同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ:同人音声 > 7点

   ● 逆チカン電車~case01:いつも電車で見かける小悪魔JK~
   ● 双子姉妹の乳首開発レッスン
   ● 生物部の後輩はねっとり耳舐めしその様子を観察する【ハイレゾ/バイノ―ラル】
   ● 【バイノーラル】サキュバスのお気に入り~お耳も乳首もおち〇ぽも~
   ● 【バイノーラル】高貴なツノガミ様に甘とろ全肯定されて幸せなお射精が止まらなくなる休日
   ● 黒ギャルJKの射精我慢ゲーム
   ● 癒らしママの安眠耳舐め
   ● 図書委員後輩ちゃんとナイショの放課後
   ● 【KU100囁き耳舐め】ドスケベ援交JK三姉妹と子作りえっち♪【トリプルバイノーラル】
   ● ギャルJKにチクサポされちゃおう♪【バイノーラル】


【9/12まで30%OFF&過去作30%割引クーポン付き】逆チカン電車~case01:いつも電車で見かける小悪魔JK~

サークル「US耳」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、逆痴漢に興味を持ってる積極的なJKが
電車内でよく顔を合わせる男性とスリリングなエッチを楽しみます。

逆痴漢をこなしつつ彼女と仲良くなる様子を描いたキャラ重視の作りが魅力で
彼が本当に捕まらないよう声を潜めたり責めを緩める代わりに言葉責めで気持ちを盛り上げ
電車を降りた後は一転して甘い態度になり初キスや童貞を奪ってくれます。
シチュはM向けですがどぎつい表現はないので、女性に優しく弄ばれるのが好きな人に最も向いてるでしょう。
悪戯したいJKとされたい童貞
森中 胡桃(もりなか くるみ)に逆痴漢されるお話。

「……ねえ。さっきからお尻に何か当たってるんだけど」
胡桃は可愛くて整った声の女の子。
電車内でおちんちんを勃起させてる主人公を痴漢と勘違いすると
顔見知りだとわかり軽く挨拶してから連絡先を交換しようと言います。

本作品は元々逆痴漢したい欲求を抱いてた彼女が
今回の出来事をきっかけに仲良くなった彼と75分に渡って4種類のエッチをします。
2人は同じ電車の同じ車両に乗り合わせることが多く、お互いになんとなく気になってたそうです。
それを踏まえて最初から友達に近い態度で気さくに接します。

「そうだ。お兄さん、ちょっと手貸して ……はい、おっぱいにむぎゅー♪」
彼みたいな童貞が好みだと言い、自分からFカップの巨乳を触らせ
彼が乗り気になった後は耳やおちんちんを積極的に責めます。
逆痴漢が好きなだけあってなかなかの痴女ですね。
でも彼を陥れる気はまったくなく、ギリギリの線を突いてスリルを味わいます。

こちらを見下したり辱めるセリフもそれなりにありますが
声や口調が常に明るくプレイを楽しんでるのが伝わってきます。
中盤以降は逆痴漢に協力したことへのご褒美をくれますし
変わった性癖を持つ優しい女性に描かれてます。
臨場感を大事にしたエッチ
エッチシーンは4パート58分間。
プレイは耳舐め、ズボン越しの手コキ、パイズリ、フェラ、キス、SEX(対面座位)、疑似SEXです。
服を脱ぐ、手コキ、パイズリ、SEX、疑似SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「声出したら周りに怪しまれるから、ちゃんと我慢してね?」
主人公が自分で興奮してることを餌に逆痴漢への同意を取りつけた胡桃は
声を出さないよう注意してから耳をねっとり舐め始めます。

エッチは経験者の彼女が童貞の彼をリードします。
一番最初の「02:満員電車の中で……」は逆痴漢を楽しむパート(約20分)。
至近距離から耳舐めしながら軽い言葉責めをして興奮を煽ります。
そして十分温まったところでポケットに手を入れそこからおちんちんをしごきます。

「ぷふっ。身体、くの字に曲げちゃって……ださっ♪ 今のお兄さんの姿、鏡で見せてあげたいよ♪」
「安心して、流石に電車の中でチンポ出せとまでは言わないからさ♪」

初めての経験にテンションが上がってるのか、彼の情けない姿を笑ったり見下すことが多いです。
しかしその一方で社会的に死なないようしっかり気配りします。
ここでするエッチは同意の上での逆痴漢ですから破滅まで追い込もうとはしません。
興味があった男性を楽しませつつ、自分の欲求も満たすことを目指します。

ただし体への責めは一切手加減しません。
耳舐めはペースを落してますが粘性高めのちゅぱ音を多めに鳴らし
手コキも後になるほど刺激を強めてしっかり射精に追い込みます。
囁き声もシチュに合ってますし、本番に近いイメージプレイをしっかりやってくれます。

ちなみに電車内でエッチするパートはバックで電車に関する音が流れます。
それが入ってないバージョンも同梱されてますから、気になる場合はそちらを選ぶといいでしょう。


2番目の「03:普段降りない駅のトイレで」は駅のトイレでするパイズリフェラ(約15分)。
射精で汚れてしまったパンツの換えを買ってきた彼女が
まだまだ元気なおちんちんを自慢のおっぱいで気持ちよくします。

「ほら、目の前でゆさゆさ揺らしてあげる。たぷたぷ、たぷたぷ~♪」
そしてここからはご褒美色が一気に強くなります。
彼が以前からおっぱいや太ももに興味津々だったのを汲み取って
自分から服を脱いでおっぱいを晒し、さらにローションまで垂らしてぬめりをよくします。

逆痴漢を無事成し遂げたことに対する感謝の気持ちを表してるように映りました。
言葉責めも大幅に減り、彼を喜ばせることを第一に考えて責めます。

その部分が最も色濃く出るのが「04:ラブホでJKと悪いコト」(約14分)。
場所を駅のトイレからラブホへ移し、そこで彼の童貞を優しく奪ってあげます。

「そうそう、歯を食いしばっておまんこ刺激に耐えてっ……あんっ、あぁっ、んぅっ♪」
初めてのキス相手になれたことを素直に喜んだり
抱き合ったまま挿入して熱っぽい吐息と喘ぎ声を漏らすなど
このパートだけはほぼ対等な関係でストレートに愛し合います。
逆痴漢から内容は大きく脱線してますが、本作品はキャラを重視してる部分が強いので
こういう場面を作って彼女の優しさや面倒見の良さを出したかったのだと思います。

このように、逆痴漢を通じて出会った男女の愛情模様を描いたややアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
優しく弄んでくれる作品
年下の女性が変わったシチュで悪戯してくれるソフトM向けの作品です。

胡桃は自分の中にくすぶってる逆痴漢への欲求を満たすために
以前から電車内でよく見かけ、今回たまたま近くにいた主人公にそれを打ち明けます。
そして了承を取れた後は理想に近いプレイを成し遂げ、その後は十分過ぎるほどの見返りを与えます。

変わった性癖を持つ積極的なJKがM男を逆痴漢で弄ぶシチュ
エッチシーンのおよそ半分を電車内でのプレイに割いて励むタイトル通りの展開
その後は一転して優しくなり彼の童貞卒業を手伝う彼女の優しいキャラ。
要所をしっかり押さえつつキャラも引き立つように作品を組み立ててます。

「ふふっ……名残惜しそうな顔しちゃって。本当可愛いんだから」
中でも彼女は逆痴漢中の巧みな責めと以降のギャップが大きく魅力的です。
年上で童貞な彼を見下すどころか親身になってお世話するのでM性が低めの人でも普通に聴けます。
最終パートの「05:電車の中でへこへこオナニー」も別タイプの逆痴漢をしますし
2人が同じくらい満足できるように考えてリードしてくれます。

逆痴漢モノの中ではマイルドな部類に属しますが
「case01」がついてることからたぶんシリーズ化を予定してるのだと思います。
今後はよりハードかつ大胆な女性が登場するのではないでしょうか。
第一作ということで入門者向けの内容に抑えられてます。

射精シーンは4回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

Sっ気をあまり出さずに弄ばれるのが好きな人には特におすすめします。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:16:18

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月12日まで30%OFFの756円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

双子姉妹の乳首開発レッスン

サークル「玄姫屋」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、風俗店っぽい場所で働いてる双子の女の子が
男性の左右に寄り添いながら乳首開発を応援します。

最初から最後まで乳首とその周辺だけをいじる尖った作りが魅力で
片方は掛け声でリズムを取り、もう片方は耳舐めで興奮を与えるスタイルを取り
アドバイスを挟みながら10分程度の間隔でプレイを変化させ少しずつドライオーガズムに導きます。

今回は50分コースを聴いてのレビューをお送りします。
隠れた性感帯を徹底開発
リサとリカの指示に従って乳首オナニーするお話。

「いらっしゃいませ ご主人様」
リサは明るくて可愛い声の女の子。
「本日は ご主人様がこちらに来られるとお聞きしていましたから しっかり準備はしております」
リカは素朴で穏やかな声の女の子。
自分たちのところへやって来た主人公を嬉しそうに迎えると
自己紹介した後にこれからするレッスンの内容を教えます。

本作品は乳首開発の経験豊富な彼女たちが
おそらく未開発な彼を相手に60分ほどを使って合計4種類のエッチなトレーニングをします。
彼のことを終始「ご主人様」と呼びますが、本当の主従関係を結んでるわけではなさそうです。
だからいつも友達っぽい気さくな態度で色んな指示を出します。

リサ「大丈夫だよ ここからはご主人様のお望み通り さっきまで散々焦らされてた乳首さんへの刺激させてあげちゃうから」
乳首をどんなふうにいじるかの説明はもちろん
「くるくるー」「コリコリ」といった掛け声を出してリズムも教えるきめ細かなリードをしてくれます。
作中で乳首とその周辺以外の部位をいじることは一切ありません。
乳首だけを徹底的に責め、その快感に目覚めさせることを目指して作られてます。

絶頂形式が射精ではなくドライになるので
最初は無理に目指さずおちんちんもしごきながら乳首オナニーしたほうが満足できると思います。
そしてある程度慣れたら前者の割合を減らし、より乳首の快感を楽しむようにするといいでしょう。
複数の性感帯を同時にいじったほうが開発具合を実感しやすいです。

もうひとつの特徴は5つのコースが用意されてること。
時間がない人でも無理なくトレーニングできるように
10分、20分、30分、40分、50分の中から好きなものを選べます。

時間が長いコースはそれより短いものの内容を含んでますから
とりあえず一通り試してみたい人は50分を選ぶといいでしょう。
逆にちょっと暇ができたけどやることがない時は20分あたりにすれば良い暇つぶしになります。

乳首開発を強く意識したエッチと複数のコースを選べる使い勝手の良さ。
トレーニング要素を強めに持たせた独特な切り口の作品です。
心身をバランスよく責めるエッチ
50分コースのエッチシーンはほぼ全編にあたる62分間。
プレイは耳舐め、乳首オナニーです。
エッチな効果音はありません。

リサ「それでは 気持ちいい男の子の乳首オナニーレッスン 始めていきましょうね」
冒頭の3分ほどを使って乳首性感開発コースの概要を説明した双子は
その手始めとしてリサが右、リカが左に陣取り主人公の耳を舐め始めます。

エッチは終始彼女たちに言われた通りオナニーします。
最初の24分間はウォーミングアップと呼ぶのがぴったりなプレイ。
前半の12分は乳首をいじらず彼女たちから両耳舐めされ
後半は服の上から乳輪だけを撫でて性感を高めます。

リカ「知ってますか? 乳首オナニーって 男の人のチンポしごきと違って 頭の中での快楽のイメージも重要なんです」
彼女たちは言わばプロですから乳首開発の手順を熟知してます。
気持ちが盛り上がってない状態でいじっても気持ちよくなれないと判断し
まずはエッチな音を多めに鳴らして乳首オナニーに向けた心の準備をします。

この後のシーンも含めて合間に軽いアドバイスを挟むところがトレーニングらしいなと。
1回で気持ちよくするのではなく、繰り返して徐々に開発することを見据えてリードします。
ちなみに服装はTシャツを着ておくのがいいです。

トレーニング中はほぼずっと耳舐めするのもポイント。
オナサポに不足しがちなエロさを補う重要な役割を果たします。
リカはむしゃぶりつくような激しめの音、リサはそれよりも緩やかで抑えた音と
2人の性格に合わせて責め方を多少変えてあります。

乳首開発が一番の魅力なのは間違いありませんけど
耳舐めのボリュームが非常に多いので、それが好きな人も楽しめると思います。

肝心のオナサポについてはリサが「くるくるー」という掛け声を一定の間隔で言い
リカはそれとは別に耳舐めする役割分担形式で行います。
掛け声の出し方がまったく同じところを見ると音声をループさせてるのでしょう。
途中に会話を挟む時も引き続きいじるように指示して乳首オナニーに慣れさせます。

中盤以降は刺激をより強くしたプレイ
シャツ越しに乳首をすりすり擦る(掛け声は「すーりすり」)
シャツの中に両手を入れ指の腹で直接撫でる(「こりこり」)、親指と人差し指で挟み込みこねる(「こねこね」)と
10分程度の間隔でやり方を変えながらいじり続けます。
そして直接撫でるシーンからはリサが耳舐め、リカは掛け声と役割が入れ替わります。

リサ「溜め込んだ快楽 たっぷり開放しちゃいましょうね」
私は乳首開発済みなので未開発ならどうかはよくわからないのですが
シャツ越しにいじり始めたあたりからピリッという鋭い快感が断続的に味わえました。
地肌よりも布越しのほうが滑りが良くて初心者でもやりやすいと思います。
彼女たちも彼のことを見下さず明るい態度で応援します。

とにかく時間いっぱいいじらせてくれるのがすごく良いなと。
乳首は自分でやろうとしない限りまずいじることのない部位ですから
十分な時間を取って刺激を与え続けることで始めて良さがわかります。
何をすべきかしっかり見据え、その通り動いてることに感心しました。

欲を言うならもう少しプレイの種類を多くして欲しかったです。
最後の指で摘む以外は比較的大人しいもので揃えられてるので
爪で優しく引っかくとか、軽めに弾くといった別タイプのものも盛り込んだほうが
色んな刺激を受けられるし快感にも慣れにくくなってプラスに働いたと思います。

ちなみに本作品の絶頂は明確なタイミングを設けてません。
オナサポしながら双子が適度に「イっていいよ」と許可を出します。
おちんちんに比べて制御しにくいからこうしたのでしょう。

このように、オナサポと耳舐めを柱にした親切丁寧なエッチが繰り広げられてます。
乳首未開発者向けの作品
催眠抜きでドライへ持っていこうとする意欲作です。

リサとリカは乳首開発に興味を持った主人公にその素晴らしさを教えようと
最初から友達に近い親しげな態度で接しながら色んなプレイを提供します。
そして2人いる状況を活かして乳首オナニーの指示をするのと同時に耳舐めもします。

可愛くて優しい双子が乳首開発を応援する変わったシチュ
10分程度の間隔でいじり方を変えながら時間いっぱいオナニーする実用性重視の作り
5つのコースを用意したりちゅぱ音を多く鳴らす彼女たちの気配り。
新しい快感の扉を開く第一歩として申し分ない作品に仕上がってます。

中でも3番目は繰り返し聴くことを想定していて素晴らしいです。
1時間くらいの作品だと何度も聴くのは億劫になるかもしれませんが
20分とか30分まで短縮できればその可能性はぐっと下がります。
筋トレとかと同じく定期的にやって徐々に鍛える現実志向のトレーニングです。

ただし、この内容ですと開発済みの人には物足りないかもしれません。
全体を通じて刺激が弱めで各トレーニングは同じことをひたすら繰り返すのがその理由です。
慣れてる人の場合、いじり方をもっと短い時間で切り替えたほうが気持ちよくなれると思うので
こういうプレイとは相性があまり良くないんじゃないかなと。

私が実際にやってみた時も「もう少し変化が欲しい、刺激が欲しい」と感じました。
そんなわけで当サイトでは乳首未開発者、もしくは開発途中の人にのみおすすめまします。

明確な絶頂シーンはありません。
ちゅぱ音多め、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:来夢ふらんさん
総時間 1:06:53

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月17日まで50%OFFの540円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

生物部の後輩はねっとり耳舐めしその様子を観察する【ハイレゾ/バイノ―ラル】

サークル「シロイルカ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、昆虫の標本作りを趣味にしてる大人しい後輩が
偶然出会った先輩を相手にエッチな研究をします。

彼の体を消毒する名目で耳舐めやキスをしたり
体を柔らかくするついでに性欲処理の手伝いをするなど
標本作成っぽさを出しつつ1回の射精に向けてゆっくりじっくり責めてくれます。
標本好き少女の次のターゲットは
後輩の詩織と3種類のエッチをするお話。

「あら? あなたは… 一体何してるんですか?」
詩織は素朴で可愛い声の女の子。
生物準備室にいる主人公に不思議そうな表情で声をかけると
彼が持ってる標本から手を離すように言います。

本作品は廃部寸前の生物部で1人活動してる彼女が
忘れ物を取りにやって来た彼を100分程度に渡ってエッチに弄びます。
彼女が作成途中だった高価な標本を壊してしまったお詫びとして
彼自身を素材に標本作りをする結構変わったシチュで進めます。

「この匂い これが人間のオスの香りなんですね」
おちんちんを含めた色んな部分の匂いを嗅ぐ、体を舐めてその味を確かめる
交尾の感覚を体験するためにSEXをお願いするなど
会ったばかりとは思えないほど積極的な行動を取ります。
そしてこれらをやるにあたり吐息を多めに漏らして彼女の心境を伝えます。

男性経験が一度もないのに加えて探究心が強いキャラなので
普段と興奮時の違いが結構はっきり出ます。
サークルさんは「絶妙な「ヤバさ」」を本作品の売りに掲げられてるようですが
少なくとも私にはごく普通の純情な女の子に映りました。

中盤に彼の体をロープで縛ることがあるものの
それ以外にアブノーマルなことをするシーンは特にありません。
学校に通ってる年頃の男女がするエッチに若干の捻りを加えた感じですから割と誰でも聴けます。

プレイスタイルについては射精シーンを2回まで絞り込み
それに向けてじっくりねっとり責めることを心がけてます。
彼に意地悪したくてそうするというよりは、体を隅々まで確かめてたらそうなった感じです。
焦らしよりもスローSEXと呼ぶのが妥当かなと。
ちゅぱ音や効果音の量が結構多いですから実用性はそれなりに高いと言えます。
徐々に激しくなるエッチ
エッチシーンは3パート77分間。
プレイは耳舐め、キス、体の拘束、乳首責め、おっぱいを押しつける、手コキ、フェラ、SEX(対面座位)です。
体を拘束する、服を脱ぐ、手コキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「じゃあ代わりに 同じ人間の唾液を使うのはどうでしょう?」
300万の標本をダメにした主人公に「お詫びがしたい」と言われた詩織は
彼が標本になることを提案し、その手始めに耳を舐めて消毒します。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の「【1】ねっとり耳舐め」でするのは耳舐めとキス(約13分)。
数分ごとに左右を変えながら耳元至近距離でちゅぱ音を鳴らし
その合間に鼻を鳴らして匂いを嗅いだりキスして彼の体と反応を楽しみます。

「ちゃんと じっとしててくださいね 昆虫も 標本にする時は とっても大人しいですから」
彼を標本代わりにして責めるので動かないように言うことはあるものの
特に怒った様子もなくゆっくり丁寧に耳を舐めまくります。
舌を小まめに動かすおかげでコリコリした音がよく鳴りますし
合間に漏れる吐息も熱を感じられてリアルです。

人によっては罰よりご褒美に感じるかもしれませんね。
でもおちんちんには指一本触れないところに生殺し感があります。
彼を気持ちよくするよりも標本作りを優先するあたりが彼女らしいなと。

続く「【2】ねっとり拘束手コキ」はより踏み込んだプレイ(約33分)。
次の日、再び生物準備室にやって来た彼の体をほぐすことを目的に掲げ
途中で動かないよう椅子に固定してから性感帯を熱心に観察します。

「少ししょっぱい 先輩も汗かいてます? もう少し確かめてみようっと」
彼の目の前で服を脱いでから首筋や乳首についた汗を舌で舐め取り
そのお返しに火照ったおっぱいを顔に押しつけて自由に舐めさせるなど
前のパートよりも大胆に振る舞うシーンが多くてエロいです。
吐息の量が増えてることも含めて、彼女が彼の体に興味を抱いてるのがよくわかります。

手コキの際にセリフと効果音のリズムを合わせてるのも印象的でした。
彼女が「くにゅくにゅ」「しこしこ」と言うたびに粘性高めの水音がゆっくり鳴ります。
鈴口、亀頭、睾丸をまじまじと観察する姿も初々しくて良いです。
シチュは割とM向けですが、言葉責めなどM性のある要素をまったく入れずに少しずつ射精へ導きます。

「【3】ディープキスからねっとりフェラ、そして…」は最後の仕上げ(約31分)。
さらに後日、エッチを始める前に彼女がとあることを謝り
それからお互い裸になってフェラとSEXを楽しみます。

「昨日からずっと気になってたんです これ どんな味がするんだろうって」
おちんちんの味を確かめたくてフェラするところは今まで通りですが
それを始める前に微笑んだり軽い喘ぎ声を漏らす女の子らしい姿も見せてくれます。
耳舐めやキスとの違いがはっきり出るようにフェラは「吸い」をメインに据え
普段よりもパワフルなちゅぱ音を鳴らして本番に向けた準備を整えます。

もう少し不得手さを出したほうが彼女の属性に合ってる気もしますが
最終パートだから抜きを重視したのかもしれません。
早めの段階から熱っぽい吐息を漏らしてくれて彼女の気持ちが自然と伝わってきます。

「先輩のおちんぽ 奥のいいところに こつこつって当たってます き、気持ちいいよぉ」
山場のSEXシーンは13分ほどを用意し
挿入後に軽い会話をしてからほぼ無言でピストンを続けます。
リアルな吐息をたっぷり聞いてほしいからこうしたのではないでしょうか。
セリフは状況説明や彼女の心情を漏らす程度に留め、エッチな声と音で抜かせるように作られてます。

このへんまで来ると標本作りはほとんど関係なくなりますから
ヤバさを特に感じることなくオナニーできると思います。
このように、好奇心旺盛な彼女の性格を盛り込んだ甘めのエッチが繰り広げられてます。
キャラが立ってる作品
詩織の近さや熱を感じさせながらまったりエッチする作品です。

詩織は自分の標本を触り台無しにした主人公の気持ちを汲み取り
彼自身を標本代わりにしてその見た目、匂い、味、感触を興味津々な様子で確かめます。
そして次第に自分が興奮してることに気づき、最後はSEXで女の喜びを味わいます。

大人しいけど好きなことには積極的な女の子が先輩と初体験するあまあまなシチュ
初々しさを出しつつ各プレイを丁寧にこなすスローなエッチ
後になるほど吐息が熱を帯び、性格も素直になる彼女のキャラ。
作品固有の要素を盛り込んだ純愛系のストーリーに仕上がってます。

「こんな大きいのが 私の中に入るのかと思うと なんだか 興奮してきちゃいます」
特に彼女は仕草、表情、心境などがセリフと吐息で細かく描かれており
バイノーラル録音によるリアルな声も相まって近さと熱を感じやすいです。
本レビューではネタバレを回避するためにわざと伏せた部分がありまして
それを知れば彼女をもっと魅力的な女性に感じると思います。

逆に気になった点は「ヤバさ」がほとんどないことです。
エッチするきっかけは特殊ですが、プレイは男女がするごく普通のもので揃えられてますし
責め方も彼女の処女属性を重視して結構まったりしてます。
サークルさんがおっしゃられてることと実際の内容にズレがあるかなぁと。

言葉責めがもう少し充実してれば随分印象が変わったでしょうね。
あとは連続射精させるパートをひとつ用意するとか。
聴きやすい反面、ヤバさに期待して聴くと肩透かしを食らいそうです。

射精シーンは2回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、淫語と喘ぎ声それなりです。

ボーナストラックは後日談です。

CV:御崎ひよりさん
総時間 1:52:48(本編…1:48:03 ボーナストラック…4:45)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

【バイノーラル】サキュバスのお気に入り~お耳も乳首もおち〇ぽも~

サークル「めとりくす」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、穏やかで精液大好きなサキュバスが
自分好みの精液を出す男性から色んな手段で搾り取ります。

サキュバスらしさを出しながらじっくり責めるのが特徴で
どのパートも射精シーンを1回まで絞り込み
分身して左右の耳や乳首を同時に責めたり、尻尾でおちんちんを咥え込むなど
人間の女性にはできないプレイを盛り込んでエロさの密度を上げます。
グルメなサキュバスに魅入られて
サキュバスのソフィアと4種類のエッチをするお話。

「こんばんはー はじめまして」
ソフィアは甘く可愛い声の女の子。
主人公の家にやって来て親しげに挨拶すると
その理由を説明してから特殊な結界を張ります。

本作品は自分に合った精液を追い求めてるグルメな彼女が
彼を相手におよそ90分に渡る濃厚なエッチをします。
耳舐め、乳首責め、SEX、オナニーとパートごとに異なるプレイを用意し
いずれも1回の射精に向けてじっくり責めるスタイルを取ります。

「サキュバスにとって 濃厚な精液は最高のご馳走 君の精液ね すごくすごく美味しそうなの」
彼女はどちらかと言えば量より質を重視するようで
おちんちんを激しく責めたり連続射精されるといったハードなことはやりません。
彼自身やおちんちんを褒め称えてやる気にさせ
耳や乳首といった別の性感帯も同時に責めて精液を熟成させます。

またSEXや相互オナニーをするシーンでは喘ぎ声を積極的に漏らします。
性格は近所のお姉さんっぽい印象を受けました。
完全女性上位で進めつつM性を低めにして気分良く射精させます。

もちろんサキュバスらしいところも備わってます。
前半の2パートは中盤から彼女が分身して最大3人まで増え
左右中央からエッチな声や音を同時に鳴らして興奮させます。

他にも魔法をかける、尻尾をオナホ代わりにするなど人間にはできない要素を盛り込んでます。

責めっぷりは割と緩くして密度を上げる感じです。
全編バイノーラル録音なだけあって声と音の質感も高く
各パート1回ずつ抜けるくらいのエロさを持ってます。
その一方で言葉責めはかなりソフトにしてあります。

1回1回を大事にした責めっぷりとサキュバスならではのプレイ。
過酷さをできるだけ薄めたうえで実用性を上げてるノーマル~ややM向けの作品です。
抜き要素が充実してるエッチ
エッチシーンは4パート81分間。
プレイは耳舐め、フェラ、乳首責め、尻尾責め、SEX(騎乗位)、キス、相互オナニーです。
服を脱ぐ、尻尾責め、SEX、ソフィアのオナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ソフィア まずは君の体を味わいたいなぁ」
部屋に結界をかけて誰にも邪魔されない状況を作ったソフィアは
主人公と一緒に服を脱ぎ、体を密着させて耳に息を吹きかけます。

エッチは最終パートを除き彼女が責め続けます。
前半の2パート46分間は複合責めが魅力のシーン。
「02 ソフィアの耳舐め」は両耳舐め+フェラ、「03 ソフィアの乳首責め」は両乳首舐め+尻尾責めと
異なるプレイを同時に行い性感と射精感を少しずつ高めます。

「可愛い体 おちんちんも素敵」
彼女はサキュバスの中でも穏やかな性格をしており
彼のことを適度に褒めながら上品なちゅぱ音を鳴らします。
一応後半で「変態」と言い始めるものの、声が柔らかいので見下されてる感じはあまりしません。
良質な精液を出せる彼にある程度の敬意を払って搾精を続けます。

プレイはどちらもちゅぱ音の量が多く密度が高いのがポイントです。
耳は水分控えめで舐めメイン、乳首やおちんちんはやや下品で舐め+吸いといった具合に
責める部位ごとに違いを持たせて音だけでイメージできるようにしてます。
特にフェラは「むしゃぶりつく」と表現するのがピッタリな激しい音を鳴らしてました。

ちなみに本作品では乳首を責める時間が合計27分ほどあります。
効果音は鳴りませんけど多少は実況してくれますから
開発済みの人は一緒にいじるとより気持ちよくなれるでしょう。

それに対して後半の2パート35分間は喘ぎ声が光るシーン。
2回出してもまだまだ元気なおちんちんを騎乗位で咥え込み
その後は彼のリクエストに応えて相互オナニーをします。

「あぁっ すごい 君のチンポ 硬くて 熱くて」
M向けのサキュバス作品ではまったく喘がないこともあるのですが
本作品では積極的に喘いで抜きやすくしてます。
挿入した直後は腰を前後に動かし、少し経つとピストンに変化する流れも丁寧で良いです。
効果音は他サークルさんの素材らしいですが、動きに合わせて別のものを鳴らします。

私は「06 ソフィアのオナニー」のほうがエロく感じました。
パートの前半はクリオナ、後半は指を挿入する膣オナとスタイルを変え
喘ぎ声の漏らし方やリズムも変えて臨場感を出してます。
サキュバス相手に相互オナニーする展開も珍しく
彼女が彼を単なる精液製造機と見てないのがわかります。

このように、前半と後半で方向性を大きく変えた抜きやすいエッチが繰り広げられてます。
甘めのサキュバス作品
サキュバスの要所を押さえたうえできつさを極力削いでる作品です。

ソフィアは自分好みの精液を出せる彼から無理なく搾精しようと
連続射精やハードな責めを排除し、その代わり同時責め主体にしてじっくり熟成します。
そして後半は彼女自身も楽しみながらエッチな声を上げて男心をくすぐります。

穏やかで精液大好きなサキュバスが男性とひたすらエッチするわかりやすいシチュ
彼の心身に気を配りながら責める比較的マイルドな作り
分身や尻尾責めといった固有の要素を盛り込んだ濃いエッチ。
M向けでは定番のキャラをノーマル寄りにアレンジして個性を出してます。

「(オナニー)一緒にするのって 結構いいね いつもより興奮しちゃった」
彼女は自分が認めた相手に対してはたとえ人間であっても優しく接します。
結界を張って逃げ道を塞ぐ以外は強引さを感じる描写はなく
彼ができるだけ気持ちいい状態で射精できるようじっくりリードします。
最終パートは彼の言う通りにしますし、良い意味でサキュバスっぽくないキャラに描かれてます。

ただ終始優しいだけだと本当に近所のお姉さんになってしまうから
エッチの責め方でバランスを取ってます。
どのパートも聴き手が実際に抜けるあたりに調整してあって良かったです。

「君の勃起チンポ ソフィアのおまんこが 根本まで咥えこんで おちんぽの上のほうまで 上がって また根本まで 入って」
唯一気になったのがエッチシーンでのセリフ。
上のように物事をそのまま実況することが多いです。
こういうセリフを繰り返すと官能小説っぽくなってしまうので
もう少し会話調の表現にしたほうが自然になると思います。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音多め、淫語・くちゅ音・喘ぎ声それなりです。

CV:琴音有波(旧名:紅月ことね)さん
総時間 1:37:22

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月17日まで90%OFFの108円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

【バイノーラル】高貴なツノガミ様に甘とろ全肯定されて幸せなお射精が止まらなくなる休日

サークル「劇團近未来」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、主人公のことを溺愛してる神様が
彼を全肯定しながら癒したりエッチに甘やかします。

言葉と行為の両方から彼女の愛を伝えるあまあまなサービスが行われており
彼を我が子に見立ててぎゅっと抱きしめる、頭を撫でる、優しい言葉をかけるなど
癒しを感じる要素をいくつも盛り込み、さらに彼女も幸せそうな表情を見せます。
甘やかし上手な神様と
ツノガミ様が耳かきやエッチをするお話。

「あるじどのー 一緒にお茶でもいかがかのー?」
ツノガミ様は古風なしゃべり方をする優しい声の女の子。
主人公が寝てることに気づきすぐさま囁き声に変えると
彼の近くに寄り添い体をゆっくり撫でて甘やかします。

本作品は以前彼に助けられてから一緒に暮らしてる彼女が
80分程度の時間を使って乾布摩擦、耳かき、エッチをします。
非エロ42分、エロ24分と前者にかなり力を入れており
お世話の最中に彼を全肯定する言葉をいっぱい投げかけて心の芯から癒します。

「この香りは 主殿の汗かえ? あぁ なんとも男らしい匂いよ」
寝ている彼が風邪を引かないよう羽織をかける
起きた後は体を密着させて汗の匂いを堪能するなど
良いところはもちろん、そうでないところもべた褒めしていい気分に浸らせます。
神様なので話しぶりはやや尊大ですけど、性格は近所のお姉さんみたいにあまあまです。

もうひとつの特徴は「共依存」
彼は赤ちゃん、彼女はその母親になりきってあれこれお世話しながらお互いを求め合います。

「主殿の苦しそうなチンポ 吾の体で癒したいのじゃ」
もう少しわかりやすく言うと、お世話すればするほど彼女が幸せそうな表情を見せます。
神様という立場上、人とここまでイチャイチャする機会に恵まれなかったのでしょう。
エッチの終盤では文字通りひとつになったりと、愛情を惜しみなく注いで彼の気持ちに応えます。

本作品のキーワードは全肯定と共依存です。
このどちらかあるいは両方に興味のある人ならきっと楽しめるでしょう。
音とセリフで癒やすサービス
冒頭に簡単なやり取りをした後から始まる2パート23分間は非エロのサービス。
「3.乾布摩擦」は乾いたタオルで主人公の上半身を隅々まで拭き
「4.耳かき」は膝枕の状態で右耳→左耳の順に耳かき棒と梵天でお掃除します。

「吾(あ)が脱がせるゆえ じーっと身を委ねるがよい」
ツノガミ様のほうから乾布摩擦を提案し
服を脱がせて首、胸、お腹、背中をひとつひとつ丁寧に拭きます。
効果音が常に鳴り続けてることや位置と距離にほぼ変化がないのは残念ですが
最中に投げかけられる言葉はどれも慈愛に満ちてて癒やされます。
お世話してる間はほぼずっと会話するのでASMR成分は低いです。

続く耳かきは耳かき棒が「ずすっ」という乾いた平べったい音
梵天は「ぷすぷす」という柔らかい音を採用し
奥から手前にゆっくり掻き出す、ゆっくり回転させるように動かすと特徴を捉えた動きをします。

耳かき棒は穴の入り口と奥で音を微妙に変えてるのが良いですね。
奥に移動すると音量がやや大きくなり彼女の声も近づきます。
時間は13分と短めですが音質、動きいずれも比較的レベルが高いです。

「気持ちが良すぎるとお顔が緩んでしまうのう よしよし もっとしてやろう」
最中の彼女は乾布摩擦の時と同じくあまあま。
心地よさで顔が緩んでるのを見て一層頑張る健気な姿を見せてくれます。
本作品のテーマは共依存ですから彼女の仕草や心情を描くことも重要です。
そうやってエッチに向けて一体感を徐々に高めていきます。
身も心もひとつになる幸福感
エッチシーンは2パート24分間。
プレイは乳揉み、手コキ、耳舐め、耳を指で撫でる(超短時間)、SEX(騎乗位)です。
服を脱がす、手コキ、耳を指で撫でる、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「吸っても舐めても構わぬよ 両方とも 坊やのためのおっぱいゆえのう」
主人公から金平糖を口移しで食べてる最中、彼が勃起してるのに気づいたツノガミ様は
パンツ越しにおちんちんを撫でながら自分のおっぱいを好きにいじらせてあげます。

エッチは常に彼女がリードします。
最初の「6.授乳手コキ」は2人の関係をストレートに反映させたプレイ(約13分)
彼女はおちんちん、彼はおっぱいを責めるスタイルでゆっくり射精に導きます。
赤ちゃん言葉を話すことはありません。

「主殿のお口はいつもやさしゅうて 身も心も甘く溶けてしまうなぁ」
エッチに入っても彼女の優しさはまったく衰えません。
彼をいたわる言葉を投げかける一方で幸せそうな表情を見せます。
手コキの効果音や耳舐めのちゅぱ音が入るのでエロさもそこそこありますが
それよりも彼女を愛す/愛されるシチュでイかせるエッチだと思います。

彼が射精した後もゆっくり責めてスッキリさせるのが印象的でした。
無事出し終えた後はそのことを褒めてハグするなど、細かなところにまで気を配ります。

続く「7.耳舐め騎乗位」はより踏み込んだプレイ(約11分)。
1回出してもまだまだ元気なおちんちんを鎮めようと今度はおまんこに迎え入れます。

「さぁさ坊や おかえりなさい 頭を空っぽにして 思うまま気持ちようなれ」
挿入開始から終了まで1分30秒もかけ、少しの間動かずにお互いの感触を確かめます。
そしてゆっくりペースで動き始め、後になるほど速くなるスローなSEXです。
彼女も熱っぽい息遣いで話しかけるものの、それほど喘いだりしませんでした。
母親のおまんこに帰る心地よさとエロさを組み合わせて幸福感を与えます。

作品のコンセプトに合ったエッチをしてると思うのですが
プレイの時間が短いこと、責めがソフトなこと、最中のセリフが引き続き全肯定メインなことから
オナニーのオカズに使うには物足りないかなぁというのが率直な感想です。

スローSEXをテーマにする場合、プレイ時間を長めに取ってエロさを補う工夫をします。
そもそも時間が短かったらスローにできませんからね。
この作品もそういう方針でエッチを組み立ててたら随分違ったでしょう。
18禁作品である以上、抜けるかどうかはとても重要です。

このように、彼女の優しさや一体感を大事にしたソフトなエッチが繰り広げられてます。
愛に満ちてる作品
心優しい神様が惜しみない愛情を注いでくれる作品です。

ツノガミ様は自分を助けてくれた主人公を少しでも幸せにしようと
神様よりも実の母親のような態度で話しかけたりお世話します。
そしてその最中に全肯定のセリフを多く投げかけ、さらに自分も幸せな表情を見せて心身両面を癒します。

良い意味で神様らしくない女性がひたすら甘やかすノーマル向けのシチュ
彼のすべてを受け入れ褒め称える全肯定スタイル、彼を癒す中で彼女も癒やされる共依存の関係。
作品固有の要素を上手に組み合わせて癒やされる物語を作り上げてます。

「主殿を幸せにするのが 吾の唯一の望みじゃ」
特に共依存は彼女が好きでお世話してることを表現するのに役立ってます。
人を救う立場にある神様が逆に救われる展開も面白いです。
多くのシーンで密着し耳元で語りかけるなど、心と体の近さにこだわって作られてます。

サービスはどちらかと言えば非エロのほうが優れてると思います。
時間がエロより長いですし、内容も素朴なものが多くてシチュに合ってます。
耳かきは音が良かったのでもう少し長く聴きたかったですね。

あと気になったのは主人公の呼称でしょうか。
通常は「主殿」で時折「坊や」と呼んでます。
母親にあたる女性に主殿と呼ばれるのは違和感がありますし
授乳手コキやSEXをする時は坊やで統一したほうがスッキリすると思います。

射精シーンは2回。
くちゅ音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

キャラや非エロのサービスは良いけどエロは改善の余地があると判断し
今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:室井かなめさん
総時間 1:17:58

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年8月26日の24時まで30%OFFの756円で販売されてます。

黒ギャルJKの射精我慢ゲーム

サークル「Muse」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、明るくてサービス精神旺盛な黒ギャルJKが
ネット通話で出会ったM男のオナニーを応援します。

彼女らしさを出しながらリードするのが特徴で
全編を通じて軽いノリで話しかけながら序盤は指示重視で進め
中盤以降は緩くする代わりに耳舐めや喘ぎ声といったオカズを提供します。
適度にご褒美をくれますからM度が低めの人でも楽しめるでしょう。
ガードの堅いギャルとエッチな勝負
黒ギャルJKがオナサポするお話。

「こーんばーんはー ちゃんと聞こえる? 見える?」
黒ギャルは砕けた話し方をする明るい声の女の子。
ネット通話で主人公に挨拶しお互いのことを色々話すと
いきなり下ネタを振ってきた彼に軽く引きつつ笑って受け流します。

本作品は見た目は遊んでそうだけど性格は結構真面目な彼女が
PC越しに彼を見ながら55分程度に渡るエッチなサービスをします。
挿し絵の通り自宅でやってるのでお金は取らず
友達に話しかけるような軽いノリで色んな指示を出します。

「えー? だって窮屈で邪魔だしさー 誰も見てないんだからブラ外してもいいじゃん」
そして作中では彼女の魅力が引き立つやり取りが随所で行われます。
自宅だからと無防備な服装で彼に向かい合うものの
彼がおっぱいを見たいと言うと「キモイ」「引く」と返してその意思がないことをはっきり伝えます。
しかし彼が真剣にお願いしてるとわかったらチャンスを与える優しいところも持ってます。

終盤には大胆なこともするのでギャルなのは間違いないのですが
いきなり股を開くのではなく、彼と自分の相性が良いか見定めてから実行します。
作中で「彼のことを気に入った」と言ってますし、割としっかりした女性に映りました。

エッチについては2人が直接触れられない状況なので
彼女が乳首のいじり方やおちんちんをしごくタイミングを指示するオナサポ形式を採ってます。
ただし、ずっと指示するだけでは彼女の魅力が引き立ちにくいと判断されたのか
乳首とおちんちんでリードのやり方を大きく変えてます。

詳しくは次項で説明しますがクリア難度は割かし低いほうに位置します。
彼女が色々サービスしてくれるおかげで純粋なエロさも高く
ややMあたりの人が最も楽しめるように調整されてます。
ギャルらしさを出しつつ射精を我慢させる明るい雰囲気の作品です。
飴と鞭のバランスが取れたエッチ
エッチシーンは48分間。
プレイは乳首オナニー、オナニー、パンツ/おっぱい/おまんこを見せる、耳舐め、黒ギャルのオナニーです。
エッチな効果音はありません。

「じゃあゲーム開始ね まずはー 服脱いでくれる?」
自分の指示通りにオナニーして耐えられたらおっぱいを見せると約束した黒ギャルは
彼に服を脱いでもらい、まずは胸と乳首を重点的にいじらせます。

エッチは彼女に言われた通りにオナニーします。
最初の13分は乳首の快感を楽しむシーン。
手のひらで胸を揉むところから始まり、それから乳首に指で色んな刺激を与えます。

「まずは 両方の手のひらを胸に当てて包むみたいにして そうそう それでそーっと揉んでみなよ」
「やっぱりこうやって見ると 正直キショいよね でも 男の人もそんな乳首気持ちいいんだ」

そして彼女がどのようにいじるかをわかりやすく教え
その後は彼の感じてる様子を興味津々な表情で眺めます。
「キショい」とか辛辣なことを言うシーンもありますが、声はとても明るいし直後にフォローするので
悪意があって言ってるわけではないのがわかります。

彼のことを本当に嫌いだったら通話を打ち切るはずですからね。
自分が思ったことをつい口に出してしまうところにギャルっぽさを感じました。

乳首オナニーはシコシコボイスのように細かなペースまでは指示せず
指先でつついたり、指で弾いたり、腹で転がすのを組み合わせてやるように言われます。
事前にしっかり説明して、後は聴き手の好きにやらせる比較的緩いスタイルです。

いじり方を固定しないのは未開発者でも気持ちよくなれるようにするためでしょう。
色んな刺激を与えたほうがくすぐったいのとは違う感覚に気づきやすいですから。
彼女自身が乳首好きなだけあってリードも上手です。

おちんちんをいじり始めるのはその後から。
開始と停止の合図を出す以外はほぼ自由にしごかせ
彼女は左右の耳を個別に舐めたり熱っぽい吐息を漏らします。

「じゃあ もっとその気にさせてあげるからさ」
そしてここからは彼女が抜けるオカズを提供してやる気にさせます。
おちんちんオナニーは彼のほうがずっと詳しいし
彼女が遊んでる女性じゃないから上手いいじらせ方をよく知らないのかもしれません。
乳首は指示多め、おちんちんはほぼフリーとサポートのやり方を大きく変えてます。

耳舐めは2015年の作品なのでバイノーラル録音ではないものの
声や音の位置を左右の至近距離に移動させて臨場感を出してます。
当時の視点で見れば音質は良いほうと言えます。
舐めよりも吸いを多用していてパワフルなちゅぱ音に感じました。

「すごい 私のマンコとお兄さんのチンチン 画面越しだけど超近くない?」
「キモいけど 夢中でオナって気持ちよくなってるお兄さん 超可愛い」

おちんちんオナニー開始から15分後くらい経つと相互オナニーに変わるのがいいですね。
おっぱいどころかおまんこまで彼に見せつけ、さらに体を画面に近づけて疑似SEX風に指で慰めます。
彼に好意を抱いてることを匂わせるセリフも何度か言うなど
これまでのプレイを通じて彼女の警戒心が大幅に下がってるのが伝わってきます。

終盤は喘ぎ声を漏らしながら耳舐めしてくれますし、オナサポの中ではエロいほうと言えます。
カウントを数えてくれたほうがタイミングを合わせやすいかなぁとも思いますが
しごき方が自由=調整しやすいので射精自体は普通にできるでしょう。

このように、彼女との親密度に合わせてご褒美が増えるキャラ重視のオナサポが繰り広げられてます。
カラッとしてる作品
ギャル特有の軽いノリでオナサポするややM向けの作品です。

黒ギャルはネット通話で初めて出会った主人公の願いを叶えようと
まずは射精を禁止したうえで乳首とおちんちんを個別にいじるゲームを持ちかけます。
そして試練を無事耐え抜いた後は自分も一緒にオナニーし2人同時の絶頂を目指します。

フレンドリーで押しに弱い黒ギャルがネット越しにオナサポする今風のシチュ
色んないじり方を教えてから好きにいじらせその様子を観察する乳首オナニー
オナニー自体の指示はほとんど出さずちゅぱ音や喘ぎ声で応援するおちんちんオナニー。
キャラとプレイの両方に個性を持たせてゆっくり射精に導きます。

「お兄さんマジウケるし 気に入っちゃったから大サービスね」
特に彼女は本作品を最も特徴づける要素なだけあって活き活きしてます。
最初は渋々了承する形でオナサポしてたのが、年上の男性を好きに弄べるシチュに陶酔感を覚え
最後は当初の予定よりもずっと大きなご褒美をあげて応援します。

彼女が自分の意思でサービスを向上させる流れなので事務的感がなく
後になるほど一体感を味わいながらオナニーできます。
オナサポと言うとシコシコボイスやカウントといった制御の手段を重視しがちですが
本作品はリードする相手に魅力を持たせて違いを出してます。

カッチリしたオナサポをするよりもこれくらい緩いほうがギャルに合ってると思います。

50分近く射精を我慢し続けるため体への負担はそれなりにかかります。
でも精神的なきつさを和らげる素材がいくつも込められてて雰囲気は本当に明るいです。
キャラ重視のオナサポ自体が珍しいですし、約4年経った今でも十分使える品質を持ってます。

射精シーンは1回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

CV:餅よもぎさん
総時間 56:45

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年8月11日まで90%OFFの108円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

癒らしママの安眠耳舐め

サークル「お耳シエスタ」さんの同人音声作品。
今年2月に処女作を出されたばかりの新しいサークルさんです。

今回紹介する作品は、優しくて甘やかし上手なママが
愛する僕ちゃんに添い寝したまま耳を舐めてぐっすり寝かしつけます。

ママらしさを出しながら耳舐めするのが特徴で
本編の8割近くもの時間を割いて耳の内側を舌でぐりぐり刺激し
その合間に親しみを感じる言葉を投げかけて心身両面をぽかぽかにします。
優しいママのエッチな安眠法
ママに耳舐めや手コキしてもらうお話。

「はーい僕ちゃん ママと一緒に おねんねしまちょうね」
ママは穏やかで色っぽい声の女性。
主人公と一緒の布団に入り手をぎゅっと握ると
彼が安眠できるように大好きな耳舐めをしてあげます。

本作品は世話好きで包容力のある彼女が
怖い映画を見てソワソワしてる彼を2種類の方法で寝かしつけます。
冒頭に3分程度の会話を挟んでからそのまま寝るのと1回射精するふたつのルートがあり
いずれの場合も彼女が至近距離からたっぷり耳舐めして安らぎを与えます。

「いい子 いい子 愛してまちゅよ」
母親らしく赤ちゃん言葉で優しい言葉をかけながら
本編の8割近く耳舐めを続ける結構尖った内容です。
おまけも合わせると39分まで増えますから耳舐め好きな人ほど楽しめるでしょう。
セリフは耳舐めの合間に時々挟む程度に留めてます。

耳舐めの質感は安眠を意識してるからでしょうけど
よくやるちゅぱちゅぱするやつではなく、舌をゆっくり這わせるややパワフルなものになってます。
音で表すならば「しょりっ」という感じでしょうか。
水分は控えめな代わりに刺激が結構伝わってきて耳がゾクゾクします。

私が知る限りこういう耳舐めをするサークルさんは他だとすたぁぱれっとさんくらいです。
耳の内側に舌を当ててグリグリ擦りつける感じの変わった舐め方をしています。
安眠のお供に使用するなら音量を普段よりも少し下げたほうがいいでしょう。
愛を込めてお世話するエッチ
エッチシーンは9分間。
プレイは耳舐め、手コキです。
手コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほら 僕ちゃん こーこ 膨らんでまちゅね」
耳舐めを始めた直後に主人公が勃起してることに気づいたママは
彼に腰を上げてもらってズボンとパンツを脱がせ、おちんちんを手で優しくシコシコします。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
内容はパート開始時から耳舐めを行い、その2分後に手コキが加わります。
もうひとつの安眠ルートも耳舐めしますが、そちらはエッチな描写や射精シーンがないので
当サイトでは「02_分岐_耳舐めおちんちんなでなで」のみをエッチシーンとみなして説明します。

「ふふふ ぷるんって おちんちん出まちたね もぅ こんなにお勃起させて」
エッチに入った後も彼女の優しさはまったく衰えません。
彼が勃起したら嫌がるどころかむしろ嬉しそうにおちんちんを取り出し
元気なそこをゆっくりペースでちゅこちゅこ責めながら耳舐めもガンガンやって気持ちよくします。

時間が短いので実際に射精する場合は駆け足気味になるでしょうけど
作品のテーマに合ったプレイをするし、彼女の優しさも十分込められてて甘いです。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフで応援するなど、大人の女性らしい気配りが随所でされてます。

このように、時間いっぱい耳舐め手コキしながら愛情を注ぐシンプルなエッチが繰り広げられてます。
耳と心を癒やす作品
ママの愛情で包み込みながら耳舐めする癒し系の作品です。

ママは映画のせいでうまく寝つけずにいる主人公を安心させようと
一緒のベッドで体を密着させ、そのまま耳を丁寧に舐めて自分がすぐ近くいることを教えます。
そして彼が興奮した場合は嬉しそうな表情でおちんちんも責めて気持ちよく射精させます。

声も態度もあまあまなママが甘えん坊な僕ちゃんをお世話するシチュ
全編を通じて積極的に行うややパワフルな耳舐め
赤ちゃん言葉で話しかけながら彼をとことん大事にする彼女のキャラ。
作品の特徴である「耳舐め」と「ママ」を組み合わせて癒やされる空間を作り上げてます。

「耳舐めを中心とした作品」と書いてあったので量が多いことはなんとなく予想してましたが
私個人はそれよりもちゅぱ音が独特で面白いと感じました。
唇で耳を咥えて舐めたり吸ったりするのではなく、舌を耳へ這わせるように動かしてその感覚を伝えます。
音を激しくすると安眠に適さないからわざとこういう舐め方をしてるのでしょう。

エッチについては耳舐め手コキのみ、しかも手コキは効果音を鳴らすだけと淡白な内容です。
聴き手が抜きやすくなるようにもう少し時間と内容を充実させても良かったかもしれません。
安眠がテーマだとしても18禁である以上は1回抜けるくらいのパワーが欲しいです。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音それなり、淫語とくちゅ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

おまけは3種の耳舐め音声です。

CV:結姫うさぎさん
総時間 45:45(本編…28:35 おまけ…17:10)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年7月6日の24時まで30%OFFの226円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

図書委員後輩ちゃんとナイショの放課後

サークル「いちのや」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、ちょっぴり意地悪だけど純情な性格をしてる女の子が
同じ図書委員の先輩にエッチな悪戯をします。

彼女の心情を描きながらプレイを変化させていくキャラ重視の作りが魅力で
最初はおちんちんを見たり体に息を吹きかける程度だったのが
耳舐め+足コキ→手コキと少しずつ発展し、そこに甘さを感じるやり取りを挟んで想いを伝えます。
多くのシーンで至近距離から囁いてきますから、目を瞑れば彼女がすぐそばにいるような感覚がするでしょう。
後輩が繰り出す気持ちいい意地悪
図書委員の「市川真凛(いちかわまりん)」と3種類のエッチをするお話。

「おつかれさまでーす はぁ よいしょっと」
真凛は丁寧な言葉遣いをする可愛い声の女の子。
主人公に2人で図書室の棚の模様替えをすることを知らされると
軽くため息をついてから本を並べ始めます。

本作品はとある理由で図書委員になった彼女が
偶然一緒に仕事するようになった彼と60分近くに渡ってイチャイチャします。
2人がまだ付き合ってない状況を踏まえていきなりエッチを始めるようなことはせず
そうなる過程をじっくり描きながら心の距離を少しずつ縮めます。


「ちょっともう1回 肩すみません 失礼しまーす あっ すみませーん 柔らかいの 当たっちゃいましたか?」
彼女は一言で言えばからかい上手な女性。
仕事中に体をわざと密着させたりおっぱいを押しつけてまずは彼の反応を見ます。
そして意識してるのがわかると嬉しそうな表情でエッチに持ち込もうとします。

サークル主の一之瀬りとさんはこういうキャラを得意とされてる声優さんで
語尾をちょっぴり上げる独特な演技で男心をくすぐってくれます。
今作ではシナリオも担当されたらしく、ご自身の持ち味が出るキャラ作りがされてます。

でも彼女は単に意地悪したくて彼に近づいたわけではありません。
最初は視線と息、次は足、最後は手と後になるほどより良いご褒美をあげます。
調教ではなく愛情表現の一環としてこういうことをするだけですから雰囲気はかなり甘いです。
音声を聴いてみると後になるほど彼女の想いが強くなるのを実感するでしょう。
心を上手に責めるエッチ
エッチシーンは3パート33分間。
プレイは体に息を吹きかける、おちんちんを指でつつく、耳舐め、足コキ、好き好き連呼、手コキ、キスです。
服を脱ぐ、足コキ、手コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「触ってあげることはできないんですけど 息 吹きかけてあげますねー」
仕事中にエッチな悪戯をされた結果、本を落としてしまった主人公を心配した真凛は
彼に服を脱いでもらい怪我をしてないか確認します。

エッチは常に彼女が責め続けます。
一番最初のtrack01は2人がエッチな関係になるきっかけを描いたシーン。
全裸になった彼の中央に陣取り、おちんちんに息を吹きかけたり指先で軽くつつきます。

「うふふっ 触って欲しいですかぁ? えー どうしよっかなー」
プレイ時間がおよそ4分、しかも体への刺激が非常に弱いことから彼女の焦らしが売りと言えます。
彼の裸を見て意地悪そうな表情をしますが見下すことはありません。
射精させずにおあずけを食らわすなど、この先に向けて期待を煽るように責めてます。

続くtrack02は初回よりもややM度を上げたプレイ(約11分)。
後日再び一緒に仕事をすることになった彼女が耳舐めと足コキで彼の心をさらに引き寄せます。

「女の子好みのシチュエーションでいくなら こういう時は 甘いセリフで囁いたりするもんですよ」
彼女は彼をヘタレと認識してるらしく、プレイの合間に女の子の口説き方をやんわり教えます。
彼のことをなんとも思ってなかったらわざわざこういう事は言わないでしょう。
他にもパートの冒頭である事を褒めるなど、彼女の彼に対する気持ちがより鮮明に描かれてます。

「あっ いい顔 気持ちいいですかぁ? 私もこういうこと やったことないんで 上手くできるか 自信あるわけじゃないんですけど」
足コキの最中に初体験をアピールするのがいいですね。
主導権を握りつつ、彼に奉仕する姿勢を示して調教との違いを出してます。
効果音も布混じりの滑らかな水音がゆっくりペースで鳴ってて彼女らしいです。
射精シーンで精液が顔に飛んでもあまり怒らないことも含めて
彼に特別な感情を抱いてることを匂わせる描写がいくつもあります。

最後のtrack03は彼が最初にやって欲しいと思ってた手コキ(約18分)。
さらに後日、彼女と軽いやり取りをした後にややスリリングなシチュで行います。

「ほら ちゃんとドアのほう見て 声出しちゃダメですよ が・ま・ん」
具体的には図書室のドアにおちんちんを向ける露出を絡めたプレイです。
学校のドアだとガラスがはまってるものが多いでしょうし
誰かが廊下が通ったら見られてしまう状況を作ってM心をくすぐります。
手コキ自体はゆっくりペースなので、その弱さを別の要素で補ってます。

もうひとつ、彼女の気持ちがよりストレートに伝わるやり取りがパートの前半に登場します。
ひたすら尽くすのではなく、それに見合ったものをちゃんと求めるのが年頃の女性らしいなと。
煮え切らない性格の彼を上手にリードして仲良くできる状況を作ります。

このように、登場人物の内面にも光を当てたややアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
愛を込めて意地悪する作品
エッチはもちろん、その周りにも力を入れてるキャラ重視の作品です。

真凛は同じ図書委員として一緒に活動してる主人公と楽しい時間を過ごそうと
最初から積極的にスキンシップを取って彼の反応を確かめます。
そして十分に脈があると判断した後はより踏み込んだことをして親睦を深めます。

ちょっぴり意地悪だけど純情な後輩と図書室でイチャイチャする甘いシチュ
彼のM性癖に合わせた恥ずかしいエッチ、後になるほど彼女の気持ちが鮮明になる展開。
パートナーにあたる女性の存在感を大きくしてキャラ萌えできるように作り上げてます。

「先輩のこと ヘタレだと思ってたんですけど ちょっとは頑張れたんですね 見直しました」
聴き始めた直後は「単に彼をからかいたくてやってるのかな?」と思いました。
でも進めていくうちに彼を肯定するセリフが増え
それに合わせてエッチの内容もより大胆なものへと変化します。

体への責めは緩めにし、その代わり視線やシチュで盛り上げてるのも
彼女のエッチに対する未熟さを表現するための工夫なのだと思います。
おちんちんをいじるのは慣れてないけど興奮させる方法は心得てる感じです。
年下の女性に尽くされるシチュが好きな人ほど楽しめるでしょう。

ただこの内容だと通しで1回抜けるかなぁというところでしょうか。
track01は文字通りノータッチですし、続く2パートも時間に対する刺激が弱めです。
女性がシナリオを担当される場合、男性よりも内容がまろやかになる傾向があります。
そのへんを踏まえてエッチをもう少し長くしておいたほうが抜きやすくなったと思います。
まだサークルを立ち上げたばかりですし、今後どうなっていくかに期待したいです。

射精シーンは2回。
淫語とくちゅ音そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません(おまけ込みだとごく僅か)。

おまけは真凛のオナニーです。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:05:32(本編…1:00:45 おまけ…4:47)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年7月7日まで10%OFFの972円で販売されてます。

【KU100囁き耳舐め】ドスケベ援交JK三姉妹と子作りえっち♪【トリプルバイノーラル】

サークル「C_Realization」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、性格は違うけどエッチ大好きなところは共通してるJK3姉妹が
それを指導しに来た童貞教師を逆に誘惑して快楽の虜にします。

後になるほど彼女たちがデレていくのが特徴で
最初は年上なのにエッチ未経験な彼を見下す態度を取ってたのが
おちんちんとの相性が抜群に良いことを知ると途端に媚びて嬉しそうな喘ぎ声を漏らします。
エッチの全パートで両耳舐めをするのもポイントです。
ビッチJKをエッチに更正
アリサ、ナギサ、ツカサと4Pするお話。

「なんですかぁ? 先生 こんなところに呼び出して」
3姉妹はトーンや声質が違うどれも上品な声の女の子。
援交してることがバレて主人公に揃って呼び出されると
悪びれた様子もなく逆に彼を問い詰めます。

本作品はお金と引き換えに多くのおちんちんを味わってきた彼女たちが
まだ一度も女性経験がない彼を相手に90分近くの濃いエッチをします。
最初から3人いることを踏まえて左右中央に分かれて陣取り
中央はおちんちんを責める役、左右は耳舐めしながら言葉責めする役と分担して責め続けます。

このところ2人同時にお世話する作品が増えつつありますが
3人以上となると制作が難しいからかまだあまり見かけません。
3方向からエッチな音が同時に鳴るおかげで文字通り音に包まれてる感覚が味わえます。

ナギサ「ねぇ先生 私たちが本当に援交SEXしてたとして それで先生はどう思うんですか?」
ナギサ「ママたちのおっぱい たっくさん飲ませてあげますね」

しかしそれ以上に面白いのが彼女たちのキャラと変化。
序盤は援交に反対する彼にお仕置きするつもりで責めてたのが
SEXを一度した後からは一気にデレ、むしろ彼を甘やかしたり尽くすようになります。

中でも次女のナギサはツンツンしてたのがアヘ声を漏らす大きなデレを見せてくれます。

長女のアリサは言葉遣いが丁寧なお姉さんキャラ
三女のツカサは明るくて活発な年下キャラと住み分けができてますし
彼女たちが彼のおちんちんに堕ちていく様子が本作品一番の聞き所だと思います。

耳舐めも全編で75分くらいやりますからもちろん魅力のひとつにあたるのですが
キャラやシーンによって舐め方を変えるといったことは特になくひたすら鳴らし続けます。
今の作りではBGMっぽい位置づけかなぁと。
長女はまったり、次女は弱点を的確に突く、三女はパワフルみたいな明確な違いが欲しかったです。
援交JKとの本気子作り
エッチシーンは5パート76分間。
プレイは両耳舐め、手コキ、SEX(騎乗位)、アナル責め、玉揉み、ベロチュー、授乳です。
手コキ、SEX、アナル責め、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

アリサ「私のお手手で 先生のチンポ シコシコってしてあげますね」
会話中に主人公が勃起してるのに気づいた3姉妹は
左右は耳舐め、中央は手コキと分担して彼を気持ちよくします。

エッチは経験者の彼女たちが童貞の彼を責め続けます。
一番最初の「トリプル囁き耳舐め手コキ」は彼女たちのテクニックをストレートに表現したパート(約16分)。
アリサは中央、ナギサは右、ツカサは左に陣取って彼を弄びます。

アリサ「SEXのこと何も知らない童貞先生に 私たちがおちんぽの気持ちよさ 教えてあげます」
ツカサ「SEXの経験でも負けて 稼ぎでも負けて 先生ってば可愛そう」
彼女たちは援交だけで数千万の稼ぎを出してる筋金入りのビッチですから
童貞教師を射精させることなど簡単です。
序盤から左右の耳を至近距離からハイペースで舐め回し
さらに手コキもしながら経験や収入の少なさを指摘して彼をとことん見下します。

この時点ではM向けのプレイをするので
「後々彼女たちがデレる」と言われてもあまりピンとこないと思います。
このパートがあるからこそ、そうなった時の落差がより大きく感じるわけです。

続く3パート50分間はタイトルの子作りエッチをするシーン。
長女のアリサ→三女のツカサ→次女のナギサの順に騎乗位で繋がり合計4回中出しします。

アリサ「先生の遺伝子欲しい 先生の赤ちゃん産みたいって メスの受精本能 全開になっちゃう」
ツカサ「はぁーい いらっしゃーい 精子たちー 現役JKママの 赤ちゃん育てる部屋へようこそー」
そしてここからは彼女たちがべた惚れモードに突入します。
アリサは手コキの際に彼のおちんちんを実際に握ってたこともあり
割と早い段階から彼の精液を子宮に注いで欲しいとストレートにお願いします。
残りの2人は耳舐めしながらそれを微笑混じりに眺めてたのが、後でまったく同じ反応を見せるようになります。

異性として好意を抱いたというよりは、純粋におちんちんがものすごく気持ちよかったからです。
その証拠にナギサは普段とまるで違うエロ可愛い姿を晒します。
文字通り豹変するので人によってはオーバーに感じるかもしれません。
でも彼女たちほど性欲に従順なキャラなら1回のSEXであっさり堕ちることも十分考えられます。

プレイはどのパートも両耳舐めをやりながらアリサは通常の騎乗位
ツカサは連続射精で2回戦だけアナル責め+金玉揉み
ナギサは騎乗位しながら3人がかりで「好き」の連呼と多少の違いを持たせてます。
ちゅぱ音と喘ぎ声が同時に流れ続けるひと時はとても濃厚でエロかったです。
現役JKに種付けするのも相まって、本作品で最も抜けるサービスに仕上がってます。

一番最後の「トリプル囁き耳舐め出産後本物母乳授乳手コキ」は出産後のお話(約10分)。
何度も中出ししたおかげで3人のパパになった主人公が
本物の母乳を飲みながら両耳舐め手コキされて幸せな射精を迎えます。

アリサ「援交SEX大好きビッチだった私たちが 母性愛に目覚めるだなんてねぇ」
彼のおちんちんのおかげで援交から無事卒業し
母親らしい穏やかな態度で彼を気持ちよくしようと頑張ります。
4人全員がこの結末を受け入れ、満足してるのがなんとなく伝わってきて甘さを感じました。
抜き重視のSEXとは違い雰囲気を大事にしてるプレイです。

このように、援交JKたちの個性を出しつつ大きな落差を持たせたエッチが繰り広げられてます。
濃厚な耳舐め系作品
3人の女性が常に一緒に責め続ける密度の高い作品です。

3姉妹は援交を止めさせたくて自分たちを呼び出した主人公にエッチの素晴らしさを教えようと
最初から左右中央に陣取り耳とおちんちんを同時責めしてメロメロにします。
しかしSEX開始後は逆に彼女たちが惚れ込み本気の子作りを始めます。

それぞれに違った個性を持つJKたちと4Pする濃厚なシチュ
どのパートも両耳舐めしながらおちんちんを責める複数人プレイを活かしたエッチ
SEXの前後で態度が大きく変わる展開。
耳舐め重視でありながらキャラにも十分な光を当ててる作品に仕上がってます。

中でも3番目の要素は当初の目的である「援交からの開放」にも繋がってて面白いです。
教師と教え子であっても、彼女たちが彼を本気で好きになったのならそれもひとつの愛の形ではないでしょうか。
「後悔した」「辛い」といったネガティブなセリフは一切なく穏やかな終わりを迎えてます。

ただ耳舐めの扱いは正直首を捻りました。
本当に舐め続けるだけで手コキやピストン音の妨げになってしまってます。
このところ耳舐めを大量に行う作品がかなり増えてますし
やるからには何かしらの意味を持たせたほうが作品の質と実用性の向上に繋がると思います。

耳舐めにこだわり過ぎた結果、プレイの幅が狭まってるのも残念です。
相手が援交狂いのJKならもっと多彩な同時責めを聴かせて欲しかったです。

射精シーンは6回。
ちゅぱ音超大量、くちゅ音多め、淫語と喘ぎ声それなりです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:30:44

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年の7月8日まで30%OFFの831円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

ギャルJKにチクサポされちゃおう♪【バイノーラル】

サークル「スクィーズX」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、風俗店で働いてる気さくなギャルJKが
来店した男性の乳首をたっぷりいじって新しい快感に目覚めさせます。

一歩ずつ段階を踏みながら乳首開発するのが特徴で
最初はソフトな刺激に留めて性感を高め、次は舌で舐めてより気持ちよくするといったように
プロらしい慣れた手つきで弄びながらM向けの言葉責めをして心身をバランスよく盛り上げます。
オナサポ要素は薄めですから既に開発してる人のほうが楽しめるでしょう。
ギャルJKと楽しく乳首開発
乳首サポートクラブでギャルJKに乳首を責められまくるお話。

「はいはーい 乳首サポートクラブへようこそー」
JKはやや砕けた口調で話す明るい声の女の子。
チクサポに初来店した主人公に挨拶すると
早速体を密着させてこれからするサービスの概要を教えます。

本作品は男性の隠れた性感帯を開発するのが得意な彼女が
彼を相手に60分近くに渡って4種類のエッチなサービスをします。
名前の通りこのお店は乳首を気持ちよくすることに大変力を入れてまして
おちんちんへの刺激はできるだけ控え、その代わり乳首を色んな手段でたっぷりいじります。

射精するパートがひとつだけあるのですが、その時も乳首と一緒に責めるスタイルを取ってます。
他にもドライオーガズムを迎えるパートがあったりと
一般的な18禁同人音声とは随分違った路線を歩んでいて個性が強いです。

「まずは この1本の指で 乳輪の周りを くーるくーる くーるくーる」
タイトルが「チクサポ」となってるのでオナサポの一種と思う方もいるでしょうけど
彼の乳首いじるのは常に彼女で、その様子を擬声語混じりに時々実況します。
いじり方を細かく教えたりペースを丁寧に指示するわけじゃないので
既に乳首をいじることに慣れてる人のほうが戸惑わずに聴けると思います。

例えば「かりかり」なら爪で軽く引っかく、「くりくり」だったら指の腹でこねたり摘んで擦る、みたいに
そのセリフが何を意味してるか聴き手側で解釈し行動する必要があります。
他にも「さわさわ」「きゅっきゅっ」などいじり方を直感的に指示することが多いです。
いじる時間は長めに取られてますから、いじり方さえ心得てれば十分気持ちよくなれるでしょう。

「さわさわされただけで ガチガチにしちゃったんでちゅかー? もう お兄さん可愛い」
「やぁん 女の子の可愛くて いい匂いのする部屋が お兄さんのザーメンのイカくさーい匂いで 汚されちゃう」

じゃあ指示を出してない間の彼女が何をするかというと
彼の嗜好に合った言葉責めを明るい口調で積極的に投げかけます。
おちんちんではなく乳首で感じる姿を赤ちゃん言葉を交えて小馬鹿にしたり
逆に彼女の部屋を精液で汚す快感を与えたりと属性の幅が広めです。

本作品は援交ではなく風俗店のサービスなので、彼女は基本的に彼が喜びそうなことをします。
言葉責めも乳首だけだと気持ちを盛り上げにくいと判断したからでしょう。
乳首舐めに2パートを割くなど、純粋なエロさの確保も見据えてサービスを組み立ててます。
時には厳しく、時には優しく
エッチシーンは4パート50分間。
プレイは胸の愛撫、乳輪責め、乳首責め、乳首舐め、オナニー、両乳首舐めです。
オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「触れるか触れないかの距離で こうやって 胸板を 指でなぞってあ・げ・る」
初めての経験でベッドに寝ても緊張してる主人公をリラックスさせようと
JKは軽い悪戯をしてから胸のあたりをソフトに撫で回します。

エッチは常に彼女がリードします。
最初の2パート31分間はお店での開発風景。
「2.ぴったり添い寝からの焦らし乳首責め」は添い寝しながら焦らす感じで乳輪や乳首をいじり
「3.チロチロ♪チュ~チュ~♪乳首舐め」は別の日に再来店した彼へ乳首舐めをプレゼントします。

「そうだよねー おっぱいとか 太ももとか 当たりまくって エロくて興奮するんだよねー」
彼女は自分より年上なのに初々しい仕草を見せる彼を可愛いと思ったようで
序盤から友達に接するような親しい態度で体を密着させます。
乳首責めも胸部→乳輪→乳首と順を追って刺激を強くしますし
シチュはM向けですけど彼女なりに愛情を持ってサービスしてるのがわかります。

乳首舐めは口を使うプレイなので最中はちゅぱ音だけを鳴らし
その合間に今の状況や彼の反応を実況してイメージを膨らませます。
耳舐めやフェラとは違う舐め主体の平べったい音でリアルでした。
舐めてない方の乳首も指でいじってるみたいですけど、本当にちょろっと実況するだけで脇役に近い位置づけです。
また最後のほうに彼がドライオーガズムを迎える描写があります。

個人的に最もエロいと感じたのが3番目の「4.ギャルの部屋inチクサポされながらのオナニー♪」(約10分)。
さらに後日、今度はJKの家に招待された主人公が
そこで全裸になり乳首責めされながらオナニーを楽しみます。

「お兄さんのこと 激しく責めまくった後とか ここで激しくしちゃってる」
そしてここではシチュを使って心を上手に責めてくれます。
彼女がいつも使ってるベッドに寝かせてからそのことを告げて意識させ
ここでオナニーしてることを教え、さらに精液で汚すことを許します。

「はぁーい ぴゅっぴゅー どぴゅるるるー」
射精シーンはぴゅっぴゅのセリフで応援するなど本当にリードが手厚いです。
普段お店でよく意地悪してるからその埋め合わせをしたかったのかもしれません。
乳首の存在感は他に比べて薄いですけど実用性は最も高いと私は思います。

最後の「5.まさかのギャル友達乱入!?Wギャルによる乳首舐め♪」は密度が売りのパート(約9分)。
JKと同じお店で働いてる別の子が登場し、左右から同時に乳首を舐めてもてなします。
声はJKよりもトーンが低く色っぽい感じでした。

友達「私 お兄さんみたいに変態 ガンガン責めるの大好きなの」
彼女もJKに負けないくらい乳首開発が上手ですから
最中は彼を自分のお客にしようと積極的に責めて競います。
パート終盤の両乳首舐めが特に濃くてエロかったです。

このように、シーンによって変化をつけながら乳首だけを責める尖ったエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の乳首系作品
乳首責めだけでなくそれをやってる女性たちにも光を当ててる作品です。

JKは乳首サポートクラブを訪れた主人公に乳首の素晴らしさを教えようと
ギャルらしい軽いノリで話しかけながら色んな手段で責め続けます。
そしてある程度仲良くなった後は自宅に呼んだりギャル友も参加させてより濃いサービスをします。

人懐っこいギャルJKが乳首開発を応援する変わったシチュ
エッチシーンで必ず乳首を責め続けるテーマ性の強いエッチ
その中に言葉責めやシチュを盛り込み興奮させるバランスの取れたアプローチ。
乳首好きを楽しませつつ彼女の魅力も出るように作品を組み立ててます。

「お兄さんの乳首は 私のためにあるの」
専門店によくある心の距離をほとんど感じないのも良いです。
M向けの言葉責めをした後に軽く微笑んで冷たさを和らげたり
友達と一緒に責める時は彼を取られまいと頑張る年齢相応の可愛さを見せてくれます。
乳首責めが一番の魅力なのは間違いありませんが
それをやる女性をわざわざギャルJKに定めたのも面白いところと言えます。


エッチは乳首責めを中心に据えたうえで他の部分に変化をつけてます。
射精シーンは1回しかありませんから、乳首でどれだけ気持ちよくなれるかが鍵になるでしょう。
もうちょっと指示を強化したほうが大衆性が増したかなぁとも思います。

絶頂シーンは2回(ドライ1回、射精1回)。
ちゅぱ音それなり、淫語とくちゅ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

乳首系の作品が好きな人には特におすすめします。

CV:こやまはるさん
総時間 1:03:39

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年6月30日まで30%OFFの756円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

↑このページのトップヘ