同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:こやまはる

   ● 【中盤まで無料】生意気ナツキはあなたに勝ちたい!! ~挿れただけで勝手にイっちゃう弱くて強気なボーイッシュ~
   ● 【バイノーラル】オナホ係の同級生ギャルJKは意外にチョロくて惚れやすい
   ● ー癒しのひなコースーヒーリングサロンシエル
   ● お姫様と結婚してオナホおまんこでイチャラブ子作りえっちが仕事になる生活♪【バイノーラル】~今日は一日中、子作りおまんこデーです♪~
   ● 人外のじゃロリの耳舐め孕みたがりセックス
   ● 幽霊オナニーサポート~カッコイイお姉さんが性欲を満たすために行うキツいオナ指示~
   ● 変態紳士のための秘密の楽園『メスイキチクニークラブ』さすってこすって引っ張って アンアン喘いで連続絶頂♪
   ● お姫様と結婚してオナホおまんこでイチャラブ子作りえっちが仕事になる生活♪【バイノーラル】
   ● あなたのクラスのママ係さん。【バイノーラル】~ママになる練習をさせてください~
   ● ギャルJKにチクサポされちゃおう♪2




サークル「ライオクライオ」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、しゃべり方は乱暴だけど性格はとっても可愛い女の子が
自宅や学校内で彼氏と恥ずかしくてややハードなエッチをします。

普段は強気な彼女がエッチで情けない姿を晒すギャップが一番の魅力で
開始前は余裕たっぷりな表情で彼を挑発してたのが
おまんこを責められるとすぐさま潮を吹き「イキましたぁ」と敗北宣言します。
彼女の乱れる姿をたっぷり聴けるのでオカズとしての実用性も高めです。
勝気な彼女の弱点は…
恋人のナツキと5種類のエッチをするお話。

「おっ よしっ っしゃぁざまぁ 勝てる 勝てる勝てる」
ナツキは男っぽいしゃべり方をするトーンの低い声の女の子。
主人公とのゲームに負けて軽く文句を言うと、今度はエッチなゲームで勝負を挑みます。

本作品は口調は乱暴だけど内面は結構繊細な彼女が
現在付き合ってる彼とおよそ100分に渡って色んなエッチをします。
彼女は普段強気に振舞ってますが、おまんこがものすごく弱いという弱点を持っており
彼に責められるとイメージとは随分違う乙女な姿を晒します。

「もうチンポやばいな だいじょぶか? まぁ お前のチンポは 雑魚チンポだもんな」
「負けました 負けました 負けましたぁ」

自分が責めてる時は彼のおちんちんを雑魚呼ばわりしますけど
逆に責められた時は敗北宣言をしながら潮を何度も吹きます。
彼女の弱さをわかりやすく表現するためでしょうが、作中で潮吹きするシーンが非常に多いです。

サークルさんもおっしゃられてる通りギャップ萌えを強く意識したエッチをします。
恋人にだけ見せるもうひとつの顔がエロさ高めに描かれててイチャラブ感が強いです。
「好き」などの言葉ではなく態度や反応で愛情を示します。

エッチについては彼女の二面性を出すために交互に責め合うスタイルを取ります。
彼女は負けず嫌いな性格をしてるので完全な受け身になることはありません。
イかされたらお返しをしようと果敢に挑戦し、返り討ちに遭います。
これだけ弱いおまんこを持ってるのに全然諦めないところも彼女の魅力と言えます。

またプレイに臨場感を出すために色んな効果音を入れてます。
手コキやSEXといった他の作品でも鳴るものはもちろん
ローターを起動する音や潮吹きの音まで入っててなかなか凝ってます。

ライオクライオさんが音声作品を出すのが今回が初めてですけど
中の人は「ウラオモテ」という別サークルも運営されており
そちらで既に2本出してますから完全な新規ではありません。
キャラ、ストーリー、プレイ、音など各要素が丁寧に作られてて安定感があります。

2番目のパートまではCi-enで無料公開されてるので
とりあえずそちらを試しに聴いてみて、続きに興味が湧いたら買うのが良いと思います。
ギャップを活かしたエッチ
エッチシーンは5パート87分間。
プレイは手コキ、フェラ、耳舐め、キス、手マン、潮吹き、ローター責め、パイズリ、クンニ、足コキ、SEX(正常位、立ちバック、対面座位)、ナツキのオナニー、乳首を摘まむです。
手コキ、手マン、潮吹き、ローター責め、パイズリ、足コキ、SEX、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「どうした? 引っかいてるだけだぜ?」
ゲームでは勝てないと判断しエッチで勝負することに決めたナツキは
早速主人公に密着してズボン越しにおちんちんを優しく責めます。

エッチは彼が責める時間を多めに用意したうえで彼女も責め返します。
最初の2パート26分間は彼女の特徴や2人の関係を描きながらイチャイチャするシーン。
「01.ボーイッシュ彼女と手コキ我慢対決(約15分)」は自宅で手コキ、フェラ、耳舐め、手マン
「02.学校でこっそりフェラwithリモコンローター(約11分)」は屋上手前の踊り場で
ローター責め、フェラ、パイズリをして1回ずつ射精します。

「へぇ 耐えるんだ ただいま 休憩はさせねぇから シコシコ シコシコシコ」
彼女は「家デートする時は毎回エッチしてる」と言ってるので
たぶん2人は過去に何度もエッチしてるのでしょう。
序盤から慣れた様子でおちんちんをしごいたりフェラして有利な状況を作ります。
男っぽい口調も相まってここでの彼女は強そうな女性に見えます。

しかし彼が手マンを始めたら状況は一変します。
責められてから1分30秒後にはもう絶頂を迎え、潮を吹きながら降参する弱い姿を晒します。
01パートは本作品の売りであるギャップを非常にわかりやすく表現してました。
本当にびっくりするほど弱いので彼女が愛らしく感じます。
喘ぎ声は音量大きめですが無理にアヘらせず普通の声を漏らしてました。

「ダメっ 止めて イって あっ イってるから 止めて 止めて」
02パートは彼が先に責めて彼女が反撃する真逆のスタイル。
ローターのスイッチが入るたびにエロ可愛い声を漏らして止めてくれるよう懇願し
イかされた後はGカップのおっぱいで挟み込んで一緒の絶頂を目指します。
誰かが来るかもしれないスリルは特に煽らず普通に責め合ってました。
事後にキスで余韻を楽しむあたりに恋人らしさが出ています。

続く3パート61分間はSEX中心。
「03.びしょびしょ初えっち(約16分)」は正常位
「04.鏡の前で恥じらい潮吹き、低音甘イキえっち(約22分)」は立ちバック
「05.純情乙女とお泊り生えっち(約23分)」は対面座位と正常位で繋がりお互いに何度もイキます。

「あぁっ やばぁ チンポ抜くのやばぁ 潮吹き 止まんな…あっ もうダメっ」
03パートは2人が初めてSEXするシーンなので事前の準備に力を入れてます。
クンニで1回イかせてから手マンもしておまんこを十分にほぐし
それから正常位でゆっくりピストンする優しい責めっぷりです。
でも彼女が絶頂する回数は多く、おまんこの弱さをエロくわかりやすく表現してます。

彼女がストップをかけたらきちんとピストンを止めますし
彼女も精液を顔で受け止めて惜しみない愛情を示します。
最初の2パートは2人が勝負する感じでしたけど、ここからは心の繋がりも感じます。

「えっと チンポ 入れて欲しいにゃぁ」
彼女の可愛さが最もよく出てるのは04パート。
挿し絵のように猫耳カチューシャを頭に被り、語尾に「にゃ」をつけて話します。
部屋にある大きな鏡に映った自分の痴態を見て恥ずかしがるなど
女の子らしさをいくつも見せてくれてすごく魅力的でした。

彼女がそういう姿を見せられるのは彼のことを相当に信頼してるからだと思います。
このパートだけで5回も潮を吹きますし、序盤よりもずっと素直になってて甘いです。
終始ギャップ萌えだと内容が単調になりますから
好きな人へ健気に尽くすところも見せてキャラに深みを出してます。

このように、強気に振舞う女の子が弱々しく乱れまくる落差の大きいエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視のイチャラブ作品
恋人の普段の顔と好きな人にだけ見せる顔を対比させてるノーマル~ややS向けの作品です。

ナツキはゲームに負けた悔しさを他の手段で晴らそうと
自分からエッチなゲームを持ち掛けて耳やおちんちんを丁寧に責め続けます。
しかし彼が反撃に出るとすぐさま弱気になり潮吹き絶頂を何度もします。

かっこよさそうに見えて可愛いところもある女の子が恋人とたっぷりエッチする王道のシチュ
責めてる時と責められてる時で彼女の様子を大きく変えてギャップ萌えさせる演出
おまんこが弱い彼女の特徴が出るように絶頂シーンを多く設けたエロさ高めのエッチ。
2人の関係を大事にしながら彼女らしさが出るように作品を組み立ててます。

中でも2番目はサークルさんが最も強調されてる要素なだけあって
彼女の魅力を出す意味とエロさを上げる意味の両方で上手く機能してます。
こういうキャラだと相手をM男にして終始責めさせることが多いのに
本作品では敢えて致命的な弱点を設けて逆転させた時の様子を劇的に描いてます。

挿入しただけでイク、1回ピストンしただけでイクなど
ものすごく弱いキャラに描かれてて、それが彼女を愛おしい存在に感じさせてくれます。
完全な受け身にならず反撃するのも、彼に楽しんで欲しいという優しさの表れなのかもしれません。
彼のために可愛く振る舞うシーンもありますし、すごく献身的な女性に映りました。

…といった感じで色んな魅力を秘めてるわけですが
実はこの作品、音声を最後まで聴かなければわからない秘密があります。
それが何か予想しながら聴いてみるのも面白いんじゃないかなと。
わかる前と後で本作品に対する印象が多少変わると思います。

絶頂シーンは主人公6回、ナツキ22回。
くちゅ音と喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音それなりです。

CV:こやまはるさん
総時間 1:49:40(本編…1:44:02 フリートーク…5:38)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月24日まで20%OFFの880円で販売されてます。



サークル「ろんりーわん」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、オナホ係と呼ばれる制度がある学校を舞台に
ギャルJKがクラスメイトの男子に求められて甘いエッチをします。

物語が進むほど彼女が彼に惚れ込んでいくのが最大の特徴で
序盤は名前も覚えてないくらい疎遠な関係だったのが
何度も体を重ねるうちに少しずつ情が移り、最後は自分から告白するほどのデレっぷりを見せます。
2番目以降のパートはすぐさまエッチを始める抜き重視の作りも魅力です。
ノリが軽くて純情なギャルと
クラスメイトの早瀬エリと学校内や自宅でエッチするお話。

「ん…むにゃ…。ん~ふわぁ~~ あ~~、やばーめっちゃ寝た~」
エリは砕けた口調で話す明るい声の女の子。
ある日の放課後、居眠りから目覚めたところで目の前にいた主人公に要件を尋ねると
自分がオナホ係だったことを思い出し早速その場で相手します。

本作品はギャルのイメージにぴったりなノリの軽い彼女が
彼を相手におよそ90分間のエッチをして親睦を深めます。
この学校には交代制で女子が男子の性欲処理をする制度があり、今回は彼女が当番に選ばれました。
だから前置きは短く済ませて早速SEXを始めます。

「あ、それでどこ使いたいの? どこでもいいよ。オナホ係だからね~。あたしの身体好きなとこ使っていいよ」
彼女はギャル、彼はオタクとまったく属性の違う2人ですが
別段嫌がる様子もなくふたつ返事でおまんこを差し出します。
そしてプレイ中は彼やおちんちんをしきりに褒めて心のほうもぽかぽかにします。

係の仕事でも事務的なところは一切なく終始穏やかに接してました。
また各パートには「惚れられレベル」と呼ばれる彼女の心情を表すパラメータがありまして
後になるほどその数値が上がり、それに合わせて彼女の態度も徐々に変わります。
終盤は恋人同士に近い雰囲気になりますからほぼノーマル向けです。

エッチは彼女がオナホ代わりになるためSEXが充実してます。
5パート中4パートがSEXメインで、うち3パートが開始から10秒後には早速エッチを始めます。
プレイ中に彼女の魅力を引き出す感じで作られてるので展開がスムーズです。
キスも小まめに挟んできますし、イチャラブ感を出しながら抜けるように組み立ててます。
心の距離がわかるエッチ
エッチシーンは5パート77分間。
プレイはSEX(対面位、対面立位、立ちバック、正常位)、ペッキーゲーム、キス、フェラ、飲尿、耳舐めです。
SEX、放尿の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「あたし元々濡れやすいから、大丈夫♪ うん、ちんぽ入れちゃっていいよ♪」
軽い雑談をして主人公が自分とエッチしたがってることを理解したエリは
教室の椅子に座って股を開き彼のおちんちんを迎え入れます。

エッチはパートによって責め手を変えながら進めます。
最初の2パート21分間は彼女がオナホ係の仕事に励むシーン。
「1.初めての放課後オナホ係(約11分)」は教室で対面位
「2.10分休みお手軽エッチ(約10分)」は体育館裏で対面立位と体勢を変えてSEXします。

「ちょっと自信がないとこがネックかな~。それはそれで、可愛いけどね♪」
冒頭で彼の名前を確認してるところを見ると2人はほぼ他人同士の関係なのでしょう。
でも彼女は嫌な顔ひとつせずSEXを受け入れるし、彼のことをしきりに褒めて元気にします。
自覚があるかはわかりませんけど、思春期の男子が言われたら勘違いしそうなセリフばかりです。
1番目のパート中盤にはペッキーゲーム(ポッキーの両端を食べ合ってキスする)までやったりと
序盤から親しげな態度を見せて穏やかな雰囲気を作ります。

この後のパートも含めて会話量が多いので喘ぎ声はあまり漏らしませんが
彼を持ち上げたり彼女の心情を語るセリフが充実してて甘さが引き立ってます。
キスもちゅぱちゅぱするソフトなやつではなく、割とディープな音を鳴らしてました。

「ん…こんなあたしみたいなギャルがさ、オナホ係とはいえ、誰かの安心になってるなら…嬉しいじゃん?」
2番目のパートは少し後のお話にあたるので彼女も友達あたりの距離感で接します。
休み時間のたびに体を求めてくる彼の精力を褒めたり
自分が誰かの役に立ってることを喜ぶなど、ポジティブな要素が多く込められてて明るいプレイになってます。
SEXするところはどちらも一緒ですけど、セリフの内容にそれなりの違いがあって
彼女の心が少しずつ変化してるのを掴みやすいです。

続く3パート56分間はその部分が顕著に出てきます。
「3.体育抜け出し立ちバック(約18分)」は授業中に体育倉庫で立ちバックSEX
「4.下校時間 嫉妬フェラ(約18分)」は屋上へ続く階段の踊り場でフェラと飲尿
「5.最終日 告白ラブおまんこ(約20分)」は彼女の家に招待されて正常位SEXをします。

「オナホ係のあたしの方からは、こういのはあんましちゃダメだと思うけど。ん…でもさ、身体はあたしに寄りかかってきて体温感じてさ、ちんぽもあたしのまんこの温度味わってたら、上でも体温感じたいかなって…」
3番目のパートはセリフよりも行為に彼女のデレを感じます。
今まではオナホ係として終始受け身に徹してたのが、ここで初めて彼女のほうからキスをします。
上のセリフからも彼女が彼のために何かしたいと思ってるのがわかります。
本当に小さな変化ですけど、2人が新しい関係へと前進する大きな一歩と言えます。

またここからはキスの割合がさらに増えます。
本作品は全編を通じてキス多めなのですが、3番目と5番目は一際多いです。
このへんも惚れられレベルの上昇に合わせたのではないかなと。

「いいじゃん、しおりん。結構お似合いだったと思うし。じゅる 告ったら…すぐカップルになれるかもよ」
4番目は本作品で唯一SEXしないパート。
オナホ係の当番をそろそろ終えようとしてる時期に彼女が彼の本心を確認します。
彼女は当番が終わった後もこの関係を続けたいと思ってるようですが
彼も同じ考えかどうかはわかりません。
そこでフェラしながら軽く挑発するようなことを言って反応を見ます。

彼女は割と自分の気持ちを出してるのに、彼が煮え切らない態度を取るからこうなった感じです。
でも精液はちゃんと口で受け止めますし、その直後に彼のおしっこまで飲んであげます。
恋人同士でも普通できないことをやるのは大きな愛情表現と言えるでしょう。

そうやって色んなものを積み重ねてきた後、5番目のパートでようやく2人が結ばれます。
軽くキスしてから彼女の家に移動し、ベッドの上で繋がりながらお互いの気持ちを確かめます。

「ふふ、好きだよ。好き 君のこと、好き…。んっんっ…あっ」
これまで一度も言わなかった愛の言葉を初めて解禁し
熱いキスを交わしながらピストンを続ける姿はまさに恋人同士です。
彼女の心情描写を厚めに描いてるおかげで、彼女が幸福感に浸ってるのがしっかり伝わってきます。
キスの多さ、愛の言葉、彼女の姿と甘い要素をいくつも組み合わせて幸せな射精をプレゼントします。
純粋なエロさも最も高く、本作品の最後を飾るに相応しいプレイと言えます。

このように、他人→友達→恋人と2人関係を変化させながらSEXするキャラ重視のエッチが繰り広げられてます。
流れのあるイチャラブ作品
クラスメイトのギャルと変わった経緯で仲良くなる様子をエロさ&甘さ高めに描いてる作品です。

エリはクラスで唯一自分の体を求めてきた主人公の期待に応えようと
ギャルらしい軽いノリと明るい態度で彼のピストンを応援します。
そして中盤以降は自分からお世話したい気持ちが芽生え
最後は恋人になって今までよりも深くて幸せなSEXを楽しみます。

遊んでるように見えて割と純情なギャルがクラスメイトの男子とエッチしまくるシチュ
多くのパートをキスとSEXメインにし、さらに余計な前置きを極力省いて行う抜きを意識した作り
後になるほど彼女が彼に本気で惚れ込む展開。
体→心の順に距離を縮めていく通常の恋愛とは真逆の流れで作品を組み立ててます。

中でも3番目は本作品を最も特徴づける要素なので一際力を入れてます。
最初は彼を気遣いながら明るく相手してたのが
中盤以降は「彼と」エッチすることに特別な感情を抱き始めます。
そして終盤は自分の気持ちをストレートに叩きつけて彼を独占しようとします。

セリフの方向性が彼を褒める→彼女の内面へとシフトするのがすごく面白いなと。
4番目のパート以降は彼女が何を思い、感じてるかを綿密に描いて惚れてることを表現します。
彼女がそうなる理由にも触れられてますからストーリーもしっかりしてます。

エッチシーンが総時間の88%もあるので十分抜きにも使えますけど
所謂ガチエロ系ではなく、キャラやストーリーといった他の要素も合わせて楽しむ作りになってます。
SEX中に喘ぎ声よりも会話やキスを優先してるのが良い例です。
最終パートは幸福感や満足感に浸りながら抜けるので特に実用性が高いです。

射精シーンは5回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:こやまはるさん
総時間 1:27:58

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月1日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「Crescendo」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、お菓子作りを趣味にしてる可愛い店員さんが
顔馴染みの客に自分の名前がついた特別コースを提供します。

多くのシーンで泡の音を鳴らしながら動きを小まめに変える音重視の作りが魅力で
顔のマッサージ、髭剃り、頭皮マッサージ、シャンプー、アロマボールなど
パートごとに異なるサービスを用意し、それらすべてに泡を絡めてたっぷり癒します。
柔らかさを感じる音が多いですから眠くなる人が続出するでしょう。
色んな泡で癒しをお届け
ヒーリングサロンシエルの店員「黒瀬ひな」からサービスを受けるお話。

「いらっしゃいませ ヒーリングサロンシエルへようこそ」
ひなは甘く可愛い声の女の子。
来店した主人公を嬉しそうに迎えると
書類に必要事項を書いてもらってから施術室へ案内します。

本作品は2018年から続いてるサークルさんの人気シリーズ第6弾。
癒しのサービスはもちろん、お菓子作りや裁縫も得意としてる彼女が
以前からお店を何度も利用してる彼をおよそ150分に渡って癒します。
今回は「癒しのひなコース」という名前なだけあって独自要素が色々盛り込まれてます。
ストーリー性はほとんどないので過去作未視聴でもまったく問題ありません。

「普段はオイルマッサージがメインですが 私のコースでは メレンゲのような特製の泡を使ってマッサージします」
その最もわかりやすい例が泡を使うシーンが多いこと。
シェービングクリームによる髭剃り、泡を使った頭皮マッサージ
シャンプー、アロマボールなどパートごとに違うサービスをしながら泡音をたっぷり鳴らします。
それぞれで使ってる素材が違うので音の質感が多少違いますし
動きについても肩から上の全体を目まぐるしく動いて丁寧にケアします。

序盤から中盤にかけては泡づくしにして終盤は乾燥系の音に切り替えてました。
施術パートはどれも20分以上あるおかげで癒しの音を存分に楽しめます。
耳かき棒などの硬い音はほとんど出てきませんから、実際に聴くとまろやかに感じるでしょう。

シリーズの特徴もしっかり受け継がれてます。
サービス開始後はその様子を実況する以外のセリフをほとんど取り除き
効果音だけが流れる時間を長く取って静かな空間を作ります。

雑談もほとんどしませんからかなりASMR色の強い内容と言えます。
質感も非常にリアルで疲れてる人が聴いたらそのまま眠ってしまうほど癒しのパワーが強いです。

「頭皮の汚れた落ちたら 今度は ぐっ ぐっ ぐっと 力を入れて マッサージ 血行がよくなりますよ」
また実況のセリフは擬声語を多めに盛り込んで柔らかさを出してます。
本作品は泡を使ったサービスが売りですから
サークルさんもセリフの表現をそれに合うように工夫されたのだと思います。
彼女の甘い声との親和性が高く、音とは別の方向から癒しを与えてくれます。
質量共に優れたサービス
受付や着替えといった準備を終えた後から始まる2パート46分間は泡を使ったマッサージ。
「02マッサージ・シェービング(約22分)」は顔を一通り揉みほぐしてから髭を剃り
「03泡で頭皮マッサージ・叩く(約24分)」は頭部全体を撫でたり擦ったりして血行を良くします。

「頬を撫でるように 優しく すっ すっと」
そして開始後はリアルな音と実況のセリフを組み合わせて臨場感を出します。
音だけで十分伝わるシーンはできるだけ話さないようにし
わかりにくいところややることを切り替える時は話しかけてスムーズに進めます。
自分の名前がついたコースをやるので彼女もきっと張り切ってるのでしょう。
専門店ですが事務的感はまったくなく楽しそうな表情でお世話します。

音については元々レベルの高いサークルさんなだけあって非常に優れてます。
例えば02パートは手にクリームを噴射してから若干ざらつきのある水音を頬のあたりで鳴らし
蒸しタオルを顔に乗せて髭を柔らかくします。
それから「ぶぅぅぅん」というトーンが低く小刻みな振動音を鳴らしながら電動シェーバーを動かします。
左右の頬、眉、鼻の下、耳と小まめに移動してました。
シェーバーは振動が伝わってきて軽くマッサージされてる感覚がします。

撫でたり揉むといったそれほど派手じゃない動きが中心だからこそ
その位置、動かし方、リズムといった細かい部分にこだわって作られてます。

20分かけて髭剃りする音声作品もなかなかお目にかかれません。
最初のパートだけでも本作品の良さがしっかり出てると思います。

03パートは音の位置が先ほどよりも上のほうに移り
ムースのような泡音を色んなところで鳴らします。
頭皮マッサージと言えば「ジョリジョリ」とざらつきのある音を使うことが多いので
こういう滑らかな音で表現するのは割と珍しいです。
途中で一度泡を足すシーンもあったりしてリアルに感じました。

中盤の2パート57分間は王道と変わり種を組み合わせてるシーン。
「04シャンプー・トリートメント・ふわふわタオル(約33分)」はシャンプーやトリートメントで汚れを落とし
「05あわあわアロマボール(約25分)」は珍しいアイテムで首から肩にかけて優しく押します。

「なんだか お菓子のクリーム塗ってるみたいで 好きなんですよ これ」
シャンプーは泡との相性がとても良いサービスなのでスタンダードに進めます。
シャワーで頭皮マッサージの泡を洗い流してからシャンプーでごしごし擦り
すすいだ後にトリートメントへ切り替えて髪に潤いを与えます。
彼女もお菓子作りに例えて楽しそうにお世話してました。
時間に対する会話量は少なめですけど、彼女の性格がサービスにきちんと込められてます。

05パートは名前だけだとわかりにくいと思うので説明すると
アロマ石鹸を布でくるんだものを離したり押し付ける感じで進めます。
これまでとは違い布越しに泡がにじみ出るようになってるため
泡と布が混じったような「ぽすっ」という音を鳴らしてました。
ちゃんと解説してくれますから音声を聴いてればどんなものかわかると思います。

本作品で唯一泡を使わないのが最後の「06耳マッサージと耳掃除など(約35分)」。
右耳→左耳の順に軽くマッサージしてから綿棒と梵天を使い分けてお掃除し
最後に弱い風圧で6回くらい息を吹きかけます。

綿棒は「すりゅっ」という滑らかで乾燥した音、梵天は綿棒よりも軽くて柔らかい音が使われており
奥から手前へ掻き出したり耳の壁をなぞるように、小刻みに掻き出したり擦るようにと
器具ごとに違う音と動きで表現します。
事前のマッサージも左右でやり方が微妙に違っててこだわりを感じました。

「綿棒と梵天って珍しい組み合わせだな」と思ったのですが
音に柔らかさを出すためにこうしたんじゃないかと私は考えてます。
これまでの4パートが泡メインで来たのに、ここで耳かき棒のガリガリした音を鳴らすのは
作品の雰囲気にそぐわないと言いますか、統一感が落ちるように思えるのです。

もちろんシャンプーで耳の中に入った水分を取る意味合いもあるのでしょうけど
それなら別に綿棒だけでいいんじゃない?って話になるわけで。
これまでとまったく違うことをやってるように見えて、サービスの締めくくりに相応しい内容に調整されてます。
あくまで私の勝手な予測ですから「そういう解釈もあるんだな」程度に捉えてください。

このように、多種多様な音を上手に組み合わせた完成度の高いサービスが繰り広げられてます。
柔らかさのあるASMR作品
キャラ、音、サービスのすべてを柔らかいもので揃えてる作品です。

ひなは自分専用のコースを受けに来てくれた主人公をたっぷり癒そうと
序盤から中盤にかけては泡を使うサービスを色々やって肩から上を綺麗にします。
そして最後は定番の耳かきを同じく柔らかい器具を使ってゆっくり行います。

明るくて腕もいい店員さんが顔馴染みの客を長時間に渡って癒すノーマル向けのシチュ
泡に関するリアルな音を至るところで鳴らすASMR系の作り。
シリーズの長所を受け継いだうえでテーマ性もある作品に仕上がってます。

中でも音は色んなタイプの泡音が登場するので割と個性が強いです。
動きについてもハイレベルですし、目を瞑って聴けば実際にされてるのに近い感覚が味わえます。
擬声語を交えた実況を適度に挟むところもそれに貢献してます。

そして泡づくしだからこそ最後の耳かきが余計目立ってました。
器具の構成をあまり見かけないものにしたり、お掃除とマッサージ両方の意味を持つ動きにするなど
他のパートに負けない良さを持ったサービスを行います。
最初から最後まで泡まみれだとダレる可能性がありますから
終盤は乾燥系の音を中心に据えてメリハリを持たせてます。

このボリュームと品質で価格がたったの440円とコスパも抜群。
以上を踏まえてサークルさんでは11本目の満点とさせていただきました。

CV:小山ハルさん
総時間 2:33:48

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります



サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、お姫様らしい上品で穏やかな物腰の女の子が
夫になった男性と1日かけてたっぷり子作りに励みます。

高貴な女性なのに自分からはしたない姿を見せて彼を誘惑したり
5パート中3パートをSEXに割いて全部生ハメ&中出しするなど
彼女の性格や物語の背景を色濃く反映させた甘く抜きやすいエッチが楽しめます。
やや下品な淫語を多めに言うので淫語好きな人ほど興奮できるでしょう。
会えなくなる前にたっぷりSEX
妻のエルネスタ・ミルタと5種類のエッチをするお話。

「あなた様ー? 入りますねー♪ 失礼しまーす♪ 調子はいかがですか? ふふっ♪」
エルネスタは丁寧語で話すお淑やかな声の女の子。
主人公の部屋にやってきてすかさずキスすると
他国で開催される研究会に出席するためしばらく留守にすることを伝えます。

本作品は2020年9月に発売された
お姫様と結婚してオナホおまんこでイチャラブ子作りえっちが仕事になる生活♪」の続編。
ミルタ王国の王女として大事に育てられてきた彼女が
夫にあたる彼とおよそ120分に渡って子作りに励みます。

前作ではお互いのことをまったく知らずに結婚した2人が
エッチを通じて少しずつ仲良くなる様子を中心に描いてました。
それに対して今作はすっかり打ち解けた2人がひたすらエッチに励む様子に焦点を当ててます。
前作を聴いてたほうが楽しめるのは間違いないですけど
やることはほとんどエッチなので未視聴でも普通に聴けるし抜けると思います。

「もちろん、あなた様はいつも通り……わたくしのおまんこ、オナホ扱いしてもらって構いません♪」
最大の魅力は甘さとエロさ。
元一般市民で強い魔力を持つ彼を文字通り溺愛します。
王女なのに自分の体をオナホに例えてとことん尽くす姿勢を示し
エッチ開始後は色んな手段で責めながら愛の言葉を投げかけて幸福感を与えます。
そして逆に責められてる時は嬉しそうな表情を随所で見せて彼を喜ばせます。

2人は近年弱まってる王家の魔力を回復させるために結婚したのですが
心の相性も良いようで新婚夫婦らしいイチャラブ感の強いエッチを繰り広げます。
高貴な女性の体を汚す快感も適度にくすぐってきますし
女性に大事にされたり尽くされるシチュが好きな人ほど満足できます。

「はぁ……♪ たくましい勃起おちんぽ好き♪ 素敵なおちんぽハメハメされるの好き♪ おまんこ、ずーっと、トロハメおちんぽケースにされたいなって、思っちゃいます♪」
エロさについては淫語に強いサークルさんらしく淫語責めに力を入れてます。
おちんぽ、おちんぽミルクなどやや下品な単語を言うシーンが多く
それらをセリフの中に違和感なく潜り込ませて心も上手に盛り上げます。
最終パート以外の射精シーンで必ずぴゅっぴゅのセリフを言うのもその一環です。

そして子作りがテーマなのでSEXは毎回必ず生ハメ&中出しを決めます。
単調さが出ないようSEXとそれ以外のプレイを交互に組み合わせてました。
おちんちんを責めるペースは全体的に緩くして無理なく射精に導きます。
焦らし、寸止め、連続射精といったM向けの要素は一切なく属性はほぼノーマルです。
大好きな人と1日中子作り
エッチシーンは5パート84分間。
プレイはキス、SEX(正常位、騎乗位、対面座位)、太ももコキ、ハメ撮り、ハメ撮り鑑賞、パイズリです。
SEX、太ももコキ、パイズリ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「えへへ♪ じゃあ……しましょっか♪ 子作りオナホえっち♪」
研究会に関することを主人公にわかりやすく話すと
エルネスタは2週間ほど離れ離れになる前に彼とたっぷりSEXすることを宣言します。

エッチはパートごとに責め手を切り替えながら進めます。
一番最初の「1.『えっちなお勉強の成果、ご覧ください♪』(約20分)」は事情を話した直後のお話。
正常位で繋がりながら彼女が淫語責めして興奮と射精を後押しします。

「わたくしの、おまんこオナホは……もう、一番奥まで、あなた様のおちんぽの形になっちゃったんですね……♪ えへへ♪ 嬉しいなぁ……♪」
彼女はお互いに独占し合う関係が好きなようで
おちんちんに大事なところをいっぱいにされて嬉しそうな表情を見せます。
そして彼の心をがっちり掴もうと王女らしからぬ淫語をガンガン言います。
彼女視点のセリフを多めにしてるのも一体感を出すための工夫なのでしょう。

声や態度は引き続き上品にして多少のギャップを持たせながら
彼を気遣ったり喜ばせる配慮が至るところでされてて愛されてるのを強く実感できます。
喘ぎ声も漏らしますけどこのパートに限って言えば淫語のほうが存在感は大きいです。
ドスケベで献身的な彼女の性格をわかりやすく表現してます。

続く4パート64分間はタイトルにもなってる子作りおまんこデーの様子。
「2.『太ももをオナホにしてください♪』(約15分)」は立位での太ももコキ
「3.『“ハメ撮り”というのはいかがでしょうか♪』(約14分)」はハメ撮りを絡めた騎乗位SEX
「4.『ハメ撮り、一緒に見てみませんか?』(約16分)」は録画した映像を見ながらするパイズリ
「5.『あなたの魔法、上手くなりすぎですよぉ……♪』(約19分)」は対面座位SEXで1回ずつ射精します。

「全身、わたくしに包まれて……ぬくぬくぴゅっぴゅ、して欲しいです♪ おちんぽ、ぎゅっ、ぎゅっ、ぎゅ~~~っ♪」
彼女としては彼にしばらく会えないのが余程寂しいのでしょう。
太ももコキパートでは立ったまま抱き合う体勢になり、ベロチューを挟みながらおちんちんを気持ちよくします。
「じゅぽん」という弾力のある水音もむっちりした太ももの質感に合ってました。

射精後は股を開いて精液まみれになった内ももを見せつけるなど
彼に汚されたことをわかりやすく伝えて征服欲をくすぐります。
挿し絵で太ももを強調してるのはこのプレイをイメージしやすくするためかもしれませんね。

3~4番目のパートはハメ撮りを交えて個性を出します。
3番目は結合部や彼女の痴態を録画しやすくするために騎乗位を採用してます。
これは離れ離れになってる間のオカズを作成するのと同時に
王女がこういうはしたないプレイに挑戦するギャップも狙ってるのだと思います。

「えへへ……♪ ちょっと、恥ずかしいですけど……わたくしが、えっちなおまんこしてるところ……♪ じーっと見て、おちんぽのオカズにして……ザーメンミルク、たくさんぴゅっぴゅしてくださいね……♪」
ちょっぴり恥ずかしそうな表情で腰を打ちつける彼女の姿も印象的でした。
彼女は別にMじゃないし変態性癖も持ってませんけど、好きな人のためならそうなれる大胆な性格をしてます。
甘さとエロさが売りの本作品らしいプレイと言えるでしょう。
SEX自体は割と普通なのでシチュや彼女の反応といった他の部分が良い抜きポイントになってます。

最も抜き応えがあるのは最後の対面座位SEX。
夕食やお風呂を済ませて体力が回復したところで再び子作りに励みます。

「溺れるくらい……っ♪ ドロドロ精子さん、浴びたいって……言ってるの……っ♪ 絶対妊娠したいって……っ♪ あなた様の赤ちゃん作りたいって、言ってるぅ……っ♪」
ここは事前に彼が彼女の子宮を発情させる魔法をかけるため
普段よりも興奮した様子でストレートなおねだりを何度もします。
淫語の量が多く、吐息が熱っぽく、乱れっぷりも艶めかしくて余裕のない彼女を拝めます。
そして彼女が快楽で壊れないようピストンをゆっくりめに調整するところに彼の優しさを感じました。
子作りするために結婚した2人が心もしっかり繋がってるのがわかります。

このように、お互いがお互いを思いやりながらイチャイチャする純愛系のエッチが繰り広げられてます。
実用性重視の甘い作品
2人の仲の良さを表現しながら18禁作品としての使い勝手にも配慮してる質の高い作品です。

エルネスタは主人公とこれからしばらく会えなくなる寂しさを少しでも埋めようと
出発の前日を子作りおまんこデーに定めて朝から晩までエッチします。
そしてやや下品な淫語、尽くす姿勢、彼女を汚す快感といった
前作で好評だった要素に新しい要素を加えてより充実したプレイに仕上げます。

普段は上品だけど好きな人の前なら下品になれる女の子と1日中エッチするノーマル向けのシチュ
テーマの子作りが引き立つようにSEXパートを多く用意し
その間に太ももコキやパイズリを挟んで単調になるのを防ぐバランスの良いエッチ
彼のことを第一に考えてリードしたり乱れる彼女の一途で優しいキャラ。
新婚夫婦特有の一体感や幸福感を味わいながら抜けるように作品を組み立ててます。

中でも2番目は全編を通じて淫語責めが充実してることや
彼女が自分から汚されて喜ぶややS向けの要素のおかげで気持ちを盛り上げやすいです。
子作りSEXする時点で生ハメ&中出しはほぼ確定してますから
こういう作品固有の要素が充実してるほうが使い勝手も良くなります。

どのパートもこちらをすごく持ち上げてくるので
精神的に満たされた状態で抜けるでしょう。
彼女が魅力的な女性に描かれてるからこそ、中出しした時の快感も強く得られます。

射精シーンは5回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音と喘ぎ声それなりです。

おまけは「ずーっと耳舐めしますね♪」です。

CV:こやまはるさん
総時間 2:05:56(本編…1:56:32 おまけ…9:24)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月11日まで10%OFFの990円で販売されてます。
前作も3月11日まで30%OFFの770円で販売されてます。



サークル「おるがる堂」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、山奥の不思議な場所で長く暮らしてる妖狐と猫又が
偶然迷い込んできた人間の男性と色んなエッチをして幸せなひと時を送ります。

片方は最初から好感度MAXの状態で積極的におねだりする
もう片方はツンツンしてたのがエッチを重ねるうちにベタ惚れする、といった具合に
2人の違いをはっきり出しながらSEXメインのエッチをするのが特徴です。
彼が持つ能力の効果で2人とも激しめの喘ぎ声を漏らすのもポイントです。
2人のロリババアとたっぷりイチャイチャ
柚葉や鈴乃と色んなシチュで子作りに励むお話。

「そうなのじゃ じゃからこの男はな」
柚葉(挿し絵右)は明るくて可愛い声の女の子。
「そんなはずなかろう そもそも館の周りは結界が」
鈴乃(挿し絵左)は素朴で甘い声の女の子。
とある冬の日、館の近くで遭難した主人公を助けた2人が雑談してると
目覚めた彼に柚葉が自分のことを覚えてないか尋ねます。

本作品は普通の人間にはたどり着けない不思議な場所に住んでる2人が
偶然そこを訪れた彼とおよそ110分に渡ってイチャイチャします。
彼がここへ来るのは初めてなのですが、随分昔に先祖が来てた背景があり
その時館に住んでた柚葉は最初から好感度MAXの状態で親しげに語りかけます。

柚葉「ふむ ふむ そうじゃ わしは主様の恋人で 妖狐の柚葉じゃ」
彼よりもずっと長生きなのに「ぬしさま」と敬いを込めた呼び方をしたり
自分から抱き着いて耳舐めしながらおちんちんを丁寧に責めるなど
恋人や妻のような距離感でたっぷりもてなします。
妖狐なので言葉遣いは古風ですけど、性格は人間の女の子のように一途で可愛いです。

鈴乃「なぜわらわのような高貴な猫又が 下賤な人間のイチモツなぞを」
それに対して鈴乃はツンデレキャラ。
主人公の先祖と会ったことがないし、元々人間を見下してるので最初はきつめの態度を取ります。
しかしエッチを重ねるうちにだんだん心がほぐれて
終盤に差し掛かると彼の子供を孕むほどの溺愛っぷりを見せます。

あまあま&ツンデレと2人の性格をほぼ正反対にすることで
彼女たちの魅力や心の推移をわかりやすく描いてます。

女性が2人登場しますが多くのパートは一対一で複数人プレイ要素はあまりありません。
それも彼女たちの違いを聴き手にわかりやすく伝えるための配慮なのかなと思います。

エッチについては9パート中5パートをSEXメインにしたうえで
彼が責める展開を多くして彼女たちが乱れる姿を重点的にお届けします。
彼の一族には「淫気」という不思議な力が備わっており
これを嗅いだ人外娘は途端に発情する媚薬のような効果があります。
そのためロリババアの可愛い声とは違うアヘ声交じりのやや下品な喘ぎ声をよく漏らします。

おるがる堂さんはキメセクを題材にした作品をいくつも制作されてます。
それを活かすためにこういう設定にしたのでしょう。
パートごとの時間が約10分と短いので2~3パート繋げて聴いたほうが抜けると思います。

ちなみにタイトルから耳舐め重視の作品と思うかもしれませんけど
実際は手コキやSEXの合間にちょこちょこやる程度に留まってます。
SEXするパートは多いので「孕みたがりセックス」はその通りと言えます。
幸せいっぱいなやや激しいエッチ
エッチシーンは9パート96分間。
プレイは全身舐め、手コキ、キス、柚葉/鈴乃のオナニー、耳舐め、フェラ、69、SEX(正常位、対面座位)、アナルSEX、ディルド責めです。
手コキ、SEX、アナルSEX、彼女たちの絶頂、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

柚葉「あぁ 主様 主様の体じゃ 主様の胸じゃ」
主人公が以前自分とエッチした男性と同じ人物だと勘違いしてる柚葉は
事情が飲み込めない彼に抱きついて嬉しそうに甘えます。

エッチはそれぞれがほぼ半々の割合で責め合います。
最初の2パート18分間は2人の性格がよく出てるシーン。
「2. 柚葉の精力回復全身ぺろぺろ!(約10分)」は柚葉が全身舐めと手コキ
「3. 鈴乃の厠で淫口ガチイキオナニー!(約8分)」は鈴乃がトイレでフェラします。

柚葉「あぁ 主様のおちんぽを この手でしごいてるだけで 絶頂してしまったのじゃ」
柚葉は彼の能力を事前に知ってるので自分が発情しても全然気にしません。
彼のおちんちんをしごいてるだけなのに「ぷしゅっ」という噴出音を鳴らして先に絶頂します。
キスやハグも積極的にしたりと早速イチャラブ感の強いプレイを披露します。

鈴乃「なんという刺激的な匂い 一体なんなのじゃ」
しかし鈴乃は初めての体験に戸惑う表情を見せます。
彼のことを嫌ってるはずのに体は自然とおちんちんを求めてしまいます。
淫気のパワーに圧倒される形で彼をもてなす不思議なプレイが楽しめます。
彼女も途中で絶頂しますから女性上位だけど喘ぎ声も結構漏らします。

タイトルの孕ませ要素が出てくるのはその次から。
「4. 発情のじゃロリまんこでぬっぽり!(約14分)」は柚葉と
「5. ツンデレ処女まんこでどっぴゅん!(約14分)」は鈴乃と引き続き一対一でSEXします。
そして6番目のパート以降もお風呂場や部屋でガンガンハメて子作りに励みます。

柚葉「最後の一滴まで 搾り取るまで わしも離れとうないのじゃ」
鈴乃「もう無理なのじゃ これ以上挿入できんのじゃ」
この2パートは作中で最も長い時間を割いてるだけあって実用性も高いです。
柚葉は100年以上ぶりに味わうおちんちんを嬉しそうな表情で受け止め
鈴乃は普段とは随分違う弱々しい姿を見せて男心をくすぐります。

柚葉は経験者、鈴乃は処女と属性が違うのでSEXの進め方も結構違います。
彼が1回射精するまで彼女たちが何度もイクため、激しめの喘ぎ声を多く漏らしてくれます。
個人的には鈴乃のほうがアヘ度高めでエロく感じました。

またSEXが始まってからは鈴乃の態度がどんどん柔らかくなります。
序盤のように彼を見下したり突き放す態度を取ることがなくなり
淫気とおちんちんがもたらす快感にすっかり溺れていきます。
豹変と言うほどキャラが変わるわけではありませんが、彼に対してかなり丸くなるのも事実です。
柚葉は終始あまあまなので彼女のほうが変化を実感しやすいなと。

このように、キャラを立てつつSEXを何度もするストレートな抜き系のエッチが繰り広げられてます。
乱れっぷりが耳を惹く作品
タイプの異なるロリババアたちとひたすらイチャイチャするノーマル向け作品です。

柚葉はずっと前に何度もエッチした男性と同じ容姿の主人公をもてなそうと
最初から恋人に近い距離感で体を密着させたりおちんちんを気持ちよくします。
そして鈴乃は彼に対してあまり良い感情を抱いてなかったのが不思議な力に引き寄せられ
後になるほどツンからデレに変わる落差の大きい態度を取ります。

ほぼ正反対の性格を持つロリババアたちと館の中で色んなエッチをするシチュ
普段は可愛いのにエッチが始まると一気に淫らな姿を晒すギャップを持たせた作り
耳舐めはあまりやらないけどSEXにかなり力を入れてるタイトルを意識したエッチ。
彼女たちが乱れたり彼に惚れ込む様子を楽しんでもらえるように組み立ててます。

中でも2番目は余裕の表情で責めることが多いロリババアのイメージを良い形で崩してます。
年齢は彼女たちのほうがずっと上なのに、エッチが始まると彼に圧倒されて何度も絶頂を迎えます。
でも別に悔しがったりせずむしろその状況を幸せに感じてる姿がとても甘いです。
キメセク好きなサークルさんの作風とも合ってますし
キャラの個性を引き出したり、エッチの使い勝手を向上させる重要な役割を果たします。

唯一気になったのはパートが細かすぎることです。
8分~14分とプレイ時間が軒並み短くなってます。
最初のSEXをした後はそこまで内容が大きく変わるわけではないので
それなら今の9パートから6パートくらいまで減らして個々を厚くしたほうが良かったと思います。

射精シーンは10回。
くちゅ音と喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音それなりです。

CV:柚葉…こやまはるさん 鈴乃…そらまめ。さん
総時間 1:52:31

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年1月27日まで30%OFFの924円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「えるしすラバー♪」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、元オナサポ店員で今は幽霊をやってるカッコイイお姉さんが
Mな男性に長時間の独特なオナサポをします。

色んな手段で乳首とおちんちんをじっくり責めるのが特徴で
「カリカリ」「シコシコ」などの掛け声を常に言ってオナニーのやり方を丁寧に教え
さらにペースやリズムを小まめに切り替えて快感に慣れるのを防ぎます。
乳首射精、寸止めからの連続射精、カウントダウン射精と3種類の絶頂形式が用意されてるのも魅力です。
男たちをもっといじめたくて
幽霊の「加宮 澄玲(カミヤ スミレ)」が乳首&おちんちんオナサポをするお話。

「お兄さん、ねえ、おにーさん!おにーさんってば!ここよここ!あなたのスマホ!」
澄玲はトーンが低く色気のある声のお姉さん。
主人公のスマホに憑依して自分が幽霊なことを教えると
彼の性癖を見抜いてからM向けのオナサポを持ち掛けます。

本作品は事故で亡くなった後も男をいじめたい欲望を強く持ってる彼女が
Mっ気のある彼をおよそ160分に渡るオナサポで悶えさせます。
彼女が実体を持ってないので肌を直接触れ合うシーンは一切なく
最初から最後まで様々な指示と言葉責めを組み合わせてゆっくりじっくり追い込みます。

全体を通じて言える特徴は大きくふたつ。
M向けの要素が充実してること、オナニーの指示が非常に丁寧なことです。

「さて、まずはお兄さんのその……マゾオチンポ。焦らしていきましょうね」
前者は焦らし、寸止め、亀頭オナニー、乳首オナニー、連続射精といった
Mな人が喜びそうなプレイをパートごとに切り替えながら行います。
特に乳首オナニーはこれだけで約77分とかなりのボリュームがあり
乳輪を撫でる、乳首を爪で優しく引っかく、2本の指でぎゅっとつまむなどいじり方も豊富です。

おちんちんも結構いじるので乳首未開発でも普通に射精できますが
開発済み、もしくは乳首に興味を持ってる人のほうがずっと楽しめると思います。
乳首オナニーだけで射精するパートもあったりとサークルさんのこだわりを感じました。

「コリコリ コリコリ コリコリ クリクリ クリクリクリ クリクリクリクリ」
後者はエッチシーンのほぼすべてで「カリカリ」「シコシコ」といった掛け声を言い続けます。
片方が掛け声を出してる間も反対側から話しかけてきますから
まさしく「完全サポート」と言っていいくらいリードがしっかりしてます。

また聴き手が快感に慣れにくくするために
掛け声を出すパートは1~5分程度の短い間隔でペースとリズムが変わります。
複数のいじり方を組み合わせて指示するパートもあって変化に富んでます。
そして終盤はカウントを交えた寸止めオナニーにスタイルが変わります。

「自分が望む順序・長さでの焦らしで快感を得る」ことを目指してるだけあって
プレイの種類を多く用意し、その中から自由に選んでもらうことを想定してます。
乳首だけで射精するのはかなり難度が高いので
それは外して寸止めオナニーをがっつりやるといった使い方ができます。

Mな人を喜ばせることを強く意識した構成ときめ細かなリード。
個性、柔軟性、実用性を兼ね備えたM~ドM向けの作品です。
後になるほど強く追い込むエッチ
エッチシーンは9パート141分間。
プレイは乳首オナニー、亀頭オナニー、竿オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「ほら、乳首の周り……乳輪を、刺激していきなさい♪」
主人公との交渉が成立しオナサポの流れを大まかに教えると
澄玲はひとまずおちんちんには一切触れず乳首だけを責めるように指示します。

エッチは終始彼女に言われた通りオナニーします。
最初の3パート56分は乳首オナニーに特化した内容。
「a_乳輪弄り(約13分)」は乳輪メイン、「b_乳首弄り_カリカリ(約21分)」は乳首を爪で引っかく
「b_乳首弄り_クリクリ等(約22分)」は4種類くらいのプレイを組み合わせて行います。
ちなみに聴く時の服装は上半身がシャツ1枚、下半身は裸です。

「間違って、乳首に触れたりしてないわよね? 焦らした乳首、私の声に合わせて気持ちよく弄りたいでしょう?……変態マゾ」
この3パートはどれも掛け声にとても力を入れており
プレイ時間のほぼ全部で何らかの擬声語が流れ続けます。
その一方でセリフはプレイ開始前に軽くしゃべる、プレイ中に3分程度の間隔で言葉責めするだけと少ないです。

本作品は体への責めが全体的に強くなってるので
彼が途中で暴発しないように言葉責めをわざと控えたのかもしれません。
乳首を開発してる人ならここだけでもかなり気持ちよくなれるでしょう。
私は「b_乳首弄り_クリクリ等」が色んな快感を味わえて気に入ってます。

おちんちんをいじり始めるのはその次から。
「c_亀頭弄り(約17分)」はローションを塗ってからする亀頭オナニー
「d_スローオナニー(約17分)」は竿をゆっくりしごく通常のオナニーだけを行います。
この2パートも言葉責めは少なめにして掛け声を重点的に出します。

乳首オナニーで十分過ぎるほど焦らされた後に始めるので
いきなりする時よりも触れたりしごいた時の快感が強く味わえました。
亀頭オナニーは指を当てる→カリに指を添える→手のひら全体で包み込むと
後になるほど刺激する手段を強く、範囲を広くして変化をつけます。

スローオナニーもストロークの長さやペースを小まめに上下させてましたし
プレイをひとつに絞りこむ代わりにその中で幅広さを持たせてます。
さすがにここで射精はしないと思いますが、後々そうなるきっかけを作る重要な役割を果たします。

残りの4パート51分間は射精を見据えた刺激の強いプレイ。
「a 乳首射精(約16分)」は乳首オナニーだけで射精を目指し
「b _1 寸止め(約27分)」はカウントを交えた寸止めを繰り返してギリギリまで追い込みます。
そして「2 連続射精(約5分)」、「2 カウントダウン射精(約3分)」を選んで射精を迎えます。

「ほら、優しく、ゆっくり、私の声に合わせて動かして…ぁっぁっ…ぁぁあっって…その乳首の快感が、背中を通ってオチンポに流れていくのをイメージなさい…」
乳首射精は音声作品だとあまり出てこないプレイなため
彼女がそのコツとして乳首とおちんちんの快感を繋げるイメージをさせます。
乳首オナニー自体は爪で引っかくプレイを主軸に据えてて、今までとそれほど大きく違うわけではありません。
ただし、パートの後半からペースを上げたりもっと気持ちよくなるプレイが登場します。

私はそれよりも寸止めオナニーのほうが魅力的に感じました。
カウントが減るほど射精に近づけて「オアズケ」と言われたら仕切り直すのですが
寸止めの回数が合計28回と非常に多いです。
時間が27分なので1分に1回のペースで寸止めする形になりますね。
ガチでやったら体にかなりの負担がかかるでしょうから無理のない範囲で挑戦してみてください。

茉友「エリお姉ちゃん、あの変態さんがもっと気持ちよくなるためには…私たちは笑ってあげてたらいいのかな?」
また寸止めパートからは志島薫、風岡愛里、風岡茉友の3人が加わります。
彼女たちも幽霊で右から喘ぎ声、左から嘲笑をして場を盛り上げます。
寸止めはカウントでオナニーを制御するため掛け声は一切言いません。
だから喘ぎ声や嘲笑が加わってもうるささを感じることなくオナニーできます。

連続射精とカウントダウン射精は名前の通りですから説明は不要でしょう。
前者は3回連続、後者は1回と回数に違いが見られます。

このように、乳首とおちんちんを色んな手段で責めるハードなエッチが繰り広げられてます。
たっぷり気持ちよくなれる作品
心よりも体への刺激を重視してるM度の高い作品です。

澄玲は主人公がイキたくてもイけない姿を存分に楽しもうと
序盤はオナニーする部位を乳首に絞り込んで性感を十分に高めます。
そして中盤はおちんちんをいじるけど射精できないプレイ
終盤は乳首やおちんちんを激しくいじりながらの射精と徐々に追い込みます。

クールでSっ気の強い幽霊のお姉さんがM男に重厚なオナサポをするシチュ
乳首とおちんちんをいじる時間を半々くらいにして両方とも気持ちよくするエッチ
掛け声を常に出したりペースやリズムを小まめに変える丁寧なリード。
オナサポとしての実用性をしっかり持たせたうえで幅広く行います。

中でも3番目は「隅から隅までリードしてくれる」と言っていいくらい手厚いです。
掛け声を重視した結果言葉責めがやや弱くなってるものの
体の快感が十分得られるので物足りなさは感じません。
終盤にはきつい寸止めも繰り出すなどやり応えのあるエッチに仕上がってます。

あとは乳首のウェイトが高いのにフィニッシュが射精になってるのも良いです。
最近の乳首オナサポ作品はドライを目指す傾向があるので
本作品のように乳首を補助役に据えて射精を目指すほうが安定します。
爪で引っかいたりぎゅっとつまむプレイを多めにしてあってこちらも刺激は強めです。

射精シーンは5回。
淫語それなり、喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:加宮澄玲/志島薫…沢野ぽぷらさん 風岡愛里/風岡茉友…こやまはるさん
総時間 2:39:02

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年11月12日まで15%OFFの935円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「夢色パラダイス」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った個性を持つ2人の風俗嬢が
乳首で気持ち良くなりたい男性に丁寧なオナサポをします。

最初から最後まで乳首とその周辺だけを重点的に責めるのが特徴で
指の腹で撫でる、弾く、つまんで引っ張る、爪で引っかくなど多彩ないじり方を用意し
それぞれに合った掛け声を出してきめ細かくリードします。
初心者から上級者まで幅広く楽しめるように作られてますから乳首好きなら誰にでもおすすめします。
ふたつの手段でドライを応援
メスイキチクニークラブで「ちさと(挿し絵右)」と「リミ(挿し絵左)」のサービスを受けるお話。

「本日は 当クラブへお越しいただき ありがとうございます」
受付は穏やかな声のお姉さん。
来店した主人公にお店のコンセプトやサービスの内容を説明すると
早速在籍してるスタッフのうち誰を選ぶか尋ねます。

本作品は乳首オナニーに興味がある人だけを対象にした珍しい風俗店で
彼女たちがおよそ80分に渡って独特なオナサポをします。
最初はちさと、次はリミと一対一で相手する形式になっており
どちらも乳首とその周辺を徹底的にいじらせてドライオーガズムに追い込みます。

下半身も裸になる指示が出ますが、おちんちんは触れるどころか意識させることすらありません。
絶頂形式もドライのみなので乳首の快感に興味があったり好きな人ほど楽しめます。
そして特化型の作品だからこそ非常に個性的で幅広いプレイが楽しめます。

「なでなで なでなで そうです なでなで なでなで いいですよ 優しく 優しく」
2人に共通して言える特徴はリードが丁寧なこと。
指で撫でる時は「なでなで」、爪で引っかく時は「かりかり」とプレイに応じて掛け声を変え
それを小まめに言いながら優しい言葉をかけたり軽く貶して応援します。
乳首オナニーだけするのは確かにマニアックですけど
乳首を今まで一度もいじったことがない人でもついて行けるくらいオナサポがしっかりしてます。

刺激を少しずつ上げる形で進めますから、最初はくすぐったいだけだった人も
後半に入る頃には何らかの快感が味わえる可能性が十分にあります。
彼女たちも聴き手がそうなるように様々ないじり方を指示してくれます。
開発済みな人が楽しめるプレイも用意されてて守備範囲が広いです。

「乳首をたくさん感じさせて 塊の中に 気持ちよさを蓄積させていきましょう」
担当する女性によってセリフやプレイが結構変わるのも大きなポイント。
ちさとは上品さと優しさを兼ね備えた女性で終始穏やかにリードします。
序盤から中盤にかけては焦らし気味に進めて性感を高め
それ以降は強めの快感が得られるプレイに切り替える初心者を意識した内容になってます。

乳首オナニー未経験者はこちらから入るといいでしょう。
本当に手取り足取り教えてくれるので頭を空っぽにしたままオナニーできます。

「誰にも言えないような恥ずかしい趣味を持った変態お兄さんの乳首をつまんでいこうねー」
それに対してリミは乳首をある程度いじってるM男をメインターゲットに据えてます。
会ったばかりの彼を「変態」と言って軽く見下し
乳首オナニーも指で弾く、爪で引っかくといったハード路線のプレイが充実してます。

ギャルっぽい性格をしてるのでどぎつい印象はありません。
彼を喜ばせるためのサービスとしてわざと小悪魔っぽく振る舞います。
こちらは乳首オナニーにある程度慣れてる人向けの内容です。

乳首だけをいじり続けてドライを目指すエッチと、キャラを活かした丁寧なリード。
ひとつのプレイを広く深く掘り下げてるややM向けの作品です。
乳首の快感を存分に味わえるエッチ
エッチシーンは2パート68分間。
プレイは乳首オナニー、カウントによる絶頂、指を舐める、乳首に息を吹きかけるです。
エッチな効果音はありません。

「そうですね… それでは 始める前に 簡単な深呼吸をしましょうか」
自分を指名してくれた主人公を別室で迎え挨拶したちさとは
彼が緊張してることに気づき、ひとまず深呼吸でリラックスさせます。

エッチは体を直接触れずに終始彼女たちがリードします。
前半の「2・優しく丁寧にチクニー指示コース(約35分)」はちさとが担当するサービス。
事前に深呼吸してからシャツ越し→地肌の順に色んな手段で乳首をいじります。

「今はまだ 気持ちいいと感じる必要はありません 初めのうちは くすぐったいという程度でいいんですよ?」
指先で胸を擦るところから始まり、手のひらを使って胸を撫でる
人差し指を乳首の上に乗せて上下に動かす、両手のひらで胸を包み込み回転させる
人差し指で乳首を擦る、乳首を指でつまむとプレイ内容が多彩です。
そしてこれらの合間に心構えも教えてやりやすい雰囲気を作ります。

パート序盤は2分程度の間隔でいじり方が変わります。
慌ただしいと感じる人もいるでしょうが、このへんはまだ準備運動に過ぎません。
中盤以降は腰を据えていじるスタイルになりますから
とりあえずは言われた通りにオナニーして体を温めていきましょう。

「頭の中が真っ白になって 快楽の波にさらわれてしまいます!」
サービス開始から16分後、乳首を指でつまむ頃から1回目の絶頂シーンが出てきます。
カウントを数えて0でイクお馴染みのやり方ですが
その直後に催眠暗示のようなセリフを言って追い込んでくれます。

本作品のエッチは両方とも絶頂シーンが3回あるので
ここで上手くいかなかったとしても気にする必要はありません。
複数回のチャンスを用意してるのもリードが丁寧と言える理由のひとつです。
経験者は連続絶頂できますから初心者と玄人の両方に対応してるとも言えます。

2回戦以降はやや踏み込んだプレイに変わります。
指を舐めて湿らせてから乳首を弾く、親指と人差し指でつまみ擦る
おちんちんオナニーに近いやり方で乳首をしごくなど、強い刺激が得やすいものを中心に行います。

「くちゅくちゅ くちゅくちゅ 誰かにおっぱいを吸われるように」
そしてここでは誰かに乳首を責められてる様子をイメージしながら進めます。
絶頂するには心身両面が高ぶってるほうがいいですから
乳首オナニーをがっつりやりながら彼女なりの言葉責めを挟んでそうなるように応援します。
私が聴いた時はじんわりした快感やピリッとする快感が味わえて気持ちよかったです。

後半の「3・ちょっぴり意地悪にチクニー指示コース(約33分)」はM向けを意識したプレイ。
担当がリミに代わり、友達に接するような砕けた態度で強めのオナサポをします。
こちらは最初から服を脱いだ状態で聴きます。

「はい 押してー はいっ 離す」
乳首を指で押す、爪で引っかく、つまんだままゆっくりつねるなど
ちさとの時には出てこなかったいじり方を中心に据えてて違う快感が味わえます。
軽く見下す言葉責めもしてきますが、セリフは指示中心なので量はそれほど多くありません。
乳首をいじり慣れてる人や強い刺激を求めてる人が満足できるように調整されてます。

未開発な人は前のパートでしばらく慣らした後に聴くといいでしょう。
痛気持ちいい感覚が断続的に味わえて違った良さがあります。
逆に開発済みな人はこっちのほうが展開がスピーディーで病みつきになるんじゃないかなと。
同じ乳首オナニーでも両者には大きな違いが見られます。

このように、乳首オナニーの魅力をふたつの視点で追及した特化型のエッチが繰り広げられてます。
初心者から経験者まで楽しめる作品
「乳首オナサポの決定版」と言っていいくらい内容が充実してる作品です。

ちさととリミは乳首オナニーに興味を持った主人公を満足させようと
どちらも一対一で相手しながらそれぞれの個性に合ったオナサポをします。
そしていじり方に対応した掛け声を小まめに出したり、サービスの進め方を丁寧にしたりと
聴き手がやりやすく感じるように考えながらリードします。

違う個性を持つ2人の風俗嬢がそれを活かした乳首オナサポをするややM向けのシチュ
ソフトなものからハードなものまで幅広く取りそろえた乳首オナニー
指示、掛け声、言葉責めを組み合わせてきめ細かく誘導する親切丁寧な作り。
癖のあるプレイをできるだけ多くの人が楽しめるように仕上げてます。

中でも乳首オナニーはここまでいじり方の種類が豊富な作品を初めて聴きました。
定番のプレイで固めるのではなくマイナーなものにも挑戦してます。
絶頂しやすくなるように刺激の強弱をシーンによって変えてますし
乳首オナニー作品を色々制作されてるサークルさんの実力がきちんと発揮されてます。

射精シーンが一切ないところだけは人を選びますが
別に乳首オナニーしながらおちんちんをしごいても私はいいと思います。
ドライにそこまでこだわらないほうがより楽しめるんじゃないかなと。

絶頂シーンは6回。
淫語それなり、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:受付…小粋さん ちさと…一之瀬りとさん リミ…こやまはるさん
総時間 1:19:47

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年10月24日まで50%OFFの550円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、お姫様のイメージにぴったりな穏やかな物腰の女の子が
とある事情で結婚した男性とイチャイチャしながら子作りに励みます。

SEXを多めに盛り込んで彼女がひたすら尽くす甘さの強いエッチが行われており
淫語や全肯定のセリフを積極的に言いながらおちんちんを責めたり
物語が進むほど2人の心の距離が縮まってより深いプレイに変化するなど
エロさを出しつつ女性に甘やかされる感覚を味わわせて心身をバランスよく盛り上げます。
高貴な姫様とたっぷり子作り
ミルタ王国の王女エルネスタ・ミルタと5種類のエッチをするお話。

「こんにちはー♪ 来てくださってありがとうございます♪」
エルネスタは丁寧語で話すお淑やかな声の女の子。
宮殿に突然呼ばれて緊張してる主人公に親しげに話しかけると
ストレートに自分と結婚し赤ちゃんを作って欲しいとお願いします。

本作品は国王の娘としてこれまで大事に育てられてきた彼女が
一般市民に過ぎない彼を夫に迎え、子孫を残そうとおよそ100分間のエッチに励みます。
彼女の家は魔力が強い血筋で人々の傷を癒す回復魔法が使えるそうです。
しかし政略結婚などにより血がだんだん薄まってきたため
調査の結果強い魔力を持つ彼が選ばれ何度もエッチすることになります。

「お・ち・ん・ぽ。……とか。お・ま・ん・こ。……とか♪ そういった言葉に、とっても興奮するんだとか……♪」
お互い恋愛感情なしの状態からスタートするので最初は多少ぎこちないところもありますが
彼女は彼にたっぷり射精してもらおうと積極的にご奉仕します。
「おちんぽ」などやや下品な淫語を適度に言って彼の興奮を誘い
SEXの時は毎回生ハメ&中出しを決めて快感と高貴な女性を征服する喜びを与えます。


彼女が元々温厚な性格だからでしょうけど見下されることは一切ありません。
むしろ自分をオナホ代わりにして存分に犯してくれるようお願いします。
彼を褒めたり受け入れるセリフも多く、全編を通じて甘い空気が漂ってます。

エッチについてはテーマが子作りなので5パート中3パートをSEXに割き
その間に耳舐め手コキや授乳手コキを挟んでメリハリをつけてます。
後になるほど2人の心の距離が縮まるように物語を進めますから
同じSEXでも最初と最後のパートで聴いた時にやや違う印象を受けるでしょう。

お姫様が庶民の男性にとことん尽くす展開とSEXメインの濃いエッチ。
変わったきっかけで知り合った男女が仲良くなる様子を描いたノーマル向けの作品です。
言葉も行為もあまあまなエッチ
エッチシーンは5パート77分間。
プレイはキス、乳揉み、SEX(正常位、バック、騎乗位)、耳舐め、手コキ、授乳、魔法をかけるです。
服を脱ぐ、SEX、手コキ、魔法をかける際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「じゃあ、早速ですけど……こ・づ・く・り♪ いいですか?」
主人公に事情を説明し無事結婚式を挙げたエルネスタは
その日の夜、色々あってお疲れ気味な彼にSEXを持ち掛けます。

エッチは彼女がリードしながらほぼ対等な立場で愛し合います。
一番最初の「1.『子作り、しましょうか♪』(約16分)」は結婚直後のお話。
キスから入ってお互い裸になり、軽い乳揉みを経て正常位で繋がります。

「わたくしの、おまんこ……♪ あなた様のおちんぽをハメハメしていただいて、赤ちゃんミルクをどぴゅどぴゅしてもらう……♪ お姫様オナホ、ですよ……♪」
そして彼女は早速尽くす姿勢を見せます。
初めて見たおちんちんを手放しで褒める、自慢のおっぱいを好きに揉ませる
処女おまんこを指で開いて中を見せつけるなど彼が喜びそうなことをガンガンやります。
サークルさんが得意とされてる淫語で興奮を煽ったりと責め方の種類が豊富です。

彼女が自分からへりくだって彼に接するのが印象的でした。
彼にとって彼女は先日まで絶対に手の届かなかった存在ですから
そんな女性と結婚しエッチすることになったら気後れする可能性があります。
だから彼をひたすら持ち上げて種付けSEXしやすい空気を作ります。

肝心の初SEXは7分程度と短めですけど丁寧に進めます。
彼女に痛みを与えないようゆっくり挿入してから停止してお互いの性器を馴染ませ
その後やや緩いピストンを繰り返して無理なく射精を目指します。
途中でベロチューも加わりますし序盤から雰囲気が本当に甘いです。

「はい♪ ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーーー……♪」
射精シーンでぴゅっぴゅのセリフを多めに言ってくれるのもいいですね。
一番気持ちいい瞬間を言葉で盛り上げつつ彼女に中出ししたことを印象づけます。
事後に嬉しそうな表情を見せたりと心のケアにも力を入れてました。
最終パートを除いた4パートで登場します。

続く2パート29分間は2人の心の距離が近づき始めるシーン。
「2.『飽きないように、違うやり方のほうがいいですよね♪』(約17分)」は耳舐め手コキ
「3.『わたくしの体、いつでもオナホにしてくださいね♪』(約12分)」はバックでのSEXで1回ずつ射精します。

「わたくし、あなた様が旦那様でよかったですよ♪」
2番目のパートは彼女の甘やかしっぷりが光ります。
彼が耳舐めをリクエストしたらすぐさま始め、少し経つとおちんちんも責めて気持ちよくします。
そして耳舐めの合間に彼を褒めたり自分の気持ちを素直に伝えて嬉しそうな表情を見せます。

耳舐めを20秒くらい続けてから少し話すのを繰り返す流れになってるので
音とセリフの両方をバランスよく楽しめます。
耳舐めは外側あたりを前半は舐め、後半は吸い中心に責めてました。
割と激しい音ですけどペースがやや緩かったり水分が抑えられてて上品さがあります。
手コキは効果音を鳴らすだけなので、言葉責めと耳舐めがメインの抜き要素になるでしょう。

3番目のパートは野性味や下品さをやや上げて1回目との違いを出してます。
事前にローションを使ったおかげで「ぎゅぷっ」という空気交じりの音が鳴り
体位もバックを選んで1回ずつ力強く突き続けます。
今までは彼女が部屋を訪れてたのに今回初めて彼が訪問し雑談するなど
体だけの関係じゃなく、2人がお互いをより深く知ろうとする姿勢が見られます。

その部分が最も強くなるのは最後の「5.『も~っとイチャラブな子作り、しましょうね♪』(約18分)」。
以前よりも一緒に過ごす時間がずっと増えたある日
今度は騎乗位SEXで彼の精液をたっぷり受け止めます。

「改めて……思いましたぁ……♪ わたくし……あなた様のこと、好きだなぁって……♪」
彼女の目的は魔力の強い子を産むことなので、適性さえあれば別に彼でなくてもいいはずです。
でも色んなエッチをした結果彼個人に強い好意を抱くようになります。
彼が彼女に優しさを見せるシーンもありますし
2人が愛し合ってることを表現しながらする今までとはやや違うSEXに仕上がってます。

あとこのパートは本作品ならではの要素が加わっており
前の2回よりも彼女の乱れっぷりが激しくなってます。
時間もおよそ13分と十分にあるので幸福感を抱きながら抜けるでしょう。

このように、子作りを通じて2人が本当の夫婦になる温かいエッチが繰り広げられてます。
イチャラブ全開の作品
女性に尽くされたり愛される心地よさを味わいながら抜ける幸せいっぱいの作品です。

エルネスタは強い魔力を持つ主人公の子を孕もうと
結婚した日の夜から積極的にエッチして中出ししてもらいます。
そしてそれを繰り返すうちに彼への愛情が強くなり、より深いプレイに変わっていきます。

上品で献身的なお姫様が庶民の男性と子作りSEXに励む変わったシチュ
SEXシーンを最も多く用意しパートごとに違う体位で責め合うテーマに沿ったエッチ
それらを通じて2人が親密になっていく様子も描く甘い演出。
エッチを重点的にやりながらキャラにも光を当ててイチャラブ感を出してます。

中でもエッチはSEXが一番の聴きどころなのは間違いないですけど
最中に繰り出す言葉責め(淫語、全肯定、ぴゅっぴゅのセリフ)もなかなか強烈です。
本作品の場合、2人の関係が疎遠なところから物語が始まるので
それを少しずつ改善する点でも言葉責めはかなり役立ってます。
どうせ産むなら好きな人との子がいいと思うのは当たり前ですからね。

射精シーンは5回。
くちゅ音多め、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなりです。

女性の愛に飢えてる人には特におすすめします。
おまけは「えっちな言葉、たくさん言っちゃいますね♪」です。

CV:こやまはるさん
総時間 1:50:30(本編…1:44:17 おまけ…6:13)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年10月8日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「インゴヒゴ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声はクールだけど性格はとっても優しい女の子が
同級生の男子のママになって色んなエッチを経験します。

彼女がママとして成長していく過程を描きながらエッチするのが特徴で
おちんちんの見た目や感触に不思議そうな表情を見せるほど初々しかったのが
淫語交じりの甘やかす言葉をかける、彼が喜ぶプレイや責め方をするなど
一歩ずつステップアップしていく様子をエッチな声や音を多めに交えて描きます。
事務的要素は一切ないので不器用な女の子に甘やかされる心地よさを感じながら抜けるでしょう。
男性に甘えられる女性になりたくて
クラスメイトのママ係と5種類のエッチをするお話。

「あの。ちょっといいですか。そう。キミです」
ママ係は丁寧語で話すクールな声の女の子。
主人公を呼び止め今日からママ係になったことを伝えると
自分に甘えて欲しいと言い、その理由を教えます。

本作品は男子がいつでも特定の女子に甘えられる制度がある学校を舞台に
彼女が彼をおよそ120分間お世話をして身も心もとろとろにします。
名前の通り彼女がママになりきるわけですが、でちゅまちゅ言葉やおむつ交換といったガチなプレイはやらず
優しい言葉をかけたり授乳手コキして彼を癒そうとします。
シリーズの3作目にあたりますが、お話の繋がりは特にないので今作からでも大丈夫です。

「今まで生きてきて、誰かに甘えられるなんて経験、ありませんでしたから。どんな気分なんだろう、って」
彼女は物語の開始時はそこまで母性があるわけではなく
日常生活で感情をあまり表に出せないことを気にかけてるクールキャラです。
そこでママ係に立候補し、男性を甘やかすことで自分を少しでも変えようとします。
彼に声をかけたのも別に仲が良いからではなく、単にクラスメイトで顔見知りだったからです。

そんな背景を踏まえて序盤は礼儀正しい口調で話しかけながら
おちんちんをどうやって責めればいいか試行錯誤する初々しい姿を見せてくれます。
しかしある程度慣れると少しずつ積極的になり
終盤では文字通りすべてを捧げる愛に溢れたご奉仕をします。

あまりママらしくない女の子が成長する様子こそが本作品最大の魅力だと私は思います。
彼女の内面描写を厚めに描いてるのもそれをわかりやすく伝えるための演出なのでしょう。
彼はもちろん、彼女も同じくらい幸せになるからエッチがものすごく甘く感じます。

エッチについては(たぶん)童貞+処女の組み合わせなのでいきなり大胆なプレイはやらず
2人の経験と親密度に合わせて前進する比較的マイルドな展開になってます。
全体的に責めるペースを緩く設定する代わりに複合責め主体にして密度とエロさを上げてました。
具体的にはベロチュー+手コキ、授乳手コキ、ベロチュー+SEXなどです。

「ママも、ベロチューというものを経験できてよかった。こんなに気持ちいいのですね。今までしてなくて、損をしてた気分です」
中でもベロチューは物語の序盤で彼女が気に入ったため積極的にやります。
むしゃぶりつくようなパワフルな舐めと吸いを繰り出すギャップを意識したちゅぱ音です。
キス自体が本作品の売りである「甘さ」との相性が良いですし割と重要なプレイと言えます。

クールで不器用な女の子がエッチを通じて母性に目覚める展開とキス多めの甘いエッチ。
王道の幼児プレイとは違う形でママに甘える心地よさを表現した癒し系作品です。
少しずつ近づいていく心と体
エッチシーンは5パート88分間。
プレイはキス(ベロチュー)、手コキ、乳揉み、授乳手コキ、SEX(正常位、対面座位)、耳舐めです。
服を脱がす、手コキ、ゴムの装着、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「キスは最高のスキンシップです。甘える練習も兼ねられるし、とてもいいやり方だと思っています」
主人公に事情を説明し、ママ係の練習に付き合ってもらえることが決まったところで
彼女はひとまず彼に服を脱いでもらい、まずはキスで甘えやすい雰囲気を作ります。

エッチはママ役にあたる彼女が終始リードします。
一番最初の「1.『それでは、練習をさせてください』」は彼女が甘やかす喜びを知るパート(約20分)。
通常のキスから始まって少し経つとベロチューに変わり
さらに手コキを加えて1回目の射精に導きます。

「わかりました。これから、キミのここを、“おちんぽ”と言うことにします」
「これは、ママ係の練習でしていることなのですから。我慢なんてしないで。キミの弱いところは、ママが見守ってます。おちんぽで、ママに、甘えて」

男性とエッチするのは初めてなのでペースはゆっくりですが
「男性器」から「おちんぽ」に呼称を変えるようにお願いされたらすぐさま受け入れ
カウパーが出てきた後は優しい言葉をかけながら速めにしごく面倒見のいいところを見せてくれます。
ネガティブな要素が一切ないですし、甘やかしにとって重要な雰囲気作りが序盤からしっかりできてます。

ベロチューは30秒くらい固めて鳴らした後に話すのを繰り返してました。
しゃべる時とそうでない時をはっきり分けてるおかげで音を聴きやすいです。
手コキは効果音をシーンに応じて変えるだけなので、キスとセリフのほうが個性的と言えます。

2番目の「2.『おっぱいを飲みたいのですか?』」は幼児プレイ色が最も強いパート(約17分)。
次の日、学校の空き教室で再び待ち合わせた2人が授乳手コキに挑戦します。

「唇で、乳首を挟んで、ちゅうちゅう、ちゅぱちゅぱ。おっぱい、じょうずです。そんないい子は、お返しに、ママがおちんぽ気持ちよくしてあげます」
前回とは違い彼が服をすんなり脱いでくれたことをしっかり褒め
さらに授乳手コキの最中は普段よりもずっと柔らかいセリフを投げかけるなど
彼女がママとして確実に成長してるのがわかります。
このパートから射精時にぴゅっぴゅのセリフを言い始めるのもそう言える良い例です。

彼女がママ係のご奉仕に慣れ始めてきたのももちろんあるのでしょうけど
私は彼が彼女に素直に甘えられるようになったのが大きいと見てます。
前回は彼女が彼を誘ってましたが、今回は彼が彼女を指名し授乳手コキもリクエストしてます。

「それにしても、もっとおっぱいに甘えたい、なんて。本当に、ママに甘え上手になってきましたね。いえいえ。ママは嬉しく思います」
一方的に甘やかすだけよりも、それによる見返りが発生したほうがきっとやりがいが出ます。
「男性を甘やかすのってこんなに満たされるんだ」と彼女が理解したからこそ
前回よりも大胆かつ心の行き届いたお世話ができたのだと思います。
彼と彼女の両方を変化させてより深く濃いプレイへと進みます。

その様子を描いたのが続く3パート51分間。
「3.『ママともっと仲良くなりましょう』」は保健室での初SEX(正常位)
「4.『体育の時間にムラムラしてしまったのですか?』」は体育倉庫での耳舐め手コキ
「5.『ママを本当のママにしてくれますか?』」は空き教室でのベロチューSEX(対面座位)と
場所やプレイを変えてゆっくりじっくり愛し合います。

「キミは、どうですか? おちんぽ、気持ちいい? そうですか。よかった……。おまんこが緩かったり、キツすぎたりしたら、どうしようかと思ってました。やっぱり、キミが気持ちよくなるのが、一番です」
初SEXはさすがに彼女が責めるのは厳しいので彼にお願いし
おちんちんの感触を味わいながら彼が気持ちよくなってくれてるか確認します。
挿入前に彼がおまんこにローションを塗るシーンがあるのですが
処女膜を破らないように気をつけながら入念にやるところに彼の彼女に対する優しさも感じました。
自分に処女を捧げてくれる彼女に最大限の愛情を示して応えます。

またSEXが始まると今までクールだった彼女の声が熱を帯び
「んっ」など吐息に混じる形で控えめな喘ぎ声を漏らします。
吐息、ピストン音、ベロチューのちゅぱ音と今まで以上に音の密度が上がってエロいです。
本作品の山場にあたるため、行為だけでなくその過程や心理描写もしっかり行います。

「こんなに、ママに甘えてくれる人を……嫌いになるはずが、ないでしょう。キミが、弱いところを見せてくれるたびに……可愛いな、と思っていました」
それに対して対面座位SEXは彼女の成長を軸に据えて進めます。
前回はやらなかった生ハメに挑戦し、自分が責める形で彼の精液をしっかり受け止めます。
その最中に彼女が言うこのセリフがとても印象的でした。
物語の冒頭で「感情表現は苦手」と言ってた女の子とは思えないほど素直になってます。

最初はママ係の練習相手としてなんとなく選んだ相手が
いつの間にか自分にとってかけがえのない存在に変わってます。
中出しを決める展開も相まって、本作品で最も温かくて深いプレイと言えるでしょう。

このように、甘やかす側と甘える側両方が幸せになるあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
満たされながら抜ける作品
心をたっぷり温めながらお世話してくれる甘さの強い作品です。

ママ係は感情を表に出せない今の自分を少しでも変えようと
クラスメイトの主人公に声をかけ、ひとまず甘やかしの練習に付き合ってもらいます。
しかし実際にやってみると彼だけを甘やかすことに喜びを感じ始め
初キス、初授乳、初SEX、初中出しといった様々なものを嬉しそうに捧げます。

クールに見えて実はとっても優しい女の子が同級生の男子をエッチに甘やかすシチュ
彼女がママとして、女性として成長していく過程も描いたキャラ重視の作り
ベロチューを多めに挟みながら後になるほど踏み込んだプレイをするエッチ。
ママ係から連想される甘やかし成分をしっかり盛り込んだうえで登場人物にも光を当ててます。

中でも2番目は物語の序盤と終盤で彼女の態度やセリフが大きく変わるのが面白いです。
声は終始クールですけど、それでも最後のほうになると若干柔らかさが出てきます。
ママ係にあまり適してないキャラを選んだのはこの変化を引き立てるためなのでしょう。

エッチはおちんちんと唇を同時責めするシーンを長く取ってます。
手コキが3パートありますがキス、耳舐め、授乳とサブのプレイが違うので単調さは感じません。
パートごとに彼女が違う顔を見せてくれるのもあります。
純粋な抜きやすさで見ればやはり2パートあるSEXシーンかなと。

射精シーンは5回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

「甘やかされるのが好きだけどガチな幼児プレイはちょっと…」という方には特におすすめします。
おまけは「ママが淫語を囁いてあげます」です。

CV:こやまはるさん
総時間 1:56:39(本編…1:50:36 おまけ…6:03)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年6月24日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「スクィーズ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、明るくてサービス精神旺盛な2人のギャルJKが
以前よくお店に来てた男性の乳首を協力して再開発します。

タイトル通り乳首を責めることにとても力を入れており
指、ブラシ、口とパートごとにプレイ内容を変えながら
ギャル特有の砕けた口調で指示を出したりソフトな言葉責めをして上手にリードします。
射精シーンがありますから乳首未開発な人がそれに挑戦するのにも向いてます。
2人のギャルが乳首開発をお手伝い
白ギャルと黒ギャルが5種類のプレイで乳首をとことん責めるお話。

「チクサポ倶楽部へようこそーって あれぇ? お兄さんじゃん」
白ギャルはやや砕けた口調で話す明るい声の女の子。
「あれぇ? 久しぶりじゃん しばらく顔見なかったけど」
黒ギャルは白JKよりも大人びた声の女の子。
久しぶりに来店した主人公を嬉しそうに迎えると
来なかった事情を尋ねてから彼の乳首を再開発します。

本作品は2019年4月に発売された「ギャルJKにチクサポされちゃおう♪」の続編。
仕事が忙しかったせいで乳首開発を疎かにしてた彼を敏感にしようと
彼女たちが左右に陣取り協力しながら45分程度に渡って色んなサービスをします。
キャラは引き継いでますがストーリーは独立してるので今作からでも大丈夫です。

白「カリカリ カリカリ ふふっ お兄さんの乳首 焦らされて立っちゃってるし ぴんっぴん」
最大の特徴は乳首特化のエッチ
最初から最後までほぼずっと乳首をいじり続け
そこに耳舐めやおちんちんオナニーを絡めて2種類の絶頂へと導きます。

乳首オナニーするのは3番目と4番目のパートだけですが
彼女たちが「さわさわ」「かりかり」といった擬音語でリズムを取ってくれるので
他のパートも言われた通りに乳首をいじることが可能です。
開発してるほうが気持ちいいのは否定しませんけど
乳首未開発者でもある程度そうなれるように考えながらリードします。

そう言える理由のひとつがパートごとに責め方を変えてること。
最初は指でソフトにいじるだけだったのが、次のパートに入るとブラシを使って強い刺激を与え
さらに自分でいじる、彼女たちに舐められるとできるだけ幅広い刺激を与える方針で進めます。

既に開発してる人ならわかると思うのですが
乳首は未開発の時点だといじってもくすぐったいだけで性的快感にはなかなか繋がりません。
だから時間内にできるだけ多くプレイを用意しそうなるきっかけを与えます。
単調にいじり続けるよりも色んな刺激を与えたほうが感じやすいですからね。
乳首舐めはさすがに無理でしょうけど、唾液やローションを垂らしてやればある程度代用できます。

もうひとつ、最終パートに射精シーンが用意されてるのも初心者向けの配慮と言えます。
本作品はドライオーガズムを迎えるシーンもありますが
乳首だけでそれを達成できる人はたぶんそれほどいないでしょう。
乳首とおちんちんを一緒にいじったほうが乳首の気持ちよさを実感しやすいです。

白「しばらく来ない間に 感度も鈍くなってるかもしれないからねー」
黒「あーあー お兄さんの乳首 もうぴんっぴん 乳輪 鳥肌立っちゃってまちゅよー」
2人についてはギャルらしい明るいキャラに描かれてます。
白ギャルはほぼノーマル、黒ギャルはややSと属性に多少の違いはあるものの
彼とまるで友達のように接してリラックスできる雰囲気を作ります。

サービスもかなり手厚いですし、ギャルと店員の特徴を兼ね備えてます。
声を聴いた感じだと黒ギャルは前作の終盤に登場したギャル友と同一人物のようです。

乳首を重視したエッチと未経験者に向けた配慮の数々。
前作の良いところを継承しつつ多少の変化をつけた明るくて個性的な作品です。
変化に富んだエッチ
エッチシーンは5パート34分間。
プレイは胸板を撫でる、乳首責め(指、ブラシ)、乳首オナニー、両耳舐め、おちんちんオナニー、乳首舐めです。
ブラシ責め、おちんちんオナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

黒「前いじった時から どれだけ変わってるのかなー どれどれ」
主人公と軽く雑談して今の状況を確認したギャルたちは
早速左右に分かれて彼の胸部を指で優しく撫でまわします。

エッチはお店のサービスなので終始彼女たちがリードします。
最初の2パート15分間は準備運動に近いプレイ。
「1.来店~ギャル子2人による再感度チェック」は胸と乳首のフェザータッチ
「2.おはようございますのギャル2人による押しかけ!?乳首ブラシプレイ♪」は指サックを使った乳首責めで感度を以前のレベルに戻します。

黒「お兄さん 今すっごい可愛い顔しちゃってんよ」
再会した直後は少し不機嫌だった2人もエッチが始まると普段のノリを取り戻し
「くるくる」などの擬音語を織り交ぜながら彼の感じる姿を嬉しそうに眺めます。
彼が乳首の快感を求めてることを知ってますから見下すセリフはほとんどありません。
2人とも微笑交じりに「可愛い」と言って没頭できる状況を作ります。

個性的なのは2番目のブラシ責め。
指サックを装着してから彼女たちの唾液を垂らして左右へ小刻みに往復させます。
「じゅっぷっ」見たいな若干粗さのある音が鳴りますが
彼が痛がってないところを見るとかなりソフトに責めてるのでしょう。
前のパートとは違い焦らす要素はなくしてストレートな乳首開発をしてくれます。

続く3パート19分間は絶頂に向けて本格的に責めるシーン。
後日、お店の方針でナース服に着替えた2人が乳首オナニーや乳首舐めをします。
そして「4.チクニー指示後の追加サービス耳舐めプレイ」は乳首によるドライオーガズム
「5.ギャル2人からのチロチロ♪チュ~チュ~♪乳首舐めされながらのセルフ射精♪」は
乳首とおちんちんを同時に刺激しドライと射精の両方を目指します。

白「ちなみにー 今日のパンツの色は…」
黒「こうやって 脚を組み変えたりすると あ、こっち見た お兄さんちょろすぎー」
引き続き乳首を重点的に責める中でパンツをチラ見せして興奮を煽ったり
彼に乳首オナニーさせてる間に両耳を同時に舐めるより多彩なプレイを繰り出します。
舐め方は2人ともほぼ一緒でしたがバイノーラル録音なので質感はリアルです。

本作品は乳首イキと射精の両方をやりますから
乳首をいじるだけよりもこうして純粋なエロを提供したほうが達成しやすいです。
4番目と5番目のパートはちゅぱ音の量が豊富で前半よりも内容が濃く感じました。

作品を聴いた感想ですが、乳首に関するプレイが充実していて満足できました。
定番の指を使った責めはもちろん、ブラシ責めという作品独自のプレイも登場してなかなか多彩です。
最初の2パートは乳首のみ、次の3パートはそれに耳舐めやおちんちんオナニーを加えることで
より絶頂しやすい状況を作ります。

乳首責めや乳首オナニーの指示だけだとどうしてもエロさが不足してしまうので
2人同時に耳や乳首を舐めるシーンを設けてそれを補ってます。
ずっと舐めてる時もあれば片方が舐め、もう片方がしゃべることもありました。
乳首メインだけど射精もできるように調整されてます。

このように、乳首の快感を味わわせながらおちんちんも気持ちよくする和やかなエッチが繰り広げられてます。
乳首好きに捧げる作品
比較的短い時間で乳首プレイが楽しめる作品です。

2人のギャルはお店を久しぶりに訪れた主人公を気持ちよくしようと
ギャルらしい気さくな態度で話しかけながら乳首とその周辺を色んな手段でいじります。
そして前半は感度上昇、後半は絶頂と異なる目標を掲げ
それぞれに合ったやり方で責めて2種類の絶頂を味わわせます。

ギャルのイメージにぴったりな明るい女の子たちが乳首開発をサポートするややM向けのシチュ
最初から最後まで乳首をいじり続けるテーマに沿ったエッチ
パンツを軽く見せたり乳首や耳を舐めて興奮しやすくする後半シーン。
乳首作品の要所を押さえたうえで別のプレイも盛り込み幅広さを出してます。

中でも2番目は本作品の鍵になる要素ということで
時間はもちろん、内容も結構こだわったものになってます。
乳首ブラシや乳首舐めは自分でやるのは難しいでしょうけど
普通に指でいじるだけでもそれなりに気持ちよくなれます。

時間に対するパート数が多い関係で、ひとつひとつのプレイが軽くなってる点だけは気になりましたが
全体を通して見れば「乳首を開発しイかせる」という一貫性があります。
もう少しオナニー重視の構成にしてればより使い勝手が良くなったでしょうね。

絶頂シーンはドライ2回、射精1回。
淫語それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

「乳首メインでおちんちんも気持ちよくなれたらいいな」と思ってる人には特におすすめします。

CV:こやまはるさん
総時間 45:19

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年3月4日まで50%OFFの495円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。
期間中は前作も50%OFFになってます。

↑このページのトップヘ