同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:ささやき

   ● 1秒1回コキ縛り 無感情ダークエルフのスローオナニー耐久勝負
   ● 微ヤンデレ少女と純愛共依存同棲
   ● ひょーい!(再レビュー)
   ● 【KU100】OLカノジョとあまあまネカフェセックス!~密着いちゃいちゃ囁きえっち~
   ● マゾ堕ちの囁き~背徳と羞恥の悦楽~
   ● 【究極の耳舐め逆レイプ】耳舐めサキュバス3 -淫魔と堕ちる保健室の白昼夢-【極め耳舐め】
   ● ドスケベビッチJKに見られながらガードのゆるい性知識ゼロJKに無邪気に抜いてもらう【バイノーラル】
   ● 【耳舐めリラクゼーション】ささやき庵添い寝屋本舗 萌菜 捌【極め耳舐め】
   ● あだると放送局8~綾姉のおま〇こで遊ぼう!イベント開催編☆~【重複無し4時間半】(後編)
   ● あだると放送局8~綾姉のおま〇こで遊ぼう!イベント開催編☆~【重複無し4時間半】(前編)




サークル「シルトクレーテ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、森の中で人間を奴隷として飼ってるクールなダークエルフが
偶然迷い込んできた男性に焦らし特化のオナサポをします。

最初から最後まで1秒1コキのペースでしごき続けるのが最大の特徴で
耳舐め、キス、疑似フェラでちゅぱ音を鳴らして誘惑したり
1秒1コキよりもずっと速いペースでシコシコボイスを言ってルール違反を誘うなど
体への刺激を固定したうえで心を色んな手段で責めて負けへ追い込みます。
簡単そうに見えて難しいオナニー
ダークエルフの指示に従ってオナニーするお話。

「こんばんは どうしたんですか? 人間がこんなところへ」
ダークエルフは淡々と話す穏やかな声の女性。
自分たちが住む森の中で主人公を発見し声をかけると
これからするエッチな勝負に勝ったら見逃してあげると言います。

本作品は声も態度もクールなダークエルフが
何らかの理由で村の近くを徘徊してた彼にエッチなゲームを持ち掛けます。
彼女たちは人間を家畜同然の存在と見下しており
通常は見つけたらすぐさま捕まえて性奴隷に調教するそうです。
しかし彼女は変わり者なのでそうする前に1回だけチャンスを与えます。

「今からあなたには この場でオナニーをしてもらいます その際 1秒に1回というペースを最後まで保つことができたら勝ち 我慢できず 途中で勝手に手を速く動かしたら負け、という たったこれだけのルールです」
ルールは至って簡単。
最初から最後まで1秒1コキのペースでおちんちんをしごき続け
彼女が許可を出すまで射精を我慢出来たら勝ちです。
オナニー中はもちろん、射精の直前や出してる最中もこのペースを維持しなければなりません。

通常のオナサポ作品に比べて体への刺激が弱いので
早漏な人でもない限り途中で暴発する可能性は低いです。
しかしもっと速くしごきたい、より強い快感が欲しいというもどかしさが湧いてきます。
彼女も彼がそう感じるだろうと予測してペースを崩しにかかります。

ちなみにしごく速度は聴き手が自分で管理するため
序盤以外は1秒1コキのペースでシコシコボイスが流れることはありません。
その代わりちゅぱ音を鳴らしたりオナサポではお馴染みの要素を使って揺さぶりをかけます。

たぶんこの作品はオナサポをよく聴いてる人ほどクリアが困難です。
理由は後で説明しますが心へのアプローチに力を入れてます。

「負けますか? 負けを認めれば 射精 させてあげてもいいんですよ」
彼女については知的な女性と呼ぶのがピッタリなキャラです。
彼に負けを認めさせてから村へ連れて行く展開や
プレイ中も終始落ち着いた態度で彼の姿や反応を眺めるところにそれが出てます。

罵倒にあたるセリフもほとんどありませんし
囁き声で話すシーンが結構あるので割と穏やかな空気が漂ってます。
「普通にやれば絶対勝てる」という自信があるからこうするのでしょう。
愛情は皆無ですけど事務的感も特になく淡々とリードします。
焦らし特化の意地悪なエッチ
エッチシーンは6パート68分間。
プレイはオナニー、耳舐め、キス、シコシコボイス、疑似フェラ、カウントです。
エッチな効果音はありません。

「よろしいでしょうか では まずはペニスの勃起ですね」
4分程度の雑談でオナサポのルールや勝敗条件を説明すると
ダークエルフはひとまず自由におちんちんをしごかせ
それと同時に耳舐めして勃起を促します。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
最初の「2_本編(約60分)」は勃起から射精寸前までを行うメインパート。
シコシコボイスで1秒1コキのペースを軽く教えた後に
序盤の24分間は耳舐めやキスでストレートに興奮させます。

「気持ちよさそうにとろけた 恥ずかしい顔ですね 粘膜の接触は本能を直接刺激しますから 快楽を感じるのは当然です」
エッチ開始後も彼女の態度は至ってクール。
おちんちんを見せてオナニーしてる姿をほぼ無表情で眺めながら
左右の耳や唇に口を寄せて割と上品なちゅぱ音をゆっくりペースで鳴らします。
そしてその合間に速くしごけばもっと気持ちよくなれることを教えて負けへ誘導します。

人間を見下してるからもっと手厳しいことをするのかと思いきや、キスまでするのは意外でした。
ただし勝ちに対する執着心は強く、そのためには手段を選ばない狡猾さが見られます。
序盤から本気を出したらつまらないのでわざと抑えてるように映りました。

ちなみに本作品のエッチは休憩時間がほとんどありません。
プレイを切り替える際に1分程度休むのを数回する程度です。
1秒1コキを固定してる時点で体への刺激は上げられませんから、そのハンデをしごく時間の長さで補います。

中盤の13分間はオナサポならではの面白いプレイが登場します。
1秒2コキ~3コキのペースでシコシコボイスを流し
さらに負けを誘うソフトな言葉責めもして心を上手に突き崩します。


「勘違いしないようにしてくださいね 1秒に2回 3回とペースを狂わせるように意地悪な声を流す、という意味です」
オナサポ作品をよく聴いてる人はその自覚がなかったとしても
「シコシコボイスの速度に合わせておちんちんをしごく」という習慣が身に着いてます。
だから1秒1コキ以外のペースで流されるとどうしてもそれに合わせたくなります。
オナサポの特徴を逆手に取った面白いプレイです。

1秒1コキでしごき始めてから2分後にシコシコボイスがなくなったので
「そのまま流し続けたほうがやりやすいのに」と思ってました。
でもここを聴けばこれをするために敢えて流さなかったと見ることができます。
オナサポを数多く制作されてるサークルさんだからこそこういう発想を思いついたのでしょう。

終盤の23分間は寸止めが加わります。
カウントダウンをして0になったら射精するルールを定め
何度も数えながら直前でストップをかけて出したくても出せない状況を維持します。

「ずりずりと乱暴に擦ったら 頭が真っ白になる気持ちよさでしょうね」
彼女が言う通り60分近く焦らし続けてから出せば相当に気持ちいいでしょう。
でも一時の快楽に負けたらダークエルフの奴隷になって一生を棒に振ります。
彼の心理を見抜いたうえで負け射精へ追い込もうとするなかなか意地悪なプレイです。
疑似フェラや耳舐めも投入しますから純粋なエロさもそれなりにあります。

残りの5パート8分間は勝敗を決めるシーン。
勝利、敗北、ギブアップ、ルール違反、暴発と5つのルートが存在し
聴き手がどの道を選んだかによって聴くパートを選択します。
彼女の性格に合わせてどれもあっさり済ませてました。

このように、1秒1コキのルールは固定しそれ以外で変化をつけるM向けのエッチが繰り広げられてます。
たっぷり焦らしてくれる作品
激しくしごくのとは正反対のやり方で悶えさせる個性的な作品です。

ダークエルフは自分たちの村の近くまでやって来た主人公をおもちゃにして楽しもうと
ゲーム形式でのオナサポを提案し、最初から最後まで1秒1コキのペースでゆっくりしごかせます。
そして序盤はちゅぱ音、中盤はシコシコボイス、終盤はカウントと
色んな手段で揺さぶりながら負けを誘うセリフを投げかけて気持ちいい敗北へ追い込みます。

クールで知的なダークエルフがスローなオナサポでとことん焦らすM向けのシチュ
体への刺激は固定して心への責めをシーンごとに変える割と多彩なエッチ
彼が自分の意志で負けたくなるようにそそのかす彼女の巧みなリード。
より強い快感を求める男の心理を的確に突いた面白い作品に仕上がってます。

中でも2番目は中盤で出てくるシコシコボイスがすごく印象的でした。
通常とは真逆の使い方でギブアップしやすくしてます。
終盤のカウントも焦らしまくった後に寸止めするえげつないプレイですし
M度の高い人のほうが楽しめる要素が充実してます。
心の強さが試される作品だなと。

彼女のキャラや言葉責めはソフトな部類なので責め方が一番の魅力です。
60分以上もあれば1秒1コキのペースでも普通に射精できます。

射精シーンは4回(1視聴あたりの回数は1回)。
淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:みもりあいのさん
総時間 1:17:54

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月4日まで10%OFFの1089円で販売されてます。



サークル「アゲハ蝶」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、主人公のことを深く愛してる女の子が
家で色んなエッチをしてさらに親睦を深めます。

Mな彼の欲望を満たしつつあまあまなエッチをするのが特徴で
亀頭を集中攻撃しながら寸止めしたりニーソをおちんちんに被せて責めながら
キスを多めに挟む、甘い言葉を囁くといった愛を感じる行為もガンガンやって幸せな射精に導きます。
ヤンデレ成分はかなり低いですから純愛ストーリーが好きな人ほど満足できるでしょう。
同棲少女はちょっぴりヤンデレ
伊月 愛菜と自宅でイチャイチャするお話。

「お兄さん ただいまです」
愛菜は丁寧語で話す甘い声の女の子。
帰宅して主人公にちゃんとお留守番できたか尋ねると
遅くなったことを謝ってからあるものを見せます。

本作品は元々同じマンションに住んでて現在同棲中の男女が
およそ130分に渡ってエッチしたり物語の読み聞かせをします。
微ヤンデレ少女に純愛監禁される音声」という作品の続編にあたりますが
(↑DLsiteへのリンクです。レビューはまだありません)
単体でも楽しめるシナリオになってます。

「はい これ お兄さん わかりますか? はい 2人分の 結婚指輪です」
最大の特徴は彼女の溺愛っぷり。
帰宅した直後に彼へ買ってきた結婚指輪を見せ
さらに自宅でささやかな結婚式を挙げて永遠の愛を誓います。
エッチも彼のことを第一に考えながら責めるので非常に甘いです。

育った環境のせいか道徳意識や倫理観が普通の人とややズレており
一部で「ちと重いかなぁ」と感じる描写はあります。
でも一般的なヤンデレキャラみたいに自分の考えを押し付けることはほとんどなく
彼のためにとことん尽くして幸せな日々をプレゼントします。

冒頭の結婚シーンで彼があっさり受け入れてるところを見ると
既に2人が相思相愛の関係になってることがわかります。
SEXの直前にこうなったいきさつも話してくれますから
彼女がどんな性格で彼をいかに深く愛してるかが徐々に伝わってくるでしょう。

エッチについては彼が女性に意地悪されるのが好きな性癖なので
序盤から中盤にかけてはM向けのプレイ、終盤は甘めのプレイとシーンによって方向性を変えます。
亀頭責めや寸止めといった体への刺激を強くしてるだけで罵倒は一切しません。
キスシーンを多めにして愛情表現の一種なのだとわかりやすくアピールします。
変態なところも受け入れ満たしてくれるあたりに彼女の一途さが強く出てます。
心を込めて責めるエッチ
エッチシーンは4パート63分間。
プレイはキス、手コキ、亀頭責め、拘束、オナホコキ、耳舐め、ニーソコキ、嘘喘ぎ、エロ漫画の朗読、SEX(対面座位)です。
手コキ、亀頭責め、オナホコキ、ニーソコキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「私 お兄さんにだったら いつどのタイミングで興奮されても 嫌じゃありません」
結婚式の最後に主人公と誓いのキスをした愛菜は
おちんちんが元気になってるのを見てそのままお世話を始めます。

エッチは彼女がリードしつつ一部で責め合います。
最初の3パート48分間は彼女の性格や彼の性癖を強調しながら愛し合うシーン。
「02-誓いのキス手コキ(約17分)」はキス+寸止め手コキ
「03-拘束オナホコキ(約17分)」は体を拘束した状態で耳舐め+オナホコキ
「04-ニーソまんこコキ(約14分)」はキス+ニーソコキで1回ずつ射精させます。

「誓いのキスも まだですよ んーっ」
02パートは結婚の儀式も兼ねてるプレイなのでキスを一際多くやります。
序盤から舌を絡めるディープなちゅぱ音を鳴らし
おちんちんは竿→亀頭→竿と責める部位を切り替えてギリギリまで我慢させます。

後になるほどセリフを減らしてキスの割合を上げるなど
2人が幸せに浸りながらイチャイチャしてるのが伝わるように進めます。
寸止めは軽くやる程度でそんなにどぎついものではありません。
年下の女性に主導権を握られ射精も管理されるM向けのリードで彼を喜ばせます。

「どうせだったら 普通にするよりも お兄さんの興奮をより高められる形でしたほうが お兄さんにも喜んでもらえるなって」
03パートは最もヤンデレらしい内容ですがイメージプレイの意味合いが強いです。
彼を興奮させるために拘束を取り入れてることを最初にはっきり告げてから
徐々にペースを上げる流れで締め付けの強いオナホをしごきます。

体への責めがややハードになるからこそ、セリフを囁き声にして柔らかさを出してました。
射精させた後にやりすぎてなかったか彼に確認しますし
彼女の欲望を満たすよりも彼を満足させることを優先してます。
耳舐めも外側をゆっくり舐める感じでソフトな部類でした。

04パートは本作品というよりはアゲハ蝶さんの作品全体に言える特徴です。
学校から帰ってくるまで穿き続けてた蒸れ蒸れのニーソを目の前で脱ぎ
穴の部分でおちんちんを包み込むオナホに近い使い方をします。

「足でしごく時は外側の生地ですが 今は 私の足を直接包み込んでいた 内側の生地が たっぷりお兄さんのおちんちんに絡みついてるんです」
ニーソを穿いたまま足で擦らないところにこだわりを感じました。
おちんちんを足蹴にするのではなく、自分のエキスが染みついたものでしごいて愛情を示します。
一部で喘いでみせてSEXしてる雰囲気を出すのもそのためです。

効果音にもう少しざらつきがあるほうがリアルになると思いますが
前の2パートとは違う形で彼女の魅力を表現してます。
ニーソを精液で汚す展開もなかなか良いなと。

一番最後の「05-純愛共依存セックス(約15分)」でするのはもちろんSEX。
彼が持ってたエロ漫画の朗読を軽くしてから対面座位で繋がります。
ちなみにここは時間が31分ほどありますけど、前半は2人の馴れ初めや彼女の今の気持ちを語ります。
そこはエッチしませんからSEXは後半部分のみになります。

「こうやって 2人抱き合ってキスしながら 愛し合ってSEXするの 堪らないんですよね」
エッチの最後を飾るシーンなのでM向けの要素はほぼなくなり
向かい合ってキスしながらお互いに責め合う愛情深いプレイが楽しめます。
ピストンも「ぱつん」という乾燥した音をリズミカルに鳴らしててなかなかリアルです。
セリフやキスを優先してる関係で喘ぎ声はほとんど漏らさず割と落ち着いてました。
最後はきっちり中出しを決めますし、2人の心と体がひとつになったことをストレートに伝えます。

純粋なエロさは02~04パートのほうが上ですけど
事前に背景を語ってから本番に臨む展開のおかげで胸のあたりがぽかぽかします。
精神的に満たされた状態で射精できますから余韻は長く、後味は良くなります。

このように、彼のM性癖を汲み取ったうえで溺愛するややアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
ややM向けの純愛作品
やや歪んだ部分を持つ男女の愛情模様を丁寧に描いた風変わりなイチャラブ作品です。

愛菜は自分が心底惚れた主人公に幸せな日々を送ってもらおうと
衣食住といった身の回りのお世話をすべてこなしながらおちんちんも気持ちよくします。
そして彼に喜んでもらえるようにわざと意地悪し
それと同時にキスを小まめに挟んだり甘いセリフを囁いて愛情を注ぎます。

好きになった相手にはとことん尽くす女の子が
仕事を頑張りすぎて壊れそうになった男性へたっぷりご奉仕する甘めのシチュ
心は甘く、体はやや意地悪に責めて2人とも満足させる独特なエッチ。
王道の純愛作品とは違う部分を持たせて彼女の想いの強さを表現します。

私は前作を聴いてないのでどれくらいヤンデレなのかが気になってました。
実際は拘束するシーンが1パートあるだけですし
彼の同意を得たうえでやるマイルドなものです。
見下したり突き放すセリフも一切なくサービスとしてやってるのがよくわかります。

エロさがもうちょっと欲しいかなぁとは思いますけど
キャラが立ってるし心情描写もしっかりしてて没入感は高いです。
ドスケベな作品じゃないことを理解して聴けばかなり楽しめると言えます。

エッチの後に30分ほどの読み聞かせパート(非エロ)があるのも良いですね。
「幸福な王子」というオスカー・ワイルドの子供向け小説で
タイトルにもなってる幸福な王子とツバメの心温まる物語です。
有名な作品なので知ってる方も結構いるんじゃないでしょうか。

射精シーンは4回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

女の子に優しくいじめてもらうのが好きな人には特におすすめします。

CV:一之瀬りとさん
総時間 2:15:38

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月29日まで10%OFFの1089円で販売されてます。
前作も4月28日まで40%OFFの660円で販売されてます。



サークル「すくりぷてっどこねくしょん」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第72回目は声も態度も穏やかなお姉さんが
「憑依」をテーマにした催眠とエッチで普段と違う快感を味わわせます。

催眠はリラックス系の技法と色んな暗示を組み合わせて彼女との一体感を出し
エッチは彼女に体や感覚を操られてる気分に浸らせてややアブノーマルなプレイをする、といった具合に
テーマを強く意識しながら催眠に入りやすく、維持しやすくリードする丁寧なサービスが楽しめます。
お姉さんに憑依されて一緒に気持ちよくなろう
お姉さんに催眠をかけられ乳首とアナルで絶頂するお話。

「ようこそ どうもどうも 今日はあなたと御一緒させていただきます」
お姉さんは丁寧語で話す上品な声の女性。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明し、催眠を始める前に服装や環境も確認します。

本作品は女性に体や感覚を操られてる気分をリアルに味わわせることを目的に
彼女がおよそ70分に渡って癒しの催眠をかけたりドライ系のエッチをします。
挿し絵や作中のセリフを見る限り彼女はおそらく幽霊なのでしょう。
だから彼に憑りついて一緒に気持ちよくなる方針で物語を進めます。

「あなたは私の事をどんどん好きになっていく だってこんなに安心できることって中々ないでしょ? 一緒にいる、それだけで心が落ち着いてる でも体は少しずつ熱を帯び、火照っていく」
例えば催眠パートは彼女の声に対して興味を持たせるところから始まり
好きになる、一緒にいると落ち着くなど一体感を与える暗示がいくつも出てきます。
そしてエッチも彼女に手や感覚を操作されてるイメージを交えて進めます。

催眠音声では最大手に位置するサークルさんなだけあって
聴き手が受け入れやすく感じるアプローチを心がけながらじっくり誘導します。
エッチも催眠色の強い内容ですから、意識のぼやけを強めに感じながらイけるでしょう。
おちんちんを直接いじるシーンは一切なく、乳首やアナルといった他の性感帯を刺激します。

催眠はおよそ24分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずは肩や腕を中心に脱力します。
そして次は深呼吸を繰り返して心のほうもリラックスします。

「何もしなければ、重さを感じて肩がすーっと沈んでいく そう、その調子 肩が沈んでくると、だんだん肩が楽になっていく」
「お風呂に入って湯船でぼーとしている時のような あるいは、やることが全て終わってリラックスしている時のような 満足感の高いだるさ… うれしい… とってもしあわせな感覚」

「すーっと沈む」とストレートな暗示を入れてたかと思えば
お風呂に入るイメージを使って体を動かしたくなくなる感覚を与えるなど
より多くの人がスムーズに脱力できるよう多方面から働きかけます。
足の脱力をしないのはたぶんエッチで手だけ使うからでしょう。
まだ序盤ですが先々のことを見据えて催眠を組み立ててます。

後になるほど彼女の声が近くなるのも良いですね。
向き合って話しかけてた彼女が憑依によって一体化したことをわかりやすく伝えます。
憑依した後はほとんど囁き声で話すなど、雰囲気作りにもしっかり気を配ってます。

リラックスが完了した後はいよいよ催眠状態を深めます。
カウントを数えながら「ぼーっとする」などの暗示を入れ
それと同時に彼女が好きになる暗示も入れて心の距離を縮めます。

「だんだん、頭がぼーっとしていきます それは私の声を全て受け入れるということ あなたは気持ちいいことが大好き 大好きだから、全て受け入れます」
ここもストレートに深化させるのではなく
彼女の声や言葉と絡めてエッチを楽しみやすい環境を整えます。
穏やかな声やセリフの間隔を長めに取るのんびりした口調も相まって
このへんに来る頃には頭の中がもやもやする感覚が強めに実感できました。

テーマの憑依を意識しながら手堅く誘導する質の高い催眠です。
お姉さんに心や体を操られやすい状況にするのを目的に
部分的な弛緩法から入って深呼吸、カウントを交えた深化と古典催眠の技術をベースに進めます。

大まかな流れはシンプルですけど、最中のセリフや暗示が結構濃いおかげで
彼女に対して親しみが湧いたり心地よさを感じながら深化できます。
バイノーラル録音を活かして声の位置や距離を適度に変える演出もありますし
すくりぷさんらしい隙のない催眠に仕上がってます。
ふたつの快感を同時に味わえるエッチ
エッチシーンは38分間。
プレイは乳首オナニー、アナル責め、パンツの匂いを嗅ぐ、パンツを被るです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
エッチの終盤でパンツを脱ぐ指示が出ます。

「好き、とっても大好き… ほら、一緒にえっちなこと、しよ…」
催眠を使って主人公に無事憑りついたお姉さんは
両手で胸や乳首をいじらせてまずは体の感度を上げます。

エッチは終始彼女に言われた通りに動きます。
最初の17分間は絶頂に向けた準備。
乳首を撫でたりこねながら彼女の言葉を聞いて気持ちよくなります。

「そのまま、乳首を指でこねこね、こねこねし続けるの どんどん気持ちよさが増えて 深いところへ沈んでいけるよ」
そしてここも催眠の技術を駆使してスムーズに進めます。
乳首自体を気持ち良くする暗示ももちろん入れますが
それ以外に「乳首をいじるほど催眠が深くなる」など催眠状態がさらに深まるようにリードします。

これはすくりぷさんの作品全般に言える特徴で
被暗示性の低い人がエッチの途中で催眠が解けてしまう可能性を減らす役割を果たします。
催眠特有の脳がとろける快感と乳首の快感を同時に味わうことになりますから
普段の乳首オナニーよりも気持ちよく感じるでしょう。
腕の動きをコントロールする暗示も入れてきますし、抵抗感を与えずに操られてる感覚を味わわせます。

乳首オナニーは同人音声のオナサポみたいに掛け声を小まめに出すことはせず
どんなふうにいじるか教えた後は暗示で応援するスタイルを取ります。
乳首を既に開発してる人のほうが楽しめるのは間違いないですけど
未開発の人が催眠の効果で乳首の快感に目覚める可能性も十分あります。

続く20分間は絶頂シーン。
1回目はアナルに気持ちいい棒を挿入されてるイメージ
2回目は自分のパンツを嗅いだり頭に被って乳首オナニーします。

「異物感を感じると一気に体中にせつなさがこみ上げてきます 指を鳴らすと、アナルに違和感を感じます」
アナル開発をしてる人はあまりいないでしょうから
ここもいきなり気持ち良くするのではなく、先に違和感を与えてリアリティを出します。
私が聴いた時もお尻のあたりがムズムズする感覚がしました。
実際に挿入する指示は出ませんから抵抗がなければ誰でも聴けます。

「ほら、体中がぞくぞくって震えて気持ちいいね… 匂いを嗅いでるだけなのに… 体がどんどん敏感になっていくね」
それに対して2回目は変態になりきって心を開放しながら絶頂を迎えます。
本作品のエッチは彼女に憑依された状態でやりますから
「彼女に操られてるのなら仕方ない」という立派な言い訳ができます。
一緒に乳首もいじりますけど陶酔感や解放感といった別方向の快感を重視してます。
家族や恋人に見られたら関係が悪化するかもしれませんので、視聴時の環境にはくれぐれもご注意ください。

私はどちらかと言えば1回目のほうがイキやすいと思います。
乳首オナニーしながら追い込んでくれるのが大きいです。
それに対して2回目は現実逃避やリフレッシュといった心のケアに力を入れてます。

このように、彼女に操られてる感覚を味わわせながら変態プレイをするM向けのエッチが繰り広げられてます。
催眠重視の良作
催眠状態ならではの快感を与えることを意識した質の高い作品です。

実体を持たないお姉さんは主人公を喜ばせながら自分も快感を味わおうと
まずは催眠を通じて身も心も繋がる憑依状態に持っていきます。
そしてエッチは引き続き催眠状態を深めながら乳首、アナル、心をバランスよく責めてイかせます。

声も態度も穏やかなお姉さんが男性に憑依して気持ちよく弄ぶシチュ
深呼吸、脱力、カウントといった要素に様々な暗示を込めて誘導する丁寧な催眠
乳首やアナルといったおちんちん以外の性感帯を重点的に責め
さらに催眠状態を維持したり心を開放するアプローチをかける催眠重視のエッチ。
催眠の世界にどっぷり浸る感覚と純粋な快感を両方楽しめるように作品を組み立ててます。

中でも催眠はエッチシーンでも引き続き深化させる独特な作りや
聴き手のことを第一に考えた暗示表現、その分量、入れるタイミングがどれも優れてます。
催眠音声は催眠に入れなければ始まりませんから
そこがしっかりしてる作品は自然と満足感も上がります。
エッチが独特なので「初心者向け」タグはつけてませんけど、催眠自体は結構初心者向けだと思います。

エッチは乳首の開発具合で多少差が出る点を除けば個性と品質の両方が光ってます。
セルフ系なのにおちんちんを触るどころか意識すらさせませんし
絶頂への追い込みも催眠の技術を駆使して行うことを心がけてます。
アナル責めも未開発者向けの内容でアブノーマル路線だけど聴きやすいです。

絶頂シーンは2回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:かの仔さん
総時間 1:10:07

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります



サークル「ドスケベーション!」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、穏やかでエッチ大好きなOLのお姉さんが
ネカフェのブース内で周りにバレないようこっそりエッチします。

大きな声や激しい動きをできるだけ出さずに愛し合ったり
1回戦は普段と同じ、2回戦は恋人に近い距離感でSEXするなど
シチュや2人の関係を大事にしながらイチャイチャする甘いプレイが楽しめます。
バレるかもしれないスリルを味わいながら
OLのお姉さんとネットカフェでエッチするお話。

「ごめんねー お待たせ」
お姉さんは明るくて穏やかな声のお姉さん。
受付で手続きを終えて主人公と一緒にブースへ移動すると
自分から腕を組んだり彼を軽くからかって反応を見ます。

本作品は恋人じゃないけど体の相性がいいためよくエッチしてる男女が
ネカフェのカップルシートでおよそ80分に渡りイチャイチャします。
2人の関係を踏まえて挨拶や前置きは必要最低限まで削り
ブースに到着した後はすぐさまエッチを始める抜き重視の作りです。

「すっごい楽しみにしてたもん 久々のネ・カ・フェ SEX」
彼女は声のイメージよりもずっと積極的な女性。
彼とのエッチを待ちわびてたことを素直に告げて期待と興奮を煽ります。
そしてプレイ中は要所でおねだりしながら気持ちよさそうな声を漏らします。

挿し絵に描かれてる網タイツを見せつけてくるシーンもあったりと
結構エッチ慣れしてる印象を受けました。
SEXシーンが多く、しかもほとんど彼が責めるので属性はほぼノーマルです。
彼女が乱れる姿を厚めに描いて一緒にいる雰囲気を作ります。

エッチの多くで彼女が密着しながら囁いてくるのも大きなポイント。
ここはネカフェですから大声で喘いだり激しく責めたら店員や他の客に見つかってしまいます。
そのため全編を通じて声量を落としたり控えめに責めてこっそりやってる感じを出します。

プレイ以外の細かな動作にも効果音が入ってて割と臨場感がありました。
SEXの時も「ぱんぱん」というお馴染みの音ではなく
ブースの下に敷かれてるビニールクッションが沈む音と水音を組み合わせてます。
至近距離から吐息を漏らしたり、SEX中は口を手で覆ってるようなこもった喘ぎ声を漏らしてました。
普通のエッチではもう満足できないのか、2人が見つかるかもしれないスリルも楽しんでるのがわかります。

優しくて男を喜ばせるのが上手な彼女のキャラとシチュに合わせたやや控えめなエッチ。
現実世界でやったら出禁になりそうな行為をリアルにお届けするノーマル向けの作品です。
SEX重視の甘いエッチ
エッチシーンは4パート58分間。
プレイはキス、おちんちんの愛撫、乳首責め、フェラ、手コキ、耳舐め、SEX(バック、騎乗位、対面座位?)です。
おちんちんの愛撫、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ねぇ キスの音 周りに聞こえちゃうかな?」
途中で飲み物を手に入れてからブースへ到着したお姉さんは
もう我慢できないという様子で早速熱いキスをします。

エッチは彼女がリードしながら責め合うスタイルで進めます。
最初の2パート33分間は普段通りに愛し合うシーン。
「Track02.密着らぶいちゃ前戯(約15分)」はキスと手コキ
「Track03.こっそりえっち(約18分)」はバック&騎乗位SEXで1回目の射精に導きます。

「やっぱり ここのくびれのところが弱いんだ? ほーら かりかり かりかり」
2人は物語が始まる前から何度もエッチしてるのでお互いの弱点を知ってます。
Track02はパンツ越し→直接と一歩ずつ前進する形で彼のおちんちんを味わいます。
優しく撫でて勃起具合を確認する、顔を近づけ鼻をくんくんさせて匂いを嗅ぐ
カリの段差をかりかりして弱めの快感を与えるなど責め方を小まめに変えてました。
滑らかな摩擦音も鳴りますしサークルさんのこだわりを感じます。

痴女と言うほどではないけど結構淫乱な女性に映りました。
仕事でストレスが溜まってるのか、序盤から己を曝け出してエッチしたいことをアピールします。
Track02は射精しませんから次に向けて気持ちを盛り上げる意味合いが強いです。

「いいよ 思いっきり突いて? ちゃんと声我慢するから いつもみたいにぐちゃぐちゃに突いて?」
Track03は主導権を彼に譲り彼女はバレない程度に乱れます。
最初はバックで繋がってたのが途中ちょっとしたアクシデントが起こり騎乗位へと変わります。
責めるのは彼ですけど彼女は完全な受け身にならず、おねだりを適度に投げかけて上手にリードします。
喘ぎ声の漏らし方も状況に合っててネカフェらしさを感じるプレイに仕上がってました。

恋人じゃないけどキスシーンが割と多いおかげで甘さを感じます。
2人は体の相性が非常に良いそうですから、彼女も状況次第でくっつくことを考えてるのかもしれません。
割り切ったエッチをするのとは明らかに違うので
彼らの関係を知らずに聴いたら恋人同士と勘違いしてもおかしくないです。

続く2パート25分間はその部分が色濃く出てるシーン。
「Track04.もう終わりなの?(約5分)」はお掃除フェラや水分補給で2回戦の準備を整え
「Track05.バレちゃってもいいから(約20分)」は先ほどと違う体位で再びSEXします。
音声を聴いた限りでは対面座位か正常位のどちらかだと思います。

「あのね 手握って ぎゅってして? そう 恋人繋ぎ」
そしてここでは彼女のほうから恋人になりきってエッチしようと持ち掛けます。
挿入後に恋人繋ぎをしたり、喘ぎ声の合間に「好き」を何度も言うなど
雰囲気や彼女の態度を前半とは多少変えてより甘いプレイを行います。

パート名を見ればわかるように、ここでの彼女はもう周りにバレてもいいと思ってます。
さすがに大声を上げることはないですけど喘ぎ声を漏らす頻度は上がってるし
彼のピストンも激しくなってて2人の意志がプレイにきちんと込められてます。

Track03と05で敢えて同じプレイを選択し、両者を対比させてる演出が面白いです。
前者はセフレらしくストレートなエロを追求してたのが
後者は聴き手に幸せな気分を与えながら抜かせる方針に変わります。

このように、公共の場所でこっそりやってる雰囲気を大事にした甘めのエッチが繰り広げられてます。
キャラ&シチュ重視のイチャラブ作品
敢えて全力を出さないことでリアリティを持たせてる変わった趣向の作品です。

OLのお姉さんは友人にあたる主人公と楽しくて気持ちいい時間を過ごそうと
ラブホではなくネカフェを選び、そこのカップルシートで色んなプレイをします。
そして前半はセフレらしくストレートに、後半はそれよりも恋人っぽさを持たせて進めます。

穏やかで積極的なお姉さんとネカフェでこっそりエッチする変わったシチュ
囁き声や吐息の量を多くしてイチャイチャするリアル志向の作り
前半と後半で違うテーマを持たせてSEXする2人の関係を活かしたエッチ。
セフレやネカフェといった作品固有の要素を活かして物語を組み立ててます。

中でも3番目はセフレから連想される体だけの関係とは違うものに描いてます。
後半のSEXで「恋人らしく振る舞おう」と言ったのは今後に向けた伏線なのかもしれません。
タイトルをわざわざ「OLカノジョ」にしてるのもそのへんを表現したかったのではないかなと。

エッチはここまで書いてきたように激しさをやや抑えて他の部分で補ってます。
時間に対する射精回数が少なめですから普通に抜けると思います。

射精シーンは2回。
くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:浅瀬ゆうぎさん
総時間 1:24:06(本編…1:19:16 フリートーク…4:50)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月14日まで30%OFFの770円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「被支配中毒」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大学の同じサークルに所属するSなお姉さんが
後輩の隠れマゾを優しくリードして従順な奴隷にします。

シチュ、言葉責め、体への責めを組み合わせたスリリングなエッチをするのが特徴で
彼女にマゾだと見抜かれ弄ばれる快感、他のメンバーにエッチを見られるかもしれないゾクゾク感を与えながら
Mが喜びそうなセリフを囁き声で言ったり、オナニーの指示を大まかに出して焦らしながら追い込みます。
どぎつい要素はありませんからややMあたりの人でも普通に楽しめるでしょう。
かっこいい後輩の正体はマゾ
北条あまねがソフトな調教をするお話。

「ねぇ 起きてる? ふふっ 起きてるんでしょ?」
あまねはトーンが低く穏やかな声のお姉さん。
サークル仲間との宅飲みで酔いつぶれた主人公に声をかけると
仰向けに寝かせてから「彼の秘密を見抜いてる」と言います。

本作品は弱いM男を叱ったり涙目にさせるのが大好きな彼女が
以前から目をつけてた彼を相手におよそ35分間のエッチをします。
彼は普段どちらかと言うとS寄りに振る舞ってますが本当はマゾ。
その匂いを感じ取った彼女が2人きりになれる状況を作って彼の心を開放します。

「表面の君がいくら取り繕っても 気づいて欲しそうに 私に暴いて欲しそうに 見てたよね」
予想ではなく確信を持って彼がMだと告げたり
エッチ開始後は焦らしや寸止めといったプレイを組み合わせて徐々に追い込むなど
M男を扱い慣れてることがわかる描写が色んなところで出てきます。
しかし彼を喜ばせることも決して忘れず心身両面に快感を与えます。

周りに他の人がいる状況でエッチするのでそれほど大胆なことはやりません。
ほぼずっと囁き声で語りかけながら2人が主従関係を結ぶ様子を描きます。
タイトル通りマゾ堕ちする快感を味わわせる作品ですね。
ドMには物足りないでしょうけど、ややM~Mなら楽しめる内容だと思います。

それ以外の特徴は言葉責めに力を入れてること。
「マゾ」「変態」といったお馴染みのセリフだけでなく
隠れマゾな彼がこのエッチを気分よく楽しめるよう様々な要素を盛り込んでます。

「そんなに気持ちいいの? みんなが起きてくるかもしれない緊張感と そんな場所で私に責められて 我慢汁垂らしちゃう背徳感 欲しかったんでしょ? このひりひりした感じ」
具体的には自分の本性が彼女以外の人物にバレるかもしれないスリルや
全裸になってオナニーしたり射精する露出の快感を適度にくすぐってきます。
彼がマゾを隠してるのはたぶん他人に知られたくないからでしょう。
だからこそやってはいけないことをしたらどうなるかイメージさせて心に強めの刺激を与えます。

彼女は彼を飼い慣らしたいと思ってるので本当にばらすつもりはありません。
そうならないギリギリの線を突いて興奮を後押しします。
リスクがあるプレイの美味しいところだけ抽出するあたりに彼女らしさを感じました。
相手が求めてるものを与えてスムーズに手懐けます。
心身をバランスよく責めるエッチ
エッチシーンは27分間。
プレイは乳首責め、服を脱ぐ、オナニー、〇〇です。
エッチな効果音はありません。

「ねぇ せっかくみんな同じ部屋にいるしさ このままマゾの君を どうにかしちゃいたいな」
主人公の本性を暴いてからエッチを持ち掛けたあまねは
ひとまず服越しに乳首を優しくいじって彼のM度を確認します。

エッチはご主人様の彼女が終始リードします。
最初の11分間は彼の心を掴みながら興奮させる雰囲気作りに近いプレイ。
乳首責めと言葉責めを同時に行い心身両面を少しずつ盛り上げます。

「ほら そのジンジンしてるマゾ乳首 もっと感じるようにしてあげるね」
彼女はM男を弄ぶのが好きだそうですから、過去にも色んな男を調教してるのでしょう。
慣れた手つきで乳首を撫でる、2本の指でつまむ、爪で引っかく、指先でつつくなどをしながら
「くりくり」「かりかり」「ちょんちょん」といった掛け声を出してわかりやすく実況します。
言葉責めもするので完全サポートではありませんが、聴き手が自分でいじることも想定してるように感じました。

続く16分間はやや過激なプレイに挑戦します。
ここまで上着だけ脱いでたのが全裸になる指示を出し
おちんちんをしごかせながらバレる快感や痴態を見せつける快感を煽ります。

エッチで裸になるのは当たり前ですけど、この状況においてはリスクの高い行為です。
もし見つかったらこれまで築いてきた彼のイメージが崩壊するかもしれません。
でもそんなスリルがあるからこそ、実際にやった時の快感も大きくなります。
シチュを活用して興奮させるところにサークルさんのこだわりが見られます。

オナニーはおよそ10分に渡ってゆっくりしごいたり寸止めする割とシンプルなものです。
言葉責め重視の作品でこっちも頑張るとごちゃごちゃしてしまいますから良いと思います。
事前の感度上昇や焦らしがしっかりしてるおかげで予想以上にあっさり抜けました。

このように、彼のM性癖を開放しながら気持ち良くする比較的ソフトなエッチが繰り広げられてます。
スリリングなM向け作品
固有の要素を上手く組み合わせて個性的なプレイに仕上げてるややM~M向けの作品です。

あまねはマゾを隠しながらサークルで活動してる主人公をスッキリさせようと
他のメンバーが酔いつぶれてる時に声をかけ、まずは本当にMなのかを確認します。
そして同意が得られた後は彼を破滅させない程度に追い込んで背徳的な射精を味わわせます。

男を弄ぶのが得意なお姉さんが隠れマゾを優しく調教するシチュ
体への責めはシンプルにして心をがっつり責める言葉責め重視のエッチ
Mなのがバレるかもしれない、他人に痴態を見られるかもしれないスリルを適度に煽る展開。
Mが喜ぶ要素をバランスよく組み合わせて上手くまとめてます。

「今日から君は 私のものだからね」
プレイの最中に彼女がさり気ない愛情を見せるのも印象的でした。
彼を使って遊んだらおしまいではなく、今後も主従関係を続けようとする意志が込められてます。
自分の隠れた性癖を他人に見せるのは勇気がいりますから
それに見合ったご褒美をあげることを意識しながらリードします。
一方的に痛めつけるのとは違うのでM性が低めの人でも聴きやすく感じるでしょう。

この内容なら続編を聴いてみたいですね。
今回は導入っぽいお話ですから、後日2人がどういうプレイをしてるのか気になります。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

元からMな人、自分がMなんじゃないかと思ってる人には特におすすめします。

CV:大山チロルさん
総時間 35:17

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
35分で1650円は割高なので-1してあります。



サークル「HORNET」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、保健室の先生をしながら若い男たちを漁ってるサキュバスが
偶然訪れた男子生徒を色んなプレイで搾精します。

タイトル通り耳舐めの質と量にこだわってるのが特徴で
耳の外側、内側、穴の入り口と責める部位を複数用意し
後になるほど深く濃くする流れ個性的かつリアルなちゅぱ音をたっぷり鳴らします。
70分くらいほぼノンストップで耳舐めするパートもありますから好きな人ほど満足できるでしょう。
濃厚な耳舐めで童貞をとろとろに
保健室の先生をしてるサキュバスが童貞男子を何度も射精させるお話。

「あら、どうしたのかな? ふらふらしてるね どこか具合でも悪い?」
サキュバスは明るくて穏やかな声のお姉さん。
体調不良で保健室にやって来た主人公を心配そうに問診すると
とりあえず熱を測ってどこに原因があるか確かめます。

本作品は「耳舐めサキュバス」「耳舐めサキュバス2」に続く人気シリーズ第3弾。
人間社会に溶け込んで数多くの男たちから精液を搾り取ってる彼女が
そのことをまったく知らずにやって来た彼をおよそ200分に渡って弄びます。
コンセプトが一緒なだけで物語は別ですから過去作未視聴でもまったく問題ありません。
このシリーズは今のところ作品ごとに声優さんが交代してます。

「先生も スカート 皺になっちゃうから脱いじゃった」
彼女はサキュバスの中では割と善良な性格をしており
体温を確認して問題がなくてもお茶菓子を出したりベッドに寝かせて甘やかします。
そして彼の看病をする名目で同じ布団へ潜り込み
その際にもっともらしい理由でスカートだけ脱いで反応を見ます。

序盤はおねショタ感のある優しいリードをしますから悪女な印象はまったくしません。
エッチも童貞な彼が受け入れやすく感じるよう一歩ずつ前進する形で進めます。

しかしそんな中で耳舐めだけはサキュバスらしさが強く出てます。
エッチシーンの約8割にあたる138分も用意し、後になるほど濃いちゅぱ音を鳴らします。
具体的には最初は耳の外側と内側を重点的に責めてたのが
中盤に差し掛かると内側と穴の入り口にターゲットが変わります。
そして終盤は彼女が2人に増えて左右同時に外側から穴の入り口までを満遍なくしゃぶります。

耳舐め作品を数多く制作されてるサークルさんなだけあって
長時間の耳舐め作品にありがちなマンネリ感を和らげる工夫が色々されてます。
途中に耳舐めを一切せずフェラに専念するパートを挟んでるのが良い例です。

音についても独自色の強いものになってます。
外側はちゅぱちゅぱするスタンダードな音ですが
内側を責める時はジョリジョリと多少ざらつきのある水音をよく鳴らします。
そして耳の穴は舌先を差し込んで軽い圧迫感と閉塞感を与えます。

同じパートでも5分程度の間隔で外側や内側を切り替えてきますし
似たような音を延々垂れ流す耳舐め作品との差別化ができてます。
耳舐め中はセリフを一切挟まなかったり、中断してしゃべる時は囁き声にするなど
リアルなちゅぱ音を集中して楽しめるように制作されてます。
質量共に優れた耳舐め
エッチシーンは6パート176分間。
プレイはおちんちんの愛撫、オナニー、耳舐め、先生の股間を愛撫する、パンツコキ、上半身舐め、フェラ、SEX(騎乗位)、〇〇です。
パンツコキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「はーい 触診しまーす」
主人公が寝てるベッドに潜り込んだサキュバスは
彼の体が妙に熱いので股間に手を伸ばし異常がないか確認します。

エッチはごく一部を除き彼女が責め続けます。
最初の2パート51分間は先生のままお世話するシーン。
「[02]耳舐めオナサポ(約28分)」は自由にオナニーさせながら耳舐めで応援し
「[03]耳舐めパンツコキ(約23分)」は脱ぎたてのパンツでしごきながら耳も舐めます。

「そこばっかり触ってていいの? もっと下のほうも 触っていいんだよ?」
ここでの彼女はまだサキュバスとしての本性を現わしません。
優しい言葉をかけて初めての体験に戸惑う彼をリラックスさせたり
02パートの後半からはパンツ越しですがおまんこをいじらせて女の体を教えます。
射精の直前はクリトリスをいじられて気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らすなど
童貞の少年が興味を持つことを積極的にやって心をガッチリ掴みます。

魔法で動きを封じて強引に犯すとかはやらないので雰囲気はとても穏やかです。
彼を完全にモノ扱いせず、一緒に楽しむ姿勢でエッチするところに優しさを感じました。
耳舐めも外側半分、内側半分くらいの割合で本作品の中ではソフトな部類です。

「SEXしようね 先生のおまんことSEX 君のおちんぽで 先生のおまんこを いっぱい犯して?」
03パートもパンツ大好きな彼の嗜好に合わせたご奉仕プレイです。
その場でパンツを脱いでみせてからおまんこを隠してた部分を亀頭に当て
間接的ではありますがSEXしてる雰囲気を作り幸せな射精に導きます。
サキュバスだから当たり前なんですけど男が喜ぶツボをよく心得てます。

そして耳舐めは耳の内側と穴の入り口をメインターゲットにして深さを出します。
彼女が自分の舌をおちんちん、彼の耳をおまんこに例える描写もあったりと
SEXしてるイメージを二重に絡めて興奮をさらに上げようとします。
たぶんこのパートから「普通の耳舐めとは違うぞ」と思い始めるでしょうね。

続く4パート125分は本来の彼女が相手するシーン。
「[04]乳首責め_フェラ(約19分)」は乳首責めとフェラ
「[05]淫語満載耳舐めセックス(約23分)」と「[06]終わらない射精(約13分)」は耳舐めSEX
「[07]Devilish Deep Destruction ⊿ 終わらない快楽(約70分)」は両耳舐めと踏み込んだプレイに変わります。

「ダメだ もう無理 もう入れよう?」
先生の時よりも声が甘く可愛いものに変わったり
遠回しに責めてた先ほどとは違いストレートなおねだりをするなど
セリフ、演技、プレイから彼女が持つ二面性がわかりやすく表現されてます。
性格はややSになる程度ですからどぎつい印象は受けません。

ただし、02と03パートは1回ずつ射精させてたのに対し
05と06パートはいずれも3回とハードさが一気に増します。
ピストンの速度を上下させながら耳舐めを続ける本作品最大の抜き場です。

このへんまで来るとセリフの量が減って音重視に変わります。
ピストン音、ちゅぱ音、彼女の吐息が聞こえるひと時は本当に濃くエロく感じました。
途中から彼に腰を突き上げる指示を出すなど、彼が男として成長できるようにリードします。
「搾精」と呼ぶに相応しいプレイなのですが、無慈悲さが和らげてあって聴きやすいです。

そして07パートは最初から最後まで耳舐めに専念します。
これまで1人だった彼女が2人に増え、左右同時に異なるちゅぱ音を鳴らします。
音のタイプが被らないよう右は外側と内側、左は内側と穴みたいに責める部位を多少ずらしてました。
バックでやや不穏な感じの音楽が流れたりして異世界感が上手く表現されてます。
また終盤には前作「耳舐めサキュバス2」にもあった特殊なプレイが登場します。

ここは本当に耳舐めだけを楽しむ作りになってるので明確な射精表現はありません。
10分くらいの間隔で彼女がイキ声を上げますから
出すとしたらそのタイミングが丁度いいと思います。
セリフは非常に少なく音に包まれてる感覚を長時間に渡って味わえます。

このように、彼女の特徴を出しながら多彩で重厚な耳舐めをするややM向けのエッチが繰り広げられてます。
耳舐め尽くしの作品
好評だった過去2作の特徴を受け継ぎ伸ばした耳舐め特化の作品です。

サキュバスは保健室にやって来た主人公から美味しい精液をいただこうと
まずは年上らしい優しく丁寧なリードで彼の心を解きほぐします。
そして準備が整った後はプレイの内容や射精回数を一気に変えて濃厚なひと時をプレゼントします。

性に貪欲だけど優しいところもあるサキュバスが童貞の男子生徒を弄ぶシチュ
十分な時間を用意し後になるほど深くて濃い耳舐めを繰り出す本シリーズらしいエッチ
序盤は先生、中盤以降はサキュバスの顔を見せてそれぞれに合った責め方をするキャラを活かした展開。
耳舐めをしっかり作り込んだうえでキャラも立つように作品を組み立ててます。

中でも2番目は量が多く、音質が良く、変化に富んでると色んな魅力を持ってます。
作品全体に流れやメリハリを持たせて飽きにくくする工夫もされてますし
人気シリーズだからといって胡坐をかかず
聴き手の期待に応えられるようより高みを目指して制作されてます。


私は今回全パートを一気に聴いてみたのですが
予想してたよりもずっと熱中できて大変満足しました。
単に耳舐めするのではなく、キャラや背景といった他の要素をきちんと絡めてるのが大きいです。
おねショタや筆おろしの要素もありますし、年上好きなら誰でも聴ける作品だと思います。
分けて聴く場合は01~03、04~06、07~08の3回にするとどれも65分程度に収まります。

射精シーンは9回。
ちゅぱ音超大量、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

これだけの質と量で価格がたったの880円とコスパも抜群。
以上を踏まえてサークルさんでは8本目の満点とさせていただきました。

CV:琴音有波さん
総時間 3:24:05

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月26日まで10%OFFの792円で販売されてます。



サークル「桜色ピアノ」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、エッチの知識や経験がゼロな女の子が
クラスメイトの男子に頼まれて性欲処理を手伝います。

恋人でもないのにふたつ返事でOKして一生懸命ご奉仕したり
彼のおちんちんや精液で汚されても嫌がるどころか嬉しそうな表情を見せるなど
純真無垢な彼女の魅力を出しながら征服欲をくすぐって満たされた射精に導きます。
無防備な女の子がたっぷりご奉仕
クラスメイトのまほ、かなと7種類のエッチをするお話。

「ねえ、聞いてる? 今まほの話してるんだけど♪ 君も興味あるでしょ~♪」
かな(挿し絵右)は可愛くて穏やかな声の女の子。
主人公にまほをオカズにオナニーしてるか尋ねると
彼女とエッチな関係になるためのアイデアを授けます。

本作品は魅力的な体をしてるのに隙だらけでクラスの男子に大人気なまほが
かなに入れ知恵された主人公とおよそ150分に渡ってエッチします。
まほは元々世話好きな性格で困ってる人がいると誰でも助けたくなります。
彼はその性格を利用し、おちんちんの勃起を病気と偽って性欲処理をお願いします。

まほ「もし膿が出そうになったら、勢いよく出しちゃうんだよ? まほの手が汚れちゃうとか、考えなくていいからね♪」
同い年の彼に弟や赤ちゃんに接するような優しい口調で語りかけ
自分の手が我慢汁や精液で汚れてもまったく気にせず嬉しそうな表情をします。
恋人でもないのにすぐさまエッチをOKするなど、確かにガードの緩さが随所で見られます。

そして彼女が真面目に一途に相手してくれるからこそ
そんな女性を騙して気持ちよくなることに多少の後ろめたさを感じます。
おちんちんや体液で彼女を汚すことも含めてややS向けの要素がそれなりに充実してます。
彼が彼女を無理矢理襲うことはなく、お願いする形でやりますから凌辱色はありません。

エッチについては彼女の属性を活かして少しずつ踏み込んだプレイに移ります。
序盤から中盤にかけては手コキ、耳舐め手コキ、授乳手コキといった比較的ソフトなもので固め
もう1人のヒロインにあたるかなが登場した後はSEXメインに変わります。

かな「あ♪ ほらほら見て~♪ まほ、必死になっておちんちん咥えて…… まじでえっろ~い♪ お口も舌も ぜ~んぶ使って、唾液で音立てながら 一生懸命舐めてくれてるよ~♪」
かなは主人公とまほがエッチするきっかけを作った人物なので
エッチシーンでも基本的には2人をサポートする役にまわります。
彼にはプレイの様子を実況しながら背徳感や征服欲をくすぐる言葉責めをする
まほにはドスケベビッチJKらしく男の責め方を教えたり手本を見せるといった感じです。

SEXだけはかなが先にやりますけど、それ以外はまほを引き立てるようにリードしてました。
ですからまほがメインヒロイン、かなはサブヒロインと見るのが妥当です。
女性が複数人登場する作品はそれぞれの存在感を同じくらいにすることが多いので
こうやって明確な差を設けてるのは割と珍しいです。
言葉と行為で甘やかすエッチ
エッチシーンは7パート128分間。
プレイは手コキ、耳舐め、ぱふぱふ、授乳、フェラ、SEX(騎乗位)、キスです。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「あっ♪ ほんのちょっと触れただけなのに びくびく震えて……苦しいんですか?」
放課後の理科室で主人公におちんちんのことを話されたまほは
「膿を出せば収まる」と言われてその場で手コキを始めます。

エッチは終始女性たちが責め続けます。
最初の3パート62分間はまほと一対一でエッチするシーン。
「【#2】『まほの性知識ゼロ手コキ♪』(約19分)」は手コキ
「【#3】『まほの性知識ゼロ耳舐め手コキ♪』(約27分)」は耳舐め手コキ
「【#4】『まほの性知識ゼロ授乳手コキ♪』(約16分)」は授乳手コキで1回ずつ射精させます。

「おちんちんを上下にこするときは、 しこしこって言った方がいいんだね♪ まほのおちんちんしこしこで、安心してくださいね~♪」
まほにはこれがエッチな行為だという認識がないので態度は普段と変わりません。
ゆっくりペースで手を上下に動かしながら彼にアドバイスをもらってシコシコボイスを加えます。
そして彼の反応を見るたびに嬉しそうな表情を見せて安心させます。

体だけでなく心もケアするので聴けば聴くほど幸福感が湧いてきます。
ただのクラスメイトに過ぎない彼にここまで尽くす姿に彼女の人の好さが強く表れてました。
途中から赤ちゃん言葉に近いセリフを言うなど、彼を甘やかすことに力を入れてます。

「はぁ~い♪ ぴゅっぴゅっぴゅ~♪ びゅるるる、びゅくびゅく~♪ ぴゅ、ぴゅ、ぴゅうう~♪どぷどぷどぷ~♪」
射精シーンで必ずぴゅっぴゅをセリフを言うのも良いですね。
一番気持ちいい瞬間をより盛り上げようとする彼女の優しさが伝わってきます。
性知識ゼロなのに彼のリクエストも受けずやってるところは違和感がありますが
抜きやすさに貢献してるのは事実です。

2番目の耳舐め手コキは各要素のバランスが取れてるプレイ。
しばらく舐めてから少し話すのを繰り返して無理なく射精へ追い込みます。

耳舐めは外側を舐めたり吸うスタンダードなものではなく
耳の内側を舌の腹で擦るようなジョリジョリした音をよく鳴らしてました。
吐息や囁き声で密着感も演出して彼女にお世話されてる雰囲気をリアルに表現します。
本作品は特化型と呼ぶほどではないですけど耳舐めの量も結構多いです。

「難しいことなんてなにもないの♪ まほのおっぱい、おいちいおいちいしてくだちゃいね~♪」
彼女らしさが最もよく出てるのは授乳手コキ。
彼がおっぱいに顔を埋めてきたのを見て母性本能をくすぐられたのか
自分から赤ちゃん言葉に変えてぱふぱふや授乳しながらおちんちんを責めます。

ここもおっぱいを見られたり吸われるのを嫌がることは一切ありません。
2回お世話したおかげでエッチしても問題ない関係が既に出来上がってます。
手コキはこれまでと一緒なのでセリフのほうが個性的です。

続く4パート66分間はかなを加えてする3P。
「【#5】『まほの性知識ゼロフェラ&かなのドスケベ耳舐め♪』(約22分)」は耳舐め+フェラ
「【#6】『かなとドスケベセックス&まほの性知識ゼロ耳舐め♪』(約18分)」はかなとのSEX
「【#7】『まほと禁断のいちゃらぶセックス&かなのドスケベ耳舐め♪』(約16分)」はまほとのSEX
「【#8】『まほとかなのW耳舐めタイム♪』(約10分)」は両耳舐めと踏み込んだプレイに変わります。

かな「クラスメイトに見られながら、なんにも知らない無邪気なまほに おちんちん舐めさせちゃうぅ~♪ 背筋がぞくぞくってなるくらい、興奮しちゃうねっ♪」
かなはドスケベビッチなので2人がエッチしてるのを見てもそこまで驚きません。
むしろ自分もその輪に入り一緒に楽しもうとします。
囁き声で何も知らないまほにエッチなことをさせてる罪悪感をくすぐる
慣れた様子で右耳を舐める、射精時にぴゅっぴゅのセリフを言うなど引き立て役に徹します。

まほ「君の唾液、いっぱい飲んじゃった♪ まほ……君のこと以外何にも、考えられないよ……♪」
最も盛り上がるのは#7。
かなに手本を見せてもらった後、今度はまほが生ハメ&中出しをします。
彼のことを気遣う母親っぽい態度を取ってた今までとは違い
ここは彼のことを対等な恋人と認識しながら熱っぽい吐息を漏らします。

これまでのエッチを通じて彼女の中で好意が少しずつ芽生えてたのでしょう。
かなの助けを借りてそれを無事形にできたところに甘さを感じます。
まほを騙し続けて処女を奪うのは後味が悪すぎますから
そのへんをきっちり解消するのは良い締めくくり方だと思います。
純粋なエロさよりも、彼女の心情&反応やひとつになれたシチュにグッとくるプレイです。

このように、まほの個性や魅力を出しながら少しずつ成長させるイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視のほのぼのした作品
まほの純真さや一途さに心を浄化されながら抜ける作品です。

まほはおちんちんに膿が溜まる病気にかかってる(実際はただの勃起)主人公を助けようと
手コキ、耳舐め手コキ、授乳手コキをしながら優しい言葉もかけて気持ちよく出させます。
そしてかなが加わった後は彼をお世話するのと同時に自分も楽しむ方針でエッチします。

エッチの知識と経験がゼロな女の子がクラスメイトの男子と色んなプレイを経験する初々しいシチュ
彼に騙されてることも知らずに一生懸命尽くす彼女の慈愛に満ちたキャラ
耳舐めを多めにやりながら後になるほど踏み込んだプレイに進む王道のエッチ。
最大の売りであるまほの魅力が引き立つように作品を組み立ててます。

まほ「いいよ♪ いいよ♪ まほのお口に、いっぱい出して♪ 真っ白いどろどろで、いっぱい汚していいんだよ♪」
嬉しそうな表情でこういうセリフをガンガン言う姿が印象的でした。
相手が喜んでくれさえすれば満足する奉仕精神の強い女性です。
そしてこれはおちんちんや精液で汚す快感を強化するのにも役立ってます。
手や体にぶっかけたり精飲する描写を盛り込んでるのもそれを意識してるのでしょう。

最後に主人公とまほが恋人に近い関係に収まってるので暗さや重さはありません。
2人がエッチするきっかけや道中が特殊なだけで純愛系のお話になってます。
かなが背徳感をくすぐるシーンも少なめですし、ノーマルな人が一番楽しめるんじゃないかなと。

エッチはまほの初々しさを出すために授乳手コキパートまではゆっくり責め続けます。
でもそれぞれの時間を長めに取ってるおかげで1回ずつ抜けるエロさを持ってます。
その後のフェラやSEXも複数人形式にして濃いプレイに仕上がってました。

ただし、まほが性知識ゼロなのに割と責めるのが上手なことや(ぴゅっぴゅのセリフなど)
ドスケベビッチJKと呼ばれてるかなが何故か処女だったことは疑問を感じます。
キャラ重視の作品で設定と実際の内容にズレがあると聴いた時に違和感が出ますから
今後の作品で改善されていくことを期待してます。

射精シーンは6回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、淫語それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは告知ボイスと応援感謝ボイスです。

CV:まほ…涼花みなせさん かな…陽向葵ゅかさん
総時間 2:37:36(本編…2:35:37 おまけ…1:59)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年2月27日まで25%OFFの990円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「VOICE LOVER」さんの同人音声作品(R-15指定)。

今回紹介する作品は、明るくてサービス精神旺盛な小町が
お店を初めて利用するお客を音と会話で癒します。

耳かき、音叉、耳舐めを組み合わせたASMR系のサービスをするのが特徴で
耳かきと音叉は3種類の音を用意して聴き手が自由に選べるようにし
耳舐めは最初は1人、次は2人で耳の穴や奥をゆっくりじっくり責め続けます。
初めての客を別世界へご案内
ささやき庵の小町、萌菜が色んなご奉仕をするお話。

「いらっしゃいませませー ささやき庵へようこそ」
萌菜は甘く穏やかな声の女の子。
主人公の部屋に来てまだ着替え終わってない理由を尋ねると
新人研修があることを思い出し、新人小町の代わりに自分が手伝うことにします。

本作品はささやき庵で最も長く続いてるシリーズの第8弾。
数多くの男性客を癒してきた彼女が、今回初めて利用する彼をおよそ180分に渡ってもてなします。
耳かき、音叉、耳舐めと全編を大きく3つのシーンに分け
それぞれで十分な時間を確保してから音と会話を組み合わせて癒しや眠気を与えます。

「そんなにパンツ見られるのが恥ずかしかったらぁ… 萌菜のパンツを見ちゃいますか?」
彼女は年齢は若いはずですけどささやき庵の中ではもうベテラン。
下着姿になるのが恥ずかしい彼に自分からパンツを見せて和ませます。
通常は新人小町がする着替えも代わりに手伝ってあげたりと
ベテランだからといって驕らず、自分らしさを出しながら様々な気配りをします。

ASMR色の強い作品なので会話量は少なめですが
話す時とそうでない時をある程度分けてキャラ作りもしっかり行います。
8作続いてるだけあって明るく、気さくで、腕が良いと魅力を兼ね備えてる女性です。
また音叉を鳴らすシーンから耳舐め終了までの約70分間は囁き声で話します。

サービスについては主人公がASMR好きなこともあり音を扱うものが充実してます。
耳かきと音叉はどちらも3種類の音が存在し
聴き手がその中からひとつを自由に選ぶことができます。


それぞれに違った良さがあるので聴き比べる楽しさがありますし
最低でも3回は聴ける点でお得感もあります。
耳舐めだけは一本道ですが、時間が60分程度用意されててなかなか濃いです。
サークルさんが得意とされてる耳の内側や奥を集中攻撃してくれます。

萌菜のフレンドリーなキャラとリアルな音を駆使した癒しのサービス。
シリーズの特徴をしっかり受け継ぎ、質量共に強化してる安定感のある作品です。
様々な癒しの音に包まれて
着替えを終えた後から始まる最初のサービスは耳かき(約23分)。
膝枕の状態で耳かき棒と梵天を使い分けて右耳→左耳の順にお掃除します。

「この耳かきの名前はリンドウ 悲しんでるあなたを愛する なんて花言葉があるんですよ」
そしてここでは花の名前がついた3種類の耳かき棒が登場します。
リンドウは「ずずっ」という乾いててやや尖り気のある音
ハナミズキは「ずしゅー」という幅が広くてぱちぱちした音
オミナエシはリンドウとハナミズキの中間あたりの質感を持つ音が鳴ります。

リンドウは皆さんがイメージする耳かき棒をそのまま形にしており
ハナミズキは耳かき棒よりも綿棒に近い柔らかさと広がりのあるもので随分違います。
流れは全部一緒ですから軽く聴いてみて気に入ったものを選ぶと良いでしょう。
奥から手前へ掻き出すような動きをシーンごとに多少変えてあります。

耳かき棒の後に登場する梵天もすごく印象的でした。
面積が広くふわふわした柔らかい音が使われており、音が鳴るたびに軽い圧迫感も伝わってきます。
左右どちらも1分程度で終わってしまうのは残念に思うくらい良い音です。
これまで数多くの耳かき作品を制作されてるサークルさんらしい冴えが見られます。

「タイトルとかには「ぐっぽり奥まで」とか謳ってますけど 実際には奥まで入ってきませんよね」
最中の萌菜は緊張気味な彼をリラックスさせようとうるさくない程度に話しかけます。
耳かきのこと、自分が飼ってる猫のこと、彼が好きなASMRのことなど他愛もない話題ばかり。
ASMRの時はやや大胆なことを言うなどマイペースなところを見せてくれます。
しばらく話し、吐息だけを漏らすのを繰り返すのでセリフと音が上手く共存できてます。

次の4パート39分間は彼女が得意とする音叉を使います。
528ヘルツ、417ヘルツ、741ヘルツ、852ヘルツと4種類の音を用意し
528ヘルツと他の3つからひとつを組み合わせて耳かきとは別の癒しを与えます。

「この音が 導いてくれる あなたを 望む世界へ 綺麗な綺麗な 音の世界へと」
「ぽーーん」という透き通った金属音が心地よく
30秒程度の余韻を取ってからまた鳴らすのを繰り返します。
音がやや大きいので普段よりも音量を少し下げたほうが聴きやすいかもしれません。

ふたつの音叉を組み合わせる05A~05Cパートはそれ以外に環境音や音楽も流します。
「05A_音叉ヒーリング【417x528】」は波の音+ギターメインの音楽
「05C_音叉ヒーリング【852x528】」は雨音+ピアノメインの音楽と随分違いました。
それぞれの音には別の癒し効果があるので、今の自分が何を求めてるかで選んでみるといいでしょう。

そして終盤の2パート56分間は耳舐めで心と体をとろかせます。
「07_耳舐めヒーリング」は片方ずつ舐めるスタンダードなもの
「08_もっと耳舐め」は左右同時の耳舐めとさらに奥を舐める特殊なプレイを繰り出します。
08パートは夢の世界らしさが出るよう声にエフェクトをかけてました。

ちゅぱ音だけを楽しんでもらおうとセリフを極端に切り詰めた作りや
耳の内側や穴の入り口を集中攻撃する割と個性的な耳舐めです。
姉妹サークルにあたるHORNETさんの作品を聴いたことがある人ならわかるでしょうけど
耳の内側を舐める時はじょりじょりしたざらつきのある音
穴の入り口は「ごごごごご」と指で耳の穴を塞いだ時に聞こえる圧迫感を伴う音が鳴ります。

音質も非常に良くて視聴中は音に包まれてるような感覚がしました。
また08パートの終盤には現実世界ではできない変わったサービスも出てきます。
動きや舐め方も小まめに変えてくるので耳舐め特化でも単調さはあまり感じませんでした。

このように、それぞれを高い水準で丁寧にこなすプロらしいサービスが繰り広げられてます。
音重視の癒し系作品
定番のものから変わり種まで色々取り揃えてる総合力の高い作品です。

萌菜はささやき庵を初めて利用する主人公に満足してもらおうと
店員と友達の中間あたりの気さくな態度で話しかけて場を和ませます。
そしてサービス開始後は後になるほど音の割合が高くなるように調整してたっぷり癒します。

明るくてフレンドリーな小町が耳かき、音叉、耳舐めで癒すノーマル向けのシチュ
会話よりも音の量を多くしてシーンごとに異なる音を鳴らすASMR系の作り
耳かきと音叉は3種類の音を、耳舐めは片耳舐めと両耳舐めを順に行う奥深いサービス。
過去作のファンはもちろん、今作から聴く人も楽しめるように仕上げてます。

中でも2番目は本作品の鍵にあたる要素なだけあって作り込みがすごいです。
音質、動き、鳴らすタイミング、各音の組み合わせ方がどれもしっかりしてます。
本作品は時間に対するサービスの種類がそれほど多くないので
各サービスの品質を上げることに力を入れてます。

私は音叉が一番好きですね。
他の音声作品ではなかなかお目にかかれないサービスですし
音自体も癒しに適してて心が浄化される感覚がします。
環境音や音楽と組み合わせてるところも単調さを打ち消すのに役立ってます。

以上を踏まえてサークルさんでは5本目の満点とさせていただきました。

CV:ニャルぽむぽむさん
総時間 3:08:57

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月15日まで10%OFFの990円で販売されてます。



あだると放送局8~綾姉のおま〇こで遊ぼう!イベント開催編☆~【重複無し4時間半】(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「20xx2月配信その1_綾姉のおま〇こで大実験!」以降の様子を中心に紹介します。
ファンのおちんちんを独り占め
後編のエッチシーンは3パート83分間。
プレイは耳舐め、オナニー、体温測定、綾姉のオナニー、キス、SEX(騎乗位)です。
体温測定、綾姉のオナニー、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「あだると放送局 公開生配信ー いえーい」
前編のイベントからしばらく経ったある日、別の会場で今度は公開生配信を開催した綾姉は
自分が企画した3つのプレイを順にやってファンを再び喜ばせます。

エッチは前編に引き続き彼女がリードします。
一番最初の「20xx2月配信その1_綾姉のおま〇こで大実験!(約22分)」は
男性たちの素朴な疑問に彼女が体を張って答えるパート。
6分程度の耳舐めで軽く盛り上げてから体温測定や潮吹き目当てのオナニーを披露します。

ちなみに後編部分はどのパートも軽いノイズが入ってます。
エアコンの送風っぽい音なので気になるほどではありません。
前編とは違う場所にいることを表現するためにわざと入れたのだと思います。

「じゃあ 体温計を にゅぷっと 挿入…んっ」
体温測定はおまんこの通常温度と絶頂直後の温度を計るというもの。
彼女がファンたちの前でおまんこに棒状の体温計を挿入し
計測できたらそのままオナニーしてどう変化するのか確かめます。

会場にいるファンはおそらく20人程度だと思うのですが
それでも公開オナニーをするのは結構大胆なことと言えます。
聴き手は彼女の痴態をイメージしながら自由にオナニーする緩い設定です。
測定後に始まる普通のオナニーは空気交じりの激しい水音を鳴らしてました。

続く2パート61分間はSEX中心。
「20xx2月配信その2_綾姉の生おま〇こに挑戦コーナー(約28分)」は
会場内のファンから選ばれた1人と時間制限を設けて行い
「20xx2月配信その3_綾姉の生おま〇こで射精してみよう!コーナー(約33分)」は
他の人たちも満足させようと代わる代わる相手して何度も射精させます。

「速く動くのダメなの? これ好き もっとゆっくり動かないと出ちゃう?」
その2は射精したら負けのルールなので彼女が強弱をつけながら責め続けます。
挿入直後に激しく小刻みに腰を動かしてたかと思えば
その3分後にはピストンを止める代わりに耳舐めして相手の射精感を鎮めます。
さらに耳元へ熱っぽい吐息を漏らす、熱いキスをする、間隔を置いて1回ずつ力強く腰を落とすなど
騎乗位SEXする点は統一したうえで多彩な責めを繰り出します。

同じペースと強さのピストン音を垂れ流しながらあんあん喘ぐSEXとはまったく違うので
プレイに流れがあるし生々しさも感じます。
ピストン音も責め方に応じて変わったりと丁寧に作られてました。
相手がすぐ射精しないように手加減しながらリードするあたりも優しいです。

それに対してその3は輪姦っぽい内容。
会場にいる男性たちと1人ずつ繋がり、射精したら次の人に代わるのを繰り返します。

「じゃあ いただきまーす あっ あぁっ すっごぉ かったい」
その2との違いを出すためでしょうけど射精シーンが10回と非常に多いです。
普通の男性、童貞、コックリングを装着した強者など相手の属性も様々です。
全員に対して生ハメ&中出しさせるところも実に彼女らしいなと。
童貞が相手の時は手加減したりお祝いの言葉をかけて気分よく射精させます。
同じSEXでも両パートに方向性や表現方法の大きな違いが見られて新鮮でした。

このように、おまんこをフル活用してファンをたっぷりもてなす明るいエッチが繰り広げられてます。
個性の強い抜きボイス
品質が高く、ボリュームが多く、テーマ性があって、実用性も高いと色んな魅力を持ってる作品です。

綾姉はネット配信で自分を応援してくれる男性たちに恩返ししようと
最初は大きめの会場を借りてS向けからM向けまで幅広いサービスをします。
そして2回目のイベントは規模を縮小する代わりにプレイを濃くして参加者全員を満足させます。

明るくてサービス精神旺盛なお姉さんが体を張ってファンにご奉仕する抜き重視のシチュ
おまんこを使うプレイを幅広く取りそろえたうえで耳舐めもするタイトル通りのエッチ
同じプレイでも状況によって違う音を鳴らし臨場感を出す演出。
イベント会場にいる感覚を味わいながら抜けるよう丁寧に作られてます。

中でも2番目はSEXや彼女がオナニーするパートを多く設けて
それぞれに違う特徴を持たせる掘り下げた構造になってます。
同じプレイが続くとどうしてもマンネリ感が出てしまうので
それを解消するためにイベント形式やファンが数多くいる状況を有効活用してます。

「今日はね 会場にいる人は タダで何度でも生ハメ 綾姉のおまんこ使って中出しし放題」
初めて会ったばかりの男性たちに快くおまんこを預ける彼女の態度も印象的でした。
抽選に当たってパートナーに選ばれた人も、そうでない人も平等に扱う心の広い女性に描かれてます。
公開オナニーや異物挿入といったアブノーマルなことにも挑戦しますし
彼女自身も彼らと同じくらいこのイベントを楽しんで明るい雰囲気を作ります。

あとは純粋に抜き性能が高いです。
エッチシーンが全パート合わせて200分くらいあって内容も充実してます。
音作りに力を入れてるおかげでどのプレイもリアルに感じました。
一部でM向けやS向けのプレイもしますけど、全体を見ればノーマル向けだと思います。
ファンサービスという大きなテーマがあるのでご奉仕色が強いです。

後編の射精シーンは12回。
くちゅ音と喘ぎ声多め、淫語・ちゅぱ音・吐息それなりです。

以上を踏まえてサークルさんでは17本目の満点とさせていただきました。
おまけは「イベント反省会のオナニー配信」「おまんこの音研究」です。

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 4:29:38(本編…3:55:25 おまけ…34:13)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年2月24日まで10%OFFの1188円で販売されてます。



サークル「シロクマの嫁」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、これまでエッチな配信を数多くしてきたお姉さんが
ファンイベントを開き会場とネット両方の男性たちを喜ばせます。

サークルさんが得意とする耳舐めを多めにやったり
中盤以降はおまんこを積極的に使って彼らを何度も射精させるなど
自分を応援してくれる人々に対する感謝の気持ちを込めたエロくて濃厚なサービスをします。

総時間が270分もあるので前編(綾姉のおま〇こで遊ぼう!イベント編)、後編(おま〇こで公開生放送編)の2回に分けてお送りします。
リアルとネットでオカズを提供
ネット配信者の綾姉がイベント会場で男性たちとエッチするお話。

「というわけで 生配信 アンドリアル同時進行ー 綾姉のおまんこで遊ぼう! イベント始まるよー」
綾姉は明るくて穏やかな声のお姉さん。
会場のファンとネットで視聴してるリスナーたちにイベントの開始を宣言すると
ズボンとパンツを脱ぐように言ってから自分も脱ぎ始めます。

本作品は2015年に1作目が出てからずっと続いてる人気シリーズ第9弾。
普段はエッチなネット配信をしてる彼女がオフラインイベントを開催し
その様子をネットでもリアルタイム配信して多くの男たちを興奮させます。
シリーズものですが各作品の内容は独立してるので今作からでも大丈夫です。

「ほらほら 今私が 綾姉が生脱ぎした パンツの音ですよー」
彼女はエッチに対して積極的かつオープンな性格。
日頃自分を応援してくれる彼らを喜ばせようと序盤から大胆な行動に出ます。
目の前でパンツを脱いでさらさらした摩擦音を鳴らしたり
パートごとに相手を変えながらS、M両方の属性を持つ多彩なプレイを披露します。

やり方は独特ですが抜きやすさにとても力を入れてるので
オナニーのオカズに役立つ作品を探してる人にはかなりおすすめします。
ファンサービスが目的なだけあって結構踏み込んだことをしてくれます。

本作品のエロさに最も貢献してるのは音。
どのプレイにも必ずリアルな音が入っており、同じプレイでも状況によって違う音を鳴らします。
前編部分(約144分)はおまんこを使うパートが多いのですが
体位や挿入物によって音を変えててなかなか凝ってます。
それと同時に行う耳舐めも耳の外側と内側で音の質感や伝わってくる刺激が変わります。

イベントがテーマの作品なら臨場感が高いほうがその場にいる気分に浸れますから
声や音といったサークルさんが自信を持ってる部分を前面に押し出してます。
射精シーンも多めに用意されてますし、抜き場に困ることはまずないでしょう。
イベントらしい特別なサービス
前編のエッチシーンは8パート122分間。
プレイは耳舐め、手コキ、キス、亀頭責め、SEX(騎乗位)、フェラ、パイズリ、生おまんこ当てっこゲーム、精液をおまんこに注ぐです。
手コキ、亀頭責め、SEX、パイズリ、当てっこゲームの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ほら 舐めちゃいますよー な・め・る・ぞ ふーーー」
脱ぎたてパンツを使ってファンたちを興奮させた綾姉は
会場内にいる男性の1人にマイクを取り付けて生耳舐めを披露します。

エッチは一部を除き彼女が責め続けます。
最初の3パート38分間はややM~M向けのプレイ。
「01_来てくれてありがとう!(約14分)」は片耳&両耳舐め
「02_当選者さんに耳舐め手コキのご褒美!(約13分)」は耳舐め手コキ
「03_綾姉の脱ぎたてストッキングで亀頭責めゲーム☆(約11分)」は
ストッキングを使った亀頭責めで1回ずつ射精させます。

「使うのは 綾姉のおまんこから出てきた 新鮮な生おまんこから出る 愛液ローション」
そして彼女は早速言葉と行為の両方で彼らに対する感謝の気持ちを伝えます。
耳舐めと耳舐め手コキはどちらも至近距離からリアルなちゅぱ音を多めに鳴らし
亀頭責めはローションの代わりに自分の愛液を潤滑油にして激しく擦ります。

過去作を聴いた限りだと彼女のファンはどちらかと言えばMのほうが多そうなので
これらのプレイもご褒美と見るのが妥当でしょう。
シロクマさんが得意とする耳舐めを最初に繰り出して聴き手の心をガッチリ掴みます。

01パートは本当に耳舐めだけしますから自由なやり方でオナニーする形になります。
02と03は効果音が鳴る分おちんちんをどう責めてるかがわかりやすいです。
手コキはさらさらした摩擦音、亀頭責めは粘性高めの下品な水音と随分違いました。
耳舐め中は囁き声で話すことが多く、そのたびに微かな風圧が感じられて耳がゾクゾクします。

タイトルの「おま〇こで遊ぼう!」が出てくるのはその次から。
「04_当選者さんに生おま〇こ奉仕(約16分)」は騎乗位での生ハメ&中出し
「05_当選者さんが、おま〇こお掃除のお手伝い(約19分)」はパイズリフェラと追加のSEX
「06_生おま〇こで当てっこゲーム!(約22分)」はおまんこに何を挿入されてるかを彼女が当てるゲーム
「07_当選者さんに生挿入したまま耳舐め奉仕(約17分)」は騎乗位で繋がったままする耳舐めと
先ほどの3パートとは内容が大きく変わります。

「ほらすごい 全部画面に映って 今リアルタイムで見られてて みんながこのおまんこ見ておちんぽしごいてるの あぁすごい 興奮してきた」
ファンにとってネット配信者はアイドルのような手の届かない存在です。
そんな女性の大事な部分をおちんちんで貫き、さらに精液まで注ぎ込む。
性的快感、征服欲、充足感といった様々な欲望を同時に満たしてくれる手厚いプレイです。
彼女が嬉しそうな表情を見せながら喘ぐのも良いですね。
一時的とはいえ恋人っぽく振る舞ってエロさと甘さを出します。

ピストン音が全体的にやや下品なのも相まって、どのパートも十分な抜き性能を持ってます。
SEXは騎乗位が多いですけどペースが緩めでそこまで激しいわけではありません。
正常位だと他のファンがオカズにしにくいから見えやすい体位にしたのでしょう。
ファンサービスの領域を遥かに超える内容で彼女の淫乱さが引き立ってます。

この中で一番面白いのは06パート。
ファンたちが1人ずつ彼女のおまんこに何かを挿入し当ててもらいます。

「あっ 硬い これ すごい硬くて クリ ゴリゴリされるのすごいっ 何これ?」
硬いもの、冷たいもの、逆に温かいものなど複数用意されており
それぞれで挿入時の音が違う本作品の特徴を活かしたものです。
正解した時点で終わるルールになってるからでしょうけど
気持ちよさそうな彼女がわざと間違えてプレイ時間を延ばすシーンもありました。
最後はきっちり射精しますし、個性とエロさを兼ね備えたプレイに仕上がってます。

前編の最後にあたる「08_集めた精液は生おま〇こで回収☆(約10分)」はややS向け。
会場にいるファンたちがカップに吐き出してきた精液を全部集めて彼女のおまんこに注ぎます。

「あぁ いっぱい 直接おまんこに注がれちゃった 気持ちいい」
これまでのエッチはくじに当選した人たちが得をする内容でしたから
他の人たちにもおまんこで遊ぶ快感を味わってもらいたくて用意したのだと思います。
不特定多数の精液を注がれて絶望するどころか「まだ足りない」と言う非常に明るいプレイです。
パート終盤にはその様子を見てオナニーするファンたちから追加で精液をもらうなど
彼女のおまんこを文字通り精液でいっぱいにして満足感を与えます。

前編部分をまとめますと、最初の3パートを聴いた時点では
良くも悪くもいつものシロクマさんという印象を受けました。
でもそれ以降はSEXを中心とした変わり種のプレイが色々出てきて楽しく聴けました。
臨場感を出す演出も色々されてて彼女がすぐ近くにいる感覚が味わえます。

あとはこれだけ色んな男性に中出しされてるのに彼女の態度がすごくポジティブです。
エッチなネット配信で人気の女性だからこういうやり方でファンの期待に応えたのでしょう。
彼らを喜ばせながら自分も一緒に楽しむスタイルでエッチしてて雰囲気がカラッとしてます。
後編部分がまだ残ってますけど、ここだけでも十分満足できる品質とボリュームを持ってます。

前編の射精シーンは9回。
くちゅ音と吐息多め、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなりです。

おまけは「イベント反省会のオナニー配信」「おまんこの音研究」です。

後編へ続く…。
あだると放送局8~綾姉のおま〇こで遊ぼう!イベント開催編☆~【重複無し4時間半】(後編)

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 4:29:38(本編…3:55:25 おまけ…34:13)


体験版はこちらにあります

追記
2021年2月24日まで10%OFFの1188円で販売されてます。

↑このページのトップヘ