同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ:同人音声 > 8点

   ● 甘やかしてくれるJK黒ギャルママ
   ● 夕立は突然に~ぼくと佐伯さんの雨宿りセックス~【バイノーラル&ハイレゾ96khz】
   ● ホワイトボックス ~無表情な彼女にもっとエッチな白濁を~
   ● ~おち○ぽ耐久テスト~委員長の厳しいオナ指示で射精する快感
   ● 夢幻の里の癒し旅館―涼香―【ハイレゾ48kHz/24bit】(後編)
   ● 夢幻の里の癒し旅館―涼香―【ハイレゾ48kHz/24bit】(前編)
   ● お嬢さんのノルマ式オナニーサポート シコシコ1000回に負けてちょうだい?
   ● 早漏治療しませんか2~とことんフェラ治療~
   ● 魔族ディーラーの堕落遊戯 ~ようこそ、悦楽のカジノへ~
   ● 意地悪なヤンデレに完全支配される音声 地獄級射精禁止オナニーサポート6 病的に歪んだバイノーラル愛の試練


甘やかしてくれるJK黒ギャルママ

サークル「マムマックス」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ギャルっぽい見た目をしてるけど心はとっても純粋な幼馴染が
久しぶりに再会した男性を非エロとエロの両方から甘やかします。

多くのシーンで体を密着させながら優しい言葉をかけたり
エッチに入ると初々しい表情で一生懸命ご奉仕するなど
「年下による癒し」を追求した幸せいっぱいなサービスを行います。
見た目は随分変わったけど
幼馴染のリカに癒してもらうお話。

「おーっす! おかえり お兄ちゃん」
リカは明るくて元気な声の女の子。
数年ぶりに再会した主人公に改めて自己紹介すると
ここに来た事情を説明し、まずはぎゅっと抱きしめます。

本作品は何らかの事情でしばらく離れ離れになっていた彼女が
日頃仕事を頑張ってる彼のために3つのシーンに分けて色々ご奉仕します。

タイトルの「JK黒ギャルママ」から幼児プレイを中心としたエロ重視の作品と思う方もいるでしょうが
どのシーンも最短で8分、最長で28分程度の非エロパートを挟み
彼が心置きなくエッチできる環境を整えたところで移ります。
(本レビューでもその流れに従いシーンごとに紹介していきます)
時間、内容いずれも非エロとエロをほぼ同じくらいのバランスにしています。

「はい お兄ちゃん いつものやつ 今日もハグハグーってしようぜ」
最大の魅力は彼女のキャラ。
「あたし」「~っしょ」などギャルらしい砕けた口調で接しながら
ぎゅっと抱きしめる、膝枕する、頭を撫でるといったスキンシップを積極的に取ります。
そして血の繋がってない彼を常に「お兄ちゃんと」呼び、どのシーンも心を込めてお世話します。

マムマックスさん自体は今回が処女作にあたりますが
企画とシナリオを淫語で有名な防鯖潤滑剤さんが担当されてますのでベテランサークルと同じレベルを持ってます。
防鯖潤滑剤さんとの違いを出すために淫語は敢えて減らし、その代わり耳かきに力を入れてます。

PCゲームで活躍中の声優さんを起用してるのもポイント。
演技が安定しておりエッチの際はおちんちん、おまんこといった淫語を無修正で言ってくれます。
ゲームの場合はピー音が入るはずですからこの違いは結構大きいです。

ただし、物語の開始時点で彼女が処女のためギャルから連想される巧みなエッチはほぼしません。
むしろ恥ずかしがったり戸惑う様子を適度に交えて初々しさを出してます。
またママについても授乳手コキがあるものの赤ちゃん言葉は一切しゃべらないので弱めです。
私個人はちょっぴり変わった属性を持つ妹系の純愛作品と見ています。
表裏のない満たされるサービス
プロローグの後に始まるシーン1でするのはハグと耳舐め手コキ(約25分)。
リカのほうから主人公を抱きしめ、甘やかす言葉を多めに言ってまずは心を温めます。
そして彼がより元気になれるように2つの性感帯を同時に責めて気持ちいい射精に導きます。

「ぐでーっとして だらだらして いっぱい甘えてよね? そっちのほうがあたし嬉しいし」
離れ離れになる以前もこういうことをしてたので体を重ねることにまったく躊躇しません。
最中の会話もつい頑張りすぎる彼の性格を踏まえてまずは甘えたくなる気分にさせようとします。
見た目はギャルでも内面はとっても献身的な女の子です。

「おちんちん ぶるって震えた! これ おちんちんも感じてるってことでいいんだよね?」
その後に始まる耳舐め手コキはおちんちんの感触や反応を確かめながら進めます。
短小、包茎といった見下す類の言葉は一切なく初々しい仕草を見せてくれます。
耳舐めや手コキの音は割と下品なので多少ギャップのあるプレイと言えるでしょう。
事前に彼が持ってるオカズをチェックし、喜ぶプレイを選んでするところも彼女らしいです。

「ぴゅっぴゅっぴゅー ぴゅるるるー ぴゅっぴゅっぴゅー」
その部分が最もよく出てるのが射精シーン。
ぴゅっぴゅのセリフを必ず言って彼の射精をお手伝いします。
射精後からパート終了までに3分程度の時間を設けて余韻に浸らせてもくれますし
単に気持ちよくなるのではなく充実した時間を過ごせるようにリードします。

続くシーン2は彼女のママな部分を引き立たせたサービス(約26分)。
別の日、会社で嫌なことがあって落ち込んでる彼を元気づけようと
膝枕の状態で8分程度の会話を挟んでから授乳手コキに移ります。

「はい あたしの…おっぱいだよ お兄ちゃん」
「おちんちん いいこいいこ おちんちん えらいえらい」

自分から恥ずかしそうにおっぱいを差し出し、吸われた途端にエロ可愛い吐息を漏らす姿や
おちんちんを自分の子供に見立てて優しく撫でる姿に母性を感じました。
彼と同じく彼女もこのプレイに幸せを感じてるのがわかります。
喘ぎ声をもうちょっと増やしたほうがシーン1との違いが出てより良くなったでしょう。

質量共に最も充実してるのは最後のシーン3(約52分)。
前半は耳かき、後半はキス&SEXとサービスの内容を大きく切り替えて進めます。

耳かきは膝枕の状態で左耳→右耳の順に耳かき棒と梵天でお世話するシンプルなもの。
耳かき棒は「ずしゅっ」とやや粗さのある乾いた軽い音を奥から手前へ掻き出すように
梵天は「さしゅっ」と滑らかでやや硬い音を耳の壁を優しく擦るように動かします。

声優さんご自身が録音しながら実際に耳かきされただけあって動きは確かにリアルです。
しかし音質に関しては残念ながら器具の特徴を反映できてないと思います。
耳かき棒はティッシュ越しにお掃除してるような音ですし、梵天はふわふわ感がほとんどありません。
作品の売りに挙げるならもう少し頑張って欲しいというのが正直なところです。
たぶん録音機材の影響なのでしょうけど耳かき系のサークルさんが出す音とは随分違います。

続くSEXパートは恋人同士とほぼ同じの大変甘いエッチが楽しめます。
最初はリカが、その次は主人公の側からキスをしてお互いの気持ちを確かめ
ゆっくり挿入した後は主に彼が責める形で二人同時の絶頂を目指します。

「おちんちんミルク 中にびゅるるーってして あたしのおまんこ お兄ちゃんのものにして欲しいなぁ」
一番の山場ということで彼女の淫語を多めにし
キスのちゅぱ音、ピストンのくちゅ音、そして喘ぎ声とエッチな音の量や密度も高いです。
彼のために処女を捧げ、挿入後にエッチなおねだりをする彼女の姿も思いやりに満ちてます。
ギャルやママっぽさはほとんど出さず恋人として甘やかすストレートなプレイです。

このように、自分が持つすべてを使って心身を満たす献身的なエッチが繰り広げられてます。
癒しにもエロにも使える作品
可愛くて純真な女性がひたすら愛してくれる甘やかし成分の強い作品です。

リカはストレスの解消がうまくできず不摂生な生活を送ってる主人公を立ち直らせようと
自分の体で温めながら心に染み入る言葉を投げかけて癒しと安心感を与えます。
そして心がある程度安定した後はエッチなサービスで体のほうもスッキリさせます。

JKだからといって驕ったり意地悪せず彼と真正面から付き合う純愛系の展開
男性が喜ぶツボを押さえた彼女の言葉とサービス
そして非エロとエロの両方を楽しんでもらうことを目指した構成。
精神的に参ってる人でも無理なく聴けて抜けるように作られてます。

「そんな優しいお兄ちゃんが あたし 大好きだよ」
中でもリカはギャルにありがちなエッチの上手さやルーズさをほとんど持たせず
彼のためにご飯を作ったりあれこれ世話を焼く家庭的な女性に設定してます。
言葉遣い以外はほぼギャルじゃないのでハードなエッチを期待して聴くと拍子抜けするでしょうが
キャラは立ってるのでこれもひとつの個性なんじゃないかと私は思います。

非エロのサービスは人の温もりで癒すことを強く意識してます。
バイノーラル録音の長所を活かして声の位置や距離をできるだけ近づけ
そのうえで優しい言葉をかけて彼女と一緒にいる雰囲気を出します。
ママ要素が弱いので1パートくらいは赤ちゃん言葉を盛り込んでも良かったかもしれません。

エッチは彼女がおちんちんや男性の生理に慣れるところから始めます。
事前に勉強してるおかげで覚束なく感じるところはありません。
非エロパートを挟んだ後にエッチを始める流れも感情移入しやすくて良いです。
最後のSEXがやっぱり一番抜きやすいですね。

エッチシーンの時間はおよそ49分間。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります。
射精シーンは3回。
くちゅ音それなり、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声そこそこです。

CV:蒼依ハルさん
総時間 1:59:49(本編…1:51:50 おまけの添い寝…7:59)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

夕立は突然に~ぼくと佐伯さんの雨宿りセックス~【バイノーラル&ハイレゾ96khz】

サークル「空心菜」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、田舎道にある古い小屋で偶然出会った男女が
会話やエッチを通じて心と体の距離をゆっくり近づけていきます。

二人がエッチするまでの過程を大事にしたドラマ性の強い作りが特徴で
最初は何を話していいかわからず気まずい雰囲気だったのが、お互いを知るにつれて徐々に打ち解け
やがてエッチをしてもいい関係になっていくまでを彼女の視点で丁寧に語ります。

童貞+処女ということでエッチは比較的ソフトな内容になってますが
彼女の初々しい仕草や愛らしい喘ぎ声が男心をくすぐってくれます。
雨宿りするだけのつもりが…
クラス委員長の佐伯莉佳子とエッチするお話。

「あ… あなたは えっと 同じクラスの」
佐伯さんは甘く落ち着いた声の女の子。
とある夏の日、バスに乗り遅れて徒歩で家に帰っていた主人公が突然の夕立に襲われ
雨宿りのために古びた小屋へ行くと偶然彼女に出会います。

本作品はお互いに名前を知ってる程度だった男女が
色んな会話を通じて親密度を高め、最後にエッチする様子を彼の立場で楽しみます。
人が来ない状況を利用して彼女を無理矢理犯すのとは違い
エッチを始めるまでのやり取りに総時間を半分近くを割いてじっくりお話を進めます。

「あぁもう スカートまでびしょ濡れだよ あんまこっち見ないで 恥ずかしいから」
「不思議 死ぬほど恥ずかしいのに 今までこんなところ誰にも見せたことないのに 何だか 嬉しい…かも」

物語の序盤と終盤で彼女の言葉や態度が随分変わりますから
彼女が彼に対してどんな感情を抱いてるかがわかりやすいです。
そしてこれはボイスドラマにとって重要な没入感を得るのに大変役立ってます。
エッチそのものよりもキャラや背景を使って盛り上げるタイプの作品です。

もうひとつのポイントは最中に鳴る音。
音声開始直後からバックで雨音が流れ始め、彼女と合流した後はそれに心音が加わります。
夕立ということで雨足はかなり強いもののうるさく感じるほどではありません。
小屋に入って引き戸を閉めた後は音量が一気に下がり声を聴きやすくなります。

心音は「第2章:小屋の中」から音声終了までのおよそ67分間も流れ続け
会話中は落ち着いてるので緩やかに、エッチが始まると興奮してるのでやや速くといったように
彼女の心理状態を伝える役割も果たしてます。
空心菜さんは心音を積極的に取り入れた作品を以前製作されてましたからその影響でしょう。
知り合いから友達、そして恋人へ
音声開始から最初の3パート31分間は非エロのお話。
駆け足で小屋に辿り着いた主人公が軒先で佐伯さんと出会って中に入り
服を軽く乾かしてから雨が止むのをのんびり待ちます。

「あのさ そういえば学校であまり話したことなかったよね」
第2章の時点では佐伯さんとの関係はよく言って知り合い程度。
雨で透けた服から下着を見られないよう軽く警戒しつつ
お互いが持ってる相手のイメージを話してまずは彼がどんな人物かを探ります。
パートの前半に5分程度無言の時間があることからも気まずく感じてるのがわかります。

彼女が彼に対して元からある程度の好意を抱いてるため
見下したり突き放すといったマイナスの行動を取ることはありません。
相手のことをよく知らないし恋愛経験もないからどう付き合っていいかわからないだけです。
その証拠に心音は普段通りの落ち着いたリズムを刻みます。

二人の関係が大きく進展するのが「第3章:彼女の本音」。
これまでの会話で少なくとも悪い人ではないと判断したのか
佐伯さんの側から彼が好きな音楽の話を振ったりCDを貸して欲しいとお願いします。

「信じられないなら今度部屋に来ても…やだなぁ 何言ってるんだろ 私」
さすがにこれはまずいと思ってすぐ取り消してますが
どうでもいい男性に対してこういう思わせぶりなことを言うはずがありません。
その後に友達くらい仲良くないと話せない話題も登場するなど
彼女の中で彼が知り合いからやや特別な存在に変わりつつあるのが見て取れます。
初めてを捧げ合う穏やかなエッチ
エッチシーンは3パート35分30秒間。
プレイはキス、乳揉み、乳首舐め、手マン、フェラ、SEX(正常位)です。
手マン、SEXの際に効果音が鳴ります。

「…え? どかなくていい? それってどういう意味?」
外の様子を見ようと思い立て付けの悪い引き戸を開けようとした佐伯さんは
力を入れた拍子に転びそうになり、それを助けてくれた主人公にキスされます。

エッチはお互いがお互いを責め合う形で進みます。
最初の2パート9分30秒間は雰囲気作りにあたるシーン。
「第4章:突然のキス」は数回のキスを、「第5章:求め合う身体」は乳揉みや乳首舐めをします。

「何でだろう 君になら全然触られても嫌じゃないから」
突然の出来事に戸惑うものの、これがどういう意味かを彼女もすぐに理解します。
だからどのプレイをする時も自分の気持ちをはっきり伝えて彼に安心感を与えます。
プレイの実況もありますけど彼女の内面を描いたセリフが多いです。

本作品のエッチは童貞+処女なので二人とも相手を傷つけないよう慎重に振舞います。
非エロパートと同じく心と体の繋がりを大事にした甘く穏やかな内容です。

最後の「第6章:初めての性交」はメインパート(約26分)。
手マンとフェラでお互いに準備を整えてからいよいよゴム無しSEXへ移ります。

「あ… すごい こんなに大きくなるんだ」
「その さっきからなんか変なの ここ お腹のあたりから ちょっと熱くなってて」

先ほどよりも熱っぽい吐息を漏らしながらおちんちんをまじまじと観察したり
それに反応して子宮がうずいてることを不思議そうに告げるなど、初々しい仕草をいくつも見せてくれます。
手マンは声量を抑えた控えめな喘ぎ声、フェラもゆっくりペースで上品な音を鳴らしますし
彼女の処女属性をできるだけ反映させて初エッチを表現しています。

全体的に責めのペースが緩く、プレイごとの合間に軽いやり取りが入るので
純粋なエロさは普通の18禁作品に比べてやや下がります。
でも恥ずかしがりながら彼を喜ばせようと頑張る彼女の姿は健気で愛らしく
そういう女性とエッチできるシチュに幸福感を覚える人が結構いると思います。

「入って…くる そのまま入れて ゆっくり」
その部分が最も強く味わえるのが最後のSEXシーン。
おまんこの位置がわからず戸惑う主人公に入り口を教えてゆっくり挿入してもらい
まずは敢えて動かさずにお互いの感触を楽しみます。
そして体が馴染んだ後は徐々に激しいピストンをして二人同時の絶頂を目指します。

彼女が彼を気遣ってるのはセリフではっきりわかりますし
彼も彼女の気持ちにできるだけ応えられるように責めてます。
「じゅぷっ」と軽く絞り上げる感じのねっとりしたピストン音もエロく
少なくともこれまでのプレイよりはずっと実用性が高いです。

このように、相手の体を確かめながら気持ちよくなる甘く緩やかなエッチが繰り広げられてます。
雰囲気のいいボイスドラマ
登場人物の心理を楽しみながら抜ける作品です。

異性として主人公にちょっとだけ興味を抱いていた女の子が
二人きりになれる機会を得て彼のことをさらに知り、最後に体のほうも深く繋がります。

単にエッチするのではなく、どうしてそうなったのかもしっかり描いたドラマ重視の作り
処女が勇気を振り絞って男性に体を委ね、素直に乱れる初々しいエッチ。
二人がいる場所、性格、属性などを盛り込んだ愛のある物語が楽しめます。

「でもよかった 嬉しい 私の初めてが君で 君の初めてが私で」
佐伯さんは面倒見がよく責任感のある性格のせいで主人公からは手の届かない存在と思われてました。
でも実際は他の女の子と同じく普通の女性でありたいと願ってます。
そんな気持ちが彼に通じたからこそこういう結末を迎えられたのでしょう。
単に「相手のことが好きだから」では片付けられない部分を持ってます。

前半部分の段階的に仲が良くなるところが最も印象的でした。
18禁音声作品の場合、実用性を重視するあまりきっかけをすっ飛ばすものがそれなりにあります。
でも本作品は二人がどうしてこうなったのかを理解したうえでエッチを聴けるように作られてます。
感情移入しやすいので彼女を愛おしく感じる人がいるんじゃないでしょうか。

エッチはプレイだけを見るとかなりマイルドで、そのハンデをキャラやストーリーで補ってます。
人によっては多少回りくどく感じるかもしれませんが
年齢が若くどちらも初体験なら慎重になったり手際が悪くなるのも当然だと思います。
SEXシーンは一番の山場なので特に繊細に進めてます。

絶頂シーンは主人公1回、佐伯さん2回。
淫語・くちゅ音・喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音ごく僅かです。

女の子との近さを感じられる作品です。
おまけは後日談と雨音です。

CV:小石川うにさん
総時間 1:21:30(本編…1:13:19 おまけ…1:08:11) ※雨音は重複箇所なので除外してます

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

ホワイトボックス ~無表情な彼女にもっとエッチな白濁を~

サークル「テグラユウキ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、無表情だけど強い思いやりの心を持つ女の子が
ご主人様にあたる男性と様々なエッチをして精液をたっぷり搾り取ります。

非エロの時間を必要最低限に留めエッチな声や音をたっぷり聞かせてくれる作りや
彼の気持ちを第一に考えてご奉仕する甘く濃厚なプレイなど
無表情キャラから連想される事務的要素を完全に排した抜き重視のエッチを行います。
吐息や喘ぎ声が非常に充実してますから、長時間の囁き声も相まって密着感を味わいながら気持ちよくなれます。
無表情少女と二人きりの密室で
白鍵と色んなエッチをするお話。

「ご主人様 ご主人様 起きてください」
白鍵は淡々と話す落ち着いた声の女の子。
ある日の朝、前日にたくさん射精したおかげでなかなか目覚めない主人公を起こそうと
ズボンとパンツを脱がし朝立ちおちんちんをしゃぶり始めます。

本作品はホワイトボックスと呼ばれる密室に閉じ込められた二人が
唯一の脱出方法である「100回射精」を目指して様々なプレイに取り組みます。
彼女自身のことやホワイトボックスに閉じ込められる経緯にはほとんど触れず
音声開始から2分後には早速エッチを始める抜き重視の作りです。

「どんなことをされても 白鍵は拒絶いたしません ご主人様の思う通り どんなことでもされますし ご主人様の思う通り どんなことでもさせていただきます」
最大の魅力は白鍵のキャラとプレイ中の反応。
声や口調は確かに無表情ですが、言葉や態度はいつも思いやりに溢れてます。
エッチを始める際はどんなプレイをしたいか彼に尋ね、決まった後は彼が気持ちよく射精できるようにとことん尽くします。
また自分が責められてる時は熱っぽい吐息や可愛い喘ぎ声を積極的に漏らします。

音声を聴く限り彼女は人間と違う存在のようですが
ノルマを達成するために彼の気持ちをまったく考えず責め続ける事務的プレイとは大きく異なります。
「好き」などの愛の言葉も適度に言ってくれますし、彼女が彼に対して十分な愛情を抱いてるのがよくわかります。

またエッチシーンの後半に入ると二人がずっと体を密着させるようになり
それに合わせて彼女が囁き声で話す時間が一気に増えます。
40分以上囁き声が続きますから囁き好きな人のほうが楽しめるでしょう。

ストーリーよりもエッチを重点的に描いた構造、白鍵のギャップのあるキャラ、そして囁き声。
静かで可愛い女の子が男の欲望をひたすら受け止めてくれる甘くエロい作品です。
密着感のある濃厚なエッチ
エッチシーンは6パート62分間。
プレイはフェラ、授乳手コキ、玉揉み、SEX(対面立位、騎乗位)、耳舐め、アナルSEXです。
手コキ、SEX、アナルSEX、射精の際に効果音が鳴ります。

「ご主人様に 足コキで気持ちよくなってもらったのも パンツを被せてぴゅっぴゅしてもらったのも このおちんちんなんですね」
寝ている主人公にお目覚めのフェラを始めた白鍵は
おちんちんの味や感触を楽しみながら彼と以前エッチした時のことを思い出します。

エッチはパートによって攻守を入れ替えながら進めます。
一番最初の「白鍵のお目覚めフェラチオ」はホワイトボックスに入る前のお話(約5分)。
時折セリフを挟みつつ最初はちゅぱちゅぱと小刻みに舐め、しばらくすとピストンっぽい音へと変化します。

時間が短くどこをどう舐めてるかの実況も特にしないことから、このパートだけで抜くのはちょっと厳しいです。
でも彼女が彼に対してどういう感情を抱いてるかはなんとなく伝わってきます。
まだ本番前ということでまずは二人の関係を聴き手に知ってもらいたかったのかもしれませんね。

ホワイトボックスに入った後、最初にするのは授乳手コキ(約16分)。
部屋の中にあるベッドに白鍵が腰掛け、その太ももに彼が頭を乗せた状態でお互いの性感帯を刺激します。
彼女が赤ちゃん言葉を言わないので幼児プレイではありません。

「おっぱい…んっ 舐められると ご主人様 そんなに揉んでは 気持ちよくなってしまいます」
彼女は感じやすい体をしてるのか、彼に責められるとすぐさま息遣いが熱っぽくなり
「んっ」「あっ」などのエッチな吐息を漏らしながら話すようになります。
普段が淡々としてるからこそ乱れた時とのギャップで余計可愛く感じます。
本作品のエッチは彼女が吐息や喘ぎ声を漏らすシーンがとにかく多いです。

手コキは「くりゅっ」と程よい水気を帯びた摩擦音が上下に動き
最初はゆっくり、しばらくすると1秒2コキくらいのペースに上がります。
カウパーの分泌具合によって質感が変化することはないものの、ペースの切り替えは結構細かいです。

山場にあたるのはその次から始まるSEXシーン(約41分)
最初は対面立位、次は騎乗位と彼の体力に合わせて体位を変えながら
白鍵が左右の耳を舐めて合計5回の射精に導きます。
そしてここからは彼女がほぼずっと囁き声で話すようになります。

「ご主人様のおちんちん 子宮口に ぐりぐりして…あっ」
「ご主人様 好きぃ」

おまんこの奥深くにおちんちんを迎え入れて控えめに喘ぐ姿や
彼の精液を自分から積極的に中で受け止めていく姿には愛情が満ち溢れており
単に100回射精させるのではなく、1回1回を大事にしようとする姿勢が見られます。
ノルマが設定されてますけどやってることは恋人同士がする甘いSEXそのものです。

「ご主人様 白鍵はご主人様のおちんちん 抜いていただきたく…ないです」
騎乗位でするようになった頃から彼女がおねだりを始めるのが印象的でした。
彼を満足させようとひたすら尽くしていた今までとは違い
お互いがお互いを思いやりながら絶頂を目指すスタイルへと切り替わります。
彼も彼女の要求をすんなり受け入れますし、人外相手のエッチとは思えないほど温かい雰囲気が漂ってます。

このように、エッチな声や音をいっぱい鳴らしながら身も心も繋がる深いエッチが繰り広げられてます。
愛情たっぷりな抜きボイス
無表情で優しい女の子とのエッチをストレートに描いたノーマル向けの作品です。

白鍵は何らかの事情で自分と一緒にホワイトボックスへ入ることになった主人公を脱出させるために
彼の願いを尊重しながら様々なプレイに取り組みます。
そして性的快感はもちろん、男性としての幸福感も膨らませて何度も何度も射精に導きます。

ストーリー部分を極力削りエッチだけをとことん楽しむ展開
くちゅ音、ちゅぱ音、吐息といったエッチな音をふんだんに盛り込んだ実用性重視の作り
そして無表情キャラのイメージとはまるで違う彼女の愛情深いキャラ。
人外モノによくある無慈悲さや過酷さをできるだけ取り除いたあまあまラブラブなエッチをします。

「白鍵にできることでしたら 何でもお申しつけください」
中でも白鍵は常に彼の欲望を満たすことを第一に考えて行動します。
100回射精するまで食事すら取れないとなると普通はノルマの達成を優先しそうなのですが
彼女の場合は彼の心身にできるだけ負担をかけないようにご奉仕を続けます。
おまんこから抜かずに連続射精するシーンがあるものの、萎えたおちんちんを責めて強引に勃起させようとはせず
耳舐めや言葉でまずは彼にやる気を出させ、十分硬くなった後に再び腰を動かし始めます。

言葉責めにあたるセリフも一切ありませんから属性は完全なノーマルです。
授乳手コキやSEXなどお互いが責め合うプレイがメインになってるのもあります。
彼女もしっかり乱れてくれますし、女性との一体感を感じながら射精できます。

唯一気になった点は「白鍵の耳舐めえっち」「白鍵の耳舐めラブラブセックス」の音量が極端に小さいことです。
前者はパート全部、後者は中盤頃まで音量を最大にしてもセリフが聴き取りにくいです。
他の音声作品よりも集中して聴く必要があるので疲れますし、密着感の点でリアリティが損なわれてます。
耳元至近距離で話しかけられてるのに聴き取りにくいことは普通ありませんからね。

射精シーンは7回。
喘ぎ声(吐息含む)多め、淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなりです。

無表情キャラのイメージを逆手に取ったイチャラブ作品です。

CV:浅木式さん
総時間 1:20:41

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2017年10月29日まで半額の600円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

~おち○ぽ耐久テスト~委員長の厳しいオナ指示で射精する快感

サークル「マゾマゾ本舗」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、態度は素っ気ないけど根は優しい委員長が
自分と恋人になりたい男性にM向けのエッチなテストをします。

「完全オナニーサポート」と呼ぶのがぴったりなきめ細かなリードが魅力で
序盤は皮オナニー、中盤以降は亀頭オナニーとプレイスタイルを切り替えながら
シーンごとに異なるペースのシコシコボイスをたっぷり言ってくれます。
亀頭オナニーが充実してますから、彼女に見られ続けるシチュも相まって強めの快感が味わえるでしょう。

音声を聴く際にローションをご用意ください。
(サークルさんは唾液で代用可とおっしゃられてますが私は必須だと思います)
強い男にしか興味ありません
委員長にオナサポされながら射精を我慢するお話。

「あら まだ残っていたんですね」
委員長は甘く穏やかな声の女の子。
約束の時間から遅れて教室に行き、主人公の告白をすぐさま断ると
必死に食い下がる彼に一度だけチャンスをあげます。

本作品はクールで多少のSっ気もある彼女が
恋人候補にあたる彼へのテストとしておよそ1時間に渡るオナサポをします。
いずれも30分程度だった過去2作からボリュームが一気に増えたおかげでプレイの種類が多く
内容も女性に見下される、辱められるといったM向けのものばかりです。
サンプル画像のように彼女が乳首を責めたり足コキするシーンはありません。

全編を通じて言える大きな特徴はリードの丁寧さ。
シーンごとに大まかなテーマを設け、それに合ったプレイを用意し
開始後はシコシコボイスをできるだけ多く言ってペースや強さを細かく管理します。

シコシコボイスをある程度言ってからそのままのペースでしごかせるシーンも一部あるものの
基本的に隅から隅までオナニーを指示する完全サポートスタイルです。

「あなたは今 だーい好きな私の目の前で おちんぽしごきを披露しちゃってるんですよ」
言葉責めについてはシコシコボイスを優先した結果、時間に対するボリュームが少なめになってますが
彼女に見られながらオナニーしてるシチュを活かして羞恥や興奮を盛り上げます。
露出願望を持ってる人のほうがより気持ちよくなれるでしょう。
一部でかなり恥ずかしいプレイをするシーンもありますし、心への責めに一貫性があります。

もうひとつのポイントは亀頭オナニーに力を入れてること。
エッチシーンの65%近くの時間を割いて手のひらでこねる、指でカリを集中攻撃する
皮オナニーと同じ要領で激しくしごくなど色んな方法で敏感な部分に刺激を与え続けます。
(苦手な人向けに皮オナニーだけで終わるバージョンも入ってます)

レビューの冒頭にローション必須と書いた理由はこれです。
唾液だとローションに比べて粘性が低くすぐ乾いてしまいますから途中で痛みを感じるかもしれません。
やりやすさと安全性の両方を考えてローションを使うのがいいでしょう。

「私の許可も待てずに すぐ射精してしまうような情けないオスには 私と恋人になる資格などないのですよ」
今回お相手を務める委員長はクールで優しい女性。
諦めの悪い主人公を素っ気ない態度で見下す一方できちんとチャンスを与え
彼のオナニーを観察しながら自分の恋人に相応しいかをじっくり見定めます。

一見すると事務的キャラなんだけど、プレイ中に優しい顔を時々見せてもくれます。
オナサポをいい加減にやることもありませんし彼を本当の意味で嫌ってるわけではありません。
自分の価値を知ってるからこそ彼にも同等の器量を求めてるのだと思います。
緻密でハードなエッチ
エッチシーンは55分間。
プレイは皮オナニー、亀頭オナニー、擬似SEXです。
エッチな効果音はありません。

「ひとまずおちんちんのサイズは合格です あとはどれだけ射精を堪えられるかですので 頑張ってくださいね」
主人公にテストを受ける意思を確かめズボンとパンツを脱いでもらった委員長は
彼のおちんちんをチェックしてから手始めに緩いオナニーをさせます。

エッチは終始彼女に言われた通り手を動かします。
最初の19分間でするのはオーソドックスな皮オナニー。
2秒1コキのペースから始まり少しずつスピードを上げていきながら
見られてることを意識させたり、軽く貶すセリフを投げかけて彼のM心をくすぐります。

「それにしてもあなた 皮を使ったオナニーがとてもお上手なんですね」
まだ始まったばかりなので心身どちらも刺激は弱いものの
シコシコボイスでリズムを取ってくれるおかげでオナニーはとてもやりやすく
彼女のつれない表情やセリフも作品の雰囲気にマッチしてます。

前項で書いたように本作品のメインは亀頭オナニーですから
皮オナニーはそれに向けたウォーミングアップの意味合いが強いです。
ただし、シーンの終盤にはルール違反を犯した彼への罰としてやや激しいシコシコボイスも登場します。
Mな人にとっては比較的優しいプレイでしょうが、亀頭オナニーをより厳しくする役割をきちんと果たしてます。

続く亀頭オナニーの前半は幅広いプレイが楽しめるシーン(約21分)。
手に潤滑油をつけてからペットボトルの蓋を開ける感じに亀頭を擦ったり
指で輪を作りカリだけを責めるなど、皮オナニーよりもずっと強い刺激を与えて射精へ追い込みます。

「今度は手を動かすのではなく 腰のほうを前後に動かして亀頭を刺激していきましょうね」
ここで面白いのは2種類の擬似SEX風オナニー。
膝立ちになり最初は片手で、しばらくすると両手で作ったおまんこ目がけて腰をヘコヘコさせます。
「1 2」の掛け声を言うリズムを小まめに変えて快感に慣れなさせない工夫をしてますし
何より格好が情けないので精神面の快感もそれなりに得られます。

両方合わせて10分近くやりますから他のプレイに比べて体力の消耗も激しいです。
きめ細かなリードと羞恥を与える責めが上手く噛み合ってる本作品らしいプレイと言えるでしょう。

最後の15分間はお待ちかねの射精シーン。
これまでの試練を通じて彼の強さを認めた委員長が
最後の仕上げにカウントを使ったシンプルかつ過酷な亀頭オナニーをプレゼントします。

「カウントのやり直しが辛いみたいですね でもあなたのマゾチンポはビクビクいって喜んでるみたいですよ」
もちろん彼女がすんなり射精を許すことはありません。
わざと間延びした言い方でカウントを数えたり、合間にセリフやシコシコボイスを挟んでとことん焦らします。
カウントと相性のいい寸止めも登場するなど最後の試練と呼ぶに相応しい内容です。

このように、射精だけでなくオナニーも完全に制御する取り組みやすいエッチが繰り広げられてます。
リードが丁寧な作品
女性に射精をコントロールされてる気分が味わいやすいM向け作品です。

委員長は告白を断っても諦めてくれない主人公を円満に引き下がらせるために
時間が長めで刺激も強いオナサポをして心を折ろうとします。
シコシコボイスを中心に据えた完全サポートスタイル、痴態を見られる快感を適度に煽るアプローチ。
上下関係を出しつつMが喜ぶ責めを積極的に盛り込んで射精感を上手に盛り上げます。

シコシコボイスはオナサポの定番とも言える要素ですが、その扱い方はサークルさんによってかなり違います。
マゾマゾ本舗さんの場合はそれこそ頭を空っぽにできるレベルの大変丁寧なものです。
オナサポ初心者はもちろん、女性にすべてを委ねたいM男も安心して楽しめます。

「私も楽しめましたし 今日のことはなかったことにしてあげます」
委員長についてはクーデレと呼んでも差し支えないくらいの優しさを持ってる女性です。
未練がましい主人公になんだかんだで最後まで付き合ってあげますし、プレイ中に頑張ってると判断したら素直に褒めます。
主導権は絶対に渡しませんが細かい部分で思いやりを見せてくれるので事務的感も薄いです。
プレイの厳しさを彼女のキャラである程度中和してます。

エッチは亀頭オナニーがとにかく充実してます。
ほとんどのプレイで亀頭全体を刺激しますから射精も普通にできます。
個人的には擬似SEX風オナニーが一番気持ちよかったです。
ただ見られる快感を煽る言葉責めはもうちょっと多くしてくれたほうが興奮しやすいかなと。

射精シーンは1回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:山田じぇみ子さん
総時間 1:05:09

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

夢幻の里の癒し旅館―涼香―【ハイレゾ48kHz/24bit】

夢幻の里の癒し旅館―涼香―【ハイレゾ48kHz/24bit】(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「Chapter7: お体をふきふきしましょうね♪」以降の様子を中心に紹介します。
過ぎ去りし時を振り返りながら
後編部分に登場する非エロのサービスは主にふたつ。
Chapter7は耳舐め手コキやフェラで汚れた体をお湯に浸したタオルで拭い(約20分)。
Chapter8は夏の夜の定番とも言える家庭用の花火を涼香と一緒に楽しみます(約14分)。

「(上着を)引っ張りましょうか? はい じゃあ万歳してください」
序盤のフットマッサージは足を重点的にお世話したので
今回は鎖骨、左右の腕、背中、腰、お尻などを丁寧にお掃除し最後のほうに足を拭く流れに変えてます。
「さすさす」と控えめな効果音を鳴らす合間にタオルを交換し、お湯につけて絞るシーンを入れるなど
今までと同じく色んな動作に音を鳴らしながらゆっくりのんびり進めます。

時間が夜、しかもエッチを終えた直後ということで
風鈴と体を拭く音だけが流れるひと時は普段以上に静かで落ち着いてます。
彼女もその余韻を妨げないようどこを拭くかや「ふきふき」と言う以外は会話をほとんどしません。
楽しかった一日が終わりつつあることも空気で感じさせてくれます。

彼女との会話が最も充実してるのはChapter8。
ヘビ花火、棒状の花火、線香花火を二人で交互に、あるいは同時に点火して色や音を楽しみます。

「あ、あれ? つかなかった もう一回」
「今日一日 楽しかった あなたが来てくれて すごく幸せな一日でした」

サービスの実況を中心に描いてた今までとは違い
ここでは彼女の様子や気持ちにも焦点を当てて人間味を持たせてます。
どっちが長く火をつけ続けられるか勝負するところも子供っぽくて可愛いです。

音のほうはヘビ花火が「しゅぼぼぼ」、棒の花火は「しゅぱぱぱぱ」、線香花火は「ぱちぱち」と
現実世界で使用した時とほぼ同じものが鳴ります。
特に線香花火の静かで儚い音はこの場の雰囲気や二人の心情に大変マッチしてると思います。
お世話する側からされる側へ
後編のエッチシーンは25分間。
プレイはキス、涼香への乳舐め、手マン、SEX(対面座位)、耳舐めです。
手マン、SEXの際に効果音が鳴ります。

「そんな…浴衣をはだけさせて 胸が出てしまって 胸をちゅーって…んっ」
花火を楽しんだ後、勝負に勝った主人公にご褒美のキスをした涼香は
お返しに彼に熱いキスをされ、そのまま左右のおっぱいを激しく吸われます。

エッチは以前とは打って変わって彼がリードします。
最初の10分間は本番に向けての準備にあたるプレイ。
唇をぴったり重ねるディープキスから始まり、和服をはだけさせての乳首舐め
お互いに向き合う体勢での手マンと彼女の大事な部分を順番に味わいます。

「私と、したい? そう…ですか なんだか嬉しいです」
彼に体を求められたことが余程嬉しかったのでしょう。
縁側でのエッチに軽く戸惑うものの、それ以降はすべてを彼に委ねて素直に感じます。
彼女が責められるスタイルなので熱っぽい吐息や喘ぎ声を漏らすシーンが多く
耳舐め手コキやフェラとは違ったエロさがあります。

後半のSEXも対面座位で繋がってからは多くを語らず
耳舐め、吐息、ピストン音といったエッチな音だけでその様子を表現します。
耳舐めはこれまでかなりの時間やってますし、ここはむしろ入れずにセリフで盛り上げたほうが個性が出たかもしれません。
聴き手視点でおまんこの具合や感覚を伝えてイメージを膨らませるとかですね。
エッチな声や音は2種類重ねるくらいが丁度いいと思います。

このように、女性が乱れる姿で興奮させる艶っぽいエッチが繰り広げられてます。
風情のある作品
夏の日を二人でのんびり過ごす様子をそのまま切り取ったような作品です。

涼香は仕事や生活で疲れが溜まってる主人公を心の芯からスッキリさせようと
十分な時間を取って非エロ、エロいずれも充実したサービスを提供します。
夏らしさを感じるリアルで多彩な効果音と環境音、時間に余裕を持たせてゆったり進める作り。
作品付属のテキストでサークルさんがコンセプトに挙げられたふたつの要素を大事にした癒しのひと時が味わえます。

特に音は実際に出かけて録音されただけあってどれもかなりリアルです。
扇風機が首を振ってる様子まで音で表現してるのには驚きました。
サービスも家庭的なものを多くして堅苦しさを取り除いてます。

ですが、音と同じくらい大事な要素にあたるセリフについては色々と首を捻る部分があります。
多くのサービスで擬声語を多用してることや、エッチで淫語や言葉責めが弱いのがいい例です。

「はーい 蒸らして ふき ふき 蒸らして ふき ふき」
擬声語を使うこと自体を否定する気はありません。
でも本作品は音の品質が良いのでセリフを無理に挟まなくても何をしてるかがおおよそわかります。
そして体を拭く時など音が控えめなサービスでこれをやると、せっかくの音が声でかき消されてしまいます。
耳かきで奥のほうを掃除するシーンも似たような状況に陥ってます。

要は音の魅力を引き出せるように擬声語を使って欲しかったということです。
どのサービスも同じ表現方法だと聴いてて単調に感じるのもあります。
1時間程度の作品ならともかく、4時間近くもある作品でそれをやってしまうのはさすがにまずいかなと。

音に自信があるなら擬声語を無理に挟まずもっと任せて良かったと思います。
あるいは挟むものとそうでないものを用意すればまた違った面白さが生まれたのではないでしょうか。

後者も端的に言えばマンネリ化を防ぐための配慮にあたります。
音がリアルでも耳舐め手コキとフェラで60分近くちゅぱ音中心のプレイを続けるのは…うーん。
そこに上手くセリフを挟めばそれがアクセントになって興奮や勃起を維持しやすくなります。
男性の性的興奮は熱しやすく冷めやすいので時間が長くなるほど工夫する必要が出てきます。

後編の射精シーンは1回。
ちゅぱ音それなり、くちゅ音と喘ぎ声そこそこ、淫語ごく僅かです。

一部で厳しいことも言いましたが雰囲気や音は大変素晴らしい作品です。
約4時間で1000円とコスパもいいですし、内容を理解したうえで聴くなら満足していただけるはずです。

CV:柚木桃香さん
総時間 3:55:31(本編…3:42:01 フリートーク…13:30)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
コスパで+1してあります。

夢幻の里の癒し旅館―涼香―【ハイレゾ48kHz/24bit】

サークル「+Dream」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、上品で世話好きな旅館の店員さんが
偶然出会った男性に色んなサービスをして心身をリフレッシュさせます。

セミ、風鈴、扇風機など夏を感じるリアルな音がバックで流れ続けたり
どのパートも時間を長めに取ってゆっくりじっくり行うなど
「夏らしさ」と「落ち着ける時間」を大事にした癒し特化のサービスが味わえます。

総時間が4時間近くあるため前編(Chapter0~6)と後編(7~10)の2回に分けてお送りします。
疲れた人だけが来られる旅館で
夢幻の里の住人「涼香」と一日を過ごすお話。

「あら こんにちは 今日もお暑いですね」
涼香は上品で落ち着いた声のお姉さん。
とある夏の日、夢幻の里をふらりと訪れた主人公に声をかけると
里のことを簡単に教えてから旅館へ案内します。

本作品は現実世界に疲れを感じた人だけが訪れられる世界を舞台に
彼女が昼間から夜にかけて長時間に渡る様々なご奉仕をします。
どちらかと言うと癒しの色が強いのですが、エッチの時間も十分過ぎるほど取られており
そこでは彼の体にできるだけ負担をかけないようじっくり射精に導きます。

全編を通じて言える特徴はふたつ。
夏を感じる要素が多いこととできるだけのんびりお世話することです。

前者は音声開始直後から数種類のセミの声がバックで流れ
旅館に到着した後は風鈴の音が加わり、サービスのほうも水を使ったマッサージやかき氷を食べるなど
夏にまつわる様々なものを主に音で表現し癒しを与えます。
音声、効果音いずれもバイノーラル録音なだけあってクオリティが高く、後になるほど心がスッキリしてきます。

「ぽん ぽん ぽん ぽん ゆっくりお休みください」
マッサージは「もみもみ」、耳かきは「かりかり」などサービス中に擬声語を言うシーンが多いです。
それほど意味のないセリフだからこそ頭を空っぽにしたまま音声を聴けます。
声が生み出す音と効果音を組み合わせて癒す音フェチ成分の強い作品です。

後者はどのサービスも平均20分程度の時間を用意し
マッサージは足、耳かきは耳とお世話する部位も絞り込んでゆっくり手を動かします。
仕事などで慌しい日々を送ってる人ほど時間の流れが緩やかになった感じがするでしょう。
長時間作品の武器である「ゆとり」を多く持たせて落ち着ける雰囲気を作り上げてます。

「お気になさらず お代は必要ありません あなたを癒すことのできる時間が 私にとって一番幸せな時間です」
涼香については和服美人のイメージにぴったりなおっとりしたおおらかな女性です。
彼が夢幻の里に来た時点で疲れてるのはわかってますから、多くを語らず嬉しそうにお世話を続けます。
時折子供っぽさを感じる言葉や仕草を見せるのがいいですね。
旅館だからといって他人行儀に振舞わず、彼と同じ視点でこのひと時を楽しもうとします。
涼を感じる癒しのサービス
二人が出会い旅館に着いた後、最初にするのは縁側での休憩(約20分)。
彼女が入れた麦茶を飲んだりかき氷を食べて心と体の熱を冷まします。

氷をグラスに入れる音、麦茶を注ぐ音、喉を鳴らして美味しそうに飲む音など
行為のほぼすべてを音だけで表現する本作品らしいサービスです。
彼女がこれらの準備をしに行ってから戻ってくるまで3分30秒程度無言の時間があるのもポイント。
何もしない時間を敢えて挟むことでその場にいる気分に浸る余裕を聴き手に与えます。

「あっ 頭にキーンてきました でもこれがいいんですよね かき氷食べてるって感じで」
このパートで特徴的なのはやはりかき氷を食べるシーンでしょう。
ペンギンの形をしたかき氷機に氷を乗せ、「ざりざり」と引っかかりのある音を鳴らして粉状にします。
好きなシロップの味を教えたり、食べてる最中にお馴染みの感覚に襲われるなど
涼香も旅館の店員より友達に近い親しげな顔を見せてくれます。

本格的なサービスが始まるのはその次から。
Chapter2は冷たい水の入った桶に足を浸しながらのフットマッサージ(約25分)
軽い昼寝を挟んだ後、Chapter4は癒し系作品では定番の耳かきをします(約31分)。

フットマッサージは右足→左足の順に足裏を押すところから始まり
親指から小指にかけて一本ずつ丁寧に揉んだり、水をかけながら脹脛を指で挟んでぐりぐりするなど
ケアする範囲をある程度限定して時間いっぱい続けます。

「疲れよ疲れよ飛んでいけー なんて ふふっ」
そしてここでは「ぎゅっ ぎゅっ」「くり くり」「もみ もみ」といったセリフに合わせて水の揺れる音がします。
足の指の時はぴちゃぴちゃと控えめだったのが、足首や脹脛に移るとぱしゃぱしゃした音になるなど
お世話する部位の大きさや水面との距離に応じて水の質感が微妙に変化するところが印象的でした。
まだ到着したばかりなので世間話はあまりせず擬声語と効果音で癒す音重視の内容です。

続く耳かきも素朴で家庭的なサービス。
膝枕の状態で右耳→左耳の順に耳かき棒でお掃除し、数回息吹きを挟んでから梵天で細かい汚れを落とします。

耳かき棒は「ずすっ」と乾いた平べったい音、梵天は「ぷすぷす」と広く柔らかい音が使われており
前者は穴の浅いほうだと耳の手前から奥へ押し出すように、深いところは短いストロークで優しく引っかくように
後者は軸を持ってゆっくり回したり奥から手前に掻き出すように動きます。

どちらも音の質感は良いのですが、耳かき棒でほぼ同じ場所を何度も擦るのが気になりました。
耳の中は筒状になってますから耳かきする時は上下左右に器具を動かすのが自然です。
下方向を集中的に掃除してる感じだったので、上や横にも位置を変えて進めればもっとリアルになったでしょう。
耳の奥を掃除するシーンの音量が声>効果音になってるのも残念です。

「実は私 照れるとすぐに耳が赤くなって ばれちゃうんです」
最中の涼香はフットマッサージと同じく「こり こり」「かり かり」といった擬声語を多めに言うものの
ところどころで簡単な雑談を交わすシーンがあります。
個人的には耳かきの様子は効果音に任せて、もっと雑談したり吐息を漏らしたほうが自然になったと思います。

この後のエッチもそうなのですが擬声語を使いすぎかなと。
音以外の部分にもう一工夫が欲しい耳かきと私は見ています。
ちゅぱ音たっぷりのエッチ
前編のエッチシーンは2パート53分30秒間。
プレイは耳舐め、手コキ、フェラ、玉舐めです。
手コキの際に効果音が鳴ります。

「え? お耳を私の舌で綺麗にして欲しい?」
耳かきの途中で寝入った主人公を起こしてはいけないと思い、おしぼりで耳を拭かないでおいた涼香は
目覚めた彼にそれをしようとしたところ耳舐めをリクエストされて快く承諾します。

エッチはどちらも彼女がご奉仕する形で進みます。
最初のChapter5でするのは耳舐めと手コキ(約37分30秒)。
初めの10分間は左耳、次は右耳とまとまった時間ごとに左右を切り替えながら
全体を舐める、耳たぶを吸う、内側を舌で責める、キスするなど色んな舐めを繰り出します。

最初の20分間が耳舐め、残りの時間も耳舐め+手コキのスタイルなので
耳舐めのボリュームが非常に多く、舐め方も後になるほどエロく激しいものへと変化します。
落ち着いた声とは随分違うやや下品な音を積極的に鳴らしてくれるのも実に良いです。
時間が経って夜になったのか、ここからはセミの声がなくなりちゅぱ音だけを集中して聴けます。

ひたすら舐め続けるので言葉責めの類はほとんどしません。
エッチな音を浴びるほど楽しめるとてもシンプルなプレイです。

「熱いですね でもこの熱さが よりそそりますよね」
ただし、パート後半から始まる耳舐め手コキは音以外の要素でも心をくすぐってくれます。
彼のおちんちんを「立派で可愛らしい」と褒め称えたり、手コキ開始直後はわざとペースを遅くして少し焦らしたり
射精が近づくほど熱っぽい吐息を漏らすなど、彼のすべてを受け入れる姿勢で上手にサポートします。
体のとある部分に精液をぶっかけて欲しいとおねだりする姿にもグッときました。

もうひとつのChapter6はフェラがメイン(約16分)。
先ほどの射精で汚れたおちんちんを口で綺麗にしてから
復活したそれと金玉を指と口で丹念に愛撫します。

「私は気にしませんよ あなたのこのおちんちん 汚いなんて思いません」
こんなことを言われながらねっとりしたちゅぱ音を鳴らされたら多くの人が勃起するはずです。
フェラ開始後はどこをどう舐めるかを言うくらいに留め、カリや裏筋など敏感な部位を中心に
最初は舌で舐め、しばらくすると咥え込み全体を刺激する心のこもったプレイが味わえます。
口の中に吐き出された精液も喉を鳴らして飲み込んでくれますし、どうすれば相手が喜ぶかを第一に考えて行動します。

このように、エッチな音をたっぷり鳴らす温かいエッチが繰り広げられてます。

前編の射精シーンは2回。
ちゅぱ音大量、くちゅ音そこそこ、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

後編へ続く…。
夢幻の里の癒し旅館―涼香―【ハイレゾ48kHz/24bit】(後編)

CV:柚木桃香さん
総時間 3:55:31(本編…3:42:01 フリートーク…13:30)


体験版はこちらにあります

お嬢さんのノルマ式オナニーサポート シコシコ1000回に負けてちょうだい?

サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、態度は穏やかだけどSっ気の強いお嬢さんが
カウントを軸にした比較的ハードなオナサポで軽い地獄を味わわせます。

およそ30分間でおちんちんをぴったり1000回しごくタイトル通りのプレイが行われており
1セットごとに回数やペースを小まめに変えながら
下品なちゅぱ音を鳴らしたり、艶かしい声を上げて射精への欲求を執拗にくすぐります。
ノルマに沿ってたっぷりシコシコ
お嬢さんの指示に従いオナニーするお話。

「ねぇ あなた今日もオナニーするんだ?」
お嬢さんは甘く明るい声のお姉さん。
今日もオナニーに励む主人公に「そのままじゃ女の子を満足させられない」と言うと
反論する彼にエッチな勝負を持ちかけます。

本作品は2015年7月に発売された「お姉さんのノルマ式オナニーサポート シコシコ1000回に負けなさい?」の後継作。
物腰は穏やかだけどかなりSな彼女が40分程度の時間をかけて濃い目のオナサポをします。
サークルさんの代表作「地獄級射精禁止オナニーサポート」シリーズに比べてボリュームは少ないものの
肉体面への責めに限定すれば同程度の厳しさを持ってます。

「何十回も 何百回も チンポを自分でしごきまくるの」
そう言える最大の理由はおちんちんをしごく回数がとんでもなく多いこと。
1セットごとにノルマを宣言してから彼女の声に合わせてひたすらしごき続けます。
1000回と聞くと大げさに感じる人もいるでしょうが、彼女は本気でその数字になるようにプレイを進めます。
私のほうでも数えましたから間違いありません。

また回数をひたすらこなすだけでは雰囲気的なエロさが不足することを考慮し
ある程度経つと擬似フェラを投入したり吐息や喘ぎ声を漏らして盛り上げようとします。
後になるほどしごくペースや回数がハードになり、それと同時に休憩が減るのもポイント。
最後に訪れる射精をできるだけ充実したものにしようと心のほうもある程度責めてくれます。

とんでもなく多いオナニーの回数と心へのアプローチ。
時間があまり取れない人でも楽しめるように作られた密度の高いM向け作品です。
変化に富んだ意地悪なエッチ
エッチシーンは3パート42分間。
プレイはノルマ式オナニー、擬似フェラオナニー、吐息&喘ぎ声オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「じゃあ 早速地獄のノルマ式オナニー 始めよっか」
オナサポのルールを説明し主人公の同意を得たお嬢さんは
軽くちゅぱ音を鳴らしておちんちんを勃起させてから緩めのペースでカウントを始めます。

エッチは終始彼女に言われた通りに手を動かします。
最初の10分間はスタンダードなノルマ式オナニー。
20回→40回→20回→40回とノルマを上下させながら2セットごとにペースを少しずつ上げていきます。

「やっぱりシコシコは上手なんだね いつもそうやって一人でオナニーしてたんだ」
2秒1コキからスタートし1秒1コキ、1秒2コキと速めながら
各セットの合間にオナニーを見られてることを意識させたり、軽い挑発をしてM心をくすぐります。
しごいてる最中は数を数えることに専念してくれるのでとてもやりやすいです。
ここだけで射精することはさすがにないでしょうけど、暴発に向けての種を撒く役割は十分果たしてます。

心への責めが強化されるのはその次から。
亀頭を舐める、咥え込んでおちんちんを絞り上げる、そのまま舌で刺激する
ピストン&バキュームと責め方を変えつつそれぞれに合ったちゅぱ音をカウントと同時に鳴らします。

「まだまだ色々なフェラあるんだよ この程度でメロメロ? あーあ そのチンポちょろいんだね」
彼女はこの勝負に相当な自信があるらしく、基本的には余裕の表情を見せ続けます。
ですが手を抜く気はまったくないようで比較的下品なちゅぱ音をハイペースで鳴らして気持ちを盛り上げます。
中でもシーン終盤のピストンフェラやバキュームフェラは音がパワフルでエロいです。

ただ30回しごいたらすぐ次のフェラに移ってしまうのはちょっともったいないかなぁと。
もっと時間を長く取ってじっくりしごかせてくれたほうが充実したプレイになったと思います。
エッチ開始からおよそ20分の時点でしごく回数は430とまだ少なめです。

後半に入ると彼女の責めが一気にハードなものへと変化します。
吐息&喘ぎ声オナニーは女性のエッチな声を聞かせながらカウントを数え
続く終盤は回数とペースの両方が高い最高難度のプレイが登場します。

「んー? 休憩はもうあげたよね? だから平気平気」
吐息&喘ぎ声オナニーは1セットごとの回数だけを見れば今までと変わらないものの
休憩時間が短くなる関係で連続してしごくシーンが増えてます。
1セット45秒程度取ってた擬似フェラオナニーに対し、ここは平均20秒と言えばわかっていただけると思います。
後になるほど艶かしくなる喘ぎ声も暴発を誘うのに貢献しています。

「私の目の前に そのゼリーみたいなドロドロ汁 晒して頂戴よ」
最後の追い込みは序盤のスタンダードなノルマ式オナニーに戻りおちんちんへの刺激を著しく強化しています。
およそ5分間で340回もしごくことになるので腕への負担もそれなりに感じるでしょうね。
1セットあたりの回数が50~100に増え、ペースも1秒2コキが標準になります。
文字通り最後の難関と呼ぶに相応しいプレイです。

残りの2パート10分30秒間は射精シーン。
「優しいご褒美」は穏やかな態度でストレートに、「厳しいご褒美」はさらなる試練を課してから射精を許可します。
後者は寸止めも絡んできますから完遂するのがさらに難しくなるでしょう。
両パートで彼女の態度も結構変わりますしご自分のM性と相談してお選びください。

このように、時間いっぱいとことんしごかせる比較的ハードなプレイが繰り広げられてます。
コンパクトな作品
テーマに沿った短時間のオナサポが楽しめる作品です。

お嬢さんは毎日オナニーに励んでるMな主人公をおもちゃにして遊ぼうと
オナサポ勝負を持ちかけ射精の権利を取り上げてから色んな責めを繰り出します。
そして最後は清清しく、意地悪にと2つの方法で射精させてあげます。

彼女が出したノルマをクリアし続けて1000回を目指すタイトル通りの展開
カウント自体はストレートに数え、合間の言葉責めやエッチな音で心を揺さぶる作り。
システムはできるだけシンプルなものにして、それ以外の部分でエロさやハードさを出します。

「勢い余って漏らす? 漏らしてもいいよ ここまで頑張ったのに無駄にすれば? というより無駄にしてよ」
プレイが進み追い詰められていくほど彼女が本性を現すところも面白いですね。
特に「厳しいご褒美」パートは負けたことに対して不快感を露わにします。
といってもサークルさんの某作品みたいに射精できずに終わることはありませんから
Mな人を喜ばせるための演出と捉えるのが妥当です。

エッチは前半と後半の落差をかなり大きくしています。
擬似フェラを聴き終えたあたりまでは余裕があった人も、その後で厳しい思いをするのではないでしょうか。
プレイ時間が短めなことを考えればこれくらいのきつさが丁度いいです。

射精シーンは2回(1視聴あたりの回数は1回)。
淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

定められたルールの中で幅広く責めるしっかりした作品です。

CV:霜月優さん
総時間 49:08

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

早漏治療しませんか2~とことんフェラ治療~

サークル「ファイルスプリッツ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、明るくて仕事熱心なセラピストが
男性特有の悩みを抱えてる患者にエッチな治療を施します。

エッチのほぼ全部がフェラという非常に尖った作りをしており
序盤は舐め、中盤以降は咥えとスタイルを変えながら
唇、舌、頬を上手に使い分けて責める様子をちゅぱ音でリアルに表現します。
弱いおちんちんを猛特訓
セラピストにフェラされ射精を我慢するお話。

「早漏治療の患者さんですね。こんにちわ。私が担当のセラピストです」
セラピストは明るくて可愛い声の女の子。
フェラチオですぐ射精してしまうことに悩んでる主人公に挨拶すると
自分の口を使って早漏改善のお手伝いをします。

本作品は彼の弱点を克服することを目的に
彼女が50分近くに渡り唇、舌、頬を使った濃厚なサービスをします。
続編扱いになってますが彼女のキャラや二人の関係についてはほとんど語らず
彼がここに来た理由と治療の内容を話すとすぐさまエッチに取り掛かる抜き重視の作りです。

「私がフェラチオをしますので 患者さんは射精を我慢していただくだけで結構です」
最大の特徴は何と言ってもフェラ。
エッチシーンの95%にあたる45分間徹底的にしゃぶり続けます。
フェラは音声作品における代表的なプレイのひとつですが、ここまで突き詰めてるものはあまりありません。
女性の口が生み出すエッチな音を思う存分楽しむことができます。

本作品のフェラの魅力は量だけではありません。
最初の10分間は主に舌を使っておちんちんをねっとり舐め、十分勃起した後は口に含んで別の刺激を与えます。
販売ページの作品説明に書いてある通り本作品には全部で11ものフェラが登場します。
音だけで違いがわかるように丁寧な演技をされてますからどう責めてるかもイメージしやすいです。

ほとんどのプレイが事前に何をするか説明し、1~4分ほど責めたら次に移るのを繰り返します。
ちゅぱ音を集中的に聴けるように作られてるので言葉責めはほとんどありません。
射精を我慢し続けるスタイルですがこれのおかげでM性は低くなってます。
質量共に充実してるフェラ
エッチシーンは3パート47分30秒間。
プレイはキス、舐めフェラ、咥えフェラです。
エッチな効果音はありません。

「それでは緊張をほぐすのも兼ねて、私とキスをしてみましょうか」
主人公のパンツを脱がしおちんちんの状態や精液の溜まり具合を確認したセラピストは
緊張してる彼の心をほぐそうと甘いキスをします。

エッチは治療なので彼女が終始責め続けます。
最初の2パート12分30秒間は本格的なフェラへの準備にあたるプレイ。
「開始説明とキス」はキス、「舐める」は舌を使ったソフトなフェラでリラックスと勃起を促します。

彼女の清純なキャラを崩さないよう露骨に下品な音を出すのは控え
唇を軽く吸い上げたり、舌を絡めてゆっくり動かす温かいキスを交わします。
治療だからといって事務的な態度は特に取りませんし、本作品の良さが早速出ています。

舐めフェラについても鈴口へのキスは「じゅびっ ぎゅぷっ」と軽いバキュームを混ぜてややパワフルに
おちんちん全体へのキスはちゅぱちゅぱと啄ばむ感じでゆっくりと長めの時間をかけて
竿舐めはれろぉーっと舐めて啜るのをゆっくり繰り返す、といった感じに
プレイごとに違うタイプの音を鳴らしイメージと性的興奮を膨らませてくれます。

3番目の「咥える」は質量共に最も充実してるメインパート(約35分)。
これまでのプレイですっかり元気になったおちんちんをいよいよ咥え
合計7種類のフェラで少しずつ確実に射精へと追い込みます。

「これは文字通り患者さんの歯ブラシおちんちんを私の内頬にこすりつけながらフェラをするんです」
この中で珍しいプレイは2番目に登場する歯磨きフェラ。
「じりゅっ」というややパワフルでストロークの短い音を何度も繰り返し鳴らしながら
おちんちんを歯ブラシに見立てて竿や亀頭を頬の裏側でごしごし擦ります。

このパートは全体的にペースが速くて刺激の強いプレイも多く
彼を本気で早漏改善させようとする彼女の意思が強く反映されてます。
それはすなわち抜きやすい音が沢山鳴ることも意味します。
後になるほどよりエッチで下品な音に変化するのでオナニーもかなり捗るでしょう。

個人的に最も抜けると感じたのはパート中盤に出てくるバキュームフェラ。
口の中でヒクヒクしてる爆発寸前のおちんちんにとどめを刺そうと
今まで以上にハイペースかつ力強い責めを繰り出します。

「患者さんの濃厚な赤ちゃんの素がどんな味か 私の口に味わって欲しいなんて思っていませんよね」
1回ごとにストロークを長めに取った「ずびびびびっ」という特徴的な音は強烈。
ペースの速いものと遅いものを合わせて10分近くの時間が取られてますし
合間にほんの少しですが言葉責めもしてくれる豪華な内容です。

あとちょっとでゴールできる場面だからこそ最大の難関を用意します。
射精シーンの直前に始まるオリジナルフェラも音が変化に富んでて実用性が高いです。

このように、音の濃度と幅広さの両方にこだわったフェラ特化のエッチが繰り広げられてます。
ちゅぱ音まみれの作品
ひとつのプレイをとことん掘り下げてる抜きやすい作品です。

セラピストはフェラに異常な興奮を覚える主人公の耐久力を少しでも高めようと
穏やかな態度で接しながらフェラのスピードとパワーを段階的に上げていきます。

最初から最後までずっと何らかのちゅぱ音を鳴らす尖った作り
そのひとつひとつに異なる音を用意する凝った演出。
フェラチオだけで聴き手を楽しませよう、興奮させようとする意気込みが強く込められてます。

「早漏を治療したいとお考えでしたら是非また来てください。患者さんの早漏が治るよう私も何度でもお手伝いさせていただきますので」
これらをリードするセラピストのキャラもお話にマッチしてます。
早漏な彼を見下すどころか応援し、所々で柔らかい言葉責めもぶつけます。
その一方でちゅぱ音は中盤まで過度に下品な音を出さず、最中の吐息も色っぽさが抑えてあります。

彼女は治療のためにフェラをするので彼が途中で射精することを望みません。
だからフェラはしっかりやりつつそれ以外の部分をやや淡白にしています。
この内容で言葉責めを増やすと途中でギブアップする人がきっと増えるでしょうから
主人公と同じく聴き手もギリギリまで我慢し、最後に気持ちよく射精できるように調整されてます。

エッチはフェラ好きなら間違いなく楽しめると言えるほどにしっかりしてます。
こういうプレイをする場合、同じ音をひたすら鳴らし続けてたら次第に飽きるでしょうから
個々の時間を短めに区切って徐々にエロさを上げていく流れは実に良いです。
闇雲にフェラするのではなく目的や方向性を持ってプレイを組み立ててます。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音多め、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

フェラ好きな人のためだけに作られたかのような突き抜けた作品です。
純粋なエロさも高めですからオナニーのオカズになる作品を探してる人にもおすすめします。

CV:御上みみさん
総時間 53:48

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

魔族ディーラーの堕落遊戯 ~ようこそ、悦楽のカジノへ~

サークル「Garden of pleasure」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、上品で駆け引き上手な魔族のディーラーが
借金を背負った男性とエッチなゲームを楽しみます。

実況のセリフとリアルな効果音を組み合わせた緻密なエッチが行われており
竿、裏筋、亀頭、カリなど部位ごとに異なる質感の音をセリフに合わせて鳴らし
さらにカウパーの分泌具合やローションの有無でも水分が微妙に変化します。
危ないゲームのチップは…
魔族のディーラーと3つの勝負をするお話。

「はぁーい、お兄さん♪ 今日の調子はどうかしら?」
ディーラーは穏やかで色っぽい声のお姉さん。
魔族経営の裏カジノで負け続け、多額の借金を背負った主人公に今日の調子をきくと
返済のあてがない彼に最後のチャンスを与えます。

本作品は女性に誘惑されたり負かされる快感を聴き手に味わわせることを目的に
彼女がギャンブル要素を絡めた1時間以上に渡るエッチなサービスをします。
某有名賭博マンガっぽいシチュですが行き過ぎと感じる表現は特になく
ゲームの様子は必要最低限に留めてエッチのほうを中心に進めます。

勝負のルールは至ってシンプル。
彼女と一対一で様々なゲームに挑戦し、その中で合計3回勝ったら借金を帳消しにします。
そして負けた場合は彼女たちの奴隷としてあるものを捧げ続けます。
作中ではポーカー、ビリヤード、ブラックジャックが登場します。

「射精と同時に溢れ出てくる時が一番素敵…… 白い精液と甘い性の欲望そのものが混ざり合って最高のご馳走なの……」
ギャンブルをするには当然チップが必要です。
だからお金を持たない彼に彼女は己の精を賭けるように言います。
ここでの精は精液とエッチの時に男性が放出するエネルギーの両方を指します。

ゲームにエッチをきちんと絡めてるところが面白いですね。
彼女もこのルールを利用して彼に様々な誘惑を仕掛けます。
最中の駆け引きにも力を入れてますから、勝負と快楽のどちらを選ぶか迷う人もいるでしょう。
一歩間違えばブラックになりそうなシチュを明るくエッチに描いた作品です。
言葉と音を組み合わせたきめ細かなエッチ
エッチシーンは3パート61分間。
プレイは手コキ、玉揉み、亀頭責め、乳首責め、耳舐め、会陰責め、アナル舐め、フェラ、キスです。
手コキ、玉揉み、亀頭責めの際にリアルな効果音が鳴ります。

「お兄さんさえ良ければ……ポーカーなんかよりずっと楽しくて気持ちの良い遊びしてあげる……」
二人きりになれるVIPルームへ移動しポーカーを始めたディーラーは
彼が早速2連勝したのを受けてエッチな誘惑を仕掛けます。

エッチはどのパートも彼女が責め続けます。
一番最初の「ポーカー勝負」でするのは主に手コキ(約26分)。
ズボン越し→パンツ越し→直接とやや焦らすようにおちんちん全体を丹念にいじります。

「それじゃあ……根元から……軽く指先を当てて…… このまま上に ゆっくり つつーっ……」
「こうして握ってる少し指に力を入れて…… しこしこしこしこ…… しこしこしこしこ……」

竿を根元から先端にかけて優しくなぞったり、裏筋を指で擦ったり、カリの段差を指先で引っかくなど
大人の女性らしい多彩な責めで彼の勝負勘を鈍らせようとします。
Garden of pleasureさんは以前の作品でもそうだったのですがひとつのプレイをとことん掘り下げる特徴を持ってます。
竿をしごくオーソドックスな手コキとは作りがまるで違いますからかなりリアルに感じるでしょう。

最中に鳴る効果音も極めてハイレベル。
ズボン、パンツ、地肌で質感が変化するのはもちろん
彼女の「しこしこ」などのセリフに合わせて鳴らす凝った演出がされてます。
他にも彼が興奮しカウパーを滲ませるほど水分が上がるなど、本当に細かいところまで作りこんでます。

まだ勝負が始まったばかりということで駆け引きにあたるセリフも少なめですし
このパートはエッチにおける本作品の良い部分がストレートに出ています。
時間に対するエッチな音の割合が高くイメージも容易で抜きやすいです。

続く「ビリヤード勝負」はちょっぴりアブノーマルな要素を含んだプレイ(約19分)。
圧倒的な技量差を見事覆した彼女が先ほどとは別のスタイルで精を絞ります。

「亀頭責めって刺激はとっても強いのに射精はなかなか出来ないから……感度を高めて精気を甘く濃厚にするのにとっても向いてるの……」
前半は前のパートと同じく手コキメインで耳舐めを追加し、後半は会陰マッサージやアナル舐めで羞恥を煽ります。
彼女の目的は良質な精を得ることですから彼をすぐさま射精させることはありません。
序盤から中盤にかけてはゆっくりねっとり責め、最後のほうでようやくペースを上げ始めます。
意地悪に感じるほどではないものの、もどかしいと思う人はいるでしょうね。

最後の「ブラックジャック」は愛情を込めて気持ちよくするプレイ(約16分)。
残り1勝ができずチップを放出し続ける彼に彼女が最後の勝負を持ちかけます。

「たっぷり焦らしてあまぁくしてあげたから…… 精気も濃厚で甘くて美味しいわ……♪」
勝敗が決した後も彼女の穏やかなキャラはいささかも変わりません。
これまで通り手でおちんちんを丹念に責めながら熱いキスをして彼の心と体を蕩かせます。
「こんな女性なら奴隷になってもいいかな?」と思えるくらいにあまあまなエッチです。
ゲームの勝敗よりも美味しい精をいただくことに執着する姿勢に魔族らしさを感じました。

このように、リアルかつ多彩な音を中心に据えたややM向けのエッチが繰り広げられてます。
優しく誘惑してくれる作品
人外相手とは思えないほど穏やかなエッチをする作品です。

ディーラーはギャンブルにハマり抜け出せなくなった主人公への救済措置として
自分の精を賭ける代わりに借金をチャラにするチャンスを与えます。

現実世界にあるゲームにエッチを絡めた独特な世界観とルール
男の心理を突いた彼女の甘い言葉、そして効果音をふんだんに盛り込んだリアルなエッチ。
ストレートに精液を搾り取るのではなく、背景やそこに至る過程も大事にしながらエッチを進めます。

「さぁ…… ヒット? それともステイ……?」
色々書くと聴いた時につまらなくなるので伏せましたが
エッチの前後最中に彼女が仕掛ける駆け引きもエッチを盛り上げるのに役立ってます。
販売ページの作品内容にもあるこのセリフが最大のターニングポイントです。
これが何を意味するのか、そして彼がどちらを選択するかを知れば後に始まるエッチの印象が大きく変わります。
これこそが彼女の真の狙いだったのかもしれませんね。

エッチはどのパートも手コキを主役に置いてその描写をとことん頑張ってます。
音がリアルで責め方も多彩とプレイ自体は高水準なのですが
全パートで同じプレイを続けるとどうしても聴いてて飽きを感じてしまいます。

この展開なら最終パートをもう少しM寄りにしても良かったのではないかなと。
ストーリーや設定はややブラックなのに実際の内容が優しすぎるところも引っかかりました。

射精シーンは3回。
くちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

変わったシチュでお姉さんが誘惑してくれる作品です。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 1:39:49

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

意地悪なヤンデレに完全支配される音声 地獄級射精禁止オナニーサポート6 病的に歪んだバイノーラル愛の試練

サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、重さを感じるほどに一途で愛情深いヤンデレが
男性のオナニーを手伝いながらお互いの想いを確認します。

シリーズの売りであるきめ細かなシコシコボイス、多彩かつ極めてハードなプレイに
ヤンデレ特有の独占欲や愛の強さを感じるセリフを織り交ぜて心身両面を縛りつけてきます。
モードによって難易度が大きく変わりますから自分に合ったところから始めるのがいいでしょう。

今回は最も厳しいヘルモードのレビューをお送りします。
ヤンデレ少女の過酷な愛情表現
ヤンデレの指示に従ってオナニーするお話。

「ふふふっ こんばんは」
ヤンデレはややトーンの低い穏やかな声の女の子。
これからオナニーしようとしてる主人公に声をかけると
声や言葉でそれをサポートし、限界ギリギリまで精液を熟成させます。

本作品はかれこれ2年以上も続いてるサークルさんの看板シリーズ第6弾。
病的なまでに不器用な愛し方しかできないヤンデレ少女が
最大90分以上にも渡るオナサポで彼の心の強さを試します。

「えぐくてドロドロのオナニーしたいんだったら 私に愛を誓って?」
彼女はヤンデレのイメージ通り独占欲がとても強く
彼がプレイ中に自分の許可なしで射精することを硬く禁じたり
他の女性に目移りすると態度を豹変させてそれをなんとか阻止しようとします。
エッチがオナサポですから暴力は振るわず言葉で釘を刺す程度です。

従来の地獄級射精禁止オナニーサポートシリーズは純粋にドM向けのプレイを楽しむ
あるいは女性側の嗜虐心を満たすためにエッチしてたのですが
本作品ではそれよりも彼女のために射精を我慢する意味合いが強くなってます。

「あなたは私を愛してる だから絶対大丈夫」
ドM向けの作品では珍しく好意を伝えるセリフをそれなりに言ってくるので雰囲気は柔らかいです。
そしてこれが「彼女を裏切れない」という心の鎖をつけることに繋がります。
お仕置きパートはありませんが、途中でギブアップした場合後ろめたさを感じる思います。
ヤンデレが持つ愛情の重さをオナサポに反映させて個性を出してます。

プレイのほうは過去作で好評だったセリフとシコシコボイスの分離、多彩な責め、3段階の難易度を継承し
一部のシーンで本作独自の新しい要素を取り入れてます。
ハードモード、ベリーハードモード、ヘルモードの順に完遂が難しくなり
ベリーハード以降は複数人プレイを軸にした密度とエロさの高いプレイが登場します。

私はレビューを書く関係でヘルを最初に聴きましたが
普通はベリーハードあたりから聴くのが丁度いいと思います。
ハードは一般的なオナサポ作品に比べると確かに過酷ですけど休憩が多めです。
だからこそベリーハード以降の厳しさが引き立ってるわけですが…。
ヘルはいつも通りの暴発必至レベルです。

独占欲や愛の強さを感じるヤンデレのキャラと独自性の強いプレイ。
心と体をバランスよく責めてくれるハードなオナサポ作品です。
緩急をつけた豪華なエッチ
ヘルモードのエッチシーンは94分間。
プレイは擬似耳舐め、オナニー、擬似SEX、擬似フェラ、喘ぎ声オナニー、耳舐めオナニー、????です。
エッチな効果音はありません。

「まずは じっくり勃起させて快感を高めていくの」
主人公に自分の気持ちを伝えたうえで愛を誓わせたヤンデレは
オナニーの軽い練習を挟んでから左右の耳元でエッチな唾液音を鳴らします。

エッチは終始彼女に言われた通りにおちんちんをしごきます。
最初の23分30秒間はオナニーをより楽しむための準備にあたるプレイ。
「試練準備」はおちんちんに一切触らず彼女の囁き声や擬似耳舐めを楽しみ
「うずうずの試練」は5秒1コキ程度のゆっくりペースで6分くらいオナニーします。

「ずーっと見てるよ? お目目ハートマークの視線が おちんちんを愛撫 きゅんきゅん疼きが止まらない」
彼女は文字通り彼のすべてを独占する気満々です。
だから擬似耳舐め中はおちんちんが勃起していく様子までじっくり観察し
オナニー開始後も自分の言うことを必ずきくようお願いします。

彼女の言葉や行動に重さを感じる人もいるでしょうけど、ヤンデレならむしろそれが普通です。
シリーズ初のバイノーラル録音なだけあって声の位置が近く臨場感も高いです。
まだ始まったばかりということで刺激をできるだけソフトにし、焦らす方向でプレイを進めます。

試練と呼べるプレイが登場するのはその次から。
「ぱこぱこの試練」は擬似SEX、「ずぼずぼの試練」は擬似フェラ
「よしよしの試練」は甘やかし、「めっ!の試練」はお仕置きとそれぞれに明確なテーマを掲げ
バックでシコシコボイスを流しながら色んなことを言って射精したくなる状況へと追い込みます。

「(熱っぽい息遣いで)女の子に 上に乗られて 腰ぱこぱこされちゃってるよぉ」
「ここ(カリ)の溝 我慢汁がこびりついてるでしょ? 綺麗綺麗しないといけないもんね」

擬似プレイをする試練はどんなことをしてるか説明してから
喘ぎ声やちゅぱ音を鳴らしてその最中だけシコシコボイスを流します。
ペースは2秒1コキ~1秒1コキと先ほどよりずっと速くなるものの
休憩を小まめに挟みながらやるので暴発するほどのきつさはありません。

ただ「ずぼずぼの試練」で鳴るちゅぱ音はパワフルでエロいです。
彼のおちんちんを隅々まで味わうようにねっとり舐めたりしゃぶります。
シコシコボイスを言い続けるだけでは雰囲気が淡白になって抜きにくいですからこういうサポートはありがたいです。

射精のしやすさで見るなら後のふたつのほうがずっと上です。
「よしよしの試練」は1秒1コキのペースで6分30秒近くノンストップでしごき続けますし
「めっ!の試練」は今までで最も速い1秒3コキを1分続け、30秒休憩するのを数回繰り返します。

おちんちんは同じ刺激を与え続けてるとどうしてもそれに慣れてしまいます。
だからここまでメリハリのある責めを繰り出して回避するわけです。
別のプレイをただ並べるのではなく、それぞれのコンビネーションを考えてエッチを組み立ててるのが見事です。

ベリーハードに突入するのはエッチ開始からおよそ58分後。
「どうして?の試練」は彼女が録音した喘ぎ声を、「怒るよ?の試練」はちゅぱ音を左右同時に聴きながら
段階的にペースを上げる形で休憩少なめにしごき続けます。

「私が我慢って言ったら我慢しろよ この変態」
「オナニーすら満足にできないの… じゃあSEXなんか無理だね」

彼女は彼が無事完遂することを願ってオナサポを続けます。
だから1時間近く経っても暴発の危険を顧みずオナニーを続けようとすることに苛立ちを感じ始めます。
自分の指示とは違うことをする=裏切りと認識するためです。
それを反映してベリーハード以降は彼女の態度とセリフがややきついものへと変化します。

ドMな人からしてみれば「ようやく本番に入ったか」と思うでしょうね。
プレイ自体も喘ぎ声やちゅぱ音が加わるおかげで純粋なエロさがかなり増してます。
短めの間隔でペースが変われば刺激に慣れずに済みますし、私はここが最初の山場と見ています。

ヘルモード限定のプレイが登場するのは72分後。
「許さない…の試練」でカウントを織り交ぜた最高難度のプレイを味わってから射精に移ります。

「ほらっ 射精直前 少しでも気を抜いたら漏れちゃうね」
サークルさんが販売ページの作品内容をぼかして書かれてるので詳細は伏せますが
シコシコボイスの割合が今までよりも減る代わりにギリギリの状態を維持する時間が長くなります。
それをわかりやすく指示するためにカウントを使用するわけです。
休憩時間がさらに減るのも相まって、これまで真面目にオナニーしてきた人にはかなり厳しい試練になるでしょう。

ラストにあたる射精許可も相当にえぐいです。
彼女が射精をほのめかすセリフを言うのが81分頃なので、そこからさらに13分程度射精を我慢し続けることになります。
キーワードは「複数人プレイ」と「心への責め」です。
これを初回でクリアできる人はほとんどいないのではないでしょうか。

このように、色んなことをしながら後になるほどきつくする充実したプレイが繰り広げられてます。
ちょっぴり重い作品
ヤンデレ少女が自分の想いをぶつけながら射精を我慢させる二重の意味でヘビーな作品です。

ヤンデレは一目惚れした主人公を自分のものにするために
一人では決してできない重厚で多彩なオナサポをプレゼントします。

セリフとシコシコボイスを分離し同時に投げかけるスタイル、それぞれにテーマの違う豊富なプレイ
そして初心者から筋金入りのドMまで幅広く楽しませることを目指した3つの難易度。
シリーズの魅力を残しつつ新しい要素も取り入れた過酷なエッチを長時間に渡って続けます。

「おちんちん…狂うね 狂っていいよ バカになったおちんちんも面倒見てあげるから」
彼女は良くも悪くも己の欲望に素直な女性です。
だから彼に惜しみない愛情を注ぐのと平行して同程度の愛情と信頼を求めます。
過去作のように彼の惨めな姿を楽しんでおしまい、ではないので言葉に重さを感じると思います。
タイトルにしっかりヤンデレが入ってますし、そういう成分がそれなりにあること理解したうえでお聴きください。

もうひとつの重さはプレイそのものです。
ハードは比較的容易に完遂できるよう終盤で多少きついシーンを入れる程度に留め
ベリーハードはシリーズ経験者でも歯ごたえを感じるプレイを盛り込み
ヘルはいつも通り限られた者にしか成し遂げられないレベルに設定してます。

中でもヘルは従来のひたすら激しくしごき続けるプレイに別の要素が加わってるのでかなりきついです。
その一方でハードはもう少しやり応えのあるものにして欲しかったです。
本格的なオナニーを始めるまでに30分以上もかかってますし
開始後も休憩をちょくちょく挟んでくるおかげで射精まで持っていきにくくなってます。

ヘルまで聴くのが前提のオナサポならこれでもよかったのでしょうけど
ハードで完結する選択肢がある以上はハード単体でも満足できる品質を求めます。
私がシリーズを全作聴いてるからというのもあるのでしょうけど
この内容ならノーマルと銘打ったほうがしっくりくるほど温く感じました。
ベリーハード以降が良かっただけにもったいないなと。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

難易度によってきつさが大きく変わるドM向けの作品です。

CV:まきいづみさん
総時間 ハード…1:21:00 ベリーハード…1:34:39 ヘル…1:46:57

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ