同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ:同人音声 > 6点

   ● あざとい小悪魔メスガキ爆乳サキュバスの命乞いレベルドレイン色仕掛け
   ● 優しいセラピストとする催眠治療 つよめ!
   ● 美魔女の射精管理
   ● スペシャルオナニーサポート~お姉さんがお耳でお手伝い♪~
   ● 可愛い幼馴染のちゅぱちゅぱお仕置き♪
   ● 射精管理JK×2の耳元誘惑トレーニング~一緒に早漏治そうね?~
   ● 【KU100使用】ある日世界がおかしくなって全女子がチンポ狂いになった音声-デカマラ地味太くん調教編-
   ● 甘えんぼメイドの特別なご奉仕~ご主人様LOVEな彼女とイチャラブセックス【バイノーラル】
   ● 甘々sexエロボイス~しっとり喘ぎ声+中出し誘惑~私の中で逝っていいよ♪ワンコイン
   ● ペニクリ!!~女の子になりきってイキまくる音声~【ハイレゾ/バイノーラル】




サークル「エーアイスタジオ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、戦闘は苦手だけど男を誘惑するのは得意なサキュバスが
自分より遥かに強い勇者を色んなエッチで恋奴隷にします。

サキュバス特有の要素を交えながら女性に負ける快感を味わわせるのが特徴で
最初は媚びた様子でご奉仕してたのが、1回目のレベルドレインをした後から生意気な態度に変わり
おっぱいから発するフェロモンを吸わせる、魅了効果のあるキスをするなど
人間の女性にはできないプレイを色々やって経験値をどんどん貢がせます。
体への責めが軽い代わりに言葉責めは充実してますから、言葉責めが好きな人ほど興奮できるでしょう。
弱いサキュバスを見逃しただけだったのに…
サキュバスと4種類のエッチをしてレベルを吸い取られるお話。

「やぁん 勇者様強い 負けちゃいますぅ」
サキュバスは甘く可愛い声の女の子。
勇者との戦いで負けそうになり媚びた態度で命乞いをすると
許してくれた場合は気持ちいいご褒美をあげると言います。

本作品は低レベルで人間にいじめられるくらい非力な彼女が
偶然会った彼とおよそ70分間のエッチをしてどんどん強くなります。
彼女は戦闘能力が低い代わりに男を誘惑する様々な能力を持っており
マゾな彼にもそれらを駆使して少しずつ立場を逆転させます。

「ありがとうございまーす 勇者様って とってもお優しいんですね」
「マーゾ マーゾ よわよわマゾ勇者様」

物語の序盤は見逃してもらえるように媚びる姿勢を見せてたのが
レベルドレインを繰り返すうちに勝ち誇ったりあざ笑う生意気な態度を取るようになります。
終盤には興味なさそうな様子でオナニーの命令を出すなど
女性に負かされたり小馬鹿にされる快感を執拗にくすぐってくれます。

レベルドレインも貢ぎマゾっぽい内容なので完全にM向けです。
体への責めはかなりソフトですから、シチュや言葉責めといった心への責めを楽しむ作品だと思います。
「ざーこ」「ばーか」といったメスガキらしいセリフも出てきてキャラが活き活きしてました。
ハードな描写は特にないので嗜好が合う人にはむしろご褒美に感じるでしょう。

エッチについては彼女の能力を盛り込んだうえで後になるほど責めが淡白になります。
前半はフェラや手コキといった一般的なプレイをしてたのが
後半に入ると彼の体にほとんど触れず、言葉責めと色仕掛けで負け射精へ追い込みます。

彼女が責めてくれない場合はオナニーするので消化不良になることはないでしょうけど
一般的なサキュバス作品にみられる搾精要素はかなり薄くなってます。
純粋なエロさも控えめなので、割と人を選ぶ内容じゃないかなと。
自分よりも弱い存在にあっさり負かされる展開こそが最大の抜き要素だと思います。
サキュバスにすべてを捧げるエッチ
エッチシーンは4パート59分間。
プレイはフェラ、レベルドレイン、キス、手コキ、おっぱいを見せつける、フェロモンを吸う、ぱふぱふ、オナニー、〇〇です。
手コキ、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほーら ひと口だけ フェラされちゃいましょうよー」
自分にフェラされたらどれだけ気持ちいいかを軽く実況して勇者の興味を引いたサキュバスは
キスや舐めといった比較的ソフトな手段で責めて焦らします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の2パート28分間は2人の立場を逆転させることを重視してるシーン。
「01命乞い色仕掛けと搾精フェラチオ(約15分)」はフェラ
「02レベルドレインとチャームキッス手コキ(約13分)」はキスと手コキで1回ずつ射精させます。

「勇者様 知ってますか? サキュバスにレベルを吸われちゃうのって とーっても気持ちいいことなんですよ」
この時点の彼女は彼よりもずっと弱い存在なので
変に煽ったりせず腰を低くしておちんちんにご奉仕します。
しかし逆転を狙う狡猾なところはきちんと持っており
レベルドレインの気持ちよさをアピールして彼が自分から吸われたくなるように誘導します。

フェラは音量が小さく責めっぷりも控えめなので、私は話術のほうが印象に残りました。
フェラ開始後は声が増えて左右から軽い言葉責めをするようになります。
彼がマゾだとわかったら「ざーこ」とかを言うようになりますし
まずは相手の性癖を分析して今後有利に立てる状況を作ります。

「顔中にリップマークつけられて メロメロになってる勇者様 とっても無様で可愛いですよ」
02パートは魅了の魔法を使って彼を骨抜きにします。
後日再びやって来た彼に投げキッスして興奮させた後
ゆっくり手コキしながら顔中にキスして幸せな負け射精に導きます。
1回レベルドレインして強くなったからでしょうけど、彼女も生意気な態度を取り始めます。

体への責めはスタンダードにして他の部分で個性を出してます。
キス、手コキいずれも音自体は割とソフトですから
色仕掛けや負けシチュが好きかどうかで興奮度が随分変わるでしょう。

後半の2パート31分間は体への責めがよりソフトになります。
「03乳揺らし誘惑とぱふぱふ攻撃に敗北射精(約16分)」はおっぱいを使ったプレイ
「04恋奴隷化、見抜き魅了オナサポ(約15分)」は見抜きオナニーで彼のレベルを全部吸い取ります。

「できまちゅか? できまちぇんね お手々でおちんちん押さえとけ ばーか」
このへんまで来ると彼女も自分の本性をまったく隠しません。
彼にレベルで勝ってるから遠慮なく小馬鹿にしたり見下してM心をくすぐります。
赤ちゃん言葉を多少交えた言葉責めをするのが良い例です。
でも手荒なことを一切しないところに彼女なりの優しさも感じます。

03パートは挿し絵にもある大きなおっぱいを見せつけたり
上下に揺らす、抱きしめてフェロモンを吸わせるなどおっぱいに特化してます。
おちんちんを責める描写は一切ないのでノーハンド射精になりますね。
実況はしっかりしてくれますけど、エッチな声や音は特になくエロさに乏しいかなぁと。

「あはっ とろけた顔して たまたま揉んでるの情けなーい」
04パートも乳揺れや言葉責めをオカズにオナニーする形になります。
オナニーの指示は開始と射精のタイミングくらいですからオナサポ成分は低いです。
パートの終盤で面白い言葉責めが登場しますし
言葉責めを重視する本作品らしい締めくくり方になってます。

このように、体への責めよりもシチュやセリフで屈服させるサキュバスでは珍しいエッチが繰り広げられてます。
面白いところは持ってるのだが…
良いところとそうでないところが割とはっきりしてる作品です。

サキュバスは自分を倒そうとしてる勇者を上手く手懐けようと
まずは媚びた態度でフェラや手コキをして快楽と引き換えに彼のレベルを吸い取ります。
そして後半は体への接触を極力避けておっぱいを見せつけたり言葉責めして負け射精へ追い込みます。

あざといメスガキサキュバスが屈強な勇者をエッチで負かすM向けのシチュ
小馬鹿にしたり見下す言葉責めをガンガンして彼女に負ける快感を煽るエッチ
レベルドレイン、魅了のキス、フェロモンなどサキュバス特有のプレイを盛り込んだ作り。
色んな特徴を持つ彼女のキャラが活きるように作品を組み立ててます。

「負けちゃえ負けちゃえ 特濃おっぱいフェロモンで 恋奴隷に落ちちゃえ」
中でも2番目はサークルさんが重視されてるのか、質量共に充実してて良かったです。
メスガキを組み込んでるおかげで生意気さが引き立ってました。
それでいてあまり冷たさを感じないのは彼女の声や態度が終始穏やかだからです。
レベルが逆転しても彼を襲ったりせず最後まで面倒を見ます。

ただ全体的にエッチな声や音が不足してることや
サキュバスが相手なのに体への責めがあっさりしてることには首を捻ります。
レベルドレインとかやるのでサキュバスらしさは出てますけど
もっとドスケベかつハードに立ち回ったほうが素材を活かせると思います。

03パートでおっぱいを見せつけたり揺らすプレイをメインに据えてるのが良い例です。
ここをイメージ主体ではなく音声も引き立つように組み立てていれば
聴いた時の印象やエロさも随分変わったでしょう。
売りであるレベルドレインも射精したことを報告するだけなので
専用の効果音を入れたり表現を多少オーバーにして通常の射精との差別化を図って欲しかったです。

シチュや言葉責めはしっかりしてるのだけど
体への責めが全体的に弱かったり、声や音を活かしたプレイが乏しいことから(この内容なら嘘喘ぎとか)
総合すると「微妙な作品」というのが私の感想です。
こうなった理由はだいたいわかるのですが、思いきりネガティブな発言になるので伏せさせていただきます。

射精シーンは4回。
淫語それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:みもりあいのさん
総時間 1:13:27

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月13日まで30%OFFの847円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。



サークル「音球倶楽部」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度も穏やかなセラピストのお姉さんが
とある悩みを抱える男性にエッチな治療を施します。

深呼吸を中心に据えてゆっくりじっくり進めるのが特徴で
施術開始直後のパートは深呼吸の効果ややり方を丁寧に教えながら合図を出し
エッチも右から呼吸音、左から喘ぎ声を流してそれに合わせて腰を上下に動かします。

販売ページのジャンルに催眠音声が入ってますが本作品は催眠音声ではありません。
理由はこの後説明するとして、当サイトでは同人音声側で紹介します。
優しい射精を迎える鍵は呼吸
松本由美の指示に従って呼吸や腰振りをするお話。

「はい ご来院ありがとうございます あなたの治療を担当します 松本由美といいます」
由美は明るくて穏やかな声のお姉さん。
担当者が女性なことに驚いてる主人公に自己紹介すると
風俗店みたいなサービスはしないと告げてから治療の内容を説明します。

本作品は上品そうに見えてエッチな事にも割と積極的な彼女が
彼を相手におよそ30分間の変わったサービスをします。
彼は射精する時に股間の筋肉を強く締め付ける癖がついてしまったらしく
夢精のような優しい射精を身に着けることを目標に掲げて進めます。

「お腹を意識して 息を吸ってー 息を細くゆっくりと吐いてー」
そして彼女は今回の治療をするにあたり呼吸の大切さを教えます。
腹式呼吸の合図を出しながらその効果をわかりやすく説明し
エッチでもほぼ時間いっぱい呼吸音を鳴らし、それに合わせて体を動かします。

呼吸を制御することで相手を癒すことは確かに可能ですから
そこに目をつけたのはセラピストらしいと言えるんじゃないかなと。
エッチを始める前のパートは治療っぽく進めますし
キャラや雰囲気作りを大事にしてるように映りました。

エッチについては呼吸に合わせて腰を上下に動かす変わったものです。
仰向けで横になってがに股になり、顎を上向きにした体勢で行います。
女性をバックで責めてる様子を寝ころんだままやる感じですね。
最中は呼吸の反対側から艶めかしい喘ぎ声を漏らしてSEXしてる雰囲気を作ります。
呼吸をたっぷりする癒し系のサービス
事前の説明を終えた後から始まる「ch2 準備運動(約13分)」はエッチに向けた準備。
前項の最後で説明した体勢になり、彼女の合図に従って深呼吸を続けます。

「応用した呼吸法は 腰を上げるイメージで行うんです そうすると 股間周りの筋肉が勝手に反応して 精子が出るようになる、ということになります」
やることは至ってシンプルですが、由美はなぜそれをするのかを合間にわかりやすく教えます。
呼吸を多くすれば心身がリラックスして力が自然と抜けますし
腰を上げ下げする運動のリズムを取ることにもなります。
説明の内容も簡単な表現にして聴き手に伝わりやすくしてました。

私はてっきりここで催眠をかけ始めると思ってたのですが
実際は呼吸の合図やエッチに向けた説明に専念してます。
深呼吸を何度も繰り返すため意識がぼやける人もそれなりにいるでしょう。
でもそれは催眠の技術によるものではありませんから催眠音声とは明らかに違います。

次の「ch3 催眠治療(約11分)」はエッチシーン。
プレイはSEXのイメージ、喘ぎ声を漏らす、腰を上下に動かすです。
エッチな効果音はありません。

「ほーら 見て? あぁん はぁん そこぉ」
右側から呼吸音を鳴らして腰を動かすリズムを取った由美は
それから少し後に中央やや左から艶めかしい声を漏らし始めます。

エッチは彼女と直接触れ合わず運動とイメージを組み合わせて射精させます。
内容はパート開始直後に呼吸音が鳴り始め、その3分後に喘ぎ声が加わります。
そして1分後に中央からエフェクトのかかった声でSEXの実況を始めます。
3種類の声が同時に流れ続けるということです。

「ゆっくりと腰が揺れている 大きい 柔らかいお尻 ふりふりと上下に 左右に いやらしく」
肉付きの良い魅力的なお尻を振っておちんちんをおねだりしたり
挿入後はその様子を比較的丁寧に実況するなど、イメージ力が膨らむように進めてました。
どんなプレイをしてるか作中で明言することはないですけど
これまでの流れを考えればバックで彼女に挿入してると見るのが自然です。

しかしこのパートも残念ながら催眠と呼べる要素は特にありません。
呼吸は一定のリズムで続けるだけだし(中盤から多少熱っぽくなります)
喘ぎ声も短いセリフを交えて漏らすだけ、中央の声も実況するだけと技術を絡めずに進めます。
「作中で催眠をかけるシーンがないから催眠音声じゃない」というのが私の考えです。

治療の目的が「射精時にかかる力を減らす」なのに明確な射精シーンがないのもどうかと思います。
腰を上下に振る指示が出るだけでオナニーする描写はありません。
おちんちんにほとんど刺激を与えずに射精を目指すため難度がかなり高いです。
パート終盤に左からイキ声っぽい声が流れるので、それが絶頂のタイミングなのかもしれません。

このように、治療っぽさを出しつつ呼吸をたっぷりする癒し系のサービスが繰り広げられてます。
途中までは良いのだが…
ch2の準備運動パートまでは割と良いのですが、肝心のエッチがうーん…な作品です。

由美は射精時に股間へ過度に力を入れてしまう主人公の悩みを解決しようと
まずは呼吸のやり方と効果を教えながら腰振りと連動させてエッチの準備を整えます。
そしてエッチは左右中央から別の声を同時に流して彼女とSEXしてる雰囲気を作ります。

声も態度も穏やかなセラピストが呼吸を軸にしたサービスでおちんちんの治療をするシチュ
準備パートとエッチの両方でほぼ時間いっぱい呼吸の合図を出す割と尖った作り
催眠の技術は使わず呼吸音、喘ぎ声、簡単な実況を組み合わせてやるシンプルなエッチ。
催眠音声でよく使われる行為をテーマに掲げて組み立ててます。

エッチに向けた道筋を作るところまでは上手くいってたので
エッチをどのようにこなすが本作品における一番の課題だと思います。
本気で催眠治療をするなら催眠をかけるシーンは必須ですし
その後も暗示で感度を上げるなど、状況を活かしたリードをするのが望ましいです。

解除音声が入ってないところを見ると
サークルさん自身もこの音声を聴いて催眠に入れないと考えてらっしゃるようです。

射精シーンはたぶん1回。
喘ぎ声そこそこ、淫語ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:倉浪あおさん
総時間 34:39(本編…26:34 おまけ…8:05)

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は5点。
35分で220円とコスパが良いので+1してあります。



サークル「ふぇち部」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、M向けのデリヘルでNo.1の人気を誇るお姉さんが
M男を色んな手段で責めてじっくり絶頂へ追い込みます。

乳首とおちんちんを同じくらいの存在感にしてバランスよく責めるのが特徴で
パートによって両者の責める割合を大きく変えながら
焦らしや寸止めといった意地悪なプレイや言葉責めをしてギリギリまで追い込みます。
絶頂シーンが4パートあり、それぞれでプレイや絶頂形式が違うのもポイントです。
痴女デリヘル嬢の多彩なサービス
美姫(みき)とアブノーマルなエッチをするお話。

「本日は ご指名ありがとうございます」
美姫はトーンが低く色っぽい声のお姉さん。
デリヘルを初めて利用する主人公に挨拶すると
コースを確認してからどんなプレイをしたいか尋ねます。

本作品はこれまで多くのM男にサービスして人気No.1の地位を獲得した彼女が
女性にいじめられたい願望を持つ彼をおよそ110分に渡ってエッチにもてなします。
彼女は乳首責めが得意なので全編の至るところでそれを行い
さらにおちんちんやアナルといった他の性感帯も責めて合計3種類の絶頂に追い込みます。


サークルさんは「乳首責めをメインとした作品」とおっしゃられてますけど
確認したところ作中で乳首を責める時間はエッチシーンの42%にあたる39分ほどでした。
乳首だけをいじる時間は26分とさらに短くなるので、私は乳首とおちんちんのバランス型と見ています。
実際のところ乳首に触れずおちんちんを集中攻撃する時間もそれなりにあります。

「ぐるぐる ぐるぐる 乳首をつまんで こりこり こりこり」
ただし、乳首責めのリードについては割としっかりしてます。
乳輪を撫でる時は「ぐるぐる」、乳首を爪で引っかく時は「かりかり」といった具合に
掛け声を多めに出してどんなふうに責めてるかわかりやすく実況します。
乳首オナサポとして使えるようにも調整されてるので
既にある程度開発してる人なら気持ちよくなれると思います。

それに対しておちんちんは焦らしや寸止めを強めに行います。
70分ほどの共通パートを乗り越えた後に射精する流れになっており
道中は激しめに責めた後でお預けするシーンが何度も出てきます。
射精しないように頑張る意味合いが強いから「乳首メインとは違うよ」と言うわけです。

また絶頂シーンは合計4つ用意されてます。
乳首オナニー、アナル&乳首責め、SEX&乳首責め、射精からの潮吹きと内容がどれも違います。
音声を聴いた限りだとこの中から好きなものをひとつ選ぶのでしょう。
射精、ドライ、潮吹きと絶頂形式も幅広く取り揃えてます。

穏やかなデリヘル嬢が乳首とおちんちんをバランスよく責める作りと絶頂パート。
乳首の存在感を出しながら他の部分にも手を伸ばしてるM向けの作品です。
じっくり焦らして一気に放出
エッチシーンは8パート92分間。
プレイは足コキ、乳首責め、耳舐め、手コキ、体の洗浄、キス、オナニー、乳首舐め、オナホコキ、乳首オナニー、アナル責め、素股、SEX(騎乗位)、潮吹きです。
足コキ、手コキ、体の洗浄、オナホコキ、アナル責め、素股、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「足ですりすりされて どんどん大きくなってるね」
主人公と相談してサービスの方針を決めた美姫は
ひとまずズボン越しに足でおちんちんを撫でて彼のM度を確かめます。

エッチは風俗サービスなので終始彼女が責め続けます。
最初の2パート39分間は主におちんちんを責めるシーン。
「01快楽M性感へようこそ(約24分)」はソフトな足コキ、乳首責め、耳舐めをしてから
お風呂場に移動して全身を上から下に向けて洗います。
そして「02寸止めオナニー(約15分)」はキスしながらおちんちんを激しくしごきます。

「その射精寸前のチンポを お姉さんが全力で洗ってあげる 君はお漏らしできないように 我慢できるかな?」
私はてっきり序盤から乳首メインでいくと思ってたのですが
実際はおちんちんを足や手で刺激したりオナニーさせる割と無難なM性感プレイです。
体を洗ってるところを見るとまだ準備の段階なのでしょう。
密着しながら耳に吐息を漏らすシーンもあって雰囲気はとても穏やかです。

乳首をいじるシーンも一応あるにはあるのですが
他のプレイのついでにやる感じになってて実況の量が少ないです。
足コキに至っては冒頭の3分だけで終わってしまいますし
もっとプレイを絞ったほうがコンセプトに掲げられてる「本物のM性感」らしさが出ると思います。

「くんくん くんくん うーん エッチな匂いね この匂いは マゾチンポのよっわーい匂いだね くっさーい」
02パートはおちんちんの責めに専念します。
普段と同じ穏やかな声でM向けの言葉責めをして心にも刺激を与え
射精だけは絶対にしないよう念押ししながら激しめの効果音を鳴らします。
寸止めする設定ですがカウントを数えてストップするとかはやりません。
効果音を鳴らして出そうになったら聴き手が自由なタイミングで止める感じになってます。

続く2パート21分間は本作品の特徴である「バランスの良さ」が出てるシーン。
「03目隠し囁き乳首責め(約13分)」は目隠ししてから指と口で乳首を
「04囁きオナホール責め(約8分)」は特製のオナホで竿と亀頭を重点的に責めます。

「そうだ 乳首噛んでてあげるわ 甘噛みされると ものすごく気持ちいいでしょう?」
03は初めて乳首だけを責めるパートということで
掛け声の量を多くしたり、後半はじゅるじゅると下品なちゅぱ音を鳴らして興奮を誘います。
時間が短いのは残念ですけど作りはしっかりしてました。
指で撫でる、爪で引っかく、デコピンすると責め方も幅広いです。

04パートは時間が短めなのでストレートな責め方をします。
彼女はオナホ越しに亀頭を、彼はおちんちんの根元をと協力するスタイルにして
言葉責めしながら効果音をガンガン鳴らして一気に追い込みます。
でも彼女はここまできてもまだ射精を許しません。
エッチ開始からおよそ60分経ってますし一番厳しい局面と言えます。

残りの4パート32分間は絶頂シーン。
「05メスイキ乳首オナニー(約11分)」は乳首責め&乳首オナニーで射精
「06メスイキアナル乳首責め(約9分)」はアナル責めでドライ
「07メスイキ乳首責め騎乗位(約10分)」は素股、乳首責め、SEXで射精
「08メスイキ潮吹き(約2分)」は射精してから亀頭オナニーで潮吹きを目指します。

「乳首をかりかりされて おかしくなっちゃうね 乳首で感じちゃうド変態 君はもう マゾメスだ」
この中で一番本作品らしいのは05パートでしょうね。
乳首をいじる割合をかなり高くして絶頂寸前におちんちんを刺激します。
このプレイ時間なら乳首とおちんちんを同時にいじり続けたほうが出しやすいでしょう。
最後にカウントも数えてくれるのでタイミングを取りやすいです。

逆に残念だったのは07と08パート。
前者は騎乗位SEXメインかと思いきや、実際はほとんど素股で繋がるのはたったの2分です。
作中で彼女が「このサービスは他より金額が高いわよ」と言ってるのにこれはどうかと思います。
08はそもそもプレイ時間が非常に短く、04パートまでを聴いた後でも射精するのが難しいです。
潮吹きは射精した直後に亀頭を擦り続けて目指しますから、その前段階が淡白だとやりにくくなります。

もうひとつ、これは05~08パート全部に言えることなのですが
絶頂の瞬間からパート終了までの時間が20秒程度しかありません。
本作品は焦らしや寸止めを続けた後に射精しますから、通常よりも射精後の余韻が多少は長く続くはずです。
でも彼女はそれを考慮せずすぐさま切り上げてしまいます。
人気No.1デリヘル嬢ならお客の気持ちに寄り添ったリードをするのが自然ではないでしょうか。

このように、パートによってやることを変えながら焦らしや寸止めをするM向けのエッチが繰り広げられてます。
乳首を取り入れたM性感作品
M向けの要素をできるだけ多く盛り込んだ割と欲張りな作品です。

美姫は自分を初めて指名してくれた主人公を満足させようと
得意の乳首責めをやりながらおちんちん、耳、アナルといった別の性感帯にも手を伸ばします。
そして終盤の絶頂シーンは射精、ドライ、潮吹きを用意して別の快感を与えます。

お店で人気No.1のお姉さんが男性客にM性感サービスをするシチュ
乳首とおちんちんの責める割合を同じくらいにしてバランスよく追い込むエッチ
何度でも聴けるように絶頂シーンを4種類用意した作り。
Mな人が喜ぶことを積極的にやる方針で作品を組み立ててます。

中でも2番目はもっと乳首に寄せてくるのだろうと思ってただけに意外でした。
乳首はおちんちんよりも長くいじり続けないとなかなか気持ちよくなれない性感帯なので
私はもっとがっつりやったほうが効果的だと思います。
今の内容だと悪い言い方になりますが中途半端になってます。

前項の最後のほうで書いた問題点も含めて「作り込みの甘さが目立つ」というのが率直な感想です。
乳首責めの表現方法は割と良かったので、次回があるならそれを活かした作品になってくれることを願います。
確認したところサークルさんが乳首メインの作品を出すのは今回が初めてのようですし
今後の制作を通じてこれらが改善される可能性は十分にあります。

絶頂シーンは射精3回、ドライ1回、潮吹き1回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 1:47:02

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります



サークル「ブラックジャック」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声は穏やかだけど性格は割とSなお姉さんが
2つの手段で性欲旺盛な男性のオナニーを手伝います。

片方の耳を舐めながら指示を出したり実況するのが特徴で
前半は耳舐め+オナニー、後半は耳舐め+相互オナニーとスタイルを変えたうえで
耳元至近距離から激しめのちゅぱ音をガンガン鳴らして射精を後押しします。

視聴時に好きなオカズ(画像)を用意しておくとより楽しめます。
ふたつのプレイを一緒にお届け
お姉さんが耳舐めしながらオナサポするお話。

「こんにちはー あれ? こんにちはー」
お姉さんは明るくて穏やかな声の女性。
主人公のオナニーをサポートするために家へやって来ると
彼が用意したオカズを確認してからオナニーしようと言います。

本作品は男性が感じてる姿に喜びと興奮を覚える彼女が
オナニー大好きな彼のためにおよそ40分間の独特なオナサポをします。
冒頭に「彼女の姿は見えない」と言ってたので、おそらくは人間以外の存在なのでしょう。
だからオナサポも人間にはまずできないスタイルで行います。

それが最もよくわかるのが耳舐めとオナサポを同時にやること。
数分単位で左右を切り替えながら片方は耳舐め、もう片方は指示と実況を分担します。
プレイ中はほぼずっとやってると言っていいほど舐めまくりますから
耳舐めが好きな人のほうが満足できるでしょう。
序盤からハイペースで舐めと吸いを組み合わせた結構激しいちゅぱ音を鳴らします。

「ほらほら ちゃーんとオカズを見て エッチな女の子を見て」
オナサポについてはシコシコボイスを言うシーンが少しある程度で
それ以外は彼の様子を観察したり軽い指示を出す緩いリードをしてくれます。
彼がPCかスマホでエッチな画像を見てるらしく、それをオカズにする指示もありました。
総時間が短めなので抜きやすくするためにそうしたのかなと。

片耳をほぼノンストップで舐めながらオナサポする変わったスタイルと緩いリード。
オナニーを細かく制御するよりも抜ける材料を提供することに力を入れてるややM向けの作品です。
溜めてから吐き出させるエッチ
エッチシーンは2パート36分間。
プレイはオナニー、耳舐め、お姉さんのオナニーです。
エッチな効果音はありません。

「こうして 耳を舐め舐めされながら オナニーだよ」
軽く自己紹介して悪意がないことを主人公に教えたお姉さんは
早速左耳を舐めて中断してたオナニーを応援します。

エッチはペースや強さはほぼフリーで、それ以外は彼女の指示に従いながら進めます。
最初の「【1】自分の大好きなオカズを見ながらオナニーサポート(約20分)」は
本作品の特徴をそのまま反映させてるパート。
左耳舐めを始めた直後にオナニーの開始を宣言し
以降は耳舐めの左右を切り替えながら実況したりシコシコボイスを言って射精を我慢させます。

「ちゃーんと我慢して 限界までおちんちん硬くして それから 射精しようね」
彼女は男性が感じたり射精を耐えてる姿を見るのが好きらしく
彼が出したくなってもそれを禁止してギリギリまで射精感を高めます。
20分程度なら早漏な人でもない限り大丈夫だとは思いますが
意地悪なところを多少見せてM心をくすぐります。

もうひとつの柱にあたる耳舐めはなかなかパワフルです。
最初から最後まで速めのペースでむしゃぶりつくように耳を責めます。
オナサポと特に絡めてないのは残念ですが、オナサポに不足しがちなエロさを補う役割を果たしてるのも事実です。
吐息を適度に挟んでくるおかげで耳にこそばゆい風を感じました。

「おちんちんから精子 ぴゅぴゅって 気持ちいいね はいはい ぴゅっぴゅー」
パート後半に入るとオナサポ色が強くなります。
耳舐めは引き続き激しくやったうえでシコシコボイスを言う頻度が上がり
最後はぴゅっぴゅのセリフを軽めに言ってタイミングを取ります。
射精の許可はあっさり出してくれるので後味が良かったです。
無理のない程度に我慢させてから射精させる実用性を意識したリードをしてました。

次の「【2】射精管理、相互オナニーカウントダウン(約16分)」は後日のお話。
前回のオナサポに満足した彼をもっと喜ばせようと少しアレンジしたプレイを繰り出します。

「これっ これがしたかったの あぁっ」
それはカウントと彼女のオナニー。
前者はパート開始時、後者はパート中盤から登場します。
カウントを数える役が加わるおかげで合計3人に増え
左右中央から話しかけたりちゅぱ音を鳴らすより濃いプレイが味わえます。


指示の量を減らす代わりに純粋なエロさをパワーアップさせてる感じです。
終盤は片耳舐めが両耳舐めに変化するなど、本作品の特徴が活きるようにプレイを組み立ててます。
時間は短いですけど私はこちらのほうが抜きやすく感じました。

このように、耳舐めの量をできるだけ多くしたうえでオナサポするテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
耳舐め重視のオナサポ作品
現在流行ってるふたつの要素を組み合わせたある意味欲張りな作品です。

お姉さんはいつも1人でオナニーしてる主人公により気持ちいい体験をさせようと
物語の序盤から2人に増え、左右に密着しながら耳舐めとオナサポを同時にします。
そして後半は相互オナニーに変えて自分も一緒に楽しみます。

声は優しいけど性格はややSなお姉さんが2種類のオナサポをするややM向けのシチュ
全編を通じて激しい耳舐めをガンガンやるオナサポでは珍しい作り
オナニーの指示は開始、中断、射精あたりに留めて焦らし気味に進める緩いエッチ。
彼女なりにサービスしながら気持ちよく出せるように作品を組み立ててます。

中でも2番目はどこを聴いても耳舐めと言っていいほど量が多いです。
個人的には「耳舐めのペースが上がるほどオナニーも速くする」みたいに
耳舐めとオナサポを連動させたほうが個性と統一感が上がったとも思うのですが
本作品では最初から最後までパワー全開で舐めることに力を入れてます。

現在の耳舐め作品みたいにシーンによってちゅぱ音が変わることはないので
質はいいから量をたっぷり聴きたい人のほうが向いてます。
音自体はちゅぱ音、吐息どちらも十分リアルでした。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音多め、淫語と喘ぎ声そこそこです。

CV:花城かざりさん
総時間 42:11

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2020年8月17日まで90%OFFの77円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。



サークル「Angel Whistle」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、主人公に恋愛感情を抱いてる幼馴染が
起こしに来たのに寝たふりをしてる彼をエッチな手段で目覚めさせます。

プレイをフェラに絞り込み1回ごとにちゅぱ音を変えて責めるのが特徴で
最初はキスをしたり口に含んでもごもごする比較的ソフトなもの
2回目はピストンっぽいもの、3回目はそれをより力強くしたものを繰り出し
その合間に愛の言葉を投げかけてこれが好意の裏返しであることを教えます。
幼馴染がする気持ちいいお仕置き
幼馴染にフェラされて3回射精するお話。

幼馴染は甘く可愛い声の女の子。
ある日の朝、主人公の部屋にやって来て声をかけると
股間が膨らんでることに気づきズボンとパンツを脱がせます。

本作品は付き合ってはいないけど彼に十分な好意を寄せてる彼女が
彼を起こすついでに朝立ちしたおちんちんをおよそ20分に渡り責め続けます。
最初の時点で彼は既に起きてるようですが寝たふりをしており
意地悪をされたお返しに彼女が連続射精させるといった感じです。

最大の特徴はエッチが最初から最後までフェラのみなこと。
エッチを3つのシーンに分けて1回戦は比較的ソフトに
2回戦と3回戦はそれよりも激しくと流れを作りながら責めます。

どんな風に責めてるかの実況をほとんどしないのでわかりにくいところもありますが
聴いた限りではピストンを多めにしたうえでキス、舐め、吸い、すすりをしてるようでした。
2017年に発売された作品ですが割とASMR色が強いなと。
音声開始から1分後には早速始めるなど、短時間でも楽しめるように考えて作られてます。

それ以外の特徴は時折彼女の想いをセリフで漏らすこと。
彼が寝てるのをいいことに「好き」とこっそり呟いてくれます。
朝にわざわざ彼を起こしに行く時点でそれなりに好きなのは確かですから
それを理解してくれないことをもどかしく思ってるのかもしれません。
今回するお仕置きも好意の裏返しであって、本当に嫌ってるわけじゃないのがよくわかります。

フェラに特化したエッチと彼女の想いが感じられるセリフ。
恋人になれそうでなれない男女の様子をコンパクトに描いたノーマル~ややM向けの作品です。
少しずつ激しくなるエッチ
エッチシーンは18分間。
プレイはフェラのみです。
エッチな効果音はありません。

既に勃起してるおちんちんを取り出した後に舐めて欲しいか主人公に一応尋ねた幼馴染は
返事がないのを確認してからまずはソフトに舐めてその味を確かめます。

エッチは無抵抗な彼を彼女が一方的に責め続けます。
前半の8分間は比較的緩く責めるシーン。
口に含んで舐めてる感じの音から始まり「ちゅっ」と唇をつけるキス
そして少しペースを上げたピストンっぽい音に変化し1回目の射精へ追い込みます。

本作品の主人公は最初から最後まで寝たふりを続けるため
彼女も無理に話しかけようとせず口を器用に動かしておちんちんを気持ちよくします。
エッチが始まったのに合わせてセリフの量が一気に減るのでちゅぱ音を聴きやすいです。

射精時もカウントやぴゅっぴゅのセリフを言ったりせず彼女の反応で表現してました。
3回とも口で受け止め飲み込んでるようでしたから
喉を鳴らす音を入れたほうがよりリアルになったと思います。

後半の10分間はお仕置きらしさが出てくるシーン。
1回出してもまだ起きてることを認めない彼によりハードなフェラを繰り出します。

キャラを大きく崩さないよう露骨に下品な音は鳴らさないものの
1回目に比べて平均ペースが上がってたり、「ぶぶっ」と空気が混じる割合が増えてます。
両方ともピストンメインに聞こえましたが3回戦のほうが音は力強かったです。
「ぎゅっ ぽっ」というリズミカルな音を鳴らしててやり慣れてる印象を受けました。

射精シーンが3回ありますけど総時間は短いので、通しで1回抜く感じに聴くのが丁度いいでしょう。
このように、本作品の特徴をそのまま反映させた甘めのエッチが繰り広げられてます。
シンプルなフェラ作品
女性が生み出す音を使って興奮させるコンパクトな作品です。

幼馴染は好きだけどそれに気づいてくれない主人公を気持ちよくしようと
まずは比較的ソフトなフェラをして起こそうとします。
しかし1回出しても起きないのを見て方針を切り替え、今度はよりハードに責めて連続射精へ追い込みます。

可愛くて世話好きな幼馴染がお目覚めのフェラをする甘いシチュ
すべてのシーンをフェラに統一した特化型のエッチ
1回ごとに舐め方を変えて責めっぷりを表現する音にこだわった作り。
音声作品では定番のプレイをやや掘り下げてお届けします。

中でも3番目は同じ音をだらだら流し続けるのではなく
後になるほど激しく、そしてやや下品になるよう組み立ててます。
彼女が愛の言葉を言うシーンもありますがそれはあくまで雰囲気作りに過ぎず
やはりフェラこそが一番の聴きどころだと思います。

ただやはりもうちょっと実況を挟んだほうがわかりやすかったかなぁと。
ピストンっぽい音が多いので、舐め方をもっと明確に変えてたら音だけでもわかりやすかったのかもしれません。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音それなり、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:みもりあいのさん
総時間 20:00

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
20分で770円だとやや割高なので-1してあります。

2020年9月23日まで20%OFFの616円で販売されてます。



サークル「ブラックジャック」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、違った特徴を持つ2人のJKが
男子が抱えてる悩みをエッチな手段で解決します。

軽い意地悪をしながら少しずつステップアップするのが特徴で
オナニー、手コキ、オナホコキ、フェラ、SEXとパートごとにプレイを変えながら
普段よりも少しだけ我慢させておちんちんの耐久力を上げていきます。
2人がとても優しくしてくれますからノーマル~ややMの人が最も楽しめるでしょう。
JKたちとするおちんちんのトレーニング
エクササイズ部のエリとユズからエッチの手ほどきを受けるお話。

「…あれ? 君 見ない顔だね うちの部員じゃなさそうだけど ユズは何か知ってる?」
エリは明るくて元気な声の女の子。
「いや たぶん初めて見る顔かなー」
ユズは穏やかな声の女の子。
エクササイズ部にやって来た主人公に入部希望者かどうか尋ねると
ひとまず理由を確認し、それを聞いて驚きます。

本作品は表ではエクササイズ部、裏では射精管理部の活動をしてる彼女たちが
早漏に悩んでる彼と90分程度のエッチなトレーニングをします。
彼が女性とまともに付き合ったことすらない童貞なことを踏まえて
いきなりハードなメニューをやったりせず少しずつ成長させる流れで進めます。

エリ「大切なのは 筋肉じゃなくて 体を動かそうって気持ちだと思うなー」
エリは体を動かすのが大好きな健康的な女の子。
恥ずかしい悩みを打ち明けてくれた彼を爽やかな声と態度で励まし
トレーニング開始後は本気で改善させるために多少きついことも要求します。

悪意があって意地悪するわけじゃないのでSっ気はまったくありません。
毎日のようにスポーツに励んでるからこそ、自分を追い込む大切さをよく理解してます。
終盤にはちゃんとご褒美もくれるので雰囲気が本当に明るいです。

ユズ「いいよ 興奮したままじゃ辛いだろうし 一発あたしらで抜いて スッキリしちゃおうか」
それに対してユズは若干Sっ気のある小悪魔キャラ。
射精を我慢しないといけないところでわざと飴を与えて心を揺さぶったり
SEXの時は騎乗位でガンガン責めながらベロチューして上手に射精へ追い込みます。

彼女の場合は早漏改善を手伝うよりもエッチを純粋に楽しむ色合いが強いです。
エリが割と厳しい性格をしてるからこういうキャラにしてバランスを取ったのでしょう。
気持ちよくなりながらトレーニング出来るならそれに越したことはありませんし
2人の個性をはっきり出す点も含めて重要な役割を果たします。

エッチについてはエリが右、ユズが左に密着して女性に慣れるところから始まり
耳を優しく責める、軽めのオナニーをする、手コキへ移るといった具合に
彼の経験に合わせてプレイの内容や刺激を濃くする方針を取ります。
また女性が複数人いる状況を活かして同時責めするシーンをそれなりに用意してます。

ところどころで意地悪することももちろんありますが
「カウントを数えてる間は我慢する」とか「〇分間責めに耐える」などかなり抑えてます。
M向け作品のように焦らしや寸止めを強めにやるわけではないので
メインターゲットはノーマル~ややMあたりと私は見てます。

違う個性を持つ2人のJKとおちんちんをトレーニングするシチュと徐々に激しくなるエッチ。
彼女たちのキャラを活かしたスポーツ感覚のエッチをする作品です。
少しの意地悪と手厚いご褒美
エッチシーンは6パート65分間。
プレイは耳舐め、オナニー、手コキ、乳首責め、オナホコキ、キス、フェラ、SEX(正常位、騎乗位)です。
エッチな効果音はありません。

エリ「へぇ これが君のおちんちん…」
ユズ「君がどの程度早漏なのかってより どのくらい敏感なのかを調べたほうがいいかも」
主人公の話を聞いてトレーニングを請け負うことにした2人は
ひとまず軽いプレイをして彼がどれくらい早漏なのか確認します。

エッチは経験豊富な彼女たちが童貞な彼をリードします。
最初の2パート21分間は小手調べに近い内容。
「【トラック2】淫語と耳舐めでオナニー我慢しようね」は耳舐め+オナニー
「【トラック3】W手コキ&両耳舐めでも射精我慢だよ」は両耳舐め+手コキで1回ずつ射精させます。

エリ「自分に素直になって 匂い くんくんしてみよ?」
彼女たちは射精管理部に所属してるだけあって男子の扱いをよく心得てます。
彼からするのは難しいだろうということで体を密着させ
運動で少し汗ばんだ体の匂いを嗅がせて素直になっていいんだよと教えます。
そして十分慣れた後にようやく耳へ息を吹きかけます。

物語の序盤なので彼女たちの人柄を表現することに力を入れてました。
エリは面倒見がいいけどちょっぴり厳しい
ユズは積極性が高くてやや意地悪と大きな違いが見られます。
それでいてちゃんと連携が取れてるのは2人の仲が相当に良いからでしょう。

エリ「辛いのはわかるけど ここを乗り越えれば あと少しだからね」
ユズ「ふふっ チンコガチガチだね でもまだだーめ」
トラック3は本格的なトレーニングの第一歩。
エリは励ます、ユズは禁止すると多少言い回しを変えたうえで13分ほど我慢させます。
効果音が入ってないせいで彼女たちがどう責めてるのかわからないのは残念ですが
聴いた限りだとそれなりに手加減してるのだと思います。
射精後に精液の量と濃さに感心するなど、心のケアもしながら一歩ずつ前進します。

中盤の2パート28分間は本番に向けた準備。
「【トラック4】オナホコキでも射精しちゃだーめ」はオナホコキと少しの耳舐め
「【トラック5】キス責め&Wフェラで出しちゃえ」は2人がかりのキスとフェラで耐久度をさらに上げます。

ユズ「最初なら焦らすのもありだけど 終盤はガンガン突いて 相手をイかせてあげないと」
トラック4は偽物とはいえおまんこ相手に責めるので疑似SEX風に進めます。
パートの前半は手でしごかれてたのが、後半に入ると彼に動くよう指示します。
あまりの気持ちよさに腰を動かせない彼を言葉で励ますなど
最初の2パートよりもトレーニングらしさが出てるプレイです。

エリ「口の中 あっつい」
それに対してトラック5は女性の責めに耐えられるおちんちんに鍛えようとします。
2人が交互にキスやフェラを繰り出しながら比較的ハイペースのちゅぱ音をガンガン鳴らします。
セリフが彼女たちの様子や内面描写に寄せてあるのも実戦に近づけたのかもしれませんね。
フィニッシュはしっかり口で受け止め飲み干すなど、ご褒美もちゃんとあげて彼のやる気を引き出してました。

終盤の2パート16分間はトレーニングの成果を試すシーン。
トラック6はエリと正常位で、トラック7はユズと騎乗位で繋がり本物のおまんこを味わいます。

エリ「初めてのおまんこに おちんちん 驚いちゃってるんだね 中とろっとろで 絡みついてきて オナホとは全然違うでしょう?」
トラック5の後も色々トレーニングしたらしく、彼女たちも彼の成長を素直に認めてます。
だからここでは簡単なやり方だけを教えて後は好きに乱れて普通に楽しみます。
これまで一度も出てこなかった喘ぎ声が加わるおかげで他のパートよりもエロく感じました。
SEXしてないほうは耳舐めでサポートしてエッチな声や音の密度を上げてます。

ユズ「君の精液 おまんこに頂戴」
私個人はエリよりもユズとのSEXのほうが印象に残りました。
普段とは違う可愛い喘ぎ声を漏らしてくれて多少のギャップがあります。
終盤にベロチューしてから中出しに進む流れも恋人っぽさがあって良いです。
途中で意地悪したこともあったけど、最後は優しさを見せて悪意がなかったことをしっかり伝えます。

このように、シーンによって異なる目標を掲げて行う丁寧なエッチが繰り広げられてます。
爽やかなエッチをする作品
できるだけM性を持たせずに早漏改善トレーニングする作品です。

エリとユズは早漏に悩んでる主人公の力になろうと
ネガティブな要素を一切入れずにトレーニングのメニューを組み立て実践します。
そして2人の違いを出しながら少しずつ踏み込んだプレイに移り、最後は童貞卒業を手伝います。

性格は違うけどどちらも根は優しいJKたちが男子生徒のおちんちんを鍛えるシチュ
2人で協力しながらステップアップする目的意識の強いエッチ
多少の意地悪をしたうえでそれ以上のご褒美をあげるM性を薄めた作り。
トレーニングから連想されるきつさを極力取り除いた明るいエッチが楽しめます。

エリ「今までよく頑張ったね 君とのSEX とっても熱くなれたし 気持ちよかったよ」
中でも3番目は早漏改善にとって重要な心のケアをする役割を果たします。
童貞や早漏といった女性から見ればマイナスの属性を持ってる彼に対して
彼女たちはネガティブなことを一切言いません。
彼のすべてを受け入れたうえでどうすれば鍛えられるか真剣に考え、実行します。

爽やかなエッチをするので本当に早漏な人でも頑張れるのではないでしょうか。
ユズは小悪魔キャラですが悪戯程度で彼を見下してるようには思えません。
最終パートで彼の中出しを許すのがいい証拠です。
そんなわけでキャラやエッチの展開といったシナリオ面はしっかりしてます。

しかし、エッチで効果音が鳴らない点だけは首を捻ります。
本作品は彼女たちがどうやっておちんちんを鍛えていくかが聴きどころですから
その様子をできるだけリアルかつエロく表現するのが重要になります。

例えばこの作品が耳舐め特化やフェラ特化だったら別に効果音無しでもいいんじゃないでしょうか。
でも実際は早漏改善がテーマなので効果音を入れておくのが望ましいです。

射精シーンは6回。
淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:エリ…花城かざりさん ユズ…財木桜さん
総時間 1:33:23

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
93分で1430円だとやや割高なので-1してあります。

2020年6月29日まで90%OFFの143円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。



サークル「スミレのほね」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、世界がおかしくなった影響で突然淫乱になった3人の女の子が
目立たないけど立派なおちんちんを持つクラスメイトを協力して襲います。

シチュを反映し3人同時にひたすらエッチするのが特徴で
総時間のおよそ90%をエッチシーンに割き、中央からSEXの喘ぎ声やフェラのちゅぱ音
左右からは両耳舐めの音を同時に鳴らしてハーレムプレイを表現します。
可愛い女の子たちの専用チンポに
あんず、りん、つぐみと1週間に渡ってエッチするお話。

「うふふっ 呼び出してごめんね」
りん(挿し絵左)は明るい声の女の子。
「ねぇ あんたさー いいチンポ持ってるよね?」
あんず(挿し絵右)は砕けた話し方をする甘い声の女の子。
「ねー 私たち知ってるんだから」
つぐみ(挿し絵中央)はおっとりしてて穏やかな声の女の子。
自分たちが興奮したのは地味太(主人公)のせいだと言い
その責任を取っておちんちんを使わせてほしいと言います。

本作品は女子が男子と無差別にエッチするのが当たり前になった世界を舞台に
彼女たちが冴えないけどおちんちんは立派な彼と90分近くに渡ってエッチします。
背景を踏まえて雰囲気作りなどの前置きはばっさりカットし
音声開始から1分後には早速始める抜きを重視した内容です。

あんず「あぁこのチンポいいぃ チンポ好きっ チンポぉ」
前戯を一切せずにいきなり繋がって気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らしたり
他の2人はそれを眺めながら両耳を積極的に舐めて応援するなど
どのパートもエッチな声や音を複数同時に鳴らして射精を後押しします。

言葉責めも多少はしますけど耳舐めの合間に「変態」と軽く言うとか
射精の直前に「出せ」と連呼する程度で脇役に近いです。
全パートで両耳舐めをするので耳舐めが好きな人ほど楽しめるでしょう。
彼女たちの興奮具合がわかるように吐息を適度に挟んで微弱な風圧を耳へ送ってくれます。

キャラについてはあんずはギャル、りんは生意気、つぐみはお嬢様と違う属性を持ってます。
ですが3人とも完全にスイッチが入ってるのでやることはほぼ一緒です。
ちゅぱ音や喘ぎ声の量や密度を増やすためにハーレムプレイしてる感じに映りました。
セリフもかなり少ないですし、彼女たちの個性は薄いかなぁというのが正直なところです。
音でゴリ押すエッチ
エッチシーンは7パート78分間。
プレイは耳舐め、SEX(騎乗位)、手コキ、乳首舐め、フェラです。
エッチな効果音はありません。

あんず「あはははは じゃあ早速乱交しよ? まずはあたしー」
主人公へ手短に事情を説明した3人は
お互いに役割分担して彼のおちんちんを存分に味わいます。

エッチは経験者の彼女たちが童貞な彼をリードします。
最初の3パート29分間は3人それぞれに活躍の場を持たせたシーン。
01はあんずの騎乗位SEX、02はつぐみの手コキ、03はりんが騎乗位SEXを行い
残りの2人は耳舐めや乳首舐めでそれをサポートします。
ちなみに各パートは別日にやってる設定です。

あんず「でけぇ はっ んっ はぁっ マジヤバッ これすごっ」
彼女たちは好きじゃなくても男とエッチするのが当たり前と思ってるので
相手が地味な男でも嫌な顔はまったく見せません。
効果音の代わりに息づかいでピストンの様子を表現し、その合間におちんちんの大きさを素直に褒めます。

彼女たちが彼を選んだのは純粋におちんちんが立派だからでしょう。
完全女性上位ですが言葉責めはごく僅かなのでM性も低めです。

つぐみ「いい子よ もっと硬くして? 出しちゃダメ」
2番手のつぐみはお嬢様キャラなだけあって言葉遣いも割と上品。
ですが焦らすのが好きなようで彼に絶対射精しないよう念押しします。
手コキはシコシコボイスを使ってましたし、それに合わせてオナニーするといいかもしれません。
最後は結局おあずけするなどやや意地悪なキャラに描かれてます。

りん「あぁぁぁぁ どくどくしてりゅ 2回目なのにすっごい出てる」
3番手のりんは快感をストレートに求める性格。
一番最後に回された不満を解消しようと、あんず以上に激しい乱れっぷりを披露します。
およそ9分間で2回射精することも含めてハードさを強調してました。

続く4パート49分はどろどろに交わるシーン。
04は上半身に的を絞って舐め続けて性感を高め
05はつぐみ→あんず→りんの順にSEX+両耳舐めで1回ずつ中出しします。
そして06はあんずのフェラ+両耳舐め、07はりん→つぐみ→あんずの順に再びSEXします。

あんず「やっぱこのデカマラ気持ちいいー」
りん「ほら頑張れ もっとできるだろ? まだまだ足りないんだよ」
SEXパートはいずれも休憩一切なしでやりますし
最中のセリフも彼を物扱いする感じなので割かしハードです。
ですがエッチな音の密度が濃くテーマに合ったプレイに仕上がってます。
言葉よりも音で興奮させることを強く意識してました。

ただ全パートで耳舐めをしてるからでしょうけど
どれを聴いても似たような内容になってるのは残念です。
7パート中4パートあるSEXも中央から喘ぎ声を漏らし、左右は耳を舐めるのを繰り返します。

3人いる状況を活かしたかったからこうしたのかもしれません。
でも聴き手がマンネリ感を抱かないようもう少し変化をつけたほうが良いと思います。
今の内容だとむしろ持て余してる印象を受けました。

例えばSEXの最中にするプレイを両耳舐め、片耳舐め+言葉責め、片耳舐め+オナニーといった具合に
多少変えておけば少なくとも今よりは違いを引き出せたでしょう。
あるいは外側を舐める→穴の入り口をぐりぐりすると耳舐めの責め方を大幅に変えるとか。
キャラの位置が変わるだけで毎パートほぼ同じことをやってるのはさすがにまずいです。

このように、ちゅぱ音や喘ぎ声の量をとことん上げたエッチが繰り広げられてます。
音自体は良いのだが
耳舐めやSEXを3人で時間いっぱい行うストレートな作品です。

あんず、つぐみ、りんは湧き上がる性欲をなんとか解消しようと
女っ気が全然ないけどおちんちんは立派な主人公へ積極的に襲い掛かります。
そして最中はすべて3人でおちんちんと耳を同時責めします。

属性が多少違うけど全員淫乱な女の子たちと乱交する魅力的なシチュ
ちゅぱ音や喘ぎ声をできる限り盛り込んだ抜き重視のエッチ
全パートで必ず耳舐めする流行を押さえた作り。
ストーリー性はほとんど持たせずひたすらエッチする方向で仕上げてます。

中でもエッチは余計な前置きや事後のやり取りをできるだけ取り除き
全パートで3種類のエッチな音を同時に鳴らすこだわった内容です。
プレイ構成が単調だったり音が垂れ流し気味になってるところは気になりましたが
音自体の品質は高く、位置や距離もばっちりです。

欲を言うなら射精時にカウントを数えるとか
0と同時にぴゅっぴゅのセリフを言うといった言葉によるサポートが欲しかったです。
あとはもう少し実況を挟んだほうがプレイの様子をイメージしやすくなります。

射精シーンは9回。
ちゅぱ音大量、喘ぎ声多め、淫語それなりです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:あんず…秋野かえでさん りん…山田じぇみ子さん つぐみ…飯野かなさん
総時間 1:26:50

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2020年4月28日まで90%OFFの132円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。

【特別価格】甘えんぼメイドの特別なご奉仕~ご主人様LOVEな彼女とイチャラブセックス【バイノーラル】

サークル「幸福少女」さんの同人音声作品。
昨年6月に処女作を出されたばかりの新しいサークルさんです。

今回紹介する作品は、メイド喫茶で働いてる優しい彼女が
ラブホや自宅で大好きな人にエッチなご奉仕をします。

彼女が持つふたつの顔を活かしたサービスをするのが特徴で
前半は対等な恋人として普通に接してたのが
後半に入ると口調がやや変わり、彼をご主人様に見立てて一生懸命お世話します。
メイド彼女のラブラブなおもてなし
恋人の咲川みゆとラブホや家でイチャイチャするお話。

「ごめんごめん 遅くなっちゃった」
みゆは可愛くて優しい声の女の子。
仕事の都合で待ち合わせの時間より遅れてしまったことを謝ると
主人公に「全然気にしてない」と言われて感謝します。

本作品はメイド喫茶で日々多くのお客に癒しと笑顔を与えてる彼女が
彼の専属メイドになって90分近くの色んなご奉仕をします。
甘さを前面に押し出した内容なのでM向けのメイド作品に見られる事務的感は一切なく
優しい言葉と献身的なプレイを組み合わせてストレートに尽くします。

「大好きなあなたが近くにいるだけで 妙に落ち着くというか 幸せな気分になるというか」
彼女はご奉仕上手ですけど甘えん坊なところも持っており
プレイ中におねだりして彼をやる気にさせたり
責められる側に回って小動物のような可愛い喘ぎ声を漏らすシーンもあります。

一方的に責め続けるスタイルだと恋人らしさが薄れますから
そのへんのバランスを取ってサービスを組み立ててます。
セリフは彼を甘やかすものより彼女の心情描写を多くしてありました。

「こういうふうにして あなたと抱き合ったり キスしたりしてると 体と心がぽかぽかしてくる」
「敏感のお耳に ふわふわの綿毛があてがわれるのって たまらなく心地いいですよね」

また彼女の特徴である「恋人」と「メイド」が引き立つように
物語の前半と後半で言葉遣いや彼との接し方がそれなりに変わります。
声は特に変わりませんが前者はタメ口、後者は丁寧語を多用し
さらにお世話される→お世話するとプレイスタイルにも違いを持たせてあります。

プレイ自体は耳舐め、キス、SEXなど王道の構成ですから
どちらかと言えばキャラのほうが個性的な作品と私は見ています。
彼をひたすら求め、それと同じくらい求められたいと思ってる愛らしい女性です。

もうひとつの魅力はコスパの良さ。
サークルさん初のバイノーラル作品を記念して価格がたったの110円です。
新規さんの場合、まずは知名度をいかに上げていくかが重要になりますから
こういう気軽に聴ける作品があるのはすごくプラスに働くと思います。

エッチは効果音がちゃんと入ってるので手抜き感は特にありません。
ボリュームも十分ですし、サークルさんの作風を知るにはもってこいの作品と言えます。

※2020年2月9日追記
110円はレビューを書いた当時の価格で現在の定価は1100円に変わってます。
近さと温もりを感じるエッチ
エッチシーンは4パート42分間。
プレイはキス、耳舐め、フェラ、SEX(正常位、騎乗位)です。
服を脱ぐ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「あなたとのキスって いくらしても飽きない」
主人公とラブホに移動しマッサージで疲れた体をほぐしてもらったみゆは
そのお返しに甘いキスと耳舐めでおちんちんを勃起させます。

エッチはパートによって攻守を入れ替えながら進めます。
前半の2パート22分間は普段の様子を描いたシーン。
「3.ご主人様のお耳とオチンポのご奉仕はメイドの仕事です」は耳舐めとフェラ(約16分)
「4.ご主人様の逞しいオチンポでメイドをメスイキさせてください」は正常位SEXで1回ずつ射精します(約6分)。

「おちんちんが むくむくっと膨らんできた お耳舐められるの 心底気持ちいいみたいだね」
事前のやり取りを聴いた限りだと2人は付き合い始めてからそれなりに経つのでしょう。
彼の喜ぶことを積極的にやりながら嬉しそうな表情を見せます。
セリフが多い関係で耳舐め、フェラいずれもちゅぱ音が少なめなのは気になりましたが
まだ始まったばかりなので仲の良さを聴き手に伝えることを重視したのかもしれません。
M向けの要素が一切なく甘い空気が終始漂ってます。

「さっきからあまりに勢いが良すぎて 頭の中 勃起おちんぽのことしか考えられなくなる」
SEXは彼女の心情や反応を重点的に描いて一体感を出します。
若干泡立ったピストン音をゆっくり鳴らしながらキスしてお互いの気持ちを高め
後になるほどペースを上げて2人同時の絶頂を目指します。

パート名を見るともうこの時点でメイドになりきってご奉仕すると思うかもしれませんが
実際は対等な恋人同士がするスタンダードなエッチでした。

後半の2パート20分間はメイド姿でするプレイ。
「6.愛するご主人様にたっぷり中出しされて幸せです」はフェラからの騎乗位(約12分)
「7.私をご主人様の専属メイドにしてください」は正常位、とSEXメインでとことん尽くします(約8分)。
これらは後日のお話で場所も主人公の自宅に移ります。

「大好きなご主人様のフェロモン満載って感じで いつまでも嗅いでいたいくらい」
そしてここからは彼のことを「ご主人様」と呼び
どちらのパートも自分を彼より下に置いてご奉仕らしさを出しながら進めます。
仕事から帰ったばかりで汗臭いおちんちんの匂いを鼻を鳴らして堪能し
上に跨って挿入した後は腰を前後に動かしゆっくり射精に導きます。
彼を持ち上げるセリフも言うなど、メイドのイメージにぴったりな内容です。

「いい いいよいいよっ もっと もっと突いてっ」
しかし最後の正常位SEXでは逆に自分の体を求めるようお願いし
挿入後は喘ぎ声を多めに漏らして彼の愛を存分に味わいます。
責めるのがめんどくさくなったのではなく、男性が潜在的に持つ征服欲をくすぐったのかなと。
自分の一番大事なところを相手に捧げて中出しを許すのも立派なご奉仕です。

私が一番抜けると感じたのもこのパートでした。
時間は決して長くありませんが、言葉と行為の両方から2人の絆の強さが伝わってきます。
密着しながらキスや耳舐めをよくするのも彼女の近さと温もりを感じてほしかったのでしょう。
バイノーラル録音の長所が活きるよう声の位置も小まめに変えてました。

このように、彼女の優しい部分を残しつつ2種類の立場で責め合うノーマル向けのエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の甘い作品
可愛い女性がひたすら愛情を注いでくれる王道の作品です。

みゆは自分と付き合いながら仕事を頑張ってる主人公をリフレッシュしようと
最初はラブホに移動し普段の恋人らしい振る舞い方でおちんちんを気持ちよくします。
そして後半に入るとメイド姿で癒しとエッチなサービスをします。

世話好きで甘えん坊な彼女が大好きな男性をエッチにもてなすシチュ
前半は恋人、後半はメイドとキャラを変えてする彼女らしいスタイル。
より多くの人が聴ける材料を揃えて作品を組み立ててます。

中でも2番目は「尽くす女性」と呼ぶのがぴったりなキャラになっててものすごく甘いです。
メイドとして色んな人と接してるからこそ、彼と2人きりの時は自分のすべてを曝け出します。
SEXは全部中出しなところも含めて愛を感じる要素が充実してます。

「それじゃ もっと大胆に… 唇を上下させて 竿の部分をしごいたり 敏感な裏筋に ざらっとした舌先を 這い回したりしてると 先端の鈴口から 我慢汁 とめどなく溢れてきちゃう」
逆に気になった点はセリフが説明的過ぎることです。
エッチシーンで顕著なのですが、上のように彼女がプレイの様子を細部に至るまで話そうとします。
これをやると音声よりも官能小説っぽくなってしまうので
キャラがしゃべった時に違和感が出ないようもっと柔らかく、そして簡潔に表現したほうがいいです。

こうした結果、耳舐めやフェラの時にちゅぱ音をあまり鳴らせなくなってますし
バイノーラル録音ならもっと音に任せてもいいんじゃないでしょうか。

射精シーンは4回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:まどのことりさん
総時間 1:30:07

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2020年2月6日まで50%OFFの550円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。

甘々sexエロボイス~しっとり喘ぎ声+中出し誘惑~私の中で逝っていいよ♪ワンコイン

サークル「human chair」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、数多くの音声作品に出演されてる声優の桃華れんさんが
恋人になりきって甘さの強いSEXをします。

右からは上品で艶めかしい喘ぎ声を後になるほど激しく漏らし
それと同時に左から「中に出して」など男心をくすぐる言葉責めをするタイトル通りのプレイが楽しめます。
恋人からのエッチなおねだり
桃華れんさんの恋人になってSEXするお話。

「今日は 中でイっていいよ うん 中で出して」
れんさんは清楚でお淑やかな声の女性。
挨拶や自己紹介といった前置きはすべて省略し
主人公とすぐさまSEXを始めて中出しをおねだりします。

本作品は彼女と恋人同士になってラブラブなひと時を送ることをコンセプトに
およそ15分に渡ってエッチな誘惑をしながら喘ぎ声を漏らします。
気軽に、手軽に抜ける作品を目指してるためストーリーだけでなく前戯まで省略し
音声開始1秒の時点から早速ピストンが始まります。
効果音は鳴らないためプレイの様子はすべて喘ぎ声で表現します。

またhuman chairさんがよくやられてる罵声を浴びせかけながらオナニーするプレイや
女性にお金を貢いで破滅する快感を味わわせるといったM向けの要素は一切ありません。
ノーマルな人でも問題なく聴けるようにおねだりと喘ぎ声だけでぐいぐい押してきます。
彼女が完全な受け身になってるところを見ると体位もおそらく正常位あたりなのでしょう。
流れを持たせた艶めかしい喘ぎ声
エッチシーンは全編にあたる15分間。
プレイはSEX(体位不明)のみです。
エッチな効果音はありません。

「間違って外に出しちゃ嫌だよ? 中でイってね 私の中に射精してね」
「あっ んっ ふっ あぁっ」

主人公と無事ひとつになり気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らし始めたれんさんは
すぐさま反対側から何度も何度も中出しをせがんで彼の征服欲をくすぐります。

エッチは彼女が乱れる様子を彼の立場で楽しみます。
前半の7分間は比較的まったりしたプレイ。
喘ぎ声のリズムを長めに設定し、穏やかな口調で「中に出して」「射精して」などのセリフを連呼します。

「中出ししていいんだよ? 沢山イっていいんだよ? 中で 中で 中で 私の中でイってね」
彼女は彼の精液を子宮で受け止めたくて堪らないのでしょう。
音声の最初から最後まで似たニュアンスの言葉をひたすら投げかけます。
妊娠を匂わせるセリフが一切ないことから種付けを目的にしてるわけではなさそうです。
声も特に熱っぽくないので彼とのSEXを純粋に楽しみたいのだと思います。

喘ぎ声については「あんっ」とか「んふぅ」みたいな艶のある声を出すことが多いです。
彼女の声質に合った上品な乱れっぷりとでも言えばいいのでしょうか。
単調さが出ないように呼吸のペースや声のトーンを適度に切り替えながら喘ぎます。

「イって イって イって イってイって」
「あっあっあっあっ あぁぁぁぁ あぁっ はぁんっ」

続く後半は2人同時の絶頂に向けて若干激しさを増します。
セリフは「イって」「出して」などストレートなものを重ねて言うシーンが増え
喘ぎ声も小刻みになったりやや甲高い声を上げて興奮してることをアピールします。

セリフははっきり言ってかなり単調なのですが、喘ぎ声はきちんと流れができててエロいです。
彼女の声に反応して彼の責めるペースが上がり、それに合わせてより激しく乱れる様子を表現してます。
絶頂シーンもカウントなどを数えず彼女のイキ声でタイミングを取ってます。
彼女が絶頂した瞬間に音声が終わりますから、これの後に30秒程度の無音を入れておいたほうが抜きやすいと思います。

このように、エッチな声と言葉でストレートに応援するイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます。
極めてシンプルな作品
女性が生み出すエッチな声だけで抜かせるわかりやすい作品です。

れんさんは愛する主人公を満足させつつ自分もこのエッチを楽しもうと
主導権を彼に譲って喘ぎ声を素直に漏らしたりストレートなおねだりをして射精を応援します。

右からは喘ぎ声、左からは誘惑のセリフをひたすら言い続けるタイトル通りの作り
前半はゆっくり上品に、後半はやや速く激しく漏らす喘ぎ声。
状況説明を一切挟まず彼女の乱れっぷりだけでプレイの様子を聴き手に伝えます。

この2つの要素でどちらが優れてるかと言われれば断然喘ぎ声です。
声の質感や漏らし方が彼女の上品なキャラにマッチしてますし
ピストンを繰り返し興奮が高まっていくほどより艶めかしいものへと変化します。
同じような声をひたすら流すのとは違うおかげでプレイに生々しさを感じました。

それに対して中出し誘惑は聴いてて単調かなぁと。
「中に出して」「イって」などを多少表現を変えながらひたすら繰り返します。
「ドロドロのザーメンいっぱい注いで」とか「子宮に精液どぴゅどぴゅ吐き出して」など
表現に幅を持たせて言っていれば少なくとも今よりは心に響いたと思います。

射精シーンは1回。
淫語と喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音はありません。

喘ぎ声は良いのだけど言葉責めがイマイチだったことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:桃華れんさん
総時間 15:03

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月17日まで50%OFFの54円で販売されてます。

ペニクリ!!~女の子になりきってイキまくる音声~【ハイレゾ/バイノーラル】

サークル「空心菜館」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかで面倒見の良いお姉さんが
普段とは違うタイプのオナサポで女性寄りの快感を味わわせます。

前半は上半身と乳首だけをソフトにいじって性感を高め
後半も刺激を弱める代わりに複数の性感帯を同時にいじるなど
おちんちんをしごくのとはスタイルを大きく変えたスローオナニーをするのが特徴です。

視聴前にローションを用意しておくとより楽しめるでしょう(無しでも可)。
心だけを女の子に寄せて
お姉さんの指示に従ってオナニーするお話。

「こんにちは うふふっ これはまた随分可愛い子」
お姉さんはややトーンが低く穏やかな声の女性。
男性を捨てて女性のように気持ちよくなりたい主人公を温かく迎えると
すぐさま服を脱ぐ指示を出し、近くにあるベッドに寝かせます。

本作品は普段よりも女性気分に浸りながらオナニーや絶頂することを目的に
彼女が70分程度を使ってそれに沿ったソフトなオナサポをします。
全編の9割以上がエッチシーンなのでおちんちんをいじる時間も十分にありますが
前半部分は敢えてそこをスルーし、上半身や乳首だけをいじって気持ちを高めます。

「今触ってる そのチンポはね 女の子の体で言うと クリトリスと同じものなの」
そしてこれらをやるにあたり彼女はおちんちんをクリトリスに見立てて説明します。
いきなりそうするのではなく、まずはおちんちんとクリトリスの共通点を教え
それから女性になった気分が出やすい方法で指示を出したり掛け声を上げます。

催眠音声の女体化みたいに完全な女性にするのとは違い
体は男性のままで心だけを女性に近づけることを心がけてます。
といっても雰囲気作りのためのスパイス程度の位置づけですから
メインは他のオナサポと同じく体の快感です。

プレイについては男性のオナニーとの違いがはっきり出るよう
全編を通じていじるペースをかなり落としゆっくり進めます。
標準あたりのペースになるのは終盤の10分くらいで
その前は手や指を意識して遅く動かし微弱な快感を与え続けます。

おちんちんだけを責めて射精した場合、快感の範囲が狭く余韻も短くなります。
だからより幅広い性感帯を丁寧に刺激して女性みたいに全身でイけるようにリードします。
絶頂形式はドライオーガズムではなく射精ですから催眠音声未視聴でもまったく問題ありません。

女性になった気分を膨らませながらできるだけゆっくりオナニーする。
ハード路線が多いオナサポ作品では珍しいソフトな作品です。
穏やかな雰囲気でひたすら焦らすエッチ
エッチシーンは2パート63分間。
プレイは体の愛撫、乳首オナニー、亀頭オナニー、玉オナニーです。
亀頭オナニーの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「今の体勢がどんなのだかわかる? そう 正常位 女の子がね SEXをする時の体勢」
ベッドに寝た主人公に女性が正常位で挿入されるポーズを取らせたお姉さんは
ひとまず顔や首筋といった性感帯とやや違う部位をソフトに撫でさせ心の準備を整えます。

エッチは終始彼女に言われた通りいじります。
前半の「【1】キスから始まるペニクリ」は上半身に的を絞ったプレイ(約26分)。
軽く深呼吸してから目を閉じ、どれくらいの強さでいじればいいか教えた後に始めます。

「今度は ゆーっくり ゆっくり首筋まで下りて 鎖骨をなぞるように」
頬、首筋、耳たぶ、肩、脇、乳輪、そして乳首と
一歩ずつ近づける形で乳首オナニーへ持っていきます。
本当に優しくいじりますから気持ちよさよりもくすぐったさを感じるでしょう。
「くり くり」などの掛け声をその都度上げてくれて彼女のリードが丁寧です。

しゃべるペースが非常にゆっくりなのも良いですね。
言葉と声の両方からスローオナニーを制御します。
声の位置が非常に近かったりと、雰囲気作りに力を入れたエッチをします。

続く「【2】ペニスをクリトリスに見立ててみよう」は本題のペニクリオナニー(約37分)。
最初の5分間は恥ずかしい姿勢になって気持ちを盛り上げ
元に戻してから亀頭だけを指や手のひらで優しくいじります。

「次は そのぐちょぐちょに濡れた指先で クリの先端に そっと触れてみて?」
ここからは彼女もおちんちんのことを常に「クリ」と呼び
舐めてぬめりを良くした指で撫でる、2本の指を上下に這わせる
裏筋をコリコリする、手のひらで包み込んでこねるなど
数多くのプレイを用意しひとつひとつを引き続きゆっくり行い射精感を高めます。

竿をしごくことはほとんどありませんから
ローションを手に塗っていじったほうがやりやすいし気持ちよくなれると思います。
敏感な場所なので実際にやってみたら結構ゾクゾクしました。
並行して乳首や金玉をいじるシーンもあったりと、刺激の弱さを補う工夫がされてます。

本気で射精へ追い込むのは終盤の6分程度と短いです。
なので焦らしが強いオナニーやスローオナニー好きな人が最も楽しめるでしょう。
指示メインなので言葉責めはほとんどしませんが
代わりにこのパートの中盤から彼女が掛け声の合間に熱っぽい吐息を漏らすようになります。

このように、1人でする時よりも色々と抑えられてるまったり系のエッチが繰り広げられてます。
ゆるーいオナサポ作品
やや変わった切り口から攻めてる取り組みやすい作品です。

お姉さんは主人公に女性の快感や絶頂感を味わわせようと
おちんちんだけでなくその周辺や上半身まで幅広くいじる指示を出します。
そしてその中におちんちんとクリトリスを同一視するセリフを多めに盛り込み女性気分を膨らませます。

穏やかなお姉さんがSっ気を出さずにオナニーをリードするほぼノーマル向けのシチュ
刺激を弱める代わりにプレイ時間を長く取ったり複数の性感帯を同時に責めるスローなエッチ
おちんちんをクリトリスに見立てて亀頭を重点的にいじるタイトルに合ったスタイル。
色んな部分をオナサポの定番から外れさせて個性を出してます。

「両手の人差し指と親指で つーーっとクリの先っぽ全体に指を這わせて ゆっくり上下に」
特に2番目は彼女が作中で何度も「ゆっくりいじってね」と念押しします。
男性の性感は熱しやすく冷めやすいですから、普通にやるとどうしてもがっついてしまいます。
それをできるだけ抑えるためにここまでゆっくりやらせてるのでしょう。
どのシーンも指示が丁寧ですし掛け声も小まめに入れてくれてやりやすいです。

それに対してタイトルの「女の子になりきる」は正直弱いかなぁと。
おちんちんをクリトリスと同じようにいじるくらいで、心を塗り替えるには色々足りないです。
本気でなりきらせるなら催眠誘導するとか、指示ではなく女性になりきるイメージが主体のオナサポする
(例えば彼女が目の前でオナニーし、それに合わせて亀頭をいじる)など
もう少し踏み込んだ姿勢でエッチを組み立てていったほうが本格的になったと思います。
今のままでは亀頭オナニーの域を出てないかなと。

射精シーンは1回。
淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

スローオナニーはしっかりしてるけど本題の「心の女性化」はイマイチと判断し
今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:小石川うにさん
総時間 1:08:23

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月17日まで50%OFFの486円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。

↑このページのトップヘ