同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ:同人音声 > 全年齢向け

   ● 【炭酸スパ】道草屋-すずな7-barberすずな炭酸スパすーぱー【縁側散髪】
   ● 海中ホテルで過ごすおっとりメイドさんとの癒しの時間【耳かき・シャンプー・マッサージ・安眠】
   ● ぐっすり眠れる耳かきボイス~家出少女を介抱したら何年も居候されてしまった~【全年齢/浅見ゆい様】
   ● 絶対眠れるたっぷり癒やし耳かきASMR生放送
   ● 【寝落ちASMR13時間】99.99%ぐ~っすり寝かせちゃう癒しの安眠屋さん。(極上耳かき・マッサージ・赤ちゃん綿棒・囁き)(後編)
   ● 【寝落ちASMR13時間】99.99%ぐ~っすり寝かせちゃう癒しの安眠屋さん。(極上耳かき・マッサージ・赤ちゃん綿棒・囁き)(前編)
   ● -本格耳かきコース-ヒーリングサロンシエル
   ● 【シェイカー・水音・催眠風囁き】おしごとねいろ ~バーテンダー編~【CV.上田麗奈】
   ● ー癒しのひなコースーヒーリングサロンシエル
   ● ぐっすり眠れる耳かきボイス 雨降る樹海と人さらい




サークル「桃色CODE」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、優しくてしっかり者の店員さんが
遠路はるばるやって来たお客を健全なサービスでじっくり癒します。

季節感を出しながら彼女が得意とする散髪を長めにやるのが特徴で
花火、風鈴、セミなど夏にちなんだ効果音や環境音をいくつも盛り込み
さらに炭酸を使うシーンを複数用意して没入感と清涼感を与えます。
暑い夏を音で涼しく
道草屋の店員すずなが散髪、ヘッドスパ、耳かきをするお話。

「旦那様 こんばんは お久しぶりです」
すずなは明るくて素朴な声の女の子。
ある日の夜、バスに乗って道草屋の近くまでやって来た主人公を迎えると
腕や首筋に虫よけスプレーをかけてから案内します。

本作品は道草屋メンバーの中でも一際真面目な性格をしてる彼女が
何度もお世話してる彼をおよそ140分に渡ってじっくりもてなします。
夜の小道、barberすずな・夏の和室編、barberすずな・炭酸スパすーぱーと3つのシーンに分かれており
それぞれでやることを変えながら効果音や環境音を組み合わせてリアルに表現します。

今作は夏のお話ということでこの時期に合った音を中心に据えてます。
祭りでやる大きなものじゃなく、お店で買えるタイプの打ち上げ花火を眺めたり
セミの声や風鈴の音を鳴らしながら涼しさを感じるサービスをします。
暑い印象の音ばかりだと落ち着けないので、風情や静けさといった別方向の音をよく使います。

タイトル通り炭酸を使ったサービスが充実してるのも大きな特徴です。
主に最後のシーンでヘッドスパ、髭剃り、マッサージ、トリートメントが立て続けに出てきます。
同じ炭酸でも個体、液体、泡と質感を変えてそれぞれに合った爽やかな音を鳴らしてました。
アイスを食べるシーンもあったりと、聴いててスッキリするように上手く調整されてます。

総時間が長めなのでセリフも結構入ってますが
サービス中は無言なことのほうが多いですからASMR系の作品だと思います。
彼女たちの何気ない会話も場を和ませる重要な役割を果たします。
暑さでバテてるのか普段よりもだらっとしてる印象を受けました。
散髪&ヘッドスパ重視の爽やかなサービス
最初の「1-夜の小道(約35分)」は主人公が道草屋に到着する前のお話。
普段よりも遅い時間に最寄りのバス停へ到着し、歩いてたところをすずなが迎えに来て合流します。
そして途中でたまたまやってた花火を眺めたり炭酸飲料を飲んで涼みます。

芹「ほんとに誰もいないですからねー どっちを見ても暗がりばっかりで もう人よりお化けのほうが多そうですよ」
すずな「そういうのはいないです この時代には絶滅しました」
ここは道草屋の店主である芹が同行してるので2人の掛け合いを楽しむことができます。
冗談を言ったり子供っぽく振る舞う芹にすずなが突っ込みを入れることが多く
暗くて静かな夜とは違う明るい空気が漂ってます。
環境音は虫やカエルの鳴き声が中心になってて割と控えめです。

花火のシーンは「ぱぁん」というクリアな破裂音が散発的に鳴ります。
大きな打ち上げ花火よりも音が軽い代わりに位置が近いです。
線香花火や手で持つ棒状の花火とも違ってて音選びが巧みに感じました。
道草屋は花火が出てくる過去作がいくつかあるので、それらと被らないように気を配ってます。

続く「2-barberすずな・夏の和室編(約41分)」は翌朝のお話。
すずなが最も得意としてる散髪で彼の髪と心をスッキリさせます。
ちなみに本作品は頭のケアにおよそ70分もかけてます。

「朝からセミは元気ですね セミも暑いから 木から離れないんでしょうか」
夏に関する雑談や気配りする言葉をかけながら
霧吹きで髪を湿らせる、2種類のハサミを使い分けて整える
軽く部屋を掃除してからシャンプーをかけるなどプロらしい流れるような手つきで進めます。

すずなは過去作で何度も散髪をやってますからハサミさばきも軽快です。
通常のハサミはシャクシャク、すきバサミはサクサクとやや質感の違う金属音を
頭全体へゆっくりスライドさせる感じに動かしてました。
散髪中に歌を披露するところにも心の余裕が窺えます。
カランコロンという竹風鈴の音も時折鳴っててこの空間を音と会話で見事に表現してます。

そして最後の「3-barberすずな・炭酸スパすーぱー(約65分)」では
本作品の持ち味となる炭酸を使ったサービスが続々登場します。

洗面台に水を浸してから炭酸タブレットを投入し
そこに頭を浸して音を楽しみながら髪と頭皮を綺麗にします。
他にも泡をその場で作ってからする髭剃り、剃り跡を炭酸水で綺麗にするマッサージ
ムース状のトリートメントを髪全体に多めにつけるサービスなど泡尽くしの内容です。

炭酸はしばらく経つと抜けてしまうので
タブレットを途中で追加したりトリートメントを再度吹きかける動作を挟んでありました。
炭酸水はシュワシュワ、炭酸入りトリートメントはパチパチと違った音が鳴っててどちらも爽やかです。

いのこ「いいですなーそれ」
すずな「涼しいですよ」
またここからは後輩店員にあたるいのこが加わりすずなと雑談します。
彼女は一緒に何かをするのではなく、近くで寛ぎながら時折会話する友達っぽい位置づけです。
いのこのほうが年上だからなのでしょうけど、すずなが丁寧語で相手するのが印象的でした。
何気ない会話を通じて彼女の真面目さや礼儀正しさを表現してます。

このシーンがやはり本作品における一番の聴きどころだと思います。
時間が最も長い、炭酸を使ったサービスが充実してる、雑談による雰囲気作りもバッチリと
個性をしっかり持たせたうえで癒されるように作られてます。
耳かきは左右合わせて20分程度ですから、散髪やヘッドスパのほうがずっと存在感は大きいです。

このように、多種多様かつリアルな音とゆるーい会話を組み合わせた夏らしい物語が繰り広げられてます。
自然と引き込まれる作品
道草屋の世界に入り込んだような気分が味わえる優れたASMR系作品です。

すずなは暑い日にわざわざ道草屋まで来てくれた主人公を満足させようと
最寄りのバス停まで出かけて案内しながら雑談したり花火を見て楽しみます。
そして翌日は比較的涼しい時間に散髪、ヘッドスパ、耳かきをじっくりやって癒します。

気配り上手で散髪の腕もある店員さんが夏の日に様々なサービスをするノーマル向けのシチュ
シーンごとにやることを変えながら季節感のある音を鳴らして没入させる作り
水や炭酸にまつわるサービスを中心に据えて涼しさを与える演出。
キャラ、音、世界観のすべてがしっかりしてる総合力の高い作品に仕上がってます。

中でも3番目は耳かきの割合を普段よりも落とす代わりに散髪やヘッドスパを強化し
さらに炭酸というテーマも設けて幅広く表現する非凡なところを見せてくれます。
同じ炭酸を使うサービスでもパートによって音を使い分けてるのが素晴らしいです。
シュワシュワ、パチパチした音も耳に心地よく夏の暑さを軽減してくれます。

すずな「屋台が欲しくなりますね」
芹「イカ焼きとかねー あとあのー…炭酸?」
あとは芹やいのこといった砕けたキャラを登場させることで、すずなとの対比を鮮明にしようとしてます。
彼女が格別お堅い性格をしてるのではなくそれが自然体なのだと思います。
一対一の時も普通に話しますから変化をつけるための工夫と見るのが妥当です。

以上を踏まえてサークルさんでは28本目の満点とさせていただきました。

CV:すずな…藤堂れんげさん 芹…雁庵うずめさん いのこ…箱河ノアさん
総時間 2:22:27

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります



サークル「いつきんぐだむ」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介するサークルさんの処女作は、小さな島のリゾートホテルで働いてる女の子が
仕事でやって来たお客に様々な癒しのサービスをします。

リアルな効果音と環境音を組み合わせたASMR色の強い構成が魅力で
水が揺れたり泡が弾ける音をバックで鳴らして海中ホテルらしさを演出しながら
昼は比較的コンパクトに、夜は時間をかけてゆっくり耳かきやマッサージをして心地いい眠りに導きます。
音の質感や動きにとてもこだわってますから、ASMR作品をよく聴いてる人でも満足するでしょう。
海中ホテルでたっぷりリフレッシュ
夏村しずくが耳かき、シャンプー、マッサージをするお話。

「い、いらっしゃいませ ホテル夏村へようこそ」
しずくは丁寧語で話す可愛い声の女の子。
宿泊の予約を取った主人公を明るい態度で迎えると
自己紹介してから海中フロアへ案内します。

本作品は両親が経営してるホテルで働いてる彼女が
旅行関係の仕事をしてる彼をおよそ140分に渡ってもてなします。
タイトル通りここには海中に沈んでるフロアがあり
部屋に着いた直後からブクブクという水の音がバックで流れ続けます。(流れないバージョンもあります)

耳かき作品で環境音を取り入れてるものはよく見かけますが
川や波の音ではなく水中の音を使ってるケースは非常に珍しいです。
今のような暑い季節との相性も良く、清涼感を味わいながら聴くことができます。

効果音についても処女作とは思えないほどレベルが高いです。
耳かきは耳かき棒、2種類の綿棒、梵天の違いをほぼ音だけで表現しますし
それ以外のサービスも細かなところにまで気を配ってて臨場感があります。
ちょっとした物音もきちんと鳴るので実際にお世話されてる気分が味わいやすいです。

個人的には動きの多彩さ、きめ細かさが一際印象に残りました。
同じマッサージでも数秒単位で位置、速度、リズム、手の動かし方が変わりますし
肩の時は滑らかな摩擦音、こめかみのあたりはジョリジョリした音と部位に応じて音を使い分けてます。
同じ音を垂れ流すようなものとは違うのでずっと聴いてても飽きが来ません。
一部のシーンでは耳や頭に軽い振動が伝わってきて心地いいです。

もうひとつ、物語を大きく昼と夜のふたつに分けてあり
昼はちょっと暇な時にも聴けるくらいコンパクトにこなします。
そして夜は寝ながら聴くことも想定してひとつずつじっくり丁寧に進めます。

昼は43分、夜は92分ですから2倍以上の時間差があります。
サービスの内容にも違いがありますし、ライト層からヘビー層まで幅広く楽しめるように作られてます。
音重視の優しいサービス
チェックインを済ませた後に始まる2パート43分間は昼の部。
「02マッサージでリフレッシュ(約23分)」は肩、頭皮、耳のマッサージ
「03耳かきでちょこっと休憩(約20分)」は3種類の器具を使い分ける耳かきをします。

「では次に 手を軽く握って 肩を叩いていきますね」
そして本作品の売りである高品質な音が早速威力を発揮します。
しずくは何をするかの説明や軽い雑談をする程度に留め
それ以外はほとんど音だけで表現して耳と心を癒します。
耳に優しい音ばかりですから途中で眠くなる人が結構いるでしょう。

マッサージは「さすさす」という滑らかな摩擦音を鳴らして肩を擦るところから始まり
首筋のあたりを小刻みに擦る、拳を作って肩を左右交互にとんとん叩く
手を組んでから甲を肩にぺしぺし打ちつけるなど多種多様なお世話をします。
同じサービス内でも音や動きが頻繁に変わっててプロらしい流れるような手つきを披露します。

また02パートは物語の序盤にあたるため、2人がどんな人物かにも触れてます。
このへんは聴いてのお楽しみとさせていただきますが
主人公にも職業や来歴を設定してるのはなかなか珍しいなと。
音重視の作品だからこそ、必要最低限の会話でキャラに魅力を与えようとします。

03パートはASMRの王様とも言える耳かき。
膝枕の状態で右耳→左耳の順に竹の耳かき棒、綿棒、梵天を使って綺麗にしてから
最後に弱めの風圧で3回くらい息を吹きかけます。

「ごそ ごそ 奥のほうまでしっかり 綺麗にしますね」
耳かき棒は「ずぞぞっ」という乾いてて若干尖ってる音
綿棒は柔らかく丸みを帯びてて時折パチパチする音
梵天は滑らかでふわふわした音と器具の特徴を捉えた音を鳴らしして良いです。
動きについてもそれなりの違いが見られますし、耳かき音声を研究されてるのが窺えます。

時間に対するサービスの種類が多い影響でひとつひとつの音を鳴らす時間は短くなってますが
これについては次の04パートでたっぷり聴けるようにしてバランスを取ってます。
耳かき棒は若干響く音、綿棒と梵天は広さと柔らかさのある音で聴けば聴くほど心が穏やかになります。
バックで流れ続ける海中の音も相まって癒しの空間が形成されてます。

続く2パート92分間は音をじっくり楽しみたい人や安眠のお供に使いたい人向けのサービス。
「04耳かきでぐっすり安眠(約50分)」は色んな手段で耳の外側を綺麗にしてから耳かきへ移り
「05ヘッドスパですっきり快眠(約42分)」はジェルボールとシャンプーで主に髪をケアします。

「このオイル いい匂いですよね ラベンダーの香りなんですよ」
04パートは最初の20分間を耳マッサージ、残り30分間を耳かきに費やします。
泡マッサージ→オイルマッサージと繋いで音の違いを楽しみやすくしたり
それらを拭き取ってから広めのブラシで撫でるシーンもあってきめ細かいです。
耳かきで鳴らす音は03パートとほぼ一緒ですが綿棒だけは若干違うものにしてました。
本作品で最も時間が長いですから寝ながら聴くのに向いてます。

「いかがですか? マッサージと言えばオイルですが ジェルボールも気持ちいいですよね」
最後の05パートは清涼感のある音が充実してます。
冒頭のジェルマッサージは耳の内側全体で弾力のある水音をゆっくり擦る感じに動かし
その後は通常のシャンプーと炭酸シャンプーを使い分けてリフレッシュを後押しします。
シャンプーは動きにとてもこだわっててサークルさんの意気込みを感じました。
頭部全体を小刻みに擦ったり優しく撫でる音が目まぐるしく動きまわります。

炭酸シャンプーは使い始めた直後だけシュワシュワした音が鳴るもので
髪につけて擦る時は普通のシャンプーに近い音になってました。
途中で継ぎ足すシーンを挟むため音の違いは出てるんじゃないかなと。
終盤のドライヤーは耳に風が当たるたびに「ぼぼぼぼ」という音が鳴り、軽い圧迫感もあります。

このように、水中の音を楽しませながら多種多様な音をお届けする癒し一色のサービスが繰り広げられてます。
音で涼む作品
音を通じて癒し、眠気、涼しさを感じられる良作です。

しずくは遠路はるばるやって来た主人公の心身をスッキリさせようと
昼の部は比較的短い時間で肩から上のマッサージや耳かきをします。
そして夜はどっしり腰を据えて長時間の耳かきとヘッドスパをします。

海中部屋を持つリゾートホテルで働いてる女の子が旅行客をもてなすノーマル向けのシチュ
サービスする時はどのパートも音の量をセリフよりも遥かに多くし
多種多様かつリアルな音を上手に動かして臨場感を出すASMR系の作り
全編を昼と夜に大きく分け、それぞれに違った特徴を持たせる聴き手に寄り添った演出。
このところ競争が激化してる全年齢向けでも余裕でやっていける作品に仕上がってます。

中でも音は厳しめに見ても「特に問題なし」と言えるくらい完成度が高いです。
録音環境が良くなったおかげで音の質感は新規のサークルさんでもそれなりの水準に達するのですが
動きについては経験や技術の有無で相当に大きな差が出ます。
YoutubeでASMR動画を掲載されてる方ですから、そのへんの理解も深いのだと思います。

あとは場所を海中ホテルに設定してそれに合った音を流すのも良いです。
耳かき音声は無料、有料ともに現時点でかなりの数が出てるので
独自の要素を取り入れてそれらとの差別化をきちんと図ってます。
暑い季節に涼を与える意味合いが生まれてますし、耳かきやマッサージとは別方向の癒し効果があります。
表現力、発想力、分析力のすべてが揃ってるから素晴らしいと言うのです。

以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。
1作目でここまでのものが作れるのなら今後のご活躍も大いに期待できそうです。

CV:棗いつきさん
総時間 2:21:09

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月7日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「チームランドセル」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、名前も年齢も不明な家出少女が
偶然会った男性と同棲を始めて色んなお世話をします。

キャラと音の両方に力を入れてるバランスの取れた作りが魅力で
前者は様々な会話を通じて彼女の背景や心情が少しずつわかるようになり
後者は効果音、環境音、ピアノBGMを組み合わせて静かで落ち着ける空間を作ります。
女の子と過ごす静かで満たされた日々
少女が耳かき、シャンプー、添い寝をするお話。

「あれ? お兄さんは… 学校の先生 ですか」
少女は明るくて穏やかな声の女の子。
とある冬の日、公園のベンチで寝てたところを主人公に見つかると
追い返そうとする途中に気を失ってしまいます。

本作品は理由があって家出したものの路頭に迷ってた彼女が
彼に拾われ自宅で引きこもり生活を送る様子をおよそ130分に渡って描きます。
出会った直後、2年後、3年後、4年後とパートによって時期が大きく変わり
その中で色んな会話をしながら彼女自身も成長していきます。

「正直 昔のことは 思い出したくないんです」
物語が始まった直後の彼女は年齢や素性がまったくわからない謎の人物。
同棲させてくれた彼に感謝する一方で、自分のことになると口を閉ざす態度を取ります。
しかし長い年月を一緒に過ごすにつれて心境に変化が表れ
終盤に差し掛かると自分が何者か、どうしてこのような生活を続けてるのかをぽつりぽつりと語ります。

物語が進むにつれて背景が少しずつわかるようになってますから
最初は引っ掛かるところがあったとしても、最後まで聴けばスッキリした気分になるでしょう。
ASMR系の作品ですがしゃべる時とそうでない時をはっきり分けてるおかげで
音と会話の両方をバランスよく楽しむことができます。

チームランドセルさんと言えば最中に鳴る音も大きな魅力です。
各サービスでは優しくてリアルな効果音が至るところで鳴りますし、季節や天候によって環境音も変わります。
また一部のシーンでは雰囲気に合ったピアノBGMを流して別方向から彼女の内面を表現します。
(BGMは流れないバージョンも入ってます)

「ぐっすり眠れる」のタイトル通り、眠りを妨げない音ばかりで耳に心地いいです。
音だけが鳴る時間も長めに用意されてて静けさを感じました。
環境音は雨の音、セミの鳴き声、風が木々の葉を揺らす音などが流れます。
同じ雨でもパートによって鳴り方が変わっててこだわりが見られます。

謎の少女にお世話されながら徐々に仲良くなるシチュと
効果音、環境音、音楽を組み合わせた安眠重視の作り。
キャラと音の両方に個性を持たせた静かでほのぼのしてる作品です。
ドラマ性を持たせた癒しのサービス
2分程度のドラマパートの後から始まる2パート65分間は耳に特化したサービス。
「2年後 真夜の目覚め(耳ふー・添い寝)(約17分)」は会話と息吹き
「3.雑談耳かき(約48分)」は右耳→左耳の順におそらく綿棒を使って耳かきします。

「ふふっ (耳が)ほんとに弱すぎ 絶対学校でいじられてるでしょ?」
主人公と初めて会った時は家に行くのを嫌がってましたが
その後2年も居ついてるところを見ると気に入ったのでしょう。
自分から積極的に体を密着させて耳に優しい風を送ります。
また近頃ある活動をしてるらしく、それに関するお話も少しだけ出てきます。

やることは至ってシンプルですから雰囲気作りと見るのが妥当でしょう。
年上の彼を弟扱いするシーンもあったりして世話好きなキャラに描かれてます。

続く耳かきパートは最も長い時間を割いてるだけあって癒しと安眠効果が高いです。
「くしゅっ」という面積広めで柔らかく乾燥した音を
奥から手前へ掻き出したり耳の壁をなぞるようにゆっくり動かします。
始める直前にプラスチック製の容器の物音が鳴ってることや
耳かき音自体の質感を見て耳かき棒ではなく綿棒だろうと予測してます。

時間をほぼ半々に分けて丁寧にやってくれますから
横になって聴いたら寝落ちする人がそれなりにいると思います。
音楽がない代わりに優しい雨音が流れて静かな空間を作り上げてます。
あとは彼女の吐息も結構入ってて近さを感じました。

「でも 私のおすすめは 冷凍餃子です 最近気づいたんですが やつめっちゃ万能です」
最中に交わす何気ない会話の数々も癒しに大きく役立ってます。
彼が学校で働いてる間に食べてる冷凍食品の話をしたり
彼の性癖に関する質問をするなど、多少踏み込んだことも入れて仲の良さを表現します。
数分無言で耳かきを続けてから少し話すのを繰り返します。

「4.シュワシュワにしてやんよ(炭酸シャンプー)(約28分)」は音の個性が強いパート。
さらに1年後、今度は夏の日に炭酸シャンプーで頭と心をスッキリさせます。

最初は水かお湯で髪を湿らせてるだけなので割と乾燥した摩擦音だったのが
炭酸シャンプーが登場するとパチパチした独特な音の割合が一気に増えます。
炭酸水との違いが音にはっきり出ていて清涼感がありました。
パート終盤にはシャワー、タオル、ドライヤーといった別の音も加えてリアリティを出します。

「いい匂いでしょ お揃いですよ 私と同じ匂い」
そしてこのへんまで来ると彼女もすっかり懐いてます。
恋人よりも妹に近い距離感で楽しそうにお世話してました。
彼女が以前からやってる活動に関するお話が再び出てくるなど
ボイスドラマとしても楽しめるように物語が少しずつ進行します。
どちらかと言えば音重視のパートですけど、何気ない会話に彼女の愛がにじみ出てます。

そして終盤の2パートは彼女のことや物語の背景がわかります。
「5.さらに2年後の夜(添い寝 心音)(約16分)」は2人が出会ってから5年後
「6.公園で添い寝(約19分)」はさらに後の出来事です。

内容を紹介するとネタバレになるので完全に伏せますが
謎だった部分が明らかになったことによる爽快感と
純粋に「あぁ 良かったなぁ」という満足感が得られました。
このシーンは音よりも会話のほうが存在感は大きいです。
キャラも音も楽しめる作品
耳かきやシャンプーといったASMRでは定番のサービスと
他人同士だった男女が同棲を通じて仲良くなる物語を組み合わせた総合力の高い作品です。

少女は衰弱してた自分を介抱し、同居までさせてくれた主人公に少しでも恩返ししようと
耳への息吹き、耳かき、シャンプー、添い寝といった健全なご奉仕をします。
そしてこれらの様子を色んな音で表現しながら何気ない会話も挟んで彼女の魅力を引き出します。

家出少女と年単位の同棲をして仲良くなるノーマル向けのシチュ
効果音、環境音、音楽を組み合わせて癒しと眠気を与える高品質なサービス
パートごとに1年進む流れにして彼女の成長や変化を描く演出。
ASMRの要所を押さえたうえで独自の要素を盛り込み癒しのパワーを上げてます。

「ちょっと行き詰った時に お話を聞いてくれる人がいるのは ありがたいですね」
中でも3番目は彼女なりに考えたり悩んでるのが伝わってきて人間味があります。
彼の家に引きこもってる状況だけを見れば単なる怠け者ですけど
それに甘えっぱなしにならず頑張る様子も描かれてます。
「女の子が耳かきしておしまい」じゃないからキャラが立ってるわけです。

音の良さが活きるように会話とのバランスや配置にも気を遣ってますし
かれこれ4年以上癒し系作品を制作されてるサークルさんの底力を感じました。
キャラが好きな人、音が好きな人どちらでも楽しめる作品に仕上がってます。

おまけは作中音楽3曲と安眠トラック4本です。

CV:浅見ゆいさん
総時間 6:46:28(本編…2:11:18 おまけ…4:35:10)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月14日まで30%OFFの924円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「いちのや」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、大学に通いながらネット配信もしてる穏やかな女の子が
様々な器具や声を使ったASMRサービスで視聴者たちを癒します。

序盤から中盤にかけては音、終盤は言葉でお世話する安眠重視の作りが魅力で
全編を通じてセリフごとの間を長めに取り、さらに囁き声で話して落ち着ける雰囲気を作ります。
音もメジャーなものから珍しいものまで数多く取り揃えており
眠りを妨げないようどれも優しい質感に揃えてます。
癒しの音で眠りの世界に
星野みさきが健全なASMR配信をするお話。

「はーい うん、音入ってますね こんばんみいー 今夜も 来てくれてありがとうございます」
みさきは丁寧語で話す甘い声の女の子。
配信を見に来てる人たちに耳元から挨拶すると
初見さん向けの紹介もしてから軽く雑談します。

本作品はまだ配信を始めたばかりだけど清楚な声と技術で人気を得てる彼女が
多くの視聴者を相手におよそ120分に渡る癒しのサービスを行います。
序盤から中盤にかけては音、終盤は声や言葉とふたつの要素を組み合わせ
その両方を安眠特化の作りにすることで眠りやすい環境を作ります。


サークルさんが「とにかく眠れる!」とおっしゃられてる通り
聴けば聴くほどリラックスと眠気の両方が強くなります。
全編を通じて落ち着いた様子で配信を続けますから寝ながら聴くのにも向いてます。

そう言える具体的な理由をいくつか挙げると
まず彼女は最初から最後までセリフの間をやや長めに取りながら囁き声で話します。
声量を控えめにする代わりに耳元でしゃべるシーンが多く
彼女がすぐ近くにいる感覚に浸りながらサービスを楽しむことができます。
常に丁寧語で話しますが、これのおかげで別に堅苦しさは感じません。

音についても耳に優しいものばかりで安眠を妨げない工夫がされてます。
王道の耳かきを押さえたうえであまり見かけないものにも挑戦してました。
サービス中は何をするかの説明以外はほとんどセリフを挟まないので静かです。

時間に対する音の種類を少なめにしたうえで
ひとつひとつの動きにこだわり単調さをなくしてます。
梵天だけで12分くらいやりますし、特定の音をじっくり楽しみたい人にはとても向いてます。
静かで落ち着いたひと時
一番最初の「01配信開始フリートークとオノマトペ(約17分)」は雰囲気作りも見据えた雑談パート。
挨拶を済ませてからオノマトペを耳元で言うサービスをしたり
視聴者たちのコメントに答えて生配信らしさを出します。

「あなたの毎日に 癒しを届けられてるんだったら それは幸せなことだなーって 思っちゃいますね ありがとうございます」
サークル主の一之瀬りとさんは意地悪なキャラを演じることが割と多い声優さんです。
しかし本作品に限ってはそういう部分がまったくなく、視聴者たちと真面目に向かい合う姿勢を見せます。
アドリブっぽいセリフがあまりないのもそのへんを表現したかったからかもしれません。
変にはしゃいだりもしないので落ち着いた気分で聴くことができます。

ASMRらしさが出てくるのは次のパートから。
「02いろんな種類の化粧筆でリラックス(約26分)」は化粧筆
「03ふわふわ手袋とパフでお顔とお耳のマッサージ(約26分)」は柔らかい手袋とパフ
「04左右耳かきと梵天の癒やしタイム(約26分)」は耳かき棒と梵天を使って色んな音を鳴らします。

「頭の上から 後ろから 耳元から …くすぐったいですか?」
02と03パートは女の子らしさを感じるやや珍しい音が登場します。
化粧筆は「すすっ さすさす」みたいな滑らかな音から始まり
左右を適度に切り替えながら器具も変えて音に違いを持たせます。
また視聴者が実際されてる気分が味わえるようセリフでも軽くフォローします。

中盤に使う歯ブラシのような形状の化粧筆は質感に多少の硬さとざらつきがありました。
大きいものと小さいものでは面積の違いがありますし
本作品の特徴が早速出ていて心地いいです。

03パートは序盤が手袋を装着したままするマッサージ
中盤は手袋を外して素手でするマッサージとタッピング
終盤はパフ&耳への息吹きとなかなか幅広い手段でお世話します。

手袋と素手で音に明確な違いがあるのが良いですね。
前者はさらさらした平べったい摩擦音、後者はそれよりもしっとりしてて弾力のある音が鳴ります。
タッピングや手で耳を塞ぐ時は軽い閉塞感も味わえてリアルでした。
セリフの量も非常に少なく、本気で寝かせようとする彼女の気持ちが込められてます。

04パートの耳かきはタイトルについてるだけあって質が高いです。
前半は耳かき棒、後半は梵天に分けてそれぞれを丁寧に行います。
耳かき棒は「じょすっ」という乾いてて若干尖った音を鳴らしてますが頭に響くほどではありません。
ここも安眠のお供に使えるよう力を弱めて聴きやすくしてます。
梵天の時間を長めに取ってるのも本作品のテーマに合ってて良いです。

続く2パート24分間は声を使った癒し。
「05あまあま好き好き連呼ささやきで口説かれちゃう(約13分)」は愛の言葉
「06頑張ってるあなたを全肯定でささやき励まし(約11分)」は甘やかす言葉を時間いっぱい投げかけます。

「好き だーい好き 好きだよ 好きです」
「辛くなったら お休みしたり ゆっくり寝たり ゆっくりゆっくりいきましょ」

どちらもキーワードを定めて表現を変えながらのんびり言ってました。
音に比べて内容がやや単調かなぁと思うところもありますが
頭を空っぽにしたまま聴けるように、わざとシンプルな表現にしてるのかもしれません。
今まで会話量が極端に少なかった分をここで補ってます。

このように、リアルで優しい音と囁き声で癒すタイトル通りのサービスが繰り広げられてます。
耳に優しい作品
通常の視聴だけでなく睡眠中も無理なく聴けるように調整したノーマル向け作品です。

みさきは自分の配信を見に来てくれた人々に癒されるひと時を提供しようと
ほぼ全編でセリフを区切りながら囁き声で話します。
そしてASMRはメジャーなものからマイナーなものまで手広く行い
そのひとつひとつに十分な時間を設けてのんびり聴けるように進めます。

清楚で穏やかなJDがリアルタイム配信で視聴者たちを癒す今風のシチュ
効果音、オノマトペ、心温まる言葉を組み合わせて行う音重視のサービス
囁き声でゆっくりのんびり語りかける彼女のキャラ。
ASMR作品ということで音の良さが活きるように組み立ててます。

安眠を強く見据えた構成になってるので刺激的な音はほとんど出てきません。
そのせいで大人しい印象を受けるのですが、作り込みはしっかりしてて安定感があります。
耳かき特化の作品というわけでもないですし、他との差別化ができてると思います。
眠らせる作品だと理解して聴けばきっと満足できるでしょう。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:一之瀬りとさん
総時間 2:04:06

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月4日まで30%OFFの924円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



【寝落ちASMR13時間】99.99%ぐ~っすり寝かせちゃう癒しの安眠屋さん。(極上耳かき・マッサージ・赤ちゃん綿棒・囁き)(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「02_眠くなる音(声なし)」の様子を中心に紹介します。
ひとつの音をたっぷりお届け
最初の2パート77分間は耳かきに関する音。
「01_竹の耳かき(声なし)(約47分)」は竹の耳かき
「02_綿棒の耳かき(声なし)赤ちゃん綿棒あり(約30分)」は綿棒を使って時間いっぱいお世話します。

わざわざ「声なし」と書いてあるようにこのシーンは全パートセリフがありません。
吐息も流れませんから本当に音だけを楽しむ感じになってます。

また色んな種類の音を鳴らすことを意識してた本編とは違い
ここでは基本的に単一の器具を使うシンプルな構造をしてます。
10秒程度の短い間隔で動きやリズムが変わるため単調な印象は特にしません。
様々な動きを披露して癒す別方向のASMRが繰り広げられてます。

01パートは左耳を奥から手前に大きく掻き出したり
浅いところを小さく擦る感じに動くところから始まります。
そして5分ほど経つとペースが上がり、その2分後には逆に遅くなります。
長時間聴いても頭が痛くならないように、煤竹耳かきよりも幅が広く丸みを帯びた音を鳴らしてました。

こういう場合パートの前半は左耳、後半は右耳と分けることが多いのですが
本作品では早い段階に右へ切り替え、さらに一部で両耳を同時にケアするシーンを挟みます。
これも単調さを防ぐための工夫なのかなと。
普段は別々ですが左右のリズムを完全に合わせて掻き出すこともあります。

時間が長いことや音を通じて伝わってくる刺激がやや強いことから
安眠する時に聴く場合は音量を下げておいたほうが妨げにならないと思います。
耳かき棒の中では尖りが少ないものを採用してるおかげで耳に優しいです。
手前と奥の違いも音でちゃんと表現されてて本編と同じく質が高いです。

02パートは乾燥した綿棒を使ってるので耳かき棒よりも音が柔らかくなってます。
大小様々なストロークとリズムで耳の壁を撫でることが多く
面積も広めでこちらのほうが安眠のお供に適してます。

パートの前半は5分くらいの間隔で左右を入れ替えてたのが
後半に入ると左右同時に鳴らしたり切り替える時間が短くなります。
実況を一切しないので通常の綿棒と赤ちゃん綿棒の違いはよくわかりませんでした。
暑い季節によく効く泡音
続く2パート46分間は炭酸を扱うサービス。
「03_炭酸の中(声なし)(約31分)」は炭酸が入った水の中に頭を入れ
「04_炭酸氷(声なし)(約15分)」は炭酸水と氷が入ったグラスの音を耳元で聴きます。

前者は炭酸特有のシュワシュワした音よりも
プールに潜ってる時のような水の揺れる音や弾ける音を楽しむ感じになってます。
一応パートの序盤は清涼感のある音が鳴りますが、割と早い段階に炭酸が抜けてしまうので
それ以降は水に頭を突っ込んでる時の音がメインに変わります。
手で水をかいてるのか水の揺れる音が割と頻繁に鳴ってました。

それに対して後者は耳だけで炭酸を感じます。
最初にたぶん缶だと思うのですが、グラスに炭酸水を注ぐシーンがありまして
泡がパチパチ弾ける音が耳のすぐ近くで聞こえます。
また数分単位で中をかき混ぜる動作があって、その時は氷がグラスにぶつかる音が鳴ります。

ASMRではよく使われる音なのでこれ自体は全然問題ないですけど
03パートと同じく5分くらい経つと泡の音がほとんど聞こえなくなってしまい
それ以降は無音に近い状況になってたのは残念です。
数分間隔で継ぎ足す形にしたほうがより長く音を楽しめたと思います。
あるいはパートの時間をもっと短くするのもいいでしょう。

最後の「05_タッピング(声なし)(約17分)」は音の幅広さが魅力のパート。
指を使って何かを優しく叩く音を数分間隔で切り替えながら流します。

左右の耳を直接とんとんしてるような音から始まり
一旦中央に移動してから今度はこめかみのあたりを擦るジョリジョリした音へ変わります。
それからガラス瓶を叩く音、紙コップを叩く音、プラスチック製の容器を叩く音など
前の4パートとは違いテーマを揃えたうえで色んな質感の音を鳴らしてました。
ここだけは本編の内容に結構近いように思えます。

このように、声やセリフを一切使わず音だけで表現する本作品らしいサービスが繰り広げられてます。
癒しと安眠効果の高いASMR作品
全年齢向けのありとあらゆる音を網羅してる豪華な作品です。

パトラさんは仕事を頑張りすぎて心身共に疲れてる主人公を元気にしようと
首から上のマッサージ、耳かき、心のケアで体の内外を綺麗にします。
そしてこれらの大部分をリアルな音で表現し、サービスの種類も増やして耳を楽しませてくれます。

VTuberとして活躍中の温和な悪魔が心を込めてお世話するノーマル向けのシチュ
音の質、量、幅広さのすべてにこだわってるASMR成分の強いサービス
本編は多種多様な音を聴かせる、眠くなる音は単一の音を色んな動きで鳴らすといったように
同じASMRでもシーンによって異なる特徴や方向性を持たせた構成。
13時間もある状況を活かしてあらゆる音や要素を詰め込んだ決定版みたいな作品に仕上がってます。

中でも2番目は前作の長所を継承しつつボリュームをさらに増してて素晴らしいです。
これだけ音が豊富なら聴き手の様々なニーズにも応えられるでしょうし
「ASMR作品で何かひとつ選ぶとしたら?」という質問に対する答えとして挙げられます。

あとはVTuberなのに敢えて音で勝負する姿勢が私は好きです。
昨年あたりから全年齢、18禁を問わずVTuberが出演する作品が結構出てますけど
そのほとんどは中の人がしゃべったり演技するのをメインに据えてます。
でもパトラさんの場合は自分を一歩後ろに下げて音を前面に押し出してます。

自分の音作りや編集技術にそれだけ自信があるのでしょう。
チャンネル登録者数45万人というアドバンテージがあるのは否定しませんが
それにあぐらをかかず他のASMR作者と同じ土俵に立とうとしてるのも事実です。
このへんもASMR・オブ・ザ・イヤーを受賞した理由のひとつだと思います。

前編の初めのほうで書いたようにこの作品に点数はつけません。
ですがASMRに興味があるすべての人におすすめします。

おまけは「01_お昼寝を起こしてあげるね」と「02_2時間ASMR(LIVE視聴版)」です。

CV:周防パトラさん
総時間 13:32:55(01_本編…3:23:48 02_眠くなる音(声なし)…2:20:46 03_シチュエーション…4:02:15 04_マニアックフォルダ…59:21 おまけ…2:21:32 フリートーク…25:13)


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月11日まで30%OFFの1001円で販売されてます。
前作も7月11日まで30%OFFの1001円で販売されてます。



サークル「周防パトラ」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、見た目は悪魔だけど性格は天使な女の子が
心と体に疲れを感じてる人をたっぷり癒して眠らせます。

質、量、種類のすべてにこだわったASMR系のサービスが行われており
ヘッドスパ、耳のケア、顔のケア、耳かきなどパートごとに異なるテーマを掲げ
その中で多種多様なお世話をしながらリアルな音を鳴らして心身両面を心地よくします。
耳に優しい音ばかりですから普通に聴くのはもちろん、寝る時のお供にも役立つでしょう。

総時間が13時間もあるので前編(01_本編)、後編(02_眠くなる音(声なし))の2回に分けてお送りします。
人気VTuberが送る癒しのひと時
周防パトラさんが色んなシチュとサービスで癒すお話。

「こんばんは ここに来るの 初めてですよね」
パトラさんは甘く可愛い声の女の子。
突然不思議な場所にやって来た主人公を穏やかに迎えると
自己紹介の後に眠れない人のサポートをしてると告げます。

本作品は喫茶店で働きながら人々に健全なお世話もしてる彼女が
心と体に疲れを感じてる彼を思う存分癒してスッキリさせます。
01_本編(203分)、02_眠くなる音(声なし)(140分)、03_シチュエーション(242分)
04_マニアックフォルダ(59分)、おまけ(141分)と5つのシーンに分かれており
それぞれで違うコンセプトを持たせたうえで音重視のサービスを行います。

当サイトでは基本的におまけ以外のシーンをすべて紹介してるのですが
今回はさすがに総時間が長すぎて無理なので最初の6時間に的を絞って行います。
それに伴い前作と同じく点数は掲載しませんのでご了承ください。

周防パトラさんを知らない人がまだいると思うので先に説明しますと
昨年に発売した「悪魔娘が最高に癒すのでものすごく眠れる」という作品が
2020年のボイス・ASMR部門で累計ランキング1位に輝いてます。
しかも出たのが10月だから実質3か月でそれを達成してるというとんでもない作品です。
今作も全年齢の音声で初めて発売日に1万DLを突破しました。

…といった感じに一見してすごいとわかるわけですが
当サイトではさらに掘り下げてなぜそうなのかを皆さんに伝える方針で紹介していきます。
私も前作を聴く前は「VTuberとしての知名度で売れてるのかな?」と思ってました。
でもこの人に限って言えば人気だけで売れてるわけではないと今は認識してます。

その理由をものすごくシンプルに表すと音の質、量、幅広さのすべてが高水準です。
量は13時間もあればすぐわかることなので説明を省略するとして
質は現在活躍されてる全年齢向けサークルさんの中でもトップクラスに位置するリアルさを持ってます。
単純に質感が良いだけでなく位置、距離、リズム、動かし方、間の取り方など
かなり細かいレベルまで調整されててどの音も耳に違和感なく入ってきます。

同じサービスでも状況に応じて違う音が使われてますし
同一の音を延々垂れ流すのではなく、実際にお世話されてる雰囲気が出るように鳴らします。
タイトルを見ればわかるように本作品は安眠を強く意識してまして
どのパートも耳に優しい音で揃えてそのまま眠っても大丈夫なように作られてます。
本当に99.99%なのかは私にもわかりませんけど、眠りやすさを重視してるのは間違いないです。

幅広さについては例えば本編の耳かきパートだと
耳をブラシで優しく撫でて外側の汚れを取ってから通常の乾いた綿棒で耳の内外をお掃除し
さらにゴム製の耳かき棒、オイルに浸した綿棒、煤竹の耳かき棒と器具を使い分けてじっくりケアします。
当然サービスが変われば音も変化するわけで、専門店らしさを出したり単調さを防ぐことに繋がってます。
その次にも時間は短いですが両耳を梵天や指でかくパートが用意されてます。

今は専門店さながらのサービスをする音声も増えてきてますが
それを考慮してもここまで多種多様な音を聴ける作品はなかなかないです。
音を楽しみやすくするために最中は無言になったり「こねこね」などの擬声語を囁き声で言います。
VTuberなのに主役を音に譲ってるのも彼女の作品が持つ大きな特徴です。
音と言葉で癒す本編
5分程度の雑談を挟んだ後に始まる3パート105分間はマッサージと汚れ取り。
「02_とろけるヘッドスパ&もちもちシャンプー(約36分)」はヘッドスパ、炭酸シャンプー、トリートメント
「03_スペシャルお耳ケア(約46分)」は様々な洗浄をしてからの保湿
「04_スペシャルフェイスケア&ハンドケア(約23分)」は顔や手のパックと
主に首から上をターゲットにしてひとつずつ丁寧にケアします。

「頭皮のほうもこうやって 優しくマッサージするように…」
完全な無言だとさすがに味気ないので何をするかの説明は挟みますが
それ以外はできるだけ会話量を減らして音に集中できる環境を作ります。
擬声語を多めに言ってくれるおかげでほのぼのした雰囲気ができてました。

そして本作品の武器である音が早速大活躍します。
02パートは指で髪越しに頭皮を擦る時はじょりじょりした音が鳴り
その後のパドルブラシを使ったブラッシングは質感が多少硬くなる代わりに間が長くなります。
そして炭酸シャンプーは19分くらいの時間をかけてわしゃわしゃした小気味よい泡音を鳴らします。

ここだけでも色んなサービスが出てきますけど、炭酸シャンプーの存在感が最も大きいです。
頭頂部や側頭部を小刻みに擦ってたかと思えば一旦ペースを緩め
少し経つと再び加速して質感や動きに変化をつけます。
音を通じて微弱な振動も伝わってきますし、本作品の持ち味がしっかり表現されてます。

「床屋さんみたいですか? ふふっ くるくる もちもちな泡ができましたよー」
03パートは時間が長い状況を活かして内容を充実させてます。
ここだけで13種類もの異なるサービスを盛り込み
それぞれの状況に合った音を鳴らしつつ、それらを繋げてひとつの流れを作ります。
単に音を鳴らすだけだと彼の疲れを取り除くことには繋がらないので
専門店でやってくれそうなことをそのまま表現して癒しの空間を作ります。

個人的に面白いと思ったのがパート終盤に出てくる耳の保湿。
クリーム、オイル、炭酸化粧水、馬油を使い分ける凝った内容になってます。
耳の穴を手のひらや指で塞がれるシーンが何度もあり
その時は軽い圧迫感や閉塞感が味わえて彼女にお世話されてる気分に浸れます。

表面の汚れを一通り落とした後はより深い部分も綺麗にします。
「05_しっかりとお耳掃除(約37分)」は前項でも触れた様々なやり方で左右の耳を個別にケアし
「06_両耳みみかき(約9分)」はその直後に梵天、綿棒、タオル、指で細かい汚れを取ります。

「お耳の壁にへばりついた垢を 優しく丁寧に取っていくからね」
耳かきはASMRにおける定番なだけあってかなり力を入れてます。
綿棒は「ずしずし」と粗さのある柔らかい音だったのが、直後のゴムブラシはやや弾力のある音へと変わります。
オイル綿棒も乾燥綿棒より若干湿り気を帯びててリアルです。
そして煤竹耳かきは我々にとってお馴染みの細くて硬いゴリゴリした音を鳴らします。
最も刺激の強い煤竹耳かきでも耳に若干響く程度で力がかなり抑えられてました。

またここでは手前と奥の概念があるため、同じ器具でもトーンや強さがそれなりに変わります。
面積の広さ(2次元)と深さ(3次元)を組み合わせてあってなかなか濃い内容です。
06パートの両耳かきは左右同時に音を鳴らすことで個性を出してますし
テーマ性を持たせたうえでそれぞれができるだけ被らないように工夫して作られてます。

パトラさんの魅力が最も出てるのは「09_心のケア(約11分)」。
サービスを一通り終えて綺麗になった彼を優しさと温もりで内側から浄化します。

「なでなでなでなで いっぱいいい子して 心が温かくなったら 優しい気持ちに いっぱいなれるから 安心してね」
これまでができるだけしゃべらないようにしてたからこそ
ここで見せる彼女の甘い声やセリフが余計心に響きます。
終盤にぎゅっと抱きしめて心音を聞かせるシーンがあったりと
エッチじゃないやり方で愛情を注いで彼を気分よく送り出します。

前編部分をまとめますと、まだ全体の4分の1くらいしか聴いてないのに
もう十分満足できると言えるくらい癒しと安眠のパワーが強いです。
ASMRの基本である「音を主役に据える」をきちんと守って進めてますし
音も本当に多彩で3時間以上あっても飽きることなく聴き続けられました。
終盤には彼女の魅力が出てるシーンもあるので、彼女の作品としてちゃんと成り立ってると思います。

おまけは「01_お昼寝を起こしてあげるね」と「02_2時間ASMR(LIVE視聴版)」です。

後編へ続く…。
【寝落ちASMR13時間】99.99%ぐ~っすり寝かせちゃう癒しの安眠屋さん。(極上耳かき・マッサージ・赤ちゃん綿棒・囁き)(後編)

CV:周防パトラさん
総時間 13:32:55(01_本編…3:23:48 02_眠くなる音(声なし)…2:20:46 03_シチュエーション…4:02:15 04_マニアックフォルダ…59:21 おまけ…2:21:32 フリートーク…25:13)


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月11日まで30%OFFの1001円で販売されてます。
前作も7月11日まで30%OFFの1001円で販売されてます。



サークル「Crescendo」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、素朴で人懐っこい店員さんが
以前からお世話してるお客を本格的な耳かきでたっぷり癒します。

多種多様かつリアルな音を組み合わせたASMR成分の高いサービスが行われており
どのパートも複数の器具を使い分けてそれぞれに合った質感と動きの音を鳴らします。
メジャーなものから珍しいものまで数多く取り揃えてますから
耳かき好きはもちろん、色んな音を楽しみたい人にも向いてます。
定番のサービスを奥深く表現
ヒーリングサロン シエルの店員「朝霧代菜」が健全なサービスをするお話。

「いらっしゃいませー ヒーリングサロンシエルへようこそー」
代菜は甘く可愛い声の女の子。
予約を取って来店した主人公を嬉しそうに迎えると
必要事項に記入してもらってから手を繋いで部屋へ案内します。

本作品は2018年から続いてる人気シリーズの第7弾。
腕は確かなんだけどちょっぴり抜けたところもある彼女が
以前からお世話になってる彼をおよそ150分に渡ってじっくり癒します。
「本格耳かきコース」と名付けてる通り耳かきの時間と内容を大幅に増やし
定番のものからあまり見かけないものまで幅広いご奉仕をします。

耳かきだけで113分(右耳55分、左耳58分)もある非常に尖った作りです。
全年齢で最もメジャーなサービスだからこそ作り込みに相当力を入れてます。
ASMR作品なので時間に対する会話量も少なく安眠のお供にも役立ちます。

また時間が十分ある状況を活かして器具の種類をかなり多く用意してます。
耳かき棒と綿棒は2種類、梵天は3種類もあるのに加え
それぞれで音の質感や動きをきちんと変えて別の癒しを与えます。
音が鳴るたびに微かな刺激も伝わってくるため心地よく感じるでしょう。

「綿棒や耳かきだと 壁にくっついたのはなかなか取れなくて 逆にくっつけちゃうときもあったりするんで」
合間に入る彼女のセリフも場を和ませます。
2人はすっかり顔馴染みなので店員のイメージよりもやや砕けた態度で接し
自分が思ってることを素直に伝えながら嬉しそうな表情を見せます。

シエルは普段ここまで耳かきをがっつりやることはないので
彼女も初めてのサービスにウキウキしてるように映りました。
和鳴るせ(そらまめ。)さんのナチュラルな演技も彼女の魅力を引き出してます。

質量共に優れたASMR系の耳かきとほんわかしてる彼女のキャラ。
音に自信があるサークルさんらしい深みのある耳かき作品です。
音が織りなす癒しの空間
部屋に移動し施術台へ横になった後から始まる最初のサービスはリラクゼーションタッチ(約18分)。
右耳→左耳の順にある鳥の羽根を使って耳の内外を優しく撫でます。
そしてツボ押ししたり両耳を手で塞いで優しい刺激を与えます。

耳かきが主役の作品なのでここはまだ準備段階に過ぎません。
でも「すしゅー」みたいな耳かき棒に近い音を耳元至近距離で鳴らしてくれてこそばゆいです。
同じ音や動きを繰り返すのではなく、数秒単位でそれらが切り替わるのも良いですね。
プロにお世話されてる様子を音で忠実に表現してリアリティを出します。

その後から始まる耳かきも本当に充実してます。
「03(右)ヘラでマッサージと耳垢はがし(約18分)」はヘラとピンセットで大きい汚れを取り
「04(右)耳かきと細い耳かきで掃除、馬油で保湿(約21分)」は2種類の耳かきと綿棒
「05(右)梵天とヒビキガネ(約16分)」は3種類の梵天を使い分けて隅々まで綺麗にします。

「かるーく 撫でるような感じで 耳の中を手前から奥に 行ったり来たりすると 気持ちいいですよ」
03パートは耳かき音声でも珍しい行為なので
「そしゅっ」という面積が広めで乾いた音をテンポよく鳴らしつつ
どんな風にお世話してるか軽く実況してイメージ力を膨らませます。
ヘラは耳かき棒が大きくなった感じとでも言いましょうか、やや尖ってるのだけど音の幅が広いです。
それに対してピンセットは狭い範囲で穴から出し入れする感じに動きます。

04パートは最もメジャーなサービスを幅広く表現します。
耳かき棒は通常のものと細いものを用意して音だけでその違いを明確に出しますし
綿棒も市販のやつではなく手作りして「ぞすぞす」という粗さがあって若干湿り気を帯びた音を鳴らします。
耳かき棒は太さ、綿棒は水分の違いと被らないようにしてあってそれぞれに違った良さがあります。

「ぽわーんとした音叉の音と合わさって まるで夢の中みたい」
個人的に一番好きなのは05パート。
動物の毛、スタンダードな梵天と繋いでから
ヒビキガネと呼ばれる音叉のような器具と梵天を組み合わせて細かな汚れを取り除きます。
「ぶぅぅぅぅん」という小刻みな振動音が心地よく、音叉よりもトーンが低くて穏やかな気持ちで聴けます。
ヒビキガネは「鈴の音を聞きに」など、ごく僅かな作品にしか出てこないレアなサービスです。

同じ要領で左耳を綺麗にした後、最後に出てくるサービスは耳のマッサージ。
特別な器具は使わず手で丹念に揉みほぐしてから独特な手段で温めます。

「私も お客様を癒せて楽しかった」
ここでは代菜はこれまでを振り返りながら名残惜しそうにするのが印象的でした。
施術中にいつもにこにこしてたところを見ると、彼女にとってもこのコースは良い経験になったのだと思います。
贔屓にしてくれてる彼を送り出す時間が迫ってるのもあるのでしょう。
湿っぽさはありませんけど後ろ髪を引かれる気分がします。

実際に聴いた感想ですが、156分もあるのに「もう終わりなのか」と思うほど耳に馴染む音ばかりでした。
音重視でも代菜の存在感がちゃんとあってシリーズの持ち味が出てます。
耳かきは左右でサービスの内容が大きく変わることはありませんが
右は説明を挟んでわかりやすく、左はセリフを減らしてよりASMR色を強くと多少の違いが見られます。

このように、器具の種類を増やしたうえでひとつひとつをじっくりやる充実したサービスが繰り広げられてます。
耳かき尽くしの作品
耳かきを広く深くお届けする高品質な作品です。

代菜は本格耳かきコースを予約した主人公に満足してもらおうと
序盤から他では見かけないサービスを投入して癒しの空間を作ります。
そして耳かきは合計10種類もの手段を110分以上に渡ってゆっくりこなし
そのほぼすべてでリアルな音を鳴らして聴き手の心もぽかぽかにします。

世話好きで人懐っこい店員さんが常連客に特別なコースを提供するノーマル向けのシチュ
耳かきに最も長い時間を割いて多種多様なサービスをするタイトル通りの内容
セリフよりも音の比重を高くして質感と動きにこだわったASMR色の強い作り。
サークルさんが得意とされてる部分を反映させて重厚な耳かきに仕上げてます。

中でも2番目は王道だからこそ差別化が難しいのに敢えて挑戦し
しかもきちんと自分の色を出せてるのが素晴らしいです。
我々にとってお馴染みの耳かき、綿棒、梵天を使う時間はそれほど長くなく
代わりに珍しいものを積極的に投入したうえで全体のバランスを取ってます。
音の質感、位置、距離、リズム、動きといった細かな部分も非常に良くできてました。

これだけの品質とボリュームで価格は550円とコスパも抜群。
以上を踏まえてサークルさんでは12本目の満点とさせていただきました。

CV:和鳴るせさん
総時間 2:36:05

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります



サークル「kotoneiro」さんの同人、少しだけ催眠音声作品(全年齢向け)。
アニメ声優の小岩井ことりさんがプロデュースされてるサークルさんです。

今回紹介する作品は、バーテンダーとしてお酒と癒しを提供してるお姉さんが
初めて来たお客に音と会話を組み合わせた独特なサービスをします。

お酒に関する雑談をしながらバーならではの色んな音を鳴らすのが特徴で
お酒を注ぐ音、シェイクする音、氷を割る音など
他のASMR作品ではあまり出てこない音を中心に据えてじっくり行います。
お酒と音に酔いしれる夜
バー「MERIDIAN」でライラがお酒とASMRを振舞うお話。

「いらっしゃいませ おひとり様ですか?」
ライラは明るくて澄んだ声のお姉さん。
MERIDIANへ初めて来店した主人公を嬉しそうに迎えると
お店のコンセプトを説明してからメニューを渡します。

本作品は「癒しと静寂」をコンセプトに掲げてるバーを舞台に
そこで働いてる彼女が彼をおよそ100分に渡って健全にもてなします。
バーなので当然お酒(カクテル)が出てくるわけですが
このお店はASMRにも力を入れてるらしく、最中に色んな音を鳴らしてリアルに表現します。

「当店では 炭酸を開けるのも グラスに注ぐのも 音を楽しんでもらいたいということで 耳元でやらせていただいております」
カクテルの材料をシェイクする時や、それをグラスに注ぐ時はわざわざ彼に近づいて行い
さらにグラスに入った水をかき混ぜる音、ウィスキーのボトルを左右へ揺らす音など
バーにありそうな道具を使って癒しの音を提供します。
また終盤には彼女が別でやってるマジックと関わりのある音が登場します。

アニメ声優さんが監修されてる作品なだけあってどの音も非常にレベルが高いです。
ライラ役を務める上田麗奈さんも数多くのアニメに出演されており、声と演技の両方に安定感があります。
挿し絵では割とクールな女性に見えるのですが、作中だと気さくな女性に描かれてました。

またタイトルを見ればわかるように催眠の要素もほんの少し含んでます。
サークルさんが「簡易催眠」とおっしゃられてるようにそこまで本格的なものではありませんが
音がもたらす癒しの感覚を多少なりとも増幅する役割を果たします。

全年齢向けのサークルさんが安眠させるだけの作品を催眠音声と呼ぶケースがそこそこあります。
でも本作品はそういうのじゃなくて、深呼吸させながら状況に合った暗示を軽く入れます。
全体に対する催眠の割合はいいとこ5%程度ですから、これで催眠に入るのはさすがに無理だと思います。
音と会話が織りなす癒しの空間
6分程度の雑談が終わった後に始まる3パート23分間はお酒を楽しむシーン。
「02ホワイトレディを召し上がれ(約11分)」は
ホワイトレディと呼ばれるカクテルを作りながらそれに関するうんちくを語ります。
そして「03チェイサーは軽やかに(約7分)」はチェイサーとして別のお酒を差し出し
「04優しさはアイスピックに載せて(約4分)」は氷が切れたので目の前で新しいものを作ります。

「レモンのすっきりした爽やかさと コアントローの甘い香りが相まって すっきりしたクールな味わいで とっても飲みやすいカクテルなんです」
ASMR作品だから早速音重視で進めるのかと思いきや
この3パートは会話を多めに挟んでバーにいる雰囲気を作ります。
お酒の話は材料はもちろん、由来やカクテル言葉といった踏み込んだ話題にも触れてますし
最中の音もお酒を作るのと同じ順番やタイミングで鳴ります。
実際に作ってる様子を録音したとしか思えないほど鳴り方がスムーズです。

私は普段お酒をまったく飲まないので彼女の雑談はいい勉強になりました。
バックで音楽が流れてるほうがよりバーらしくなる気もしますが
効果音の妨げになるからわざと無音にしたのかもしれません。
氷を作るシーンも「コツコツコツ カシャ」という軽快な音が正面から鳴って耳に心地いいです。

続く2パート67分間はASMR色が一気に強くなります。
「05心を溶かすリキュールの音(約36分)」はグラスに氷と水を入れてかき回す音や
ウィスキーのボトルを左右にゆっくり揺らす音を耳の近くで鳴らします。
そして「06カードが織りなすハーモニー(約31分)」は
マジシャンもやってる彼女がカードを色んな手段でシャッフルする音を楽しみます。

両パートとも時間に対するセリフの量が非常に少なく
効果音と彼女の吐息だけをのんびり楽しむことができます。
05パートは最初に左右どちらかの方向から音を鳴らし、しばらく経つと左右同時へ変わります。
氷やマドラーがグラスに当たる音、ボトルに入ったウィスキーが波打つ音など
バーで鳴りそうな音を取り揃えてあって清涼感があります。

「空を飛んでるみたいに 自由に もっと高く あなたの体は軽くなる 軽くなる」
またここの終盤では催眠っぽいこともしてきます。
深呼吸の指示を出してから実際に呼吸音を鳴らしてリズムを取り
体が軽くなる、気持ちよくなる、頭が真っ白になるといった暗示を一言ずつ言います。
音の効果で心地よさは感じるでしょうけどアプローチが弱いのでおまけに近い位置づけです。

06パートは音声作品だと滅多に出てこない音を中心に据えてます。
我々がトランプなどでする通常のシャッフルだけでなく
マジシャンやディーラーが行う凝ったやり方も織り交ぜて音に変化をつけてます。
ここも最初は左右片方ずつだったのが後半からはスライドさせてました。
乾いた紙の音がスピーディーに鳴ってて05パートとは違うASMRになってます。

このように、バーにいる雰囲気を出しながら音と会話で癒すサービスが繰り広げられてます。
変わった趣向のASMR作品
耳かきやマッサージといった王道のサービスを敢えて外してる落ち着いた作品です。

ライラはMERIDIANを初めて訪れた主人公に心安らぐひと時を提供しようと
まずはバーらしくお酒とそれに関する雑談、それから音で和やかな空気を作ります。
そして中盤以降は会話量を一気に減らしてグラス、ウィスキー、カードの音や吐息を鳴らします。

お酒と音を楽しむ変わったバーでお姉さんが色々サービスするノーマル向けのシチュ
様々なカクテルを目の前で作りながら豆知識を語るバーらしい演出
序盤は音と会話のバランス型、中盤以降は音重視とスタイルを変えて癒す展開。
お店にいる気分に浸って癒しを感じられるように作品を組み立ててます。

中でも音は「音質にこだわり抜いてる」と書いてあるだけあってレベルが高いです。
音の質感はもちろん鳴らす位置、距離、タイミング、動きといった様々な部分がしっかりしてます。
最初に雑談を多めにやって作品の世界に引き込んでから音重視に変わる流れも良いです。
お酒が好きかどうかで評価が多少変わりそうなところもありますけど
作品の品質自体はかなりのものと言えます。

催眠についてはこの内容なら別になくてもいいように思えます。
それでもわざわざ入れてきたということは、今後全年齢向けの催眠音声を作る予定があるのかもしれません。
音に強いサークルさんですから音モノを作れば面白いものが生まれそうな気配はあります。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:上田麗奈さん
総時間 1:41:25

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
今回の評価はほぼ同人音声と思ってください。
催眠の割合がここまで少ないとさすがに催眠音声としての点数を出すことはできません。

2021年3月26日まで20%OFFの1584円で販売されてます。



サークル「Crescendo」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、お菓子作りを趣味にしてる可愛い店員さんが
顔馴染みの客に自分の名前がついた特別コースを提供します。

多くのシーンで泡の音を鳴らしながら動きを小まめに変える音重視の作りが魅力で
顔のマッサージ、髭剃り、頭皮マッサージ、シャンプー、アロマボールなど
パートごとに異なるサービスを用意し、それらすべてに泡を絡めてたっぷり癒します。
柔らかさを感じる音が多いですから眠くなる人が続出するでしょう。
色んな泡で癒しをお届け
ヒーリングサロンシエルの店員「黒瀬ひな」からサービスを受けるお話。

「いらっしゃいませ ヒーリングサロンシエルへようこそ」
ひなは甘く可愛い声の女の子。
来店した主人公を嬉しそうに迎えると
書類に必要事項を書いてもらってから施術室へ案内します。

本作品は2018年から続いてるサークルさんの人気シリーズ第6弾。
癒しのサービスはもちろん、お菓子作りや裁縫も得意としてる彼女が
以前からお店を何度も利用してる彼をおよそ150分に渡って癒します。
今回は「癒しのひなコース」という名前なだけあって独自要素が色々盛り込まれてます。
ストーリー性はほとんどないので過去作未視聴でもまったく問題ありません。

「普段はオイルマッサージがメインですが 私のコースでは メレンゲのような特製の泡を使ってマッサージします」
その最もわかりやすい例が泡を使うシーンが多いこと。
シェービングクリームによる髭剃り、泡を使った頭皮マッサージ
シャンプー、アロマボールなどパートごとに違うサービスをしながら泡音をたっぷり鳴らします。
それぞれで使ってる素材が違うので音の質感が多少違いますし
動きについても肩から上の全体を目まぐるしく動いて丁寧にケアします。

序盤から中盤にかけては泡づくしにして終盤は乾燥系の音に切り替えてました。
施術パートはどれも20分以上あるおかげで癒しの音を存分に楽しめます。
耳かき棒などの硬い音はほとんど出てきませんから、実際に聴くとまろやかに感じるでしょう。

シリーズの特徴もしっかり受け継がれてます。
サービス開始後はその様子を実況する以外のセリフをほとんど取り除き
効果音だけが流れる時間を長く取って静かな空間を作ります。

雑談もほとんどしませんからかなりASMR色の強い内容と言えます。
質感も非常にリアルで疲れてる人が聴いたらそのまま眠ってしまうほど癒しのパワーが強いです。

「頭皮の汚れた落ちたら 今度は ぐっ ぐっ ぐっと 力を入れて マッサージ 血行がよくなりますよ」
また実況のセリフは擬声語を多めに盛り込んで柔らかさを出してます。
本作品は泡を使ったサービスが売りですから
サークルさんもセリフの表現をそれに合うように工夫されたのだと思います。
彼女の甘い声との親和性が高く、音とは別の方向から癒しを与えてくれます。
質量共に優れたサービス
受付や着替えといった準備を終えた後から始まる2パート46分間は泡を使ったマッサージ。
「02マッサージ・シェービング(約22分)」は顔を一通り揉みほぐしてから髭を剃り
「03泡で頭皮マッサージ・叩く(約24分)」は頭部全体を撫でたり擦ったりして血行を良くします。

「頬を撫でるように 優しく すっ すっと」
そして開始後はリアルな音と実況のセリフを組み合わせて臨場感を出します。
音だけで十分伝わるシーンはできるだけ話さないようにし
わかりにくいところややることを切り替える時は話しかけてスムーズに進めます。
自分の名前がついたコースをやるので彼女もきっと張り切ってるのでしょう。
専門店ですが事務的感はまったくなく楽しそうな表情でお世話します。

音については元々レベルの高いサークルさんなだけあって非常に優れてます。
例えば02パートは手にクリームを噴射してから若干ざらつきのある水音を頬のあたりで鳴らし
蒸しタオルを顔に乗せて髭を柔らかくします。
それから「ぶぅぅぅん」というトーンが低く小刻みな振動音を鳴らしながら電動シェーバーを動かします。
左右の頬、眉、鼻の下、耳と小まめに移動してました。
シェーバーは振動が伝わってきて軽くマッサージされてる感覚がします。

撫でたり揉むといったそれほど派手じゃない動きが中心だからこそ
その位置、動かし方、リズムといった細かい部分にこだわって作られてます。

20分かけて髭剃りする音声作品もなかなかお目にかかれません。
最初のパートだけでも本作品の良さがしっかり出てると思います。

03パートは音の位置が先ほどよりも上のほうに移り
ムースのような泡音を色んなところで鳴らします。
頭皮マッサージと言えば「ジョリジョリ」とざらつきのある音を使うことが多いので
こういう滑らかな音で表現するのは割と珍しいです。
途中で一度泡を足すシーンもあったりしてリアルに感じました。

中盤の2パート57分間は王道と変わり種を組み合わせてるシーン。
「04シャンプー・トリートメント・ふわふわタオル(約33分)」はシャンプーやトリートメントで汚れを落とし
「05あわあわアロマボール(約25分)」は珍しいアイテムで首から肩にかけて優しく押します。

「なんだか お菓子のクリーム塗ってるみたいで 好きなんですよ これ」
シャンプーは泡との相性がとても良いサービスなのでスタンダードに進めます。
シャワーで頭皮マッサージの泡を洗い流してからシャンプーでごしごし擦り
すすいだ後にトリートメントへ切り替えて髪に潤いを与えます。
彼女もお菓子作りに例えて楽しそうにお世話してました。
時間に対する会話量は少なめですけど、彼女の性格がサービスにきちんと込められてます。

05パートは名前だけだとわかりにくいと思うので説明すると
アロマ石鹸を布でくるんだものを離したり押し付ける感じで進めます。
これまでとは違い布越しに泡がにじみ出るようになってるため
泡と布が混じったような「ぽすっ」という音を鳴らしてました。
ちゃんと解説してくれますから音声を聴いてればどんなものかわかると思います。

本作品で唯一泡を使わないのが最後の「06耳マッサージと耳掃除など(約35分)」。
右耳→左耳の順に軽くマッサージしてから綿棒と梵天を使い分けてお掃除し
最後に弱い風圧で6回くらい息を吹きかけます。

綿棒は「すりゅっ」という滑らかで乾燥した音、梵天は綿棒よりも軽くて柔らかい音が使われており
奥から手前へ掻き出したり耳の壁をなぞるように、小刻みに掻き出したり擦るようにと
器具ごとに違う音と動きで表現します。
事前のマッサージも左右でやり方が微妙に違っててこだわりを感じました。

「綿棒と梵天って珍しい組み合わせだな」と思ったのですが
音に柔らかさを出すためにこうしたんじゃないかと私は考えてます。
これまでの4パートが泡メインで来たのに、ここで耳かき棒のガリガリした音を鳴らすのは
作品の雰囲気にそぐわないと言いますか、統一感が落ちるように思えるのです。

もちろんシャンプーで耳の中に入った水分を取る意味合いもあるのでしょうけど
それなら別に綿棒だけでいいんじゃない?って話になるわけで。
これまでとまったく違うことをやってるように見えて、サービスの締めくくりに相応しい内容に調整されてます。
あくまで私の勝手な予測ですから「そういう解釈もあるんだな」程度に捉えてください。

このように、多種多様な音を上手に組み合わせた完成度の高いサービスが繰り広げられてます。
柔らかさのあるASMR作品
キャラ、音、サービスのすべてを柔らかいもので揃えてる作品です。

ひなは自分専用のコースを受けに来てくれた主人公をたっぷり癒そうと
序盤から中盤にかけては泡を使うサービスを色々やって肩から上を綺麗にします。
そして最後は定番の耳かきを同じく柔らかい器具を使ってゆっくり行います。

明るくて腕もいい店員さんが顔馴染みの客を長時間に渡って癒すノーマル向けのシチュ
泡に関するリアルな音を至るところで鳴らすASMR系の作り。
シリーズの長所を受け継いだうえでテーマ性もある作品に仕上がってます。

中でも音は色んなタイプの泡音が登場するので割と個性が強いです。
動きについてもハイレベルですし、目を瞑って聴けば実際にされてるのに近い感覚が味わえます。
擬声語を交えた実況を適度に挟むところもそれに貢献してます。

そして泡づくしだからこそ最後の耳かきが余計目立ってました。
器具の構成をあまり見かけないものにしたり、お掃除とマッサージ両方の意味を持つ動きにするなど
他のパートに負けない良さを持ったサービスを行います。
最初から最後まで泡まみれだとダレる可能性がありますから
終盤は乾燥系の音を中心に据えてメリハリを持たせてます。

このボリュームと品質で価格がたったの440円とコスパも抜群。
以上を踏まえてサークルさんでは11本目の満点とさせていただきました。

CV:小山ハルさん
総時間 2:33:48

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります



サークル「チームランドセル」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、現実世界に絶望しこれから死のうとしてた女の子が
男性に助けられ樹海や別の場所でのんびり耳かきします。

雨音をバックで流しながら音重視の耳かきするのが特徴で
使用する器具は毒針1本に絞り込み、それと雨音を組み合わせて癒しの空間を作り
そこに彼女との会話を適度に挟んで心のほうも温めます。

聴き手に希望を与える感じにストーリーを組み立ててますから
仕事や勉強で疲れを感じてる人が聴くといい気分転換になるでしょう。
すべてを洗い流す雨に打たれて
ふたつのシチュで少女に耳かきしてもらうお話。

「ん… 私の眠りを妨げるのは誰ですか?」
少女は明るくて穏やかな声の女の子。
身投げしようとしてたところを主人公に見つかり眠らされると
樹海の中で目覚めてその理由を尋ねます。

本作品は自宅や学校でいじめられて生きる気力を失った彼女が
似た境遇にある彼に助けられたお礼におよそ130分間の耳かきをします。
物語の前半は樹海、後半は別の場所と大きくふたつのシーンに分け
その両方でリアルな雨音を流しながらゆっくりじっくりお世話します。

製品版のおまけに樹海の写真が入ってるところを見ると
サークルさんが実際に出かけて録音されたのでしょう。
シーンによって勢いを変えながら比較的優しい水音を流し続けます。
ほぼ全編で雨が降り続けますからこれを聴いてるだけでもかなり癒されるでしょう。
現実世界に絶望してる彼女の心情を音で表現してるようにも思えます。

「案外悪くない? 良かった ならもっといじくってあげますよ この毒針で お兄さんの耳の中を」
また耳かきは「ぐっすり眠れる耳かきボイスβ」などで使われた毒針を採用してます。
「ずすっ」という乾いてて丸みを帯びた音になっており
奥から手前へ掻き出したり耳の壁をなぞるように動きます。

先端に綿を巻いてあるからでしょうけど
耳かきと綿棒の中間あたりに位置する音と動きをしてました。
不意に刺してきたりはしないのでスリルはほとんどありません。
彼女がこれを使う理由にも触れられてますし、個性を出すための工夫なのだと思います。

基本的には耳かき音、雨音、彼女の吐息を組み合わせたASMR色の強い作りです。
そして所々で会話を挟み、その内容によって違うBGMも流れます。
前半は切なさを感じる落ち着いた曲調、後半は温かみのある穏やかな曲調です。

「そういえば これから死ぬのに 私ったら どうして耳かきなんかしてるんですかね」
ヒロインを務める少女は実年齢よりも大人びた印象の女性。
声は割と可愛いですけど嫌なことが色々あったせいで冷めてます。
しかしやり残したこともあるらしく、これから死ぬことを受け入れられずにいる様子が窺えます。

後半に入ると人間味のある態度を見せるシーンがありますし
音重視でありながらキャラも立ってる作品と言えます。
雨音、耳かき、彼女との会話で心の中にある悪いものを洗い流そうとしてるように感じました。
静かで穏やかな耳かき
最初の70分間は樹海でする耳かき。
「2.毒針と少女」は右耳、「3.遠ざかる意識」は左耳を綺麗にします。
そして合間に耳のマッサージも軽く挟んで音に変化をつけます。

「お兄さん 私の膝はあったかいですか? ゆっくり寝てくださいね」
少女は身投げを止めてくれた主人公に多少は感謝してるようで
今まで一度もしたことがなかった耳かきを志願します。
そして膝枕でゆっくり手を動かしながら自分のことをぽつりぽつりと語ります。
バックで流れ続ける雨音も相まって終始静かな雰囲気です。

無言の時間がそれなりにありますけど、常に何らかの音が鳴ってますし
話さない時は代わりに吐息を漏らすので味気ない感じはしません。
自分と同じく生きることを諦めた彼に出会って安らいでるように見て取れます。
耳かき棒の代わりに使ってる毒針のことを話すなど、彼女のことが少しずつわかるように進めます。

音に強いサークルさんなだけあって効果音、環境音ともにレベルが高いです。
雨音はアスファルトではなく葉っぱに当たってるので質感が優しく
耳かきも毒針が持つ鋭さを綿で上手に和らげてます。
耳をマッサージする時はコリコリした弾力のある音を鳴らし
それに合わせて声や音が軽くこもる細かな演出がされてます。

続く55分間は別のシチュでする耳かき。
身投げを主人公に助けられたところまでは一緒ですが
その後少女が目覚めた場所を変えて同じく毒針でお世話します。
雨音の聞こえ方ももちろん変わります。

「お兄さん 大丈夫だよ 私がついてるよ」
ここでの彼女は樹海の時よりも優しい表情を見せます。
何らかの理由で追い詰められてる主人公を励ましたり
良い意味で彼女らしくない反応をするシーンが随所にあります。

耳かきは左耳→右耳→左耳の順にするシンプルなやつなので
彼女のセリフや仕草のほうが個性的と言えます。
実際に聴いてみると樹海パートよりも温かみを感じるでしょう。

このように、音を中心に据えつつ会話でも癒す落ち着いたサービスが繰り広げられてます。
心が洗われる作品
現実世界で嫌なことがあった時などに聴くと効果的な作品です。

少女は自殺しようとした自分を助けてくれた主人公に恩返ししようと
密かに持ってた毒針に綿を巻いて左右の耳をじっくりお世話します。
そしてバックで雨音を流したり会話を挟んで落ち着ける雰囲気を作ります。

虐待されてた少女が男性と出会い樹海で耳かきする変わったシチュ
効果音、環境音、BGMを組み合わせてお届けする癒しのパワーが強い耳かき
達観してるように見えて女の子らしさも持ってる彼女の二面性を持ったキャラ。
ASMR系だけどキャラも引き立つように作品を組み立ててます。

中でも音は本作品の大部分を占める要素なだけあって力を入れてます。
雨音ひとつを取ってもシーンによって鳴り方が変わりますし
耳かきも単調さが出ないように動かし方を変えたり会話を織り交ぜて進めます。
やることは至ってシンプルですけど、作り込みがしっかりしてて現実逃避しながら聴けます。

「私もできるかな? 〇〇」
あとは後半シーンの彼女のセリフや仕草も印象的でした。
窮地を乗り越えたことで良い方向での変化が生まれてるのがわかります。
主人公に会って多少なりとも心が軽くなったのかもしれませんね。

耳かき重視のASMR作品が好きな人、心の洗濯をしたい人には特におすすめします。
おまけはオリジナル音楽、雨音、吐息を組み合わせた音声7本です。

CV:少女…浅見ゆいさん ??…七瀬真結さん
総時間 7:42:51(本編…2:11:45 おまけ…5:31:06)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年2月26日まで20%OFFの968円で販売されてます。

↑このページのトップヘ