同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ:催眠音声 > 10点.

   ● 人形娼館の悪夢《催眠音声》
   ● 【ASMR×催眠音声】甘とろリップ
   ● 悪の組織のヒーロー悪堕ち洗脳催眠
   ● 絶望のロリータ・お前がママになるんだよ《催眠音声》
   ● 【ASMR催眠音声】スライム娘のグチュクチュ失神オーガズム調教【耳穴責め・脳イキ】
   ● 【ASMR×催眠音声】耳奥触手姦【双子予備催眠セット】
   ● EDMトリップオーガズム催眠
   ● 催眠ASMR-水音色
   ● 【ASMR×催眠音声】脳イキ妖狐~悦楽至極の脳耳絶頂~
   ● あやしい訪問販売にご用心!-特殊性犯罪の被害に遭わないための催眠映像プログラム-(後編)




サークル「Hypnotic_Yanh」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、声は上品だけど性格はドSなお姉さんが
催眠を使って少女の人形に変えてからエッチな訓練をします。

飴と鞭を交互に繰り出して痛みや羞恥を快感に変換したり
エッチの終盤で非常に多くドライ絶頂するシーンを用意するなど
Mな人が非日常的な感覚を味わいながら気持ちよくなれるようゆっくり丁寧にリードします。

今回はnormalバージョンを聴いてのレビューをお送りします。
娼館で受ける気持ちいい拷問
お姉さんに催眠をかけられ人形娼婦になる調教を受けるお話。

「それでは、私と一緒に準備していきましょう」
お姉さんは上品で穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項や環境を簡単に説明すると
布団かベッドに仰向けで横になり全身をリラックスするように言います。

本作品は非日常的な世界にどっぷり浸りながら気持ちよくなることを目的に
彼女がおよそ130分に渡って催眠をかけたりドM向けのエッチをします。
物語の世界には少女の形をした人形が男性の相手をする娼館が存在し
聴き手はその中の1体に魂だけを移して女主人が調教する様子を疑似体験します。

女体化作品だと男性の体を女性へ変えるアプローチをするものも結構ありますが
本作品はそれとは違うので女性でも聴けるようになってます。
ただし、内容は一般的な女性向けよりも遥かにハードですからくれぐれもご注意ください。

そう言える主な理由はふたつ。
中盤でSMプレイが登場することと、終盤にとんでもない回数絶頂することです。

「どお?鞭の味は…痛い?痛いよね?苦しいよね。でも、すぐにそれが、快感に変わっていくはず」
前者は鞭で叩いたり三角木馬に跨らせるといった痛みを伴うプレイが出てきます。
また調教の様子を娼館に来てる客に見せて羞恥も煽ります。
そしてこれらを快感に変換するアプローチをかけて受け入れやすくします。

催眠音声で痛みや苦しみを与える要素は避けることが多いです。
でも本作品では敢えて盛り込み個性と快感を上げるのに役立ててます。
飴と鞭を交互に与えて多少中和する配慮もしてますし、Mならちゃんと受け入れられるように進めます。

後者はエッチの終盤に出てくるパートの名前が「絶頂地獄」となっており
normalバージョンの場合はここだけで18回も連続絶頂します。
またオプションでeasy、Hard、Veryhardが存在しVeryhardを選んだ場合は29回まで増えます。

休憩も多少は挟みますけどほぼイキっぱなしの状態になるので
体力を消耗しても大丈夫な休日に聴くことをおすすめします。
人によってはマルチプルオーガズム(イキながらイク)を体験するかもしれません。
生身の人間ではなく人形だからこういう過酷なプレイにしたのでしょう。
物語の世界へ案内する催眠
催眠はおよそ38分間。
まずは仰向けになって天井の一点を見つめたままお姉さんの言葉に耳を傾けます。
そして目を瞑り深呼吸と脱力で心身をリラックスさせます。

「だんだんと、天井が近づいて来るように、感じるかも、知れませんし、魂がだんだんと、深いところに引き込まれ、狭い、意識の底に、押し込められているのかも」
始まったばかりということで聴き手を癒す暗示が中心になってますが
その中に作品独自の表現を組み込んで物語の世界へ行く準備を整えます。
例えば天井を見つめる時は人形娼婦が入ってる棺に自分がいる感覚を与え
その後の脱力では「人形になったかのような」と言ってテーマと絡めます。

技術力のあるサークルさんだからもうこの時点で目標を見据えた誘導をしてます。
分倍河原シホさんの巧みな演技も相まって早速意識がぼやけるのを感じました。

エッチの舞台となる夢の世界が出てくるのはその後から。
お姉さんではなく少女が暗い路地裏の奥にある娼館で起きた出来事を克明に語ります。
ちなみに物語してる間は小刻みに揺れる振動音がバックで流れます。
催眠音声でそれなりに使われてるバイノーラルビートっぽい音です。

「奥の襖が、スーッと開きます。人形の私は、その奥の、さらに、さらに深い、暗い座敷牢に、連れて行かれます。まるで、夢の一番深い所へ、スーッと、引き込まれるように、感じます」
女主人が少女にキスしてから座敷牢に連れて行く短いお話なのですが
聴き手が少女と同じ視点で聴けるようにしたり
上のように「スーッと」「深い」を多めに盛り込んで催眠状態も深めます。

本作品の催眠は物語とお姉さんとの会話を交互にする流れになっており
後になるほど催眠状態と没入感の両方が高まるように進めます。

物語の情景が頭に自然と浮かぶ人がそれなりにいるでしょうね。
独自の世界観を持つ作品だから催眠と物語を違和感なく融合させてあります。

中盤以降は聴き手と人形娼婦の距離をさらに近づけます。
棺の蓋が閉じるイメージとカウントを組み合わせてストレートに深化させ
再び物語へ戻り挿し絵に描かれてる淫紋や、エッチで重要なあることを話します。
そして最後は主人公に人形娼婦を体験する意思があるか確認します。

「お人形になったら、あなたの自由意志は、全てなくなってしまいます。あなたの心も体も、完全に、この声の命ずるままになる」
人形になると自分で体は動かせなくなる代わりに強い快楽が得られる。
メリットとデメリットをはっきり伝えて彼が自分で人形になりたくなる気分にさせます。
エッチはかなりハードですけどこのシーンは無理矢理感がまったくありません。
「嫌なら視聴を止めていい」とまで言いますし、催眠にとって大事な信頼関係を維持することを心がけてます。

軽くリラックスさせてから物語形式で深化させる独特な催眠です。
物語の世界に引き込みながら人形娼婦になりたい気分にさせることを目的に
凝視法から入って深呼吸、分割弛緩法と序盤は古典催眠の技術をベースに施し
以降は作品の要となる物語と絡めてあちらの世界へ少しずつ案内します。

エッチが売りの作品ですが催眠のレベルも非常に高く
意識のぼやけを強めに感じたり映画を観てるような感覚が得られました。
押しつけがましさをできるだけ排除した人形化をするのも聴き手に寄り添ってて良いです。
時間も長めですし初心者から玄人まで誰でも楽しめる内容と言えます。
痛みも快感に変えるエッチ
normalバージョンのエッチシーンは6パート78分間。
プレイは淫紋を刻む、全身舐め、キス、クンニ、フェラ、お漏らし、鞭打ち、三角木馬責め、〇〇、カウントによる絶頂です。

お漏らし、鞭打ち、三角木馬責め、〇〇、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「そう、あなたはもう、女の子。棺に納められた、かわいい女の子。そうでしたよね?」
物語形式の催眠で主人公を人形娼婦に変えたお姉さんは
男性客へ上手くご奉仕できるように様々な訓練をします。

エッチは終始彼女がリードします。
最初の4パート42分間は飴と鞭を組み合わせて調教するシーン。
「03_人形化(約12分)」は淫紋を刻んでからキス、全身舐め、変わったプレイで1回絶頂させ
「04_ご奉仕訓練(約11分)」はお姉さんへのクンニとフェラ
「05_おもらしの罰(約10分)」はお漏らしと鞭打ち
「06_三角木馬(約9分)」は三角木馬に跨らせる、とどんどんSM色が強くなります。

「脇腹も…同じように…ビリビリとした快感が広がる。そして逆も…ゾクゾクとした快感が、足先から、脳天にまで響き渡る」
03パートは人形化を定着させる意味合いもあるので割とソフト。
キスや全身舐めの時はそれぞれに対応した位置でやや下品なちゅぱ音を鳴らし
その合間に体が気持ちよくなる暗示を小まめに入れて絶頂の準備を整えます。
絶頂もカウントを数えてから0を宣言し、直後に追い込み暗示を入れる王道のリードです。

しかし、絶頂シーンである音を鳴らすのは変わってます。
音と暗示を組み合わせて絶頂感を膨らませる音モノっぽいアプローチです。
ちなみに本作品の絶頂はすべてこのスタイルで行います。

音自体は全然エロくないですし淫語もほとんど言いません。
でも音声を聴いてるとなぜか興奮し気持ちよくなる。
技術とイメージを駆使して催眠音声ならではのプレイに仕上げてます。
淫語が少ないのは男女どちらでも聴けるようにする意味合いもありそうです。

04~06パートは絶頂しない代わりに新しい要素が加わります。
羞恥や痛みを与えるプレイを中心に据え、それを快感に変換する暗示を小まめに入れます。

「あなたは恥ずかしければ恥ずかしいほど、辱めを受ければ受けるほど、気持ち良くなる。それに、こういうのが好きなお客様も多いの。だから、これも訓練のひとつなのよ」
ただ痛い、恥ずかしいだけだと聴き手はきっと嫌がるでしょうから
ちゃんと希望やご褒美を見せてそれを耐える気力を与えます。
実際のところ後で絶頂しますし彼女もただ意地悪してるわけじゃありません。
どんなお客が来てもきちんと対応できるように踏み込んだプレイにも挑戦します。

「下半身に、ジーンとした痛みが広がり、そしてそれが、ますます大きくなっていく」
三角木馬責めに1パートまるまる割いてるのもすごく珍しいなと。
滑車で体を吊るし上げる時は鎖っぽい音、木馬に乗る時は「ぎぃ」と木の軋む音が鳴ります。
こういう暗示を入れる催眠音声って滅多に見かけません。
サークルさんが難しいことに敢えて挑戦されてるのがわかります。

そうやって色んな訓練をした後、最大の山場である連続絶頂に突入します。
「07_絶頂地獄Normal(約34分)」は前半を気持ちよくなる暗示やあの音に費やして準備を整え
後半からほぼノンストップで18回連続の絶頂を決めます。

「ゼロ!イく!!凄まじい絶頂快感が貫く、全身がビクンビクンと痙攣し、まるで電気を浴びたかのようにのたうちまわる」
03パートよりも1回あたりのカウント数を減らして回転速度を上げ
毎回音を鳴らしながら追い込み暗示を入れる催眠色の強いプレイです。
単調さが出ないように最中のセリフを変えたりお漏らしや鞭打ちを加えます。
終盤の4回は別の追加要素もあってなかなかハードです。

私が聴いた時はほぼイキっぱなしになって股間の筋肉がずっと痙攣してました。
視聴後に軽い筋肉痛になりましたし、ドライ慣れしてるなら同じ目に遭う人がきっといるでしょう。
1回1回の快感は通常のドライとそこまで変わらなかったので
射精よりもずっと長い時間に渡って快感を味わえるのがこのプレイの醍醐味だと思います。
ただ気持ちいいだけじゃなく、イキ続ける辛さも含んでるのが本作品らしいです。

このように調教、SM、連続絶頂といったハードな要素を盛り込んでるドM向けのエッチが繰り広げられてます。
癖はあるけど優れた作品
独特な世界観、それに沿った流れのある催眠、痛みや羞恥を敢えて与えるエッチなど
催眠音声が数多く出てる現在でも見かけない個性を色々持ってる作品です。

お姉さんは夢の世界でやってる人形娼婦のエッチな訓練を主人公に疑似体験させようと
まずは催眠を通じてあちらに移動させながら人形と同じ視点でエッチを聴けるようにします。
そしてエッチはドライはもちろん、鞭打ちや三角木馬といったニッチなプレイも盛り込み
さらに痛みや羞恥を快感に変換するアプローチもかけて強めの快楽を与えます。

上品でドSなお姉さんが人形娼館の調教を味わわせるM度の高いシチュ
古典催眠の技術、物語、聴き手を前向きにさせるアプローチを組み合わせた高度な催眠
序盤は全身舐めと暗示でストレートにイかせる飴に近いプレイ
中盤はSM色の強いプレイ、終盤は連続絶頂とシーンによって内容が変わる重厚なエッチ。
誰にでも聴ける内容ではありませんけど、興味が湧いたなら高確率で満足できる作品に仕上がってます。

中でもエッチはnormalでも約80分とかなりのボリュームがあるのに加え
プレイ構成や進め方も独特で新鮮味を感じながら聴くことができます。
痛みをわざと与える流れもチャレンジ精神旺盛ですし
それを快感にきちんと繋げてあって表現力も非凡と言えます。

終盤の連続絶頂がものすごくハードなので
とりあえずeasy(12回絶頂)で様子を見るのも有りだと思います。
逆に物足りない人はVeryhardに挑戦してみるのもいいでしょう。
聴き手に多少選択の余地を与えてあるのも良いです。

normalバージョンの絶頂シーンは20回。
効果音それなり、ちゅぱ音そこそこ、淫語と喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえてサークルさんでは10本目の満点とさせていただきました。
おまけは催眠誘導のLongバージョン、07パートのeasy、Hard、Veryhardです。

CV:分倍河原シホさん
総時間 4:50:23(本編…2:14:00 おまけ…2:36:23)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります



サークル「暗中模索」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今年の最後を飾る作品は、声も態度もあまあまな双子の女の子が
耳舐めと暗示を組み合わせた独特なサービスで幸せなひと時を提供します。

催眠とエッチをほぼ同時に行うのが最大の特徴で、音声開始から2分後には早速耳舐めが始まり
ちゅぱ音や吐息を聞くほど催眠が深くなったり気持ちよくなる暗示を丁寧に入れてゆっくりドライへ導きます。
総時間が約30分と非常に短いですから、寝る前の少し空いた時間に聴けばぐっすり眠れるでしょう。
可愛い双子がするあまあまなご奉仕
双子に耳舐めされて幸せイキするお話。

「こんばんは これから私たち2人が あなたのことを気持ちよくしていきますね」
双子は可愛いくて穏やかな声の女の子。
自己紹介や背景説明といった前置きは省略し
早速主人公の左右に寄り添ってゆっくり呼吸させます。

本作品はお耳で手軽に気持ちよくなってもらうことを目的に
彼女たちがおよそ30分に渡って催眠をかけたりソフトなエッチをします。
脳イキや幸せイキを目指した責め方をするのでおちんちんに触れることは一切なく
耳を舐めたり至近距離から吐息を漏らして熱やゾクゾク感を与えます。

「(右)さぁ それじゃあ気持ちいいのを楽しみながら (左)深い催眠の世界へと (右)深い快感の世界へと (左右)落ちましょうね」
そして彼女たちは全編を通じて双子催眠を駆使します。
左右から交互に話す、同じセリフを同時に言う、片方が右から左へ移動するなど
2人いる状況を活かして連携の取れたリードを至るところで行います。
バイノーラル録音のおかげで臨場感も高く、彼女たちがすぐそばにいる感覚が味わえます。

片方が耳舐めしてる間はもう片方が暗示を入れる役を務めますし
30分という限られた時間をフル活用するのに欠かせない要素と言えます。
催眠の技術的にも優れてますから、聴けば聴くほどぽわぽわした心地良さが湧いてきます。

もうひとつの特徴は冒頭でも触れた催眠とエッチを融合した作り。
音声開始から少し経つと水分控えめなちゅぱ音を左右のどちらかで鳴らし始め
もう1人がそれに暗示を込めて催眠に入る感覚やエッチな快感を呼び起こします。
催眠にかかりやすくするために耳舐めを使うのはなかなか珍しいです。

さすがにいきなり本気のエッチを始めたら催眠にかけられませんから
音声の序盤から中盤にかけては比較的ソフトに責めて準備を整え
終盤に快感と幸福感を膨らませるアプローチをかけます。
似た構造の作品は私の知る限りだと「丁寧語で射精管理されたい催眠音声」くらいです。

双子催眠による丁寧なリードと耳舐めしながら催眠をかける独特な作り。
短時間で満足できるように調整したうえで個性も持ってるノーマル向けの優れた作品です。
心と体がとろけるエッチ
エッチシーンはおよそ28分間。
プレイは耳舐め、「好き」の連呼、カウントによる絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「お耳からぞくりと何かが流れ込む 意識がふわりと浮かされる」
主人公に深呼吸させながら早速片方の耳を舐め始めた双子は
ちゅぱ音を聞くほど意識がとろける暗示を小まめに入れます。

エッチは終始彼女たちがリードします。
前半の15分間は耳舐めしながら催眠状態を深めるシーン。
じょりっとしたややざらつきのあるちゅぱ音を耳元至近距離から鳴らし
それに合わせて心と体が脱力する暗示を入れてドライの準備を整えます。

「耳から伝わって 頭の中に広がる あまーい吐息に 意識が揺り動かされる」
本作品は短時間でもしっかり入れるように全編を通じて暗示の量が多く
彼女たちの声や言葉を聞けば聞くほど意識のぼやけや脱力感が強くなります。
耳舐めや吐息の音を起点に感覚を操作するので暗示との親和性も高いです。
私が聴いた時は開始から8分頃にはもう中程度の深さまで入ってました。

「力が 抜けていく 体からも 頭からも 抜けていく あまーく とろとろに 溶けていく 溶かされていく」
ある程度経つと今度は体の脱力を重視するようになります。
彼女たちに耳を舐められてる状況を活かして力を吸い取られるイメージを盛り込み
「とろとろ」などの擬声語を挟んで柔らかさを出しながら「抜ける」「溶ける」と言います。
双子の可愛い声も相まってぬるま湯に浸かってるような心地よさが味わえるでしょう。
比較的短い時間でも双子催眠ならかなり深いところまで誘導できます。

明確にエッチと呼べる描写が出てくるのは後半の13分間。
耳舐めのちゅぱ音がこれまでよりもねっとりしたものへ変わり
それと同時に彼女たちが「好き」と言って幸福感で包み込みます。

「好き 好き 大好き 幸せになって?」
「絶頂の世界ですべてが溶けてく 濃密な幸福と快感で溶かされる」

男女どちらでも楽しめるように露骨なエロ要素は控えめにし
その代わり双子に愛される気分やとろける感覚をたっぷり与えます。
耳舐めもそこそこエロくなるので前半とは違う印象がするでしょう。

絶頂は幸せイキが最も近く、脳内に温かい液体がぶわーっと広がる感覚がしました。
快感自体は通常よりも弱めでしたが持続時間が長くて余韻に浸りやすかったです。
このように、やることはシンプルにしてじっくり気持ちよくする穏やかなエッチが繰り広げられてます。
独特な作りの双子作品
たった30分でリフレッシュやドライできる使い勝手のいい作品です。

双子は主人公に耳を責められる心地よさと気持ちよさを与えようと
最初から左右に陣取り交互に、あるいは同時に語りかけながら耳を舐め続けます。
そして催眠状態がある程度深くなった後は、愛の言葉やちょっぴりエッチな耳舐めで絶頂に追い込みます。

可愛くて世話好きな双子が耳舐め重視のコンパクトなご奉仕をするノーマル向けのシチュ
双子催眠と耳舐めを組み合わせて催眠とエッチをほぼ同時に進める珍しい作り
純粋なエロ要素は控えめにする代わり暗示を厚めに入れて気持ち良くする堅実なリード。
時間に対するサービスの密度を上げて充実したひと時を提供します。

中でも2番目は催眠音声でもなかなかやらないことですし
サークルさんが本作品の売りとして掲げられてる
「短い時間で満足感を得ることが出来る」にも大きく貢献してます。

催眠とエッチを同時にこなせればそれだけ時間を切り詰められますから
忙しくてまとまった時間が取れないとか、長時間作品を聴くのが億劫な人でも気軽に楽しめます。
もちろんこれらに該当しない人が聴いてもまったく問題ないです。
私が聴いた時は催眠にがっつり入れたしエッチも普通にイけて満足しました。

催眠音声で最も売れてる「双子のい・い・な・り~性感開発ボイス~」もたったの32分ですし
短時間作品の需要って結構あると思うんですよね。
内容もきっちりまとめられててさすが暗中模索さんだなと思いました。
ちなみに本編終了後は催眠を解除するか、そのまま寝るかを選べます。

絶頂シーンは1回。
ちゅぱ音それなり、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえてサークルさんでは3本目の満点とさせていただきました。

CV:男性向け…みもりあいのさん 女性向け…和水創太さん
総時間 男性向け…35:36 女性向け…37:40

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります



サークル「F・A・S」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、怪人の製造や洗脳を得意としてる科学者っぽい女幹部が
ヒーローの少年を気持ちいい方法で悪堕ちさせます。

音、暗示、キーワードなど様々な要素を組み合わせて洗脳するのが特徴で
特殊な効果のある薬物を使って心と体の力を抜いたり
シーンによって異なるキーワードを定めて快楽を餌に自分から屈服したくなるよう仕向けるなど
痛み、苦しみ、無理矢理感を極力薄めて気持ちよく敗北できるように導きます。
背徳感を快感に変えて
悪の組織の女幹部に薬物と快楽で洗脳されるお話。

「おはよう ヒーローくーん」
女幹部は上品で穏やかな声の女性。
主人公を捕まえて自分たちのアジトへ連れて行くと
目覚めた彼に状況説明してから洗脳を始めます。

本作品は全人類を快楽漬けにして支配しようと目論んでる組織が
自分たちに敵対する少年ヒーローをおよそ130分に渡ってエッチに洗脳します。
特殊な効果がある薬物のプールに浸す、内側に触手がびっしり生えてるスーツを着せるなど
現実世界ではまずお目にかかれない独特なプレイで少しずつ確実に悪堕ちさせます。

「敗北や背徳 そして 悔しさへの快感は強くなる そう 無意識はどんどんその気持ちいいことに染まっていっちゃうの」
シチュだけを見ると結構ヤバそうですが暗さや重さはあまりありません。
それは彼女が敗北感や背徳感を快感に変換するアプローチをかけるからです。
「パンドラの箱」「禁断の果実」なんて単語があるように
人間はやってはいけないことを実行した時に強い快感や満足感が得られます。
だから彼女は彼の無意識にあるその手の欲望をくすぐって自分から屈服するように仕向けます。

嫌がることをやったらそもそも催眠にかけられませんから
聴き手が受け入れやすく感じるよう言い回しにかなり気を配ってます。
ひとつずつ順を追ってやるおかげで、後になるほど頭の中がとろとろになったような感覚が味わえるでしょう。

姉妹サークルのRubCraftさんで過去に発売された
ヒーロー完全無力化改造催眠」をさらに突き詰めてる感じの内容です。
エッチもシチュと純粋な快感を組み合わせてあって強いゾクゾク感が味わえます。

本作品の洗脳を支えるもうひとつの大きな要素は「音」。
物語の開始時点からシーンによって異なる音を鳴らし
それと暗示を関連付けてイメージ力や没入感を膨らませます。


F・A・Sさんは以前から音や音楽を積極的に活用されてるサークルさんです。
今作ではエッチシーンで「洗脳ノイズ」と呼ばれる音を鳴らして彼を寝返らせようとします。
もちろん音を鳴らすだけではなく、それと技術をリンクさせる催眠色の強いものです。
心地よさを感じる音が多いので癒しの感覚も結構得られます。

悪いお姉さんに洗脳される様子を気持ちよく疑似体験するシチュと音を活かした演出。
サークルさんが得意とされてる要素を上手に組みわせたスリリングなM向け作品です。
洗脳を受けやすいまっさらな心と体に
催眠は2パート69分間。
最初の「02.深く音を感じるためのレクリエーション(約18分)」は本編に入る前の準備として
女幹部よりも穏やかな声のお姉さんが様々な音を鳴らして癒します。

「色んな音を同時に流し その中からひとつひとつを聞き取り 最後にはすべてを同時に聞き分けるというものです」
水滴、メトロノーム、焚き火、鳥など耳に優しい音を撮り揃え
そのひとつひとつに意識を向ける指示を出してくれます。
最初はごちゃごちゃした印象を受けるかもしれませんが
しばらくすると彼女が指定した音以外が少し小さく聞こえるようになるでしょう。

これはマインドフルネス瞑想と呼ばれるリラックス法で
サークルさんが昨年末から取り入れられてます。
本作品は音が割と重要なサービスをしますから、それをより楽しめるように導入したのでしょう。
このパートを単体で聴いてもいいリラックスになります。

続く51分間は語り手が女幹部へ交代し、捕まった主人公が洗脳される様子を疑似体験します。
まずは「エナジー吸引装置」と呼ばれる器具を使って彼の体に溢れるヒーローの力を吸い取ります。

「肩のエナジーが抜けて重くなると 両腕もだらーんとしてくるよね 両腕に力が入らなくなると 装置にエナジーを吸い取られて消える」
呼吸が可能な液体に足から浸かるような描写がされており
つま先から始まって腰と背中、腕と肩、顔と全身を下から上へ流す形で進めます。
「重くなる」「力が入らなく」なるといった脱力を促す暗示が非常に多く
バックで流れる穏やかな音楽と泡の弾ける音も相まってどんどん体がだらーんとします。

催眠音声でよく使われる分割弛緩法を本作品に合わせてアレンジしたものです。
脱力具合を示すカウントも並行して数えたりと雰囲気作りが非常にしっかりしてます。
マインドフルネス瞑想の後に20分くらいかけてやりますから
寝不足な人が聴いたら途中で寝落ちする可能性も十分にあります。
セリフの表現がとても優しくてこれから洗脳するとは思えないほど穏やかな空気が漂ってました。

ここからエッチ終了まで頭の中で声がするような編集がされてるのも良いですね。
通常の声よりも厚みがあって心に響く感覚がします(常にではなく通常の声と織り交ぜてありました)。
F・A・Sさんは双子催眠を多用する傾向が見られますが
今作では左右交互に話しかけたりせずこのスタイルを取ってます。

体が脱力できた次は心の脱力。
先ほどとは違うBGMと心音っぽい音を鳴らしながら
洗脳にとって邪魔な思考や認識を少しずつ確実に取り除きます。

「どんどん 私の声が気持ちよくなってくるね 余計な部分が全部崩れて 脳細胞のすべてが 私の声と音だけに向いていくの」
ここも「彼女の声を聞くほど気持ちよくなる」とメリット強調する言い回しを軸に据え
その中に「崩れる」「消える」といった深化と関連性のある暗示を入れて催眠状態を深めます。
シーン後半からはとあるキーワード用意し、敗北感や背徳感に快感を覚えるアプローチもかけてきます。
本作品の重要シーンなだけあって一際入念にこなしてました。

リラックスを重視しながら心身を骨抜きにするテーマに沿った催眠です。
女幹部の言うことを素直に受け入れやすくすることを目的に
マインドフルネス瞑想から入ってイメージやカウントを交えた分割弛緩法
音とキーワードを交えて暗示を厚めに入れる深化と各シーンを堅実に進めます。

催眠だけで70分は相当に長いほうと言えますし
その内容もかなり重厚で聴けば聴くほど意識のぼやけや脱力感が強くなります。
これだけしっかり誘導してくれたら催眠初心者も入りやすいのではないでしょうか。
個性と実用性を兼ね備えた催眠に仕上げてあって素晴らしいです。
心をがっつり責めてくれるエッチ
エッチシーンは44分間。
プレイは触手スーツ責め、カウントによる絶頂、オナニーです。

触手スーツ責めの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「君に相応しい 新しいヒーロースーツを用意しておいてあげたの」
薬物を盛り込んだ催眠で主人公の心身をとろとろにした女幹部は
裏側に触手が生えてるスーツを彼に着せてさらなる誘惑をかけます。

エッチは彼女が一方的に責め続けます。
最初の24分間はドライオーガズムを目指して追い込むシーン。
変化に富んだ触手音を鳴らしながら彼女に負ける快感や仲間を裏切る快感をくすぐります。

「負けたくない 敵の女幹部の言いなりになんてなりたくない そんな君のささやかな抵抗の証が 私のノイズでどんどん大きく膨らんでく」
そしてここでは彼女に抵抗するよう勧めるやり取りが何度も登場します。
サークルさんは本作品のテーマを「洗脳VS抵抗」に定めてまして
そうしたほうが心身の快感が強くなる暗示を適度に入れます。

頑張った結果負けたほうがすんなり負けるよりも敗北感と背徳感が大きくなりますからね。
彼の正義の心を快楽で塗りつぶして自分から降参したくなる状況を作ります。
触手スーツはおちんちんだけ穴が開いてるそうですし
このシーンは体よりも心への刺激を強くしてドライへ上手に導きます。

ちなみにここでは絶頂シーンが2か所あるのですが
どちらも絶頂開始から終了までの時間を約3分と長めに取ってます。
ドライ慣れしてる人なら連続絶頂やロングオーガズムも体験できるでしょう。
未経験者に対してもタイミングを合わせやすくなるので親切丁寧だと思います。

続く20分間でするのはオナニー。
両腕の力を少し戻してから長いカウントを数え始め、0になったら射精します。

「甘い快感が乳首を犯して お腹の奥がどんどん痺れて チンポはビクビクしたまま止まらなくなる」
「ほーら 頭が飛ぶ 正義の心が溶ける 消える 全身がどんどん熱くなって 頂点まで上り詰める」

催眠状態特有の心地よさ、おちんちんから押し寄せてくる純粋な快感
そして敵である女性にその一部始終を見られ屈服する背徳感。
様々な感覚を同時に味わえる本作品で最も濃厚なシーンです。
彼女も心身両面の快感が強くなるようにバランスよく暗示を入れてました。

また前半だけでは物足りない人向けに
カウントの途中で絶頂指示を出すポイントが2か所あります。
射精は最後にしますからそこもドライオーガズムですね。
オナニーの時間も15分くらい用意されてて無理なく射精できます。

このように、色んなタイプの快感を同時に与える濃いエッチが繰り広げられてます。
ゾクゾクできる作品
悪いお姉さんに弄ばれる感覚を存分に味わわせてくれる名作です。

女幹部は組織の活動を邪魔する主人公を忠実なしもべに変えようと
まずは催眠を通じてヒーローの力を一時的に奪い、さらに洗脳を受けやすい空っぽな心にします。
そしてエッチはドライとウェット両方の快感を与えながら負ける快感や裏切る快感をくすぐります。

穏やかな物腰の女幹部が少年ヒーローを快楽洗脳するM向けのシチュ
作品の雰囲気に合ったやり方で心身を入念に脱力する堅実な催眠
敗北感や背徳感を快感に変えるアプローチと純粋な快感を組み合わせたちょっぴりブラックなエッチ。
現実世界ではなかなか得られないタイプの快楽をたっぷり味わえるように仕上げてます。

「自らした選択で 圧倒的な喪失感と敗北感が湧き上がり それが全部快感になる」
中でもエッチは体よりも心の責めに力を入れてるのが印象的でした。
脳内物質がドバドバ出るので絶頂時の快感も通常より強かったです。
彼が自分から負けを認める展開もそれを強化するのに貢献してます。

あとは過去作と同じく催眠のレベルが高いです。
時間に対してやることの種類を少なめにしてるおかげで初心者でもついて行けます。
さらに暗示の量を多めにしたり、言い回しを工夫して彼女の催眠を受け入れやすくしてます。
音や音楽も質が良く、まさに「言うことなし」な完成度に達してます。
催眠の心地よさと2種類の快感がたっぷり味わえて満足できました。

絶頂シーンはドライ4回、射精1回。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえてサークルさんでは10本目の満点とさせていただきました。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:15:22

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2020年11月4日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「Hypnotic_Yanh」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、上品で穏やかな声の女性カウンセラーが
催眠を使って自分の患者にあたる少女が過去に味わったエッチな出来事を疑似体験させます。

少女が独白する形で女体化、感度上昇、絶頂させるのが特徴で
その時の様子だけでなく彼女が何を思い、感じたかまで綿密に語り
それらを聴き手が自分のこととして受け入れられる表現にすることで少しずつ没入感を高めます。
凌辱がテーマですけど快楽堕ちっぽい内容になってるのでM性のある人なら普通に聴けるし楽しめます。

今回はP音入りバージョンを聴いてのレビューをお送りします。
少女の心に自分を重ね合わせて
カウンセラーに催眠をかけられ少女のエッチな体験談を聞くお話。

「まずは部屋をできる限り暗くし、ベッドか布団の上に、上を向いて横になり、そして、ゆーっくりと、呼吸しながら、全身の力を、抜きましょう」
カウンセラーは上品な声の女性。
音声を聴く際の注意事項や環境を簡単に説明すると
ひとまず横になって深呼吸するように言います。

本作品はカウンセラーとして日々患者の心を癒してる彼女が
その1人にあたる少女を治療するために85分程度の変わったサービスをします。
少女は物語の開始時点で心に傷を負っており、そのことを誰かに話せば気分が楽になるそうです。
そのため登場人物たちが直接肌を重ねることはなく、少女の体験談を通じて女体化や絶頂をさせます。

少女「くらくら、ふらふらして、何がなんだか分からなくなる。そして、体の芯がすこしずつ、すこしずつジンジンと痺れ始め、なんだかとても、おかしな気分になってきました」
何をされたのかはもちろん、その時にどう感じたのかまでわかりやすく語り
さらにセリフの表現を工夫して聴き手が彼女と同じ視点でプレイを楽しめるようにします。
実際に音声を聞いてみると妙に臨場感があるように感じるでしょう。

一般的な女体化作品のように男性から女性の体へ変えるアプローチは特にせず
聴き手が自然と女性になったことを実感できるように物語を進めます。
これがあるから女性でも問題なく聴けるわけです。
プレイに合った効果音を鳴らすなど、イメージ力や没入感を高める要素が充実してます。

催眠についてはカウンセラーが担当し
手堅い技法を中心に据えて少しずつ確実に催眠状態を深めます。
エッチで一体感がより得やすくなるようこの時点から少女を被験者として参加させ
彼女が催眠にかかって心地よさそうにしてる様子も実況する
変わったアプローチがされてます。

これは「Side Effect」や「催眠術師の悪戯~催眠ショーのステージの上で…~」にも使われてるもので
催眠に入るにあたっての抵抗感を取り除く役割を果たします。
本作品は少女のエッチを疑似体験するのがコンセプトですから
催眠の時点からこういう形で共通点を作るのは効果的と言えます。

もうひとつ、本作品には「P音(自主規制音)入り」と「表現をマイルドにしたもの」の2パターンが存在します。
18禁作品でも入れておくとまずいワードへの対策で、前者の場合は合計で10回くらいあの音が鳴ります。
サークルさんはP音入りを推奨されてるので、とりあえず1回目はそちらを聴いて
合わないと感じたら2回目以降は後者に変えるといいでしょう。
これも催眠音声だと滅多に見かけない要素ですね。

少女が独白する形で凌辱プレイを疑似体験するスタイルと、聴き手以外にも被験者を用意した催眠。
催眠、エッチいずれも強い個性を持つドM向けの作品です。
音を交えた心地いい催眠
催眠はおよそ28分間。
横になって楽な姿勢を取り、目を瞑ってまずは数回深呼吸します。
それから少女を部屋に入れて暗示を入れたり音を鳴らしてリラックスを深めます。

カウンセラー「ゆれていく…心地いい…ゆれていく…ゆーーーら、ゆーーーら、揺れ続ける。心地いい。まるで、振り子のような…心地いい、心地いい そうですよね?」
少女「…はい…いい…かんじです…」
カウンセラーが入れる暗示と少女の心地よさそうな姿を組み合わせて
意識が揺れる感覚を上手に伝えます。
Hypnotic_Yanhさんは結構変わった催眠をかける作品も制作されてるのですが
今回は割とシンプルかつストレートに進めてました。
凌辱がテーマとは思えないほど雰囲気も穏やかで心身両面をしっかり脱力できます。

カウンセラー「振り子の ように、ゆれている、あなたの、心も、ゆれている まるで、今の、意識の、ように、ゆれている、ゆれている」
その後から始まる音を使った誘導も意識の揺れに焦点を当ててます。
「ぼーん」というトーンの低い鐘のような音を1回ごとに左右へ移動させながら
それと同じリズムで「揺れる」と暗示を入れて意識の力をさらに弱めます。
このシーンで意識のぼやけが強くなる人が多いでしょうね。
最後にカウントを刻んできっちり落とす手堅いリードがされてます。

少女の独白が始まるのは開始からおよそ19分後。
事前にひとつだけ約束してからメインの語り手がカウンセラーから彼女へと変わり
学校から帰宅する際に普段とは別の道を通ったことを話します。

少女「降りていくたび、周りはだんだん、だんだんと暗くなり、それに連れて、意識もだんだんと、暗くなっていきます。スーッと、吸い込まれていくように、感じます」
薄暗い地下道へ続く階段を足音を鳴らして一段ずつ下り
その様子を主観視点で語りながら深化を促す暗示を入れます。
「体が女性になる」とか女体化ではお馴染みのセリフは一切出てきません。
でも音声を聴いてれば彼女が見てる情景が頭の中に自然と浮かんでくるでしょう。

十分深化させてから独白形式へと移る本作品らしい催眠です。
少女のお話を彼女と同じ視点で楽しめるようにすることを目的に
深呼吸から入って振り子の音を鳴らす音響法、カウントを使った深化
そして階段を下りるイメージによるさらなる深化と
古典催眠の技術に作品独自の要素を組み込んで進めます。

以前から催眠の技術力が高いサークルさんなだけあって
全体の流れ、技術の使い方、暗示の表現と入れ方がどれも高い品質を持ってます。
少女も一緒に催眠にかかる描写がなかったとしてもスムーズに入れるでしょうね。
終盤に独白へと変わる展開も作品のコンセプトをしっかり見据えてて良いです。
エッチはやや人を選びますけど、催眠は初心者から上級者まで誰でも楽しめると思います。
絶望と快楽に飲み込まれるエッチ
エッチシーンは4パート43分間。
プレイは乳首責め、媚薬を吸わせる、手マン、クンニ、イラマチオ、SEX(正常位)、バイブ責めです。

クンニ・イラマチオの際にちゅぱ音が、手マン・SEX・バイブ責め・射精の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「気がつくと、私は薄暗い部屋のベットの上に、仰向けに寝かされていました」
薄暗い地下道を歩いてる最中に気を失ってしまった少女は
その後ベッドの上で目を覚まし、体を拘束されてることや2人の男がいることに気づきます。

エッチは身動きの取れない彼女を彼らが責め続けます。
前半の2パート21分間は比較的ソフトなプレイ。
「02_凌辱1初めての絶頂」は媚薬まみれのハンカチを吸ってから乳首責めと手マン
「03_凌辱2口内射精」はクンニ+イラマチオで合計3回の絶頂を迎えます。
ここから先はほとんど少女が話し、カウンセラーは時折合図を出す役を務めます。

「爪でカリカリとひっかいたり、時折ギュッとつまんだり…。そのたびに、私の乳首から、胸、全体に、ビリビリとした感覚が伝わり、体の芯を震わせる。思わず声を上げてしまう。気持ちいい、本当に気持ちいい…」
少女はエッチをまだしたことがない年齢なので
乳首をいじられてもくすぐったそうな反応をします。
しかし媚薬を吸い込んだ後は感度が一気に上がり、それを主観視点で話して聴き手にも伝えます。

表現方法は通常の女体化とやや違いますけど、やってることは結構近いです。
実況、気持ちよくなる暗示、彼女の心情描写を組み合わせてプレイをリアルにお届けします。
内容は間違いなく凌辱ですが快楽堕ちっぽい展開にしてあって聴きやすいです。

「おしっこを出す所を舐められながら、男がおしっこを出す所をじゃぶる。ひどい、気持ち悪い。助けて。でも気持ちいい。なんなのこれ。私はさらに、さらに意識が混乱し、快感と、気持ち悪さで訳が分からなくなっていきます」
03パートは無理矢理感を多少上げて凌辱されてる気分を味わいやすくします。
1人はクンニとクリ舐め、もう1人は上に跨ってのイラマチオと役割分担し
その両方で彼女が何を思ってるかを綴って一体感を高めます。

見知らぬ男のおちんちんを咥えるのは彼女にとって耐えがたい苦痛なはずです。
でもおまんこから湧き上がる快感にそれすらも塗りつぶされる。
ふたつの感覚に挟まれ、溺れていく展開にして凌辱らしさを出してます。
プレイ中は快楽重視ですけど、最後に精液を口で受け止める描写を入れて一気に盛り返します。
このへんからM度の高い人はゾクゾクし始めるのではないかなと。

後半の2パート22分間はよりハードなプレイ。
「04_凌辱3お前がママに」は正常位の初SEX
「05_凌辱4おもちゃ責め(追加音声)」は電動バイブ責めで何度も何度も絶頂します。

「すでに、全身がガクガクと震え、まるで電気を流されているかのように、体全体で快感を受け止める。気持ちいい。本当に気持ちいい」
04は本作品の中で最も凌辱色の強いプレイということで
挿入から中出しに至る様子をわかりやすく描きつつ
彼女が絶望したり押し寄せる快感に飲み込まれていく様子を忠実に伝えます。
挿入直後は絶望寄りですけど、ある程度進んだ後は気持ちよくなる暗示を重点的に入れてました。

シチュで心を、プレイで体をバランスよく責めるおかげで
聴いてると股間がだんだん熱くなり、絶頂のカウントに合わせて筋肉がぷるぷる震えてました。
それを4回繰り返す時点で結構ハードなプレイだとわかっていただけるはずです。
そして最後はきっちり中出しを決めて心を折ってくれます。
強めの快感と背徳感が同時に味わえる充実したパートです。

最後の05パートは偽物のおちんちんに蹂躙される展開。
状況に合った効果音を鳴らしながらSEXとほぼ同じ要領で連続絶頂を迎えます。
ちなみにここだけはオプション扱いで無理に聴く必要はありません。

「おもちゃの動きは止まらない、快感も止まらない」
およそ11分間で10回もの絶頂シーンを用意してある非常に過酷な内容です。
10回目以外はほぼノンストップで繰り返しますから
連続絶頂ではなくロングオーガズム(イキっぱなし)になるかもしれません。
視聴後は股間が軽く筋肉痛になるほどでしたし、必須構成に入れてないのも頷けます。
でも本作品の最後を飾るに相応しいプレイだとも思います。

このように、独白形式で実況と暗示を入れながら心身を責めるハードなエッチが繰り広げられてます。
聴きやすさに配慮した凌辱作品
暗さや重さを多少和らげて凌辱プレイを体験させてくれる良作です。

カウンセラーは少女が現在抱えてる心の治療を主人公に手伝ってもらおうと
2人を同じ部屋に招いてから催眠をかけて共通点を作ります。
そしてその後は語り手を少女に任せ、その独白を通じて気持ちいい絶頂へと導きます。

カウンセラーに催眠をかけられ、少女のエッチな記憶を疑似体験する珍しいシチュ
少女を被験者側に立たせて一緒に催眠をかけたり独白で深化させる高度でテーマ性の強い催眠
前半は臨場感を出しつつ抑えめのプレイをして少女と同じ視点に持っていき
後半から凌辱色を上げて連続絶頂させる緩急をつけたエッチ。
本作品が持つ様々な特徴を組み合わせてひとつのサービスに仕上げてます。

中でもエッチはタイトルに直結する要素なだけあって作り込みが凄まじいです。
従来の女体化作品よりも心情描写を多くして少女と同じ感覚で聴きやすくし
さらに効果音も色々入れてエロさ、背徳感、絶望感を出してます。

キメセクっぽい内容なのでものすごく重苦しいわけではないですけど
口の中に射精させる、処女を奪われる、中出しされるシーンは心にくるものがありました。
催眠音声との相性が悪そうな素材をサークルさんなりのやり方で上手く料理されてます。

あと催眠が抜群にかかりやすかったです。
ここまで深く入れたのは久しぶりのように思います。
技術が優れてる、少女と一緒に催眠にかかる、分倍河原シホさんの巧みな演技と
プラスの要素が色々盛り込まれてるからではないかなと。

絶頂シーンは17回。
効果音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

テーマは決して大衆向けとは言えませんけど
それを補って余りあるほどの個性とクオリティを持ってることを考慮し
サークルさんでは9本目の満点とさせていただきました。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:24:47

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2020年6月2日まで20%OFFの792円で販売されてます。



サークル「キャンドルマン」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかな声と柔らかい体を持つスライム娘が
ドMな男性に催眠をかけてからあるものを食べて気持ちよくします。

物語の序盤から効果音を鳴らして臨場感と快感を膨らませるのが特徴で
ぐちゅぐちゅという触手っぽい音をシーンによって小まめに変えながら
彼女に全身を包まれてる感覚や、耳と脳を犯される感覚を言葉で上手に伝えます。

今回は初回ロングコースを聴いてのレビューをお送りします。
スライム娘がする優しい脳姦
ラヴィス・ゴスに催眠をかけられ耳と脳を責められるお話。

「あら? こんばんは ここに来たってことは 私の養分になりに来てくれたのかしら?」
ラヴィスは穏やかな声のお姉さん。
自分に会いに来てくれた主人公を快く迎えると
彼がMなことをすぐ見抜いてからその自我や精神を食べてあげます。

本作品は不定形の肉体を持つスライム娘が
自分に食べられたい願望を抱いてるMな彼とおよそ120分に渡る独特なエッチをします。
最終目的を脳イキに据えてるため、おちんちんや乳首といった定番の性感帯は敢えてスルーし
最初から最後まで首から上を重点的に責めて何度もドライ絶頂させます。

「同じ人間にすら 下等と扱われて それに興奮を覚える 変態マゾ君 ふふっ」
スライムに脳姦&捕食される展開からグロい作品だと思う人がいるかもしれません。
しかし彼女に彼を痛めつける意思は一切なく、むしろ気持ちよくする方針で進めます。
彼がMだと知っても冷たくするどころか好意的な態度を取り
サービスが始まった後は一歩ずつ丁寧に進めてより多くの人が脳イキできる環境を整えます。

時間に対してやることを絞り込み、それぞれを入念にやってくれますから
催眠音声の経験があまりない人でも不思議な感覚が味わいやすいと思います。
さすがにいきなり脳イキできるとは言いませんけど、ドライ未経験者にも配慮した内容になってます。

本題の脳姦や捕食についても非常に柔らかい表現が使われてます。
前者は生々しい実況はしないで得られる快感を伝える方針にしてますし
後者も体ではなく自我や精神といった形を持たないものをいただく設定にしてます。
一晩寝れば普通に生活できるらしいので彼女なりに手加減してるのでしょう。
デメリットを極力軽減し、メリットだけを得られるように作品を組み立ててます。

それを下から支えるのが最中に鳴る音。
プレイはもちろん、彼女が体を動かす時にも粘着質の水音が鳴ります。
本作品のエッチは現実世界だと絶対にできないものですからイメージ力が重要になります。
それを踏まえて言葉だけでなく音によっても彼女が近くにいることを聴き手に伝えます。

同じ音を繰り返し垂れ流すのではなく、彼女の位置や動きによって鳴り方が変わります。
質感も非常にリアルで特に耳を責められてる時は小さな振動も伝わってきます。
音を起点に感度を上げたり絶頂させる音モノらしいアプローチもあったりと
催眠音声業界で去年から流行り始めてるASMRを活用したサービスをしてくれます。

キャンドルマンさんは随分前に「レイプ・サウンド・ガール♪」「ヒプノドラッグレディ」といった
音で感覚を操作する作品を出されてるサークルさんです。
なのでこういうタイプの作品を今出すのは割と自然に感じます。

また冒頭で軽く触れたように、本作品にはショートコースとロングコースの2パターンが存在します。
大きな違いは時間の長さで前者は85分、後者は122分ほどあります。
サークルさんによると催眠はショート、エッチはロングみたいに両者を組み合わせるのもOKだそうです。

ヤバそうなテーマやプレイをできるだけまろやかに、かつ丁寧にお届けする親切設計と
最中に鳴るリアルでゾクゾクする音の数々。
サークルさんの作風と現在の流行を上手く組み合わせた個性的な作品です。
五感すべてに働きかける催眠
ロングコースの催眠はおよそ35分間。
仰向けに横になり、まずはラヴィスに顔以外の全身を包まれる様子をイメージします。
目はパート終盤に閉じる指示が出ますけど、最初から閉じておいたほうがいいと思います。
また全編で彼女の声に若干のエフェクトがかかります。

「まるで薄い何かが まとわりついているような 生暖かい粘液の中を泳ぐような 心地よい感覚があることに 音が鳴るたびに 少しずつ 少しずつ 這いあがってくるみたい」
ぐちゅぐちゅという音を適度に鳴らしながら
足→脛→腰→腕と全身を下から上に向けてゆっくり覆っていきます。
そしてそれと並行して温かさや心地よさを暗示で伝えて臨場感を出します。
上半身へ行くにつれて効果音と彼女の声が近づくなど細かな部分にもこだわってます。

「バラの花束のような あるいは 濃厚なワインのような 意識を酩酊させる うっとりとした匂いを」
途中から彼女が発する匂いにも意識を向けさせるのが良いですね。
視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚のすべてに働きかけてイメージ力を高めるわけです。
人間は五感で感知する生き物ですから、その範囲が広がれば広がるほどより鮮明に相手を認識できます。
スライム娘に脳姦される仮想プレイをリアルに味わわせようとするサークルさんの配慮が見られます。

一通り終わった後は彼女に言われた部位を動かして脱力具合を確認し
最後は彼女が用意した特製ドリンクを飲んでより深い催眠状態に移行します。

「自由に動かすよりも 委ねているほうが 気持ちいいから仕方ない」
体を動かすシーンは動かないほうが気持ちいいことを教える柔らかなアプローチが光ります。
彼女に無理矢理動かせなくされるよりも、自分の意志でそうなったほうが受け入れやすいですからね。
自分から捕食されに来た彼の気持ちを尊重しながら催眠を進めます。

「染み渡っていく 染み渡っていく 強い酸味が 濃厚な甘みが 華やかな香りが うっとりした心地よさが 一気に染み渡っていく」
最後の飲み物を飲むシーンは五感に働きかけるこの催眠の総仕上げにあたります。
味を実況しながら心地よさと陶酔感を与える深化を意識した内容です。
時間をかけてゆっくり進める展開や効果音も相まって
このへんまで来ると脱力感や意識のぼやけをそれなりに実感できるでしょう。
これから脳姦するとは思えないほど彼女の態度や雰囲気が穏やかで癒しを感じました。

彼女がすぐ近くにいる感覚を膨らませることを見据えた独特な催眠です。
彼女にほぼ全身を包まれてる気分にし、それに心地よさを感じさせることを目的に
パートの前半は少しずつ体を包んでいく様子を実況しながら温かさとリラックス感を伝え
後半はその確認をしてから飲み物を飲む動作に合わせて深化の暗示を入れます。

イメージと暗示を組み合わせてるため催眠音声でよくやる行為はほとんど出てきません。
ですが全体の流れやセリフの言い回しが秀逸で少しずつ引き込まれていく感覚がします。
本作品はイメージ力をどれだけ向上できるかが重要になるので
それを効果的に後押しできる誘導を選ばれたのではないかなと。
少なくともロングコースはかなり入りやすかったし、その感覚も深かったです。
しっかり練習してから本番に
ロングコースのエッチシーンは2パート71分間。
プレイは耳/額/後頭部/頭頂部責め、絶頂の練習、カウントと音による絶頂です。

耳/額/後頭部/頭頂部責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「これからたーっぷり 溶かしてあげる たーっぷり 味わってあげる お望み通り、ね」
催眠を使って主人公の身も心も虜にしたラヴィスは
脳姦や自我の吸収へ移る前に入念な練習をします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の「仕込みと仕上げ」は感度上昇してから絶頂の手前まで追い込むパート(約36分)。
片耳、両耳、額、後頭部、頭頂部と後になるほど同時に責める部位を増やし
1回ごとに短めのカウントを数え、0に合わせて絶頂したフリをします。

「焦らすように より敏感になるよう 少しずつ 少しずつ 私の与える小さな快感を あなたの体は健気に受け取って 蓄積していく 感じ取って 蓄積していく そのたびに 体がひとりでに ピクピクと反応しちゃう」
本作品の売りである「丁寧さ」はエッチに入ってもまったく変わりません。
耳元至近距離から先ほどよりも筋っぽくて力強い水音を鳴らし
それと同時に気持ちよくなる暗示を厚めに入れて責められてる気分に浸りやすくします。
耳責めの音はまだ外側のようで質感がクリアでした。

このパートをまるまる絶頂の練習に費やすのも、本番でよりイキやすくする心の準備と見て取れます。
最初はピンと来なかったとしても繰り返すうちに少しずつ変化が表れます。
癖のあるプレイだからこそ、しっかりイけるようにケアしてくれてやりやすいです。

またここからは従来の水音以外に新たな音が加わります。
具体的には絶頂シーンでのみ「じゅわわー」と炭酸が弾けるような音がします。
これはたぶん彼の自我が溶けていくのを表現してるのでしょう。
「自我が溶ける」と言われてもイメージしにくいですから、音で直感的に伝えるのは有効だと思います。

次の「捕食と消化」はお待ちかねの絶頂シーン(約35分)。
先ほどの練習ですっかり温まった彼の耳や脳を責めて何度も何度もイかせます。

「私の養分になる幸せによって あなたの自我は 急速に0へと近づいていく 近づいて イク」
責めてる様子を生々しく実況すると聴き手に抵抗感を与えるので大まかに描写し
それによって得られる快感を重点的に伝えて気持ちいい絶頂へと導きます。
最も重要なシーンだからこそポジティブな表現を心がけてました。
耳責めの音がやや近く鈍いものに変化して脳に微弱な振動を送ってくれるのも良いです。

基本的な流れは前のパートと一緒なのですが
単調さが出ないよう1回ごとに微妙な違いを持たせて進めます。
パート内に合計8回も絶頂シーンがあり、上手くいけば強烈な快感と絶頂感が襲ってきます。

おちんちんや乳首にノータッチだからでしょうけど
私が聴いた時は首から上(特に耳と頭の中)が熱くなるのを感じました。
そしてカウントが減るにつれてもやもやしたものが集まり、0で軽く爆発するのを複数回味わえました。
エロさはそれほどないので射精とは結構違う感覚です。

ちなみに本作品は視聴後にそのまま寝る流れになってまして
解除音声は本編とは別に用意されてます。
寝る前に聴くのが理想ですけど、視聴後に出かける可能性がある場合は必ず最後に解除音声を聴いてください。

このように、やることは割とシンプルにしたうえでみっちり行う脳イキ特化のエッチが繰り広げられてます。
M向けの音モノ
スライムとするエッチを今風の表現方法でリアルにお届けする良作です。

ラヴィスはわざわざ自我を吸われにやって来た主人公を楽しませようと
まずは催眠を通じて自分が近くにいることや、その体に包まれてる感覚を与えます。
そしてエッチは前半が練習、後半は本番と着実に進めて何度も脳イキさせます。

穏やかな声と柔らかい体を持つスライム娘が変わった手段でM男をもてなすシチュ
五感すべてに働きかけてイメージ力と脱力感を強化するテーマに沿った催眠
耳を責める音や自我を溶かされる音と暗示を組み合わせて快感をコントロールする奇抜なエッチ。
M~ドMな人が存分に楽しめるよう音と技術の両方にこだわって作品を仕上げてます。

「私は決して 無理強いはしない そんなことをしても 味が落ちるだけだからね」
中でもエッチはおちんちんには触れないどころか意識すらさせず
耳とその奥にある脳を重点的に責める結構尖った内容です。
それなのに雰囲気が割と穏やかなのは彼女の態度が柔らかいからでしょう。
捕食されるかどうかを彼の意志に委ね、実行する際も労わりながら責め続けます。

エッチシーンに入ると声が多少嗜虐的になりますけど
それはMな彼を喜ばせる意味合いが強いんじゃないかなと。
やり方が非常に丁寧ですし、セリフの表現もかなり柔らかくしてあります。

ASMRをテーマにした催眠音声はノーマル向けが優勢な状況なので
本作品のようにMをメインターゲットにした作品はありがたいです。
品質もすごく良くてドライ慣れしてる人ならかなり気持ちよくなれるはずです。
ドライ未経験者もショートコースでいいので繰り返し聴けば徐々に感覚が掴めるでしょう。

絶頂シーンは最低でも8回。
くちゅ音大量、淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえてサークルさんでは6本目の満点とさせていただきました。

CV:琴音有波(紅月ことね)さん
総時間 ショート…1:25:25 ロング…2:01:56 解除音声…14:35

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2020年5月31日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「暗中模索」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、触手をペットに飼ってる怪しい雰囲気の女の子が
催眠を交えた耳責めで感度を上げたりドライ絶頂させます。

様々な音を鳴らしながら耳だけを責め続けるASMR系の作りになっており
指→触手→口とパートによって責める手段を変えながら
効果音やちゅぱ音をガンガン鳴らすのと並行して気持ちよくなる暗示を丁寧に入れます。
被暗示性の低い人や催眠そのものを楽しみたい人向けに予備催眠パートが用意されてるのもポイントです。
耳だけでイける体に
女の子に催眠をかけられ耳イキするお話。

「こんばんは 今からあなたに とってもエッチな催眠をかけていきますね」
女の子はややトーンが低く可愛い声の女の子。
作品のテーマである耳に関する説明を軽くすると
主人公の耳を膣やポルチオに並ぶ性感帯へ変えていきます。

本作品はおちんちんや乳首を刺激せず耳だけで絶頂させることを目的に
彼女がおよそ60分に渡って独特な催眠とエッチをします。
「ASMR×催眠音声」の名の通り全編を通じて何らかの音を鳴らすシーンが多く
それに暗示を込めて耳の感度を徐々に上げ絶頂シーンでイける環境を整えます。

「私のペットの 触手さんでーす」
定番の耳舐めはもちろん、指で耳の内側や穴をほじる
挿し絵に描かれてる触手を使って責めるなどプレイのバリエーションが豊富です。
それぞれで違う音を鳴らしますから同じ耳責めでも違う印象がするでしょう。
グロさやヤバさを感じる描写は特になく、耳で気持ちよくなることをストレートに追及してます。

催眠の経験が浅い人や被暗示性が低い人向けに配慮されてるのも大きな魅力です。
具体的にはASMR作品としても普通に楽しめるようになってたり
催眠誘導が始まる前に予備催眠をかけるパートが用意されてます。

本作品は通常の催眠音声よりも音の量が多いおかげで音そのものを楽しむ側面も持っており
サークルさんも音の品質に磨きをかけてそちらのニーズに応えられるよう制作されてます。
音の質感、位置、距離、責め方がどれもしっかりしていて臨場感が高いです。
特に触手は耳の穴をじゅぽじゅぽ吸い付かれる音が鳴ってゾクゾクしました。

予備催眠はここだけ2人の女の子が登場し
左右から交互に、あるいは同時に語り掛ける双子形式を採用してます。
時間は10分と短いですがセリフの間隔が非常に短いおかげで内容は結構濃いです。
催眠誘導パートが割と独特ですし、1回目はとりあえず予備催眠込みで聴いたほうがいいと思います。

様々な音と暗示を組み合わせて耳を集中攻撃する作りと初心者向けの配慮。
サークルさんが元々持ってる良い部分と今風のテーマを融合させた個性の強い作品です。
音を起点に深めていく催眠
催眠は2パート24分間。
最初の予備催眠パートは本編のキャラとは若干声質の違う女の子たちが登場し
イメージを絡めてリラックスさせたり特殊な音を流します。

「(左右)肩まで (左)お湯に浸かって (右)お布団かけて (左)全身ぽかぽか (右)気持ちよく (左)ほぐれていく」
双子の持ち味が出るようにセリフを左右に振り分けて意識を小まめに揺さぶり
さらに左はお風呂、右はお布団と異なるイメージを用いて温かさを伝えます。
カウントに合わせて「深く」「落ちる」といった深化を促す暗示をタイミングよく入れるシーンもあり
短いながらも入りやすい誘導に仕上がってます。

右「意識がゆらゆら気持ちいい 意識がぐるぐる落ちていく」
左「ゆーらゆーら ぐーるぐーる」

パートの中盤からシンギングボウルの音を流し始めるのが本作品らしいですね。
「ふぉぉぉぉん」というゆらぎのある音が耳に心地よく
女の子たちも言葉でそれを上手に後押しします。
催眠慣れしてる人ならこのパートだけでもそれなりの深さまで入れるでしょう。

続く「01_耳舐め誘導」はさらなる深化と耳で感じられる体づくり。
メインの女の子が1人でかけるスタイルに切り替わり
深呼吸させながら催眠が深まる暗示を入れ、途中から耳舐めも加わります。

「揺れる気配に引っ張られるように 意識もゆらーりと揺れるのが気持ちいいですね」
そしてここでは声の位置を小まめに移動し、それに意識を向けさせて揺さぶりをかけます。
左右はもちろん、上下にも多少動きながら意識の揺れを言葉で伝えてました。
耳舐めはまだエッチの手前なので1セットあたり10秒程度と控えめにしてあります。
この時点で耳や頭にターゲットを絞ってるのも最終目的の耳イキを強く意識してて良いです。

音と暗示を組み合わせてリラックスや深化させるテーマに沿った催眠です。
聴き手の耳を敏感にすることを目的に、前半の予備催眠はストレートに落としつつシンギングボウルの音を流し
後半の耳舐め誘導は声に対する集中力を高めてから軽めの耳舐めをして反応できる準備を整えます。

時間に対する暗示量が多いおかげで感覚の変化を実感しやすく
音を違和感なく盛り込み音が鳴っても催眠を維持できる状態を作ります。
私は予備催眠も一緒に聴いたので、耳舐め誘導の中盤頃にはかなり意識がぼやけてました。
耳だけ熱くなってるのもわかりましたし、サークルさんが狙った通りの効果が出てると思います。
音に耳を犯される快感
エッチシーンは5パート26分間。
プレイは指/触手を使った耳責め、カウントによる絶頂、耳舐めです。

耳責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「それじゃあ お耳にエッチなクリームを塗って マッサージしていきますね」
2種類の催眠で主人公の耳を立派な性感帯へと変えた女の子は
それをさらに実感してもらおうと指でクリーム状の媚薬を塗ります。

エッチは終始彼女や触手に責められます。
最初の2パート11分間は指で耳をいじるプレイ。
「02_媚薬ぬりぬり耳責め」は耳の内側を撫でたり穴に指先を出し入れする
「02ex_媚薬ぬりぬり耳責め-ex」はそれよりも浅い位置を刺激して合計3回絶頂させます。

「このままじゅぽじゅぽ ピストンしちゃいましょうねー」
そしてここからはリアルかつ多彩な音が威力を発揮します。
耳責めの開始に合わせて「すりゅー」という湿り気を帯びた摩擦音が左右同時にゆっくり鳴り始め
穴へピストンする時は「ぐぴゅっ」みたいな粘っこい音
exパートは「じょりっ」というクリアでややざらつきのある音に変化します。

音の質感が良いからでしょうけど、状況説明のセリフは最小限に削り
その分を気持ち良くする暗示に回してイキやすくしてました。
軽い閉塞感や「ごごごご」という空気の細かな振動もあって実際にされてるのに近いです。

絶頂シーンはカウントを数えながら暗示を小まめに入れるなど
音の存在感を出したまた催眠もしっかりかけ続けるバランスの取れたプレイになってます。
私が聴いた時は股間は少し熱くなる程度で耳や脳が気持ち良くなりました。

続く2パート12分間は本作品固有の要素にあたる触手責め。
「03_耳奥触手姦」は3回、「03ex_耳奥触手姦-ex」は1回+αと
指責めよりも絶頂回数を増やしてよりハードに責め立てます。

「頭の中に溢れそうな快感が押し込まれる 流し込まれる あふれ出る」
指よりも滑らかで弾力のある水音が使われており、先ほどは撫でたり出し入れするだけだったのが
ここでは吸い付く動きを加えて生物っぽさを出してます。
そしてその感覚を彼女が言葉で伝えてリアリティを上げます。

耳を丸ごと口の中に入れられてる感覚とでも言えばいいのでしょうか。
指よりも刺激は弱めなのに音や動きが複雑で耳がゾクゾクしました。
またexパートは1回絶頂指示を出した後
そのまま時間いっぱいイかせ続けるマルチプルオーガズムっぽいアプローチがされてます。

このように、複数の手段で耳だけを責める尖ったエッチが繰り広げられてます。
流行をとらえたドライ作品
耳責めやASMRといった同人音声で人気のジャンルを積極的に取り入れてる作品です。

女の子は耳だけで感じたり絶頂する気持ちよさを主人公に教えようと
まずは催眠を通じて耳の熱や感度を上げつつ音に反応できる状態にします。
そしてエッチは3種類のプレイを順に提供し、さらに暗示を厚めに入れて何度もイかせます。

声は可愛いいけど変わった嗜好を持つ女の子が催眠を交えた耳責めをするややM向けのシチュ
双子形式と一対一を織り交ぜて誘導し、そこに音を絡める目的意識を持った催眠
指→触手→口の順に繰り出して多めに絶頂させる個性的で割かしハードなエッチ。
前作「【ASMR×催眠音声】脳イキ妖狐~悦楽至極の脳耳絶頂~」と似たテーマを別の切り口で表現してます。

中でもエッチは耳責めの定番にあたる舐めを敢えて脇役に置き
指や触手でゾリゾリされる感覚を音と暗示で伝える独自のスタイルを取ってます。
ちゅぱ音を鳴らすだけだったら同人音声との違いが出ないので
催眠音声ならではの仮想プレイをリアルに味わわせようとする流れで進めます。
流行に媚びずサークルさんの色をちゃんと出してるのが素晴らしいなと。

あとは予備催眠パートの存在が大きいです。
これ有りと無しでは深化の具合にそれなりの差が出そうです。
時間がたったの10分なので、無理に耳舐め誘導から聴かなくてもいいんじゃないかなって思います。

絶頂シーンは7回+α。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

耳責めが好きな人、M性はそんなにないけど音モノが好きな人には特におすすめします。
おまけは効果音のみを抜粋した音声4種です。

CV:男性向け…みもりあいのさん 女性向け…和水創太さん
総時間 男性向け…1:24:04(本編…1:00:02 おまけ…24:02) 女性向け…1:29:10(本編…1:05:08 おまけ…24:02)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2020年2月26日まで20%OFFの880円で販売されてます。



サークル「F・A・S」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、双子DJとして活躍してるお姉さんたちが
新曲プロモーションのゲストに選ばれた男性を変わった手段で気持ちよくします。

様々な音楽を通じて感度を上げたり絶頂させるのが特徴で
催眠パートは催眠状態を深めながら音に対する集中力とイメージ力を高め
エッチに入ると複数種類のEDMを順番に流し
それと同時に双子形式の暗示を入れて2種類の絶頂を味わわせます。
言葉と音楽で気持ちいい体験を
双子のDJに催眠をかけられ連続絶頂するお話。

右「こんばんはー」
左「私たちの声が聞こえるかな?」
お姉さんたちはややトーンの違う明るくて澄んだ声の女性。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
本編に入る前に体を軽く動かして催眠に入りやすくします。

本作品は「4ジゲントリップ催眠」「イジゲントリップ催眠」に続くクラブミュージック催眠音声の第3弾。
新曲プロモーションのゲストに応募し無事当選した彼を
彼女たちが催眠を使って別世界へ案内してから恥ずかしくて気持ちいいエッチをプレゼントします。

会場となるスタジオには魂だけの存在にならないと行けないらしく
全編のおよそ半分を使ってそこまでしっかり案内してから独特なやり方で何度もイかせます。
コンセプトが一緒なだけでお話やキャラは全部別ですから今作からでも大丈夫です。

「どんどん気持ちよくなってくる 音が体を通るたび 魂の隅々まで快感が湧き上がってくる」
最大の特徴はEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)を使って快感を操作すること。
催眠パート終盤の深化させる頃から少しずつ流れ始め
スタジオに到着した後はシーンによって曲を変えてそこにいる雰囲気を出します。
そして彼女たちがこれらに気持ちよくなる暗示を入れて性感を高めたり絶頂へと追い込みます。

いわゆる音モノの一種なのですが音楽自体の品質も非常に高く
これらを聴いてるだけでも没入感や陶酔感が得られます。
そして深い催眠に入った状態で聴けば特定の音に合わせて体が自然と反応するでしょう。
割と特殊なジャンルなので多くの人が楽しめるよう一歩ずつ丁寧にリードします。

一方催眠についてはマインドフルネス瞑想と呼ばれる新しい要素を取り入れてます。
詳しい内容は次項で説明しますが、簡単に言うと音に対する集中力を高めることを意識したアプローチです。
本作品は音や音楽のウェイトが普通の催眠音声よりも高いですから
それをすんなり受け止められる状態になるのが望ましいです。
最中に鳴る音にも十分な癒し効果があり、聴き手を催眠に入りやすくするのに役立ってます。

もうひとつ、これはサークルさんの作品では確か初だと思うのですが
音声と一緒に15ページの漫画がついてます。
内容は催眠パートの深化からエッチにかけてのシーンで
音声だけだとわかりにくいところを視覚的に表現してイメージを補助します。
事前に読んでおけばイメージするのが苦手な人でも多少はやりやすく感じるでしょう。

EDMを駆使したエッチ、マインドフルネス瞑想によるテーマに合った催眠、イメージを助ける漫画。
十分な個性を出しつつ聴きやすさにもしっかり配慮した独特な世界観を持つ作品です。
色んな音に意識を向けながら
催眠は2パート63分間。
最初の「02.リラックス運動」は立ち上がって肩幅くらいに足を開き
そのまま自分の好きなペースで腕をブラブラさせて体の緊張をほぐします(約13分)。

「深い催眠に落ちるのが不安でしたら 途中で止めてしまっても構いません 自分の好きなペースで行ってください」
開始直後に癒し系の神秘的な音楽が流れ始め
それと並行してお姉さんがリラックスできる暗示を入れて心も癒します。
被暗示性の高い人ならこのパートだけでも軽い催眠に入れるでしょうね。
これから始まる本編の内容にも軽く触れて準備を整えてくれます。

続く「03.EDMトリップオーガズム催眠」は双子DJが登場し
物語の背景を語ってから音楽ではなく音を流してさらなるリラックスを与えます。
女性が2人いるので最初から最後まで双子形式で進めます。
(読みやすさを優先し本レビューではセリフの表記を通常と同じにしてあります)

「今は水滴の音だけに集中していたから 他の音は少し遠くで鳴っているように感じたかもしれないし 水滴の音だけが近く感じたかもしれない」
水滴、メトロノーム、焚き火、鳥の声、虫の声をすべて同時に流しながら
その中のひとつにだけ集中させて少しずつ感覚を研ぎ澄ませます。
聴き始めた直後は違う音が色々混じっててうるさく感じるかもしれませんけど
しばらくするとあまり気にならなくなったり、彼女たちが指定した音だけ聞こえ方が違うように感じます。

これがマインドフルネス瞑想にあたります。
初登場だからでしょうけど20分くらいかけてゆっくりじっくりやってました。
自然に関する音が多いおかげで癒しのパワーをそれなりに持っており
唯一そうでないメトロノームも一定のリズムで左右に揺れる音が心地いいです。
催眠の序盤から音を使ってリラックスさせるあたりが本作品らしいなと。

お次は当初の予定通り肉体と魂を切り離して目的地のスタジオに移動します。
彼女たちと一緒に長い階段を数回に分けて下り
それから光の玉に乗ってさらに落ちるイメージ重視の内容です。
ここは漫画を読んでるかどうかでイメージのしやすさにそれなりの差が出るでしょう。

「一段下りるごとに 深い場所の音楽が近づいてきて 魂の中へ流れ込む音が どんどん増えていく」
「光に踏み込んだ瞬間 一気に落ち始める 音楽とカウントに少しでも没入し始めたら それが快感増幅のスタート」

ここでは進んでいくほどEDMの音量が徐々に大きくなるのが良いですね。
スタジオに近づいてるのを表現しつつエッチに向けた準備を始めます。
両方ともカウントを数えながら進めるのですが
階段は短めでゆっくり、光の玉は長めでスピーディーにと追い込み方を変えて深化しやすくしています。

深化を入念にやったほうがより深いところまで入れますし
2段構えにしておけばゆっくり落ちたい人、一気に落ちたい人両方に対応できます。
私が聴いた時もこのシーンで全身が急激に重くなり、特定のタイミングで意識が飛ぶ感覚が味わえました。

催眠状態を少しずつ深めながら音に対する集中力を高めるテーマを意識した高度な催眠です。
聴き手をプロモーション会場のスタジオまで案内するのを目的に
リラックス運動で体を、マインドフルネス瞑想を交えた誘導で心をリラックスさせ
最後にふたつのイメージを組み合わせて深化の暗示を丁寧に入れます。

元々堅実な催眠を施すサークルさんなのでどのシーンも安定感があり
音、イメージ、技術の組み合わせ方も洗練されててスムーズに入ることができます。
エッチが特殊なことから初心者向けの作品とは言いませんけど
催眠に関しては本当に誰でも聴けるしかかれる内容だと思います。
音楽に快感を操られて
エッチシーンは34分間。
プレイは音楽による連続絶頂、おちんちんに手を添える、オナニーのイメージ、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。

「どんどん加速するメロディーが 全身にズン ズンって響いてくるし 落ちる感覚が強くなるかもしれない」
催眠を使って主人公を無事スタジオまで案内した双子は
色んな曲調のEDMを流しながらそれに反応できる心と体に作り変えます。

エッチは体の接触をほとんどせず言葉と音楽を駆使してイかせます。
最初の14分間は音楽に慣れさせながら気持ちよくするシーン。
音楽を聴けば聴くほど気持ちよくなる暗示を入念に入れてから
カウントを合計4セット数えてその都度ドライ絶頂させます。

「絶え間ないビートで頭が真っ白になって飛んじゃう」
EDMは催眠の深化あたりから流れ始めるので
それだけでイかせるにはもっと馴染ませる時間が必要です。
それを踏まえて引き続き双子形式で感度が上がるように言葉でリードします。

絶頂シーンでもカウントと並行して入れ続けますし
聴き進めていくうちにだんだん何かしらの反応が出てくるでしょう。
彼女たちがおちんちんに快感を集めるアプローチをしてくるので
どちらかと言えば脳よりも股間を起点に絶頂することが多いと思います。

続く20分間はそれにさらなる要素を加えたちょっぴり恥ずかしいプレイ。
おちんちんの裏側に手を添えたままここでオナニーしてるイメージをし
さらにプロモーションの撮影風景を見てる女の子たちを意識させて別タイプの絶頂を味わわせます。


「大勢の女の子たちの視線が 君の大事なところに向けられているんだよ」
「本当は現実では手は動いてない でもおちんちんはまるで擦られている快感を受けてビクンビクン震えだす」

エッチの開始時点で彼が魂だけの存在になってることを考慮し
体への刺激は最低限に留めたうえで心を上手に盛り上げます。
絶頂時の追い込みも射精せずに射精の快感を与える変わったアプローチがされてます。
またエッチ終了の3分くらい前からおちんちんを実際にしごき射精する指示が出ます。

実際に聴いてみたら同じドライでも結構違う感覚がしました。
最初のシーンで迎えた時はおちんちんの根本や股間全体が痙攣したのですが
ここでは気持ちよくなる部位が亀頭に移動し、お漏らししてるような生暖かい快感が湧いてきました。
心への責めが強化されてるおかげで快感の度合いは後のほうが強かったです。

射精についてはしごく時間が短いことから、事前にある程度溜めておいたほうがやりやすそうです。
私はドライだけで十分満足できたので射精はしませんでした。

このように、音楽とイメージを組み合わせて責めるテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
熱中できる作品
過去2作の特徴を継承しつつさらにパワーアップさせてる良作です。

双子のDJはプロモーションのゲストに選ばれた主人公に忘れられない体験をさせようと
まずは60分以上にも渡る催眠を通じて音で感じられる心を養います。
そしてエッチは売りであるEDMをがっつり流しながら2種類の絶頂へと導きます。

双子DJに音や音楽で催眠をかけられたりイかされるややM~M向けのシチュ
リラックス運動とマインドフルネス瞑想でしっかり癒してから二段構えで落とす堅実な催眠
最初は王道のドライ、次はエッチなイメージを絡めたドライ&射精と方向を変え
その両方で音楽を使って快感をコントロールする本作品ならではのエッチ。
元々個性的だったシリーズをさらに磨いて新しいサービスに仕上げてます。

中でもエッチは最大の武器であるEDMを感度強化や絶頂と上手く結びつけてます。
単に音楽を流し続けるだけでなく、状況に応じて曲調を変えて言葉以外の方向から感覚を伝えてました。
例えば後半の疑似オナニーでは重低音をリズミカルに鳴らしておちんちんをしごいてる感じを出してます。
音楽をずっと流すおかげで現実世界から切り離され音声に集中できるのも大きいです。

あとは全編を通じてリードのやり方がものすごく親切丁寧です。
催眠パートの序盤から音を登場させて音楽に馴染める準備を整え
深化からはEDMを流してそれを確認させながらスタジオに近づいてることを教えます。
エッチも事前にしっかり暗示を入れたうえで絶頂に持ち込む慎重な立ち回りを心がけてます。
イメージしにくいところを補助するために漫画を用意するなど
聴き手に「聴きやすい、やりやすい」と感じてもらえるように様々な配慮がされてます。

作品がどれだけ優れてても聴き手がそれについてこれなかったら意味がありません。
だから以前の作品以上に手厚くしてそうなる可能性を極力取り除いてます。
催眠はものすごく入りやすかったし、エッチも十分気持ちよくなれて私は大満足でした。

絶頂シーンは8回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえてサークルさんでは9本目の満点とさせていただきました。

CV:野上菜月さん
総時間 2:02:16

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2020年1月16日まで20%OFFの1056円で販売されてます。

催眠ASMR-水音色

サークル「帽子屋」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、アクアセラピーの店を営んでるお姉さんが
疲れを感じてる男性に催眠を交えた癒しのサービスをします。

水に関する様々な音を駆使して催眠に落としたり絶頂させるのが特徴で
ジェルで体をマッサージする音、炭酸風呂の音、紅茶に入れた氷砂糖をかき混ぜる音など
シーンによって音を小まめに切り替え、それらに暗示を込めて感覚を操作します。
音が織りなす癒しの世界に
アクアセラピストのお姉さんに催眠をかけられリフレッシュするお話。

「今日はどの茶葉にしようかなー」
お姉さんは上品で穏やかな声の女性。
暇を持て余してるところへ突然来店した主人公を見て驚くと
気を取り直してこれからするサービスの概要を教えます。

本作品は仕事や人間関係などで疲れてる人を元気にすることを目的に
彼女が70分近くに渡って催眠をかけたり一風変わったエッチをします。
後半でおちんちんをしごかれるシーンがありますが絶頂形式はドライになっており
合計8種類の水音を使い分けてゆっくり丁寧に導きます。

「まずは マッサージを体をほぐして よーく体がほぐれたら 入浴になります」
催眠パートはジェルによるマッサージや炭酸風呂といった癒しを感じる音をメインに据え
エッチに入ると手コキと耳舐めによるストレートなエロへと変化します。
他にも波の音、水中に沈む音、水滴の音など
水にまつわる音を上手に組み合わせてひとつの流れを作ります。

帽子屋さんは前作「催眠ASMR-蠱惑のマッチ」で音重視のサービスをされてただけあって
今作も音質とその使い方の両方が高度に練られてます。
タイトル通りASMR作品としての側面も持ってますから、これらの音を聴いてるだけでも十分癒されるでしょう。
催眠音声で以前から存在した「音モノ」を現在に合った形で見事に進化させてます。

ちなみに本作品には18禁要素を含んだ通常版(約66分)以外に安眠版(約33分)もありまして
そちらは体験版でまるまる聴くことができます。

催眠は2パート36分間。
施術台へ横になり、まずはお姉さんがジェルをまぶした手で体をゆっくりマッサージします。

「ジェルの効果で 右手のひらが じわーっと温かくなってきますよ」
左右の腕と足をひとつずつ丁寧にもみほぐしながら
それによって得られる感覚を暗示の形でさり気なく伝えます。
この時点から早速くちゅくちゅした水音が鳴り始めるのも本作品らしくていいですね。
どこをどうお世話してるかも小まめに教えてイメージしやすくしています。

マッサージ中は熱を伝える暗示に絞ってあるおかげで
私の場合は手のひらや二の腕がパチパチするのを感じました。
深呼吸や脱力は敢えてやらず、マッサージ音と暗示でリラックスさせる催眠っぽさをぼかした作りです。

次の「深化-炭酸浴とティータイム」は催眠状態をさらに深めるシーン。
施術台が浴槽のような形になってるらしく
そこから吹き出す炭酸入りのお湯に浸かって心身をさらにほぐします。
そしてある程度経った後は彼女が紅茶に入れた氷砂糖をかき混ぜる音を聴いたり
お風呂の底に沈むイメージをして別の世界へ移動します。

「このしゅわしゅわする音 気持ちいいですよね しゅわしゅわに包み込まれて 悩みまで一緒に弾けてどこかいっちゃいそうです」
先ほどはほぼ1種類だった水音が一気に3種類まで増え
それぞれに異なる暗示やイメージを絡めて上手に落としてくれます。
炭酸風呂はしゅわしゅわした爽快感のある音
氷砂糖をかき混ぜる時は涼やかな音、水中に潜る時はごぽごぽと泡の弾ける音と
同じ水音でもそれぞれ違った個性を持っており、変化に合わせてアプローチの方向性も変わります。

中でも氷砂糖をかき混ぜるシーンは暗示との絡め方がとても上手でした。
聴き手が氷砂糖と自分を重ねられるように言葉を選んで語りかけます。
このあたりから意識のぼやけや脳がとろける感覚が強くなるでしょう。
最後の沈むシーンも彼女の声を軽く反響させて水の中にいる雰囲気を出してます。

癒しのサービスと水音を組み合わせたテーマ性の強い催眠です。
聴き手を現実とは別の世界へ案内するのを目的に
前半のマッサージは疲れの出やすい手足を重点的にケアしながら温かさを伝え
後半は3種類の水音を個別に鳴らしつつ催眠がさらに深まるよう働きかけます。

水音が魅力なのは間違いないですけど
前半と後半で暗示のバランスを変えてるところも印象的でした。
前半は彼女の言葉を受け入れやすくすることを優先して少なめにし
氷砂糖をかき混ぜるシーンから徐々に増やしてスムーズに落とします。

水音を優先したら催眠にかかりにくくなり、暗示を多くすれば作品の個性が薄れてしまいます。
そのへんのバランスをしっかり取ってるのが素晴らしいなと。
水音による純粋な癒し効果も相まって催眠初心者でも入りやすいと思います。
声と音に包まれるエッチ
エッチシーンは21分間。
プレイは玉揉み、手コキ、耳舐めです。

玉揉み、手コキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「今響いているこの音は あなたの心を満たす 快感の雫」
催眠を使って主人公を夢の世界に連れて行ったお姉さんは
水滴が落ちる音を鳴らしながら性感を少しずつ高めます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の6分間は絶頂に向けた準備をするシーン。
波の音→水滴の音と引き続き水に関する音を取り入れ
そこに暗示を込めて彼女の言葉で気持ちよくなれるようになったことを教えます。

右「一滴こぼれるたびに 感度が上がって」
左「気持ちいい痺れが 全身に広がっていく」

そしてここからは彼女の声が左右へ小まめに移動します。
本家の双子催眠のようにセリフを小まめに区切って話しかけることはないものの
声の位置が小まめに変わるので脳を軽く揺さぶられる感覚がします。
自分が仮想世界にいることを直感的に伝えたかったのかもしれませんね。

エッチじゃない音を起点に感度を上げるのも本作品ならではと言えます。
水滴のペースを徐々に上げ、それと被らないようリズミカルに話しかけます。
私が聴いた時は胸と太ももの内側がゾワゾワするのを感じました。

本格的なプレイが出てくるのはその後から。
催眠の前半でやってたマッサージを今度はおちんちんや金玉に対して行い
さらに左右の耳も交互に、あるいは同時に舐めてエッチな水音で覆い尽くします。

「舐められるのが気持ちいい 舐められれば舐められるほど感度が上がって もっと気持ちよくなる」
「くちゅくちゅ」という若干泡立った手コキ音が上下にゆっくり動き
耳元至近距離から唇で挟み込んではむはむしたり舌で舐める音も流れます。
耳舐め開始から6分後には両耳舐めに切り替わるなど
水音を大事にした密度の高いプレイが味わえます。

耳舐めの時間が11分程度だったのでもう少しやって欲しい気もしましたが
音質がとても良く、両耳舐めの時は文字通り音に包まれてる感覚がします。
最後はカウントを数えながらきっちり追い込んでくれてドライも迎えやすかったです。
私は脳イキっぽい絶頂感でしたが、おちんちんもいじってますから股間でイク人も普通にいるでしょう。

このように、催眠パートとは別タイプの水音を駆使したほぼノーマル向けのエッチが繰り広げられてます。
音に浸れる作品
しっかり癒されながら気持ちよくなれる音系作品です。

お姉さんは疲れを感じてる主人公を心の芯からスッキリさせようと
まずはマッサージや入浴といった定番の癒しを提供しつつ深い催眠に落とします。
そしてエッチも引き続き水音を中心に据え、複数同時に鳴らして絶頂できるパワーを与えます。

穏やかなお姉さんが水音を使った癒しのサービスをする大衆性の高いシチュ
マッサージ音、炭酸の音、氷砂糖をかき混ぜる音を組み合わせて徐々に落とす変わった催眠
音に暗示を込めながらくちゅ音やちゅぱ音を鳴らす密度の高いエッチ。
催眠音声の中でも一際音を大事にした作品に仕上がってます。

中でも水音は種類が非常に多く、それぞれに応じた役割を持たせてあって唸りました。
18禁音声で定番の音はもちろん出てきますし
ほんの数分しかないシーンにも専用の音を用意して
彼が移動する様子をわかりやすく表現します。
音と技術の絡め方も秀逸で催眠にあっさり入ることができました。

エッチはサークルさんもおっしゃられてるように耳舐めをメインに据えてます。
どうやったら耳舐めで最も効果的に感じられるか、イケるかを考えながら進めてました。
プレイ中にあまり淫語を言わないのも音に集中しやすくするための配慮でしょう。
音自体に暗示を込めるので催眠もきっちり機能してます。

絶頂シーンは1回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえてサークルさんでは2本目の満点とさせていただきました。
おまけは耳舐めとフリートークです。

CV:男性向け…陽向葵ゅかさん 女性向け…nitさん
総時間 男性向け…1:52:50(本編…1:39:32 おまけ…13:18) 女性向け…1:32:24

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

【ASMR×催眠音声】脳イキ妖狐~悦楽至極の脳耳絶頂~

サークル「暗中模索」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、人里離れた山奥に700年以上も住んでる穏やかな妖狐が
そこへ迷い込んできた人間を独特な手段で快楽漬けにします。

効果音を鳴らしながら暗示を入れて催眠に落としたり気持ちよくするのが特徴で
催眠パートは頬から耳にかけて、エッチはさらに手足や脳と範囲を広げ
リアルで柔らかい質感の音を適度に鳴らして撫でられる心地よさを伝えます。
気持ちいい体験を受ける条件は…
狐鈴(こりん)に催眠をかけられ耳と脳を責められるお話。

「こんな山奥に人なんて 珍しいですね」
狐鈴は上品で艶のある声のお姉さん。
妖怪の山で道に迷った主人公に声をかけると
明朝まで身を守る見返りにあるものを要求します。

本作品は7本もの尻尾を生やしてる妖力の強い彼女が
他の妖怪から彼を守りながらおよそ80分に渡って独特なサービスをします。
彼女は狐の化身なだけあっていなり寿司に目がなく
自分が提示した以上の数を彼が渡すと約束したらすぐさま飛びつき熱心にお世話します。

全編を通じて言える特徴はふたつ。
催眠・エッチいずれも音を交えてリードすること、脳イキに特化したエッチをすることです。

前者は彼女が持つ尻尾で顔や体を撫でる際に「しゅるー」という滑らかな摩擦音が何度も鳴り
そのたびに耳へ微弱な刺激が伝わります。
サークルさんが「ASMR視聴時に感じるゾクゾク感を増幅する」ことをコンセプトに掲げており
音を鳴らしながら暗示を小まめに入れて撫でられてる感覚をリアルにお届けします。

どちらかと言えば癒しの色が強い音ですけど
エッチシーンに入るとピリピリしたりゾワゾワする人がそれなりにいると思います。
音を単に鳴らし続けるのではなく、技術との親和性をきちんと考えてあってレベルが高いです。

「お耳も 頭の中も いっぱい気持ちよくなりましょうね」
後者は頭部と耳を重点的に責める方針を取り
尻尾で撫でる音やスライムっぽいぐちゅぐちゅした音を鳴らして少しずつ気持ちよくします。
通常の18禁作品でやるプレイとは内容が大きく異なり
乳首やおちんちんといった性感帯に意識をまったく向けさせず脳だけでイけるように誘導します。

やり方は大きく違いますけど、先日発売された「【催眠音声】ノウミソマドラー」に近いものを持ってます。
不安や恐怖を取り除く配慮もきちんとされてますから
あちらを楽しめた人ならこちらも同じくらい満足できると思います。
股間がまったく反応しないままドライを迎える感覚は不思議で面白いです。

音を重視した作りと脳イキを目指すエッチ。
催眠特有の心地よさと快感を掘り下げた個性の強い作品です。
ふわふわの尻尾に撫でられながら
催眠は2パート29分間。
横になって目を瞑り、まずは深呼吸したり彼女が言うイメージをして心身を脱力します。

「心に染み付いていた緊張と不安がほつれるように消えてゆく」
「脚に不思議な感覚がじわっと広がり 脱力し始める」

夕方から夜になってあたりが暗くなる様子を実況しながら安心する言葉を投げかけたり
彼女らしい方法で胸、太もも、両肩、頭の順にひとつずつ脱力感を与えるなど
序盤から暗示を多めに盛り込みゆっくりじっくりリラックスさせます。

一番最初の「1.プロローグ」パートは音を鳴らさず雰囲気作りに力を入れてます。
「暗い」「深い」「ゆっくり」といった落ち着きを感じる言葉を散りばめるシーンもあったりと
古くから活動されてるサークルさんらしい技の冴えを感じました。
このパートを聴いただけでも意識のぼやけや眠気を実感する人がいると思います。

次の「2.誘導」はいよいよ彼女が持つ尻尾を使って催眠状態を深めます。
セリフとあまり被らないよう効果音の間隔を長めに取りつつ
その柔らかさ、温かさ、心地よさを言葉で上手に伝えて脳をとろとろにします。

「なんと心地のいいことか 頬を撫でられただけなのに うっとりとさせられてしまう 頭の中がとろけてしまう」
猫などの動物を撫でるといい気分になる人は結構いるのではないでしょうか。
このパートではそれに近い感覚を味わわせてくれます。
頭の中や心といった脳イキに関係のある部位へ重点的に働きかけてるのも良いですね。
本作品のエッチは結構独特ですから、この時点でもうその準備に取り掛かってます。

長所を活かしながら段階的に深める癒しのパワーが強い催眠です。
彼女の尻尾に反応できる心と体にすることを目的に
前半は深呼吸とイメージを交えた脱力で純粋なリラックスを促し
後半は売りである音を投入したうえで暗示を厚めに入れて心地よさを少しずつ膨らませます。

音が重要な役割を果たしてるのは間違いないですけど
それ無しでも深いところまで入れるくらいにしっかりした誘導がされてます。
彼女の丁寧な言葉遣いや上品な声も相まって落ち着ける空間が出来上がってます。
脳に快感を流し込まれて
エッチシーンは2パート32分間。
プレイは尻尾責め、脳姦、耳舐めです。

尻尾責め、脳姦の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「体と心がとろける極上の快楽を どうぞ存分にご堪能ください」
催眠を使って主人公を気持ちいい感覚で包み込んだ狐鈴は
残る5本の尻尾も投入して不思議な快感を与えます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の「3.脳イキ」は引き続き尻尾を使うプレイ(約18分)。
左右の頬、手足、頭を同時に撫でる音を鳴らしつつ気持ちよくなる暗示を丁寧に入れます。

「手足の輪郭は消えて 意識の輪郭もとろとろに消えて ゾクゾクとした快感に飲み込まれて 気持ちいいことしか考えられない」
純粋な脳イキが味わえるよう淫語や喘ぎ声といった純粋なエロ要素は極力削ぎ
意識を頭に集中させてさらにとろける感覚に浸らせます。
私が聴いた時も頭部以外の存在が曖昧になった気分がしました。
効果音もこれまでよりやや重厚になりますし、催眠パートでやったことをさらに突き詰める方針を取ります。

パートの中盤から脳姦が加わるのもポイント。
「こりゅっ」という弾力のあるスライムぽい水音が鳴ります。
脳姦自体は結構人を選ぶプレイですから、多くの人が聴きやすく感じる工夫もきちんとされてます。
具体的には脳を責めるのは実体のない毛先ということにし
何をやってるかはほとんど語らず、それによって得られる快感を主に伝えます。

催眠パートと同じくらい暗示を手厚く入れてくれるおかげで
脳がどろどろに溶けてるような感覚に浸りながらドライ絶頂できました。
おちんちんは勃起はおろか熱くなることすらなく本当に脳だけ気持ちよくなれます。
セリフと音が相互に足りない部分を補ってる完成度の高いプレイです。

後半の「4.耳イキ」は耳でイクことを目指したパート(約14分)。
これまでのプレイに右耳舐めを加えて少し違うドライ絶頂へ導きます。
左耳を舐めるシーンはありません。

「意識がとろけて 世界がとろけて 快感だけになってく」
ちゅぱ音が加わる分、前のパートに比べてエロさと音の密度が上がってます。
3種類の効果音と暗示が織りなすひと時は濃厚でクラクラする感覚がしました。
妖術を使ってるのか耳舐め中も普通にしゃべります。
絶頂感はそれほど違いを実感できなかったので耳イキするには慣れが要るかもしれません。

このように、音と技術をバランスよく配置した独特なエッチが繰り広げられてます。
マイルドな脳姦作品
M性がさほどない人でも脳姦を味わえるようにしてる聴きやすい作品です。

狐鈴は妖怪たちの領域に迷い込んだ主人公へ
いなり寿司を後日もらうのと引き換えに今晩守ることを約束します。
そして彼が不安や恐怖とは無縁の一夜を過ごせるよう気持ちいい催眠をかけます。

上品で面倒見のいい妖狐が人間を癒しつつ快楽漬けにするややM向けのシチュ
前半はイメージ、後半は音を盛り込みリラックスと深化を促す質の高い催眠
音と技術を組み合わせて脳イキや耳イキさせる催眠音声ならではのエッチ。
一般的なプレイを敢えてせずにドライへ持っていくチャレンジ精神旺盛な作品に仕上がってます。

中でもエッチは催眠状態になってないと得られない快感に光を当て
さらに同人音声側で現在流行ってるASMRを盛り込んでます。
尻尾で撫でる音は柔らかくて温かみがあり、これ単体でも癒しの効果があります。
そこへ技術を違和感なく共存させるあたりはさすが大手サークルさんだなと。

あとは脳イキがすごく気持ちいいです。
エッチな要素がほとんど入ってないから催眠特有の快感に集中できます。
性的興奮を感じずに絶頂を迎えるのは新鮮なのではないないでしょうか。
そこまで持っていく過程も堅実でドライ未経験者には良い練習になると思います。

もうひとつ、英語やカタカナ言葉をまったく使わずにセリフを組み立ててるのも素晴らしいです。
彼女は人間と会うことのない場所で生き続けてますから当然話し方も古風になります。
妖術を使ったり尻尾で撫でる以外の部分もしっかりしてるおかげで作品全体に統一感があります。

絶頂シーンは2回。
効果音多め、ちゅぱ音そこそこ、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。
おまけは安眠、ASMR、没ASMR音源です。

CV:男性向け…そらまめ。さん 女性向け…和水創太さん
総時間 男性向け…1:57:12(本編…1:18:55 おまけ…38:17) 女性向け…1:49:31(本編…1:11:37 おまけ…37:54)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月23日まで10%OFFの972円で販売されてます。

あやしい訪問販売にご用心!-特殊性犯罪の被害に遭わないための催眠映像プログラム-

あやしい訪問販売にご用心!-特殊性犯罪の被害に遭わないための催眠映像プログラム-(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「第3回」パート以降の様子を中心に紹介します。
破滅へ追い込む気持ちいい罠
後編のエッチシーンは2パート67分間。
プレイは服越し/直接のオナニー、お金を払うイメージです。

お金を払う際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありです。
途中に服を脱ぐ描写が出てきます。

ちなみに2回と4回に分けて聴く場合は、エッチの前に中途誘導パートを聴くことになります。
付属のテキストにパート構成が記載されてますからその通りに組めば大丈夫です。

プログラム「こんばんは ハッピーライフマネジメントのカネクラです」
第2回からしばらく経ち、毎日1本ずつドリンクを飲んだ影響でボロボロになった主人公は
再びやって来たカネクラさんに居留守で最後の抵抗を試みます。

エッチは引き続き体の接触をせず言葉責めとオナニーでイかされます。
「第3回」パートでするのはさらなる追い打ち(約27分)。
ドリンクを常用するのが当たり前になり廃人寸前まで追い込まれた彼が
この地獄から脱出しようとした結果、さらなる深みに飲み込まれます。

ナレーター「ここでもし帰っちゃったら もう二度と会えなくなる もうアレを 味わえなくなる」
序盤の5分間は彼女が立ち去るまでなんとか持ちこたえようとする
彼の心理状況を聴き手視点で語り没入感を高めます。
ここで誘惑を振り切ればお金の心配がなくなり社会復帰もできる。
でもそうしたらあの快感は二度と味わえないかもしれない。
両者を天秤にかけて後者が若干勝るように実況し我々の心も傾けようとします。

主人公は結構いい会社に所属し人望もそれなりに厚いそうですから
日頃から己の欲望を押さえつける傾向があったのかもしれません。
そういった背景がこのへんからよりわかるようになってます。

内容は彼女が現れ、軽い会話をしてからお金のやり取りをし
最後にドリンクを飲んでオナニーする前編とほぼ同じ展開です。
しかし今回からお金を渡すシーンを濃い目に描写し貢ぐ快感を執拗にくすぐります。
houmon02
ナレーター「1枚失うたびに 股間の奥がきゅんと震えます」
具体的には上の画像のように彼が用意したお金を扇状に広げ
それを彼女が1枚ずつ受け取りながら大事なものを失う快感を伝えます。
10枚単位でやってるのはカウントで定番の数字だからでしょう。
これまでと同じく体よりも心の責めを重点的に行います。

またその後から始まるオナニーは割とキメセク要素が強いです。
体に害のある成分がたっぷり入った液体を摂取し、正常な考えができなくなってる様子を
映像によってわかりやすく表現してます。
おちんちんは軽くしごく程度ですから、ここでの絶頂はおそらくドライになるでしょう。

最後の「最終回」はおよそ40分間。
ドリンクを飲み続けた結果色んなものを失った彼が
その後どうなったかをスリリングかつ生々しくお届けします。

ナレーター「今やお金を支払うだけで お金を奪われるだけで 腰から下が あつーく熱したバターのように とろけてしまいます」
前半の20分間はやって来たカネクラさんに今まで以上の高額なお金を渡します。
1枚1枚じっくり渡し、その都度気持ちよくなる暗示を入念に入れてくれる貢ぎマゾには堪らないシーンです。
この手のプレイにさほど関心を持ってない私がドライを迎えられたくらいですから
属性が合う人なら相当に強い快感や絶頂感を味わえるのではないでしょうか。
ここまでひとつずつ積み上げてきた経緯があるおかげで追い込まれた時の背徳感が凄まじいです。

また後半シーンには彼をさらなる破滅へ追い込む気持ちいい罠が控えてます。
ここまで書くと聴く楽しみが薄れるので敢えて伏せますが
薬物中毒になった快感とすべて失う快感を上手く融合しててすごく気持ちよかったです。

このように、シチュやセリフといった純粋なエロ要素以外のもので盛り上げる奇抜なエッチが繰り広げられてます。
背徳感のある力作
悪徳訪問販売の被害者になりきって気持ちよくなれる優れた作品です。

カネクラさんは過去に被害に遭った人物の様子をできるだけ忠実に疑似体験させようと
まずはリラックス運動や催眠誘導で音声と映像に没入できる環境を整えます。
そしてエッチは全部で4回に分けて少しずつ奈落の底へ突き落とします。

現実世界だと確実に破滅する体験を催眠を交えて味わうスリリングなシチュ
音声と映像を組み合わせて一部始終を表現するユニークかつ効果的な作り
やることはそこまで大きく変えず後になるほど刺激を強くしイかせる背徳感の強いエッチ。
M~ドMな人が喜びそうな要素で揃えてひとつの世界を作り上げてます。

中でもエッチは時間がとても長く、心への責めが充実しており
貢ぎマゾや見られながらのオナニーといった性癖にも光を当ててあって本当に充実してます。
彼女はあくまでセールスレディですから、買ってくれたご褒美にするのはオナニーを見るだけです。
しかしエロさ以外で興奮や絶頂感を盛り上げる要素が多いおかげで心身が何度もゾクゾクします。

最終回パートは自由にオナニーすることも許可してくれるので
今までドライを迎えたことのない人でもスッキリするし満足できるでしょう。

この作品で一番凄いのは話術だと私は思います。
聴き手を主人公と重ね合わせ、彼が味わってる感覚や快感を忠実に伝えるために
セリフの言い回しや仕掛けるタイミングが見事なまでに計算されてます。

キャンドルマンさんは以前から話術の巧みなサークルさんでした。
でも今作はそれをさらに上回るクオリティを持ってます。
映像のレベルも高く、映画を観てるような感覚で物語に没頭できました。

後編の絶頂シーンは3回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえてサークルさんでは5本目の満点とさせていただきました。

CV:そらまめ。さん
総時間 4:55:19

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ