同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ:催眠音声 > 8点.

   ● 【催眠音声】催眠術で仕返し寸止めえっち?
   ● ちょっとヤンデル彼女の束縛催眠
   ● 催眠アルバイト3~スライム娘と丸呑みモンスターにエナジードレインされてイキ狂いたくないかい?~
   ● circulation~大好きなあの子が見てるのに教え子にされるがままの僕~
   ● 催眠音声『電車の中の痴女』~えっちなお姉さんの性欲のはけ口にされちゃうアタシ(ボク)~
   ● 【催眠音声】お姉ちゃんのやさしい魔法
   ● かなたこなた ヒプノライブラリ
   ● 【催眠音声】女の子に催眠術で好きにされ手ェ
   ● 催眠音声「真っ白なナニモナイ場所で」
   ● ヒプノティックオナニー ~into the deep(サキュバス編)(後編)


【催眠音声】催眠術で仕返し寸止めえっち?

サークル「mosquito cock」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、甘えん坊で押しに弱い彼女が
催眠を使って愛する男性とちょっぴり意地悪なエッチを楽しみます。

恋人同士らしさを出しながら寸止めを繰り返すのが特徴で
催眠は心身をリラックスできる技法を柔らかい表現で施して仲の良さを演出し
エッチは彼女自身もオナニーに参加して辛さやもどかしさを中和します。
普段と逆の立場で
彼女に催眠をかけられオナニーするお話。

「ねね こっち見て 耳」
彼女は明るくてほっこりする声の女の子。
友達と行った動物園で買ってきた猫耳を装着して主人公に甘えると
普段とは逆に自分が彼をいじりたいと言います。

本作品は心も体も深く通じ合ってるあまあまなカップルが
およそ80分に渡って催眠を交えたセルフ系のエッチに取り組みます。
2人はいつも彼が責めて彼女が何度もイかされるスタイルでエッチしてるらしく
今回は彼女の提案で立場を逆転させ、彼にも同じ感覚を味わってもらおうとします。

タイトルからもわかるように寸止めを結構してきますがM向けのハードなものではなく甘さの強い内容です。
「お互いの親睦をより深めるために変わったエッチをしてみよう」あたりの軽い気持ちでやりますから
M性が特にない人でも普通に聴けるし楽しめます。
むしろ2人の仲の良さに聴けば聴くほどニヤニヤするでしょうね。

「そしたらさ 足に力入れてみてよ 思いきりぎゅーってさ」
それをわかりやすく物語るのが最中のセリフ。
上のように普通の会話をするのとほぼ同じ口調で終始語りかけます。
mosquito cockさんはエロトランスさんの「リアルヒプノ」が大好きだそうですから
ご自分の作品にもその長所を盛り込んで柔らかさや温かさを表現してます。
彼女役を務めるこやまはるさんさんもそれが活きるようにナチュラルな演技をされてます。

催眠はおよそ17分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずは深呼吸したり体の筋肉を収縮させて心身をリラックスさせます。

「ふにふにしてー じわーってなって 下半身から力が消えて お尻から下がなくなっちゃうみたいにね」
「ぐにぐにでー うだうだーって 肩が柔らかくなって そのまま沈み込むの」

どちらも催眠の序盤でよく見かける光景ですが
本作品では擬声語を積極的に盛り込んだ暗示で効果を上げてます。
彼女の言葉につられてなぜか力が入らなくなる人がきっといるはずです。
2人の関係をしっかり反映させた癒しのパワーが強い催眠を施します。

最中に深呼吸するシーンが多いのもそう言える大きな理由です。
一通り脱力した後にも再度行い、そこでは彼女の息吹を吸い込むイメージを交えて一体感と親近感を持たせます。
一番最後の深化も深呼吸を絡めてくるのでそれなりの眠気を感じると思います。

十分すぎるほどリラックスさせてから深化やメインの暗示を入れるシンプルな催眠です。
聴き手の心と体を彼女の言うことにすんなり従えるようにするのを目的に
深呼吸から入って部分ごとの漸進的弛緩法、深呼吸を交えた深化、彼女の色に染まるイメージと
彼女に対して特別な感情を抱かせながらゆっくり催眠を深めていきます。

時間は短めですが癒し効果が非常に高く良い気分に浸ることができました。
彼女の声、口調、セリフもあまあまで恋人特有の雰囲気を醸し出してます。
応援しながら寸止めさせる穏やかなエッチ
エッチシーンは3パート44分30秒間。
プレイはキス、相互オナニー、耳舐めです。

彼女のオナニーの際に効果音が鳴ります。
セルフはありです。
催眠を始める前に服を脱ぐ指示が出ます。

「さて 私色に染まった体は 何をしてもらいたいのかな」
催眠を使って主人公を自分の言いなりにした彼女は
すかさずキスして今度は彼の内側をエッチな気分で染め上げます。

エッチは彼女に言われた通りにオナニーします。
最初の「3.寸止めえっち???」は感度の強化から射精の直前までもっていくメインパート(約25分)。
とろけるように甘いキスで彼をエッチする気にさせてから
彼女もすぐそばに寄り添って2人一緒のオナニーを楽しみます。

「隣にいるのに 2人でオナニーするなんて なんかちょっと不思議な感じするね」
「私がイクたびに 勝手に体から媚薬が分泌されて おちんちんはどんどん敏感になっちゃう」

彼女は彼のことが大好きですから彼一人に恥ずかしい思いをさせる気はありません。
最初は指で、しばらくするとバイブを使って自分のおまんこをゆっくりじっくり慰めます。
そしてそれだけだと催眠にならないということで自分の絶頂を起点に感度がより高まる暗示を入れます。

サークルさん自身が「一般的な催眠音声に比べオナサポ要素みたいなのが強いかも」とおっしゃられてるように
暗示を使ってイかせる王道のエッチとは随分色合いが違います。
具体的には暗示の量をある程度減らす代わりに開始や停止の指示を小まめに出すのと
プレイ中に彼女がちゅぱ音や喘ぎ声をよく漏らす
点です。

シコシコボイスでオナニーをきめ細かく制御するタイプではなく
開始、停止、射精のタイミングだけ指定してそれ以外の時間はオカズを提供します。
ガチガチに縛ると上下関係が生まれてしまいますから、本作品にはこのスタイルが合ってると思います。
キスを小まめに挟んでくるところも恋人らしさが出ていて良いです。

寸止めについては彼女の絶頂に合わせてストップさせるルールがあるので回数はそれほど多くありません。
もどかしい思いをすることはあっても心身に過度な負担がかかることはないでしょう。
ただし、彼女がバイブを使ってオナニーするシーンはおよそ4分間連続絶頂を繰り返します。
催眠にうまくかかっていれば十分気持ちいいんだけどイけない感覚が味わえるかもしれません。

続く2パートは選択式。
「4-1.一緒に寸止めえっち」は彼女が指定した回数さらに寸止めしてから
「4-2.一緒にイくの」は寸止めを挟まずストレートに射精します。
射精回数は一緒なのでプレイのきつさや時間の長さを見て好きな方をお選びください。

「このへんになったら何百倍にもなったのが込み上がってきて ダメっ イっちゃいそう」
前者は彼女が数えるカウントや指示に従い割と多めの寸止めを繰り返します。
プレイだけを見ると結構意地悪なのですが、彼女も一緒に寸止めをオナニーをするシチュでそれを和らげてます。
辛さも気持ちよさも分かち合いたいという想いが伝わってきてダレずに続けられました。
全パート合わせて30分くらいオナニーしますから最後の射精もかなり気持ちいいです。

このように、寸止めが持つM性を上手く中和したあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
ちょっぴり意地悪な純愛作品
テーマの寸止めをサークルさんらしい切り口で表現した抜きやすい作品です。

いつもは主人公に好き放題責められイかされてる彼女が
事前に勉強してきた催眠を駆使して彼をその気にさせてから2人一緒のオナニーをします。
そして寸止めが持つイメージを浄化しつつやる気と興奮を徐々に盛り上げます。

砕けた口調と態度で親しげに接する彼女のキャラ
深呼吸を中心に据えて柔らかい暗示を入れる彼女らしい催眠
寸止め自体はしっかりやり、それ以外の部分でご褒美をあげるエッチ。
特別な関係にある男女が変わったエッチに挑戦する様子を和やかに描いてます。

「ねぇ 最後にちゅーして?」
彼が自分の言いなりになるとわかっててお願いするところに彼女の性格がよく出てます。
別に2人の立場を逆転させたいからではなく、相手の立場でエッチしたい好奇心が湧いたからこうなっただけです。
その証拠にエッチを終えた後は普段通り彼に甘えて眠りにつきます。

催眠音声なので本来はその技法を最重要視するべきなのでしょうが
本作品に限って言えばキャラや言葉遣いといった別の部分に最も魅力を感じました。
色んなところから彼を気持ちよくしたい、幸せにしたい気持ちがにじみ出てます。
人の優しさや温もりに飢えてる人が聴くと良いリフレッシュになると思います。

エッチはオナニー自体をかなり緩くする代わりに寸止めのタイミングや回数にこだわってます。
短い射精パートを選択すれば数回で済みますし、それで物足りなければ長いほうを選ぶといいでしょう。
暗示で気持ちよくなる部分は弱めですが、エロ要素が豊富で興奮しやすいのも事実です。

絶頂シーンは主人公2回(1視聴あたり1回が2パターン)、彼女は最低でも4回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:こやまはるさん
総時間 1:25:38

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2018年5月22日まで20%OFFの720円で販売されてます。

ちょっとヤンデル彼女の束縛催眠

サークル「RubCraft」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、主人公のことを病的にまで愛してる女性が
冷え込み始めてる仲を修復しつつより親密になろうとします。

催眠を使って頭の中を空っぽにし、そこにこれまでの楽しい思い出を愛情と一緒に詰め込んだり
エッチの最中に好意の言葉を何度も言って快感と幸福感を同時に与えるなど
ヤンデレから連想される重さや暗さをかなり和らげた純愛ストーリーが楽しめます。
愛する人を優しく束縛
彼女に自分をもっと好きになる催眠をかけられるお話。

「今日は晴れてよかったね え? ものすごく嬉しそうって?」
彼女は明るくて可愛い声の女の子。
このところなかなか一緒にいられなかった主人公とのデートに喜ぶと
自分の気持ちをはっきり伝えてから彼を自宅に招待します。

本作品は以前はラブラブだったのに最近は彼とやや冷めた関係にある彼女が
状況を改善するためにおよそ90分に渡るエッチな催眠を施します。
2人の愛を再確認することを重視してるのでエッチよりも催眠の時間を長く取り
お疲れ気味な彼をしっかりリラックスさせながら自分の魅力を小まめにアピールします。

本作品のタイトルを見てまず目につくのは「ヤンデル(=ヤンデレ)」なのではないでしょうか。
ハードなものだと長期間に渡って監禁したり相手の命を奪う展開になる重いジャンルですが
今回は聴き手に重さをあまり感じさせない程度に心身を縛りつけます。

「本当はね 毎日会いたいし 毎日君の声聞きたいんだから」
冒頭のデートシーンではとても嬉しそうな表情で彼への好意をストレートに伝え
自宅に誘う時も「マッサージで癒したい」と彼を心配してることを強調します。
その後も体を拘束して無理矢理何かをすることは特になく
催眠の技術を使って心を引き寄せ一緒の時間を過ごすことに幸せを感じさせます。

最終的には彼女の言いなりになるので一応洗脳にあたりますが
そのやり方は一般的なヤンデレ作品よりもずっとマイルドで聴きやすいです。
エッチも幸せイキを目指して責めますし、ガチなヤンデレを期待して聴いたら拍子抜けするほど雰囲気は甘いです。
ただし、エッチの最後でそれなりにヤンデレな描写がありますから苦手な人は避けたほうがいいと思います。
癒しながら愛を注ぐ催眠
催眠は2パート53分30秒間。
最初の「リラックス運動」は本編でより催眠に入りやすくなるための準備をするパート(約13分)。
立ち上がって肩幅くらいに足を開き、彼女がストップをかけるまで両腕を自由にブラブラさせます。

RubCraftさんや姉妹サークルにあたるF・A・Sさんの作品を聴いたことのある人にとってはお馴染みですね。
最中は本編の簡単なあらすじを語りながら心身がほぐれる暗示を軽く入れてくれます。
またサークルさんの大きな特徴である癒しの音楽もこのシーンから始まります。
シーンによって曲調を変えながら最後の解除パートまでほぼずっと流れ続けます。

続く本編は2人がデートしてるところから始まって彼女の自宅へ移動し
ベッドに横になってからまずは簡単なストレッチと深呼吸をします。
そして9分程度をかけて全身を下から上にゆっくりマッサージします。

「すーっと力が抜ける 緊張していた筋肉が緩んで どんどん弛緩していく」
先ほどのリラックス運動を真面目にやったら肩を中心に筋肉がほぐれてると思います。
そこに追加の脱力をすることで彼女の暗示をより受け入れやすい環境を整えます。
RubCraftさんは他の作品でもリラックスにとても力を入れてるサークルさんですから
被暗示性が低めの人でも普段と違う感覚を体験しやすいです。
そしてこれは彼女の最終目的である「束縛」にも効果的に作用します。

右「足の指に溜まっていた凝りが 指にほぐされてすーっと力が抜けていく」
左「指先の凝りがほぐれていくと 足の裏もリラックスして 力が抜けちゃうね」
マッサージは効果音を鳴らさずに実況しながら脱力する暗示を小まめに入れるのですが
ここからは彼女の声が左右に分かれて交互に、あるいは同時に語りかけるようになります。

催眠音声で人気のある双子形式ですね。
意識を左右に頻繁に揺さぶられることになりますから、聴けば聴くほど頭の中がぼんやりしてくるでしょう。
読みやすさを優先して色を変えてあるだけで声質はまったく一緒です。

心身が十分にリラックスできた後はいよいよ深い催眠に入ります。
自分が雲になって空を浮かんでる様子をイメージし
冷たい風に吹きつけられて雨水へと変わり下にある湖へ落ちる様子を主観的に楽しみます。

雨粒になって どんどん下に落ちていく 落ちていくたびに 頭の中が空っぽになっていく
雨水が落ちる様子や雨に変わった雲が消えていく様子に暗示を絡め
さらにバックで水滴の音や雨音を鳴らす癒し重視の深化です。
30分以上もリラックスを続けてきた甲斐あって雨粒が落ちていくのに合わせて意識が軽く飛ぶ感覚がしました。
仕事で疲れてる人や寝不足な人が聴いたらそのまま寝入ってしまうかもしれませんね。
彼女自身が最初に宣言した通りのことをやって彼との信頼を深めます。

テーマのヤンデレが出始めるのは最後のシーンから。
これまでの催眠で空っぽになった彼の心に今度は彼女の愛をたっぷり注ぎます。

愛してるって言えば 愛情を伝えることで 相手を安心感で包み込んであげることもできるし 逆に君のことをずっと考えてたって 私と君が同じ気持ちだよって幸せを共有することができる
2人が付き合い始める前にどんなことを思ってたのか、初デートはどうだったか
恋人同士になった後のことなどを順番に振り返りながら自分がいかに彼のことを好きかストレートに伝えます。
そして深い催眠に入ってる状況を活かして、とある言葉に暗示を込めて彼も同じ気持ちに導きます。

時が経って色あせ始めた彼女への想いを以前の記憶から蘇えらせるところが催眠らしくて良いですね。
好意を全面に出しつつ相手に押しつけずに目的を達成しようとします。

彼女の性格や2人の関係を忠実に盛り込んだ大変癒される催眠です。
聴き手の疲れやストレスを取り除き彼女の言いなりになれる心にすることを目的に
前半はリラックス運動、漸進的弛緩法、深呼吸、マッサージ形式での分割弛緩法と脱力に注力し
後半は自然物のイメージを使った深化と思い出を振り返りながらの暗示であまあまな関係を取り戻します。

彼女が己の欲望を完全に抑えられてるわけではありませんが
重すぎる好意を彼に背負わせるとか、反抗される可能性の高いことを言ってキレるといったことは一切ありません。
彼への愛が偽りでないことを示し、その中に若干のわがままを盛り込みます。
癒しのパワーがとにかく強いので彼女に対して嫌な気分を抱くことはほぼないでしょう。
幸せで包み込んでイかせる甘さの強いエッチ
エッチシーンは23分間。
プレイは言葉による絶頂、おちんちんの愛撫、SEX(騎乗位)です。

SEXの際に効果音が鳴ります。
セルフはありませんが射精表現があります。

左「さ、もっと私に身を預けて」
長時間に渡る催眠で主人公との仲を修復した彼女は
体を密着させたままひとまず言葉だけを使って気持ちよく絶頂させます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の8分間は催眠色の強いプレイ。
催眠の最後に入れた特定の言葉で気持ちよくなる暗示をさらに強化してから
長めのカウントを2セット数えてドライオーガズムへ追い込みます。

○○ 言えば言うほど 気持ちよさが高まって ○○ 頭の中 私への気持ちで染め上げて
キスやフェラといった一般的なプレイをまったくしないので純粋なエロさは低いです。
でも催眠にきちんと入れていれば胸のあたりがぽかぽかしたり股間がムズムズしてきます。
絶頂シーンの快感も幸せイキに近いものでした。
催眠パートで積み上げてきたものをそのまま活かして彼女のことをもっと好きにさせます。

残りの15分間は一転して恋人同士らしいプレイ。
おちんちんを手で軽く刺激して勃起と興奮具合を確認し、彼女が挿入する形でひとつになります。
そして先ほどと同じくカウントを数えながら言葉で責めたり喘ぎ声を漏らして別の絶頂感を味わわせます。

私なら 全部やってあげられるよ そして君は 私から (左右同時)一生離れられなくなっていくの
私ならあなたの願うことを何だってできる、だからこれからも私のことを愛して。
悲壮感をあまり漂わせずに彼の心を引き寄せようと頑張ります。
「好き」「幸せ」といった愛の言葉も多く、カウント中は声を最大4種類まで増やして色んな方向から働きかけます。
重要な言葉を左右同時に言って強く印象づけるなど技術的にも結構高度です。
効果音や喘ぎ声のおかげでエロさも上がってますし、最初よりもこちらのほうがイキやすいのではないかなと。

このように、心の繋がりを大事にしながら何度もイかせる純愛系のエッチが繰り広げられてます。
ちょっぴり重い作品
ヤンデレ成分を最小限に抑えた独特な作品です。

色々なイベントを経て恋人になったものの最近はあまり一緒の時間を過ごせてない男女が
1日中デートできる機会を得てお互いの気持ちを再確認します。
そしてその中に彼女の独占欲と愛の強さを匂わせる描写を盛り込みヤンデレらしさを出してます。

物理的な手段ではなく催眠の技術を使って恋人の心と体を束縛する面白い展開
「好き」「愛してる」といった言葉を多く用意し、それに暗示を込めて愛情を伝える催眠音声ならではのアプローチ
声を左右に分けてコンビネーションを取りながら進める重厚なサービス。
テーマのヤンデレとサークルさんの特徴を組み合わせて女性に愛される幸福感や性的快感を強めに味わわせます。

「ぎゅってして? 離れたくないの うふふっ 幸せ」
彼女は確かにヤンデレですが病み具合は割と軽いです。
好きな人の心が自分から離れつつあるのを早めに察知し破局を回避しようとあれこれ奮闘します。
作中で特に抵抗しないところを見ると彼も本気で別れるつもりはないのでしょう。
扱いの難しい素材をできるだけ柔らかく料理して聴きやすくしています。

催眠は当初の目的であるマッサージを通じて体を束縛し
その後の深化や暗示で心を束縛する物語を強く意識した内容です。
特に深化は雲が消えるイメージと雨粒が落ちるイメージを組み合わせてあって入りやすいです。
シーンごとに変化する音楽も雰囲気にマッチしてて癒されました。

エッチは絶頂までの流れをシンプルにする代わりに他の要素で個性を出してます。
一番最後の絶頂シーン以外は本当に甘くて幸福感に浸れます。
最初から最後まであまあまだとヤンデレを取り入れた意味がなくなるからこういう締め方をしたのでしょう。

絶頂シーンは4回。
淫語・くちゅ音・喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音はありません。

CV:遠野そよぎさん
総時間 1:39:22

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

催眠アルバイト3~スライム娘と丸呑みモンスターにエナジードレインされてイキ狂いたくないかい?~

サークル「TetoRealSunrain」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、異世界に住む穏やかな物腰のスライム娘が
催眠を使って現実世界では味わえないタイプのエッチを疑似体験させます。

ハードかつアブノーマルなプレイをとことん柔らかく描写するのが特徴で
催眠パートは自然に関する様々なイメージを通じて想像力と期待を膨らませ
エッチは凄惨さを徹底的に取り除いた実況と暗示を組み合わせて少しずつ性感と絶頂感を高めます。
催眠にうまく入るコツも教えながら進めますから、属性が合うなら催眠初心者でも楽しめるでしょう。
モンスターたちの食料は…
スライム娘に催眠をかけられ彼女や他のモンスターとエッチするお話。

「今日はありがとう。これを聞いてくれているという事は、キミは私に協力してくれるということだよね」
スライム娘は少年っぽい話し方をする明るい声の女の子。
自分に協力してくれた主人公にお礼を言うと
音声を聴く際の心構えを説明してから簡単なイメージをさせます。

本作品は「催眠音声アルバイト~触手の養分になりませんか?~
催眠アルバイト2~精液風呂に浸かりながら触手に犯されてみませんか?~ 」に続くシリーズ第3弾。
異世界に住んでて人間の快楽を糧にしてる彼女たちが
彼を自分たちの世界に呼び込んでから3種類のエッチでイキ狂わせます。
シリーズものですが登場人物やお話は独立してますから今作からでも大丈夫です。

ちなみに作中に男女の性差を匂わせる描写は一切ありません。
女性の声が受け入れられるのなら女性でも男性とほぼ同じ感覚で聴けます。

「もちろん害になることやキミの嫌なことはしないし、しなければいい。キミはいつだって選択できる 身を任せるのも、キミの自由さ」
彼女とのレズプレイ、巨大スライムの全身責め、別の生物による丸呑みプレイと
人間相手だとまずできないアブノーマルなプレイが主体になってますが
彼女の物腰は終始柔らかく、作中でこれらを無理矢理やらせようとするシーンはほとんどありません。
プレイの様子を穏やかに描写したり、期待や興奮を煽る言葉をかけてやる気にさせる方向で進めます。

ヤバイことをできるだけ聴きやすく調整してリードしますから
この手のプレイに少しでも興味のある人なら普通に聴けるし楽しめます。
アプローチの方法が王道の催眠とはやや違うのもそう感じる理由のひとつです。

全編を通じて言えるもうひとつの特徴はイメージを大事にしてること。
催眠パートは多くのシーンで何らかのイメージを用意し、それが持つ印象からリラックスや深化を促します。
エッチについても実況を軸に感度を上げたり絶頂させるのでやはりイメージがカギになります。

イメージが苦手な人にとってどう感じるかはわかりませんが
それ以外の人なら聴いてるだけでその様子が頭の中に自然と浮かんでくると思います。
仮想的なお話だからこそ、それをよりリアルに味わわせるのに有効なアプローチをするわけです。
少しずつ案内する癒し系の催眠
催眠は2パート33分30秒。
楽な姿勢を取り目を瞑ってからまずはスライム娘が言ういくつかの情景をイメージします。

「ふわふわ、ふわふわと浮かびながら、洞窟の中を泳いでいくと、円形にあいた穴から光が降り注いでいる。そこは魚の楽園。色とりどりの魚が群れをなして泳いでいる」
鳥になって大空を飛び、海へ移動して大海原を眺め、そのまま海中に沈み漂うなど
誰にでもわかる自然物を使って少しずつリラックスとイメージ力を膨らませます。

本作品の催眠はちょっと独特でして、「力が抜ける」とか聴き手に直接働きかける暗示がそれほどありません。
その代わり各イメージをできるだけ鮮明に伝えることで感覚を操作しようとします。
簡単に言うとイメージ主体の非常に柔らかい催眠です。
自然物自体に癒しの効果がありますし、気分がスッキリするとか肩の力が抜けるのを感じるでしょう。

「そう硬くならなくていい。大事なのはリラックスだ。楽な呼吸で、緊張しないで聞いて欲しい」
催眠の最中に簡単なコツを教えてくれるのもポイント。
聴き手が困る可能性をできるだけ取り除くことで催眠をスムーズに進め、尚且つ彼女との信頼関係も築こうとします。
冒頭に「初心者でも楽しめる」と書いたのはこういった気配りがしっかりしてるからです。

2番目の「体をこねられ、理想の体に」は本題の女体化パート。
前のパートで存在が曖昧になった主人公をマッサージする形で女の子の姿に変えます。

「柔らかい下半身、女性的なふくらみのある上半身、まるい頭。大雑把に形作られていく。それが気持ちいい。マッサージされているように、体中がほぐされていく」
「私の人差し指が、おまんこと、お尻に入っていく。大丈夫、痛くないよ。おまんこと、お尻は気持ち良いところ」

腕や手、脚、おまんこやおっぱいと全身を大まかなパーツに分け
彼女が何をしてるか実況しながらマッサージされてる感覚を柔らかい描写で伝えます。
男性から女性に体を作り変えるのではなく、一旦男女どちらでもない存在にしてから女体化に移る流れです。
容姿の具体的な描写はしませんから自分が好きな女性像をイメージしてみてください。

十分にリラックスさせてから女体化させるシンプルで一貫性のある催眠です。
聴き手をスライム娘がいる世界に案内し、そこで女の子の姿に変えることを目的に
前半は地球や宇宙のイメージを通じて催眠状態を徐々に深め
後半は粘土細工をするように曖昧な存在をはっきりした女の子の姿に作り変えます。

催眠っぽさをぼかした誘導をするのでわかりにくく感じるところもあるでしょうが
イメージの選択、させ方、順番が明らかにリラックスや深化を意識してます。
前半の最後にはストレートに深化させるシーンも用意されてますし比較的入りやすいと言えます。
その中にコツを組み込んでるのも彼女の言葉を受け入れやすくするための工夫です。
女体化はこの後に始まるエッチでその効果を実感するでしょう。
性感帯を同時に責め続けられて
エッチシーンは3パート36分間。
プレイはスライム娘の乳首責め/キス/クリ責め、巨大スライムの全身責め、巨大ナメクジの丸呑み/3穴同時責めです

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「右の乳首を私の体液でぬるぬるにしてあげる」
催眠を通じて主人公を無事女の子の姿に変えたスライム娘は
彼の乳首を優しく責めながら媚薬効果つきの体液を塗り込みます。

エッチは彼女たちが終始責め続けます。
最初の「3.スライム娘とのレズえっち」は人間の女性同士がするのとほぼ同じプレイ(約9分30秒)。
左右の乳首を順に弄んでから軽いキスを挟み、さらにクリトリスを集中攻撃して1回目の絶頂へ追い込みます。

「いいんだよ。ここは私とキミの世界。誰に見られることもないし、恥ずかしくなんて無い。気持ちよくて、情けないトロ顔晒しても大丈夫」
彼女は人間の快感を栄養に生きてますから相手がどうすれば喜ぶか熟知してます。
「ニュルルルル」「シコシコ」などの擬声語を交えながらプレイの様子をわかりやすく実況し
その合間に心のケアもして快感に没頭できる環境を整えます。

サキュバスの搾精みたいな強引さがなく、催眠に引き続き穏やかな空気が漂ってます。
私が聴いた時は乳首責めのシーンで胸のあたりが熱を増し
パート終盤の絶頂シーンでは股間にムズムズした感覚が集まってから軽く弾けました。
まったり追い込んでくるのでじんわりした優しい絶頂感が襲ってくると思います。

本作品らしさが出始めるのは次のパートから。
「4.スライム毒沼に首まで沈められて」は沼ほどの大きさを持つスライムに首から下を包み込まれ(約12分)
「5.肉壁丸呑みイキ地獄」はそれと別の生物が丸呑みしたままおまんこ、アナル、口を同時に責めます(約14.5分)。

「キミの穴の中を擦りつけながら、奥をノックし、一気に出て行く。また入っていく。あまりの刺激に手で抜こうとしても、ヌルヌルでうまくつかめない。手のひらを逃げていくスライムの感触ですら気持ちいい」
「顔の近くに居たスライムも、一気に射精する。スライムザーメンが顔面を埋め尽くす。気持ちいいのが止まらない、気持ちいい…気持ちいい…」

どちらのパートも一歩間違えば命を失いかねないシチュですが
彼らも彼女と同じく快楽エネルギーが欲しいだけで危害を加える気は一切ありません。
その気持ちが聴き手にも伝わるように彼女が快感を強調する形でプレイの様子を実況します。
絶頂シーンで敢えて射精の描写を入れてるのも女性になったことをより強く実感させたいからでしょう。

催眠にきちんと入れていればどんな風に責められてるかが割と簡単にイメージできます。
そして穴という穴を同時に犯されてる状況に陶酔感を覚える人もいるでしょう。
私の場合は股間が強めにムズムズしたり全身の肌がピリピリするのを感じました。
最初のレズプレイよりも気持ちよかったのでやはりこの2パートが本番なのだと思います。

このように、癖のあるプレイをできるだけマイルドに描いた独特なエッチが繰り広げられてます。
ハードでまろやかな作品
イメージのしやすさや聴きやすさを大事にした珍しい女体化作品です。

スライム娘は主人公により充実した女体化エッチを楽しんでもらい
同時に快楽エネルギーを効率よく吸収するためにまずは自分たちの領域まで彼を案内し
そこで女体化を施してから後になるほどアブノーマルなプレイをします。
そしてその一部始終をとことん柔らかく受け入れやすい表現で和やかに実況します。

全身同時責めや丸呑みといったハードなプレイをまろやかに行う変わった作り
催眠、エッチいずれもイメージを起点に感覚を伝える流れ。
聴き手が持つ想像力を借りて非現実的な行為を鮮明に味わわせます。

「全身性感帯のキミにはキツいかもしれないけど、でもそれもキミが望んだことだもん。大丈夫だよね?」
最初の特徴は一般的なドM向け作品とほぼ真逆の道を歩んでます。
これらのプレイをそのままやったら多くの人が抵抗を感じるでしょう。
特に丸呑みはそうなった時点で防衛本能が働き催眠が即座に解ける可能性を秘めてます。
だから彼女はこれが快楽を与える行為だと事前に明言したうえで彼の気持ちを確かめます。

彼女の声や口調が終始穏やかなのも相まって最後まで安心して聴くことができました。
こういう嗜好がない私ですらそうだったのですから、ちょっとでも興味のある人なら尚更です。
催眠の基本部分をしっかり維持したままエグいプレイに挑戦してるのが素晴らしいです。

プレイがプレイなので誰でも聴けるとはさすがに言いません。
でもより多くの人が聴けるように努力や工夫をしてるのは事実です。

絶頂シーンは3回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

シリーズの長所をしっかり受け継いでる大変個性的な作品です。

CV:桃華れんさん
総時間 1:23:18

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

circulation~大好きなあの子が見てるのに教え子にされるがままの僕~

サークル「ftnr×kuroko.ぷろじぇくと」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、とある女子校に赴任したばかりの生物教師が
新しい部の顧問になる記念に催眠を使ったエッチな体験をします。

サークルさん最大の特徴である双子に加えて普段よりもドラマ性を重視してたり
途中からは妹の同級生も加わった三つ子体勢でサービスするなど
様々な工夫を凝らしたちょっぴり背徳的な物語が楽しめます。

今回は追加プログラムを使用しないルートでのレビューをお送りします。
新任教師に気持ちいい洗礼を
女子校生の姉妹に催眠をかけられその同級生とエッチするお話。

「本編を始める前にこれから、ある音を聞いて頂きます」
姉はややトーンの低い落ち着いた声の女性。
「この音は、よくあるメトロノームの音です」
妹は甘く穏やかな声の女性。
注意事項や自己紹介といった前置きはすべて省略し、早速メトロノームの音を鳴らし始めます。

本作品は女子校の教師になって生徒とやや背徳的な体験をしてもらうことを目的に
彼女たちがおよそ80分に渡ってストーリー性のあるエッチなサービスをします。
サークルさんがこれまでずっと貫いてきた双子形式に新たな要素が加わったことで
今までよりも重厚かつエロさのあるお話に仕上がってます。

ストーリーを簡単に説明しますと、主人公にあたるニノマエ先生はこの日赴任したばかりで
どの部活の顧問になるか決まってない状態でした。
そこで姉妹がこれから立ち上げる催眠部の顧問になってくれるようお願いし
同意を得た後で催眠をまったく知らない彼に実際に体験してもらいます。

妹「おねーちゃんよくそれで停学にならないね」
姉「ああ、まぁ 成績優秀だから」
二人が催眠をかけるまでの経緯も話すボイスドラマ仕立ての作りになってますから
音声を聴いてるだけで事情が自然とわかるし主人公にもなりきりやすいです。
チャイムの音、ドアを開ける音、口紅のキャップを開ける音といった効果音がきちんと入ってるのも大きいです。

肝心の催眠とエッチももちろんかなりの個性を持ってます。
催眠は中盤に差し掛かるともう一人加わって三つ子催眠に変化します
エッチは禁断の恋特有の複雑な心境を味わわせながら絶頂へと導きます。
M性はほとんどありませんが一部にややブラックな成分を含んでるので多少人を選ぶ内容だと思います。
多彩で流れのある催眠
一番最初の「予備誘導B」は本編を聴く前の準備にあたるパート(約9分)。
音声開始直後にメトロノームの音が鳴り始め、少し経つとそこに「カーン」という透き通った音が加わります。

音が左右に振られる あなたの意識も左右に振られる
左右に移動しながらリズミカルに鳴る音、同じく左右に振り分けてリズミカルに入れられる暗示。
メトロノームが持つ性質を活かした誘導でスムーズにリラックスや軽い深化を促します。
暗示の量が多く入れるペースも速いおかげで平衡感覚を失ったような意識の揺れを感じました。
被暗示性の高い人ならここだけでもそれなりの深さにまで入れるでしょう。

本編の催眠は10分程度のドラマシーンを挟んだ後から。
昼休みに主人公を呼び出し、催眠部の顧問になる交渉をしてから自宅で寛ぐイメージをさせます。

自宅に帰ってきて 見慣れた部屋 落ち着く匂い
自分が一番落ち着ける場所はどこかと聞かれたら多くの人が「自宅」と答えるのではないでしょうか。
彼がその気分にできるだけ浸れるように細かな効果音と言葉を組み合わせて膨らませます。
予備導入は音、本導入はイメージとアプローチの方向性を大きく切り替えてくるのがいいですね。
催眠の技術力に長けてるサークルさんらしい巧みな誘導と言えます。

前項で話した三つ子催眠が登場するのは放課後のこと。
再び部室へやって来た彼に妹の同級生が使ってるピンクの口紅を渡し
さらに彼女もここへ呼び出して一緒によりディープな催眠を体験させます。
ちなみに彼は同級生に対して密かな好意を抱いてます。

ダメって言われて (姉妹同時)禁忌とされることだからこそ (同級生)やりたくなる 先生もそうなんでしょ?
せん――せい―― 先生って呼べば呼ぶほど せんせい あなたの中で先生の存在が大きくなる
同級生も被験者の側に立ってるのですが、彼女も組み込んで暗示を入れたり
彼女の言葉を起点に感覚を操作するなど催眠者としての役割もある程度持たせてます。
姉妹が同級生に催眠をかけるスタイルなのでやや遠回しに感じるかもしれません。
ですが彼女たちの言葉を聴いてるうちに自分も似た感覚を抱いてることに気づくでしょう。

本当に色んな方法で催眠の感覚や没入感を高める独特な催眠です。
聴き手を主人公になりきらせ、同級生に特別な感情を抱かせることを目的に
音を使った予備導入から始まり本編の内容に沿ったイメージによるリラックス
そして同級生を交えた深化とストーリー性を持たせながら色んな方向からアプローチします。

催眠者が最大三人まで増えることもあって作りが非常に複雑です。
技術をひとつずつ説明していくとかなりの文字数を食うため今回は大まかな流れだけをざっくり書きました。
ドラマ仕立てになってるおかげで実際に聴いてみるとそれほど難しい印象は抱きません。
予備導入と昼休みのイメージで十分にリラックスできるし
放課後のシーンは言葉に合わせて心が揺れ動く面白い感覚が味わえます。
心と体を別々に引っ張られる複雑な感覚
エッチシーンは24分間。
プレイはキス、胸を舐める、フェラ、素股、SEX(対面座位)、写真撮影、乳揉みです。

素股、SEX、写真撮影の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

妹「あなたはどうしたらいいか分かるよね? そう、嫌でもあなたに夢中になるように 先生にキス――すればいいんだよね?」
催眠を使って同級生を主人公の虜にした姉妹は
彼女の気持ちを後押しする言葉をかけてキスへと持っていきます。

エッチは姉妹に見られながら同級生と一対一で楽しみます。
最初の7分間は本番に向けてお互いの気持ちを高めるプレイ。
彼女の側からキスを仕掛けてそのまま胸やおちんちんへの舐めに移り
さらに服を脱いだ彼女が対面座位の姿勢でおまんこを擦りつけます。

姉「いくらキスをしても、その子とキスをすればするほど 私への気持ちが募っていくよね?」
催眠をかけられたからとはいえ、お気に入りの生徒とエッチできるのはある意味おいしい展開です。
しかし姉妹はそこに敢えて姉を好きになる暗示を入れて心の葛藤を生み出します。
気持ちいいのに、幸せなはずなのになぜかスッキリできない。
心と体にズレを起こして禁断の恋をしてる感覚を聴き手に疑似体験させるわけです。

同「先生、中に入れる感覚 知ってますよね? でも、私の中の感覚は知らないですよね? 今――教えてあげますね」
それに対してエッチのパートナーにあたる同級生は積極的に責めてきます。
キスやフェラをしてる時はキャラに合った比較的上品なちゅぱ音を鳴らし
素股やSEXに入るとエロ可愛い喘ぎ声を大げさに感じないレベルで多めに漏らします。

催眠音声の中ではエッチな声や音の量が多いですから聴いてるうちにだんだん興奮してくるでしょう。
心がスッキリできないからこそ体のほうはストレートに刺激してバランスを取ってます。

SEXが始まるとその色合いがさらに濃くなります。
姉妹は引き続き姉への好意を膨らませつつ生徒とエッチしてる背徳感を煽り
同級生は自分の気持ちを叩きつけるかのように彼のおちんちんを気持ちよく受け止めます。

先生、(おっぱいを)見てるだけでいいの? しゃぶっちゃう? 触っちゃう? 先生の好きにして
オナホみたいな扱いでもいいんだって? 健気だね? そんな彼女に先生は入れて 獣のように突いて もう快感しか考えられない
同級生は最初から最後まで清々しいほどまっすぐ彼を求め続けます。
興奮が高まるほど息遣い、喘ぎ声、ピストン音が激しくなっていくのもエロいです。
だからこそ教師として、大人の男として後ろめたさを感じる人がいるのではないでしょうか。
私も最後の絶頂シーンを迎えた時、心に軽いしこりが残りました。

姉妹に弱みを握られて奴隷になるとか教師をクビになる結末ではないので
聴いた後にもその感覚が長く続くほどではありませんが多少の背徳感があることはご了承ください。
このように、心と体を別方向に引っ張っていくやや込み入ったエッチが繰り広げられてます。
ちょっぴりブラックな作品
教師と生徒がする禁断のエッチを主観的に味わわせてくれる作品です。

姉妹は女子校に新しく赴任し催眠部の顧問となった主人公に催眠の凄さを教えようと
最初は自宅のイメージを使ったシンプルな誘導で効果的にリラックスさせ
それから後は好意を抱いてる同級生も参加させてその願いを叶えてあげます。

最初は二人、しばらくすると三人で協力して進める高度な誘導
いきなり催眠をかけるのではなく、その背景も描いて作品世界に聴き手を引き込むドラマ性のある作り
そして同級生にはストレートに責めさせ、同時に姉妹が葛藤を生み出す背徳要素を含んだエッチ。
サークルさんの過去作以上に色んな要素を複雑に絡み合わせた物語に仕上げてます。

中でも催眠は催眠者を姉妹が務め、同級生は被験者と催眠者の中間あたりに置いてあって非常に凝ってます。
エッチでちゅぱ音や喘ぎ声を上げる役割も果たしてますし、従来の双子とは明らかに違う魅力があります。
個人的には凝り過ぎとも感じましたが、初めての試みですし今後試行錯誤して少しずつ変わっていくと予想してます。

エッチは同級生と敢えて素直に楽しませないのが最大のポイントです。
人を選ぶ内容なので受け入れられそうだと判断したうえで聴くことをおすすめします。

絶頂シーンは1回。
喘ぎ声それなり、淫語・くちゅ音・ちゅぱ音そこそこです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:姉…ftnrさん 妹…kuroko.さん 同級生…あさつきさん
総時間 1:29:36

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

催眠音声『電車の中の痴女』~えっちなお姉さんの性欲のはけ口にされちゃうアタシ(ボク)~

サークル「しりあるヒプノ」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、エッチな事が大好きで催眠にも精通してるお姉さんが
同じく淫乱な少女に電車内で新しい女の悦びを教えます。

主人公が電車に乗り込み、お姉さんと会話する様子を通じてリラックスや深化を促したり
自分が女性になってる気分にさせながらイメージと暗示で気持ちよくするなど
相手を無理矢理犯すのではなく楽しませることを目指した和やかな痴女プレイを行います。

今回は少女ルートを聴いてのレビューをお送りします。
塾の後は大人のレッスン
電車内でお姉さんに催眠をかけられ何度もイかされるお話。

「確かに幼い頃から エッチな事に対する興味が一際強かった」
主人公は淡々と話す明るい声の女性。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると、以前自分が体験したエッチな事について独白し始めます。

本作品は満員電車で痴女に襲われる感覚を気持ちよく味わってもらうことを目的に
お姉さんが65分程度の時間を使って若い体をじっくり弄びます。

製品版には少女ルートと少年ルートの2パターンがありまして
前者は主人公が女の子で男女両用、後者は少年で男性専用と内容に大きな違いがあります。
催眠パートは共通でエッチから分岐する流れです。

痴女モノということで結果的には彼女に色々されるわけですが
その方法は男性が女性を襲う痴漢とは随分違いかなりマイルドです。
作中に体を押さえつけて無理矢理責めたり脅すシーンは一切ありません。
若い彼らが持ってる性に対する強い欲求をくすぐり、まだ知らない大人の快感を教える方向でエッチを進めます。

注意事項を説明して終えてからの10分間は主人公がお姉さんに出会うまでのお話。
塾を終えて家に帰る途中、土砂降りの中を駅まで移動し多くの乗客に揉まれながら窓際に陣取ります。
このシーンはモノローグなのでメインの語り手は主人公自身です。

「だから ゆっくりと深呼吸をして 気持ちを落ち着けることにしたの」
「電車は 人をたくさん乗せて とっても重たそうに ホームからゆっくりと 滑り出していく」

とある用事に時間をかけたせいで終電近くまで遅くなり、乗れない不安を打ち消そうと深呼吸したり
乗車後は周りの様子を語りながら「ゆっくり」「重い」といった言葉を投げかけるなど
彼の視点でお話を進めつつ聴き手が少しずつリラックスできるように働きかけます。

ドラマパートっぽい内容ですが明らかに催眠誘導しようとする意思が見られます。
バックで流れ続ける雨音や電車の音も相まって心地良い気分が湧いてくるでしょう。
イメージや言葉を使って現実世界で電車に乗った時の感覚をさり気なく呼び起こします。
電車が移動する様子を「カタン スーッ サー」と擬声語で表現し、それに合わせて効果音を鳴らす凝った演出もされてます。

続く25分間は語り手を主人公の真後ろに立ってるお姉さんへバトンタッチし
大学時代に勉強していた知識と技術を駆使してより深い催眠状態へ導きます。
これ以降に主人公が話すことは一度もありません。

「あなたが希望の学校に入れるように お姉さんが無意識に働きかけて 物事にしっかり集中できる催眠をかけてあげる」
彼女の心は襲いたい気持ちで溢れてるのでしょうが
いきなりそんなことをしたら拒絶されたり通報されるのは目に見えてます。
だから受験を控えてピリピリしてる彼の心を落ち着けるために催眠を施し、その中でエッチを有利に進める環境を整えます。
二人が出会う直前に大雨の影響で電車が止まり暗くなるなど、物語として違和感が出ないように考えて作られてます。

ここからの催眠は雲の間に見える満月を眺めたり
彼女のカウントに合わせて深呼吸しながら力を入れる→脱力を繰り返したり
前暗示を入れてからしばらく無言になって雨音だけを流すといったわかりやすいスタイルで進めます。

「すーっと一気に力が抜ける 圧迫されていたお腹のあたりから 上半身全体に 鼓動に合わせて 波のように温かさと脱力が広がっていき 海で砂山が波にさらわれていくように 体の支えがすーっと消えていく」
中でも深呼吸と脱力は10分程度の時間を用意し
瞼、口、お腹や太もも、脚と全身を上から下へ流す感じに少しずつ感覚を広げます。
力を抜く直前は素早く力強く、脱力後はゆったり柔らかく暗示を入れるのがいいですね。
モノローグ部分から引き続き脱力するおかげで体がだらんとするのを強めに実感します。

作品のテーマに合わせた形でリラックスと集中力を高める比較的高度な催眠です。
聴き手を物語の主人公になりきらせ、お姉さんとエッチしたい気分にさせることを目的に
最初の10分間は彼の視点で背景を語りながら軽めの暗示を入れて意識の力を弱め
次の25分間は凝視法、漸進的弛緩法、沈黙法、カウントを交えた深化と
古典催眠の技術を中心に据えて後になるほど催眠の感覚が強くなるように働きかけます。

ドラマ性をそれなりに含んでるおかげで主人公の状況や心情がわかりやすく
バックで流れる雨音や電車の音も作品世界への没入を大いに助けてます。
催眠話者が途中で切り替わる作りですが、モノローグは予備導入までなので催眠者は明らかにお姉さんです。
しばらくすると何も考えなくても彼らが置かれてる状況が頭に浮かぶのではないでしょうか。
催眠の技術と物語の親和性が高いおかげで入りやすいです。
同性らしい甘く淫靡なエッチ
少女ルートのエッチシーンは29分30秒間。
プレイはオナニー動画の視聴、手マン、指を舐める(愛液のお掃除)、Gスポット責め、パンツを咥える、クリ責めです。

オナニー、手マン、クリ責めの際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。
服を脱ぐ指示も出ません。

「どう? あなたにも 心当たりあるでしょ?」
催眠を使って主人公の集中力を高めたお姉さんは
催眠パートの最後に流したのとは別のエッチな動画を見せてその様子を実況します。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
最初の6分30秒間は聴き手を主人公によりなりきらせつつ性的興奮を高めるシーン。
動画に映ってる女の子のオナニーを二人で一緒に鑑賞します。
ちなみにここでは右手から女の子の喘ぎ声やくちゅ音が流れます。

「可愛いタイツ履いてるわね 女の子らしく 足先が小さくて 足首もきゅっと締まってる」
「華奢な肩から すらりと伸びる腕 小さな手のひらから 綺麗な指が伸びてるけど あなたはその指で いつもエロい事してるのよね?」

前項を読み終えた時点で「女体化はどこでやるんだ?」と思った人がいるのではないでしょうか。
本作品ではエッチがふたつのルートに分かれる関係で女体化をエッチの最初に行います。
しかも体をパーツごとに変化させたり一気に変身させるストレートなアプローチを避け
動画内の女の子の容姿や痴態を主観的に語る流れで進めます。

簡単に言えば男から女にするのではなく最初から女だったと思わせるわけです。
一般的な女体化誘導に比べてやり方が独特かつ曖昧なので
女体化音声を数多く聴いてる中上級者か、リアルで女装をやって女性になることに慣れてる人向けと私は考えてます。
女体化に不慣れな人だとすんなり受け入れられない可能性があります。

ただし、女体化後のセリフ描写は聴き手=女性をとにかく徹底してます。
だからこのシーンで女性になりきれなかったとしても、自分が普段と違う存在になった感覚はすると思います。
そういう意味ではエッチ全体で女体化を徐々に推し進める作品とも見て取れます。

本格的なプレイが始まるのはその後から。
激しいオナニーを見てすっかり発情した主人公のおまんこにお姉さんが指を挿入し
女性の性感帯のひとつであるGスポットを押して絶頂へと導きます。

「ぎゅーっと押されると そこから腰全体に快感がじわーっと吹き上げてくる」
お姉さんも女性ですから主人公を無理矢理犯すことはありません。
最初は1本、次は2本と痛みを与えないように大事な部分を刺激し
それに合わせて気持ちよくなる暗示を入れて聴き手にも同じ快感を与えます。
他の乗客に見られる、知られるスリルを煽ることはほぼなく割と穏やかな雰囲気です。

主人公はクリオナしかしたことがないそうですから
同性の先輩としてそれとは違う快感を教えてあげたかったのかもしれません。
ソフトな言葉責めや彼女のパンツを口に咥えるプレイで心も盛り上げてくれますし
電車が動き出すまでの時間を使って受験のストレスを発散させつつ自分も楽しむ方向で責めます。

絶頂は最初に2回軽めに迎え、しばらく性感を溜めてから最後に大きく1回イキます。
どれもカウントに合わせてやりますからタイミングを合わせやすいです。
Gスポットを責められてる時はおちんちんの根本が、クリは亀頭のあたりがムズムズピリピリしました。

このように、女性になった気分にさせながら弄ぶ和やかなエッチが繰り広げられてます。
マイルドな痴女作品
女性の快感を変わった視点で味わわせてくれる作品です。

お姉さんは主人公とできるだけ円満な形でエッチしようと
電車に乗り込んだ時点では手を出さずにおっぱいだけを体に押しつけ
しばらく下りられない状況になったところで初めて動き出します。
そして受験生の心理を突いた方法で催眠をかけ、その後は女性が気持ちよくなれるツボを的確に責めます。

聴き手が主人公と同じ視点で楽しめることを強く意識したストーリー性の強い内容
イメージに暗示や音を組み合わせてさり気なくリラックスさせる導入シーン
信頼関係を築きながら手堅い技術でかっつり落とすメインの催眠
動画鑑賞を通じて女性になりきらせてから性感帯を後になるほど強く厚く責めるエッチ。
己の欲求を満たすためだけにする現実世界の痴女行為とは違い、相手への思いやりを強く込めて年下の同性を弄びます。

「あなたを見ていたら だいぶ興奮してしまっているみたい」
彼女が自分の欲望を曝け出し始めるのは本当に最後のほうです。
それまではOLのイメージ通りのおっとりした上品なキャラに徹します。
そこに持っていくまでの流れも丁寧ですし、珍しいシチュでするレズエッチと呼ぶほうが妥当かもしれません。
ハード系ではありませんから属性はややM~Mあたりと見ています。

催眠はモノローグとお姉さんのシーンで方向性を切り替えてくるのが印象的でした。
前者は間接的、後者は直接的にアプローチしてきます。
バックで流れ続ける雨音もリラックスやストーリーの辻褄合わせに大変役立ってます。
催眠パートの最後に止みますからエッチの邪魔になることはありません。

エッチは前項でも話した通り女体化できるかどうかが大きなカギです。
私が聴いた時もこの部分の接続に多少の違和感を覚えました。
しかしそれ以降のGスポット責めやクリ責めは女性に自然となりきれる表現ばかりで素晴らしいです。

少女ルートの絶頂シーンは3回。
淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音はありません。

それなりの慣れを要する部分もありますが品質は十分優れてる作品です。

CV:分倍河原シホさん 浅木式さん(諸注意のみ担当)
総時間 1:33:09(少女ルート…1:11:04 少年ルート…58:51)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2018年2月5日まで20%OFFの880円で販売されてます。

【催眠音声】お姉ちゃんのやさしい魔法

サークル「中央分離隊」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまなお姉ちゃんが
変わった催眠と幸せいっぱいなエッチで安眠へと導きます。

彼女のキャラを強く反映させた癒し要素満点なサービスが行われており
催眠は物語を通じてその登場人物になりきらせながらリラックスできる暗示を丁寧に入れ
エッチもふたつのトリガーで体の感度を上げつつゆっくり愛し合って心のほうも温めます。
ドライとウェット両方の絶頂形式がありますから催眠慣れしてない人でも気持ちよくなれるでしょう。
お姉ちゃんの優しさに包まれて
お姉ちゃんに催眠をかけられ2種類のエッチをするお話。

「あら まだ起きていたのですね」
お姉ちゃんは穏やかで温かい声のお姉さん。
ある日の夜、なかなか寝付けずにいる主人公に声をかけると
彼のために書いた特別な本を読んで心を落ち着けさせます。

本作品は不安やストレスで眠りが浅くなってる人を安眠させることを目的に
小説家をやってる彼女が70分程度の時間を使ってテーマに合った催眠とエッチをします。
話し方は丁寧ですが肉親同士のサービスということで堅苦しい部分は一切なく
序盤から積極的に体を密着させながら母性を感じるあまあまな声で語りかけます。
挿し絵のイメージにぴったりなふんわりした声と態度に多くの人が癒しを感じるでしょう。

中央分離隊さんはマンガやCG集を主に制作されてるサークルさんで催眠音声は初めてになります。
しかしシナリオや音声編集を「.␣(Dot-Space)」さんが担当されており品質は高いです。
名義が違うだけで中身はほぼDot-Spaceさんと一緒ですから、あちらの作品が好きな人なら同じ感覚で楽しめます。
お姉ちゃんが弟をたっぷり甘やかす本当に誰でも聴けるシチュです。

催眠はおよそ13分30秒間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずは彼女が話す物語に耳を傾けます。

物語の内容は元気な女の子がお部屋で眠るといったもの。
彼女には大切にしてる人形がいていつも二人一緒に出かけたり生活してるそうです。
この日もいっぱい遊んで帰宅した後、人形を抱きかかえながら幸せそうに休みます。

「鼻から 息を吸う音 口から 息を吐く音 女の子の息遣いが部屋に響いて だんだん落ち着いた気持ちになっていきます」
これだけを聞くとあまり催眠とは関係ないように思うかもしれません。
しかしお姉ちゃんのセリフは聴き手が人形と自分を重ね合わせやすい表現を徹底しており
その中にリラックスできる暗示を散りばめて遠回しに感覚を伝えます。

女の子の寝息に合わせて深呼吸をするシーンもあったりと聴けば聴くほど心が落ち着くように作られてます。

「温かさの中に 意識がふわーっと浮いたまま 二人の気持ちが感覚が どろどろと溶け合って ぐるぐると混ざり合っていく」
本作品の催眠は読み聞かせ形式ですから「これから催眠をかけます」とかは言いません。
でも聴き手の無意識に働きかける言葉が多くリラックス効果は非常に高いです。
上のセリフのように擬声語を積極的に盛り込んで言葉に柔らかさを出してるのもそう感じる理由のひとつです。

私が聴いた時も割と早い段階から寝起きのような心地よさが感じられ
後半に差し掛かると体が温かくなってるのを感じました。
数多くの名作を世に出してる方が制作に携わってるだけあって誘導に安定感があります。

読み聞かせながらリラックスと没入感を高めるテーマに沿った催眠です。
聴き手を物語の中に登場する人形になりきらせ安眠できる環境を整えるのを目的に
女の子が寝てるイメージから始まり寝息に合わせての深呼吸とリラックスできる暗示
さらに体が温まる、意識のぼやけが強くなる暗示など
お話を進めつつシーンに合った暗示を柔らかい表現で入れて心と体の疲れや緊張をほぐします。

「女の子の落ち着いた気持ちは しばらくの間 お人形さんへと流れ続けました 呼吸も より落ち着いたものへと変わり 体が少しずつ リラックスしていくのがわかります」
「体が重くなる」とかの暗示を聴き手に直接入れるのではなく
女の子の安らいでる様子を通じて遠回しに感覚を操作するのがポイントです。
彼女が人形をとても大事にしてるシチュも人形からすればとても幸せなことです。
そういった細かな技を積み重ねて催眠を施すところにDot-Spaceさんの実力がよく出ています。

時間の短い催眠ですが実時間以上の癒しが得られるでしょう。
寝る前にここだけ聴くのも大いに有りです。
甘やかされながら絶頂する快感
エッチシーンは2パート41分間。
プレイは感度上昇、オナニー、素股、SEX(騎乗位)、キスです。

オナニー、素股、SEXの際に控えめな音量の効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありです。
服を脱ぐ指示は特に出ません。

「じゃあ エッチな事をして気持ちよくなれば ぐっすり眠れるでしょうか?」
読み聞かせを終えてもドキドキして眠れないでいる主人公をスッキリさせようと
お姉ちゃんは言葉で感度を上げてから気持ちいいオナニーをプレゼントします。

エッチは年上の彼女がリードする形で進みます。
前半の「えっちな遊び1」でするのはオナニー(約22分)。
催眠パートで生まれた熱が胸や股間に集まる暗示を入れて体を敏感にしてから
彼女と一緒におちんちんを握り、その状態を少し維持した後ゆっくりしごき始めます。

「意識がおちんちんに集まると まるで視線が絡みつくような恥ずかしさを感じて なんだかすごく敏感になった気がしますね」
「しこ しこ しゅっ しゅっ 言われるたびに 好き 好きっていう感情が湧き上がってきてますよ」

エッチに入っても彼女の優しさや甘さはまったく衰えません。
自分の前でおちんちんを晒し、それをいじって気持ちよくなってる彼を一切見下さず
むしろ嬉しそうな表情でもっと気持ちよくなれる言葉をかけたりオナニーを手伝います。
うまく催眠に入っていれば割と早い段階から股間が無性にムズムズするでしょう。

やってることは割とスタンダードなオナニーなのですが
彼女の優しさが心を温めてくれてとても幸せな気分に浸れます。
心が落ち込んでるより盛り上がってる方が射精は当然気持ちいいですし事後にぐっすり眠れます。
技術を使って直接眠らせるよりもスッキリさせて眠れる環境を整える方向でサービスを進めます。

「○○って呼ばれるだけで 何でも言うことききたくなって ゾクッ ゾクッて快感が上ってきて 気持ちよくなってしまいますよね」
もうひとつの特徴は特定の言葉をトリガーに快感をコントロールすること。
ひとつめは作品に深く関連するもの、もうひとつはそうでもないものを用意し
それぞれに前暗示を丁寧に入れてから何度も言って反応できる心と体に作り変えます。
両方のパートでやりますからたぶん後半のほうがその効果を実感しやすいでしょう。
淫語や喘ぎ声といったストレートなエロ要素は敢えて減らし、技術によって気持ちよくなる感覚を味わわせてくれます。

ちなみにこのパートのフィニッシュは聴き手が自由に選べるようになってまして
最後のカウントに合わせて射精してもしなくてもいいと言われます。
後半には射精シーンがありませんからドライ未経験者は抜いておいたほうがいいと思います。
逆にドライ慣れしてる人は出さずに性欲を維持したほうが後々気持ちよくなれるんじゃないかなと。

後半の「えっちな遊び2」は二人で一緒に気持ちよくなるプレイ(約19分)。
先ほどのオナニーで催眠が解けかかってる人向けに再度深化させてから
主人公の上に跨ってお互いの性器を擦り合わせ、そのまま深く繋がります。
催眠音声で催眠者と直接SEXするのは珍しいですね。

「あなたとひとつになったから 私の火照った体の熱が あなたを愛してるという気持ちが あなたの中へとろとろと流れ込んでいきますよ」
そして彼女は読み聞かせた物語に登場する女の子を自分に、人形を彼に当てはめ
二人の心の繋がりを感じさせながらゆっくりドライオーガズムへ導きます。
SEXは一人じゃできない行為ですから相手の存在をより強く実感できたほうがリアルになります。
そしてこれは本作品の魅力である癒しや安眠と非常に相性がいいです。

進め方は引き続きふたつのキーワードを小まめに言いつつ
軽い喘ぎ声を漏らしたり労りの言葉をかけて心身をバランス良く盛り上げます。
引き続き催眠重視のプレイですから深く入れてるかどうかで得られる快感が随分変わるでしょう。
前半で射精しなかった人でも満足できるように最後は3回連続で絶頂させてくれます。

このように、絶頂形式を変えながら徹底的に甘やかす癒しに満ちたエッチが繰り広げられてます。
ふんわりした作品
年上の女性がたっぷり愛情を注いでくれる大変甘い作品です。

お姉ちゃんは何らかの事情でうまく寝付けずにいる主人公を心の芯から癒そうと
彼だけのために作った物語を通じて催眠の世界に案内し
それから催眠を巧みに織り交ぜたエッチをしてウェット→ドライの順に気持ちよく絶頂させます。

最初から最後まで本当に優しい彼女のキャラと声
職業の小説家や甘やかし上手な性格を反映させた読み聞かせ形式の催眠
そして心身をバランス良く興奮させ、尚且つ幸福感で包み込みながら絶頂を目指すエッチ。
彼だけでなく彼女も一緒に楽しむ形で癒しの成分をガンガン注入します。

「好きです 大好きですよ 愛してます」
サービスも十分個性的ですがやはり彼女の存在こそが最大の魅力だと思います。
母性や慈愛に満ちた声とそれにぴったりなご奉仕っぷりが心地よく
年上の女性に大事にされてるシチュも相まってすごく体がぽかぽかします。
エッチもオナニーを手伝ったりSEX&中出しをするなど一体感を意識して進められていて雰囲気に合ってます。
安眠はもちろん、嫌なことがあった時のリフレッシュにも大いに役立ってくれるでしょう。

エッチは定番のプレイに催眠の要素を多めに絡めた催眠音声ならではのものです。
サークルさんが「目的に合わせて再生すると気軽に楽しめる」とおっしゃられてるように
サクッと抜きたいなら前半だけ、ドライの練習もしたいなら通しで聴くという使い方もできます。
前半だけの場合は総時間が50分程度になるので初心者には丁度いい長さと言えます。

絶頂シーンはドライ3回、ウェット1回。
くちゅ音それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

女性の愛情を強く感じながら気持ちよくなれる良作です。
おまけはお姉ちゃんが甘やかしながら寝かしつける音声です。

CV:逢坂成美さん
総時間 1:22:20(本編…1:12:58 おまけ…9:22)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

かなたこなた ヒプノライブラリ

サークル「ぺありふこうぼう」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、図書館で働いてる物静かな女性が
そこにあるいくつかの本を読み聞かせて物語の世界へ案内します。

聴き手が物語の主人公と重ね合わせやすい表現を駆使してなりきらせる独特な催眠
女の子の視点で獣人と激しく愛し合い連続絶頂するエッチなど
一般的な催眠音声とは違うやり方でイメージ力や没入感を高めます。

今回は1週目のレビューをお送りします。
主人公になりきって官能小説を楽しもう
図書館員のかなたに本を読んでもらうお話。

「物語は…お好きでしょうか」
かなたは挿し絵よりも大人びた印象がする甘い声の女性。
図書館で見つけた官能小説を熱心に読んでる主人公に声をかけると
別の部屋へ案内し読み聞かせながら催眠を施します。

本作品は官能小説に登場する女性キャラになりきってエッチを楽しむことを目的に
彼女がおよそ1時間に渡って催眠をかけたりエッチな朗読をします。
本を読み聞かせるスタイルですから彼女と直接絡むことはありません。
しかし一人でも多くの聴き手が物語の世界に没入できるように気を配って進めます。

ちなみに冒頭で「1週目」と書いたように製品版には2週目以降のデータも入ってます。
販売ページの説明文にもある通り両者の違いは催眠誘導の時間や内容でエッチは共通です。
他にエッチシーンを細かく分けた音声もありますし、聴き手が自分である程度カスタマイズできる作りになってます。

二人が軽いやり取りをし、部屋に移動した後から始まる導入パートはコンセプトや心構えの説明。
彼女が持ってきた3冊の本と彼の官能小説を合わせた4冊を順に読んでいき
それを通じて聴き手を少しずつ物語の世界に案内します。

「主人公と同じ気持ちになって 恋愛して 感情移入したり ドキドキハラハラの展開が 私ではなく あなたを待っているんです」
本作品の催眠は非常に特殊でして、彼女が「体が重くなる」など直接暗示を入れることはほとんどありません。
その代わりセリフの多くを聴き手視点で表現して自然と主人公になった気分にさせます。
ゲームのプレイ中に主人公が攻撃を受けたら「いてっ」と思わず声を出したことはないでしょうか?
彼女はイメージ力や集中力を高めることでそれに近い精神状態へ導こうとします。

本格的な催眠はおよそ13分間。
まずは女レーサーがバイクに乗って走り、帰宅後にシャワーを浴びるシーンを聴きます。

「脳からアドレナリンが放出し 気持ちよさを深めていく… この時間がもっと長く続けばいい 永遠にも感じる時間をかけていく…」
「今の私は 満たされるなら何でもよかった それくらい飢えている 刺激 興奮 快楽 それが満たされるなら 私はどこにだって行く」

彼女は大都会のほぼすべてを走破したことがあるほどのバイク好きらしく
乗ってる最中は風を切る音や体の負荷を感じながら気持ちよさそうにします。
そして帰宅後は先ほどの余韻を味わいつつシャワーの熱や心地よさを楽しみます。
女レーサーのことを「私」と呼ぶのも視点を合わせやすくするための工夫です。

読み聞かせてる最中はかなたのセリフが話し言葉から小説っぽい言葉に切り替わり
聴き手がイメージ力を膨らませやすいように状況説明や女レーサーの内面を細かく描写します。
バイクが走る音やシャワーの音もちゃんと入ってますからなんとなくリアルに感じるでしょう。
本作品は催眠、エッチいずれも効果音の扱いに大変こだわってます。

2冊目は同じく女性キャラが山奥に入り、そこの洞窟で見つけた温泉に浸かって体を癒します。
さらに3冊目は女の子が獣人の手を取って村人から逃げる様子を読み聞かせます。

「中の温泉は とても気持ちがいい 外に出ると 快感が 稲妻の様にあなたを貫く もう何度も何度も入って出て 入っては出て 不思議な温泉の魅力が あなたを誘惑して離さない」
「同情でも 哀れみでもなく、ただただ惹きつけられる 魅力 不思議と心が疼く 見てるとドキドキして 顔が合わせられない」

そしてここでも苔で湿った洞窟内をぴたぴたした足音を鳴らして進み
その先で見つけた温泉に入ったり出たりする心地よさや
狼男のような毛深い獣人をどういうわけか愛してしまった女の子の心情を生々しく語ります。

効果音のおかげもあって2冊目を終えた頃には意識のぼやけを感じ始め
3冊目ではその情景が頭の中にパッと浮かび、まるで映画を見てるような感覚がしました。
どのお話も主人公を女性で統一し、その内面を綿密に描くことで女性になった気分に誘導します。

テーマの読み聞かせをそのまま音声化した非常に個性的な催眠です。
聴き手を物語の世界に住む主人公になりきらせることを目的に
1冊目はバイクに乗ったりシャワーを浴びる女性、2冊目は洞窟を探検し温泉に浸かる女性
最後は獣人に恋心を抱き逃避行を続ける女の子と内容を大きく切り替え
その中に自分が実際にそうしてる感覚を抱ける言葉を散りばめてリラックスと没入感を高めます。

特定の技術を使って落とすのではなく、セリフの表現に気を配って徐々にそうするタイプの催眠なので
このレビューを読んだだけではその魅力がいまいち掴みにくい思います。
この催眠を真面目に説明する場合、ひとつひとつのセリフに注釈を加えていく必要があります。
それはさすがに無理なのでこういう説明をさせていただきました。

催眠慣れしてるほうが有利そうに思えますが聴けば聴くほど引き込まれていくのを感じます。
催眠音声でよくある「落ちる」感覚とは違うとても熱中してる状態です。
状況に合った音を鳴らしてイメージしやすくしてますし、同じ感覚を抱く人がそれなりにいると思います。

女体化については体よりも心に焦点を当ててます。
催眠パートを聴き終えた時点ではあまり実感がなくてもエッチでその効果を思い知ることになるでしょう。
彼女たちの心理描写に力を入れてるのが大きいです。
女の喜びが味わえるエッチ
エッチシーンは39分間。
プレイはおまんこを見せつける、愛撫、乳揉み、乳首舐め、フェラ、素股、SEX(正常位)です。

おまんこを見せつける、愛撫、乳揉み、素股、SEXの際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「この物語の女の子。あなたは 獣を追いかけてるうちに 恋してしまったんです」
自分が持ってきた3冊の本を読み終え、主人公と一緒に少し休憩したかなたは
いよいよ彼が持つ官能小説の朗読に取り掛かります。

エッチは引き続き彼女が読む物語を聴いて気持ちよくなります。
最初の18分間は軽めのプレイでお互いの気持ちを盛り上げる前戯シーン。
3冊目に登場した女の子と獣人が駆け落ちに成功し、安心した勢いでゆっくり愛し合います。
犬などの動物ではなく仮想生物が相手ですから獣姦ではありません。

「ひだの奥から 外に向かう様に花びらが開花し 陰核は淫らにめくれ返る 熱いヌメリが 愛らしい肉ヒダへと伝わる 竿を求める様に ひくひくとメシベを揺らし 受粉を求める様に甘い密を漏らす」
女の子は獣人のことを心から愛してるのでしょう。
エッチ開始の時点でおまんこはすっかり濡れており、それを彼に見せつけて挿入をおねだりします。
そしてその様子を直接的な淫語をあまり使わず花などに例えて淫靡に描写します。
獣人もおちんちんで彼女を壊すのを恐れてるのか序盤は意識して控えめに責めます。

官能小説らしいセリフ表現とでも言えばいいのでしょうか。
状況説明を細かくしたり、匂いなど視覚以外の感覚も刺激してエッチの様子をイメージさせてくれます。
獣人とのエッチももちろん個性的ですがそれ以上に言葉遣いが秀逸です。

「もう十分に準備は出来ている 入れて 入れて欲しい そのビキビキに膨らませた肉棒で 私を掻きまわして欲しい」
催眠パートと同じく女の子の内面描写に力を入れてるのもポイント。
いつでもSEXできるとアピールしたのになかなか手を出してくれない獣人の態度にもどかしさを感じたり
全身や乳首を愛撫されてうっとりする様子を感覚支配の暗示を交えて綿密に語ります。

物語の主人公になりきるには心と体の両方をできるだけ近づけるのが望ましいです。
だから第三者には決してわからない部分の割合を多くしてるのだと思います。
獣人とのエッチと聞くとハードなプレイをイメージするでしょうが、このシーンは敢えて焦らし気味に進めます。

状況が大きく変わるのはその後から。
女の子の度重なる誘惑にとうとう意を決した獣人が彼女に覆いかぶさり
軽い素股でおちんちんを湿らせてから根本まで挿入します。

「何もかもが気持ちよくて 魔法の様な肉の塊 まるで天国にいるような気持ち 肉棒で満たされたあなたの膣内。心はふわふわして 中の締め付けを増していく 更に体が熱く ほてっていく…」
自分の想いが好きな人に通じたこと、彼と文字通りひとつになれたこと、そして女の欲望を満たせたこと。
これまでのプレイで溜まりに溜まったものを一気に吹き飛ばす愛のあるSEXをします。
おちんちんに対して魅力を感じさせるセリフが数多く登場しますから
うまく催眠に入っていれば普段とは感じ方が違うことに気づくでしょう。
「あなたは女性になりました」などと言わずシチュで女性になった気分に浸らせてくれます。

バックで流れる効果音の存在も忘れてはいけません。
ほぼすべてのプレイに何らかの音が入っており、それをセリフと同じタイミングで鳴らします。

「ぱちゅん ぱちゅん ぱちゅん ぱちゅん 音を鳴らして ぱちゅん ぱちゅん ぱちゅん ぱちゅん 気持ちよさがお腹から全身に伝わる」
例えばSEX中にあるこのセリフは「ぱちゅん」に合わせてピストン音が鳴ります。
獣人がピストンを止めたり他の責め方に切り替える時にもきちんと音が変わりますし
セリフだけではどうしても表現しにくい部分を見事に補ってます。
催眠音声では効果音をノイズとみなして入れない作品がそれなりにあるのですが
本作品ではセリフと完全に連動してるおかげでイメージ力を高める役割を果たしてます。

絶頂シーンが始まるのはエッチ開始からおよそ27分後。
最初は大きめのカウントに合わせて長く、その後は小さいカウントで小刻みに何度も何度も絶頂します。

「足をピンと伸ばし 膝をガクガクと震わせる 汗が吹き出て止まらない 穴がキュンと締まり ヒダが大きく波打つ 甘美な刺激が背筋を貫いてイク しゃくり上げる様な声が 喉奥から漏れ 涙を流しながら 何度もオルガズムを迎える」
男性が射精する時はおちんちんを中心に気持ちよくなる感じですが
本作品は女性になりきってイクので文字通り全身でその感覚を味わいます。
準備や絶頂の時間が長い1回目が最も気持ちよくなれるでしょう。

私が聴いた時はSEX開始時から絶頂まで股間がずっとビクビクしてました。
一切手を触れてないのにオナニーしてる時に近い快感が流れ続けて気持ちよかったです。
1回目の絶頂シーンも股間を中心に痺れるような快感が1分くらい続いて驚きましたし
ドライ慣れしてる人なら相当に強烈な絶頂感が味わえると思います。

その後の連続絶頂は獣人とのエッチにぴったりなハードな展開です。
個々が軽めなので筋肉痛を起こすほどではないものの多少の疲労は感じます。
1回目と2回目以降で異なるタイプの絶頂を味わわせてくれるのも魅力です。

このように、心の通った人間の女性と獣人が愛し合う甘く激しいエッチが繰り広げられてます。
引き込まれる作品
聴いてるだけでいつの間にか物語の世界に入り込んでる不思議な作品です。

図書館員のイメージにぴったりな知的で落ち着きのある女性が
合計4冊の本を順番に読み聞かせながら女性になった感覚や
獣人に愛される、あるいは犯される快感を思う存分味わわせます。

彼女が直接かけるのではなく物語を通じて聴き手が自分からかかっていく独特な催眠
官能小説っぽい描写で登場人物の内面をリアルに描くテーマに合ったエッチ。
そしてこれらを側面から支える多種多様でリアルな効果音。
読み聞かせるスタイルをできるだけ崩さずにサービスを進めます。

全編を通じてセリフの表現が練りに練られてます。
聴き手が主観的に受け止めやすいように配慮するだけでなく
読み聞かせや官能小説といった作品の特徴が活きるように工夫してます。
物語で誘導するタイプの催眠音声の中でも明らかに異色の存在です。

エッチは獣人から連想される荒々しい責めを最後のほうまで取っておき
中盤までは人間の男女が愛し合うのに近い甘さのあるプレイを続けます。
催眠とエッチの両方で女体化する作りになってるので、お話が進むほどそうなった気分が強くなります。
ドライへの持って行き方も上手ですし完成度は高いと言えます。

ただし注意点がひとつだけあります。
本作品には明確な解除音声が入ってません。
女の子が最後に気絶して眠る流れになってるからこうされたのでしょうけど
視聴後は念のため無料作品などの解除音声を聴いておくことをおすすめします。
まさきふぁんさんは出演作品が数多くありますからその中からお選びください。

絶頂シーンは9回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

熱中しながら気持ちよくなれる優れた作品です。
おまけは「導入セッティング」と「本編5セッティング」です。

CV:まさきふぁんさん
総時間 2:09:56(本編…1:17:22 おまけ…52:34)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
エッチシーンのかなたはあまり感情を込めず淡々と話します。
2017年12月28日まで15%OFFの850円で販売されてます。

【催眠音声】女の子に催眠術で好きにされ手ェ

サークル「mosquito cock」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くて甘えん坊な彼女が
恋人にあたる男性とイチャイチャしながらエッチな催眠をかけます。

現実世界の会話にできるだけ近づけたゆるーいセリフで話したり
体への刺激はできるだけ控え、音とイメージを組み合わせてイかせるなど
仲の良い女性に優しく弄ばれる雰囲気を大事にした甘く独特なサービスを行います。
彼女とベッドでイチャイチャ
彼女に添い寝で催眠をかけられるお話。

「んーーーー!! 今日やることおしまーーい!」
彼女は甘く可愛い声の女の子。
やることを終えて主人公に膝枕してもらうと
雑談しながら軽くイタズラして彼の反応を楽しみます。

本作品は同棲中の恋人と一緒に過ごすあまあまなシチュで
彼女が80分近くに渡り催眠をかけたり特殊なエッチをします。
サークルさんが催眠を利用して気持ちよくなることを目的にされてるだけあって
フェラやSEXといったストレートなプレイは行わず、好きな女性とイチャイチャする雰囲気で幸福感を与えます。

「よく考えるとさ 膝枕っていうけどこれ太ももだよね まぁ細かいこと言ってもしょうがないよね」
最大の魅力は彼女のセリフと話し方。
恋人同士らしい砕けた口調で他愛もない会話を続けたり、自分から彼に体を預けるシーンが度々登場します。
彼女役をやられてるそらまめ。さんの演技も非常にナチュラル。
現実世界で行われるやり取りに近く、聴いてるだけで肩の力が自然と抜けてきます。

それを最もわかりやすく実感できるのが冒頭の会話シーン(約11分)。
用事を終えてお疲れ気味な彼女が彼の太ももに頭を乗せて軽くくすぐったり
ベッドに横になって話をしながら見つめ合って甘えます。

「こうやっておでこもお鼻もくっつけてー どう? きもちいい? 私はずーっとこうしてたいよ」
彼女は彼のことを心から信頼してるのでしょう。
スキンシップを自分から積極的に取り、彼の反応を見て「可愛い」とからかいます。
そして自分の思ってることを素直に伝えて愛情を示します。

催眠の技術と言える要素はほとんどありませんが
聴き手を作品の世界に引き込みリラックスさせる効果は十分に果たしてます。
サークルさんが敬愛されてる「リアルヒプノ」と同じくすべての要素がとにかく緩いです。
雰囲気のいいシンプルな催眠
催眠はおよそ18分間。
会話の最中、先日行った催眠の話題が出たのをきっかけに彼女が再度彼に催眠を施すことになります。

「足に意識向けて そのまま安らかに? 安らかって死んじゃいそうだからダメだね リラックスするようにさ」
前半シーンでするのは主に体のリラックス。
お馴染みの深呼吸や足、お尻、背中、肩、腕の脱力をして深い催眠に入る準備を整えます。
技術自体は他の催眠音声でも見かけるシンプルなものですが
彼女が軽いギャグや比喩を挟みながら暗示を入れてくれるおかげで和やかな空気が漂ってます。

脱力感を少しずつ全身に伝播させる流れになってますから
一番最初にやる足が最も強く変化を実感できるでしょう。
私の場合はぐったりしたのに加えてピリピリした感覚もありました。
催眠開始後は囁き声で語りかけてくれますし、本作品の持ち味である「緩さ」がきちんと反映されてます。

体が終わった次は心の脱力。
頭の中を洗濯機でかき回されるイメージや落下するイメージで意識の力をさらに弱めます。

「ぐーるぐる 頭の中が ぐーるぐる かき回されて 綺麗になっていく」
「ここちよく 霧に包まれながら なおも落ちていく 真っ白に 深い深い催眠状態に 落ちていく」

洗濯機のイメージでは「ぐーるぐる」を多めに挟み
その後は「深い」「落ちる」「真っ白」といった暗示を状況に応じて使い分けるなど
先ほどの脱力シーンと同じく色んな方向からアプローチをかけて心地いい気分を膨らませます。
冒頭の会話シーンから聴いてれば多くの人が十分リラックスできてるでしょうから
ここで言葉に合わせて頭の中にもやがかかるとか、温かいものが広がっていく感覚がすると思います。

最初に作り上げた雰囲気を維持しつつ施すオーソドックスな催眠です。
聴き手の心身を脱力させ、彼女の言うことに反応できるようにすることを目的に
最初は純粋なリラックス、次はイメージを用いた心のリラックス&深化と堅実に誘導します。
リラックスを大変重視してるので脱力感、意識のぼやけ、眠気などの変化が強めに味わえます。

「私はねこうやって腕の力が抜けるみたいに言われた時って なんか肩から指先の方に力が移動していく感じ」
この催眠のキーはアプローチの多彩さだと私は思います。
催眠音声で脱力と言うと「力が抜ける」と言うのがメジャーですが
本作品はそれに底なし沼に飲み込まれていくイメージや彼女が以前味わった脱力感を加えてます。

暗示の種類がひとつだと効く人とそうでない人の差が大きく出てしまいます。
それをできるだけ避けるためにこのようにしたのではないかなと。
ネタが多ければ聴いてて純粋に飽きにくいのもあります。
やることはふたつに絞り、その中で幅広く働きかける効果的な誘導です。
じっくり溜めて一気に放出
エッチシーンは42分間。
プレイはハグ、耳舐め、言葉による絶頂、乳首オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
服を脱ぐ指示は特に出ません。

「今日はー 私から気持ちいいのを送り込んで 気持ちよくなってもらおうかなって思うの」
催眠を使って主人公を気持ちいい感覚で包み込んだ彼女は
引き続き体を密着させながら特殊な手段でエッチな快感を送り込みます。

エッチは終始彼女に責められる形で進みます。
前半の19分間は気持ちいい絶頂に向けて性感を蓄積するシーン。
彼女が彼に優しく抱きつき、体が触れ合ってる部分から快感物質を注入したり
左右の耳を実際に舐めて全身の感度を高めます。

「性感帯を内側から犯される感じ それも私がまた耳から送り込めば送り込むほど 快感は増えて刺激もどんどん強くなって行く」
二人の関係なら普通にエッチするのも可能なのですが
今回は彼の感じてる姿を見たいということで敢えてソフトなプレイにしてます。
しかし感度を上げる暗示が非常に多く、後になるほど敏感な部分がムズムズしてきます。

一般的なプレイとして最も充実してるのは耳舐め。
エッチの最中15分程度断続的に行い、比較的上品な音をリアルな質感で鳴らします。
バイノーラル録音特有の微かな振動がこそばゆく彼女との近さも感じられます。
耳舐め開始から少し経つと彼女が指を鳴らして感度を上げようとしますし
暗示と音を組み合わせてゆっくりじっくり敏感な体に変えてくれます。

続く後半は絶頂をメインに据えたご褒美シーン。
カウントを数えながら小まめに追加の暗示を入れて1回目の絶頂に追い込んだ後
休憩をほとんど挟まずこれまでとほぼ同じやり方でさらなる絶頂を味わわせます。

「膨れて 膨れて 膨れて 暴れまわって 耐えられなさそうになる」
1回目の絶頂から2回目までがおよそ9分、そこから3回目までが10分と
1回ごとの間隔を長めに取って心身にあまり負担をかけずに気持ちよくします。
ドM向け作品などで行う連続絶頂よりもずっと緩い責めですね。
2回目の絶頂直前に出てくる上のセリフに合わせてエネルギーがぐんぐん盛り上がるのを感じました。

絶頂後も継続して感度の上がる暗示を入れたり音を鳴らすので
1回目よりも2回目、2回目よりも3回目と後になるほど快感が強くなると思います。
そういった変化を実感させてくれるところもこのエッチの魅力です。
3回目だけ乳首オナニーを加えてるのもそうなる理由のひとつです。

このように、体よりも心への責めに力を入れたほぼノーマルなプレイが繰り広げられてます。
ゆるーい作品
好きな人と二人きりでまったり過ごす様子をそのまま音声化した作品です。

思いやりが強くて甘えるのも上手な彼女が、催眠を使って恋人を普段と違う方法で喜ばせます。
よそよそしさをまったく感じない和やかなやり取りと砕けたセリフ
十分にリラックスさせてからびっくりさせないように落とす優しい催眠
そして完全女性上位でありながら意地悪さを徹底的に取り除いた恋人らしいエッチ。
二人の関係を考慮して作品を構成するすべての要素が緩く温かく調整されてます。

「かーわいーいなー もっと可愛いとこ見たい」
彼女は単に他の人には見せない彼の顔を見たいからこういうことをします。
悪意ではなく好意に基づいてますから突き放したり苦しめることは一切ありません。
その証拠に最中は言葉と行為で大事に想ってることを度々伝えてくれます。
そんな彼女の姿に感化されて幸福感を覚える人がきっといるでしょう。

エッチはサークルさん的には激しめとおっしゃられてますが、それでも催眠音声の中ではソフトな部類に属します。
長めの時間をフルに使い言葉と音の両方から感度を少しずつ上げる流れが優れており
聴いた後にあまり疲れを感じることなく日常生活へと戻れます。
純粋なエロさが控えめですしドライに慣れてる人のほうが楽しめると思います。

絶頂シーンは3回。
ちゅぱ音それなり、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

隅から隅まであまあまな満たされる作品です。

CV:そらまめ。さん
総時間 1:24:44

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
85分で700円とコスパがいいので+1してあります。

催眠音声「真っ白なナニモナイ場所で」

サークル「RubCraft」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、黒い髪と黒い服の穏やかなお姉さんが
夢の中にある真っ白な場所へと案内し普段と違う快感を味わわせます。

催眠音声で時々使われる「真っ白になる感覚」を追求したアプローチが魅力で
催眠パートは夢の世界に行くイメージに暗示を絡めて頭の中や体を真っ白に染め上げ
エッチも真っ白な海に潜り全身が溶けていく心地よさと幸福感で絶頂に導きます。
すべてが真っ白な世界へ
お姉さんに催眠をかけられすべてを真っ白にされるお話。

「それでは 催眠に入りやすくなる 簡単なリラックス運動をしましょう」
お姉さんは甘く穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると、立ち上がり腕をぶらぶらさせる運動を指示します。

本作品は催眠特有の心地よさや幸福感を深く味わいながら絶頂させることを目的に
彼女が90分近くの時間をかけて催眠を施したりイメージで気持ちよくします。
サークルさんが「真っ白になる感覚」をテーマに制作したとおっしゃられてるだけあって
分量、内容いずれもエッチより催眠を重視してお話を進めます。

それ以外の特徴は大きくふたつ。
ひとつはほぼ全編で何らかの音楽が流れ続けること、もうひとつはお姉さんが二人に別れて語りかけてくることです。

前者はRubCraftさんや姉妹サークルのF・A・Sさんの作品を聴いたことがある人にとってはお馴染みの要素でしょう。
本編に入る前のリラックス運動では癒しを感じる音楽
本編ではやや退廃的な音楽と方向性を変えてシーンごとに異なるものを流します。
シナリオは終盤でやや人を選ぶ表現がある以外は基本あまあまなので心が重くなるほどではありません。
属性の異なる要素を敢えて組み合わせることで非現実感を演出されてるのだと思います。

(右)声が聞こえるほうに意識を向けていると (左)さらに深い場所まで下りていくことができるよ
後者は催眠音声でひとつのジャンルとして確立されてる双子を強く意識したものです。
声質の違いはないものの左右交互に語りかける、重要な暗示を揃えて入れる、畳み掛けるように話すなど
催眠者が一人の場合だと絶対にできないテクニックを数多く駆使して効果的にリードします。
真っ白になる感覚を味わうにはまず催眠に入らないと始まりませんから、保険の意味も込めてこうされたのでしょう。

特定の感覚をひたすら追求した作り、リラックスと没入感を与える音楽、重厚かつリズミカルな双子。
サークルさんがこれまで培ってきたものとテーマをかけ合わせた独特な世界観の作品です。
色とイメージでじっくり落とす催眠
催眠は2パート51分間。
最初のリラックス運動(約11分)は催眠に入りやすくなるための準備として
肩幅くらいに足を開き自分の好きなように腕をぶらぶらさせます。

「そこにあるものすべてが 白に統一された 何もかもが真っ白な世界」
運動の開始と同時に音楽が流れ始め、彼女も癒し系の暗示を入れながら
これから行く場所がどんなところかをゆったりした口調で話します。
サークルさんの他作品でやり慣れてる人も最初の1回だけは聴いておくのがいいでしょう。

二三三二一(にっさん さにー)さんは同人におそらく初めて出演される声優さんだと思うのですが
声がはっきりしていて聴きやすく、催眠に適した変化に富んだ演技をされてます。
アダルトゲームで活躍されてる声優さんの別名義ではないかなと。

続く本編はいよいよ真っ白な世界に少しずつ移動します。
深呼吸をしてから全身に力を入れる→脱力を数回繰り返してさらにリラックスした後
声が左右に分裂し、まずは暗い夜道にあるトンネルを先へ先へと進みます。

「筋肉が弛緩するとともに 心もなんだかリラックスしてくる すーっと力が抜けて とても安らかな気持ち」
深呼吸と脱力はリラックス運動に引き続き準備に近い位置づけですが
体に力を入れようとする時にうまく入らない感じがするかもしれません。
力を入れる時と抜く時で声や口調が大きく変わるのも相まって、自分が催眠に入りつつあるのを実感できます。

どこまで続いているかわからない 真っ暗で先の見えないトンネル でもその先からは 微かな光が見えている
トンネルを通るシーンは聴き手を真っ白な世界へ行く気にさせる工夫がされてます。
具体的には今いる場所に不安を覚えさせ、行く手に見える光が近づくほど安心感を与えます。
バックで流れる音楽もトンネルの薄暗い雰囲気を別方向から伝えてくれます。

トンネルを抜けた先は真っ白な世界。
空、地面、差し込む光までも真っ白な空間を白い猫に連れられてさらに奥へと進みます。

真っ白な雲の塊に誘われるように 真っ白な猫に呼ばれるように 深く 深く
そしてここからは彼女たちが「真っ白」を言う回数が飛躍的に増え
階段を下りながら「深い」と暗示を入れるなど、催眠状態をさらに強化するアプローチをしてくれます。
事前のリラックスがしっかりしてますし、白い世界のイメージもそれほど難しいものではないので
意識がぼーっとするとか体が妙に心地いいといった感覚が強めに味わえると思います。

飲み込んだ白い水が 体全体へ行きわたって行く ふっと意識が消える感覚 どこまでも深く沈んでいくような感覚
個人的に印象的だったのが終着点の白い海でその水を飲むシーン。
水が体内に入る様子を通じて頭以外の部分にも真っ白になる感覚を広げようとします。
深化にとても力を入れてる催眠ですから軽く意識が飛ぶ人もおそらくいるでしょう。
そして体のほうは溶けて感覚がなくなったような心地よさがあります。
単に「真っ白」と言うのではなく、何らかのイメージと組み合わせて伝えようとするところが実に良いです。

白い世界に赴き探索する様子に技術を絡めたテーマ性の強い催眠です。
聴き手を白い世界に招待し頭と体を真っ白にすることを目的に
リラックス運動から始まって深呼吸、漸進的弛緩法、イメージを使った深化と
後になるほど心身の緊張がほぐれ催眠の感覚が強くなるよう誘導します。

ある程度ストーリーを持たせた催眠なので白い世界にいる気分に浸りやすく
それに感化されて心身が徐々に白へ染まっていきます。
意識のぼやけやうとうとしてる時の意識がふっと消える感覚を強く味わえました。
双子による暗示の多さや厚さもこれらに大きく貢献しています。
イメージに苦手意識を持ってない人なら催眠音声初心者でも似たような感覚を体験できると思います。
世界に溶けて混ざり合う快感
エッチシーンは23分間。
プレイはハグ、白い海に沈む、言葉による絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

さぁ 一緒に気持ちよくなろう? 私のことを抱きしめて?
催眠を使って主人公を真っ白な世界の奥深くへ案内したお姉さんは
そのまま軽く抱き合ってお互いの心と体をさらに近づけます。

エッチは一般的なプレイをほとんどやらずにイメージで気持ちよくします。
前半の11分間は絶頂に向けて感度を上げるシーン。
抱き合ったまま軽く愛撫してから目の前に広がる海へと潜り
真っ白な水に全身を包まれて性的快感と幸福感の両方を高めます。

好きだよ 大好き あなたのことが好き
一体化するのは とても気持ちがいいよね 自分がまるで 今ここにいるのか いないのか わからないような不思議な感覚
エッチに入っても彼女は引き続きあまあま。
白い世界とは違う黒い髪と服装で彼に密着し愛の言葉を投げかけます。
そして海に潜った際は自分が白い世界と融合したような感覚を味わわせます。
ここで海に入る理由は彼女の正体が大きく関係しています。

プレイ中にも「沈む」「真っ白」といった深化させる暗示を適度に入れてきますから
催眠パート以上に頭の中がどろどろになるかもしれませんね。
私の場合はそれに加えておちんちんだけが妙にムズムズしました。
エッチな要素がほとんどないのにそうなるのも催眠音声の醍醐味と言えます。

そんな癒し一色の雰囲気が後半に入ると大きく変わります。
彼女の声や口調が今までよりも嗜虐的になり、「マゾ」「変態」と言いながら連続絶頂へと追い込みます。

体がどろどろに溶けていく 粘っこい泡のように溶けて 全身が舌でかき混ぜられるような感覚
体の内外すべてを白く塗りつぶされる快感、女性に詰られ見下される快感、そして何度もイかされる快感。
ややM~Mな人が喜びそうな要素をいくつもぶつけて一気に絶頂感を高めてくれます。
彼女がこういう態度を取る理由もきちんと語られてますから違和感を覚えることはないでしょう。
1回目は連続寸止めスタイル、2回目は溜めを長く取るスタイルと同じドライでもやり方を大きく変えて進めます。

前半の時点で股間にエネルギーが集まってたのでそのままイクのだろうと思ってたのですが
絶頂に向けてのカウントが始まったところから今度は頭のほうにも快感が溜まっていくのを感じました。
割とまったりした責めなのに絶頂シーンの気持ちよさはかなり強烈で驚きました。
意識がとろける感覚を最後まで維持しやすいのが大きく影響してるのではないかなと。

このように、色やイメージを使って感覚をコントロールする変わったエッチが繰り広げられてます。
白く染め上げられる作品
催眠にどっぷり浸かりながらイけるしっかりした作品です。

何もかもが白い不思議な世界を舞台に、謎のお姉さんがそれにまつわる催眠とエッチで心身をリフレッシュさせます。
頭だけでなく体も真っ白に染め上げて気持ちよくするテーマを活かした作り
別の世界にいる気分に浸りやすくする音楽の数々、そして双子ならではのリズミカルで重厚な催眠。
催眠に入る、漂う感覚をどっぷり味わわせながら少しずつ絶頂へと追い込みます。

目の前も真っ白 頭の中も真っ白 とても気持ちいい
頭の中が真っ白になる感覚は催眠音声を数多く聴いたことのある人にはわかるでしょうけど
そうでない人にはいまいちピンとこないと思います。
だから本作品はまずそれがどんなものかを知ってもらうところから始めます。

催眠パートのほうがエッチよりもずっと長いのはそういった事情によるものだと私は見ています。
そしてエッチに入ってもその感覚を増幅させるアプローチを適度にしてきます。
RubCraftさんやF・A・Sさんは割とシチュ重視のサークルさんなのですが
本作品に限って言えば技術や誘導のやり方が最大の魅力です。

催眠の感覚だけでも相当に気持ちいいです。
脳がとろける感覚や頭の中をぐるぐるかき混ぜられる感覚を多くの人が味わうでしょう。
体のほうも適度なだるさや浮遊感がそれなりにしますし、聴いた後はスッキリした気分がします。
何らかのイメージと絡めて感覚を伝える流れも取り組みやすくて良いです。

エッチは催眠パートで生まれた心地よさをそのまま増幅させてます。
女性に弄ばれる、負かされる快感を適度にくすぐってくるので
ある程度のM性を持ってる人のほうが気持ちよくなれるでしょう。
催眠にしっかり入れてれば割とイキやすいです。

絶頂シーンは最低でも2回(連続絶頂)。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

ひとつの感覚を起点に色んな感覚を味わわせてくれる作品です。

CV:二三 三二一さん
総時間 1:39:58

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
販売ページのジャンルタグに入ってる「丸呑み」は彼女に直接食べられるのではなく
真っ白な世界と溶けて融合するという意味でグロさは特にありません。

ヒプノティックオナニー ~into the deep(サキュバス編)

ヒプノティックオナニー ~into the deep(サキュバス編)(前編)」に引き続いての後編です。
今回はファイル3「蘇る記憶、悪魔との交わり」以降の様子を中心に紹介します。
600年の時を超えて
後編のエッチシーンは38分間。
プレイはキス、内臓愛撫、玉揉み、オナニー、おまんこの鑑賞、SEX(騎乗位)です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。

「波のようにゆらいで…ものすご~く気持ちいい。ふか~く入ります…ずぅぅ~んと深く…」
ファイル2で主人公に気持ちいい射精をプレゼントした澪は
休憩を挟んでから再び催眠をかけてヒプノワールドへと戻します。

ファイル3はファイル2の続きとしてさらに踏み込んだプレイを楽しみます。
最初の16分間はサキュバスとより心を繋ぐことを目指したシーン。
キスをしてからお互いに見つめ合って彼の無意識に眠る遠い昔の記憶を呼び戻し
主従の関係になってからは彼女に内臓を愛撫されて興奮と感度を高めます。

「初めはあれだけ怖い存在であったはずのサキュバスでしたが…。こうして瞳を見つめられているだけで…とても落ち着く」
先ほどのプレイが余程気持ちよかったのか、彼はすっかり彼女のことを信頼しています。
その様子に「落ち着く」などの暗示を絡めて聴き手にも安心感を与えます。
前編と同じく後編も主人公と聴き手ができるだけ同じ視点で楽しめるようにリードします。

「心臓の上側…右側…裏側…。どの側面も優しさと愛情に満ちあふれた、丁寧で穏やかな触り方をしています。あなたの臓器が、ピクピクと悦びを感じる…気持ちいい…」
このパートで最も特徴的なプレイは何と言っても内臓愛撫。
魔法の力でサキュバスが手を彼の体内に潜り込ませ内側から心臓、胃、金玉を優しく揉みます。
描写が割と生々しいのでグロいのが苦手な人には不向きですけど
痛みや苦しみを匂わせる描写は一切なく、彼女に大事な部分を委ねる幸福感を与えてくれます。

澪が作中で何度も「愛」という言葉を出してますし
主従関係よりも対等な男女に近い距離感でエッチを進めます。
扱いの難しいプレイだからこそ表現にとても気を遣ってるように映りました。

続く22分間はいよいよ彼女とのSEXに移ります。
彼の顔の上に膝立ちして濡れたおまんこを見せつけ
両腕の動きを解除し軽くオナニーさせてから騎乗位でひとつになります。

「ザクロの果肉のデコボコは…想像以上の心地良さです。膣道に入る時には、あなたの亀頭をグリグリと締め付けて、もどる時には、カリ首のエラを「ぬるん」とはじく」
綺麗な肌や割れ目とは随分違う複雑な膣の様子や
そこに挿入した時の感覚を綿密に語ってイメージと快感を膨らませます。
ちなみにここは主人公も引き続きオナニーするので完全なセルフスタイルです。
先ほどの内臓愛撫も含めてヒプノワールドならではの描写がいくつも登場します。

およそ7分間で8回連続射精するのもポイント。
短いカウントを何度も刻み、その都度追い込み暗示を入れて射精へ追い込みます。
実際にするのはさすがに無理ですから最後の1回に的を絞るのがいいでしょう。
ドライ慣れしてる人は途中でそっちを狙ってみるのもいいかもしれません。

このように、主従の愛を確かめ合う奇抜で温かみのあるエッチが繰り広げられてます。
穏やかなサキュバス作品
十分ある時間をうまく使って疑似体験させてくれる作品です。

澪は主人公がヒプノワールドにどっぷり浸りながら気持ちよくなれるように
催眠パートで催眠状態を深めつつそこまで案内し、残りの時間を使って2種類の濃厚なエッチを提供します。

いくつかのイメージを組み合わせ、それらを渡り歩く様子に技術を絡めた催眠
サキュバスから連想される厳しさをできるだけ排し、彼女との繋がりを大事にしたエッチ。
作品の売りである独特な世界観を活かした珍しいサービスを行います。

「昨日よりも今日、今日よりも明日が…あなたにとって、あらゆる面でますます良くなっていくように感じる」
サービスとは直接関係しない部分にも聴き手への配慮が見られます。
具体的にはエッチパートの繋ぎ目に休憩や再深化を挟んで催眠状態を維持しやすくしたり
覚醒の前に後催眠暗示を入れてスッキリした気分にさせるなどです。

長時間作品は集中力の関係で相当上手くやらないと途中で催眠が弱まってしまいます。
だからこういうシーンを適度に挟んで最後まで同じ気分で聴ける環境を整えます。
内臓愛撫あたりは普通に解除したら後に残りそうなプレイですから
晴れやかな気分にしてから元の世界へ送り出すのは良いことです。
精気や魂を吸い取られて死ぬこともありませんし、後味も考えて作品を組み立ててます。

催眠は最初のメトロノームを使うシーン以外ほぼずっとイメージを駆使します。
手足を脱力させることに注力してるので重さが最も感じやすいです。
また澪が瞬間的にヒプノワールドへ戻す時に軽い落下感がありました。
イメージを苦手にしてない人なら比較的入りやすいと見ています。

エッチは時間が100分近くあるのを利用してどれも細かく描写します。
プレイの種類はそれほど多くせず、ひとつひとつをリアルに楽しませるスタイルです。
おまんこの鑑賞や舌で尿道を責められるプレイは特に生々しく感じました。
どちらのパートもセルフを採用してる点も取り組みやすくて良いです。

後編の射精シーンは8回。
淫語それなり、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

イメージが持つ力を存分に活用した作品です。
おまけは10種類の音素材です。

CV:紅月ことねさん
総時間 3:19:09(本編…3:05:23 おまけ…13:46)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
199分で1200円なら割安なので+1してあります。

↑このページのトップヘ