同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ:同人音声 > 7点

   ● ショタお兄ちゃんを弄んじゃう妹ちゃん
   ● 危険度MAX!? ドSお姉様による禁断の露出オナニー調教
   ● Everything About You #02 そのときのキミも好き
   ● あまみみ-耳かき・耳舐めされながら囁きエッチ-
   ● 添い寝していた「彼女」がオナニーを始めたので寝たふりして聞いてみた。【まゆり】
   ● えっちな婦警さんに捕まって。~取調室での甘責め尋問~
   ● みみどみねくいんず
   ● 僕を甘く弄ぶ妹系アイドルサキュバス ~囁き手コキ&エナジードレイン騎乗位~
   ● JKマジックミラー ~エロカワ女子校生限定の見抜き店~
   ● 逆レイプ精子バンク~過剰に精液を搾り取るドS痴女ナース~


ショタお兄ちゃんを弄んじゃう妹ちゃん

サークル「花麹710」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大きな体と優しい心を持つ妹が
小柄なお兄ちゃんを甘やかしながらエッチな躾をします。

自分のパンツをオカズにしてた彼にややアブノーマルなお仕置きをしたり
実の母親のような態度でお漏らしの改善を応援するなど
兄妹の立場を完全に逆転させた雰囲気重視のサービスを行います。
甘えん坊な兄と甘やかし上手な妹
妹の美樹からエッチなお世話を受けるお話。

「おに~ちゃ~ん。こっちきて~」
美樹は明るくて優しい声の女の子。
お兄ちゃんを呼び寄せてぎゅっと抱きしめると、おっぱいに顔を埋めさせながら頭を撫でて甘やかします。

本作品は177cmの大きな体を持つ彼女が、自分よりもずっと小柄な彼を4つの手段で弄びます。
年齢を逆転させたおねショタと呼ぶのがピッタリなお話になっており
力が弱いばかりかおねしょまでする彼を一切見下すことなく
むしろ自分の弟や子供と同じ感覚で慈しむ甘さ満点のサービスをします。

「お兄ちゃんってとっても可愛いからね なんだかこういうことしたいなぁ~って思っちゃうの」
柔らかい声で「可愛い」と言いながら頭を撫でたり、体を密着させてお世話するシーンが多いですから
女性に優しくされたい願望を抱いてる人ほど満たされた気分が味わえます。
声の担当が伊ヶ崎綾香さんということで全編バイノーラル録音を採用し
状況によって声の位置や距離を変えて彼女との距離の近さをリアルに演出してるのも大きいです。

しかし彼女はひたすら甘やかすだけの女性ではありません。
彼がいけないことをした時はやや厳しい口調で多少のお仕置きをします。

「女の子の身体とかに興味が出てきちゃうことは自然なことだって私にもわかるよ。でも…、やっていいことといけないこと…これはお兄ちゃんにもわかるよね?」
具体的にはパンツを半分だけ脱がせてお尻をペンペンするとか
自分の下着を穿かせたままオナニーさせるといったものです。
詳しくは次項で説明しますがエッチの内容は割とアブノーマル路線になってまして
どちらかと言えば肉体よりも精神面の快感が強く得られます。

大切な人だからこそ正しく育って欲しい、そのために愛の鞭を与えて躾けるわけです。
エッチを始めるまでの過程にも長めの時間を割いてますし、ストレートなエロよりも雰囲気を楽しむことに力を入れてます。

最初の2パート16分間は非エロのサービス。
「兄妹のコミュニケーション(逆)」は腕相撲、「あまえんぼさんなおにいちゃん」は別のゲームをしながら
会話したり軽めのスキンシップを取ってイチャイチャします。

「ごめんね、お兄ちゃん背伸びの姿勢ずっとはちょっとつらいよね。 じゃあ…座ろっか?」
「強いだけの男の人よりもね、お兄ちゃんみたいに正直で素直な、優しい男の人のほうがかっこいいと思うんだ」

体格差があることを踏まえて彼に合わせた体勢でお世話したり
腕相撲に勝ってもそれを自慢せず、むしろ彼を慰めるところに彼女の優しさがよく表れてます。
別のゲームをした時も彼の気持ちを優先した行動を取ってますし
音声を聴いてるだけで彼女の愛情深さや二人の仲の良さがなんとなく伝わってきます。

兄と妹が登場する18禁作品の場合、最初の時点から妹が兄を異性として意識するケースが多いのですが
彼女の場合は母性が強いからかエッチなことにあまり乗り気ではありません。
色んなことをやった結果彼のおちんちんがどうしようもなくなった時に初めていじる許可を出します。
肌を露出させるのも最終パートにおっぱいのみとかなりソフトです。
適度な羞恥を与えるエッチ
エッチシーンは2パート33分間。
プレイはパンツの匂いを嗅ぐ、スパンキング、女物の下着を着る、パンツオナニー、おむつをつける、授乳、放尿、オナニーです。
スパンキングの際に優しめの効果音が鳴ります。

「じゃあ…、お兄ちゃん? 今からお仕置きを始めるよ…」
別の日、お兄ちゃんと一緒に外へ出かけようと思い部屋を訪れた美樹は
彼が自分のブラとパンツを隠し持ってることを知りエッチなお仕置きを始めます。

エッチはどちらも彼女がリードする形で進みます。
前半の「私の下着勝手にとっちゃダメでしょ」は下着を活用したプレイ(約19分)。
パンツ一枚の格好になり、手に持ってるパンツをクンクンしながらスパンキングを受け
その後はお仕置きに耐えたご褒美に別のブラとパンツを身につけ、彼女の脱ぎたてパンツの匂いを堪能します。
何をするにも下着を絡める非常に独特な内容です。

「お兄ちゃんのその姿、とっても可愛い、愛おしいよ」
「私の下着つけてる時はず~っと私の事考えてね、お兄ちゃん? 「大好きな美樹ちゃんのブラジャーとおパンツ」だよ」

しかし彼女の優しさはエッチに入ってもまったく変わりません。
お尻を叩きながらそれとは正反対の言葉をかけて耐える気力を与え
終了後は彼の下着好きを全肯定しつつ自分からさらなるオカズを提供します。

プレイとセリフにそれなりのギャップがあるので聴いてて面白いです。
彼女のあまあまなキャラを崩さない形で変態プレイに取り組んでます。
その一方でおちんちんをいじる時間は約3分とかなり短くなってます。

後半の「お漏らししちゃったおにいちゃん」でするのは幼児プレイ(約14分)。
休日の朝、お兄ちゃんがおねしょをしてることに気づいた美樹が
それを克服するためにおむつを穿かせ、さらにおっぱいを吸わせて甘やかします。

「はいっ、ここにゴロ~ンして? オチッコで濡れちゃったおぱんちゅは嫌よね~、ヌギヌギしましょうね~」
プレイ開始直後から赤ちゃん言葉を話すようになり
右の耳元から嬉しそうに囁きかける姿はまさしく母親。
最初は黄色、次は白いおしっこを出させる流れも幼児プレイならではです。

ちなみに最後は授乳手コキではなく授乳オナニーで射精します。
体へのご奉仕を控えめにしたのは母子らしさを重視したからかもしれません。
オナニーの時間が前のパートの半分程度に減ってるので体はあまり気持ちよくなれないでしょうが
女性に甘やかされる、弄ばれる幸福感は十分に味わえます。

このように、とてつもなく甘い雰囲気でアブノーマルなプレイをする珍しいエッチが繰り広げられてます。
優しく躾けてくれる作品
妹だけでなくお兄ちゃんにも特徴を持たせ、それを活かした甘やかしプレイをする作品です。

美樹は自分よりも年上なのに背が小さくて子供っぽいお兄ちゃんを立派な男にしようと
基本的には甘やかし、彼が悪い道へ進みそうになったら弱めにお仕置きします。

妹なんだけどお姉ちゃんや母親属性を強く持ってる彼女のキャラ
彼のダメなところもすべて受け入れたうえで一緒に改善を目指す展開
直接的な責めをできるだけ避け、お世話される幸福感や羞恥心で気持ちよくするエッチ。
おねショタの雰囲気にできるだけ近づけつつプレイに独自性を持たせたサービスをします。

「ぼくはママのこと考えてくれるかっこいいお兄さんねぇ~。ママますます大好きになっちゃうわ~」
彼女は最初から最後まで彼を溺愛し続けます。
言葉がとことん甘いですし、ハグなどのソフトなスキンシップにはまったく抵抗を見せません。
でもプレイの内容から彼を対等な異性とは見てないのもわかります。
愛情表現の基本とも言えるキスを一切しないのがいい例です。

事務的感は全然ないのですがあくまで家族としてお世話してるふうに映りました。
恋人同士が抱く愛情とは方向性が違うかなと。
それを出すために体への責めを敢えて弱くしたのかもしれませんね。
雰囲気はしっかりできてるので甘やかされるシチュが好きな人なら満足できると思います。

エッチはお兄ちゃんの性格や性癖が色濃く反映されてます。
人を選ぶ要素が強いものの、おかしいと感じる部分は特にありません。
抜き系ではないことを理解したうえで聞く分には普通に楽しめます。

射精シーンは2回。
淫語そこそこ、効果音と喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

一風変わった兄妹愛を描いた作品です。

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 1:04:07

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2017年10月22日まで85%引きの120円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

危険度MAX!? ドSお姉様による禁断の露出オナニー調教

サークル「Alphatolyl」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、Sっ気が強いけど面倒見のいいお姉様が
ドMな男性に普段よりもずっと刺激の強いオナニーをプレゼントします。

上品な声できつめの言葉責めを多くぶつけたり、がに股で腰を動かしおちんちんを振り回すなど
Mな人が喜ぶ素材をいくつも盛り込んだ変態度の高いオナサポが味わえます。
露出は弱めですから一風変わったオナサポ作品と捉えたほうがずっと満足できます。

音声を聴く際に油性ペンをご用意ください(水性やイメージでの代用も可)。
ド変態なオナニーをあなたに
お姉様の指示に従い外でオナニーするお話。

「こんばんは マゾで変態などうしようもないお兄さん」
お姉様は穏やかで色っぽい声の女性。
女性の言いなりになりたいドMな主人公を軽く罵ると、彼のご主人様になって変態調教を施します。

本作品は現実世界でやるにはリスクの高いプレイを疑似体験させることを目的に
彼女がおよそ1時間に渡りハードで変態性の強いオナニーをリードします。
総時間の9割以上をエッチシーンに割いてるのに加えて言葉責めが全体的にきつく
プレイも羞恥心や女性に屈服させられる快感を味わわせるものばかりです。


「奴隷は人権も何もないゴミくず以下のとっても哀れで惨めな存在」
音声開始直後の時点でこちらをゴミ呼ばわりしてきますからM性の強い人ほどゾクゾクするでしょう。
といっても口調は常に柔らかく後に残るほど厳しいものではありません。
ひたすら凹ませるのではなくMな人を喜ばせるレベルに設定されてます。

もうひとつの特徴はタイトルにもなってる露出
エッチ開始直後から彼女の視線を意識させて見られる快感を煽り
野外に移動した後は裸や痴態を誰かに見られるかもしれないスリルを適度に味わわせます。
サークルさんがジョーク音声とおっしゃられてるように実際にやることを想定したプレイではありません。

「こんなこといつまでも続けてたら本当に誰かがあなたのこと発見しちゃうかも」
また作中では見つかる寸前に留めてあるので露出プレイの中ではマイルドな部類に属します。
周囲の様子や近くを行き交う人々の実況も特にしませんから
露出によって得られる精神面の興奮や快感は弱めです。
彼女のセリフがイメージよりもオナニーの指示を重視してるのもあります。

オナサポ自体はしっかりしてるので最後に射精するのは簡単でしょうが
露出に過度な期待をすると肩透かしを食らう可能性があることをご了承ください。
私個人は仮想プレイならもうちょっと大胆なことをしても良かったんじゃないかと思います。
M心を執拗にくすぐるエッチ
エッチシーンは2パート53分間。
プレイは脱衣、体に字を書く、おちんちんオナニー、エッチな言葉の復唱、乳首オナニー、エアSEX、擬似SEXです。
エッチな効果音はありません。

「恥ずかしい? 私におちんちん丸出しの格好をこうやってまじまじと嘗め回すように、まるで見定めるみたいに じーっくり観察されるの」
主人公に自分の奴隷になることを同意させたお姉様は
早速服を全部脱ぐ指示を出し、露わになったおちんちんを興味深そうに眺めます。

エッチは終始彼女に言われた通りに動きます。
最初の「露出に向けての下準備」は自宅でするプレイ(約12分)。
全裸になってから彼女におちんちんが勃起する様子を見られ
さらに予め用意した油性ペンを使って体のいくつかに恥ずかしい言葉を刻みます。

「あなたの体は汚い公衆便所と同じ 汚されて落書きされるのがお似合いの惨めな体だっていうこと」
まだ外に出てないので露出成分は低いものの、強めの言葉責めが羞恥と屈辱感を煽ってくれますし
体に書く言葉も他人に見られたら社会的に危うくなるものばかりでゾクゾクします。
ペンを使わない場合は指で同じことをするだけでも十分雰囲気に浸れます。

またパートの最後には彼女の完全な所有物になったことを自ら宣誓します。
次のパートも含めて声を出すシーンが結構ありますから、家族や他人に聞かれないようくれぐれもご注意ください。
こっちの危険度は確かにMAXレベルです。

続く「露出オナニー調教本編」は本作品のメインにあたるパート(約41分)。
主人公が望む場所へと移動してから一枚ずつゆっくり服を脱ぎ
お姉様のシコシコボイスや指示に従って変態的なオナニーを満喫します。

「皮あまりの包茎おちんちん オナニー専用の童貞おちんちん」
誰かに見られるかもしれないスリルを味わわせるセリフは3~5分に一言程度まで減らし
その代わりにおちんちんのみすぼらしさを貶したり
野外で女性に言われるままオナニーしてるシチュで興奮させてくれます。
露出とやや違いますが彼女に痴態を見られる快感はそれなりに味わえるでしょう。

「そんなぎこちない腰振りじゃ 女の子を気持ちよくさせることなんてできないわよ まあ 変態でマゾなあなたにそんな機会はないでしょうけど」
プレイのほうはパート後半から登場するエアSEXと擬似SEXが面白いです。
前者はおちんちんに指一本触れず腰をへこへこさせ
後者は両手を組んでおまんこの形を作り「へこへこ」の声に合わせて同じくピストンします。
彼女も雰囲気が出るように演技の喘ぎ声を上げて応援します。

言葉責めは確かにきつめですが指示はどのシーンも丁寧で取り組みやすいです。
おちんちんをしごく時間が30分以上と長く、寸止めもそこそこしてくれるので最後に気持ちよく射精できます。
射精した直後にも言葉責めを浴びせかけてくるのがとても印象的でした。

このように、セリフとプレイの両方でM心をくすぐるきめ細かなオナサポが繰り広げられてます。
シチュが独特なオナサポ
露出がメインの作品ではなく露出要素を多少盛り込んでるオナサポ作品です。

普通のプレイではもう満足できない心と体になってしまった主人公を
ドSなお姉様がその両方に強めの刺激を与えるオナサポで満たします。

性格はきつめだけどリードが的確で繊細な彼女のキャラ、羞恥や屈辱感を与えることに特化したプレイ
そして誰かに見られる、あるいは既に見られてるかもしれないことを意識させるシチュ。
ドMな人だけをターゲットにしたオナサポにテーマの露出を交えて個性と精神面の責めを強化しています。

中でもプレイはオナサポでは定番となってるシコシコボイスを押さえつつ
女性に見られたら恥ずかしいと感じるものを積極的に取り入れて「彼女に」見られる快感を煽ります。
声を出す指示が多めなのも彼女がすぐそばにいる気分に浸ってもらいたかったからでしょう。
露出よりも視姦(受け)の色合いが強い内容です。

露出についてはこれまで書いてきた通りメインと呼ぶには存在感が薄いです。
主人公がオナニーしてる場所を敢えて明言しなかったことや結局他人に見られないのが大きな要因です。

前者は聴き手に好きな場所を選んでもらうためにこうしたのでしょうが
その結果彼女が周りの様子を実況できなくなりイメージを膨らませにくくなってます。
露出は野外でする行為ですから聴き手が部屋以外の場所にいる気分に浸れるかどうかはとても重要です。
この部分が弱まってるおかげでお姉様と一対一でオナニーしてるのとあまり変わりません。

後者は露出の醍醐味であるリスクを打ち消してます。
現実世界だと無理なプレイだからこそ、もっと破滅的な展開にしてもよかったのではないでしょうか。
「危険度MAX!?」をつけてる割には描写が控えめで物足りなく感じました。
今よりも露出推しのエッチをしたほうがタイトルに合ってると思います。

射精シーンは1回。
淫語それなり、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

一部で厳しいことも書きましたがオナサポとしての実用性は高めの作品です。

CV:篠守ゆきこさん
総時間 58:05

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

Everything About You #02 そのときのキミも好き

サークル橘さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、過去に夫をなくし娘を一人で育ててきた人妻が
先日恋人同士になった男性と自宅でこっそりエッチします。

「年上の女性が見せる可愛さ」をテーマにしたドラマ性のあるエッチが行われており
彼に頼まれて体操服やセーラー服を恥ずかしそうに着る姿や
隣の部屋にいる娘に気づかれないよう喘ぎ声を押し殺す姿が愛らしさに溢れてます。
相手が人妻といっても不倫とは違いますから、一風変わった純愛作品として誰でも楽しめます。
年下彼氏と過ごすラブラブな一日
隣に住む広田香苗(ひろたかなえ)とコスプレエッチするお話。

「楽しかったねー ふふっ 遊園地に行くのなんて久しぶりだったから ちょっとはしゃぎ過ぎちゃったかも」
香苗は明るくて穏やかな声のお姉さん。
主人公と久しぶりの遊園地へ出かけ、帰り道にその思い出を一緒に振り返ると
そのまま自宅に誘い、付き合い始めた当時のことを懐かしそうに話します。

本作品は以前サークルさんが製作された「Everything About You #01 忘れ物はラブラブの始まり!?」の続編。
相思相愛なのに想いをなかなか伝えられずにいた男女がとあるイベントをきっかけに一線を越え
晴れて恋人同士になった後どうなったかが描かれています。
単体でも楽しめますが前作から通しで聴いたほうが二人の人柄やストーリーが掴みやすいです。

香苗は10年ほど前に夫と死別した30代前半のシングルマザー。
12歳になる娘と二人で暮らしており主人公とはお隣さん同士にあたります。
恋人になる以前から香苗はもちろん、娘とも仲良くしていたため
人妻との恋愛によくあるドロドロした部分はまったくありません。
長い間男性との縁がなかった女性が年下とひたすらイチャイチャする純愛色の強いお話になってます。

「あの…ね 君にはほんとに感謝してるんだ 希美にもよくしてくれるし 今日だって 本当にすっごく楽しかったよ」
香苗は年齢よりもずっと若々しい仕草を見せる可愛い女性。
子持ちの自分を好きになってくれたことを主人公に感謝し、エッチシーンでは彼を喜ばせようと精一杯のご奉仕をします。
体操服やセーラー服を着た時に見せる恥ずかしそうな表情も愛らしいです。

年上モノと聞くと女性側がエッチをリードする展開をイメージする人もいるでしょうが
本作品の場合は二人がほぼ対等な立場で愛し合います。
彼女が責められて喘ぐシーンも多く、その際には小動物のようなエロ可愛い声を漏らします。
ストーリー、人間関係、エッチの展開など色んな部分で彼女の魅力を引き立ててます。

音声開始直後の3パート12分30秒間はエッチに至るまでの様子を描いたドラマパート。
二人が会話しながら彼女の自宅に戻り、そこで寛いでる途中に彼の服のボタンがほつれてるのを見つけ
彼女がそれを直してる最中クローゼットに学生時代の体操着を発見します。

「どうしてもダメ…でなないけど やっぱりその 恥ずかしいし」
ジャージ、短パン、ブルマと後になるほど際どい格好を要求され
その都度恥ずかしがりながらも彼の願いを叶えてあげます。
断りきれないところに彼女の人の良さや彼に対する思いやりの強さを感じました。
自宅とはいえ人妻がこういう格好をするシチュにもそそります。
静かで艶のあるエッチ
エッチシーンは2パート19分間。
プレイは手コキ、乳揉み、手マン、フェラ、キス、SEX(正常位?)です。
手コキ、手マン、SEXの際に効果音が鳴ります。

「手でしてあげるから 大きな声出しちゃダメだよ?」
初めて見た自分の体操着姿で主人公のおちんちんがすっかり元気になってることに気づいた香苗は
隣の部屋にいる娘にばれないよう手でゆっくりしごき始めます。

エッチはシーンによって攻守を入れ替えながら進めます。
最初のtrack 03は雰囲気作りを意識した比較的ソフトなプレイ(約4分)。
彼女はおちんちん、彼はおっぱいをいじって二人一緒に気持ちよくなります。

「出していいよ いっぱい気持ちよくなって」
突発的なエッチなので開始前は多少戸惑う表情も見せますが
彼女は愛する人を満足させようと積極的にご奉仕します。
「さしゅっ」という滑らかな摩擦音と共に声量を抑えた喘ぎ声が漏れるひと時は静かで艶があり
最中の言葉も思いやりに溢れていて彼女の優しさがプレイによく表れてます。

本作品のエッチは娘のいる自宅ですることから全体的に音が控えめになっており
そのハンデをくちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声のボリュームで補ってます。

会話をせずにエッチな音を複数同時に鳴らすシーンがあるので、通しで1回抜くくらいのエロさは十分持ってます。
娘に気づかれるかもしれないことを意識させてスリルを煽ることはありません。

続くtrack 04はさらに踏み込んだプレイ(約15分)。
手コキで1回射精した後、今度はセーラー服姿になった香苗と手マン、フェラ、SEXをします。

「私のお口に 精子出して?」
「あのね まだ できる? 我慢できなくなっちゃった」

ここでは彼女が自分から色々おねだりするのがいいですね。
母親の自分を一時的に捨て、一人の女性として彼とのエッチを楽しもうとします。
どのプレイも色っぽい吐息や喘ぎ声が漏れるおかげで雰囲気もエロく
SEX中に声が漏れないようにと熱いキスを交わす姿も愛情と思いやりに満ちてます。

彼女の側から中出しをもちかけ、彼がその気持ちに応えるところにも絆の強さを感じました。
キャラを崩さないよう下品に感じないレベルで乱れさせてます。

このように、変わったシチュで静かに愛し合うあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
キャラ萌え要素の強いボイスドラマ
良い意味で年上らしくない女性とのエッチが楽しめる作品です。

香苗は異性として深い愛情を抱いてる主人公を身も心もスッキリさせようと
学生時代に着ていた服を身につけたままご奉仕したり彼の責めを真正面から受け止めます。

二人のキャラやエッチに至る過程も描いたドラマ性のある作り
娘に気づかれないようひっそり取り組むスタイル、その際に鳴る控えめながらも量の多いエッチな音。
ひたすらエロさを追求するのではなく、各要素のバランスを取りながら作品を組み立ててます。

「ねぇ なんか 離れがたくて 一緒に 眠れたらいいのにね」
そして何よりヒロインを務める香苗が可愛いです。
恥ずかしさよりも主人公のリクエストに応えることを優先させる献身的な態度を取りつつ
ところどころで自分の欲望を素直にぶつけて彼に甘えます。
年上だからといって我慢せず、弱いところも曝け出すところに魅力を感じました。
彼も彼女を気持ちよくしようと頑張ってますし、お互いがお互いを大事にする気持ちが自然と伝わってきます。

エッチはコスプレよりもこっそり愛し合うシチュのほうを大事にしてます。
コスプレはエッチを始めるきっかけ作りや彼女の魅力を引き立てる意味合いが強いです。
カウパーの分泌具合で手コキ音が変わったり、SEXでピストンが徐々に速くなるなど効果音の扱いにもこだわってます。
でも個人的に一番の抜きポイントは彼女の息遣いや喘ぎ声だと思います。

射精シーンは3回。
喘ぎ声(吐息含む)それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこ、淫語ごく僅かです。

CV:一之瀬りとさん
総時間 36:47

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
前作を聴いてる人に対してなら8点をつけます。

2017年10月5日まで2割引の480円で販売されてます。

あまみみ-耳かき・耳舐めされながら囁きエッチ-

サークル「すたぁぱれっと」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段は落ち着いてるけどスイッチが入ると積極的になる家庭教師のお姉さんが
教え子の男子と二人きりでエッチな勉強をします。

「あまみみ」のタイトル通り甘い雰囲気で耳をたっぷり責めてくれるのが特徴で
エッチシーンの4分の3近くもの時間を耳舐めに割き
最初は唇で優しく包み込むように、しばらくしたら舌を激しく動かすなど
聴き手を飽きさせないよう変化をつけてエッチな音を鳴らします。
教え子の耳を優しく綺麗に
家庭教師のお姉さんと耳かきやエッチをするお話。

「あら? どうしたの? ぼんやりしちゃって」
お姉さんは上品で落ち着いた声の女性。
テストで悪い点数を取りボーっとしてる主人公に声をかけると
次のテストに向けて自分の家でみっちり勉強を教えます。

本作品は才能はあるのにやる気がないせいで良い成績を出せないでいる彼のために
彼女が80分近くの時間をかけて癒しとエッチなサービスをします。
二人がそういった行為に至るまでの過程は必要最低限の内容に抑え
ちゅぱ音や色っぽい吐息などの抜き要素をたっぷり詰め込んでる実用性重視の作りです。

「あなたって 耳かきだけじゃなくて 耳を舐められるのも好きなの?」
中でも耳舐めは全パート合わせて42分30秒とかなりのボリュームがあるのに加えて
序盤は癒し寄り、中盤以降はエロ寄りとタイプを切り替えてゆっくり射精に導きます。
バイノーラル録音ではありませんが、最中はセリフをほとんど挟まないおかげで舌や唇の細かな動きを楽しみやすいです。
聴いてて単調に感じないように工夫しながら責め続けます。

これらを行う彼女のキャラも本作品の魅力のひとつです。
最初の時点では年上らしくクールに振舞ってたのが
彼の甘える姿を見続けるにつれてより踏み込んだサービスを積極的にするようになります。

「私も あなたにお勉強教える機会が作れて嬉しいわ」
「激しいっ 好きっ 好きっ 好きぃ」

落ち込んでる彼を励まそうと軽い気持ちでお世話してるうちに自然とのめり込んでいく感じです。
物語の序盤と終盤でかなり違う顔を見せてくれますから
その大きなギャップにエロさや可愛さを感じる人がそれなりにいると思います。
時間に対するセリフの量は少ないものの、合間に漏れる吐息の質感で彼女の心情をリアルに描いてます。

変化をつけた大ボリュームの耳舐めとお姉さんのキャラ。
エッチな音をたっぷり鳴らしつつパートナーの近さも感じさせてくれる穏やかで抜きやすい作品です。
二つの要素を組み合わせた甘いエッチ
エッチシーンは2パート57分間。
プレイは耳舐め、手コキ、太ももコキ、SEX(騎乗位)、乳首責め、キスです。
手コキ、太ももコキ、SEXの際に効果音が鳴ります。

「ちょっと恥ずかしいから あなたは目を閉じていてね」
後日自宅で彼の勉強を見たり耳かきをしてあげたお姉さんは
まだ膝枕されていたいと言う彼の体を起こし、目を瞑らせてから耳を優しく舐め始めます。

エッチはどちらのパートも彼女がリードします。
最初の「癒しの耳かき・耳舐め・手コキ&太ももコキ」は耳のケアに特化したパート(約37分)。
右耳→左耳の順に耳をはむはむするところから始まり、舌を使った舐め、内側への責めと
後になるほど激しさとエロさを増す形でほぼずっと舐め続けます。
事前にやる耳かきは時間が7分程度と短いため今回は説明を省略させていただきます。

耳舐めが始まった時点では彼女もエッチする気がそれほどないのか
水分控えめなちゅぱ音を速めのペースで鳴らして癒そうとします。
はむはむする耳舐めだけでも両耳合わせて9分近くあり、プレイごとの音の違いを楽しみやすくなってます。

「私の柔らかい胸が 体に当たってるのわかる?」
彼女の態度が目に見えて変わるのは耳舐め開始から17分後。
唇と舌を使って彼の耳を十分綺麗にしたところで、いよいよエッチな耳舐めへと方向転換します。
自分からおっぱいを積極的に押しつけ、「じゅびっ きゅぷっ」というパワフルな音をハイペースで鳴らす姿は
冒頭のクールだった彼女よりもずっと熱っぽくて色っぽいです。

そして何よりここからは彼女が吐息を漏らす頻度が上がります。
耳を舐めてる彼女自身も興奮してるのが自然と伝わってくるので、同じ耳舐めでも先ほどとは違った印象を抱くでしょう。
セリフはあまり使わずちゅぱ音と吐息を組み合わせて抜ける雰囲気を作ります。

それ以外のプレイについては手コキが12分、太ももコキは4分と短めです。
耳舐めと同時に行うスタイルで射精が近づくほど効果音のペースを上げます。
割とリアルな音ですが両者の質感に違いがほとんどないのは残念です。

続く「囁き耳舐め甘々エッチ」のメインはSEX(約20分)。
1回射精してもまだまだ元気なおちんちんを満足させようと今度はおまんこでじっくり刺激します。

「ずぷずぷずぷーって あなたのおちんちん 私のおまんこの中に入っちゃったね」
ここでは耳舐めの時間が大幅に減る代わりに彼女のセリフや態度が存在感を増します。
自ら指でおまんこを開いてすっかり濡れてることをアピールしたり
腰をグラインドさせておちんちんの感触を味わう姿は教師よりも恋人に近く
お互いがお互いを責め合うので吐息や喘ぎ声のボリュームも多めです。

エッチを始める前は「興味がある」程度の存在だった彼に対し
自分から「好き」と何度も言うあたりに彼女の心情変化がよく現れてます。
パート中盤以降は彼が下から腰を突き上げて彼女を乱れさせるシーンもありますし
教師と生徒だった二人が男女の仲へと前進したことがエッチな音を通じてわかります。

このように、年上の魅力を出しつつギャップも取り入れた音重視のエッチが繰り広げられてます。
ちゅぱ音が豊富な年上作品
女性が生み出すエッチな声や音を多めに聴ける作品です。

お姉さんはテストで落ち込んでる主人公が次に良い成績を残せるように
勉強を教えるのはもちろん、体を張った心のケアもしてあげます。

質量共に十分なレベルを持ってるちゅぱ音、その合間に漏れる自然な吐息
そしてお世話してるうちにどんどん彼にのめり込んでいく彼女の姿。
状況説明や心情描写のセリフは必要最低限に抑え、音や反応で彼女とエッチしてる雰囲気を出します。

「なんだか恋人を持ったというより 子供を持ったって感じよね」
中でも彼女は普段とエッチのキャラがかなり違って面白いです。
普段が落ち着いてるからこそ、エッチでブレーキが効かなくなったりおねだりする様子が余計可愛らしく思えます。
気持ちよかったらはっきりわかる形で乱れますし、年上だからと見栄を張らず彼と素直に愛し合います。
エッチな声や音の分量がこれだけ多いのに彼女の魅力も出てるところが素晴らしいです。

エッチは耳舐め好きかどうかで満足度に大きな差が出ます。
囁き声を積極的に取り入れてることも考えれば是非バイノーラルにして欲しかったです。

プレイ時間に対する射精シーンが少ないのも気になりました。
完全ノーマル向け、しかもエッチな音がたっぷり鳴るタイプの作品なら
あまり我慢させず適度に抜き場を設けたほうが良いと思います。
この構成なら「癒しの耳かき・耳舐め・手コキ&太ももコキ」パートにもう1回プラスするのがいいでしょう。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音と喘ぎ声(吐息含む)それなり、淫語そこそこです。

年上の女性が優しく対等に愛してくれる作品です。

CV:神楽琴美さん
総時間 1:18:58

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

添い寝していた「彼女」がオナニーを始めたので寝たふりして聞いてみた。【まゆり】

サークル「新花街」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、エッチに積極的で思いやりもある彼女が
恋人の家でちょっぴり大胆なことをします。

ちゅぱ音や息遣いといったエッチな音をたっぷり鳴らすのが魅力で
寝ている彼を起こさないよう声を押し殺してオナニーに励む姿や
ご奉仕したり愛し合う様子をそれらで抜きやすく表現しています。
愛する人のそばでこっそりと
自宅で恋人のまゆりとイチャイチャするお話。

「ふんふふんふんふーん はーい お待たせ」
まゆりはちょっぴり幼さを感じる可愛い声の女の子。
休日前の夜、恋人にあたる主人公の家に泊まりに行くと
眠そうな彼を気遣い隣で一緒に寝てあげます。

本作品は愛情深くエッチも大好きな彼女が
70分近くに渡り彼に秘密でオナニーしたり直接ご奉仕します。
以前紹介した「添い寝していた「姉」がオナニーを始めたので寝たふりして聞いてみた。【りこ】」とシチュが非常に似ており
あちらと同じくエッチな吐息やちゅぱ音を重点的に鳴らす抜き重視の作りをしています。

「入れて まゆりのおまんこに おちんちん入れて」
恋人同士によくある「好き」などの愛の言葉はかなり減らし
その代わり淫語を絡めたおねだりをしたり、ご奉仕中は会話よりも責めのほうを頑張ります。
声質が割と清楚なのにエッチにとっても積極的なところもギャップがあって良いです。
言葉よりも態度や行動で愛情を伝えてくれます。

もうひとつの特徴は密着感を意識したエッチをすること。
3つあるエッチパートのうち2つで彼女が囁き声で語りかけ
彼を責める、あるいは彼に責められる際も大きな声を出さずやや押し殺しながら乱れます。

彼が仕事で疲れてることもあり、できるだけ負担をかけないよう気遣って責め続けます。
囁き声が多いのはシナリオ担当が「ささやき庵」シリーズで有名なVOICE LOVERさんだからでしょう。
エッチな声や音のボリュームが多いおかげで静かな雰囲気でも十分な実用性を持ってます。

抜きやすさを追求したエッチとまゆりとの距離の近さ。
特別な人と一緒に過ごす様子をエロく穏やかに描いた作品です。
心情描写に力を入れたオナニー
エッチシーンは3パート67分30秒間。
プレイはまゆりのオナニー、フェラ、手マン、乳首舐め、キス、SEX(騎乗位)、耳舐めです。
エッチな効果音はありません。

心の声「どうしよう 生理前だから なんか体が火照る」
主人公が寝入った後もなかなか寝つけずにいたまゆりは
火照った体を鎮めようと彼のすぐそばで胸や乳首をいじり始めます。

エッチはほぼ対等な立場で彼女が責め続けます。
一番最初の「まゆりの添いオナ」はタイトルにもなってる彼女のオナニーが楽しめるパート(約22分)。
左右のいずれか一方で彼女の息遣いが流れ続け、中央からは心の声を漏らします。
(製品版は右隣、左隣の2パターンがありその両方に心の声あり/なしが入ってます)

「舐めて まゆりの乳首 エッチな音立てて いーっぱい舐めて」
「見て 見て欲しい まゆりのクリトリス見て 興奮して欲しい」

彼女は心の底から彼のことが好きなのでしょう。
胸を揉む時、乳首をいじる時、クリトリスをこねる時、おまんこに指を出し入れする時
いずれも彼にそこを見られる、責められる様子をイメージしながら慰めます。

「寝たふりして聞いてみた」となってますが途中で主人公が起きることはありませんし
女性のオナニーを間近でこっそり観察する気分が味わいやすいです。
敏感な部分に移るにつれて少しずつ荒くなる息遣いや
クリトリスとおまんこで漏らす声のタイプが違うなど、オナニーの様子を声だけでリアルに表現しています。


彼を起こさないよう声をできるだけ我慢しながら絶頂する姿も愛らしいです。
心情描写も非常にリアルで妄想を膨らませやすく、本作品の中で最も抜けるパートに仕上がってます。

続く2パートは翌日のお話。
「まゆりのフェラ」はお目覚めのフェラを、「まゆりとえっち」は色々な前戯を挟んでから騎乗位で繋がります。

「まゆりのフェラ」はオナニーと打って変わってちゅぱ音特化。
22分近くある時間を有効に使って先端へのキス、亀頭舐め、カリ舐め
玉舐め、ディープスロート、咥えながらの舌責めなどかなり細かい責めを繰り出します。

「おいしい おちんちんおいしいよ」
セリフはどこをどう舐めるかや軽い感想程度でほぼずっと舐め続ける感じです。
舐める部位や舐め方の違いがちゃんと出てますし、後になるほど下品で激しい音を鳴らす流れも抜きに適してます。

「いいよ もっとして まゆりの乳首 もっとちゅーちゅーしていいよ」
「まゆりとえっち」はひとつのプレイをとことん掘り下げてた今までとは違い
序盤は彼が彼女に乳首舐めや手マンを、中盤は立場を入れ替えて彼女が彼に乳首舐めとフェラをします。
性感帯を責められて嬉しそうに乱れる姿や、「だめぇ」と言いつつ気持ち良さそうにイク姿など
どちらかと言えばプレイそのものよりも彼女の様子や反応に焦点を当てて進めます。

お互いを温め合ってからSEXに持っていく流れは自然で良いのですが
SEXの時間が約7分と短く、最中も喘ぎ声をあまり漏らさず耳舐めを頑張ってるのが引っかかりました。
SEXなら最初のオナニーよりもずっと伸び伸びと彼女が喘ぎ声を出せますし
わざわざ耳舐めを挟まなくても十分抜けるプレイにできたはずです。
今の内容では耳舐めを普通にしてるのとほぼ一緒でSEXの存在感が薄くなってしまってます。

このパート全体で彼女が囁いてくるのももったいないです。
彼の家なら他人に聞かれる心配もないはずですから声を潜める理由がありません。
彼に囁き好きの設定がされてるわけでもありませんし
もっと激しさを出したほうが前の2パートとのメリハリがついたし盛り上がったと思います。
オナニーとSEXでイキ声がほとんど一緒なのはどうかなと。

このように、女性が生み出す声や音で興奮させる控えめなエッチが繰り広げられてます。
静かな作品
エッチな声や音がぎっしり詰まった甘い作品です。

まゆりは日々仕事を頑張ってる主人公が癒されながら気持ちよくなれるように
朝立ちで元気になったおちんちんを口でご奉仕し、夜には他の部分も使って気持ちよく射精させます。
そして満たされない性欲は自分の指で発散させます。

ちゅぱ音や吐息といったセリフ以外の要素で抜かせる作り
言葉ではなく態度や行動で彼に愛情を注ぐ彼女の姿。
セリフを追わずに済む形でイメージを膨らませ、興奮させる独特なプレイをします。

「大好きだよ うふふっ」
可愛いキャラなのにエッチでとても積極的に振舞うところも魅力的です。
恋人同士ならではの愛の言葉をもう少し言って欲しい気もしますが
彼の気持ちを汲み取った責め方をしてますし、声や音も男心をくすぐるものが多いです。
割とMっ気があるようなので彼が元気な時は受けに回ることが多いのかもしれませんね。

エッチはオナニーとフェラが良かった反面SEXが色々と物足りなく感じました。
最終パートは一番の山場であり聴き終えた後の余韻にも影響を与えます。
最初のパートで彼女が彼とエッチしたい欲求を鎮めようとオナニーし始めた背景を考えれば
それが叶った時に幸福感をもっと表に出しても良かったのではないでしょうか。
前の2パートで上手く盛り上げたのに消化しきれてないと思います。

絶頂シーンは主人公2回、まゆり5回。
ちゅぱ音多め、喘ぎ声(吐息含む)それなり、淫語そこそこです。

恋人と二人きりで過ごす様子を穏やかに描いた作品です。

CV:和泉りゆさん
総時間 1:18:03

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2017年9月22日まで7割引の300円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

えっちな婦警さんに捕まって。~取調室での甘責め尋問~

サークル「ドレッド」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、色っぽくて仕事熱心な婦警さんが
3日間に渡るエッチな尋問で参考人の男性を自白へと追い込みます。

巧みな話術と責めを組み合わせたテーマ性の強いプレイが魅力で
エッチを一度もしたことがない彼に自分から体を密着させ耳元で優しく囁きながら
射精の寸前までおちんちんを責めて降参したくなる状況を作り上げます。
童貞君を優しく誘惑
婦警さんに3日間の取り調べを受けるお話。

「さて、それじゃあ取り調べを始めるわね」
婦警さんは上品で色っぽい声のお姉さん。
最近頻発してる痴漢の重要参考人として連れてこられた主人公に事情を説明すると
恐がる彼をなだめながらその手口を細かく教えます。

本作品は現実世界でも度々問題になってる電車内での痴漢を炙り出すために
彼女が3種類のエッチをしながら彼の自白をじっくり待ちます。

「うん、わかってるわよ。電車が揺れて、たまたま手がお尻に触れただけだって。だからあくまで、キミは重要参考人。私もぜんぜん疑ってなんかないわ。一目見てわかるもの」
警察官と参考人はそれほど仲の良い関係にはあたりませんが
彼女が温厚な性格をしてるので取り立ててハードなことはしません。
プレイ中に優しい言葉をかけたり、体を積極的に密着させて信頼してることを示します。

しかし尋問のほうは男の弱点を的確に突いたものばかり。
童貞な彼が未だ味わったことのない快楽を積極的に与えて心を突き崩し
さらに射精が近づくとそれと引き換えに自白するよう呼びかけます。

「溜まった精子を、私の手の中でどぴゅどぴゅしたかったら、僕が痴漢しましたって認めなさい。そしたら、しこしこ再開してあげる」
尋問とはいえこういう状況で射精の欲求に打ち勝つには相当な精神力が求められます。
彼女が婦警を自分の精液で汚す、あるいは孕ませる欲望を適度にくすぐってくるのだから尚更です。
聴き手が彼と同じ視点でエッチを楽しめるように1日目と2日目には自白ルートが用意されてます。

途中で自白した場合は彼女の態度が大きく変わりますから、射精の快感と背徳感を同時に味わうことになるでしょう。
逆に無事完遂できた場合は面白い結末が待ち構えてます。
このマルチエンディング方式も本作品の魅力のひとつです。
飴と鞭を使い分けるエッチ
エッチシーンは5パート32分30秒間。
プレイは乳首責め、手コキ、SEX(騎乗位、正常位)、キスです。
エッチな効果音はありません。

「こうしてぐるぐる、ぐるぐるって撫でられると……先端を触って欲しくなっちゃうでしょ?」
軽い世間話で主人公の緊張をある程度解きほぐした婦警さんは
彼の服を上だけ脱がしまずは乳首の周りを指で優しくいじります。

エッチはごく一部を除き彼女が責め続けます。
1日目でするのは乳首責めと手コキ(約10分)。
最初は乳首だけを、少し経つと下も脱がせておちんちんと一緒に気持ちよくします。

「こうしてぐるぐる、ぐるぐるって撫でられると…先端を触って欲しくなっちゃうでしょ?」
どのプレイにも効果音を入れてないことを踏まえて最中のセリフは実況が多く
彼女がどこをどのように責めてるかのイメージを膨らませてくれます。
エッチに入ったからといって露骨に色っぽい仕草や息遣いをすることはありませんが
元々の声が大人っぽいので尋問らしからぬエロさが漂ってます。

ただし淫語に関しては結構積極的に言ってくれます。
バイノーラル録音なだけあって声の位置が非常に近く、囁き声の臨場感も高いです。
彼が暴発しないように体への責めはある程度手加減し、そのぶん他の要素で興奮させてくれます。

「婦警のお姉さんの指で、おちんちんをごしごし、しこしこしてもらって、精液ぴゅっぴゅって吐き出したい? お姉さんの細い指にザーメンぶっかけて、白く汚したい?」
こういうセリフを言われたら童貞には堪らないでしょうね。
相手が年上、しかも警察官にぶっかけられるとなったら心が揺らぐはずです。
だけど自白するまでは絶対に射精させない。
飴と鞭を組み合わせた責めで彼を少しずつ確実に破滅へと追い込みます。

続く2日目は耳舐め+手コキ(約5分)。
1日目の尋問を終え、射精したい気持ちがさらに膨れ上がってる主人公を堕とそうと
婦警さんが左耳をねっとり舐めながら甘い言葉を囁きます。

「えっちなことしか考えられない、おちんちんぴゅっぴゅっすることしか頭にない。そんな子になっちゃえ」
ちゅぱ音を固めて鳴らしてから話すスタイルで、1日目と同じく脅迫じみたことはあまり言わずに
快楽に負けることと自白をリンクさせて彼の降参をじっくり待ちます。
時間は短いですが舐めっぷりが激しくて大人の女性らしさを感じます。

最後の3日目は最も踏み込んだプレイ(約13分)。
小手先のエッチで自白を引き出すのは難しいと判断した彼女が
いよいよ自分のおまんこを使って彼のすべてを奪い取ろうとします。

「ゆっくり持ち上げると…ひだひだの一枚一枚が、亀さんのカリ首をこすり上げて…。下ろすと、ぐちゅん、って、いやらしい音立てて、おまんこ肉がおちんちん全体を包み込む…」
「今日ね、私、危険日なの。そう、危ない日……赤ちゃんの卵がお腹の中にある日なの」

淫語を多めに盛り込んだ実況に加えて、射精したら絶対妊娠することをストレートに告げるなど
男性が潜在的に持ってる女性への征服欲を上手に刺激するところが尋問らしいです。
彼も初めての経験に抵抗できずとうとう敗北の証を吐き出してしまいます。

ちなみに、彼がこの射精を迎えるのはSEX開始から7分後
つまりまだ6分程度の時間が残ってることになります。
そこで彼がどのような裁きを受けるのかは聴いてのお楽しみとさせてください。

このように、女の武器を駆使した甘くて抗い難いエッチが繰り広げられてます。
ちょっぴりスリリングな作品
多少のストーリー性も持ってる独特な色仕掛け作品です。

痴漢退治のために自ら囮になる正義感の強い婦警さんが
そこで捕まえた男性をゆっくりじっくり責めて真実を暴こうとします。

童貞が喜ぶプレイや言葉を積極的にぶつけて心を蕩かすスタイル
その一方で射精の権利だけは取り上げ自白を引き出す狡猾さ。
緩い雰囲気を漂わせつつ一番大事な部分だけは締める効果的なリードをします。

「キミのザーメン、飲んでみたいなぁ。上のお口でも、下のお口でも…ね」
彼女は仕事上厳しく接することもありますが彼に対して一定以上の好意を持ってます。
だから筆おろしも含めたエッチの相手をしたのでしょう。
途中の誘惑に負けず最後まで聴ければそのあたりがわかるようになってます。

エッチは手コキやSEXといった音が重要になるプレイが中心なのに
効果音を入れてないのがどうしても引っ掛かりました。
これが例えばフェラを初めとする舐め系のプレイに寄ってるなら音を入れなくても納得できます。
声の質感や演技が良いだけに、よりリアルで抜ける表現を追求して欲しかったです。

もうひとつ、作中に編集ミスと思われる部分が2つありました。
(2-2パートの1:10付近と3日目の9:55付近)
今からでも遅くないので是非修正して欲しいです。

射精シーンは4回。
淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

優しく負かしてくれるややM向けの作品です。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 53:12

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

みみどみねくいんず

サークル「すくりぷてっどこねくしょん」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った魅力を持つ四人の女王様が
ドMな男性を個別に、あるいは同時に責め続けます。

エッチのM度と密度の両方が後になるほど増すのが特徴で
一人目は甘い声で軽めの言葉責めをする程度だったのが
三人目に入ると口調が一気に厳しいものになり、土下座や鞭打ちといった屈辱的な責めも登場します。
登場人物が多いおかげで耳や股間の同時責めも充実してます。
ややMからドMまで幅広く
ナナ、アリサ、ユウナギ、ミカに調教されるお話。

「ナナの3分クッキングのコーナー! さて 今日のお料理は…」
ナナは甘く可愛い声の女の子。
本日のメニュー「おちんちんの精液和え」に使う材料を説明すると
裸で後ろ手に縛られてる主人公に早速フェラを始めます。

本作品は女性に激しく責められたい、飼い慣らされたいM男の欲求を満たすために
彼女たちが100分近くもの時間をかけて様々な調教を施します。
すくりぷてっどこねくしょんさんは催眠音声で非常に有名なサークルさんですが
今回はその技術をあまり使わずSMチックなプレイや言葉責めで射精に追い込みます。

全体を通じて言える特徴はふたつ。
彼女たちのS性に違いを持たせてることと同時責めに力を入れてることです。

ナナ「体がビクってするたび おちんちんもビクビクして 可愛い」
ユウナギ「ほらチンポ振れよ 忘れてんじゃねぇぞ!」
前者はナナとアリサが優しいキャラ、ユウナギとミカをきつめのキャラに設定し
属性が近い二人の間にもこだわりを持たせて個性を引き立ててます。
特にユウナギとミカは土下座や鞭打ちといったいかにも女王様らしいプレイを積極的に行います。

聴き始めた直後は「それほど厳しいことはしてこないな」と思ってた人も
後の二人が登場するあたりから認識が大きく変わるでしょうね。
時間に対する射精回数が少なめなので壊れるレベルではありませんが、M性の高い人のほうが楽しめるのも事実です。

後者は二人以上の女王様が登場するパートで
ダブル耳舐め、ダブルフェラといった複数のエッチな音が同時に鳴るプレイをいくつも繰り出します。
全員がバイノーラル録音なだけあって音の質感がどれも高くプレイもかなり濃いです。
目隠し&拘束をされた主人公を彼女たちが一方的に責めるスタイルなのでご奉仕っぽい部分も持ってます。
手広く構えたM向けのエッチ
エッチシーンは7パート95分間。
プレイは体の拘束、フェラ、耳舐め、乳首責め、亀頭責め、オナニー、鞭打ち、パンツを頭に被る、クンニ、手コキ、足舐め、スパンキング、アナル責め、女王様同士のキスです。
体の拘束、亀頭責め、鞭打ち、手コキ、スパンキング、アナル責めの際に効果音が鳴ります。

「ここで口を動かしたら カリに擦れて 気持ちいいんだってね」
主人公のおちんちんを軽く絞り上げるように口で責めていたナナは
中断してから手の拘束を解除して彼におちんちんの根元を持たせ
自分はそのまま耳や乳首を刺激しもどかしい感覚を与えます。

エッチはどのパートも彼女たちが責め続けます。
最初の4パート31分間はお試しに近いプレイ。
ナナ、アリサ、ユウナギ、ミカの順に思い思いのやり方で彼を調教します。

ナナ「いいよいいよ 変態なんだから そのくらいやってても」
アリサ「射精したい 出したい そんな風に感じ方が変わってきたら ようやくスタートラインです ここからが 本当の快楽地獄ですよ」
「変態」などの言葉責めを交えながら終始明るい態度で責めるナナ
表面上は礼儀正しいけど亀頭だけをねっとりいじり続けて射精させないアリサ。
Mな人が喜びそうな要素を交えたプレイが早速登場します。

彼女たち自身がお試しと言ってることもあり射精シーンがあるのはユウナギのみです。
複数人プレイをするパートに向けて彼女たちを知る、気持ちを盛り上げる意味合いの強いプレイと思ってください。

ユウナギ「おいブタ! いっちょまえに二足歩行してんじゃねぇよ」
ミカ「どうだ? 楽でいいだろう 頭の中がどんどん真っ白になる」
ただし、ユウナギとミカに関しては精神面の刺激がとても強くなってます。
ユウナギは最初から彼をブタ呼ばわりして乱暴な言葉遣いで接しますし
ミカは「ピシィッ」と鋭い鞭の音を鳴らしながら言葉で奴隷の心構えを身につけさせます。

時間感覚の歪曲を狙ったオナニーや催眠暗示っぽいセリフも出てきますし
この2パートはすくりぷさんらしさもある程度表現されてます。
ユウナギはキャラが軽いけど言葉はきつく、ミカは落ち着いてるけど逆らえないオーラを持ってます。

これらの後に始まる2-1、3-1はもうひとつの特徴である複数人プレイが光るパート。
ソフトはナナとアリサ、ハードはユウナギとミカ、みんなでわいわいは全員と登場人物を切り替え
それぞれのS性に沿った密度の高い調教で射精に追い込みます。

ナナ「この子 乳首立ってまーす」
アリサ「あらあら本当ですね 寒いのかしら?」
ソフトはダブル乳首責め、クンニ+亀頭責め、ダブルフェラなど一般的なエッチに寄せたプレイを多めにする代わりに
彼の情けない姿を観察したり焦らし気味に責めて多少のMっ気を出してます。
彼女たちが掛け合いながら進めるので賑やかな印象を抱くでしょう。
雰囲気がとても明るく意地悪さも少なめの和やかなパートです。

ユウナギ「ブタでもちゃんとできるもんなんだな 体が硬くて届きませんブヒーとかってならなくてよかったな」
ミカ「床に届かなければ 届かせてやればいいだけだ」
それに対してハードは土下座から始まりミカへの足舐め、四つんばいでの鞭打ち、見られながらのオナニーなど
男のプライドを徹底的に打ち砕くことを見据えたきつめのプレイが揃ってます。
二人ともSっ気が強いので最中のセリフも容赦がありません。
お預けもきっちりしてくれますし女性に飼われたい人ほど喜ぶパートと言えます。

ミカ「アナルは一度気持ちよさを味わうと どんどん深みにはまっていくからな」
アリサ「みんなにアナルで感じてるところ 見られてますよ 恥ずかしいですね」
最後のみんなでわいわいは複数同時責めに加えてアナルに関するプレイがいくつか登場します。
ミカがローションつきの指でほぐし、専用の器具を備え付けた椅子に座らせて前立腺を刺激し
それで感じてる姿を彼女たちが嬉しそうに眺めます。
自分でいじる指示は出ませんからアナル未開発でも問題なく聴けます。

これまでのパートに比べて言葉責めの割合を減らし、その分エッチな音をたっぷり鳴らすのもいいですね。
四人の声優さんが別なおかげで同じ耳舐めでもペースや音の質感に違いがあります。
オナニー開始から射精までの時間を今の4分から8分くらいにまで伸ばせばより抜きやすくなったと思います。

このように、女王様たちの違いを出しつつ重ねて責めるテーマに沿ったプレイが繰り広げられてます。
一風変わったM向け作品
女性が複数人いる状況を最大限に活用した調教作品です。

四人の女王様はMな主人公にいつもとは違う快感を味わわせようと
一人ずつ、二人ずつ、全員とスタイルを切り替えながらそれぞれで異なる責めを加えます。

拘束、鞭打ち、罵声、足舐めなど調教らしさを強く意識したプレイの数々
彼女たちのSっ気や性的嗜好の違い、耳やおちんちんを複数人で同時に責めるスタイル。
女性に支配される、意地悪される快感を前面に押し出したきつめのサービスを行います。

ナナ「次はもっと いっぱい遊んであげるね」
一部でヤバいプレイがあるものの、ナナやアリサがそれをある程度中和してたり
個々のプレイ時間を短めにして幅広く責めるおかげで凄惨と感じるほどではありません。
彼女たちの奴隷になった気分を擬似体験させるあたりに留まってます。
オナニーも射精のタイミングを制御するくらいでペースや強さはほぼ自由です。

エッチは四人の違いやコンビネーションを大事にしながら組み立ててます。
それぞれに別の魅力を持ってますし、どのパートが気に入るかは人それぞれでしょう。
私は普段強気に振舞うユウナギが時折見せる女の子らしさが印象的でした。
一部で百合っぽい描写もあって彼女たちの仲の良さも自然と伝わってきます。

射精シーンは5回。
ちゅぱ音多め、淫語それなり、くちゅ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

キャラが立っていてプレイにもインパクトがある濃い作品です。

CV:ナナ…みもりあいのさん アリサ…かの仔さん ユウナギ…そらまめ。さん ミカ…沢野ぽぷらさん
総時間 1:53:43

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

僕を甘く弄ぶ妹系アイドルサキュバス ~囁き手コキ&エナジードレイン騎乗位~

サークル「甘辛ギネコクラシー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、とある目的のためにアイドル活動をしてる妹系サキュバスが
ファンの男性と濃厚なエッチをしながら自分の想いを伝えます。

彼女が持つ複数の特徴を組み合わせた甘いエッチが魅力で
アイドルを独占する優越感や年下の処女を好きにできる喜びを存分に味わわせつつ
軽い言葉責めや意地悪をしてMな彼の欲望を隅々まで満たそうとします。
憧れのアイドルが恋人に
妹系アイドル如月サヤカと子作りエッチするお話。

「こんばんはお兄さん 夜分遅くにいきなりすみません」
サヤカは甘く可愛い声の女の子。
ある日の夜、主人公の家を訪問し自分のことを知ってるか尋ねると
突然の出来事に驚く彼にここへ来た事情を説明します。

本作品は自分に並々ならぬ情熱を注いでくれるファンに興味を持った彼女が
恋人になる約束を交わしてから1時間以上に渡る初エッチを楽しみます。
童貞と処女のエッチということで前半はお互いの気持ちを確かめながら比較的ソフトなプレイを楽しみ
準備が整った後でガッツリSEXする純愛色の強いものです。

「実はお兄さんに 私の彼氏になってもらいたいんです」
彼女は人間の男性とサキュバスの間に生まれたハーフサキュバス。
自分だけをひたすら愛してくれる心と膨大な性欲を持つ男性を見つけるためにアイドルになりました。
そんな背景があるので最初から自分の気持ちを素直にアピールします。
そしてエッチの最中はその証として彼に様々な初めてを捧げます。

アイドルと言えば多くのファンに愛される存在ですから
その心と体を独占できるのは相当に幸福なことのはずです。
年下の女性からファーストキスや処女をいただく展開も支配欲と征服欲をくすぐります。
こんな風に彼女が持ってる様々な属性を活用して感情移入や性的興奮を膨らませます。

一部で「情けない」などの言葉責めをするシーンもありますが
それはある程度のM性を持ってる彼を喜ばせるためためであって悪意によるものではありません。
好意を感じる言葉のほうがずっと多く、態度や行動でも彼に惜しみない愛情を注ぎます。

もうひとつのサキュバスについては彼とエッチするきっかけ作りの他に
エッチの途中で魔法をかけたりエナジードレインのスキルを使おうとします。
彼女は男の精に対する執着以上に心の繋がりを重視するキャラなので
作中に連続射精はなくハードなプレイもほとんどありません。

エッチそのものよりもお話を違和感なく進めるためにサキュバスを活用してます。
ですからアイドルもしくは処女とのエッチに興味のある人のほうが満足できると思います。
すべてを奪い、捧げる深いエッチ
エッチシーンは5パート63分30秒ほど。
プレイはハグ、キス、乳首責め、耳舐め、オナニー、手コキ、クンニ、SEX(騎乗位、対面座位)です。
オナニー、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります。

「どんなことがあったって お兄さんのこと 嫌いになったりしません だからもっとリラックスしてください」
諸々のことを話し、主人公にエッチの同意を取りつけたサヤカは
初めての体験に緊張する彼を気遣い優しくハグします。

エッチは母親から色々習ってる彼女がリードします。
最初の3パート39分間はお互いのことを知る意味合いの強いシーン。
track2は乳首責め+耳舐め+オナニー、track3はキス+言葉責め+手コキ
track4は彼女への乳首責め+クンニとまったく違うプレイをいずれもゆっくり行います。

「妹系アイドルの生おっぱい 手のひらに収まっちゃうくらいのプチバストです」
彼女は処女といってもサキュバスですからどうすれば男が喜ぶかをよく心得てます。
だから憧れのアイドルが自分のためにご奉仕してることを適度に意識させ
さらに年下特有のやや未成熟な体を見せたり触らせて彼の欲情をくすぐります。

「感じてるお兄さんの顔 情けなくてすごく可愛いです 見てるだけであそこがきゅんきゅんしちゃいます」
喜ばせ上手な部分が最もよく出てるのが言葉責め。
「変態」などの見下す言葉を投げかけ、その直後に自分の好意を伝えて彼のすべてを包み込みます。
好きだから、愛してるから相手の望むことをできるだけしてあげたい。
単に体だけを気持ちよくするのではなく思いやりを込めて心も責め続けます。

プレイについては初々しさを出すために全体のペースをやや落とし
その代わり複数のプレイを同時にやってエロさを補ってます。
耳舐めの時もちゅぱ音が中央で鳴るのは残念ですが、音についてはキスとの違いがよく出てます。

「お兄さん いいっ すごくいい お兄さんのぺろぺろ すごくいいのぉ」
この中で最もおかずになるのはtrack4ですね。
彼女が目の前で服を脱いでおっぱいやおまんこを晒し、順番にいじらせて2回の絶頂を迎えます。
自ら指で開いて中まで見せる大胆さと、責められた時に漏らす小動物っぽい喘ぎ声とのギャップが大きく
処女が男性にこういうことを初めて許すシチュにもそそります。
ただし、このパートだけは唯一射精シーンがありません。

続く2パートはどちらもSEXシーン。
track5は騎乗位、track6は対面座位と体位を切り替えるだけでなく
方向性も異なるプレイを楽しみ1回ずつの射精を目指します。

「誓ってください 私だけのものになるって 私のザーメンペット彼氏になるって」
track5は彼を堕とす最終段階と呼ぶのが妥当なSEXです。
まず体位が完全女性上位ですし、中盤で彼の射精を魔法で制御しギリギリまで我慢させます。
責め方についても前半は手コキっぽい水音を鳴らしながら優しく
後半はパンパンと肉のぶつかり合う音を鳴らして激しく腰を打ちつける緩急をつけたものです。

「全力のエナジードレインで お兄さんの精力を 根こそぎ奪っちゃいます」
タイトルにもなってるエナジードレインも大きなポイント。
これを受けたら全身の精をすべて吸い取られることをはっきり伝え彼の覚悟を確かめます。
彼女は自分のすべてを捧げる代わりに相手のすべてを求める女性です。
そんな想いの強さがプレイにも色濃く出ています。

初エッチというとプレイの描写に力を入れる作品が多いので
登場人物の内面に焦点を当ててるのは珍しくて面白いです。

「私 お兄さんに出会うために生まれてきたんだと思います」
対するtrack6は試練を潜り抜けたご褒美に近いSEX。
彼の気持ちが揺るぎないことを理解したサヤカが自ら子作りをおねだりします。
上下関係のない体位、蕩けるように甘い愛の言葉、そして自分の遺伝子でアイドルに種付けする快感。
意地悪さやM性を感じる要素を一切交えずストレートに愛し合います。

ふたつのパートを続けて聴くと同じSEXでも随分違った印象を抱くでしょうね。
彼女が彼の精液だけを求めてこういう話を持ちかけたのではないことがよくわかります。
このように、心と体の両方を深く繋ぎ合わせるラブラブなエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の甘い作品
サキュバスよりも普通の女の子とするのに近いエッチをする純愛系作品です。

サヤカはアイドル活動の最中に偶然見つけた主人公をモノにしようと
最初から自分の好意をはっきり伝え、その証拠に色んな初めてを捧げます。

アイドルを独占し種付けまでする魅惑のシチュ、処女の綺麗な体を自分の体液で汚す展開
エッチを通じてお互いの気持ちを確認する恋人らしいやり取り。
彼女が持つ複数の属性ができるだけ引き立つようにお話を進めます。

「これからもずっと 特別なファンとして 愛してくださいね」
彼女は良くも悪くもすごく真っ直ぐな女性です。
自分のことを誰よりも愛してくれる人になら喜んですべてを投げ打ちます。
彼のおちんちんはサイズが小さく皮も被ってるそうですから、男性としてそこまで魅力的ではないはずです。
アイドルでありながらそんな彼をここまで深く愛せるところに魅力を感じました。

エッチは初々しさをあまり意識せず二人の友好度に合わせてプレイを切り替えます。
アイドルや年下の部分は上手く表現できてると思うのですが
サキュバスについてはプレイであまり活かせてないかなぁと。
魔法やエナジードレインのシーンがあるものの軽く説明するだけですし、サキュバス特有の器官で責めることもありません。

個人的に最も腑に落ちなかったのが精液の扱いです。
彼女は元々彼の精液を求めて近づいたわけですから
射精後にその匂いを堪能したり、実際に舐めて味を確かめるシーンがあってもよかったはずです。

特に後者はむしゃぶりつく感じに演技すれば普段とのギャップが出てエロさが増します。
しかし実際は射精時にカウントやぴゅっぴゅのセリフを言うまでで終わってます。
キャラが立ってて心情描写もしっかりしてるだけに、ここだけはもったいなく感じました。

射精シーンは4回。
くちゅ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音ごく僅かです。

変わった特徴を持つ女の子との愛情模様を描いた作品です。
プレイよりもキャラやシチュに力を入れてる作品が好きな人におすすめします。

CV:みもりあいのさん
総時間 1:20:41

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

JKマジックミラー ~エロカワ女子校生限定の見抜き店~

サークル「ちょこれーとむーす工房」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った魅力を持つ3人のJKが
マジックミラー越しに会話したり自分のエッチな姿を見せて男性のオナニーを応援します。

女性と物理的に接触できない状況を活かした珍しいエッチが行われており
スカートをたくし上げてパンツを見せる、お尻を壁にくっつけて擬似SEXっぽいプレイをする
全裸になりお互いのオナニーを見せ合うなど、視覚と聴覚を上手に刺激して興奮や射精への欲求を盛り上げます。
目と耳だけでJKの体を堪能
マジックミラー鑑賞店で「ふみか」「あや」「なつき」からサービスを受けるお話。

「あっ ランプついた よいしょっと お客さん見てるんだね」
あやはやや幼さを感じる明るい声の女の子。
「まだランプがついてるってことは お客さんいるんですね えっと…ふみかです」
ふみかは上品で大人しい声の女の子。
「こういうこと言うのもなんだけど お客さん絶対個室のほうがいいよ」
なつきはやや砕けた口調で話す優しい声の女の子。
マジックミラー越しに自分たちを見てる主人公に声をかけると
お店のシステムやそれぞれのチャームポイントを教えます。

本作品は鏡越しにJKたちと触れ合うことのできる変わったお店で
彼女たちが一対一で恥ずかしいところを見せたり一緒にオナニーします。
物理的に遮断されてる空間でエッチをするため彼女たちに直接触れるシーンは一切なく
胸、お尻、おまんこといった魅力的な部位を見る(視覚)ことや
彼女のたちの声やちゅぱ音(聴覚)を通じて射精を後押しします。


タイトルにもなっているマジックミラーも大きなポイント。
主人公が彼女たちを観察できる反面、彼女たちは彼の姿を確認することができません。
だから彼は女性の視線を気にせず存分にオナニーできるし
彼女たちは一方的に見られてることを意識しながら大胆なポーズやプレイに取り組みます。
(声だけは女性側からも聞けるようになってます)

女性にオナニーを見てもらうのではなく、オナニーのおかずを提供してもらうわけです。
M向けのプレイも特にやりませんから属性はほぼノーマルです
また一部のパートでこの状況を利用した特別なプレイも登場します。

ふみか「タイツ越しの私のパンツでも そんな風に興奮してくれるんですね お兄さん すごく反応してくれて 私すごく嬉しいです」
エッチの相手を務める女性たちはいずれもJKですがそれぞれに違った魅力を持ってます。
例えばふみかはお嬢様学校に通ってるだけあって基本的には上品な態度で接するものの
盛り上がってくると自分の恥ずかしい部分を積極的に見せるギャップの大きい態度を取ります。
チャームポイントがお尻ということでそれに関するプレイが多いのも特徴です。

他の二人もあやはおっぱい、なつきは性格(ちょろさ)を活かしてサービスを組み立てます。
シチュが一緒だとプレイの内容がどうしても似通ってしまいますから
それによるマンネリ感を払拭するためにキャラ設定にもこだわってます。

触れられないからこそできるプレイとJKたちのキャラ。
年頃の女性たちとのエッチを明るく描いた個性的な作品です。
サービス精神旺盛なエッチ
エッチシーンは3パート64分間。
プレイは足/お尻/アナル/おっぱい/おまんこの観賞、オナニー、擬似フェラ、ふみかのオナニー、擬似パイズリ、擬似素股、あやのバイブオナニー、オナニーの見せ合い、擬似SEXです。
体を動かす、服が擦れる、JKのオナニー、擬似素股の際に効果音が鳴ります。

「あんよを鏡の前に持っていって どうです? 黒タイツの足の裏 見えます?」
主人公から指名を受けて大部屋から個室に移動したふみかは
彼がマジックミラーの反対側にいるのを確認してからまずは足で興奮を誘います。

エッチは彼のリクエストを聞きながら彼女たちがあれこれご奉仕します。
一番最初の「お嬢様学生ふみか」は清楚なJKとのちょっぴり変態チックなプレイ(約23分)。
足を組み替えたり足の裏を見せてから鏡越しにキスをさせ
それからパンツ→お尻→アナル→おっぱい→おまんこと後になるほど際どい部分を見せます。

「私のお尻に 頬ずりしてもいいんですよ このぷりぷりのお尻に お顔を埋める妄想をしてください」
「何回でも出していいですよ 犬みたいな格好で 交尾ごっこしてる私を見てください」

お嬢様と聞くとSっ気のあるキャラをイメージするかもしれませんが
彼女の場合は見られることに興奮する露出好き&Mな性格をしてます。
だから鏡の向こう側で彼がオナニーを初めても一切見下さず、むしろもっと見て欲しいと自分からお願いします。

プレイ一覧を見ていただければわかるように、本作品のエッチは擬似プレイが充実してます。
ふみかの場合はお尻を鏡にくっつけてのSEXや、自分の指をおちんちんに見立ててのフェラをします。
彼の望むプレイもきっちりやってあげますし、とても献身的なサービスと言えます。

また彼女たちが服を脱いだり体を動かす際にも細かな音が鳴るので臨場感が高いです。
イメージ力が重要になるからこそ、セリフの表現や音の扱いに気を遣ってプレイを進めます。

「おまんこ気持ちいい おまんこ気持ちいいですっ おまんこいいぃ」
このパートで最も盛り上がるのは終盤に登場する彼女のオナニー。
彼を1回射精させたものの体の疼きがまったく収まらないふみかが
裏オプションとしておっぱいやおまんこを晒し、そのまま指を激しく出し入れして絶頂を目指します。
にちゃにちゃと粘性高めの音を鳴らしながら激しい喘ぎ声を上げる姿はとてもエロく
冒頭に見せていた上品な姿とのギャップもそれを大いに助けてます。

鏡越しとはいえ彼にアナルを見せるシーンもありますし
彼女のキャラを上手に使って18禁音声としての実用性も高めてます。

二番手にあたるあやがするのはおっぱい重視のプレイ(約17分30秒)。
最初は服越し、次は直に見せつけてからバイブを使った擬似パイズリフェラを披露します。

「お兄ちゃんのおちんぽ美味しいよ あや お兄ちゃんのおちんぽだーいすき」
パート名に「あざとい」と書かれてるだけあって彼女はどうすれば男が喜ぶかをよく心得てます。
彼のことを最初から「お兄ちゃん」と呼び、擬似プレイ中は本物のおちんちんに見立てたセリフで興奮を煽ります。
他の二人より追加料金がやや高いところにも性格が出ています。

ですが裏で悪口を言うことはないですし、サービス自体も彼を楽しませることを見据えて取り組みます。
「多少がめついかな?」と感じる程度のあざとさです。
ただお金を払ってる割には個々のプレイ時間が短くて消化不良な印象を受けました。

最後に登場するなつきは内面で勝負する女の子(約23分30秒)。
プレイ開始直後にM字開脚でパンツを大胆に見せてから鏡越しのキスへと進み
おっぱいやおまんこを晒した後にふみかの時とは違うスタイルでオナニーを見せ合います。

「えっ? 可愛い可愛いって そんなに褒められても うぅ そんなに?」
「へぇ なんか うーん えっと 嬉しい」

彼女はヤリマンっぽい見た目をしてることに軽いコンプレックスを抱いてるらしく
主人公が自分の体を「可愛い」と言うと恥ずかしそうな仕草でお礼を言います。
そして次第に心を許し、普段ならまずやらない特別サービスを提供します。

簡単に言うとおだてに弱いキャラですね。
口調は少し崩れてますがそこまでギャルっぽいしゃべり方はしません。
他の二人よりも心の近さが感じられてすごく和やかな雰囲気が漂ってます。

「恥ずかしいけど お兄さんに あたしを全部見せたいから でもその代わり あたしもお兄さんのこと見てもいい?」
パート後半から始まるオナニーの見せ合いにもその部分が色濃く出ています。
今まで主人公からしか見ることのできなかった鏡を彼女のほうからも見えるようにし
文字通りお互いのすべてを曝け出しながら二人同時の絶頂を目指します。

ここだけに10分程度の時間を割き、最中は「ちんぽ」「まんこ」などの淫語を多めに言ってくれます。
1回戦は指で普通に、2回戦はバイブをおちんちんに見立てての擬似SEXと違いを持たせてるのも良いです。
風俗店によくある事務的なご奉仕とはまるで違う熱のこもった乱れっぷりがとても印象的でした。
私個人はこのパートが最も抜けると思います。

このように、JKたちの持ち味を反映させたテーマ通りのエッチが繰り広げられてます。
心の壁が薄い作品
若い女性たちが自分なりのやり方で一生懸命もてなす爽やかな作品です。

ふみか、あや、なつきは自分たちのお店に初めてやって来た主人公に楽しんでもらおうと
最初から友達に近い親しげな態度で接し、プレイ開始後は視覚と聴覚をバランスよく刺激して興奮を高めます。

JKがパンツどころかおっぱいやおまんこまで見せてくれるシチュ
男性側だけ相手を観察できる設定を利用した多彩でM性の低いプレイ
そして彼女たちの性格やチャームポイントを軸に責めるスタイル。
女性の体に触れられないハンデを色んな方法でカバーしエロさと個性を出してます。

なつき「なんかちょー嬉しい お兄さんがあたしでシコってくれて こんなに精子出してくれて」
中でも彼女たちは全員が自分の気持ちをストレートに伝える素直な子です。
大事な部分までしっかり見せ、そのままオナニーを披露する姿勢にも潔さがあります。
普通に作ったらM向けになりそうなプレイをここまでノーマルに仕上げてるところが素晴らしいです。

エッチは女性の恥ずかしい姿を少しずつ見ていくフェチズムに溢れたものです。
一般的な作品だと軽視されがちな脱衣の過程を大事にしながら進めます。
ただそれだけだと抜くのが難しいと判断されたのか、パートの後半は淫語や喘ぎ声を多めにしています。
イメージ力を上手に膨らませてくれるのでパートごとに1回抜くくらいなら普通に可能です。

絶頂シーンは主人公6回、女の子たちは5回。
淫語多め、くちゅと喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音ごく僅かです。

音声作品ではあまり扱われない「見抜き」にとことんこだわった作品です。

CV:ふみか…分倍河原シホさん あや…霜月優さん なつき…森野めぐむさん
総時間 1:17:14

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2017年9月22日まで4割引の600円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

逆レイプ精子バンク~過剰に精液を搾り取るドS痴女ナース~

サークル「デラックスパン」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、クールで仕事熱心なナースが
不純な気持ちで精子バンクを訪れた男性にとってもハードなお仕置きをします。

丁寧な言葉遣いと冷静な態度で接しつつノルマ達成を最優先する事務的な姿や
射精直後に休憩をほとんど挟まずプレイを続行する無慈悲なスタイルなど
快楽よりも苦しみを与えることを重視したドM向けのエッチが繰り広げられてます。
気持ちよくしてもらうだけのはずが…
精子バンクのナース「鳴川さん」に精液を搾り取られるお話。

「精子提供者様、遠方からお越しいただき誠にありがとうございます」
鳴川さんは淡々と話す冷静な声のお姉さん。
精子バンクにやって来た主人公に精子を提供する意思があるか確認すると
早速専用の部屋へと案内し、真ん中にある台に体を拘束します。

本作品は何らかの事情で自分の精子を残す、あるいはそれを欲してる人たちに提供する施設で
彼女がおよそ55分に渡り彼を何度も何度も射精に追い込みます。
作中の射精シーンは6回とそこまで多くないものの個々のプレイがとても濃く
M性が高ければ高いほど興奮したり抜ける要素がたっぷり詰まってます。

「ふふ、やめて欲しいと言われてやめてしまう程私は優しくないですよ。逆にそういわれるとたっぷりとサービスをしたくなります」
最もわかりやすいのは彼女のキャラ。
精子をわざわざ提供しに来てくれた彼に表面上は礼儀正しく接しながら
体の自由を奪ったり彼の希望と反する責めを繰り出して精液を効率よく回収しようとします。

ナースから連想される優しさや温かさはほとんどなく、事務的キャラと呼ぶのがピッタリな女性です。
エッチが進めば進むほどSっ気が強くなるのもポイント。
女性にとことん突き放されながら大事な部分を無慈悲に弄ばれる快感を嫌と言うほど味わわせてくれます。

搾精の要となるエッチも特徴的。
ノルマにあたるビーカー3個分の精液を時間内に回収するために
彼の射精が終わっても一切手を止めず、そのまま刺激を与え続けて再度の射精へ追い込みます。

音声作品における連続射精は大抵が射精後に精液の処理や軽い休憩を挟みますが
本作品ではプレイを変更する時以外ほぼノンストップで責め続けます。
射精直後の非常に敏感なおちんちんを激しく責められるシーンが多いため
ガチで取り組んだ場合はそれこそ悶絶するレベルの苦痛を味わうことになります。

キャラがきつくてプレイもきつい。
これだけで相当にハードなことがなんとなくわかっていただけると思います。
ただし、彼女は単にSだからここまで過酷な試練を彼に与えるわけではありません。
詳しいことは伏せますが、その理由も作中できちんと語られてます。
息つく暇すら与えないエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる3パート55分間。
プレイはおちんちんを握る、手コキ、亀頭責め、着衣パイズリ、フェラ、オナホコキです。
手コキ、パイズリ、オナホコキの際に効果音が鳴ります。

「まずはゴム手袋を着用します。排出された精液を清潔に保つためです」
主人公に理由を説明し同意を得たうえで体を拘束した鳴川さんは
ゴム手袋、ビーカー、ローションを用意してからおちんちんをひとまず握ります。

エッチは抵抗できない彼を彼女が一方的に責め続けます。
一番最初の「精子提供者の拘束及び監禁」は本格的なプレイを始める準備にあたるパート(約5分30秒)。
自分が提示した3つの誓約に従わない彼を屈服させようと、極めて弱い刺激だけを与えて焦らします。

「我慢汁が亀頭から私の手にしたたり落ちていますね。この液体で陰茎を扱きたてたら、さぞ気持ちいいのでしょうね」
この時点の彼女は事務的ではありますがSな部分をそれほど強く出しません。
自分の本性を隠しつつ心と体をバランスよく責めて彼の降参をのんびり待ちます。
圧倒的に有利な状況なのに無理矢理押し付けないところは確かにナースらしいなと。

続く「ドS痴女ナースによる精液の搾取」は本題の搾精をするパート(約46分30秒)。
手コキ→着衣パイズリ→フェラ→オナホコキと後になるほど刺激の強いプレイを用意し
体への責めを続けながら彼の心をへし折る言葉を数多くぶつけます。

「はい、このビーカーは終わりです。次のビーカーも用意してあるのでそちらにも射精してもらいます」
彼女は彼がなぜ近くもないこの精子バンクに来たかを見抜いてますが
最初のうちは当初の予定通り精子の収集だけをひたすら頑張ります。

責め方についても例えば手コキなら竿を普通にしごく、追加で亀頭に手のひらを当てて擦るなど
同じプレイでも微妙な違いを出し、効果音もそれに応じてリズムやストロークが多少変化します。
射精後に休憩を挟まない点を除けば事務的に感じる程度に収まってます。

「あなたは既に当社の実験材料なのですから。射精直後の敏感ちんこを扱かれるのがどれだけ辛かろうと、私には関係のないことです」
しかし射精を重ねた結果彼が苦しそうな表情を見せるようになると
今までよりもずっと突き放した態度を取るようになります。
ただし、これらはすべて彼の同意に基づく行為なので彼女に落ち度はありません。
相手に反論する余地を一切与えず堂々とSの欲求を満たすところが実に面白いです。

最も無慈悲なプレイは中盤あたりに登場するフェラ。
「ずぶりゅっ」という激しいちゅぱ音を鳴らす合間に彼へ苦痛を与えると明言し
そのまま2回連続の射精へと追い込みます。

「分かり合えないのは悲しいですね。では あなたが理解できるまでむしゃぶりつくしたいと思います」
彼女は彼が安易な気持ちで精子を提供しに来たことが余程許せなかったのでしょう。
本来ならビーカーに出すはずの精液をそのまま口で受け止め飲み干してしまいます。
「ビーカー3個分の精液を出せたら終わる」と思ってる彼の希望を粉々に打ち砕くわけです。
体だけでなく心も容赦なく責めるのが本作品のエッチにおける大きな特徴です。

パイズリをする際に敢えて衣服を脱がなかったり
最後のオナホコキできつい言葉責めをするなど、心の距離を感じる描写が非常に多いです。
ですから女性にそうされることに快感を覚えるMの方にのみおすすめします。
容赦のない作品
「逆レイプ」と呼ぶのがしっくりくる極めてハードな作品です。

鳴川さんは不純な動機で精子バンクを利用した主人公を悔い改めさせるため
そして己が持つSの欲求を満たすために表面上は冷静な態度を取りつつ
後になるほど心身両面に激しい責めを与えて生き地獄を味わわせます。

体を拘束するだけでなく彼に何をされても言い訳できない状況を事前に作る狡猾さ
そのうえで射精中や直後も含めておちんちんを刺激し続ける無慈悲さ。
「必要量の精液をいただく」という建前を崩さずに彼女はふたつの目的を見事成し遂げます。

「まるで凄惨な地獄を見てきたような表情をしていますね。地獄はまだ始まったばかりですよ」
このレビューを読んだだけだと彼女が単なるヤバい人に思えるかもしれません。
ですが、彼女がここまでのことをする決心をした原因は彼にあります。
言ってしまえば自業自得なので、聴いた後にそこまで尾を引くことはないでしょう。
やってることはぶっ飛んでるけど筋道が立ってます。

エッチは責めの手を一切緩めないところが最大の魅力です。
聴き手が主人公とできるだけ近い立場でプレイを楽しめるように、どれも十分な時間を取って射精に導きます。
射精を何度も繰り返す苦しみはもちろん、射精直後におちんちんを刺激される辛さや
そのまま再度の射精へと追い込まれる厳しさも味わわせてくれます。

射精シーンは6回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:きさらぎゆめはさん
総時間 58:49

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2017年8月13日まで2割引の720円で販売されてます。

↑このページのトップヘ