同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:あまあま

   ● おねえちゃんのローション乳首オナニーサポート
   ● 本当に深い耳''奥''舐め ~お耳の奥が気持ちよくなる≪深層ASMR≫~
   ● み・み・ちゅ! -保健室の女神 まどか先生の場合-
   ● 【リアルASMR】咥えたら離さない 耳舐め大好きゆいちゃん!【息遣いを感じる距離】
   ● 毒舌クールなジト目後輩OLの甘責め溺愛搾精告らせ工作 with 赤ちゃん言葉
   ● JKリフレ♪ とろイキあまあまフルコース ~甘やかし・耳舐め・濃密エッチ~
   ● 【バイノーラル/KU100】―夏ギャル。―
   ● 【尻尾耳かき】癒やされ処・夢月邸――夢魔の尻尾でお耳をちゅうちゅうマッサージ――
   ● 甘々sexエロボイス~しっとり喘ぎ声+中出し誘惑~私の中で逝っていいよ♪ワンコイン
   ● 極にゅる耳舐め&むっちり乳圧でお耳サンドイッチ♪舌のざらざらプレスで穴奥まで気持ちいい甘々愛されエッチ


おねえちゃんのローション乳首オナニーサポート

サークル「チューン」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまなお姉ちゃんが
親切丁寧なオナサポで弟に乳首の快感を教えます。

最初から最後まで乳首とその周辺だけをいじる尖った作りが魅力で
前半はシャツ越しに、後半はローションをつけて直にとスタイルを変えながら
色んないじり方を指示しつつ小まめに合図を出してゆっくりじっくり気持ちよくします。

視聴時にはローションをご用意ください(一応無しでも可)。
お姉ちゃんの気持ちいいプレゼント
おねえちゃんの言うことに従って乳首オナニーするお話。

「お疲れ様 今日も1日頑張ったね」
おねえちゃんは甘く穏やかな声のお姉さん。
ある日の夜、うまく寝付けない彼を気持ちよくしようと
乳首オナニーのやり方を手取り足取り教えます。

本作品は男性の隠れた性感帯にあたる乳首を開発するために
彼女が80分ほどを使ってそれに沿った独特なオナサポをします。
彼が乳首の快感にまったく目覚めてない状況を踏まえて
いじり方はもちろん、小まめに合図を出してそのタイミングも丁寧に教えます。

「くるくるくるくる 乳輪くるくる」
胸を揉む時は「もみもみ」、乳輪を撫でる時は「くるくる」とプレイによってセリフを変え
さらにこれらを数分単位で切り替えて色んな刺激を与えます。
文字通り完全サポート体制を取ってますから、彼女の言う通りにするだけで少しずつ気持ちよくなるでしょう。
プレイ時間も60分強と長く、絶頂に向けて一歩ずつ着実に進めます。

作中でおちんちんに触れるシーンは一切ありませんから絶頂形式はドライです。
勃起したとしても敢えてスルーし乳首の快感だけを追求します。
チューンさんは元々乳首オナサポを専門に制作されてるサークルさんですから
得意な部分をひたすら磨き上げて新しい快感の扉を開くお手伝いをします。

タイトルにもなってるローションはエッチの後半から登場します。
その途中に触手責めされるイメージを取り入れるなど
通常のオナサポ作品とはやや違う部分も持ってます。
詳しくは後で説明しますが、催眠音声の視聴経験がある人のほうがやりやすいです。

「やり方がわからない? うんうん おねえちゃんが ちゃーんと教えてあげる」
これらを行うおねえちゃんはイメージ通りの女性。
彼が少しでも気持ちよくなれるよう親身になってお世話します。
エッチの内容はややMですけどこちらを見下すことはまったくありません。
丁寧な指示を出しつつ励ますセリフを投げかけて心も上手に責めます。
秋野かえでさんの慈愛に満ちた声も相まって雰囲気はとてつもなく甘いです。

一番最初の「2_リラックスパート」は下準備(約11分)。
軽いやり取りの後にTシャツとパンツだけの格好になり
とあるイメージをしたり大きく深呼吸して心身を一旦リセットします。
ちなみにここの2分44秒までは「1_導入」パートと内容が一緒です。

「おねえちゃんの言う通りに ちゃーんとできて えらいね」
そして彼女は早速お姉ちゃんらしい優しさを見せます。
やり方をわかりやすく教えてからカウントを数えてタイミングを指示し
無事できたら思い切り褒めて自分の言葉を受け入れやすい環境を整えます。

人によっては催眠音声に似てると感じるかもしれませんね。
過去に催眠音声を作ったことがあるサークルさんだからでしょうけど
作品内の色んなシーンに催眠っぽい要素を盛り込んでます。
じっくり焦らして感度増強
エッチシーンは2パート64分間。
プレイは胸を揉む、乳輪/乳首オナニー、ローションを使った乳首オナニー、触手に責められてるイメージです。
エッチな効果音はありません。

「まずは Tシャツの上から触ってみようね」
イメージと深呼吸で乳首オナニーできる環境を整えたおねえちゃんは
ひとまず服は脱がさずシャツの上から胸、乳輪、乳首をいじるように言います。

エッチは終始彼女に言われた通りいじります。
前半の「3_シャツの上からの乳首オナニー」は感度上昇がメイン(約29分)。
胸全体を揉むところから始まり乳輪周辺を撫でる、円を描くように乳輪を触る
乳首を色んな手段で刺激する、といった具合に少しずつ中心へ近づけます。

「自分の指が 羽になったみたいに 優しくゆっくり触れてね」
本作品の絶頂シーンは1回だけなのでこのパートは非常に緩く進めます。
どのプレイも右→左→両方の順に2分くらいの間隔でいじり続け
その最中は彼女が小まめに合図を出してペースも指示します。

開始から15分くらい経たないと乳首をいじる許可が出ませんから
その間はたぶんくすぐったい感覚のほうが強いと思います。
そして適度に焦らしたからこそ、乳首に触れた時の快感がより強く実感できます。

乳首オナニーは乳頭を指先で触れる、優しく擦る、小刻みにつつく
二本の指で挟み摘む、とこちらも種類が豊富です。
初心者向けだからでしょうけど爪で引っ掻いたりつねる動作はありませんでした。
「ピリッ ジーン」みたいな複数の快感が味わえて結構気持ちよかったです。

続く「4_ローション乳首オナニー」はいよいよ売りであるローションオナニーが登場します(約35分)。
シャツを脱いでから冷たく感じないよう手に垂らして人肌で温め
それから前のパートの後半でやった乳首オナニーをおさらいします。

やってる事はほぼ一緒ですが、シャツ越しと地肌の違いがある程度快感にも影響します。
具体的にはローションのほうが摩擦は弱いけど熱が高い感じです。
一長一短なのでどちらが好きかは人によって違うんじゃないかなと。

しかしパート後半から登場する触手プレイはローションとの相性が抜群です。
歯ブラシのような形状で催淫効果のある触手に責められる様子をイメージしながら乳首オナニーに耽ります。

「ぬめぬめの触手が つんつんっと 右の乳首を刺激してくる あぁ やっと待ち望んでいた刺激に エッチなあなたの体は ピクピクと反応してしまう」
そしてこれの開始に合わせて彼女のセリフも大幅に変わります。
やることを教えてから合図を出す従来のやり方を完全に捨て
聴き手視点でプレイの様子をわかりやすく実況しながら気持ちよくなる暗示を入れます。
ペースは大まかに指示していじり方だけ説明する比較的緩いスタイルです。

これが前項の最後に言った催眠っぽい要素にあたります。
催眠誘導をしてないので暗示の効果が出るかどうかは微妙なところですが
ローションを使ってる状況を活かしてるのも事実です。
そしてこれは今まで弱めだった「心への責め」を強化するのに役立ってます。
欲を言うなら専用の効果音を鳴らしたほうがよりエロくなったし臨場感も出たかなと。

たぶん経験者なら女体化モノの催眠音声に似てると感じるはずです。
本作品の最終目的地であるドライオーガズムとの相性が良いですし
サークルさん自身の経験も考慮してこういうプレイを取り入れたのでしょう。
絶頂時には追い込み暗示を多めに入れてくれます。

このように、乳首だけを責めつつ催眠の要素も取り入れた独特なエッチが繰り広げられてます。
変わった切り口の作品
乳首未開発者や開発途中の人をメインターゲットにしてる作品です。

おねえちゃんは主人公に乳首の快感を知ってもらおうと
お姉ちゃんらしいあまあまな声と態度できめ細かなリードをします。
そして前半はシャツ越しに焦らし重視で、後半はローションを使ってねっとりと、と
スタイルを大きく変えながら絶頂できる環境を整えます。

優しいお姉ちゃんが乳首オナニーのやり方を丁寧に教える甘いシチュ
最初から最後まで乳首とその周辺だけをいじる特化型の作り
ローションと触手に責められるイメージを組み合わせて盛り上げる催眠要素を含んだエッチ。
テーマだけでなくそのやり方も趣向を凝らした作品に仕上がってます。

中でも3番目は本気でドライさせる意思を持った責め方をしてて印象的でした。
ドライは主に催眠音声で登場する絶頂形式ですから
催眠抜きでそれを成し遂げるのは相当に困難です。
それを見据えてエッチの後半から暗示を入れたりイメージを活用する工夫をしてます。

ドライ自体が簡単に迎えられるものではないので
この作品を1回聴いてそうなるかと言われれば私は首を捻ります。
ですが元々の目的は乳首開発であり、ドライはあくまで挑戦要素に過ぎません。
乳首開発はしっかりやってますから問題ないと思います。

経験者視点でこの作品を見るともう少し刺激が欲しいです。
準備を長くしてあるのといじり方が比較的ソフトなのが影響してます。

絶頂シーンは1回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:秋野かえでさん
総時間 1:21:51

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年10月30日まで30%OFFの770円で販売されてます。

本当に深い耳''奥''舐め ~お耳の奥が気持ちよくなる≪深層ASMR≫~

サークル「パステル×トリップ」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、可愛くて献身的な後輩彼女が
大好きな先輩の耳とおちんちんを気持ちよくお世話します。

耳舐めの量と深さにこだわってるのが最大の特徴で
エッチシーンの9割近くの時間に渡って左右、あるいは両方を舐め続け
さらに物語の後半は穴の奥を色んな舐め方で刺激し熱と心地よさを与えます。
健気な後輩の踏み込んだご奉仕
恋人の「天宮咲(あまみや さき)」が耳舐めと手コキをするお話。

「おじゃましまーす あれ? 先輩? 入っちゃいますよ」
咲は甘く大人しそうな声の女の子。
風邪で寝込んでる主人公の家にやって来て具合を見ると
すっかり良くなったのを確認して安心した表情を見せます。

本作品は体にとある特徴を持ってる彼女が
愛する彼に密着しながら110分近くに渡るエッチなご奉仕をします。
彼が病み上がりなこと、2人が卒業するまでSEXはしない約束をしてることを踏まえて
プレイをほぼ耳舐めと手コキに絞り込み、シーンによって責め方を変える形で進めます。

中でも耳舐めはエッチシーンのおよそ88%にあたる76分も用意し
耳の浅いところから深いところまで満遍なく責めます。

物語の前半は10秒くらい舐めて少し話すのを繰り返しますが
後半はセリフの量をさらに減らしてちゅぱ音だけを楽しめるように作られてます。

サークルさんが耳舐め音だけを収録するマイクを使用したらしく
音の質感、位置、距離といった諸々の要素が高い水準で揃ってます。
耳舐め中はほぼずっと囁き声で話しますから囁き好きな人にも向いてます。
合間に漏れる吐息も熱っぽく、彼女がすぐそばにいる様子をリアルに表現してます。

「そうなんです 私の舌 他の人よりすごく長いんです」
もうひとつ、本作品の耳舐めは「深さ」にとても力を入れてます。
彼女は他の人よりも舌が長いらしく、以前からそれにコンプレックスを抱いてました。
しかし彼にそれを受け入れられると嬉しそうな表情で耳舐めに取り組みます。

耳の外側を舌で舐めたり唇で挟むプレイももちろん登場しますが
それよりも穴に舌をゆっくり出し入れする、舌先でぐりぐりする、激しめに舐める
穴を塞いで圧迫感を与えるといった穴を対象にしたプレイのほうがずっと多いです。
終盤からは彼女が分身し両耳を同時に舐め始めるなど
ひとつのプレイをとことん掘り下げることで作品に個性を与えてます。

他のサークルさんですとすたぁぱれっとさんが最も近いです。
あちらの耳舐めを楽しめた人はこちらも同じくらい楽しめるでしょう。
恋人同士なだけあってセリフと雰囲気も終始甘く、大事にされてる感覚を抱きながら射精できます。
耳舐め特化の濃いエッチ
エッチシーンは7パート86分間。
プレイはキス、耳舐め、手コキ、両耳舐めです。
手コキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「じゃあ いっぱいキス しませんか?」
主人公の布団に入りその匂いを堪能した咲は
そのお返しにキスをプレゼントします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の4パート41分間は彼を見舞いに来た日のお話。
「Tr2 Day1_いちゃいちゃ」はキスと軽い耳舐め、「Tr3 Day1_お耳の外側から…」は耳の外を舐める
「Tr4 Day1_お耳の奥に…」は耳奥舐め、「Tr5 Day1_シコシコしながら…」は耳舐め手コキと
パートごとにプレイを少しずつ変化させて射精に導きます。

「良かった 私 ちゃんとできてるみたいですね 嬉しいです」
そして彼女は早速健気な姿を見せてくれます。
キスは甘いちゅぱ音をゆっくり目に鳴らし、耳舐めをリクエストされたらすぐさま応じます。
そして自分なりに試行錯誤しながら舐め続けて嬉しそうな表情をします。

本作品のセリフは彼女視点のものが多く
何を思い感じてるかを伝えて一体感と愛されてる感覚を膨らませます。
言葉責めの類は一切ないので属性はほぼノーマルです。

耳舐めはTr3の時点だと他の作品でもよく聴くちゅぱ音だったのが
Tr4に入ると「ぐぽっ」という低く鈍いものに変化します。
こういう耳舐めを初めて聴いた人は驚くのではないでしょうか。
音の位置が非常に近く微弱な振動も感じられてゾクゾクします。

耳舐め31分、手コキ12分とこのシーンの時点で構成が随分尖ってます。
手コキ音もそれなりにエロいですけど、やっぱり耳舐めこそが本作品の醍醐味かなと。

続く3パート45分間は別の日の出来事。
ある日の朝、主人公より早く目覚めた咲が
前半よりも深さに力を入れた耳舐めと手コキで幸せなひと時を提供します。

「ほら 私の舌が ずぷずぷー こりこりーって入っていって お耳の中 押し広げちゃってますよ」
彼が寝てる状況を踏まえてセリフは何をするかの説明程度に留め
穴の入口付近をターゲットに色んなちゅぱ音を鳴らします。
中でも「Tr8 Day2_色んな舐め方で…」は約27分と一番長い時間を用意し
舌を穴に入れたり出すのをゆっくり繰り返す、舌先で穴を弱めにぐりぐりする
そのまま激しくかき回すプレイを左右交互に行ってて内容が濃いです。

前半の時点でも十分聴き応えのある耳舐めをしてましたが
後半はそれをさらに突き詰めてて強い個性を感じました。
「Tr10 Day2_二人で両耳の奥に…」と「Tr11 Day2_二人でシコシコしながら…」は
彼女が2人に増えて両耳舐めに切り替わりますし
おちんちんよりも耳に快感を与えることを第一に考えて責め続けます。

このように、ひとつのプレイを深く行うタイトル通りのエッチが繰り広げられてます。
掘り下げてる作品
音声で人気のあるプレイをサークルさんなりのやり方で追求してる作品です。

咲は大好きな主人公にたっぷり気持ちよくなってもらおうと
最初から親しげに接しながら彼が望むプレイをやって快復を応援します。
そして無事元気になった後はより深い耳舐めを繰り出して耳を満足させます。

可愛くて献身的な恋人が耳とおちんちんをひたすらお世話するノーマル向けのシチュ
量はもちろん、深さと種類にもこだわってる独特な耳舐め
これらの最中はずっと囁き声で話し、吐息も多めに漏らす近さを感じる演出。
年下の女性に愛される喜びを甘くエッチにお届けします。

中でも耳舐めは他のサークルさんも特化型の作品を制作してる状況を踏まえて
「深さ」という大きなテーマを掲げ、それに沿った流れと構成でエッチを進めます。
後半では深さを維持しつつ4種類の舐め方をしてますし、耳舐めが好きな人ほど満足できるでしょう。

「おちんちんが どくどくーって脈打って 暴れちゃってます」
それに対しておちんちんへの責めは割と淡白です。
ちゃにちゃした音を鳴らしながら耳舐めの合間に軽く実況するのに留まってます。
耳舐めが充実してるので抜けるとは思いますけど
エロさを追求してる作品とはやや違うことを理解したうえでお聴きください。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音と吐息多め、淫語とくちゅ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:みもりあいのさん
総時間 1:50:22

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年10月24日まで10%OFFの990円で販売されてます。

み・み・ちゅ! -保健室の女神 まどか先生の場合-

サークル「Atelier Honey*」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまな保健の先生が
自分に会いに来てくれた少年をエッチに甘やかします。

耳舐めを中心に据えた「音」で癒したり気持ちよくするのが特徴で
前半は耳の外側を比較的ソフトに、後半は内側や穴の入り口をディープにと大まかな方針を定め
さらにパート内に4~7種類のプレイを盛り込み色んな音をたっぷり聴かせてくれます。
先生と過ごす癒しのひと時
まどか先生がたっぷり耳舐めするお話。

「あら? あっ こんにちは 久しぶりだね」
まどか先生は穏やかで透き通った声のお姉さん。
保健室を久しぶりに訪れた主人公に挨拶し病状を尋ねると
彼がなかなか教えてくれないので当ててみます。

本作品は保健の先生として日々生徒たちに癒しを与えてる彼女が
彼を相手におよそ120分に渡るエッチなサービスをします。
2人の関係を踏まえておちんちんを責める時間は短めにし
その代わり耳をびっくりするほど深く責めて心地いい感覚を与えます。

もう少し具体的に言うと耳舐めの最中はセリフをほとんど挟まず音に専念し
さらに舐めのバリエーションをかなり多くして音の違いを楽しめるようにしてます。

前者は左右の耳を切り替える以外はちゅぱ音や吐息だけを漏らすことが多く
さらに1回1回の舐めを丁寧に行って臨場感を上げてます。
サークルさんが彼女の耳舐めを「癒し×ねっとり×最奥まで」と表現してるように
全編を通じてペースは割と緩く、その代わり水分を高めに設定してエロさを出してます。

大人の余裕を感じる耳舐めとでも言えばいいのでしょうか。
がっつく感じはあまりなく彼の耳を慈しむように舐めることを心がけてます。

後者はパートによって4~7種類のプレイを用意し
左右の時間がほぼ半々になるようバランスを取ってそれらを順に行います。
基本となる舐め・吸い・啜りに距離の近さ・熱量・深さを加え
後になるほどより激しく、よりエロくなるよう流れを作って進めます。

お馴染みの音からあまり聴かないものまで取り揃えてるおかげで
2時間近くあるのにマンネリ感を特に抱かずに聴けました。
ひとつひとつの時間は6~8分程度なので、同じ音がずっと流れてることはほとんどないです。

「うふふ ほんと? 嬉しい ぎゅーってしちゃお んふっ」
これらを行う先生も魅力的な女性です。
怪我や病気をしてないのに保健室へ来た彼を嫌な顔ひとつせず迎え入れ
ぎゅっと抱きしめたり耳元至近距離から全肯定のセリフを投げかけて心の芯から癒します。
耳舐め中はしゃべりませんけど、最初と最後のパートは会話量をある程度増やしてあります。

サークル主の野上菜月さんは今年の8月まで活動を縮小されてたため
多少のブランクもあるのかなと思ってたのですが
実際はそれをまったく感じさせないあまあまな声と演技をされてて癒しのパワーが強いです。
音重視でありながらキャラにここまで存在感がある作品も珍しいです。

様々な音を長時間に渡って鳴らす濃い耳舐めと彼女の慈愛に満ちたキャラ。
年上の女性に甘やかされる快感と幸福感を追求したノーマル向けの作品です。
愛を感じる耳舐め
エッチシーンは4パート99分間。
プレイは耳舐め、全肯定の言葉責め、太ももの愛撫、淫語責め、喘ぎ声を漏らす、手コキです。
エッチな効果音はありません。

「それじゃ ゆーっくり お耳を慣れさせていこうね」
主人公から事情を聞いてとても喜んだまどか先生は
お股の間に彼を迎え入れ、後ろから抱きつく体勢で耳をソフトに舐め始めます。

エッチは年上の彼女が終始責め続けます。
前半の2パート49分間は癒しとエロの中間あたりに位置する耳舐め。
Scene01は4種類、Scene02は6種類のプレイをひとつずつ丁寧に行います。
ちなみにプレイの一覧はサンプル画像の2枚目に書いてあります。

「大好き 大好き いい子 いい子」
Scene01は彼が甘えたがってる状況を踏まえて
耳への責めは2種類に留める代わりに「大丈夫」「いい子」といった安心させるセリフを多く投げかけます。
雰囲気作りをしながら彼女の優しさを表現することを意識してるのかもしれませんね。
淫語は特に言わないので穏やかな空気が漂ってます。

それに対してScene02はセリフをほとんど挟まず耳舐めをガンガン行います。
「はーんっ ぎゅぷっ」みたいな音を鳴らして甘噛みしたかと思えば
その数分後には緩めのペースで滑らかな水音を鳴らすスタンダードな耳舐めに変化します。

さらに舌の腹を使ったねっとりしてる舐め、大きく口を開けてから唇でもごもごするやや深い甘噛み
舌先をチロチロさせる→舌全体でレロレロする、といった具合に
同じ音ができるだけ鳴らないよう工夫しながら責め続けます。

このパートだけで30分もありますし、耳舐め好きな人ほど楽しめるでしょう。
音質も非常に良く、舌や唇の細かな動きを聴き取れるくらいにクリアです。
バイノーラルの扱いが上手な野上さんの持ち味が十分に発揮されててとても癒されました。

続く2パート50分間は深さとエロさを意識した耳舐め。
Scene03は6種類の耳舐め、Scene04は合計7種類の耳舐め+甘い言葉責めで幸せな射精に導きます。

「それじゃあ じゅぶぶぶぶって もっと奥まで入れてあげるからね」
Scene03はScene02と同じように見えて随分違います。
その決め手となってるのが「深さ」。
Scene02よりも音の位置がやや近くなり、質感も若干低くこもったものに変化します。

あとはちゅぱ音が少し下品になる、吐息の熱が上がるといった
男性がエロスを感じる要素を強化して癒しよりも性的興奮が勝るように責めてます。
舐める時は「じゅぶっ」、吸う時は「ききゅーっ」と若干貪りつく感じを出してました。
前半が割と穏やかだったからこそ余計股間に響きます。

唯一射精シーンがあるのがScene04(約21分)。
序盤に激しめの耳舐めをした後は方針を大きく変え
彼の太ももを撫でたりおちんちんを優しくしごいて一気に気持ちよくします。

「ねぇ エッチな声 聞かせてあげようね 女の人の エッチな声」
そしてここでは淫語、吐息、喘ぎ声を組み合わせた色っぽい責めを繰り出します。
服を脱ぐことはないもののこれまでよりも明らかに熱っぽい吐息を漏らし
さらに「あんっ」という艶のある声を控えめに出して男心を上手にくすぐります。

効果音を使わずシコシコボイスで手コキを表現するのも統一感を出すためでしょう。
最初と最後は声やセリフ、間の2パートはちゅぱ音とエロ要素の割合を変えてメリハリをつけてます。

このように、大人の女性が持つ優しさと温もりが感じられる甘いエッチが繰り広げられてます。
耳舐めのデパート
色んなタイプの耳舐めが聴ける癒し特化の作品です。

まどか先生は自分に会いに来てくれた主人公に幸せなひと時をプレゼントしようと
先生よりも近所のお姉さんっぽい態度で積極的にスキンシップを取ります。
そして合計14種類もの耳舐めを用意し、そこに吐息を盛り込んで少しずつ興奮させます。

優しくて愛情深い保健の先生が生徒をとことん甘やかすノーマル向けのシチュ
セリフよりも音の量を大幅に増やしたASMR系の作り
多種多様な舐め音を短めの間隔で切り替えながら鳴らし続ける充実した耳舐め。
同人音声で人気のプレイをサークルさんなりに掘り下げた作品に仕上がってます。

中でも耳舐めは「ここまで種類が豊富なものはない」と言えるくらい内容が幅広いです。
「演じ分け」ならぬ「舐め分け」と呼ぶのがぴったりなプレイで
野上さんの演技力の高さが遺憾なく発揮されてます。
ペースをゆっくりにしたのもそれぞれの違いを引き立たせるための工夫なのでしょう。

「もう 甘えんぼさん それじゃあ最後にぎゅーってして いつものおまじないだね」
あとは彼女の全肯定キャラも心を潤してくれます。
なぜここまで彼を甘やかすかにもきちんと触れられてますし
耳舐めとキャラががっちり噛み合ってより癒される空間が出来上がってます。

エッチについては耳舐め好きかどうかで満足度が結構変わるでしょう。
手コキの時間は約6分と短いですが、そこまでの耳舐めがしっかりしてるので
ある程度溜めた状態で聴けば抜けるんじゃないかと思います。
幸福感に包まれながら迎える射精はやっぱり気持ちいいです。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音大量、吐息多め、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。
おまけはループ音声とフリートークです。

CV:野上菜月さん
総時間 3:37:24(本編…1:56:26 おまけ…1:40:58)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
217分で990円とコスパが良いので+1してあります。

【リアルASMR】咥えたら離さない 耳舐め大好きゆいちゃん!【息遣いを感じる距離】

サークル「あまがみドロップ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、とある変わった性癖を持つギャルっぽいクラスメイトが
教室や自宅で男子の耳を徹底的に舐めます。

耳舐めをできるだけ長く連続して行うのが最大の特徴で
序盤は比較的ソフトに、中盤以降はやや激しくと親密度に合わせて大胆になり
さらに舐め、吸い、啜りといった舐め方やペース、パワーを小まめに変えて幅広さを持たせます。
完全女性上位ですがM度は低いのでノーマルな人でも普通に楽しめるでしょう。
耳舐め好きな女の子と
クラスメイトのゆいにいっぱい耳舐めされるお話。

「あ、やっば 人いるじゃん こんな時間まで何してるの?」
ゆいは砕けた口調で話す明るい声の女の子。
ある日の放課後、教室で何かを聴いてる主人公を発見し声をかけると
取りに来た飴を彼に差し出し一緒に舐めます。

本作品は何か舐めてないと落ち着かない耳舐めジャンキーな彼女が
同じく耳舐め好きな彼を相手に120分ほどに渡るエッチなご奉仕をします。
物語の開始当時はろくに会話したこともないクラスメイトなこともあり
おちんちんを責めるシーンは中盤以降に回し、その代わり耳舐めの量を思い切り増やしてます。

エッチシーンの約82%にあたる69分もやりますから
耳舐めが好きな人ほど満足できるでしょう。
しかもこの作品は量だけでなく質にもこだわってます。

例えば序盤はペースや強さを控えめにし
彼の耳を確かめるようにゆっくりねっとり舐め続けます。
そして好感触を掴んだ後はより踏み込んだ責め方に変化させます。

サークルさんが「親密度によって変化していく耳舐め」とおっしゃられてるように
ひたすらちゅぱ音を垂れ流すのではなく、彼女の心情を反映させた耳舐めをします。
キャラを崩さないためにそこまで下品な音を鳴らすことはないもの
通しで聴けばだんだんハードになっていくのが実感できます。

もうひとつ、耳舐めを始めたらできるだけ続けるのも大きな特徴です。
左右を切り替える時はもちろん口を離しますけど
それ以外は可能な限り続けて彼女が熱中してる様子をわかりやすく表現します。
「セリフを言う時以外はだいたい舐めてる」と言っていいくらい尖らせてます。

「君も飴舐める? あまーいイチゴ味 これ舐めてないと落ち着かなくってさー」
彼女については年齢相応の初々しさを備えた優しい女性に描かれてます。
耳舐め好きだと言ってもドン引きしない彼に自分から契約を持ちかけ
好きに耳舐めする見返りに気持ちいいご褒美をあげます。
そして好感度が十分以上に達するとクラスメイト以上の深い関係になろうとします。

最初から最後まで耳舐めするだけだとキャラが弱くなるので
耳舐めに彼女の心情を盛り込んだり、2人の距離を変化させながら進めます。
ギャルっぽい口調にしたのも個性を出すための工夫なのでしょう。
射精シーンは少なめですけど、耳舐めをがっつりやった後に迎えるので満足度は高いです。

耳舐めにとことんこだわった作りとゆいの魅力を引き立てる演出。
キャラとプレイの両方に個性を持たせた甘さの強い作品です。
熱を感じる耳舐め
エッチシーンは6パート84分間。
プレイは耳舐め、手コキ、体を舐める、フェラ、SEX(騎乗位)です。
服を脱ぐ、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「じゃあ 実際に舐められたら どれだけ気持ちいいんだろうね」
自分がしたい時に耳を舐める契約を主人公に持ちかけたゆいは
彼がなかなか信じてくれないので実際にやって証明します。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の「02.教室でドキドキ耳舐め♪」はお試しに近いプレイ(約10分)。
時間をほぼ半々に分けて右耳→左耳の順にゆっくり舐めます。

「目がとろーんとしてきて その顔大好き 堪らないわ」
彼女は耳舐めした相手の反応を見るのが大好きらしく
初めてされる本物の耳舐めにとろける彼を嬉しそうに観察します。
契約と言っても主従とは違いますからこちらを見下すことは一切ありません。
ほぼノーマルな雰囲気を漂わせながら2人が同じくらい楽しめるように進めます。

耳舐めはまだ始まったばかりということで
標準くらいの水分に設定し、唇で挟み込んだり舌で舐める音を鳴らします。
淫語も特に言わないのでR-15でも通りそうなあたりに抑えられてます。

ただし、最中に吐息を多めに漏らして熱を伝える工夫がされてます。
本作品はキャラも割と重視してますから、彼女の内面をそこで表現するわけです。
耳舐め中は囁き声になるなど距離の近さを感じられる要素が充実してます。

単体で最も長く耳舐めするのは「04.ゆいちゃんのお部屋で耳舐め♪」(約34分)。
後日、家族が旅行中なのを利用し主人公を自宅へ招待すると
部屋のベッドに寝転びながら前回よりも濃い耳舐めをプレゼントします。

「いっぱい焦らして焦らして その後舐めた時のほうが 興奮するじゃん?」
序盤は耳の外側や耳たぶを舐めるソフトなものに徹して感度を上げ
中盤以降は舌でコリコリしたりむしゃぶりつくものにパワーアップします。
最後の8分間は手コキも同時にしますけどやっぱり耳舐めが主役です。
舐め始めたら左右を切り替えるまで中断しない演出も相まってがっつり楽しめます。

抜きに役立つのは終盤の2パート。
「07.ゆい!お耳以外も舐めるの上手いんだよっ♪」は全身舐めからのフェラ
「08.ゆいの初めて…全部あげる♪」は騎乗位SEXと耳舐め以外のプレイで気持ちよくします。

「君に褒められるのは ちょっと嬉しい いや だいぶ嬉しいかも」
そしてここでは彼女の可愛さや初々しさを前面に押し出して甘さを引き立てます。
彼に裸を見られてちょっぴり恥ずかしがったり、挿入開始と同時に吐息の熱が増して切ない声を漏らすなど
耳舐め特化だったこれまでとは違うやり方で興奮と一体感を与えます。

07パートは耳舐めを一切しませんし、08も途中からピストンと並行して行うので
それ以前に比べると耳舐めの割合が低くなってます。
最初から最後まで耳舐めばかりだと単調になりますし、できるプレイも制限されますから
こういう締めくくり方が妥当だと私は思います。

このへんまで来ると彼女の態度が随分変わってることに気づくでしょう。
最初は耳舐めを好き放題できる相手欲しさに契約したのが
だんだん彼自身に興味を持ち始め、最後は自分からSEXを求めるように変化します。
いきなりそうなるのではなく小さなきっかけを積み重ねて徐々に親密度が上がる感じです。
彼女が耳舐め好きになった経緯にも触れてますし、耳舐め重視でありながらキャラをとても大事にしてます。

このように、色んな耳舐めを通じて仲良くなる純愛系のエッチが繰り広げられてます。
耳舐め尽くしの作品
同人音声で人気のプレイにストーリー性を持たせた作品です。

ゆいは耳舐め好きなのになかなかできない不満を解消しようと
自分と似た性癖を持ってる主人公にエッチな契約を持ちかけます。
そして最初は耳舐めだけするつもりがだんだんエスカレートし
最後はSEXするほどまで彼にのめり込みます。

病的に耳舐め好きな女の子がクラスメイトの男子をひたすら責めるノーマル~ややM向けのシチュ
親密度に合わせて変化する質量共に優れた耳舐め
彼女の心情や反応を多めに描いたキャラ重視の演出。
耳舐めそのものに加え、それをする人の存在や内面にも光を当てて作品を組み立ててます。

中でも耳舐めは本作品の肝にあたるプレイなだけあって本当に充実してます。
序盤は探るように控えめに、中盤は緩急をつけて味わう、終盤は愛情を込めてねっとり、という具合に
同じ耳舐めでもパートやシーンによって違う舐め方をして流れを作ります。
吐息を多めに挟むことでエロさと興奮具合を表現するなど
このところ大活躍されてる声優さんらしい手の込んだプレイに仕上がってます。

「あぁ ホッとする」
これらの最中に見せる彼女の満たされた表情も印象的でした。
完全女性上位のプレイをする場合、責める側の描写は薄くなりがちなのですが
本作品ではそこにむしろ力を入れて全体に温かみを与えてます。
2人がSEXするまでの経緯もしっかりしてて盛り上げ方が上手です。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音大量、吐息多め、くちゅ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:59:35

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
「放課後にロッカーの中で密着耳舐め♪」という音声が後日追加される予定です。

毒舌クールなジト目後輩OLの甘責め溺愛搾精告らせ工作 with 赤ちゃん言葉

サークル「はちみつトラップ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、見た目はクールだけど内面はとっても一途な後輩が
大好きな職場の先輩をエッチに甘やかします。

彼を露骨に見下しながら赤ちゃん言葉でからかったり
気落ちしてるのを見て授乳手コキで励ますなど
飴と鞭を使い分けながら心を引き寄せるややM向けの色仕掛けが楽しめます。
毒舌後輩のいじらしい色仕掛け
後輩と職場で5種類のエッチをするお話。

「先輩? せんぱーい あ、お疲れさまです」
後輩は丁寧な言葉遣いをするクールな声の女の子。
ある日の深夜、残業中に主人公がオナニーしてるのを発見すると
許しを請う彼にそのまま続けるよう指示します。

本作品は残業続きで性欲をなかなか発散できない彼を少しでも楽にしようと
彼女が100分程度に渡って彼の性癖に合ったご奉仕をします。
オナニー観察、キス+手コキ、授乳手コキと後になるほど大胆なプレイを用意し
その最中に彼女は色んな言葉責めをして彼の気を引こうとします。
音声を聴いた限りではたぶんSEをやってるのだと思います。

「耳元で赤ちゃん言葉でいじめられて オナニーはかどっちゃうんでちゅかー?」
彼女は感情を表に出すのが苦手な性分ですが最初から好感度MAXの状態。
普段は頼りになる彼が情けない姿を見せると淡々とした口調で見下し
さらに幼児プレイ大好きな童貞と知るとすぐさま赤ちゃん言葉を繰り出し喜ばせようとします。
もちろんおちんちんもがっつり責めますけど、心への責めがかなり充実してます。

しかしこれらはすべて彼女なりの愛情表現であって悪意はまったくありません。
その証拠に意地悪した分はきっちり甘やかして幸せな射精に導きます。
射精シーンでぴゅっぴゅのセリフを必ず言うなど、言葉を使ったリードが本当に巧みです。

素直に好きと言えないからエッチな手段で振り向かせようとするところに愛らしさを感じました。
物語が進むほど彼女の態度が柔らかくなりますし
最初はきついと感じた人も聴き終えた時は随分印象が変わるでしょう。

体への責めについては恋人になってない状況を踏まえてコキ系のプレイが充実してます。
言葉責め主体の作品なので実況はそれほどしませんが
同じプレイでも動き、リズム、ペースを小まめに変えてわかりやすくする工夫がされてます。
各パートの時間が20分程度、しかも射精が1回ずつと実用性にも配慮しており
彼女の愛を強く感じながら気持ちよく抜くことができます。

クールで不器用な後輩が主人公の性癖に合ったエッチをしながら想いを伝える。
ややMをメインターゲットにした言葉責め重視の純愛作品です。
心身をバランス良く責めるエッチ
エッチシーンは5パート85分間。
プレイはオナニー、太ももとパンツを見る、パンツオナニー、手コキ、キス、授乳手コキ、素股、おっぱいとお尻を揉む、オナホコキです。
服を脱ぐ、オナニー、手コキ、素股、オナホコキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほら いつも通りシコシコしてください」
職場でのオナニーを秘密にする条件として公開オナニーを提示した後輩は
主人公がオカズにしてたある小説の文章を読み上げてあげます。

エッチは終始彼女がリードします。
一番最初の「1.ささやきオナニー見学罵倒編」は彼女の毒舌が光るパート(約17分)。
右手近くに寄り添い観察しながら軽く罵ったり赤ちゃん言葉責めします。

「童貞こじらせた結果 幼児言葉で甘やかされる小説読んで 職場でオナニーに励む変態になっちゃったんでちゅね」
この時点の彼女は普段の真面目な彼しか知りませんから
今との落差を引き立たせようと辱めるセリフを多めに投げかけます。
しかしこれが彼の性癖にぴったり当てはまることを考えれば、むしろご褒美と呼んだほうがしっくりきます。
言ってることは割ときついですけど、この時点で彼女なりに愛情を込めてるのがわかります。

それを裏付けるのがパート中盤から始まるパンツを使ったプレイ。
スカートをたくし上げて太ももやが見えるようにし
さらに射精の直前になるとより大胆なことをして気持ちよく出せるお手伝いをします。

彼の弱みを握るためにエッチするならわざわざここまでのサービスはしないはずです。
「好き」などストレートな表現を使わずに彼女の心情をほのめかす凝った演出がされてます。

続く3パート48分間は甘さが引き立ってるプレイ。
「2.たてまえキス手コキ編」は再度職場でオナニーしないよう彼女が性欲処理を手伝い(約19分)
「3.よしよし授乳手コキ編」は凹んでる彼を慰める(約12分)
「4.ごほうび対面座位パンスト素股編」は逆に頑張った彼を褒める意味合いでご褒美をあげます(約17分)。

「先輩からどうぞ 私の唇 奪えますか?」
キス手コキ編は2人の関係が大きく進展する重要シーン。
ソフトなものからディープなものまで何度もキスしながらおちんちんも気持ちよくします。
プレイ自体は割とノーマルなのですが、キスを仕掛ける手段が独特で面白いです。
ヒントはパート名にもなってる「たてまえ」です。
また前のパートではよくやってた罵倒が一気に減り雰囲気も柔らかくなります。

「お姉ちゃんのおっぱい 先輩に予約されちゃってるんですね ふふっ」
授乳手コキ編とパンスト素股編は甘さを全面に押し出したサービス。
彼が望むプレイを設定し、それらをしながら優しい言葉をかけて幸福感で包みます。
彼女はどちらかと言えば求めるより求められるほうが好きなのでしょう。
おっぱいにむしゃぶりつかれた時に一際嬉しそうな表情を見せてました。

最初のパートから続けて聴くと彼女の態度が随分柔らかくなってることに気づくはずです。
2人の親密度が高まるのに合わせて彼女がより素直になるのも本作品の大きな特徴です。

最後の「5.ほんしん疑似セックスオナホコキ編」は未来を見据えたプレイ(約20分)。
彼女が用意したオナホを本物のおまんこに見立てて疑似SEXを楽しみます。

「いいですか? SEXはただおちんちんを出し入れするだけじゃないんです」
より本番らしさが出るよう効果音のペースを緩めに設定し
それと並行して彼女が女性の責め方をレクチャーする本格的な内容です。
現時点で仕事は十分できるのだからエッチのほうも頑張ってほしい。
不器用な彼女らしく試練を与えて彼の奮起を促します。

このように、甘さと意地悪さを兼ね備えたバランスの良いエッチが繰り広げられてます。
一風変わった純愛作品
キャラが立っててエッチも濃密な総合力の高い作品です。

後輩は一緒に働いてて異性としても好ましく思ってる主人公と親密になろうと
こっそりオナニーしてるのを見つけたことをきっかけに色んなプレイを提供します。
そして童貞な彼が暴発しないよう責めるペースをやや緩め
さらに赤ちゃん言葉を主軸にした幼児プレイも行い愛情をたっぷり注ぎます。

クールで純情な後輩が先輩をエッチな手段で引き寄せるノーマル向けのシチュ
毒舌と赤ちゃん言葉を緻密に融合させた高品質な言葉責め
コキ系のプレイを取り揃え、効果音を小まめに変化させるリアル志向のエッチ
最初は素っ気なかったのがだんだん素直になってくる彼女のキャラ。
音声作品を構成する各要素にこだわって作品を組み立ててます。

「すぐ濡れちゃう泣き虫おちんちんもだーいちゅき」
中でも言葉責めはサークルさんが得意とされてる部分なだけあって
甘やかしと意地悪を共存させて裏表がある彼女のキャラを忠実に表現してます。
ひたすら見下したり突き放すのではなく、それ以上に優しくしてくれますから
彼女に対してマイナスの感情を抱く人はほとんどいないと思います。
赤ちゃん言葉はからかう、甘やかす両方の意味で使われてます。

あとは彼女が適度に甘えたりおねだりしてくるのも印象的でした。
タイトルを見ればわかるように、彼女は彼に告白させたくてこのエッチをします。
でも一方的にお世話してたらご主人様やママに近い存在になってしまう。
だから時折弱いところを見せてパワーバランスを取ったのではないかなと。
敬語で話しかけることも含めて年上の彼に敬意を払って接します。

エッチは心を盛り上げやすいおかげでどのパートも抜きやすく違った良さを持ってます。
M度が高い人はオナニー見学罵倒編がゾクゾクするでしょうし
逆に甘えるのが好きな人は授乳手コキ編がしっくりくるんじゃないかなと。
キャラ萌えしたい人はキス手コキ編が刺さりそうですね。

射精シーンは5回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声はありません。

EXは日常パートと耳舐めです。

CV:思ちぽさん
総時間 2:01:24(本編…1:47:54 EX…13:30)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年10月22日まで30%OFFの907円で販売されてます。

JKリフレ♪ とろイキあまあまフルコース ~甘やかし・耳舐め・濃密エッチ~

サークル「ほわいとばーど」さんの同人音声作品。
今年3月に処女作を出されたばかりの新しいサークルさんです。

今回紹介する作品は、真面目だけどエッチに興味津々な処女JKが
最初のお客にあたる男性と耳かきや色んなエッチを楽しみます。

様々な初体験をしながら少しずつ踏み込んだサービスに移るキャラ重視の作りが魅力で
序盤は淫語を言うことすら恥ずかしがってたのが
回を重ねるうちに積極性が増し、最後は自ら処女を捧げて幸せそうな表情を見せます。
初々しいJKと少しずつ親密に
ラブエステティックの店員「天宮 理緒(あまみや りお)」が色んなサービスをするお話。

「ご、ご指名ありがとうございます 理緒と申します」
理緒は可憐な声の女の子。
来店した主人公に緊張した様子で挨拶すると
今日が初めてだと伝えてから最初のサービスに取り掛かります。

本作品はお金が欲しくてつい最近この仕事を始めた彼女が
偶然1人目の客になった彼を90分近くに渡って癒したり気持ちよくします。
一番最初に耳かきする以外はすべてエッチシーンになっており
キス、フェラ、手コキ、SEXなどプレイを幅広く用意し一生懸命もてなします。

「これが オナホール この道具であなたの お、おちんちんを擦るんですね」
最大の魅力は彼女のキャラ。
SEXはもちろん、キスすら生まれてから一度もしたことないため
序盤は恥ずかしがったり驚くシーンがたびたび登場します。
しかしある程度慣れてくると自分から積極的に動く大胆な姿も見せてくれます。

物語が進むほど彼女の態度や行動が変化していきますから
最初と最後で彼女に対する印象が随分変わるでしょう。
サービスを重ねるにつれて2人の仲が良くなる様子も描かれてて感情移入しやすいです。

エッチについては彼女の処女属性を活かして「初体験」を大事にしてます。
ファーストキス、初めて見るおちんちんや射精、そしてSEXと彼女は彼に色んな初めてを捧げます。
元々エッチな事に興味がある性格ですし、彼が無理矢理やらせることもないので雰囲気は終始和やか。
「今の彼ならここまでやってもいい」というラインを定め、その範囲内でできる限りご奉仕します。

最終的に彼女は処女喪失しますが、これらすべてを1日でやるわけではありません。
初日は耳かき、その1週間後にキス&オナホコキといった具合に
1ヶ月程度をかけてじっくり進める方針を取ってます。

耳かき終了時に連絡先を交換してるところを見ると
音声以外の部分で2人が何らかのやり取りをしてるのかもしれません。
心の距離を少しずつ近づけ、それに合わせてプレイを大胆にする純愛系のエッチが楽しめます。

理緒の初仕事にあたる01パートでするのは耳かき(約18分)。
簡単な挨拶を終えるとすぐさま膝枕に誘い、右耳→左耳の順に耳かき棒と梵天でお掃除します。
仕上げに息を吹きかけることはありません。

耳かき棒は「ずりずり」という細くて硬い音が使われており
耳の壁を小さく掻き出す感じに動きます。
動きにまったく変化がないのは残念ですが、音の品質は比較的良いと言えます。
割とパワフルなので視聴中は耳に微弱な振動が伝わってきます。

「それにしても こうして人に耳かきされるのは そんなに気持ちいいものなのでしょうか?」
「そうですね 少しだけ この仕事の楽しさというか やりがいがわかったような気がします」

最中の彼女はまだ仕事をしてる実感があまりないのか
耳かきで安らいでる彼の様子を不思議そうに眺めます。
でも後半に入ると彼が自分に甘えてくれることに喜びを感じ始め
「この先もやっていけそうだ」という自信を掴みます。

本作品のセリフは彼女の仕草や内面に関するものがほとんどです。
実況はもちろんしますが、それ以外は彼女が何を思い感じてるかの描写に注力してます。
そしてこれがあるから彼女の魅力が引き立ち感情移入できるわけです。
キャラを最も大事にしてる本作品らしい表現方法と言えるでしょう。
初々しさと健気さのあるエッチ
エッチシーンは5パート57分間。
プレイはローション洗体、耳舐め、キス、オナホコキ、パイズリ、フェラ、乳首を舐め合う、手コキ、SEX(正常位)です。
ローション洗体、オナホコキ、パイズリ、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「えっと まずは 体にこのホットローションを塗りつけて」
耳かきからおよそ1週間後、主人公が指定したコースに合わせてビキニ姿で現れると
理緒は自分の体にローションを垂らしてから彼に密着し擦りつけます。

エッチはお店のサービスなので基本的には彼女が責めます。
最初の3パート31分間は初々しさが光るシーン。
02と03はローション洗体、初キス、オナホコキをし
その後日にあたる04は自慢のおっぱいを使ったパイズリフェラに挑戦します。

「もっと強く胸とかを擦りつけて欲しいですか? わ、わかりました やってみますね」
ビキニ姿を見られるだけでとても恥ずかしそうな表情を見せたり
普通にご奉仕しながら彼のリクエストに応えて動くなど
彼女はエッチに対する不得手さを見せながら一生懸命取り組みます。

02と03は責めるペースが緩めですから抜きよりも雰囲気作りの意味合いが強いかなと。
自分のために尽くしてくれる姿が健気で心が自然と温まります。

「キス…気持ちいい もっともっと して?」
このシーンの鍵になるプレイはキス。
02は彼からソフトに、03は彼女からディープにとスタイルを切り替え濃いめのちゅぱ音を鳴らします。
この後もしきりにキスをおねだりするところを見ると気に入ったのでしょう。
店員とお客だった2人がより親密な関係になるきっかけを生んでます。

「このおちんちんの匂いも 頭がぼーっとなってきます」
04は彼女が初めておちんちんに直接触れるパートなのでそこの描写に力を入れてます。
すぐ目の前にあるそれの匂いにクラクラしてたかと思えば
プレイの途中から滲み出してきたカウパーに興味津々な様子でむしゃぶりつきます。
そして精液を顔に浴びたり直接飲んで男の味をしっかり確かめます。

このパートから彼女が自分から積極的に動くようになるのが印象的でした。
最初はパイズリだけしてたのが、途中からフェラを加えてより気持ちよくしようと頑張ります。
彼も無理に指示を出すことはありませんし、風俗嬢として一歩前進したのがわかります。

続く2パート26分間はより踏み込んだプレイ。
05は甘やかしながらの手コキ、06は初SEXと内容が濃密になります。
04、05、06はすべて別日の設定です。

「はっ 入ってくるっ お兄さんのおっきいおちんちん あっ んっ」
特にSEXは事前に2分くらいキスを続けてお互いの気持ちを盛り上げ
挿入してから少し停止し、ゆっくり動き始める愛に溢れたプレイです。
彼女の反応や乱れっぷりもエロ可愛く、これまで時間をかけてキャラに魂を吹き込んだ背景もあり
最後の射精シーンは充足感に包まれながら抜くことができました。

SEXに持っていくまでの過程がすごく良く出来てるなと。
彼女が彼に対して心を開き、その結果処女を捧げる決断をしたのがエッチを通じて描かれてます。
形式上は風俗サービスですが内容はほぼ恋人同士と言って差し支えないです。

ちなみにタイトルから耳舐めを結構すると予測する人がいるでしょうけど
実際は全パート合わせて10分程度と非常に短いです。
他のプレイと一緒にちょろっとやる感じで固めて鳴らすことはありません。
ですから耳舐め目当てにこの作品を聴くのは止めたほうがいいと思います。

このように、初々しい女の子が女になる様子を描いたあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
成長を感じる作品
風俗店によくある心の距離を取っ払ってるキャラ重視の作品です。

理緒は自分にとって初めてのお客にあたる主人公を満足させようと
まずは耳かきを通じて男性を喜ばせるコツを掴み、同時にその醍醐味も実感します。
そしてエッチに入ると少しずつ大胆なプレイに進み、最後は大事なものを彼に捧げます。

初々しいJKと色んなエッチを楽しむノーマル向けのシチュ
親密度に合わせてプレイ内容が変化するエッチ
最初は不得手なりに頑張り、慣れた後は積極的に責める彼女の姿。
物語を通じて彼女が女性として成長するように作品を組み立ててます。

「お兄さん 私の体で いっぱい気持ちよくなってくれたんですね 嬉しいです」
中でも彼女はどのシーンも彼のことを第一に考える献身的な姿勢を取ります。
お金が欲しくてやってるのは間違いありませんけど
それだけにしては熱や感情がこもってるように映りました。
男性をお世話したり女性の快感を味わうことに目覚めたのかもしれません。

音声を聴く前は「風俗店で処女喪失はさすがに重いんじゃないかなぁ」と思ってました。
でも実際に聴いてみると2人の絆が強まる過程を綿密に描いてて
彼女が納得したうえでこうしたことがわかりさほど違和感はありませんでした。
出会ったきっかけが風俗だっただけで、やってることは思いっきり純愛路線です。

エッチは責めを比較的ソフトにする代わりに抜き系の音を複数同時に鳴らします。
耳舐め+オナホコキ、パイズリ+フェラといった具合です。
パートごとの時間が10分程度と短いので3パートくらい繋げて1回抜く感じになると思います。

射精シーンは5回。
くちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

キャラ萌え成分の強い作品が好きな人には特におすすめします。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:31:42(本編…1:29:54 エンディング…1:48)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年10月19日まで30%OFFの756円で販売されてます。

【バイノーラル/KU100】―夏ギャル。―

サークル「にゃんまぐろ同好会」さんの同人音声作品。
今年8月に処女作を出されたばかりの新しいサークルさんです。

今回紹介する作品は、見た目はギャルっぽいけど内面はとても純情な幼馴染が
久しぶりに再会した男性と思い出の場所を巡ったり初々しいエッチをします。

前半は非エロメインで2人が昔の関係を取り戻す様子を描写し
後半はエッチの割合を一気に上げて彼女の乱れる様子をお届けする、といったように
彼女に感情移入できるようキャラやシチュを大事にしながらゆっくり進めます。
8年越しの想いを胸に
幼馴染のミチルと夏の日を過ごすお話。

「はーい今開けます はいはいーっと えーっと どちら様ですか?」
ミチルは明るくて元気な声の女の子。
定期を届けてくれた主人公になぜ家がわかったのか尋ねると
幼馴染だと言われて思わず泣き出します。

本作品は家の事情か何かで8年間離れ離れだった男女が
再び出会って色んなことを話したり初エッチする様子を140分ほどに渡ってお届けします。
サークルさんがより多くの人に作品を聴いて欲しいと思われたようで
これだけのボリュームがあるのにたったの108円とコスパが非常に良くなってます。

しかし安いからといって手を抜いてるところは特にありません。
いきなりエッチするのではなく、彼女の心情を綿密に描いて十分に雰囲気作りし
それから突入するドラマ仕立ての展開です。

「うそっ マジで? 信じらんない 本物だよね? あぁ 良かった また会えた」
彼女は田舎に住んでるだけあってとても純朴な性格の女性。
小学生の時とは随分違う姿になった彼に驚きつつ再会を素直に喜びます。
そしてデートに出かけた時は一生懸命尽くして好意をアピールします。

会った直後に嬉しさのあまり泣いたのも未練を残してたからなのでしょう。
彼女が何を思い、感じてるのかを中心に描くことで感情移入しやすくしてます。
キャラやシチュが売りの作品なのでそこに最も力を入れてるように映りました。

エッチについては彼女が処女なのを考慮し初々しさを大事にしてます。
普段がギャルっぽいからこそ、恥じらったりエロ可愛く喘ぐ姿にグッと来るでしょう。
言葉責めはほとんどせず喘ぎ声の量を多めにして実用性を上げてます。
効果音はごく一部にしか入ってないので、彼女の乱れる姿が一番の抜きどころです。

遊んでそうで遊んでない女の子とイチャイチャする展開と喘ぎ声重視のエッチ。
相思相愛だった男女が久しぶりに出会い仲良くする様子を丁寧に描いたイチャラブ系作品です。
思い出の地を巡って
主人公がミチルに定期を届けた直後にするのは雑談(約8分)。
スイカと麦茶をいただきながらお互いの近況を語ります。

「ねぇ どのくらいこっちにいるの?」
彼女は遠く離れてしまった後も彼のことをずっと好きだったらしく
どれくらいの期間ここにいるか、現在恋人がいるかを熱心に尋ねます。
男子にモテてるフリをしてみせるところも可愛いですね。
彼の気を引こうと不得手なりに頑張る姿が初々しいです。

その翌日は2人が小学生の頃よく遊んでた場所を巡ります。
小川の流れてる森→洞窟と思しき秘密基地と場面が変わり
それに合わせてバックの環境音もきちんと変化します。


「ほんと ずーっとこうしてたいなぁ こいつと 一緒に」
涼やかな水の音、遠くで鳴いてる鳥の声、そして突然降り出した雨音。
自然に関する音を使って別方向の癒しを与えます。
懐かしさに浸りながら安らいだ表情を見せる彼女もシチュに合ってて良いです。
会った直後は昔の知り合い程度だった2人がだんだん幼馴染に戻っていく様子が描かれてます。

実際に聴いてみるとお話が進むほど彼女が素直になっていくのに気づくでしょう。
最初はツンデレ気味だったのが自分の気持ちをはっきり伝えられようになります。
そしてこの心情変化を事前に挟むからこそエッチが一層盛り上がります。
彼女の魅力を引き出し、癒しを与え、エッチのお膳立てをするのが本作品の非エロパートの役割です。
幼馴染から恋人へ
エッチシーンは4パート73分間。
プレイはキス、ミチルのオナニー、乳揉み、SEX(正常位、騎乗位)、手コキ、フェラ、手マン、耳舐めです。
手コキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「キス 優しいね いいよ アンタになら してほしいから」
秘密基地内でお互いの気持ちを確認した2人は
雨が止むまでの時間を使ってそのまま初エッチに挑戦します。

エッチは基本的に主人公が責め、時折ミチルがお返しします。
「07.初めての...」でするのは初キス&SEX(約16分)。
キスや乳揉みで彼女の心身をほぐしてから正常位で繋がります。
本作品で最初にエッチな描写が出てくるのは「03.翌朝の部屋、アンタの寝ている横で...」なのですが
寝てる彼のすぐ横で9分程度オナニーするだけなので説明は省略します。

「だっ だいじょぶだから 止めないで 痛くない 平気だからね」
そしてここでも彼女は健気な姿を見せてくれます。
処女なことを伝えてから痛がっても最後まで続けて欲しいとお願いし
挿入後にある程度慣れた後は好きなペースでピストンさせて一緒の絶頂を目指します。

彼女が完全な受けに回るおかげで喘ぎ声が多く
普段よりも可愛らしさを感じる切ない声が股間にいい刺激を送ってくれます。
効果音が入ってないのは喘ぎ声を楽しみやすくするためなのかもしれませんね。

続く2パート48分間は彼が以前住んでた家に場所を移し
「09.シャワーを一緒に浴びてたら…」はお風呂場での手コキとフェラ
「10.一緒に過ごす初めての夜」は部屋で2種類のSEXを楽しみます。

「ここ舐めてると たくさんビクビクってするよ ふふっ」
1回エッチして心に余裕ができたのでしょう。
自分からおちんちんに手を伸ばしてその感触を確かめ
フェラは一心不乱にむしゃぶりつき彼の精液を嬉しそうに飲み干します。
セリフは少なめですから効果音やちゅぱ音で抜く形になります。
こんな風に後になるほど彼女が積極的になるのも本作品のエッチにおける大きな特徴です。

一番の山場は最後のSEXシーン。
作中で最も長い35分かけてキスを小まめに挟みながら今まで以上に深く愛し合います。

「そこっ おまんこ もっと強くしていいから おまんこ もっといじめてっ」
自分からおまんこをいじって欲しいとおねだりして数分後には絶頂し
SEXに入った後はややアヘった大きめの喘ぎ声をガンガン漏らす抜きを意識したプレイです。
場所が室内だから聞かれる心配がないと判断したのもあるのでしょうけど
彼女が女の子から大人の女性に成長しつつある様子を描いてるように感じました。
ちゅぱ音と喘ぎ声がほとんどですからエッチな音で興奮する人ほどオカズになるでしょう。

このように、2人の関係や彼女の心理の変化を描きながらするあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の純愛ストーリー
離れかけてた心を少しずつ近づけてくドラマ性のある作品です。

ミチルは8年ぶりに再会した主人公と昔の関係を取り戻すために
まずは色々話をしながら思い出の場所を巡ります。
そしてその後はより踏み込んだ関係になりSEXメインのエッチを楽しみます。

相思相愛の幼馴染が再会し恋人になる純愛系の物語
彼女の心情や反応を重点的に描いたキャラ重視の作り
ちゅぱ音や喘ぎ声など女性が生み出す音で興奮させる初々しいエッチ。
価格だけでなく内容も大衆性の高い作品に仕上がってます。

「頭撫でてくれるの好き ずっとアタシのこと 離さないでね?」
中でも彼女は表裏がほとんどないピュアな性格をしてて可愛いです。
挿し絵左に「背伸びしてても隠しきれないあなたへの想い」と書いてあるように
隠し事をするのが苦手で感情がすぐ表情や態度に出てきます。
内面描写に関するセリフも充実しており聴けば聴くほど自然と感情移入できます。

エッチは手コキ以外の効果音がないせいで単調になってる部分もありますが
吐息や喘ぎ声の激しさによって彼女の感じてる様子を生々しく、かつエロく表現しようと頑張ってます。
活動開始からまだ日が浅くこれが2作目ですから今後少しずつ変わっていくと思います。
キャラ作りはしっかりしてるので、エッチの表現方法に幅広さや深みが出ればより良い作品が生まれるでしょう。
価格がこれだけ安ければ不満を感じる人はほとんどいないはずです。

射精シーンは3回。
喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音それなり、くちゅ音ごく僅かです。

キャラ萌えできる作品が好きな人には特におすすめします。

CV:湯木ちゆりさん
総時間 2:21:47

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
141分で108円とコスパが良いので+1してあります。

★過去作0円クーポン付属★【尻尾耳かき】癒やされ処・夢月邸――夢魔の尻尾でお耳をちゅうちゅうマッサージ――

サークル「Whisp」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、近所のお姉さんっぽい性格をしてる穏やかなサキュバスが
夢の中で一風変わった耳かきやマッサージをします。

サキュバスらしさを出しつつ主に音で癒す作りになっており
耳かきやマッサージといった定番はもちろん、彼女だからこそできるものも用意し
それらの一部始終をリアルかつちょっぴり刺激的な音で表現しお世話されてる雰囲気を出します。
夢の世界でサキュバスと
夢月邸で働いてるサキュバスからサービスを受けるお話。

「あなたは今、真っ暗な地面に立っています。遠くにアカリの灯っているお屋敷が見えますね」
サキュバスはのんびりした穏やかな声のお姉さん。
夢月邸の近くに来てる主人公と手を繋いで案内すると
その途中にここがどこか、自分が誰かを教えます。

本作品は夢と月の間にある変わったお店を舞台に
彼女が120分程度に渡って耳かき、マッサージ、エッチをします。
サキュバスと言えばハードかつ濃厚なエッチをするキャラで有名ですが
彼女の場合は時間、内容共に癒しを重視して進めます。

彼のことを「男の子」と言ってるのでたぶん彼はまだ少年なのだと思います。

「お客様を落ち着かせるデフューザーを焚きましたので、良い香りがしてくると思います」
異世界に迷い込んだ彼を出迎え丁重に案内し
到着後は癒しの香りを漂わせながらマッサージ台の上で一生懸命ご奉仕します。
声や態度が近所のお姉さんっぽいほんわかした雰囲気の女性です。
終盤には愛の言葉も投げかけるなど心のケアにも力を入れてます。

エッチシーン以外はセリフよりも音や吐息の量を多くしてありますから
ASMR系の作品が好きな人ほど楽しめるでしょう。
どの音も質感が良く動きもリアルで耳に心地いい刺激を送ってくれます。

しかしサキュバスらしさを感じる要素もそれなりに用意されてます。
お金を取らない代わりに彼の精液をいただくことにし
物語の中盤以降は逆ハート型の尻尾を使って耳やおちんちんを気持ちよくします。
中でも耳へのマッサージは他の作品でもなかなかお目にかかれないものです。

穏やかな性格のサキュバスが音重視のサービスで少年をもてなす。
サキュバスらしさを残しつつ癒しに大きく寄せたまったり系の作品です。
音と吐息が織りなす静かなひと時
夢月邸に到着した後、最初の2パート54分間でするのは定番のサービス。
「丁寧なヘッドマッサージと、ヒミツのぱふぱふ」は頭部のマッサージ(約26分)
「サキュバスしっぽで、奥までとろとろ耳かき(通常編)」は耳のマッサージと耳かきで健全に癒します(約28分)。

そして本作品の持ち味である音が早速威力を発揮します。
ヘッドマッサージは 「しゅるー」という滑らかな摩擦音が鳴り、状況に応じて動きが小まめに変化します。
手のひらで頭頂部を優しく撫でる、両手の指先でツボを押す、後頭部を左右交互に擦る
頭部全体を手で包み込んで揉むなど種類も多く、このパートだけでも結構癒されます。

「指先で 頭のツボを、ぐ ぐって押していきますね」
最中の彼女は何をするか事前に伝える以外はほぼ吐息のみを漏らします。
効果音と吐息だけが流れるひと時はとても静かで落ち着きました。
癒し系専門店なのでまずは人間の時と同じく純粋に癒す方針で進めます。

2番目の耳かきは座った彼の後ろに彼女が陣取り
耳を片方ずつ蒸しタオルで拭いてから右→左の順に耳かき棒で綺麗にします。
そしてこの合間と終了時に軽く息を吹きかけます。

蒸しタオルは「ずりずり」という柔らかさのある摩擦音
耳かき棒は「じゅりっ」という乾いてて平べったい音が使われており
いずれもゆっくり往復させる感じに動きます。
耳かき棒は綿棒に近い動きをしてますが、音の質感は良いほうと言えます。

また耳かき棒は穴の手前と奥の2パターンあり
奥へ進むと効果音が若干近く大きいものに変化します。

音が売りの作品なだけあって細かいところにも気を配って制作されてます。

サキュバスらしさが出てくるのはその次から。
「サキュバスしっぽで、奥までとろとろ耳かき(スペシャル編)」は尻尾を使って耳マッサージし(約30分)
「むっちり太ももで、むにむにフェイスマッサージ」は太ももや股間といったエッチな場所で顔を揉みほぐします(約15分)。

「私のしっぽとお客さまのお耳でぇ ぱこぱこ交尾、しましょ♪」
スペシャル編は本作品の副題にもなってる非常に個性的なサービス。
尻尾を開いた中にある触手を耳の穴に滑り込ませます。
指を耳に入れてぐりぐりしてるような弾力のある音が鳴り始め
シーンの後半に入るとSEXしてるように出し入れして強めの刺激を送ります。

癒しとエッチの中間あたりに位置するサービスですね。
耳の中を傷つけない配慮がされてますからヤバさは特に感じません。
視聴時は耳を優しく撫でられてるような感覚がして心地いいです。
人間の女性にはできないことをやってサキュバスの魅力をアピールします。

「お客さまのほっぺをぉ さするみたいに 太ももを 前後に 動かしてぇ。 むに むに なで なで♪」
太ももマッサージは軽い圧迫感を音で表現してるのが魅力です。
両耳を中心に「ぞぞぞっ」みたいな音が鳴り続けます。
服越しとはいえおまんこを自分から押しつけるなど、エッチに向けた心の準備も見据えてお世話します。

両パートの共通点は普段あまり聴かないタイプの音で構成されてることです。
音を楽しむ意味合いが強いのでASMR系の作品が好きな人ほど楽しめるでしょう。
エッチな手段をできるだけ使わずにサキュバスの持ち味を出してるのも素晴らしいです。
愛を込めて搾り取るエッチ
エッチシーンは1パート18分間。
プレイは尻尾コキ、キスです。
尻尾コキ、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「私最初に言いましたよね。ここは夢の世界。あなたをマッサージで安らげてあげる代わりに お代を頂くって」
100分近くに及ぶ癒しのサービスで主人公の耳と頭部を綺麗にしたサキュバスは
最初に約束した通りおちんちんを尻尾でしごいて精液をいただきます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
内容は序盤から「ちゅぷん」という力強い水音が鳴り始め
オナホコキと同じように上下に動いてしごきます。
途中でキスも入りますけど基本的にはこれ一本です。

「形も硬さも大きさも 私の理想のおちんぽ様です♪」
「お客さまのおちんぽ 私、大好きです♪」

そしてこのパートだけは彼女が色んなことを話したり嬉しそうな反応を随所で見せます。
おちんちんを「おちんぽ様」と呼んで褒め称え
それや彼自身に対するポジティブな言葉をガンガン投げかけて気分良く射精させます。


プレイは確かにサキュバスなのですが、雰囲気は近所のお姉さんにとても近いです。
M性がほとんどないのでノーマルな人でも普通に聴けるでしょう。
効果音がそれなりにエロいですから2~3日溜めた状態でオナニーすれば抜けると思います。

また彼女がなぜ彼にここまで尽くすかも語られてます。
最初から最後まで音重視だと彼女の影が薄くなるからこうしたのでしょう。
本作品に合ったあまあまなエッチに仕上がってます。
音が魅力の作品
エッチが得意なキャラを敢えて癒しに活用してる面白い作品です。

サキュバスは夢月邸の近くで出会った主人公に幸せな時間を提供しようと
近所のお姉さんっぽい穏やかな態度で接しながら耳と頭部を丹念にケアします。
そしてその途中で彼が興奮したのを見計らってサービスの対価に精液を搾り取ります。

良い意味でサキュバスらしくない女性が少年と思しき男性を癒すノーマル向けのシチュ
セリフよりも音の割合を増やし、状況に応じて変化させるASMR系の作り
尻尾を使った耳マッサージや尻尾コキといったサキュバス特有のサービスを盛り込む演出。
一般的な癒し系作品との差別化をしっかり行ってます。

中でも音は動きにこだわっててレベルが高いです。
同じマッサージでも動きが違えば幅広さが出るしよりリアルになりますからね。
太ももで挟まれてる感覚も忠実に表現されててセリフ少なめでも簡単にイメージできます。

サービスは尻尾を使った耳責めが最も印象的でした。
現実世界ではできない行為ということで、実況を適度に挟みつつ特徴のある音を鳴らします。
耳かきの直後にやるからそれぞれの違いがはっきりわかります。

エッチはおまけとは言いませんけど脇役に近い位置づけです。
純粋な快感だけでなく彼女の愛情や思いやりも感じながら抜けるようになってます。
癒しのサービスがこれだけ充実してるのなら別にいいんじゃないかなと。
内容を理解したうえで聴く分には満足できるクオリティを持ってます。

射精シーンは1回。
くちゅ音それなり、淫語と吐息そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:古都ことりさん
総時間 2:09:11

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年10月7日まで30%OFFの756円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

甘々sexエロボイス~しっとり喘ぎ声+中出し誘惑~私の中で逝っていいよ♪ワンコイン

サークル「human chair」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、数多くの音声作品に出演されてる声優の桃華れんさんが
恋人になりきって甘さの強いSEXをします。

右からは上品で艶めかしい喘ぎ声を後になるほど激しく漏らし
それと同時に左から「中に出して」など男心をくすぐる言葉責めをするタイトル通りのプレイが楽しめます。
恋人からのエッチなおねだり
桃華れんさんの恋人になってSEXするお話。

「今日は 中でイっていいよ うん 中で出して」
れんさんは清楚でお淑やかな声の女性。
挨拶や自己紹介といった前置きはすべて省略し
主人公とすぐさまSEXを始めて中出しをおねだりします。

本作品は彼女と恋人同士になってラブラブなひと時を送ることをコンセプトに
およそ15分に渡ってエッチな誘惑をしながら喘ぎ声を漏らします。
気軽に、手軽に抜ける作品を目指してるためストーリーだけでなく前戯まで省略し
音声開始1秒の時点から早速ピストンが始まります。
効果音は鳴らないためプレイの様子はすべて喘ぎ声で表現します。

またhuman chairさんがよくやられてる罵声を浴びせかけながらオナニーするプレイや
女性にお金を貢いで破滅する快感を味わわせるといったM向けの要素は一切ありません。
ノーマルな人でも問題なく聴けるようにおねだりと喘ぎ声だけでぐいぐい押してきます。
彼女が完全な受け身になってるところを見ると体位もおそらく正常位あたりなのでしょう。
流れを持たせた艶めかしい喘ぎ声
エッチシーンは全編にあたる15分間。
プレイはSEX(体位不明)のみです。
エッチな効果音はありません。

「間違って外に出しちゃ嫌だよ? 中でイってね 私の中に射精してね」
「あっ んっ ふっ あぁっ」

主人公と無事ひとつになり気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らし始めたれんさんは
すぐさま反対側から何度も何度も中出しをせがんで彼の征服欲をくすぐります。

エッチは彼女が乱れる様子を彼の立場で楽しみます。
前半の7分間は比較的まったりしたプレイ。
喘ぎ声のリズムを長めに設定し、穏やかな口調で「中に出して」「射精して」などのセリフを連呼します。

「中出ししていいんだよ? 沢山イっていいんだよ? 中で 中で 中で 私の中でイってね」
彼女は彼の精液を子宮で受け止めたくて堪らないのでしょう。
音声の最初から最後まで似たニュアンスの言葉をひたすら投げかけます。
妊娠を匂わせるセリフが一切ないことから種付けを目的にしてるわけではなさそうです。
声も特に熱っぽくないので彼とのSEXを純粋に楽しみたいのだと思います。

喘ぎ声については「あんっ」とか「んふぅ」みたいな艶のある声を出すことが多いです。
彼女の声質に合った上品な乱れっぷりとでも言えばいいのでしょうか。
単調さが出ないように呼吸のペースや声のトーンを適度に切り替えながら喘ぎます。

「イって イって イって イってイって」
「あっあっあっあっ あぁぁぁぁ あぁっ はぁんっ」

続く後半は2人同時の絶頂に向けて若干激しさを増します。
セリフは「イって」「出して」などストレートなものを重ねて言うシーンが増え
喘ぎ声も小刻みになったりやや甲高い声を上げて興奮してることをアピールします。

セリフははっきり言ってかなり単調なのですが、喘ぎ声はきちんと流れができててエロいです。
彼女の声に反応して彼の責めるペースが上がり、それに合わせてより激しく乱れる様子を表現してます。
絶頂シーンもカウントなどを数えず彼女のイキ声でタイミングを取ってます。
彼女が絶頂した瞬間に音声が終わりますから、これの後に30秒程度の無音を入れておいたほうが抜きやすいと思います。

このように、エッチな声と言葉でストレートに応援するイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます。
極めてシンプルな作品
女性が生み出すエッチな声だけで抜かせるわかりやすい作品です。

れんさんは愛する主人公を満足させつつ自分もこのエッチを楽しもうと
主導権を彼に譲って喘ぎ声を素直に漏らしたりストレートなおねだりをして射精を応援します。

右からは喘ぎ声、左からは誘惑のセリフをひたすら言い続けるタイトル通りの作り
前半はゆっくり上品に、後半はやや速く激しく漏らす喘ぎ声。
状況説明を一切挟まず彼女の乱れっぷりだけでプレイの様子を聴き手に伝えます。

この2つの要素でどちらが優れてるかと言われれば断然喘ぎ声です。
声の質感や漏らし方が彼女の上品なキャラにマッチしてますし
ピストンを繰り返し興奮が高まっていくほどより艶めかしいものへと変化します。
同じような声をひたすら流すのとは違うおかげでプレイに生々しさを感じました。

それに対して中出し誘惑は聴いてて単調かなぁと。
「中に出して」「イって」などを多少表現を変えながらひたすら繰り返します。
「ドロドロのザーメンいっぱい注いで」とか「子宮に精液どぴゅどぴゅ吐き出して」など
表現に幅を持たせて言っていれば少なくとも今よりは心に響いたと思います。

射精シーンは1回。
淫語と喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音はありません。

喘ぎ声は良いのだけど言葉責めがイマイチだったことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:桃華れんさん
総時間 15:03

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月17日まで50%OFFの54円で販売されてます。

極にゅる耳舐め&むっちり乳圧でお耳サンドイッチ♪舌のざらざらプレスで穴奥まで気持ちいい甘々愛されエッチ

サークル「すたぁぱれっと」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて面倒見のいい幼馴染の女の子が
体調を崩してる好きな人を看病しながら気持ちよくします。

質量ともにこだわった耳舐めをするのが特徴で
定番のちゅぱちゅぱ舐めるプレイに加えて舌をねじ込みゴリゴリする
舌の中央を使ってゾリゾリした音を鳴らすなど
舐め方を小まめに変化させながら他のプレイも盛り込み心地いい刺激を送ります。
幼馴染の濃厚な看病
友達のひなみが耳かきやエッチをするお話。

「あっ 起こしちゃったかな? ごめんね」
ひなみは明るくてお淑やかな声の女の子。
風邪で寝込んでる主人公のおでこと首を拭いてると
目覚めた彼に事情を話しすぐさまご飯を用意します。

本作品は小さい頃から付き合いがあり彼に恋心を抱いてる彼女が
体調を崩した彼を見舞うついでに140分程度の癒しとエッチなサービスをします。
相手が病人の設定ですが彼は既に何日も寝込んでおり
その結果病状が随分良くなってるため割と普通にイチャイチャします。

「こういう時はね 私にいっぱい頼ってくれていいんだよ?」
過去に自分が入院した時、彼が何度も会いに来てくれたこともあるそうで
日頃から何かと気にかけてくれる彼に彼女は深く感謝してます。
そのため今回は弱ってる彼が心身ともに快復するよう一生懸命ご奉仕します。

最初から最後までとことん尽くしてくれますから
優しい女性に大事にされたり愛されるシチュが好きな人ほど満足できるでしょう。
言葉責めは一切なく、心温まるセリフをガンガン投げかけるノーマル向けの内容です。

しかしキャラや雰囲気に反してお世話の内容は結構濃厚。
多くのシーンで耳舐めを積極的に行い、それと同時におちんちんを責めて射精に導きます。
具体的にはエッチシーンのおよそ6割にあたる52分を耳舐めに割き(おまけも入れると62分)
その中で位置や舐め方を小まめに変える凝ったプレイが楽しめます。

すたぁぱれっとさんの耳舐めは「深さ」にものすごくこだわってまして
最中は耳の穴を舌先でグリグリほじられる感じのちゅぱ音が割と流れます。
もちろんちゅぱちゅぱ、コリコリ舐める通常のものも出てきますが
全体的に音がパワフルで耳に強めの刺激が伝わってきます。
体験版2番目の50秒あたりを聴いてみればどんな感じかわかります。

「それじゃあ今度は 舌のざらざらで 優しくお耳を撫でてあげる」
また本作品では新たに舌の最も広い部分でゾリゾリする音も登場します。
人間の舌は中央部がザラザラしてるので、そこを使って耳の外側を擦ってるような音です。
これも体験版2番目の1分35秒あたりで視聴できます。

耳舐めは人気のプレイなので結構な本数を聴いてきましたが
こういう音を鳴らす作品には初めて出会いました。
耳舐めと一緒に行う別のプレイもパートごとに変えてありますし
量だけでなく質や個性にも力を入れたオンリーワンな耳舐めに仕上がってます。

献身的な幼馴染が耳舐めをメインに据えたエッチで好きな人を気持ちよく看病する。
サークルさんが元々持ってる長所をさらに伸ばしたあまあまラブラブな作品です。
素朴で丁寧な耳かき
ひなみが主人公の体を拭いたりおかゆを食べさせた後にする最初のサービスは耳かき(約28分)。
膝枕の状態で左耳→右耳の順に耳かき棒と梵天でお掃除し、最後に4回ほど息を吹きかけます。

耳かき棒は「ずりっ」という細くて硬い音が使われており、ゆっくり円を描くように動かします。
柔らかい音の多い最近の耳かきでは珍しくハード系の音です。
でも力を弱めにしてあるので30分近く聴いても耳や頭が痛くならない刺激になってます。

「奥まで綺麗にするのはもちろん ここもちょっと汚れてるから 順番に、ね?」
また耳かき棒は手前と奥の二段階になってまして
奥に進むと効果音が若干低く鈍いものへと変わります。
位置も若干近づきますし、耳のケアにこだわってるサークルさんらしい細かな配慮が見られます。

「今元気なのは あなたがそばにいてくれたからなの ありがとう」
最中の会話は2人の昔の出来事や彼女の気持ちなどが中心。
この後から始まるエッチに向けて背景を描き彼女の魅力を引き出してます。
結構しゃべりますからASMR成分は低めです。
彼のことを真っ直ぐ信じ、親身にお世話する彼女の純真な姿にとても癒されました。

専門店よりは家庭らしさを重視したシンプルでそつのない耳かきです。
使用する器具や進め方は王道にし、その代わり品質を高くすることを心がけてます。
耳かき音声を数多く聴いてる人には物足りなく感じるかもしれませんが
本作品は元々エロメインですからこの内容で十分だと私は思います。
会話量を多めにしてることも含めて雰囲気作りの色合いが強いように映りました。
耳を深く愛するエッチ
エッチシーンは4パート86分間。
プレイは手コキ、耳舐め、乳首責め、玉舐め、フェラ、おっぱいを耳に押しつける、キス、SEX(正常位)、指を使った耳責めです。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「いいよ ここも 看病してあげる」
耳かきを終え主人公と一緒の布団で添い寝することにしたひなみは
おちんちんがすっかり勃起してることに気づき、すかさずパンツの中に手を入れます。

エッチはどのパートも彼女がリードします。
前半の2パート45分間はお見舞いに行った当日のお話。
「02. 寄り添いながら耳舐め手コキ」はスローペースの耳舐め手コキ
「03. 乳首いじりと濃厚フェラでねっとり射精」は乳首責めとフェラチオで1回ずつ射精させます。

そして早速本作品の売りである耳舐めがその威力を発揮します。
序盤は耳の外側を舐めたり吸うスタンダードなものだったのが
少し経つとザラザラしたものへと変わり、さらに舌先を穴に入れてグリグリします。
初めて聴いた人はちょっと驚くかもしれませんね。
手コキは効果音を鳴らすだけに留め、耳舐めで個性を出してます。

「ずっと我慢してたんだもん ぴゅーってお漏らししたら すっごく気持ちいいよ」
最中に入るセリフも忘れてはいけません。
耳舐めを多めにするので耳かきほどはしゃべらないものの
自分で勃起した彼に嫌な顔ひとつせず、むしろ積極的にお世話して心の病を取り除きます。
焦らしや寸止めといった意地悪な要素も一切なく隅から隅まであまあまです。

次の03パートは耳舐めをしない代わりに別のちゅぱ音を鳴らします。
乳首舐めは平べったい音、玉舐めは頬張って吸い上げる感じの音
フェラは「ぎゅぽっ」というやや下品な音とそれぞれに合った音になっててどれもエロいです。

処女なのに結構慣れた感じで責めてる点は少し引っかかりましたが
彼のためなら何でもするキャラですし、この日のためにこっそり練習したのかもしれません。
フィニッシュは口で受け止め喉を鳴らして飲み干すなど、男が喜ぶことを積極的にやってくれます。

後半の2パート41分間は翌日のお話。
「04. おっぱいと舌で濃密両耳サンドイッチ責め」はおちんちんに触れず耳を集中攻撃し
「05. 耳穴をぐっぽり愛しながら中出しエッチ」はいよいよ繋がって2人同時の絶頂を目指します。

「男の子って 好き、なんだよね? 女の子のおっぱい」
04パートは最も本作品らしいプレイ。
最初から最後まで耳舐めに専念し、その途中から反対側の耳をおっぱいに押しつけます。
その際に「ごごごごー」という音が聞こえ、軽い圧迫感もあるのが実に良いですね。
おっぱいに塞がれてる感覚を音だけで表現してます。

本作品は耳舐めが一番の売りですから、マンネリ感を出さない工夫もきちんとされてます。
例えば03パートで耳舐めをしないのはメリハリを出すためでしょうし
ここでおっぱいを押しつけてくるのも舐め以外の手段で耳を責めるためです。
最後の05パートも耳舐めと同時に指責めをするので、同じ耳舐めでも多少違った感覚がすると思います。

「いいんだよ 好きなだけ幸せになって 気持ちいい感覚に甘えちゃお?」
05パートは唯一彼女も責められるシーンということで
普段よりも吐息が熱っぽいものへと変化し今まで以上に激しく耳舐めします。
喘ぎ声も一応漏らすのですが、相変わらず耳舐め重視なため量は非常に少ないです。
前のパートでがっつり耳舐めしてますから、ここはもう少しSEXに寄せても良かったかもしれません。

このように、最大の武器をふんだんに用いた愛情深いエッチが繰り広げられてます。
濃い耳舐めが味わえる作品
耳舐め音声を数多く聴いた人でも楽しめる個性の強い作品です。

ひなみは小さい頃から色々助けられてきた主人公に少しでも恩返ししようと
風邪を引いてる彼のところへ看病に出かけ、まずはおかゆを食べさせたり耳かきして純粋に癒します。
そしておちんちんが元気なことを知った後は耳舐めしながら緩めに責めて無理なく射精させます。

優しくて世話好きな幼馴染がひたすら尽くすあまあまなシチュ
耳舐めの時間を多く取り、舐め方や責め方を切り替える手の込んだエッチ
彼のことを一途に愛し熱心にご奉仕する彼女のピュアなキャラ。
耳舐めを大事にしつつ彼女の魅力が引き立つように作品を組み立ててます。

中でも耳舐めはサークルさん象徴するプレイなだけあって内容がとても充実してます。
本編で両耳舐めするシーンはないものの、指やおっぱいを使って左右同時に刺激するリアル志向のサービスです。
これまでになかった新しい耳舐めも取り入れてますし、耳舐め好きならきっと満足できるでしょう。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

おまけは両耳舐めとおやすみ用トラックです。

CV:神楽琴美さん
総時間 2:50:28(本編…2:19:21 おまけ…31:07)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
170分で972円とコスパが良いので+1してあります。

↑このページのトップヘ