート36分間。
プレイはキス、両耳舐め、手コキ、フェラ、乳首舐め、玉舐めです。
手コキの際に効果音が鳴ります。

リカ「こうして3人で密着したら 興奮するでしょ?」
2人がエッチしてたことは内緒にすると言いつつ股間を膨らませてる主人公を見て
リカとマキは軽くキスを見せつけてからその輪に彼を招待します。

エッチは経験者の彼女たちが童貞の彼をリードします。
前半の「放課後の秘め事」でするのは耳舐め手コキ(約20分)。
2人→3人の順でキスしてからリカは左、マキは右に陣取り両耳を同時に舐めます。
そしてある程度高まったところで2人が協力しておちんちんを刺激します。

マキ「やっぱり 手でして欲しい? いいわよ 私たちがしてあげる」
片方は清楚系、片方は強気と属性に違いはありますが2人ともエッチ大好きです。
だから彼をいじめるのではなくもてなす姿勢で性感帯を気持ちよくします。
おちんちんを見たり触った時の反応が初々しかったので男性経験はまだないのでしょう。
仕方なく相手するのではなく、一緒に楽しもうとしてるのが伝わってきます。

マキ「すごい こんなにたくさん… ふふっ 気持ちよかったのね」
私個人は射精後のやり取りが特に印象に残りました。
手にべったりついた精液を嫌がるどころか嬉しそうに眺め、リカとマキがお互いの手を舐めて綺麗にします。
2人が彼を責め続けるスタイルだと百合っぽさがなくなってしまうからこうしたのでしょう。

両耳舐めはパート内で11分ほど行い、最初はゆっくりペースで舐めたり吸う
しばらくすると穴の入り口に舌をぐりぐりさせるといったように
後になるほど音をパワフルにして抜きやすくしています。
最中に多少はしゃべりますが、もう片方は舐めに徹するのでちゅぱ音が途切れることはあまりありません。
本作品の肝になる要素だからこそ質と量にこだわってます。

後半の「二人のお口で」はフェラが主役(約16分)。
1回出しても萎えるどころかさらに元気になるおちんちんを鎮めようと
2人が個別に、あるいは同時に口で直接お世話します。

リカ「あなたのおちんちん もっと味わいたい まだまだ足りないの」
マキ「こうして間近で見ると すごい迫力ね」
先ほどのプレイでおちんちんの逞しさや素晴らしさに気づいたのでしょう。
リカがフェラを自ら志願し、精液のこびりついてるそれを嬉しそうに舐めます。
そしてマキはその様子を実況したり乳首を舐めてサポートします。
2人がおちんちんを軽く取り合うシーンもあったりして微笑ましいです。

そしてこのパートは異なるちゅぱ音を同時に鳴らすことにこだわってます。
フェラ→フェラ+乳首責め→フェラ+玉舐め→ダブルフェラとほぼ全部で同時責めを行い
おちんちんの先っぽを舐める、咥えこんで絞る、乳首を吸い上げる、金玉を頬張るなど
ちゅぱ音の位置、距離、質感でそれらの違いがある程度わかるようにしてあります。

前半の両耳舐めとは違った方向性を持ってるのが良いですね。
射精後にお掃除フェラまでしてくれますし、女性に尽くされてる気分が味わえます。

このように、舌や唇をふんだんに用いた密度の高いエッチが繰り広げられてます。
ちゅぱ音まみれの作品
甘い雰囲気でちゅぱ音をガンガン鳴らす実用性重視の作品です。

リカとマキは自分たちの関係を偶然知った主人公を仲間に迎えようと
最初から親しげな態度で接しつつ耳とおちんちんを主に口を使って責め続けます。
そして多彩なちゅぱ音を重ねて鳴らしてその様子をリアルかつエッチにお届けします。

顔見知り程度の間柄だったクラスメイトたちと教室でエッチする魅惑のシチュ
唇、耳、乳首、おちんちん、金玉を丹念に舐めるちゅぱ音特化のエッチ
見下すどころかおちんちんや精液の素晴らしさを褒め称える彼女たちの優しさ。
完全女性上位ですがM性を極力薄めた大衆性の高い作品に仕上げてます。

マキ「ありがとう 私たちも気持ちよかったよ」
2人が元から百合の関係にあることや、それを知ってしまった彼を一方的に責める展開から
聴く前は童貞を軽く笑われるとか、すぐ射精してしまったことを貶すといった描写があるだろうと予想してました。
しかし実際はネガティブに感じるセリフが一切なくとことん持ち上げる姿勢を取ります。
事後に精液を愛おしそうに味わってくれますしスッキリした気分で聴き終えられるでしょう。

エッチはちゅぱ音が最大の抜き要素です。
音を楽しみやすくするために全体のペースをゆっくりめに設定し
その代わり量や密度を上げて射精しやすい環境を作ります。
舐め始めるとセリフが一気に減るのも良いです。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音多め、淫語そこそこ、くちゅ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

おまけはフェラ&玉舐め音声です。

CV:リカ…柚木朱莉さん マキ…かの仔さん
総時間 53:48(本編…40:57 おまけ…12:51)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
54分で500円とコスパが良いので+1してあります。

生意気サキュバスなんかに負けない!

サークル「赤子戦隊」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、甘い声と生意気な性格を持つ年下系のサキュバスが
自分を討伐しに来た勇者を気持ちいい手段で屈服させます。

自分よりも明らかに弱い存在に負かされる快感を味わわせるのが最大の特徴で
ストレートな色仕掛けをしたり、お試しで気持ちよくするなどパートごとに責め方を変えながら
彼が自ら進んでレベルドレインされたくなるよう巧みにリードします。
可愛いサキュバスの気持ちいい罠
サキュバスのリルムにレベルを貢ぐお話。

「もしもーし この討伐依頼を読んでるお兄さーん」
リルムは甘く可愛らしい声の女の子。
討伐依頼を受けた主人公に勝つためのアドバイスをしようと
実演形式でこの後どんなふうに誘惑するか教えてあげます。

本作品は体はまだ未熟だけど男の弱点を知り尽くしてる彼女が
自分よりも強い勇者を3種類のエッチで骨抜きにします。
ベロチュー+太ももコキ、耳舐め+手コキ、言葉責め+オナニーとパートごとにプレイ構成を切り替え
いずれもM男が喜びそうな責めを仕掛けて気持ちいい敗北を味わわせます。

作者さんがかなりの負け好きらしく、同じ属性を持ってる人の心をくすぐるのが上手です。
無理矢理感を極力薄めてリードしてくれますからそれほど抵抗感を抱かずに射精できるでしょう。
体はもちろん、心への責めにもかなり力を入れてます。

「あたしにレベルドレインされるの 癖になっちゃって あたしにレベルを貢ぎに来る変態さんがいるくらい」
彼女は一般的なサキュバスよりも若い成長途中のキャラ。
攻撃手段は特に持っておらず、彼の攻撃を何度も避けながら誘惑します。
しかし一度心を掴んだ後はレベルドレインという特殊な技で相手の力を奪い取ります。

普通に戦ったら勝ち目のない彼女がどうやってエッチまで持っていくかも本作品の聴きどころです。
ある時は女の武器でストレートに、またある時は微弱な快感を与えて焦らすなど
彼の弱点を的確に突いて流れを徐々に引き寄せます。
そして勝ちが確定した後は軽く見下しながらレベルを存分に絞って負けを思い知らせます。
こつこつ上げたレベルを一瞬で失う展開は現実世界における貢ぎマゾに近い意味合いを持ってます。

生意気でよわよわなサキュバスにエッチで負かされ大事なものを奪われる。
女性に弄ばれる快感に焦点を当てた独特な趣向のM向け作品です。
心を上手に絡め取るエッチ
エッチシーンは3パート49分間。
プレイは投げキッス、ベロチュー、太ももコキ、耳舐め、手コキ、囁き責め、オナニーです。
太ももコキ、手コキ、射精の際に効果音が鳴ります。

「このまま あたしの投げキッスでメロメロになっちゃえ」
自分の住処にやって来た主人公に改めて自己紹介し得意技を教えたリルムは
彼の攻撃を避けながら投げキッスを浴びせて戦意を削ぎます。

エッチは常に彼女がリードします。
一番最初の「02 べろちゅーなんかに負けない」は2人が初めて出会った時のお話(約12分)。
彼がエッチに免疫がないことをすぐさま見抜いて誘惑からのベロチューでレベルを吸い取ります。

「そんなにしたかったの? さっきのチューの つ・づ・き」
彼は彼女を討伐しに来たわけですから当然序盤は抵抗する気配を見せます。
だから口を開けてその中とやや長い舌を見せつけ、さらにソフトなキスをして軽く焦らします。
そして脈があると判断した後は大胆に責めて一気に陥落させます。
多くの男性を手玉に取ってきただけあって押し引きのタイミングが絶妙です。

声よりもずっと下品なちゅぱ音もいいですね。
ベロチューなので通常のキスよりも吸い上げる音を多めに入れてエロさを出してます。
それでいてペースが意外とゆっくりなのは、同時に鳴る太ももコキの音を聞きやすくしたからかもしれません。
相手が欲しいものを適度に与え、その見返りにレベルをいただくサキュバスらしい駆け引きが光ります。

続く「03 耳舐めなんかに負けない」でするのはもちろん耳舐め(約25分)。
彼女に負けて退散した彼がレベルを大幅に上げて再度討伐を試みます。

「下半身ムラムラ 止まらないよね たくさん我慢してきたのに おちんちんをゆーっくりシコシコ」
彼女は前回のプレイから彼がまた来ることを予想してたようです。
別段慌てる様子は見せず、レベル上げを頑張ったせいで溜まりに溜まった性欲を解消してあげると言います。
そして警戒する彼の心を巧みな話術で緩め徐々に主導権を握ります。

一般的な18禁作品とは違いエッチが始まった後も心を絡め取るアプローチを続けます。
耳舐め自体は左右を個別に舐めるスタンダードなものなので
明らかに弱い彼女に射精へ追い込まれていく感覚こそが最大の抜き要素だと思います。
後になるほど生意気さが増すのもそれを後押ししていて良いです。

最後の「04 ささやきなんかに負けない」は最もソフトなプレイ(約12分)。
2回のレベルドレインを経て最初よりもパワーアップした彼女が
彼の体に指1本触れず言葉だけで射精させます。

「お兄さんがなさけなーく射精しちゃうところも大好きだから アヘ顔でみっともなく射精しちゃおうねー」
もう彼は自分に永遠に勝てないと確信したのでしょう。
今までよりもさらに見下して負ける快感を増幅します。
オナニーの指示はほとんどしないのでシチュと言葉責めで抜かせるプレイかなと。
私は刺激が弱く感じましたが、M性の強い人にはうまく突き刺さるのかもしれません。

このように、心と体をバランスよく責める焦らし系のエッチが繰り広げられてます。
気分良く負かしてくれる作品
嫌悪や抵抗を抱かせずに負かす面白い作品です。

リルムは自分を退治しに来た主人公を返り討ちにしようと
最初からフレンドリーに接しながら彼の弱点を密かに探ります。
そしてエッチにまるで免疫がないのを見抜いた後はそれを主軸に置いてレベルドレインまで持っていきます。

年下系のサキュバスが変わったやり方で男性を骨抜きにするシチュ
初心なM男の弱点を的確に突き自分から負けたい気分にさせる展開
普段は可愛く振る舞い勝ちが確定すると生意気になる彼女のキャラ。
「負けないぞ」と思っていてもやっぱり負けてしまうサークルさんらしい作品に仕上がってます。

「これからも 私のために いーっぱいレベル稼いできてね」
彼女は自分が非力な存在だと自覚してるので勝つ方法をよく心得てます。
相手が勇者、しかもレベルが上となると正面からぶつかったら勝ち目はありません。
だからまずは心を重点的に責め、それから体へとシフトします。
私個人はそのへんの匙加減が秀逸な作品と見ています。

エッチは通常のサキュバスとの違いが出るよう敢えてソフト路線にしてます。
ちゅぱ音は多めですがペースはゆっくりですし、中盤からは囁き声で話しかけるようになります。
でもシチュや展開がそれを補って余りあるほど興奮させてくれます。
中の人の「俺はこういうのが好きなんだ!」という思いがひしひしと伝わってきました。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音それなり、淫語とくちゅ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:大山チロルさん
総時間 1:08:12

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ