同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ:同人音声 > 8点

   ● わるい拷問官さんによる反乱者への囁き乳首責め尋問
   ● オホ声はフィクションです!
   ● 亀頭ほいくえん 手コキ&オナホコキフェチズム満載音声
   ● TS女体化ユニット「♀化機姦」~強制メスイキ絶頂地獄~
   ● 天国にいるみたいに気持ちいい!艶々低音ボイスエロシスターの甘とろ耳元囁きメスイキ乳首責め~今宵も卑しいメスにして差しあげますわ♪【KU100バイノーラル】
   ● あなたを溺愛しているクールなドスケベ女上司による相部屋逆NTR
   ● 天然お嬢様の理性が吹き飛ぶほどエッチなご褒美
   ● ASMR囁き耳レイプ ~TKTKボイス輪姦で脳アクメが止まらない~
   ● 変態処理施設へご同行願います。
   ● 筋トレを1セット終えるたびに生おま〇こさせてくれるドスケベトレーナーさん




サークル「CKD's」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声は穏やかだけど性格は結構Sなお姉さんが
反乱軍の幹部をしてる男性に気持ち良くてアブノーマルな拷問をします。

乳首責めと囁き声を組み合わせたややM向けのエッチをするのが特徴で
胸を焦らし気味に撫でる、乳首を指先で擦る、爪で引っかく、2本の指でつまむなど
色んなプレイを繰り出しながらおちんちんも責めたり穏やかに尋問して彼女の言いなりにします。
射精シーンがありますから開発済みな人はもちろん、未開発な人もやりやすく感じるでしょう。
オスの体をメス化させる拷問
拷問官さんが3種類のエッチで捕虜を躾けるお話。

「いいですか? これが最後のチャンスですよ 反乱軍の拠点はどこにありますか?」
拷問官さんは丁寧語で話す上品な声のお姉さん。
捕虜にした主人公に反乱軍の情報を聞き出そうとすると
彼がなかなか吐かないのでエッチな拷問を始めます。

本作品は男性が女性に支配され奴隷のように扱われてる国を舞台に
彼女が反乱を企ててる組織の重要人物をおよそ60分に渡って責め立てます。
2人が敵同士、しかも拷問となるとかなりハードなプレイを予想するでしょうが
実際は痛みや苦しみを与えるシーンは一切なく、逆に快楽で溺れさせて彼が降参するのをじっくり待ちます。

「赤ちゃんを撫でるように 優しい手つきで すーりすーり すーりすーりすーーり」
その決め手となるのが乳首責め。
どのパートも必ず乳首とその周辺をいじる描写を盛り込み
実況しながら色んな掛け声を出してその様子をわかりやすく表現します。

指で撫でる、爪で引っかく、2本の指で乳輪を押さえつけたまま人差し指でいじるなど
本作品の鍵となるプレイなだけあって責め方の種類も多めに取り揃えてます。

CKD'sさんが乳首をテーマにした作品を出すのはこれが2度目ですけど
元々オナサポを得意とされてるだけあってリードが丁寧です。
聴き手が音声に合わせて乳首オナニーすること強く意識したセリフになってます。
同じプレイでもペースやリズムを小まめに変えて快感に慣れにくくする配慮もされてます。

ちなみに絶頂の内訳は射精2回、ドライ1回です。
おちんちんをいじるパートのほうが多いので乳首と一緒にいじって出すのにも使えます。
ただし、テーマ性を重視しておちんちんの指示は効果音を鳴らすだけにしてます。

それ以外の特徴はエッチのほぼ全部で彼女が囁いてくること。
耳元至近距離から乳首オナニーの指示を出し、さらに本題の尋問も軽くして雰囲気を作ります。
指示重視なので「マゾ」「クズ」といった言葉責めはほとんどやりません。
その代わり焦らしや寸止めといった意地悪な要素を盛り込んで彼女に勝てないことを思い知らせます。
雰囲気は穏やかだけどやることは割と容赦ないです。
快楽で心を突き崩すエッチ
エッチシーンは3パート57分間。
プレイは体の愛撫、乳首責め、手コキ、オナニー、ドライオーガズム(メスイキ)です。
手コキ、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「初めは 乳首の感度を上げていきます」
主人公に拷問の内容を教え、あまり恐れてないことを確認した拷問官さんは
ひとまず太ももから胸にかけてを優しく撫でて体の感度を上げます。

エッチは体を拘束されてる彼を彼女が一方的に責め続けます。
最初の2パート43分間は乳首開発しながらじっくり追い込むプレイ。
「02乳首いじめ拷問・ご褒美喘がせ手コキ(約21分)」は乳首責めと手コキ
「03反省寸止め乳首オナニー拷問(約22分)」は乳首責め、手コキ、おちんちんオナニーで2回射精させます。

「中指だけで 乳輪をくるくるなぞります かたーい胸板と やわらかーい乳首の境目を くーるくる くるくるくる」
「指が肌に擦れて ゾクゾクとした感覚が 上のほうへのぼってくる」

彼女はこの方法で数多くの男たちを堕としてきた実績があります。
02パートは体への刺激を敢えてソフトにしてもどかしい気分を与え
中盤から始まる乳首責めも色んなプレイを繰り出してどれに弱いか見定めます。
またこれらの最中に催眠暗示っぽいセリフも挟んで心も軽めに刺激します。

ここだけで5種類の乳首責めが登場するため色んな快感が得られます。
手コキは終盤に4分程度するだけですからかなり乳首に寄せた構成ですね。
彼から機密情報を聞き出すシーンもあったりと、作品のテーマに合ったやり方で気持ちよくします。

「ふふっ おちんぽ痙攣したみたいにプルプルしてる 精子出る直前でシコシコ止められるの切ないよねぇ」
03パートは彼女の意地悪な性格がよく出てます。
プレイ自体は乳首責め+手コキで、終盤の3分間だけオナニーする似た内容ですが
途中から数回寸止めを挟んで出したくても出せない状況へ追い込みます。

乳首責めはパート序盤に指で撫でる動作がある以外は爪で引っかき続けます。
前のパートよりも体への刺激が強いことや
乳首とおちんちんを責めるバランスが良いことから一番抜きやすいと思います。
射精の権利を取り上げて彼が音を上げるまで寸止めするなど
敵対者を快楽によって従順な奴隷へ作り変えることも見据えたエッチをします。

最後の「04従順マゾ化洗脳調教(約14分)」はチャレンジ要素の強いプレイ。
これまでと違いおちんちんには指一本触れず、乳首責めだけでドライオーガズムに持っていきます。

「爪で小刻みに引っかくように カリカリカリカリ カリカリカリカリ カリカリカリカリカリカリ」
ほぼ乳首の快感だけでイかせる必要があるため
平均ペースを上げて爪で激しめに引っかくスタイルを取ってます。
言葉責めも多少はしますけどやっぱり乳首のほうが存在感は大きいです。
プレイ時間が短いことからここだけは既に開発してる向けの内容だと思います。

このように、乳首を軸に据えておちんちんと心も責める実用性重視のエッチが繰り広げられてます。
マイルドな乳首作品
拷問のイメージよりもずっと柔らかい責め方をするややM向けの作品です。

拷問官さんは反乱軍の重要な情報を持ってる主人公を寝返らせるために
心や体を痛めつけるようなことは一切せず、逆に乳首とおちんちんへ快楽を与え続けます。
そして序盤は乳首開発、中盤は乳首責め+寸止め射精、終盤は乳首のみのドライ絶頂と
パートごとに違う特徴を持たせてその様子を実況と掛け声でわかりやすく表現します。

声や態度は穏やかだけど仕事をきっちりこなす拷問官が乳首責め調教をするシチュ
乳首責めの割合を高くしたうえでオナサポに近いリードをするエッチ
どのパートも密着して囁きながら責める穏やかな作り。
個性を出しつつM度が低めの人でも聴きやすくなるよう多少抑えた作品にしてます。

中でもエッチは「どこを聴いても乳首責め」と言っていいくらい充実してます。
セリフの表現も聴き手目線になっててサークルさんらしさを感じました。
最後のドライ絶頂だけは難度が高いですけど、それ以前の2パートは射精するので
乳首未開発の人や現在開発中の人も普通に気持ちよくなれます。

主人公は全裸の状態で拷問を受けてますが
爪で引っかくシーンが多いことから薄手のシャツを着て聴くことをおすすめします。
そのほうが滑りが良くなるし乳首を傷つけることもなくなりますから。

絶頂シーンは射精2回、ドライ1回。
淫語とくちゅ音そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:大山チロルさん
総時間 1:07:08

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「嗅人ぬ宝」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、売れっ子になるためなら何でもするドスケベな声優が
サークル主やファンを相手にややアブノーマルなサービスをします。

ちん嗅ぎやオホ声といった下品な要素を多めに盛り込んだエッチをするのが特徴で
「くさっ」と言いながら積極的に鼻を鳴らしておちんちんの匂いを味わい
SEXは毎回生ハメ&中出しにしてパートごとに違う喘ぎ声を漏らします。
新人声優がする大胆な営業
同人声優をやってる九重が3つのシチュでエッチするお話。

「すみませ~ん!最後のオホ声絶頂のとこ、もう一回録ってもいいですか!」
九重は明るくて可愛い声の女の子。
音声作品の収録中に自分からリテイクをお願いすると
オホ声を多めに漏らしながらSEXシーンを熱演します。

本作品はデビューしてから数か月でファンをどんどん増やしてる彼女が
そのためにどういう活動をしてるかを55分に渡りお届けします。
超大手サークル主、大金を貢いでくれてるコアなファンたち、その中の1人とパートごとに相手を変え
いずれも彼らを積極的に誘惑して心をガッチリ掴みます。

「リアルでこんな声出す女の子いるわけないのに なんかかわいそうですよねw」
彼女は音声でオホ声をよく出すものの、現実世界でそんな乱れ方をする人はいないと思ってます。
実際のところ中盤まで「あんっ」というお馴染みの喘ぎ声を漏らします。
しかし凶悪なおちんちんを初めて相手にした時、その認識が間違ってたことを思い知らされます。

序盤から中盤は通常の喘ぎ声、終盤はオホ声と随分違う反応をしますから
そのギャップに驚いたり興奮する人が結構いると思います。
男たちを手玉に取ってる女性がおちんちんでわからされる展開も面白いです。
凌辱要素はまったくないので興味があるならノーマルな人でも普通に聴けます。

「すぅ~~~… ん~~くっさぁ… ぱんつ越しでも、すっごいチンポのニオイするし…」
もうひとつの特徴はちん嗅ぎ。
どのパートも必ずおちんちんの匂いを嗅ぐ描写を盛り込み
その際に鼻を鳴らしながら嬉しそうな声で「くっさぁ」と感想を漏らします。

彼女は元々匂いフェチなため、オス特有の匂いを嗅ぐと発情しておまんこが濡れるようになってます。
中盤では5本のおちんちんを順に堪能するシーンもあったりして存在感が大きいです。

男性に頼まれてやるのではなく彼女が自分からするので純粋に好きなのでしょう。
サークルさんは前作「ちん嗅ぎオナサポコース」でもちん嗅ぎをよくやってましたし
中の人の嗜好をそのまま作品に反映させてるのだと思います。
同人声優を相手にエッチするシチュもなかなか際どい内容だなと。
業界の裏を描くエッチ
エッチシーンは3パート45分間。
プレイはまん嗅ぎ、ちん嗅ぎ、SEX(騎乗位、寝バック?)、エッチの録音、オナニーの見せ合い、フェラです。
SEX、射精、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「……じゃあ、私が本当にオホ声出さないのか、試してみます?」
音声の収録を終え雑談中にサークル主を誘惑した九重は
ひとまずお互いの性器を嗅ぎ合って興奮を高めます。

エッチはパートによって攻守を入れ替えながら進めます。
最初の「01.スタジオ枕〇業はフィクション(約15分)」は彼女が枕営業するシーン。
自分のスタジオを持ってる超大手サークル主と生ハメ&中出しSEXをします。

「…ほら、これが先生の大好きな同人声優まんこですよ 先生のシナリオすっごくエロいから、私いつもこんなふうに糸引かせてたんですよ」
彼女は自分が売れるためなら手段を選ばない性格をしてるので
彼の作品に今後も出演できるよう積極的にサービスします。
自分から股間を近づけてメスの匂いを嗅がせた後に、今度はおちんちんの匂いを嗅いで己の欲望を満たします。
約3分と時間は短めですがエッチの序盤でやるためインパクトが強いです。

その後から始まるSEXは騎乗位を採用しスタンダードな乱れ方をします。
オホ声は一切漏らさない代わりに艶めかしい喘ぎ声を小まめに上げ
さらにその様子を録音させてオナニーのオカズも提供します。

人によってはあざといと感じるかもしれませんけど
それこそが彼女の魅力なのではないでしょうか。
彼女の性格やちん嗅ぎといった特徴がしっかり込められてて強い個性を感じるパートです。

続く2パート30分間はファンを相手にするシーン。
「02.オフ嗅ぎパーティはフィクション(約12分)」は
月額10万円コースに加入してくれた5人の男性とオナニーの見せ合いやフェラをします。
そして「03.オホ声分からセックスはフィクション(約18分)」はその中の1人を呼んで本気のSEXをします。

「こんなの…すんすん はぁ… 女の子に嗅がせちゃ…すんすんすんすん んぁぁ だめだって…すんすんすんすん あーやばいすき…」
02パートはファンサービスの色を出しつつ彼女の性欲も発散させます。
5本のおちんちんに鼻を近づけて嬉しそうな声を漏らし
さらに目の前でオナニーまで初めて良質なオカズをプレゼントします。
彼らも彼女が淫乱な女性だとわかってるので、見下したりせず欲望をストレートにぶつけます。

後半から始まるフェラは吸いを中心に据えてました。
位置を固定しちゅーちゅー吸い上げる感じの音を鳴らしておりピストンではなさそうです。
フィニッシュは全員の精液を顔で受け止めるなど、男の征服欲をしっかり満たして心をガッチリ掴みます。

そして03パートはもうひとつの柱であるオホ声が登場します。
ここで相手するファンのおちんちんはサイズが相当に大きいらしく
彼女も予想外の強烈な責めに普段よりもずっと下品な乱れっぷりを披露します。
開始から30秒後にはエッチが始まるため実用性も高めです。

「オホ声なんか出すわけないじゃないですか」と物語の冒頭で言ってたからこそ
それを身をもって覆す彼女の姿が微笑ましく感じます。
溜めに溜めた後でオホ声を投入する展開もメリハリがあって良いです。
この物語はもちろんフィクションですが、エッチにリアリティを持たせようとする意志も込められてます。

このように、同人声優の裏活動を疑似体験させる変わった趣向のエッチが繰り広げられてます。
「もしも」を形にしてる作品
サークルさんがあまり触れられないところへ敢えて斬り込んでるチャレンジ精神旺盛な作品です。

九重は自分を起用してくれるサークルや応援してくれるファンを増やそうと
前者にはスタジオでの生録音SEX、後者にはオフ会を開いてエッチなサービスをします。
そしてちん嗅ぎを多めに挟んだり、生ハメ&中出しをして彼女自身も楽しみます。

エッチの演技だけでなく実技も得意な声優さんが関係者の男性たちに枕営業するシチュ
ちん嗅ぎを多めに挟んで彼女の嗜好を表現するサークルさんらしいエッチ
序盤から中盤は普通の喘ぎ声、終盤はオホ声を漏らす落差のある乱れっぷり。
ちん嗅ぎとオホ声をふたつの柱に据えて業界の裏(※フィクションです)を生々しく描きます。

「このでっかい臭マラで… ぢゅるるるるっ まんこゴリゴリ掘ってくださいっ」
最初は主導権を握ってた彼女が立派なおちんちんに屈服する展開も面白いです。
仕事の一環と割り切ってるように見えて実はしっかり楽しんでます。
最後にオホ声+わからせを配置することで爽快感のあるお話に仕上げてます。
ちん嗅ぎは気持ちを盛り上げる役割にしてありますからメインのプレイはフェラやSEXです。

射精シーンは3回。
くちゅ音と喘ぎ声それなり、淫語とちゅぱ音そこそこです。

CV:堀米玲音さん
総時間 55:00

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



茜新社が販売してる同人音声作品。

今回紹介する作品は、ほぼ正反対の属性を持つ2人のお姉さんが
おちんちんの悩みを抱えてる少年に気持ちいい治療を施します。

片方はお姉ちゃんのように彼を全肯定しながらひたすら甘やかす
もう片方は軽く見下しながらややハードに責めると、いった具合に
2人の個性を明確にしたうえで亀頭を重点的に責めて何度も射精に追い込みます。
射精シーンがとんでもなく多いのもポイントです。
包茎少年にする過激な治療
亀頭保育士の保奈美、亀頭衛生士の理沙が協力して包茎を治すお話。

「こんにちは 亀頭保育士の保奈美です」
保奈美は甘く優しい声のお姉さん。
「亀頭衛生士の理沙です」
理沙は丁寧語で話すクールな声のお姉さん。
保育園にやって来た主人公に挨拶し、早速おちんちんを出すように言うと
亀頭と包皮の間にローションつきの綿棒を入れて綺麗にします。

本作品は漫画「じょうずにぴゅっぴゅできるかな?【DLsite限定特典付き】」に出てくるお話を音声化したもの。
手術とは違う手段でおちんちんの悩みを解決してくれる場所で
彼女たちがおよそ60分に渡って気持ちよくしながら包茎を矯正します。
保奈美は主治医としてメインの相手を務め、理沙は射精後におちんちんを綺麗にする役を担当します。

保奈美「上手に言えたね いい子いい子 おっぱいでほっぺた よしよししてあげる」
理沙「汚れが悪化するので 今すぐ射精をお止めください」
最大の魅力は彼女たちのキャラ。
保奈美は近所のお姉ちゃんのようなあまあまな態度でリードするのに対し
理沙は事務的メイドっぽくクールな様子で軽く見下しながらお世話します。

どのパートも2人が個別に、あるいは同時に責めるおかげで大きな落差を感じます。

どちらかと言えば保奈美のほうが出番は多いので雰囲気はノーマル寄りですけど
理沙が割と容赦のない責め方をするため、総合するとややMあたりがメインターゲットになります。
理沙は亀頭磨きやアナルSEXといったアブノーマルなプレイを担当してますし
異なる属性を敢えて混在させて深みと面白味を与えてます。

エッチは目的が包茎治療なのでそれを見据えたプレイ構成になってます。
タイトルについてる手コキやオナホコキはもちろん出てきますし
それ以外に亀頭の洗浄、特殊なパンツを穿いて包皮を戻りにくくするなど独自要素も盛り込んでます。

ちなみに主人公は今回初めて射精するくらいの少年なので
彼女たちの責めにはとことん弱く、ちょっとした刺激でもあっさり射精します。
具体的には54分間で15回も射精シーンが用意されてます。
今回の治療に早漏改善は含まれてませんから、抜き場をできるだけ多くして実用性を上げてます。
優しさと厳しさを混在させてるエッチ
エッチシーンは4パート54分間。
プレイはハグ、オナホコキ、亀頭の洗浄、手コキ、耳舐め、歯ブラシ責め、授乳、クンニ、金玉へのビンタ(1回だけ)、SEX(正常位?、対面立位)、ペニバンアナルSEXです。
オナホコキ、亀頭の洗浄、手コキ、歯ブラシ責め、金玉へのビンタ、SEX、アナルSEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

保奈美「それでは今日から 本格的な亀頭保育を行っていきます」
冒頭でおちんちんの具合やサイズを確認した1週間後
保奈美は包茎治療の手始めに抱き合ったままオナホで気持ちよくします(サンプル画像の体勢)。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
前半の2パート29分間は本作品の特徴がよく出てるシーン。
「002 初診・上手にぴゅっぴゅとむっきんできたね(約18分)」はオナホコキと亀頭のお掃除
「003 お手々にいっぱいちーこちーこしてね(約11分)」は手コキと歯ブラシ責めで合計8回射精します。

保奈美「男の子が白いおしっこを出すことを お射精って言うの」
そして2人は早速まったく違う態度で彼に接します。
保奈美はエッチに関するあれこれを教えながらゆっくり責める性教育っぽいスタイルを取ります。
オナホに挿入しただけで射精しても怒るどころか精通を褒めてくれてすごく優しいです。
「ぷちゅ ぷちゅ ぷちゅーん」と擬声語を交えてプレイの様子を実況するなど
おねショタの醍醐味である甘さや温かさが凝縮されたキャラになってます。

理沙「これはまた 随分と浅ましく射精をされたご様子ですね」
それに対して理沙はクールさや容赦のなさを前面に押し出して責めます。
「亀頭磨きクロス」と呼ばれる布で綺麗にしてる最中に射精するのを見て軽く呆れ
次回は決して漏らさないように念押しして場を引き締めます。
意地悪というよりは仕事をきっちりこなすタイプの女性なのだと思います。

2番目のパートは後半から登場する歯ブラシ責めが個性的です。
前回使ったクロスでは亀頭の汚れを取り除けないと判断し
理沙が「ごしゅごしゅ」「しゅりしゅり」と言いながら熱心に刺激します。
音も鳴らしますけど音量が控えめになってて掛け声のほうが存在感は大きいです。

続く2パート25分間はより踏み込んだプレイが登場します。
「004 もみゅ、もみゅって亀頭をマッサージするね(約11分)」は
ローターを内蔵した別のオナホでしごきながらおっぱいを自由に吸わせ
「005 先生のおマンコにどーじょ(約14分)」は保奈美へのSEXと理沙からのアナルSEXを同時に体験します。

保奈美「んんっ 亀さん すごく立派に育ったね でも まだ足りません」
理沙「ここからは私が 正確な検査を行うため ピストンのお手伝いをします」
005パートは治療の総仕上げということで最初から2人とも登場させ
それぞれで別の役割を持って動く密度の高いプレイです。
SEXは亀頭だけおまんこに挿入してこれまでの成果を確認し
アナルSEXは快感が強すぎて自分では動けない彼を気持ちいい手段で理沙がサポートします。

ここだけで4回も射精シーンがありますし、最後を飾るに相応しい抜き応えのある内容でした。
彼の童貞を奪ったのもここまで頑張ってきたことに対するご褒美なのかもしれません。
両耳舐めのちゅぱ音、ピストン音、保奈美の喘ぎ声と純粋なエロ要素も充実してます。

このように、2人の性格に合ったやり方で甘やかしたり軽くいじめるメリハリのあるエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の割とハードな作品
テーマ性を持たせたうえでキャラも立ってるややM向けの作品です。

保奈美と理沙は包茎で悩んでる主人公のおちんちんをずる剥けにしようと
それぞれで役割分担しながら個別に、あるいは同時に違うプレイを繰り出します。
そして射精シーンを通常よりも遥かに多くして聴き手がいつでも抜けるようにします。

あまあまなお姉さんとクールなお姉さんが協力しておちんちんを矯正するシチュ
おちんちんに色んな手段で刺激を与えて亀頭を鍛えるテーマに沿ったエッチ
射精シーンをものすごく多くしておちんちんの弱さや精力の強さを表現する演出。
思春期の少年が年上の女性に気持ちよく弄ばれる様子を比較的柔らかいタッチで描きます。

中でも2番目は亀頭の洗浄、歯ブラシ責め、ローター入りのオナホで責めるなど
音声作品でもなかなかお目にかかれないプレイがいくつもあって面白いです。
包皮をずっと剥けた状態にするパンツを穿いたり、亀頭を育成する薬を塗るシーンもあります。
普通にエッチして終わりじゃ他の作品と一緒になってしまいますから、目的意識があるのは大事だと思います。

射精シーンは15回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

CV:保奈美…陽向葵ゅかさん 理沙…分倍河原シホさん
総時間 1:05:07

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「空心菜館」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、本人が望めば性転換できる未来の世界を舞台に
それを選んだ男性が女体化する様子を疑似体験します。

多種多様かつリアルな音を組み合わせた本格的なサービスをするのが特徴で
セリフは何をするかの説明や状況報告といった事務的なものを中心に据えてAIっぽさを出し
どのシーンも機械音や電子音を盛り込んで臨場感のあるプレイをします。
内容はぶっ飛んでますけど無理矢理感はまったくないのでややM~Mな人に向いてます。
男の夢をリアルに表現
TSX-2102に入って男性から女性に生まれ変わるお話。

「このたびは 弊社のTS女体化ユニット TSX-2102をご利用いただき ありがとうございます」
AIは淡々と話す穏やかな声の女性。
主人公にこれから始まるサービスの概要を説明し、女体化する意思があるか確認すると
ユニットに全裸で入ってもらってから特殊な液体を注入します。

本作品は男性から女性の体に生まれ変わる様子を疑似体験することを目的に
彼女がおよそ100分に渡って色んなタイプの機械姦をします。
彼女は何をするかの説明、実況、カウントといった進行役に徹し
ユニット内にある器具、触手、薬を使い分けて少しずつ変えていきます。

「1、あなたは 本ユニットの施術による 女体化を心から望んでますか?」
なかなかヤバそうなテーマですけど雰囲気は終始穏やかです。
冒頭の「【1】TS女体化ユニットをご利用いただくにあたっての諸注意」では
彼が本気で女体化したいか確認するシーンがありますし
その後も彼の心身にできるだけ負担をかけないよう配慮しながら気持ちよくする方針で進めます。

本作品の女体化は何らかのプレイをした結果変わる流れになってますから
おちんちんを切り取るとかの残虐な描写は特にありません。
中盤にはオナホっぽい器具を使って連続射精させることもあります。
ただし、機械姦らしさが出るように終始淡々と責めることを心がけてます。

それ以外の大きな特徴は効果音をふんだんに盛り込んでること。
音声の最初から最後まで状況に合った機械音や電子音が数多く鳴ります。
現実世界でこのサービスを受けることは不可能ですから
できるだけリアリティを出すために音を使って作品の世界に引き込みます。

エッチ関連の音も鳴りますけど、それ以外のほうが明らかに多いです。
SF色の強い内容になってますからそういうのが好きな人ほど楽しめるでしょう。
催眠の技術を使わずに女体化することも含めて、サークルさんがかなり思い切ったことをされてます。
一歩ずつ着実に進めるエッチ
エッチシーンは5パート75分間。
プレイはシリコン触手責め、乳首責め、全身マッサージ、ホルモン注入による豊胸、機械責め、玉揉み、性器の改造(尿道責め)、バイブ/ローター責めです。
シリコン触手責め、乳首責め、全身マッサージ、機械責め、玉揉み、性器の改造、バイブ/ローター責め、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「大変長らく お待たせいたしました これより 検体へのメス化プログラムを開始します」
事前に7分ほどかけて主人公に心の準備をしてもらった後
AIは女体化の手始めとしてシリコン製の触手を使った性感開発を行います。

エッチは終始機械たちが責め続けます。
最初の2パート32分間は体の感度を上げたり上半身だけを女性に変えるシーン。
「【2】全自動性感開発システム(約16分)」は触手で口や耳を責めながら催淫物質を注入し
「【3】身体♀化導入編~乳首姦~(約16分)」は乳首責め、全身のフェザータッチ、豊胸手術をします。

「検体の心拍数 血圧の上昇を確認 検体の脳波より 性的嗜好をトレース」
そして本作品の売りである効果音が早速威力を発揮します。
2番目のパートは触手音を中央や耳元でゆっくり鳴らしながら
バックでトーンの低いうねるような音を流します。
そして彼女が冷静な声と口調で何をしてるか事務的に報告します。

体への責めが比較的ソフトなので無理矢理感はまったくありません。
でも彼女の態度が淡々としててテーマの機械姦に合ってます。
好意や愛情を込めず丁寧に責めてる感じでなかなか独特です。
耳を責めてる最中はセリフも減るので音だけを楽しむことができます。

「フェザータッチモードが 最も効果的と判断 再びカウントを開始 3 2 1」
それに対して3番目のパートは女体化の第一歩に移ります。
3カウントダウンを小まめに数えながらその都度水音を鳴らして乳首責めを表現し
バックの音もうねる音から「シュイーン」という電子音に変わって少し刺激を上げます。

乳首を1回責めるごとにカウントを数えるのはさすがにくどかったので
最初の1分だけ数えてあとは音だけにしても良かったと思います。
本作品は音の質が良いですから、ある程度は任せてしまったほうが雰囲気も出るんじゃないかなと。
豊胸手術は3分くらい使って女性ホルモンを投与するシンプルな内容です。

続く3パート43分間は下半身の女体化と最終確認。
「【4】男性器完全搾精ピストンシステム(約25分)」は挿し絵にも描かれてる機械で精液を搾り取り
「【5】完全♀化プログラム~肛門内触手侵入&男性器縮小・クリトリス化~(約9分)」は
シリコンを尿道へ挿入しておちんちんをおまんこに変えます。
そして「【6】♀化完了~強制絶頂による女性機能の最終確認~(約9分)」は
おまんこ、クリトリス、乳首を同時に責めてメスイキさせます。

「睾丸への マッサージを再開 次の射精への準備を 開始します」
4番目のパートは機械姦の魅力である無慈悲さが色濃く出てます。
ここだけで3回も射精シーンを用意し、ほぼノンストップでおちんちんと金玉を責め続けます。
体内の精液を全部外に放出させるのが目的なのでオナホコキにとても近いです。

前の2パートは割かしソフトだったから続けて聴くと落差が大きく感じます。
でもバックで木琴っぽい穏やかな音楽が流れ続けるおかげで凄惨さはあまりありません。
やることはきっちりこなしたうえで、それ以外は柔らかくする配慮がされてます。
本作品でオナニーするならここが一番良いです。

「この射精が 完了と同時に 人工子宮の形成と 陰茎のクリトリス化も完了します」
そして5番目のパートは女体化の締めくくりにあたるため
何をしてるか実況しながらややアブノーマルなプレイをします。
尿道責めの様子を細かく話すと抵抗を感じる人がいると思ったのか、実況は割とざっくりしてました。
射精したらすぐさま性器が変化する流れにしてるのも同じ理由だと思います。

このように、パートごとに違う目標を掲げて慎重に進めるマイルドな機械姦が繰り広げられてます。
本格的な女体化&機械姦作品
同人音声ではあまり扱わないジャンルに果敢に挑戦してる意欲作です。

AIは何らかの理由で女性になりたがってる主人公をスムーズに女体化させようと
前半は体の感度を上げたり胸や乳首に絞ったプレイで心と体の準備を整えます。
そして後半は性器にターゲットを変えて十分な快感を与えながらおまんこに作り変えます。

淡々としてるけどSっ気はほとんどないAIが、様々な機械や薬を使って女体化させるややM~M向けのシチュ
体を直接作り変えるのではなく、色んなプレイを通じて変化させる独特なエッチ
これらの一部始終を多種多様かつリアルな音で表現する臨場感の高い作り。
非現実的な行為をできるだけ現実味を持たせて形にすることを心がけてます。

中でも3番目は本作品の雰囲気作りに多大な影響を与えてます。
やってることは触手を使った耳責め、乳首責め、オナホコキ、尿道責めと
一般的な同人音声にも出てくる行為をベースにしてます。
でもそれらとはまったく違う音を鳴らしたり、バックで何らかの音を流すことで
機械姦らしさや女体化されてる感覚を直感的に伝えてくれます。

エッチを快楽を得る手段ではなく女体化に向けた工程に位置付けてるので
ストレートに抜きたい人にはあまり向かないと思います。
実際のところ機械音や電子音のおかげで純粋なエロさがやや落ちてます。
でも現実世界から一時的に離れてリフレッシュしたいとか、女体化願望が強い人にはとても向いてます。
没入感がかなり得られて視聴後は気分がスッキリしました。

女体化と言えば催眠音声の専売特許みたいなところがありますから
効果音を駆使してそれを突き崩そうとする心意気も私は大いに買ってます。
まだ粗削りなところもありますが、今後も磨いていけばさらに良くなる可能性を秘めてます。
抜きボイスではなく、雰囲気を楽しむボイスドラマと捉えたほうが楽しめると思います。

絶頂シーンは射精4回、ドライ1回。
効果音大量、淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

個性があって表現力も優れてることを考慮し、今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:柚木つばめさん
総時間 1:35:47

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月25日まで25%OFFの990円で販売されてます。



サークル「ストロベリームーン」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて色気もある低音ボイスシスターが
同じ教会の神父とアブノーマルなエッチをします。

最初から最後まで乳首とその周辺だけを責めるのが特徴で
様々なプレイを用意したうえで「くるくる」「かりかり」といった掛け声を小まめに言い
さらに序盤は焦らす、中盤以降は刺激を上げると若干意地悪して性感をじっくり高めます。
プレイはM向けですけど雰囲気は穏やかなので、ややMな人に最も向いてます。
シスターがする気持ちいいご奉仕
シスターに胸や乳首を責められドライ絶頂するお話。

「神父様 失礼いたします 今宵もよろしくお願いいたします」
シスターは上品で穏やかな声の女性。
ある日の夜、主人公に挨拶しシャツ1枚の格好にすると
エッチに入る前に深呼吸して気持ちを一旦落ち着けます。

本作品は優しくて包容力もあるシスターらしい彼女が
普段は真面目だけど変態性癖を隠し持ってる彼をおよそ80分に渡って責め続けます。
2人の関係を考慮しSEXなどの踏み込んだプレイはやらない代わりに
後ろから抱き着く形で密着したまま乳首や胸を時間いっぱい気持ちよくします。

エッチの冒頭と最後に1分くらい耳舐めするシーンがあるものの
それ以外は胸、乳輪、乳首に的を絞って責める非常に尖った作りです。
実況を挟みながら色んな掛け声を出してわかりやすくリードしますから
音声に合わせて乳首をいじれば自然と気持ちよくなれます。

「こんなふうに ゆっくりと くーるくる くーるくると おっぱいに 大きな円を描いていきますよ」
胸や乳輪をソフトに撫でる時は「くーるくる」、2本の指で乳首を摘まむときは「ぎゅっ」など
特化型の作品なだけあって色んないじり方が用意されてます。
ドライする関係でどちらかと言えば開発者向けの内容ですが
未開発者が乳首をいじりながらおちんちんをしごいて射精するのも有りだと思います。
リードがしっかりしてるのでドライにさえこだわらなければ親しみやすい作品と言えます。

それ以外の特徴はプレイ中はほぼずっと囁き声で話すことと
序盤から中盤にかけては焦らし気味に進めることです。
前者は耳元至近距離から優しく語り掛けてくることが多く、乳首責め作品とは思えないほど雰囲気が穏やかです。
後者は意地悪と見ることもできますし、絶頂に向けて入念に準備してると捉えることもできます。

「何を照れてらっしゃるんです? 恥ずかしがる必要なんてありませんよ 神父様に喜んでいただけると 私も嬉しいですから」
ちなみに作中で彼女がM向けの言葉責めをすることはありません。
終始温和な態度で彼のすべてを受け止めようとします。
彼のことを尊敬してるようですし、日頃お世話になってる恩返しをしてるのかもしれません。
プレイはアブノーマルだけど雰囲気は至ってノーマルでM度が低い人も聴きやすくなってます。
体をじっくり温めるエッチ
エッチシーンは72分間。
プレイは耳舐め、胸を揉む、乳輪責め、乳首責め、カウントによる絶頂です。
エッチな効果音はありません。

「それでは いつものように お耳をお舐めいたしましょう」
2分ほど深呼吸して準備を整えた後
シスターは乳首責めに入る前に軽く耳舐めして主人公を興奮させます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の26分間は乳首責めに向けた準備をするシーン。
耳舐めから入って胸を揉む→乳輪を撫でると進んで体の感度を上げます。

「ご婦人の胸を愛してあげるように 繊細で優しく そして うふ いやらしく擦って差し上げますね」
彼女が「いつものように」と言ってるので何度もエッチしてるのでしょう。
慣れた手つきで胸を揉んだり乳輪を撫でて焦らし気味に気持ちよくします。
胸に手を添えて円を描くように動かす時は「くーるくる」
胸を揉む時は「もーみもみ」、乳輪を撫でる時は「さーすさす」「すーりすり」と
プレイごとに違う掛け声を出してわかりやすくリードします。

このシーンは刺激がかなり弱いですから、気持ちよさとくすぐったさを感じるでしょう。
ペースもゆっくりでまだ準備運動の段階なのがわかります。
焦らし気味に進めたほうが乳首をいじった時に気持ちよくなるのは事実なので
時間に余裕がある状況を活かして丁寧に進めます。

乳首責めが始まるのはその次から。
「ちょん ちょん」と言って指先で乳首に触れる、2本の指でつまんで擦る
そのまま引っ張る、指で押しつぶしたまま回転させる、爪で引っかくなど
先ほどよりも強い刺激が得られるプレイを中心に据えてドライへ徐々に追い込みます。

「甘い声が止まりませんね とーっても可愛らしくて 神父様のこと 愛おしく思ってしまいます」
責めが少しハードになっても彼女の態度は引き続き穏やか。
「よーしよし」と彼のことを赤ちゃんのように扱って幸福感も与えます。
プレイの種類が増えたおかげで色んな快感が味わえますし、本作品のメインはやはりここだと思います。

ちなみに絶頂は1回目、2回目共にカウントに合わせて行います。
1カウントごとに長めのセリフを挟んでじっくり進めてました。
2回目は絶頂までのプレイ時間が20分くらいしかないので
1回目よりも刺激を強くしたり責めるペースを上げてメリハリをつけてます。


実際に聴いてみた感想ですが、序盤はプレイがソフトなおかげでもどかしく感じました。
でも乳首をいじり始めた後は一転して強めの快感が襲ってきて気持ちよかったです。
さすがにドライは無理でしたけど、それは私が催眠音声のドライに慣れてるのが影響してます。
絶頂シーンの直前から催眠暗示っぽいセリフもちょこちょこ出てきますし
サークルさんなりのやり方で射精できないハンデを克服しようとしてるのが窺えます。

このように、最初は焦らして途中から本気を出すやや落差のあるエッチが繰り広げられてます。
乳首特化の穏やかな作品
最大の売りである乳首責めをしっかりこなし、それ以外は甘めにしてるややM向けの作品です。

シスターは乳首で感じたり絶頂したい主人公の願いを叶えようと
後ろから抱き着く形で密着しながらまずは胸や乳輪を焦らし気味に責めて感度を上げます。
そして中盤以降は乳首に的を絞り、色んないじり方をして2回のドライ絶頂に導きます。

穏やかで包容力のあるシスターが教会の神父を乳首責めで気持ちよくするシチュ
エッチシーンのほぼすべてを乳首とその周辺への責めに費やす尖った作り
実況と様々な掛け声を組み合わせて聴き手がいじりやすいようにリードするエッチ。
今のところ乳首責め作品を専門に作られてるサークルさんなだけあって、要所を押さえた作品に仕上がってます。

中でも3番目はプレイは乳首責めなんだけど表現方法は乳首オナニーにとても近いです。
どの指を使うかまでちゃんと教えてくれますから未開発者でもやりやすく感じるでしょう。
唯一の難点とも言えるドライもおちんちんオナニーと併用すれば容易に解消できます。
掛け声の速度やリズムがあまり変わらないところを改善すればより良くなるんじゃないかなと。

あと音声ファイルをドライの1回目までと2回目で分けたほうが使いやすくなると思います。
そうすれば2回目は短時間で強めの刺激を得たい人が繰り返し聴けるようになります。

絶頂シーンは2回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:大山チロルさん
総時間 1:17:34

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月18日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「ラムネ屋」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、仕事中は厳しいけどプライベートはとっても優しいお姉さんが
職場の後輩にあたる男性と出張中に濃厚なエッチをします。

自分の気持ちをはっきり伝えてから無理矢理感を出さずにリードしたり
エッチの最中はやや下品なフェラ音やオホ声交じりの喘ぎ声をガンガン漏らすなど
彼女の想いの強さやドスケベっぷりを表現しながらじっくり色仕掛けします。
逆寝取られをテーマにしてますが暗さやは重さは薄いので聴きやすく感じるでしょう。
かっこいい先輩が見せるメスの顔
先輩の波多野 美紀とホテルで色んなエッチをするお話。

「4号車の、7-Aと7-B、7-Aは…あった、ここだ」
美紀は明るくて落ち着いた声のお姉さん。
新幹線の車内で座る席を見つけて主人公に教えると
荷物を網棚に乗せてから左に座り雑談をします。

本作品は現在28歳で仕事をバリバリこなしてる彼女が
5つ年下で以前面倒を見てた彼とおよそ90分に渡ってイチャイチャします。
彼女は彼が入社した当時からそれなりの好意を寄せており
久しぶりに一緒に働くことになったこの出張を絶好の機会と考えてます。
そんなわけで序盤から親しげに語りかけて堕とせるかどうか見定める素振りを見せます。

「……あら、そうなの? 彼女、いたんだ……おめでとう」
彼が入社した当時のことを楽しそうに振り返りながら
プライベートの話題になるとさり気なく恋人の有無を確認します。
そしているとわかったら少し寂しそうな表情でお祝いの言葉をかけます。

たぶん彼女は彼と離れ離れになった後に心から愛してることを自覚したのだと思います。
だから恋人がいたとしてもなりふり構わず積極的に誘惑します。
冒頭の12分間は2人がエッチするまでの過程が丁寧に描かれててわかりやすいです。

「もっともっと私が欲しい……? 私なら、君の彼女よりたくさん気持ちよくさせてあげられるよ」
そしてエッチ開始後は普段と随分違う淫乱な姿を見せてくれます。
彼に対して好きなことをはっきり伝えながら体の匂いを熱心に嗅いだり
やや下品なちゅぱ音を鳴らして男心を上手にくすぐります。
さらに彼が十分食いついた後は自分のほうが魅力的であることをアピールして心を一気に引き寄せます。
普段の態度が真面目だからこそ、プレイ中に見せるドスケベっぷりとのギャップが大きいです。

彼が最終的に恋人から彼女に乗り換えるので逆寝取られなのは間違いありません。
しかし立場を利用して彼を脅したり、無理矢理犯すといったことはやらずに王道の色仕掛けをします。
彼がほとんど抵抗しなかったところを見ると、最初からある程度の好意を持ってたように見て取れます。
暗さや重さを感じる描写も僅かなので背徳感をあまり抱かずに聴けるでしょう。
メインは色仕掛けで、それを盛り上げたり特徴づけるために逆寝取られを取り入れてる感じです。
美紀のすべてを曝け出すエッチ
エッチシーンは5パート64分間。
プレイはキス、手コキ、耳舐め、ちん嗅ぎ、フェラ、体の拘束、乳首/腋舐め、SEX(騎乗位、対面座位、立ちバック)、恋人との電話です。
体の拘束、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ねぇ……もっと見たい? 私の胸」
予約の手違いで主人公と同じ部屋に泊まることになった美紀は
仕事を無事終えたお祝いにお酒を飲んでから軽く誘惑して彼の反応を見ます。

エッチは最終パートを除き年上の彼女がリードします。
最初の2パート26分間は彼女の積極性やエロさを前面に押し出したプレイ。
「2章:相部屋逆NTR ほろ酔い囁き手コキ(約15分)」はキス、耳舐め、手コキ
「3章:ドスケベちん嗅ぎ フェラ(約11分)」は軽いちん嗅ぎとフェラで1回射精させます。

「私は期待してたよ、君とこうなっちゃうこと」
「上下に優しく……しこしこ しこしこ しこしこ しこしこ」

彼女は彼と2人きりになれる時をずっと待ってたのでしょう。
エッチの開始直後に好きだったことをストレートに伝え、それから口を使って唇や耳を丁寧に愛します。
手コキは音を鳴らさない代わりにシコシコボイスを多く言ってわかりやすく表現します。

キスする時にちゃんと彼に許可を取ってますから無理矢理感はありません。
2章は責め方も緩いのでエッチしても大丈夫か確認する意味合いが強いです。
彼を甘やかすセリフもそれなりにあって、逆寝取られとは思えないほど雰囲気が穏やかでした。

それに対して3章は彼女のドスケベなところを前面に出してます。
汗で蒸れ蒸れになったおちんちんを鼻を鳴らして嬉しそうに嗅いだり
フェラ開始後は「ずびびっ」というパワフルなちゅぱ音を積極的に鳴らします。
彼女は匂いフェチらしいので彼の匂いを嗅ぐシーンを何度か挟んできます。

「君とこんなにいちゃいちゃ出来るなんて、夢みたい」
最中に彼女が幸せそうな表情を見せながら尽くすのが印象的でした。
フェラの中盤でおちんちんを咥え込む際に彼女のほうから喉奥で責めることを提案します。
そして軽くせき込んでもしっかりやり遂げ精液も口で受け止め飲み干します。
「恋人よりも私のほうがあなたを愛せる」とアピールして心をこちらに傾けるわけです。
下品な姿を見せるのも、匂いフェチだと教えるのも本当の自分を知ってもらいたいからだと思います。

続く3パート38分間はプレイがさらに濃くなります。
「4章:逆寝取られ騎乗位生ハメエッチ(約18分)」は騎乗位
「5章:彼女からの電話 隣で寝取り囁きされながら エッチ(約8分)」は対面座位でSEXします。
そして「7章エピローグ(約12分)」はその後どうなったかをエッチメインでお届けします。
ちなみに4章の時間は販売ページだと12分45秒となってますが実際は21分03秒です。

「はっ はあっ 突き上げられちゃ おおっ ぎもぢっ おっ おっ」
4章は本作品の山場なだけあってエロさと個性の両方が強いです。
彼の耳、乳首、腋を丹念に舐めながら匂いを嗅いで気持ちを盛り上げ
SEX中はオホ声交じりの激しい喘ぎ声をガンガン漏らします。
生ハメを選んで存分に中出しさせるなど、男が喜ぶ要素をいくつも盛り込み一気に堕とそうとします。

オホ声はSEXに絞り込んでるし、普通の喘ぎ声と混ぜてるので癖が強いと言うほどではありません。
ギャップを持たせたうえで彼女が幸せを感じてる様子をエロく表現します。
そして5章は途中に恋人から電話がかかってくるシーンを挟んで変化をつけます。
この2パートを聴けば彼もすっかり彼女にのめり込んでるのがわかるでしょう。

このように、普段と違うメスの顔を見せてあれこれお世話するタイトル通りのエッチが繰り広げられてます。
ライトな逆寝取られ作品
逆寝取られを扱ってる音声作品の中でかなり軽い部類に属するややM向けの作品です。

美紀は職場の後輩で以前から好きだった主人公をモノにしようと
出張先のホテルで相部屋を用意し、そこで隙を見せたりやんわり誘惑して彼の反応を確かめます。
そしていけそうだと判断したらドスケベっぷりを発揮して欲望を存分に満たします。

普段はクールだけどエッチは下品に振舞う先輩が恋人持ちの後輩をエッチで堕とすシチュ
フェラのちゅぱ音やSEXのオホ声などギャップを持たせて興奮させる彼女らしいエッチ
逆寝取られにありがちな暗さ、重さ、背徳感を極力薄めた聴きやすい作り。
通常ならくっつきにくい男女がそうなる様子を明るくエロく描いてます。

中でも2番目は仕事のできる女性が
好きな人のために本当の自分を曝け出す愛のあるエロスが楽しめます。
セリフが終始優しかったり尽くす姿勢でリードすることも含めて
逆寝取られなんだけど彼のことも十分思いやりながらエッチしてます。

彼女が彼を好きになったのは入社当時、彼が恋人と付き合い始めたのはその後なので
彼女にはBSS(僕が 先に 好きだったのに)という気持ちがあったのだと思います。
悪意に基づく行為とは違いますから、これなら純愛系のお話かなぁと私は見てます。
ドロドロした展開とは方向性が違うのでそこだけご注意ください。

唯一残念だったのはキスシーンが短いこと。
確認したところ全パート合わせても8分くらいです。
彼女のプロフィールにわざわざ「好きなプレイ;キス」と書いたのなら
もう少し長くやっても良かったのではないでしょうか。

射精シーンは5回。
淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなり、くちゅ音そこそこです。

CV:こやまはるさん
総時間 1:32:14

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月26日まで25%OFFの990円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「アンスリウム」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、エッチの知識や経験はないけど愛情だけは誰にも負けないお嬢様が
元幼馴染で今は専属執事の男性に大胆な誘惑をかけます。

初々しさを出しつつエッチな声や音をガンガン鳴らすのが特徴で
ご主人様とエッチすることに躊躇する彼を積極的にリードしながら
吐息、ちゅぱ音、喘ぎ声、愛の言葉を投げかけて少しずつ心を溶かします。
昔の関係を取り戻すために
夢野 華(ゆめの はな)がエッチや耳かきをするお話。

「おはようございます あなた 今日も凛々しくて スーツがとても似合ってますよ」
華は丁寧語で話す可憐な声の女の子。
学校へ出かける前に主人公へ挨拶すると
ピンを直すために突然近づかれて思わずドキドキします。

本作品は箱入り娘でちょっぴりずれたところもある彼女が
専属執事をしてる彼とおよそ100分に渡りイチャイチャします。
2人は家が隣同士なので小さい頃から付き合いがあり
当時は一緒に遊ぶ友達でしたが現在は主従の関係に変わってます。
しかし彼女は彼と結婚することを諦めておらず、言葉と行為の両方から自分の気持ちをアピールします。

「でも 忘れ物といいますか その…家を出る時は キスをするものではないのですか?」
従者の1人に過ぎない彼を「あなた」と呼んだり
学校へ行く時はキスを求めるなど、恋人や夫婦に近い距離感で接します。
そして図書館でエッチに関する本を読んだ後はそれを実践して惜しみない愛情を注ぎます。
最中のセリフも思いやりに満ちたものが多く、全編を通じて非常に甘い空気が漂ってます。

彼女が世間知らず性に関して無知なのもポイント。
不得手なりに彼をなんとか振り向かせようと頑張る姿が健気で愛らしく
終盤では彼女が幸せそうな表情を見せて一体感や充足感を与えます。

単にエッチして終わりではなく、彼女の願いが叶うから余計甘さを感じるわけです。
物語が進むにつれて2人の関係が徐々に変わるなどキャラを大事にしてます。

エッチについては開始後はできるだけセリフを挟まず
吐息、ちゅぱ音、喘ぎ声といったエッチな声や音を鳴らして臨場感を出します。
プレイの前後はセリフ多め、最中は音重視とメリハリのある作りになってます。
アンスリウムさんは音にも割とこだわってまから、それを出すためにこの構成にしたのでしょう。
彼女の属性に合わせて責めっぷりは緩くして、それによるエロさの不足分をこれで補ってます。
ストレートに愛し合うエッチ
エッチシーンは5パート64分間。
プレイはキス、耳舐め、乳首責め、おちんちんの愛撫、足コキ、69、SEX(正常位?)です。
足コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「私 あなたとキスがしたい」
学校から帰った後、主人公にエッチな本のことを話した華は
その手始めに熱いキスを求めます。

エッチは彼女がリードしつつ時折彼も責めに回ります。
最初の3パート38分間は彼女の初々しさと想いの強さがよく出てるシーン。
「03_唇を重ねさせていただきます(約13分)」はキス
「04_お嬢様が執事の耳を舐めるなど…!(約18分)」は耳舐め、乳首責め、おちんちんの愛撫
「05_足で…お願いします(約7分)」は足コキで1回だけ射精します。

「あっ こ、これが キス どうしましょう どうしてこんなに心臓がバクバクと」
彼女は最初から好感度MAXの状態なので、彼が執事でもまったく躊躇しません。
本で得た知識を元にキスを行い初めての感覚にドキドキします。
とりあえずやってみたら予想以上に強烈で戸惑ってるところが可愛いなと。
前半はライト、後半はディープとやり方を変えて異なるちゅぱ音を鳴らします。

そして前項で説明した音重視の作りが早速威力を発揮します。
03パートは大部分をちゅぱ音と吐息で表現しますし
次の04パートも時間いっぱい耳舐めしながら舐め方や深さを変えてリアルにお届けします。
乳首責めは「さわさわ」と掛け声を軽く言う程度、おちんちんの愛撫は服越しですから耳舐めが主役です。
華役を務める御崎ひよりさんも音だけでわかるように丁寧な演技をされてました。

「精液…ですね これが精液」
05パートはプレイだけを見るとM向けですけど
彼が手コキやフェラを拒否した結果そうなっただけで彼女に悪意はありません。
最初は靴下を穿いたまま、少し経つと素足でゆっくりしごいて気持ちよくします。
射精後は彼の精液を興味深そうに観察するなど、好きな人のことを知ろうとする積極的な姿勢を見せます。

続く2パート26分間はプレイが一気に濃くなります。
「06_ご奉仕とご褒美(約11分)」は彼女が上、彼が下になってお互いの性器を舐め合い
「08_初恋生セックス(約15分)」は生ハメ&中出しSEXで彼女の願いを叶えます。

「あぁぁぁぁ なんて太いの あぁ素敵」
本作品の山場なだけあってどちらのパートもなかなかエロいです。
06パートは恥ずかしそうな表情を見せながらちゅぱ音と可愛い喘ぎ声を漏らしますし
08パートは彼のおちんちんを迎えられて普段以上にうっとりした声を上げます。
処女の設定ですが痛がる様子は特になく、後になるほどペースを上げて一緒の絶頂を目指します。

08パートだけプレイ中のセリフを多めにしてるのがすごく良いなと。
他と同じく声や音だけだと彼女の内面がわかりにくいので
幸福感を前面に押し出して身も心もひとつになれるように進めます。
和姦とはいえ清楚なお嬢様の大事なところをおちんちんと精液で汚すシチュにもそそります。

このように、パートごとに違うプレイをやりながら少しずつ前進するラブラブなエッチが繰り広げられてます。
キャラと音のバランスが良い作品
キャラが立っててASMR成分もそれなりにあるノーマル向けの作品です。

華は昔から兄のように慕ってた主人公と特別な関係になるために
本で得た知識を使って彼を誘惑したり性感帯を責めて気持ちよくします。
そして中盤以降は彼女もおまんこを委ねて幸せな初体験を味わいます。

好きな人の前では大胆になれる清楚なお嬢様が、執事をしてる男性に猛アタックするシチュ
自分が思ってることをはっきり伝えながら愛情を込めて責める甘いエッチ
プレイ開始後はセリフを一気に減らしてエッチな声や音を聴きやすくする演出。
キャラや人間関係といった背景を上手く使って温かい作品に仕上げてます。

「あなたの声が好き とても落ち着くの あなたの声を聞いているだけで 幸せな気分になる」
セリフの表現をものすごくストレートにしてるのが特に印象的でした。
彼女自身が元々表裏のない性格なことと
彼に対してはありのままの自分で接したいという気持ちを表してます。
要所を押さえたセリフにすればエッチの最中が音重視でも彼女の気持ちが伝わりますからね。
そういうバランス感覚があるからこの構成でもキャラがしっかり立ってるのだと思います。

エッチは序盤から中盤はソフトにして終盤で一気に盛り上げます。
ただ激しく責めるシーンは少ないですから通しで1~2回抜ければってところでしょう。
音の質感や動きがリアルで彼女にお世話されてる気分が味わいやすいです。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音それなり、淫語・くちゅ音・喘ぎ声そこそこです。

年下の女性に大事にされたい、愛されたいと思ってる人には特におすすめします。

CV:御崎ひよりさん
総時間 2:01:40(本編…1:45:42 フリートーク…15:58)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月10日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「ボトムズ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、男を弄ぶのが好きな2人のお姉さんが
M男の左右に陣取り耳と心を同時に犯して惨めで幸せな射精へ導きます。

ほぼ全編で両耳舐めしながらM向けの色んな言葉責めをするのが特徴で
ストレートに見下す、彼の弱さを貶す、女性に弄ばれる快感を煽るなど
シーンごとに方向性を変えながらリアルなちゅぱ音と喘ぎ声を絶え間なく流して上手に興奮させます。
TKTK音声と呼ばれる独自要素を盛り込んでるのもポイントです。
音と言葉でみっちり調教
2人のお姉さんに耳を責められながらオナニーするお話。

右「前戯? うふふふ 何を言ってるのかな? レイプにそんなの必要ないでしょ」
左「私達の舌ペニスで、オマエの耳マンコを滅茶苦茶に犯してあげる 何を驚いてるの? レイプ、好きでしょ?」
お姉さんたちはややトーンの違うどちらも穏やかな声の女性。
音声開始直後から耳舐めっぽいちゅぱ音を同時に鳴らすと
早速感じてる主人公を嬉しそうに眺めます。

本作品は耳と脳をねっとり犯される快感を味わわせることを目的に
彼女たちがおよそ40分に渡って非常に変わったエッチをします。
挨拶や背景説明といった前置きは全部省略してすぐさまエッチを始め
どのシーンも必ず2人同時に話したり耳舐めしてゾクゾク感を与えます。

最大の特徴はちゅぱ音、言葉責め、TKTK音声、喘ぎ声、振動音を組み合わせて責めること。
ちゅぱ音はほぼずっとと言っていいくらい鳴り続けますし
言葉責めも本編の半分以上に渡ってM向けの様々なセリフを丁寧に投げかけます。
また彼女たちもそれなりに興奮してるようで、中盤以降は喘ぎ声の割合が徐々に増えていきます。

本編の時間は43分と短めですが常に2~5種類の声や音が同時に流れ続けるので
実時間よりも明らかに濃いひと時が送れます。
時間に対する情報量が多く、視聴後は軽い疲れを感じる人がいると思います。

「スクスクスクスクスクスク」
TKTK音声については「スクスクスク」という擬声語を囁き声で言い続けます。
これ自体に意味はなく、口を使ったASMRの一種と見るのが妥当です。
音声では初めて見かける要素ですから本作品における個性のひとつと言えます。

もうひとつ、エッチ開始直後から「ぶぅぅぅぅん」という小刻みな振動音も流れます。
最初はノイズだと思ってたのですが、一定間隔で音が強弱するところを見ると意図的に鳴らしてるようです。
催眠音声で時々使われるバイノーラルビートのような音で
しばらく聴いてると脳を軽く揺さぶられるような心地よさが味わえます。

ここまでをまとめると、様々な音を駆使して悶えさせるASMR寄りの作品です。
言葉責めの量もそれなりにありますけど、それより音のほうが存在感は大きいです。
純粋なエロさを出しつつ脳をとろかすような作りになってて
音声を聴いてる最中は別の世界にいるような不思議な感覚に浸れます。
興奮と恍惚感を与えるエッチ
エッチシーンは43分間。
プレイは両耳舐め、言葉責め、TKTK音声、オナニー、おちんちんを踏みつける、喘ぎ声を漏らすです。
オナニーの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

右「まだこっちは何もしてないのにw 勝手に負けるのやめてほしいわ」
左「今の恥ずかしい恰好。皆に見て貰おうか?」
両耳舐めされてすぐ負けそうになる主人公を微笑交じりに見下すと
お姉さんはさらなる言葉責めをしたり音重視の責めを繰り出してもっとゾクゾクさせます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
前半の21分間は本作品の特徴がよく出てるシーン。
序盤の5分間は左右で違う言葉責めを同時に繰り出し
残りの16分間はセリフを一切挟まず色んな音を組み合わせて性感と興奮を高めます。

どういう経緯で今回のエッチをすることになったのかはわかりませんが
彼女たちはS、彼はMとお互いの性癖が見事に噛み合ってます。
だから2人とも穏やかな声と態度でややハードな言葉責めをガンガンぶつけます。
表現が辛辣な代わりに言い方を和らげて聴きやすくしてました。

言葉責めをする5分間は2人のセリフが思いきり被っており
両方同時に聴こうとしたら脳が疲れると思います。
基本的には片方に意識を向け、あとは音を楽しむ感じにすれば無理なく聴けるでしょう。
後半は同じセリフを左右同時に言うスタイルに変わりますから本当にここだけです。

続く16分間は耳舐め、TKTK音声、喘ぎ声、振動音のみ流れ続けます。
といっても同じ音を垂れ流す単調なものではなく
ちゅぱ音が強弱したり喘ぎ声の割合を上げ下げして波を作ります。
振動音も大きくなったり小さくなったりしてなかなか凝ってました。
中央からオナニーと思しき効果音も鳴り始めるなど、前半の時点で音の密度がかなり高いです。

後半の22分間は言葉責めを再開してじわじわと射精へ追い込みます。
彼自身を犬呼ばわりしたり、おちんちんや精液をゴミに例えて上下関係を明確にし
さらにMな人が喜ぶ要素を色んな方向からぶつけて心を上手に盛り上げます。

左右「終わってる終わってる終わってる オマエは終わってるゴミマゾ ゴミゴミゴミゴミゴミ イケイケイケイケイケ」
左右「好きよ、愛してる、オマエしか見えない 私が踏みつけてるオマエのマゾチンポ プルプル震えて気持ちいいわぁ」

見下したり突き放すセリフの合間に甘やかすセリフを置いてるのが良いですね。
飴と鞭を使い分けて彼女たちに従う喜びを教えます。
2人のキャラがそんなに冷たくないので愛玩動物っぽい扱いをしてるかなと。
焦らしや寸止めといった意地悪な要素もなく、1回の射精を充実させる方針でリードします。

音については構成は前半とそこまで変わりません。
しかし耳舐め音や喘ぎ声を多少激しくして純粋なエロさを上げてます。
左右同時に同じ言葉責めをするおかげで聴きやすくなってますし
やっぱりこのシーンのほうが抜きやすいと思います。
最後に彼女たちが激しい喘ぎ声を上げたりカウントを数えるので、それに合わせて出す形になります。

このように、音と言葉をいくつも重ねてじっくり追い込む独特なエッチが繰り広げられてます。
脳がとろける作品
体よりも心への責めが充実してるM向け作品です。

お姉さんたちは何らかの事情でエッチすることになった主人公を存分に弄ぼうと
音声開始直後から左右同時に耳舐めを行い、さらにTKTK音声や喘ぎ声も加えて興奮させます。
そして前半と後半で違うスタイルの言葉責めをしたり
おちんちんを踏みつける描写も挟んで情けない射精へ追い込みます。

声や態度は穏やかだけど性格は結構Sなお姉さんが従順なM男をエッチで躾けるシチュ
複数の声や音を同時に鳴らし、さらに前半と後半で責め方を変える密度の高いエッチ
TKTK音声や振動音といった独自の要素を盛り込み役立ててる演出。
耳舐めが豊富で、ASMRで、言葉責めも充実してるなかなか欲張りな作品に仕上がってます。

中でもエッチはリアリティよりも音に包まれる快感を重視した作りになってます。
おちんちんへの責めはオナニーのみ、しかも音を鳴らすだけなので
耳や脳といった頭部への責めに特化したプレイと言えます。
ちゅぱ音や喘ぎ声による純粋なエロさと、音に包まれる恍惚感が同時に味わえて面白かったです。
オナサポ要素は皆無ですから好きにしごいて最後に出せばOKです。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音大量、淫語と喘ぎ声それなり、くちゅ音そこそこです。

音声作品の流行を捉えつつ自分の色もちゃんと出してる優れた作品です。
おまけはフリートークとNG集です。

CV:宮坂雪さん 柚木つばめさん
総時間 1:39:17(本編…43:01 分割ファイル…25:32 おまけ…30:44)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「うえぶんり」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や態度はクールだけど性格は献身的なお姉さんが
様々な変態性癖を持つ男性たちの欲望をエッチな手段で発散させます。

優しさや思いやりを込めてM向けのプレイをするのが特徴で
亀頭責め、オナホコキ、おまんこコキなど男性が受けに回るプレイをやりながら
途中で暴発しないよう適度に手加減したり、どう責めて欲しいか尋ねてその通りにします。
プレイ中は吐息をたっぷり漏らしますから彼女の近さと温もりを感じながら抜けるでしょう。
変態たちを受け入れてくれる楽園
変態処理施設で働いてる出水園まい(いずみその まい)が4種類のエッチをするお話。

「本日は ようこそいらっしゃいました」
まいはトーンが低く落ち着いた声のお姉さん。
変態処理施設へやって来た主人公に挨拶すると、彼の症状を確認してからサインを求めます。

本作品は変態が現実世界でノーマルな日常を送れるように設立された施設で
彼女が様々な変態たちと一対一でおよそ90分間のエッチをします。
パートごとに相手が代わるシステムになっており
それぞれで違うプレイをやりながらゆっくり責めて幸せな射精へ導きます。

「じっくりと時間をかけていじってから 最後に激しくして射精 お間違いありませんか?」
変態処理施設という名前や、彼女の声と態度が淡々としてることから
事務的プレイを題材にした作品と思う人がいるかもしれません。
しかし実際はまったくの逆で男性たちが喜ぶことをガンガンやってもてなします。
作中で彼女が彼らを見下したり突き放すことはありません。
プレイの開始前や最中にどう責めて欲しいかを尋ねてその通りに動きます。

彼らが変態だからM向けのプレイをやってるだけで彼女自身のS性は低いです。
結構踏み込んだサービスもしてくれて包容力のある女性に描かれてます。
ただし、好意や恋愛感情を一切絡めないところは割り切ってると言えます。

エッチについてはアブノーマルなものを中心に据えてます。
亀頭責め、オナホコキ、おまんこコキ、騎乗位SEXとパートごとにメインのプレイを切り替え
耳元や正面近くで熱っぽい吐息を多めに漏らして密着感と臨場感を出します。

お仕事といってもエッチしてるのは事実ですから、彼女も割と興奮してるのかもしれません。
M向けの言葉責めをしないハンデをエッチな声や音で補ってます。
同じプレイでも状況に応じて質感や動きを変えてますし、音に対するこだわりを感じました。
変態向けのアブノーマルなエッチ
エッチシーンは4パート80分間。
プレイはフェラ、亀頭責め、手コキ、キス、オナホコキ、嘘喘ぎ、おまんこコキ、手マン、クリコキ、SEX(騎乗位)です。
亀頭責め、手コキ、オナホコキ、おまんこコキ、手マン、クリコキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ほら 脚を大きく開いて 開放的に …では 濡らします」
準備をしてる間に服を脱いでおく指示を出すと
まいは軽く勃起してるおちんちんをねっとり舐めてより元気にします。

エッチはどのパートも彼女が責め続けます。
前半の2パート37分間は本作品の特徴をわかりやすく表現してるシーン。
「トラック2:亀頭いじめ、手コキ(約17分)」は亀頭責めと少しの手コキ
「トラック3:嘘喘ぎ、オナホコキ(約20分)」は疑似SEX風のオナホコキで1回ずつ射精します。

「亀頭をいじめられるのが大好き、でしたか 軽いフェラチオで ここまでビクビクさせていては この先 もちませんよ?」
事前にどんなプレイが好きか教えてもらってるので
彼女はどのパートも彼らの嗜好に合わせたリードをします。
トラック2は敢えて通常の手コキをほとんどせず亀頭責め中心で行い
彼がすぐ射精しないよう刺激を徐々に上げて感度をチェックします。

日々多くの変態を相手してるだけあって責め方が上手くプロらしさが出ています。
焦らし気味に責めますけど、気持ちよく射精させるためで意地悪さはまったくありません。
普通の女性だと引かれるプレイを積極的にやるところにむしろ優しさを感じます。

「開いて…ぎゅー パーにして…グー」
そしてプロらしさを表現するのに音が役立ってます。
ゆっくりペースで小刻みに手を動かしてたかと思えば
亀頭を手のひらで包んだり離すのを繰り返して別の刺激を与えます。
セリフに合わせて音を鳴らすおかげでプレイの様子がわかりやすいです。
少しの間だけ速度を上げて様子を見るなど、相手に合わせて責めることを心がけてます。

「あら どうされましたか? 女性器に向かって腰を振ってるのですから 当然声は出るものですよ」
トラック3はなかなか自信が持てない男性に勇気を与えることをテーマにしてます。
生身の女性よりもオナホに興奮する彼に少しでも本物の良さを伝えようと
オナホコキの最中は耳元至近距離から気持ちよさそうな声を漏らします。
「嘘喘ぎ」となってますが棒読みじゃなく、感情のこもった結構エロくて熱っぽい声です。
このオナホも彼女のおまんこを象ったものらしいですし、本番を強く意識したプレイと言えます。

後半の2パート43分間はおまんこを使ったプレイが中心。
「トラック4:絶対に挿入させない、おまんこコキ(約29分)」はおまんこコキとクリコキ
「トラック5:生中出し、事務的杭打ちセックス(約14分)」は生ハメSEXとキスで合計3回射精します。

「ギリギリのところに何度も ほら ほら どうです? 一番ここが 柔らかくて気持ちいいですか?」
トラック4は最も長い時間を割いてるだけあってプレイが濃いです。
おまんこの中ではなく大陰唇や小陰唇といった外側でおちんちんを刺激し
挿入しそうでしない状況を維持したまま小さくピストンしておまんこの外側に射精させます。
普通のSEXとの違いが出るよう実況をしっかりやって、さらに効果音もそれに合ったものを鳴らします。

目の前におまんこがあったら奥まで挿入したいと思うのが男の自然な心理ですから
それを敢えてやらないところにこの男性の変態っぷりがよく出てます。
このパートだけは2回射精する流れになってまして
1回目と2回目でプレイや射精する場所を変えて違いを出してました。
吐息も今まで以上に熱っぽく、彼女がそれなりに感じてるのが伝わってきます。

このように、変態たちのニーズに合わせて巧みに責めるご奉仕色の強いエッチが繰り広げられてます。
プロらしさが光る作品
アブノーマルなエッチを穏やかな雰囲気でやるややM向けの作品です。

まいは普通の女性では受け止められない性的嗜好を持つ男性たちを満足させようと
一対一でそれぞれに合ったプレイを行い無理なく射精へ追い込みます。
そしてクールな声と態度で手厚いサービスをしてプロらしさを表現します。

変態専用の公的施設で働いてるお姉さんが男性たちをエッチで喜ばせるシチュ
パートごとに相手を変え、1人1人の嗜好に合ったプレイをする展開
彼らの変態っぷりがわかるこだわりを持ったエッチと吐息や音による表現方法。
事務的プレイよりも風俗サービスに近い内容にしてひとつひとつを濃く描きます。

中でも3番目は亀頭だけを集中攻撃する、おまんこの浅い部分でしごくなど
一般的なエッチから少しずらして個性とテーマ性を出します。
そしてどのプレイも音の扱いに気を配ってリアルでエロいものに仕上げてます。
バックでループ音を垂れ流すのとは違うのでセリフと音の連携が取れてます。

「まあ あまり焦らずに こんな貴重なプレイ 誰もさせてはくれなかったでしょう?」
M向けの言葉責めをほとんどしないのも意外でした。
変態には生きづらい世の中だからこそ、ここにいる間はそれを曝け出せるように優しく接します。
心と体の責め方にギャップがあるのでM度が低めの人でも聴きやすくなってます。
吐息を多くしたり音をリアルにしてバランスを取ってますから普通に抜けます。

射精シーンは5回。
吐息とくちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

CV:柚木つばめさん
総時間 1:35:32

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月11日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「ぶぼぶぼ本舗」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、指導熱心でエッチも大好きなトレーナーのお姉さんが
男性と一対一でエッチなトレーニングをしてダイエットや筋トレを応援します。

パートによって違う体位でたっぷりSEXするのが特徴で
責めが緩い時は通常の艶めかしい喘ぎ声を漏らしてたのが
激しくなると「おおぉ」などのオホ声に変わって下品に乱れます。
きつい筋トレを気持ちいいものに
恵体成美(めぐたいなるみ)のトレーニングを受けて体とおちんちんを鍛えるお話。

「あ、はじめまして! 当ジムのパーソナルトレーナー、恵体成美と申します」
成美は明るくて上品な声のお姉さん。
ジムを初めて利用する主人公に挨拶し、すぐさま体を密着させると
まずは体重や体脂肪率といったデータを記録しながらダイエットのプランを立てます。

本作品はマンツーマンでお客に合ったトレーニングを提供するジムで
彼女がダイエットを目指してる彼におよそ110分間のエッチな指導をします。
通常のトレーニングを1セットこなしたらエッチへ移る流れになっており
彼が気分よく痩せられるように明るい態度で接しながら手厚いサービスをします。

「82、83、はちじゅうっしいいいんおおお、これやばすぎるっんおお、マジイキしちゃうっんよおお...!」
全編を通じて言える大きな特徴はSEXメインでオホ声をガンガン漏らすこと。
どのパートも必ずおまんこでお世話するシーンを盛り込み
その際に普段の彼女とは随分違う下品な声を積極的に漏らします。

わざとらしさが出ないように序盤は「あんっ」と普通の声を出し
ピストンが激しくなるのに合わせてオホ声の割合が増えていきます。
SEXシーンが多いおかげで色んな喘ぎ声が聴けますから、喘ぎ声が好きな人ほど興奮できます。
射精は毎回中出しするなど十分過ぎるご褒美をあげて辛いトレーニングを乗り切る気力を与えます。

また特化型のプレイ構成にありがちな単調さを防ぐために
SEXは体位を変えるだけでなく、ピストン音を多少違うものにしてあります。
例えば最初のパートは対面立位なので「ぱすっ」という弾力のある音が鳴るのに対し
その次は彼がレッグプレスの座席に座ってるから革張りの台座が沈むような音が混じります。

本作品は通常のトレーニング部分も割と真面目に作られており
その時使った器具に関する音も入れて雰囲気を出してます。
全体的に責めるペースを緩めにして喘ぎ声やオホ声を聴きやすくするなど作りが丁寧です。
一緒に楽しむ明るいエッチ
エッチシーンは6パート71分間。
プレイはSEX(対面立位、騎乗位、対面座位、正常位)、フェラ、玉舐め、尻コキ、成美への乳首責め、耳舐め、キスです。
SEX、尻コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほら見て、お兄さんのチンポ眺めてたら、ここ、もう濡れ濡れになってきちゃった」
トレーニングの説明や打ち合わせを済ませた後
成美はラットプルダウン(背中の筋トレ)を終えた主人公と早速SEXをします。

エッチは彼女がリードしながら責め合うスタイルで進めます。
前半の3パート40分間は比較的軽いトレーニング。
「1.インターバル生おまんこ(約10分)」は対面立位
「2.スクワット騎乗位(約14分)」は騎乗位SEXで脂肪と精液を搾ります。
そして「3.スーパーおまんこセット(約16分)」はフェラと対面座位SEXで1回ずつ出します。

「ほらほら、もっと動いて良いからね...んっくう...はあ...上手だよお...。パコパコしながら、どんどん脂肪を燃やしていこっか」
彼女はスパルタ式じゃなく褒めて伸ばすトレーニングをするので雰囲気は終始和やか。
おちんちんの逞しさやピストンの上手さをはっきり伝えてやる気を出させ
さらに途中からオホ声交じりの喘ぎ声を漏らして気持ちいいことをアピールします。

序盤から本気で乱れてくれますから彼女自身も気持ちいいのでしょう。
上品な声質の分倍河原シホさんが繰り出すオホ声はギャップが大きく股間に響きます。
体だけでなく心のケアもするところがプロのトレーナーらしくて良いです。

「はあああああん、っぶうううぽっぶうううぽっぶびいいいいいっぽん」
3番目のパートをフェラ中心にしてるのもポイント。
1番目と2番目はほぼSEXだけだったので、ここで路線を変えてメリハリをつけてます。
玉舐めは「ずごごー」と口を開けたまま吸い付く感じの音
フェラは「ずびびー」と同じく吸い多めのちゅぱ音を鳴らしててオホ声に負けないくらい下品です。
対面座位SEXは3分くらいで終わりますからちゅぱ音を楽しむパートと言えます。

後半の3パート31分間はトレーニングとエッチの両方が濃くなります。
「4.おまんこドロップセット(約8分)」はやや捻りを加えた正常位SEX
「5.性のBIG3(約11分)」は尻コキ、SEX、乳首責めを組み合わせたコース
「6.ドスケベガチ恋セックス(約12分)」は愛情表現としてのSEXをします。

「そろそろ...負荷を弱めていこっか...さっっきよりも浅めに動かしてみてえ...んっおお、コリコリしたとこ...当たってきたあ...」
このへんまで来ると彼の体も鍛えられてますから普通のプレイでは終わりません。
4番目のパートは最初におまんこの奥、次は入り口付近と責める場所を変えてピストンします。
彼女が抱きついて体の匂いを嗅ぐシーンもあったりと
彼がオスとして魅力的になりつつあることを表現しながら責め合います。

「いぐ...いぐ...いっぐうううううう...!んおおお...おお、お、お...んうっっぐうおおおお...!おっほおおお...!」
最も豪華なエッチが楽しめるのは5番目のパート。
尻コキで1回、SEXで1回と射精シーンが多いのに加え
彼女が今までで最も長いオホ声を漏らしながら絶頂するシーンがあります。
尻コキは最初アナルSEXだと思ったのですが、表現が曖昧なので外側でしごいてると私は見てます。

エッチを最後まで聴いた感想は「雰囲気作りができており、キャラも立っててエロい」です。
雰囲気はエッチ以外の部分を現実世界のトレーニングに合わせてますし
「性のBIG3」など用語も交えてそれに沿ったプレイをします。

そして後者は普段上品な彼女がSEXの時だけ下品なオホ声を漏らすところや
毎回生ハメ&中出しする展開など男心をくすぐる要素がしっかりあります。
効果音の扱いにこだわってることも含めて抜きやすさをとても重視してます。
一風変わった抜きボイス
エロさを出しつつトレーニングらしいエッチをするノーマル向け作品です。

成美はダイエットするために申し込んだ主人公の期待に応えようと
常に明るい態度で接しながら最初は普通のトレーニングをします。
そして無事できた後はおまんこや口を使っておちんちんを中心に全身を気持ちよく鍛えます。

プロとしての実力がありエッチも大好きなお姉さんが男性とトレーニングに励むシチュ
SEXシーンを最も多く用意し、普段とは随分違うオホ声を積極的に漏らす落差の大きいエッチ。
彼女のドスケベっぷりをわかりやすく表現しながらテーマ性も出してます。

中でもオホ声はやや扱いが難しい要素なだけあって繋ぎ方に気を配ってます。
SEXを始めた直後は通常の気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らし
ある程度場が温まったところで徐々に切り替えてエロさと下品さを強調します。
プレイ構成がSEXに偏ってるので、全部一度に聴くよりも分けたほうが新鮮な気分で楽しめると思います。

射精シーンは8回。
喘ぎ声多め、淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこです。

オホ声が好きな人、ギャップのあるエッチが聴きたい人には特におすすめします。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:48:12

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月16日まで10%OFFの990円で販売されてます。

↑このページのトップヘ