同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ:催眠音声 > 女性向け

   ● Dream Shop -別館- 眠り姫
   ● 記者君による怪しげな噂と烙印
   ● 絶望のロリータ・お前がママになるんだよ《催眠音声》
   ● 悪魔娘の宝箱 その1:箱入り
   ● タイムローター
   ● 非言語催眠-擬声語パブロフ
   ● 八八式催眠術
   ● ヒプノガストリップ(再レビュー)
   ● 生徒紙導
   ● 感度催眠




サークル「Tuberose kiss」さんの催眠音声作品(女性向け)。

今回紹介する作品は、声も態度も優しいお兄さんが
童話「眠り姫」を題材にしたエッチな催眠をかけてスッキリさせます。

原作の特徴を受け継ぎながらギャップのあるサービスをするのが特徴で
催眠は通常の誘導の後に物語形式で深化させてお姫様になりきらせ
エッチは触手、吸盤、2人の男に犯される睡眠姦っぽいプレイで何度も絶頂させます。

今回はskyさんのバージョンを聴いてのレビューをお送りします。
催眠が見せる気持ちいい夢
お兄さんに催眠をかけられ3つのエッチを体験するお話。

「いらっしゃいませ Dream Shop別館へようこそ」
お兄さんはトーンが低く整った声の男性。
主人公に挨拶し、これからかける催眠に関するお話を軽くすると
それにあたっての簡単なコツを教えて入りやすくします。

本作品は童話の世界に入り込んでエッチを楽しむことを目的に
彼がおよそ90分に渡って催眠をかけたり独特なエッチをします。
今回は仮想世界が舞台になるので彼と直接絡むことは一切なく
触手状の蔦や他の男性に責められる様子を丁寧に実況して臨場感を出します。

「カラカラ カラカラ 意識が糸車に集中して カラカラ カラカラ 回る 回る」
テーマはもちろん「眠り姫」(「眠れる森の美女」「茨姫」とも呼ばれてます)。
その主人公にあたる姫になりきって物語やエッチを楽しめるよう
催眠の段階から原作にまつわる要素を盛り込んで誘導します。

大まかな流れや登場人物は原作にとても近いですけど、主にエッチシーンが本作品向けに改変されてます。
メルヘンチックなお話とはやや違う展開になってますから
多少のM性を持ってる人のほうが楽しめると思います。
また今回紹介するskyさん以外に宮司道章造さんが声を担当されてるバージョンもあります。
落としてから引き込む催眠
催眠は2パート30分間。
最初の「02-導入・深化」は楽な姿勢になり、目を開けたまま2種類の運動をします。
ちなみにこのパートは緩やかで神秘的な音楽が流れ続けます。

「ぎゅっと握って ぐっと力を込めて はい開く」
ここで行う運動のひとつめは手や足に力を入れてから脱力するもの。
聴き手がやりやすいようにお兄さんが小まめな指示を出してくれます。
まだ序盤だからでしょうけど暗示は少なめにして体のリラックスに力を入れてました。
筋肉を実際に収縮させるため、意識するだけの時よりも脱力を実感しやすいです。

「意識が沈むと 体も重く ふかーく沈んでいく」
ふたつめは彼のカウントに合わせて目を開けたり閉じたりします。
5~10カウントごとに瞼が重くなる暗示を入れてくれますから
後になるほど目を開けるのが億劫になったり眠気を感じるでしょう。
最初に目を開けさせておいたのはここで深化しやすくするためだと思います。

次の「03-童話」はいよいよ眠り姫の物語が始まります。
主人公の姫、その両親にあたる王様と王妃、そして合計8人の妖精が登場し
あらすじを語りながらパート後半から聴き手が姫になりきれるよう進めます。

「ゆらゆらゆらめく蝋燭の明かりだけを頼りに 一歩ずつ ゆっくり ゆっくりと降りる」
具体的には催眠状態が深まるイメージや暗示が随所に込められてます。
扉を開ける音、足音、糸車を回す音など効果音も鳴らして物語の世界へ上手に引き込んでました。
姫を眠らせた犯人も登場し、そこではお兄さんの声がガラリと変わるなど
実際に読み聞かせるのに近いスタイルにしてあって通常の催眠とは随分違います。

テーマ性を出しつつしっかり落とす柔軟な催眠です。
聴き手を眠り姫になりきらせることを目的に
前半は漸進的弛緩法、目の開閉法といった古典催眠の技術を使ってストレートに深化させ
後半は眠り姫の物語を主観的に話してイメージ力と集中力を高めます。

活動歴の長いサークルさんなだけあって催眠の質が高く
前半だけでも体の重さや意識のぼやけをかなり実感できました。
物語についてもあらすじをただ話すのではなく、催眠の技術をきちんと盛り込んであります。
シーンによって変わるskyさんの演技も相まって入りやすかったです。
まどろみと快感にすべてを委ねて
エッチシーンは3パート38分間。
プレイは触手責め、吸盤責め、キス、乳首舐め、クンニ、手マン、SEX、耳舐め、フェラです。

触手責め、吸盤責め、手マン、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「ほら お城を守るはずの蔦が あなたに這い寄り 手足に絡みつく」
催眠を使って主人公を眠り姫に変えたお兄さんは
お城の中に生えてる蔦が彼女を責める様子を主観視点で語ります。

エッチは眠ったまま責められる睡眠姦っぽいシチュで行います。
最初の2パート20分間は触手状の蔦が相手。
「04-絡む蔦」は耳、乳首、股間の愛撫
「05-吸盤」は乳首やクリトリスを吸盤で吸い上げて合計2回絶頂させます。

「ぐちゅぐちゅと湿った音が頭の中に響く その音がさらにあなたの感度を高めていく 犯される耳が気持ちいい」
そしてここでもプレイによって異なる音を取り入れイメージを補助します。
通常の触手責めはうねうねした弾力のある水音
吸盤責めは「ぎゅっ ぷっ」みたいな力強い音をやや控えめな音量で鳴らしてました。
実況と感度を上げる暗示も小まめに入れてくれてプレイに生々しさがあります。

一見するとレイプっぽいプレイですが背徳感や絶望感を与える描写は特にありません。
純粋に気持ちよくしながらマイナスの感情を和らげるフォローがされてます。
ノーマル向けではないけどドM向けと言うほどハードでもないです。

最後の「06-侵入者」は人間が相手(約18分)。
噂を聞きつけてやって来た2人の男性が全身を舐めたり股間を指や性器で責めます。

「今まであなたを責めていた触手にはなかった 生温かい舌の感触と 熱い吐息を感じて くすぐったいような気持ちいいような 不思議な感覚に鳥肌が立つ」
生温かいもので体を刺激される快感、大事なところを見られる快感
そして挿入され精液を一番奥に注がれる快感。
前の2パートにはなかった要素を入れて触手との違いを打ち出してます。

こちらのほうが正統派のエッチですね。
彼らの息遣いやちゅぱ音も流して実際に責められてる雰囲気を作ります。

このように、原作にはなかった要素を盛り込んだ特殊なエッチが繰り広げられてます。
落差の大きい作品
童話がテーマなのにエッチは大胆なことをしてる作品です。

お兄さんは主人公に眠り姫の感覚を気持ちよく味わってもらおうと
催眠パートの途中から物語を始めて催眠を深めつつその世界に引き込みます。
そしてエッチは主に触手や吸盤といった人外を相手に責められます。

童話「眠り姫」の内容に沿ったエッチな催眠をかける面白いシチュ
古典催眠の技法と原作に登場するイメージを組み合わせて落とす堅実な催眠
触手や男性たちに複数の性感帯を同時に責められる刺激が強めのエッチ。
テーマとエッチの内容にそれなりのギャップを持たせて個性を出してます。

中でもエッチは眠ったまま一方的に犯されるシチュを設定したうえで
暗さや重さを上手く中和し快感だけを抽出します。
そのへんのからくりは聴いてのお楽しみとさせていただきますが
聴き手がちゃんと楽しめるように調整されてます。

あとは物語と催眠の融合が違和感なくされてて素晴らしいです。
前半は通常の催眠をかけて入りやすくする配慮もされてますし
催眠特有の感覚も十分味わえると思います。

絶頂シーンは4回。
くちゅ音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

CV:skyさん、宮司道章造さん
総時間 skyさん…1:26:51 宮司道章造さん…1:34:49


体験版はこちらにあります

追記
2020年6月17日まで20%OFFの792円で販売されてます。



サークル「Dose and Dreams」さんの催眠音声作品(女性向け)。

今回紹介する作品は、声は穏やかだけど性格は割とSな記者君が
自分に会いに来た女性に催眠をかけたり独特なエッチをして気持ちいい証を刻みつけます。

M向けの要素を色々盛り込んだ調教色の強いプレイが行われており
首輪をつける、スパンキングする、痴態を撮影するといった割と過激な要素を盛り込み
それらに専用の効果音を入れて彼に責められてる雰囲気を作ります。

音声を聴く際に指輪を用意しておくとより楽しめます。
今回は初回用を聴いてのレビューをお送りします。
怪しい記者君とする変わったプレイ
記者君に催眠をかけられ調教されるお話。

「こんにちは 今日はよく来ていただけましたね」
記者君はトーンが低く穏やかな声のお兄さん。
音声を聴く際の注意事項を説明すると
主人公に挨拶し、噂が好きかどうか尋ねます。

本作品は男性に焦らされたり軽く意地悪されるMの快感を味わわせることを目的に
彼がおよそ60分に渡って催眠を交えた刺激が強めのエッチをします。
彼が彼女に様々な烙印を刻むことをコンセプトに掲げてまして
パートごとに内容を変えながら女性向け催眠音声ではあまり見かけないプレイを積極的にやります。

「甘い快感 だけじゃなくて 鋭い快感も 耳のこと 責めながらお尻 何度も叩いて」
エッチの冒頭で首輪を装着して上下関係を明確にし
さらにスパンキング、恥ずかしい姿の記念撮影などM向けの要素が充実してます。
彼の声やセリフが割と優しいのでどぎつい感じはしないでしょうけど
属性が合う人のほうがずっと楽しめると思います。
手マンやSEXといった一般的なプレイは敢えてやらず、シチュと技術で興奮させることを目指してます。

また冒頭でも触れたように製品版には初回用と2回目以降用が用意されてます。
詳しいファイル構成は付属のテキストに書いてあるので
とりあえずは初回用を聴き、その後で次に進むのがいいでしょう。

催眠はおよそ18分間。
最初の「01_導入」(約15分)は楽な姿勢で目を瞑り
まずは深呼吸しながら彼の言葉に耳を傾けます。

「ふーって ゆるゆるーって 力が抜ける 心地よーく抜けていく ずーんと重くなる」
エッチは割とぶっ飛んだことをしますけど、催眠に関しては癒しのパワーが強いです。
上のセリフのように擬声語を適度に挟んでリラックスや脱力を直感的に促し
さらにゆっくりのんびり語りかけて彼の言葉を受け入れやすい状況を作ります。

疲れてる時に聴いたらそのまま寝落ちする人がいるんじゃないでしょうか。
脱力を重視してるおかげで体の重さや動かない感覚を実感しやすいです。

「ゆっくりと 落ちていくのも すとーんと落ちていくのも とってもいいですよね」
「ふわふわーって もやが広がっていくみたい 頭の中 ぼーんやり ぼーっとして 思考が鈍って ふわふわの心地よさに 意識を任せていきましょうね」

ある程度経つと催眠状態をより深める暗示が登場します。
「落ちる」「ぼーっとする」と表現を変えて働きかける堅実なアプローチです。
時間がそれほど長くないからでしょうけど、暗示を厚めに入れることを心がけてました。
特定の感覚を言い回しを変えながら伝えたり、複数の感覚を並行して伝えるなど
以前から催眠が上手なサークルさんの持ち味がきちんと出てます。

2番目の「02_スイッチ」はエッチの準備にあたるパート(約3分)。
彼女の感覚を電気のスイッチに例え、それをつける音を鳴らしながら感度が上がる暗示を入れます。

「背筋を通って ゾクゾクと みっつめ 感覚が鋭くなっていく」
本作品はこのパートから先で効果音を鳴らすシーンが多く
それぞれに対応した音と暗示を組み合わせて彼に従う喜びを教えます。
ここでスイッチ音を鳴らすのもエッチに向けた心の準備をさせるためなのかもしれません。
「パチン」という音が心地よく、体がちょっぴり熱くなるのを感じました。

本題の調教とはあまり絡めず手堅く誘導する癒し系の催眠です。
聴き手の心と体を記者君に従いやすくすることを目的に
深呼吸を交えた脱力と深化、カウントを数えながらする追加の脱力と深化
そしてスイッチ音を使った感度強化とほぼ一直線に進みます。

全体の構成や暗示が優れてるのは間違いないですけど
サークル主で声の担当もされてる望さんの演技もそれを引き出す大事な役割を果たします。
伝えたい暗示の時だけちょっぴり間延びさせる独特な話し方をしてました。
トーンの低い声や適度な間を取るリズムもリラックスに適してます。
同性の私が聴いてもかなり入りやすかったです。
エッチな印をひとつずつ刻まれて
初回用のエッチシーンは5パート34分間。
プレイは首輪の装着、体の愛撫、脚を舐められる、スパンキング、キス、足で踏まれる、記念撮影です。

首輪の装着、体の愛撫、スパンキング、足で踏まれる、記念撮影の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「従属 嗜虐 管理 羞恥 そして隷属 きっちに刻み付けて 虜にして」
催眠を使って主人公を普段よりも従順にした記者君は
主従関係の第一歩として用意した首輪を装着します。

エッチはご主人様にあたる彼が終始責め続けます。
最初の2パート13分間は2人の関係を確立させながら気持ちよくするシーン。
「03_首輪」(約2分)は革っぽい音を鳴らして首輪をつけ
「04_被虐」(約11分)は体の愛撫、脚舐め、スパンキングをされます。

「太もも 気持ちいいね どんどん熱くなる 太ももの付け根 快感がぐつぐつ 気持ちいい」
割とニッチなプレイが出てきますが彼の態度は引き続き穏やか。
このプレイを受け入れやすく感じるように実況しながら気持ちよくなる暗示を小まめに入れます。
どのプレイにも効果音が用意されてるおかげで何をしてるかがすぐわかるのも良いです。
体の愛撫は軽い摩擦音が時々鳴ってましたからたぶん鳴らしてるのだと思います。

「叩かれて 興奮して 気持ちよくなって そういう人の呼ばれ方 知ってますよね?」
この中で最も力を入れてるのはスパンキング。
「ぺしっ」という音を多めに鳴らしてMの快感をくすぐります。
女性向けだから少しやる程度だろうと思ってだけに回数が割と多くて驚きました。
そうやって心と体に彼の所有物になった事実を刻み付けます。

続く3パート21分間は別の烙印を刻むシーン。
「05_管理」(約7分)は気持ちよくなる暗示を引き続き入れてからのおあずけ
「06_写真」(約7分)は恥ずかしいポーズを取ったり下着姿になって写真撮影される
「07_隷属」(約7分)はカウントを交えた絶頂への追い込みと名前に合ったプレイをします。

「恥ずかしくて 気持ちいい 堪らなく気持ちいい その心が 羞恥の証」
この中で最も個性があるのは06パートでしょうね。
見られる快感や見せつける快感といった露出性癖を刺激します。
実際に外へ出てやるわけではありませんから至って安全です。
シャッター音が鳴ることも含めて本作品の特徴がわかりやすく出てます。

このように、タイトルの「烙印」を刻むことを意識したM向けのプレイが繰り広げられてます。
攻めてる作品
男性向けでやりそうなプレイに敢えて挑戦してる意欲作です。

記者君は主人公を自分の従順なペットにしようと
まずは催眠を通じて心も体も十分リラックスさせて受け入れやすい環境を整えます。
そしてエッチは従属、被虐、管理、羞恥、隷属とパートごとに異なるテーマを掲げ
プレイに合った効果音と暗示を組み合わせてMの快感を味わわせます。

記者をやってる男性が催眠を交えたサービスで女性を調教するM向けのシチュ
深呼吸や脱力といった癒しの要素を充実させた質の高い催眠
女性向け催眠音声ではあまり見かけないプレイを積極的に盛り込んだエッチ。
催眠はしっかりやりつつMな人が満足できるように作品を組み立ててます。

「音が聞こえるたび 全身に あまーい快感が走って 頭 真っ白になっちゃいますね」
体への責めは割かしハードですけど、セリフはそれよりもずっと甘いおかげで
音声を聴いた時の印象は意外と柔らかく感じました。
私が男性向けのドM作品を色々聴いてるからというのもあるのでしょうけど…。

スパンキングをする時点で大衆向けとは言えませんし
ご自分の性癖と相談して聴くかどうか判断してみてください。
催眠は過去作と同じくらいレベルが高いです。

効果音それなり、ちゅぱ音そこそこ、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:望さん
総時間 1:38:39(本編…1:27:53 フリートーク…10:46 初回用…1:01:37)


体験版はこちらにあります



サークル「Hypnotic_Yanh」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、上品で穏やかな声の女性カウンセラーが
催眠を使って自分の患者にあたる少女が過去に味わったエッチな出来事を疑似体験させます。

少女が独白する形で女体化、感度上昇、絶頂させるのが特徴で
その時の様子だけでなく彼女が何を思い、感じたかまで綿密に語り
それらを聴き手が自分のこととして受け入れられる表現にすることで少しずつ没入感を高めます。
凌辱がテーマですけど快楽堕ちっぽい内容になってるのでM性のある人なら普通に聴けるし楽しめます。

今回はP音入りバージョンを聴いてのレビューをお送りします。
少女の心に自分を重ね合わせて
カウンセラーに催眠をかけられ少女のエッチな体験談を聞くお話。

「まずは部屋をできる限り暗くし、ベッドか布団の上に、上を向いて横になり、そして、ゆーっくりと、呼吸しながら、全身の力を、抜きましょう」
カウンセラーは上品な声の女性。
音声を聴く際の注意事項や環境を簡単に説明すると
ひとまず横になって深呼吸するように言います。

本作品はカウンセラーとして日々患者の心を癒してる彼女が
その1人にあたる少女を治療するために85分程度の変わったサービスをします。
少女は物語の開始時点で心に傷を負っており、そのことを誰かに話せば気分が楽になるそうです。
そのため登場人物たちが直接肌を重ねることはなく、少女の体験談を通じて女体化や絶頂をさせます。

少女「くらくら、ふらふらして、何がなんだか分からなくなる。そして、体の芯がすこしずつ、すこしずつジンジンと痺れ始め、なんだかとても、おかしな気分になってきました」
何をされたのかはもちろん、その時にどう感じたのかまでわかりやすく語り
さらにセリフの表現を工夫して聴き手が彼女と同じ視点でプレイを楽しめるようにします。
実際に音声を聞いてみると妙に臨場感があるように感じるでしょう。

一般的な女体化作品のように男性から女性の体へ変えるアプローチは特にせず
聴き手が自然と女性になったことを実感できるように物語を進めます。
これがあるから女性でも問題なく聴けるわけです。
プレイに合った効果音を鳴らすなど、イメージ力や没入感を高める要素が充実してます。

催眠についてはカウンセラーが担当し
手堅い技法を中心に据えて少しずつ確実に催眠状態を深めます。
エッチで一体感がより得やすくなるようこの時点から少女を被験者として参加させ
彼女が催眠にかかって心地よさそうにしてる様子も実況する
変わったアプローチがされてます。

これは「Side Effect」や「催眠術師の悪戯~催眠ショーのステージの上で…~」にも使われてるもので
催眠に入るにあたっての抵抗感を取り除く役割を果たします。
本作品は少女のエッチを疑似体験するのがコンセプトですから
催眠の時点からこういう形で共通点を作るのは効果的と言えます。

もうひとつ、本作品には「P音(自主規制音)入り」と「表現をマイルドにしたもの」の2パターンが存在します。
18禁作品でも入れておくとまずいワードへの対策で、前者の場合は合計で10回くらいあの音が鳴ります。
サークルさんはP音入りを推奨されてるので、とりあえず1回目はそちらを聴いて
合わないと感じたら2回目以降は後者に変えるといいでしょう。
これも催眠音声だと滅多に見かけない要素ですね。

少女が独白する形で凌辱プレイを疑似体験するスタイルと、聴き手以外にも被験者を用意した催眠。
催眠、エッチいずれも強い個性を持つドM向けの作品です。
音を交えた心地いい催眠
催眠はおよそ28分間。
横になって楽な姿勢を取り、目を瞑ってまずは数回深呼吸します。
それから少女を部屋に入れて暗示を入れたり音を鳴らしてリラックスを深めます。

カウンセラー「ゆれていく…心地いい…ゆれていく…ゆーーーら、ゆーーーら、揺れ続ける。心地いい。まるで、振り子のような…心地いい、心地いい そうですよね?」
少女「…はい…いい…かんじです…」
カウンセラーが入れる暗示と少女の心地よさそうな姿を組み合わせて
意識が揺れる感覚を上手に伝えます。
Hypnotic_Yanhさんは結構変わった催眠をかける作品も制作されてるのですが
今回は割とシンプルかつストレートに進めてました。
凌辱がテーマとは思えないほど雰囲気も穏やかで心身両面をしっかり脱力できます。

カウンセラー「振り子の ように、ゆれている、あなたの、心も、ゆれている まるで、今の、意識の、ように、ゆれている、ゆれている」
その後から始まる音を使った誘導も意識の揺れに焦点を当ててます。
「ぼーん」というトーンの低い鐘のような音を1回ごとに左右へ移動させながら
それと同じリズムで「揺れる」と暗示を入れて意識の力をさらに弱めます。
このシーンで意識のぼやけが強くなる人が多いでしょうね。
最後にカウントを刻んできっちり落とす手堅いリードがされてます。

少女の独白が始まるのは開始からおよそ19分後。
事前にひとつだけ約束してからメインの語り手がカウンセラーから彼女へと変わり
学校から帰宅する際に普段とは別の道を通ったことを話します。

少女「降りていくたび、周りはだんだん、だんだんと暗くなり、それに連れて、意識もだんだんと、暗くなっていきます。スーッと、吸い込まれていくように、感じます」
薄暗い地下道へ続く階段を足音を鳴らして一段ずつ下り
その様子を主観視点で語りながら深化を促す暗示を入れます。
「体が女性になる」とか女体化ではお馴染みのセリフは一切出てきません。
でも音声を聴いてれば彼女が見てる情景が頭の中に自然と浮かんでくるでしょう。

十分深化させてから独白形式へと移る本作品らしい催眠です。
少女のお話を彼女と同じ視点で楽しめるようにすることを目的に
深呼吸から入って振り子の音を鳴らす音響法、カウントを使った深化
そして階段を下りるイメージによるさらなる深化と
古典催眠の技術に作品独自の要素を組み込んで進めます。

以前から催眠の技術力が高いサークルさんなだけあって
全体の流れ、技術の使い方、暗示の表現と入れ方がどれも高い品質を持ってます。
少女も一緒に催眠にかかる描写がなかったとしてもスムーズに入れるでしょうね。
終盤に独白へと変わる展開も作品のコンセプトをしっかり見据えてて良いです。
エッチはやや人を選びますけど、催眠は初心者から上級者まで誰でも楽しめると思います。
絶望と快楽に飲み込まれるエッチ
エッチシーンは4パート43分間。
プレイは乳首責め、媚薬を吸わせる、手マン、クンニ、イラマチオ、SEX(正常位)、バイブ責めです。

クンニ・イラマチオの際にちゅぱ音が、手マン・SEX・バイブ責め・射精の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「気がつくと、私は薄暗い部屋のベットの上に、仰向けに寝かされていました」
薄暗い地下道を歩いてる最中に気を失ってしまった少女は
その後ベッドの上で目を覚まし、体を拘束されてることや2人の男がいることに気づきます。

エッチは身動きの取れない彼女を彼らが責め続けます。
前半の2パート21分間は比較的ソフトなプレイ。
「02_凌辱1初めての絶頂」は媚薬まみれのハンカチを吸ってから乳首責めと手マン
「03_凌辱2口内射精」はクンニ+イラマチオで合計3回の絶頂を迎えます。
ここから先はほとんど少女が話し、カウンセラーは時折合図を出す役を務めます。

「爪でカリカリとひっかいたり、時折ギュッとつまんだり…。そのたびに、私の乳首から、胸、全体に、ビリビリとした感覚が伝わり、体の芯を震わせる。思わず声を上げてしまう。気持ちいい、本当に気持ちいい…」
少女はエッチをまだしたことがない年齢なので
乳首をいじられてもくすぐったそうな反応をします。
しかし媚薬を吸い込んだ後は感度が一気に上がり、それを主観視点で話して聴き手にも伝えます。

表現方法は通常の女体化とやや違いますけど、やってることは結構近いです。
実況、気持ちよくなる暗示、彼女の心情描写を組み合わせてプレイをリアルにお届けします。
内容は間違いなく凌辱ですが快楽堕ちっぽい展開にしてあって聴きやすいです。

「おしっこを出す所を舐められながら、男がおしっこを出す所をじゃぶる。ひどい、気持ち悪い。助けて。でも気持ちいい。なんなのこれ。私はさらに、さらに意識が混乱し、快感と、気持ち悪さで訳が分からなくなっていきます」
03パートは無理矢理感を多少上げて凌辱されてる気分を味わいやすくします。
1人はクンニとクリ舐め、もう1人は上に跨ってのイラマチオと役割分担し
その両方で彼女が何を思ってるかを綴って一体感を高めます。

見知らぬ男のおちんちんを咥えるのは彼女にとって耐えがたい苦痛なはずです。
でもおまんこから湧き上がる快感にそれすらも塗りつぶされる。
ふたつの感覚に挟まれ、溺れていく展開にして凌辱らしさを出してます。
プレイ中は快楽重視ですけど、最後に精液を口で受け止める描写を入れて一気に盛り返します。
このへんからM度の高い人はゾクゾクし始めるのではないかなと。

後半の2パート22分間はよりハードなプレイ。
「04_凌辱3お前がママに」は正常位の初SEX
「05_凌辱4おもちゃ責め(追加音声)」は電動バイブ責めで何度も何度も絶頂します。

「すでに、全身がガクガクと震え、まるで電気を流されているかのように、体全体で快感を受け止める。気持ちいい。本当に気持ちいい」
04は本作品の中で最も凌辱色の強いプレイということで
挿入から中出しに至る様子をわかりやすく描きつつ
彼女が絶望したり押し寄せる快感に飲み込まれていく様子を忠実に伝えます。
挿入直後は絶望寄りですけど、ある程度進んだ後は気持ちよくなる暗示を重点的に入れてました。

シチュで心を、プレイで体をバランスよく責めるおかげで
聴いてると股間がだんだん熱くなり、絶頂のカウントに合わせて筋肉がぷるぷる震えてました。
それを4回繰り返す時点で結構ハードなプレイだとわかっていただけるはずです。
そして最後はきっちり中出しを決めて心を折ってくれます。
強めの快感と背徳感が同時に味わえる充実したパートです。

最後の05パートは偽物のおちんちんに蹂躙される展開。
状況に合った効果音を鳴らしながらSEXとほぼ同じ要領で連続絶頂を迎えます。
ちなみにここだけはオプション扱いで無理に聴く必要はありません。

「おもちゃの動きは止まらない、快感も止まらない」
およそ11分間で10回もの絶頂シーンを用意してある非常に過酷な内容です。
10回目以外はほぼノンストップで繰り返しますから
連続絶頂ではなくロングオーガズム(イキっぱなし)になるかもしれません。
視聴後は股間が軽く筋肉痛になるほどでしたし、必須構成に入れてないのも頷けます。
でも本作品の最後を飾るに相応しいプレイだとも思います。

このように、独白形式で実況と暗示を入れながら心身を責めるハードなエッチが繰り広げられてます。
聴きやすさに配慮した凌辱作品
暗さや重さを多少和らげて凌辱プレイを体験させてくれる良作です。

カウンセラーは少女が現在抱えてる心の治療を主人公に手伝ってもらおうと
2人を同じ部屋に招いてから催眠をかけて共通点を作ります。
そしてその後は語り手を少女に任せ、その独白を通じて気持ちいい絶頂へと導きます。

カウンセラーに催眠をかけられ、少女のエッチな記憶を疑似体験する珍しいシチュ
少女を被験者側に立たせて一緒に催眠をかけたり独白で深化させる高度でテーマ性の強い催眠
前半は臨場感を出しつつ抑えめのプレイをして少女と同じ視点に持っていき
後半から凌辱色を上げて連続絶頂させる緩急をつけたエッチ。
本作品が持つ様々な特徴を組み合わせてひとつのサービスに仕上げてます。

中でもエッチはタイトルに直結する要素なだけあって作り込みが凄まじいです。
従来の女体化作品よりも心情描写を多くして少女と同じ感覚で聴きやすくし
さらに効果音も色々入れてエロさ、背徳感、絶望感を出してます。

キメセクっぽい内容なのでものすごく重苦しいわけではないですけど
口の中に射精させる、処女を奪われる、中出しされるシーンは心にくるものがありました。
催眠音声との相性が悪そうな素材をサークルさんなりのやり方で上手く料理されてます。

あと催眠が抜群にかかりやすかったです。
ここまで深く入れたのは久しぶりのように思います。
技術が優れてる、少女と一緒に催眠にかかる、分倍河原シホさんの巧みな演技と
プラスの要素が色々盛り込まれてるからではないかなと。

絶頂シーンは17回。
効果音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

テーマは決して大衆向けとは言えませんけど
それを補って余りあるほどの個性とクオリティを持ってることを考慮し
サークルさんでは9本目の満点とさせていただきました。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:24:47

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2020年6月2日まで20%OFFの792円で販売されてます。

悪魔娘の宝箱 その1:箱入り


サークル「悪魔娘のおもちゃ箱~ムスバコ~」さんの無料の催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、不思議な宝箱を持つ可愛い悪魔が
自分を召喚してくれたお礼に気持ちいいゲームを提供します。

彼女の声や指示にわざと抵抗させて催眠状態を深めるのが特徴で
声に意識を向けないように言ったあと色んなことを話しかけたり
全身にある程度力を入れさせてから力が抜ける暗示を入れるなど
正反対のことを同時にやって彼女に負けたほうが楽なことを教えます。
悪魔の誘惑に抵抗してみよう
かおりに催眠をかけられ軽くイかされるお話。

「おや? また貴様からの召喚か」
かおりはややトーンが低く穏やかな声の女の子。
自分を再び召喚してくれた主人公に嬉しそうな表情で挨拶すると
彼の望み通り催眠を使っておもちゃにします。

本作品は小悪魔と呼ぶのがぴったりな性格をしてる彼女が
元々M気質な彼を相手に25分程度のコンパクトなサービスをします。
2人が顔見知りなことや彼女の名前と声優さんが一致してることから
おそらくは「悪魔娘のお部屋 その1:入門」の設定を引き継いでるのでしょう。
序盤から親しげに接しながら今回するちょっぴりエッチなゲームのルールを説明します。

「ほら 試しに抵抗してみて? かおりの声から 気をそらして 気をそらして逃げてみて?」
内容は至って簡単。
彼女の言うことや指示することに抵抗するだけです。
作中では2つのゲームが行われており、その両方で彼女が彼を負けさせようと働きかけます。
そして無事負かした後は彼女が座ってる宝箱へ案内して気持ちよくします。

悪魔が相手でも痛みや苦しみを与えることは一切ありません。
むしろMな彼が望んでる「気持ちいい負け」へ追い込もうとあれこれ工夫します。
エッチも技術を使ってイかせる感じなので、ややMあたりがメインターゲットになるでしょう。
抵抗すればするほど深まる催眠
催眠はおよそ13分間。
楽な姿勢で目を瞑り、まずは彼女の声に意識を向けないようにします。
そして少し経つと今度は全身に軽く力を入れた状態を維持します。

「かおりの言葉から気をそらさないと逃げてしまう でも逃げたら 力までが逃げていくのよ」
最初の5分間は片方ずつやるので頑張ればできるでしょうけど
その後は両方同時になり難度が一気に上がります。
かおりも主人公を負けへ追い込もうと両者を関連付けて抵抗しにくくします。

イヤホンやヘッドホンをつけた状態で声を意識しないのはかなり難しいですから
大きなストレスにならない程度に頑張って、あとは流れに任せるのがいいでしょう。
特に力を入れる動作は長く続ければ続けるほど脱力した後の心地よさも大きくなります。

「頑張っても気持ちよくなれないよ? 負けたら気持ちよくなれるのに 勝っても何も得られないね」
最中に「負けたほうが楽だよ」とそそのかすのも悪魔らしくて良いですね。
彼が負けたいと思ってることを見透かしたうえで助け舟を出します。
実際負けても大したデメリットはありませんからね。
聴き手の心身を適度に疲れさせて深い催眠に入りやすい状況を作ります。

「重くなって 深く落ちる 箱の中に落ちる よりふかーいトランスに落とされてる」
そして無事負けられた後は彼女の宝箱に吸い込まれます。
この箱は彼女の所有物なだけあって別の空間が広がっており
全身を入れても窮屈に感じない広さを持ってます。
ここだけは「落ちる」を多めに言ってスムーズに誘導してました。
私が聴いた時も軽い落下感があって気持ちよかったです。

ゲーム形式で負ける快感を味わわせる珍しいタイプの催眠です。
聴き手をかおりの宝箱へ案内するのを目的に
最初は声に意識を向けないゲーム、次は体に力を入れ続けるゲーム、そして両方と進め
その最中に集中力が高まったり力が抜けるアプローチをかけて気持ちよく負けさせます。
そしてゲーム終了後は深化の暗示を絡めて宝箱の中へ入る様子を主観視点で実況します。

催眠っぽさをぼかしてあるので聴き始めた直後はわかりにくいかもしれません。
でもある程度経つと意識がぼやけたり体に力が入らなくなります。
彼女も過度に疲れないよう「力を入れるのは30~40%でいい」とフォローしてました。
やり方は変わってるけどきちんと誘導しようとする意図が見られます。
エロ要素を極力省いたエッチ
エッチシーンは4分間。
プレイは言葉による絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「今から 貴様に快感による敗北を味わわせてやる」
催眠を使って主人公を宝箱の中まで案内したかおりは
冒頭で話した通り気持ちいい体験をさせます。

エッチは一般的なプレイを一切せず言葉だけでイかせます。
内容は全身の感度が上がる暗示を入れてからカウントを数え
0に合わせて絶頂を促す追い込み暗示を入れるシンプルなものです。
男女どちらでも聴けるように性差を感じさせる描写は入れずに進めてました。

時間が非常に短いので、実際に絶頂できるかどうかは相性や経験が影響します。
私が聴いた時は手足がピリピリしたところで終わりました。
サークルさんが「「宝箱」シリーズの前菜」とおっしゃられてるところを見ると
今後の作品でより気持ちよくなるための準備運動をしてるのだと思います。

本作品単体で見ると物足りないのですが
シリーズで楽しむと考えるなら現時点ではなんとも言えません。
後日出る続編を聴いたら認識が大きく変わる可能性が十分あります。
催眠はちゃんとしてるので、そちらをメインで楽しむ感覚で聴いたほうが良いでしょう。

このように、彼女の実力を少しだけ見せるソフトなエッチが繰り広げられてます。
コンパクトな負けシチュ作品
時間、内容いずれもエッチより催眠に光るものを持ってる作品です。

かおりは自分を再び召喚してくれた主人公を満足させようと
2人で勝負するスタイルで催眠をかけて宝箱の中へ招待します。
そしてその後は体の接触をせず心を責めてドライオーガズムに導きます。

可愛くてちょっぴり意地悪な悪魔と気持ちいいゲームをするM向けのシチュ
複数の指示を出しながら負ける気持ちよさをくすぐる風変わりな催眠
暗示とカウントを組み合わせてスムーズに絶頂させるシンプルなエッチ。
全年齢向けだった前作から一歩進んだサービスに仕上がってます。

中でも催眠は相手の言う通りにする普段のやり方とほぼ真逆の路線を歩んでます。
詳しい説明は控えますが、セリフの言い回しやアプローチの方向性が
聴き手を負けさせることを強く意識してました。
体に力を入れ続けるので脱力感を強く実感できるでしょう。

エッチは前項でも説明した通り今後次第といったところです。
次回作がどうなるのか非常に楽しみです。

絶頂シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:あ、きのこさん
総時間 26:29

ダウンロードはこちらから(pixiv IDが必要)
https://musubako.booth.pm/items/1946776



サークル「エロトランス」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、声は上品だけど性格は割と意地悪なお姉さんが
催眠を使って現実世界ではなかなかできないエッチを疑似体験させます。

ローターをおちんちんに装着したまま外へ行く背徳的なプレイが行われており
公園、繁華街、電車の中とパートごとに場所を変え
色んなタイプのローター音を鳴らしながら後になるほどスリリングな状況へと追い込みます。
(あくまでフィクションで実際にやる指示は一切出ません)

※男性向けと女性向けで別々に販売されてますのでご注意ください。
ローターを装着して街へ
お姉さんに催眠をかけられ外でローター責めされるお話。

「それでは 今から深い催眠へといざなうために 催眠誘導していきます」
お姉さんは上品で落ち着いた声の女性。
音声の特徴や聴く際の注意点を手短に説明すると
早速催眠に入りやすくするための深呼吸をします。

本作品はサークルさんが2016年に制作されたタイムローターというアダルトグッズの音声単体版。
彼女に催眠をかけられてからイメージの中で街へ繰り出し
3つの場所でローター責めされる様子を疑似体験します。
ローター無しでも楽しめるように改変されてるので必要なアイテムは特にありません。

「気持ちいいよね? 街中の 美人で可愛い子たちの 顔や胸 脚やお尻を眺めながら 自分の股間にローターを当てている」
最大の魅力は他人が多くいる場所を敢えて選んでプレイすること。
彼女が周りの情景をわかりやすく教えてイメージ力を膨らませながら
ローター音を鳴らして実際にしてる気分に浸らせます。

彼女は催眠者兼案内役に徹するのでリモコンを操作する以外は責めたりしません。
野外で大人のおもちゃを使ってる状況や、誰かにバレるかもしれないスリルを煽って興奮させます。
淫語やちゅぱ音といったストレートなエロ要素をできるだけ削ってますし
イメージ力と暗示で気持ち良くする催眠音声ならではの内容です。

「ほら 音が聞こえるだけで 股間が気持ちいい」
またローター音は実物のタイムローターを使ったらしく
シーンに応じてリズムやパワーが小まめに変わります。
「ヴヴヴヴヴヴヴ」という割と振動のある音で耳や股間に響きました。
彼女が音に暗示を込めてくるなど音モノとしての側面もそれなりに持ってます。

催眠についてはサークルさんが「原点回帰」とおっしゃられてるように
最近よくやられてる変わった誘導は特にせず王道のやり方でスムーズに落とします。
実力と実績を兼ね備えてるだけあって本当に無駄がないです。
催眠は手堅く行いエッチで個性を出すタイプの作品です。
隅々まで脱力する催眠
催眠はおよそ14分間。
横になって目を瞑り、まずは深呼吸と脱力で心身をリラックスさせます。

「お腹が膨らんだり 縮んだり どれくらい膨らんで どれくらい縮んでいるのか そういった普段気にも留めないことに 今日は意識を向けてみる」
冒頭に呼吸へ意識を向けるようアドバイスしてから
はじめは好きなペースで、しばらくすると合図を出して4分くらい行います。
セリフを細かく区切りながらゆっくり話しかけるお姉さんの態度にも癒しを感じました。
始まったばかりなので暗示はそこまで入れず、のんびりできる雰囲気作りをします。

「抜ける 抜ける どんどん抜けていく それにつられるように 肘 手のひら 指の一本一本まで 力がすーっと抜けていく」
続く脱力は右腕から始まりお腹や背中、腰とお尻、右脚と繋げて
それから左半身→顔と続くやや変則的なものです。
「すーっと抜ける」「重い」といった暗示をセリフに多く盛り込む王道のアプローチをしてました。

時間は全部で6分とそれほど長いわけではありませんが
セリフの言い回しと演技がしっかり噛み合ってて特に両腕が重くなりました。
催眠音声ではお馴染みの技法を上手に繋げてより深い催眠に入れる状況を作ります。

終盤は深化とエッチに向けた準備。
「ふわふわ」を多めに言いながら頭の中を脱力し
それからエッチに熱中できる暗示を入れて余計なものを取り除きます。

「心が解放され 私の言う通りにするのがすごく幸せ」
本作品のエッチは現実世界でやったら捕まる可能性があるものなので
それを無理なく楽しむには心を開放するのが望ましいです。
彼女もそれを踏まえて「自分の言いなりになれば幸せ」とメリットを強調してました。
ここが催眠の世界だと言うのも現実と切り離すための配慮でしょう。

サクッと落としてから必要な暗示を入れるコンパクトな催眠です。
聴き手のイメージ力を膨らませ、お姉さんの言うことを素直に受け入れられるようにするのを目的に
深呼吸から入って分割弛緩法、メインの暗示と定番の技法で固めてます。

14分しかない時点でやれることは限られますし、その中で最善を尽くしてると言えるでしょう。
双子形式でもないのにここまで深く入れたことに驚きました。
ギリギリの線を突いてくるエッチ
エッチシーンは3パート35分間。
プレイは公園/繁華街/電車内でのローター責めです。

ローター責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「じゃあ行こっか 散歩だよ散歩」
催眠を使って主人公を何でもできる世界へ案内したお姉さんは
ひとまず彼にとって馴染みのある公園へ移動し、そこで軽めにローター責めします。

エッチは彼女と直接絡まずローターに責められ続けます。
最初の2パート15分間は雰囲気作りをしながら性感を高めるシーン。
公園→繁華街と移動しその最中にローターを起動して悶えさせます。

「小さいのか大きいのか それはどちらでも構いません 今あなたは その公園の中で立っている」
「股間への圧迫感を感じた瞬間 全身にいやらしい感情が触れだす ムラムラしてくる」

どの場所も明確な描写は控えて聴き手が好きにイメージできるようにし
ローター責めをする際もその感触や刺激を言葉で伝えて臨場感を出します。
催眠に入ってれば普段よりもイメージ力は向上してますから
無理に考えようとしなくてもその場の風景が自然と浮かんでくるでしょう。
よく行く場所のほうがそこにいる気分を実感しやすいですからね。

そして肝心のローター責めは音を駆使してリアルに表現します。
一定のリズムで振動を続けてたかと思えば、動くのと止まるのを小まめに繰り返して別の快感を与えます。
聴いた限りでは10パターンくらいあったと思います。
声を聴きやすくするためでしょうが位置をやや左にずらしてました。

流れ始めた直後は「振動が強いかな?」とも思ったのですが
ある程度経つとそれほど気にならなくなりました。
たぶん振動を通じて股間に刺激を送りたかったのではないかなと。

「気持ちいいよね? 街中の 美人で可愛い子たちの 顔や胸 脚やお尻を眺めながら 自分の股間にローターを当てている」
もちろん野外でエッチな事をしてるスリルも煽ってきます。
公園パートは最初なので普通に起動させるだけなのですが
繁華街では道を訊いてきた女性と話しながら楽しむ一歩進んだものに変化します。

自分を頼ってきた相手をオカズにおちんちんを気持ち良くする。
現実世界ではまずできないシチュを用意し心を上手に盛り上げます。
バレそうでバレないギリギリの線を突いてました。

それが最も強いのは最後の電車パート(約20分)。
疲れたので自宅へ帰る電車に乗り込み、その中で恥ずかしい射精を迎えます。

「女の子が周りにいるだけでドキドキするよね さらにリモコンローターを入れているのがバレそうで ドキドキする ふたつのドキドキが重なり合い 全身がカーッと熱くなる」
満員電車で女の子たちに偶然囲まれ
目の前で座ってる子のすぐ近くでローターを起動させる攻めたシチュです。
通常なら美味しい状況なのでしょうけど、ローターがバレたら通報されるかもしれません。
そんな状況を理解したうえでお姉さんはどんどんパワーを上げていきます。

終盤にカウントを数えるシーンがあるのですが
それに合わせて股間がどんどん熱くなるのを感じました。
0に合わせてブルブル震えて快感が押し寄せてきましたし
上手く波に乗ることができればドライ絶頂しやすいプレイだと思います。

ただし、音の重要度が通常の催眠音声よりも高いので
音モノの経験がある人のほうが成功率は高いんじゃないかなと。
催眠は大衆向けですけどエッチはやや人を選びそうです。

このようにイメージ、シチュ、音を組み合わせて気持ち良くする独特なエッチが繰り広げられてます。
ゾクゾクさせる作品
ローター責めと野外プレイを上手に組み合わせたM向けの作品です。

お姉さんは現実世界ではまず味わえない快感をできるだけリアルに味わわせようと
まずは催眠を使って心身をしっかり脱力し、自分の言うことを素直に聞ける心を養います。
そしてエッチはパートごとに場所を変えて後になるほど際どい責めを繰り出します。

普段は穏やかだけどエッチに入るとSっ気を発揮するお姉さんにローター責めされるシチュ
古典催眠の技術をベースに言い回しを柔らかくした質の高い催眠
人の多い場所や女性の目の前で多彩なローター責めをするスリリングなエッチ。
タイムローターが元々持ってる性能を活かした背徳的なサービスに仕上げてます。

中でもエッチは野外でローター責めをする展開が奇抜ですし
それにあたって聴き手のイメージ力を引き出しつつ
音と暗示を組み合わせて情景をわかりやすく、そして主観的にお届けします。
純粋なエロさは低めですけど、それを補って余りあるほど心のスパイスが充実してます。

あとはローター音にこだわってる印象を受けました。
同じ音を垂れ流すのではなく状況に応じてリズム、スピード、パワーが小まめに変わります。
シチュで心を、音で体をと両方をバランスよく責めてました。
作中では射精してましたがオナニーはしないので絶頂形式はドライになります。

絶頂シーンは1回。
ローター音それなり、淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:男性向け…かの仔さん 女性向け…あきらさん
総時間 男性向け…59:10 女性向け…約56分

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
女性向けはこちら
【女性向けver】タイムローター



サークル「帽子屋」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、限られた人だけ訪れられる不思議なお店で
そこの店員さんが「パブロフの犬」にちなんだエッチな催眠をかけます。

擬声語(オノマトペ)や音といった会話以外の要素を多く盛り込んでるのが特徴で
深呼吸は「すーっ」「ゆったり」、脱力は「にぎにぎ」「だらーん」といった具合に
シーンによって異なる擬声語を用意し、それらに軽いエフェクトをかけて反応できる状態にします。
擬声語を駆使して不思議な体験を
お姉さんの犬になって気持ちよくなるお話。

「うふふっ 蠱惑(こわく)の館へようこそ」
お姉さんは上品で穏やかな声の女性。
非日常を味わえるお店へやって来た主人公を快く迎えると
無料でいいから不思議な道具を試させてほしいと言います。

本作品は言語にできるだけ頼らずに催眠をかけたりイかせることを目的に
彼女がおよそ40分に渡って独自性の強いエッチなサービスをします。
タイトルを見ればわかるようにこの作品はパブロフの犬をモチーフにしてまして
彼女がパブロフ、聴き手が犬の役になり実験する形式で進めます。

「すーっ ふー ふわふわー ほわほわー ぼやー ぼーっ」
最大の魅力は擬声語。
催眠、エッチいずれも状況に合ったものを多く投げかけて感覚をコントロールします。
催眠音声だと「すーっと」「ずーん」あたりをよく使う傾向がありますが
それ以外にも多種多様な擬声語を盛り込み、そのすべてに軽いエフェクトをかけて印象付けます。

いきなり擬声語だけを言うのではなく、それに反応できる準備をきちんと整えますから
催眠にある程度慣れてる人なら比較的楽に入ることができるでしょう。
エッチも体への責めは比較的ソフトにしたうえで擬声語を駆使します。

またサービスを進める際に効果音を織り交ぜてイメージしやすくしてます。
催眠はメトロノーム、エッチは鈴と起点になる音をそれぞれ用意し
これらをバックで、あるいはタイミングよく鳴らしながら擬声語を織り交ぜた暗示を厚く入れます。
音モノと言うほど多く鳴らすわけではありませんが重要な役割を果たしてるのも事実です。

また本作品には「パブロフの首輪(通常版)」と「非言語催眠-擬声語パブロフ(EX版)」の2種類が入ってまして
後者は音声のほぼすべてが音と擬声語という非常に尖った作りをしてます。
お話の流れは通常版と一緒でセリフを取り除いてる感じです。
いきなり聴いても良さがさっぱりわからないでしょうから、とりあえずは通常版をお聴きください。

擬声語や音の存在感を大きくした作りとひとつの物語を2種類の手段で楽しませる試み。
サークルさんの過去作「催眠ASMR-水音色」や「催眠ASMR-蠱惑のマッチ」とは別方向に発展させた奇抜な作品です。
擬声語を少しずつ刻み付ける催眠
通常版の催眠はおよそ18分間。
お姉さんに不思議な首輪をつけてもらってからまずは深呼吸でリラックスします。

右「落ち着くイメージの音を聞けば 心が落ち着いていきますし」
左「興奮するイメージの音を聞いたら 興奮するようになっていきます」

この首輪には特殊な効果があるらしく、装着するのと同時に彼女の声が左右に分かれて
交互に、あるいは同時に話しかけてくるようになります。

催眠音声ではお馴染みの双子形式ですね。
セリフを細かく分けることはないものの、2人だからこそできるアプローチをかけてスムーズに進めます。

左「すーっと息を吸うと ゆったりする はーっと息を吐くと だらーんとする」
例えば深呼吸は右が呼吸音を鳴らしてペースを取り
左はリラックスを促す暗示をゆったりした口調で入れます。
その際に早速擬声語を多く織り交ぜてるのが本作品らしいです。
「すーっと」「ゆったり」「はーっと」「だらーん」など種類も多いです。

お次は左右の腕へ個別に力を入れて抜くのを繰り返し
それからパブロフが行った実験と同じくメトロノームの音を鳴らして深い催眠へと導きます。

右「すーっと力が抜けた腕が だらーんと気持ちいい」
脱力は筋肉を収縮させるおかげで意識するだけの時よりもリラックスを実感しやすく
それと並行して脱力を促す暗示を厚めに入れてサポートします。
本作品の催眠は内容が特殊だからでしょうけど使ってる技術は割とシンプルです。
テーマ性を出しつつそれぞれを丁寧にやることを心がけてます。

「ゆらゆら ゆらゆら カチコチ くらくら」
メトロノームは音を鳴らしながら「カチ コチ」を小まめに言い
さらに短めのカウントを数回数えてそのたびに「すーっと」「ずーんと」など
催眠音声の深化でよく使われる擬声語を盛り込んだ追い込み暗示を入れます。

催眠の最後にあたるため他のシーンよりもゆっくり入念に進めてました。
メトロノームの音も心地よく、カウントを繰り返すたびに体が重くなるのがわかります。
通常の暗示と擬声語の組み合わせ方も自然で良いです。

本作品らしいやり方で落とす堅実な催眠です。
聴き手の心と体を擬声語に反応できるようにすることを目的に
深呼吸から始まって腕に限定した漸進的弛緩法、カウントを織り交ぜた音響法と
古典催眠の技術をベースに擬声語を多用して個性を出してます。

EX版は催眠も擬声語と音だけで構成されてるので上級者向けですけど
通常版に関しては多くの人が入れるものに仕上がってます。
双子形式を採用し2人が役割分担しながらリードするのが大きいです。
こうすれば1人の時よりも同じ時間でできることが増えますからね。
擬声語が持つイメージで気持ちよくするエッチ
通常版のエッチシーンは13分間。
プレイは耳舐め、ハグ、擬声語責めです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

左「私の声を聞き続けたあなたはもう 私の従順なペット」
催眠を通じて主人公を擬声語の虜にしたお姉さんは
彼をパブロフの犬に見立てて耳を重点的に責めます。

エッチは引き続き2人の彼女が一方的に責め続けます。
前半の6分間は絶頂に向けて感度と興奮を上げるシーン。
「りりりん」という鈴の音を合図に片方が耳を舐め始め
もう片方は擬声語多めの暗示を入れて心身をバランスよく盛り上げます。

右「耳をぺろぺろされるのが気持ちいい 唾液でべたべたになって 頭の中までぐちょぐちょに感じてしまう」
彼のご主人様になった後も彼女の態度は変わりません。
穏やかな声と態度でストレートなエロ要素をできるだけ使わずに気持ちよくします。
耳舐めの様子を「ぐちゅぐちゅ」「じゅるじゅる」とやや下品に表現したり
その感覚を「ぞくぞく」「ぞわぞわ」と直感的に表現するなど相変わらず独特です。

耳と脳をメインターゲットにしてるので、そのあたりが一番気持ちよくなると思います。
私の場合はそれに加えて股間も熱くなりました。
アプローチの手段をややぼかしてあるため人によって感じる場所や感覚がそれなりに変わりそうです。

後半の7分間は絶頂シーン。
カウントに合わせて感度をさらに上げ、耳舐めも左右同時に強化して追い込みます。

「ビクンビクン ビクンビクン 快感が溢れ出す 全身が震えてゾクゾクする」
「ビクンビクン」を多めに言うからでしょうけど、私が聴いた時は股間が強めに痙攣しました。
カウントを数える王道のやり方なので反応もしやすいです。
催眠パートからじっくり準備を整えてきたからこそ、ここまで気持ちよくなれたのだと思います。
時間は短いですけどあっさりドライできて驚きました。

このように、ちゅぱ音と擬声語で気持ち良くする非言語的なエッチが繰り広げられてます。
思い切ってる作品
催眠音声では脇役に位置する要素に光を当ててる意欲作です。

お姉さんはお店を訪れた主人公に不思議な体験をしてもらおうと
上品な声と態度で接しながらまずは擬声語多めの催眠をかけてそれに慣れさせます。
そしてエッチはおちんちんをいじらないどころか意識すらさせずにドライへ持っていきます。

ミステリアスなお姉さんが擬声語と音を組み合わせた催眠をかけるノーマル~ややM向けのシチュ
王道の技術に作品独自の要素を盛り込んだ個性があって入りやすい催眠
耳舐めと感度上昇を並行して行い、最後にカウントを数えてイかせるシンプルなエッチ。
擬声語の存在感と良さが出るようあまり難しいことはやらずストレートに進めます。

中でも催眠は擬声語と通常の暗示を丁度いい具合に共存させてて見事です。
テーマを考えれば擬声語をもっと入れたくなる気もするのですが
それだと催眠に入れる人がかなり限られてしまいます。
通常版は程よいあたりに留め、EX版はぶっ飛んだことをやるスタイルを取ってます。

催眠の技術を定番のもので揃えたのは
EX版を聴く際に流れを掴みやすくするためだと私は考えてます。
擬声語と音だけだと何をやってるか伝えるのも大変ですからね。
そのへんをイメージしやすくすれば通常版を聴いた時の感覚が自然と湧いてきます。

さすがにEX版を1回聴いただけで絶頂までは行けませんでしたが
催眠に入るところまでは達成できたので数回やれば絶頂もできそうです。
皆さんも是非挑戦してみてください。

通常版の絶頂シーンは1回。
ちゅぱ音そこそこ、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

おまけは「耳を舐められるだけ」です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:04:08(通常版…36:45 EX版…16:41 解除…2:51 おまけ…7:51)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
販売ページの説明文を見る限り女性向けもありそうですが
今のところ製品版に入ってるのは男性向けのみです。
2020年4月6日に女性向けが追加されました。

2020年4月8日まで10%OFFの990円で販売されてます。

あたたか電波塔さんで公開されてる無料の催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、普段は優しいけどエッチの時だけSっ気を出すお姉さんが
ある音を使った催眠で心地よさと性的快感を与えます。

全編を通じてフィンガー・スナップ(指パッチン)をよくするのが特徴で
催眠をかける時はそれを起点に深化の暗示を入れ
エッチは前半と後半で方針を変えながら音と暗示で感度を徐々に上げます。
指の音で気持ちいい世界へ
お姉さんに催眠をかけられ連続ドライ絶頂するお話。

「こんばんは それとも こんにちはでしょうか?」
お姉さんは穏やかな声の女性。
主人公に挨拶し、これから催眠をかけることを宣言すると
その前に姿勢や周りの環境を軽く確認します。

本作品は音に操られながら2種類の絶頂を味わうことを目的に
彼女がおよそ30分をほぼ半々に分けて催眠とエッチをします。
CVが明記されてませんが聴いた限りだとVOICEROIDの結月ゆかりさんが担当しており
直接絡まず音と技術を組み合わせて感覚をコントロールします。

「私が指を鳴らすたびにあなたの心と体は変化する そのことに気がついていますか?」
最大の特徴は指パッチン。
催眠の中盤あたりから登場し、そのままエッチの最後までかなりの頻度で鳴らします。
カウントを数え終わった後に鳴らす定番の使い方だけでなく
暗示を入れてから連続して鳴らし、音そのものに反応できる心と体を作ります。

タイトルの「八八式催眠術」を見た時はミリタリー関連の作品だと予想してたのですが
作中でその手の要素は一切出てきませんでした。
たぶんこれは「はちはちしき」ではなく「ぱちぱちしき」と読むのだと思います。
そう呼んでも差し支えないほど指パッチンの存在感が大きいです。

エッチについては男女どちらでも聴けるように一般的なプレイはやらず
暗示、指パッチン、カウントを組み合わせて感度を上げたり絶頂させます。
性器も「気持ちいい部分」と表現をぼかしてありました。
また前半は股間、後半は脳と気持ちよくするターゲットを変えてきます。

音モノにあたるため初心者向けではありませんけど
音に合わせて体が反応する人が普通にいると思います。
指パッチンに馴染ませる催眠
催眠はおよそ15分間。
横になって目を開けたまま数回深呼吸し、さらに自分が催眠に入った時の様子をイメージします。

「あなたも 頭部から力を抜いて 重力に任せきって だらしなく垂れ下がる そんなふうにしてみてください」
深呼吸は大きく吸って、少し止めてから大きく吐き出す
イメージは目、表情、全身を順番に行います。
後者はたぶん催眠経験者に対してその感覚を喚起することを意図してるのでしょう。
未経験者だと催眠の感覚はわかりませんから、既に経験してる人のほうがイメージしやすいです。

指パッチンが登場するのはその次から。
短いカウントに合わせて目を閉じる指示を出す時に1回鳴らし
その後もカウントを繰り返すたびに鳴らしてまずは心と体に馴染ませます。

「数えるペースが遅くなると トランスも深くなります」
最初は普通に数えてたのが少し経つと緩やかになるのが良いですね。
並行して深化の暗示を入れて催眠状態を徐々に深めます。
この後もセリフを言うペースや間をシーンごとに変えて効果的にリードします。
声優さんだと普通にやることですけど、VOICEROIDでここまで細かく調整してるのは珍しいです。

終盤は指パッチンへの集中力をさらに高めます。
先ほどよりも鳴らす頻度を上げたうえで瞼が開かなくなる暗示を入れたり
意識が遠のく感覚を与えてこの音に操られてることを教えます。

「ずーっと 遠くに意識が離れて あなたの無意識は 私の鳴らす指の音に従います」
最初は単なる合図に過ぎなかった指パッチンが
このシーンでは音が鳴るほど意識のぼやけが強くなるのを感じました。
音そのものに反応する暗示も入れますし、本作品のテーマを強く意識しながら進めます。

ある程度催眠慣れしてる人向けに調整した比較的優れてる催眠です。
聴き手の心と体を指パッチンに反応できるようにすることを目的に
深呼吸から入って催眠の感覚を喚起するアプローチ
カウントを小まめに数えながら指を鳴らす深化、そしてメインの暗示と
短い時間内でちゃんと深められるように組み立ててます。

先ほど説明した声のペースや間の取り方が良い方向に影響してるなと。
これをやるのとやらないのとでは同じ技術でも入りやすさが随分変わります。
指パッチンの回数を徐々に増やしていく流れも自然で良いです。
後になるほど激しさが増すエッチ
エッチシーンは12分間。
プレイはカウントによる絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「私が指を鳴らすとあなたは ゾクゾクとした快感を感じます」
催眠を使って主人公を指パッチンの言いなりにしたお姉さんは
引き続き指を頻繁に鳴らして今度はエッチな感覚を盛り上げます。

エッチはフェラやSEXといった一般的なプレイをやらず技術のみでイかせます。
最初の4分間は股間をターゲットにした責め。
首筋のあたりにゾクゾクする感覚を与え、それを少しずつ下へ移動させて股間も気持ちよくします。

「もうあなたは 私の鳴らす指の音に逆らえない 私が指を鳴らすと 私の言葉通りになってしまう」
そしてここでも指パッチンをするとどうなるか厚めに伝えて感覚をコントロールします。
私が聴いた時は首のあたりが実感できるレベルで熱くなり
それが肩のあたりまで下がってきました。
時間が非常に短いですし、このシーンでドライ絶頂できるかどうかは微妙なところです。

残りの8分間は一転して脳イキ。
先ほどと同じ要領で頭に快感を集め、それをカウントに合わせて開放するのを繰り返します。

「私がみっつ数えて指を鳴らすと さらに大きな絶頂に飲み込まれます」
こういうエッチな要素がほとんどないプレイは
どちらかと言えば股間よりも脳でイクほうが向いてると私は思います。
最初はそれほどでもなかったのが、カウントを重ねるにつれて頭の中がジンジンしました。

またこのシーンにはとある面白い要素が存在します。
詳細は伏せますけど、そこで快感が一気にこみ上げたり絶頂する人が割といそうです。

このように、指パッチンを起点にして気持ちよくするテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
尖ってる作品
短いながらも明確な個性を持ってる作品です。

お姉さんは主人公に指パッチンだけでイかされる体験をさせようと
まずは催眠パートでリラックスや深化をしながら適度に鳴らしてそれが当たり前の状況を作ります。
そしてエッチは催眠よりも鳴らす頻度を増やし、それに暗示を込めて感度上昇や絶頂を後押しします。

穏やかでちょっぴりSっ気もあるお姉さんが体を刺激せずにイかせるややM向けのシチュ
催眠の中盤からエッチの最後まで多めに指を鳴らす音モノっぽい作り
暗示、指パッチン、カウントを組み合わせ股間と脳を個別にイかせる催眠音声ならではのエッチ。
最大の特徴である指パッチンが活きるように仕上げてます。

総時間が30分の作品だとできることは限られますから
こういう一点突破型のほうが個性が出るし上手くいきます。
催眠はやや慣れが要る内容ですが技術的におかしいところはありません。
エッチも指をただ鳴らすのではなく、ちゃんと音に暗示を込めて反応できるようにします。

今でこそこういう音を使った作品は数が増えてますけど
本作品が公開された2013年11月の時点ではかなり珍しかったのではないでしょうか。
時代を先取りしてる点でも凄いなって思います。

絶頂シーンは3回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:VOICEROID+結月ゆかりさん
総時間 30:31

ダウンロードはこちらから
http://blog.livedoor.jp/hypno_sound_industry/archives/812040.html

追記
現時点で一部のサーバーに接続するとダウンロードできない不具合が確認されてます。
ダウンロードページのURL「http://〇〇.axfc.net/~」の〇〇の部分がvirgo、leo、marsだった場合は
上部に「ダウンロードを開始します。」と書かれたページを再度読み込んでください。
そうすればサーバーが自動的に変わるので数回やれば落とせるところに繋がります。



サークル「エロトランス」さんの催眠音声作品(男女両用)。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第55回目は様々なガスを研究してるSっぽい研究長が
男性を椅子に拘束してから催眠を交えたエッチな実験をします。

ガスの効果を技術を使って伝えながら進めるテーマ性の強い作りになっており
催眠にかかる、力が抜ける、皮膚が敏感になる、性的に興奮するとシーンによって使い分け
その感覚を技術に上手に伝えて拘束されてる感覚やイかされる快感を味わわせます。
凌辱っぽい内容ですけど表現が和らげてあるのでややMあたりの人でも普通に聴けます。

用意できる人はマスクを装着するとより楽しめるそうです(無しでも可)。
ガスの力で気持ちいい世界に
ナレーターに催眠をかけられ研究長の実験に協力するお話。

「こんばんは ようこそ私の部屋へ」
ナレーターは上品で穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
自分の部屋へ入るための準備を始めます。

本作品は怪しくて気持ちいい実験を疑似体験させることを目的に
彼女や少し後から登場する研究長が50分ほどを使って催眠をかけたり独特なエッチをします。
タイトル通りガスをテーマにしてるため、体に刺激を与えるシーンは最後の10分程度に抑え
そこまでは5種類のガスを順に吸わせ、その感覚を催眠の技術でリアルに伝えます。

ナ「呼吸を4回 5回と繰り返していると 急に体中の皮膚が ちくちくとしてきます」
ガスを吸わせるたびにスイッチ音と噴出音を短く鳴らし
深呼吸を織り交ぜながらどうなるかを聴き手視点で語ります。
催眠に入るガス、脱力するガス、体の感度が上がるガス、興奮するガスなど内容も個性的なものばかり。
特に脱力は拘束されてる気分が味わえるよう普段よりも入念に行います。

研究長「今日はただの実験だから 愛だの優しさだのはどうでもいいの」
また彼が無理矢理ここに連れてこられ実験材料にされてる背景を踏まえて
ところどころで強制的にガスを吸わせてることを匂わせるセリフが入ります。
催眠自体はサークルさんの他作品と同じく穏やかなのであっさり入れますが
それらよりも多少スリリングな気分が味わえると思います。
痛みや苦しみを与えるシーンもありませんから雰囲気作りと見るのが妥当でしょう。

催眠はおよそ26分間。
まずはナレーターが1人で登場し、実験部屋へ入る前に軽く催眠に落とします。

ナ「少し丸みを帯びた その手の指に 意識を向けていると だんだん腕が 重たくなっていく」
深呼吸を数セット繰り返してから全身を大まかなパーツに分けて脱力し
さらにカウントを数えて深化させる割とシンプルな内容です。
たった7分間の誘導ですが催眠に慣れしてる人ならこれだけで中程度まで入れるでしょう。
彼女が穏やかな声で間を長めに空けながらゆっくり語りかけてくれるのが大きいです。

その後はもう1人の進行役にあたる研究長が登場し
ここがどこか、これから何をするのかを色っぽい声で説明します。
そして意識が消えるガス、催眠に入るガス、脱力するガスを順に吸わせてさらに深いところへ導きます。

ナ「あなたは 疲れてか 彼女の声を聞いてると 眠くて仕方なくなり 意識がふっと消える」
研究長「両腕 両足の力が 抵抗するのを止め いつの間にか このガスを吸うのが 気持ちよくなっていく」
状況説明や主人公の心はナレーターが担当し、それ以外は研究長が語る形で引き続き丁寧に進めます。
双子形式みたいにころころ代わるのではなく、シーンごとにメインの語り手が交代する感じでした。
ここでも意識のぼやけや脱力感を重点的に伝えてくるので
後になるほど眠いとか、体がだらーんとする感覚が強くなります。

テーマ性を出しつつ堅実にリードする催眠です。
聴き手に拘束されてる気分を味わわせながら深い催眠状態まで持っていくことを目的に
序盤はナレーターによる深呼吸、分割弛緩法、カウントを使った深化
それ以降は研究長と協力する形でガスを噴出しながら心身をさらに脱力させます。

深呼吸や脱力といったリラックスを促す要素が充実してますから
催眠音声の経験が浅い人でも心地いい感覚が湧いてくるでしょう。
拘束具やマスクの描写を挟んで体が動かなくなってることを強く印象付けるのも良いです。
ガスの力で快感を増幅
エッチシーンは23分間。
プレイはガスを吸う、電マ責め、オナホコキです。

ガスを噴出する、電マ責め、オナホコキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

研究長「さて 私の研究結果である様々なガスで あなたを色々な状態にしてあげる」
3種類のガスを順に吸わせて主人公を骨抜きにした研究長は
より特殊なガスを投入し今度は性的快感や絶頂を味わわせます。

エッチは身動きできない彼を彼女が一方的に責め続けます。
前半の13分間は催眠に引き続きガスで感覚をコントロールするシーン。
体の感覚を鋭くするガス、性的に興奮させるガスを順に吸わせてそれに合った暗示を入れます。

研究長「ほーら 頭の中がエッチなことでいっぱいになってくる 過去にオカズにした映像などがいっぱい溢れ出てくる」
研究長は彼をモルモット扱いするほどですからSっ気も強いのでしょう。
催眠パートよりも嬉しそうな表情でガスを嗅いだらどうなるかをわかりやすく伝えます。
匂いにも多少言及してくるので人によっては実際に匂ってくるかもしれません。
催眠音声のエッチでよくやる感度強化を作品に沿った手段で行います。

後半の10分間はガスの効果を確かめるプレイ。
部屋に置いてある電マとオナホを使っておちんちんを激しく責め立てます。

研究長「ほーらほら 前後に動かすごとに 全身に快感が波打つ この音と連動するように 呼吸が荒くなる」
実験の最後を飾るシーンなので今まで以上に嗜虐的な態度を取り
電マは小刻みな振動を伴う電動音、オナホはぐちゅぐちゅと泡立った音を勢いよく鳴らします。
特にオナホは絶頂シーンの直前にかなり荒々しい音に変化しますから
それに釣られて股間を中心に快感が盛り上がったり爆発する人が結構いそうです。

ナ「大きな快感のうねりが ぐにゃりと 下半身から全身に伝わる 頭の中が真っ白」
ちなみに作中での絶頂は射精のはずですが
絶頂時の追い込み暗示は明確な射精表現を敢えて避けてました。
たぶんサークルさんはドライを想定して作品を組み立ててるのでしょう。
拘束されてる時点でオナニーはできませんし、ノーハンド射精よりもドライのほうが目指しやすいですからね。

このように、ガスとおもちゃ責めを組み合わせたM向けのエッチが繰り広げられてます。
シチュが特殊な作品
怪しさや凌辱色を出しつつ催眠としてちゃんと成立してる良作です。

ナレーターと研究長は主人公に監禁、拘束、実験台といったM向けの体験をリアルに味わわせようと
まずは軽めの催眠でこの世界にすんなり入れる状況を作り
それからいくつかのガスを順に吸わせて意識のぼやけと脱力感を強化します。
そしてエッチは気持ちよくなるガスの吸引、体への責めとターゲットを変えて絶頂へ追い込みます。

穏やかなナレーターとSな研究長が協力してエッチな実験をするM向けのシチュ
複数のガスを吸わされてる感覚を技術を駆使して疑似体験させるテーマに沿った催眠
心身の感度を十分に高めてからおちんちんを重点的に責める落差の大きいエッチ。
最大の魅力であるガスをフル活用した独特な切り口の作品に仕上がってます。

聴き手との信頼関係を崩さないレベルで無理矢理感を出してるのも面白いなと。
ほとんどの催眠音声は聴き手をもてなすことを意識しながら誘導するので
それと相反する要素を盛り込むのはそれなりの勇気が要ります。
そのへんをやってのけるあたりがエロトランスさんの実力なのでしょう。

私が聴いた時も比較的早い段階から手足が動かせなくなり
さらに催眠パート終了時は意識が軽く飛ぶような感覚がしました。
そしてエッチの前半は肌がピリピリし、後半は股間を中心に強烈な快感が襲ってきました。
電マ責めを始める前までは刺激がすごく弱いからこそ、開始後の感覚の変化を実感しやすいです。

絶頂シーンは1回。
効果音それなり、淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。
女性からそこまできつくない程度にいじめられたい人には特におすすめします。

CV:男性向け…紅月ことねさん 女性向け…あきらさん
総時間 男性向け…55:12 女性向け…43:57

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

off ton tonさんで公開されてる無料の催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、上品でちょっぴりSなところもある生徒指導の先生が
生徒手帳をなくした生徒に催眠を交えた気持ちいい指導をします。

作品固有の要素を上手に組み合わせた斬新なサービスが行われており
催眠を通じてストレス解消させながら彼女の言うことに従える心を養い
エッチは彼の体を生徒手帳に見立て、それを撫でたり破ったりして心地よさと性的快感を与えます。
女教師がする気持ちいい生徒指導
国語の先生が生徒にちょっぴりエッチな催眠をかけるお話。

「あぁ こっちよ こっち」
先生は上品で穏やかな声のお姉さん。
生徒指導室に呼ばれてやって来た主人公に挨拶すると
新しい生徒手帳を渡す前に催眠を使ったカウンセリングをします。

本作品は生徒指導担当として生徒たちのサポートに励んでる彼女が
手帳を渡すついでにお疲れ気味な彼へ60分程度に渡る変わった催眠をかけます。
教師と生徒の間柄なので直接肌を重ねることはないものの
作品固有の要素を組み合わせて少しずつドライオーガズムに導きます。

サークル主の麓さんはこれまで「積み木遊び ver1.3」などフリーの台本を読む活動されてきました。
しかし今回は台本制作にも挑戦されてます。
女性だからでしょうけど基本的には優しいリードを心がけ
男女両方が楽しめるよう性差を感じさせない言い回しを心がけてます。

最初から言ってしまうと内容が奇抜ですごく面白いです。
タイトルをわざわざ生徒「紙」導にしてる理由も音声を聴けばちゃんとわかります。

「あなたの溜まったストレス 解消してあげる」
テーマはもちろん生徒指導。
生徒手帳をなくしたことに対しては特に怒ったりせず、彼の心を軽くする方針で進めます。
雰囲気を出すためでしょうがストレートに催眠をかけることはなく
カウンセリングをする中に技術を込めるストーリー仕立てになってます。

リラックスと信頼関係の構築に力を入れてますから
聴いてれば自然と彼女の言葉を受け入れやすくなるでしょう。
そしてエッチの時は催眠音声ならではの不思議な快感が味わえます。
催眠も十分個性的ですが、それ以上にエッチで攻めたプレイをしてくれます。
校則を使って拘束する催眠
催眠はおよそ28分間。
生徒指導室の前で先生と出会い軽く雑談した後、主人公が緊張気味なのでひとまず深呼吸します。
そして中に入ったら部屋の電気を消し彼女の指導に集中できる環境を整えます。
聴いた限りだと姿勢は寝るのではなく座ることを想定してるようです。

「部屋の真ん中には 黒い皮の1人掛けソファが2脚と 2人掛けソファが1脚」
深呼吸は合図を出しながら軽めの暗示を入れるシンプルなものですが
その直後の部屋へ入るシーンで中の様子を事細かに語ります。
生徒指導室は教室と違ってみんなが入ったことのある場所ではありませんから
イメージしやすいように内装やそこに置かれてるものまで丁寧に教えてくれます。

「明かりが消える 暗くなる あなたと私の輪郭が 暗闇に溶けていく 心地いい」
次の明かりを消すシーンは10個あるそれを1個ずつ消していくカウントダウン方式。
1回ごとに心地よさを感じる暗示を入れ、さらに「カチッ」という効果音も鳴らします。
本作品はこの後のエッチシーンでも音を起点に感覚をコントロールします。
所謂音モノにあたりますからそれが好きな人ほど楽しめるでしょう。

お次はこれから渡す新しい生徒手帳に書かれてることを彼女がひとつずつ読み
そのすべてに同じ返事をするように言われます。

「あなたは私に拘束されて 視姦されると どんどん崩れた表情をしていくの 〇〇?」
最初は割と普通の内容だったのがどんどんエスカレートし
最後のほうには彼女と一時的に主従関係を結びます。
校則を通じて彼を拘束するところが面白いなと。
こちらが受け入れやすく感じる言い回しを心がけて柔らかさを出してます。

生徒指導する様子に色んな技術を盛り込んだ流れのある催眠です。
聴き手を先生の言いなりにするのを目的に、部屋へ入る前に軽い深呼吸でリラックスさせ
それからカウントとスイッチの音を交えて心身の脱力を促します。
そして最後は彼女の言うことに答える形で暗示を入れます(イエスセット)。

聴く前は処女作だから手堅い技術を行使するのだろうと思ってたのですが
実際はテーマの生徒指導に合わせてアレンジしたり
メインの暗示を現代催眠のやり方で入れる凝ったものになってます。
音モノなので初心者向けではありませんけど、ある程度慣れてる人なら心地よさを感じるでしょう。
紙を撫でられ、破られる快感
エッチシーンは19分間。
プレイは生徒手帳を撫でる/破る、カウントによる絶頂です。

撫でる、破る際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンはありません)。
セルフはありません。

「私はあなたに直接触れてはあげない でもあなたは私に触れられていないのに あなたの生徒手帳に触れられると あなたが直接触れられたように 気持ちよくなっちゃうの」
催眠を使って主人公を従順にした先生は
自分が手に持ってる生徒手帳を彼の体に見立てて撫でたり破ったりします。

エッチは体に直接触れず生徒手帳を使って気持ちよくします。
最初の8分間は絶頂に向けて快感を高めるシーン。
「しゅーっ」という摩擦音を間隔を変えながら鳴らし
それに合わせて気持ちよくなる暗示を入れて彼の体と生徒手帳をリンクさせます。

「手帳につーっと手のひらが触れる 頭が撫でられる感触 気持ちいい」
生徒指導と聞くとM寄りな印象を受ける人もいるでしょうけど
エッチに入っても彼女はいつもと同じく穏やかな態度で接します。
頭を撫でながら「いい子 いい子」と言う姿に優しさを感じました。
効果音が鳴る頻度も比較的高く、音で気持ちよくする形ができてます。

残りの11分間はドライオーガズムへ追い込むシーン。
これまでとは違い「ビリッ」という紙を破る音を鳴らして快感を膨らませます。

「手帳が破かれる ビリビリする 快感が走る 気持ちいい 破かれてビリビリにされるのは気持ちいい 電気が走ったように気持ちいい」
紙が破かれる音と痺れる感覚はどちらも「ビリビリ」と表現できます。
だからここでは電流が体を走る快感を重点的に伝えて統一感を出します。
催眠パートにあった「校則」と「拘束」も含めて言葉選びが秀逸です。
音も結構リアルですし、鳴るのに合わせて反応する人が普通にいると思います。

ちなみに絶頂シーンはカウントに合わせて3回連続で行います。
私が聴いた時は0を宣言した時に股間がブルブル震えました。
エッチな要素がほとんどないのにこういう体験ができるのが催眠音声の面白いところです。
性感帯も「気持ちいいところ」と表現をぼかして男女どちらでも楽しめるようにしてます。

このように、エッチとまったく関係ない要素を使って絶頂させる非常に変わったエッチが繰り広げられてます。
穏やかな音モノ
テーマを活かした優しいタッチの音系作品です。

先生は生徒手帳をなくした主人公に新しいものを渡すついでにストレスを発散させようと
まずは当初の予定通り生徒指導をしながら催眠状態を深め
その後は手帳を撫でたり破ったりする様子を通じて徐々に気持ちよくします。
そしてこれらの中に専用の音を用意し、それと暗示を連動させて感覚を操作します。

優しいけどちょっぴりSっ気もある先生が生徒を変わった手段で指導するノーマル~ややM向けのシチュ
生徒指導の中に技術を込めて言うことを受け入れやすくするストーリー性を持たせた催眠
一般的なプレイをせず生徒手帳をいじってドライまで持っていく奇抜なエッチ。
テーマを大事にしたうえで技術面にも個性を持たせた作品に仕上がってます。

中でもエッチは割と難度の高いことを上手くこなしてて驚きました。
催眠パートで彼女の言うことを素直に従うところを重点的にやったのは
このぶっ飛んだプレイをできるだけスムーズに進めるための配慮なのでしょう。

催眠音声の処女作は深呼吸して、体を脱力して、カウントを数えるといった
技術をとりあえずこなそうとする作品をそれなりに見かけます。
しかし本作品は何をするか明確なビジョンを持ち、それに合った技術を選んで行使してます。
作品に溶け込ませるアレンジもしてたりと非凡なものを感じました。
声と台本の両方をこなせる方は少ないですし、今後も無理のないペースで活動されることを願ってます。

絶頂シーンは3回。
効果音それなり、淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

男性はもちろん、女性声に抵抗がなければ女性の方も是非お試しください。

CV:麓さん
総時間 56:29

ダウンロードはこちらから
https://fmfmtonton.hatenablog.com/entry/2020/02/28/230053

サークル「殊更クリエイト」さんの無料の催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、可愛くて好奇心旺盛な女の子が
街中で偶然見つけた人と協力してエッチな実験に挑戦します。

感度を段階的に上げてから息を吹きかけて絶頂させる変わったエッチが行われており
催眠は古典催眠と現代催眠の技術を組み合わせて少しずつ確実に深化させ
エッチもストレートなエロ要素を敢えて削り、暗示と息を吹く音で快感をコントロールします。
感度上昇の限界に挑戦
女の子が催眠をかけてから息を吹きかけてイかせるお話。

「そこのあなた!あなた!そう!そこのあなたです」
女の子は明るくて可愛い声の女の子。
音声を聴く際の注意事項や環境を説明すると
街中で偶然見かけた主人公に声をかけ、テーマの感度上昇に関するお話をします。

本作品は体への刺激をできるだけ与えずにドライ絶頂させることを目的に
彼女が50分をほぼ半々に分けてそれに沿った催眠をかけたり独特なエッチをします。
フェラやSEXといった18禁だとお馴染みなプレイは特にやりませんが
その代わり感度上昇にとても力を入れて弱い責めでも感じられる心と体を作ります。

「よく同人誌なんかで感度が何倍にもなると空気に触れるだけでも気持ちよくなる、とか書かれてますよね? それってどんな感じなんだろう、って思ったことはないですか?」
催眠音声を聴いてると「感度が2倍になる」といったセリフに出会うことがあると思います。
一見すると大げさな言い回しに感じるかもしれませんが
やり方によっては通常よりもずっと敏感にさせることは可能です。
彼女も1人でも多くの聴き手がそうなれるよう一歩ずつ順を追って進めます。

殊更クリエイトさんは今月の頭に「リラクゼーション催眠」を出されたばかりの新しいサークルさんです。
ですが技術力については現時点でかなりのものを持ってらっしゃいます。
冒頭に簡単な雑談をして興味を引くシーンを用意するなど全体的に進め方が丁寧なので
体がピリピリするとか、特定の部位が妙に熱くなるといった変化を実感できるでしょう。

催眠は2パート19分間。
街中で女の子と軽く会話してからホテルへ移動し、ベッドに寝転んで深呼吸や脱力をします。

「すってー 体中に空気が満ちるように はいてー 体から力が抜けるように」
本作品のエッチは結構思い切ったことをしてるので、深い催眠に入れるかどうかが大きな鍵になります。
それを踏まえて深呼吸は吸う時、吐く時両方に軽い暗示を入れてサポートし
その後の脱力も1回だけですが全身に思い切り力を入れて抜く効果的な手段で行います。

「あなたは今、力が抜けて気持ちいいですよね? 力を抜くことは、気持ちいいですよね?」
この催眠で最も面白いのはその次のシーン。
彼女がする様々な質問に対してすべて同じ返事をします。
今リラックスしてるか、彼女の声が気持ちいいかといった現在の状況を確認するものから始まり
後になるほど催眠状態が深まるように質問の内容を変化させます。
たぶん催眠慣れしてる人ならこのパートだけでも中程度まで入れると思います。

2番目の「[3]一度目を覚ましましょう」は本格的な深化。
彼女がカウントを数え上げたら目を覚まし、数え下ろしたら閉じるのを数回繰り返します。

「はい、目を閉じて すーっと、意識が深いところに落ちていく 深いところへと、落ちていく そして、さっきよりも気持ちよく感じる」
各カウントをストレートに数える代わりに前後の暗示を厚めに入れ
2回目以降は「さっきよりも深いところに落ちる」と言って感覚を徐々に強化します。
最後のシーンでは落ちる感覚を味わいやすくする演出もあったりしてなかなか凝ってました。

私が聴いた時も頭を中心に落下感があって気持ちよかったです。
こういうシンプルな技法はサークルさんの力量によって品質が大きく変わります。

軽くリラックスさせてから二段構えで深化させる比較的質の高い催眠です。
女の子の言葉を素直に受け入れられる心と体にすることを目的に
深呼吸、軽い漸進的弛緩法、質問形式のイエスセット、カウントを交えた揺さぶりと
古典催眠、現代催眠両方の技術を組み合わせてスムーズに進めます。

特に質問するシーンは非常に効果的なアプローチと言えます。
[Enquete]」という作品を聴いたことのある人ならピンと来るのではないでしょうか。
前作が割とガチな古典だったので今回もその線で攻めてくるのかと思いきや
予想外の要素が含まれてて驚いたし面白かったです。
声がVOICEROIDでも気になることなくあっさり入れました。
息だけでイける体に
エッチシーンは2パート23分間。
プレイは感度上昇、息を吹きかけるです。

息を吹きかける際に音が流れます。
セルフはありません。
エッチの途中で服を脱ぐ描写があります。

「あなたの願いって、なんでしたっけ? 感度を上げられること でしたよね? その願い、かなえてあげます」
催眠を使って主人公を自分の虜にした女の子は
いよいよ本題の感度上昇を引き続きゆっくり丁寧に行います。

エッチは体の接触を一切せず声と息だけで絶頂します。
最初の「[4]感度を上げましょう」は感度上昇から1回目のドライを迎えるまでのパート(約19分)。
厚めの前暗示を入れてから短いカウントを数え、さらに追い込み暗示を入れる基本形で徐々に上げていきます。

「足の方から、正座をしてしびれたように足がピリピリする その感覚は腕からも感じる」
「さっきのしびれた感覚が大きくなる ピリピリとしたしびれがビリビリとしたしびれに変化していく」

やることは至ってシンプルですが1回目は手足が痺れる
2回目はそれがさらに強くなる、といった具合に
1セットごとに暗示の内容を多少変えてより強く実感できるようにリードします。
男女両用なことを踏まえて性感帯の描写を「いやらしいところ」とかなりぼかしてました。

ぶっちゃけ全然エロくないのですが、催眠に入っていれば結構気持ちよくなれます。
私が聴いた時は1回目の時点で手のひらや足の裏がピリピリし始め
少し経つとそれがお腹や太ももに広がり、さらにそこがカーッと熱くなりました。
オナニーした時に感じられる純粋な快感とは違うタイプの気持ちよさです。

「全身が少しひんやりとした空気に触れて、なんともいえないぞわぞわが全身に広がる まるで、全身をフェザータッチされているように もどかしい快感が全身に走る」
パート中盤から登場する息を吹きかける責めも同じ要領で進めます。
VOICEROIDにはできないので他サークルさんの音素材を使ってました。
人間が息を吹きかけるのと同じ音が鳴り、その直後に感覚を伝える堅実なアプローチです。
このシーンは音モノを経験してる人のほうが楽しみやすいのではないかなと。
ストレートにやるのではなく、比喩を多少交えてあるのも良い工夫と言えます。

もうひとつの「[5]連続で、何度も」は大幅に尖らせたプレイ(約4分)。
前のパートの最後に行った絶頂を何度も繰り返して限界まで追い込みます。
ちなみにここはオプション扱いで聴く/聴かないを自由に決めていいそうです。

時間が短いのでドM向けと言うほどではないものの
女の子が普段よりもちょっぴり意地悪になってややハードに責めてくれます。
おちんちんを意識させる描写が特にないのに股間の筋肉がずっとビクビクしてました。
同じドライでもふたつのパートで得られる快感にそれなりの違いが見られます。

このように、純粋なエロさではなく技術でイかせる催眠音声らしいエッチが繰り広げられてます。
悶えられる作品
体の感度が上がったことを実感しやすい作品です。

女の子は感度を上げまくったらどうなるかを主人公と協力して解明しようと
まずはやや変わった催眠をかけて自分の声を素直に受け入れられる状態にします。
そしてエッチは感度上昇と息吹きを組み合わせて快感を上げたりドライ絶頂させます。

可愛くてちょっぴりSな女の子が催眠で感度を上げていくノーマル~ややM向けのシチュ
彼女との信頼関係を築きながら少しずつ深化させる堅実な催眠
体への刺激やエロ要素を最低限に留めて快感をコントロールする個性的なエッチ。
テーマ性をしっかり出したうえで気持ちよくなれるように作品を組み立ててます。

中でもエッチは「これぞ催眠音声」と言いたくなるくらい技術に寄せた内容です。
催眠にしっかり入れてないと気持ちよくなれないプレイだからこそ
前段階の催眠誘導や感度上昇をとても丁寧に行います。
2作目でこれだけのものを作れるなら今後のご活躍にも大いに期待できます。

絶頂シーンは7回。
息を吹きかける音それなり、淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

無料ですから興味の湧いた方は是非お試しください。

CV:VOICEROID2 紲星あかりさん
総時間 52:24

視聴&ダウンロードはこちらから
https://ci-en.dlsite.com/creator/5186/article/214748

↑このページのトップヘ