同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ: しゃーぷ を含む記事

   ● パコフレ♪
   ● さきゅばすは~れむ♪
   ● ドスケベ村の巫女さんたちと姫初め♪ ~子作りお精子奉納の儀~
   ● 家出JK姉妹とラブラブになる7日間♪
   ● 色仕掛けJKアイドルキラリスの誘惑活動♪
   ● 優しい淫乱ナースたちのおねショタ精液採取♪
   ● 家賃おねだり甘々えっちな誘惑姉妹♪
   ● 先生とギャルJKの密着添い寝搾精




サークル「しゃーぷ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大人しそうに見えてエッチ大好きな女の子と彼氏持ちのギャルが
友達あたりの関係にある男子とセフレになり色んなエッチを楽しみます。

恋愛要素をあまり込めずにたくさんSEXするのが特徴で
片方は普段とのギャップ、もう片方は彼氏持ちを寝取る快感と別のポイントを設け
協力しながら耳とおちんちんをたっぷり責めて女性に尽くされる心地よさを与えます。
寝取りは重さや暗さがまったくないのでノーマルな人でも問題なく聴けるでしょう。
お友達からSEXフレンドに
JKの綾瀨や紗弥加とエッチするお話。

「あ…おはよー ん? こんなとこで何してるのって?」
綾瀨はのんびり話す甘い声の女の子。
街中で待ち合わせしてる最中に主人公から声をかけられると
彼がパコフレのパートナーだと知り驚きます。

本作品はマッチングアプリ「パコフレ」に登録した結果偶然パートナーになった2人が
ラブホ、彼女の自宅、空き教室でおよそ120分に渡るエッチをします。
最初は綾瀨1人なのですが、途中から友人の紗弥加も加わり
彼の耳とおちんちんを協力して責めて何度も射精させます。

「男の子とエッチしてみたくて そのアプリ 使ってみたんだ」
綾瀨はおっとりしたごく普通のJKでパコフレを使うのはもちろん
男性とエッチするのも今回が初めてというピュアなキャラです。
だから彼と2人きりでエッチする時は初々しい仕草を見せてくれます。
しかしある程度慣れてくると激しいベロチューや深いSEXを積極的にするようになります。

野上菜月さんのあまあまな声も相まって、普段とエッチで見せる顔にそれなりのギャップがあります。
「彼が望めば付き合ってもいい」みたいなことも言いますし
体だけでなく心もしっかり繋がったエッチが味わえます。

紗弥加「あーっ 耳舐めしてる 最近そういうプレイ流行ってるらしいね」
それに対して紗弥加は彼氏持ちのギャルという綾瀨とは随分違う属性を持ってます。
最初はお遊び程度で参加するつもりだったのが少しずつのめり込んでいき
最後のほうになると自分から中出しをおねだりするほど彼の虜になります。

ギャルと聞くとエッチの経験が豊富そうに思うでしょうが
彼女の場合は恋人がエッチに淡白なせいでそれほどやってないそうです。
綾瀨の誘いを受けたのもそのへんの欲求不満を解消したかったのでしょう。
快楽に貪欲だからこそ、気持ちよくするとあっさり堕ちる性格をしてます。

こんなふうに2人に異なる特徴や背景を持たせたうえでエッチするのが本作品の大きな特徴です。
綾瀨はストレートな純愛系、紗弥加は寝取りを絡めた若干背徳的なプレイと
同じ場所にいるのにエッチの意味合いが随分違ってて面白いです。
2人が同時に責めるシーンが多いおかげで純粋なエロさも高くなってます。

エッチについてはタイトルの「パコフレ」に合わせてSEXを最も充実させてます。
7パート中4パートで行うのですが、基本的には彼が彼女たちを責めるスタイルになってます。
彼は大きなおちんちんと抜群の精力を持つスーパーキャラなため
彼女たちが彼に媚びたり惚れ込んで征服欲をくすぐってくれます。

綾瀨「あなたに仕込んでもらった あなた専用のパイズリ んっ」
紗弥加「何これっ こんなの初めてっ」
サークルさんが「ち〇ぽでわからせる」とおっしゃられてる通り
男らしさを見せつけて屈服させるので無理矢理感はまったくありません。
紗弥加の寝取りも彼女が自分からそれを願う快楽堕ちっぽい展開になってます。

2人のキャラを使って興奮させる作りとSEXメインの穏やかで濃いエッチ。
18禁作品にとって重要な「抜きやすさ」を大事にしたノーマル~ややS向けの作品です。
ゆっくりじっくり愛し合うエッチ
エッチシーンは7パート89分間。
プレイはキス、手コキ、耳舐め、SEX(正常位、騎乗位)、乳揉み、フェラ、イラマチオ、パイズリです。
手コキ、SEX、パイズリの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ねぇ 最初はどうすればいいのかな?」
街中で主人公と雑談してから一緒にホテルへ移動した綾瀨は
お互いに初めてなのでとりあえずバスタオルを着たままハグやキスして緊張をほぐします。

エッチは彼女たちがリードしつつ一部で攻守が逆転します。
一番最初の「02 女友達の綾瀨と初めてえっち♪」は2人がセフレになるきっかけを描いたパート(約21分)。
抱き合ったままキスするところから始まり耳舐め手コキ→正常位SEXと交互に責め合います。

「なんだか楽しくなってきちゃった 私 こんなにえろーいこと できると思わなかった」
彼女は初エッチの相手が彼になったことが嬉しかったようで
処女なのに自分から積極的に動いてこの状況を楽しみます。
仕草や反応が初々しく責めるペースも緩めにしてました。

それがパート中盤から始まるSEXで大きく変わります。
これまで受け身だった彼が彼女を押し倒し、そのまま挿入して腰をリズミカルに振ります。
「ばむっ」という弾力のある音と彼女の気持ちよさそうな声が股間に適度に響きました。
恋人っぽい雰囲気はまだありませんが、彼女の優しさとエロさがわかりやすく描かれてます。

紗弥加がエッチに参加するのは「04 綾瀨と紗弥加の耳舐め&キス手コキ」から。
後日綾瀨に誘われ彼女の自宅へ移動してから耳舐め+キス+手コキで1回
綾瀨のフェラ&中出しで1回、紗弥加とのSEXで1回とテンポよく射精します。

「やっぱり あなたとちゅーしてると 頭がぼーっとしてくるよ ずーっとちゅーしてていい?」
この頃の綾瀨は彼と何度もエッチしたおかげですっかり惚れており
中央近くで濃いめのちゅぱ音を鳴らしながらとろんとした声を漏らします。
紗弥加がいるのに恥ずかしがったりせず、むしろ見せつけるようにキスするところもエロいです。
05パートでは自分から中出しをおねだりするなど、02パートから随分成長したことがわかるように進めます。

「あぁすっごぉ おっきいのが奥までずっぽり入っちゃってるじゃん」
紗弥加は今回初参加ということで綾瀨よりも一歩下がった立ち位置でエッチします。
具体的には2人が生で繋がってるのを見て驚いた表情を見せたり
射精時にぴゅっぴゅのセリフを軽く言って応援するといった感じです。
しかし「06 紗弥加のパコフレドハマリセックス♪」だけは主役になってSEXを楽しみます。

彼とベロチューしただけですぐにスイッチが入り
おちんちんの大きさや責めの上手さを素直に褒めるあたりに寝取りらしさが出てました。
その場の雰囲気に流されたのではなく、最初からエッチする気でここへ来たので暗さや重さはありません。
エッチを経験してる女性が新しい快感に出会う様子をエロいタッチで描いてます。
SEXしてないほうは軽く耳舐めするだけなので完全に脇役です。

終盤の3パート26分間は彼女たちに尽くされる快感に的を絞ったシーン。
さらに後日、今度は学校の空き教室で
「07 紗弥加と綾瀨の取り合いアピール♪(イラマチオ)」は紗弥加のフェラ&イラマチオ
「08 紗弥加と綾瀨の取り合いアピール♪(パイずり)」は綾瀨のパイズリと繋ぎ
「09 紗弥加の積極濃厚ナカ出し種付け♪」は紗弥加が彼に初めての中出しを許します。

紗弥加「ぶっちゃけ めっちゃ楽しみにしてた」
ここまで来ると2人とも彼にすっかりベタ惚れ。
恋人のいない綾瀨はもちろん、紗弥加もこの日を待ちわびてたと素直に言います。
両耳舐めしながら彼を取り合うシーンもあったりと
立派なおちんちんや高い精力に屈服してるのがよくわかります。

紗弥加「あぁ 深い 君のおちんぽ 子宮の入り口まで届いてる」
前のシーンが綾瀨メインだったからでしょうけど
ここはどちらかと言えば紗弥加の活躍する場を多くしてました。
フェラからイラマチオにいきなり変わってもおちんちんをしっかり受け止めてくれますし
最後のSEXも彼氏持ちとは思えないほど嬉しそうに味わいます。

背徳感がまったくないとは言えませんけど、彼のほうからこうなるように働きかけることは一切ありません。
オスの魅力を見せつけた結果彼女のほうからすり寄ってきます。

このように、シーンによって主役を変えながらストレートに愛し合うセフレらしいエッチが繰り広げられてます。
エロさ重視の穏やかな作品
キャラの個性を出しながらハーレムプレイを描いた作品です。

綾瀨はパコフレを通じてエッチすることになった主人公との初体験を楽しもうと
ホテルでソフトに責めてから彼のおちんちんを受け入れてエッチの素晴らしさを学びます。
そしてその後は友達の紗弥加も誘ってより深く気持ちいいプレイに挑戦します。

性格や属性の違う2人のJKと個別に、あるいは同時にエッチしまくる抜き重視の作り
彼女たちが媚びたり惚れ込みながら交互に責め合う甘さ強めのエッチ
シーンごとに主役を切り替えて同時責めするキャラを活かした演出。
エッチメインだけどそれをする相手にも存在感を持たせた作品に仕上がってます。

綾瀨「やっぱりあなたのエッチ とっても素敵」
中でも2番目はセフレにありがちな心の距離の遠さを解消するのに役立ってます。
彼女たちが彼のおちんちんや精力に惹かれてるのは間違いありません。
でもプレイ中に「好き」と言ったり全肯定のセリフを投げかけて
それ以外の部分にも好意を抱いてることを教えます。

綾瀨は初エッチの相手でもありますし、彼に対する思い入れは一際強いのではないでしょうか。
紗弥加は彼氏からの鞍替えにあたるのでこちらのほうがセフレらしいと言えます。
寝取りなのに後味の悪さをまったく感じないのも新鮮でした。

エッチはここまでキャラ重視で紹介してきましたが
ちゅぱ音や効果音といった音の面も高い品質を誇ります。
同じ手コキでも綾瀨は「しゅこっ」という滑らかで控えめな水音
紗弥加はそれよりも筋っぽい音と違いが見られました。
SEXのピストン音も後になるほど弾力と力強さが増します。

射精シーンは7回。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:綾瀨…野上菜月さん 紗弥加…かの仔さん
総時間 2:04:29

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年7月18日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「しゃーぷ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、性格は違うけど全員エッチ大好きな3人のサキュバスが
家族や同級生にあたる男性と色んなプレイをしてエナジーを吸い取ります。

愛情を強く込めながら精液を搾り取るのが特徴で
パートによって人数や構成を小まめに変えながら
おちんちん、耳、唇を入念に責めて何度も射精へ追い込みます。
サキュバスたちとするハーレムプレイ
優美(挿し絵中央)、陽菜(右)、侑子(左)と色んなエッチをするお話。

「こんにちはー お兄さん お母さんから聞いてますよね?」
陽菜は甘く穏やかな声の女の子。
「ふふっ 私たちはあなたの新しい姉妹になるんです」
優美は色っぽくて落ち着いた声のお姉さん。
今日から家族になる主人公に2人で挨拶すると
彼に見覚えがあると言われてグラビアアイドルなことを教えます。

本作品はサキュバスなことを隠して人間世界で暮らしてる彼女たちが
親が再婚し新しく家族になった彼から150分近くに渡ってエナジー(精気)を吸い取ります。
最初は2人なのですが途中から彼の同級生にあたる侑子も加わり
パートによって人数と構成を変えながら何度も何度も射精させます。

優美「今日から私の弟君なんだから ハグだってしてもいいのよ」
サキュバスとのエッチと言えば音声だとM向けになることが多いです。
しかし彼女たちにはSっ気がほとんどなく、それぞれに合った手段で彼にたっぷり愛情を注ぎます。
姉の優美は甘やかし上手、妹の陽菜はやや生意気、侑子は大人しいけど性欲旺盛と
性格にそれなりの違いを持たせたうえでサキュバスらしい積極的な責めを繰り出します。

プレイは割かしハードですけど、セリフや態度は非常に甘く愛を感じます。
多くのシーンで密着し囁き声でこちらを持ち上げることをガンガン言ってくれますから
ノーマル~ややMあたりの人が一番楽しめると思います。
焦らし、寸止め、連続射精といった意地悪な要素はほとんどなく
サキュバスが登場する作品の中ではかなりまろやかです。

エッチについてはハーレムらしさが出るように2人以上のパートを多く用意し
左右中央から耳とおちんちんを同時に責めて密度とエロさを上げてます。
場所も自宅、学校、夢の中、温泉旅館とバリエーション豊富です。
SEXは終盤まで取っておき、それまでは手コキをメインに据えてました。

優美「弟君みたいな 質の良い精力をたくさん搾り取れそうな男の子って 少ないんですよ」
ASMR作品みたいにプレイ中は無言になるのではなく
責めながら甘やかしたり全肯定するセリフを投げかけて心身をバランスよく盛り上げます。
彼女たちによると彼は相当な逸材のようで、お話が進めば進むほど彼女たちのほうが魅了されます。
エナジーを吸い取られても少し疲れるだけで死にませんからサービス色が強いです。

3人のサキュバスが代わる代わる精液を搾り取るシチュと甘さを感じる要素の数々。
サキュバスが持つプラス面だけを抽出して聴きやすく、抜きやすくした作品です。
イチャラブ感抜群なエッチ
エッチシーンは11パート113分間。
プレイはおちんちんの愛撫、乳揉み、手コキ、耳舐め、キス、フェラ、手マン、亀頭責め、素股、オナホコキ、SEX(正常位)です。
愛撫、手コキ、亀頭責め、素股、オナホコキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

優美「こうやって 服の上から撫で撫でしてほしかったり?」
陽菜「あれぇ? お兄ちゃんのここ なんだか大きくなってますねぇ」
サキュバスなことを敢えて隠したまま主人公に密着した優美と陽菜は
彼が早速興奮してるのを察知しズボン越し→直におちんちんをいじります。

エッチは終盤を除き女性側が責め続けます。
序盤の2パート23分間は彼女たちの性格をストレートに反映させたプレイ。
時間帯とシチュを変えながら01、02いずれも両耳舐め手コキします。

優美「素敵なおちんぽね エナジーがたっぷり搾り取れそう」
2人は彼と合った直後にその溢れる精気を感じ取ったようで
おちんちんや彼自身のことを褒め称えながら比較的ゆっくりペースでしごきます。
完全女性上位ですがもてなす意味合いが強いおかげでM性はほとんどありません。
射精後には精液を絶賛するなど、最初から彼を甘やかす方針で進めます。

ただしキスや耳舐めについては割かしパワフルでした。
声優さんが別の方なのでちゅぱ音に多少の違いが見られるものの
優美、陽菜いずれもエロさを高めに設定してサキュバスらしさを出します。
各パートの時間は短めなので2~3パートに1回抜くくらいが丁度いいと思います。

続く3パート35分間は彼女たち1人1人に光を当てたシーン。
03は家のトイレで陽菜がフェラを、04は優美の部屋で耳舐め手コキ
05は学校の教室で侑子とキス手コキを楽しみます。

侑子「おちんぽ 大きくなってきましたね ムラムラが溜まった素敵なおちんぽ」
侑子は他の2人よりもギャップを意識したキャラに設定されてます。
声は清楚だし態度も大人しいけどやや下品な淫語を適度に言ったり
自分から彼におまんこをいじらせて熱っぽい吐息を漏らします。

途中参加する時点で優美や陽菜よりも存在感が薄くなりがちですから
その分個性を際立たせたうえでこの後のパートに活躍シーンを多く設けてます。
3人で取り合ったりせず共有する展開もテーマのハーレムに合ってるなと。

ハーレムらしさが最も出てるのは終盤の3パート15分間。
旅行先の温泉で09は優美、10は陽菜、11は侑子との初SEXに挑みます。
ちなみにこのシーンだけバックでお湯の流れる音が鳴ります。

優美「入ってきたわ んっ 弟君の硬くて精気たっぷりのおちんちん 素敵」
侑子「おちんぽ好きぃ 滅茶苦茶にして」
今までとは違い彼に主導権を譲り、繋がってる側は気持ちよさそうな声を漏らします。
そして残りの2人は実況や耳舐めでそれを応援します。
山場なのに個々の時間が短いせいでプレイが軽くなってるのは残念ですが
3人に同じくらい光を当てることをサークルさんが重視されたのかもしれません。

このように、相手や場所を変えながらひたすら愛し合うあまあまなエッチが繰り広げられてます。
豪華な作品
3人のサキュバスをフル活用してガンガン搾精するわかりやすい作品です。

優美、陽菜、侑子は良質な精気を持つ主人公からたっぷり吸収しようと
多くのシーンで密着し囁きながら耳とおちんちんを同時に責め続けます。
そして1人、2人、3人で責めるパートを同じくらい用意し
それぞれでプレイ構成や責め方を多少変えながら優しい言葉をかけて幸せな射精に導きます。

性格の異なるサキュバスたちが男性をひたすらもてなす甘いシチュ
耳、唇、おちんちんを同時に責める密度の高いエッチ
パートによって登場人数や構成を変えてキャラの個性を引き出す演出。
エッチをメインに据えつつ彼女たちの魅力も出るように作品を組み立ててます。

侑子「美味しい やっぱりあなたって 凄いんですね」
中でも1番目は良い意味でサキュバスらしくないと言いますか
上下関係を作ろうとせず、むしろ彼女たちがへりくだって彼をもてなします。
恋愛感情よりも彼が持ってる素質に惹かれてるように映りました。
セリフが非常に甘く、囁きの割合も高いおかげで雰囲気がとても穏やかです。

エッチについてはプレイが似通ってることやひとつひとつが短い点が気になるものの
キャラ重視の作品として見るなら楽しめる品質を持ってます。
エッチに対する積極性も態度や音を通じて伝わってきました。

射精シーンは11回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、淫語それなり、喘ぎ声そこそこです。

あまあまなサキュバス作品が好きな人には特におすすめします。

CV:優美…陽向葵ゅかさん 陽菜…一之瀬りとさん 侑子…御崎ひよりさん
総時間 2:29:34

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年4月9日まで20%OFFの1056円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「しゃーぷ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、子作り信仰が根強く残る村で巫女をしてる2人の女性が
そこへ帰省した男性とエッチな儀式を行います。

英語やカタカナ言葉を極力削って穏やかに語りかけたり
おちんちんを「おちんぽ様」と呼びながら熱心にご奉仕するなど
巫女らしさを出しつつ後になるほど下品に振る舞う穏やかなエッチが楽しめます。
村を守る大切な儀式
巫女の椿や菫(すみれ)と子作りに励むお話。

「私たちの村では 過去 子宝に恵まれない時期が続いたと言います」
椿は甘く上品な声のお姉さん。
「その時の名残でしょうか この神社では この村だけの特別な儀式を行っております」
菫はお淑やかな声のお姉さん。
この村に古くから伝わる儀式の相手に主人公が選ばれたことを教えると
自分たちや儀式が持つ特別な力について話します。

本作品は人口の減少を防ぐために男性と巫女が毎年エッチする風習がある村を舞台に
彼女たちが今年の当番になった彼と100分近くに渡るガチSEXをします。
ほとんど面識のない男女がエッチするわけですが
2人はこの儀式の重要性をよく理解してるので嫌がったり事務的に振る舞うことはありません。
むしろ彼の子をより確実に孕もうと積極的にリードして興奮させます。

椿「儀式の特別な力に惑わされ 普段とは違う淫らなことをしてしまうかもしれません」
専用のお香を焚いて全員の気分を高め、お酒を飲ませる要領でねっとりキスをし
さらに口や手を使っておちんちんを元気にするなど
現実世界で行われる儀式のように手順を踏んでゆっくり進めます。

また巫女らしさが出るように英語やカタカナ言葉はできるだけ使わず
SEXの際も上品さを残したまま喘いだりエッチなおねだりをします。
タイトルに「ドスケベ」とあるのでてっきりアヘ声でも上げるのかと思ってたのですが
実際は彼女たちのイメージを崩さない範囲で乱れます。

菫「硬くそそり立って あぁ なんと素晴らしいおちんぽ様 うっとりしてしまいます」
彼やおちんちんのことを敬いながらエッチするのも良いですね。
おちんちんの逞しさを褒めたたえ、射精した時はお礼を言って彼をとことん持ち上げます。
山場のSEXシーンもすべて彼が責めるのでM性はほとんどありません。
女性に尽くされながら種付けすることで征服欲を上手にくすぐってくれます。

ちなみにこの村は女性が成人したらすぐ結婚する規則があるらしく
2人とも見た目は若いですが夫がいるそうです(菫は死別して独り身)。
販売ページのジャンルに「退廃/背徳/インモラル」が入ってるのは人妻を孕ませるからでしょう。
それを意識させる言葉責めは特にしませんから暗さや重さを感じることはほとんどないです。

上品でエッチな人妻たちと子作りSEXするシチュとこちらを持ち上げる描写の数々。
良い気分に浸りながら射精することを目指したほぼノーマル向けの作品です。
少しずつ淫乱になっていくエッチ
エッチシーンは7パート75分間。
プレイはキス、手コキ、フェラ、SEX(正常位)、耳舐めです。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

菫「さて まずはこちらの口噛み酒を あなたに振る舞うことになっています」
儀式の説明を終えて主人公の左右に近づいた椿と菫は
ひとまず事前に用意したお酒を口移しで飲ませて心の準備を整えます。

エッチは終始彼女たちがリードします。
最初の23分間は本番に向けて気持ちを盛り上げるシーン。
「2 口噛み酒を口移しで…」はキス、「3 摩羅しゃぶりの儀」は軽い手コキからのフェラと
主に口を使っておちんちんを元気にします。

内容は男女がするごく普通のプレイなのですが
儀式としてこれらを行う設定や彼女たちの言葉遣いのおかげでしめやかな雰囲気が漂ってます。
しかし最中に鳴るちゅぱ音は人妻らしいパワフルなものです。
フェラする時に椿は口をすぼめて吸い上げる、菫は舌を小まめに動かすと責め方を変えてありました。
言葉は上品に、音は下品にと落差をつけてエロさを出してます。

菫「素晴らしい立ちっぷりですよ 心地よい性感を味わってくださいませ」
椿「大変いやらしいお味です もうしばらく舐めさせてくださいませ」
そしてこちらを持ち上げるセリフの数々が心を潤してくれます。
今回するエッチは快楽ではなく子作りが目的ですから
より良質な精液を多く吐き出せるように彼女たちも一生懸命尽くします。

1回目の射精は口で受け止め飲み干すなど、男性が喜ぶことを積極的にやってくれます。
この2パートは2人が交互に責めることから複数人プレイらしさは薄めです。

本題の種付けが始まるのはその次から。
「4 おまんこ奉納の儀(菫)」は菫、「6 どっぷりお精子奉納(椿) 」は椿と繋がり1回ずつ中出しを決めます。
そして間の「5 耳舐め回し手コキ」は両耳舐め手コキでおちんちんを復活させます。

菫「おちんぽ様が 中にっ… ありがとうございます」
椿「一気に大量のお射精して この子のお腹に 孕ませちゃいましょうね」
そしてここからは彼女たちの淫乱さがさらに引き立ちます。
セリフは今まで通り彼を持ち上げるものが多いのですが
SEXを始める前におまんこを見せつけて誘惑し、射精の直前は中出しをストレートにおねだりします。
並行してキスや耳舐めもするおかげでエッチな音の密度も高いです。

菫「お耳が気持ちよくて 私とエッチしたくなってきましたよね?」
椿「いいえ 今度は私を犯したくて 堪らなくなってまいりましたでしょう?」
5番目のパート以降に2人が彼を取り合うやり取りが入るのも大きな変化と言えるでしょう。
物語の冒頭では「儀式だから」と漠然とした義務感を抱いてエッチに臨んでたのが
これまでのプレイを通じて純粋に女の喜びを味わいたい心境へと移ります。

個人的に椿は夫がいるのだからSEXシーンでもうちょっとそのへんを匂わせても良かったと思うのですが
後味の悪さを残さないために敢えて触れなかったのかもしれません。
全肯定のセリフが多いおかげで人妻相手とは思えないほど雰囲気が明るいです。

終盤の2パート22分間は彼女たち1人ずつに焦点を当てたシーン。
「7 神主様とえっちの練習♪(菫)」はこの儀式をする前に菫がキス&手コキの訓練をする様子
「8 二人きりで…♪(椿)」は儀式を終えた後、椿が再度主人公とSEXする様子が描かれてます。
両方とも登場する女性は1人です。

菫「皮を被っている方は 剥いて差し上げるのが礼儀なのですか?」
椿「ご覧になってください 私の肉厚おまんこが あなたのものをぱっくり咥え込んで」
菫は神主に教わりながら初々しく、椿は積極的にとキャラの違いを引き立たせながらご奉仕します。
儀式をするシーンではSEXの内容がほぼ一緒だったりと、2人の違いがイマイチ出てない印象があったので
終盤にこうやって個別に活躍する場を設けたのでしょう。

欲を言うなら椿は受けではなく責める形のSEXをして欲しかったです(騎乗位など)。
そうすれば1回目のSEXとの違いや彼女の淫乱さがよりわかりやすくなります。
尽くす姿勢を貫くためにこうしたと見ることもできますけど
彼の体を気遣って彼女が動く側にまわるというのも思いやりになるのではないでしょうか。
スタイルを変えたほうが男性側も新鮮な気持ちでSEXできますしね。

このように、人妻や巫女が持つ優しさを漂わせながらご奉仕する穏やかなエッチが繰り広げられてます。
ゆっくり愛し合う作品
激しさよりもセリフやプレイの濃さでエロさを出してる作品です。

椿と菫は儀式の相手に選ばれた主人公の子供を確実に孕もうと
巫女らしい落ち着いた態度で手順を踏んで彼の心とおちんちんを盛り上げます。
そしてSEXが始まる頃からメスなところも見せて気分よく種付けしてもらいます。

声や態度は上品だけど結構淫乱な巫女たちが男性と子作りに励むノーマル向けのシチュ
序盤はちゅぱ音重視、中盤は声や音の密度重視、終盤はキャラ重視と特徴が変化するエッチ
彼やおちんちんを褒めたたえながらリードする温かい言葉責め。
彼女たちの良い部分を引き出しながらエッチな儀式を行います。

椿「おちんぽ様がびゅくっ びゅくって 孕ませようと頑張って なんと愛らしいのでしょう」
中でも3番目は儀式だからといって事務的感や冷たさを持たせず
ひたすら愛情を注いで彼女たちの優しさや健気さをわかりやすく表現します。
この儀式は結局のところ彼の子を孕めば良いわけですから
SEXを普通にこなしさえすれば別に問題ないはずです。
でも彼女たちは彼にできるだけ幸せな時間を過ごしてもらえるように努めます。

エッチはSEXだけはもうちょっと頑張れたのではないかと思うのですが
それ以外は良い形にまとまってます。
あとはそれぞれに得意なプレイを設定すればより個性が出たかもしれません。

射精シーンは5回。
淫語、くちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声いずれもそれなりです。

CV:椿…大山チロルさん 菫…分倍河原シホさん
総時間 1:39:20

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年2月13日まで20%OFFの968円で販売されてます。

【50%OFFクーポン付き】家出JK姉妹とラブラブになる7日間♪

サークル「しゃーぷ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、性格は多少違うけどどちらも優しいJK姉妹が
家出した自分たちを拾ってくれた男性にエッチなお礼をします。

多くのシーンで体を密着させてキスや耳舐めを小まめにしたり
「好き」など親しみを感じるセリフを言いながら積極的に責めるなど
イチャラブ感を前面に押し出した甘く幸せなエッチをするのが特徴です。
家出JKとの幸せな1週間
家出した姉妹と6種類のエッチをするお話。

「お兄さん あの…少しいいですか?」
姉は上品でおっとりした声のお姉さん。
「なんだか優しそうだったので 声をかけちゃいました」
妹は可愛くて穏やかな声の女の子。
とある雨の日、街中で見かけた主人公に一晩泊まらせて欲しいとお願いすると
家出した事情を説明してから彼の自宅に移動します。

本作品は両親の厳しい躾に耐えられず家を飛び出した2人が
なんとなく良さそうだと思った彼の家に泊まり込み、そこで90分程度のエッチを楽しみます。
当初は雨宿りのついでに一晩だけお世話になるつもりだったのが
彼の優しさと実家よりもずっと居心地が良いことに満足し、自分からもっと長居したいと言い出します。

最大の魅力は「イチャラブ感」
赤の他人に過ぎない自分たちを拾ってくれたことに深く感謝し
それを示すために序盤から積極的に耳やおちんちんを刺激します。
女性が2人いる状況を活かして姉は右、妹は左に陣取り
性感帯を交互に、あるいは同時に責めるシーンが多いです。

姉「いい方に拾ってもらえて 良かったです」
妹「お世話になってる分 お兄さんにいっぱいご奉仕しちゃうね」
また甘さを聴き手によりわかりやすく伝えるために
作中のほとんどで彼女たちが体を密着させ至近距離から囁くスタイルを取り
さらに彼を肯定したり甘やかすセリフをガンガン言って幸せな射精に導きます。

プレイ中にキスを小まめに挟んでくるのもその一貫なのでしょう。
彼に迫られて仕方なくやるのではなく、常に自分の意思でやるから雰囲気はとても明るいです。

もうひとつ、物語が進むにつれて彼女たちのセリフや態度が変化します。
序盤はまだ会ったばかりなので遠慮がちに接するのですが
初エッチをした後はどんどん打ち解けて姉妹それぞれの性格に合った責め方をします。

姉は普段は穏やかだけどSEX中はキスをしきりに求めるややギャップのあるキャラ
妹は甘えん坊でちょっぴり意地悪なキャラと多少の違いを持たせてます。
中盤には個別で活躍するシーンもあったりと、2人の存在感や魅力を引き立てることに力を入れてます。

JK姉妹と密着しながらイチャイチャするシチュと2人の気持ちや態度の変化。
複数人プレイを得意とされてるサークルさんの持ち味を活かした甘さの強い作品です。
身も心も深く繋がるエッチ
エッチシーンは6パート65分間。
プレイは手コキ、キス、オナホコキ、両耳舐め、SEX(正常位)、体の洗浄、乳揉みです。
手コキ、オナホコキ、SEX、体の洗浄の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

姉「こんなに親切にしてもらえて その お返しができたらと思って」
主人公を説得して彼の自宅で泊まれることになった姉妹は
一緒のベッドで寝てる最中、彼の勃起に気づき手コキさせて欲しいと言います。

エッチはパートによって責め手を変えながら進めます。
最初の2パート22分間は彼女たちがひたすら尽くすプレイ。
2日目はベロチュー+手コキ、3日目は耳舐め+オナホコキで1回ずつ射精させます。

姉「性癖曝け出して 頭空っぽの 変態ベロチューしてもいいんですよ」
彼は会社で働いてる年齢なので彼女たちとエッチすることに戸惑います。
だから2人は自分たちが好きでご奉仕してることをはっきり伝えたうえで
序盤からねっとりしたキスもして彼の心を開こうとします。
それに対して手コキはほぼ効果音を鳴らすだけに留めてます。

前項でも話したように本作品は姉妹との距離感もポイントですから
それを縮めることを意識しながらエッチを組み立ててます。
彼女たちが話すたびに微かな風圧が感じられてちょっぴりゾクゾクしました。

姉「お兄さん 大好き これからも一緒にいましょうね」
どちらかと言えば3日目のほうがそのへんはわかりやすいでしょうね。
あまり持ってないお金を出してわざわざ彼のためにオナホを購入し
それで責めながら彼が好きな耳舐めもして愛情を注ぎます。
「好き」と小まめに言ってくれるのも相まって、女性上位でもM性をまったく感じずに聴けました。

全パートで射精シーンにぴゅっぴゅのセリフを言ってくれるのも良いですね。
通常ですとM向けの作品に使われる要素ですが
本作品の場合は単純にタイミングを合わせやすくしたり興奮させる意味合いが強いです。

続く2パート23分間は姉妹のそれぞれに光を当ててるシーン。
4日目は妹、5日目は姉と正常位でSEXします。

妹「あんっ 手コキだけのつもりだったんですけど 待ってくださいよぉ 許して」
姉「この硬いおちんぽで ぐちゅぐちゅにおまんこかき回してほしいの」
そしてここでは2人の性格の違いを引き立てて興奮を盛り上げます。
妹は彼のほうから押し倒して生意気な彼女をわからせるプレイ
姉はキスを多めに交えながら後になるほど激しく責める王道のプレイを楽しみます。

妹は嫌がるセリフを適度に言いますが、自分からキスもしてくるので演技なのだと思います。
男性が潜在的に持ってる女性への征服欲をくすぐるためにわざとそう振る舞ってるのでしょう。
ちなみにSEXしてない側は実況や耳舐めを担当します。

終盤の2パート20分間は2人とより深い仲になるシーン。
6日目は一緒にお風呂へ入って彼女たちにおちんちんを洗ってもらい
7日目は彼を取り合う形で妹→姉の順に再びSEXします。

姉「お兄さん 今度は私 この子とどっちが気持ちいいか 食べ比べしてみて?」
7日目はおよそ11分と時間は決して長くないのですが
彼女たちが競うようにSEXをおねだりする展開や
JK姉妹をおちんちんで食べ比べるシチュなど魅力を感じる要素が多いです。
キスしながら姉に中出しする展開も幸せいっぱいで良い気分に浸ることができました。
純粋なエロさはもちろん、心のケアにも配慮してあって射精した時の満足感が高いです。

このように、タイプの異なる女の子がひたすら尽くしてくれるあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
臨場感のあるイチャラブ作品
JK姉妹の熱や息吹を感じながら抜ける作品です。

2人はその場の勢いで家出し途方に暮れてた自分たちを拾ってくれた主人公へ恩返ししようと
最初から左右に体を密着させて囁き声で優しさや好意を感じるセリフを投げかけます。
そしてある程度エッチした後はありのままの自分をぶつけながら何度もSEXします。

性格は多少違うけどどちらも優しいJK姉妹が男性をひたすらもてなすノーマル向けのシチュ
ほぼ全編で至近距離から囁きながら責める臨場感の高いエッチ
後になるほど2人がより柔らかく積極的に接するようになる展開。
彼女たちと一緒にいる雰囲気に浸らせることを強く意識した作品に仕上がってます。

中でもエッチは囁き主体でポジティブなセリフをガンガン言う甘さ満点の内容です。
声やちゅぱ音が聴きやすくなるよう効果音のボリュームをやや下げてありました。
興奮するにつれて吐息も熱っぽくなりますし、囁きや吐息が好きな人ほど満足できると思います。

体への責めについては個人的にもう少し種類を多くして欲しかったのですが
密着感を重視してる時点でやれることはある程度制限されますから
その結果こういうプレイ構成に落ち着いたのかなと。
キスや耳舐めはよくやるのにフェラをしないのがいい証拠です。

射精シーンは6回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:姉…かの仔さん 妹…一之瀬りとさん
総時間 1:34:39

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年12月19日まで20%OFFの968円で販売されてます。

色仕掛けJKアイドルキラリスの誘惑活動♪

サークル「しゃーぷ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ドスケベさを売りにしてる2人のアイドルが
自分たちを取り巻く様々な男性を相手に色んなエッチをプレゼントします。

パートごとに異なる男性を用意し、その性癖に合わせたプレイをするのが特徴で
昔からのファンには感謝の言葉をかけながら手厚い手コキをしてたのが
彼氏相手だと安らいだ表情で自分の気持ちを素直に伝える、とまったく違う顔を見せてくれます。
女性が複数人登場する状況を活かした濃厚な責めも魅力です。
ドスケベアイドルの多彩なサービス
キラリスが色んな男性とエッチするお話。

「ファンのみんなー♪ 元気~? ふふっ、せぇーの♪」
アリス(挿し絵左)は甘く可愛い声の女の子。
「キララです♪」
キララは(挿し絵右)は上品で落ち着いた声の女の子。
ファンミーティングに来てくれた人々に挨拶すると
早速ファンサービスのベロチューおちんぽ握手会を始めます。

本作品はエッチOKなことを売りにしてる異色のペアアイドルが
90分程度の時間をかけて合計6人の男性と色んなプレイを楽しみます。
序盤から中盤にかけては2人、終盤は1人とスタイルを切り替え
パートごとに違う相手を用意しその性癖に合った責めを繰り出します。


音声作品の場合、大抵は主人公を固定するのですが
この作品では常連のファン、ラジオ番組のディレクター、自分たちのプロデューサーなど
彼女たちに関わりのある様々な男性が1人ずつ登場します。
ノーマル~Mと彼らの属性に幅を持たせてあるのでプレイや言葉責めも結構多彩です。

アリス 「オナ禁して待っててくれた~? さすがキラリスファンの皆だね~♪」
キララ 「溜めたザーメンぜぇんぶ搾り出しちゃうからね~♪」
キラリスの2人ももちろん個性的。
キララは正統派の淫乱キャラ、アリスはそれよりも若干清純寄りなキャラで
物語の序盤からエッチ大好きな事をガンガンアピールして男たちを喜ばせます。
そして開始後は同じ性感帯を同時に責めたり、別の部位を手分けして責めて射精へ持っていきます。

アイドルを扱ってる作品の中には清純な存在を汚す快感に焦点を当てるものもありますが
彼女たちは最初からオープンなエッチをするため背徳感はさほどなく終始明るい空気が漂ってます。
仕事だから仕方なくやるのではなく、エッチを純粋に楽しんでる感じです。
それでいて自分たちを小まめに売り込む抜け目のないところも持ってます。
相手の弱点を突く充実したエッチ
エッチシーンは6パート84分間。
プレイは手コキ、キス、フェラ、耳舐め、素股、手マン、SEX(正常位)です。
手コキ、素股、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

アリス「わぁ~♪ 相変わらず素敵なおちんぽですね~♪ アリス、このちんぽ大好きぃ♪」
ファンミーティングによく来てくれる男性のおちんちんを素直に褒めると
キラリスは手コキとベロチューを同時に行い彼をさらに喜ばせます。

エッチはごく一部を除き彼女たちが責め続けます。
最初の2パート24分間は比較的甘いプレイ。
「ファンミーティング♪ べろちゅーおち○ぽ握手会♪」は顔なじみのファン
「枕営業♪ ラジオのディレクターさんにフェラチオアピール♪」はディレクターを相手に2人が協力して気持ちよくします。

アリス「変態なお兄さんには、ご褒美あげますね~♪ ん~ちゅっ♪」
キララ「ますますちんぽ固くなったぁ~♪ 嬉しそうですね、お兄さん♪」
彼女たちはアイドルですから当然ファンを大事にします。
彼のことを何度も見て抜いてる背景も相まってポジティブなセリフを積極的に投げかけます。
さらに彼が禁止されてるお触りをしても敢えて許し心をがっちり掴みます。

自分たちからベロチューをするあたりもドスケベなところが出ていて良いですね。
声とは随分違うやや下品な音をガンガン鳴らして興奮を誘います。
アイドルから連想される「綺麗さ」を敢えて崩し抜きに繋げる効果的な演出です。

キララ「キララたち、いっぱいお仕事したいんですよぉ♪ ファンの皆さんを喜ばせてあげたいんです♪」
それに対してディレクターとのエッチは営業色を強くしてます。
自分たちを出演させてくれたらもっと気持ちよくすることを強調しつつ
数分ごとに担当を入れ替えながら耳舐めとフェラを同時に行います。

ちゅぱ音の量と密度がかなり高いので、それが好きな人ほど楽しめるでしょう。
片方がしゃべってる時はもう片方がしゃぶり続けて音を切らさない工夫もされてます。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフで応援するなど男が喜ぶツボをよく心得てます。

最もM性が高いのは3番目の「ダメダメプロデューサーさんいじめ♪ 耳舐め素股性欲処理」(約21分)。
自分たちは頑張ってるのに全然仕事を持ってこないプロデューサーへのお仕置きに
耳舐めしながらキララ→アリスの順に素股をして2連続射精へ追い込みます。

キララ「クソザコなプロデューサーさんも可愛くて好きですけどね♪んふ、ざぁこ♪」
アリス「いやらしい目でアリスたちのこと見てたんですね~♪ こわーい♪」
上司にあたる人物に「雑魚」「ダメ」といった言葉責めを何度も浴びせかけ
許可を出す前に射精したのを理由に休憩無しで2回戦を始めるなかなかハードなものです。
しかしプロデューサーが元々Mなので過酷と言うほどではありません。
だらしない彼をやる気にさせようと彼女たちなりのやり方で応援します。

最初のパートはバランス型、次はちゅぱ音重視、そしてここは言葉責め重視と
パートごとに特徴となる要素を別に設けてあるおかげで、それぞれを新鮮な気分で聴くことができます。
主人公が固定じゃないからこそこういう多彩なプレイができるわけです。

終盤の2パート29分間は特別な男性を相手にするシチュ。
「特典 VIP会員様のための特別ナカ出し風俗」はVIP会員の男性にアリスが
「ハメ録り音声♪ キララとイチャラブエッチ♪」は本物の彼氏にキララがイチャラブなSEXをします。

アリス「アイドルのアリスに、お兄さんの発情ちんぽ、いれちゃっていいんだよぉ♪せまぁいエッチな穴に、ぱんぱんになったおちんぽをじゅぷじゅぷ~ってするの♪」
自分のために多額の会員費を払ってくれてる彼に少しでも報いようと
手コキしながらおまんこをいじらせてあげたり、股を開き挿入をおねだりするといった
今までの男性たちには許さなかったサービスを嬉しそうな表情でして特別感を出します。

SEXも彼が童貞なのに敢えて主導権を譲り
ピストンするたびに熱っぽい吐息を漏らしながら耳舐めで応援します。
これまでとは違い一対一でエッチするため落ち着いた空気が漂ってました。
ファンの1人に過ぎない彼を恋人とほぼ同じ感覚で親身にもてなします。

キララ「髪、良い匂いする? 今日も、あなたのお気に入りのリンスちゃんとつけてきたよ♪ 気付いてくれて良かったぁ♪」
キララ「やっぱりこのおちんぽが一番好き♪」

もうひとつの「ハメ録り音声」はアイドルの素顔がテーマ。
久しぶりに会った彼とホテルに直行し、軽い前戯を経て同じく正常位で繋がります。
エッチに積極的な点はこれまでのパートと一緒ですが
最中のセリフが彼女の気持ちを素直に表現するものばかりで、いつも以上にリラックスしてるのがわかります。

ドスケベなアイドルを売りにしてる以上、今後も色んな男性とエッチするのは避けられません。
でも心を許しまっさらな自分になれるのはあなたの前だけよと言葉と行為の両方で伝えます。
アイドルじゃない時のアイドルを敢えて描く着眼点も素晴らしいです。

このように、シチュやプレイを数多く取り揃えた変化のあるエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の幅広い作品
キャラが立っててエロさも高いハイレベルな作品です。

キララとアリスは自分たちを応援するファンや芸能関係者に魅力をアピールしようと
ドスケベなことをはっきり伝えたうえで彼らの性欲に合ったエッチなサービスをします。
そしてパートごとに設定、相手、プレイの方向性を変えてマンネリ感を払拭します。

エロさが売りのアイドルが男性に様々なご奉仕をする独特なシチュ
多くのシーンで2人が協力しエッチな音をガンガン鳴らす抜きやすいエッチ
相手によって責めっぷりやセリフが大きく変わる演出。
一般的な同人音声よりも多くの要素を盛り込んでアイドルの日常を描きます。

特に3番目はアイドルが男性とエッチする点だけは統一し
それ以外はどのパートもほとんど被らせずに責めてます。
最初の4パートは手コキ、フェラ、素股、オナニーの指示とイかせ方が全部違いますし
残る2パートもSEXは一緒ですがアリスはVIP会員への特別サービス
キララは彼氏との純粋なエッチと内容に大きな違いが見られます。

「よくここまで被らないエッチを用意できたなぁ」と感心しました。
エッチな音声も全体的にパワフルかつ下品で彼女たちの特徴と合ってます。
特定のシチュやプレイをがっつり楽しみたい人にはやや不向きですが
共通のテーマを持った色んなプレイを聴きたい人には大変向いてます。

射精シーンは7回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、淫語それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:キララ…陽向葵ゅかさん アリス…みもりあいのさん
総時間 1:47:30

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年2月21日の24時まで20%OFFの960円で販売されてます。

優しい淫乱ナースたちのおねショタ精液採取♪

サークル「しゃーぷ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、エッチ大好きで甘やかし上手な2人のナースが
精通前の少年と色んなプレイをして精液をたっぷり搾り取ります。

年上の女性が童貞を優しくリードするおねショタ展開と
欲求不満な彼女たちの心情を組み合わせた甘く激しいエッチをするのが魅力です。
セリフがとてつもなく甘いのでいい気分に浸りながら射精できるでしょう。
あなたの精子が世界を救う
ナースの紗代(さよ)と希美(のぞみ)に精液を提供するお話。

「ねえねえ、あの子がよくない?」
紗代は穏やかで色っぽい声のお姉さん。
「それ思ってました♪ 決まりですね♪」
希美は明るくて整った声のお姉さん。
精子バンクの待合室にいる主人公に声をかけると
彼でもわかるようにこれから何をするか優しく教えます。

本作品は何らかの事情で男性がほとんど生まれてこなくなった世界を舞台に
彼女たちが60分程度をかけ色んな方法で彼からそれを搾り取ります。
貴重な精液をいただく背景があるため常に優しい態度で接し
体はもちろん、心のケアもバッチリ行いながら少しずつ丁寧にエッチのやり方を教えます。

母親に言われて来たそうですから彼はまだかなり若いのでしょう。

紗代「ボクくんとお姉さんは、これからい~っぱい仲良しします♪」
希美「こういうの初めてだと思うけど、緊張しなくて良いんだよ♪ ぎゅ~ってしよっか♪」
彼のことを「ボクくん」と呼び、甘やかしたり応援しながら射精へ導くおねショタ色の強い内容です。
その一方で男を求める気持ちも強く、プレイ中はやや下品な音を積極的に鳴らして誘惑します。
最初から最後まで複数人同時に相手するおかげでどのパートも密度が高く
特に終盤は3人で責め立てる豪華なプレイが登場します。

雰囲気はあまあまだけど精液はがっつりいただく感じです。
前半は彼の男を磨くシーン、後半は本題の種付けと全体に大きな流れがあり
エッチを重ねるに連れて彼女たちが彼にのめり込んでいく様子も描かれてます。
優しい言葉とハードな責めを組み合わせたエッチ
エッチシーンは5パート43分間。
プレイは手コキ、搾精器責め、耳舐め、キス、素股、SEX(正常位)です。
手コキ、搾精器責め、素股、SEXの際に効果音が鳴ります。

紗代「男女でいやらしいことするのはとっても良いことなんですよ♪」
初めての経験に戸惑う主人公の心を優しい言葉で前向きにさせると
紗代は左、希美は右に陣取り勃起してるおちんちんをゆっくりしごき始めます。

エッチはシーンによって責め手が切り替わります。
最初の2パート21分間は女性に種付けする前のトレーニングにあたるプレイ。
「お姉さんたちの手コキ精子採取♪」は手コキ、「全自動搾精器による精子採取♪」は専用の機械による搾精を行い
本物のおまんこに入れてもすぐ果てない耐久力を身につけます。

希美「おちんぽ勝手に大きくなっちゃって抑えられないんだ~♪」
紗代「いいんだよ♪ いっぱいおちんぽ勃起しちゃおうね♪」
彼女たちはこの世界における精液の重要性をよく理解してますから
彼のことを痛めつけたり苦しめることは一切ありません。
おっぱいが体に当たっただけで顔を赤くする彼にその反応は男なら当然だよと教え
手コキ開始後も「くちゅっ」という滑らかな水音を鳴らしながら丁寧に刺激します。

単に精液を得るだけならもっと無理矢理責めても良いはずです。
でも彼女たちは女性をしっかり愛せる男に育てようとします。
充実したエッチのほうが当然彼は満足し、精液の質は上がり、妊娠する可能性も上がります。
今後数多くの女性に種付けし続けるハードな仕事を耐え抜くには心の強さも求められます。

希美「女の人は、その白いのが欲しくてたまらないの♪」
エッチの最中に女性の気持ちを教えてあげるのもいいですね。
恋愛経験がないからこそ、相手がどうすれば喜ぶかを彼に知ってもらいます。
そして彼女たちはその際に敢えて女性を彼の下に置く表現を随所で使います。
男性が無意識的に持ってる女性への征服欲をくすぐって彼がマグロになるのを防ぎます。

それに対して2番目の搾精器パートは体のトレーニングを強く意識してます。
挿し絵中央下に映ってるオナホっぽい機械におちんちんを挿入し
1回戦は刺激を受け続ける、2回戦は自分から腰を振るとスタイルを変えて初めての連続射精に挑みます。

希美「頑張ってセックスの練習して、女性に直接種付けできるようになろうね♪」
紗代「精子をおまんこに注ぎ込んで、女性を妊娠させるの♪」
プレイだけを見ると結構ハードです。
でも彼女たちが何度も応援してくれるおかげで雰囲気はとても甘いです。
あまりに早漏だと女性を満足させられないし、何より彼が自信を持てません。
そんな事態にならないよう本番前に敢えて試練を課したのだと思います。

特殊なプレイなのを踏まえて効果音にもこだわってます。
1回戦は手コキとローターを組み合わせたような音
2回戦はパンパンと肉のぶつかり合う音に1回戦よりも小刻みな電動音が鳴ります。
彼が射精を迎えた直後に必ず停止しますし、機械姦から連想される厳しさを和らげる工夫がいくつもされてます。

残る3パート22分間はいよいよ生身の女性とのSEX。
「おまたとおま〇こでエッチの練習♪」は紗代の素股を経由してから希美と
「ナマ搾り希望のお客様です♪」は精子を欲しがってるお嬢様タイプの客と
「みんなで逆レイプ三方向責め♪」はこの3人に囲まれながら紗代に1回ずつの中出しを決めます。

希美「ずっとこれほしかったんだからぁ…あん、気持ちいい♪」
おちんちんが目の前にあるのに味わえないのが余程もどかしかったのでしょう。
挿入した瞬間に本音を漏らし、さらに貪るような激しいキスもお見舞いします。
声は上品ですけど性格は2人ともかなりの肉食系です。
でもこのパート以降はSEXの主導権をすべて彼に譲ってます。

客「いやぁん♪ 男の子に犯されるの最高♪ どうにかなっちゃいそおぉ♪」
客とのSEXはギャップを意識してるように映りました。
普段は清楚な声なのに、おちんちんの匂いを熱心に嗅いだり自らおまんこを見せつけておねだりします。
そして挿入後は気持ちよさそうな喘ぎ声を存分に漏らし、絶頂近くになるとややアヘった声へ変わります。
紗代と希美はその実況と耳舐めをするだけで完全なサポート役です。

SEXで合計22分は決して長いとは言えませんが
最大3人を同時に相手するシチュでそのハンデを補ってます。
エッチな声や音が重なって鳴るひと時は1人の時よりもずっと濃厚です。

このように、主人公を精液製造機ではなく立派な男として扱う比較的ハードなおねショタプレイが繰り広げられてます。
欲望をストレートにぶつける作品
おねショタの良い部分を残しつつ独自性や実用性を上げてる作品です。

紗代と希美は精子を提供しに来た主人公が無事その役目を果たせるように
まずは自分たちが直接相手して本番を耐えられる心と体に鍛えます。
そして準備ができた後は彼に主導権を譲り、好きなやり方でSEXと中出しをさせます。

最大3人のお姉さんが少年とエッチを楽しむおねショタ展開
優しい声と態度で接しながら割と激しい責めを繰り出す目的を意識した作り
彼のやる気と征服欲をくすぐる言葉の数々。
年上だからといってすべてをやるのではなく、彼が自立してエッチできるように導きます。

紗代「ボクくんの貴重なナマ精子をもらえるのは、限られた女性だけなんだからね♪」
希美「良質なナマおちんぽ汁が欲しいお金持ちのお嬢様だけが、交尾を許されているの♪」
彼女たちは最初から最後まで彼をとことん持ち上げます。
自分とエッチできる女性は皆それを光栄に思い、喜んで精液を受け止めると言います。
聴き手を王様やご主人様のように扱うので聴けば聴くほどいい気分がしてきます。
そんな中で綺麗な女性たちのエッチな声や音を聴きながら射精できるのだから当然気持ちよくなれます。

「精液を搾る」という目的に向けて心を大事にするのが非常に印象的でした。
おねショタの醍醐味である年上の女性が甘やかしてくれる部分がしっかり残ってます。
パートごとの時間が短いため通しで2回くらい抜く感じになるでしょう。
属性はややS~ややMと幅が広めです。

あとは複数人プレイを上手に使ってます。
左右からセリフを立て続けに投げかけ、エッチが始まると同時責めも加わり濃密なひと時が送れます。
セリフを言う間やタイミングが一部のシーンで変わる凝った演出がされてるところも面白いです。
催眠音声では割とよくやることですけど、同人音声でこういうことをする作品はほとんどないです。

射精シーンは7回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:大山チロルさん
総時間 1:04:37

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

家賃おねだり甘々えっちな誘惑姉妹♪

サークル「しゃーぷ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、お金もエッチも大好きな姉妹が
大家の男性を積極的に誘惑してその両方を手に入れます。

前半と後半で雰囲気やプレイスタイルが大きく変わるのが特徴で
どのパートも彼女たちが左右に陣取り交互に、あるいは同時に責めながら
前半はお金を貢いだり見下されるMの快感、後半は女性を支配し屈服させる快感をくすぐりイかせます。
美人姉妹のエッチな交渉術
ルカとミカに誘惑されお金を貢ぐお話。

「あっ 来た来た こんにちは 大家のお兄さん」
ミカは明るくて優しい声の女の子。
「お久しぶりです 部屋 散らかってるかもしれませんけど こちらへどうぞ」
ルカは清楚でおっとりした声のお姉さん。
主人公を自宅へ呼び出し今月の家賃が払えないことを打ち明けると
お金が貯まるまで待てないと言う彼にとある計画を実行します。

本作品は何らかの事情でお金に困ってる彼女たちが
状況を少しでも改善しようと彼に体を張った交渉を試みます。
当初の予定通り家賃を免除するのを目指して色仕掛けを始め
彼が十分堕ちたと判断したら今度はさらにお金を巻き上げようとします。

ルカ「これからもお金くれたら もっと好きになっちゃいます」
お金の大切さが身にしみてるからなのでしょうけど結構がめついです。
しかし貢ぎマゾのようにお金をもらったらおしまいではなく、それに見合った十分な快楽も与えます。
いきなり踏み倒さずに交渉を持ちかけるところも含めて年齢相応の律儀さもある女性たちです。

彼女たちをそれほど悪人に感じないもうひとつの理由はお話の展開にあります。
大家の立場を活かしてお金をガンガンつぎ込む気前の良さに打たれたのか
後半パートに差し掛かると彼を本気で好きになり、身も心も捧げる姿勢を取るようになります。

ルカ「お兄さん…私幻滅しました こんな人に毎月家賃払ってたなんて」
ルカ「私 お兄さんに夢中になっちゃいそうです」

こんな風に前半と後半で彼女たちのセリフがガラリと変わります。
お話が進むほど従順になりますから雰囲気やプレイに甘さを感じるでしょう。
女性にお金を貢ぐ快感と、お金の力で女性を屈服させる快感の両方が味わえる不思議な作品です。
連携の取れた高密度なエッチ
エッチシーンは4パート52分間。
プレイはキス、手コキ、耳舐め、乳揉み、素股、SEX(正常位)です。
手コキ、素股、SEXの際に効果音が鳴ります。

ルカ「大丈夫ですよ 女性経験がなくても 私たちがリードしてあげます」
ミカが右、ルカは左に陣取り主人公に今月分の家賃を免除するようお願いすると
それを了承してくれたご褒美に口と手を使って気持ちよくします。

エッチは経験者の彼女たちが童貞の彼をリードします。
前半の2パートはお金と引き換えに快楽を得る正統派の貢ぎプレイ(30分)。
耳舐め手コキ、乳揉み&素股とパートごとにやることを大きく変え
2人が連携を取りながら心と体をバランスよく責め立てます。

ルカ「ここまで弱いおちんぽのお世話をするのは 初めてです」
ミカ「お兄さんの大好きなキスしながら イかせてあげよっか」
序盤の彼女たちは彼を単なる金づるとしか思っておらず
ちょっと刺激を与えただけですぐ反応する姿をやや見下した態度で眺めます。
でもだからといってサービスの手を抜くことはありません。
ダメな男だなぁと思いつつもらった分はきっちり気持ちよくします。

ミカ「見るの初めてなんでしょ? 指で広げてあげようか? くぱぁ」
どちらかと言うと2番目の素股パートのほうがその部分がよく表れてます。
再来月の家賃を免除する代わりにおっぱいを自由に揉ませ、さらにJKの生素股も味わわせてあげます。
彼のために自ら脚を開いて適度に濡れたおまんこを見せつけたり
射精が近づいたら「がんばれ」と応援するなどサービス精神旺盛です。

射精シーンで必ずぴゅっぴゅのセリフを言うのもいいですね。
通常は少なめに、山場は多めに言って彼の興奮具合や精液の量をわかりやすく表現します。

それに対して後半の2パートは彼女たちのデレが楽しめるシーン(約22分)。
最初はルカが、次は2人同時にSEXして合計2回射精させます。

ミカ「好きな時におまんこ使えるんだよ? どう?」
彼がエッチのたびに多くのお金をくれるおかげですっかり気を良くしたのでしょう。
晩御飯を振る舞い、香水をかけた体を近づけて誘い、自らオナペットになりたいと懇願します。
具体的にいくら貢いだとかは言いませんから生々しさはありません。

肝心のSEXについても敢えて正常位にして甘さを出してます。
ぱんぱんと弾力のある音が鳴るたびに喘ぐ彼女たちの姿がエロく
SEXしてない側は耳を舐めたりプレイの様子を実況して興奮を後押しします。
セリフが彼を褒め称えるものばかりですっかり惚れ込んでるのがよくわかります。

前のパートでミカが素股を担当したことを踏まえて
SEXはどちらかと言えばルカのほうが時間、内容いずれもウェイトを重くしてあります。
上品な声で喘いだりおねだりする姿に男心をくすぐられるのではないでしょうか。
お金をたっぷり貢いでくれた彼の気持ちに自分たちの心と体を全部捧げてきちんと応えます。

このように、貢ぎプレイを2つの視点から描いた甘めのエッチが繰り広げられてます。
気分良く貢げる作品
屈辱感や背徳感をできるだけ薄めて貢がせる作品です。

ルカとミカは家賃が払えない状況からなんとか脱出しようと
大家が男性なことに目をつけストレートな色仕掛けをします。
そして懐が十分潤った後は逆に自分たちが彼のモノになってより安定した生活を送ります。

お金と引き換えにJKやJDとエッチする魅力的なシチュ
貢ぐ快感よりも彼女たちのご奉仕っぷりに焦点を当てた密度の高いエッチ
前半はツン、後半はデレを見せる変化の大きい展開。
物語の背景やキャラを活かしてほぼ正反対の要素を上手に共存させてます。

ミカ「絶対受精しちゃったよぉ あたしJKなのに でも お兄さんならいっか」
この作品の面白さは主人公を金持ちに設定したことだと私は思います。
作中で多額のお金を貢いだという描写はあっても彼が困窮してる様子は見られません。
それどころかお金にがめつい彼女たちと妊娠覚悟のSEXまでします。
彼女たちもその結末を一切嫌がらず、むしろ喜んで受け入れます。

貢ぎをテーマにした作品は主人公が大事なものを失い破滅する快感に焦点を当てることが多いです。
しかし本作品は払ったお金に見合った快楽と幸せを得る=等価交換が成り立ってます。
だから貢ぎを前面に押し出してるのに屈辱感や背徳感が薄いんです。
彼女たちももらった分は返そうと体を使って一生懸命尽くします。

エッチは女性が2人いるおかげでエッチな声や音の密度が高いです。
耳舐め手コキ、SEXしながらの耳舐めorキスと複数の音を鳴らす機会を意識して設けてるのもあります。
テーマの割にM性が低いので興味があるならノーマルな人でも聴けると思います。

射精シーンは5回。
くちゅ音多め、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなりです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:11:20

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

先生とギャルJKの密着添い寝搾精

サークル「しゃーぷ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った魅力を持つエッチ大好きな2人の女性が
童貞の体を一緒に味わいながら色んなプレイを楽しみます。

2人のキャラを大事にした抜き重視のエッチが行われており
片方は甘やかし上手な人妻教師、もう片方はやや意地悪なギャルJKと属性に大きな差を持たせ
さらに同じプレイでもセリフ、反応、流れを変えることで同じくらいの存在感を出してます。
射精回数は多めですが責め方は割と優しいのでややMあたりの人が最も楽しめるでしょう。
童貞くんへの刺激的な授業
先生とギャルJKに精液を搾られるお話。

「先生のお部屋へようこそ ふふっ ちゃんと時間ぴったりに来てくれたのね」
先生はしっとりした色っぽい声の女性
「焦らなくても これからたっぷり遊んであげるって」
ギャルJKは砕けた口調で話す明るい声の女の子。
主人公が授業中に自分をいやらしい目で見てることに気づいた先生が
彼を自室に招待しギャルJKと一緒にエッチな悪戯をします。

本作品は男性をエッチに弄ぶのを趣味にしてる2人が
教え子であり幼馴染でもある彼を呼び出し左右から挟み込みながら色んなプレイをします。
手コキ、オナホコキ、素股、SEXと後になるほど踏み込んだものを用意し
シーンによって2人が協力したり手分けして少しずつ確実に射精へ追い込みます。

先「ギンギンに大きくしちゃって えらいえらい」
ギ「ちょろいなぁ 恥ずかしくないの?」
最も大きな特徴は彼女たちのキャラ。
先生は多くの男性から童貞を奪ってきた強者なだけあって年下の扱いが上手く
彼を褒めたり甘やかしてやる気にさせつつおちんちんに刺激を与えます。
それに対しギャルJKは元気と性欲が有り余ってる女の子といった印象。
軽く貶めるセリフをぶつけてM心をくすぐったり激しく責めるストレートなリードをします。

サークルさんはギャルJKのことを「意地悪」とおっしゃられてますが
昔一緒にお風呂へ入ったこともある幼馴染の設定がされてるからか結構優しく接します。
52分間で射精シーンが8回もあること以外は取り立ててハードな要素は見当たりません。
基本路線はあまあまで、彼女が時々それとは違うことをしてくる感じと思ってください。

またタイトルに「密着添い寝」を入れてることもあり声の位置が全体的に近いです。
先生は左、ギャルJKは右に陣取り交互に話すことが多く
バイノーラル録音特有のリアルな質感も相まって寄り添われてる気分が味わいやすくなってます。、
男の体をねっとり味わう濃密なエッチ
エッチシーンは6パート52分間。
プレイはハグ、手コキ、両耳舐め、オナホコキ、素股、乳揉み、顔舐め、SEX(騎乗位、正常位)、ベロチューです。
手コキ、オナホコキ、素股、SEXの際に効果音が鳴ります。

先「女の体 びっくりするくらい柔らかいでしょ?」
ギ「ほらほら 君の大好きなおっぱいで 腕を挟んであげる」
部屋にある大きなベッドに寝て主人公を左右から挟み込んだ2人は
大きなおっぱいを押しつけながら彼の体を優しく撫でてエッチしたい気分にさせます。

エッチは経験者の彼女たちが終始リードします。
最初の2パート19分間はコンビネーションが光るプレイ。
手コキパートは亀頭、竿、金玉を手分けしていじりしばらくすると両耳舐めを加え
オナホコキパートは先生がオナホ、ギャルJKが言葉責めを担当してちょっとしたゲームをします。

先「あぁ そんなにしたら可愛そうよ 本気手コキに耐えられるわけないじゃない」
ギ「いいのいいの 強めに握って集中責めー にゅちゅにゅちゅ」
音声を聴く限り2人は彼以外の色んな男性をこれまで襲ってきたようです。
だから今回のエッチもこれといった打ち合わせをせずスムーズに役割分担します。
突っ走るギャルJKを先生が押し止めるシーンが時々あるものの
2人とも性欲が非常に強いおかげでどのパートも彼のおちんちんを貪欲に味わいます。

ギ「奥まで挿入して 思う存分腰をパンパン それで 中にぴゅーって 中出し」
オナホコキパートでするゲームは先生が指定した時間まで射精を我慢するというもの。
「ぼちゅん」という弾力のある音をリズミカルに鳴らしながら
ギャルJKが自分とSEXしたらどうなるかを実況して興奮を煽ります。
このパートだけはギャルJKよりも先生のほうが意地悪に感じるでしょうね。

続く4パート33分間は主役を入れ替えながらするプレイ。
ギャルJKの素股、先生の素股、先生とのSEX、ギャルJKとのSEXと同じプレイを敢えて2つずつ用意し
彼女たちの魅力が引き立つように多少の違いを持たせて進めます。

選択式ではなくそのまま全部繋げて聴くように作られてます。

ギ「見つめ合っちゃお? あたしのこと じっと見つめていいんだよ」
先「んんっ そんなに揉まれたら 乳首立っちゃうぅ」
例えば素股はギャルJKがパンツまでの脱いでの生、先生はストッキングを履いたまま行い
効果音もパンパンと肉のぶつかり合うSEXっぽい音、ギャルJKよりも水分が高い手コキっぽい音が鳴ります。
さらに責め方もギャルJKは彼に腰を振らせる、先生は自分から腰を振りつつ顔舐めまでします。

私はこのパートを聴く前は「せっかく2人いるのにこのプレイ構成はもったいない」と思ってました。
1対1でエッチするスタイルだとあぶれた1人が活躍できず、複数人プレイの持ち味を活かせないからです。
しかし聴き終えた後はこれがサークルさんの演出だということに気づきました。

前項で書いた通りこの作品最大の魅力は彼女たちのキャラです。
だからこういうシーンを用意して2人の良さがどちらも引き立つようにしてあります。
「複数人プレイ=同時責め」というイメージを逆手に取った創意工夫のあるプレイと言えます。

先「あなたのおちんぽ すごくいいわよ もっと頑張って」
ギ「奥に熱いの めっちゃ注ぎ込まれてる あぁっ」
最後を飾るSEXはそれにエロさや激しさが加わります。
先生は騎乗位で励ましながら、ギャルJKは正常位で体をロックしながら2回ずつの中出しを決めます。
お互いに責め合うプレイなので彼女たちも喘ぎ声をそこそこ漏らしますし
2回戦に入るとどちらもベロチューまでしてエッチな音の密度がさらに上がります。

筆おろしがあっさり終わってしまう点がちょっぴりもったいなくも感じますが
彼女たちのおちんちんに対する執着心の強さが最もよく表れてて抜きやすいです。

このように、女性が2人いる状況を上手く活かした甘く濃厚なエッチが繰り広げられてます。
穏やかで淫靡な作品
Sっ気をそこまで出さずにとことん責める実用性の高い作品です。

先生とギャルJKは女性に強い興味を抱いてる主人公を満足させつつ自分たちも楽しもうと
最初の段階から体を密着させ左右交互に話しながら色んなプレイを提供します。
そして序盤は複数箇所を同時に責める、中盤以降はキャラの違いが引き立つリードで何度も射精させます。

甘やかし上手な人妻教師と幼馴染ギャルJKが一緒に相手してくれるシチュ
密着感や温もりを感じやすい声の近さ、それなりの違いを持たせて同じプレイをする展開。
パートナーが1人の時ではできない要素を色々盛り込んでエロさと臨場感を出してます。

先「頑張ったわね えらいえらい」
ギ「なかなかやるじゃん」
2人がなんだかんだで優しいのもSっ気をあまり感じない理由のひとつです。
性欲が強いのでどのパートもおちんちんを執拗に責めてくるのですが
その前後最中に彼を気遣ったりやる気にさせるセリフを小まめに挟みます。

特にギャルJKは先生よりも彼とずっと近しい関係にあるからか色々サービスしてくれます。
SEXでだいしゅきホールドしながらキスを続け、中出しされたのと同時にややアヘった声でイク姿が印象的でした。
人妻でありながら生徒の童貞を奪い精液を直に受け止める先生も相当な淫乱と言えます。

射精シーンは8回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。
おまけは耳舐めとキス音です。

CV:そらまめ。さん
総時間 1:18:17(本編…1:11:39 おまけ…6:38)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ