同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:こやまはる

   ● あなたを溺愛しているクールなドスケベ女上司による相部屋逆NTR
   ● 【KU100】恋するクーデレ後輩はドスケベ色仕掛けであなたを堕としたい
   ● “愛情は一切ない”と言い張るけど甘ヌキご奉仕してくれる、褐色事務的おまんこメイド【バイノーラル】
   ● テニス部の女の子達に両サイドから乳首を責められて、敗北絶頂の負け癖をつけられる音声
   ● 年下彼女の射精前に搾り尽くす拘束ルーインドオーガズム手コキ
   ● 【中盤まで無料】生意気ナツキはあなたに勝ちたい!! ~挿れただけで勝手にイっちゃう弱くて強気なボーイッシュ~
   ● 【バイノーラル】オナホ係の同級生ギャルJKは意外にチョロくて惚れやすい
   ● ー癒しのひなコースーヒーリングサロンシエル
   ● お姫様と結婚してオナホおまんこでイチャラブ子作りえっちが仕事になる生活♪【バイノーラル】~今日は一日中、子作りおまんこデーです♪~
   ● 人外のじゃロリの耳舐め孕みたがりセックス




サークル「ラムネ屋」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、仕事中は厳しいけどプライベートはとっても優しいお姉さんが
職場の後輩にあたる男性と出張中に濃厚なエッチをします。

自分の気持ちをはっきり伝えてから無理矢理感を出さずにリードしたり
エッチの最中はやや下品なフェラ音やオホ声交じりの喘ぎ声をガンガン漏らすなど
彼女の想いの強さやドスケベっぷりを表現しながらじっくり色仕掛けします。
逆寝取られをテーマにしてますが暗さやは重さは薄いので聴きやすく感じるでしょう。
かっこいい先輩が見せるメスの顔
先輩の波多野 美紀とホテルで色んなエッチをするお話。

「4号車の、7-Aと7-B、7-Aは…あった、ここだ」
美紀は明るくて落ち着いた声のお姉さん。
新幹線の車内で座る席を見つけて主人公に教えると
荷物を網棚に乗せてから左に座り雑談をします。

本作品は現在28歳で仕事をバリバリこなしてる彼女が
5つ年下で以前面倒を見てた彼とおよそ90分に渡ってイチャイチャします。
彼女は彼が入社した当時からそれなりの好意を寄せており
久しぶりに一緒に働くことになったこの出張を絶好の機会と考えてます。
そんなわけで序盤から親しげに語りかけて堕とせるかどうか見定める素振りを見せます。

「……あら、そうなの? 彼女、いたんだ……おめでとう」
彼が入社した当時のことを楽しそうに振り返りながら
プライベートの話題になるとさり気なく恋人の有無を確認します。
そしているとわかったら少し寂しそうな表情でお祝いの言葉をかけます。

たぶん彼女は彼と離れ離れになった後に心から愛してることを自覚したのだと思います。
だから恋人がいたとしてもなりふり構わず積極的に誘惑します。
冒頭の12分間は2人がエッチするまでの過程が丁寧に描かれててわかりやすいです。

「もっともっと私が欲しい……? 私なら、君の彼女よりたくさん気持ちよくさせてあげられるよ」
そしてエッチ開始後は普段と随分違う淫乱な姿を見せてくれます。
彼に対して好きなことをはっきり伝えながら体の匂いを熱心に嗅いだり
やや下品なちゅぱ音を鳴らして男心を上手にくすぐります。
さらに彼が十分食いついた後は自分のほうが魅力的であることをアピールして心を一気に引き寄せます。
普段の態度が真面目だからこそ、プレイ中に見せるドスケベっぷりとのギャップが大きいです。

彼が最終的に恋人から彼女に乗り換えるので逆寝取られなのは間違いありません。
しかし立場を利用して彼を脅したり、無理矢理犯すといったことはやらずに王道の色仕掛けをします。
彼がほとんど抵抗しなかったところを見ると、最初からある程度の好意を持ってたように見て取れます。
暗さや重さを感じる描写も僅かなので背徳感をあまり抱かずに聴けるでしょう。
メインは色仕掛けで、それを盛り上げたり特徴づけるために逆寝取られを取り入れてる感じです。
美紀のすべてを曝け出すエッチ
エッチシーンは5パート64分間。
プレイはキス、手コキ、耳舐め、ちん嗅ぎ、フェラ、体の拘束、乳首/腋舐め、SEX(騎乗位、対面座位、立ちバック)、恋人との電話です。
体の拘束、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ねぇ……もっと見たい? 私の胸」
予約の手違いで主人公と同じ部屋に泊まることになった美紀は
仕事を無事終えたお祝いにお酒を飲んでから軽く誘惑して彼の反応を見ます。

エッチは最終パートを除き年上の彼女がリードします。
最初の2パート26分間は彼女の積極性やエロさを前面に押し出したプレイ。
「2章:相部屋逆NTR ほろ酔い囁き手コキ(約15分)」はキス、耳舐め、手コキ
「3章:ドスケベちん嗅ぎ フェラ(約11分)」は軽いちん嗅ぎとフェラで1回射精させます。

「私は期待してたよ、君とこうなっちゃうこと」
「上下に優しく……しこしこ しこしこ しこしこ しこしこ」

彼女は彼と2人きりになれる時をずっと待ってたのでしょう。
エッチの開始直後に好きだったことをストレートに伝え、それから口を使って唇や耳を丁寧に愛します。
手コキは音を鳴らさない代わりにシコシコボイスを多く言ってわかりやすく表現します。

キスする時にちゃんと彼に許可を取ってますから無理矢理感はありません。
2章は責め方も緩いのでエッチしても大丈夫か確認する意味合いが強いです。
彼を甘やかすセリフもそれなりにあって、逆寝取られとは思えないほど雰囲気が穏やかでした。

それに対して3章は彼女のドスケベなところを前面に出してます。
汗で蒸れ蒸れになったおちんちんを鼻を鳴らして嬉しそうに嗅いだり
フェラ開始後は「ずびびっ」というパワフルなちゅぱ音を積極的に鳴らします。
彼女は匂いフェチらしいので彼の匂いを嗅ぐシーンを何度か挟んできます。

「君とこんなにいちゃいちゃ出来るなんて、夢みたい」
最中に彼女が幸せそうな表情を見せながら尽くすのが印象的でした。
フェラの中盤でおちんちんを咥え込む際に彼女のほうから喉奥で責めることを提案します。
そして軽くせき込んでもしっかりやり遂げ精液も口で受け止め飲み干します。
「恋人よりも私のほうがあなたを愛せる」とアピールして心をこちらに傾けるわけです。
下品な姿を見せるのも、匂いフェチだと教えるのも本当の自分を知ってもらいたいからだと思います。

続く3パート38分間はプレイがさらに濃くなります。
「4章:逆寝取られ騎乗位生ハメエッチ(約18分)」は騎乗位
「5章:彼女からの電話 隣で寝取り囁きされながら エッチ(約8分)」は対面座位でSEXします。
そして「7章エピローグ(約12分)」はその後どうなったかをエッチメインでお届けします。
ちなみに4章の時間は販売ページだと12分45秒となってますが実際は21分03秒です。

「はっ はあっ 突き上げられちゃ おおっ ぎもぢっ おっ おっ」
4章は本作品の山場なだけあってエロさと個性の両方が強いです。
彼の耳、乳首、腋を丹念に舐めながら匂いを嗅いで気持ちを盛り上げ
SEX中はオホ声交じりの激しい喘ぎ声をガンガン漏らします。
生ハメを選んで存分に中出しさせるなど、男が喜ぶ要素をいくつも盛り込み一気に堕とそうとします。

オホ声はSEXに絞り込んでるし、普通の喘ぎ声と混ぜてるので癖が強いと言うほどではありません。
ギャップを持たせたうえで彼女が幸せを感じてる様子をエロく表現します。
そして5章は途中に恋人から電話がかかってくるシーンを挟んで変化をつけます。
この2パートを聴けば彼もすっかり彼女にのめり込んでるのがわかるでしょう。

このように、普段と違うメスの顔を見せてあれこれお世話するタイトル通りのエッチが繰り広げられてます。
ライトな逆寝取られ作品
逆寝取られを扱ってる音声作品の中でかなり軽い部類に属するややM向けの作品です。

美紀は職場の後輩で以前から好きだった主人公をモノにしようと
出張先のホテルで相部屋を用意し、そこで隙を見せたりやんわり誘惑して彼の反応を確かめます。
そしていけそうだと判断したらドスケベっぷりを発揮して欲望を存分に満たします。

普段はクールだけどエッチは下品に振舞う先輩が恋人持ちの後輩をエッチで堕とすシチュ
フェラのちゅぱ音やSEXのオホ声などギャップを持たせて興奮させる彼女らしいエッチ
逆寝取られにありがちな暗さ、重さ、背徳感を極力薄めた聴きやすい作り。
通常ならくっつきにくい男女がそうなる様子を明るくエロく描いてます。

中でも2番目は仕事のできる女性が
好きな人のために本当の自分を曝け出す愛のあるエロスが楽しめます。
セリフが終始優しかったり尽くす姿勢でリードすることも含めて
逆寝取られなんだけど彼のことも十分思いやりながらエッチしてます。

彼女が彼を好きになったのは入社当時、彼が恋人と付き合い始めたのはその後なので
彼女にはBSS(僕が 先に 好きだったのに)という気持ちがあったのだと思います。
悪意に基づく行為とは違いますから、これなら純愛系のお話かなぁと私は見てます。
ドロドロした展開とは方向性が違うのでそこだけご注意ください。

唯一残念だったのはキスシーンが短いこと。
確認したところ全パート合わせても8分くらいです。
彼女のプロフィールにわざわざ「好きなプレイ;キス」と書いたのなら
もう少し長くやっても良かったのではないでしょうか。

射精シーンは5回。
淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなり、くちゅ音そこそこです。

CV:こやまはるさん
総時間 1:32:14

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月26日まで25%OFFの990円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「レッドキャビア」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や態度はクールだけど性格はとっても一途な女の子が
受験勉強に励む先輩をエッチな手段で妨害します。

彼女が他の男に寝取られる様子を生々しく語りながらオナニーさせたり
彼の上に跨っていつでも挿入できる状況のまま素股をするなど
Mな彼が喜ぶプレイをしながら想いを伝える独特な色仕掛けが楽しめます。
卒業後もずっと一緒にいたくて
天枷沙雪(あまかせ さゆき)が4種類のエッチで受験勉強を邪魔するお話。

「先輩 ゲームをしましょう 何でもいいですよ」
沙雪は淡々と話す優しい声の女の子。
主人公と一緒にゲームをしようと言って断られると
今度はお菓子や漫画を差し出して彼を遊ばせようとします。

本作品は田舎に生まれ彼とずっと仲良くしてきた彼女が
大学進学を控えてる時期におよそ100分間のエッチな誘惑をします。
彼女は今後も彼と地元で一緒にいることを望んでるのですが
彼は都会の大学に行って一人暮らしすることに憧れてます。
そんなわけで彼の学力ができるだけ上がらないよう積極的に行動します。

「私は至って本気、ですよ あの手この手で誘ってるのに 先輩が乗ってくれないから 最終手段に出たまでです」
彼のことが好きだから、離れたくないから色仕掛けすることをはっきり告げたり
ゲームに勝ったらその日は自分と遊ぶルールを定めるなど
彼に本気で嫌われるのを避けながら色んなプレイをします。
途中で軽く意地悪したりややM向けのプレイをするのも愛情の裏返しで悪意はまったくありません。
感情を表に出すのが苦手な女の子がなんとか引き留めようとする姿が健気で愛らしいです。

彼女は処女なのでドスケベといってもそこまで下品なことはやりません。
年頃の男子が食いつきそうな餌を垂らして上手に釣り上げます。
すごく一途に振舞いますから幸福感や満足感といった癒しの感覚も得られます。

エッチについては耳舐め手コキ、オナニー、オナホコキ、素股&SEXと
パートごとにプレイを切り替え後になるほど踏み込んだものを投入します。
彼がそれなりにMなのでストレートにイチャイチャするのではなく
軽い言葉責めをしたり、彼女が寝取られるイメージを絡めてゾクゾクさせます。


彼女自身は全然Sじゃないけど彼が喜んでくれるからやる感じです。
終盤には初キス、初SEX、初中出しをまとめて捧げますし
甘さを出しつつ変わった要素も盛り込んで個性とエロさを出してます。
変化に富んだ甘いエッチ
エッチシーンは4パート76分間。
プレイは耳舐め、手コキ、寝取られ妄想、オナニー、体の拘束、オナホコキ、素股、キス、SEX(騎乗位)です。
手コキ、オナニー、オナホコキ、素股、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「先輩 今日のゲームの内容は 先輩が 勃起したら負けというゲームです」
勉強中の主人公にこれからするゲームの内容を説明すると
沙雪は左側に密着しゆっくり耳を舐めておちんちんを元気にします。

エッチはごく一部を除き彼女が責め続けます。
前半の2パート42分間は彼女の想いの強さを表現しながら優しく弄ぶシーン。
「1.誘惑色仕掛け&寸止め手コキ(約23分)」は耳舐めと寸止め手コキ
「2.寝取られ妄想&セルフ手コキ(約19分)」は自由にオナニーさせたまま寝取られ妄想を語ります。

「字が男らしくて ちょっと雑なところが好き 一生懸命努力してるところが好き」
勉強を邪魔するのも、エッチなゲームを持ち掛けるのもすべては彼のことが好きだからです。
そのことを序盤から言葉と行為でわかりやすく伝えて悪女っぽさを上手に打ち消します。
離れ離れにさえならなければ大学に行くことも別に反対しませんし
絶対に譲れないラインを定めたうえである程度は譲歩する姿勢を見せます。

プレイについては前半の11分間は耳舐めに専念して
ゲームの勝敗がついた後から手コキを加えて追い込みます。
途中に寸止めを挟むところは意地悪ですけど「頑張れ」「好き」といったポジティブなセリフも多く
彼のM性癖に合わせてわざとこうしてるのが窺えます。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフを言うなどリードがきめ細かいです。

「例えばキス 恋人同士の優しい 温かいキスなんて最初だけで すぐに舌と舌を濃厚に絡ませた 激しいディープキスをしちゃうんです」
本作品で最も面白いプレイが出てくるのは2番目のパート。
彼が大学に無事合格した後、彼女が他の男とエッチする様子を綿密に語ります。
彼よりもずっと立派なおちんちんを持つ相手が、彼よりもずっと積極的にアプローチをかけ
まだ男を知らない彼女の魅力的な体を蹂躙し、快楽堕ちさせる。
多くの男性が嫉妬心を抱きそうな話題を提供して彼の気持ちを確かめます。

彼にとって彼女が本当の意味でどうでもいい存在だったら
こういう物語をされても心はまったく揺れ動かないはずです。
でも彼はこの背徳的なシチュに興奮し、前回以上に大量の精液を吐き出します。
一途な彼女とMな彼の性癖が見事に噛み合った素晴らしいプレイと言えます。

レッドキャビアさんは寝取られをテーマにした作品をいくつも制作されてるので
本作品でもきちんと盛り込み個性とエロさを出してます。
彼女自身にこうなる気はまったくないはずですからサービスと見るのが妥当です。

後半の2パート34分間はより踏み込んだプレイに移ります。
「3.おしおき拘束オナホコキ疑似セックス連続射精(約16分)」はオナホコキ
「4.愛情200%ラブラブ生ハメ交尾(約18分)」は素股と騎乗位SEXで合計3回射精します。

「気持ちいいですか? あったかいですか? 私のおまんこ」
3番目のパートは偽物のおまんこを使ったプレイということで
疑似SEX風にして本番に向けた練習を行います。
実際に繋がってるように感じるセリフを盛り込んだり、一部で喘ぎ声を漏らして雰囲気を出します。
そしてここだけ2回連続射精するスタイルにして軽いお仕置きもします。

4番目のパートは2人が初めてSEXするだけあって最もあまあま。
まずは素股で焦らして彼を十分やる気にさせてから突入します。
ここの展開も彼の気持ちに配慮してあってとても優しく感じました。
生おっぱいを見せる、キスを解禁する、本気で喘ぐと以前のパートよりも明らに深い内容になってます。

結果だけを見れば彼女の思い通りになってます。
でもこれらすべてが彼を満足させることを見据えてるおかげであざとさはあまり感じません。
彼女なりに工夫して責めてるから立派な愛情表現になってます。

このように、押しつけがましさをできるだけ感じさせずに誘惑する純愛系のエッチが繰り広げられてます。
愛を込めて意地悪する作品
好感度MAXな女の子が大好きな人に色仕掛けする様子をややM向けに表現してる作品です。

沙雪は来年都会の学校に行くために勉強してる主人公を思い留まらせようと
毎日のように彼の家へ出かけてエッチなゲームを持ち掛けます。
そして勝った後は毎回違うプレイをして幸せな射精に導きます。

声や態度はクールだけど性格はとても温かい女の子が、幼馴染の男子に色仕掛けするシチュ
寸止め手コキ、寝取られ妄想、ソフトな言葉責めを盛り込んだうえで
「好き」など愛を感じるセリフもたっぷり投げかける甘くてちょっぴり意地悪なエッチ
最初から自分の気持ちをはっきり伝えて引き留めるためなら何でもする彼女の一途なキャラ。
快楽を餌に男を堕とす展開をかなり甘くアレンジしてイチャラブ系に変えてます。

中でもエッチは敢えてM向けの要素を入れて面白味を出してます。
このへんも付き合いが長い間柄だからこそできることではないかなと。
個人的には2番目のパートが最も印象に残りました。
サークルさんの持ち味を活かして彼の心を一気に引き寄せます。
声がクールなだけで事務的感はまったくありませんから、興味があるならノーマルな人でも普通に聴けます。

射精シーンは5回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

おまけは「センター試験前日に村秘伝特製媚薬キメてドスケベ発情セックス」です。

CV:こやまはるさん
総時間 1:48:07(本編…1:40:07 おまけ…8:00)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月1日まで20%OFFの968円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、態度は事務的だけどやることはきっちりこなすメイドが
性欲旺盛なご主人様を色んなエッチで満足させます。

愛情がないことをはっきり伝えながら濃いプレイをするのが特徴で
彼の求婚を素っ気ない態度で拒否しつつ、序盤から生ハメ&中出しSEXをしたり
朝から晩までいつ求められても素直に応じる優しいところを見せてくれます。
淡白でご奉仕上手なメイドと
自宅でメイドと5種類のエッチをするお話。

「おはようございます。ご主人様。外はいい天気です。起きてください。」
メイドは丁寧語で話すお淑やかな声のお姉さん。
ある日の朝、なかなか起きない主人公にマウスウォッシュをさせると
その直後に長めのキスをしてスッキリ目覚めさせます。

本作品は家事や料理だけでなくおちんちんのお世話もしてる彼女が
彼を相手におよそ120分間のエッチをして精液を搾り取ります。
彼は2、3時間も経てばフルチャージするほど精力が強く
この日も朝起きた時から夜寝る時まで彼女の体を積極的に求めます。

「おまんこ奉仕をさせていただくのは…… あくまで、メイドの職務であるのと…… ぴゅっぴゅ一回につき、それなりの手当てをいただけるからです。ご主人様への愛情などでは、断じてありません」
彼女は十分なお金をもらってるのでエッチすること自体は一切嫌がりません。
しかし彼に交際や結婚を申し込まれるとすぐさま断る割り切った態度を取ります。
ご主人様とメイドの関係を維持したままエッチしますから事務的プレイと言えます。
このエッチが愛情に基づく行為じゃないことは間違いないです。

しかしエッチの内容は結構ディープでほぼ正反対の属性を持ってます。
音声開始直後に熱いキスをしますし、その後も生ハメや中出しまで許す手厚いご奉仕を見せます。
5パート中4パートで射精時にぴゅっぴゅのセリフを言うなど
事務的プレイのイメージとは随分かけ離れた内容になってます。

この素っ気ないセリフや態度で甘めのエッチをするところが本作品最大の特徴です。
甘い、冷たいで統一することが多い通常の同人音声よりもやや複雑な作りになってます。
サークルさんが得意とされてる淫語責めも出てきますから
多少冷たくされても大丈夫な人なら普通に抜けると思います。
愛はないけど熱のこもったエッチ
エッチシーンは5パート91分間。
プレイはSEX(騎乗位、立ちバック、対面座位)、淫語責め、キス、パイズリ、耳舐め、足コキです。
服を脱ぐ、SEX、パイズリ、足コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「おまんこメイドによって、迅速に、搾精ぴゅっぴゅしていただきます」
主人公の服を脱がせておちんちんがガチガチになってるのを確認したメイドは
スカートをたくし上げてからおまんこにローションを塗り込み
彼の上に跨ってすぐさま挿入します。

エッチはパートによって責め手を切り替えながら進めます。
最初の2パート35分間は2人の性格や本作品の特徴をわかりやすく描いてるシーン。
「1.『朝は忙しいので、さっさとぴゅっぴゅしていただけますか?』(約19分)」はベロチューと騎乗位SEX
「2.『できればお洗濯の前に言っていただきたかったですが』(約16分)」はパイズリで1回ずつ射精させます。

「子宮口でおちんぽ亀頭にキスをして、ザーメンミルクを一滴残らずゴクゴクさせていただきます」
彼女は毎日のように彼のお世話をしてるので
突然エッチが始まってもまったく動じる様子は見せません。
こうなることを予測して最初からパンツを穿かずに彼の前に現れ
挿入後はリズミカルにピストンしながら淫語を小まめに言って上手に盛り上げます。

心は許さないけど体は好き放題できる状況になってるので
オナニーのオカズとして抜くには十分なエロさを持ってます。
見下したり嫌味を言うことも一切なく、彼女なりに彼を受け入れてるのがわかります。
男が喜ぶツボを的確に突いてくるのもプロらしいです。

「……はいはい。そんなに好き好き言っていただけて、わたくしも光栄です。本当に光栄です。ええ。本当に」
2番目のパイズリパートは彼の絶倫具合と彼女の面倒見の良さが際立ってます。
午前中の打ち合わせが終わったらすぐさま彼女を呼んでおねだりし
彼女もほぼふたつ返事で応じておちんちんを胸と口で慰めます。
彼のあしらい方もスムーズでこれが2人にとっての日常なのだとわかります。

続く3パート56分間はより踏み込んだプレイに移ります。
「3.『この状況が本当に大丈夫だと思われますか?』(約15分)」は立ちバックSEX
「4.『ご要望は単刀直入にお願いいたします』(約21分)」は耳舐め+足コキ
「5.『一応、夜伽に参りましたが、まだおまんこしたいのですか?』(約20分)」は対面座位SEXを楽しみます。

「ご主人様のおちんぽを、メイドが足蹴にする、なんて……本来は、ありえないことですが。〝しっかり目覚ましをしたい〟とのご要望でしたので」
この中で一番個性的なのは4番目の耳舐め足コキ。
お昼を食べて眠くなってる彼を起こす意味合いを込めてやや意地悪なプレイをします。
普段彼に好き放題されてるからでしょうけど
おちんちんを足蹴にできて少し満足してるように映りました。
パートの終盤には軽い言葉責めも出てきますし、ここだけはややMあたりの属性になってます。

「好き…… 好きです、ご主人様…… わたくしは、ご主人様のことが、大好き…… 好き、好き、好き、好き、好き、好き、好き……」
逆に最も甘いのは最後の対面座位SEX。
彼のリクエストを受けて繋がりながら「好き」と何度も言います。
ベロチューも挟んできますからプレイだけを見れば恋人同士に近いです。
でも彼女の心が決してこちらを向いてないところに切なさを感じました。
近くて遠いこの特殊な距離感が本作品の魅力だと思います。

このように、主従関係を維持したまま濃いめのプレイをする割と独特なエッチが繰り広げられてます。
甘さ半分、冷たさ半分の作品
相反する要素を敢えて合体させたチャレンジ精神のある作品です。

メイドは自宅で色んな仕事を頑張ってる主人公の心と体を元気にしようと
家事や料理をこなしながらおちんちんの相手もして毎回気持ちよく射精させます。
そしてしっかりご奉仕する一方で好意はないことをはっきり伝えて一定の距離を取ります。

クールで仕事熱心なメイドが性欲旺盛なご主人様と色んなエッチをする定番のシチュ
ベロチュー、生ハメ、中出し、精飲など男が喜ぶことをガンガンやる手厚いエッチ
でも好意や愛情はまったくないことを適度に伝える彼女の割り切ったキャラ。
サークルさんの過去作よりも事務的成分を強化した作品に仕上がってます。

「ありがとうございます。素敵なご主人様に〝好き〟と言っていただけて、わたくし、とても嬉しいです。いえ。結婚はしませんが」
中でも3番目はセリフでストレートに伝えてくるのでちょっぴり寂しい感覚がします。
彼女はメイドとしての役割はきっちり果たし、それ以上のものは求めません。
ですが彼を嫌ってる様子も特にないので彼女なりに考えてる段階のように思えます。

彼がもっと性的に大人しく、分別のある男になれば状況は変わるのかもしれませんね。
現時点ではご主人様とメイドの立ち位置を維持する形になってます。
エッチはSEXパートを3つ用意し、さらに淫語責めを小まめにやる割と王道の内容です。

射精シーンは5回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

おまけは「あまあまベロチューすればよろしいですか?」です。

CV:こやまはるさん
総時間 2:03:34(本編…1:56:18 おまけ…7:16)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月10日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「へーどねー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、男を弄ぶのが得意なテニス部の後輩が
負け癖がつきはじめてる先輩をエッチな手段でさらにわからせます。

2人が同時に話しながら乳首責めを重点的にやるのが特徴で
「かりかり」「こりこり」といった掛け声とソフトな言葉責めを分担してやったり
終盤は負けを食い止める役と追い込む役に分かれて気分よく射精できない状況を作るなど
短時間でも満足できるように密度や内容にこだわったリードをします。
コートの使用権を賭けた気持ちいい戦い
テニス部の後輩2人に乳首責めされるお話。

「あーっ やっと来た」
左の子は明るくて可愛い声の女の子。
「先輩 私たちが呼んだ時は 早く来るようにって言いましたよね?」
右の子は穏やかな声の女の子。
テニス部の女子部室に主人公を呼び出すと
月曜日から木曜日までコートを女子が使わせてもらうと言います。

本作品は態度は穏やかだけど性格はそれなりにSな女子部員が
彼を相手におよそ10分間のエッチな勝負をして気持ちよく負かします。
彼はコートを使う時間を決められるようですから部長あたりの立場なのでしょう。
重要人物を言いなりにして自分たちが練習しやすい環境を作ります。
本レビューにおける右、左は挿し絵ではなく声の位置のことを表します。

右「はぁ あれは追い詰められてたせいで 本位じゃないだなんて あんなにどぴゅどぴゅ精液漏らしてた人がよく言えますね」
後輩らしく丁寧語で話しながら前回彼があっさり負けたことを話したり
今回彼が負けた場合はさらなるペナルティを課すことを約束させるなど
最初から勝利を確信した様子で主導権を握ります。
今回のエッチは最初の時点で勝敗は決しており、もう勝てないことを彼に認めさせるために行います。

そしてエッチは2人いる状況を活かして個性的かつ濃いプレイを繰り出します。
左右の乳首を指でいじりながら言葉責めするシーンが多く
片方は掛け声、もう片方はセリフを担当して心身をバランスよく盛り上げます。

途中で金玉を揉むシーンがある以外はほぼずっと乳首だけを責め続けます。
開発済みの人は声に合わせていじれば気持ちよくなれるでしょう。
ただし、おちんちんにはほとんど刺激を与えないので射精する場合は一緒にしごいたほうがいいです。
言葉と行為で追い込むエッチ
エッチシーンは8分間。
プレイは乳首責め、玉揉み、カウントによる射精です。
乳首責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

右「じゃあ いつもみたいに服 脱いでもらえますか?」
ゲームの結果による取り決めを主人公と交わした後輩たちは
ズボンとパンツを脱いでもらってから左右の乳首をゆっくり撫で始めます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
前半の4分間はソフトに責めて彼を興奮させるシーン。
「さわさわ」と言いながら体を密着させておちんちんを元気にします。

左「ほら見て? 私たちの太もも スカートから見えてるだけなのに エッチだよね?」
2人は過去に彼を負かしたことがあるので弱点をよく心得てます。
むちむちのおっぱいや太ももを押し付けて誘惑したり
指に唾液をまぶしてから責めて粘性のある水音を鳴らします。

露骨に見下すことはないので凹んだりはしないでしょうけど
「彼女たちには勝てない」という感覚を抱く人は結構いると思います。
初心なM男の弱点を的確に突く容赦のない責めをしてくれます。

ちなみにエッチ開始から少し経つと2人が同時にしゃべるようになります。
掛け声+言葉責めが中心なのでそれほど聴きにくくなるわけではありません。
時間が短いハンデを密度の高さで補おうとします。

後半の4分間は射精に向けて一気に追い込みます。
右の子は負ける快感を煽る、左の子は射精の我慢を応援するセリフを同時に投げかけ
さらにカウントも数えて気持ちいい負け射精を味わわせます。
乳首責めも「かりかり」「もみもみ」「こりこり」と種類が一気に増えます。

左「ほら こうやってかりかりされても 耐えなきゃダメ」
右「乳首かりかりされて負けちゃう 可愛い女の子に負けて マゾ精子ぴゅっぴゅしたい」
これも2人が同時にしゃべるスタイルを活かした責めと言えるでしょう。
あっさり負けるよりも我慢してからそうなったほうが精神的に盛り上がります。
射精感を強めることにも繋がりますし、彼に負け癖を植え付けるエッチの目的に相応しい内容です。

さすがに射精まではできませんでしたが
ほぼ時間いっぱい乳首をいじれてそれなりの満足感が得られました。
この内容なら乳首を既に開発してる人向けかなと。

このように、乳首責めと言葉責めを組み合わせた濃いめのエッチが繰り広げられてます。
手軽に負けられる作品
仕事などで忙しい人でもサクッと負けが味わえる使い勝手のいい作品です。

後輩たちはテニスコートを女子部員がたっぷり使える状況にしようと
その権限を持つ主人公を乳首責めと言葉責めで骨抜きにします。
そしてエッチは2人で役割分担したり正反対のセリフを言って負ける快感を膨らませます。

男を負かすのが得意な後輩がMな先輩を乳首責めで弄ぶシチュ
責める部位をほぼ乳首に絞り込み、掛け声を出しながら言葉責めもする複数人プレイ。
乳首好きなサークルさんの特徴を出したうえで興奮できるように組み立ててます。

たった11分で物語を完結させてるのも素晴らしいです。
今の音声は同人を中心に2時間3時間が当たり前の状況になっており
忙しい人や手軽に楽しみたい人には手を出せる作品が減ってます。
でもこれなら寝る前のちょっとした時間でMの欲求を補充できます。
短くまとめる能力も私は結構重要だと思います。

射精を目指す場合はおちんちんも一緒にしごく必要がありますけど
乳首責めのリード、言葉責めいずれも高い品質を持ってます。

射精シーンは1回。
淫語とくちゅ音そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

おまけはエッチシーンを抜粋した動画ファイルです。

CV:こやまはるさん、砂糖しおさん
総時間 17:42(本編…11:01 おまけ動画…6:41)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月20日まで10%OFFの297円で販売されてます。



サークル「シルトクレーテ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や態度は穏やかだけど性格は割とSな女の子が
ドMな彼氏に個性的なエッチをプレゼントします。

甘い雰囲気でハードなプレイをする恋人らしいエッチが行われており
前半は緩めに手コキしながら寸止めを繰り返す
後半は休憩を挟んでかなりの回数ルーインドオーガズムを繰り返す、といった具合に
Mな人が喜ぶ責めをガンガンやりながら囁き声で語りかけたりキスして愛情を注ぎます。
年下彼女がするハードなご奉仕
彼女が手コキで何度もルーインドオーガズムさせるお話。

「ねぇね ねぇってば 寝ちゃうの?」
彼女は明るくて穏やかな声の女の子。
これから寝ようとしてる主人公にエッチを持ち掛けると
SEXしない代わりに新しいプレイで気持ちよくします。

本作品は性癖はほぼ正反対だけど深く愛し合ってる男女が
寝る前におよそ80分間の変わったエッチを楽しみます。
十分に仲がいい状態からスタートするので前置きは3分程度に短くまとめ
その後はほとんどの時間をエッチに割いてゆっくりじっくり気持ちよくします。

年下彼女の亀頭可愛がり拘束ストッキング責め」の続編にあたりますが
私はまだ聴いたことがないので詳細はわかりません。
ストーリー性はほとんどなく今作からでも違和感なく聴けました。

「はい 楽にして いじめてあげるときは やっぱり抵抗できない状態のが 萌えるよねー」
最大の魅力は雰囲気とプレイに大きなギャップがあること。
エッチの開始直後に体を拘束したり長めの寸止めをする結構意地悪なプレイをしますが
彼女は終始穏やかな態度で彼の表情や反応を見ながら責め続けます。
要所で口に出しておねだりさせるのも、彼が自分の意志で受け入れられるようにするための工夫です。

囁き声で話すシーンが結構あったり、キスを小まめに挟むなど
2人が恋人なことを聴き手に印象付ける要素が至るところにあります。

愛情表現の一環としていじめられるので、ある程度のM性を持ってる人にはむしろご褒美に感じるでしょう。
彼女も彼が本気で嫌がることはやらないようにしてて思いやりに満ちてます。

ただし、体への責めはとてつもなくハードです。
前半はゆっくりしごきながら寸止めを何度もやって射精寸前の状況まで持っていきますし
後半はルーインドオーガズムを主軸に置いてかなりの回数繰り返します。

ルーインドオーガズムは射精の直前や始まった瞬間に手を離して精液を甘出しする行為にあたり
通常よりも精液を勢いよく出せない代わりに賢者タイムを回避できます。
普通の射精だと2~3回が限界ですけどルーインドオーガズムならさらに多くの回数も可能です。
ただし体力は消耗しますからやり過ぎにはくれぐれもご注意ください。

Sな彼女が穏やかな態度でMな恋人をいじめるシチュと体への負荷が高いエッチ。
2人の関係を大事にしながらドM向けのプレイをする実用性重視の独特な作品です。
愛を込めていじめるエッチ
エッチシーンは4パート69分間。
プレイは体の拘束、手コキ、キス、耳舐め、フェラです。
体の拘束、手コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「まずは イキそうになるまで気持ちよくさせないといけないから いつもみたいに普通に手でしてあげるね」
主人公にルーインドオーガズムの話をして同意を得た後
彼女は彼をベッドに拘束してから耳舐めでおちんちんを元気にします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の「2_精液熟成手コキ(約27分)」はルーインドオーガズムに向けて準備するパート。
右耳舐めから入り少し後には手コキを加え、さらにキスもしながら寸止めを繰り返します。

「気持ちいい時は ちゃんと気持ちいいですって言わなきゃだめだよ?」
そして彼女は普段通りの穏やかな声と態度で丁寧にしごき続けます。
まだ射精する段階じゃないのでペースは標準程度に抑え
気持ちいいことを口に出したりおねだりを要求して彼の心を前向きにします。

寸止めが始まるのもパート後半からなのでそれほど激しいわけではありません。
射精しないように手加減しますし、彼女の優しい部分が色濃く出てます。
言う通りにしたらちゃんと褒めてくれるなど飴と鞭を上手に使い分けてました。

ほとんどのシーンで手コキするためオナサポではありませんが
シーンによって手コキ音のペースを変えて聴き手がオナニーしやすいようにリードします。
ルーインドオーガズムも毎回カウントを数えてタイミングをわかりやすく教えてくれます。

次の「3_ルーインド手コキ(約38分)」は天国から地獄に突き落とされるパート。
先ほどとは方針を大きく変え、2~3分程度の短い間隔で射精の合図を出します。

「お漏らしできる間は この遊びずーっと続くから」
本作品のルーインドオーガズムは金玉の中を文字通り空にすることを目標にしてます。
そのため時間に対する射精回数が非常に多く、ガチでやると体力を相当に消耗します。
ルーインドオーガズムはやるのに慣れがいりますから、初回はできる範囲でついていくのが良いでしょう。
それでも2~3回はできるので連続射精気分を十分に味わえます。

プレイがハードになっても彼女の声や態度はまったく変わりません。
1回1回丁寧にリードしながら精液をその都度舐めて愛情を示します。
この優しさ、温かさがやりやすさに良い影響を与えてると思います。
いじめじゃなくサービスであることをはっきり伝えて2人の仲の良さを表現します。

実際にやってみたところかなりきつかったです。
予想よりも射精シーンがずっと多くて視聴後はしばらく動けませんでした。
でも苦しみよりも達成感や満足感のほうがずっと強かったのでやって良かったと思います。
彼女が心のケアに力を入れてたのが影響してるのでしょう。

このように、前半と後半でほぼ真逆の責めをするM度の高いエッチが繰り広げられてます。
変わった純愛作品
深く愛し合ってる男女が珍しいプレイに挑戦する作品です。

彼女はMな主人公の欲望を満たしつつ自分も一緒に楽しもうと
両手をベッドに拘束してからまずはゆっくりめの手コキで射精寸前まで追い込みます。
そしてその後は何度もルーインドオーガズムさせて精液を一滴残らず搾り取ります。

声や態度は優しいけど性格はSな彼女がMな彼氏を変わった手段でもてなす恋人らしいシチュ
全編を通じて手コキしながら前半は寸止め、後半はルーインドオーガズムをする落差の大きいエッチ
ハードなプレイを彼女の優しさや愛情で和らげようとする演出。
調教や拷問ではなく愛情表現として成り立つように作品を組み立ててます。

「これは 愛のあるいじめなんだから ほんとに嫌がることはしないよ」
中でも3番目は彼女が彼のためにこういうプレイをしてることを至るところで伝えます。
囁き声やキスシーンが多いのも相まって、ドM向けの内容なのに甘さもそれなりに感じました。
ルーインドオーガズムでも射精回数がものすごく多ければ途中で萎える人も出てくるでしょうから
最後までやり遂げる気力や、やりきった時の満足感を与えるのはとても重要だと思います。

エッチは生半可な気持ちで聴いたらたぶん痛い目を見ます。
繰り返し言いますが全部を無理にやろうとせず、できる限りでやってみることをおすすめします。
射精までの盛り上げ方や追い込み方が上手でスムーズに甘出しできました。
最後は普通の射精をさせてくれるので消化不良になることはないです。

射精シーンは○○回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:こやまはるさん
総時間 1:26:31(本編…1:19:54 フリートーク…6:37)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年6月22日まで10%OFFの1089円で販売されてます。



サークル「ライオクライオ」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、しゃべり方は乱暴だけど性格はとっても可愛い女の子が
自宅や学校内で彼氏と恥ずかしくてややハードなエッチをします。

普段は強気な彼女がエッチで情けない姿を晒すギャップが一番の魅力で
開始前は余裕たっぷりな表情で彼を挑発してたのが
おまんこを責められるとすぐさま潮を吹き「イキましたぁ」と敗北宣言します。
彼女の乱れる姿をたっぷり聴けるのでオカズとしての実用性も高めです。
勝気な彼女の弱点は…
恋人のナツキと5種類のエッチをするお話。

「おっ よしっ っしゃぁざまぁ 勝てる 勝てる勝てる」
ナツキは男っぽいしゃべり方をするトーンの低い声の女の子。
主人公とのゲームに負けて軽く文句を言うと、今度はエッチなゲームで勝負を挑みます。

本作品は口調は乱暴だけど内面は結構繊細な彼女が
現在付き合ってる彼とおよそ100分に渡って色んなエッチをします。
彼女は普段強気に振舞ってますが、おまんこがものすごく弱いという弱点を持っており
彼に責められるとイメージとは随分違う乙女な姿を晒します。

「もうチンポやばいな だいじょぶか? まぁ お前のチンポは 雑魚チンポだもんな」
「負けました 負けました 負けましたぁ」

自分が責めてる時は彼のおちんちんを雑魚呼ばわりしますけど
逆に責められた時は敗北宣言をしながら潮を何度も吹きます。
彼女の弱さをわかりやすく表現するためでしょうが、作中で潮吹きするシーンが非常に多いです。

サークルさんもおっしゃられてる通りギャップ萌えを強く意識したエッチをします。
恋人にだけ見せるもうひとつの顔がエロさ高めに描かれててイチャラブ感が強いです。
「好き」などの言葉ではなく態度や反応で愛情を示します。

エッチについては彼女の二面性を出すために交互に責め合うスタイルを取ります。
彼女は負けず嫌いな性格をしてるので完全な受け身になることはありません。
イかされたらお返しをしようと果敢に挑戦し、返り討ちに遭います。
これだけ弱いおまんこを持ってるのに全然諦めないところも彼女の魅力と言えます。

またプレイに臨場感を出すために色んな効果音を入れてます。
手コキやSEXといった他の作品でも鳴るものはもちろん
ローターを起動する音や潮吹きの音まで入っててなかなか凝ってます。

ライオクライオさんが音声作品を出すのが今回が初めてですけど
中の人は「ウラオモテ」という別サークルも運営されており
そちらで既に2本出してますから完全な新規ではありません。
キャラ、ストーリー、プレイ、音など各要素が丁寧に作られてて安定感があります。

2番目のパートまではCi-enで無料公開されてるので
とりあえずそちらを試しに聴いてみて、続きに興味が湧いたら買うのが良いと思います。
ギャップを活かしたエッチ
エッチシーンは5パート87分間。
プレイは手コキ、フェラ、耳舐め、キス、手マン、潮吹き、ローター責め、パイズリ、クンニ、足コキ、SEX(正常位、立ちバック、対面座位)、ナツキのオナニー、乳首を摘まむです。
手コキ、手マン、潮吹き、ローター責め、パイズリ、足コキ、SEX、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「どうした? 引っかいてるだけだぜ?」
ゲームでは勝てないと判断しエッチで勝負することに決めたナツキは
早速主人公に密着してズボン越しにおちんちんを優しく責めます。

エッチは彼が責める時間を多めに用意したうえで彼女も責め返します。
最初の2パート26分間は彼女の特徴や2人の関係を描きながらイチャイチャするシーン。
「01.ボーイッシュ彼女と手コキ我慢対決(約15分)」は自宅で手コキ、フェラ、耳舐め、手マン
「02.学校でこっそりフェラwithリモコンローター(約11分)」は屋上手前の踊り場で
ローター責め、フェラ、パイズリをして1回ずつ射精します。

「へぇ 耐えるんだ ただいま 休憩はさせねぇから シコシコ シコシコシコ」
彼女は「家デートする時は毎回エッチしてる」と言ってるので
たぶん2人は過去に何度もエッチしてるのでしょう。
序盤から慣れた様子でおちんちんをしごいたりフェラして有利な状況を作ります。
男っぽい口調も相まってここでの彼女は強そうな女性に見えます。

しかし彼が手マンを始めたら状況は一変します。
責められてから1分30秒後にはもう絶頂を迎え、潮を吹きながら降参する弱い姿を晒します。
01パートは本作品の売りであるギャップを非常にわかりやすく表現してました。
本当にびっくりするほど弱いので彼女が愛らしく感じます。
喘ぎ声は音量大きめですが無理にアヘらせず普通の声を漏らしてました。

「ダメっ 止めて イって あっ イってるから 止めて 止めて」
02パートは彼が先に責めて彼女が反撃する真逆のスタイル。
ローターのスイッチが入るたびにエロ可愛い声を漏らして止めてくれるよう懇願し
イかされた後はGカップのおっぱいで挟み込んで一緒の絶頂を目指します。
誰かが来るかもしれないスリルは特に煽らず普通に責め合ってました。
事後にキスで余韻を楽しむあたりに恋人らしさが出ています。

続く3パート61分間はSEX中心。
「03.びしょびしょ初えっち(約16分)」は正常位
「04.鏡の前で恥じらい潮吹き、低音甘イキえっち(約22分)」は立ちバック
「05.純情乙女とお泊り生えっち(約23分)」は対面座位と正常位で繋がりお互いに何度もイキます。

「あぁっ やばぁ チンポ抜くのやばぁ 潮吹き 止まんな…あっ もうダメっ」
03パートは2人が初めてSEXするシーンなので事前の準備に力を入れてます。
クンニで1回イかせてから手マンもしておまんこを十分にほぐし
それから正常位でゆっくりピストンする優しい責めっぷりです。
でも彼女が絶頂する回数は多く、おまんこの弱さをエロくわかりやすく表現してます。

彼女がストップをかけたらきちんとピストンを止めますし
彼女も精液を顔で受け止めて惜しみない愛情を示します。
最初の2パートは2人が勝負する感じでしたけど、ここからは心の繋がりも感じます。

「えっと チンポ 入れて欲しいにゃぁ」
彼女の可愛さが最もよく出てるのは04パート。
挿し絵のように猫耳カチューシャを頭に被り、語尾に「にゃ」をつけて話します。
部屋にある大きな鏡に映った自分の痴態を見て恥ずかしがるなど
女の子らしさをいくつも見せてくれてすごく魅力的でした。

彼女がそういう姿を見せられるのは彼のことを相当に信頼してるからだと思います。
このパートだけで5回も潮を吹きますし、序盤よりもずっと素直になってて甘いです。
終始ギャップ萌えだと内容が単調になりますから
好きな人へ健気に尽くすところも見せてキャラに深みを出してます。

このように、強気に振舞う女の子が弱々しく乱れまくる落差の大きいエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視のイチャラブ作品
恋人の普段の顔と好きな人にだけ見せる顔を対比させてるノーマル~ややS向けの作品です。

ナツキはゲームに負けた悔しさを他の手段で晴らそうと
自分からエッチなゲームを持ち掛けて耳やおちんちんを丁寧に責め続けます。
しかし彼が反撃に出るとすぐさま弱気になり潮吹き絶頂を何度もします。

かっこよさそうに見えて可愛いところもある女の子が恋人とたっぷりエッチする王道のシチュ
責めてる時と責められてる時で彼女の様子を大きく変えてギャップ萌えさせる演出
おまんこが弱い彼女の特徴が出るように絶頂シーンを多く設けたエロさ高めのエッチ。
2人の関係を大事にしながら彼女らしさが出るように作品を組み立ててます。

中でも2番目はサークルさんが最も強調されてる要素なだけあって
彼女の魅力を出す意味とエロさを上げる意味の両方で上手く機能してます。
こういうキャラだと相手をM男にして終始責めさせることが多いのに
本作品では敢えて致命的な弱点を設けて逆転させた時の様子を劇的に描いてます。

挿入しただけでイク、1回ピストンしただけでイクなど
ものすごく弱いキャラに描かれてて、それが彼女を愛おしい存在に感じさせてくれます。
完全な受け身にならず反撃するのも、彼に楽しんで欲しいという優しさの表れなのかもしれません。
彼のために可愛く振る舞うシーンもありますし、すごく献身的な女性に映りました。

…といった感じで色んな魅力を秘めてるわけですが
実はこの作品、音声を最後まで聴かなければわからない秘密があります。
それが何か予想しながら聴いてみるのも面白いんじゃないかなと。
わかる前と後で本作品に対する印象が多少変わると思います。

絶頂シーンは主人公6回、ナツキ22回。
くちゅ音と喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音それなりです。

CV:こやまはるさん
総時間 1:49:40(本編…1:44:02 フリートーク…5:38)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月24日まで20%OFFの880円で販売されてます。



サークル「ろんりーわん」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、オナホ係と呼ばれる制度がある学校を舞台に
ギャルJKがクラスメイトの男子に求められて甘いエッチをします。

物語が進むほど彼女が彼に惚れ込んでいくのが最大の特徴で
序盤は名前も覚えてないくらい疎遠な関係だったのが
何度も体を重ねるうちに少しずつ情が移り、最後は自分から告白するほどのデレっぷりを見せます。
2番目以降のパートはすぐさまエッチを始める抜き重視の作りも魅力です。
ノリが軽くて純情なギャルと
クラスメイトの早瀬エリと学校内や自宅でエッチするお話。

「ん…むにゃ…。ん~ふわぁ~~ あ~~、やばーめっちゃ寝た~」
エリは砕けた口調で話す明るい声の女の子。
ある日の放課後、居眠りから目覚めたところで目の前にいた主人公に要件を尋ねると
自分がオナホ係だったことを思い出し早速その場で相手します。

本作品はギャルのイメージにぴったりなノリの軽い彼女が
彼を相手におよそ90分間のエッチをして親睦を深めます。
この学校には交代制で女子が男子の性欲処理をする制度があり、今回は彼女が当番に選ばれました。
だから前置きは短く済ませて早速SEXを始めます。

「あ、それでどこ使いたいの? どこでもいいよ。オナホ係だからね~。あたしの身体好きなとこ使っていいよ」
彼女はギャル、彼はオタクとまったく属性の違う2人ですが
別段嫌がる様子もなくふたつ返事でおまんこを差し出します。
そしてプレイ中は彼やおちんちんをしきりに褒めて心のほうもぽかぽかにします。

係の仕事でも事務的なところは一切なく終始穏やかに接してました。
また各パートには「惚れられレベル」と呼ばれる彼女の心情を表すパラメータがありまして
後になるほどその数値が上がり、それに合わせて彼女の態度も徐々に変わります。
終盤は恋人同士に近い雰囲気になりますからほぼノーマル向けです。

エッチは彼女がオナホ代わりになるためSEXが充実してます。
5パート中4パートがSEXメインで、うち3パートが開始から10秒後には早速エッチを始めます。
プレイ中に彼女の魅力を引き出す感じで作られてるので展開がスムーズです。
キスも小まめに挟んできますし、イチャラブ感を出しながら抜けるように組み立ててます。
心の距離がわかるエッチ
エッチシーンは5パート77分間。
プレイはSEX(対面位、対面立位、立ちバック、正常位)、ペッキーゲーム、キス、フェラ、飲尿、耳舐めです。
SEX、放尿の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「あたし元々濡れやすいから、大丈夫♪ うん、ちんぽ入れちゃっていいよ♪」
軽い雑談をして主人公が自分とエッチしたがってることを理解したエリは
教室の椅子に座って股を開き彼のおちんちんを迎え入れます。

エッチはパートによって責め手を変えながら進めます。
最初の2パート21分間は彼女がオナホ係の仕事に励むシーン。
「1.初めての放課後オナホ係(約11分)」は教室で対面位
「2.10分休みお手軽エッチ(約10分)」は体育館裏で対面立位と体勢を変えてSEXします。

「ちょっと自信がないとこがネックかな~。それはそれで、可愛いけどね♪」
冒頭で彼の名前を確認してるところを見ると2人はほぼ他人同士の関係なのでしょう。
でも彼女は嫌な顔ひとつせずSEXを受け入れるし、彼のことをしきりに褒めて元気にします。
自覚があるかはわかりませんけど、思春期の男子が言われたら勘違いしそうなセリフばかりです。
1番目のパート中盤にはペッキーゲーム(ポッキーの両端を食べ合ってキスする)までやったりと
序盤から親しげな態度を見せて穏やかな雰囲気を作ります。

この後のパートも含めて会話量が多いので喘ぎ声はあまり漏らしませんが
彼を持ち上げたり彼女の心情を語るセリフが充実してて甘さが引き立ってます。
キスもちゅぱちゅぱするソフトなやつではなく、割とディープな音を鳴らしてました。

「ん…こんなあたしみたいなギャルがさ、オナホ係とはいえ、誰かの安心になってるなら…嬉しいじゃん?」
2番目のパートは少し後のお話にあたるので彼女も友達あたりの距離感で接します。
休み時間のたびに体を求めてくる彼の精力を褒めたり
自分が誰かの役に立ってることを喜ぶなど、ポジティブな要素が多く込められてて明るいプレイになってます。
SEXするところはどちらも一緒ですけど、セリフの内容にそれなりの違いがあって
彼女の心が少しずつ変化してるのを掴みやすいです。

続く3パート56分間はその部分が顕著に出てきます。
「3.体育抜け出し立ちバック(約18分)」は授業中に体育倉庫で立ちバックSEX
「4.下校時間 嫉妬フェラ(約18分)」は屋上へ続く階段の踊り場でフェラと飲尿
「5.最終日 告白ラブおまんこ(約20分)」は彼女の家に招待されて正常位SEXをします。

「オナホ係のあたしの方からは、こういのはあんましちゃダメだと思うけど。ん…でもさ、身体はあたしに寄りかかってきて体温感じてさ、ちんぽもあたしのまんこの温度味わってたら、上でも体温感じたいかなって…」
3番目のパートはセリフよりも行為に彼女のデレを感じます。
今まではオナホ係として終始受け身に徹してたのが、ここで初めて彼女のほうからキスをします。
上のセリフからも彼女が彼のために何かしたいと思ってるのがわかります。
本当に小さな変化ですけど、2人が新しい関係へと前進する大きな一歩と言えます。

またここからはキスの割合がさらに増えます。
本作品は全編を通じてキス多めなのですが、3番目と5番目は一際多いです。
このへんも惚れられレベルの上昇に合わせたのではないかなと。

「いいじゃん、しおりん。結構お似合いだったと思うし。じゅる 告ったら…すぐカップルになれるかもよ」
4番目は本作品で唯一SEXしないパート。
オナホ係の当番をそろそろ終えようとしてる時期に彼女が彼の本心を確認します。
彼女は当番が終わった後もこの関係を続けたいと思ってるようですが
彼も同じ考えかどうかはわかりません。
そこでフェラしながら軽く挑発するようなことを言って反応を見ます。

彼女は割と自分の気持ちを出してるのに、彼が煮え切らない態度を取るからこうなった感じです。
でも精液はちゃんと口で受け止めますし、その直後に彼のおしっこまで飲んであげます。
恋人同士でも普通できないことをやるのは大きな愛情表現と言えるでしょう。

そうやって色んなものを積み重ねてきた後、5番目のパートでようやく2人が結ばれます。
軽くキスしてから彼女の家に移動し、ベッドの上で繋がりながらお互いの気持ちを確かめます。

「ふふ、好きだよ。好き 君のこと、好き…。んっんっ…あっ」
これまで一度も言わなかった愛の言葉を初めて解禁し
熱いキスを交わしながらピストンを続ける姿はまさに恋人同士です。
彼女の心情描写を厚めに描いてるおかげで、彼女が幸福感に浸ってるのがしっかり伝わってきます。
キスの多さ、愛の言葉、彼女の姿と甘い要素をいくつも組み合わせて幸せな射精をプレゼントします。
純粋なエロさも最も高く、本作品の最後を飾るに相応しいプレイと言えます。

このように、他人→友達→恋人と2人関係を変化させながらSEXするキャラ重視のエッチが繰り広げられてます。
流れのあるイチャラブ作品
クラスメイトのギャルと変わった経緯で仲良くなる様子をエロさ&甘さ高めに描いてる作品です。

エリはクラスで唯一自分の体を求めてきた主人公の期待に応えようと
ギャルらしい軽いノリと明るい態度で彼のピストンを応援します。
そして中盤以降は自分からお世話したい気持ちが芽生え
最後は恋人になって今までよりも深くて幸せなSEXを楽しみます。

遊んでるように見えて割と純情なギャルがクラスメイトの男子とエッチしまくるシチュ
多くのパートをキスとSEXメインにし、さらに余計な前置きを極力省いて行う抜きを意識した作り
後になるほど彼女が彼に本気で惚れ込む展開。
体→心の順に距離を縮めていく通常の恋愛とは真逆の流れで作品を組み立ててます。

中でも3番目は本作品を最も特徴づける要素なので一際力を入れてます。
最初は彼を気遣いながら明るく相手してたのが
中盤以降は「彼と」エッチすることに特別な感情を抱き始めます。
そして終盤は自分の気持ちをストレートに叩きつけて彼を独占しようとします。

セリフの方向性が彼を褒める→彼女の内面へとシフトするのがすごく面白いなと。
4番目のパート以降は彼女が何を思い、感じてるかを綿密に描いて惚れてることを表現します。
彼女がそうなる理由にも触れられてますからストーリーもしっかりしてます。

エッチシーンが総時間の88%もあるので十分抜きにも使えますけど
所謂ガチエロ系ではなく、キャラやストーリーといった他の要素も合わせて楽しむ作りになってます。
SEX中に喘ぎ声よりも会話やキスを優先してるのが良い例です。
最終パートは幸福感や満足感に浸りながら抜けるので特に実用性が高いです。

射精シーンは5回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:こやまはるさん
総時間 1:27:58

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月1日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「Crescendo」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、お菓子作りを趣味にしてる可愛い店員さんが
顔馴染みの客に自分の名前がついた特別コースを提供します。

多くのシーンで泡の音を鳴らしながら動きを小まめに変える音重視の作りが魅力で
顔のマッサージ、髭剃り、頭皮マッサージ、シャンプー、アロマボールなど
パートごとに異なるサービスを用意し、それらすべてに泡を絡めてたっぷり癒します。
柔らかさを感じる音が多いですから眠くなる人が続出するでしょう。
色んな泡で癒しをお届け
ヒーリングサロンシエルの店員「黒瀬ひな」からサービスを受けるお話。

「いらっしゃいませ ヒーリングサロンシエルへようこそ」
ひなは甘く可愛い声の女の子。
来店した主人公を嬉しそうに迎えると
書類に必要事項を書いてもらってから施術室へ案内します。

本作品は2018年から続いてるサークルさんの人気シリーズ第6弾。
癒しのサービスはもちろん、お菓子作りや裁縫も得意としてる彼女が
以前からお店を何度も利用してる彼をおよそ150分に渡って癒します。
今回は「癒しのひなコース」という名前なだけあって独自要素が色々盛り込まれてます。
ストーリー性はほとんどないので過去作未視聴でもまったく問題ありません。

「普段はオイルマッサージがメインですが 私のコースでは メレンゲのような特製の泡を使ってマッサージします」
その最もわかりやすい例が泡を使うシーンが多いこと。
シェービングクリームによる髭剃り、泡を使った頭皮マッサージ
シャンプー、アロマボールなどパートごとに違うサービスをしながら泡音をたっぷり鳴らします。
それぞれで使ってる素材が違うので音の質感が多少違いますし
動きについても肩から上の全体を目まぐるしく動いて丁寧にケアします。

序盤から中盤にかけては泡づくしにして終盤は乾燥系の音に切り替えてました。
施術パートはどれも20分以上あるおかげで癒しの音を存分に楽しめます。
耳かき棒などの硬い音はほとんど出てきませんから、実際に聴くとまろやかに感じるでしょう。

シリーズの特徴もしっかり受け継がれてます。
サービス開始後はその様子を実況する以外のセリフをほとんど取り除き
効果音だけが流れる時間を長く取って静かな空間を作ります。

雑談もほとんどしませんからかなりASMR色の強い内容と言えます。
質感も非常にリアルで疲れてる人が聴いたらそのまま眠ってしまうほど癒しのパワーが強いです。

「頭皮の汚れた落ちたら 今度は ぐっ ぐっ ぐっと 力を入れて マッサージ 血行がよくなりますよ」
また実況のセリフは擬声語を多めに盛り込んで柔らかさを出してます。
本作品は泡を使ったサービスが売りですから
サークルさんもセリフの表現をそれに合うように工夫されたのだと思います。
彼女の甘い声との親和性が高く、音とは別の方向から癒しを与えてくれます。
質量共に優れたサービス
受付や着替えといった準備を終えた後から始まる2パート46分間は泡を使ったマッサージ。
「02マッサージ・シェービング(約22分)」は顔を一通り揉みほぐしてから髭を剃り
「03泡で頭皮マッサージ・叩く(約24分)」は頭部全体を撫でたり擦ったりして血行を良くします。

「頬を撫でるように 優しく すっ すっと」
そして開始後はリアルな音と実況のセリフを組み合わせて臨場感を出します。
音だけで十分伝わるシーンはできるだけ話さないようにし
わかりにくいところややることを切り替える時は話しかけてスムーズに進めます。
自分の名前がついたコースをやるので彼女もきっと張り切ってるのでしょう。
専門店ですが事務的感はまったくなく楽しそうな表情でお世話します。

音については元々レベルの高いサークルさんなだけあって非常に優れてます。
例えば02パートは手にクリームを噴射してから若干ざらつきのある水音を頬のあたりで鳴らし
蒸しタオルを顔に乗せて髭を柔らかくします。
それから「ぶぅぅぅん」というトーンが低く小刻みな振動音を鳴らしながら電動シェーバーを動かします。
左右の頬、眉、鼻の下、耳と小まめに移動してました。
シェーバーは振動が伝わってきて軽くマッサージされてる感覚がします。

撫でたり揉むといったそれほど派手じゃない動きが中心だからこそ
その位置、動かし方、リズムといった細かい部分にこだわって作られてます。

20分かけて髭剃りする音声作品もなかなかお目にかかれません。
最初のパートだけでも本作品の良さがしっかり出てると思います。

03パートは音の位置が先ほどよりも上のほうに移り
ムースのような泡音を色んなところで鳴らします。
頭皮マッサージと言えば「ジョリジョリ」とざらつきのある音を使うことが多いので
こういう滑らかな音で表現するのは割と珍しいです。
途中で一度泡を足すシーンもあったりしてリアルに感じました。

中盤の2パート57分間は王道と変わり種を組み合わせてるシーン。
「04シャンプー・トリートメント・ふわふわタオル(約33分)」はシャンプーやトリートメントで汚れを落とし
「05あわあわアロマボール(約25分)」は珍しいアイテムで首から肩にかけて優しく押します。

「なんだか お菓子のクリーム塗ってるみたいで 好きなんですよ これ」
シャンプーは泡との相性がとても良いサービスなのでスタンダードに進めます。
シャワーで頭皮マッサージの泡を洗い流してからシャンプーでごしごし擦り
すすいだ後にトリートメントへ切り替えて髪に潤いを与えます。
彼女もお菓子作りに例えて楽しそうにお世話してました。
時間に対する会話量は少なめですけど、彼女の性格がサービスにきちんと込められてます。

05パートは名前だけだとわかりにくいと思うので説明すると
アロマ石鹸を布でくるんだものを離したり押し付ける感じで進めます。
これまでとは違い布越しに泡がにじみ出るようになってるため
泡と布が混じったような「ぽすっ」という音を鳴らしてました。
ちゃんと解説してくれますから音声を聴いてればどんなものかわかると思います。

本作品で唯一泡を使わないのが最後の「06耳マッサージと耳掃除など(約35分)」。
右耳→左耳の順に軽くマッサージしてから綿棒と梵天を使い分けてお掃除し
最後に弱い風圧で6回くらい息を吹きかけます。

綿棒は「すりゅっ」という滑らかで乾燥した音、梵天は綿棒よりも軽くて柔らかい音が使われており
奥から手前へ掻き出したり耳の壁をなぞるように、小刻みに掻き出したり擦るようにと
器具ごとに違う音と動きで表現します。
事前のマッサージも左右でやり方が微妙に違っててこだわりを感じました。

「綿棒と梵天って珍しい組み合わせだな」と思ったのですが
音に柔らかさを出すためにこうしたんじゃないかと私は考えてます。
これまでの4パートが泡メインで来たのに、ここで耳かき棒のガリガリした音を鳴らすのは
作品の雰囲気にそぐわないと言いますか、統一感が落ちるように思えるのです。

もちろんシャンプーで耳の中に入った水分を取る意味合いもあるのでしょうけど
それなら別に綿棒だけでいいんじゃない?って話になるわけで。
これまでとまったく違うことをやってるように見えて、サービスの締めくくりに相応しい内容に調整されてます。
あくまで私の勝手な予測ですから「そういう解釈もあるんだな」程度に捉えてください。

このように、多種多様な音を上手に組み合わせた完成度の高いサービスが繰り広げられてます。
柔らかさのあるASMR作品
キャラ、音、サービスのすべてを柔らかいもので揃えてる作品です。

ひなは自分専用のコースを受けに来てくれた主人公をたっぷり癒そうと
序盤から中盤にかけては泡を使うサービスを色々やって肩から上を綺麗にします。
そして最後は定番の耳かきを同じく柔らかい器具を使ってゆっくり行います。

明るくて腕もいい店員さんが顔馴染みの客を長時間に渡って癒すノーマル向けのシチュ
泡に関するリアルな音を至るところで鳴らすASMR系の作り。
シリーズの長所を受け継いだうえでテーマ性もある作品に仕上がってます。

中でも音は色んなタイプの泡音が登場するので割と個性が強いです。
動きについてもハイレベルですし、目を瞑って聴けば実際にされてるのに近い感覚が味わえます。
擬声語を交えた実況を適度に挟むところもそれに貢献してます。

そして泡づくしだからこそ最後の耳かきが余計目立ってました。
器具の構成をあまり見かけないものにしたり、お掃除とマッサージ両方の意味を持つ動きにするなど
他のパートに負けない良さを持ったサービスを行います。
最初から最後まで泡まみれだとダレる可能性がありますから
終盤は乾燥系の音を中心に据えてメリハリを持たせてます。

このボリュームと品質で価格がたったの440円とコスパも抜群。
以上を踏まえてサークルさんでは11本目の満点とさせていただきました。

CV:小山ハルさん
総時間 2:33:48

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります



サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、お姫様らしい上品で穏やかな物腰の女の子が
夫になった男性と1日かけてたっぷり子作りに励みます。

高貴な女性なのに自分からはしたない姿を見せて彼を誘惑したり
5パート中3パートをSEXに割いて全部生ハメ&中出しするなど
彼女の性格や物語の背景を色濃く反映させた甘く抜きやすいエッチが楽しめます。
やや下品な淫語を多めに言うので淫語好きな人ほど興奮できるでしょう。
会えなくなる前にたっぷりSEX
妻のエルネスタ・ミルタと5種類のエッチをするお話。

「あなた様ー? 入りますねー♪ 失礼しまーす♪ 調子はいかがですか? ふふっ♪」
エルネスタは丁寧語で話すお淑やかな声の女の子。
主人公の部屋にやってきてすかさずキスすると
他国で開催される研究会に出席するためしばらく留守にすることを伝えます。

本作品は2020年9月に発売された
お姫様と結婚してオナホおまんこでイチャラブ子作りえっちが仕事になる生活♪」の続編。
ミルタ王国の王女として大事に育てられてきた彼女が
夫にあたる彼とおよそ120分に渡って子作りに励みます。

前作ではお互いのことをまったく知らずに結婚した2人が
エッチを通じて少しずつ仲良くなる様子を中心に描いてました。
それに対して今作はすっかり打ち解けた2人がひたすらエッチに励む様子に焦点を当ててます。
前作を聴いてたほうが楽しめるのは間違いないですけど
やることはほとんどエッチなので未視聴でも普通に聴けるし抜けると思います。

「もちろん、あなた様はいつも通り……わたくしのおまんこ、オナホ扱いしてもらって構いません♪」
最大の魅力は甘さとエロさ。
元一般市民で強い魔力を持つ彼を文字通り溺愛します。
王女なのに自分の体をオナホに例えてとことん尽くす姿勢を示し
エッチ開始後は色んな手段で責めながら愛の言葉を投げかけて幸福感を与えます。
そして逆に責められてる時は嬉しそうな表情を随所で見せて彼を喜ばせます。

2人は近年弱まってる王家の魔力を回復させるために結婚したのですが
心の相性も良いようで新婚夫婦らしいイチャラブ感の強いエッチを繰り広げます。
高貴な女性の体を汚す快感も適度にくすぐってきますし
女性に大事にされたり尽くされるシチュが好きな人ほど満足できます。

「はぁ……♪ たくましい勃起おちんぽ好き♪ 素敵なおちんぽハメハメされるの好き♪ おまんこ、ずーっと、トロハメおちんぽケースにされたいなって、思っちゃいます♪」
エロさについては淫語に強いサークルさんらしく淫語責めに力を入れてます。
おちんぽ、おちんぽミルクなどやや下品な単語を言うシーンが多く
それらをセリフの中に違和感なく潜り込ませて心も上手に盛り上げます。
最終パート以外の射精シーンで必ずぴゅっぴゅのセリフを言うのもその一環です。

そして子作りがテーマなのでSEXは毎回必ず生ハメ&中出しを決めます。
単調さが出ないようSEXとそれ以外のプレイを交互に組み合わせてました。
おちんちんを責めるペースは全体的に緩くして無理なく射精に導きます。
焦らし、寸止め、連続射精といったM向けの要素は一切なく属性はほぼノーマルです。
大好きな人と1日中子作り
エッチシーンは5パート84分間。
プレイはキス、SEX(正常位、騎乗位、対面座位)、太ももコキ、ハメ撮り、ハメ撮り鑑賞、パイズリです。
SEX、太ももコキ、パイズリ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「えへへ♪ じゃあ……しましょっか♪ 子作りオナホえっち♪」
研究会に関することを主人公にわかりやすく話すと
エルネスタは2週間ほど離れ離れになる前に彼とたっぷりSEXすることを宣言します。

エッチはパートごとに責め手を切り替えながら進めます。
一番最初の「1.『えっちなお勉強の成果、ご覧ください♪』(約20分)」は事情を話した直後のお話。
正常位で繋がりながら彼女が淫語責めして興奮と射精を後押しします。

「わたくしの、おまんこオナホは……もう、一番奥まで、あなた様のおちんぽの形になっちゃったんですね……♪ えへへ♪ 嬉しいなぁ……♪」
彼女はお互いに独占し合う関係が好きなようで
おちんちんに大事なところをいっぱいにされて嬉しそうな表情を見せます。
そして彼の心をがっちり掴もうと王女らしからぬ淫語をガンガン言います。
彼女視点のセリフを多めにしてるのも一体感を出すための工夫なのでしょう。

声や態度は引き続き上品にして多少のギャップを持たせながら
彼を気遣ったり喜ばせる配慮が至るところでされてて愛されてるのを強く実感できます。
喘ぎ声も漏らしますけどこのパートに限って言えば淫語のほうが存在感は大きいです。
ドスケベで献身的な彼女の性格をわかりやすく表現してます。

続く4パート64分間はタイトルにもなってる子作りおまんこデーの様子。
「2.『太ももをオナホにしてください♪』(約15分)」は立位での太ももコキ
「3.『“ハメ撮り”というのはいかがでしょうか♪』(約14分)」はハメ撮りを絡めた騎乗位SEX
「4.『ハメ撮り、一緒に見てみませんか?』(約16分)」は録画した映像を見ながらするパイズリ
「5.『あなたの魔法、上手くなりすぎですよぉ……♪』(約19分)」は対面座位SEXで1回ずつ射精します。

「全身、わたくしに包まれて……ぬくぬくぴゅっぴゅ、して欲しいです♪ おちんぽ、ぎゅっ、ぎゅっ、ぎゅ~~~っ♪」
彼女としては彼にしばらく会えないのが余程寂しいのでしょう。
太ももコキパートでは立ったまま抱き合う体勢になり、ベロチューを挟みながらおちんちんを気持ちよくします。
「じゅぽん」という弾力のある水音もむっちりした太ももの質感に合ってました。

射精後は股を開いて精液まみれになった内ももを見せつけるなど
彼に汚されたことをわかりやすく伝えて征服欲をくすぐります。
挿し絵で太ももを強調してるのはこのプレイをイメージしやすくするためかもしれませんね。

3~4番目のパートはハメ撮りを交えて個性を出します。
3番目は結合部や彼女の痴態を録画しやすくするために騎乗位を採用してます。
これは離れ離れになってる間のオカズを作成するのと同時に
王女がこういうはしたないプレイに挑戦するギャップも狙ってるのだと思います。

「えへへ……♪ ちょっと、恥ずかしいですけど……わたくしが、えっちなおまんこしてるところ……♪ じーっと見て、おちんぽのオカズにして……ザーメンミルク、たくさんぴゅっぴゅしてくださいね……♪」
ちょっぴり恥ずかしそうな表情で腰を打ちつける彼女の姿も印象的でした。
彼女は別にMじゃないし変態性癖も持ってませんけど、好きな人のためならそうなれる大胆な性格をしてます。
甘さとエロさが売りの本作品らしいプレイと言えるでしょう。
SEX自体は割と普通なのでシチュや彼女の反応といった他の部分が良い抜きポイントになってます。

最も抜き応えがあるのは最後の対面座位SEX。
夕食やお風呂を済ませて体力が回復したところで再び子作りに励みます。

「溺れるくらい……っ♪ ドロドロ精子さん、浴びたいって……言ってるの……っ♪ 絶対妊娠したいって……っ♪ あなた様の赤ちゃん作りたいって、言ってるぅ……っ♪」
ここは事前に彼が彼女の子宮を発情させる魔法をかけるため
普段よりも興奮した様子でストレートなおねだりを何度もします。
淫語の量が多く、吐息が熱っぽく、乱れっぷりも艶めかしくて余裕のない彼女を拝めます。
そして彼女が快楽で壊れないようピストンをゆっくりめに調整するところに彼の優しさを感じました。
子作りするために結婚した2人が心もしっかり繋がってるのがわかります。

このように、お互いがお互いを思いやりながらイチャイチャする純愛系のエッチが繰り広げられてます。
実用性重視の甘い作品
2人の仲の良さを表現しながら18禁作品としての使い勝手にも配慮してる質の高い作品です。

エルネスタは主人公とこれからしばらく会えなくなる寂しさを少しでも埋めようと
出発の前日を子作りおまんこデーに定めて朝から晩までエッチします。
そしてやや下品な淫語、尽くす姿勢、彼女を汚す快感といった
前作で好評だった要素に新しい要素を加えてより充実したプレイに仕上げます。

普段は上品だけど好きな人の前なら下品になれる女の子と1日中エッチするノーマル向けのシチュ
テーマの子作りが引き立つようにSEXパートを多く用意し
その間に太ももコキやパイズリを挟んで単調になるのを防ぐバランスの良いエッチ
彼のことを第一に考えてリードしたり乱れる彼女の一途で優しいキャラ。
新婚夫婦特有の一体感や幸福感を味わいながら抜けるように作品を組み立ててます。

中でも2番目は全編を通じて淫語責めが充実してることや
彼女が自分から汚されて喜ぶややS向けの要素のおかげで気持ちを盛り上げやすいです。
子作りSEXする時点で生ハメ&中出しはほぼ確定してますから
こういう作品固有の要素が充実してるほうが使い勝手も良くなります。

どのパートもこちらをすごく持ち上げてくるので
精神的に満たされた状態で抜けるでしょう。
彼女が魅力的な女性に描かれてるからこそ、中出しした時の快感も強く得られます。

射精シーンは5回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音と喘ぎ声それなりです。

おまけは「ずーっと耳舐めしますね♪」です。

CV:こやまはるさん
総時間 2:05:56(本編…1:56:32 おまけ…9:24)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月11日まで10%OFFの990円で販売されてます。
前作も3月11日まで30%OFFの770円で販売されてます。



サークル「おるがる堂」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、山奥の不思議な場所で長く暮らしてる妖狐と猫又が
偶然迷い込んできた人間の男性と色んなエッチをして幸せなひと時を送ります。

片方は最初から好感度MAXの状態で積極的におねだりする
もう片方はツンツンしてたのがエッチを重ねるうちにベタ惚れする、といった具合に
2人の違いをはっきり出しながらSEXメインのエッチをするのが特徴です。
彼が持つ能力の効果で2人とも激しめの喘ぎ声を漏らすのもポイントです。
2人のロリババアとたっぷりイチャイチャ
柚葉や鈴乃と色んなシチュで子作りに励むお話。

「そうなのじゃ じゃからこの男はな」
柚葉(挿し絵右)は明るくて可愛い声の女の子。
「そんなはずなかろう そもそも館の周りは結界が」
鈴乃(挿し絵左)は素朴で甘い声の女の子。
とある冬の日、館の近くで遭難した主人公を助けた2人が雑談してると
目覚めた彼に柚葉が自分のことを覚えてないか尋ねます。

本作品は普通の人間にはたどり着けない不思議な場所に住んでる2人が
偶然そこを訪れた彼とおよそ110分に渡ってイチャイチャします。
彼がここへ来るのは初めてなのですが、随分昔に先祖が来てた背景があり
その時館に住んでた柚葉は最初から好感度MAXの状態で親しげに語りかけます。

柚葉「ふむ ふむ そうじゃ わしは主様の恋人で 妖狐の柚葉じゃ」
彼よりもずっと長生きなのに「ぬしさま」と敬いを込めた呼び方をしたり
自分から抱き着いて耳舐めしながらおちんちんを丁寧に責めるなど
恋人や妻のような距離感でたっぷりもてなします。
妖狐なので言葉遣いは古風ですけど、性格は人間の女の子のように一途で可愛いです。

鈴乃「なぜわらわのような高貴な猫又が 下賤な人間のイチモツなぞを」
それに対して鈴乃はツンデレキャラ。
主人公の先祖と会ったことがないし、元々人間を見下してるので最初はきつめの態度を取ります。
しかしエッチを重ねるうちにだんだん心がほぐれて
終盤に差し掛かると彼の子供を孕むほどの溺愛っぷりを見せます。

あまあま&ツンデレと2人の性格をほぼ正反対にすることで
彼女たちの魅力や心の推移をわかりやすく描いてます。

女性が2人登場しますが多くのパートは一対一で複数人プレイ要素はあまりありません。
それも彼女たちの違いを聴き手にわかりやすく伝えるための配慮なのかなと思います。

エッチについては9パート中5パートをSEXメインにしたうえで
彼が責める展開を多くして彼女たちが乱れる姿を重点的にお届けします。
彼の一族には「淫気」という不思議な力が備わっており
これを嗅いだ人外娘は途端に発情する媚薬のような効果があります。
そのためロリババアの可愛い声とは違うアヘ声交じりのやや下品な喘ぎ声をよく漏らします。

おるがる堂さんはキメセクを題材にした作品をいくつも制作されてます。
それを活かすためにこういう設定にしたのでしょう。
パートごとの時間が約10分と短いので2~3パート繋げて聴いたほうが抜けると思います。

ちなみにタイトルから耳舐め重視の作品と思うかもしれませんけど
実際は手コキやSEXの合間にちょこちょこやる程度に留まってます。
SEXするパートは多いので「孕みたがりセックス」はその通りと言えます。
幸せいっぱいなやや激しいエッチ
エッチシーンは9パート96分間。
プレイは全身舐め、手コキ、キス、柚葉/鈴乃のオナニー、耳舐め、フェラ、69、SEX(正常位、対面座位)、アナルSEX、ディルド責めです。
手コキ、SEX、アナルSEX、彼女たちの絶頂、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

柚葉「あぁ 主様 主様の体じゃ 主様の胸じゃ」
主人公が以前自分とエッチした男性と同じ人物だと勘違いしてる柚葉は
事情が飲み込めない彼に抱きついて嬉しそうに甘えます。

エッチはそれぞれがほぼ半々の割合で責め合います。
最初の2パート18分間は2人の性格がよく出てるシーン。
「2. 柚葉の精力回復全身ぺろぺろ!(約10分)」は柚葉が全身舐めと手コキ
「3. 鈴乃の厠で淫口ガチイキオナニー!(約8分)」は鈴乃がトイレでフェラします。

柚葉「あぁ 主様のおちんぽを この手でしごいてるだけで 絶頂してしまったのじゃ」
柚葉は彼の能力を事前に知ってるので自分が発情しても全然気にしません。
彼のおちんちんをしごいてるだけなのに「ぷしゅっ」という噴出音を鳴らして先に絶頂します。
キスやハグも積極的にしたりと早速イチャラブ感の強いプレイを披露します。

鈴乃「なんという刺激的な匂い 一体なんなのじゃ」
しかし鈴乃は初めての体験に戸惑う表情を見せます。
彼のことを嫌ってるはずのに体は自然とおちんちんを求めてしまいます。
淫気のパワーに圧倒される形で彼をもてなす不思議なプレイが楽しめます。
彼女も途中で絶頂しますから女性上位だけど喘ぎ声も結構漏らします。

タイトルの孕ませ要素が出てくるのはその次から。
「4. 発情のじゃロリまんこでぬっぽり!(約14分)」は柚葉と
「5. ツンデレ処女まんこでどっぴゅん!(約14分)」は鈴乃と引き続き一対一でSEXします。
そして6番目のパート以降もお風呂場や部屋でガンガンハメて子作りに励みます。

柚葉「最後の一滴まで 搾り取るまで わしも離れとうないのじゃ」
鈴乃「もう無理なのじゃ これ以上挿入できんのじゃ」
この2パートは作中で最も長い時間を割いてるだけあって実用性も高いです。
柚葉は100年以上ぶりに味わうおちんちんを嬉しそうな表情で受け止め
鈴乃は普段とは随分違う弱々しい姿を見せて男心をくすぐります。

柚葉は経験者、鈴乃は処女と属性が違うのでSEXの進め方も結構違います。
彼が1回射精するまで彼女たちが何度もイクため、激しめの喘ぎ声を多く漏らしてくれます。
個人的には鈴乃のほうがアヘ度高めでエロく感じました。

またSEXが始まってからは鈴乃の態度がどんどん柔らかくなります。
序盤のように彼を見下したり突き放す態度を取ることがなくなり
淫気とおちんちんがもたらす快感にすっかり溺れていきます。
豹変と言うほどキャラが変わるわけではありませんが、彼に対してかなり丸くなるのも事実です。
柚葉は終始あまあまなので彼女のほうが変化を実感しやすいなと。

このように、キャラを立てつつSEXを何度もするストレートな抜き系のエッチが繰り広げられてます。
乱れっぷりが耳を惹く作品
タイプの異なるロリババアたちとひたすらイチャイチャするノーマル向け作品です。

柚葉はずっと前に何度もエッチした男性と同じ容姿の主人公をもてなそうと
最初から恋人に近い距離感で体を密着させたりおちんちんを気持ちよくします。
そして鈴乃は彼に対してあまり良い感情を抱いてなかったのが不思議な力に引き寄せられ
後になるほどツンからデレに変わる落差の大きい態度を取ります。

ほぼ正反対の性格を持つロリババアたちと館の中で色んなエッチをするシチュ
普段は可愛いのにエッチが始まると一気に淫らな姿を晒すギャップを持たせた作り
耳舐めはあまりやらないけどSEXにかなり力を入れてるタイトルを意識したエッチ。
彼女たちが乱れたり彼に惚れ込む様子を楽しんでもらえるように組み立ててます。

中でも2番目は余裕の表情で責めることが多いロリババアのイメージを良い形で崩してます。
年齢は彼女たちのほうがずっと上なのに、エッチが始まると彼に圧倒されて何度も絶頂を迎えます。
でも別に悔しがったりせずむしろその状況を幸せに感じてる姿がとても甘いです。
キメセク好きなサークルさんの作風とも合ってますし
キャラの個性を引き出したり、エッチの使い勝手を向上させる重要な役割を果たします。

唯一気になったのはパートが細かすぎることです。
8分~14分とプレイ時間が軒並み短くなってます。
最初のSEXをした後はそこまで内容が大きく変わるわけではないので
それなら今の9パートから6パートくらいまで減らして個々を厚くしたほうが良かったと思います。

射精シーンは10回。
くちゅ音と喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音それなりです。

CV:柚葉…こやまはるさん 鈴乃…そらまめ。さん
総時間 1:52:31

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年1月27日まで30%OFFの924円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

↑このページのトップヘ