同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ:催眠音声 > 6点.

   ● 【KU100 癒し催眠】超リアル快感 ? ! ! 思春期の妹とのあまあま初セックス~
   ● 極限アクメ追体験
   ● ユメジのカウントダウン催眠
   ● TS触手と苗床サキュバス~ほんとはエラいひとだったのにっ、きょーせーてきにちのうていかさせられてっ、ナエドコになっちゃうさいみん~
   ● マゾペット化調教催眠 -乳首で絶頂する可愛いペットにしてあげる-
   ● 魔法少女の遠隔相互催眠オナニーヒーリング
   ● 催眠メスイキトリップ~綿棒とアナルを使ったドライオーガズム誘導音声~
   ● チクニー中毒者のつくりかた‐白と黒の悪戯日記‐
   ● 密室エレベーターのロリビッチ ~催眠系制服じぇ●●●のカウントダウン手コキ~ <きさら編>
   ● 丁寧な催眠術師のエッチで変態向け乳首ドライオーガズム




サークル「クリームパイ」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、お兄ちゃんを異性として深く愛してる女の子が
催眠をじっくりかけてから3種類のエッチをして自分の想いを伝えます。

雨音を流しながら囁き声で暗示を入れる静かな催眠が魅力で
ストレートに体を脱力させる、雨音に暗示を込めてリラックスさせる
ある物語をしながら温かさ、浮遊感、落ちる感覚を与えるなど色んな手段で催眠状態を少しずつ深めます。
兄妹よりもっと深い関係になりたくて
妹の凛が催眠をかけてから初エッチするお話。

「あ、おかえり さっきから雨 すごかったよね」
凛は淡々と話す穏やかな声の女の子。
とある雨の日、帰宅した主人公を穏やかに迎えると
彼がびしょ濡れなので唯一乾いてた短パンを持ってきます。

本作品は血は繋がってるけど本気で結婚したいと思ってる兄妹が
およそ90分に渡るエッチな催眠で幸せなひと時を送ります。
付き合いが長い間柄なので堅苦しいところはまったくなく
序盤から密着しながら囁き声で語りかけて近さを表現します。

「雨の音って ちゃんと聞いたことある? あの音って 気持ちいいよね」
また催眠パートは常にバックで雨音が流れ続けます。
しとしとと降り続く水の音が耳に心地よく、囁き声と合わさって静かな空間ができてます。
催眠も40分以上かけてゆっくり誘導しますから癒しのパワーが強いです。
体の重さ、温かさ、浮遊感といった様々な感覚を与えて徐々に深めてくれます。

エッチについては今回初めてする設定だからでしょうけど
どのパートもプレイをほぼひとつに絞り込んで丁寧にやることを心がけてます。
最中の暗示がかなり少なく、どちらかといえば催眠音声よりも同人音声に近い内容でした。
クリームパイさんは同人音声から入ったサークルさんなので、そのへんが影響したのかもしれません。
癒しの要素が充実してる催眠
催眠はおよそ45分間。
横になって目を瞑り、まずは深呼吸や脱力で心身をリラックスさせます。

「ほら さっきよりも なんか体がどんどん重くなって 自由に動かすことが できなくなっちゃう」
脱力は深呼吸を挟んで2回やる流れになっており
1回目は足から入ってお腹、胸、肩、腕と上へ流す感じに意識を向けます。
そして2回目は部位を指定せずストレートな暗示をゆっくり入れます。

「雨 止まないね でも 雨の音が 気持ちいい その音を聞くだけで 体がリラックスできる」
これらの最中に雨音に対しても暗示を入れるのが良いですね。
音単体でも十分癒されますけど、催眠音声らしいやり方で効果を上げてます。
囁き声や間を長めに取る話し方も相まって雨音が聴きやすくなってます。
最初の15分間はリラックスに専念し、彼女の暗示を受け入れやすい状況を作ります。

続く30分間は別の方法で癒したり深化させます。
凛という名の女の子がA君と一緒に過ごす物語をします。

「全身が幸福で満たされて とても幸せな気分 お風呂がとても温かくて 温かく感じるだけで なぜかだんだん重くなってきた」
最初はお風呂、次はベッドとふたつのシーンに分け
前者は体の温かさや幸福感、後者は落ちる感覚や眠気を重点的に伝えます。
若干エッチな描写もありますけど何かをすることはありません。
彼女と一緒にいるイメージをして聴き手もそういう感覚に浸りやすくします。

心身のリラックスにとても力を入れてる柔らかい催眠です。
心地いい感覚で包み込みながら凛との一体感を与えることを目的に
簡単な分割弛緩法から入って深呼吸、別の脱力、そして2種類のイメージと
それぞれに長めの時間を取ってゆっくりのんびり進めます。

癒しの要素が充実してるおかげで体がだらんとしたり眠くなる感覚が得られます。
しかしリラックスを頑張る一方で深化のアプローチが弱く
催眠状態は比較的浅いところで留まってました。

本作品は囁き声や雨音による癒しも得られますから
リラックスをもっと削ってそのぶん深化を手厚くやったほうがバランスが良くなると思います。
暗示の入れ方や表現方法は良かったので、全体を見て組み立てられるようになれば品質がさらに上がるでしょう。
エロさと幸福感に満ちたエッチ
エッチシーンは3パート29分間。
プレイはキス、フェラ、SEX(騎乗位)です。

SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありません。

「キスしたい お兄ちゃんとキスしたい」
長めの催眠をかけて主人公をたっぷり癒した凛は
軽く会話してから自分の想いをはっきり伝えます。

エッチはどのパートも彼女が責め続けます。
最初の2パート22分間は口を使ったプレイ。
「トラック 02 恋人のキス(約8分)」はキス
「トラック 03 濃厚フェラ(約14分)」はフェラをして大人の関係になります。
ちなみにここからは雨音が完全になくなります。

彼女は彼とこういう関係になることをずっと願ってたのでしょう。
物静かな声とは随分違う粘性高めのやや下品なちゅぱ音を積極的に鳴らします。
ギャップが強めで聴いた直後は少し驚きました。
でも物語の背景を考えれば彼女がここまでがっつくのも頷けます。

「キスするたびに 体がどんどん敏感になっちゃう」
プレイ中に暗示を入れるシーンも一応ありますが
一般的な催眠音声よりも量が明らかに少ないので、ちゅぱ音のほうが目立ってると思います。
この後のパートも含めて催眠の要素が弱くなってるのが気になりました。

ただし、絶頂を迎えた直後に再度深化させるシーンがあるのは良いです。
具体的にはトラック03の冒頭と最後にありまして、絶頂によって催眠が浅くなった場合の保険をかけてます。
プレイ中は軽めでその後は多少手厚い感じになってます。

「美味しい お兄ちゃんの精液が 美味しい」
トラック03は「濃厚フェラ」と名付けてるだけあってちゅぱ音が充実してます。
キスとは違う吸い中心のじゅるじゅるした音をよく鳴らしてました。
彼女の心情や反応も挟んで臨場感を出すなど
催眠音声よりも同人音声に近い表現方法が使われてます。

最後の「トラック 04 騎乗位セックス(約7分)」は2人が文字通りひとつになるパート。
彼女が上に跨る姿勢で挿入した後リズミカルにピストンして一緒の絶頂を目指します。
販売ページで「オナサポ兼用」と書いてありますがオナニーする描写は特にありません。

「やぁっ だめっ コンコンしちゃ もう 我慢できない」
大きめの喘ぎ声を漏らしながら後になるほどピストンのペースを上げ
さらに途中からはキスもするイチャラブ感の強いプレイです。
カウントの後から始まる射精シーンは精液が勢いよく出る音も鳴りますし
本作品の山場をできるだけエロくしようとするサークルさんの気持ちが込められてます。
催眠音声としてはイマイチなんですけど、ボイスドラマとして見るなら良いプレイだと思います。

このように、近親相姦特有の暗さや重さをあまり出さず甘くエロくお届けする純愛系のエッチが繰り広げられてます。
静かで優しい作品
どちらかと言うと催眠パートのほうが耳を惹く作品です。

凛はずっと好きなのに実の兄だから付き合えずにいた主人公と最後の一線を越えるために
まずは催眠をかけて癒しながら自分とエッチしやすい環境を整えます。
そしてエッチはキス→フェラ→SEXと一歩ずつ前進してちゅぱ音や喘ぎ声を漏らします。

お兄ちゃんを真面目に愛してる一途な女の子がエッチな催眠をかけて恋人になるノーマル向けのシチュ
バックで優しい雨音を流しながら囁き声で暗示を入れる癒し重視の催眠
暗示よりもエッチな声や音の量を多くし、さらに彼女の心情や反応も盛り込んだ甘いエッチ。
タイトルの「癒し催眠」や「あまあま初セックス」をそのまま表現する形で作品を組み立ててます。

中でも催眠は疲れてる人が聴いたら途中で寝落ちしそうなほど癒されます。
技法がリラックス中心で構成されてるのもあります。
「深いところまで入れるか?」と言われれば首を捻りますけど
中程度くらいならいけるんじゃないかと思える品質を持ってます。

「大きい お兄ちゃんのおちんちん大きい 熱い すごく熱い」
エッチは彼女が自分の心情や感覚を漏らしておしまいではなく
技術を使ってそれを聴き手にも伝える流れにすればずっと良くなったはずです。
これなら今のスタイルを崩さずに催眠音声のエッチにできるし
2人が初めて結ばれたことによる幸福感や一体感も主観的に表現できます。

主人公も凛とこうなることを望んでたようですから
初エッチでこみ上げてくる感動や快感は彼女と同じくらい強烈なのではないでしょうか。
肝心の絶頂シーンも彼女がイキ声を上げて終わりになってるので
カウントの前後最中にきちんと暗示を入れて盛り上げてほしかったです。

絶頂シーンは3回。
淫語、くちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声いずれもそこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
おまけは安眠バージョンです。

CV:MOMOKA。さん
総時間 2:15:22(本編…1:32:46 おまけ…42:36)

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月13日まで25%OFFの990円で販売されてます。



サークル「ヒプノン」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声や態度は穏やかだけど性格はドSなサキュバスが
催眠を使って過去にエッチした女の子の快感を追体験させます。

エッチシーンで女の子が普通にしゃべったり喘ぎ声をガンガン漏らすのが特徴で
序盤は自分が味わってる快感を代弁する形で暗示を入れ
中盤以降は責めがどんどんハードになるのに合わせて悲鳴に近い声を漏らすようになります。
女の子の過激なエッチを疑似体験
トリームに催眠をかけられ何度もイかされるお話。

「あら、ここに人が来るなんて、珍しい」
トリームはのんびり話す穏やかな声のお姉さん。
快感の記憶の集積所を偶然訪れた主人公に声をかけると
ここがどこか教えてからその中のひとつを体験させてあげます。

本作品は男女を問わずこれまで多くの人間たちを弄んできた彼女が
過去に女の子(名前はサヤ)としたエッチを彼に追体験させます。
一般的な女体化作品のように聴き手の体を女性へ変えるのではなく
催眠を通じて体の感覚を曖昧にしてから心だけをサヤに移します。

サヤ「なにこれ、なにこれぇ。体が、だんだんあつくなっていく。体の奥から、ゾクゾクって、気持ちいいのが来ちゃってる」
そしてエッチ開始後はサヤ自身がしゃべるシーンをそれなりに用意したり
トリームに責められるとトーンが高めの喘ぎ声を至るところで漏らします。
催眠音声では女体化した自分がしゃべることはほとんどないので結構独特です。
喘ぎ声は普通に漏らすこともあれば効果音のようにバックで流すこともあります。

製品版には喘ぎ声あり、なしの2パターンありまして
後者の場合はバックで流れる時間が大幅に減ります。
私は流れないバージョンのほうがずっと聴きやすかったです。

催眠は割とスタンダードなので、やはりエッチのほうが個性的かなと。
癖の強い表現方法になってますから人を選ぶ作品だと思います。
プレイも結構ぶっ飛んでてドMな人に向いてます。
リラックス重視の穏やかな催眠
催眠はおよそ27分間。
楽な姿勢で目を瞑り、まずは4分くらい深呼吸を続けます。
そしてこれから自分の心を移すサヤの体を優しく撫でるイメージをします。

「ほら、体は重たく沈み込んで、意識は、ふわふわーって、ぼーんやりとしている。それなのに私の声だけはスーッと、ハッキリと、頭に響く」
深呼吸は2セットおきに軽く暗示を入れたり
体の重さや意識のぼやけを感じさせてトリームの暗示を受け入れやすくします。
またそれと同時に彼女の声に対する集中力も上げます。
催眠状態はリラックス+集中を意味するので序盤からそうなるようにリードします。

彼女の声が穏やかでゆっくり語りかけてくるのも良いですね。
エッチはとてもハードな内容ですけど催眠は終始穏やかで落ち着いて聴けます。

「脚にさわって、そしてー、ツルツルーって撫で上げる。ダラーンと、投げ出された人形みたいに力の抜け切った、脚。すべすべの、心地いい感触」
サヤの体を撫でるイメージは全身を下から上へ流す感じで行い
肌の白さや滑らかさといった性差が出やすい要素を実況します。
具体的な容姿は言わないので聴き手が好きにイメージしていいのでしょう。
エッチな描写は一切なく聴き手とサヤの接点が生まれるように進めます。

お次は催眠状態をさらに深めます。
トリームがあることをするのに合わせて暗示を入れ
それを体の上から下に向けて少しずつ行い脱力感と心地よさを広げます。

「頭がなんだかボーッとする。考えていることもぼんやり、フワフワ、とろけていく。頭からも力が抜ける。ズーンと重たくて、何もわからない」
体の重さと心地よさを同時に伝えるのが面白いです。
深化するシーンでも引き続き脱力させて体の感覚をより曖昧にします。
ここだけで10分くらいかけますから後になるほど意識のぼやけも強くなるでしょう。
そして最後の最後に感覚をサヤと繋げるアプローチを軽くかけます。

リラックスと深化を重視してる堅実な催眠です。
聴き手をサヤになりきらせることを目的に
深呼吸から入って脱力、サヤの体を撫でるイメージ、カウントを交えた深化と
古典催眠の技術に作品固有の要素を組み込んでゆっくり行います。

催眠自体は入りやすいのですが、肝心の女体化が弱いのは気になりました。
一番大事な心を移し替える描写があっさりしてますし
おまんこをはじめとする性感帯の感覚についてもほとんど触れずにエッチへ移ります。

確認したところヒプノンさんが過去に出された作品で女体化を絡めてるのは
琴葉茜になってピンクサイドを体験する催眠音声」だけだったので
経験があまりないことによる詰めの甘さが出てしまったかなぁと。
痛みすらも快感に変えるハードなエッチ
エッチシーンは3パート35分間。
プレイは淫紋を刻む、体の愛撫、手マン、SEX(正常位?)、クリ責め(指、触手、電撃)です。

手マン、SEX、クリ責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

トリーム「おっ、起きたみたいだね、サヤ」
サヤ「あれ?あなたは?」
催眠を使って主人公の心や感覚をサヤと重ね合わせたトリームは
軽く息を吹きかけたり淫紋を刻んでまずは体を敏感にします。

エッチは終始トリームが責め続けます。
一番最初の「2.暗示(淫紋、レイプ)(約18分)」は感度上昇から絶頂まで持っていくパート。
淫紋を刻んだ後に優しく撫でて上昇具合をチェックし
それから手マン→SEXと繋いで3回くらい絶頂させます。

トリーム「淫紋を刻まれたら最後、私に遊ばれている間はずーっとそう。イキたくてたまらないか、イっているか、そのどちらかだけ」
サヤ「あっ、ああっ。体が熱い、熱いよお。ゾクゾクが止まらない、おまんこがキュンキュンきちゃってるぅ」
そしてここからはトリームとサヤが掛け合う形で進めます。
トリームは何をしてるかやその効果を伝える(暗示も入れます)
サヤは主観視点でその快感を漏らすと2人が別の役割を持って動いてました。
サヤのセリフを見る限り聴き手に向けて自己暗示を入れてるようです。

面白いアプローチだと思いますけど、催眠パートがトリーム1人でやってたことを考えれば
ここでいきなりスタイルを変えても効果は薄いと思います。
前項でも書いたように本作品の女体化誘導が弱いのもあります。
サヤになりきるのがテーマなのに彼女が勝手にしゃべったら同一視しにくくなりますし
「このへんの表現方法は変えたほうがいいんじゃないか」というのが私の意見です。

プレイのほうは淫紋を刻んだあたりからサヤの喘ぎ声が増えてきます。
軽く手マンしただけで絶頂を迎えたり
SEX開始後はピストンするたびにイってるような描写がされててなかなかハードです。
「極限アクメ」の名の通り、彼女が乱れる姿を重点的に描いて盛り上げます。

続く2パート17分はプレイがよりハードになります。
「3.暗示(クリトリス責め)(約11分)」は合計3つの手段でクリトリスを集中攻撃し
「4.暗示(同時責めループ)(約6分)」はこれまでやったプレイを総動員してイキっぱなしの状態を作ります。
4番目のパートだけは連続視聴してもいいそうです。

トリーム「これからかける魔法は、クリトリスの痛覚が全部快感になる、そんな魔法」
ここをハードと言う理由は痛みを伴う責め方をするから。
クリ責めは一部でカウントに合わせて電流を流すシーンがあります。
事前に痛みが快感へと変わる暗示を入れてくるので
上手く催眠に入っていれば聴いた時の印象が変わるかもしれません。
効果音も鳴りますし、人間の女性にはなかなかできないプレイを取り入れてます。

そしてバックで喘ぎ声が流れるシーンもさらに増えます。
なしの場合はかなり減りますけど、4番目のパートはなしでもほぼ時間いっぱい流れてました。
悲鳴みたいな声を漏らすこともあるのでメンタルが弱い人にはきついかもしれません。

このように、女体化作品ではあまりやらないことを積極的にやる個性の強いエッチが繰り広げられてます。
催眠は割と良いのだが…
催眠は結構良いけどエッチがうーん…な作品です。

トリームは自分の領域に迷い込んできた主人公に面白い体験をさせようと
まずはリラックス重視の催眠をかけて心をサヤに移します。
そしてエッチはサヤが普通にしゃべったり喘ぎながら後になるほど過酷なプレイをします。

声と性格に大きな落差があるサキュバスが女性の快感を疑似体験させるシチュ
深呼吸や脱力をしっかりやってから深化に移る丁寧な催眠
淫紋、ふたなり、触手、電流といったアブノーマルな要素を用意し
さらにサヤの喘ぎ声もガンガン流す独特なエッチ。
催眠よりもエッチのほうが耳を惹くように作られてます。

女体化後の自分がしゃべったり喘ぎ声をここまで多く入れるのは珍しいです。
過去にそういう作品がまったくなかったわけではないですけど
催眠状態の維持やイメージの妨げになることもあるので敬遠される傾向があります。
それを敢えてやったチャレンジ精神を私は大いに買ってます。

ですが、それによって作品の質が落ちてしまっては本末転倒です。
催眠パートの最後でも書いたように、サークルさんの女体化に対する経験の浅さが
悪いほうに出てしまったと私は考えてます。
もっと女体化作品の場数を踏んでから制作してたらまた違ったのではないかなと。

絶頂シーンは最低でも7回。
喘ぎ声多め、淫語とくちゅ音そこそこ、ちゅぱ音はありません。

CV:藤村莉央さん
総時間 1:18:06

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります



サークル「SlithyVox」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介するサークルさんの処女作は、声も態度も穏やかなお姉さんが
カウントをテーマにした催眠とエッチで心地よさと気持ちよさを与えます。

催眠パートは複数の音を鳴らしながら後半からカウントを絡めた誘導に変わり
エッチは好きなやり方でオナニーさせながらほぼ時間いっぱいカウントを数える、といった具合に
テーマ性を出すことを強く意識した癒し重視のサービスが味わえます。

今回は通常バージョンを聴いてのレビューをお送りします。
癒しの音とカウントで心地いいひと時を
ユメジに催眠をかけられオナニーするお話。

「こんにちは 今あなたがこうして 私の声を聞いているということは これから催眠にかかって 気持ちよくなりたいということですね」
ユメジはのんびり話す穏やかな声のお姉さん。
自己紹介してから自分の声に聴きおぼえがあるか尋ねると
これから彼女の声や姿がどんどん鮮明になっていくと言います。

本作品は催眠音声では定番の要素を使って気持ちよくすることを目的に
彼女がおよそ60分に渡って催眠をかけたりセルフ系のエッチをします。
催眠27分、エッチ15分と前者により長い時間を割き
いきなり催眠をかけるのではなく、入りやすくなるための小話をしてからゆっくり進めます。

「一般的に 催眠にかかると 心身に様々な変化が表れるものです」
具体的には冒頭の7分ほどをかけて催眠にかかったらどういう感覚がするかや
暗示の効果、意識と無意識に関する説明をします。
SlithyVoxさんは催眠音声を初めて制作されてるので
いきなり始めるよりも信頼関係を構築できる要素を挟んだほうが入りやすくなります。

そして催眠が始まった後はカウントが至るところで登場します。
催眠パートは中盤から深化させる際に使う控えめなものですが
エッチはオナニー開始から終了までほぼずっと数え続けてると言っていいくらい特化してます。
カウントとセリフの声を分けてあるのでカウント中も実況や暗示が入ります。

それ以外の特徴は主に催眠パートで癒しの音を使ってること。
音声の冒頭で「カチ カチ」という時計の音が鳴りますし
その後も雨の音やエレベーターの稼働音を取り入れてイメージしやすくしてます。
音モノと言うほど重要な役割を果たすわけではありませんが、癒しに役立ってるのも事実です。

もうひとつ、今回紹介する通常バージョン(約58分)以外にショートバージョン(約31分)があります。
30分なら寝る前のちょっと暇な時にも気軽に聴けますから
2回目以降はそちらを中心に聴くのもいいかもしれません。
様々な要素を組み合わせた催眠
催眠はおよそ27分間。
小話を終えた後に楽な姿勢で目を瞑り、まずはお馴染みの深呼吸を長めにやってリラックスします。
目は途中に閉じる指示が出ますけど、この内容なら最初から閉じておいて問題ないです。

「息を吸うと体に綺麗なエネルギーが染み渡っていくイメージ 息を吐くと体に溜まった嫌なものが 一緒に吐き出されていくイメージ」
吸う、吐く両方の指示を小まめに出したり呼吸音を流しながら
体内の悪いものが吐き出されて浄化されるイメージをします。
サークルさんが意図的にやられてるのかはわかりませんが
本作品の催眠は割と遠回しに暗示を入れてくることが多かったです。
例えばこのシーンだとイメージするように言うけど「心地いい」とはほとんど言いません。

深呼吸だけで8分くらいかけてますから
気持ちが楽になるとか、体の力が抜けてる感覚が多少するでしょう。
次のパートでオナニーするため体の脱力はあまりやらずに進めます。

本作品の売りであるカウントや音が出てくるのはその次から。
彼女に言われた方向へ眼球を動かす運動を3分くらいこなし
それから冒頭にも出てきた時計の音が再度鳴り始めてそのリズムに合わせてカウントします。
そしてその後はエレベーターに乗って地上へ降りるイメージや
廊下を歩いて真っ白な世界に移動する様子にカウントを絡めて深化させます。

「聞くともなく カチ カチという音を聞いていると なんだか気分が 落ち着いてきませんか?」
彼女の言う通り規則的なリズムを刻む音を聞くと人は自然と心地よさを感じます。
催眠音声でメトロノームがよく使われてるのもそういう理由です。
カウントは時計の音と完全に合わせてましたし、本作品の特徴が良く出てるシーンと言えます。

その後のエレベーターや廊下を歩くイメージも催眠音声だと定番の要素です。
ただし、カウントの総数をもっと増やして暗示を入念に入れたほうがいいんじゃないかと私は思います。
この後のシーンも含めて全体的に暗示の量が少なめなのが気になりました。

「心がどこまでも澄み渡り 広がっていくような 心地いい感覚」
そして別世界に移動した後は最後の音にあたる雨音を流します。
しとしとと降り続ける優しい水音に多くの人が癒しを感じるでしょう。
彼女も清涼感や心地よさを与えて感覚を強化します。

癒しを大きな目標に掲げたうえで色んな技術を駆使する凝った催眠です。
オナニーに集中し快感に没頭できるようにすることを目的に
深呼吸から入って眼球運動法、時計の音を使ったカウント、エレベーターのイメージとカウントを絡めた深化
簡単なストレッチ、雨音を流しながら入れる暗示とやることが結構多彩です。

癒しの要素が充実してるのでそのへんの効果は十分に見込めると思います。
ですが実際に聴いてみて催眠の感覚が弱めだったところを見ると
やはり暗示をもっと強化したほうがよさそうです。
具体的には深化の暗示とカウントの効果に関する暗示です。

聴き手をリラックスさせるのは結局のところ暗示を入れやすくするためなので
そこをしっかりやったほうが催眠の質も上がるのではないでしょうか。
このへんは制作を続けていくことで徐々に改善されると思います。
カウントで制御するシンプルなエッチ
エッチシーンは15分間。
プレイはオナニー、カウントです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示はありません。

「では あそこを 触り始めましょう」
催眠を使って主人公を別世界に案内したユメジは
カウントが0になったら射精するルールを定めてからオナニーさせます。

エッチは最初から最後までほぼ自由なやり方でオナニーします。
内容は左右どちらかがカウントを数え、もう片方は普通にしゃべったり暗示を入れます。
「手が勝手に動く」など運動支配の暗示を入れることはありませんし
同人音声でよくやるシコシコボイスを流すこともありません。
射精のタイミングだけを合わせるかなり緩い内容です。
そしてオナニーを続ければ続けるほど彼女が喘ぎ声を漏らすようになります。

ただしカウントについては結構変化に富んでます。
ストレートに数え下ろすだけじゃなく色んな数え方をして軽く焦らします。
カウントと連動して性感が上がったり下がる暗示を厚く入れてたらより面白くなったでしょう。
最後の射精シーンだけは追い込み暗示を入念に入れてました。
ちなみに淫語は男女どちらでも聴けるように「あそこ」「絶頂」とぼかしてあります。

このように、プレイはシンプルにしてカウントの数え方にこだわってる本作品らしいエッチが繰り広げられてます。
癒し系のセルフ作品
催眠をしっかりこなしてからオナニーでサクッと抜かせるカウント重視の作品です。

ユメジは催眠にかかって気持ちよくなりたい主人公の願いを叶えようと
催眠に関するお話をしてから30分近く使ってリラックス重視の誘導をします。
そしてエッチはカウントを数えながらオナニーさせて焦らし気味に射精へ追い込みます。

穏やかなお姉さんがカウントをテーマにしたエッチな催眠をかけるノーマル~ややM向けのシチュ
深呼吸や心地いい音といった癒しの要素を組み合わせた催眠
カウントが0になるまで好きにオナニーを続けるわかりやすいエッチ。
カウントの存在感をしっかり出したうえで癒しも感じられるように組み立ててます。

中でも催眠は新規さんなのでどうかなーと思ってたのですが
予想してたよりも多くの技術を投入してて面白かったです。
カウントはそんなに数えない代わりに3種類の音を個別に鳴らしてイメージ力を膨らませます。
彼女もゆっくりのんびり語りかけてくれて落ち着ける雰囲気ができてました。

一部でネガティブなことも書きましたけど
リアル催眠術師でもない限り最初から高品質な催眠を組むのは難しいです。
色々勉強はされてるようなので、今後場数を踏んでいけばどんどん良くなると見てます。

射精シーンは1回。
喘ぎ声そこそこ、淫語ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

exパートは「ユメジさんのえっちな喘ぎ声」です。

CV:藤村莉央さん
総時間 通常バージョン…58:07 ショートバージョン…31:05 おまけ…1:42

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2021年6月25日まで20%OFFの616円で販売されてます。



サークル「百合虎魂」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、今よりもずっと技術が発達してる世界を舞台に
女性型AIがサイバー犯罪を取り締まってる男性をエッチな手段で骨抜きにします。

女体化、触手、知能低下、苗床化といった色んな要素を盛り込んでるのが特徴で
催眠は脱力や深化を短く済ませてからエッチなイメージを交えて女体化を進め
エッチはアブノーマルなプレイをやりながらそのすべてに快感を覚える暗示を入れます。
AIとするエッチなメンテナンス
女性型AIのリリィがネットの世界で変わったエッチをするお話。

「おーい 時間ですよー 起きてください」
リリィ(挿し絵左)は丁寧語で話す可愛い声の女の子。
ある日の朝、目覚めた主人公の寝ぐせがひどいのでシャワーをすすめると
朝食を食べさせてから2人で習志野サイバネティクスという場所へ移動します。

本作品は人間の女性とまったく同じ容姿のAIが存在する未来の世界で
彼女がおよそ80分に渡って女体化催眠をかけたりアブノーマルなエッチをします。
女性が2人描かれてるので双子作品と思う人もいるでしょうけど
実際はほぼすべてのシーンをリリィ1人で進めます。
サラは催眠開始前に少ししゃべるだけですから完全な脇役です。

最大の特徴はM向けの色んなジャンルを凝縮してること。
催眠誘導は癒し系の割とスタンダードなやつですが
その後から始まる女体化は触手に女性ホルモンを分泌されてから軽く絶頂します。
そしてエッチは放尿、知能低下、苗床化、出産など異色のプレイを中心に据えてます。

催眠なので痛みや苦しみを与えることはしませんけど割と人を選ぶ内容だと思います。
ただしエッチはすべてをネット空間で行う設定なので無茶苦茶なわけではありません。
現実では絶対できないことをやって心身をリフレッシュさせようとします。

それ以外の特徴は効果音を積極的に鳴らすこと。
催眠パートは特殊な液体を流し込む音や泡が弾ける音
エッチは触手がうねうねする音や母乳を噴き出す音を状況に合わせて鳴らします。
本作品のエッチは割とイメージ力が重要になるから音で補ってるのでしょう。
純粋なエロさを上げる意味合いもありますし、触手責めを主観的に味わいやすくなってます。
男の自分を外へ吐き出す催眠
催眠はおよそ33分間。
施設に到着しメンテナンス用のポッドへ横になってから
まずは手足に力を入れたり深呼吸して軽くリラックスします。

「力が一気に抜けていく 体に残っていたすべての力が抜けていく 薬があなたの体に染み込んでいく」
ここでは体を弛緩させる薬を流し込む描写があって
その際に水がどぼどぼ注ぎ込まれる音がバックで流れます。
雰囲気を出しつつ水の音で癒す効果的なアプローチです。
ある程度経ったら水中に潜った時のような水が弾ける音へ変わります。

ちなみに本作品の催眠誘導は約8分とかなり短くなっており
深呼吸を5分ほど続けた最後に「沈んでいく」と繰り返し言います。
私はもっとこのへんをしっかりやったほうが作品の世界にどっぷり浸かれると思うのですが
サークルさんはそれよりも女体化やエッチを重視されたのかもしれません。
この内容なら催眠慣れしてる中上級者向けだと思います。

残りの25分は女体化をじっくり行います。
コンピュータウィルスに感染した別人格のリリィが登場し(声は同じ)
触手を使って彼の体内に女性ホルモンを注入します。

「シロップに浸かったあなたの肌が ムダ毛ひとつない 滑らかな女の子の肌に変わっていきます」
滑らかできめ細かな肌、丸みを帯びたメリハリのある骨格
挿し絵にも描かれてる豊かなおっぱい、そしておまんこと
男女の性差が大きく出る部分を中心にひとつずつカウントを数えながら変化した姿を実況します。

「体が細くなった」とか女性の一般的な容姿を描く形で進めますから
具体的にどんな見た目をしてるのかは聴き手が自由にイメージしていいのでしょう。
おっぱいとおまんこは特に重要なので他よりも時間をかけてました。

「男の子として 人生最後の射精をして 身も心も女の子になってしまいます」
催眠の最後に射精シーンがあるのは珍しいですね。
男の象徴である精液を吐き出して女性になったことをさらに実感させます。
実際にしごく指示がないところを見るとたぶんそういうイメージなのでしょう。
百合虎魂さんは過去作でも同様のことをやられてるのでこれが作風なのだと思います。

深化よりも女体化にずっと力を入れてる催眠です。
聴き手を大きなおっぱいの女性に変えることを目的に
軽い漸進的弛緩法から入って深呼吸を交えた深化、カウントを数えながらする女体化
そして仕上げの絶頂と独自色を持たせた誘導をします。

催眠誘導が軽いところは首を捻りますが、女体化はしっかりしててサークルさんのこだわりを感じます。
終盤の射精も実際に出さなければいいだけなので別にいいんじゃないかなと。
音を積極的に盛り込んでることも含めて本作品らしさが出てます。
変わったジャンルてんこ盛りなエッチ
エッチシーンは2パート34分間。
プレイはオナニーのイメージ、お漏らし、キス、触手責め(脳姦)、出産、授乳です。

触手責め、母乳噴出の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「ここはインターネット上に作られた私の家です そう サイバー空間とでも言いましょうか」
催眠を使って主人公をネット世界にある自宅へ案内したリリィは
再度自己紹介してから独特なプレイで母親の快感を味わわせます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の「#2 メスにオトされて(約22分)」は頭を空っぽにしながら気持ち良くするパート。
乳首とおまんこを同時にいじるオナニーから始まり
放尿、キス、触手を使った脳姦とアブノーマルなプレイに進みます。

「吸われる 気持ちいい 吸い取られるのが気持ちいい 気持ち良くて吸い取られるたびに 母乳と愛液がぽたぽた溢れる」
主人公は警察組織でサイバー犯罪の対策本部長をしてるので、ウィルスにとっては敵にあたります。
だから女性の快感で頭と体を染め上げながら色んなものが吸い取られていく感覚を与えます。
これがタイトルについてる「きょーせーてきにちのうていか」の意味です。
快楽堕ちしてバカになった感覚を主観的に味わわせようとします。

オナニーの描写がありますけど実際にいじるのとは違うようです。
女体化誘導した後で体をいじらせたら催眠が解ける可能性が高いですし
催眠パートと同じくイメージと暗示を組み合わせて気持ち良くする方針を取ってます。

そしてここでも触手音や母乳が噴き出る音を入れて臨場感を出します。
カウントに合わせて気持ちよくなる暗示を小まめに入れたりと
催眠音声のエッチにおける基本をしっかり押さえたリードをしてました。
欲を言うなら絶頂シーンはもう少しスピーディーに追い込み暗示を入れたほうがいいと思います。

次の「#3 ナエドコってシアワセ(約12分)」はアブノーマル度がさらに上がります。
前のパートで脳に産み落とされた触手の赤ちゃんが孵化して耳から出てきます。
そして後半はそれより前に生まれた子供(こっちは人型)が彼のおっぱいに吸い付いて絶頂させます。

「イクイクイク 赤ちゃんが耳から溢れてくる 次から次へ 赤ちゃんがどんどんあなたの耳の穴を通り抜けて 生まれていく」
「あなた自身が幸せそのものになったように感じられる」

割とグロさのあるプレイだからでしょうけど、快感を前面に押し出す形でリードしてました。
自分の子供が生まれてくる幸福感を与えるのも聴きやすくするための工夫でしょう。
後半の授乳は幼児プレイを女性視点でやる感じですね。
カウントを交えて気持ちよくなる暗示を丁寧に入れる基本に忠実な誘導です。

サークルさんが「苦手な場合は該当トラックをスキップしてください」とおっしゃられてますから
うーん…と思った方は#2だけ聴いて様子を見るといいでしょう。
そうなることも見越して催眠パートの最後に絶頂シーンを入れてるのかもしれませんね。

このように、催眠音声でもあまり見かけないプレイをガンガンやる個性の強いエッチが繰り広げられてます。
イメージ重視のアブノーマルな作品
ぶっ飛んだエッチを穏やかな雰囲気でやるM~ドM向けの作品です。

ウィルスに感染したリリィは自分の障害となる主人公を変わった手段で無力化しようと
まずはメンテナンスを口実に催眠をかけて女の子の体に変えます。
そしてエッチは授乳、出産、放尿、知能低下、触手責めといった個性の強いものを順に行います。

人類の征服を目論むコンピュータウィルスに感染したAIが男性にメスの快感を教える珍しいシチュ
催眠誘導はそこそこにして女体化をがっつり行う玄人向けの催眠
おまんこはあまり責めずおっぱいと脳を気持ち良くする女体化モノではあまり見かけないエッチ。
癖のある要素をいくつも組み合わせてひとつの物語を作り上げてます。

中でもエッチはインパクトの強い内容で聴いてて面白かったです。
女体化作品だとおまんこを中心に責めることが多いので
それをわざと避けて出産や授乳といった母親の喜びに焦点を当ててます。
百合虎魂さんはほぼ女体化専門のサークルさんですから王道のプレイも当然できます。

癖の強いプレイばかりだからでしょうけど
雰囲気を穏やかにしたり暗示の表現を快感重視にする工夫が見られました。
絶頂シーンの追い込みも入念で催眠に入れてれば気持ちよくなれる品質を持ってます。

ただ催眠誘導の時間がかなり短いので誰にでもおすすめできるって感じではないです。
こういうイメージ重視の作品はもっと入念に深化したほうが安定するんじゃないでしょうか。
女体化が結構良かっただけに余計そう思います。

あとは脳姦や出産を割と生々しく実況してたので、もう少しぼかしたほうがより聴きやすくなるかなと。
その様子を語るよりもそれによって得られる快感を重点的に伝える感じです。
触手の赤ちゃんが耳から出てくる状況は主人公にはほとんど見えませんからね。
「なんかよくわかんないけど気持ちいい」あたりにしたほうがされてる側の視点に立ちやすくなります。

絶頂シーンは5回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:藤村莉央さん
総時間 1:22:00

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月24日まで30%OFFの693円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。



サークル「MayThird」さんの(一応)催眠音声作品。

今回紹介する作品は、全国民が王族の奴隷になってる国の第3王女が
気になった男性にエッチな調教をして従順なマゾペットに作り変えます。

乳首をたっぷりいじらせながら軽めの暗示を入れるハイブリッド型の作りになっており
催眠誘導と呼べるシーンはあまりない代わりに
聴き手の興味を引いたり信頼関係を構築するアプローチをかけて従いやすい状況を作り
乳首オナニーは爪で引っかく、2本の指でつまんで擦るなど刺激が強いものを多くやってドライへ追い込みます。
体を動かすシーンがそれなりにあるので、疲れてもいい休日に聴くことをおすすめします。
奴隷をより忠実な奴隷に
セレキア王国の第3王女、セレス・セレキアが乳首オナニー調教をするお話。

「あっ 目が覚めた? あぁ 別にそのままでいいよ」
セレスは明るくて甘い声の女の子。
自分の部屋で目覚めた主人公へ気さくに声をかけると
自己紹介してから服を脱いで土下座するよう命令します。

本作品は王族の一員として奴隷たちの管理を任されてる彼女が
元々自分の弟が所有してた彼を一時的に借りておよそ90分間のエッチな調教を施します。
彼女によると彼は奴隷としてかなりの資質があるらしく
手元に置いて乳首だけでイけるように開発したいそうです。
だから快楽という餌を与えながらその合間に自分の奴隷になるよう呼びかけます。

「そう そのポーズ! とっても可愛いよ」
状況だけを見ると結構ハードなことをされそうなのですが
彼女は割と温厚な性格をしてるので手荒なことはやりません。
全編を通じてのんびり語りかけながらエッチな命令を出してドライオーガズムに追い込みます。
そして土下座する、チンチンのポーズを取る、四つん這いになり両乳首をいじるなど
恥ずかしいポーズを取らせることで上下関係を明確にします。

エッチについてはサークルさんの他作品と同じく乳首オナニーに力を入れてます。
エッチの準備ができた後は早速何らかの手段で乳首をいじる指示を出し
シーンによって手段を変えながら他の部位も刺激させてゆっくりじっくり追い込みます。

同人音声のオナサポのように合図を小まめに出すことはありません。
プレイの開始、変更、終了の指示を出してあとはほぼ聴き手の自由にいじらせます。
爪で引っかいたり2本の指で挟むといった強めのプレイをすることが多いので
どちらかと言えば乳首を既にある程度開発してる人のほうが向いてると思います。
時間はたっぷりありますから条件さえクリアしてれば結構気持ちよくなれます。

「コリコリ こねこね 胸から快感が広がる」
またエッチの中盤以降は乳首の感度が上がる暗示を散発的に入れます。
一般的な催眠音声でやるような誘導をせずにエッチへ突入することから
私は同人音声と催眠音声のハイブリッドみたいな作品と認識してます。

一応冒頭に彼女との信頼関係を構築するアプローチをしてくるので
被暗示性が高い人なら暗示の効果が出るかもしれません。
ですがこの構造で催眠の感覚にどっぷり漬かったまま絶頂するのは難しいんじゃないかなと。
体を動かす指示がそれなりに出るのもそう言える理由のひとつです。
催眠の要素を多少含んだ乳首オナニー作品と思って聴いたほうが楽しめるでしょう。
相手が望むものを与えるエッチ
エッチシーンは2パート79分間。
プレイはオナニー、乳首オナニー、PC筋トレーニング、カウントによる絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
物語の序盤で服を脱ぐ指示が出ます。

「反対の手は胸 乳首の表面を愛撫させる そう それがマゾペットのチンチンポーズ」
事前に10分ほどストレッチと深呼吸して主人公の心身を落ち着けたセレスは
彼にチンチンのポーズを取らせたまま乳首とおちんちんをいじるよう命令します。

エッチは終始彼女に言われた通りに動きます。
最初の「02_調教パート(約57分)」は彼の心を引き寄せることに力を入れてるパート。
乳首オナニーさせながら彼女が彼を欲しがってる理由を話します。
おちんちんオナニーは最初の7分くらいで終わりますから完全におまけです。

「気持ちいいのは 好きだよね? 私のマゾペットになったら 今よりももっと もっと 気持ちいいこと させてあげるよ」
彼女は彼の奴隷としての能力を高く買ってるのでしょう。
弟の元で生きるよりも自分のマゾペットになったほうが気持ちよくなれることをしきりに伝えます。
王族なら命令を出して無理矢理隷属させることもできるのに
敢えてそうしないのは彼が自分からそう思うことを願ってるからです。

おかげでアブノーマルなプレイをする割に雰囲気は穏やかでした。
見下したり冷たく接することもなく説得するような姿勢でリードします。
こういうところは催眠っぽくて良いなと。

プレイについてはチンチンのポーズで乳首とおちんちんを同時にいじるところから始まり
四つん這いになり体を頭だけで支えたまま両乳首をいじる
楽な姿勢に戻ってから爪で乳首を引っかく、乳首へ指先を押し込んで円を描くなど
全体的に刺激を強めに設定したうえで色んないじり方をするよう指示を出します。

「ゆっくりと 息を吸い込みながら おしっこを止めるみたいに 力を入れる 限界まで息を吸い込んだら 息をゆっくりと吐き出して 力も抜く」
またパート中盤からはPC筋トレーニングが加わります。
これはおしっこをする時に使う筋肉を収縮させる行為で、深呼吸に合わせてゆっくりやるよう言われます。
しばらく繰り返してると会陰のあたりにしゅわしゅわする感覚が湧いてくるでしょう。
乳首単体だとドライまで持っていくのは難しいから入れたのだと思います。

次の「03_マゾペットパート(約22分)」は彼を立派なマゾペットに育てるパート。
無事彼女の奴隷になるのが決まったところで
前のパートに引き続き乳首と前立腺の両方に刺激を与えてドライへ追い込みます。

「ピリピリ ピリピリ 痺れるような快感が お尻の奥から生まれる」
絶頂が絡んでくるからでしょうけど、気持ちよくなる暗示の量が増えてました。
オナニーに関する命令を出しながら彼が無事それをできたら手放しで褒めるなど
飴と鞭を使い分ける調教らしい要素も盛り込んでます。
最後の絶頂は長めのカウントに合わせて迎えるシンプルなものでした。

実際に聴いた感想ですが、私は乳首を開発済みなので結構気持ち良かったです。
焦らすタイプの責め方をほとんどせずパワフルにいじらせてくれるのが大きいです。
ただ催眠に類する感覚はあまりせずドライもできませんでした。

体を動かす指示をそれなりに出すことを考えれば、入念に誘導したほうが手堅いんじゃないかなぁと。
プレイ中の事故を防ぐためにわざと弱めたと見ることもできますけどね。
乳首と前立腺を同時に刺激するところは良かったので
何かしらの工夫があればもっと良いエッチになったように思えます。

このように、乳首オナニーと調教を組み合わせた穏やかなエッチが繰り広げられてます。
テーマ性はあるのだが…
キャラやプレイは立ってるけど催眠との組み合わせ方に首を捻る作品です。

セレスは以前から興味を持ってた主人公を自分の立派なマゾペットに育てようと
まずは乳首オナニーやPC筋トレーニングをさせながら彼の心をこちらに引き寄せます。
そして無事主従関係が成立した後は絶頂というご褒美をあげて彼の気持ちに応えます。

穏やかで調教好きな王女が男性の奴隷をエッチな手段で手懐けるM向けのシチュ
エッチシーンのほぼ全部で乳首オナニーする尖った構成
エッチの中盤以降に催眠暗示を入れて絶頂を後押しするアプローチ。
1回の絶頂に向けてゆっくりじっくり責める方針で組み立ててます。

中でも2番目は時間が長いのに加えて刺激も強めで充実してます。
開発要素は薄いのである程度いじり慣れてる人向けの内容だと思います。
ドライが迎えにくいことを考えればおちんちんを一緒にいじるのもいいかもしれません。
催眠をどう上手くプレイに溶け込ませるかが課題だと私は見てます。

絶頂シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:浪実みおさん
総時間 1:35:29

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は5点。
95分で770円とコスパが良いので+1してあります。

2021年2月4日まで50%OFFの385円で販売されてます。



サークル「PINK PUNK PRO」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、VTuberとして現在活躍中の流川らきさんが
癒しを求めてる男性に催眠を交えた独特なサービスをします。

彼女との一体感を味わわせながら癒したり気持ちよくするのが特徴で
催眠は深呼吸や脱力を中心に据えて心と体がリラックスする暗示を入れ
エッチは乳首やおちんちんをいじるのに合わせて彼女も熱い吐息や喘ぎ声を漏らします。
魔法少女が贈る気持ちいいプレゼント
流川らきさんに催眠をかけられオナニーするお話。

「こんにちは あなたに癒しを届けに参りました」
らきさんは明るくて優しい声の女の子。
主人公に自己紹介し、彼が何を求めてるか言い当てると
特別な癒しを届けに来たと言います。

本作品は魔法少女を目指して現在修行中の彼女が
気持ちよさや心地よさを求めてる彼をおよそ45分に渡ってエッチにお世話します。
催眠15分、エッチ20分と両者のバランスをほぼ同じに揃え
どちらもリラックスや一体感といった癒しの感覚が得られるように進めます。

「もし難しければ 吸う時に すーっとお腹を膨らませて 吐く時に はーっとお腹を絞ることをイメージしながら ゆっくり深呼吸してみてください」
例えば催眠は深呼吸や脱力といったリラックスに役立つ技法を重点的にやります。
またそれらをする際に簡単なコツを伝えて催眠に入りやすくします。
彼女自身が催眠音声フェチらしいので、基本的な技法をそつなくこなすことを意識してました。
囁き声で話すシーンもあったりして穏やかな空気が漂ってます。

それに対してエッチはキスや耳舐めの割合を高めに設定し
さらに中盤以降は熱い吐息や喘ぎ声も漏らして気持ちいいことをアピールします。
「遠隔相互催眠オナニーヒーリング」の名の通り相互オナニーっぽいスタイルで進めてました。
挿し絵の「絶対抜ける」はさすがに言い過ぎだと思いますけど
催眠音声の中では比較的エロい部類に属します。

彼女については優しくて面倒見のいい女性に描かれてます。
初対面な彼に最初から最後まで親しく接して信頼関係を構築するところや
エッチの際に割と激しく責めたり乱れるところにそれが表れてます。
M向けの要素は特にありませんからノーマルな人が最も楽しめると思います。
癒し重視の催眠
催眠はおよそ15分間。
楽な姿勢で目を瞑り、まずは7分ほど断続的に深呼吸を繰り返します。
そしてある程度リラックスできた後は全身を下から上に向けて脱力します。

「吸ってー 息を吸うのは 気持ちいい 吐いてー 頭がぼやぼやとする」
「吸ってー」「吐いてー」と合図を出しながらその両方に軽い暗示を入れるシンプルな内容です。
数回やって中断し、再開するのを繰り返す感じだったので
それなら時間いっぱい続けてタイミングよく暗示を入れたほうがリラックスできると思います。
本作品のように誘導時間が短い場合は無駄を削ぐことを意識したほうが良いです。
セリフについては心にゆとりを持たせるものを適度に挟んでて良かったです。

続く脱力は左右の脚から始まり腰、腕、頭&首と全身を大まかなパーツに分け
それぞれで3~10のカウントを数えながら脱力する暗示を入れます。

「あなたの考えていたこと 悩んでいたこと すべて抜けていく 頭と 顔の力が抜け 気持ちいい 気持ちいい」
腕までは暗示が軽いかなぁと思ってたのですが
最後の頭&首については他よりもずっと厚めに追い込んでて心地いい感覚が味わえました。
本作品はセルフ系のエッチをしますから、腕はそこまで脱力しないほうが後々やりやすくなります。
そのへんも見据えてこの配分にしたのなら見事と言えます。

定番の技法をサークルさんなりに手堅くやるシンプルな催眠です。
聴き手を癒しつつ、らきさんの言葉を受け入れやすくするのを目的に
前半は深呼吸と簡単なアドバイス、後半はカウントを交えた分割弛緩法を行います。
そして脱力の最後に暗示を厚めに入れてそのまま深化させます。

もう少しスピーディーかつスムーズに誘導できそうな点もありますけど
催眠音声を初めて制作されたことを考えれば割といい線いってると思います。
脱力感は正直さっぱりでしたが意識のぼやけはそこそこ感じました。
快感を共有して一緒の絶頂へ
エッチシーンは20分間。
プレイはキス、耳舐め、乳首オナニー、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
エッチの途中で服を脱ぐ指示が出ます(最初から全裸でもOK)。

「あなたの ゾクゾクするところはどこですか?」
催眠を使って主人公に心地いい感覚を与えたらきさんは
もうひとつの望みである「気持ちよさ」を味わわせるために耳と唇を舐め始めます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の9分間は心身の熱を高めることを目指したプレイ。
キスから始まり右耳→左耳の順に舐めながら熱っぽい吐息を漏らします。

「あなたにかけているヒーリングは 私にもかかっているから 私も気持ちいいんです」
そして彼女はこれらをするにあたって2人の快感がリンクしてることを伝えます。
キス、耳舐めいずれも激しめにちゅぱ音を鳴らしますから
それに釣られて体が熱くなったりドキドキする人は普通にいると思います。
吐息も耳元至近距離から漏らすことを意識してて熱を感じました。

できれば催眠の技術を使って彼女との一体感を出してほしかったのですが
サークルさんがそれよりも純粋なエロさを重視したのかもしれません。
催眠音声と同人音声のハイブリッドっぽいエッチと私は見てます。

後半はいよいよオナニーが加わります。
乳首→おちんちん→両方と後になるほど刺激を強くしたうえで
彼女もキスや喘ぎ声交じりの吐息で応援し一緒の絶頂を目指します。

「気持ちいいね 気持ちいいね 声出すと 何倍も気持ちいいよ もっと もっと 気持ちいい声聞かせて?」
ここもエッチな声や音を多めに漏らして抜きやすい雰囲気を作り
さらに彼女も感じてることをアピールするわかりやすいリードをします。
オナニーに関する指示はほとんど出さないので自由にやっていいのでしょう。
最後はカウントを数えて射精のタイミングを教えてくれます。

このように、ちゅぱ音や吐息を多めに盛り込んだ熱いエッチが繰り広げられてます。
もう一歩な作品
らきさんの魅力やテーマ性を出しつつ癒しと快感をバランスよく与える作品です。

らきさんは心地よさや気持ちよさを求めてる主人公の願いを叶えようと
まずは催眠を通じて心身を癒し、それと同時に快感を共有できる環境を整えます。
そしてエッチは唇、耳、乳首、おちんちんと複数の性感帯を同時に責め
さらに彼女自身も吐息や喘ぎ声を漏らして一体感を演出します。

心優しい魔法少女が男性をエッチな催眠で癒すノーマル向けのシチュ
深呼吸や脱力を中心に行うシンプルな催眠
暗示よりもエッチな声や音の割合を増やしたエロさ高めのエッチ。
彼が求めてるものを順番に与える流れで作品を組み立ててます。

中でもエッチは感覚を共有してる状況を活かして
彼の体を責めながら彼女自身がオカズになるようにリードします。
同人音声っぽい内容なら催眠に入れなかったとしても楽しめますし
Youtubeではできないことをファンへお届けするためにこうしたのかもしれません。

ただし、催眠音声というか音声作品として気になったところもそれなりにあります。
全編を通じて多少のノイズが入ってること、エッチの序盤でキスの音を鳴らす位置がなぜか左にずれてること
特にエッチシーンで催眠としてのアプローチが弱いことなどが挙げられます。

最初のふたつは編集技術に関する問題ですから、企業勢である以上は絶対に改善してほしいです。
最後のひとつはキスやちゅぱ音の割合を上げたことが影響してます。
私ならエッチだけ分身させて片方は舐める役、もう片方は暗示を入れる役に振り分けます。
魔法少女ならそれくらいできても別におかしくないでしょう。

あるいは事前に「ちゅぱ音を聞くほど体が熱くなる 気持ちよくなる」などの
暗示を入念に入れてから舐め始める音モノっぽい作りにします。
今後制作の経験を積んでいくことで少しずつ改善されることを期待してます。

射精シーンは1回。
吐息とちゅぱ音そこそこ、淫語と喘ぎ声ごく僅かです。

CV:流川らきさん
総時間 46:46(本編…42:30 おまけNG…4:16)

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2021年1月3日まで20%OFFの704円で販売されてます。



サークル「オナらぼ」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度も穏やかなお姉さんが
催眠を交えた特殊なエッチで女性のオーガズムを疑似体験させます。

様々な音と技術を組み合わせてリードするのが最大の特徴で
ほぼ全編でヘミシンクという不思議な音を流し続け
さらにローター音、重低音、エネルギーが爆発する音を使って快感を上げたり放出させます。

音声を聴く前にローションと綿棒を用意しておくとより楽しめます(一応なしでも可)。
色んなメスイキを一気に体験
お姉さんに催眠をかけられ5種類の絶頂を味わうお話。

「ところで 男の人って可愛そうですよね」
お姉さんは穏やかで色っぽい声の女性。
主人公に男女のオーガズムに大きな差があることを教えると
女性のオーガズムに興味を示す彼にそれを味わえる方法を教えます。

本作品は射精よりもずっと強い快感を連続して味わわせることを目的に
彼女がおよそ80分に渡って催眠をかけたり独特なエッチをします。
冒頭にローションつきの綿棒をアナルに挿入して微弱な刺激を送り
エッチもおちんちん以外の性感帯をメインに据えてゆっくりじっくり性感を高めます。

ちなみに挿入した綿棒を出し入れする指示は出ません。
本当に入れるだけですから別になくてもそこまで変わらないと思います。
入れておいたほうがアナルに多少意識を向けやすくなる程度ですね、

「綿棒と音を使うことで 射精を遥かに超える快楽を感じられるんです」
そして彼女はこれらをするにあたって様々な音を鳴らします。
催眠開始直後からエッチ終了まで「ぶーーーーん」という小刻みな振動音(ヘミシンク)を流し
エッチに入るとローター音や重低音を鳴らしながら暗示を入れて絶頂へと追い込みます。


耳舐めや手コキといった一般的なプレイはごく僅かですから
音と暗示を組み合わせてイかせる催眠音声ならではのプレイです。
第1~第3階層を用意しそれぞれでヘミシンクを微妙に変えるなど
音モノと呼んで差し支えないくらい音の存在感が大きいです。
リラックス重視のシンプルな催眠
催眠はおよそ16分間。
綿棒をアナルへ挿入してから楽な姿勢になって目を瞑り
まずは深呼吸と脱力で心身をリラックスさせます。

「右肩から 力が すーっと 抜けーて いきます」
深呼吸は「吸ってー」「吐いてー」の合図を出しながら軽く暗示を入れる
脱力は左右の腕、お腹、お尻、太もも、顔などをパーツごとに細かく分け
それぞれに上のセリフとほぼ同じ言い回しで暗示を入れる定番の誘導をします。

この段階からヘミシンクが流れ始めますから
聞いてると頭の中を小刻みに揺さぶられてるような感覚がするでしょう。
アブノーマルなテーマを扱ってる割に雰囲気はとても穏やかです。

ある程度準備ができた後はお姉さんが言う「快楽の世界」へ移動します。
彼女が用意した媚薬を飲むイメージをしてから
10カウントダウンしてその世界の入り口まで移動します。

「どんどん吸い込まれていく 深い 深い場所へと」
ここも1カウント毎に軽い追い込み暗示を入れる手堅い誘導をしてました。
しかし先ほどの脱力シーンも含めて時間に対する暗示の量が少なく
私が聴いた時は残念ながら催眠に類する感覚があまりしませんでした。

聴き手をリラックスさせるのは結局のところ暗示を入れやすくするためなので
ここは他よりも一際厚く暗示を入れたほうが上手くいったと思います。
脱力も同じセリフを繰り返すだけの単調な内容でしたし
こういう基本的な技法を行使する場合は品質をできるだけ上げるように制作してほしいです。

リラックスの後に軽く深化させるシンプルな催眠です。
聴き手を快楽の世界の第1階層まで連れて行くことを目的に
深呼吸から入って分割弛緩法、媚薬を飲むイメージ、そしてカウントを交えた深化と
古典催眠の技法を多少アレンジして進めます。

リラックス系の技法に力を入れてることや、ヘミシンクが流れ続けるおかげで
心身が落ち着いたり緩む感覚はそれなりにします。
ですが暗示が少ないせいで体が重くなるとか、意識が落ちる感覚はあまりしないと思います。

こうするくらいならリラックスはヘミシンクに任せて
お姉さんは暗示を重点的に入れるスタイルにしたほうがスムーズに深化できたと思います。
あるいは「この音を聞けば聞くほど催眠が深くなります」と小まめに入れるとかですね。
何のためにリラックスさせるのかを考えながら組んだらもっと良い催眠になったでしょう。
音と言葉でイかせるエッチ
エッチシーンは6パート50分間。
プレイは感度上昇、耳舐め、カウント&音による絶頂、乳首責め、手コキです。

感度上昇、絶頂の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「意識を向けると じんじん じんじんと アナルから快感があふれ出てくる」
催眠を使って主人公をメスイキできる世界へ案内したお姉さんは
乳首、アナル、前立腺といった性感帯の感度を個別に上げて絶頂の準備を整えます。

エッチは直接触れるシーンをほとんど入れず音と暗示で気持ちよくします。
最初の「1.メインパート(約32分)」は感度上昇から1回目の絶頂までをこなすパート。
催眠の時よりも若干トーンの高いヘミシンクを流しながら
それとは別の音をふたつ登場させて少しずつ確実に性感を高めます。

ちなみにメインパートは催眠誘導と合体してまして
序盤から中盤が催眠、それ以降はエッチする形になってます。

「今から流す音は 疼いている部分に 突き上げるような刺激を与える音 音を聞くと アナルに快感が走り そして快感が広がる」
前項では「暗示が少ない」と書きましたが、エッチに入るとその弱点が大幅に改善されます。
どのシーンも色んな表現方法で性感帯が気持ちよくなる感覚を丁寧に伝え
さらに音と組み合わせてより多くの聴き手がそうなるようにリードします。


効果音はローターと思しき小刻みなモーター音と
「ドゥーン バンバンバンバン」みたいな重低音が使われてます。
特に後者は体に響く音なので、催眠に入れてれば股間がジンジンするでしょう。
おちんちんの感度を上げるシーンもありますし、できるだけ広範囲を気持ちよくする方針で進めます。

パート終盤の絶頂シーンも音を活用してます。
10カウントダウンする際に数が減るほどエネルギーを充填するような音が鳴り
0に合わせてそれを放出する音に変えて溜め込んだ快感を一気に吐き出させます。
追い込み暗示も入れてきますが、音に釣られて何かこみ上げてくる人がいるんじゃないかなと。
本作品の特徴なだけあってサークルさんがとても力を入れてるのがわかります。

残りの5パート18分間は追加の絶頂シーン。
アナル、おちんちん、乳首、前立腺と異なる部位でドライへ持っていき
最後にお姉さんから手コキされるイメージでノーハンド射精します。
乳首パートだけはオプション扱いで、他は全部聴くことになります。

「数が小さくなるほど 快感が膨らんでいく」
どのパートも3~4分しかないのでメインパートの終盤と同じく
カウントに合わせて音を鳴らすやり方で追い込みます。
人によってイキやすいパートとそうでないパートが違うでしょうね。

このように、純粋なエロ要素にできるだけ頼らずにイかせる個性的なエッチが繰り広げられてます。
ややアブノーマルな音モノ
催眠音声で割と人気のジャンルをサークルさんなりのやり方で表現してる作品です。

お姉さんは主人公に女性のオーガズムをできるだけリアルに体験させようと
まずは催眠を通じてそれができる場所まで移動します。
そしてエッチは音と暗示を組み合わせて快感を高め
1回絶頂した後も別の性感帯で次々と追い込む割とハードな責めをします。

穏やかなお姉さんが催眠を交えたサービスでメスイキさせるややM向けのシチュ
ヘミシンクや複数の効果音を使って快感を操作する変わったリード
乳首、アナル、前立腺など複数の性感帯でドライ絶頂させる幅広いエッチ。
体への刺激は綿棒だけに留め、あとは心を重点的に責める流れで組み立ててます。

中でも2番目はヘミシンクを癒し、それ以外を感度強化や絶頂と使い分けてて面白いです。
言葉だけだとどうしても伝わりにくい場合がありますし
それを音で補うことでよりやりやすく、気持ちよくなりやすいものにしてます。
エッチシーンは暗示も厚めに入れてくれるのでよくできてるなと。

それに対して催眠パートは残念な内容と見てます。
エッチが割としっかりしてるから余計そう感じました。
催眠もエッチと同じくらい入念にリードしてればより良い作品になったでしょう。

絶頂シーンは6回(ドライ5回、射精1回)。
効果音それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:19:04

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります



サークル「MayThird」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、会員制のクラブで働いてる双子の催眠術師が
そこへ迷い込んできた男性を使って恥ずかしくて気持ちいいショーを披露します。

乳首と前立腺を刺激してドライオーガズムを目指すのが特徴で
前半はボイスドラマ形式で催眠の準備と雰囲気作りを行い
後半は左右同時に暗示を入れながら乳首オナニーと前立腺マッサージをして絶頂へ追い込みます。
お客の前でする乳首オナニー
白と黒に催眠をかけられステージで乳首オナニーするお話。

「ねぇねぇお兄さん こんなとこで寝てたら風邪ひいちゃうよ?」
白と黒は若干声質の違う穏やかな声の女の子。
作品のコンセプトや音声を聴く際の注意事項を手短に説明すると
ユウロウアン(漢字で書くと「遊楼庵」かな?)で寝てる主人公に声をかけて誰か尋ねます。

本作品はストリップやSMなど性に関する様々なサービスをやってるクラブで
そこに所属する彼女たちが70分ほどを使って彼に気持ちいい催眠を施します。
彼は何らかの事情でここへ迷い込んだらしく、通常ならつまみ出されることになります。
しかし2人はそれじゃ可愛そうだと思い自分たちの助手としてショーに参加させます。

白「良かったら 私たちのショーのキャストとして 出演してみませんか?」
黒「そうそう 普段は抑制しているものを発散できるからって 結構人気あるんだよ」
妹の白は丁寧語で話すしっかり者、姉の黒はフレンドリーでややいい加減と
性格に多少の違いを持たせたうえで連携を取ってリードします。
双子のい・い・な・り」のように高度なアプローチをかけることはないものの
一部のシーンで2人いなければできないことをやってくれます。

またサークルさんが「催眠ボイスドラマ」とおっしゃられてる通り
冒頭の20分間は彼女たちのことや背景説明といった前置きに費やされてます。
そこで催眠と呼べることはほとんどしませんが、本作品はショー催眠をテーマにしてるので
こういう形で雰囲気作りをするのは有効だと思います。
お客に呼びかけるシーンもあったりして通常の催眠とは違う要素が見られます。

エッチはタイトルにもなってる乳首オナニーに力を入れてます。
エッチシーンの80%近くにあたる24分もの時間を用意し
優しく撫でる、爪で引っかく、2本の指で挟んでこねるといった責め方をしてドライを目指します。
また途中からお尻の筋肉に力を入れて前立腺を刺激する指示も出ます。

オナサポのように掛け声を出していじらせるタイプではなく
開始、中断、終了のタイミングや大まかないじり方を教える緩いリードです。
おちんちんに一切触れないことを考えると乳首開発済みな人のほうが向いてます。
催眠に上手く入っていれば胸のあたりが熱くなったりピリピリするでしょう。
ボイスドラマ形式を活かした催眠
催眠はおよそ13分間。
楽な姿勢で目を瞑り、まずは簡単なストレッチや深呼吸で気持ちを落ち着けます。
そして最後に白と黒が左右から暗示を同時に入れて催眠状態を一気に深めます。

黒「次で最後だよ ぐぐぐーって体を伸ばして」
白「伸びている体を 意識してください」
黒は指示、白はその際のコツとセリフの内容に違いを持たせ
両腕を伸ばしたり腰をゆっくり持ち上げるのを数回繰り返します。
「主人公が協力的でやりやすい」と褒めるなど、信頼関係の構築も意識してました。
2人が催眠を本格的にかけるのはステージに上がった後なのでここは軽めに済ませてます。

黒「お兄さんの体は 私の声に合わせて自然と動いてしまいます 意識的、無意識的にも 私の声を聞いてしまうようになります」
次の暗示は左右から畳みかけるような暗示を同時に入れるなかなか濃いシーンです。
これ以前がずっと片方ずつしゃべってたからこそ、人によっては軽く混乱するかもしれません。
作中でも教えてくれますがどちらか片方を聴くようにするのが良いでしょう。

作品に関する雑談をしてから誘導する変則的な催眠です。
双子の指示や暗示を受け入れやすくすることを目的に
軽い運動や深呼吸をしてから2人いる状況を活かした暗示を入れます。

ドラマパートは催眠と直接関係ありませんがリラックスや没入感を高める効果があります。
だから最後の暗示を聞いた時に全身がずーんと重くなったりビクビクする人はいると思います。
事前に片方だけ聞く指示を出すことで、もう片方の暗示を入りやすくしてるのがポイントです。

通常の催眠よりも催眠色を随分薄めてあるので
どちらかと言えば初心者よりも経験者のほうが入りやすいんじゃないかなと。
双子形式をもう少し活かしてればより良い催眠になったでしょう。
お客の前で自分を曝け出すエッチ
エッチシーンは31分間。
プレイは乳首オナニー、お尻に力を入れる(前立腺マッサージ)です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で裸になる指示が出ます。

黒「こんな優しそうなお兄さんが 私たちから催眠術をかけられて 乳首オナニー好きのド変態になっちゃうんですから」
軽い前口上をしてから主人公をステージに上げた白と黒は
それを見てる観客に語りかけながら彼に乳首の感度が上がる暗示を入れます。

エッチは2人に言われた通りに乳首をいじります。
前半の15分間は絶頂に向けて心身を温めるシーン。
紙のように薄い衣服を着た彼の感度を上げた後に乳首をいじらせ
さらにおちんちんも晒して純粋な快感と見られる快感を同時に高めます。

黒「お兄さんはだんだんと乳首を触りたくなっていきます」
白「乳首は気持ちいい性感帯 だってお兄さんの乳首はとっても敏感な淫乱乳首だから」
そしてここでも催眠の終盤にやった左右同時の暗示が登場します。
言い回しは違いますがどちらも似た意味のことを言ってました。
他のシーンでも気持ちよくなる暗示を小まめに入れたりと
ショー催眠らしく技術を駆使して気持ちよくしようとします。

乳首オナニーはエッチ開始から4分後くらいにいじる指示が出て
最初はフリースタイル、次は爪の先で優しく引っかく
さらに親指と中指で乳首をつまんで優しく擦る、と数分間隔でいじり方を変えます。
片方と両方どちらかは言われないので好きにしていいのでしょう。
時間が長めに取られてるおかげで結構気持ちよかったです。

後半の16分間は絶頂に向けてさらに追い込みます。
ほぼ全裸の格好にしてからチンチンのポーズをさせて羞恥を煽り
乳首オナニーと前立腺マッサージを組み合わせて少しずつエネルギーを蓄えます。

白「くるくる さわさわしてるだけで 乳首がすごく気持ちいい 前立腺も疼いて 自然と力が入っちゃうかもしれませんね」
前立腺マッサージは息を吸うのに合わせて力を入れ、吐く時に脱力する簡単なものです。
作中では「お尻の筋肉を収縮させる」と言ってましたが
前立腺を刺激するならPC筋(おしっこを止める時に動かす筋肉)のほうが良いと思います。
繰り返すうちに会陰のあたりがシュワシュワパチパチしてきます。

ただこの内容だと股間よりも乳首のほうが気持ちいいでしょうね。
彼女たちの暗示が乳首を気持ち良くすることを重視してるからです。
終盤のカウントに合わせて軽く絶頂したのですが、その時も胸や脳が起点になってました。
アナルや前立腺を開発してる人なら多少は変わるのかもしれません。

このように、おちんちん以外の性感帯を重点的に責めるタイトル通りのエッチが繰り広げられてます。
乳首好きなら
サークルさんが得意とされてる要素をやや変わった視点で描いてる作品です。

白と黒はクラブに迷い込んだ主人公を無事に出してあげようと
これから自分たちがするショー催眠の助手に指名し、控室で簡単な催眠をかけます。
そしてショー開始後は乳首オナニーを見せつける露出プレイを味わわせます。

双子の催眠術師が男性に催眠をかけて恥ずかしいエッチをさせるややM~M向けのシチュ
ドラマパートを経由してから左右同時に暗示を入れて操作する変わった催眠
乳首を長めにいじらせながら暗示でサポートするアブノーマルなエッチ。
乳首系の作品をよく制作されてるMayThirdさんの特徴が色濃く出てます。

中でもエッチは「チクニー中毒者」の名の通り腰を据えてできるように作られてます。
大まかな指示を出してから好きにやらせる流れも緩くて良いです。
前立腺についてはアネロス(エネマグラ)を使わないことや
それに関する暗示が少ないことから乳首オナニーの補助役と見るのが妥当です。
乳首を開発してる人ならやってもやらなくてもドライ絶頂できるのではないかなと。

催眠については内容が結構独特なのでかかりやすさにムラがありそうです。
乳首で気持ちよくなるのが好きなら止めたりはしませんけど
そうでないなら催眠慣れしてる人のほうが満足度は高くなると思います。

絶頂シーンは2回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:浪実みおさん
総時間 1:13:49

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2020年9月23日まで50%OFFの385円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。



サークル「風紀委員会」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くて積極的なJ●が
エレベーターで偶然一緒になった大人の男性をエッチに弄びます。

カウントを絡めた落差の大きいエッチをするのが特徴で
最初は2連続射精、次は数回寸止めしてからの射精、最後は短時間での3連続射精と
パートごとに方向性を大きく変えながらカウントを小まめに数えて射精をコントロールします。
ほぼ全編で彼女が囁いてくれるのも魅力です。
可愛い女の子と密室で2人きり
J●の井上きさらに精液を搾り取られるお話。

「あー……止まったねぇ、エレベーター」
きさらは幼さを感じる可愛い声の女の子。
乗ってるエレベーターが止まって不安そうな主人公によく止まることを教えると
軽く抱きしめてからおちんちんを出すように言います。

本作品は勉強も運動もできてクラスメイトにも人気がある模範的な女の子が
エレベーターが再稼働するまでの時間を使って彼と3種類のエッチをします。
彼女のほうがずっと年下なことを踏まえて彼から手を出すシーンは一切なく
着衣のまま耳とおちんちんを集中攻撃して何度も射精させます。

ちなみにタイトルの「じぇ●●●」はJ●を平仮名にしたものです。
春からJKになる予定だそうですから伏せてる文字が何かは自然とわかります。

また前作「密室エレベーターのロリビッチ ~J○に囁かれながら死ぬほど手コキされる音声~ <むつき編>」と違い
今作では序盤に短めの催眠をかけるシーンがあります。
エッチの一部でそれを活用したプレイも登場するなど
新規のサークルさんらしいチャレンジ精神旺盛な内容になってます。

「きさら、「ちんちんコキコキ大好き系女子」なんだー」
彼女は自分でこう言ってるようにおちんちんをしごくのが大好き。
そのためどのパートも手コキを中心に据え、他の要素でそれぞれの違いを出します。
オナニーは一切しませんが効果音が鳴り続けるので
それに合わせてしごいていけば彼とほぼ同じ立場で楽しめるでしょう。

またこれらをする際に彼女はカウントを適度に数えて快感をコントロールします。
基本的には射精のタイミングを取る役割で使うのですが
カウントそのものに暗示を込めて気持ちよくしたり、わざと直前で止めて寸止めさせるなど
プレイの流れを聴き手にわかりやすく伝えるために活用してます。
カウントの間に長めのセリフを挟むことが多いので数える機会は少なめです。

「はあああぁ~… (精液)いい匂い~ これが嗅ぎたかったんだぁ…」
彼女についてはビッチと呼ぶのが相応しい快楽に素直な性格をしてます。
自分から彼を誘ったのでロリコン扱いしたり見下すことはほとんどなく
年上の男性を弄んでるシチュに喜びを覚えながら色んな責めを繰り出します。
現在の音声で割と見かけるメスガキっぽさはあまりないです。

ただし、J●とエッチしてることを意識させて背徳感を煽ることはあります。
これをしないと彼女をこの年齢に設定した意味がありませんからね。
催眠パート開始直後からエッチ終了までほぼずっと囁き声で話すのも相まって雰囲気は割と穏やかでした。
彼に優しく接しながら体をハードに責める方針で進めます。
リラックス重視の催眠
催眠はおよそ9分間。
床に座り脚を伸ばして口の中→両手→両足の順に力を入れたり脱力します。

「力がどんどん抜けていくよ…。どんどん…どんどん…両手から、力が抜けてく…」
そしてきさらは早速カウントを数えてタイミングを取ります。
それぞれをゆっくりやりながら合間に「力が抜ける」と軽く暗示を入れてました。
実際に体を動かすおかげで脱力を実感しやすいです。

あとは口の中を脱力した後、手の脱力へ移る間に数回深呼吸します。
古典催眠の漸進的弛緩法を行使したのだと思いますが
正直なところ時間、内容いずれも物足りないといった感じです。
リラックスさせるだけで終わるため、催眠状態をより深めるシーンがありません。

この後から始まるエッチでカウントや耳舐め音に対して気持ちよくなる暗示を入れることがあります。
でもこれをやるなら少なくとも今の倍くらいの時間を取り
暗示でより反応できる状態まで持っていったほうがいいんじゃないかなと。
私が聴いた時も体の筋肉がほぐれただけでした。

やってる事は別に悪くないんです。
でも残念ながら今の作りでは催眠誘導と呼ぶには不完全です。
次回以降の作品に催眠を取り入れるならもっと入念にやったほうが良いと思います。
大きく揺さぶりをかけるエッチ
エッチシーンは3パート64分間。
プレイはカーディガンコキ、手コキ、耳舐め、玉揉みです。
カーディガンコキ、手コキ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「それじゃ、お兄さんのおちんちん、触っちゃうよ」
コンパクトな催眠をかけて主人公の不安を取り除いたきさらは
早速おちんちんを取り出しカーディガンの袖でしごき始めます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の「track3「囁き射精管理手コキ」」は催眠色の強い内容(約18分)。
「ずすっ」という乾燥した摩擦音を鳴らしながらカウントをじっくり数えて2回射精させます。

「ほらほら 気持ちよくなってきたね 数が小さくなったら、気持ちよくなるんだよ 精子もどんどん溜まってくるからね」
催眠色が強いと言う理由はカウントの前後最中に
それが小さくなるほど気持ちよくなる暗示をそれなりに入れるからです。
催眠自体が弱いので効果があるかどうかは人それぞれですが
事前に催眠をかけた状況を活かしてるのは間違いないです。

わざわざカーディガンでしごいてるのはおちんちんに触りたくないわけではなく
こっちのほうが気持ちよくなれると彼女が判断したからです。
手コキがかなり慣れてるところを見ると他の男性にも手を出してるのでしょう。
最初から最後までずっと手コキだと単調になるから変化をつけたのだと思います。

「あっ…逃げちゃだめ… イッても手を止めないって言ったでしょ?」
進め方がゆっくりだし雰囲気も穏やかですが
1回目の射精を終えた直後だけは割かしハードに責めてくれます。
イったばかりで敏感なおちんちんをさらにしごく連続射精方式です。

2番目の「track4「いじわるカウントダウン手コキ」」は逆にとことん焦らすプレイ(約37分)。
カーディガンから素手に切り替え、カウントを数回数えてその都度寸止めします。

「きさらは、お兄さんが限界まで我慢するところが見たいんだもん 我慢して、我慢して、頭がどうにかなっちゃうくらいイキたくなって、J●手コキに降参しちゃうお兄さんが見たいんだよ」
彼女は男性が射精を我慢してる姿を見ると興奮する性癖を持ってるそうで
ここでは射精したくてもできない状況をできるだけ維持してその様子を観察します。
そして耳へ息を吹きかけたり舐めるプレイを追加し、これらにも気持ちよくなる暗示を入れます。

前のパートが連続射精だったからこそ余計穏やかに感じました。
でも今度は射精をお預けされるもどかしさを長めに味わうことになります。
責め方が正反対なので同じ手コキでも随分違う印象を受けます。

最後の「track5「ゼロ連呼!連続絶頂手コキ」」は射精の限界に挑戦するパート(約9分)。
時間内に射精シーンを3つ用意し、ほぼノンストップでしごき続けて追い込みます。

「きさらね、弱いお兄さんのこと、好きだよ… 好き… 好き… だぁ~い好きっ…」
体への責めはかなりハードな部類に属します。
それを中和するためか彼女が優しい言葉を適度にかけてくれました。
変態でも弱い男でも私は好き。
年下の女性らしからぬ包容力を見せてここを切り抜ける気力を与えます。

このように、2連続射精→長めの焦らし&寸止め→3連続射精と大きく揺さぶる特化型のエッチが繰り広げられてます。
エッチが魅力的な作品
どちらかと言えば催眠よりもエッチに光るものを持ってる作品です。

きさらは同じエレベーターに乗り合わせた主人公のおちんちんを存分に味わおうと
動かなくなっても決して焦らず、まずは催眠をかけてエッチに集中できる状況を作ります。
そしてエッチはカーディガンや手コキに耳舐めを組み込み
さらにパートによって責め方を大きく変えて出せない快感と出し続ける快感を与えます。

エッチの経験豊富でちょっぴり意地悪な女の子に密室で弄ばれるややM~M向けのシチュ
カウントを数えながら焦らしと連続射精を交互に行う割とハードなエッチ
多くのシーンで彼に密着し囁きながら優しい言葉をかける彼女のキャラ。
心と体の責め方に大きなギャップをつけて気分よく搾精できるように仕上げてます。

中でもエッチはやることやシステムは割とシンプルですが
各要素の割合と比重を大幅に変えて個性を出してます。
カウントをよく数えたり効果音が鳴り続けることからオナサポ要素の強い作品だなと。
40分近く焦らされてから射精するtrack4が最も気持ちよかったです。

あとはやっぱり催眠にもっと力を入れてれば品質は確実に上がったでしょうね。
track3は結構催眠を意識してましたし、技術の運用さえしっかりしてればきっと良い作品が生まれます。
まだ2作目ですから今後どう変わっていくかに期待してます。

射精シーンは6回。
くちゅ音多め、淫語と吐息それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

CV:兎月りりむ。さん
総時間 1:28:30

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2020年5月15日まで20%OFFの1056円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。



サークル「MayThird」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、催眠術師として日々検証に励んでるお姉さんが
その助手にあたる男性に乳首を使ったドライオーガズムをプレゼントします。

最初から最後までほぼ乳首だけをいじって絶頂するのが特徴で
催眠パートはリラックスさせてから直接いじるかイメージで代用するかを自由に選ばせ
エッチは様々ないじり方を試しながら前立腺も少し刺激してじっくりドライを目指します。
直接いじるか、イメージだけでイクか
催眠術師の椎名怜に催眠をかけられ乳首オナニーするお話。

「今日もお疲れ様 君のおかげで今日もいい検証データを取れました」
怜は丁寧な言葉遣いをするしっとりした声のお姉さん。
今日予定してた催眠手法の検証を終え、協力してくれた主人公にお礼を言うと
その締めくくりに「繰り返し」をテーマにした催眠をかけます。

本作品は男性の隠れた性感帯である乳首だけドライオーガズムすることを目的に
彼女が90分ほどを使ってそれに沿った独特な催眠とエッチをします。
主人公が彼女の実証実験に協力してる、つまり毎日のように催眠をかけられてる状況を踏まえて
既存のやり方とは随分違った玄人向けの催眠を施します。

「今から君にかける催眠術は 同じ催眠誘導を繰り返すというものです」
具体的には同じことを複数回繰り返して感覚を強化します。
例えば催眠誘導に入る前の準備パートは体の筋肉を収縮させる運動を2度繰り返し
エッチも乳輪を撫でる、指先で乳頭に触れる、指の腹でこねくり回すといった色んなプレイを
一通りやってから再度なぞって快感を徐々に膨らませます。

1回ごとにセリフを変えてありますから単調さは特に感じません。
催眠術師なだけあって説明も丁寧でやりやすいです。
乳首をいじる時間が長く取ってありますから開発済みな人ほど楽しめるでしょう。

「君はこれから 私の言葉に合わせて乳首オナニーをしていきます それは実際に体を動かしても それをイメージするだけでも構いません」
また彼女はこれらの最中に乳首をいじってもいじらなくてもいいと言います。
本作品は乳首でドライを迎えるのを最終目的にしてますが
それにあたって体を動かすのが億劫だとか、イメージだけで大丈夫な人もいるはずです。
だからその両方に対応できるようにわざと選択の余地を残してあります。

ただ説明や指示が結構しっかりしてるので、私はいじったほうがやりやすいと思います。
イメージだけだと快感を高めにくいからというのもあります。
ですから初回はとりあえずいじってみて、合わないならイメージ重視で聴いてみることをおすすめします。

もうひとつ、冒頭の案内事項を除いたほぼ全編で癒し系のBGMが流れます。
催眠とエッチで曲調が多少変わりますがどちらもピアノがメインになってました。
現実世界で催眠術師が施術する際も音楽を流すことがあるそうですからそれに合わせたのでしょう。

穏やかな催眠術師が繰り返しをテーマにした催眠をかけるシチュと
乳首をいじる、いじらないを聴き手で自由に選択できる乳首特化のエッチ。
サークルさんが得意とされてるジャンルを今までとは違う視点で表現したドライ系作品です。
リラックスとイメージを膨らませる催眠
催眠は3パート46分間。
全裸になってからベッドへ仰向けに横になり
まずは深呼吸を挟みながら全身を上から下にかけてパーツごとに脱力します。

「なんだか手がぴりぴりと痺れて じんわりと温かくなる感じがしませんか?」
手→お腹→太もも→足とひとつずつ力を入れるのと抜くのを繰り返し
一通り終えた後はもう1セットやってリラックスを強化します。
まだ準備の段階だからでしょうけど暗示はほとんど入れてきませんでした。
この後のシーンも含めて暗示よりも指示や説明の量を多くして丁寧にリードします。

次の2パートは35分間は催眠誘導と深化。
これから行う乳首オナニーやドライオーガズムのことを説明した後に
先ほどやった運動を今度はイメージのみで行います。
そして最後に彼女に乳首をいじられてるイメージをして心の準備を整えます。

「ドライオーガズムを迎える方法は なにもひとつじゃありません 今日の君に合った方法を選択するのも大切になります」
「君はその感覚を覚えてるはずです 記憶してる感覚を思い出して イメージするんです」

そしてここからは前項で説明した聴き手の自由に任せるアプローチの割合が増えます。
ドライオーガズムに至る手段は人によって違うことを教えて心にゆとりを与え
さらに先ほどの運動を頭の中で繰り返しながら感覚だけを呼び起こします。

一般的な催眠音声とはやり方が違うので催眠じゃないと思う人がいるかもしれません。
ですがリラックスや集中力を高めようとしてるのは事実ですし
これも一応催眠なんじゃないかと私は考えてます。
特定の技術に頼らず作品固有の要素と暗示を組み合わせてるタイプでした。

「君はこれから 私の言葉を受け入れるたびに 深い催眠状態に落ちていきます」
ちなみに深化はカウントを数えたり追い込み暗示を入れるのではなく
彼女の声と連動させるセリフを軽く言うだけでした。
私が聴いた時も少しリラックスしただけで催眠に類する感覚は特になかったですし
この内容で深いところまで入るのは残念ながら難しいと思います。

リラックスさせてからエッチに向けた準備を整える非常に独特な催眠です。
聴き手を乳首だけで感じられる心と体にしたうえで、彼女の言葉を受け入れられるようにすることを目的に
漸進的弛緩法っぽい運動を繰り返すところから始まり
乳首オナニーやドライの説明を挟んでから今度はイメージで行う、そして声に対する集中力を高めると
既存の催眠音声でやってることとは大きく違うやり方で進めます。

何を目指してるかはよくわかるし、それに向けて頑張ってるとは思います。
ですが催眠は技術を使ってなんぼですから、それが弱いとどうしてもかかりが浅くなります。
テーマを重視するあまり最も大事な「催眠をしっかりかける」ことを疎かにしてるのが気になりました。

あとは体験版を聴いていただければわかるようにBGMの音量が大きいのもマイナスに働いてます。
催眠音声は催眠者の声に集中できたほうがかかりやすくなるので
少なくとも声よりは音量を小さくするのが望ましいです。
せめてBGM無し版が入っていればよかったのですが、残念ながら今のところありません。
彼女の声量が控えめなのも相まって正直セリフを聴きにくかったです。

音量が大きいものも中にはありますけど、それは大抵音や音楽に暗示を込めるタイプの作品です。
テーマ性はあるのだけど実際に効くかと言われれば首を捻る催眠です。
乳首をじっくりねっとり責めるエッチ
エッチシーンは39分間。
プレイは乳首オナニー、PC筋トレーニングです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
音声の冒頭に服を脱ぐ指示が出ます。

「早く乳首がいじりたくて 疼くような感覚ですか? それとも じわじわと乳首の奥が熱くなるような感覚がしますか?」
長めの催眠をかけて主人公を自分の言いなりにした怜は
早速本題のドライオーガズムに向けて乳首をいじる指示を出します。

エッチは終始彼女に言われた通りいじったりイメージします。
最初の30分間は指を使って色んな刺激を与えるシーン。
乳輪をゆっくり撫でるところから始まり指先で乳頭をつつく、2本の指で上下に擦る
爪の先で引っかく、優しくつまんでから離すのを繰り返すなどやり方を変えて責め続けます。

「意識を快感に向けて 考えてみてください 指先が乳首に擦れる感覚や そこから生まれる感覚を 頭の中でイメージしてみてください」
そして彼女はここでもいじる、いじらない両方に対応できるリードをします。
快感が高まる暗示を入れることはあまりないのですが
その代わり何をするか、イメージすればいいかを丁寧に教えてくれます。
「~してください」と指示することが多いので催眠よりも同人音声のオナサポに近い作りかなぁと。

ただし乳首をいじる時間が非常に長く取られており
ある程度開発してる人なら実際にいじれば結構気持ちよくなれます。
また途中から太ももやお尻の筋肉を収縮させて前立腺にも刺激を送ります。

残りの9分間はドライオーガズムを目指すシーン。
先ほどやってきたことをもう一度繰り返してから絶頂指示を出します。

そしてここからは彼女の声が一気に3つまで増え
左右中央から気持ちよくなる暗示を入れてドライできるパワーを与えます。
ここだけは催眠色の強い内容だなと。
上手く催眠に入れる状況を作ってたらより気持ちよくなれる可能性を感じました。

このように、最初から最後までほぼ乳首だけを責め続ける尖ったエッチが繰り広げられてます。
トレーニング要素の強い作品
セルフ系の催眠音声よりは催眠つきの乳首系オナサポ音声と呼んだほうがしっくりくる作品です。

怜は日頃自分の検証に協力してくれてる主人公に変わった絶頂を味わわせようと
まずは催眠を通じて乳首オナニーやドライのことを教えつつ
心身の脱力、イメージ力、声に対する集中力を高めます。
そしてエッチは乳首を直接いじるかイメージするかを好きに選ばせ
その両方に対応する指示や実況をしながら色んな手段で責め続けます。

穏やかな催眠術師が乳首だけで気持ちよくするややM向けのシチュ
決まりきった技術をあまり使用せず作品固有の要素を組み合わせて進める催眠
ほとんど乳首に的を絞り、体や心に刺激を与えて少しずつ絶頂へ追い込む特化型のエッチ。
タイトルの「丁寧」と「乳首」を強く意識したサークルさんらしい作品に仕上がってます。

中でもエッチは前立腺を多少刺激するシーンがあるものの
それ以外は完全に乳首のみという思い切ったプレイをしてます。
乳首は開発具合によって得られる快感が変わるので万人向けとは言えませんが
いじり方の説明や切り替えるタイミングがしっかりしていてオナサポとして見る分にはよくできてます。

その一方で催眠については割と難しいことに挑戦されてるなぁと。
彼女の職業を催眠術師に定めたところを見ると
おそらくサークルさんは現代催眠式の誘導を目指して制作されたのだと思います。
乳首をいじる、いじらないを聴き手に任せてるのがいい例です。

ですがそのせいでエッチのセリフが中途半端になってます。
聴き手にとってもう片方の指示や暗示はいらないわけで
ならいっそのこといじるバージョンといじらないバージョンに分けたほうが良かったです。

途中までいじってて「やっぱりイメージにするか」なんて思う人はそうそういないでしょう。
逆はいるかもしれませんが仕切り直したほうがずっと集中できるし気持ちよくなれます。
催眠音声の時点で柔軟に対応するのは無理なので、割り切ったほうが品質は自然と上がります。

絶頂シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:綺音さん
総時間 1:35:21

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は5点。
95分で770円とコスパが良いので+1してあります。

↑このページのトップヘ