同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ:催眠音声 > 7点.

   ● 【退行催眠】ヒプノおっぱいセラピーくりにっく。
   ● 【脳イキッ!】エチエチメイドの催眠オナニー
   ● アルラウネとメスイキ搾精の森【催眠音声】
   ● ご主人様のマゾ家畜化催眠
   ● ニップルオーガズム‐サドな彼女の命令でマゾな私が完全にマゾ堕ちさせられるまで-
   ● 属・TS触手のエサ係~触手娘のナースにハメられ苗床ボテ腹絶頂催眠~【バイノーラルTS催眠】
   ● 【バイノーラル】放課後の音楽室でメスの玩具にされた私【百合 TS催眠】(後編)
   ● 【バイノーラル】放課後の音楽室でメスの玩具にされた私【百合 TS催眠】(前編)
   ● それイけ!TSAV女優ブザマちゃん!~初めてだけどメスイキ頑張ります!~
   ● 名前を奪われた僕が変態チクニー奴隷に変えられるまで-認識番号7742640のメス人格化調教-




サークル「でざいあ~でざいな~ず」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、大きなおっぱいを持つ穏やかなお姉さんが
幼児退行をテーマにしたエッチな催眠で疲れやストレスを取り除きます。

心をまっさらにしてからおっぱいに甘える癒し系の作りが魅力で
催眠は様々な癒しの言葉を組み合わせてパイのように薄く少しずつ感覚を伝え
エッチはおっぱいのイメージや吸い付く行為で満足感と幸福感を与えます。
おっぱいに甘えてリフレッシュ
ヒプノセラピストをしてる白瀬いのりに催眠をかけられるお話。

「本日は ようこそおいでくださいました」
いのり先生は穏やかな声のお姉さん。
おっぱいセラピーに参加した主人公にコースの概要を説明すると
おっぱいの魅力を語ってから催眠をかけ始めます。

本作品は男なら子供も大人も強い興味を持つおっぱいをテーマに
彼女がおよそ50分に渡る催眠で癒しながら気持ちよくします。
幼児退行がテーマになってますが赤ちゃん言葉を話すことはなく
子供の頃のまっさらな心を取り戻してからおっぱいに甘えて幸福感を味わいます。

「おっぱいに対する執着心 純粋に乳首をちゅーちゅー吸って癒されたい 乳房の温もりに抱かれて あらゆるストレスを忘れ去りたい そんな甘えんぼさんな 大人のための おっぱいセラピー」
風俗サービスではなくセッションとしてやるため
淫語や喘ぎ声といった純粋なエロ要素は控えめです。
でも癒しの要素がとても充実しており、聴けば聴くほど心と体の両方がぽかぽかします。
大人の男性がおっぱいに甘えるのはなかなか難しいですから、その希望を叶えて明日を生きる活力を与えます。

催眠はおよそ32分間。
仰向けに寝て目を瞑り、まずは3分ほど深呼吸して気持ちを落ち着けます。
そして彼女の言葉を聞きながら体を脱力して深い催眠に入りやすい状態を作ります。

「あなたは ゆーったりと 緩んでいっている その体に ここーちよく そのような 気持ちのいい 温かさを感じられていても 感じられていなくても 心地よく ここにいることにより ふかふかのベッドに…」
どちらも催眠音声だと定番の行為ですが最中の暗示が結構独特です。
具体的には癒しの言葉を複数種類盛り込み、それを少しずつ重ねていって感覚を強化します。
ここだとゆったり、緩む、心地いい、気持ちいい、温かい、ふかふかですね。
「右腕が重くなる どんどん重くなる ずーんと重くなる」みたいな入れ方とは明らかに違います。

こういうアプローチをするサークルさんは他にもいらっしゃるので有効な手段だと思います。
いのり先生役を務める月宮なつきさんもセリフを区切りながらゆっくり語りかけてました。
主に無料の全年齢向け作品で活躍されており演技に安定感があります。

ある程度リラックスできた後は催眠状態を深めます。
螺旋階段を下りるイメージ→カウントとキーワードを組み合わせたアプローチを順に行い
パート終盤は本作品の鍵となる幼児退行に関するお話をします。

「ぐるぐる ぐるぐる 下っていくほどに くるぐる ぐるぐる ふかーくなる安らぎの中」
そしてここからは「ぐるぐる」などの擬声語を多めに盛り込んでリズミカルに語り掛けます。
これらの言葉自体が柔らかいので癒しの感覚を強化するのにも役立ってます。
カウントを数える時は「すとーん」「深く」を中心に据えるなど
複数の言葉を散りばめてた先ほどとは違うやり方で着実に深化させます。

終盤の幼児退行は彼女が子供だった頃の思い出話から始まり
聴き手がどうだったかを思い起こさせる方向に流してやんわり働きかけます。
「あなたの心と体は子供になる」みたいにストレートなことは言いません。
物語を通じて子供の頃に持ってた無垢な心を取り戻す感じに進めます。

しっかり癒してから深化→退行と進むテーマに即した催眠です。
疲れやストレスを取り除きながら心を浄化し子供のようにすることを目的に
深呼吸から入って軽めの分割弛緩法、階段のイメージやカウントを交えた深化
そして彼女や彼の子供の頃の話とほぼ一直線に進めます。

ヒプノセラピストを名乗ってるだけあって全体の流れがしっかりしてますし
技術の使い方、暗示の入れ方、表現方法も高めの水準を誇ります。
深化や幼児退行の時間を長めに取ってありますから
体の重さよりも意識のぼやけや心が軽くなった感覚のほうが強く味わえます。
おっぱいに甘えて幸せな絶頂を
エッチシーンは12分間。
プレイは光の玉に触れるイメージ、おっぱいを吸う、カウントによる絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「柔らかく 温かく ふわふわ ゆらゆらしていて 太陽のように自然でありながら つやめかしく あなたのすべての好奇心を向けるに値する 神秘的な球体」
催眠を使って主人公の心をリセットしたいのり先生は
丸くて白い球体のイメージを使って唇の感度を上げます。

エッチは当初の予定通りおっぱいに甘える感覚を楽しみます。
前半の6分間はそれに向けた準備。
白い球体のイメージをしてからカウントを数えて心と体の感度を上げます。

「ふわふわ ふわふわ 力を脱いて 深く内から湧き上がる力を感じて 快感に身を任せて 体のあちこちが とても気持ちいい 緩やかなエクスタシーに気づいてゆける」
風俗サービスとの違いを出すために淫語を極力使わないことを心がけ
催眠パートに引き続き擬声語を適度に絡めてぽかぽか、ぴりぴりする感覚を与えます。
唇を特に意識させますからそのへんが熱くなるかもしれません。
「おっぱいを吸う」という行為だけを見据えた特化型のリードをします。

そして後半は本物のおっぱいが登場します。
「ちゅーちゅー あむあむ」と授乳の様子を柔らかい言葉で表現し
さらに快感や幸福感が高まる暗示を入れて幸せなドライオーガズムへ持っていきます。

あまあま路線ですけど終盤の絶頂は2回連続で行います。
1回目と2回目で追い込み方を変えてあるので
上手く催眠に入れていればどちらかで何らかの反応があると思います。
私が聴いた時は快感は弱かったですけど心地よさをしばらく味わえました。
元々癒しを目的にしてる作品ですから、気持ちよさよりも心地よさのほうが実感しやすいです。

このように、プレイ自体はソフトにして臨場感を出すことを重視した甘いエッチが繰り広げられてます。
イメージ重視の癒し系作品
いのり先生の声と態度、最中のセリフ、エッチの内容などあらゆる要素が癒しに収束してる作品です。

いのり先生は仕事で疲れやストレスを感じてる主人公を一時的に解放しようと
まずは十分な時間を割いて催眠をかけながら子供の頃の記憶を呼び起こします。
そしてエッチは授乳に的を絞り唇を敏感にしてから吸わせて幸せイキさせます。

声も態度も穏やかなセラピストがおっぱいをテーマにした催眠で癒すノーマル向けのシチュ
古典催眠の技術をベースに独特なアプローチと暗示でリラックスと深化を促す丁寧な催眠
授乳の感覚をリアルに味わわせることだけを見据えた甘いエッチ。
幼児退行やおっぱいといった本作品の特徴が活きるようにサービスを組み立ててます。

中でも催眠は全体の構造、技術の選択と使い方、暗示の表現など軒並み優れていて入りやすいです。
幼児退行が遠回しなため人によっては効きにくいかもしれませんが
本作品は極論するとおっぱいへ素直に甘えられればいいわけで
その環境作りをするという意味ではこの内容で十分だと思います。

エッチについては全年齢を中心に活動されてるサークルさんなだけあって
内容やリードの手段がかなりソフトに抑えられてます。
絶頂シーンがあるから18禁になってるだけで、露骨にエロく振る舞うことはありません。
個人的にはもう少しインパクトがあったほうが注目されるし満足できると思います。

絶頂シーンは2回。
淫語と喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:月宮なつきさん
総時間 50:57

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります



サークル「Rの消失」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、礼儀正しく面倒見もいいメイドが
頑張り屋なご主人様をエッチな催眠で癒したり気持ちよくします。

カウントを多めに数えながら技術を手堅く行使する催眠重視の作りが魅力で
催眠パートは彼の心を開放したり脱力重視の誘導をして疲れをしっかり取り除き
エッチは純粋なエロ要素をほぼ使わずカウント、暗示、イメージを組み合わせて徐々に盛り上げます。
催眠がしっかりしてるので脱力感や落ちる感覚を強めに味わえるでしょう。
心身へ負担をかけずに気持ちいいひと時を
メイドの雀時はるかが催眠をかけてご主人様を癒すお話。

「ご主人様 今日も1日お疲れ様です」
はるかは丁寧語で話す優しい声の女の子。
音声を聴く際の注意事項や環境を簡単に説明すると
主人公に呼び出されメイドパワーで癒してほしいとお願いされます。

本作品は仕事の疲れを取り除きながら気持ちよくすることを目的に
彼女がおよそ50分に渡って催眠をかけたりドライ系のエッチをします。
物語の開始時点で彼が目に見えて疲れてることを考慮し
催眠は深呼吸や脱力といったリラックスできる技法を中心に据えてゆっくりじっくり進めます。

「今度は数字が小さくなると 気持ちよくなって さらに深く深く落ちます」
そして彼女はこれらをするにあたってカウントを積極的に使います。
催眠パートで深化させる、エッチで感度を上げたり絶頂させるなど要所で使うことが多いです。
無暗に乱発するのとは明らかに違うのでメリハリがあります。
これを使った面白いギミックも用意するなど、本作品を語るうえで欠かせない要素と言えます。

「もっともスタンダードかつ王道を行くカウントダウン式催眠」とサークルさんがおっしゃられてるように
催眠をしっかりかけて、イかせる堅実なリードを心がけてます。
詳しい内容や理由は後で説明しますが、処女作として見る分にはレベルの高い催眠になってます。
エッチも催眠色の強いプレイをしますから催眠特有の感覚を味わいやすいです。
十分に癒してから落とす催眠
催眠はおよそ26分間。
暗い部屋で仰向けに横になり、はるかの話を少し聞いてから深呼吸や脱力をします。
目は途中で閉じる指示が出ますけど、この内容なら最初から閉じてていいと思います。

「ドライオーガズムは よく波に例えられるのですが 何回も何回も小さな波が来たり 時には大きな波が来たり その快楽の波に乗るってイメージなのです」
冒頭のお話は何か技術を使うのではなく心の準備をするシーン。
仕事を頑張りすぎて疲れてる彼に優しい言葉をかけて心をほぐしたり
本作品の最終目的となるドライオーガズムの感覚をわかりやすく説明します。

他の作品でも波に例えることがありますから彼女の言ってることは妥当です。
エッチの終盤でも波のイメージを使って快感を上げ下げしたり追い込んでくれます。
雑談してるように見えてちゃんと先を見据えてるのが良いなと。

「吸ってー まずは右足を意識して 吐いてー すっと力が抜ける」
深呼吸と脱力ははじめに深呼吸だけを2分ほど行い
それから右足、左足、お尻、腰と全身を下から上へ流す感じに脱力する暗示を入れます。
深呼吸1セットあたり1パーツのペースでやりますから、ここの脱力具合は軽めです。
まだ始まったばかりなので一歩ずつ丁寧に進めて催眠の世界にどっぷり浸りやすくします。

最大の売りであるカウントが登場するのはその次から。
10数え下ろすのに合わせて一旦目を開け、直後に数え上げて再び閉じ催眠状態を深めます。
そして先ほどとは違うやり方で再度脱力してリラックスを強化します。

「まずは右足 右足を意識すると どんどんつま先から力が逃げるように逃げていく 右足の感覚が曖昧になってきて もう右足がどこにあるのかわからない」
1回目の脱力が軽めなのは二段構えになってるからです。
その証拠にパーツごとの暗示が先ほどよりも明らかに厚くなってます。
やる順番は右足、左足、お尻、腰と一緒ですからぼーっとしながら聴けるでしょう。
疲れてる主人公を癒すことにも繋がるのでテーマに合った誘導と言えます。

体が十分に脱力できた後は心の脱力。
ここもカウントを数えるのですが、全身が一気に落下したり浮かび上がる感覚が襲ってきます。
なぜそうなるのかはすいませんが伏せさせていただきます。
実際に聴いてみると、ここである名作を思い出す方がきっといるはずです。

リラックスをじっくりやってから落とす手堅い催眠です。
聴き手の心身を癒しながら心地いい世界へ連れて行くことを目的に
簡単なお話から入って深呼吸、1回目の分割弛緩法、軽い揺さぶり、2回目の分割弛緩法
そしてカウントを交えた深化と古典催眠の技術をベースにゆっくり進めます。

Rの消失さんが催眠音声を出すのは初めてなので聴く前は期待半分、不安半分だったのですが
聴いてみたら予想以上に作りがしっかりしててかなり深いところまで入れました。
脱力のスタイルや深化など王道でありながら個性もある誘導に仕上がってます。
初心者から玄人まで誰でも楽しめると思います。
言葉とイメージでイかせるエッチ
エッチシーンは15分間。
プレイはカウントによる感度上昇/絶頂、手をかざす、体を撫でるです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「私が数字を10から0まで数えると ご主人様はどんどん波を上っていく」
催眠を使って主人公の疲れを取り除いたはるかは
引き続きカウントを数えたりイメージを取り入れてエッチな熱を上げていきます。

エッチはフェラやSEXといった一般的なプレイをせず技術でイかせます。
最初の9分間はドライオーガズムに向けた準備。
カウントを数えて感度を上げてから彼女が手をかざしたり体に触れるイメージをします。

「今のご主人様と私は 心で繋がっているから 私が手をかざしただけで まるで触られてるかのように感じることができる」
2人は主従の関係ですから本人に自覚がなくても絆があるはずです。
そんな背景と催眠による信頼関係を組み合わせて彼女の温もりを上手に伝えます。
おでこ、頭、唇、首、肩、乳首と上から下へ流す感じに進め
その最中に温かくなる暗示を入れて彼女にお世話されてる感覚をリアルに与えます。

本作品のエッチは淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声が一切出てきません。
催眠色がとても強い内容になってるので、ちゃんと入れれば感覚の変化を味わえます。
私がこのシーンを聴いた時は背中、脇腹、手のひら、頬が一際熱くなりました。
肌がピリピリする感覚もしたので感度が上がってたのだと思います。

残りの6分間はお待ちかねの絶頂シーン。
物語の冒頭に出てきた波のイメージとカウントを組み合わせ
さらに彼女の手もおちんちん(作中では「あそこ」と表現)に触れてやんわり後押しします。

「全身が快感の渦に飲み込まれる 気持ちいい 気持ちいい 快感にレイプされちゃってる」
ここまでまったり責めてたから絶頂シーンもそうなのかと思いきや
ほぼノンストップでカウントと追い込み暗示を叩きこむ連続絶頂形式になってます。
1セット毎に数えるカウントの総数を上げ下げして絶頂感を調整するのも面白いなと。
大きい快感をひとつずつ与えるアプローチと、小さい快感を連続して与えるアプローチを組み合わせてます。

私は1回目と最後で股間を中心にエネルギーが盛り上がってきたり
筋肉が勝手に収縮して快感が湧いてくるのを味わえました。
人によっては連続絶頂やマルチプルオーガズム(イキながらイク)になるかもしれません。
割と落差の大きいリードをしてて視聴後にスッキリできるよう調整されてます。

このように、催眠に入ってるからこそ味わえる快感を追求した特殊なエッチが繰り広げられてます。
カウント重視の穏やかな作品
催眠にしっかり入れるしドライも迎えられるなかなか優れた作品です。

はるかは顔に出るくらい疲れてる主人公を癒したり気持ちよくしようと
まずはリラックス重視の催眠をかけて疲労を取り除きながら深化させます。
そしてエッチはソフトな愛撫と波のイメージを組み合わせて連続絶頂に追い込みます。

優しくて世話好きなメイドがご主人様をリフレッシュさせるノーマル向けのシチュ
古典催眠の技法やカウントを駆使して少しずつ深める親切丁寧な催眠
直接的なエロ要素を敢えて使わず技術で感度を上げたりイかせる催眠色の強いエッチ。
安定感と実用性を合わせ持つ隙のない作品に仕上がってます。

中でも催眠は1作目とは思えないほど作り込みが素晴らしいです。
「催眠を使って心身の疲れを取り除く」という大きな流れがちゃんとできてますし
技術についても使い方を心得ていて何度も驚かされました。
堅実なんだけど面白味があるので催眠音声を数多く聴いてる人にも向いてます。
総時間が短めなのも繰り返し聴きやすくて良いなと。

終盤の連続絶頂をもう少し強く追い込んだほうがいいかなぁと感じる程度で
それ以外に取り立てておかしいと思うところはありません。
しゃべるペース、声のトーン、間の取り方といった演技面も割と細かくチェックしましたが
処女作でここまでできてるのなら上々だと思います。

絶頂シーンは10回くらい。
淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声いずれもありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:口谷亜夜さん
総時間 48:05

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
48分で1320円だとやや割高なので-1してあります。

2021年9月14日まで25%OFFの990円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「Hyple」さんの催眠音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、森の奥深くに住んでる妖艶なアルラウネが
自分の領域に迷い込んできた男性から何度も精気を吸い取ります。

催眠は様々なイメージを組み合わせて没入感と催眠状態を深め
エッチは3つの要素を組み合わせてその様子をわかりやすく表現する、といった具合に
主人公になりきって仮想プレイをリアルに体験できるよう丁寧にリードします。
触手プレイ中心ですが雰囲気は穏やかなのでややM~Mな人に最も向いてます。
アルラウネとのエッチを疑似体験
語り手に催眠をかけられアルラウネとエッチするお話。

「ようこそ 今日は とっても心地の良い体験をして 癒されましょう」
語り手は明るくてお淑やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の注意点や環境を確認すると
目を開けたままどこか一点を見るように言います。

本作品は人外娘とのエッチをできるだけリアルに体験させることを目的に
彼女がおよそ60分に渡って催眠をかけたりドライ系のエッチをします。
語り手は天の声として催眠者や案内役を務め、アルラウネはエッチシーンから登場して彼を直接相手します。
女性が2人登場しますが双子形式ではありませんのでご注意ください。

「ぷかぷか ぷかぷか あなたは海に浮かんでいる」
全編を通じて言える特徴はリアリティを出すための演出に力を入れてること。
催眠は途中からイメージ重視に変わってアルラウネと会うまでの様子を描き
エッチはプレイの大部分に効果音を入れてエロくわかりやすく表現します。

現実世界でアルラウネとエッチしたことがある人はいないはずですから
仮想プレイを主観的に体験できるように工夫しながら進めます。
Hypleさんが催眠音声を作るのはこれが初めてですけど
事前に勉強されたようで催眠誘導も割としっかりしてます。

エッチについては人間との違いをはっきり出すために触手プレイを中心に据えてます。
乳首、アナル、おちんちんとパートごとに責める部位を切り替え
セリフと音を組み合わせて少しずつ確実に追い込みます。
言葉責めや暗い描写は特にないのでM度はそれほど高くありません。
催眠音声では珍しく純粋なエロさを高めにして絶頂を迎えやすくします。
アルラウネに会いに行く催眠
催眠はおよそ18分間。
最初は楽な姿勢で目を開けたまま深呼吸と脱力をします。
途中で謎の少女が出てくる以外はほとんどを語り手1人で進めます。

「力が抜ける 一緒に緊張も抜ける 緊張が抜けて気持ちいい 体が気持ちよくて心が穏やかになって 催眠状態に少し近づく」
脱力は彼女がカウントを数えてる間は力を入れ続け、10になったら脱力します。
そしてそれに合わせて畳みかけるような速度で「力が抜ける」と暗示を入れます。
古典催眠の漸進的弛緩法というもので、実際に筋肉を動かすぶんリラックスしやすくなってます。

この先も含めて本作品の催眠はシーンごとにキーワードを定めてたり
暗示の頭に「ふわふわ」などの擬声語を入れてリズムを取るといった特徴が見られます。

セリフの表現自体はストレートですけど、入れ方に工夫がされてて深化しやすく感じました。

リラックスした後は誘導法が大きく変わります。
目を瞑ってから海に浮かんでるイメージを行い、太陽に照らされて水蒸気のように宙へ浮かび
森へ移動した後は雨粒となって地面に戻ります。
そしてそこで会った少女の後を追ってアルラウネがいる場所まで移動します。

「ぽた ぽたっと 雲から雨粒が落下する 意識も落下する ぽた ぽたっと落ちる」
「その光を放つ少女を見ていると なんだかぼーっとしてくるような 不思議な感覚に包まれる」

浮かぶ感覚、落ちる感覚、意識がぼやける感覚、足を中心に体が重くなる感覚など
旅を通じて状況に合った暗示を入れるなかなか凝った誘導です。
少女が放つ甘い匂いを伝えるシーンもあったりと
できるだけ多くの感覚に働きかけて臨場感を出してました。

実際に聴いてみると情景をイメージしやすく感じるでしょうね。
そしてイメージがあるから暗示の感覚も受け入れやすくなります。
私が聴いた時も落下感や意識のぼやけがそれなりに味わえて心地よかったです。

リラックスしてからイメージを使って没入感と深化の感覚を伝えるストーリー形式の催眠です。
聴き手をアルラウネがいる森の中へ連れて行くことを目的に
深呼吸から入って漸進的弛緩法、自然物に関するイメージを組み合わせた深化と
本作品の特徴が活きるように考えながら組み立ててます。

海に浮かんでるイメージが出てきた時点で「このまま海底に沈むのかな?」と思ってただけに
そこから森へ移動しアルラウネと会う展開が意外だしコンセプトにも合ってて良いです。
単に技術を使うのではなく、目的をちゃんと見据えてそこへ向かうように進めます。
処女作として見るぶんには優れてるほうだと私は思います。
ひとつずつじっくり責めるエッチ
エッチシーンは4パート28分間。
プレイは体の拘束、媚薬を塗り込む、触手による乳首/アナル/おちんちん責め/キス、指舐め、SEX(騎乗位)です。

触手責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありませんが射精表現はあります。

「あら、久しぶりの獲物ね」
アルラウネは穏やかで色っぽい声のお姉さん。
自分の住処へふらふらやって来た主人公を嬉しそうに迎えると
その場に生えてる植物のツタを使って性感帯を刺激します。

エッチは引き続き語り手が進行役を務め、アルラウネはその合間にちょこちょこ話します。
前半の2パート15分間はおちんちん以外を責めるシーン。
「02.胸部刺激(約8分)」は胸と乳首
「03.アナル刺激(約7分は)」はアナルと前立腺を違う形状の触手でいじります。

アルラウネ「その粘液は 触れるだけで感度が上がる媚薬なの」
語り手「腕と足が蜜に濡れる じーんとした疼きが 腕と足を痺れさせていく」
そしてここからは2人が連携を取りながら割とリアルな音を鳴らして臨場感を出します。
02パートは「じゅりっ」という筋っぽいくて幅広い水音を鳴らし
03パートは「ぎゅぷっ」という粘性高めの水音をリズミカルに鳴らします。

同じプレイでも責め方に応じて音の質感や動きが変わるおかげでイメージしやすく感じました。
催眠パートをイメージ重視にしたのが効果的に働いてます。
純粋なエロさを上げることにも繋がりますし、このへんはよくできてるなって思います。
これだけ音が鳴るならいっそ音そのものに気持ちよくなる暗示を入れても良かったかもしれません。

ちなみにどのパートも終盤に1回ずつ絶頂シーンがあります。
パートごとのプレイ時間が短いので、2パートに1回イクくらいのほうがやりやすいかなと。
盛り上げ方は割と上手ですから時間を長く取れさえすればイキやすくなるでしょう。

後半の2パート13分間はおちんちんメイン。
「04.ペニス搾精(約6分)」は筒状の触手
「05.騎乗位搾精(約7分)」はアルラウネのおまんこを使って精液を搾ります。

「くらくらと エッチな香りが脳みそまで浸蝕し あなたの頭がぼーっとする」
実況、暗示、効果音を組み合わせて追い込むところは前半と一緒ですが
再度深化させるアプローチを挟んで催眠状態を維持しやすくしてます。
絶頂した後は多少浅くなることがありますし、このへんでかけ直すのは良い判断だと思います。

ひとつだけ気になったのは絶頂後の時間がほとんどないこと。
02~04パートは絶頂シーンが終わった直後に次のパートへ進みます。
もう20~30秒長くして余韻に浸りやすくしておいたほうがいいでしょう。

このように、アルラウネらしいやり方で性感帯をひとつずつ責めていく個性を活かしたエッチが繰り広げられてます。
イメージ重視のドライ系作品
現実世界には存在しないプレイをできるだけリアルにお届けするややM~M向けの作品です。

語り手は主人公にアルラウネとのエッチを疑似体験させようと
まずは催眠を通じて彼女が住む深い森へ案内します。
そしてその後は役割分担しながら触手メインのプレイで何度もイかせます。

語り手に催眠をかけられアルラウネに搾精されるシチュ
リラックスの後に色んなイメージをして没入感を高める催眠
触手とおまんこを使って乳首、アナル、おちんちんを責めるエッチ。
テーマ性をきちんと持たせたうえで堅実にリードすることを心がけてます。

ここ数年の新規さんは以前よりもレベルの高い方が増えてますが
Hypleさんはその中でも個人的にかなり期待できるサークルさんと見てます。
催眠がただ技術を行使するものじゃなく目的に沿ってますし
エッチも2人に違う役割を持たせてエロさと臨場感を出してます。

絶頂後の描写が淡白なところとかは経験を積めば自然と解消するはずです。
効果音の扱いが丁寧なので音モノを作ってみると面白い作品が生まれるかもしれません。

絶頂シーンは4回。
くちゅ音それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:語り手…浅木式さん アルラウネ…来夢ふらんさん
総時間 55:13

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月12日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「MayThird」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかで世話好きなお姉さんが
今の生活にストレスを感じてる男性を変わった手段でリフレッシュさせます。

公共の場で全裸になり乳首&前立腺オナニーするぶっ飛んだエッチが魅力で
周りに大勢の人がいることを適度に意識させながら
恥ずかしいポーズを取らせたり体を気持ちよくして幸せな絶頂へ追い込みます。
信頼関係の構築に力を入れてますから彼女の命令を受け入れやすく感じるでしょう。
変態プレイでストレス発散
お姉さんに催眠をかけられ露出オナニーするお話。

「こんにちは それともこんばんはかな?」
お姉さんはのんびり話す穏やかな声の女性。
作品のコンセプトや視聴時の注意事項を簡単に説明すると
主人公に自分が特別不幸だと思ったことがあるか尋ねます。

本作品は仕事や生活で心が疲れてる人を元気にすることを目的に
彼女がおよそ90分に渡って催眠をかけたり特殊なエッチをします。
彼を幸せにすることを最終目標に掲げてるため彼女の態度は終始優しく
エッチに入った後も愛玩動物をお世話するようなスタイルでゆっくり丁寧にリードします。

「ふふふふっ あなたのストリップ みんなに見られてるよ? 恥ずかしいね 恥ずかしくて 胸がドキドキしちゃうね」
しかしその内容は変態度がかなり高いです。
彼女と一緒に街へ繰り出し、駅前の人が集まりやすい場所で全裸オナニーします。
そして周りの人々に見られてることを意識させて羞恥を煽ったり
気持ちよくなる暗示を適度に入れて心身両面を興奮させます。

非日常的な体験で心をスッキリさせる感じですね。
彼女の命令に従う喜びも味わわせてくれますし、M度が高い人ほど熱中できます。
体のほうはサークルさんの過去作と同じく乳首と前立腺を重点的に責めます。

催眠については彼女との信頼関係を構築することに力を入れてます。
具体的には彼女の声に対する集中力を高めたり、言う通りにすると心地よくなるアプローチをかけます。
ご主人様と奴隷の関係になるわけですが、彼女自身のS性は非常に低いのでどぎつい描写はありません。
彼が自分から変態プレイをやりたくなるよう応援する感じにリードします。

会話に近いやり方で催眠を進めますから一般的な催眠音声よりも堅苦しさが薄いです。
でも要所要所で技術を使っており後になるほど意識のぼやけが強くなります。
エッチがセルフ主体なので体の重さはあまり与えないように進めてました。
従いたい気分にさせる催眠
催眠はおよそ25分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずはお姉さんの話に耳を傾けます。

「何かひとつのことに集中してる時 あなたは時間すらも考えなくなる 私の言葉だけに意識を向けている間 あなたはストレスから解放される 幸福な時間を感じることができるの」
自分で何も考えないようにしようと思ってもなかなか上手くいかないのが普通です。
だからとりあえず彼女の声に集中し、それ以外を考えなくて済むように働きかけます。
催眠は何かひとつのものに集中してる状態を指しますから
会話を通じて彼を催眠状態に近づけようとする明確な意思が込められてます。

お次は心身を脱力して彼女の命令に従える環境を作ります。
自分のペースで深呼吸したり、カウントに合わせて目を開ける/閉じるを数回繰り返し
閉じる時にだけ深化の暗示を入れてより深い場所へ案内します。

「目を瞑ることで あなたは幸せな世界に戻ってくることができる」
「私のことだけを考えてるあなたは すごく 気持ちが楽な状態」

目を閉じる時に幸福感を与えるのが良いですね。
この催眠は彼を幸せにするためにやりますから、催眠特有の心地よさで包み込んでストレスを軽減します。
また主従関係を結ぶ時は「彼女に従ってるほうが楽」などメリットを強調するように語りかけます。
押しつけがましさがまったくないのでM向けの作品とは思えないほど雰囲気が穏やかです。

そして最後は催眠をさらに深めたうえでエッチの準備も行います。
先ほどと同じくカウントに合わせて目の開閉を一度だけやって落ちる感覚を強化し
彼女の命令に従うほど興奮や幸福感が高まる暗示を入れます。

「命令という言葉にあなたは反応して 胸がドキドキしてしまう 命令は 気持ちよくしてもらえる合図」
命令を遂行すること自体に心地よさを感じさせるのがこのシーンの大きなポイントです。
これによって暗示だけでなく命令によっても催眠状態を維持できるようになります。
彼女に言われてやるなら変態プレイも気分よくできますし
本作品のテーマや目的に沿った有効なアプローチと言えます。

聴き手が自分から従いたくなるように優しく働きかける丁寧な催眠です。
お姉さんの命令を素直に受け入れる従順な奴隷にすることを目的に
彼女の声に対する集中力を高めるアプローチから始まり
深呼吸、カウントを交えた揺さぶり、メインの暗示と一歩ずつ着実に進めます。

心を解きほぐすところをしっかりやってるおかげで
心地よさや幸福感といった癒しの感覚が徐々に湧いてきます。
彼女の声や態度があまりご主人様っぽくないのもそうなる理由です。
見下したり突き放すのではなく甘やかす姿勢で接してくれます。
色んな快感を混在させてるエッチ
エッチシーンは54分間。
プレイは服を脱ぐ、乳首オナニー、PC筋トレーニング、カウントによる絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ます。

「大勢の視線を集めるこの場所で あなたは服を脱いで全裸になるの」
催眠を使って主人公を立派な奴隷に変えたお姉さんは
人が大勢いる駅へ移動し、少し高い場所に乗って服を脱ぐ命令を出します。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
最初の33分間は興奮を高めた後に1回目のドライオーガズムを迎えるシーン。
服を脱いでから恥ずかしいセリフを復唱し
さらに乳首オナニーとPC筋トレーニングを組み合わせて心身両面を盛り上げます。
PC筋トレーニングはおしっこする時の筋肉を収縮させることを意味します。

「私は ご主人様の性奴隷です これから 皆様の前で 恥ずかしいオナニーをします」
「乳首をいじってると 背筋がゾクゾクするような快感が走ったり 胸全体が痺れるような 甘い快楽が溢れたりして すごく気持ちいい」

エッチに入っても彼女の態度は終始穏やか。
現実世界ではまずできないことをガンガン指示してMな彼をたっぷり喜ばせます。
露出や復唱など羞恥心を煽ることに力を入れててゾクゾクします。
性感帯を気持ちよくする暗示も適度に入れてきますし、催眠と同じくリードが丁寧でやりやすいです。

乳首オナニーは乳頭を指の腹で優しく撫でるところから始まり
ある程度経つと聴き手の自由にいじっていい命令が出ます。
オナサポみたいに細かな指示は出しませんから、どちらかと言えばいじり慣れてる人向けの内容です。
PC筋トレーニングは深呼吸に合わせて締めたり緩めるのを繰り返します。

続く21分間は痴態を見られる快感を強化しながら再び絶頂させます。
オナニーのやり方を完全に聴き手任せにしたうえで絶頂だけは禁止し
体の各パーツの感度をさらに上げたり、長めのカウントを数えながら羞恥心を膨らませます。

「ほら 大勢の人たちが あなたのことを見ているよ 恥ずかしいね 恥ずかしくて 体が熱くなってくる」
前のシーンは露出成分がやや低かったので、ここで補うのは正解だと思います。
感度を上げる時におちんちんも対象にしてたところを見ると
竿をしごく通常のオナニーもOKなのかもしれません。
1回目はドライですから2回目はウェットで〆るのも十分ありだと思います。

実際に聴いた感想ですが、純粋な快感だけでなく陶酔感も味わえて心地よかったです。
駅前で露出オナニーするなんてまずできませんから
そういうぶっ飛んだプレイを敢えて用意し聴き手を別の自分に生まれ変わらせます。
セルフ系だけど心のケアにも力を入れてて没入しやすくなってます。
私は乳首を既に開発してるので体の快感も強めで満足できました。

このように見られる快感、羞恥心、命令に従う喜び、純粋な快感を組み合わせた変態度の高いプレイが繰り広げられてます。
現実逃避できる作品
嫌なことを一時的に忘れさせてくれるM向けの作品です。

お姉さんはストレスを抱えてる主人公の心を少しでも軽くしようと
まずは催眠を通じて声に対する集中力を高めながら彼女の命令に従う喜びを教えます。
そしてエッチは現実世界だと確実に捕まるプレイをやり
その感覚をイメージや暗示で膨らませて破滅的な絶頂を味わわせます。

穏やかでSっ気も低いお姉さんがご主人様になって変態プレイを応援する変わったシチュ
会話形式にして和やかな空気を作りながら主従関係を構築する柔らかい催眠
露出オナニーに的を絞り、その様子をわかりやすく語って没頭させるシチュ重視のエッチ。
サークルさんが得意とされてる乳首オナニーに独自要素を取り入れて個性的な作品に仕上げてます。

中でもエッチはインパクトの強い内容になってて心の刺激も強めに得られます。
ストレスを感じてる人を楽にさせる場合、現実世界から遠ざけるのが有効な手段です。
だからここまで突飛なプレイにしたんじゃないかなと。
オナニーの時間が40分くらいあるので、乳首を開発済みなら体も普通に気持ちよくなれます。

絶頂シーンは2回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

露出プレイが好きな人には特におすすめします。

CV:しゃるろさん
総時間 1:30:57

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月13日まで50%OFFの385円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「MayThird」さんの同人/催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声や口調は穏やかだけど性格はSなお姉さんが
ネットで知り合ったM男におちんちん以外の快感をたっぷり味わわせます。

最初から最後まで乳首と前立腺を刺激するドライ系のエッチが行われており
おちんちんは触れないどころから意識すらさせないように誘導し
色んな手段で乳首をいじりながらPC筋(おしっこを止める筋肉)も収縮させて少しずつ快感を膨らませます。
催眠の要素はかなり薄いので、乳首重視のオナサポ音声と思って聴いたほうが楽しめます。
ふたつの性感帯で気持ちよくマゾ堕ち
真咲冴依(まさきさえ)がオナサポ調教するお話。

「ちゃんと土下座をして待ってるなんて 本当に君は変態さんですね」
冴依は丁寧語で話す穏やかな声のお姉さん。
土下座で待ってた主人公に自分のペットになる宣誓をさせると
立ち上がってガニ股のポーズを取らせ、シャツをまくって乳首を見せるように言います。

本作品はネットで知り合い現在は主従関係を結んでる男女が
およそ80分に渡るアブノーマルなエッチをして性的欲求を満たします。
彼女はS、彼はMなので最初からお互いの立場が決まっており
この日も彼が土下座しながら迎えて彼女の下僕になってることを印象付けます。

「今日の目標を私なりに考えてきたんですけど 非勃起時に絶頂する、というのはどうですか?」
今回するエッチのテーマはメスイキ。
おちんちんを勃起させて射精する男性にとってお馴染みの絶頂は一切やらず
乳首と前立腺だけを終始刺激してドライオーガズムを目指します。

全裸になる描写はありますがおちんちんをいじることは一切ありません。
その代わり乳首オナニーの時間を長めに取って快感を補おうとします。

MayThirdさんは元々乳首をテーマにした作品をいくつも制作されてますから
それを継承したうえで調教要素を上げてシチュも楽しめるようにしてます。
彼女も終始ご主人様っぽく振る舞ってて女性に弄ばれる感覚が味わいやすいです。

催眠についてはエッチの途中に少し出てくる程度とかなり弱いです。
販売ページの説明文に「貴方は自ら催眠状態に入っていき」と書いてあるように
彼女が技術を駆使して誘導するシーンはあまりありません。
本作品の内容に沿った暗示をちょこちょこ入れて、最後に深化のアプローチを軽くかける感じです。

サークルさんには申し訳ないのですが
この内容だと被暗示性が相当に高い人でもない限り深く入れないと思います。
以前から催眠音声を数多く聴いてるM男ならクリアできるかもしれません。
私が聴いた時も他の催眠音声でよくある感覚は体験できませんでした。
解除パートのやり方も普段より簡略化されてます。

そんなわけで当サイトでは催眠の要素を含んだオナサポ作品として紹介します。
あくまで私個人の意見ですけど全体を10とした場合、同人8.5:催眠1.5くらいの比率です。
サークルさんの他作品とは方向性が違うのでくれぐれもご注意ください。
乳首と前立腺をじっくり開発するエッチ
エッチシーンは3パート67分間。
プレイは乳首オナニー、PC筋トレーニング、自分の胸を揉むです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありですが射精はありません。

「シャツをしっかりとまくってから 円を描くように乳輪をなぞってみてください」
主人公に今回やる調教のコンセプトや内容を説明した冴依は
ひとまず乳首には触れず乳輪をゆっくりいじらせて体の感度を上げます。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
一番最初の「01_導入パート(約18分)」はやり方を確認しながらソフトにいじるパート。
直に乳輪を触るところから始まりシャツ越しに乳首を引っかく
PC筋トレーニング(おしっこを止める筋肉を収縮させる)を個別にやり
最後にカウントを数えながら乳首と前立腺を同時に気持ちよくします。

「さっきも言ったけど 勝手に止めちゃダメだよ? 私が指示を出すまでは かりかり かりかりって続けること」
声や口調が上品なところを見ると彼女は結構育ちが良いのでしょう。
ご主人様だからといって強引なことはやらず、彼がちゃんとついて行けるようにリードします。
乳首を引っかく時は「かりかり」、PC筋トレーニングは「ぎゅー」と掛け声も出してました。
隅から隅までサポートするわけではないですけど、何をするか小まめに教えてくれるのでやりやすいです。
絶頂シーンもないのでウォーミングアップと呼ぶのがしっくりきます。

催眠の要素が出てくるのは次の「02_催眠パート(約19分)」。
彼がもっとマゾの心を身に着け、彼女の命令に従えるようにその手の暗示を少し入れます。

「くりくり くりくりっていじってる乳首の快感が どんどん どんどん大きくなっていく」
「聞いて? 君は数字が小さくなるにつれて 体の感度が ゆっくりと高まっていくの」

一般的な催眠誘導とは違い乳首&前立腺オナニーと同時にやるため
この内容ならエッチの一部と見るのが自然でしょう。
暗示自体は本作品のテーマに沿ってると思います。
体への責めは乳首を引っかく動作を多めにして快感を上げてました。

しかし、リラックスや深化といった暗示が入りやすくなる行為をやらずに入れるため
音声を実際に聴いて効果が出るか?と言われれば私は首を捻ります。
01パートでそれにあたることをやってればまた違ったのでしょうけど…うーん。
そんなわけで催眠をあまり有効活用できてないと私は見てます。

最後の「03_マゾ堕ちパート(約30分)」は絶頂シーン。
引き続き乳首と前立腺を責めながら適度に休憩を挟んで焦らし
終盤にようやく絶頂の許可が出てほぼノンストップで3連続行います。

「ほら 前立腺もぎゅーっと締めなさい 君のチンポが感じなくなるまで 乳首と前立腺をいじめ続けるの」
催眠をかけたのなら気持ちよくなる暗示や聴き手目線の実況をしたほうが効果的だと思うのですが
彼女は前の2パートと同じく指示や命令をするシーンが多いです。
構造面もオナサポに近いので、仮に催眠に入れたとしてもあまり意味はなさそうです。

でも指示自体はしっかり出してくれますし
数分単位で乳首オナニーのやり方を変えて快感に慣れにくくしてるのは良いです。
オナサポとして聴くならそんなに悪くないと思います。

このように、オナニーのやり方を小まめに教えてくれる割と親切なエッチが繰り広げられてます。
乳首好きなら
近頃流行りの乳首オナサポにサークルさん固有の要素を盛り込んでるM向け作品です。

冴依はMな主人公を喜ばせながら自分も一緒に楽しもうと
彼女がご主人様、彼が下僕の関係で乳首&前立腺オナニーをさせます。
そしてその途中にほんの少し催眠暗示を入れて個性を出します。

声や態度は上品だけど性格はSなお姉さんがM男を調教してメスイキさせるシチュ
最初から最後まで乳首オナニーとPC筋トレーニングをやり
パートによって刺激の強さやいじり方を変えて徐々にドライへ追い込むアブノーマルなエッチ。
おちんちんの快感を意図的に切り捨てて別の手段でイけるように組み立ててます。

催眠はイマイチだと言いましたが乳首オナサポのほうはしっかりしてると思います。
エッチシーンのほぼ全部でいじって開発しやすくしてますし
複数のプレイを用意して切り替えながら進めることで単調になるのを防いでます。
前立腺もエネマグラを使いませんから取り組みやすい内容と言えます。

ぶっちゃけこの内容なら催眠を完全に取り除いても良かったんじゃないでしょうか。
入れないほうがオナサポ作品としての完成度は上がると思います。
催眠を取り入れるのならしっかり誘導して、その状況を活かせる責め方をしたほうがいいです。

絶頂シーンは3回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:天音羽乃さん
総時間 1:16:56

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は6点。
77分で770円とコスパが良いので+1してあります。

2021年7月3日まで20%OFFの616円で販売されてます。



サークル「百合虎魂」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、心に関する治療をしてる病院で働く女の子が
悩みを抱えてやって来た男性を変わった手段でスッキリさせます。

催眠、エッチいずれも触手を積極的に使うのが特徴で
催眠は触手が放つ匂いや体を包まれる感触を通じて男らしさを取り除き
エッチはおまんこやアナルを責めたり出産シーンを設けて女性の快感を味わわせます。
疲れの原因は性別のズレ
ヒロミ(挿し絵中央)に催眠をかけられ触手責めされるお話。

「あーいい天気 お仕事したくないなー」
陽香は明るくて穏やかな声の女の子。
「ダメですよ陽香さん そんなこと言って ちょっと外に出たら すぐお酒飲み始めちゃうんですから」
ヒロミは甘くお淑やかな声の女の子。
仕事をサボりたい気分でいる陽香をヒロミがたしなめると
来院した患者をヒロミに任せて陽香は退出します。

本作品は不眠で悩んでる男性患者を救うために
ヒロミがおよそ90分に渡って女体化催眠をかけたり独特なエッチをします。
彼女によると彼がそうなってるのは心と体の性別が一致してないからだそうで
女性になりたがってる彼の願望を叶えれば自然と解消します。
そのため40分近くの時間を使ってゆっくりじっくり女体化を進めます。

TS触手のエサ係~触手娘化した友人に犯されて触手連続強制出産~」の続編にあたりますが
登場人物が一緒なだけでストーリーの繋がりはないので前作未視聴でも問題ありません。
また院長の陽香は冒頭とエッチの一部に出てくる程度でほとんどヒロミがやります。

「アシスタントの 触手ちゃんです とってもいい子で どんな男の人も 可愛い女の子に変えてくれるんですよ」
そしてヒロミは彼を治療するにあたり触手を積極的に使います。
触手が放つ甘い匂いで心地いい気分にさせたり、体を包み込んで女性の体へ変えるなど
エッチだけでなく催眠にも取り入れてるのが珍しいです。
うねうねした効果音をバックで鳴らしますし、本作品にとって欠かせない要素と言えます。

エッチは定番の触手責めに加えて出産シーンがあるのがポイントです。
おまんこを責められるだけでなく、母親になるのもテーマの女体化に相応しい内容だと思います。
といっても時間は5分程度ですからメインは性感帯を責められるほうです。
カウントに合わせて暗示を小まめに入れる堅実なリードがされてます。
心のケアに力を入れてる催眠
催眠はおよそ36分間。
ベッドに横になり、まずは深呼吸しながら自分がなりたい女性像をイメージします。

「無意識の女の子は 可愛い女の子になりたい 本当の自分になりたい あるべき姿の 女の子になって 自由にお洒落を楽しみたい」
具体的にどういう見た目をしてるかには触れず聴き手の自由に任せ
それと並行して女性になりたい気分にさせる言葉を投げかけて前向きにします。
本作品を聴く時点で女体化願望のある人が多いでしょうけど
それでもこういうシーンを挟んだほうがよりスムーズに誘導できるのは事実です。
時間に余裕がある状況を活かして心の準備から始めます。

本作品の売りである触手が出てくるのはその次から。
甘い匂いで心を、柔らかくて温かな感触で体をとろかせ
さらに体をパーツごとに脱力しながら女性の体へ変えていきます。

「この香りは 触手ちゃんから出る粘液の香りで 不思議なことに 吸えば吸うほど 頭の中がふわふわして 幸せな気持ちで満たしてくれるんですよ」
聴き手が抵抗を感じないようポジティブな表現を心がけてました。
ヒロミの声も終始穏やかで触手モノとは思えないほど和やかな空気が漂ってます。
脱力も「力が抜ける」と暗示を適度に入れて女性の体になりつつあることを実感させます。
深化と女体化をほぼ同時にやるスタイルになってて展開がスムーズです。

そして最後はストレートな手段で彼の中にある男らしさを取り除きます。
触手がおちんちんへオナホのように吸い付き、直接しごいて精液を吐き出させます。
百合虎魂さんは過去作も含めて催眠パートに絶頂シーンがあります。

「女の子の象徴の割れ目が作られて お腹の奥へと通じる膣が作られていく」
やり方はカウントをゆっくり数えながら絶頂へ追い込む暗示を入れ
その後はおちんちんが小さくなりクリトリスへ変わる様子を実況します。
気持ちよくなるよりも女体化の仕上げとしてやる感じです。
彼は射精しますが我々が聴く時はイメージだけにしておいたほうがいいでしょう。

最初から最後まで女体化を強く見据えたテーマ性の強い催眠です。
聴き手の心と体を男から女へ変えることを目的に
深呼吸しながら女の子になりたい気分にさせるアプローチをかけるところから始まり
触手のイメージを交えた脱力と深化、そしてオナホコキっぽいプレイによる仕上げと繋ぎます。

心構えから入るおかげでヒロミの言葉を受け入れやすく
暗示の表現も軒並み柔らかくて心地よさを感じました。
脱力を通じて女性へ近づいてるのを実感させるアプローチも良いです。
最後のシーンで射精さえしなければそのままエッチに進むことができます。
女性の喜びと母親の喜び
エッチシーンは3パート25分間。
プレイはヒロミのオナニー、乳首オナニー、触手によるおまんこ/アナル責め、出産、キス、耳舐めです。

オナニー、触手責めの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフは一応ありです。

「あなたには 私にセクハラした罰として 触手ちゃんのエサ係になってもらおうと思うんですよね」
催眠を使って主人公を可愛い女の子に変えたヒロミは
物語の冒頭にされたセクハラへの罰としてあるゲームを持ち掛けます。

エッチは終始彼女や触手が責め続けます。
一番最初の「#3 触手にまみれて(約15分)」は割と王道の触手プレイ。
ヒロミのオナニーを鑑賞しながら自分の乳首をいじり
後半に入ると触手がおまんこに入ってきてドライ絶頂を迎えます。

「愛液を求めた触手が あなたのゆるんだ割れ目に潜り込む 膣の内側に 触手が激しく吸い付き 愛液をすすり始める ひだが震え 切ない快感が広がっていく」
そして彼女はここでも色んな暗示を入れて興奮や絶頂を後押しします。
オナニーを見せ合うシーンでは効果音や熱い吐息を漏らす
触手責めはうねうねした水音を鳴らすと雰囲気作りにも気を配ってます。
乳首オナニーは実際にやったらたぶん女体化が解けるのでやらないことをおすすめします。

ちなみに本作品の絶頂シーンはすべてカウントに合わせて行います。
どれも1カウントごとに暗示を厚めに入れる丁寧なリードでした。
純粋なエロ要素と催眠の技術をバランスよく組み合わせて無理なく追い込んでくれます。

残りの2パートは方向性を変えて気持ちよくするプレイ。
「#4 可愛い赤ちゃん(約4分)」はしばらく後に触手の子供を出産し
「#5 触手の抱擁(約6分)」はヒロミとキスしたり触手に下半身を責められて再び絶頂します。

「生まれる生まれる生まれる生まれる 生まれ続ける 生まれるたびに あなたは絶頂と 異常なほどの幸福感に襲われる」
#4は普通に進めたらグロくなりそうなので幸福感を前面に押し出してました。
前のパートは女性の快感を味わわせてましたから、ここは母親の気持ちを彼に体験させます。
#5は事前の会話を長めに取ってヒロミがどういう人物かわかりやすく伝えてました。
キスや耳舐めもしますし女性同士の甘いエッチに仕上げてます。

このように、ハードになりがちなプレイを柔らかいタッチで描いたややM~M向けのエッチが繰り広げられてます。
ニッチだが丁寧な作品
前作の特徴を継承しつつ聴きやすさを向上させてる作品です。

ヒロミは不眠で悩んでる主人公をスムーズに治療しようと
その原因が性別にあることを教えてからまずは催眠で女性の心と体に作り変えます。
そしてエッチは触手と協力して純粋な快感、出産の喜び、女性同士の甘いプレイを味わわせます。

ある秘密を持つナースが悩みを抱えてる男性を変わった手段で治療するシチュ
リラックスや深化に触手を使ったり射精シーンもある独特な催眠
パートごとに方向性を変え、エッチな音と暗示を組み合わせて追い込む個性的なエッチ。
触手を活かしながら催眠も成り立つように作品を組み立ててます。

中でも催眠は序盤で女性になりたい気持ちを膨らませるシーンがあったり
触手を積極的に絡めて誘導する面白くてしっかりした内容になってます。
女体化催眠をかける場合、深化させてから女体化へ移るケースが多いのですが
百合虎魂さんは両者を同時に行って時間の短縮と流れを作ることを意識されてます。

過去作では「深化が弱いなー」と感じることもありましたけど
今回は十分な深さまで入れて心地よかったです。
終盤で射精するのも男らしさを吐き出すイメージをわかりやすく表現してるだけですから
女体化作品ならそこまでおかしなことではないと私は思います。
さすがに実際に出すと性欲が一気に落ちるので避けたほうがいいでしょう。

エッチはパートごとに違う良さを持ってますが
#4と#5はプレイ時間のほとんどをカウントに費やしてるのは気になりました。
こうすると違うプレイでも内容がどうしても似通ってしまいます。

絶頂シーンはドライ4回、射精1回。
くちゅ音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

CV:春乃つくしさん
総時間 1:26:52

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年6月16日まで30%OFFの693円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



【バイノーラル】放課後の音楽室でメスの玩具にされた私【百合 TS催眠】(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「07_3人に同時に焦らし責め」以降の様子を中心に紹介します。
甘く激しいエッチ
後編のエッチシーンは4パート72分間。
プレイは愛液を舐める、指/耳/腋/乳首舐め、手マン、キス、乳首オナニー、クラリネットのリードを舐める、クンニ、貝合わせ、アナル責めです。

手マン、クンニ、貝合わせ、アナル責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフは一応ありですがやらないことをおすすめします。

麻里「もう愛液でパンツぐちょぐちょ 腰上げて? 脱がしてあげる」
前編最後のパートで乳首をたっぷり責めた3人は
そのせいですっかり濡れたおまんこにターゲットを移します。

エッチは引き続き麻里、小春、響心が責め続けます。
最初の2パート29分間は1回の絶頂に向けて焦らし気味に責めるシーン。
「07_3人に同時に焦らし責め(約25分)」は小春の手マン+残り2人の耳舐め
「08_部活の後輩にばれないように麻里と小春とエッチ(約4分)」は
偶然現れた二宮茜(加奈が好きな子)に見つからないよう隠れて手マンと乳首舐めをします。

麻里「何もしてないのに 指を締め付けてくる どうしたの? そんなに気持ちいいの? 本当に淫乱だよね」
前編のエッチは覗きや乳首責めといった比較的ソフトな内容でしたが
後編はおまんこを中心に複数の性感帯をがっつり責める濃いプレイが味わえます。
くちゅ音やちゅぱ音を複数同時に鳴らすシーンが増えるのに加えて
彼女たちが軽い言葉責めをしたり様々なおねだりを要求するようになります。


前編に比べてやや意地悪になった印象を受けるでしょう。
何をされても抵抗しない加奈の態度にS心をくすぐられたのだと思います。
時間いっぱい責めた結果絶頂をお預けするのも良い例です。
といっても百合の中ではの話ですから通常のM向け作品よりもずっとソフトです。

07パートは口を使うプレイが充実してます。
小春が加奈の愛液を直に舐め取る、3人の指を順番にしゃぶる
キス、耳舐め、腋舐めなど種類が豊富です。
また終盤では二宮茜が普段使ってるクラリネットのリード(吹く時に使う木製のへら)を舐める指示も出ます。

それに対して08パートはバレるかもしれないスリルを軽く煽ります。
響心は茜と話す役に回って麻里が乳首舐め、小春が手マンを担当します。
こういう状況で絶頂させるのも割と容赦ないなと。
前編が大人しかったから後編は踏み込んだ要素を入れてメリハリをつけてます。

続く2パート43分間は体への責めも激しくなります。
「09_イスに拘束されながら3人に同時責め(約27分)」はクンニ、キス、耳舐めを同時にやり
「10_メスイキオモチャになったあなた(約16分)」は麻里との貝合わせやアナル責めを楽しみます。

小春「下のお口はちゃんとおねだりできてるのに 上のお口からは おねだりできないんですか?」
もう誰にも邪魔される心配がないから3人とも責める気満々。
普段は優しい小春まで多少のSっ気を見せて年上の加奈を弄びます。
09パートはおねだりの要求が多いですから、その通りにすればさらに没入できます。
前編と同じく催眠の技術はほとんど使わず、エッチな音を多めに盛り込みストレートに責めてました。

10パートはエッチの最後を飾るだけあって内容が最も濃いです。
これまで手や口で責め続けてたのが麻里だけとはいえ責め合うスタイルに変わりますし
後半からは小春と響心がアナルを指でいじって別の快感を与えます。
ここだけで7回も絶頂シーンがあったりと、百合の範囲内でできるだけハードなプレイに仕上げてました。

このように、エロさと意地悪さを兼ね備えたややM向けのエッチが繰り広げられてます。
催眠つきのボイスドラマ
催眠音声としてはうーん…だけど、百合系ボイスドラマとしては優れてる作品です。

ブックカフェの店員はこの街に住む女の子たちのエッチな出来事を疑似体験させようと
まずは2種類の音を絡めた催眠で主人公を加奈になりきらせます。
そしてその後は麻里と小春のエッチを覗き見たり、響心も加えた3人に責められて何度も絶頂を迎えます。

吹奏楽部に所属する女の子になって教師、同級生、後輩に責められる百合シチュ
ピアノの音やメトロノームの音を鳴らしながら暗示を入れるテーマに沿った催眠
時間を長く用意しソフトなものからハードなものまでがっつりやる重厚なエッチ。
催眠よりもエッチを存分に楽しめるよう作品を組み立ててます。

時間が135分もある時点でエッチ重視なのは理解してましたが
内容も一部を除けばほぼ同人音声と同じ作りでボイスドラマ色が強いです。
ちゅぱ音やくちゅ音といった純粋なエロ要素が多いため興奮しやすく感じました。
意地悪さも通常のM向けよりずっとソフトでご奉仕あたりに留まってます。

催眠、エッチいずれも十分な魅力を持ってるし質も高めです。
しかし両者を繋げることができてないから全体を見た場合にまとまりを欠いてます。
催眠をかけて、エッチするではなく相互に連携を取るから催眠音声は成り立つのです。
今の内容だとエッチで催眠を維持するアプローチをかけておらず、途中で解ける可能性が高いです。

せめてボイスドラマのパートと催眠重視のパートが混在してたら随分違ったでしょう。
本作品はブックカフェの店員が催眠をかけますから
彼女を天の声として引き続き登場させるか、声優さんが同じな小春を実況や暗示を入れる役に据え
それを他の2人がサポートする形にするのも有りだと思います。

後編の絶頂シーンは9回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:七海 麻里/二宮茜/ナレーション…天知遥さん 三浦 小春/ブックカフェ店員…柚木朱莉さん 佐倉 響心…御崎ひよりさん
総時間 3:46:11

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は6点。
226分で1100円とコスパが良いので+1してあります。

2021年5月26日まで30%OFFの770円で販売されてます。



サークル「ユビノタクト」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、不思議な本が置かれてるブックカフェを舞台に
そこの店員さんが女の子たちのエッチな思い出を疑似体験させます。

ピアノやメトロノームの音を鳴らしながら女体化の暗示を入れたり
同級生、後輩、教師から同時に責められるなど
物語の主人公の特徴を盛り込みながら様々な百合エッチをするのが特徴です。

総時間が226分もあるため前編(01~06)、後編(07~12)の2回に分けてお送りします。
音楽室で起きた気持ちいい出来事
清水 加奈になりきって3人の女性とエッチするお話。

「どうなさいましたか? あぁ この本ですね こちらの本に ご興味ありますか?」
店員は明るくて優しい声のお姉さん。
ブックカフェで不思議な本を見つけた主人公に声をかけると
それが何か教えてから読み聞かせのサービスを提案します。

本作品は女の子が過去に味わったエッチな出来事を追体験することを目的に
彼女が催眠をかけて別の世界へと案内しそこで女教師、同級生、後輩と色んなエッチを楽しみます。
総時間226分に対してエッチが135分と非常に長く
ひとつひとつのパートを長めに取ってゆっくりじっくり進めます。


催眠音声は基本的に通しで聴くことになりますが
これだけの時間を集中して聴き続けるのはさすがに難しいので
製品版には視聴を途中で止めて再開するためのパートも入ってます。

ユビノタクトさんは百合をテーマにした作品をいくつも制作されてるサークルさんです。
今作もその例に漏れず登場人物をすべて女性で揃え
比較的ノーマルなプレイを中心に据えて甘く温かいエッチに仕上げてます。
催眠音声では珍しく喘ぎ声を漏らす時間が長めですし、効果音も入ってて純粋なエロさは高めです。
複数人で同時に責めるパートもあったりと、エッチ重視の作品なだけあって色々こだわってます。
音を絡めた珍しい催眠
催眠はおよそ34分間。
横になって目を瞑り、まずは店員の話を聞きながら深呼吸を繰り返します。
このシーンは現実世界のお話なので彼女1人で進めます。

「息を吸ってー 息を吐いてー 体が軽くなったように 感じてきます 吸うと体がふわっと浮いて 吐くとゆったりと体がベッドに戻っていきますよ」
吸う/吐く両方の指示を出しながら温かさと浮遊感を与えてリラックスさせます。
催眠を始める前に11分ほどの前置きを挟むなど雰囲気作りに気を配ってました。
6分ほど続けた後には手を叩いてから「落ちる」と深化の暗示を何度も入れてスムーズに落とします。

本作品らしさが出始めるのはその次から。
自分が音楽室にいるイメージをしてからピアノの鍵盤を押し
さらにメトロノームの音をバックで流して物語の世界に引き込みます。

(主人公の清水加奈は吹奏楽部の部長でエッチもここでやります)

「振り子の動く速度が遅くなってくると さらに意識が深い 深いところへ落ちていきます」
「ぽーん」という高くて長く響くピアノの音や
「カチカチ」とリズミカルに刻むメトロノームの音に合わせて暗示を入れる凝った誘導です。
ピアノは後になるほどトーンが高くなり、メトロノームはペースが徐々に遅くなります。

メトロノームは割と見かけますけどピアノの音を使う作品は初めて聴きました。
音自体の効果も相まって物語の世界が頭の中に自然と浮かんできます。

パートの後半からは本題の女体化に移ります。
引き続きピアノの音を長めの間隔で鳴らしながら
手→足→胸→髪→顔→性器と男女の性差が出やすい部分を中心にひとつずつ変えていきます。

「両手が 女の子の手へ 変化し始めます 同時に 手の肌の感覚も 変わっていきますよ」
「清水 加奈の記憶や感情が あなたの心に流れ込んでいきます」

聴き手が無理なく女体化後の自分をイメージできるよう具体的な描写はできるだけ避け
大まかな容姿を語りながらピアノのトーンを徐々に上げて女体化を定着させます。
トーンを上げるのは声が男性から女性に変わりつつあるのを表現してるのでしょう。
最後は目の前で眠ってる加奈と抱き合ってすべてを共有しエッチの準備を整えます。

作品固有の要素を使って深化や女体化を進める珍しい催眠です。
聴き手の心と体を加奈になりきらせることを目的に
長めの深呼吸から入って2種類の音を使った深化→女体化とほぼ一直線に進めます。

事前の雰囲気作りをしっかりやるおかげで落ち着いた気分で聴けますし
催眠誘導も音モノっぽい内容になってて音楽少女な加奈の特徴をきちんと盛り込んでます。
私が聴いた時は落ちる感覚よりもイメージ力が向上する感覚のほうが強かったです。
没入感やイメージ力が割と重要になるエッチをするからこういう誘導をしたのでしょう。
ボイスドラマ成分の強いエッチ
前編のエッチシーンは3パート63分間。
プレイは麻里と小春のエッチを覗き見る(キス、乳首舐め、手マン)、太もも/胸/おまんこの愛撫、キス、耳舐め、手マン、乳首責めです。

手マン、愛撫、乳首責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

小春「誰かに 見つかっちゃうよぉ」
麻里「でもこういうの ドキドキするんでしょ?」
部活があると勘違いして登校し、1人でお弁当を食べてから昼寝した加奈は
目覚めた後に隣の部屋で同級生の麻里と後輩の小春がエッチしてるのを見てしまいます。

エッチはパートによってシチュや参加者を変えながらゆっくり愛し合います。
一番最初の「04_麻里と小春のエッチを目撃&先生に迫られる(約18分)」は
直接参加せず2人の絡みを見守る覗きに近い内容。
麻里が攻め、小春が受けの立場でキス、乳首舐め、手マンをします。
そして途中から教師の佐倉 響心(ことみ)が覗く側に加わります。

麻里「もっと感じて? 小春 小春 もっと声を聴かせて?」
小春「先輩 もうダメだよ おかしくなっちゃうよぉ」
麻里と小春は以前からこういう仲のようでスムーズに進めます。
年上の麻里がちょっぴり意地悪をし、それに対して小春が切ない声を漏らす正統派の百合です。
くちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声も結構入ってるので聴いてれば自然と興奮するでしょう。
同じ年代の女子のエッチをこっそり眺めるシチュも良いです。

催眠音声だから実況や興奮を高める暗示を入れてくるのだろうと思ってたのですが
実際はほぼ同人音声と同じ表現方法で催眠の要素は特にありませんでした。
前編はこの後紹介するパートも含めてボイスドラマ成分が強いです。

加奈が責められる側にまわるのは次のパートから。
「05_音楽準備室で先生とエッチ(約27分)」は響心に乳首とおまんこを同時に責められ
「06_先生に見られながら麻里と小春に責められる(約18分)」は
それに気づいた麻里と小春も加わり3人で弄びます。

響心「加奈ちゃんの太もも 柔らかぁい ほら 嫌じゃないでしょ? こうやって さわさわさせるの好きでしょ?」
05パートは年上のお姉さんらしい柔らかなリードが光ります。
好きな人以外とのエッチに抵抗を感じてる加奈に優しい言葉をかけながら
太ももをゆっくり撫でたり胸や股間を下着越しにいじって心を少しずつ開きます。

プレイはキス、耳舐め、体の愛撫、終盤に手マンとソフトな部類にして過程を大事にしてます。
パート終盤の絶頂シーンしか暗示を入れないのは残念ですが
描写が丁寧で2人がどんな風にエッチしてるかイメージしやすいのも事実です。

小春「こうやって 先輩の可愛い乳首を くり くり くりゅ くりゅっとするたびに 体がビクビクしてますよ」
06パートは複数人プレイに切り替わります。
麻里は左、小春は右に陣取って交互にキスしたり左右の乳首をゆっくり責めます。
指でいじる、唾液をまぶす、口で舐めるとターゲットを絞り込んで色んな責め方をしてました。
おまんこには触れないので今後に向けた準備運動の意味合いが強いです。

前編をまとめると、催眠はなかなか良いけどエッチに多少引っ掛かる部分があります。
具体的には聴き手視点の実況や感度を上げる暗示がほとんどないことです。
このへんを上手く料理してたら今よりもずっと臨場感のあるエッチになったでしょう。
本作品より前に発売された「先生にメスイキさせられる少女はあなた」ではできてただけに残念です。

前編の絶頂シーンは2回。
くちゅ音と喘ぎ声それなり、淫語とちゅぱ音そこそこです。

後編へ続く…。
【バイノーラル】放課後の音楽室でメスの玩具にされた私【百合 TS催眠】(後編)

CV:七海 麻里/二宮茜/ナレーション…天知遥さん 三浦 小春/ブックカフェ店員…柚木朱莉さん 佐倉 響心…御崎ひよりさん
総時間 3:46:11


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月26日まで30%OFFの770円で販売されてます。



サークル「百合虎魂」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、レズ専門のAVを制作してる会社の女社長が
お金目当てで応募してきた男性を変わった手段で出演させます。

女優の視点でAVに参加するのが最大の特徴で
催眠パートはリラックスした後に深化と女体化をほぼ同時に進めて男の要素を取り除き
エッチは最初は雰囲気重視でソフトに、次はハードにと方針を大きく変えてなりきらせながら気持ちよくします。
高収入の裏にある気持ちいい罠
AVメーカーSGDの社長兼監督「神崎 魅弥子(カンザキ・ミヤコ)」に催眠をかけられレズプレイするお話。

「注目されたい 誰かに気にしてもらいたい ちやほやされたい それでいて お金も欲しい? 人というものは なんて強欲なんでしょう」
魅弥子は上品で整った声のお姉さん。
高収入の仕事に興味を持って事務所にやって来た主人公に挨拶すると
奥の部屋へ案内し、ソファのことを話してから仕事の説明に移ります。

本作品は普段我々がオカズとして使ってるAVを真逆の視点で味わわせることを目的に
彼女がおよそ70分に渡って催眠をかけたり女性同士のエッチをします。
この会社はレズを専門に扱ってるので男性が出演するわけにはいきません。
そこで女体化催眠で彼の体を巨乳の女の子に変えてから2種類のプレイに臨みます。

「そうそう この手のAVにお決まりの インタビューっぽいことしてからプレイに入りますが 適当に合わせてくださいね」
簡単な挨拶をしてからインタビューをしたり
エッチの前半は比較的ソフトなプレイを中心に据えてなりきりやすくするなど
AVに自分が参加してる気分に浸れるように雰囲気作りから始めます。

実況や快感を与える暗示もしっかりしてて臨場感がありました。
エッチの後半は2つのパターンが用意されてるなど
本作品の鍵にあたる要素なだけあってサークルさんのこだわりが見られます。

催眠についてはエッチに負けないくらい個性的です。
具体的には深呼吸や脱力した後にオナホコキしながら深化と女体化を進めます。
一般的な催眠音声はエッチな描写を入れないのですが
百合虎魂さんの場合は他作品でも同様のことをするのでこれが作風なのでしょう。
なんとなくやるのではなく、ちゃんと意味を持たせてあるから別に間違ってないと思います。
魔法のオナホで男らしさを放出
催眠はおよそ20分間。
ベッドやソファへ横になり、まずは深呼吸と脱力で心身をリラックスさせます。

「匂いを嗅いでいるだけで 頭がぼんやりしてきてしまうでしょ? 体がなんとなく火照ってきたり だんだん お腹の奥が熱くなる」
主人公が寝てる事務所のソファはかつて娼館で使われてたものらしく
その匂いを意識しながら体の熱と脱力感を膨らませて女性になる準備を整えます。
女体化に取り掛かる前から関連性を持たせてるのは良いですね。
そのほうがいきなりやるよりも心に余裕が生まれて魅弥子の暗示を受け入れやすくなります。

お次は彼女が用意した特殊なオナホを使って深化と女体化を進めます。
カウントダウンしながらおちんちんへ被せる様子を聴き手視点で実況し
その中に「頭がぼーっとする」「記憶がとろける」といった深化を匂わせる暗示を入れます。
そしてカウントの終盤は女体化にシフトして生まれ変わった自分の姿を確認します。

「手を動かすほどに 頭がぼーっとしてきて 何も考えられなくなってくる」
効果音は特に鳴りませんから純粋なエロさは低めです。
海に沈んだり宙に浮かぶといったイメージをオナホに置き換えてる感じですね。
深化の暗示で意識や感覚を一度曖昧にしてから女体化で再構成する流れで進めます。

オナホと女体化にあまり関連性がないと思う人がいるかもしれません。
ですがこのオナホは「魔法のオナホ」と呼ばれており
現実世界で売られてるオナホとはまったくの別物です。
そのへんの事情は製品版付属の設定資料集に書かれてますから読んでおくといいでしょう。

「指が細く白く 華奢になっていく 胸が少し張ってくる 体が 華奢になっていく」
終盤の女体化は体つきや性差の出やすい部分を中心に描きます。
挿し絵の通りおっぱいが大きいキャラなのでそこは強調してました。
おちんちんがクリトリスになり膣ができる様子も綿密に描いててわかりやすいです。
今のところは女性に変えるところまでやっておき、エッチの序盤でAV女優になりきらせます。

軽くリラックスしてから深化と女体化を同時に行う独特な催眠です。
聴き手を巨乳の女の子に生まれ変わらせることを目的に
匂いを意識しながらの深呼吸と脱力から入って
オナホのイメージとカウントを絡めた深化&女体化へと移ります。

パートの最後に射精シーンがありますが
ここで射精するとエッチを聴く気がなくなるのでやらないほうがいいと思います。
個人的にはもう少し深化を厚めにやったほうがいいかなと。
深呼吸と脱力が約3分と軽めなことを考えれば入念にやったほうがバランスを取れます。
女体化については次のエッチで徐々に実感できるようになります。
最初は優しく、次はハードに
エッチシーンは3パート45分間。
プレイは体の愛撫、キス、手マン、耳舐め、体の拘束、洗濯バサミ責め、ディルドフェラ、足を使ったクリ責めです。

手マンの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「じゃ、そろそろ始めようか まずは 服を脱いでもらっていい?」
催眠を使って主人公を立派な女の子に変えた魅弥子は
AVの撮影現場へ移動してからブザマちゃんと命名し、服を脱がせて優しく愛撫します。

エッチは共演者を務める彼女が責め続けます。
最初の「#2 「~AV女優デビュー!?~」(約22分)」はレズらしい甘さのあるプレイ。
体の愛撫から始まりキス、手マンと一歩ずつ前進して初ドライに持っていきます。

「ピッタリとしたドレスが そっと下ろされる あなたの柔らかな肌が ドレスと擦れる 乳首が擦れる 弱い電流のような快感が ビリビリと胸に広がる」
そしてここからは通常のセリフとナレーションを織り交ぜて進めます。
前者はプレイ相手の立場で普通に話しかけ、後者は実況や暗示といった天の声を担当します。
声質は催眠パートの魅弥子とほぼ一緒ですから違和感はありません。
主人公視点のセリフを多めに入れることでAVに参加してる気分を膨らませます。

プレイは服を脱がせてから下腹部を優しく撫で、キスを経由しカウントを交えた手マンへ移ります。
服を脱ぐ時は乳首に擦れる感覚、脱いだ後はおっぱいを見られる恥ずかしさなど
かなり細かいところにも気を配って初々しさを出してました。
体への刺激はソフトなほうなので、シチュと組み合わせて絶頂できるパワーを作ります。

続く2パート23分間は一転してハードなプレイ。
「#3-A「ブザマにイっちゃう!(失敗パターン)」(約11分)」
「#3-B「ブザマにイっちゃう!(成功パターン)」(約12分)」いずれも同じプレイ構成で進めます。

ここの違いはある要素に成功してるか、してないかだけです。
最初の9分くらいまでは一緒なので初回は好きなほうをお選びください。
成功は最後に女体化を完全に解除する、失敗は女体化したときの感覚を残すと違う展開になってます。

「右へ 左へ 上へ 下へ 奥から手前へ 限られた口の中のスペースを使い ディルドをしゃぶる」
体を拘束してから洗濯バサミで乳首をつまみ
さらに特殊なディルドを口に突っ込む、クリトリスを足の指で責めるとM度の高いプレイばかりです。
前のパートが甘めだから余計落差が大きく感じます。
終盤はカウントに合わせて長めの追い込み暗示を入れるなど、快感もより強く得られるようにリードします。
AV撮影という特殊な環境だからこういうぶっ飛んだプレイを用意したのでしょう。

このように、実況や暗示を厚めに入れながら正反対のプレイをするM向けのエッチが繰り広げられてます。
AV女優の気持ちが少しわかるかもしれない作品
我々が普段お世話になってるAVを出演者の立場で疑似体験させてくれる個性的な作品です。

魅弥子は高収入に釣られて応募してきた主人公にしっかり働いてもらおうと
まずはオナホコキを織り交ぜた催眠で男性から女性へ生まれ変わらせます。
そしてエッチは最初は雰囲気作りを見据えたソフトなプレイ
次は上下のお口を同時に責めるハードなプレイと真逆の路線で進めます。

AV会社を経営してる女性が女体化催眠をかけてAVに出演させる変わったシチュ
軽くリラックスしてからオナホコキのイメージで深化と女体化を同時に行う特殊な催眠
実況や暗示を小まめに入れて臨場感を出しつつ2種類のプレイをするレズエッチ。
サークルさんの作風と本作品の特徴を組み合わせて面白いものに仕上げてます。

中でもエッチは最重要ポイントにあたるためナレーションがとても丁寧でした。
主人公が何を見て、思い、感じてるかを綿密に描いて一体感を出します。
感度を上げたり気持ち良くする暗示も充実してますし
私が聴いた時も股間を中心に熱や快感がじわじわ湧いてきて気持ち良かったです。
個人的には#2のほうが雰囲気作りがしっかりしてて好きですね。

催眠は深化がやや弱いことを考えれば中上級者向けかなぁと。
エッチの内容が良かっただけに「もう少し無難に乗り切っていれば」と惜しく思います。

絶頂シーンは4回。
淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、くちゅ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:秋山はるるさん
総時間 1:53:30(1視聴あたりの時間は70分程度)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月17日まで50%OFFの495円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「MayThird」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、性と人格に関する研究をしてる穏やかなお姉さんが
施設に収容されてる男性を調教してメスイキできる奴隷に変えます。

複数の音声を同時に流しながら乳首オナニーを長めにするのが特徴で
催眠パートの段階から乳首オナニーするシーンを用意していじり方を丁寧に教え
それと同時に「すりすり」などの掛け声や、聴き手を奴隷化する暗示音声を流して
幸せを感じながら乳首や前立腺で感じられる心と体にします。
男のままメスイキできる体に
鷺篠彩香(さぎしのあやか)に催眠をかけられメスイキ奴隷になるお話。

「入りますよー 起きてますかー?」
彩香は明るくて穏やかな声のお姉さん。
主人公の部屋にやって来てこれから人格改造することを告げると
自己紹介した後に乳首と前立腺でメスイキする変態に作り変えます。

本作品は何らかの理由で借金を作りこの施設に連れてこられた彼が
人格矯正に関する研究をしてる彼女におよそ70分間の調教を受けます。
メス堕ちがテーマなので作中におちんちんをいじったり意識するシーンは一切なく
最初から最後まで乳首や前立腺といった別の性感帯を刺激してドライ絶頂を目指します。
ここでの名前が認識番号7742640だから彼はナナシと呼ばれてるそうです。

調教と言っても彼女の性格が割と穏やかなのでどぎついことはやりません。
彼が自分からメス堕ちしたい気持ちになるよう働きかけたり快楽を与えて骨抜きにします。

「今からナナシがメス化するために必要な音声を流すから ちょっと待っててね」
また彼女は多くのシーンで別の音声を流しながら進めます。
「私はご主人様のメス奴隷です」など彼女に服従する暗示をひたすら言う人格矯正音声
「つんつん」「すーりすり」といった乳首オナニーの指示に関する音声
そしてエッチ終盤に出てくる甘い音声と全部で3種類あります。

音声を流してる最中も普通にしゃべるためすべてを追うのは難しいです。
双子催眠のように連携を取るわけではなく、複数の声を重ねて言うスタイルを取ってます。
彼女も作中で言ってますがどれかひとつに集中して聴くと良いでしょう。
催眠パート2種類ですが、エッチに入ると3種類に増えて脳にそれなりの負荷がかかります。

エッチはサークルさんが過去作でもよくやられてる乳首オナニーに最も力を入れ
中盤以降はPC筋トレーニング(おしっこを止める時に動かす筋肉を収縮させる運動)を行います。
乳頭をつつく、指の腹で撫でる、爪で軽く引っかくといじる種類も豊富です。
直前に説明した音声のおかげで指示も小まめにしてくれます。
会話と暗示を同時に流す催眠
催眠はおよそ33分間。
楽な姿勢で目を瞑り、軽く深呼吸してから彩香の話に耳を傾けます。
そして声よりもやや小さい音量で人格矯正音声も流れ始めます。

「人は好きな人のコトを考えると 幸せな気持ちになれるでしょう? それはオキシトシンって物質が脳内に分泌されて 愛おしいって気持ちが溢れてきちゃうから」
音声のほうで暗示を入れ続けるからでしょうけど
本体の彼女はメス堕ちに対して彼の気持ちを前向きにするアプローチをかけてました。
序盤はメス堕ちするメリットをひとつずつ教え
中盤は音声を乳首オナサポに切り替えて作中に出てくる5種類のいじり方を順に教えます。
声や演技も普通にしゃべるのに近いですし、暗示は音声に任せるように見て取れます。

普通の催眠音声はメインの声を催眠誘導に割り当てることが多いので
それと真逆の役割にしてるのは非常に珍しいです。
でも聴き手との信頼関係を構築したり、心を開く効果を持ってるのは事実ですし
まったく違うことをやってるように見えて両者がちゃんと協力してると言えます。

「ご主人様 大好き 大好きって思いながら絶頂すると ナナシはすごく幸せな気持ちになれるから」
そして終盤は引き続き乳首オナサポ音声を流しながら今度は奴隷の心を身につけます。
ご主人様である彼女に痴態や絶頂する姿を見てもらう喜びを教えます。
デメリットよりもメリットを強調する言い回しにしてるおかげで
調教がテーマの作品とは思えないほど雰囲気は穏やかでした。

テーマのメス堕ちと作品独自の要素を組み合わせたかなり変わってる催眠です。
彩香に従う喜びを教えながら乳首をある程度開発することを目的に
深呼吸から入って人格矯正音声を流しながらの会話
乳首オナサポ音声に切り替えてやり方の説明、そして心の奴隷化と目的意識を強く持って進めます。

私個人はメインの声がしっかり催眠をかけ
それを音声がサポートする形にしたほうが良いんじゃないかなと思います。
今の内容だと誘導が弱いと言いますか、実際に聴いてみて催眠の感覚があまりしませんでした。
あと2種類の声を同時に流す時間がほとんどなので集中しにくくなってます。

双子催眠の場合はしゃべるテンポや間といった細かい部分も練られてるのですが
本作品は少なくとも音声に関してはほぼ垂れ流しの状態です。
例えば人格矯正音声のセリフとメインの声を一部重ねて暗示の効果を強化するとか
もう少し直接連携を取る感じにしてれば違ったかもしれません。

新しいことに挑戦するのは歓迎するし応援したいです。
でもそれによって催眠の効果が落ちてると判断できてしまう状況となれば首を捻ります。
現時点では粗削りだけど磨き上げれば面白くなる可能性を秘めてる催眠です。
3つの声に包まれながら
エッチシーンは24分間。
プレイは乳首オナニー、乳揉み、PC筋トレーニングです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「いっぱいエッチな命令をしてあげるから ナナシはいやらしく感じなきゃダメだからね」
催眠を使って主人公を従順な奴隷に変えた彩香は
嬉しそうな表情で乳首と前立腺をさらに開発します。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
前半の13分間は乳首オナニーしながら頭の中をとろとろにするシーン。
手で胸を揉んだり足を内股にしてモジモジするところから始まり
少し後にPC筋トレーニング、もう少し経つと乳首オナニー音声が再開されて両方を同時に刺激します。

「ナナシは今 私の話を聞いたり 指示音声に従ったり 人格矯正の音声を受け入れながら 懸命に頭を回転させてるよね でも 全部を聞き取ることは難しいでしょ? そのうえで話の全部を理解しようとしたら きっと頭が混乱しちゃうよね」
PC筋トレーニングが加わってる点を除けば催眠パート終盤とそれほど変わりません。
でもエッチ開始から5分ほど経つと人格矯正音声が加わり合計3つの声が同時に流れます。
彼女も言ってるように脳の処理能力を超える負荷をかけて混乱させることを意図してるのだと思います。
こういう場合はどれかひとつに集中すれば大丈夫です。

ちなみに乳首オナニー音声は1分程度の間隔でいじり方を切り替えてきます。
2~3種類の音声が同時に流れる状況でそれを完璧にこなすのは難しいので
変に合わせず自分の好きなやり方で続けたほうがストレスを感じずに済むでしょう。
大事なのは指示に合わせることではなく、このエッチを楽しむことですから。

残りの11分間は本題のメスイキに向けて追い込みます。
人格矯正音声が停止する代わりに第3の音声が登場し
本体の彼女も気持ちよくなる暗示や幸せを感じる暗示を入れて絶頂をサポートします。

「ほら ゾクゾク ゾクゾクって気持ちいいのが大きくなって ナナシは幸せな気持ちでイっちゃうの」
ストレートにイかせるよりも幸せを感じさせたほうが心に残るからこうしたのでしょう。
カウントを数えないのでちょっとタイミングがわかりにくいことと
最重要シーンの割に追い込み具合が弱いのが気になりました。

彼女の人柄に合わせて抑えたと見ることもできますけど
これのために色々やってきた背景を考えればビシッと決めたほうが満足できると思います。
また終盤の6分間はメインの声がなくなり、人格矯正音声と乳首オナサポ音声だけ流れ続けます。
聴き手の好きなタイミングで好きなだけイっていい場となります。

このように、乳首をがっつりいじらせながら声と音声で心も操作する割と穏やかなエッチが繰り広げられてます。
ソフトな乳首調教作品
サークルさんが得意とされてるジャンルに新しい要素を盛り込んだややM~M向けの作品です。

彩香は借金のせいで人格矯正施設に収容され名前まで失った主人公をメスに変えようと
暗示や乳首オナニーに関する音声を流しながら催眠をかけてその準備を整えます。
そしてエッチは乳首オナニー、PC筋トレーニング、最大3種類の音声を同時に繰り出し
幸福感に包まれながらドライ絶頂できるように追い込みます。

変わった研究をしてる穏やかなお姉さんが不遇な男性をエッチで生まれ変わらせるシチュ
双子形式とは違うやり方でふたつの声を同時に流す独特な催眠
おちんちんには一切触れず乳首と前立腺だけを責め続けるサークルさんらしいエッチ。
エッチはほぼ過去作と同じにして複数の音声を流すスタイルで個性を出してます。

催眠部分はもう少し練り込みが必要かなぁと思いますけど
乳首オナニーの時間が41分もあるので、乳首を開発してる人なら楽しめると思います。
逆に未開発の人はメインの声が入るぶんやりにくく感じそうです。
ネガティブな要素を取り除く配慮がされてて耳あたりは終始まろやかでした。
内容が特殊なため催眠慣れしてる中上級者におすすめします。

絶頂シーンは最低でも2回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:梓乃さん
総時間 1:12:13

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は6点。
72分で770円とコスパが良いので+1してあります。

2021年5月3日まで20%OFFの616円で販売されてます。

↑このページのトップヘ