同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ:同人音声 > 6点

   ● 【バイノーラル&甘々】ご奉仕ペット「ショコラちゃん」~ご奉仕ペットとご主人様のイチャラブ生活~
   ● 発情期の双子狐姉妹とイチャラブ耳舐めセックス~仲良くどっぷり交尾~
   ● オナ禁サポートセンター~あなたのオナ禁お手伝いしてあげる~
   ● 即抜き十分一本勝負~従姉のお姉さんのぢゅぱフェラ編~
   ● 【バイノーラル/ハイレゾ】耳癒妖精風俗~耳を犯して差し上げますわ~エンフィ・アストレア・シルキスフォン
   ● カナちゃんに優しく指示される乳首責めオナニーサポート音声
   ● 【催眠オナニー】添い寝囁きシコシコ
   ● 男の潮吹きデトックス!○玉が空になるまで無制限発射★【ハイレゾ/バイノーラル】
   ● 【正月・耳舐め】うたかたの宿 新年初詣【バイノーラル・癒やし】
   ● お世話の日~優しく甘いご主人様開発調教日記~


【バイノーラル&甘々】ご奉仕ペット「ショコラちゃん」~ご奉仕ペットとご主人様のイチャラブ生活~

サークル「サイコすまいりんぐショウ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、一途で甘えん坊なわんこタイプの女の子が
ご主人様にあたる男性と楽しく暮らしながらエッチなご奉仕をします。

彼女の魅力を前面に押し出したあまあまなエッチが魅力で
彼のことを「パパ」と呼びながら色んなおねだりをしたり
自分から積極的に耳やおちんちんを責めて好意をストレートに伝えます。
優しいご主人さまと過ごす幸せな1日
ペットのショコラと色んなエッチをするお話。

「あのっ わ、私 ご奉仕ペットのショコラです」
ショコラははきはきと話すあどけない声の女の子。
自分を購入した主人公の家にやって来てお礼を言うと
彼に言われた通り砕けた口調に変えてからエッチなご奉仕を始めます。

本作品は動物の代わりにケモミミ女の子をペットとして飼える世界で
彼女がおよそ30分に渡る大胆なエッチをします。
朝、昼、夜と1日を3つのシーンに分けそれぞれでメインのプレイを切り替えながら
主従ではなくほぼ対等な立場で愛し合うあまあまラブラブな物語です。

「えーっと その…パパ パパって呼びたいの」
「パパのちんぽミルク すごく濃くて とっても美味しかったよ」

この音声を甘いと感じる最大の要因は彼女のキャラ。
出会った当初はやや卑屈な態度で丁寧語を話してたのが
彼に「一生一緒にいるから」と言われて心がほぐれ、以降は実の娘に近い話し方をします。
そしてエッチ開始後は彼を喜ばせようとやや下品な淫語を言いながら優しく責めます。

言葉と行為の両方で好きな気持ちを何度も伝えてくれますから
聴き進めていくうちに彼女を愛おしく感じるでしょう。
そんな彼女をしっかり受け止め慈しむ彼の姿も愛に満ちてます。
プレイ自体は犬だからといって舐めにこだわらずバランスを考えて組み立ててます。

ちなみにタイトルや販売ページのジャンルタグにバイノーラルが入ってますが
これはバイノーラル録音ではなくバイノーラル編集の意味です。
通常録音された音源をバイノーラルっぽく加工しただけなのでバイノーラル録音に比べて臨場感はイマイチでした。
声を近づけてきた際にノイズも若干入ってたりと音質の面でやや難があります。
絆を感じるエッチ
エッチシーンは4パート27分30秒間。
プレイは耳舐め、キス、手コキ、ショコラのオナニー、SEX(騎乗位)、乳首責めです。
手コキ、オナニー、SEXの際に効果音が鳴ります。

「パパ おはようのちゅー ちゅーぅ」
とある休日の朝、主人公と一緒のベッドで目が覚めたショコラは
彼を起こそうとおはようのキスをします。

エッチは終始彼女がご奉仕します。
一番最初のS002パートは朝のお話(約5分30秒)。
軽めのキスで彼を目覚めさせた後、すっかり硬くなったおちんちんを手と口で鎮めます。
ちなみに冒頭のS001にもエッチな描写がありますが、左右の耳を約2分舐めるだけなので説明は省略します。

「パパのちんぽミルク たくさん飲ませてね」
彼女は彼のことが大好きですからエッチもとっても積極的。
寝起きで汗がついてるおちんちんを嫌がるどころか愛おしそうに扱い
射精時も口でそのまま受け止め飲み干す健気な姿を見せます。

彼が優しい性格をしてるので特に過激なプレイはしませんが
望まれたら何でもやるんじゃないかと思えるほど慕ってるのを感じます。
単なる性欲処理ではなく愛情を深める手段としてエッチを行います。

続くS003パートは昼食後のお昼寝(約7分)。
買い物に出かけようとした彼を彼女が昼寝に誘い、まだ寝てる彼の耳を舐めたり目の前でオナニーします。

「んっ んん あっ パパ 聞こえる? ショコラのおまんこ だんだん濡れてきてるの」
彼女は発情しやすい性格らしく一度興奮すると自分をなかなか抑えられません。
だから彼の許可をもらってからするはずのオナニーもついやってしまいます。
すっかり濡れたおまんこをかき混ぜながらその音を聴かせ
絶頂時は愛液を顔にかけてしまうなかなか激しい乱れっぷりです。

恋人や家族との違いが出るよう彼女を多少やんちゃにしてるのがいいですね。
女の子と犬のハイブリッドなので考えるより感じることを優先します。
淫語をわざと下品にしてるのも彼女の野性味を表現したかったのでしょう。

最大の山場は最後のS004パート(約13分)。
夜になり我慢できなくなったショコラが早速SEXをおねだりし
手コキとフェラを軽く挟んでから騎乗位で3連続射精へ導きます。

「あっ パパのギンギンおちんぽがショコラのエッチなビラビラに触れただけで なんかビリビリーって気持ちよくなっちゃう」
「パパのおちんぽが子宮を小突いてる ショコラのエッチなおっぱいがぶるんぶるんと震えてるのぉ」

喘ぎ声が多めで激しいし効果音も絞り上げる感じでエロいのですが
最中のセリフや実況に説明的なものが多く、彼女のキャラと合ってない印象を受けました。
聴き手にイメージさせやすくするための配慮なのでしょうけど
犬な彼女の場合は多くを語るより一心不乱に乱れつつ軽く心情を漏らすほうが自然だと思います。

舐め系のプレイはセリフをほとんど挟まずにちゅぱ音を鳴らしてたので
それに合わせたほうがプレイスタイルに統一感が出たのではないかなと。

このように、2人の関係を大事にしたほぼノーマルなエッチが繰り広げられてます。
一風変わった純愛作品
プレイよりもキャラに魅力を感じる作品です。

ショコラは自分を家族に迎えてくれた主人公の気持ちに応えつつ
自身の欲望も発散させるために1日中つきっきりで色んなご奉仕をします。
そしてその中に彼を愛する描写を数多く盛り込んで温かい雰囲気を作り上げます。

彼のことを一途に慕う彼女の純真なキャラ、表裏がまったくないストレートなセリフの数々
主従ではなく対等な家族として愛し合うラブラブなエッチ。
登場人物たちが持つ魅力を忠実に反映させた幸せいっぱいのお話が楽しめます。

「ショコラ パパのおちんぽにたくさんご奉仕できて とっても幸せだよ」
彼女は思ったことを包み隠さず言うし行動するわかりやすい女性です。
だからご主人様にあたる彼に対して多少わがままなことも言います。
それでいてもらった恩を体でしっかり返す律儀なところも持ってます。
現実世界の犬が持つ忠誠心の高さや愛嬌の良さがしっかり受け継がれてるのが良いです。

エッチは手コキ、オナニー、SEXとプレイをわざとバラけさせてます。
個人的には舐め系のプレイを充実させたほうが彼女らしさが出たんじゃないかなと。
山場のSEXで饒舌と言えるほど説明的なセリフを言ってたのも引っかかりました。
「交尾」と表現するのがぴったりな野性味のあるSEXが聴きたかったです。

射精シーンは4回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:真知谷つくもさん
総時間 46:17

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

作品自体の点数は5点。
46分で200円とコスパがいいので+1してあります。

発情期の双子狐姉妹とイチャラブ耳舐めセックス~仲良くどっぷり交尾~

サークル「甘とろ屋」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、属性が結構違う双子の仙狐が
発情した勢いでお隣に住む男性の精液を搾り取ります。

熱っぽい吐息を多めに漏らしながら何度も連続射精させたり
女性が2人いる状況を利用して複数のエッチな音を同時に鳴らすなど
人間と獣のハーフならではの野性味を持たせたエッチをします。
可愛い隣人の大胆なおねだり
鈴夏や夏鈴とエッチして発情を鎮めるお話。

「いつも私たちの面倒を見てくれてありがとうございます お兄さん」
鈴夏はおっとりした清楚な声の女の子。
「今回もよろしくね あぁ これ菓子折りね」
夏鈴は元気でちょっぴり気が強そうな声の女の子。
両親が旅行に出かけたので主人公の家に上がると
座って寛ぎながら3人一緒にテレビを観ます。

本作品は人間世界の一員としてひっそり暮らしてる仙狐の双子が
彼の家に泊まってる間に発情期を迎えてしまい、45分程度のエッチでそれを解消します。
以前から仲良く付き合ってた背景があるので堅苦しいところは一切なく
2人とも最初から最後まで実の妹のように親しげな態度で接します。

鈴夏「私たち仙狐は 発情期になると 野生の本能が高まって 狐の特徴が強まってしまうんです」
姉の鈴夏はしっかり者、妹の夏鈴は自由奔放と性格にそれなりの違いがあるものの
エッチに対する積極性はどちらも強く序盤からあの手この手で誘惑します。
全編を通じて熱い吐息を漏らし、ねっとりした音を鳴らしながらおちんちんにむしゃぶりつく姿に野性味を感じるでしょう。
どちらかと言うと鈴夏のほうがギャップが強くてエロいです。

作品名やトラック名から耳舐め特化の作品に思うかもしれません。
しかし実際は全パート合わせて12分程度と短めです。
少なくとも耳舐め目当てで聴くのはおすすめしません。
耳舐め推しと言うからには最低でも半分の23分はやって欲しいところです。

もうひとつの特徴はプレイの密度。
両耳舐め、耳舐め+フェラ、ダブル太ももコキなど2人が協力してる責めるシーンがいくつもあります。
舐めてる最中はセリフが一気に減りますから音に集中しやすいです。
至近距離から耳を舌で擦られるたびに微かな刺激が伝わってきます。
欲望をストレートに叩きつけるエッチ
エッチシーンは4パート46分間。
プレイは耳舐め、フェラ、太ももコキ、乳首舐め、SEX(騎乗位、正常位)、キスです。
SEX、射精の際に効果音が鳴ります。

夏鈴「それじゃあ 私たち本気でお兄ちゃんのこと 誘惑するから」
自分たちの正体や発情期を迎えたことを説明してもなかなか首を縦に振らない主人公を見て
鈴夏と夏鈴は左右に体を密着させながら両耳を舐めてエッチしたい気分にさせます。

エッチはごく一部を除き彼女たちが責め続けます。
最初の「淫語×耳舐め×精液おねだり」は耳舐めに特化したパート(約10分)。
鈴夏は左、夏鈴は右に陣取り息を軽く吹きかけてからパワフルに舐め始めます。

耳舐めに7分以上もの時間を割き、鈴夏は舌でぐりぐりする
夏鈴は唇でちゅぱちゅぱすると舐め方に違いを持たせて一心不乱にご奉仕します。
射精シーンはありませんがかなりリアルな責めをしてくれて興奮しました。
無理矢理犯すのではなく彼の気持ちを尊重するところも思いやりがあって良いです。

本格的なエッチが始まるのはその次から。
耳舐め+フェラ、太ももコキ、キスを交えた2種類のSEXと後になるほど踏み込んだプレイをします。

鈴夏「ほら 見てください あーんっ 私のお口の中 お兄さんの出した精液でぐちゃぐちゃでどろどろですよ」
フェラパートは主に鈴夏が担当し多彩なちゅぱ音を鳴らします。
ご挨拶のキスから始まり舌で舐める、包皮の間に舌を滑り込ませて剥く、
亀頭をちろちろするなど清楚な声とは随分違う積極的な責めっぷりを披露します。
射精後に口を開けて精液を見せつけ飲み干すところも男心をよく心得てるなと。

これ以降の3パートは必ず連続射精させるのがいいですね。
彼をもてなしつつ自分たちの欲望も発散させる方向でエッチを進めます。

鈴夏「しーこ しーこ しーこ しーこ しーこ」
続くニーソコキは1回戦が鈴夏の乳首舐め+夏鈴の太ももコキ
2回戦は両側から挟み込んでの太ももコキ+両耳舐めとスタイルを変えて気持ちよくします。
太もも好きな主人公の性癖を満たしたいから取り入れたのでしょうが
肝心のプレイが音ではなくセリフで表現されてるのが残念です。

エッチパートの全部に「淫語×耳舐め」が入ってることからもわかる通り
本作品はこのふたつをどれだけ多く入れられるかが重要となります。
しかし「しーこ しーこ」「ぐーり ぐーり」といったセリフを言い続けてたらそれができません。
実際のところ両耳舐めはたった2分で終わってしまいます。
最後のSEXパートは効果音を鳴らしますから統一感を出す意味でも音を入れて欲しかったです。

夏鈴「おちんぽいいよぉ こんなの馬鹿になりゅぅ」
SEXは彼女たちの乱れっぷりが一番の抜きどころです。
ぱつんぱつんと弾力のある水音がバックで流れる中、とても気持ちよさそうな声を漏らします。
このパートで初めてキスするのも特別感を出すための演出でしょう。
2人とも繋がってから2分程度で射精してたので、時間を3~4倍にしてたらもっと抜けたと思います。

このように、2人の女の子と獣っぽく愛し合う甘く激しいエッチが繰り広げられてます。
キャラの持ち味は出てるのだが
発情中の仙狐という彼女たちの状況を活かしたエッチをする作品です。

鈴夏と夏鈴は主人公の家で偶然発生した性欲を少しでも早く発散させようと
彼の耳に熱っぽい吐息を吐きかけながらしきりにおねだりし、了承を得た後はその体を存分に味わいます。
そしてその様子をパワフルなちゅぱ音や連続射精でリアルかつエロく表現します。

2人の女の子が左右に寄り添い同時に責める密度の高い作り
彼の気持ちを尊重しつつ精液を搾り取る愛のあるエッチ
可愛らしい見た目とは違う水分高めのねっとりしたちゅぱ音。
人間の女子学生とするエッチとの差別化を図って作品を組み立ててます。

夏鈴「お兄ちゃん早くぅ このまま生ハメSEXしよ」
特に3番目の要素は彼女たちの余裕のなさや獣らしさを印象づけてます。
おねだりもしきりにやってきますし見た目や年齢とのギャップが大きいです。
さすがに毎回射精するのは無理でしょうけど、通しで1回出すくらいのエロさは十分に持ってます。

しかしその一方で気になる点もいくつか見られました。
耳舐めの量が少ないこと、後半の2パートがいずれも消化不良なことなどが挙げられます。
挿入から射精までの時間が短すぎたらタイトルの「どっぷり交尾」に反してしまいます。

夏鈴「このままお兄ちゃんのおちんぽに 手を添えて そのまま私のおまんこで 咥えこんじゃうからね」
もうひとつ、エッチの実況が全体的に硬いのも引っかかります。
上のセリフはSEXを始める時のものですが、やってることを客観的に描写することに終始してます。
単に情報を伝達するだけならこれでも問題はありません。
でも学校に通ってる年頃の女の子がしゃべる言葉としては不自然だと思います。

射精シーンは6回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:結姫うさぎさん
総時間 1:08:23

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2018年9月30日まで25%OFFの900円で販売されてます。

オナ禁サポートセンター〜あなたのオナ禁お手伝いしてあげる〜

サークル「マジチョロドミネーション」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、完全無料の慈善団体に所属するお姉さんが
一風変わった方法でオナ禁希望の男性をお手伝いします。

「~してはだめ」としきりに言って興味と興奮を煽るのが最大の特徴で
禁止されると余計やりたくなる人間の心理を逆手に取り
淫語を多めに交えながら一歩ずつ前進させて射精を我慢できない状況へと追い込みます。
オナニーをさせないサポート
お姉さんの話を聴きながらオナニーを我慢するお話。

「こんにちは こちらの映像は確認できますか?」
お姉さんは明るくて甘い声の女性。
「絶対成功☆オナ禁プログラム(3日間コース)」に申し込んだ主人公に画面越しで挨拶すると
オナ禁のメリットをふたつ説明して乗り切る気力を与えます。

本作品は性欲が強くちょっとしたことですぐ勃起してしまう人でもオナ禁ができるように
彼女が15分程度の短い時間を使ってそれに沿った講義をします。
同人音声でオナサポと言えば様々な指示を出してオナニーをコントロールするのが定番です。
しかし彼女は直接的な指示をほとんど出さず、聴き手の心を責めてオナニーや射精をしたい気分にさせます。

最終的には射精するように作られてるのですが
そこに至るアプローチが一般的な作品とほぼ真逆です。
明らかにオナニーを抑制しようする彼女の言葉に反して勃起する人がそれなりにいるでしょう。

「おちんちん握ったら オナニーしたくなる オナニー始めちゃうと 射精したくなっちゃう だから絶対に勃起しちゃだめですよ」
そう言える一番の理由はセリフの言い回しにあります。
彼女はエッチシーンの多くで「~してはだめ」と言いこちらの欲求を押さえ込もうとします。
しかしこれはまったくの逆効果で、その様子や感覚を脳が反射的にイメージしてしまうことへと繋がります。
否定形を駆使することで遠回しに彼を射精へ追い込むわけです。

催眠音声だと時々あるのですが同人音声でこういうタイプの作品は珍しいです。
貢ぎマゾ要素も多少あるのでそういうのが好きな人のほうが楽しめると思います。
じわじわと追い詰めるエッチ
エッチシーンは13分間。
プレイは言葉責め、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「それでは早速 本日の講義に入ります …と、その前に ひとつだけ注意事項」
事前の説明を終え1日目の講義に入ろうとしたお姉さんは
その前にオナニーを断つ一番の手段が何か教えます。

エッチは彼女のお話を聴きながらオナニーしたい欲求に耐え続けます。
前半の6分間は気持ちを盛り上げることを重視したプレイ。
おっぱい、AV、オナニーなどエッチな話題をいくつか振って勃起を促します。

「例えば おっぱいが好きな男の子だと おっぱいの谷間を強調したポーズや おっぱいを上下にぷるぷる揺らしてるとこなんかを見せつけられると 勃起せずにはいられなくなっちゃいますよね」
彼女は彼に対して表面上は良い人を演じますから
オナニーや射精をストレートにけしかけるようなことはしません。
その代わり男性の心に響きそうなことを淫語混じりに語ってイメージを膨らませます。

「オナニーしても射精さえしなければいい 気持ちよくなったところで 寸止めすればいい」
彼が欲望に負けてもそれを一切否定しないのが面白いですね。
勃起してもオナニーしなければいい、オナニーを始めても射精しなければいいと言って
射精を我慢できない状況へじわじわと追い込みます。

特殊な作品だからこそセリフの言い回しに気を遣ってエッチを進めます。

後半にするのはオナニーと射精。
これまでと同じく「~してはだめ」と言いながらオナサポではお馴染みの要素をぶつけます。

「おちんちんの先っぽから精子ぴゅっぴゅーって出しちゃうとこ 射精する時のすっごい気持ちいい感覚 思い出しちゃだめ だめ だーめ」
射精のタイミングを定めるかのようにカウントを数え始め
さらにその合間にぴゅっぴゅのセリフを言うなど
オナサポを多く聴いてる人ほど心に突き刺さるアプローチをかけて応援します。

時間が短いせいでさすがに射精まではいけませんでしたが
聴いてる最中はおちんちんがしきりにムズムズしました。
射精が近づくにつれて事前に交わした違約金を払う快感をくすぐるのも良いです。

このように、人間なら誰にでも当てはまる心理を突いたプレイが繰り広げられてます。
変わった切り口のオナサポ
話術を駆使してその気にさせる新しいタイプの作品です。

お姉さんは快楽にすぐ負けてしまう主人公からお金を効率よく巻き上げようと
表は慈善行為をすると見せかけ裏でそれと真逆の方針を取ります。
そして人の心の仕組みを逆手に取った言い回しを使ってそれを成し遂げます。

「~してはだめ」と何度も言って離れられなくする独特な言葉責め
いきなり射精へ持っていかず、段階的に彼が自分からそうなりたくなるよう仕向ける展開。
オナニーを直接コントロールする既存のオナサポとはまったく違うやり方で射精させます。

オナサポは人気の高いジャンルなだけあって作品数がとても多く
もうアイデアは出尽くした感がありました。
しかしこういう作品に触れてみて「まだまだ可能性は眠ってるんだなぁ」と思い知らされました。
今後も制作を続けていけばより素晴らしい作品が生まれるかもしれません。

ただ言葉責めに終止してる割にはプレイ時間が短いせいで、実用性に関してはいささか物足りないとも思ってます。
3日間コースとなってるのですから3つのパートを用意し
それぞれで異なる責め方をして1回射精させる流れなら随分変わったでしょう。
処女作だから仕方ないところもあるのでしょうけど、今の内容では試作品の粋を出ないかなと。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

発想は素晴らしいのですが完成度にやや難があると判断し
今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:みる☆くるみさん
総時間 17:03

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

即抜き十分一本勝負~従姉のお姉さんのぢゅぱフェラ編~

サークル「ぢゅぱり屋本舗別館」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、おっとりしてるけどエッチに積極的な従姉のお姉さんが
両親にばれないよう主人公の耳とおちんちんをひっそり味わいます。

タイトル通りちゅぱ音に特化したエッチをするのが特徴で
耳舐めは舐めや啜り、フェラは吸いや飲みと舐め方に多少の違いを持たせながら
粘性高めのやや下品な音をゆっくり鳴らしてじわじわと射精へ追い込みます。
お姉さんに夜這いされて
従姉に耳とおちんちんを舐められるお話。

「はぁ じゅるるるる …しーっ 声、出しちゃうと叔父さんと叔母さんに聞こえちゃうよ?」
お姉さんは甘く上品な声の女性。
久々に会った主人公の首筋をねっとり舐め始めると
戸惑う彼を静止しつつ色っぽいちゅぱ音を鳴らします。

本作品は「お求めやすく、サクっとい抜ける!」をコンセプトに
彼女が主に口を使って成長した彼の体を味見します。
「即抜き十分一本勝負」の名の通り総時間を約10分まで切り詰め
余計な部分を全部カットしひたすらエッチする抜き重視の作りです。

「ちゅるるちゅぱっ…ん、あはは、もう…おちんちんヌルヌルしてきたよぉ」
最大の魅力はちゅぱ音。
セリフよりもボリュームを多くし、状況に応じて舐め方を変えながら一心不乱に責め立てます。
彼女にSっ気はほとんどありませんから責め方自体は結構スローペースです。
その代わり水分や粘性を高めにして大人の色気を出してます。

お姉さん役が数多くの作品に出演されてるまさきふぁんさんということで
演技も終始安定しており彼女のキャラに合ったプレイに仕上がってます。
ゆっくりじっくり追い詰めるエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる9分間。
プレイは首筋舐め、耳舐め、フェラです。
エッチな効果音はありません。

「ごっがっがっがぢゅごごごご…はぁはぁ…どう?気持ちいい?」
主人公にすぐさま密着し首筋や耳を舐め始めたお姉さんは
彼の表情やおちんちんの具合を観察しながら嬉しそうに舌と唇を動かします。

エッチは年上の彼女が終始責め続けます。
前半の4分30秒間はフェラに向けての準備にあたるシーン。
中央やや右あたりに移動し大人の女性らしい妖艶なちゅぱ音を鳴らして興奮と勃起を促します。

バイノーラル録音ではないので臨場感はやや落ちてるものの
舌で舐めたり唇で挟んで啜る様子を音だけで上手く表現してます。
最中の言葉責めは彼の反応やおちんちんの様子を実況する程度で結構マイルドです。
従姉弟同士の関係を崩さずに完全女性上位のプレイを続けます。

続く後半はいよいよ主役となるフェラが登場。
中央に位置を変え泡立った水音を鳴らしながら吸ったり飲み込むのを繰り返します。

「良いよ、出して!出して!お姉さんのお口に一杯出して!!」
プレイ時間が短いことを考慮しペースは今までと同じくスローなまま音をパワーアップさせてます。
特にバキュームフェラは「じゅごごごごー」という豪快なちゅぱ音を鳴らしていて股間に結構キました。
フィニッシュもしっかり口で受け止め直飲みするなど彼女の貪欲さがプレイに色濃く反映されてます。

このように、大人の女性がフェラする様子をできるだけエロく描いたエッチが繰り広げられてます。
シンプルな抜きボイス
女性が生み出すエッチな音を時間いっぱい聴かせてくれる作品です。

お姉さんは久々に会った主人公が男としてどれだけ成長してるか見定めようと
肉親らしい気さくな態度で肌を重ね彼の性感帯をひとつずつゆっくり責め立てます。
そしてその際に口だけを使い状況に合ったちゅぱ音を鳴らし続けます。

どこを聴いてもちゅぱ音と言っていいくらいに尖った作り
セリフを極力削り音だけでプレイの様子を表現する抜きを意識した演出。
有名声優さんの演技力にお任せしたストレートなエッチを行います。

短時間の作品はとかく激しさを強調する傾向が強いのですが
本作品では彼女の落ち着いた色気を崩さないよう敢えてゆっくり責めてます。
こうしたほうが個々のちゅぱ音の違いを楽しみやすいですし
終盤はパワフルな音をきっちり鳴らしてくれるのでまとまってると思います。

ただセリフが極端に少ないせいでイメージ力を膨らませるのが難しいかなぁと。
音声単体よりもおねショタ系の画像と組み合わせてオナニーしたほうが抜きやすいです。
価格がたったの200円ですからそういう使い方をしても損することはありません。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音そこそこ、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:まさきふぁんさん
総時間 9:23

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

【バイノーラル/ハイレゾ】耳癒妖精風俗~耳を犯して差し上げますわ~耳癒妖精風俗~耳を犯して差し上げますわ~エンフィ·アストレア·シルキスフォン

サークル「しゅしょく」さんの同人音声作品。
今年の2月に処女作を出されたばかりの新しいサークルさんです。

今回紹介する作品は、夢の中にある風俗店で働いてる明るいエルフが
そこを訪れた男性の耳をとことんケアして幸せなひと時をプレゼントします。

耳かきと耳舐めに力を入れたタイトル通りのサービスが魅力で
前者は効果音を鳴らしつつ彼女の身の上話をあれこれ語るセリフ重視
後者はちゅぱ音だけを左右交互に、あるいは同時に鳴らし続ける音重視の作りになってます。
夢の中で夢のようなひと時を
エルフ風俗嬢のエンフィ・アストレア・シルキスフォンからサービスを受けるお話。

「起きて 起きてください? うふふっ もうお寝坊さんですね」
シルキスは明るくて可愛い声の女の子。
夢の中の世界で眠ってる主人公に声をかけて起こすと
事情説明や自己紹介をしてからまずは健全なサービスをします。

本作品は彼女と契約を結んだ者だけが訪れられる不思議なお店を舞台に
彼女がおよそ60分に渡って3種類のサービスを行います。
耳かき、片方ずつの耳舐め、両耳舐め+乳首舐めと耳への責めに特化しており
最中は効果音やちゅぱ音をたっぷり鳴らして癒しとエッチな気分を高めてくれます。

「契約してくださった旦那様を 夢の中で癒すのが 私のお仕事なんです」
シルキスは簡単に言えばサービス精神旺盛な人懐っこいエルフ。
お客である彼に対し丁寧な言葉遣いで自分や家族のことを楽しげに語ります。
最初の段階ではエッチなサービスはNGと言われるのですが
耳かきや耳舐めを通じて気持ちが高まった勢いでより大胆なことをしてくれます。

ゲームなどによくあるプライドの高いキャラとほぼ正反対ですね。
店員よりも友達に近いスタンスで接してくるので和やかな空気が漂ってます。

4分程度の会話を終えた後にする最初のサービスは耳かき(約13分)。
膝枕の状態で右耳→左耳の順に耳かき棒のみを使って汚れを取り
両方終えたところで左右交互に7回ずつ息を吹きかけます。

ちなみに使用する器具は作中で明言されてませんが
彼女が開始直後に言った「かきかきします」のセリフから耳かき棒と仮定して説明します。
音が綿棒っぽくも聞こえるので本当は綿棒なのかもしれません。

「ずりずり くしゅっ」と粗く乾燥した音が使われており、穴の中をゆっくり巻き回すように動きます。
耳かき棒特有の硬さや細さが抑えられていて音の面積も広いです。
心地よい音だとは思いますが、似たような動きを繰り返すことや音の途切れがほぼないことから垂れ流し気味に映りました。
お店なのに器具をひとつしか使わないことも含めて味気ないかなぁと。

「一番上の弟は そうですね…元々私と2人だった頃は とても甘えん坊で すごく可愛らしかったんですけど」
「得意料理? そうですね…卵焼きでしょうか 一時期すごく卵焼きにこだわってた時がありまして」

この耳かきの魅力は音よりも会話にあります。
4人の弟、趣味、好きな食べものなど彼女の個人的な話題をあれこれ語ります。
どこを掃除してるとか、耳垢が取れたといった耳かきに関することはほとんど話しません。
まだ始まったばかりだからか、彼女のキャラ作りに力を入れた耳かきをしてます。
後になるほど密度が増すエッチ
本編のエッチシーンは44分間。
プレイは耳舐め、両耳舐め、両乳首舐めです。
エッチな効果音はありません。

「じゃあ 次はお耳を ぺろぺろしていきましょうか」
シンプルな耳かきで主人公の耳を綺麗にしたシルキスは
そのままの体勢で今度は舌を使って別の刺激を与えます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の21分間は1対1でするスタンダードな耳舐め。
耳かきと同じく右耳→左耳の順にややエッチな音をほぼノンストップで鳴らします。

「旦那様すごいビクビクしてる」
最中のセリフは左右を切り替える時と終了時に一言言うだけという非常に尖った耳舐めをしてます。
ちゅぱ音に寄せた本作品らしいプレイなのですが、残念ながら右耳だけ音の位置が遠いです。
耳舐めは耳を直接舐める行為ですから当然音は至近距離で鳴ります。
この部分が崩れるとリアリティが大幅に落ちてしまうので、もっと近くで鳴らしたほうがよかったと思います。

左耳もやや遠いですが右耳に比べれば音が近かったです。
左耳を舐めてる時だけ吐息の風圧が耳に感じられたので左右の距離が違うのだと思います。

それに対して後半の23分間は音の密度にこだわったプレイ。
彼女が魔法でもう1人の自分を召喚し、左右に寄り添って同時に耳を舐め始めます。
そして両耳舐め開始から12分後にはさらに2人の彼女が加わり左右の乳首もお世話します。

右「お慕い申しております」
左「こんなの 嫌なのに」
優しい彼女、意地悪な彼女、母性のある彼女、子供の彼女とそれぞれに異なる人格を与え
舐めてる最中にそれらしさを感じるセリフをちょこちょこ挟んできます。
先ほどよりも音の密度が上がったぶん話す頻度を多少上げてる感じです。
最大4種類のちゅぱ音が同時に流れるひと時はとても濃厚で不思議な感覚がしました。

欲を言うならキャラごとにちゅぱ音の質感を変えてほしかったです。
例えば優しい人格は上品でまったりと、意地悪な人格はハイペースで力強くといった感じです。
今の作りですと同じちゅぱ音を同時に鳴らすだけになってしまってるので
状況を踏まえた音と舐め方にしたほうが4人の違いがより出たと思います。

このように、女性が生み出す音を存分に聴かせるわかりやすいエッチが繰り広げられてます。
耳責め特化の作品
終盤以外はほぼ耳だけを責めるタイトル通りの作品です。

シルキスは夢の世界にある風俗店を訪れた主人公を満足させようと
最初から体を密着させ親しげな態度で接しつつ耳だけを徹底的にケアします。
そして耳かき終了後は多少エッチな要素を盛り込みつつ乳首も一緒に気持ちよくします。

効果音やちゅぱ音で耳にひたすら刺激を与え続ける作り
前半は片方ずつ交互に、後半は両方同時に責める耳舐め主体のエッチ。
無理矢理感を出さずに耳を犯し続ける特徴的なサービスを行います。

時間、内容いずれも耳舐めのほうがずっと充実してます。
セリフの量が極端に少ないおかげで音がまったく途切れませんし
2人目が登場した後は厚みも増してエロさが上がります。

ちなみに本作品の本編には絶頂シーンがありません。
おまけパートに本番とお掃除フェラが用意されてますからそこまで聴いたほうがスッキリできるでしょう。

本編の絶頂シーンは0回。
ちゅぱ音大量、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

サービス自体はテーマ性があって良いのだけど
質の面で改善の余地があると判断し、今回はこちらの点数とさせていただきました。
おまけは「性欲の私…♪」パートです。

CV:歩河みぃなさん
総時間 1:14:33(本編…1:01:23 おまけ…13:10)
※販売ページに書いてある「160分越え!」はwavとmp3を合計した時間と思われます。

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2018年4月17日まで30%OFFの700円で販売されてます。

カナちゃんに優しく指示される乳首責めオナニーサポート音声

サークル「CKD's」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、明るくてそれなりに意地悪な女の子が
Mな男性の嗜好に沿ったきめ細かなオナサポをします。

タイトル通り乳首オナニーに力を入れてるのが特徴で
撫でる、押す、こねる、つまむなど短い間隔でいじり方を小まめに切り替え
中盤以降はそれにおちんちんオナニーを加えて性感を少しずつ高めます。
意地悪はしますが言葉責めはほぼないのでM性が低めの人でも無理なく聴けるでしょう。
短い時間で乳首を集中攻撃
花奈(カナ)の指示に従ってオナニーするお話。

「おにーいさんっ ふふっ こんにちは」
花奈は明るくて可愛い声の女の子。
命令されながらの乳首責めを希望する主人公にちょっぴり呆れると
プレイを始める前にひとつだけ約束をします。

本作品は男性の隠れた性感帯「乳首」で気持ちよくなることを目的に
彼女が20分程度の時間をかけて乳首重視のオナサポをします。
販売ページの説明文に「初心者でも楽しめる内容」と書かれてる通り
どの指を使ってどこをどのようにいじるかを説明し、さらに掛け声を使ってペースを決める丁寧なリードをします。

また最初から最後まで乳首だけをいじり続けるのではなく
中盤頃からおちんちんも一緒にしごいて射精を目指します。
指示を出すのは乳首オナニーだけで、おちんちんのほうは射精のタイミング以外ほぼノータッチです。
乳首に寄せつつ大衆性も持たせた取り組みやすい作品と言えます。

「あたしがプレイの最中 マゾへの命令って1回だけ言うから その命令を絶対に聞くこと」
花奈については感情をはっきり表に出すJKっぽいキャラ。
Mな主人公をさほど見下すことなくむしろ喜ばせようと頑張ります。
音声を聴いた限りでは兄妹や先輩後輩といった関係ではなく他人同士のようです。

しかし主導権だけはしっかり握っており、射精シーンに差し掛かるとある命令を出します。
命令の前後で彼女態度が大きく変わりますから終盤は事務的系のプレイが好きな人が楽しめると思います。
適度な自由を持たせた明るいエッチ
エッチシーンは2パート20分30秒間。
プレイは乳首オナニー、おちんちんオナニー、花奈のオナニー、カウパーを唇に塗るです。
エッチな効果音はありません。

「じゃあまずは ベッドの上にごろんって仰向けになって」
約束を守ることを主人公に了承させた花奈は
下着姿で横にさせてから乳首オナニーの指示を細かく出します。

エッチは彼女に言われた通り乳首とおちんちんをいじります。
最初の「本番」はプレイ開始から射精の直前まで持っていくメインパート(約17分30秒)。
乳首をかすめるように指を体の上下へ動かすところから始まり
一本だけ使って乳首を優しく押す、親指と中指で乳輪を押し広げ人差し指でいじるなど
短い間隔でプレイを小まめに切り替え幅広い快感を与えます。

「おっぱいまで指が上ってきたら 乳首を避けて通り過ぎるんだよ 鎖骨まで来たらUターン」
「ぎゅーっ くーりくーり くりくりくり」

そして乳首オナニー初心者でも無理なくついていけるように
説明と擬声語を組み合わせてそれぞれを丁寧に進めます。
プレイの種類が多い関係で個々の時間が短くなってるのは残念ですがやりやすいのも事実です。
後になるほど刺激が強くなりますから開発済みな人ほど楽しめるでしょう。

おちんちんオナニーが始まるのはパート後半から。
前半とは大きく方向転換して彼女がカウントを数えるようになり
その間は乳首とおちんちんを好きなスタイルで同時にいじりつつ射精の許可が出るまで耐えます。

「ねぇお兄さん お兄さんの気持ちよさそうなとこ見てたら あたしも気持ちよくなってきちゃった」
1カウントごとに長めのセリフを挟み焦らす一方で、途中から彼女もオナニーに参加し熱っぽい声を漏らすなど
意地悪さと和やかさを織り交ぜたゆるーい追い込みをします。
このシーンは10分くらいありますから1~2日オナ禁しておけば射精まで持っていけると思います。
そして最後の最後に冒頭で交わした約束が登場します。

続く「どうしても」は彼が約束を破った場合のお話(約3分)。
これまでよりずっと不機嫌になった彼女がだるそうな態度で射精を応援します。

「…本当にやっちゃったんだ うへぇ 気持ちわるっ」
カウパーを唇に塗る指示を出してやり遂げた彼に呆れ
終盤のカウントも前のパートとは違いセリフを挟まずストレートに数えます。
彼女が露骨にやる気がないことをアピールしてくるので後味の悪い射精になるでしょう。
でも乗り気じゃない女性に冷たくお世話されるシチュが好きなら逆に興奮するかもしれません。
言葉と態度の両方で本作品の最終目的が射精ではなく乳首イキにあることを教えてくれます。

このように、彼女の機嫌をそれなりに反映させた落差の大きいプレイが繰り広げられてます。
コンパクトな乳首作品
乳首オナニーの比重を上げつつ取り組みやすく仕上げてる作品です。

花奈はおちんちんよりも乳首をいじるのが好きな主人公を満足させようと
ソフトなものからハードなものまで幅広い乳首オナニーを提供します。
そして絶頂したい気分にさせた後はおちんちんオナニーも同時にやってさらに気持ちよくします。

指示と合図をバランスよく組み合わせたきめ細かなリード
乳首未開発者でも楽しめることを目指したプレイ構成
最初は優しかったのが後になるほど意地悪さや事務的感を増す彼女のキャラ。
時間に対するプレイの種類を多めに用意し、ひとつの物語としても楽しめるようにエッチを進めます。

「ほーらイけー 乳首いじりながら気持ち悪くイけ」
終盤に見せる彼女のだるそうな態度は結局のところ彼に原因があります。
自分から乳首オナニーを希望したのに射精の誘惑に負けてしまったことや
たったひとつしかない約束を破ったのが大きいです。
実際のところ序盤から中盤にかけては穏やかなリードをしていてSっ気は低めです。

エッチは時間内に射精できるように複数の性感帯を同時にいじって快感のレベルを上げてます。
乳首を普段いじってる人なら乳首とおちんちんを一緒にいじると相当に気持ちいいことを知ってるはずです。
カウントを数え始めた後は指示を一気に減らし自分のペースでオナニーさせてるのも良いです。

ただ射精パートの内容からスッキリ出せる人は少ないんじゃないかなと。
良いところを色々持ってるのだけど時間が短すぎてどれも薄くなってる印象を受けました。
こういう作品はやることをもう少し絞ったほうが完成度は上がります。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:イヅカさん
総時間 23:35

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

【催眠オナニー】添い寝囁きシコシコ

サークル「黒月堂」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、明るい声と優しい性格を持つ女の子が
リラックス要素を織り交ぜたオナサポで心と体をスッキリさせます。

4段階のペースを設定しシーンに応じて変化させるきめ細かなシコシコボイスが魅力で
最初はゆっくり、後になるほど徐々に速く激しくしながら
自分と密着しているシチュをイメージさせたり優しい言葉をかけて射精を応援します。

タイトルに「催眠オナニー」、作品説明文に「サークル初の催眠音声作品です」と書かれてますが
残念ながら本作品は催眠音声ではありません。
理由はこの後説明するとして、当サイトでは同人音声側で紹介します。
添い寝しながら優しくリード
女の子の指示に従ってオナニーするお話。

「催眠オナニーって 知ってる?」
女の子は明るくて可愛い声の女の子。
挨拶などの前置きを省いて主人公に催眠オナニーに興味があるか訊ねると
早速ベッドに寝かせて催眠をかけ始めます。

本作品は彼女に添い寝されながら気持ちよく射精することを目的に
最初のパートで軽くリラックスした後、シコシコボイスを中心としたオナサポを楽しみます。

オナサポは同人音声で非常に人気の高いジャンルですが
その多くは本格的なプレイを開始する前に耳を舐めたり淫語を連呼して興奮を煽ります。
本作品のように心を落ち着けさせるタイプのオナサポは珍しいです。
そして聴き手をより効果的にリラックスさせ、プレイに集中できる環境を整えるために催眠っぽいことをします。

一番最初の「催眠導入」パートはおよそ6分間。
仰向けに横になり目を開けたままで1回だけ体を伸ばし、その後で彼女の呼吸に合わせて深呼吸します。
(彼女が目を閉じる指示を出さなかったので開けたままと解釈しました)

「気持ちがとても落ち着いて、頭がすっきりしてきたでしょう?」
3分30秒程度深呼吸を続けることになりますからリラックスを感じる人は多いでしょう。
少し経つと彼女の声にほんの少しだけエフェクトがかかり
バックで波の打ち寄せる音に近い効果音も流れ始めます。

また彼女は多くのシーンで声を左右に振り分けながら語りかけてきます。
深呼吸の後はもう1回伸びをし、彼女に添い寝されてるイメージをして終了です。

私がこれを催眠ではないと言う理由は催眠に関する技術が特に使われてないからです。
催眠音声は開始から解除まで術者が技術に基づいた働きかけを必ずしてきます。
その頻度や方向性に違いはあれど、まったく行ってこない作品は存在しません。
催眠っぽさを徹底的にぼかしてくる作品もきちんと読み解けば術者の意図がわかります。

彼女が行ってることは聴き手をリラックスさせるだけで催眠誘導ではありません。
リラックスや集中力を高め、その後何らかの技術を行使し深化させて初めて催眠と呼べるようになります。
もちろんそれだけだと不完全なのですが、最低でもそれくらいはやってくれないとまずいです。

「催眠という行為を成立させる必要最低限の条件を満たしていない」
だから当サイトでは本作品を催眠音声ではなく同人音声として紹介しています。
この音声を聴いて催眠に入れる可能性は極めて低いです。
シコシコボイスで徹底サポート
エッチシーンは22分ほど。
プレイはオナニーのみです。
エッチな効果音はありません。

「さあ、あなたの利き手で、おちんちんを握って下さい」
適度なリラックスで主人公の心をリセットした女の子は
シコシコボイスを使って少しずつ着実に彼の射精感を高めていきます。

エッチは彼女に言われた通りのペースでおちんちんをしごきます。
今回行うオナサポのルールは至って簡単。
「し~」で手を下に下ろし「こ~」で戻すのを繰り返し、許可が出たら射精するだけです。

前半の10分間は射精しやすいように心と体を高ぶらせることを意識したリード。
6秒1コキ→3秒1コキ→1秒1コキと段階的にペースを上げ
合間合間に現在の状況を確認したりペースを指示するセリフを彼女が言います。
ちなみにシコシコボイスのペースは全部で4段階あり、1分前後の短い間隔で小まめに変化します。

「今、私はノーブラであなたのシャツを着ているの。下はパンティだけ。その格好で、あなたの体にぴったり引っ付いているの」
プレイ中のセリフの8割くらいがシコシコボイスなので淫語のボリュームは少ないものの
彼女が密着しながら話しかけたりエッチな事をイメージさせてくれるおかげで
彼女にオナサポをしてもらってる雰囲気はよく出ています。

シコシコボイスも時間前に暴発しないよう意識的にゆっくり言います。
20分間ほぼずっとしごき続けることもあり、もどかしい思いをする人がそれなりにいるでしょうね。

後半は気持ちいい射精に向けておちんちんを激しく刺激します。
一旦敢えて一番遅いペースに落とし、それから徐々に速くしていく流れは前半と一緒ですが
あちらには登場しなかった最高速度のシコシコボイスの割合が多いです。

「ふわ~、チンポミルク、いっぱい出てるよ。ドクンドクンって」
最後の射精もカウントを数えてタイミングをしっかり教えてくれます。
そして射精の様子や吐き出された精液を嬉しそうに見守って心をケアします。
純粋なエロ要素は控えめなものの、オナサポボイスとしてなかなかの機能を持っています。

このように、隅から隅までお世話する思いやりのあるエッチが繰り広げられています。
オナニーのお供になら
癒し要素を多少含んだオナサポ作品です。

女の子は主人公が普段よりもいい気分で射精を迎えられるように
最初はエロとは反対の癒しを重視したリードをし
気持ちをリセットしたところでシコシコボイスによるきめ細かなオナサポをします。

オナサポで事前に癒しを与えるのは一見すると場違いに思うかもしれません。
ですが実はオナサポ作品で有名な「おててレッスン!」というシリーズはこれと同じアプローチをしてきます。
人は怒ったりイライラしてると他人の言葉を受け入れにくくなります。
だからこそ気分を一度落ち着けてシコシコボイスの通りにオナニーできる環境を整えるのです。

催眠音声としては色々とまずい作品なのですが
オナサポボイスとして見る分には割と使えるクオリティを持ってます。
ただし、もう少し抜ける雰囲気を作って欲しいなぁとも思います。

エッチは余計なやり取りを極力削り、しごく時間をできるだけ長く取ってます。
最中目を開けて聴くことになりますし、お気に入りの画像を見ながらするのがいいかなと。
約30分で200円と価格が安く、内容を理解した上で聴く分にはまず損はしません。

射精シーンは最後に1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

気軽に、手軽に使えるオナサポボイスです。

CV:かなせさん
総時間 33:53

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は5点。
コスパがいいので+1してあります。

男の潮吹きデトックス!○玉が空になるまで無制限発射★【ハイレゾ/バイノーラル】

サークル「空心菜」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、明るくてエッチ大好きな二人のJKが
街中で偶然出かけた男性にお願いしてとあるエッチな実験をします。

タイトル通り男の潮吹きを追求した独特なプレイが行われており
上手く成功させるためのコツを伝授しながら二人が手分けして耳やおちんちんを同時に責め続けます。
失敗しても満足できるように追加のエッチシーンが用意されてるのもポイントです。

本気で潮吹きを狙う場合は音声を聴く前に以下のアイテムをご用意ください。
ローション、水(飲料用 2リットル程度)
JK二人と潮吹きトレーニング
JKのユカとマイに責められて潮吹きするお話。

「ねぇねぇ そこの君さ そうそう君 こんなとこで何してんの?」
マイ(挿し絵左)は砕けた口調で話す穏やかな声の女の子。
「平日の昼間からこんな街中で目的もなく歩いてるなんて よっぽど暇なんだね」
ユカ(同右)は明るくて甘い声の女の子。
学校から帰る途中、街中で暇そうにしてる主人公を見つけて声をかけると
二人で軽く相談してから今自分たちがハマってることの手伝いをして欲しいと言います。

本作品は2017年5月に発売された「実践「男の潮吹き」~射精を超えた快感 ばいのーらる!」の後継作。
マイはギャル系、ユカは清楚系と属性に違いがあるもののどちらもエッチに積極的な二人が
彼をラブホテルに案内し1時間近くに渡って協力しながら絶頂へ導きます。
キャラやストーリーに関連性はありませんから今作からでも問題なく聴けます。

ユカ「あなたが潮吹きするとこ 見せて?」
テーマはもちろん潮吹き。
パートナーが二人いる状況を利用してパートごとに役割を変えながら
潮吹きするコツを教えたり成功しやすいやり方で常に同時に責め続けます。

前作は様々な指示を出しながらおちんちんや乳首をいじるオナサポ形式でしたが
今作は一般的なボイスドラマに近い流れで潮吹きを後押しします。

といっても潮吹きが直接絡んでくるのは第4章(約5分)だけですから
潮吹きにそこまで興味のない人でも普通の作品とほぼ同じ感覚で聴くことができます。
前作に比べてトレーニング要素を下げた代わりに大衆性を上げた感じです。
潮吹きできなかった場合の埋め合わせをするパートがあるのもそう言える理由のひとつです。

ユカ「マイー あんまりはしゃぎすぎると パンツ見えちゃうよ?」
マイ「んー?いいじゃん別に 別に隠すもんでもないし」
ユカとマイはJKのイメージにピッタリなノリの軽い女の子たち。
AV鑑賞の最中に見た男性の潮吹きに興味を持ち、自分たちで色々調べ準備したうえで彼に協力を求めました。
援交っぽいシチュですが金銭の受け渡しは一切なく和やかな雰囲気でエッチします。
プレイ中に二人が掛け合うシーンが多くキャラ作りもしっかりしてます。
連携を取って責める目的意識の強いエッチ
エッチシーンは4パート58分間。
プレイはキス、耳舐め、手コキ、乳首責め、JKたちのオナニー、フェラ、SEX(騎乗位)、マイの乳首を吸うです。
エッチな効果音はありません。

マイ「それじゃあまずは 服 脱いじゃおっか」
ユカ「まずはモノを見ないと始まらないもんね」
ラブホテルに到着した後一緒にシャワーを浴びた二人は
早速彼の服を順番に脱がせておちんちんの具合を確認します。

エッチは彼女たちが終始リードします。
一番最初の「第2章 寸止め地獄、そして」でするのはスタンダードなプレイ(約23分)。
ユカが右、マイが左に陣取り左右交互に話しながらキス、耳舐め、手コキで最初の射精へ追い込みます。

ユカ「男の潮吹きってのは 射精後に起こるものなんだ」
彼女たちによると男性の潮吹きは射精直後におちんちんを激しく責め続けるのがコツだそうです。
だからいきなり潮吹きへ持っていくのではなく、まずは普通の複数人プレイをして心と体を盛り上げるところから始めます。
そして手コキは効果音の代わりに「シコシコ ぐちゅぐちゅ」の掛け声で表現し
耳舐めは耳のすぐ近くでエッチに慣れてる感じのパワフルなちゅぱ音を鳴らします。

パート名が「寸止め地獄」となってますが明確な寸止めシーンは用意されてません。
緩めに責めて、少し休んで会話し、また責めるのを繰り返す流れで結構まったりしています。
射精シーンではユカがぴゅっぴゅのセリフで応援するなど心遣いが行き届いてます。

本格的な潮吹きプレイが始まるのはその次から。
「第3章 終わらない射精地獄」はもう少しハードなプレイに取り組み(約19分)。
「第4章 潮吹き、み・せ・て!」では射精直後におちんちんを激しくしごいて潮吹きを目指します。

マイ「匂いもすごいよ まさにオスの匂いって感じ こんなのずっと嗅いでたら なんだかこっちもエロい気分になってきちゃった」
ユカ「じゃあ 私たちのオナニー見ながら いっぱい二発目のザーメン出してね」
マイは手コキとフェラ、ユカはキス・耳舐め・手コキとここでも担当するプレイを手分けし
先ほどよりも熱っぽい吐息を漏らしながら積極的にご奉仕します。
ちゅぱ音もペースと力強さの両方が上がっていて追い込んでる感じが伝わってきます。

複数人プレイらしさが出てるし雰囲気も割とエロいのですが
プレイを切り替えるたびに二人が同時に責めの手を止め、さらに2分程度の掛け合いを挟むおかげで
実際に聴いた時にテンポが悪く勃起も持続しにくく感じました。
男性の性的興奮は熱しやすく冷めやすいですから、変化をつけながら継続的に刺激を与えるのが望ましいです。

女性が二人いるから掛け合いを意識して多く挟んだのでしょうけど
そのためにプレイを毎回中断してたら責める時間が減って射精するのが難しくなります。
逆に責めてる最中は一気にセリフが減ってたので、このへんのバランスをもっと上手く取って欲しかったです。
具体的には二人がプレイを切り替えるタイミングをずらして途切れないようにするなどです。
潮吹きを達成するには射精が必要不可欠なのに、その前提部分で躓いてるのはどうかと思います。

実用性の面で最も優れてるのは最後の「第5章 if~「セックスしたくなっちゃった…」」(約11分)。
潮吹きが上手くいかずSEXしたいと言い出した主人公の願いを受け入れて
ユカ→マイの順に普通のエッチを楽しみます。

ユカ「JKに生で中出しなんて滅多にできないよ でも 後で私にも ザーメンたっぷり注いでね」
マイ「チンポ あぁチンポ いいよぉ 中出し最高」
潮吹きをひとまず諦めた後にするプレイなのでそれに関する会話は一切なくなり
彼女たち自身の性欲も発散させようとひたすら喘ぐシンプルな内容です。
一人ずつエッチするおかげで片方が喘ぎ、もう片方がしゃべる図式が最初からできてますし
時間に対する喘ぎ声の量が比較的多く純粋なエロさも高めです。

このように、潮吹きを見据えつつ三人で一緒に楽しむ明るいエッチが繰り広げられてます。
コンセプトは面白いのだが
潮吹きサポート音声よりもJKとの一風変わった3P音声と呼ぶのが妥当な作品です。

ユカとマイは自分たちの知的好奇心を満たすために、そして主人公に新しい快感を教えるために
最初から最後まで気さくな態度で接しながら体を張って潮吹きを応援します。
そしてその中に同時責めや掛け合いなど、女性が複数人いるからこそできる要素を盛り込んで個性を出してます。

最終目的の潮吹きに向けて一歩ずつ手順を踏んで進める堅実な作り
その中にコツの説明や成功確率が上がるプレイを盛り込んだテーマ性の強いエッチ。
潮吹きできなかった人もスッキリさせ、次回挑戦する時に向けてのアドバイスをする配慮。
射精のように誰でもすぐできるものではないことを踏まえて多少の保険をかけつつ丁寧に進めます。

マイ「すっごい男らしいシコりっぷりだったよ よく頑張ったね えらいえらい」
彼女たちは何があっても決してネガティブなことを言いません。
彼のおちんちんを褒め称え、シャワーを浴びてない体から漂う匂いにうっとりし
潮吹きに失敗した後も満足した表情でまたエッチしたいと言います。

潮吹きがテーマの作品を聴く場合、無意識的に「成功しなきゃダメ」みたいな心理が働く人がいると思います。
でも彼女たちは「失敗しても気持ちよかったならいいじゃない」と笑って許す清々しさを持ってます。
この明るくて包容力のあるキャラも作品全体に良い空気を送り込んでます。

ただこの音声を聴いて実際に潮吹きできるかと言われれば私は首を捻ります。
オナニーを直接リードする描写が前作から大幅に減ってることや
前項で話した第3章における射精への持って行きにくさが主な要因です。

サークルさんが複数人プレイを扱った作品をあまり制作されてないのもあるのでしょうが
私には女性が二人いる状況を持て余してるように映りました。
エッチを始めるまでのシーンで掛け合いは十分してるのですから
開始後はそれよりも責めたり興奮を煽ることに力を入れる方向で組み立てて欲しかったです。

絶頂シーンは射精3回、潮吹き1回。
淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声いずれもそこそこです。

CV:ユカ…秋山はるるさん マイ…小石川うにさん
総時間 1:22:23

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

【正月・耳舐め】うたかたの宿 新年初詣【バイノーラル・癒やし】

サークル「ウタカタ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、秘境と言っていいほど人里離れた場所にある宿を舞台に
そこで働いてる女の子が仲の良いお客と新年の正月を楽しく過ごします。

効果音や環境音を織り交ぜながら初詣する様子を描いたり
セリフをできるだけ挟まずゆっくりのんびり耳を舐め続けるなど
季節感と癒しを大事にした臨場感のあるサービスを行います。
正月は田舎でのんびりと
うたかたの宿の店員「菖蒲」と正月を過ごすお話。

「旦那様! ようこそお越しくださいました」
菖蒲は明るくて可愛い声の女の子。
年が明けた直後のある日、予約を取ってうたかたの宿を訪れた主人公を嬉しそうに迎えると
新年の挨拶をしてから一緒に初詣へ行こうと誘います。

本作品はサークルさんがこれまで7本出されてるシリーズの最新作。
これまでのお話を通じて彼とすっかり仲良くなった彼女が
35分ほどに渡って新年のお参りをしたり宿でちょっぴりエッチな事を含んだサービスをします。

シリーズものですが特別な設定とかはありませんから
二人が打ち解けてることだけ理解してれば本作から聴いても特に問題はありません。
初詣のシーンは挿し絵の印象よりもややハイテンションに振る舞っていて彼女も喜んでるのが伝わってきます。

作品の特徴は大きくふたつ。
ひとつめは季節感を持たせた癒しを提供すること、もうひとつは耳舐めに力を入れてることです。

前者は音声開始直後から小川の流れる音がバックで鳴りはじめ
二人が神社に向かう時は「ずしゅっ」という雪を踏みしめる足音
お参りの時は賽銭を入れる音と鈴を鳴らす音、宿に戻った後は「ぽぽぽぽ」というストーブっぽい音など
物語に臨場感を与える色んな音が登場します。
また全編に渡って彼女がセリフの間を長めに取りながらのんびり語りかけます。

最後のほうにエッチな描写があるので一応18禁に分類されてますが
内容はほぼ15禁と言っても差し支えないほどマイルドです。
正直なところ相当に溜まってない限り時間内に抜くのは難しいと思います。
抜きよりも癒しをずっと重視してることを理解したうえでお聴きください。

後者は総時間の約半分にあたる17分を耳舐めに割き
最中はセリフをほとんど挟まずに耳元至近距離からちゅぱ音を鳴らし続けます。
ただし、サークルさんが「耳舐めは激しくないたっぷり時間をかけたゆったりとしたもの」とおっしゃられてるように
ペースが緩く質感も上品で性的興奮を誘うものとは随分違います。
音そのものより密着されてるシチュや合間に漏れる吐息のほうにエロスを感じるのではないかなと。
二人きりの空間を音で演出
菖蒲との挨拶を終えた後から始まる2パート7分間は初詣。
この地域にある小さな神社へ移動し、お手水を済ませてから彼女→主人公の順にお参りします。

「私はこうして 旦那様と一緒に お参りできるのが今年初めて感じた幸せですけどね うふふっ」
新年早々彼に会えたことがよほど嬉しかったのでしょう。
彼女は歩きながらちょっぴりはしゃいでる感じに自分の思ってることを話します。
専門店の場合お客と店員の距離を大事にする作品もありますし
こういうやり取りがある時点で二人の関係がかなり良好なことがわかります。

「まずは 右手に柄杓を持って 水をすくって 左手にかけ…はっ うぅ 冷たい…ですね」
神社に到着した後のシーンはお手水は上のように行為の様子をすべてセリフで表現し
参拝の時だけ専用の効果音や手を鳴らす音が入ってます。
雰囲気は出てますけど水を手にかける音を入れておいてほしかったなぁと。
環境音の音量が小さくて聴き取りにくいのも残念です。

続くエッチシーンは2パート17分間。
プレイは耳舐め、オナニーです。
オナニーの際に効果音が鳴ります。

「お耳のほう 口に含んでもよろしいでしょうか?」
初詣を終えて宿へと戻り、おせちを食べてから部屋で主人公と寛いでいた菖蒲は
彼が別のことをして欲しがってることを察し、体を近づけ左耳を舐め始めます。

エッチはどちらも彼女が責める形で進みます。
前半の「左耳舐め」は名前通りのプレイ(約8分)。
パート開始1秒の時点で早速始め、最中のセリフを二言程度まで減らしてひたすら舐め続けます。

「しっかりと おもてなしを 今年の最初ですから 慎重に…」
前項でも説明したように抜き系の音とは違うため興奮しにくいところはありますが
音の臨場感、位置、距離がどれもしっかりしていてレベルが高いです。
舐めたりしゃぶったりを非常にゆっくり行うので舌使いをイメージしやすく感じるでしょう。

続く「右耳舐めとお世話」は反対側とおちんちんがターゲット(約9分)。
左耳と同じくセリフを必要最低限まで絞り込み、パート中盤頃から水気を帯びた摩擦音が加わります。

「いつもと違う こういったことは 余計に気分が高ぶるようですね 旦那様 ご自由に 私の手の中に どうぞ」
おちんちんをお世話する時に何をするか明確に言っておらず
もしかしたらオナニーではなく手コキなのかもしれません。
彼女が彼の精液を手で受け止めることを仄めかすセリフがあったことからオナニーと判断しました。
手コキの効果音が耳舐めよりも荒々しく、彼女のサービス方針からずれてたこともあります。

説明的なセリフを挟むと自然さが削がれるからこういう表現にしたのでしょう。
ですが個人的には何をやってるかすらわかりにくくするのはさすがにどうかと思います。
こういうプレイはイメージ力が重要になりますから、それを膨らませる最低限度の材料は用意してほしいです。

このように、耳舐めを中心に据えたまったり系のエッチが繰り広げられてます。
のんびりした作品
9割がた非エロと言っていいくらい癒しに寄ってる作品です。

菖蒲は年明けにうたかたの宿へわざわざ来てくれた主人公をもてなそうと
最初は敢えて宿の外に誘って一緒にお参りし、それから耳を重点的に責めつつおちんちんもお世話します。
正月や冬にまつわる効果音と環境音、十分な時間を取った癒し系の耳舐め。
昨年に溜まった疲れを取り除き、新しい気持ちで今年を過ごせるようにサービスを進めます。

「準備万端でおもてなしすることも好きですが こうして二人だけの時 いい雰囲気の時には その…お嫌でないなら 旦那様となら 特別嫌なことはありませんから」
そしてこれらの中に彼女が彼に対して特別な感情を抱いてるのを匂わせる表現を盛り込んでます。
今回はかなりソフトなおもてなしでしたが、準備がしっかりできてればもっと踏み込んだことをしたのかもしれません。
ファンに対してこのシリーズがまだまだ続くことを遠回しに伝えてもいます。

サービスは時間が短いのを考慮して耳かきやマッサージといった定番を敢えて外し
その代わり耳舐めをがっつりやって個性を出してます。
18禁でやるものよりエロさが大幅に抑えられてるおかげで落ち着いた気分で聴けました。

ただここまで癒しに寄せた内容だとエッチを入れないほうが作品の品質は上がったと思います。
ずっと癒し路線だったところに申し訳程度のオナニー(or手コキ)を挟んだところで抜くのは難しいです。
最近は全年齢や15禁も十分売れる環境になってますし、こだわりを捨てたほうが長所を活かせるのではないかなと。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音それなり、くちゅ音ごく僅か、淫語と喘ぎ声はありません。

癒し目的で聴くならそれなりに楽しめる作品です。

CV:歩サラさん
総時間 36:40

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
36分で700円とやや割高なので-1してあります。

2018年1月8日まで30%OFFの490円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。

お世話の日~優しく甘いご主人様開発調教日記~

サークル「サイドオフ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、母性とSっ気の両方を兼ね備えた二人のメイドが
幼児プレイ要素をそれなりに含んだエッチなお世話をします。

左右に寄り添い耳を同時に舐めながら軽めの言葉責めをしたり
大きなおっぱいから吹き出す母乳で彼の顔を真っ白にするなど
Mな男性をもてなすことを強く意識した甘く恥ずかしいサービスをしてくれます。
ダブル耳舐めの時間が長いのでこれが好きな人ほど楽しめるでしょう。
Mで甘えん坊なご主人様へのプレゼント
メイドのアリスとカリンがエッチにご奉仕するお話。

「おはようございます ご主人様 ご気分はいかがですか?」
アリスは上品で穏やかな声のお姉さん。
月に一度だけあるお世話の日の朝、嬉しそうな表情の主人公に挨拶すると
早速お目覚めの耳舐めをして気持ちいい射精へ導きます。

本作品は仕事や日頃の生活を頑張ってる彼へのご褒美に
彼女たちが4つのシーンに渡ってややM~M向けの変わった調教を施します。
母乳をぶっかける、顔を足で踏みつけるといったアブノーマル路線のプレイ構成ですが
特別な日ならではのやり方で彼の欲求を満たしてるだけで彼女たちに悪意はまったくありません。
愛情を感じる言葉が至る所に散りばめられていて雰囲気はとってもあまあまです。

アリス「はーいご主人様 おっぱいの時間ですよー」
カリン「私たち二人の分 いっぱい飲んでくだちゃいねー」
複数の女性が登場する長所を活かし多くのシーンで体を密着させ二人同時に責めてくるのもそう感じる理由です。
挿し絵の通り大きなおっぱいを持ってるだけあって二人とも母性が強く
変態的な責めを受けて喜んだり恥ずかしがってる彼を嬉しそうに見守ります。

お世話の際に二人が耳舐めを積極的にするのも大きな特徴です。
2番目のお昼パートを除く3パートで登場し、総時間の約6割にあたる43分間行います。
特にダブル耳舐めは34分もありますからちゅぱ音に頭の中を包まれてる気分がするでしょう。
ペースを緩めにする代わりに音の質感をやや下品にしてエロさを出してます。

母性漂う女性たちが同時にアブノーマルなプレイをするシチュと充実した耳舐め。
男女がする一般的なエッチとは色んな部分に違いを持たせたマイルドな調教作品です。
見下しつつ甘やかすエッチ
エッチシーンは4パート60分間。
プレイは耳舐め、おむつの装着、顔に母乳をかけられる、顔を足で踏まれる、手コキ、ダブル耳舐め、オナニーです。
母乳噴射、足で踏まれる、手コキの際に効果音が鳴ります。

「いいんですよ 素直に感じて 私たちがしっかり開発…いえ お世話してあげますからね」
これからされるお世話に期待してる主人公の右耳に軽く息を吹きかけると
アリスはそのまま耳の上側を舐めて彼の気持ちに応えます。

エッチはどのパートもメイドたちがご奉仕します。
一番最初の「朝のお世話」はアリスと一対一でエッチするパート(約9分)。
前半は右耳、後半は左耳と位置を変えて耳の各部位を舐めたり赤ちゃん言葉を話します。

「前のお世話でも言ったセリフだよね? あの時はハイハイバブバブまでやったのに 何を今更恥ずかしがってたんでちゅか? 言えまちゅよね?」
「ん? 持ち帰ってどうするのって? それはもちろん 匂いを楽しんだり 自分で穿いてあそこの部分を 私のあそこに擦り合わせたりするんですよ」

アリスは年上系メイドのイメージにピッタリな優しくて世話好きなキャラ。
アブノーマルなプレイを恥ずかしがる彼の心を言葉で開放して赤ちゃん気分に浸らせたり
カウパーで汚れた彼のパンツをオカズに後でオナニーすると明言して愛情を示します。
喜びも、快感も、羞恥も分かち合おうとするあたりに主従の絆を感じました。

耳舐めについては30秒くらいちゅぱ音を鳴らしてから軽く話すのを繰り返します。
単調さが出ないように耳の上側、耳たぶ、穴の入口とシーンによって責める部位を変え
それに合わせて音の質感も変えてプレイに臨場感を与えてます。
おちんちんに一切触れずに射精させてるので実際に抜くのは難しいでしょうが雰囲気作りの役割は十分果たしてます。

本作品の売りである同時責めが始まるのは次の「お昼のお世話」から(約16分)。
お昼ご飯に母乳を飲ませようとして拒否されたメイドたちが
左右から彼の顔に何度もぶっかけて赤ちゃんの心構えを教えます。
さらに次の「夕方のお世話」パートではダブル耳舐めをたっぷりして彼の耳と心を蕩かせます(約24分)。
ちなみにこれ以降は赤ちゃん言葉をあまり言わなくなります。

「やだご主人様 そんなことなさってたんですか? 最低なド変態野郎ですね」
「なんだかすごい背徳感で お腹のあたりが疼きますわ」

ここから登場するカリンはアリスに比べてSっ気の強いキャラ。
ややトーンの低い落ち着いた声で彼に軽めの言葉責めをぶつけつつ
母乳まみれの情けない姿に母性をくすぐられて興奮します。
変態なご主人様に仕えてるだけあって彼女たちもそれなりに変態なところを持ってます。

母乳噴射については「ぶぴゅっ」という水音を左右交互に何度も鳴らします。
もうちょっと実況してくれたほうがリアリティが出るかなぁとも思いますが
元々音声で表現するのが難しいプレイですし雰囲気は出てると思います。
中盤に5分程度やる顔踏みや終盤の手コキなど、前のパートに比べて効果音が充実してます。

カリン「いつも変態音声聴きながら 私たちにこうされることを想像してたんでしょ? この淫乱マゾ」
アリス「ほら ためらわないで ご主人様の恥ずかしい姿 全部見ててあげるから」
「夕方のお世話」パートでするダブル耳舐めもちゅぱ音とセリフをある程度分け
アリスは優しめ、カリンはきつめと二人の違いが出る表現で言葉責めをちょこちょこぶつけます。
幼児プレイ要素が薄いパートなので本作品の中では変態度が低めです。
オナニーの時間も17分程度用意されていて最も抜きやすくなってます。

このように、愛情深い女性たちが相手に合わせた方法で甘やかす変わったエッチが繰り広げられてます。
愛のあるM向け作品
Mな人を喜ばせることだけを考えた密度の高い作品です。

アリスとカリンは日頃お世話になってる主人公にお世話の日を思いっきり楽しんでもらおうと
朝から夜までつきっきりで変態向けの色んなプレイをします。
そしてその中に作品の特徴を盛り込んで個性を打ち出してます。

年上の女性が左右に寄り添い個別に、あるいは同時に責めるシチュ
ノーマルなプレイとアブノーマルなプレイを組み合わせた独特な幼児プレイ
根は優しいけど彼のためならSにもなれる二人のキャラ。
複数人プレイの持ち味である密度の高さや彼女たちの違いが出る形でエッチを行い仲の良さを表現してます。

アリス「ご主人様は おちんちんシコシコしながら喘ぐ 恥ずかしいお方ですね」
カリン「私たちはそのお姿を 今夜のオカズにするんですよ」
中でもキャラは言葉や行動に彼を慕う気持ちが滲み出てます。
恥ずかしい姿を見たがるのは結局のところすべてを知りたいほど彼のことが好きからです。
その証拠に彼女たちも自分たちの気持ちや性癖をためらうことなく晒します。
良いところも悪いところも全部受け止め合える大変親密な主従です。

しかしその一方でエッチは機械的と言いますか単調さが目立ちます。
どのパートも二人がまったく同じプレイを同時にするだけで
そのやり方もパートやキャラごとの違いが特に見られないのが主な理由です。

前者はお昼がダブル母乳噴射、夕方はダブル耳舐め、夜はその両方を同時にやります。
例えばアリスが耳を舐めてカリンが言葉責めをするとか母乳噴射+フェラなど
異なるプレイを同時にやっていればコンビネーションが生まれてまた違うエッチになったでしょう。
ダブル耳舐めをするのは別にいいのですが、全パートで二人がまったく同じことをするのはどうかと思います。

後者は特に耳舐めがわかりやすいんですけど、30秒くらいちゅぱ音を固めて鳴らし
それから軽くしゃべって耳舐めに戻るのを全パートで繰り返します。
しかもダブル耳舐め中にしゃべる時はほぼ必ず二人同時に舐めるのを止めます。
また耳舐めの流れも耳の上側→耳たぶ→穴の入口で統一されてます。

彼女たちが性処理用アンドロイドならこういう緻密なプレイでも良かったのかもしれません。
ですが人間に設定されてるならもう少し不規則さを盛り込んだほうがらしさが出ると思います。
具体的には性格を反映させてアリスはお淑やかな、カリンはややパワフルなちゅぱ音を鳴らすとか
片方が耳の上側、もう片方が穴の入口を舐めて違うタイプの音を同時に楽しんでもらうといった感じです。
お昼以降のパートは根っこがどれも一緒なので、もっと表現に幅を持たせてエッチを組み立てて欲しかったです。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

プレイは面白いのだけど全体の流れが単調になってると判断し
今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:柚木桃香さん
総時間 1:11:45

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ