同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:おねショタ

   ● 亀頭ほいくえん 手コキ&オナホコキフェチズム満載音声
   ● わるすぎお姉さんに騙されてマゾな”弟”にさせられた ~優しいフリして声質変えるお姉ちゃん~【バイノーラル】
   ● 【たっぷり6キャラ♪】即ヌキっ!~サクッとヌイてくれるお姉ちゃんの友達~【おねショタASMR】
   ● 【新次元耳舐め!!!】『耳底』ぐっぽり!! 『耳穴』ぞりぞり!!優しいJK義姉ちゃんに甘やかし溺愛耳舐めでイカされちゃうぅ~ッ♪
   ● 街はずれの洋館に住む女主人~ショタ乳首を開発し、性癖を捻じ曲げる~
   ● 【KU100】冒険者ギルドで遊び人のお姉さんたちに逆ナンされて冒険どころではなくなるお話♪
   ● 性に寛容すぎる田舎。【ノスタルジックフォーリー】
   ● ショタ化したら憧れの近所のお姉さんとねんごろになった件
   ● 全知全能女神が勇者を捕らえてエナジードレイン淫紋付与搾精
   ● 悪の組織のヒーロー悪堕ち洗脳催眠




茜新社が販売してる同人音声作品。

今回紹介する作品は、ほぼ正反対の属性を持つ2人のお姉さんが
おちんちんの悩みを抱えてる少年に気持ちいい治療を施します。

片方はお姉ちゃんのように彼を全肯定しながらひたすら甘やかす
もう片方は軽く見下しながらややハードに責めると、いった具合に
2人の個性を明確にしたうえで亀頭を重点的に責めて何度も射精に追い込みます。
射精シーンがとんでもなく多いのもポイントです。
包茎少年にする過激な治療
亀頭保育士の保奈美、亀頭衛生士の理沙が協力して包茎を治すお話。

「こんにちは 亀頭保育士の保奈美です」
保奈美は甘く優しい声のお姉さん。
「亀頭衛生士の理沙です」
理沙は丁寧語で話すクールな声のお姉さん。
保育園にやって来た主人公に挨拶し、早速おちんちんを出すように言うと
亀頭と包皮の間にローションつきの綿棒を入れて綺麗にします。

本作品は漫画「じょうずにぴゅっぴゅできるかな?【DLsite限定特典付き】」に出てくるお話を音声化したもの。
手術とは違う手段でおちんちんの悩みを解決してくれる場所で
彼女たちがおよそ60分に渡って気持ちよくしながら包茎を矯正します。
保奈美は主治医としてメインの相手を務め、理沙は射精後におちんちんを綺麗にする役を担当します。

保奈美「上手に言えたね いい子いい子 おっぱいでほっぺた よしよししてあげる」
理沙「汚れが悪化するので 今すぐ射精をお止めください」
最大の魅力は彼女たちのキャラ。
保奈美は近所のお姉ちゃんのようなあまあまな態度でリードするのに対し
理沙は事務的メイドっぽくクールな様子で軽く見下しながらお世話します。

どのパートも2人が個別に、あるいは同時に責めるおかげで大きな落差を感じます。

どちらかと言えば保奈美のほうが出番は多いので雰囲気はノーマル寄りですけど
理沙が割と容赦のない責め方をするため、総合するとややMあたりがメインターゲットになります。
理沙は亀頭磨きやアナルSEXといったアブノーマルなプレイを担当してますし
異なる属性を敢えて混在させて深みと面白味を与えてます。

エッチは目的が包茎治療なのでそれを見据えたプレイ構成になってます。
タイトルについてる手コキやオナホコキはもちろん出てきますし
それ以外に亀頭の洗浄、特殊なパンツを穿いて包皮を戻りにくくするなど独自要素も盛り込んでます。

ちなみに主人公は今回初めて射精するくらいの少年なので
彼女たちの責めにはとことん弱く、ちょっとした刺激でもあっさり射精します。
具体的には54分間で15回も射精シーンが用意されてます。
今回の治療に早漏改善は含まれてませんから、抜き場をできるだけ多くして実用性を上げてます。
優しさと厳しさを混在させてるエッチ
エッチシーンは4パート54分間。
プレイはハグ、オナホコキ、亀頭の洗浄、手コキ、耳舐め、歯ブラシ責め、授乳、クンニ、金玉へのビンタ(1回だけ)、SEX(正常位?、対面立位)、ペニバンアナルSEXです。
オナホコキ、亀頭の洗浄、手コキ、歯ブラシ責め、金玉へのビンタ、SEX、アナルSEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

保奈美「それでは今日から 本格的な亀頭保育を行っていきます」
冒頭でおちんちんの具合やサイズを確認した1週間後
保奈美は包茎治療の手始めに抱き合ったままオナホで気持ちよくします(サンプル画像の体勢)。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
前半の2パート29分間は本作品の特徴がよく出てるシーン。
「002 初診・上手にぴゅっぴゅとむっきんできたね(約18分)」はオナホコキと亀頭のお掃除
「003 お手々にいっぱいちーこちーこしてね(約11分)」は手コキと歯ブラシ責めで合計8回射精します。

保奈美「男の子が白いおしっこを出すことを お射精って言うの」
そして2人は早速まったく違う態度で彼に接します。
保奈美はエッチに関するあれこれを教えながらゆっくり責める性教育っぽいスタイルを取ります。
オナホに挿入しただけで射精しても怒るどころか精通を褒めてくれてすごく優しいです。
「ぷちゅ ぷちゅ ぷちゅーん」と擬声語を交えてプレイの様子を実況するなど
おねショタの醍醐味である甘さや温かさが凝縮されたキャラになってます。

理沙「これはまた 随分と浅ましく射精をされたご様子ですね」
それに対して理沙はクールさや容赦のなさを前面に押し出して責めます。
「亀頭磨きクロス」と呼ばれる布で綺麗にしてる最中に射精するのを見て軽く呆れ
次回は決して漏らさないように念押しして場を引き締めます。
意地悪というよりは仕事をきっちりこなすタイプの女性なのだと思います。

2番目のパートは後半から登場する歯ブラシ責めが個性的です。
前回使ったクロスでは亀頭の汚れを取り除けないと判断し
理沙が「ごしゅごしゅ」「しゅりしゅり」と言いながら熱心に刺激します。
音も鳴らしますけど音量が控えめになってて掛け声のほうが存在感は大きいです。

続く2パート25分間はより踏み込んだプレイが登場します。
「004 もみゅ、もみゅって亀頭をマッサージするね(約11分)」は
ローターを内蔵した別のオナホでしごきながらおっぱいを自由に吸わせ
「005 先生のおマンコにどーじょ(約14分)」は保奈美へのSEXと理沙からのアナルSEXを同時に体験します。

保奈美「んんっ 亀さん すごく立派に育ったね でも まだ足りません」
理沙「ここからは私が 正確な検査を行うため ピストンのお手伝いをします」
005パートは治療の総仕上げということで最初から2人とも登場させ
それぞれで別の役割を持って動く密度の高いプレイです。
SEXは亀頭だけおまんこに挿入してこれまでの成果を確認し
アナルSEXは快感が強すぎて自分では動けない彼を気持ちいい手段で理沙がサポートします。

ここだけで4回も射精シーンがありますし、最後を飾るに相応しい抜き応えのある内容でした。
彼の童貞を奪ったのもここまで頑張ってきたことに対するご褒美なのかもしれません。
両耳舐めのちゅぱ音、ピストン音、保奈美の喘ぎ声と純粋なエロ要素も充実してます。

このように、2人の性格に合ったやり方で甘やかしたり軽くいじめるメリハリのあるエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の割とハードな作品
テーマ性を持たせたうえでキャラも立ってるややM向けの作品です。

保奈美と理沙は包茎で悩んでる主人公のおちんちんをずる剥けにしようと
それぞれで役割分担しながら個別に、あるいは同時に違うプレイを繰り出します。
そして射精シーンを通常よりも遥かに多くして聴き手がいつでも抜けるようにします。

あまあまなお姉さんとクールなお姉さんが協力しておちんちんを矯正するシチュ
おちんちんに色んな手段で刺激を与えて亀頭を鍛えるテーマに沿ったエッチ
射精シーンをものすごく多くしておちんちんの弱さや精力の強さを表現する演出。
思春期の少年が年上の女性に気持ちよく弄ばれる様子を比較的柔らかいタッチで描きます。

中でも2番目は亀頭の洗浄、歯ブラシ責め、ローター入りのオナホで責めるなど
音声作品でもなかなかお目にかかれないプレイがいくつもあって面白いです。
包皮をずっと剥けた状態にするパンツを穿いたり、亀頭を育成する薬を塗るシーンもあります。
普通にエッチして終わりじゃ他の作品と一緒になってしまいますから、目的意識があるのは大事だと思います。

射精シーンは15回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

CV:保奈美…陽向葵ゅかさん 理沙…分倍河原シホさん
総時間 1:05:07

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「極淑しすてむ」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、エッチ大好きな悪いお姉さんが
街で偶然見かけた男の子をエッチな手段で自分の弟にします。

優しさと厳しさを組み合わせたややM~M向けのエッチをするのが特徴で
優しい時は甘い声、厳しい時はトーンの低い声と状況に応じて声質を変えながら
ゲーム形式で弄ぶ、貪るようなフェラをする、ハードな足コキで躾けるなど
パートによって大きく違う態度やプレイをして彼を従順にします。
弟が欲しいお姉さんと
姉宮 紗也音と4種類のエッチをするお話。

「うーん…お? うふっ あ、やだあの子 すっごく好みかも」
紗也音は甘くて色っぽい声の女性。
街中で主人公を見かけてすぐさま声をかけると
これから一緒にデートしようと誘います。

本作品は1人っ子で「お姉ちゃん」と呼ばれることに憧れてる彼女が
好みの少年を弟に見立てておよそ60分間のエッチをします。
彼女にはお姉ちゃんから連想される優しい顔と、悪いお姉さんとしてのSな顔があり
作中ではパートやシーンごとに使い分けて甘やかされる快感といじめられる快感を与えます。

「お姉さんの本当の目的はね 君みたいな子をとっつかまえて 自分の弟にしちゃうこと」
彼を自分好みの弟にしようとするところは確かに強引ですけど
作中で彼が嫌がることはほとんどないので雰囲気は割と甘いです。
相手が従順なうちは優しく接して、そうじゃなくなったら態度を変える方針で進めます。
彼女の二面性をわかりやすくするために声質を変えてあるのも面白いです。

エッチについては手コキ、耳舐め、フェラ、足コキとパートごとにメインのプレイを切り替え
そこに彼女らしい言葉責めを盛り込んで個性を出します。
足コキ以外は責めっぷりもそんなに激しくないので属性はややM~Mあたりです。
ちん嗅ぎや顔面騎乗といったマイナーなプレイも盛り込むなど
色んなことに挑戦しようとするサークルさんの意気込みが見られます。

どちらかと言えばプレイよりもキャラ重視の作品ですから
年上の女性に弄ばれるのが好きな人が最も楽しめると思います。
紗也音役を務める大山チロルさんも魅力が引き立つように上手く演じ分けてました。
ロリからお姉さんまで幅広くこなせる声優さんなので、彼女にお願いしたのは正解だと思います。
お姉ちゃんの色んな顔を見られるエッチ
エッチシーンは4パート44分間。
プレイはおちんちんの愛撫、手コキ、耳舐め、ちん嗅ぎ、フェラ、足コキです。
おちんちんの愛撫、手コキ、足コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「この変態マゾ おちんちん見せろ」
人が滅多に来ない場所へ主人公を連れて行った紗也音は
声のトーンを一気に下げて命令口調でおちんちんを出すよう指示します。

エッチは年上の彼女が終始責め続けます。
前半の2パート21分間は彼女の性格や声の使い分けといった特徴がよく出てるシーン。
「01 <射精したら弟> 出会い~弟射精(約8分)」はおちんちんの愛撫と手コキ
「02 <密着息吹きかけ&耳舐め> えちえちかくれんぼで密着スケベ(約13分)」は
場所を彼女の家に移して簡単なゲームと耳舐めをします。

「君のってこーんな感触なのね 手のひらで形と熱がすっごくわかる あったかくてかったぁい」
彼女は彼のお姉ちゃんになるためにエッチするので
女王様よりもずっと優しい態度で接します。
パンツ越しにおちんちんを撫でて彼の反応を観察してから中に手を入れてしごき始めます。
01パートの段階では言葉責めもソフトで手加減してるのがわかります。

物語の冒頭に自分で「悪いお姉さん」と言ってたからハード路線なのかと思いきや
実際は甘やかしもきっちりやって彼の心を引き寄せようとします。
おねショタなんだけどプレイをM向けに寄せてる感じですね。
射精時には毎回ぴゅっぴゅのセリフを言ってくれたりと、彼を気持ちよくしようとする姿勢が随所で見られます。

「ダメだ これ 夢中になっちゃう」
02パートは彼女が彼にハマり始めてるのが窺えます。
かくれんぼをした後に耳舐めするのですが、その最中に心情を漏らして溺愛っぷりをアピールします。
彼も彼女にすっかり懐いてるようですし、おねショタ特有の甘い空気が漂ってます。
耳舐めだけして射精へ持っていく流れなので聴き手はオナニーする形になります。

後半の2パート23分間は彼女の二面性を強調してます。
「03 <ちん嗅ぎ&バキュームフェラ> 下品に嗅いだりっしゃぶったり(約11分)」はちん嗅ぎとフェラ
「04.<キツイお叱り・罵倒で足コキ> パンツを盗んだ弟には連続弟射精(約12分)」は
足コキ、顔面騎乗、罵倒に近い言葉責めを繰り出して合計4回射精させます。

「あぁ くっさぁ ほんとに臭いわねぇ まだダメ もっとお姉ちゃんに嗅がせてみなさい」
03パートは彼女のエロさと彼に対する愛情の深さがよく表れてます。
彼が自宅へ来た途端におちんちんへ顔を近づけ
鼻を何度も鳴らしてオス特有の匂いをじっくり堪能します。
そしてある程度満足した後はバキューム中心のフェラで直接味わいます。

音声を聴いた限りだと彼女は匂いフェチなのかもしれませんね。
プレイもご奉仕色が強く一時的に2人の立場が逆転してます。
最後は精液を口で受け止め飲み干すなど彼女の優しい部分が強く出てます。

「こんなの辛い? 何言ってるの? お姉ちゃんが出せって言ったら出すの 射精するの」
それに対して04パートは厳しいところが引き立ってます。
彼が悪いことをしたのに対する罰として、おちんちんを足蹴にしたまま3連続射精へ追い込みます。
最中のセリフも容赦のないものばかりでMな人ほど興奮できます。
03パートの直後にこういうプレイをする展開も落差が大きくて面白いです。

やってることは明らかにハードですけど
彼を躾けるために敢えて厳しく振る舞ったと考えることもできるので
これも彼女なりの愛情表現なのかもしれません。
悪いお姉さんが悪いことしないのもおかしいですからこういう締めくくり方は有りだと思います。

このように、甘やかしといじめをほぼ半々のバランスで行う独特なエッチが繰り広げられてます。
M向けのおねショタ作品
ノーマル向けが多いおねショタでは珍しくM度が高めの作品です。

紗也音は自分好みの容姿や性癖を持つ主人公を立派な弟に育てようと
まずは手コキや耳舐めで気持ちよくしながら優しい言葉をかけて甘やかします。
そしてある程度仲良くなった後はアブノーマルなプレイを投入して躾けます。

弟が欲しくて堪らないブラコンなお姉さんが少年をエッチな手段で手懐けるシチュ
彼女に優しい顔と厳しい顔を持たせ、その違いを声質や言葉責めで表現するキャラ重視の作り
後になるほど踏み込んだプレイを用意し彼女の二面性も大きくするM向けのエッチ。
年下が大好きで悪いところも持ってる彼女の魅力が出るように作品を組み立ててます。

中でも2番目は彼女が色んな顔を見せてくれて活き活きしてます。
一部でハードなプレイもやりますけど、彼はかなりMな性格なのでサービスと見ることもできます。
優しいところもありますし、これが2人にとっての付き合い方なのかなと。
後になるほど彼女も彼にのめり込んでるのが伝わってきて心の繋がりを感じます。

あとは声質を変えてふたつの顔を表現するところがすごく面白いです。
音声でこういう表現方法をする作品はあまり見かけません。
声優さんの人選もバッチリですし、今後もサークルさんの武器となる可能性を秘めてます。

射精シーンは6回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

EXパートは「<わるすぎ寸止め> 射精誘惑手コキから低い声で寸止め」です。

CV:大山チロルさん
総時間 1:20:04(本編…1:00:34 EXパート…19:30)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月13日まで30%OFFの693円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「ふわとろ☆ギャラクシー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った個性を持つ6人のお姉ちゃんが
友達や先輩の弟にあたる少年を一対一でたっぷり気持ちよくします。

ギャルっぽいお姉ちゃんはハイテンションで積極的にリードする
水泳部のお姉ちゃんは水着を使いながら自慢の足でおちんちんをしごく、といった具合に
彼女たちの持ち味を活かしながらエッチに甘やかして幸せな射精に導きます。
エッチシーンのおよそ半分で片耳舐めをするのもポイントです。
色んなお姉ちゃんと個別にイチャイチャ
合計6人のお姉ちゃんとエッチするお話。

「ちょっ、だれ君? もしかして もえの弟くん?」
じゅり姉ちゃんは砕けた口調で話す甘い声の女の子。
友達の自宅へ遊びに行った時に主人公を見かけて声をかけると
Tバックが何か知らないようなので実際に見せてあげます。

本作品は実姉と同じ学校に通ってるお姉ちゃんたちが
可愛い見た目とは裏腹に立派なおちんちんを持つ彼をおよそ130分に渡って甘やかします。
女性が複数人登場しますが2人以上でエッチするシーンは一切なく
パートごとに彼女たちが交代し、違うシチュで相手する短編集っぽい作りになってます。

彼の噂が徐々に広まって興味を持つ女性が増える大まかなストーリーはありますけど
最初から順番に聴かなくても問題なく聴けるし楽しめます。
声優さんも全員違うので推しがいるならそこから聴くのがいいんじゃないかなと。

最大の特徴は幅広さと手軽さ。
前者はギャル、アイドル、生徒会長、お嬢様など様々なキャラを用意し
それぞれの性格や特徴に合ったプレイをして彼をとことん気持ちよくします。

「弟くん アヘ顔ちょー可愛い」
一部で恥ずかしいことをさせるシーンもありますが
おねショタがテーマの作品なのでM向けの要素はほとんどありません。
軽く辱めてから思い切り可愛がって彼女たちの優しさを強調します。
セリフも全体的に甘めでSEXは毎回中出しと手厚いリードをしてくれます。

後者は1パートあたりの時間を15~30分にまとめて1回ずつ射精シーンを用意します。
同人音声はこのところ長時間化の傾向があり、分けて聴くにしても区切りがわかりにくくなってます。
それに対して本作品は1話完結型だから仕事を終えた後にサクッと抜くのにも使えます。
どのキャラも明るい雰囲気で甘やかしてくれますから疲れてる人は癒しも感じるでしょう。

もうひとつ、全体を見ると耳舐めに力を入れてます。
大抵のパートは5~10分と短めなのですが、ひとつだけ30分近くやるパートがありまして
そのおかげで全部合わせたら57分となかなかのボリュームになってます。
外側をちゅぱちゅぱ舐めるスタンダードな責めだけでなく、耳の内側を舌で軽くぐりぐりするシーンもあります。

色んなタイプのお姉ちゃんが一対一でお世話するシチュと、耳舐めや実用性を重視したエッチ。
自由な時間があまりない人でも無理なく使えるように調整したノーマル向けの作品です。
キャラを活かした甘いエッチ
エッチシーンは6パート108分間。
プレイはパンツを見せる、おちんちんの愛撫、手コキ、耳舐め、SEX(騎乗位、バック、対面座位)、オナニー、キス、乳首責め、水着コキ、足コキ、乳揉み、授乳です。
おちんちんの愛撫、手コキ、SEX、オナニー、水着コキ、足コキ、乳揉みの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「じゃーん! ほら ちゃんとTになってるっしょ?」
主人公にTバックを見せつけて主人公を興奮させたじゅり姉ちゃんは
すかさず後ろから抱きついてズボン越しにおちんちんを撫で始めます。

エッチはごく一部を除いて彼女たちが責め続けます。
最初の2パート30分間はおねショタらしい甘くて温かいプレイ。
「01.むちむち白ギャル じゅり姉ちゃん(約14分)」は耳舐め、手コキ、騎乗位SEX
「02.こあくまアイドル ゆい姉ちゃん(約16分)」はオナニー、耳舐め、乳首責め、騎乗位SEXをします。
登場人物が多いのでセリフはすべて青で表記します。

じゅり「ねぇ もしうちが 弟くんとSEXしてもいいよって言ったら したい?」
じゅり姉ちゃんはギャルのイメージ通り明るくて積極的なキャラ。
彼は友達の弟にあたるので親しげに接しながらスムーズにリードします。
体を密着させたままおちんちんを愛撫して彼が抵抗しないか確認し
左右交互にコリコリした耳舐め音を鳴らしておちんちんをさらに元気にするなど丁寧です。
SEXは約3分と短いですが中出しできちんと甘やかします。

最中の効果音にこだわってるのも良いですね。
手コキは彼女がシコシコボイスを言うのに合わせて音を鳴らしてますし
最初はさらさらしてたのが我慢汁が出てくると湿り気を帯びます。
おっぱいを揉む音なんかも入っててエロさとリアリティを上げるのに貢献してます。

ゆい「オナニーしながらちゅーすんの 興奮するでしょ? もっとしよ?」
02パートのゆい姉ちゃんはふたつの意味でサービス精神旺盛なキャラ。
彼が自分のファンであることを知って喜び、姉とも親しいので特別なご褒美をあげます。
オナニーを見せるシチュはややM向けですけど見下されることは一切なく
キスや乳首責めで応援してからSEXで〆て幸せな射精をプレゼントします。
見たところ本当にアイドルをやってるようですし、そんな女性とエッチできる展開にも甘さを感じます。

「03.性に貪欲すぎる生徒会長 さつき姉ちゃん(約29分)」は耳舐めに最も力を入れてるパート。
耳への刺激が及ぼす人体へのヒーリング効果を調査してるお姉ちゃんが
彼の耳をほぼ時間いっぱい舐め続けながら手コキもします。

さつき「そんな だらしない声出しちゃって 可愛いよ」
彼女は真面目そうに見えて淫乱なむっつりスケベ。
左右の至近距離から前半は外側、後半は内側と分けてゆっくり責め続けます。
時間が経つにつれて徐々に吐息が熱っぽくなるなど
彼女も興奮してることをやんわり伝えてお世話されてる雰囲気を出してました。
終盤に6分くらい騎乗位SEXしますけど、耳舐めのほうが存在感はずっと大きいです。

個人的に一番好きなパートは「04.さばさば水泳部員 さや姉ちゃん(約18分)」。
女子更衣室で水着に着替えて勃起したおちんちんを鎮めようと
水泳部に所属するお姉ちゃんが水着コキ、足コキ、バックSEXをします。

さや「あたしの水着の おまんこが密着してた部分を こうやって弟くんのチンポにすっかり被せて 水着越しに手コキ するためだよ」
彼女はしゃべり方はクールですが性格はとても優しい女性。
自分から水着を脱いでつい先ほどおまんこが当たってた部分でおちんちんを擦ったり
後ろから抱き着いておっぱいの感触を味わわせながら足で優しく擦ります。
水泳部なら足も相当に鍛えてるはずですから、それを使って責めるのはキャラに合ってると言えます。

さや「うんうん いい感じ もっともっと突いて? んっ んんっ」
SEXでわざと受けに回ってるのもすごく良いなと。
これまでの3パートは全部騎乗位だったので彼に責めさせることで単調さを和らげます。
また作中で「大人になった時の練習」と言ってることから
女性の責め方を教える彼女なりの優しさと受け取れます。
気持ちいい時はちゃんと喘いでくれたりと、エッチを通じて彼を育てようとする思いが込められてます。

このように、年上の女性が持つ甘さや優しさを前面に押し出した抜きやすいエッチが繰り広げられてます。
多彩なおねショタ作品
おねショタの要所を押さえつつ幅広いキャラとプレイを用意した誰でも聴ける作品です。

お姉ちゃんたちは可愛い容姿と逞しいおちんちんを持つ主人公を甘やかそうと
それぞれに合ったやり方で責めながら優しい言葉もかけて幸福感と安心感を与えます。
そしてどのパートにも抜き場を用意し、さらに耳舐めも積極的にやって興奮させます。

面倒見がよくエッチも上手なお姉ちゃんたちが少年を優しく責めるシチュ
彼女たちの魅力が引き立つ設定とプレイでリードするキャラを活かしたエッチ
耳舐めを多めにやったり効果音にこだわってエロさを上げる演出。
M向けの要素をできるだけ取り除いて気分よく抜けるように仕上げてます。

中でも2番目はパートごとにキャラと声優さんの両方を変えて
同じおねショタでも新鮮な気分で聴けるように制作されてます。
前戯を挟んでからSEXに突入する展開が多いですけど、声や演技が違うと聴いた時の感触も変わります。
耳舐めに著しく寄せてるパートもあったりして守備範囲が広いと感じました。
前項で説明を省略した05と06パートも幼児プレイ、ギャップ萌えと違った良さがあります。

射精シーンは6回。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
抜き性能高めのおねショタ作品が好きな人には特におすすめします。

CV:じゅりお姉ちゃん…秋野かえでさん ゆいお姉ちゃん…浅木式さん さつきお姉ちゃん…琴音有波さん
さやお姉ちゃん…涼花みなせさん まなお姉ちゃん…陽向葵ゅかさん かなみお姉ちゃん…天知遥さん
総時間 2:07:05

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月29日まで20%OFFの1320円で販売されてます。



サークル「C_Realization」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、血の繋がってない弟を溺愛してるあまあまなお義姉ちゃんが
2種類の耳舐め手コキで幸せな射精に導きます。

エッチシーンのほぼ全部で耳舐めする尖った作りが魅力で
最初は1人、次は2人とスタイルを変えて耳元至近距離からちゅぱ音を鳴らし
さらに数分ごとに音や動きを変えたり優しい言葉をかけて彼女にお世話されてる雰囲気を作ります。
お義姉ちゃんがする濃厚な甘やかし
お義姉ちゃんが2種類の耳舐め手コキをするお話。

「ねぇ 弟くん なんでお義姉ちゃんが怒ってるか わかる?」
お義姉ちゃんは明るくて穏やかな声のお姉さん。
エッチなボイスドラマのCDを見つけて主人公に問いただすと
自分のほうが彼を気持ちよくできると言います。

本作品は両親の再婚に伴い彼と家族になった彼女が
偶然起こった出来事をきっかけにおよそ130分のエッチなお世話をします。
2人は血は繋がってませんが仲は実の姉弟以上に良く
彼女だけでなく彼も相手に一定以上の好意を抱いてます。
そのため2分程度の前置きを挟んだらすぐさまエッチに入ります。

「いっぱい気持ちよくなってくれて いいからね 弟くんのために 頑張って耳舐め研究したんだから」
そして耳舐めが大好きな彼をとことん満足させようと
左右の耳を個別に、あるいは同時にたっぷり舐め続けます。
どこを聴いても耳舐めと言っていいくらいボリュームがありますから、好きな人ほど楽しめるでしょう。
耳の内側や穴といった比較的深い部位を責めるシーンが多く
通常よりもややトーンが低くざらつきのあるちゅぱ音を鳴らします。


C_Realizationさんは以前から耳舐め特化の作風ですが
鈍い音を鳴らすこと(ぐっぽり感)はあってもジョリジョリしたものはあまり見かけませんでした。
同じく耳舐めを得意とされてるHORNETさんがこういうタイプの音を鳴らしてるので
そのへんの影響を多少は受けてるんじゃないかと私は思ってます。

微弱な圧や振動を伴うことが多いため、実際に聴いてみると耳のあたりが軽くゾワゾワします。
吐息を漏らすたびに微かな風圧も感じられますし、リアリティのある耳舐めに仕上がってます。
セリフよりも音のほうがずっと多いおかげで耳舐め音だけを楽しみやすいです。

「今度は お耳の穴 お口で覆うみたいにして舐めるよ」
もうひとつ、特に最初のパートでは耳舐めの種類にもこだわってます。
3分程度の間隔で簡単な説明が入り、それに合わせてちゅぱ音の鳴らし方や動きが変わります。
過去のサークルさんは同じ音をひたすら垂れ流すことがそれなりにあったので
マンネリ感を薄めたりメリハリを持たせる良い工夫と言えます。

片方ずつ舐める時に左右で違う流れにしてるのも面白いなと。
本作品はパートあたりの時間が40~80分と長いので、耳舐めを広く厚く表現することを意識してます。
それに対して手コキは同じ音を鳴らし続ける至ってシンプルなものです。

「エッチな気分になっちゃったら お義姉ちゃんに言ってくれればよかったのに お義姉ちゃん 弟くんの頼みだったら いくらでもおちんちん 気持ちよくしてあげるのに」
彼女についてはお義姉ちゃんらしい甘やかし上手なキャラに描かれてます。
彼が自分以外をオカズにして射精するのが我慢できないようで
「よしよし いい子いい子」など優しい言葉をかけながら全肯定する姿勢を見せます。

最初のパートは耳舐めに寄せてますけど、2番目のパートはセリフを多少増やしてバランス型にしてました。
焦らし、寸止め、連続射精といった意地悪な要素もありません。
年上の女性が持つ優しさや温かさをセリフとプレイに込めて気分よく射精させます。

量が多く幅広さもある耳舐めと彼女のあまあまなキャラ。
サークルさんの得意分野を以前よりも掘り下げてるノーマル向けの作品です。
ふたつのやり方でたっぷりご奉仕
エッチシーンは2パート122分間。
プレイは耳舐め、手コキ、精飲です。
手コキ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「音声作品なんかより お義姉ちゃんのささやき耳舐めのほうが ずーっと気持ちいいと思うよ」
主人公が姉モノの音声作品を聴いてるのを見て嫉妬したお義姉ちゃんは
本物の良さを教えようと右耳をゆっくり舐め始めます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の「(1) 新次元到達ッ!!! 囁き耳舐め誘惑手コキ♪(約80分)」は
片耳舐めをやりつつ多種多様な責めを繰り出すパート。
右耳→左耳の順にたっぷり舐めながらおちんちんもゆっくりしごいて優しく追い込みます。

「今度は もーっと深いところまで ぐっぽりぞりぞり舌 ねじ込んじゃうよ」
耳の外側や内側へ舌を丁寧に這わせてたかと思えば
5分くらい経つと穴の入り口や中を舌で擦ったり出し入れするプレイに変わります。
その後も口を開いて耳穴を覆ったまま舐めたり吸うなど内容が本当に多彩です。
何をしてるかわかりやすくなるように変える時は説明を挟んでました。

ひとつひとつの時間は3分くらいと短いですし
舐めるペースや強さも全体的に控えめで結構まったりしてます。
でもパートの時間がものすごく長いおかげで耳舐めをじっくり楽しめます。
耳舐め重視の作品は多いですけど、ここまで尖らせてるものは珍しいです。

右耳を終えて左耳へ取り掛かる時に吐息を多くしてるのも良いですね。
右耳とまったく同じにしたらダレますから新しい要素を加えて変化をつけてます。
耳キスも左耳から登場するプレイですし、単調にならないための工夫がきちんとされてます。

「弟くんの遺伝子の味 おいしい」
ちなみに射精はカウントに合わせて1回だけ行います。
事後に彼女が精飲するシーンを5分くらい設けて溺愛っぷりを表現してました。
耳元に口を近づけて舐めたりもごもごする、耳舐めとは違う種類のちゅぱ音を鳴らします。

もうひとつの「(2) 新次元到達ッ!!!×2 ダブル囁き耳舐め弄び手コキ♪(約42分)」は
彼女が2人に増えて左右の耳を同時に舐め始めます。
前のパートと同じくすぐさまエッチを開始し、おちんちんも同時に責めて再び射精へ追い込みます。

左「あぁ 可愛いよぉ いいよ いっぱい感じちゃって」
ひたすら両耳舐めするのは味気ないと判断されたのか
片方は彼を甘やかしたり彼女が喜ぶセリフを言う
もう片方は耳舐めを続けると役割分担しながら責めてました。

耳舐めに関する説明は大幅に省いてひたすら甘やかすスタイルへ変わります。

2人同時に舐めてる時は頭の中を音に包まれてる感覚がして心地いいです。
そして片方がしゃべる時は彼女の優しさや愛の強さが伝わってきます。
本作品において彼女のキャラは割と大事な要素ですから
このパートはそれをやや強調する形でプレイを組み立ててます。

このように、耳舐め手コキはそのままにして人数や進め方を変える特化型のエッチが繰り広げられてます。
耳舐めたっぷりな甘い作品
サークルさんなりのやり方でおねショタを表現してる濃い作品です。

お義姉ちゃんは自分に好意を抱いてるのに表に出せない主人公をスッキリさせようと
自分から積極的に動いて耳とおちんちんを気持ちよくします。
そして最初は一対一で幅広く、次は二対一で濃厚にと方針を変えてリードします。

ブラコンなお義姉ちゃんが弟を耳舐め手コキで甘やかすノーマル向けのシチュ
エッチシーンのほぼ全編で耳舐めを行い、シーンごとに責め方も変える広くて深いエッチ
言葉と行為の両方から彼をとことん甘やかす彼女のキャラ。
耳舐めをしっかりやりながら彼女の魅力や想いも伝わるように作品を組み立ててます。

中でも耳舐めは以前のサークルさんよりも明らかな前進が見られて満足しました。
過去作は量や音質は良いんだけど単調に感じるところがそれなりにあったので
音や動きの種類を充実させたり、人数を増やしたうえで役割分担する演出が効果的に働いてます。
耳の内側や穴を責めることが多いけど、力が抑えられてるおかげで頭が痛くなることもなかったです。
「ぞりぞり感」という新たな要素も加わってますし、今後も成長しようとする気持ちが込められてます。

耳舐めを頑張ってる一方で手コキは効果音を垂れ流すだけなのは少し残念ですけど
耳舐めが売りの作品でそこがしっかりしてるならいいんじゃないかと思います。
最初のパートは72分くらいノンストップでしごき続けるので
音声の通りにオナニーしたら高確率で暴発します。
前半は敢えてしごかず耳舐めを楽しみ、後半から始めるようにすれば大丈夫でしょう。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音大量、くちゅ音多め、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:柚木つばめさん
総時間 2:22:16(本編…2:11:11 フリートーク…11:05)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月27日まで15%OFFの1122円で販売されてます。



サークル「えるしすラバー♪」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大きな屋敷に1人で住んでる妖艶なお姉さんが
偶然そこにやって来た少年におちんちんとは違う快楽を教えます。

乳首開発しながらおちんちんも同時に責めるのが特徴で
どのパートもご褒美を用意して彼のやる気を高めてから
前半は比較的ソフトなプレイで感度を上げ、後半は強めにいじって気持ちいい射精に追い込みます。
無理矢理感を出さずに進めますから、悪いお姉さんに弄ばれる快感を楽しみながら抜けるでしょう。

絆創膏とローションを事前に用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
無垢な少年を立派な乳首マゾに
雨森 瑞樹(あめもり みずき)に乳首を開発されるお話。

「あら…君、そんなにズブ濡れで、どうしたの?」
瑞樹は穏やかで色っぽい声のお姉さん。
とある雨の日、自分の屋敷で雨宿りしてた主人公を見つけて声をかけると
とりあえず中へ入れてからタオルを取りに行きます。

本作品は裕福な家に生まれ20代で豪邸に1人暮らししてる彼女が
そこを偶然訪れた彼をおよそ140分に渡ってソフトに調教します。
彼女は男性がおちんちん以外で気持ちよくなる姿を見るのが好きらしく
彼に対しても一歩ずつ前進する形で乳首の気持ちよさを教えます。

「君、お姉さんの谷間をずーっと見てたのよ? 気づいてなかった? あらあら、可愛い♪」
精通は済ませてるけど女をまったく知らない彼に穏やかな態度で接し
挿し絵にも描かれてる大きなおっぱいを見せつけてさり気なく誘惑します。
割とSっ気のある性格ですが彼を見下したり罵声を浴びせることはありません。
彼が自分から乳首マゾに堕ちたくなるようゆっくり丁寧にリードします。
柚木つばめさんの声や演技も匂い立つような色気があって良いです。

また乳首未開発者をターゲットにしてる関係で
どのパートも必ず乳首とおちんちんをバランスよく責め続けます。
乳首の快感をまったく知らない人に特化型のエッチをしても消化不良になりやすいので
おちんちんの快感と連動させて乳首をいじるともっと気持ちよくなれることを教えます。
音声を聴く時も両方を同時にいじったほうがいいでしょう。

「君がもっと乳首で気持ちよくなってくれたら…乳首マゾに堕ちてくれたら…。フェラ、してあげる」
飴と鞭を組み合わせてリードするのも大きな特徴です。
乳首を開発してくれたらフェラしてあげる、自分の言う通りに射精したらSEXするなど
彼が乳首マゾになりたいと思える材料を用意します。
最終パートでは筆おろしもしますから、おねショタの醍醐味である甘やかし成分もきちんと含まれてます。
ゆっくりじっくり開発するエッチ
エッチシーンは4パート107分間。
プレイは乳首責め、乳揉み、手コキ、フェラ、乳首オナニー、亀頭責め、SEX(騎乗位)です。
手コキ、亀頭責め、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「男の子の乳首はね、オチンチンと神経が繋がってるの。例えばこんな風に、私の服の上から、オチンチンをスリスリーってされると、気持ちいいでしょ?」
主人公をお風呂に入れて服を乾燥機にかけた瑞樹は
自分の肌着を彼に着せてからおちんちんを優しくいじって興奮させます。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
前半の2パート43分間は乳首をソフトにいじりながら2人の関係を定着させるシーン。
「トラック1 お話の後に……(約18分)」は乳首責め+手コキ
「トラック2 宿題をやった君へのご褒美(約25分)」は乳首責め+フェラで1回ずつ射精させます。

「乳首に触れるか触れないかの位置を、スリ…スリ…スリ…スリ…。ね、気持ちいい?」
この時点の2人はほぼ他人なので彼女もいきなり大胆なことはやりません。
「おっぱいを揉ませてあげる代わりに乳首をいじりたい」と言ってエッチできる環境を作り
シャツ越しに指の腹でゆっくり撫でて彼の反応を楽しみます。

彼女は彼を弄ぶ喜びを味わい、彼は乳首とおちんちんの快楽を得る。
2人とも得するようにエッチを進めるので雰囲気は結構和やかです。
無理矢理感を出さないようセリフの表現にも気を配ってました。

そしてパート後半からは手コキが加わります。
「しゅくっ」という滑らかな水音をリズミカルに鳴らし
それと同時に乳首を撫でたり軽く引っかいて別の快感を与えます。
掛け声はそこまで細かく出しませんから、教えられたいじり方を好きにやってみるといいでしょう。

「ふふっお姉さんのお口、凄いでしょう…? 君の顔、もうとっろとろぉね… 乳首弄りは止めないわよ……ほら、カリカリ、カリッ、カリカリカリカリ~ぃ♪」
トラック2は乳首とおちんちん両方の刺激が強くなります。
乳首は乳輪を撫でて多少焦らした後に爪で引っかく責めを中心に行い
おちんちんは舐めと吸いを組み合わせたやや下品なちゅぱ音を積極的に鳴らします。
声が上品なキャラなので音とのギャップが大きく感じました。
フィニッシュはしっかり口で受け止め飲み干すなど、彼女の淫乱な部分が徐々に表へ出てきます。

またトラック2の名前を見ればわかるように本作品のエッチにはいくつか宿題が用意されてます。
それをこなすことで乳首の開発度がさらに上がり、彼女が成果を直接確かめるわけです。
宿題はEXトラックに位置付けられてるので本レビューでは説明を省略します。

後半の2パート64分間は調教色がやや強くなります。
「トラック3 乳首マゾ認定試験(約32分)」は乳首オナニー+亀頭責めをしながら3つの試験を行い
「トラック4 セックスがしたくてここまで堕ちたのに(約32分)」は
総仕上げとして乳首オナニー+騎乗位SEXで童貞を奪います。

「オアズケで鈍感になった乳首を休ませて、敏感になったところを自分で乳首弄ると、気持ちいいわよね…」
そう言える理由は焦らしや寸止めといった意地悪な要素が出てくるから。
トラック3は彼女にもたれかかる体勢で前半は指示通りに乳首オナニーし
後半はローションまみれの手で亀頭を責められながら彼女の許可が出るまで射精を我慢します。

やや恥ずかしいおねだりをさせるシーンもあったりと
彼女がご主人様、彼が下僕の関係を作ることも意識してリードします。
どぎつい描写は一切ありませんからMな人にはご褒美に感じるでしょう。

またこのパートは乳首責めから乳首オナニーに変わることを受けて
亀頭責めをするあたりから右側で「カリカリ」の掛け声を頻繁に言うようになります。
前のパートはこういう指示が控えめでしたから、そこが補われてよりやりやすくなってます。
寸止めを繰り返すおかげで射精した時の快感も強めでした。

「おっ、おっ、おっ、おっ…んぁ、ッ…おぁっ…ほぉおっ、おっ、おっ…」
トラック4は彼女の淫乱さを強調してエロさを上げてます。
前半はゆっくりペースで腰を打ちつけるやや抑えた責めっぷりだったのが
後半に入ると一気に激しくなり、それに合わせてオホ声を漏らすようになります。
普段の声とは随分違うので聞いた直後は少し驚くでしょうね。
最後の絶頂シーンも獣のようなイキ声を漏らしてくれます。

乳首オナニーについてはほぼ自由です。
トラック3のように細かな指示を出すことはありません。
SEXの様子や彼女の乱れっぷりに焦点を当ててるので脇役に感じました。
彼が乳首オナニーのやり方を既に身に着けてるから敢えてこうしたのかもしれません。

このように乳首、おちんちん、心をバランスよく責めるM向けのエッチが繰り広げられてます。
乳首重視の穏やかな作品
乳首開発しながらお姉さんに弄ばれる快感も味わう変わったおねショタ作品です。

瑞樹は自分の屋敷で雨宿りしてる主人公を立派な乳首マゾに育てようと
おちんちんの快楽を餌に乳首を責めたり乳首オナニーさせて徐々に開発します。
そして前半は優しく、後半はやや意地悪にとスタイルを変えて彼のM心もくすぐります。

年下の男を弄ぶのが大好きなお姉さんが初心な少年の乳首を開発するシチュ
どのパートも乳首とおちんちんを同時に責めて射精へ持っていく未開発者向けのエッチ
飴と鞭を組み合わせて彼をやる気にさせる巧みなリード。
嫌な気分をまったく抱かずに乳首を開発できるよう作品を組み立ててます。

中でも2番目はこのところよく見かける乳首だけをいじるタイプではなく
乳首とおちんちんの快感を連動させて射精の快感を押し上げる方針を取ってます。
既に開発してる人にとってはやや物足りなく感じるところもあるでしょうけど
乳首をまったくいじったことのない人や開発中の人にはこのほうがやりやすいと思います。

彼が自分から乳首マゾへ堕ちられるようにリードするのも印象的でした。
彼女の欲望を満たしつつ、彼にも十分なご褒美を与えて楽しい時間を過ごします。
最終パートでは筆おろしもきっちりやりますし、彼女なりの甘やかしと言える内容に収まってます。

射精シーンは4回。
くちゅ音多め、淫語と喘ぎ声それなり、ちゅぱ音そこそこです。

EXトラックは2つの宿題、おまけは約2分の音声とフリトークです。

CV:柚木つばめさん
総時間 2:52:15(本編…2:15:45 EXトラック…28:56 おまけ…7:34)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「ダチュラスクリプト」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、戦闘は苦手だけどエッチは得意な遊び人のお姉さんが
新米勇者とパーティーを組んでエッチな経験値稼ぎをします。

おねショタ特有の甘さとエロさを組み合わせた濃厚なエッチをするのが特徴で
片方は彼を少年扱いしながら色っぽく、もう片方はとことん持ち上げながら健気にとスタイルを変え
下品なちゅぱ音を激しく鳴らしたり連携を取って責めて何度も射精に導きます。
物語が進むほど2人が彼に本気で惚れますから甘さがどんどん強くなるのを感じるでしょう。
お姉さんとする気持ちいい冒険
ステラ(挿し絵左)、マリー(挿し絵右)と6種類のエッチをするお話。

「あ、ねぇねぇマリー あの子にしない?」
ステラは上品で色っぽい声のお姉さん。
「どの子ですか? あぁ あの子ですね」
マリーは丁寧語で話す明るい声のお姉さん。
主人公に突然声をかけて事情を話すと、彼が勇者だと知って驚きます。

本作品はクエストやモンスター退治をせず酒場やカジノで働いてお金を稼いでる彼女たちが
ギルドの前で偶然見かけた彼とパーティーを組み、およそ100分に渡って色んなエッチをします。
2人は遊び人なので戦闘ができない代わりにエッチのレベルは非常に高いです。
だから初心で童貞な彼を優しくリードしながら自分たちの魅力をアピールします。

ステラ「ドスケベな大人のお姉さんに食べられちゃう前に ステラたちが たっぷり教育をしてあげるね」
ステラは「悪いお姉さん」と呼ぶのがピッタリの淫乱な女性。
このあたりに痴女が出るから保護すると言って彼を捕まえ(もちろん犯人は彼女たち)
音声開始から3分後にはもうおちんちんを取り出してしごき始めます。
大山チロルさんの妖艶な声も相まって王道の痴女キャラになってます。

マリー「おっきなチンポの勇者様と パーティーを組めて マリーたちは幸せです」
それに対してマリーは尽くすタイプの女性。
彼のことを「勇者様」と呼んで持ち上げたり、自分の気持ちを素直に伝えて幸せな感覚を与えます。
ステラと組んでるのでもちろんエッチは上手ですけど
痴女よりも近所のお姉さんに近い温かみのある女性です。

同じ遊び人でも性格が随分違うのでキャラが立ってました。
2人で同時に責めるシーンと交互に責めるシーンを同じくらいの時間用意し
複数人プレイと彼女たちの個性が両方出るようにバランスを取ってます。
お話が進むにつれて2人の態度が変わるなど、エッチ以外の部分にも気を配って作品に深みを与えてます。

エッチは遊び人の痴女から連想される通りエロさの高いものです。
2人で同時に責める時は複数のちゅぱ音を鳴らしながら熱っぽい吐息を漏らすし
交互に責める時も例えばフェラならステラは下品に、マリーはそれよりも大人しくと
キャラの違いがわかりやすくなるように責め方を変えてます。
射精シーンが比較的多いですから抜き場に困ることはまずないでしょう。

完全女性上位ですがM向けの要素はほとんどないのでノーマル向けです。
年上の女性にねっとり優しくお世話されるのが好きな人に最も向いてます。
音の量と密度にこだわったエッチ
エッチシーンは6パート78分間。
プレイは手コキ、フェラ、耳舐め、SEX(騎乗位)、キスです。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

マリー「ふふっ 暴れちゃダメですよ勇者様 これは マリーたちとあなたが仲良くなるための ただのご挨拶みたいなものなのですよ」
主人公と無事パーティーを組めたステラとマリーは
その場でズボンとパンツを脱がせて挨拶代わりに手コキします。

エッチは経験豊富な彼女たちが終始リードします。
最初の3パート45分間は2人の痴女っぷりをわかりやすく描いてるシーン。
「01.ステラとマリーの逆ナン耳キス♪(約10分)」はギルドの前で手コキ
「02.ステラとマリーの連続フェラチオ♪(約20分)」は宿に移動してから2連続フェラ
「03.ステラとマリーの耳舐め手コキ♪(約15分)」は翌朝に耳舐め手コキして4回射精させます。

ステラ「変態バニーのステラに お精子見せて? ザーメンいっぱい ぴゅっぴゅして?」
マリー「やっぱり勇者様は おちんぽのほうも一流なんですね」
彼女たちは職業柄パーティーに入ろうとすると断られることが多く
ほぼふたつ返事で仲間にしてくれたことが余程嬉しかったようです。
ステラは右、マリーは左に体を密着させてからおちんちんをゆっくりペースでしごきます。
そしてプレイ中はやや媚びる感じでおねだりしたり彼を持ち上げていい気分にさせます。

この世界でも勇者になれる人は希少らしいですから
彼が上、彼女たちが下という関係を維持したまま気持ちよくします。
ちなみに01パートは「耳キス」がついてますけどやるのは手コキのみです。

本作品のエロさをストレートに物語ってるのが02パート。
ステラ→マリーの順にフェラするのですが
ステラは水分高めの下品なちゅぱ音をガンガン鳴らします。

最初は緩めのペースで吸い中心だったのが、少し経つと包皮の間に舌を滑り込ませ
さらにバキュームを絡めたピストンフェラで一気に射精へ追い込みます。
「童貞がこれやられたらすぐ出ちゃうだろうなぁ」と思うくらい強烈なフェラです。
次に出てくるマリーも十分エロいですがステラの直後に聴くと控えめな印象を受けます。
精液はきっちり口で受け止め飲み干すなど、男慣れしてるのがプレイを通じて伝わってきます。

03パートは2人いる状況を活かした密度の高いプレイ。
手コキから始まりその3分後に両耳舐めが加わります。
ここもステラは舌で素早く舐める、マリーはゆっくりちゅぱちゅぱするといった具合に
音だけで2人の性格の違いがなんとなくわかるように演じ分けてます。

マリー「あなたは本当なら 今頃 命を賭けて モンスターを退治する 勇敢な冒険者になってたはずですよね でも わるーい遊び人のお姉さんたちに捕まったばっかりに こうして おちんぽを 好き勝手に弄ばれてるんです」
手コキ音が小さめですからここは耳舐めを楽しむパートかなと。
冒険を忘れてエッチに励んでる状況を教えて軽く背徳感を煽るなど
心身両面をバランスよく責めて充実した射精に導きます。
ここでの2人は初心な少年を堕落させる悪いお姉さんに描かれてます。

続く2パート24分間はSEXシーン。
「04.バニーお姉さんのぴょんぴょんセックス!(約11分)」はステラ
「05.猫耳お姉さんとの猫撫で声セックス!(約13分)」はマリーと騎乗位で生ハメします。

マリー「童貞の卒業 おめでとうございます」
ステラ「ステラも 君のチンポのことが ますます好きになっちゃったよ」
04パートは筆おろしにあたるので丁寧に進めます。
挿入後にお祝いの言葉を言ったり、射精後は満足そうな表情を見せて幸せな初体験をプレゼントします。
ピストンのペースを緩めに設定する、最中に濃厚なキスを挟むなど
初心な少年を弄ぶのではなく本気で愛情を注ぐつもりで相手をします。

彼と何度かエッチしたことで彼女たちの内面に変化があったことがわかります。
SEXによって体をひとつにするのと同時に心の距離も近づけて甘さを出してました。
これらの次にあたる「06.ステラとマリーの耳かき♪」で2人の気持ちがきちんと語られてます。

このように、彼女たちの魅力を出しつつ抜きやすさにも配慮したエッチが繰り広げられてます。
エロさ重視のおねショタ作品
年上のお姉さんに甘やかされながら搾り取られるややハードな作品です。

ステラとマリーはクエストを受けに来た主人公の仲間になろうと
軽い雑談をしてから早速手コキして彼の心を一気に引き寄せます。
そして宿に移動した後はより踏み込んだプレイをして親密度をさらに高めます。

遊び人をしてる2人のお姉さんが新米勇者をエッチで鍛える魅力的なシチュ
2人同時に責めるパートと一対一で責めるパートを同じくらい用意し
その両方でステラとマリーの違いが出るように行うキャラを大事にしたエッチ
下品なちゅぱ音、熱い吐息、連続生ハメといった痴女らしさを感じる要素の数々。
一般的なおねショタよりも刺激を強くして実用性を上げてます。

中でも2番目はステラは「勇者くん」、マリーは「勇者様」と呼称がまず違いますし
責めっぷりもそれぞれの口調や性格に合わせてあってなかなか凝ってます。
得意なプレイとかは設定されてないのでやることは基本的に一緒ですが
声優歴の長い大山チロルさん、琴音有波さんの演技力によって明確な違いが出てます。
02パートのフェラはそれが顕著に出てるし2人の痴女っぷりがわかりやすく表現されてます。

マリー「マリーは今 勇者様に 心の底から 惚れてしまってるんですよ」
悪いお姉さんがいいお姉さんに変わる展開も面白いです。
最初は彼の体を味わいたくて近づいたのが
彼の魅力に少しずつ気づいて彼女たちのほうから惚れ込んでいきます。
遊び人の自分たちを仲間にしてくれた優しさ、エッチで見せる可愛さ、そして立派なおちんちん。
そうなってもおかしくない要素がちゃんとあるので彼女たちの変化も頷けます。

色んな特徴を持ってるからでしょうけど視聴後の余韻も多少長く続きました。
抜き性能も割と高いですし(特に02パート)、総合力の高い作品と私は見てます。

射精シーンは7回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:ステラ…大山チロルさん マリー…琴音有波さん
総時間 1:47:32

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月7日まで30%OFFの1155円で販売されてます。



サークル「おんせん☆はにぃ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、変わった風習を持つ村に住んでる2人の女性が
夏休みを利用して遊びに来た少年に忘れられない思い出をプレゼントします。

片方は初めての体験に戸惑う彼をゆっくり優しくリードする
もう片方はツンデレっぽい態度で後になるほど淫乱さを増す、といった具合に
2人の魅力を出しながらゆっくりじっくり射精へ追い込むSEX重視のエッチをするのが特徴です。
貞操観念がほとんどないお姉さんたち
叔母の香奈や従姉のみなみと4種類のエッチをするお話。

「うふふ 美味しい? 親子丼」
香奈(挿し絵左)は穏やかで色っぽい声のお姉さん。
「ほーんとよく食べるよね あんたって 育ち盛りなんだね」
みなみ(挿し絵右)は砕けた口調で話す可愛い声の女の子。
主人公と3人で親子丼を食べてる時に昔のことを話すと
みなみのおっぱいが大きくなったことも教えて彼の反応を見ます。

本作品は恋人や夫婦じゃなくてもエッチするのが当たり前な風習を持つ村を舞台に
彼女たちがおよそ90分に渡って彼を優しくリードします。
彼は思春期あたりの少年でもちろんSEXしたことはありません。
そのため2人が体を張ってその手ほどきをする性教育っぽい展開になってます。

香奈「それにしても あなたほんとに可愛い顔してるわね 姉さんに似たのかしら」
叔母の香奈は上品だけど結構淫乱な女性。
自分の手料理をもりもり食べる彼を興味深そうに眺めます。
まだ30代なので老けてる感じは特になく、エッチも積極的に責めてくれます。
みなみが彼の相手をする時はサポート役に回るところも大人の女性らしい余裕を感じます。

みなみ「私だって あんなの見せられて ぬ、濡れちゃったんだから」
それに対してみなみは淫乱さを受け継いでるけどまだ初々しい女性。
村の風習に対してあまりよく思ってない態度を取ったり
「香奈が夜這いに来たら寝たふりをするのよ」と彼にアドバイスします。
しかし一旦火がつくと突っ走る若者らしいところもあります。

2人の魅力を出しながらエッチを進めるのでキャラが結構立ってます。
風習のおかげでスリルや背徳感といった暗い要素は一切ありません。
女を知らない少年がそれに触れる様子を作品固有の要素を活かしたやり方で描いてます。
2人の近さと熱を感じるエッチ
エッチシーンは4パート59分間。
プレイは耳舐め、SEX(騎乗位、正常位?)、キス、授乳、手コキ、体の洗浄です。
服を脱ぐ、SEX、手コキ、体の洗浄、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

香奈「おばさんが 一緒に布団入って あっためてあげようか?」
その日の深夜、主人公の部屋へ夜這いをかけた香奈は
彼が寝たふりをしてることに気づき左耳を軽く舐めて反応を見ます。

エッチは年上の彼女たちが責め続けます。
前半の2パート30分間は3人が肉体関係を結ぶきっかけを描いたシーン。
「【2】その日の夜、寝室にて(1)(約17分)」は香奈が1人で筆おろしを行い
「【3】その日の夜、寝室寝室にて(2)(約13分)」は少し後にみなみがやって来て中出しSEXします。

香奈「SEXはね 裸でするの それくらいは知ってるかな?」
香奈は確かに貞操観念のない女性ですけど、嫌がる彼を無理矢理襲ったりはしません。
彼が抵抗しないことを確認してから耳とおちんちんを優しく責めます。
初めての体験に彼が不安がらないようSEXの流れを教えるおねショタらしいリードです。
囁き声で話すたびに微弱な風圧が感じられて彼女の近さを感じます。

肝心のSEXも挿入してからゆっくり腰を動かす無理のない責めっぷりです。
熱っぽい吐息と声量を抑えた艶めかしい喘ぎ声
そしてパンパンというピストン音でプレイの様子をリアルに表現します。


この後のパートも含めてSEX中の会話量を少なめにしてました。
説明文を見る限りサークルさんが音に自信を持たれてるようですし
それを聴き手に楽しんでもらうためにこういう作りにしたのでしょう。
ガチエロ路線ではなく雰囲気重視のしっとりした筆おろしです。

みなみ「こっ これ 気持ちいいっ」
それに対してみなみは対等な恋人同士に近い距離感でSEXします。
彼をリードするところは香奈と一緒ですがおっぱいを軽く揉まれただけで乱れたり
SEXの時は激しめに腰を振りながら気持ちいいことを素直にアピールします。
彼女は処女じゃないですけどその時はあまり気持ちよくなかったそうです。
でも彼とは体の相性が良いらしく序盤から普通に喘ぎます。

初々しい反応やストレートな乱れっぷりに若さを感じました。
普段はツンツンしてるのにエッチの時は素直になるところも良いです。

後半の2パート29分間は親子丼を前面に押し出したシーン。
「【4】翌朝……その日から変わった、ぼくの日常性活(約9分)」は授乳+手コキ
「【5】エッチ三昧の毎日……お風呂で親子丼3P(約20分)」は
お風呂場でみなみ→香奈の順に再びSEXします。

香奈「皮がちゃんとむきむきできたら こうやって しゅっ しゅってゆっくり擦ってあげるの」
みなみ「こ、こう?」
一度エッチしてみなみも色々吹っ切れたのでしょう。
香奈におちんちんの責め方を教わりながら丁寧にしごいて射精へ追い込みます。
香奈のおっぱいを吸いながら、みなみが耳舐め手コキするためエッチな音の密度も高いです。

射精を我慢する彼に優しい言葉をかけて心を開放するなど
引き続き性教育っぽさを出しながらエロさをパワーアップさせてます。
「【3】その日の夜、寝室寝室にて(2)」でも香奈は登場しますが
その時は2人のSEXを見守りながら話すだけなのでこのパートから本格的な親子丼になります。

最もエロいのは最後のお風呂パート。
5分程度の前置きを挟んでからエッチに進んでた以前の3パートとは違い
音声開始から5秒後には早速SEXが始まる抜き重視の作りになってます。

みなみ「あぁ そこいいっ もっと もうすっかりSEX慣れてきてんじゃん このスケベ」
香奈「あぁすごいわ このおちんちん 出したばっかりなのにもう こんなにガチガチになってる」
彼がすっかりSEX慣れしたことをからかいながら喘ぐみなみ
若い男のおちんちんを嬉しそうに味わう香奈。
プレイをほぼSEXに絞り込んで2人の内面を描きながらエッチな音をガンガン鳴らします。
SEXしてないほうはそれぞれのやり方で援護しますし、彼を取り合うのではなく共有する形で進めます。

前の3パートで前置きを色々挟んでたのはこのパートを盛り上げるための演出なのかもしれません。
最終パートが一番エロいほうが抜きやすいし後味も良くなりますから上手くまとめてると思います。
このように、心のケアをしながら女性の愛し方を教える甘くて穏やかなエッチが繰り広げられてます。
エロさ高めの親子丼作品
上品なエロさを持たせて少年に性教育するノーマル向けの作品です。

香奈は夏休みに遊びに来た主人公の体を味わおうと
好意的な態度を取ったうえで夜這いをかけて童貞をいただきます。
そしてみなみはSEXに対する認識を変えるために彼と交わり女の快感に目覚めます。

それぞれに違った個性を持つ2人の女性が少年とSEXするおねショタ展開
彼の年齢や属性を踏まえて性教育らしさを出しながらゆっくりリードする優しいエッチ
前半は個別に、後半は同時に責めるスタイルにして後になるほどエロさを上げる作り。
2人とも淫乱なんだけど彼を思いやってるのが伝わるように作品を組み立ててます。

中でも2番目は若い男の体を一方的に貪るのではなく
彼もSEXを楽しめるように育てる肉親らしい接し方をしてて甘いです。
香奈は彼の気持ちや反応を観察したり、みなみがSEXしてる時はそれを応援する大人の対応をします。
みなみも冒頭で彼に寝たふりをするようアドバイスする優しさを持ってます。

3人がそれぞれを求め合った結果こういう関係になっただけで無理矢理感はありません。
最終パートは彼がみなみと対等に責め合うくらいまで成長します。
エロさがあって、キャラが立ってて、雰囲気も良いと色んな魅力を持ってます。

射精シーンは5回。
くちゅ音多め、淫語と喘ぎ声それなり、ちゅぱ音そこそこです。

おまけは2種類の耳かき音声です。

CV:香奈…琴音有波さん みなみ…涼花みなせさん
総時間 1:35:56(本編…1:25:44 おまけ…10:12)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月16日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「みやぢ屋」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大きなおっぱいを持つ面倒見のいいお姉さんが
夜の公園で偶然見かけた少年と幸せな日々を送ります。

聴き手が主人公とできるだけ同じ視点で楽しめるように作られてるのが特徴で
いきなり核心に触れたりせずまずは普通に会話やデートをして心の距離を縮め
それらの最中にリアルな効果音や環境音も鳴らして作品の世界に引き込みます。
甘酸っぱい体験をもう一度
ショタになってご近所さんの金城アリサとイチャイチャするお話。

「あーっ! 僕くんずるーい」
アリサは明るくて穏やかな声のお姉さん。
一緒にゲームをしてる最中、ハメ技を使われて少しムキになると
たっぷり遊んでから今日は自分の家に泊まるよう言います。

本作品は昔よく遊んでたけど成長するにつれて疎遠になった男女が
ある出来事をきっかけに再び仲良くなる様子を主人公の視点で楽しみます。
彼は立派な大人ですが物語の開始時点で少年の体に戻っており
途方に暮れてたところを彼女に拾われ優しくしてもらいます。

「ねぇ それ あまりにもだぼだぼだし 着替えない?」
体よりもずっとサイズの大きい服を着てる姿を見て不憫に思い
説得してから自分の家に連れて行き、彼が昔着てた服をプレゼントします。
そしてその後も家の中や外で一緒に過ごしながら少しずつ親密度を高めます。
おねショタ特有の甘い空気が常に漂ってて聴けば聴くほど心がぽかぽかします。

前半の50分間は非エロ、後半の40分間はエッチと両者のバランスがほぼ同じで
彼女と一緒に過ごしてる気分に浸りながら抜くことを目指したボイスドラマになってます。
没入感を高める要素が色々入ってるおかげで彼とほぼ同じ視点で楽しめます。

そのひとつが最中に鳴る効果音や環境音。
前者はエッチだけでなく小さな物音(ココアを作る音など)にもリアルな音が入ってますし
後者も2人がいる場所に応じて大きく変わるので雰囲気を掴みやすいです。
街中で他人の声や車の走行音が鳴ってたかと思えば、家に帰ると微かな音へと変わります。

みやぢ屋さんは以前から音にこだわりを持ってるサークルさんですから
今作でもそれをしっかり活かすことを心がけてます。
ストーリーがダイジェスト風になってる関係で特定の音をじっくり聴くことはできませんけど
2人がどういう経緯で昔の関係を取り戻すかがわかりやすくなってます。

もうひとつ、サークル主のみやぢさんがR-18音声に初挑戦されてるのもポイントです。
確認した限り少なくとも有料作品は全年齢とR-15にしか出たことがありません。
そのため今回は通常よりも控えめな内容になってました。
彼女を応援してるファンにとっては堪らない作品と言えるでしょう。
徐々に近づいてく2人の心
最初の5パート51分間は非エロのお話。
主人公が昔アリサと遊んでた頃の夢を見るところから始まり
夜の公園でショタ化した彼を偶然見かけた彼が家に連れて行ってあれこれお世話します。
そしてその後はデートに出かけたり、具合の悪い彼女を介抱するイベントが発生します。

「じゃあ…はい ん? 手 繋いでいこ? デートだからね」
彼女は彼と会った時点で子供の頃のことを思い出してたようで
最初から実の姉に近いあまあまな態度で接します。
自宅に入れてご飯を食べさせる、買い物へ出かける際に手を繋ぐ
ある程度仲良くなった後は耳かきや添い寝をするなど徐々に踏み込んだ行為へ移ります。

彼がショタ化した事情を話せば解決するはずなのに敢えてそうしなかったのは
単純に非現実的なことや、聴き手にも彼女と仲良くなる過程を楽しんでもらいたいからです。
ショタ化する設定以外は割と現実味を持たせたストーリーにしてました。
彼女の態度も序盤は彼に遠慮してるのがわかります。

ちなみに本作品の構成はやや特殊になってまして
ひとつのパートでひとつのお話をするのではなく、複数のエピソードを盛り込みながら進めます。
例えばトラック04(約19分)は前半で彼女に薬を飲ませたり体を擦ってたのが
後半はその後夕食の買い出しをしてくれた彼に耳かきやハグをします。
もう少しエピソードを絞ったほうが落ち着いて聴けると私は思います。

ただし、最中に鳴る効果音や環境音はどれもリアルで質が高いです。
自然さが出るよう彼女のセリフも実況を少なめにしてましたし
サークルさんの得意な部分を活かして癒しながら熱中させます。
口とおっぱいでご奉仕するエッチ
エッチシーンは2パート39分間。
プレイはキス、乳揉み、耳舐め、手コキ、パイズリです。
乳揉み、手コキ、パイズリの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「苦しい? 今 ムラムラして 苦しいよね?」
主人公がアリサの家にお泊りした次の日の朝
先に目覚めた彼女が彼におはようのキスをすると
それに反応して元気になったおちんちんを鎮めてあげます。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
最初のトラック05(約10分)は甘さ強めの比較的ソフトなプレイ。
ライトなキスとディープなキスを順にやって彼を興奮させてから
大きなおっぱいを好きにさせて甘えたい欲求を満たします。

「柔らかい? いいよ もっと触ってみて?」
彼女は現在20代ですがエッチの経験はほとんどないらしく
キスは熱い吐息を挟みながらゆっくりペースで進めます。
その後から始まる乳揉みも恥ずかしそうな表情を見せてくれて初々しいです。
実況と彼女の反応を中心に描いて彼女とイチャイチャしてる雰囲気を作ります。

ちなみにこのパートは途中でトラブルが起きて中断するため射精シーンはありません。
2人がもうエッチしても大丈夫な関係になってることや
彼女がエッチにそれほど慣れてないことを表現することに力を入れてます。

次のトラック07(約29分)は彼女が彼の正体を知った後のお話。
公園で再会した2人が雑談した後、彼女の家に移動して前回よりも濃いエッチをします。

「んっ それ 指先で優しく触れられるの すっごい気持ちいい」
口を使うプレイはキスと耳舐めの2種類に増え
おっぱいも彼に揉ませる以外におちんちんを挟み込む責めが加わります。
彼女は乳首が弱点らしく、いじられるたびに喘ぎ声を漏らしてました。
おちんちんをいじり始めてから射精するまでの時間は約10分と短めです。

みやぢさんが初めてエッチな演技をされてるのだから仕方ないのでしょうけど
総時間の半分以上を使って盛り上げた後にするエッチにしては大人しい印象を受けました。
キス、乳揉み、耳舐めに半分以上を使ってるので
このバランスをもう少しおちんちん寄りにしてればもっと抜きやすくなったと思います。

射精シーンの描写が割とあっさりしてるのももったいないなと。
2人が昔の関係を取り戻せた幸福感や満足感をプレイにしっかり反映させて欲しかったです。

このように、キスや乳揉みといった比較的ソフトなプレイを中心に据えた甘いエッチが繰り広げられてます。
ストーリー重視のおねショタ作品
甘えん坊な男性が憧れるシチュを疑似体験させてくれるノーマル向けの作品です。

アリサは公園で偶然見かけた少年をなんとかして助けようと
ショタ化した主人公だと知らないまま自宅へ連れて行ってあれこれ世話を焼きます。
そして十分仲良くなった後は口やおっぱいを使ってエッチに甘やかします。

優しくて面倒見のいい近所のお姉さんがショタ化した男性とイチャイチャするシチュ
総時間の半分以上を非エロに割き、2人が少しずつ仲良くなる様子を描くボイスドラマっぽい作り
彼女があまり慣れてないことを踏まえてゆっくりのんびり責めるエッチ。
純粋なエロさよりも彼女との一体感や充足感といった癒しの感覚を重視して作られてます。

中でも2番目は敢えて彼女が彼の正体を知らない設定にすることで
見ず知らずの少年を親身にお世話する優しさを上手く引き出してます。
序盤は彼女が一方的にケアしてたのが、中盤に差し掛かると逆に彼を頼るようにもなります。
彼に対する信頼度が上がったから弱さを見せられるようになったのでしょう。

全年齢やR-15を中心に制作されてるサークルさんなだけあって
キャラ作り、ストーリー、エッチじゃない音といった健全な部分は総じてレベルが高いです。

エッチについてはなかなか判断が難しいところです。
初めてR-18に挑戦した状況を考えれば頑張ってるほうだと思いますけど
おちんちんを責め始めるタイミングがかなり遅くなってることや
お膳立てをした後にそういうプレイをしてるところは引っ掛かります。

実力のあるサークルさんなので、場数を踏んでいけばどんどん良くなると思います。
今後の作品でどう変わっていくかが楽しみです。

射精シーンは1回。
くちゅ音・ちゅぱ音・吐息それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

CV:みやぢさん
総時間 1:44:05

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年2月13日まで15%OFFの1122円で販売されてます。



サークル「にじいろのほし」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、この世界を長い間治めてる穏やかな女神が
自分の呼びかけに応じてやって来た勇者をエッチで骨抜きにします。

上品な声と態度で下品な責めっぷりをするギャップの強いエッチが行われており
序盤から中盤は反抗的な彼を焦らし気味に責めて飼い慣らす
終盤は従順になった彼とたっぷりSEXすると異なるテーマを定め
その多くでパワフルなちゅぱ音や激しい効果音を鳴らして搾精の様子をエロく表現します。
一般的な女神とはやや違うキャラに描かれてますからMな人が最も楽しめると思います。
女神とする下品でハードなエッチ
女神にたっぷり搾精されるお話。

「聞こえますか? 聞こえますか? 私の声が聞こえますか?」
女神は上品で穏やかな声のお姉さん。
主人公の脳内に直接語りかけると
今この世界に迫ってる危機を救ってほしいとお願いします。

本作品は豊穣の女神としてこの星をずっと見守り続けてきた彼女が
強靭な体と強い意志を持つ勇者の少年とおよそ130分に渡ってエッチします。
彼女が若さや美貌を保つためには優秀な男の精液が必要らしく
数百年に一度の間隔で彼のような素質のある男性に試練を与えてるそうです。

「なるほど…こうして見ると ふむ なかなかいい面構えをしてるじゃありませんか」
魔王を倒しに来た彼に「魔王なんていない」とはっきり伝え
そのうえで体をじっくり味わい少しずつ自分好みに変えていきます。
声や態度は終始穏やかですし、彼を労わるシーンもあって雰囲気は結構穏やかです。
少なくとも外側に関しては女神のイメージにぴったりな女性と言えます。

しかし内面は男の精液を貪欲に追い求める淫乱な性格をしてます。
会ったばかりの彼に濃厚なキスをして抵抗する気力を奪い
後になるほど濃厚なプレイを繰り出して心と体を骨抜きにします。

淫紋を刻む、最終パートで精力を吸い尽くして命を奪うなど
やってることはサキュバスとのエッチに近いです。
プレイ中は上品な声とはまるで違う下品な声や音をガンガン漏らしますから
両者のギャップに驚いたり股間を熱くする人が結構いるでしょう。
濃くて激しいエッチ
エッチシーンは7パート99分間。
プレイはキス、手コキ、フェラ、耳舐め、淫紋付与、乳首責め、パイズリ、SEX(騎乗位、対面座位、正常位)、乳揉みです。
手コキ、淫紋付与、パイズリ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「お前はこれから 私の糧となるのです」
魔王の城へ辿り着いた主人公に事情を説明した女神は
自分に怒りを感じてる彼に軽くキスしてその味を確かめます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の2パート35分間は彼を説得しながら気持ちよくする比較的ソフトなプレイ。
「2話 「出会い」(約16分)」はキス、手コキ、フェラ
「3話 「淫紋付与」(約19分)」はキス、両耳舐め、淫紋付与、手コキで1回ずつ射精させます。

「大丈夫 火の通らない肉など この世にありません お前もいずれ確実に 私の虜になるのです」
彼はここへ来るまでに大事な仲間を失っており
魔王討伐が嘘だったことも合わせて女神に対し良い感情を持ってません。
だからまずは彼をなだめながら快楽漬けにしてエッチしやすい環境にします。
キスは貪るような強めのちゅぱ音が鳴りますし、フェラもバキュームが中心になっててパワフルです。

彼女は全知全能の存在ですから、その気になれば彼を簡単に殺すこともできます。
でも自分のためにここまで来てくれたことに敬意を払って基本的には穏やかな物腰で接します。
エッチも彼が気持ちよくなるように責めており、女神の部分とメスの部分が混在してます。
射精後に精液を美味しそうに舐める姿もなかなかエロいです。

「あまり手荒な魔法は施したくなかったのですが 仕方ないですね」
3話はタイトルにもついてる淫紋付与が登場します。
1回エッチしてもなかなか心を開かないので彼に幻聴魔法をかけ
左右の耳を舐めながら中央からもキス+手コキする濃い責めを繰り出します。

前のパートは1人だったのが一気に3人へ増えるのも本作品が持つギャップのひとつと言えます。
魔法をかけた後はほぼノンストップでちゅぱ音が流れ続けますから
キスの音も相まって音に包まれてるような感覚が味わえます。
ちなみに声はモノラルですけど耳舐めはバイノーラル録音だそうです。

次の3パート28分間はエッチしながら淫紋が定着するのを待つシーン。
「幕間1 「淫紋育成」(約8分)」はキス、両耳舐め、乳首責め、手コキで焦らし
「幕間2 「淫紋定着」(約9分)」はパイズリで1回
「幕間3 「淫紋付与記念」(約11分)」は再度のフェラでもう1回射精させます。

「持ち上げて…どっぷん 重たい乳房が お前の腰にぶつかって はしたない音を鳴らしてますねぇ」
幕間2は118センチのOカップおっぱいを使った力強い責めが光ります。
おちんちんを挟んだ直後は敢えて動かさず圧をかけて彼の反応を楽しみ
その後は「ぱつんっ」という弾力のある音をゆっくりペースで鳴らして確実に追い込みます。

ひとつ前の幕間1は焦らし続けて射精させないお預けプレイをしますから
両者の落差を大きくして勢いよく抜きやすくしてます。
音は効果音素材を使ってるらしいですが、鳴らし方にこだわっててリアルでした。

幕間3はプレイをほぼフェラに絞り込んでるおかげで
冒頭の2話よりもちゅぱ音の量とバリエーションが充実してます。
亀頭と竿にキスしてからピストンとバキュームを組み合わせた強烈な追い込みへと変わります。
このへんまで来ると彼もすっかり従順になっており
彼女も説得するセリフを挟んだりせずストレートに責め続けます。

終盤の2パート36分間はエナジードレイン色が強くなります。
「4話 「レイプ」(約17分)」は騎乗位SEX
「5話 「さいごのしょくじ」(約19分)」は対面座位と(たぶん)正常位で精液を搾り取ります。

「あぁ楽しい 屈強だったはずのオスを飼い慣らして 献身的な精液袋にまで落とすのは この上ない愉悦を覚えます」
「気持ちいい おっ おぉぉぉぉ」

彼女も彼とSEXできる時を待ちわびてたのでしょう。
おちんちんを挿入された瞬間に嬉しそうな声を上げ
その後も普段よりちょっぴりハイテンションな様子で後になるほど激しく腰を打ちつけます。
また最中の喘ぎ声はオホ声が多めになってて今まで以上に下品さが際立ってます。

彼女が「並のオスなら挿入した瞬間に命を失ってた」と言ってるので
これまでのプレイや淫紋付与は彼が耐えられるようにするための準備だったのだと思います。
責めっぷりはなかなか激しいですけど、このへんの背景を考えれば優しいとも言えます。
彼に苦しみではなく快楽を与えながら精液をいただくところに女神らしさを感じました。

しかし5話ではメスの部分が色濃く出てます。
彼に主導権を譲り好きに責めさせるところはあまあまですが
その途中で我慢できなくなり、とうとう彼の最後の精液をいただくことにします。

「ほーら 腰振って? パンパンがーんばれっ がーんばれっ」
女神である彼女にとって彼は所詮消耗品に過ぎません。
彼が頑張ってるうちは応援し、それができなくなった後は逆に彼女が責め始めます。
一時の快楽と引き換えに命を落とす展開は割とブラックですけど
そこに至る描写はとてもソフトに描かれてるので後味はそれほど悪くなかったです。

エロさを強調する感じで進めてますし、内容を理解してれば聴けるでしょう。
冷酷というよりは女神の責務を優先した結果こうなった感じです。

このように、彼女が持つふたつの顔を引き立てながら責めるハードなエッチが繰り広げられてます。
ギャップが魅力の調教作品
穏やかでドスケベな女神にたっぷり弄ばれるM向けの作品です。

女神はこの星の寿命をさらに伸ばすために良質な精液を持つ男性たちに声をかけ
その中で唯一自分の城に辿り着いた主人公をエッチな手段でもてなします。
そしてこれらをする際に声と音に大きな落差をつけてエロさを引き立たせます。

穏やかでSっ気もある女神が勇者の少年から精液を搾り取るシチュ
序盤は説得しながら快楽を与える、中盤は淫紋を定着させる
終盤はおまんこを使って精魂尽き果てるまで搾精する、と目的を持って責める濃いエッチ
女神らしい柔らかな態度でおちんちんを貪欲に求める彼女のキャラ。
サキュバスとするエッチを女神に置き換えたかのような作品に仕上がってます。

中でもエッチは彼女の性格を色濃く反映してて聴き応えがありました。
どのパートもちゅぱ音や効果音が抜きを意識したものになってるので
音声を聴いてれば自然と股間がムズムズしたりおちんちんが硬くなります。

彼が最終的に命を落とす点だけは人を選びますけど
すべてを終えた後に彼女が漏らすセリフを聴けばそれも仕方なかったのかなぁと思えます。
確かに魔王は倒してませんが彼の頑張りによって世界は救われてます。
それ以前のパートは暗さや重さが特にないので、最後だけ他と違うことをご留意ください。

射精シーンは7回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:分倍河原シホさん
総時間 2:15:02

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「F・A・S」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、怪人の製造や洗脳を得意としてる科学者っぽい女幹部が
ヒーローの少年を気持ちいい方法で悪堕ちさせます。

音、暗示、キーワードなど様々な要素を組み合わせて洗脳するのが特徴で
特殊な効果のある薬物を使って心と体の力を抜いたり
シーンによって異なるキーワードを定めて快楽を餌に自分から屈服したくなるよう仕向けるなど
痛み、苦しみ、無理矢理感を極力薄めて気持ちよく敗北できるように導きます。
背徳感を快感に変えて
悪の組織の女幹部に薬物と快楽で洗脳されるお話。

「おはよう ヒーローくーん」
女幹部は上品で穏やかな声の女性。
主人公を捕まえて自分たちのアジトへ連れて行くと
目覚めた彼に状況説明してから洗脳を始めます。

本作品は全人類を快楽漬けにして支配しようと目論んでる組織が
自分たちに敵対する少年ヒーローをおよそ130分に渡ってエッチに洗脳します。
特殊な効果がある薬物のプールに浸す、内側に触手がびっしり生えてるスーツを着せるなど
現実世界ではまずお目にかかれない独特なプレイで少しずつ確実に悪堕ちさせます。

「敗北や背徳 そして 悔しさへの快感は強くなる そう 無意識はどんどんその気持ちいいことに染まっていっちゃうの」
シチュだけを見ると結構ヤバそうですが暗さや重さはあまりありません。
それは彼女が敗北感や背徳感を快感に変換するアプローチをかけるからです。
「パンドラの箱」「禁断の果実」なんて単語があるように
人間はやってはいけないことを実行した時に強い快感や満足感が得られます。
だから彼女は彼の無意識にあるその手の欲望をくすぐって自分から屈服するように仕向けます。

嫌がることをやったらそもそも催眠にかけられませんから
聴き手が受け入れやすく感じるよう言い回しにかなり気を配ってます。
ひとつずつ順を追ってやるおかげで、後になるほど頭の中がとろとろになったような感覚が味わえるでしょう。

姉妹サークルのRubCraftさんで過去に発売された
ヒーロー完全無力化改造催眠」をさらに突き詰めてる感じの内容です。
エッチもシチュと純粋な快感を組み合わせてあって強いゾクゾク感が味わえます。

本作品の洗脳を支えるもうひとつの大きな要素は「音」。
物語の開始時点からシーンによって異なる音を鳴らし
それと暗示を関連付けてイメージ力や没入感を膨らませます。


F・A・Sさんは以前から音や音楽を積極的に活用されてるサークルさんです。
今作ではエッチシーンで「洗脳ノイズ」と呼ばれる音を鳴らして彼を寝返らせようとします。
もちろん音を鳴らすだけではなく、それと技術をリンクさせる催眠色の強いものです。
心地よさを感じる音が多いので癒しの感覚も結構得られます。

悪いお姉さんに洗脳される様子を気持ちよく疑似体験するシチュと音を活かした演出。
サークルさんが得意とされてる要素を上手に組みわせたスリリングなM向け作品です。
洗脳を受けやすいまっさらな心と体に
催眠は2パート69分間。
最初の「02.深く音を感じるためのレクリエーション(約18分)」は本編に入る前の準備として
女幹部よりも穏やかな声のお姉さんが様々な音を鳴らして癒します。

「色んな音を同時に流し その中からひとつひとつを聞き取り 最後にはすべてを同時に聞き分けるというものです」
水滴、メトロノーム、焚き火、鳥など耳に優しい音を撮り揃え
そのひとつひとつに意識を向ける指示を出してくれます。
最初はごちゃごちゃした印象を受けるかもしれませんが
しばらくすると彼女が指定した音以外が少し小さく聞こえるようになるでしょう。

これはマインドフルネス瞑想と呼ばれるリラックス法で
サークルさんが昨年末から取り入れられてます。
本作品は音が割と重要なサービスをしますから、それをより楽しめるように導入したのでしょう。
このパートを単体で聴いてもいいリラックスになります。

続く51分間は語り手が女幹部へ交代し、捕まった主人公が洗脳される様子を疑似体験します。
まずは「エナジー吸引装置」と呼ばれる器具を使って彼の体に溢れるヒーローの力を吸い取ります。

「肩のエナジーが抜けて重くなると 両腕もだらーんとしてくるよね 両腕に力が入らなくなると 装置にエナジーを吸い取られて消える」
呼吸が可能な液体に足から浸かるような描写がされており
つま先から始まって腰と背中、腕と肩、顔と全身を下から上へ流す形で進めます。
「重くなる」「力が入らなく」なるといった脱力を促す暗示が非常に多く
バックで流れる穏やかな音楽と泡の弾ける音も相まってどんどん体がだらーんとします。

催眠音声でよく使われる分割弛緩法を本作品に合わせてアレンジしたものです。
脱力具合を示すカウントも並行して数えたりと雰囲気作りが非常にしっかりしてます。
マインドフルネス瞑想の後に20分くらいかけてやりますから
寝不足な人が聴いたら途中で寝落ちする可能性も十分にあります。
セリフの表現がとても優しくてこれから洗脳するとは思えないほど穏やかな空気が漂ってました。

ここからエッチ終了まで頭の中で声がするような編集がされてるのも良いですね。
通常の声よりも厚みがあって心に響く感覚がします(常にではなく通常の声と織り交ぜてありました)。
F・A・Sさんは双子催眠を多用する傾向が見られますが
今作では左右交互に話しかけたりせずこのスタイルを取ってます。

体が脱力できた次は心の脱力。
先ほどとは違うBGMと心音っぽい音を鳴らしながら
洗脳にとって邪魔な思考や認識を少しずつ確実に取り除きます。

「どんどん 私の声が気持ちよくなってくるね 余計な部分が全部崩れて 脳細胞のすべてが 私の声と音だけに向いていくの」
ここも「彼女の声を聞くほど気持ちよくなる」とメリット強調する言い回しを軸に据え
その中に「崩れる」「消える」といった深化と関連性のある暗示を入れて催眠状態を深めます。
シーン後半からはとあるキーワード用意し、敗北感や背徳感に快感を覚えるアプローチもかけてきます。
本作品の重要シーンなだけあって一際入念にこなしてました。

リラックスを重視しながら心身を骨抜きにするテーマに沿った催眠です。
女幹部の言うことを素直に受け入れやすくすることを目的に
マインドフルネス瞑想から入ってイメージやカウントを交えた分割弛緩法
音とキーワードを交えて暗示を厚めに入れる深化と各シーンを堅実に進めます。

催眠だけで70分は相当に長いほうと言えますし
その内容もかなり重厚で聴けば聴くほど意識のぼやけや脱力感が強くなります。
これだけしっかり誘導してくれたら催眠初心者も入りやすいのではないでしょうか。
個性と実用性を兼ね備えた催眠に仕上げてあって素晴らしいです。
心をがっつり責めてくれるエッチ
エッチシーンは44分間。
プレイは触手スーツ責め、カウントによる絶頂、オナニーです。

触手スーツ責めの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「君に相応しい 新しいヒーロースーツを用意しておいてあげたの」
薬物を盛り込んだ催眠で主人公の心身をとろとろにした女幹部は
裏側に触手が生えてるスーツを彼に着せてさらなる誘惑をかけます。

エッチは彼女が一方的に責め続けます。
最初の24分間はドライオーガズムを目指して追い込むシーン。
変化に富んだ触手音を鳴らしながら彼女に負ける快感や仲間を裏切る快感をくすぐります。

「負けたくない 敵の女幹部の言いなりになんてなりたくない そんな君のささやかな抵抗の証が 私のノイズでどんどん大きく膨らんでく」
そしてここでは彼女に抵抗するよう勧めるやり取りが何度も登場します。
サークルさんは本作品のテーマを「洗脳VS抵抗」に定めてまして
そうしたほうが心身の快感が強くなる暗示を適度に入れます。

頑張った結果負けたほうがすんなり負けるよりも敗北感と背徳感が大きくなりますからね。
彼の正義の心を快楽で塗りつぶして自分から降参したくなる状況を作ります。
触手スーツはおちんちんだけ穴が開いてるそうですし
このシーンは体よりも心への刺激を強くしてドライへ上手に導きます。

ちなみにここでは絶頂シーンが2か所あるのですが
どちらも絶頂開始から終了までの時間を約3分と長めに取ってます。
ドライ慣れしてる人なら連続絶頂やロングオーガズムも体験できるでしょう。
未経験者に対してもタイミングを合わせやすくなるので親切丁寧だと思います。

続く20分間でするのはオナニー。
両腕の力を少し戻してから長いカウントを数え始め、0になったら射精します。

「甘い快感が乳首を犯して お腹の奥がどんどん痺れて チンポはビクビクしたまま止まらなくなる」
「ほーら 頭が飛ぶ 正義の心が溶ける 消える 全身がどんどん熱くなって 頂点まで上り詰める」

催眠状態特有の心地よさ、おちんちんから押し寄せてくる純粋な快感
そして敵である女性にその一部始終を見られ屈服する背徳感。
様々な感覚を同時に味わえる本作品で最も濃厚なシーンです。
彼女も心身両面の快感が強くなるようにバランスよく暗示を入れてました。

また前半だけでは物足りない人向けに
カウントの途中で絶頂指示を出すポイントが2か所あります。
射精は最後にしますからそこもドライオーガズムですね。
オナニーの時間も15分くらい用意されてて無理なく射精できます。

このように、色んなタイプの快感を同時に与える濃いエッチが繰り広げられてます。
ゾクゾクできる作品
悪いお姉さんに弄ばれる感覚を存分に味わわせてくれる名作です。

女幹部は組織の活動を邪魔する主人公を忠実なしもべに変えようと
まずは催眠を通じてヒーローの力を一時的に奪い、さらに洗脳を受けやすい空っぽな心にします。
そしてエッチはドライとウェット両方の快感を与えながら負ける快感や裏切る快感をくすぐります。

穏やかな物腰の女幹部が少年ヒーローを快楽洗脳するM向けのシチュ
作品の雰囲気に合ったやり方で心身を入念に脱力する堅実な催眠
敗北感や背徳感を快感に変えるアプローチと純粋な快感を組み合わせたちょっぴりブラックなエッチ。
現実世界ではなかなか得られないタイプの快楽をたっぷり味わえるように仕上げてます。

「自らした選択で 圧倒的な喪失感と敗北感が湧き上がり それが全部快感になる」
中でもエッチは体よりも心の責めに力を入れてるのが印象的でした。
脳内物質がドバドバ出るので絶頂時の快感も通常より強かったです。
彼が自分から負けを認める展開もそれを強化するのに貢献してます。

あとは過去作と同じく催眠のレベルが高いです。
時間に対してやることの種類を少なめにしてるおかげで初心者でもついて行けます。
さらに暗示の量を多めにしたり、言い回しを工夫して彼女の催眠を受け入れやすくしてます。
音や音楽も質が良く、まさに「言うことなし」な完成度に達してます。
催眠の心地よさと2種類の快感がたっぷり味わえて満足できました。

絶頂シーンはドライ4回、射精1回。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえてサークルさんでは10本目の満点とさせていただきました。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:15:22

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2020年11月4日まで20%OFFの1056円で販売されてます。

↑このページのトップヘ