同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ:同人音声 > 7点

   ● 幽霊少女の耳穴レイプ~いつでもどこでもねっとり舐められお耳も頭もバカになっちゃう~
   ● 【音圧耳舐め】ゼロ距離。マママッサージチェア【ASMR・乳首責め・手コキ・騎乗位】
   ● メス堕ち調教~マゾちんぽと乳首、私達が支配します♪~
   ● チクリンクで性感開発!『実践』もっと気持ちいいチクニ―【バイノーラル&ハイレゾ】
   ● 寸止めオナサポ音声愛聴バレによるあまあまドロドロ偏愛お叱り射精管理
   ● キミの乳首、イジめてあげる ~M性感のお姉さん編~
   ● 超囁き!~甘ギャルJK 一河アリサと電車の中で~【バイノーラル録音】
   ● ケモノカタルシス~異世界言語のふたなり獣娘に襲われて荒々しく中出しされてしまう音声~
   ● オナクラ風俗嬢のあまあま乳首責めお射精プレイ
   ● 早漏いじめ専門店の意地悪射精プログラム♪




サークル「ナカヨシホンポ」さんの同人音声作品。
主にCG集を制作されてるサークルさんで音声はこれが初になります。

今回紹介する作品は、声や態度はおおらかだけど性格はそれなりにSな幽霊少女が
自分と同じ部屋に住んでる男性に憑りついてエッチな悪戯をします。

耳舐めと言葉責めを組み合わせたエッチをするのが特徴で
実体を持たないからおちんちんに指一本触れない代わりに
左右の耳で両方を同時にやったり、他の女性がいる前で責めてスリルやゾクゾク感を与えます。
幽霊と過ごす気持ちいい日々
幽霊ちゃんが自宅や外でM男に耳舐めするお話。

「ふーっ ふーっ そっちじゃないですよ こっちでもないですよ」
幽霊ちゃんは明るくて可愛い声の女の子。
主人公の耳に息を吹きかけてから自己紹介すると
彼を観察してるうちに面白いことを思いついたと言います。

本作品は何らかの理由で死後も現世に残り、幽霊としてこの部屋に居ついてる彼女が
そこの住人にあたる彼をおよそ50分に渡ってエッチに弄びます。
彼女は既に肉体を失ってるのでフェラやSEXといった通常のプレイはできません。
だから耳に息を吹きかけたり舌で舐めて彼の興奮を煽ります。

「可愛そうな変態マゾのあなたの趣味に 私もちょっとだけ付き合ってあげますから」
彼のことを序盤から「変態マゾ」と見下したり
何度もオナニーしてる様子を今までずっと観察してたことを告げるなど
彼女は早速彼のM性癖に合わせて意地悪な態度を取ります。

販売ページのプロフィールには「根っからのサディスト」と書かれてますが
彼をおもちゃにする一方でご褒美をあげる優しいところも見せてくれます。
彼が他の女性に興味を持つと嫉妬する仕草を見せますし
やや独占欲の強い小悪魔っぽいキャラに描かれてます。

エッチについてはシーンのおよそ97%で耳舐めを行い
さらに反対側から言葉責めもするなかなか濃い責め方をします。
そのうえでおちんちんには指一本触れずオナニーやノーハンドで射精へ追い込みます。
耳舐めの質感もなかなかリアルで耳の外側と内側を状況に応じて舐め分けてました。

総時間がそれほど長くない代わりに密度で勝負してます。
幽霊なら人間にはできないプレイをしても別段おかしくありませんから
彼女のキャラが活きるようにエッチを組み立ててます。
序盤から中盤にかけては片耳舐めで、それ以降は両耳舐めに変わります。

Sっ気のある幽霊がM男をやや意地悪に弄ぶシチュと、耳舐めと言葉責めを組み合わせたエッチ。
現在の音声作品の流行を押さえつつキャラの個性も出してるややM向けの作品です。
耳と心をバランスよく責めるエッチ
エッチシーンは3パート38分間。
プレイは耳への息吹き、片/両耳舐め、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「こんなので興奮する変態さんなんて 聞いたことなかったですから」
冒頭の5分間で自分のことや主人公の性癖を知り尽くしてることを教えた幽霊ちゃんは
耳に息を吹きかけられただけで興奮した彼をまずは耳舐めで気持ちよくします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の「1 取り憑いちゃったお詫びです♪ マゾバレ耳舐め射精のプレゼント♪(約11分)」はスタンダードな耳舐め。
息吹きから入って少し経つと耳舐めに変化し
そこに言葉責めを加えてオナニーのオカズを提供します。

「いいですよ そんなお耳が性感帯の可愛そうな変態マゾさんのために これから お耳の穴 奥まで犯してあげますね」
彼女は彼の耳が相当に敏感なのを事前に知ってますから
おちんちんに触れない代わりにそこを集中攻撃して射精できる状況を作ります。
パートの前半は外側を舐める定番の責め、後半は内側を舌先で擦るやや力強い責めをしてました。
そして耳舐めと同時に反対側の耳からややM向けの言葉責めもします。

オナニーに関する指示は一切しないのでオナサポ要素はありません。
彼女は耳舐めに専念し、こちらは自由なやり方でオナニーする緩い内容です。
ただし射精のタイミングだけはきちんと教えてくれました。
耳舐めはそれほど激しくありませんから肩慣らしに近いパートと言えるでしょう。

続く「2 外出先でも容赦ナシ♪ねっとり焦らして懇願させて…おしゃべり中に公開羞恥両耳穴フェラ♪(約13分)」は彼女だからこそできるプレイ。
外出した彼についていき、彼が興味を持ってる近所の女性と話してる最中に耳舐めして悶えさせます。

「ほーら あなたが勇気を出してくれるまで こうやってずーっとお耳を焦らしちゃいましょう」
一緒にいたいと思ってるのに挨拶だけで済ませてしまう彼に
ソフトな耳舐めをしながら「女性と上手く会話できたらもっと濃い耳舐めをする」と言って応援し
実際に話し始めたらその場で耳の内側を重点的に責めるなかなか意地悪な態度を取ります。

自分がいるのに他の女性を好きになるのが面白くなかったのでしょう。
こういうところは普通の女の子と同じで可愛いです。
オナニーすらせずに射精するため、前のパートよりもシチュを強化してあります。
露出とかはしませんからあくまでスリルを与える程度に留まってます。

最後の「3 私だけのおもちゃになってくださいね♪両耳穴奥ぐっぽりねっとりガチレイプ!(約14分)」はご褒美色の強いプレイ。
前のパートで勇気を出せた彼の頑張りに報いようと
帰宅した後で今までよりも濃い耳舐めをプレゼントします。

「こうやって お耳の周り てとてとって優しく舐められるの 気持ちいいですね」
序盤に比較的ソフトな耳舐めをするところは今までと一緒ですが
中盤から左右同時の耳舐めに変化し、さらに軽めの言葉責めもして上手に追い込みます。
彼女の態度も以前より少し柔らかくて彼を認めてるように感じました。
オナニーの許可も下りますから耳舐め好きなら射精できると思います。

このように、基本部分を揃えたうえで責め方やシチュを変える特化型のエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の耳舐め作品
人間の女性にはできないことをやって個性を出してる作品です。

幽霊ちゃんは自分がいる部屋に住んでる主人公をおもちゃにして遊ぼうと
彼に憑りついてから左右の耳を個別に、あるいは同時に舐めて興奮させます。
そしてそれと同時に「マゾ」「変態」といったMが喜ぶ言葉責めもします。

意地悪だけど可愛いところもある幽霊がM男を気持ちよくいじめるシチュ
最初から最後まで耳舐めをがっつり行うタイトル通りの作り
耳舐めと同時に言葉責めをしたり、野外で他の女性にバレないよう射精させる彼女ならではの責め。
肉体を持たず彼以外の人間には見えない特徴を盛り込んだエッチをします。

中でも2番目はこのところよく見かける耳舐めをテーマにした作品の中でも
上位に位置するくらい割合を高くしてます。
彼女の場合耳舐めしながら話すことができるので、この構成でも状況がわからなくなることはありません。
耳舐めが聴きやすくなるように言葉責めは囁き声でしたりと細かな工夫がされてます。

しかしおちんちんへの責めが非常に淡白なところだけは気になりました。
どのパートもドライオーガズムではなく射精を迎えてるので
それなら聴き手が射精できるようにリードしたほうがより楽しめると思います。

手コキやフェラをするのはさすがにまずいので
1パートくらいオナサポをしても良かったんじゃないでしょうか。
これなら耳舐めしながらおちんちんの制御もできて特徴を崩さずに実用性を上げられます。
射精時にぴゅっぴゅのセリフを言うのも効果的です。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

十分な個性があるのだけど改善できそうな部分もあると判断し
今回はこちらの点数とさせていただきました。
耳舐めが充実してるので好きな人には特におすすめします。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 52:01

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年10月9日まで30%OFFの693円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「BeeBeeBee」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、主人公のことを溺愛してる穏やかな物腰のママが
癒しとエッチなマッサージで心身の疲れを取り除きます。

リアルな音を多めに盛り込んだ甘さの強いサービスが行われており
前半は彼の後ろから抱きついて肩、耳、頭皮、左右の手を健全にお世話し
後半は手とおまんこを使って責めながら優しい言葉をかけて満たされた射精に導きます。
マママッサージで癒しのひと時を
ママがマッサージやエッチをするお話。

「はーい おやすみー ちょっと こっちおいで」
ママはトーンが低く穏やかな声の女性。
このところ頑張ってる主人公と額をくっつけて熱がないのを確認すると
彼を隣に座らせてぎゅっと抱きしめます。

本作品は彼のことを心から愛してる世話好きな彼女が
およそ75分に渡るサービスで疲れと性的欲求を発散させます。
前半は純粋なマッサージ、後半はエッチとバランス型の作りになっており
そのどちらもリアルな音を駆使して臨場感を出してます。

例えば健全なマッサージをする時は肩を擦ったり叩く音
頭皮を揉みほぐす音、左右の手をオイルつきの手で擦る音など
部位ごとにまったく違う音を用意しそれらを違和感なく鳴らして実際のサービスに近づけます。
実況のセリフも挟んできますが音のほうがずっと多く、特に終盤は音だけで構成して静けさを演出します。

最近の新規さんは以前に比べて平均レベルが上がってますけど
それを加味しても音の作り込みが優れていて驚きました。
タイトルの最初についてる「音圧耳舐め」も短いですが特徴的な音になってます。

また本作品は全編を通じて環境音が流れます。
左側から時計と思しき針の音、中央から風が吹き抜けるような音が鳴ってました。
後者は最初ノイズかなと思ったのですが、同梱されてる環境音無しバージョンには入ってなかったので
サークルさんが意図的に入れたと見るのが妥当です。
音に強弱があったところを見ると扇風機かエアコンの音かもしれません。

エッチについては手コキ→SEXと定番のプレイを用意し
その中に甘やかしたり喜ぶセリフを盛り込んでママらしさを表現します。

「こうやって ママにぜーんぶ任せてくれるの ママ 嬉しいな ママが 全部やったげる」
背景が一切語られてないので2人が日常的にエッチしてるかどうかはわかりませんが
実の息子とするにあたって躊躇することはなく、むしろ自分も楽しむ姿勢でリードします。
マッサージらしさを出すために平均ペースをやや下げたり
子供に話しかけるような口調のセリフが多めで本当に甘いです。

エロさもそれなりにありますけど、彼の体に過度な負担をかけないようやや抑えてる印象を受けました。
SEXシーンでは彼女も気持ちよさそうな声を漏らしますし
母親だからといって意地を張らず彼と対等な立場で接しようとします。

質の高い音をふんだんに盛り込んだサービスと彼女の母性に満ちたキャラ。
キャラ作りを意識しながらサークルさんが得意とされてる要素でお世話するノーマル向け作品です。
言葉と行為で甘やかすサービス
6分程度の前置きの後に始まる「02 - 全年齢マッサージ(34分)」は音を活かしたマッサージ。
ママが主人公の後ろから抱きつく体勢で密着し
両肩、背中、耳、頭皮、右手、左手の順に揉んだり擦ります。

「このくらいの強さなら 痛くない? うん 力抜いてこうね」
彼が痛みを感じないよう時々確認しながら
肩を擦る時は「しゅるー」という滑らかな摩擦音
叩く時は「トントン」という優しい打撃音を左右同時にテンポよく鳴らします。
頭皮は髪越しだから質感がざらついてる、手はマッサージオイルを使ってるから湿った音と
同じマッサージでも部位によって違うものが使われてて音が多彩です。

あとは耳マッサージも結構リアルでした。
手で包んで離してるからでしょうけど「しゅー、わっ」みたいに少し押さえて離す音が鳴ります。
彼女に抱きしめられた時は声や音がそれなりにこもりますし
大手サークルさんがやられてる録音方法を処女作の時点で導入してて素晴らしいです。

またパート終盤の11分間は敢えて何もしない時間を用意してます。
疲れてる人ほど色々考えがちですから、こうやってボーっとするのはいいリフレッシュになります。
さすがに無音じゃ音声にならないので体をぽんぽんと優しく叩く音が鳴り続けます。
時間に対するセリフの量が少ないおかげで癒しと安眠の両方に役立ちます。

続くエッチシーンは2パート30分間。
プレイは耳舐め、乳首責め、手コキ、SEX(騎乗位)、キスです。
乳首責め、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ねぇ ママに恥ずかしい格好 見せて?」
長めのマッサージで主人公の疲れを取り除いたママは
同じ体勢で後ろから複数の性感帯を個別に責めます。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
最初の「03 - R18マッサージ(約18分)」は比較的ソフトなプレイ。
左耳舐めから始まってハンドクリームを使った乳首責めへ移り
そして手コキで1回目の射精へ持って行きます。

このパートで一番個性があるのは耳舐め。
舌で穴の入り口を塞いでるのか「ごごごごご」という閉塞感を伴う音が鳴ります。
現在の耳舐め作品でそれなりに見かける奥を中心に責めるタイプですね。
音の位置も非常に近く、実際に押し付けられてるような感覚が味わえます。

「大切な触れ合いの時間だもん だからもっと触れ合おうね」
彼女が甘やかしながら責めるのも大きな魅力。
非エロパートではあまりしゃべらなかったからでしょうけど
それを取り返すかのように彼を溺愛したり喜ぶ表情を見せます。
全年齢マッサージよりも音とセリフのバランスを意識しながら進めてました。

もうひとつの「04 - 本番(約12分)」はSEX中心。
彼女のおっぱいを軽く吸ってから繋がり彼は1回、彼女は2回絶頂します。

「すごい 気持ちよかった いっぱい出た よし よし」
お互いに責め合うプレイということで彼女が一方的にお世話してた今までとは違い
喘ぎ声を適度に漏らして一緒に楽しみ絶頂を迎えます。
聴き手が抜きやすくなるようにピストンのペースも速めにしてました。
乳首責めや耳舐めはほとんどしないのでピストン音と喘ぎ声が主な抜き要素になります。

個人的には彼女がもう少し激しく乱れてくれたほうがエロさも引き立つと思うのですが
サークルさんはキャラが崩れることを危惧したのかもしれません。
実の母親とSEXする背徳感もくすぐってきませんし
これまでと同じく穏やかな雰囲気を漂わせながら愛し合います。

このように、音の分量を比較的多く設定しつつイチャラブ感を出したサービスが繰り広げられてます。
音重視の穏やかな作品
母親から連想される温かさを持たせたサービスをするASMR系作品です。

ママは何らかの理由で疲れを感じてる主人公をスッキリさせようと
まずは一般的なマッサージで上半身を重点的に揉みほぐします。
そしてその後は手コキやSEXといった定番のプレイを彼と一緒に楽しみます。

穏やかで甘やかし上手なママが実の息子をマッサージするノーマル向けのシチュ
リアルな音を状況によって使い分ける比較的高品質なマッサージ
音とセリフのバランスを同じくらいにして一体感のあるプレイをする温かいエッチ。
音の量や質感で個性を出し、それ以外は割と手堅く仕上げてます。

中でも2番目は「通常よりも少し込み入った録音方法を採用した」とおっしゃられてるだけあって
現時点で大手サークルさんに引けを取らない水準に達してます。
音だけだとわかりにくい、もしくは音が鳴りにくいサービスはセリフできちんと補完してますし
全年齢向けの部分に関してはかなりの実力を持ってると私は見てます。

それに対してエッチは健全なマッサージをした後に始まるからでしょうけど
もう少しエロさや激しさといったパワーが欲しいと感じました。
これが最初からエッチする流れだったら気にならなかったのかもしれません。
このへんは経験を積むうちに改善するでしょうからそうなることを期待してます。

あとは耳舐めの時間が非常に短いことも残念です。
私のほうで確認したところ全パート合わせても5分程度でした。
音自体は面白かったのでもっと時間を伸ばしてもいいんじゃないでしょうか。

タイトルの最初にわざわざ「音圧耳舐め」をつけてるということは
サークルさんもこれが本作品の売りだと自覚されてるはずですからね。
それなら前面に押し出したほうが個性が引き立つし聴き手にも実力をアピールできると思います。

射精シーンは2回。
くちゅ音それなり、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:涼貴涼さん
総時間 1:16:00

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年9月10日まで20%OFFの968円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「今日はどうされたいの?」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段は穏やかだけど時折Sっ気を見せる2人の風俗嬢が
左右に密着しながら「メス堕ち」をテーマにしたオナサポをします。

時間、内容いずれも乳首に寄せて責めるのが特徴で
開始直後は乳輪を優しく撫でたり軽めの刺激を与えて焦らし
その後は乳首、おちんちん、耳を同時に責めながら軽めの言葉責めをします。
指示が結構丁寧なので頭を空っぽにしたままオナニーできるでしょう。
メス堕ちの鍵は乳首
まい(挿し絵左)ともえ(右)が協力してオナサポするお話。

「はじめまして 私は 本日お客様を担当させていただくことになりました まいと申します」
まいは上品で整った声のお姉さん。
「はじめまして 私は今日 まいちゃんと一緒に あなたをいじめることになった もえです」
もえは甘く可愛い声の女の子。
3Pコースを希望し来店した主人公に挨拶すると
お店のコンセプトやサービスのルールを説明してから始めます。

本作品は普段よりも女性になった気分で射精することを目的に
彼女たちがおよそ50分に渡って少し変わったオナサポをします。
ドMな彼が満足できるようオナニーと射精の両方を彼女たちがしっかり管理し
左右から個別に、あるいは同時に指示を出して心身をバランスよく盛り上げます。

最大の特徴は乳首オナニーに力を入れてること。
サービスの序盤から中盤にかけては乳首だけを色んな手段でいじり
おちんちんオナニーが始まった後も一緒に責めて射精を目指します。
乳輪を優しく撫でる、爪の先で引っかく、2本の指でつまむなどいじり方も割と多いです。

途中で喘ぎ声を漏らしたり自分の指をおちんちんに見立ててしゃぶるシーンもありますが
最終的には射精するのでメス堕ち成分はそれほど高くありません。
乳首を多めにいじることで女性気分に浸らせるあたりに留まってます。

それ以外の特徴は指示がしっかりしてること。
どこをどんなふうにいじるかの説明はもちろん
「カリカリ」「ぎゅっ」などの掛け声を2人が小まめに出してくれます。

個性を活かすためでしょうけど、おちんちんオナニーに関する指示はそれほどやらず
そのぶん乳首オナニーに注力して初心者でもわかりやすくしてました。
おちんちんのほうは開始と射精のタイミングや大まかなペースを教えるくらいで結構緩いです。
また一部のシーンで両耳舐めをしてエロさを上げる工夫もされてます。

2人の女性が乳首重視のオナサポをする展開とやりやすさに配慮した作り。
ややM~Mをメインターゲットにした比較的ソフトなメス堕ち作品です。
責める部位を増やしていくエッチ
エッチシーンは7パート43分間。
プレイは乳首オナニー、耳舐め、おちんちんオナニー、指フェラです。
エッチな効果音はありません。

まい「シャツの上から 右手の人差し指で 右の乳首の周りを 円を描くようにして 愛撫するんです」
主人公を下は裸、上はシャツ1枚の格好で寝かせたまいともえは
ひとまずおちんちんはおあずけにして乳首だけ優しくいじる指示を出します。

エッチは終始彼女たちに言われた通りに動きます。
最初の2パート16分間は乳首に特化したシーン。
シャツ越しに乳輪を撫でるところから始まり左右を個別に爪で引っかく
親指と人差し指でつまむ、同時に耳舐めすると徐々に刺激を強くする流れで進めます。

まい「いいですよ 男のくせに乳首で感じる お客様のようなメスマゾが大好きなあれ させてあげます」
まだ序盤なのでいじるペースを緩めに設定し
そこへM向けの言葉責めをして心も一緒に盛り上げます。
まいは丁寧口調、もえはやや砕けた口調と多少の違いはありますが
どちらも彼をメス扱いすることを意識してました。

耳舐めは時間が3分と短いですけど質は高いです。
至近距離から耳の内側を激しく舐めまわすような割と下品なちゅぱ音が鳴ります。
まいは耳舐め、もえは乳首オナニーの指示を出すシーンもありますし
女性が2人いる状況を活かしておちんちんをいじる準備を整えます。

おちんちんオナニーが加わるのは「4.おちんぽいじめ&乳首いじめ(約12分)」から。
3秒1コキあたりのゆっくりペースを設定し、後になるほど徐々に上げて乳首と同じくらい気持ちよくします。
ちなみにこのパートから射精するまでの約30分間ずっとしごき続けます。

もえ「ウケる オナニー上手でちゅね きもっ」
乳首とおちんちんを同時にいじるおかげで純粋な快感がパワーアップし
さらに彼女たちの言葉責めも表現がややきつくなります。
サービスとしてやってるだけですから本気で見下してるわけではありません。
乳首オナニーの指示をしっかり出しつつ射精感が高まるようにリードします。

このへんまで来ると乳首責めのやり方も複雑になります。
序盤にやったいじり方を短時間で切り替えることが多かったです。
プレイの種類自体はそこまで広げずその運用方法で変化をつけてるのが良いなと。
これなら乳首を普段いじらない人でも無理なくついて行けます。

射精シーンがあるのは最後の「8.カウントダウン(約6分)」。
名前の通りカウントを数えながら乳首とおちんちんを同時に責めてタイミングを取ります。
このパートだけはシャツ越しではなく直に乳首をいじるスタイルになってました。
おちんちんのほうはほぼ自由なので射精も合わせやすいと思います。

このように、複数の性感帯を同時にオナニーする密度の高いエッチが繰り広げられてます。
乳首重視のオナサポ
エッチシーンのほぼ全部で乳首オナニーするのが魅力の作品です。

まいともえは女性にオナニーを管理されたがってるMな主人公を喜ばせようと
左右に陣取り協力しながらまずは乳首や乳輪だけをいじらせて焦らします。
そして中盤以降はそこにおちんちんオナニーを加え、さらに乳首のいじり方も変化をつけて追い込みます。

声質の違う2人の風俗嬢がメス堕ちをテーマにしたオナサポをするややM~M向けのシチュ
おちんちんよりも乳首オナニーの比重を上げてる変わった作り
丁寧に指示を出しながら後になるほど同時責めする部位を増やすエッチ。
ガチでメスにするよりも乳首の快感を味わってもらうことを見据えて作品を組み立ててます。

乳首オナニーを扱った作品はこのところ徐々に増えてますが
おちんちんと切り離すケースが多く、未経験者や初心者には手を出しにくいところがありました。
でも本作品は乳首をいじりながらおちんちんをしごくスタイルなのでやりやすいです。
実際のところ乳首だけでイクのはなかなか難しいですからね。

あとは総時間が比較的短いことを考慮し乳首オナニーの内容をやや強くしてます。
乳頭に指先で触れるとか、そのまま撫でるといったソフトなものは飛ばして
爪で引っかく、2本の指でつまむ、そのままぎゅっとするなどの気持ちよくなりやすいもので揃えてます。
そしてこれらを短時間で切り替えて快感に変化をつけてます。
私が聴いた時もピリッという鋭い快感が何度も伝わってきて気持ちよかったです。

気になった点は2人の個性が弱いことです。
体への責めは割としっかりできてたので、言葉責めの表現を明確に変えると良いでしょう。
まいは赤ちゃん言葉で小馬鹿にする、もえはストレートに「変態」と言うとかです。
作中では2人とも両方やってましたからそれを完全に分ければキャラが固まります。

射精シーンは1回。
淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

乳首系のオナサポ作品が好きな人には特におすすめします。

CV:大山チロルさん
総時間 53:49

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります



サークル「空心菜館」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、リゾート地の豪邸で1人暮らししてるお嬢様が
偶然迷い込んできた男性に変わったエッチをプレゼントします。

乳首オナニーをしっかりやりながらエッチな声や音を多めに漏らすのが特徴で
乳首だけをいじってる時は片方で掛け声、もう片方で熱っぽい吐息を漏らして雰囲気を作り
さらに耳舐めのちゅぱ音、オナニーやSEXのくちゅ音、そして喘ぎ声と
後になるほどそれらの密度を上げて抜きやすくします。
お嬢様と一緒に乳首開発
イクミの指示に従って乳首やおちんちんオナニーするお話。

「あら こんなところに珍しい お客様ですか?」
イクミはお淑やかな声の女の子。
道に迷い自分が住んでる豪邸を訪れた主人公を快く迎えると
自分のことを話してから暇な時どんなふうに過ごしてるか尋ねます。

本作品は生まれつき体が弱いせいで父親の別荘に暮らしてる彼女が
偶然巡り合った彼を相手におよそ120分のオナサポをします。
彼女は暇を持て余すことが多い環境にいるのが影響して今は乳首オナニーに没頭してます。
そこで彼にもその素晴らしさを教えながら一緒に気持ちよくなる方針でリードします。

「お客様なんて 本当に滅多に来ないから 少し…ドキドキしてます 今」
「お金持ちのお嬢様だからプライドが高いのかな?」と思いきやそんなことはなく
訪問者が少なく寂しい思いをしてたようで初対面の彼にも親しげに語りかけます。
相互オナニー形式のおかげで彼女が吐息や喘ぎ声を漏らすことが多く
一般的なオナサポ作品よりも純粋なエロさが高めです。

終盤にはSEXシーンもありますし、乳首作品では珍しくほぼノーマル向けになってます。

エッチについては乳首オナニーの時間をできるだけ長く用意したうえで
パートごとにいじり方を変えながら後になるほど刺激を強くしていきます。
乳首未開発者でも無理なくついて行けるように何をするかの説明を事前にしてから
「かり かり」などの掛け声を出していじるペースやリズムを教えます。

胸や乳輪を撫でる、乳首を指先で触れる、そのまま優しく撫でる、緩急をつけるなど
全体を通じて焦らし気味に進めてました。
そのため開発済みの人にとっては刺激が足りなく感じるかもしれません。

でも中盤以降はある程度自由にいじる許可が出ますから
そのへんでご自分の嗜好に合った乳首オナニーをしていけば気持ちよくなれるでしょう。
最初はしっかりリードし、その後は緩くする展開もやりやすくていいなと。

「股間の中心 つまりおちんちんと 乳首を同時にいじりながら 肛門を引き締めて 前立腺の感覚を意識します」
あとタイトルにもなってるチクリンクについては
乳首、おちんちん、前立腺の感覚を繋ぎ合わせて快感をより強くする意味で使われてます。
乳首とおちんちんを同時にいじるほうが片方だけよりも気持ちいいですからね。
前立腺はアネロス(エネマグラ)などの器具を使わず、お尻の筋肉を収縮させて刺激を送ります。

サークルさんはメスイキ(ドライオーガズム)を推奨されてるようですが
この内容ならそれよりも普通に射精したほうが気持ちよくなれるんじゃないかなと。
おちんちんを直接いじるのに射精しなかったら消化不良になりますし
乳首重視で射精を目指すハイブリッド型のオナサポ作品と考えたほうがしっくりきます。

優しくて積極的なお嬢様が乳首のいじり方を丁寧に教える展開と、おちんちんも一緒にいじるやりやすい作り。
乳首未開発者向けにしたうえで開発者も楽しめるように調整した穏やかなオナサポ作品です。
徐々に濃くなるエッチ
エッチシーンは3パート94分間。
プレイは胸/乳輪/首/耳の愛撫、耳舐め、乳首オナニー、オナニー、お尻の筋肉に力を入れる、SEX(騎乗位)、キス、乳首舐めです。
服を脱ぐ、オナニー、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「さぁ リラックスして 一緒に 自分の乳首を触りましょう」
軽く雑談してから主人公をベッドに寝かせたイクミは
ひとまず胸や乳輪といった乳首の周りを優しくいじらせて性感を高めます。

エッチは終始彼女がリードします。
一番最初の「【1】 耳舐め/乳首攻め(約35分)」はウォーミングアップに近い内容。
20分くらい胸や乳輪をいじらせて軽く焦らした後に乳首オナニーの許可を出します。

「まずは 人差し指で そうですね だいた3センチから 5センチ外側から 両側の乳首が 円の中心になるように意識して ゆっくりなぞっていきましょう」
本作品のエッチは長時間なので彼女も決して焦ったりはしません。
丁寧な説明を挟みながら「くり くり」などの合図を小まめに出していじり方を教えます。
進め方は焦らし気味ですが、彼女にSっ気がまったくないので意地悪されてる感じは特にないです。
彼女なりのやり方で最も気持ちよくなれるように進めます。

掛け声を出すほうの反対側から熱っぽい吐息が漏れるのも良いですね。
彼女も一緒に乳首オナニーしてることをセリフ以外の方法で表現します。
こうしたほうが雰囲気もエロくなりますし、本作品の特徴が早速出てます。

乳首オナニーについては指先で軽く触れる、触れたまま優しく擦る
速い→遅い→速いとそのペースを小まめに変化させるといった具合に
基本的ないじり方を単調に感じないように続けて少しずつ気持ちよくします。
20分くらい焦らした後で触れるおかげで結構気持ちよかったです。

チクリンクが登場するのは「【2】チクリンクに挑戦!(約34分)」から。
おちんちんを優しく撫でながらお尻の筋肉を収縮させて前立腺を刺激し
少し経つと乳首オナニーも加えて両者の快感を繋げます。

「耳も もっといじめてあげますね」
ローションを使うおかげでおちんちんをいじる際に「じゅりっ」というやや筋っぽい音が鳴り
さらに耳舐めのちゅぱ音、乳首オナニーによる吐息とエッチな声や音の密度が一気に上がります。
オナニー自体は「さわ さわ きゅっ くに くに きゅっ」などの掛け声に合わせてやるだけなので
前のパートよりも指示が緩くなり自分で好きにできる余地が増えてます。

実際にやってみた感想ですが、お尻の筋肉を動かす必要はあまりないかなぁと。
乳首とおちんちんを直接いじるだけで十分気持ちよくなれますし
そちらに専念したほうが射精に向けて心身を盛り上げやすいです。
違うことを同時にやるのはどうしても限界がありますからね。
乳首未開発者でもやりやすくする意味でもこのふたつだけでいいんじゃないでしょうか。

最後の「【3】 二人の性感リンクセックス(約25分)」はオナサポ色を薄めたプレイ。
我慢できなくなった彼女がSEXをおねだりし、ゴム無しの騎乗位で一緒の絶頂を目指します。

「もうダメ 腰 止まらない おちんぽ おちんぽぉ」
このパートは一般的な同人音声に描写が似ており
ピストン音、吐息交じりの喘ぎ声、キスや乳首を舐める音と抜きに役立つ要素が充実してます。
その一方でオナニーの指示は少ないですから自分の好きなようにいじっていいのでしょう。
最後に射精表現があることからもメスイキにこだわる必要がないのがわかります。

前立腺を刺激する指示も特にないので割と普通のSEXでした。
前の2パートで溜めてきた性感を放出しやすいようにエロさをさらに上げてます。

このように、乳首をたっぷりいじったうえでおちんちんも気持ちよくする抜きやすいエッチが繰り広げられてます。
乳首開発を強く見据えた作品
乳首とおちんちんの快感を繋げてより気持ちよくする取り組みやすい作品です。

イクミは自分の家に迷い込んできた主人公と楽しい時間を過ごそうと
まずは乳首オナニーを一緒にやってその醍醐味をわかりやすく教えます。
そして中盤以降はおちんちんや前立腺も同時に刺激して深く気持ちいい絶頂へ導きます。

穏やかだけど淫乱なお嬢様が乳首オナサポしながらオナニーを披露するシチュ
乳首をいじる時間をできるだけ長く取り、前半と後半でスタイルを変える割と尖ったエッチ
指示を出しながら吐息・ちゅぱ音・くちゅ音・喘ぎ声を漏らして応援するエロさを重視した作り。
より幅広い聴き手が乳首オナニーの気持ちよさを味わえるように作品を組み立ててます。

「また イっちゃいました 私ばっかりごめんなさい」
中でも3番目は相互オナニー形式にすることでこれを違和感なく成立させてます。
彼女は育ちが良いからか不意に現れた彼に対して特に警戒する様子はなく
むしろ自分のすべてを曝け出して信頼してることを示そうとします。

乳首オナニーはどちらかと言えばアブノーマル路線に位置するため
属性がややM~M向けになることが多いです。
それを様々な要素を組み合わせてノーマル向けにしてるのが一番面白いところだと私は思います。

ただ肝心のチクリンクについてはあまり上手く表現できてないかなぁと。
前立腺を刺激する時間が30分程度と乳首よりもずっと短いですし
それも乳首やおちんちんオナニーと組み合わせてやるので脇役に近い位置づけです。

乳首とおちんちんの快感を繋げるところは上手くいってるので
そういう作品と認識して聴くなら楽しめると思います。
逆にチクリンクに期待して聴くと肩透かしを食らうでしょう。
オナサポ自体はよくできてるんだけど、残念ながら内容がテーマからややずれてしまってます。

射精シーンは1回。
吐息多め、くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:小石川うにさん
総時間 2:01:32

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年9月6日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「もぷもぷ実験室」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声は穏やかだけど性格はドSなお姉ちゃんが
自分が出演した音声を聴いてる弟にとってもハードなオナサポをします。

音声と現実の両方から話しかけながらリードするのが特徴で
前者はシコシコボイス、後者は言葉責めやオナホコキとある程度役割分担し
心身両面に強めの負荷をかけて射精したくてもできない状況に追い込みます。
M度がものすごく高いので覚悟してお聴きください。

今回は「通常版(ノーマルエンド)」を聴いてのレビューをお送りします。
お姉ちゃんがする地獄級のオナサポ
音声とお姉ちゃんの指示に従ってオナニーするお話。

「失礼いたします お客様 まだ随分お若いようですけど 年はいくつ?」
音声のお姉さんは丁寧語で話す穏やかな声の女性。
主人公にこのお店でするサービスの内容を説明すると
彼の意志を確認してから服を脱ぐように言います。

本作品は限界ギリギリまで我慢してから気持ちよく射精することを目的に
彼女がおよそ70分に渡ってドM向けのオナサポをします。
彼が「ショタ狩りお姉さんの超意地悪寸止めオナサポ」という音声を聴いてるところから始まり
少し経つと現実世界のお姉ちゃんが登場して2人体制で様々な指示を出します。

販売ページではお姉さん、お姉ちゃんと呼び分けてますが
このレビューではわかりやすくするために前者を音声、後者は現実と名付けて説明します。
音声も現実の彼女が担当してるので両者の声質はほぼ一緒です。

現実「声出た いいよ もっと聞かせて?」
音声「私におちんちん管理されてしまって 操り人形のようです」
そして2人は序盤から連携を取って彼を上手に追い込みます。
音声はシコシコボイスを流しながら軽く言葉責めするおちんちん重視
現実は耳舐め、乳首責め、言葉責めとそれ以外の領域を主に担当します。
2人の声が重なるシーンが多いので、両方無理に聞くよりも聞き流す感じにしたほうがいいでしょう。

タイトルが「あまあまドロドロ偏愛お叱り射精管理」となってるので
比較的甘いプレイをイメージする人がいるかもしれません。
ですが実際はドMじゃないとまずクリアできないくらいハードな内容です。

そう言える一番の理由は最初から最後までほぼぶっ通しでオナニーするから。
音声側では時折休憩を挟んできますけど、それを現実側が阻止して射精感を抑えにくくします。
我慢できなくなった彼のおちんちんを掴んで無理矢理しごくシーンもありますし
逃げ場がまったくない過酷なオナニーを長時間続けることになります。

最中に鳴るシコシコボイスも平均ペースが速めです。
中盤までは2秒1コキ~1秒2コキあたりを推移しますが、それ以降は高速で流し続けるシーンが増えます。
しかも20秒程度の間隔で速い→遅い→速いとスピードを変化させるため
常に揺さぶりをかけられる暴発しやすい状況に置かれます。
私もオナサポは色々聴いてますが、本作品は体への責めだけでもその上位に位置するきつさです。

現実「だから ぴゅっぴゅはお預けって言ってるでしょう!」
もうひとつ、主に現実側の言葉責めがきつめに設定されてます。
「ばーか」「マゾ」といった一般的なことも多少は言いますけど
それよりも射精を禁止したり言うことを聞けない彼を叱ることのほうが多いです。
意地悪度が結構高いので繊細な人が聴いたら途中で投げ出してしまうかもしれません。

また冒頭で軽く触れたように本作品には今回紹介する通常版(ノーマルエンド)と
厳しめ版(バッドエンド)の2パターンが用意されてます。
両者の違いは射精シーンで57分頃からノーマルはオナホコキ、バッドはパンスト亀頭磨きに分岐します。
製品版には分岐部分だけを切り取った音声が入ってませんから(どちらも通しで1ファイル)
2回に分けて聴くのが良いでしょう。

音声と現実が連携を取って責めるスタイルと心身両面の負荷を強くしたエッチ。
生半可なM向け作品ではビクともしない人でも苦戦するレベルの極めてハードな作品です。
心の強さが試されるエッチ
ノーマルエンドのエッチシーンは63分間。
プレイはオナニー、お腹/胸/乳首の愛撫、耳舐め、亀頭オナニー、お尻叩き、手コキ、オナホコキ、〇〇です。
お尻叩き、手コキ、オナホコキ、〇〇の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

現実「悪い子にはお仕置きします」
主人公が自分の部屋で音声を聴いてるのを発見した現実のお姉ちゃんは
彼が意地悪してもらいたがってると判断し、音声と協力して少しずつ確実に追い込みます。

エッチは彼女たちが言った通りにおちんちんをしごきます。
前半の33分間は射精したくてもできない状況を作ることを見据えたシーン。
シコシコボイスを小まめに変化させて揺さぶりをかけながら
音声と現実両方から言葉責めして心も一緒に盛り上げます。

まだ始まったばかりなので言葉責めは控えめな表現になってますが
シコシコボイスはしっかりしてて十分気持ちいいです。
平均ペースがそこまで高くない代わりに休憩できないのが効いてきます。
おちんちんは音声が担当し、現実は耳舐めや上半身の愛撫でそれをサポートしてました。

現実「0! ぴゅー ぴゅるぴゅるー」
音声「射精は我慢 射精は我慢 おちんちんおかしくなっても 射精は我慢」
2人が正反対の指示を同時に出してくるのが面白いですね。
現実はカウントを数えてからぴゅっぴゅのセリフを言い
音声は射精を我慢する指示を出し続けて心のほうも揺さぶります。
休憩時間に現実側が亀頭オナニーの指示を出すなど、本作品の特徴が色々込められててやり応えがあります。

後半の30分間は意地悪度がさらに増します。
音声ではそろそろ射精の時間なのですが、現実の彼女はまだ物足りないらしく
シコシコボイスだけを言うシーンを繰り返し流して暴発をしきりに誘います。
そしてそこを無事乗り越えた後はオナホを使ってさらなる追い込みをかけます。
ここからは現実側が主導権を握り、音声はそれをサポートする形に変わります。

現実「だめでーちゅ 射精させてあげまちぇーん」
現実「こわれろー こわれろー 頭おかしくなーれ おちんちんおかしくなーれ」

赤ちゃん言葉で意地悪なことを言って彼を挑発したり
もうとっくに限界を超えてる彼へ突き放すセリフを投げかけるなど
血の繋がってるお姉ちゃんにしては度を越えたことをするシーンがいくつもありました。
割と心を折りにかかってくるのでこのへんが人を選びそうだなと。

終盤のオナホコキもすんなり射精させてくれるわけではありません。
カウントを数えて0になったら射精するのですが
そこへたどり着くまでに障害を設けて彼のクリアを阻みます。
「ぎゅぷっ」という空気交じりの弾力がある水音がリアルでした。

このように、聴き手が意地悪だと感じる要素をいくつも盛り込んだエッチが繰り広げられてます。
極めてハードな作品
生半可な人が聴いたら逃げ出すレベルのオナサポをする完全ドM向け作品です。

お姉ちゃんはM向けのオナサポ音声にハマってる主人公にお仕置きしようと
音声が流すシコシコボイスに合わせてしごかせながら指示を出したりきつめの言葉責めをします。
そして休憩時間をなくす、オナニーに緩急をつけるなど暴発しやすい要素をいくつも盛り込み
さらに心のほうも強めに責めていつ射精してもおかしくない状況を作ります。

声は穏やかだけど性格はドSなお姉ちゃんがハードなオナサポをするシチュ
音声と現実の声を組み合わせてリードする変わった複数人プレイ
おちんちんをほぼノンストップでしごかせながら様々な意地悪をするエッチ。
お姉ちゃんから連想される甘さや優しさを薄めた作品に仕上がってます。

私はこの作品を聴くにあたって最初はバッドエンドを選ぶことに決めてました。
しかし途中まで聴いたところ内容があまりにハードだったので急遽ノーマルに変更してます。
はっきり言ってノーマルでも十分きついです。
「自分はドMだからバッドでも大丈夫」と思って聴いたら痛い目を見るので
そういう人もまずはノーマルを選ぶことをおすすめします。

現実「まだぴゅっぴゅしたくないですぅ どうぞ ほら 言って? 言え マゾ」
体への責めは他のドM向け作品と同等もしく少し上あたりの強さです。
それよりも指示や言葉責めといったセリフの面が影響してるように感じました。
露骨な意地悪をしてきてとにかく容赦がありません。
彼が嫌がることを無理矢理するシーンもありますし、内容を理解したうえで聴いたほうが満足できると思います。
彼女がこれだけのことをするのは、彼の性癖が歪んでることを本気で心配してるからなのかもしれません。

ノーマルエンドの射精シーンは1回。
淫語それなり、くちゅ音そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:遊佐ミコトさん
総時間 ノーマルエンド…1:12:25 バッドエンド…1:15:55

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年9月3日まで20%OFFの880円で販売されてます。



サークル「セツナシロップ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声と態度は穏やかだけど性格は割とSな風俗嬢が
乳首を責められるのが大好きなM男にややアブノーマルなサービスをします。

乳首責めを重点的にやりながら射精させるのが最大の特徴で
前半は手コキと一緒に、後半は乳首責めのみとスタイルを変えながら
彼の反応を実況したり軽い言葉責めもして心身をバランスよく盛り上げます。
男性の隠れた性感帯を集中攻撃
M性感で働いてるセリカがエッチなサービスをするお話。

「こんばんは~ はじめまして、セリカです。今日はご指名ありがとうございます♪」
セリカはトーンが低く色っぽい声のお姉さん。
主人公がいる部屋にやって来て挨拶すると、彼が緊張気味なのを見て軽く雑談し
それからカウンセリングシートに記載してもらってサービスの内容を決めます。

本作品はややSなお姉さんに乳首を責められ射精する快感を味わわせることを目的に
彼女がおよそ40分に渡って2種類のプレイをします。
前半は初来店なので比較的甘く、2回目は彼の性癖をある程度把握したので多少きつめにと
パートによって責め方を変えながら1回ずつの射精に導きます。

「私さ、仕事とか抜きにして…男の乳首、大っ好きなんだよね…」
両方に共通して言えるのは乳首責めに力を入れてること。
彼はもちろん、彼女も男の乳首を責めるのが大好きなので
エッチの序盤から主に指を使って色んないじり方をします。
他のプレイも多少はやりますが、乳首責めと絡めてあるので主役はやっぱり乳首です。

乳首がテーマの作品だと乳輪を優しく撫でたりして焦らすことがよくあるのですが
本作品は総時間がそれほど長くないので乳首責めから入ります。
指先でつつく、指の腹でこねる、爪の先で優しく引っかく、2本の指でつまんだり引っ張るなど
プレイの種類が比較的多く、後になるほど刺激を強くする方針で進めます。

実況をそこまできめ細かくはやりませんから
どちらかと言えば既に乳首を開発してる人向けの内容だと思います。
その代わり言葉責めや痴態を見られる快感を煽るといった心への責めを多少強化してます。

「…っ!!ほんと可愛い顔してくれるねっ っても~照れて顔背けちゃうの?んふふ~」
彼女については優しいお姉さんと呼ぶのがしっくりくる女性です。
カウンセリングシートに「乳首をいじめられたい」と書いても見下すどころかむしろ興味を示し
サービスが始まった後は体を密着させながら彼の反応を嬉しそうに眺めます。
「可愛い」と言うシーンもそこそこありますし、風俗サービスなので雰囲気は結構穏やかです。

しかしやるときはきちんとやる側面も持っており
特に後半では普段よりも多少きついセリフを言いながら責めることがあります。
彼がそうしてほしいことを見抜いたから合わせてる感じですね。
愛を込めていじめてくれますから嫌な気分にならずに聴けるでしょう。

乳首責めを重視したエッチと後になるほどSっ気が増す彼女のキャラ。
M性感でサービスを受ける様子をできるだけ忠実に描いたM向けの作品です。
心身をバランスよく責めるエッチ
エッチシーンは2パート29分間。
プレイは乳首責め、耳舐め、手コキ、ベロチュー、主人公への乳揉み、セリカの指を舐めるです。
手コキ、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「さ~て、まずはお手並み拝見ってことで、キミの乳首ちゃんにご挨拶していこっか」
サービスの方針が決まったところで主人公をシャツ1枚の格好にすると
セリカは後ろから抱き着き話しかけながらひとまず乳首をソフトにいじります。

エッチは常に彼女が責め続けます。
最初の「2:来店1回目 セリカお姉さんの乳首責めフルコース(優しめ)(約13分)」は
乳首とおちんちんの両方を気持ち良くするパート。
シャツ越しに乳首を責めるところから始まり少しの耳舐めを加えて感度を上げ
後半は乳首責め+手コキで1回目の射精に導きます。

「じゃあ両方の乳首に~人差し指の先を~…ちょんっ」
この時点の彼女は彼の乳首の開発具合や性癖をそこまで把握できてないので
普段と同じ穏やかな物腰で接しながら少しずつ刺激を上げて様子を見ます。
乳首責めは何をするかきちんと教えてくれますし、「カリカリ」などの掛け声を時折入れてリズムを取ります。

オナサポみたいに隅から隅まで指示するわけではありませんが
乳首をいじり慣れてる人なら無理なくついて行けると思います。
声の位置が非常に近くて彼女に密着されてる雰囲気がよく出てました。

「ほらっキュッて あはっ キュッキュッて どーしたー?体前かがみになっちゃって~ 逃がさないよ…?」
乳首責め+手コキは若干ざらつきのある水音をゆっくりめに鳴らしながら
2本の指でつまむ、爪の先で引っかくといった気持ちよくなりやすいプレイを繰り出します。
これらをする際に彼女が嬉しそうな表情を見せるのが印象的でした。
お仕事だからといって堅苦しく振る舞わず一緒に楽しむ方針でお世話します。

次の「3:来店2回目 セリカお姉さんのお任せ乳首責め(ちょい本気)(約16分)」は後日のお話。
前回のプレイが忘れられなくて再び来店した主人公をもっと満足させようと
セリカがよりハードで乳首に寄せたサービスをします。
ここではシャツも脱いで全裸になります。

「キミがみっともなく感じれば感じるほど私も嬉しいの… 私がキミの全部を受け止めてあげる… だから……覚悟、しろよ?」
1回目には出てこなかった命令口調の言葉責めを時折挟んで被虐心を煽り
体への責めもおちんちんには一切触れず乳首だけで射精へ追い込みます。
前回はおちんちんもいじってましたから、こちらのほうが本作品のテーマに合ってるなと。
サークルさんもおっしゃられてますが、実際にノーハンド射精したい場合は数日オナ禁することをおすすめします。

そしておちんちんをいじれない状況だからこそ心への責めを強化してます。
言葉責めが若干きつくなる、喘ぎ声を上げる指示を出す
アイマスクを装着して彼女に痴態を見られる快感をくすぐるなどです。
彼女の指を舐めてから乳首をいじってもらうシーンもありました。

「両手でぇ…乳首を軽くつまんでぇ… 片方はくちゅくちゅ…反対はこねこね… ふふっ…顔とろけてるのがアイマスク越しでもバレっバレ…」
また乳首責めはひとつの責め方を固めてやってから次に移ってた1回目とは違い
2回目は複数のプレイを組み合わせて行う変化に富んだものになってます。
このへんもやり慣れてる人向けのリードですね。
指でつまむ、そのまま軽く引っ張る、爪で小刻みに引っかくなど強めの快感が得られるものを中心にしてました。

私が聴いた時はノーハンド射精はさすがにできませんでしたが
乳首をいじる時間が十分に用意されてて気持ちよかったです。
精神面を興奮しやすくしてるところもプラスに働いてます。

このように、乳首の快感を追求したタイトル通りのエッチが繰り広げられてます。
コンパクトな乳首作品
雰囲気を出しつつひとつのプレイをみっちりやる個性的な作品です。

セリカは女性に乳首をいじめてもらいたいと思ってる主人公の願いを叶えようと
まずは耳舐めや手コキと組み合わせたマイルドな乳首責めで気持ちよく射精させます。
そして2回目はより乳首重視にしてからシチュや言葉責めを強化してさらに興奮させます。

穏やかでSっ気もあるお姉さんがM男を優しくいじめるシチュ
最初から最後まで乳首責めを行い、シーンによって責め方も変えるテーマに沿ったエッチ
1回目と2回目で心身の責め方を変える展開。
要所を押さえたうえで単調にならないよう考えながら作られてます。

中でも乳首責めは本作品の鍵になるプレイなだけあって内容が充実してます。
シャツの有無、おちんちんを責める責めないをパートによって切り替え
いじり方もソフトなものからハードなものまで幅広く取り揃えてます。

言葉責めも割とするのでオナサポ成分は低めになってますが
どちらのパートもサービスの流れがしっかりしており、嗜好が合う人なら楽しめる品質も持ってます。

射精シーンは2回。
淫語とくちゅ音そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

乳首オナニーをある程度やり慣れてる人には特におすすめします。

CV:篠守ゆきこさん
総時間 39:16

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年8月7日まで10%OFFの693円で販売されてます。



サークル「青春×フェティシズム」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、有名な進学校に通ってる初々しいJKが
電車内で偶然出会った男性とスリリングなエッチをします。

体を密着させながら囁き声で話しかけたり、彼女が初々しい反応を見せながら責めるなど
周りの人にバレないようこっそりイチャイチャするのが特徴です。
キャラ作りに力を入れてますから聴けば聴くほど感情移入できるでしょう。
JKとする気持ちいい通勤
JKの一河(いちかわ)アリサと3種類のエッチをするお話。

「うぅぅぅ……んくっ……もう……また……狭すぎ マジ、最悪……」
アリサはギャルっぽい話し方をする甘い声の女の子。
満員電車の中で自分をかばってくれた主人公に声をかけると
これに乗って通勤してる彼を褒めてから自分の夢を語ります。

本作品は本当は純情だけど訳あってギャルっぽく振る舞ってる彼女が
偶然会った彼とおよそ110分に渡ってイチャイチャします。
タイトルにわざわざ「電車の中で」と書いてあるように
3つあるエッチパートのすべてが満員電車内でする展開になってます。

電車内で男女がエッチすると聞くと痴漢が有名ですが
2人の場合は同意したうえで周りにバレないようこっそり楽しみます。
体を密着させてお互いの性器を擦り合わせたり、おちんちんをスカートで隠しながら手でしごくなど
公共の場ですることを踏まえて通常よりも抑えた責め方をしてました。

私は「超囁き!」からVOICE LOVERさんのささやき庵シリーズみたいな
大部分で囁くガチなものを想像してたのですが
実際は通常よりも声量をやや落としてる程度で本当に囁く時間はそれほど長くありません。
ただし、セリフやプレイの最中に吐息を漏らすことが多いので密着感は結構出てると思います。

「アタシに向いてるのは、やっぱせんぎょーしゅふだよ。マジ悟った。おにーさんも、そう思うっしょ?」
彼女についてはギャルらしく軽い口調で親しげに話しかける一方で
物語の開始時点だとSEXはおろかキスすらしたことのない純情な性格をしてます。
今回彼とエッチするのも友達との会話についていきたいだけで格別遊びたいわけではありません。
彼にお願いされるとなんだかんだで了承する押しに弱いところも持ってて可愛いです。

他のサークルさんの作品になりますが
ゆるギャルJK!!~綾瀬ひなたがおち○ちんに堕ちるまで~」のヒロインに似てるなと。
声の担当も一之瀬りとさんで一致してますし、この作品が好きな人は相性が良いと思います。

冒頭の15分間は2人がエッチするまでの様子を描いたシーン。
同じ車両に乗り合わせた主人公が自分と触れ合わないよう踏ん張ってるのを見て
アリサが軽い雑談をしてから耳舐めや首への息吹きで悪戯します。
ちなみに本作品では雰囲気を出すためにほぼ全編で音量控えめな走行音が流れ続けます。

「……いいよ、別に、ちょっとくらい。おにーさん、悪い人には見えないし」
満員電車内で体を離せないのは彼女も理解してるので
「軽く触れる程度なら問題ないよ」と言って思いやりを見せます。
この時点ではそれほど好意を抱いてる感じはしませんでした。
おちんちんの勃起に気づいて困惑するなど、フレンドリーで純情な性格が早速出てます。
少しずつ踏み込んでいくエッチ
エッチシーンは3パート64分間。
プレイは股間をぐりぐりさせる、お尻を触る、耳舐め、素股、手コキ、乳揉み、SEX(対面立位)、キスです。
素股、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「だ、だめだってばっ、おにーさん。これ以上は マジでバレちゃうって! 身の破滅だよ!?」
勃起した主人公に性欲処理のお願いをされたアリサは
制止しても股間を擦りつけられて思わず小さい喘ぎ声を漏らします。

エッチは興奮すると歯止めが利かなくなる彼が主に責め続けます。
一番最初の「トラック1・出会いとオサワリ(約15分)」は痴漢に近いプレイ。
彼がおちんちんを彼女の股間にぐりぐりさせたりおっぱいを揉んで彼女をやる気にさせ
そのお返しに耳舐めや素股で1回目の射精に導きます。

「んんっ、だめだってば、ホントにだめっ、もう、だめっ、もっと、下……太腿だけで、ガマンしよ?」
彼女も会ったばかりの彼とエッチする気はなかったのですが
押されると弱い性格が影響して彼のリクエストにどんどん応えていきます。
お尻を揉まれると控えめな喘ぎ声を漏らし、もう少し経つと口を閉じたままイキ声を上げます。
そして以降は素股へ進み彼の精液を股間で受け止める大胆なサービスをします。

さすがに展開が強引かなぁとは思いましたけど
彼女も結構楽しんでるので無理矢理感はあまりありません。
通常の声、吐息、喘ぎ声をどれも抑えてこっそりエッチしてる雰囲気を出してました。
電車内エッチや彼女の性格といった特徴を組み合わせて、聴き手を作品の世界に引き込む役割を果たします。

本格的なプレイが始まるのは次の「トラック2・再会とえっちの予行練習(約29分)」から。
後日電車内で再会したアリサが自分からエッチに付き合って欲しいと言います。
プレイは1回戦が手コキ、2回戦は素股の連続射精です。

「ふあぁぁ、硬い? ううん、熱い」
パートの前半を前置きに割いてたトラック2よりも早いタイミングでエッチを始め
初めて触れるおちんちんに不思議そうな表情を見せるなど
処女らしい初々しい反応を挟みながらゆっくり丁寧に進めます。
効果音のペースもゆっくりだったのでキャラやシチュで抜く感じになるでしょう。
精液を手で受け止めた直後に飲み干すシーンもあって綺麗な女の子を汚す快感もくすぐってくれます。

2回戦はトラック1と似た状況ですが細部に違いが見られます。
こちらの場合、射精するまではパンツ越しに擦り続けますし
フィニッシュの内容が結構踏み込んでて男性が興奮しやすいツボを的確に突いてきます。

こういう描写は音声だとあまり見かけないので面白いなと。
詳細は伏せますが電車内エッチと同じくらいスリリングな射精です。

最後の「トラック3・甘ギャルJKと電車内セックス(約20分)」はSEXに特化したパート。
さらに後日、電車内で彼を待ち構えてた彼女が最後の一線を越えようと言います。
こちらも抜かずに2回連続の射精を決めます。

「この、凶悪おちんちんを……ナマでズポズポしてもらうの、ずっと、期待してた」
このへんまで来ると彼女も彼とのエッチにまったく抵抗を感じなくなってるようで
嫌がるどころかむしろ期待してたと言い、既におまんこを濡らしてる淫乱な姿を見せてくれます。
最初は興味本位で始めたエッチにハマりつつあるのを感じました。
敢えて生ハメを提案することも含めて今までよりもエロさを強化してます。

肝心のSEXも普段のような大きい声を出すことはないものの
熱い吐息、少し不規則な呼吸、口からほんのり漏れる喘ぎ声をリアル組み合わせてあって生々しいです。
安全日とはいえ2回とも中出しする展開も抜きやすさに貢献してます。

「えへへ、しちゃった、アタシの、ファーストキス」
このパートだけキスシーンを多く入れてるのが印象的でした。
最後の一線を越えて彼に心を許したのか、口調もギャルより普通の女の子に近くなってます。
物語の冒頭で「周りに合わせてギャルをしてる」と言ってましたから
おそらくはここで見せるのが本来の彼女なのでしょう。
プレイの内容に合わせて2人の親密度が上がってるのがわかります。

このように、彼女の心情や反応を多めに描いた控えめなエッチが繰り広げられてます。
シチュが独特なイチャラブ作品
場所をすべて電車内に揃えてそれに合ったエッチをするノーマル~ややS向けの作品です。

アリサは友達がみんなやってるのに自分はまだできてないエッチを経験しようと
電車内で自分を助けてくれた主人公を相手に選んで少しずつステップアップします。
そして雰囲気が出るよう声や反応を通常よりも抑えながら乱れます。

話し方はギャルだけど性格はとっても純情なJKと電車内でエッチする変わったシチュ
多くのシーンで密着し、通常よりも小さい声量で話しかける状況に合った演技
エッチに興味津々だけど実際にすると彼に押されっぱなしになる彼女の愛らしいキャラ。
公共の場でこっそりエッチしてる感じが出るように作品を組み立ててます。

中でも2番目は満員電車の中でイチャイチャしてる様子をわかりやすく表現してます。
普通にエッチするより表現は控えめですが、そのぶん時間を長く取ってるので物足りなさはありません。
最後のSEXパートはセリフ以外の部分が臨場感の向上に大きく役立ってて
一之瀬りとさんの演技力の高さを実感しました。

エッチは場所が場所なので内容をかなり絞ってあります。
個人的にはもっと本腰を入れて囁いたほうが
サークルさんがおっしゃられてる「周りにバレないギリギリのリアルさ!」が出ると思うのですが
まだ処女作なので手探りしてる段階なのかもしれません。

射精シーンは5回。
くちゅ音と吐息それなり、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:48:53

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年8月25日まで15%OFFの1122円で販売されてます。



サークル「G DRAIN」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、人間と獣の特徴を合わせ持つ3人の女の子が
目の前に現れた男性を協力して襲い気持ちよくします。

ほぼ全編で作品特有の言語を話すのが一番の特徴で
日本語や英語といった既存の言語とは違うセリフを話しながら
左右中央に陣取って耳、おちんちん、アナルを同時に責め続けます。
獣娘とする気持ちいい異言語交流
イナ、ミヤ、ビビと2種類のエッチをするお話。

「ワオォォォォォン」
イナ、ミヤ、ビビは声質の違ういずれも可愛い声の女の子。
自分たちの縄張りに入ってきた主人公を見つけて遠吠えすると
イナはフェラ、他の2人は左右の耳を舐め始めます。

本作品は見た目は人間だけど獣の耳や毛も生やしてる彼女たちが
何らかの事情で迷い込んできた彼とおよそ50分に渡るエッチをします。
彼女たちも言語を話せるようですが人間のものとは明らかに違い
何を言ってるかよくわからない状況で耳とおちんちんを責められます。


ミヤ「チンチン アナシタ? テミラホ レゲアテサセウゴトツモツモ」
「チンチン」「ピユピユ」「ザコザコ」などたぶんこれだろうと思える単語が一部あるくらいで
それ以外は少なくとも日本人にはとても理解できないことをしゃべります。
穏やかな声で囁きかけたり、時折笑みをこぼしたりしてて雰囲気は結構和やかでした。
射精シーンが近づくほど息遣いが熱っぽくなったりと彼と一緒に楽しむ姿勢で接します。

エッチについては最初のパートが両耳舐め+フェラ、次は両耳舐め+アナルSEXをします。
本作品の特徴を出すためでしょうけど最中の会話量を多めにしてました。
一番話すのは右に陣取ってるミヤで穏やかに囁いてきます。
それに比べると左のビビは耳舐めに寄せてました。
そしてイナはおちんちんを担当してるのでちゅぱ音や喘ぎ声を積極的に漏らします。

3人の声優さんが別の方なのに同じ責め方をするのはもったいないですから
彼女たちにある程度の個性を持たせ、それに沿った責め方をします。
ちゅぱ音は割かし激しいですけど乱暴と言うほどではありません。
淫乱な人間の女性とエッチするのに近い抜きやすさを意識したプレイに調整してます。

言語がまったく通じない女の子たちとエッチする展開と個性を出しながら責める音重視のエッチ。
人外から連想される過酷さや無慈悲さをかなり薄めたややM~M向けの作品です。
体で通じ合うエッチ
エッチシーンは2パート41分間。
プレイはフェラ、耳舐め、アナルSEXです。
アナルSEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

ミヤ「チンチン ウヌシター エメラホ」
主人公を確保してから軽く雑談した3人は
早速彼を取り囲むように陣取り性感帯をゆっくりねっとり刺激します。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の「トラック1 ケモノリップデノウモアソコモシアワゼピユピユ(約30分)」はちゅぱ音特化のパート。
両耳とおちんちんを同時に舐めながら彼女たちが色んなことを話します。

イナ「チンチンザコザコ」
明らかに言葉責めと思えるセリフも登場しますが
彼女たちの態度がそれほどきつくないところを見るといじめる気はあまりなさそうです。
その証拠に耳舐め音はゆっくりペースでコリコリした音を鳴らしますし
フェラも序盤は丁寧に舐める感じの抑えた音を鳴らします。

販売ページの説明文に「なぁ、オレ達の仲間にならないかぁ?」と書いてあることから
エッチを通じて彼を虜にするのを狙ってるように思えます。
焦らし、寸止め、連続射精といったM向けでは定番の要素が特にないのもあります。

そして言語がわからないからこそ彼女たちの責めが目まぐるしく変わります。
まずイナはおちんちん担当として軽い休憩を挟みながら舐め、吸い、ピストンを切り替えます。
同じ音をずっと鳴らすことはなく数分単位で変える凝ったものです。
パート終盤はピストンの割合が増えるなど、責め方に獣娘の野性味を感じました。

最も人間に近い責めをするのはおそらく右のミヤでしょう。
彼女は右耳舐め担当ですがそれをする時間はかなり短く
代わりに囁き声で話しかけて耳に微弱な風圧を送り続けます。
そして耳舐めは外だけでなく穴の入り口にも舌をぐりぐりさせます。

最後のビビは左耳舐めを多くしながら彼に甘えるような声を投げかけます。
サークルさんの設定でも「甘えを武器にする」と書いてありますから
妹や後輩といった年下系のキャラと見るのが妥当です。
耳舐めは外を中心に責めるスタンダードなものでした。

こんな感じで3人のスタイルが結構違うおかげで
単調なところがあまりない流れるような責めに仕上がってます。
でも私個人は左右の会話量をもうちょっと減らして耳舐めをがっつりやって欲しかったです。

次の「トラック2 ケモノノアソコテデハッピーアナルファック(約11分)」は割とアブノーマルなプレイ。
3人の位置はそのままにして今度はイナがアナルSEXをします。

イナ「キモヒイイ キモヒイイ」
普段よりも切ない声と気持ちよさそうな言葉を漏らし
左右の2人も耳舐めしながらその様子を嬉しそうな表情で見守ります。
イナがふたなりだからそれを鎮めるためにアナルSEXする意味もあるのでしょうが
この行為にはそれとは別の目的も込められてます。

このように、セリフよりも音で興奮させるエッチが繰り広げられてます。
雰囲気重視の作品
獣娘たちとエッチする様子をできるだけ忠実に描いた作品です。

イナ、ミヤ、ビビは自分たちの領域にやって来た主人公を美味しくいただこうと
左右中央に陣取って耳とおちんちんをじっくり責め続けます。
そしてこれらをするにあたって3人の違いを持たせてプレイに変化をつけます。

見た目は野性的だけど性格は結構穏やかな3人の女の子が男性を弄ぶシチュ
日本語をほとんど使わずに会話する思い切った試み
ちゅぱ音の厚みに力を入れてる変化に富んだエッチ。
人間の女性とするエッチとの違いを明確にした複数人プレイが楽しめます。

中でも2番目は本作品を最も特徴づけてる要素で面白いです。
彼女たちのセリフを聴いてもはっきり言ってまったくわからないので
表情や仕草といった別の部分で空気を読むことになります。
プレイ自体は人間同士のエッチとほぼ一緒ですからイメージできるでしょう。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音それなり、くちゅ音そこそこ、淫語と喘ぎ声ごく僅かです。

BONUSトラックは「3匹の獣娘と一緒にオナニータイム」と「両耳ち〇ぽ舐め」です。

CV:イナ…分倍河原シホさん ミヤ…涼貴涼さん ビビ…しりかげるさん
総時間 56:54(本編…47:48 BONUSトラック…9:06)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年8月8日まで10%OFFの891円で販売されてます。



サークル「甘師子チャンネル」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、穏やかで面倒見のいい風俗嬢が
自分をよく指名してくれる常連客をゆっくりねっとり気持ちよくします。

タイトル通り甘い雰囲気で乳首とおちんちんを同時責めするややM向けのプレイが行われており
上品な声とは違う力強いちゅぱ音を小まめに鳴らしながら
おちんちんを緩めに責めて少しずつ確実に射精へ追い込みます。
人気風俗嬢と過ごす甘いひと時
風俗嬢が乳首責め+手コキをするお話。

「こんにちは~ あ、お客様  また指名してくださって、とっても嬉しいです ふふっ」
風俗嬢は上品で穏やかな声のお姉さん。
ラブホテルの一室で待ってた主人公に挨拶すると
いつも指名してくれることにお礼を言ってからまずは代金をいただきます。

本作品はオナクラ嬢のサービスを音声で疑似体験させることを目的に
彼女がおよそ35分に渡って焦らし気味に責め続けます。
彼が何度も相手をしてる常連客なだけあって前置きは必要最低限まで削り
エッチをじっくり描きながらプロらしいきめ細かなリードをします。
ちなみに現在のオナクラはオナニーを観察するだけじゃなく手コキもしてくれるそうです。

「ふふっ いいですよ 分かってます お客様の大好きなプレイですもの 乳首責め手コキコース、始めていきますね」
彼の好みはすべて把握してるので流れがスムーズですし
プレイについてもややMあたりの人が喜ぶことを色々やって上手に盛り上げます。
短時間の作品だと何かひとつに特化させるケースが多いのですが
本作品はオナクラらしさを優先したようでバランス型の構成になってます。


具体的には乳首とおちんちんを同じくらいの分量で責め
そこにソフトな言葉責めを盛り込んで彼女にお世話されてる雰囲気を出します。
体のほうはそれなりに焦らしてきますけど、小まめに応援してくれるので意地悪さはありません。
彼が絶好のタイミングで射精できるように調整してるのがわかります。

またこれらをするにあたってやや下品なちゅぱ音を鳴らします。
乳首責めは狭い範囲で強めに吸う、キスはそれよりも広い範囲でソフトにと違いを出してました。
手コキの効果音も鳴りますけど私はこちらのほうがエロいと思います。
無理なく焦らすエッチ
エッチシーンはおよそ30分間。
プレイは胸の愛撫、乳首責め、キス、手コキ、玉揉みです。
服を脱ぐ、手コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ゆ~っくり、指を滑らせていきます くる、くる... つ~~ こうやって少しずつ、感度を高めていきますよ」
主人公をパンツ1枚の格好でベッドに寝かせると
風俗嬢はその横に添い寝し乳首の周辺を優しく撫で始めます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の11分間は乳首を重点的に責めるシーン。
乳輪のあたりを撫でるところから始まって乳頭を指でつつく
口に含んで舐めたり吸うと徐々に刺激の強いプレイに移ります。
そして途中から彼のリクエストに応えてディープキスが加わります。

「ふふっ お客様は、相変わらず感度が抜群ですね」
そして彼女は早速プロらしい気配りを見せてくれます。
彼がもどかしい思いをするようにわざと刺激を弱くしたうえで
「感度がいいですね」と褒めて意地悪さを打ち消します。
乳首責めも何をしてるか丁寧に実況してくれるのでイメージしやすいです。

乳首責めを取り入れてる作品だとオナサポっぽく進めることもあるのですが
本作品は指よりも口で責めるシーンを多くしてるので実際にやるのは難しそうです。
その代わりちゅぱ音が充実しておりエロさは上がってます。

中盤以降はいよいよ手コキが加わります。
「ずちゅっ」という控えめな水音をゆっくりペースで鳴らしながら
引き続き乳首と唇をバランスよく責めて射精感をじっくり高めます。

「だーめ まだ我慢 おあずけですよ もうちょっと... もうちょっとですから」
彼にとって厳しい時間帯だからでしょうけど、今まで以上にセリフが優しくて本当に甘いです。
聞き分けのない弟をなだめるお姉ちゃんのような雰囲気を感じました。
ちゅぱ音と効果音が同時に鳴る時間もそれなりにあって甘さとエロさが両立してます。

手コキの時間が16分くらいありますから音に合わせてしごけば射精は可能です。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフを多めに言うなど最後までしっかりリードします。

このように、心をケアしながら流れるような手つきで焦らすエッチが繰り広げられてます。
リアリティのある作品
オナクラ嬢にお世話されてる様子を忠実に音声化した作品です。

風俗嬢は自分を気に入ってくれてる主人公を今回も満足させようと
丁寧語で話しながらできるだけ優しく接して彼の心を楽にします。
そして体のほうは乳首とおちんちんを同時にゆっくり責めて気持ちよくします。

穏やかな態度と巧みなテクニックを合わせ持つ風俗嬢が乳首責め手コキするややM向けのシチュ
体への刺激を抑えたうえで優しい言葉をかける焦らし系のエッチ
キスや乳首舐めをする際に鳴るやや下品なちゅぱ音。
タイトルに込められた特徴を組み合わせてひとつのプレイを作り上げてます。

中でも2番目は意地悪さを極力出さないようにして彼女の責めを受け入れやすくしてます。
焦らしメインと聞くとM性が高めに感じる人もいるでしょうが
この作品に限って言えばノーマルな人でも聴けるあたりに調整されてます。
プレイ時間がそこまで長くないから焦らしも弱めというのもあります。

「お客様はとっても感度が良いから、私いつも、つい楽しくなってしまって... いじめすぎじゃないですか? 大丈夫ですか?」
あとは風俗サービスならではの適度な距離感が良いです。
常連客に対しても終始丁寧語で語り掛け、お金はきっちりもらう割り切った態度を取ります。
その一方で射精後に彼を心配する優しいところも見せてくれます。

風俗嬢だからエッチが上手いことももちろん大事なのですが
彼女の場合は人柄も多くの常連客を引きつける要因になってそうです。
エッチメインですけどキャラ作りもしっかりしてました。

射精シーンは1回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:分倍河原シホさん
総時間 34:51

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります



サークル「ねこじた結社」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、明るくてSっ気もある風俗嬢が
早漏なM男を多彩なエッチで何度も射精に追い込みます。

各シーンに3つのレベルを設定し、後になるほど責めが激しくなるのが特徴で
コキ系、オナニー、その他と大きく3つに分けて
最初はあまあま、次は体への責めを強化、そして言葉責めも強化と
段階的にパワーアップさせてそれぞれの違いを鮮明にします。
3つのレベルで早漏いじめ
早漏いじめ専門店「ナイトメア」の受付をしてる「出雲 藍佳(いずも あいか)」がサービスするお話。

「あらあら? いらっしゃーい、お客様♪」
藍佳は明るくて優しい声のお姉さん。
ナイトメアに来店した主人公を嬉しそうに迎えると
新メニューの早漏射精プログラムについて説明します。

本作品は早漏な人をメインターゲットにした珍しいお店を舞台に
彼女がおよそ100分に渡って合計9種類のプレイをします。
コキ系、オナニー、その他と3つのシーンに分かれており
そのすべてでレベル1から3のプレイを用意し、心身の刺激を段階的に上げていきます。

「ちょっと甘やかされただけでイきたくなっちゃうよわよわおちんぽなのは、当たり前ぇ……♪」
風俗サービスなので基本的には優しく接しますが
彼の早漏っぷりを貶して興奮を煽ったり、短時間で連続射精させるM向けの責めが充実してます。
レベル1は甘く、レベル2はやや強く、レベル3はさらに激しくと明確な違いがあるので
似たようなプレイでも実際に聴いてみると違う印象を抱くでしょう。

パートあたりの時間は10分程度と短いのでレベル1から3をセットで聴くほうが抜きやすいです。
どのシーンも合計時間を30分前後に揃えてます。
時間に対する射精回数が多いですから、ガチでやる場合は体力をかなり消耗することを覚悟してください。

プレイについてはM向けなことを考慮しSEXなどの踏み込んだプレイはやらず
手コキ、オナホコキ、足コキといった女性が一方的に責めるものを色々取り揃えてます。
すべてのプレイで効果音がちゃんと鳴りますし、状況に応じて質感や動きも変化するのでわかりやすいです。

「クズちんぽ射精しろ……ザコなんだからさっさと射精しろ、このマゾ♪」
またレベル2以降になると言葉責めがパワーアップします。
パート数が多い関係でねこじた結社さんの他作品に比べると量は少なめですが
「ザコ」「クズ」といったあからさまに見下すセリフを穏やかな声で投げかけます。
私個人はもっとトーンを下げて冷たく言ってくれたほうが心に突き刺さると思います。

3段階のレベルを設定して徐々に刺激を上げる展開と心身をバランスよく責めるエッチ。
プレイの種類が多く、属性もややM~ドMと広めにカバーしてる割と欲張りな作品です。
多彩な責めを繰り出すエッチ
エッチシーンは9パート83分間。
プレイは手コキ、キス、オナホコキ、レザー手袋コキ、オナニー、耳舐め、乳首責め、パンツの匂いを嗅ぐ、足コキ、薄手の手袋による亀頭責めです。
服を脱ぐ、手コキ、オナホコキ、レザー手袋コキ、オナニー、足コキ、亀頭責め、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「さ……♪ それでは初めは手コキからいきましょうね♪」
早漏射精プログラムの大まかな流れを説明した藍佳は
その手始めとして言葉責めを交えた軽めの手コキをします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の3パート23分間は主に手を使ってしごくプレイ。
01は手コキ、02はオナホコキ、03はレザー手袋コキと徐々に刺激の強いものへ移ります。

「一杯気持ちよくなって……すぅぐザーメン吐き出しちゃえ♪ 早漏君は、そうするしかないの♪ だって、早漏なんだもの♪」
ナイトメアは早漏をいじめるお店ですから言葉責めもそれに沿ったものが多いです。
「きゅちゅっ」という粘っこい水音を鳴らしながら
おちんちんの弱さや早漏っぷりをソフトに貶して気持ちよく射精させます。
レベル1は手加減するのでMな人には生ぬるく感じるでしょう。

しかしレベル2に入ると徐々に変わります。
「ザコ」「弱い」といったあからさまに見下す言葉が加わり
おちんちんへの責めも平均ペースが上がって我慢するのが難しくなります。

「蒸れ蒸れの手袋で、腰震わせて射精するのがお似合いなんだよ、この早漏マゾっ♪」
特に03パートはわざと摩擦のある手袋を装着して2連続射精させるなかなかハードな内容です。
言葉責めが命令口調に変化したり、精液まみれの手袋をプレゼントされるなど
Mな人が喜びそうなことを積極的にやって彼を満足させます。

おちんちんへの責めは割とスタンダードなのでシチュや言葉責めのほうに個性を感じました。
この後も連続射精するパートを多めに用意して早漏いじめらしさを表現します。

中盤の3パート30分間はオナニー。
04は耳舐め+オナニー、05は乳首責め+オナニー、06は言葉責め+オナニーと
おちんちん以外の責めを変えて前回同様激しくしていきます。

「早漏君のザコちんぽが耐えられるはずがありませんよねっ♪ メス乳首を絶頂まで追い込まれて、早漏ちんぽが震えちゃってますもん♪」
オナニー自体は開始と射精の指示を出す以外は効果音を鳴らす程度に留め
そのぶん乳首責めの実況や言葉責めを充実させてM心をくすぐります。
言葉責めに強いサークルさんなだけあってセリフの表現方法がなかなか多彩でした。
そして04は緩め、05は標準、06は速めとオナニーの平均ペースも変えてレベルごとの違いを出します。

私個人はこの中だと04パートが最も良かったです。
プレイ時間が作中で最も長い13分あるのに加えて耳舐めも変化に富んでます。
右→左の順にほぼ半々の時間で舐めるのですが
耳の外側を舐める、内側を舌でぐりぐりする、耳全体を口に含んでもごもごすると色々やってくれます。
事後に「甘くし過ぎたかな」と彼女がちょっぴり反省するのも可愛いです。

終盤の3パート30分間は落差を際立たせてるシーン。
07は赤ちゃん言葉やベロチューを交えた手コキ、08は後ろから抱き着き乳首を責めながらの足コキ
09は薄手の手袋をはめてから亀頭責めと手コキを組み合わせて激しく責めます。

「はぁ……可愛い所がちゅき♪ いっぱいお射精しちゃう所がちゅき♪ ちょっと情けない所がちゅき♪」
「ほんっと、早漏♪ こんな簡単に出しちゃって、恥ずかしくないんですかぁ♪ くすくす♪」

ここの落差が大きいと感じる理由は雰囲気と絶頂回数。
07では「ちゅき」「可愛い」と言って緩めに責めて1回射精させてたのが
09に入ると11分間で2回の射精、3回の潮吹きと一気にハードさが増します。

さすがにこれを実際にこなすのは無理でしょうから
射精と潮吹きを1回ずつ目指すあたりが妥当です。
亀頭責めをイメージしやすくするために実況をやや多くしてありました。

このように、パートやシーンによって責め方を変える幅広いエッチが繰り広げられてます。
個々のプレイはしっかりしてるのだが
メジャーからマイナーまでプレイの種類が豊富なところが魅力の作品です。

藍佳は女性にいじめられたい早漏な主人公を喜ばせようと
3つのシーン、3つのレベルを用意しそれぞれに合ったプレイを順に繰り出します。
そしてレベルによって体への責めや言葉責めのきつさを変えてメリハリをつけます。

声と態度は優しいけど性格は割とSな風俗嬢にいじめられるM向けのシチュ
シーンごとに3つのレベルを設けて徐々に責めを強くする面白い展開
効果音と言葉責めをバランスよく組み合わせたエッチ。
早漏な人でも楽しめるようにひとつひとつを短くしたうえでまとめてます。

中でも2番目は他の音声作品でもなかなか見られないシステムですし
レベルごとの違いもある程度わかるように調整されてます。
私は別に早漏じゃないので「パートごとの時間が短すぎるかなぁ」と思いましたが
早漏な人にとってはこれくらいが丁度いいのかもしれません。

ただ言葉責めの量がそれほど多くないのは残念です。
ねこじた結社さんは言葉責めが得意なサークルさんなので
こういうテーマであっても心に響くセリフをもっと言ったほうが持ち味が出ると思います。
パートをかなり細かく分けたのがそれを難しくしてしまったのかなと。

絶頂シーンは18回(射精15回、潮吹き3回)。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:天知遥さん
総時間 1:42:19

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年7月18日まで20%OFFの880円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

↑このページのトップヘ