同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ:催眠音声 > ~5点.

   ● 無感情少女に催眠にかけられて… -催眠ドライオーガズム-
   ● 【耳舐め催眠】ヒプノ・メモアール【KU100高音質・催眠特化倍音VOICE】
   ● サキュバス様の催眠洗脳セックス支配 「無限脳イキ地獄へようこそ♪」
   ● メイドさんの主従逆転催眠~ソフトM性感プレイ~
   ● 《催眠》魔王さまに時間を止められて聖女さまに無自覚な種付けを繰り返してあなたの意識が戻った瞬間61回分絶頂する催眠音声【バイノーラル/ハイレゾ】
   ● Hな小悪魔と初めてのヒプノシスプレイ
   ● お姉ちゃんのエッチなヒプノセラピー~声出しサポート焦らし&赤ちゃんプレイ~
   ● 【ドマゾ向け催眠】天才科学者に実験台として調教され身体も心も【雌】に堕ちてしまう
   ● 【TS百合催眠+性転換調教】ようこそメスイキ先進国へ
   ● 【時計の音と退行催眠】『クロック・クロック・ヒプノシス~時計じかけの年齢退行催眠~』




サークル「にこみどり」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声や口調は無感情だけど性格は優しい少女が
肛門や前立腺開発をテーマにしたエッチなトレーニングをします。

肛門括約筋に弱めの力を入れながら8秒間隔で深呼吸を繰り返す独特なプレイが行われており
淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声といった純粋なエロ要素はほとんど入れず
呼吸音を流しながら筋肉を収縮させたり乳首や亀頭をいじらせてドライオーガズムに導きます。
催眠の要素は薄めなのでドライ系のオナサポ作品と思って聴いたほうが満足できます。

エネマグラ、ローション、アロマ、女性用の下着があるとより楽しめます(無しでも可)。
ふたつの要素でドライトレーニング
少女に催眠をかけられドライ絶頂するお話。

「これは ドライオーガズム そして エネマグラ 初心者向け トレーニング」
少女は淡々と話す落ち着いた声の女の子。
自己紹介はせず本作品のコンセプトや使用器具について説明すると
お尻の筋肉を収縮させるトレーニングを早速始めます。

本作品は射精とは違う絶頂を味わわせることを目的に
彼女がおよそ100分に渡って催眠を交えた独特なエッチをします。
催眠音声のドライオーガズムは深化させてから暗示を駆使して追い込むのが定番ですが
こちらの場合はそういう手段ではなく、前立腺を物理的に圧迫してドライを目指します。

最初から言ってしまうと本作品のドライは催眠音声のドライと別物です。
催眠にかかってるかどうかはほとんど関係ありませんから
催眠パートが入ってる変わったオナサポ作品と呼ぶほうがしっくりきます。
詳しい理由は後でちゃんと説明するので今はそういうものだと思ってください。

ちなみにエネマグラを使う/使わないはどちらでも構いません。
物語の冒頭で彼女が「初回は挿入しない状態でやってみて」と言います。

「8秒かけて ゆっくり 大きく息を吸い込んでいき また 8秒かけて ゆっくりと静かに 息を吐いていく」
このトレーニングで最も重要視されてるのは腹式呼吸と肛門括約筋トレーニング。
前者は吸う時、吐く時両方を8秒ほどかけてゆっくり行い
それに合わせてお尻の筋肉を収縮させて前立腺をやんわり刺激します。
一番最初の「肛門括約筋トレーニング(約22分)」パートでは
ほぼすべての時間を使ってやり方を丁寧に教えてくれます。

あまりやらないプレイだからでしょうけど
両者を個別にやってから組み合わせる流れで一歩ずつ前進してました。
呼吸音を流してペースを取ったり、筋肉に入れる力の加減も指示するなど結構細かいです。
深呼吸する時間が長いことや、バックで穏やかなBGMが流れ続けるおかげで癒しの感覚も得られます。
魂だけを少女の体に
催眠はおよそ13分間。
事前にエネマグラを挿入してから仰向けに横になって目を半分閉じ
天井をぼんやり見つめながら少女の言葉に耳を傾けます。

「床に体が 沈み込んでいくような感覚 それに応じて 意識と体が分離し あなたは 体がまったく動かせなくなる」
前項で説明した肛門括約筋トレーニングパートにリラックス効果があるからでしょうけど
凝視法や分割弛緩法といった特定の技術は使わずいきなり暗示を入れてました。
体が沈み込んだ結果心と体が分離する感覚を与え
さらに「思考回路が停止する」「消えていく」といった深化を匂わせる暗示に繋げます。
BGMの代わりにバックで泡の弾ける音が鳴り続けるため穏やかな空気が漂ってます。

6分ほどリラックスや深化の暗示を入れ続けた後は女体化に進みます。
全身を上から下へなぞる形で彼女の容姿をイメージし
さらに彼の魂だけを彼女の体へ移してから2人が一心同体になったことを教えます。

「私はあなたに あなたは私になる」
サークルさんが催眠音声初挑戦だから仕方ないとも思うのですが
彼女視点ではなく聴き手視点で女性になったことを実感させるアプローチをして欲しかったです。
具体的には「胸が重くなる」とか男女の間で違いが出やすい感覚を厚めに伝えたり
女体化後の自分を鏡で眺めて変化した姿を実況するなどです。
「あなたは」という主語も無理に入れないほうが効果的に働きかけることができます。

ほぼ暗示だけで構成されてる変わった催眠です。
聴き手の体を少女と同じにすることを目的に
前半はリラックスと深化、後半は女体化とほぼ一直線に進めます。

長めの深呼吸やBGMの影響で意識が多少ぼやける感覚はしました。
でも深い催眠状態に入った時の感覚よりもずっと軽いです。
暗示特化の構成だとセリフの表現がものすごく重要になるので
1作目なら古典催眠の技術を積極的に盛り込んだほうが安定して誘導できたと思います。
徐々に盛り上げていくエッチ
エッチシーンは27分間。
プレイは肛門括約筋トレーニング、乳首/亀頭オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「どう? 膣と あと 膣の中に 何か異物が挿入されてる感覚 ある?」
催眠を使って主人公を自分と同じ女の子に変えた少女は
冒頭でやり方を教えた腹式呼吸と肛門括約筋トレーニングを同時にやる指示を出します。

エッチは彼女と直接触れ合わずトレーニングやオナニーで絶頂します。
前半の14分間はアドバイスしながらゆっくり行うシーン。
最初のパートでやった運動から入り、少し経つと乳首オナニーや亀頭オナニーを加えます。

「強く触れてはダメ 弱ければ弱いほどいい 弱い刺激を ゆったりと 長くやるのがコツ」
彼女も言ってるようにこの運動はリズムを保ってゆっくりやるのがコツです。
呼吸音を流してペースを教えながら優しい言葉をかけて取り組みやすい環境を作ります。
本作品のエッチはトレーニング要素が強いので
淫語やちゅぱ音といった純粋なエロ要素はほとんどありません。
そのほうがアナルや前立腺の感覚に集中しやすいからそうしたのでしょう。

また催眠音声ではお馴染みの感度を上げたりイかせる暗示も出てきません。
同人音声とほぼ同じしゃべり方をしてて催眠色は薄いです。
亀頭のことをクリトリスと呼んで女体化してる雰囲気を一応出そうとします。

後半の13分間はセリフが一気に減って静かになります。
彼女の呼吸音と吐息、泡の弾ける音だけが流れる時間を増やしてトレーニングに専念させます。
明確な絶頂シーンがないところを見ると好きなタイミングでイっていいのでしょう。
やることを教えた後はサポートに徹する緩いリードです。

このように、催眠を無理に絡めずトレーニングをがっつりやるシンプルなエッチが繰り広げられてます。
前立腺開発用と割り切れるなら
催眠はイマイチですけどトレーニング部分はしっかりしてる作品です。

少女は主人公が自分と同じ女の子になりきってドライを迎えられるように
まずは腹式呼吸と肛門括約筋トレーニングのやり方を丁寧に教え
それから暗示を組み合わせる独特な催眠で女体化を行います。
そしてエッチはトレーニングに軽めのオナニーを盛り込んでじっくり絶頂へ追い込みます。

声や口調は無感情だけど面倒見のいい性格をしてる少女が前立腺のドライトレーニングをするシチュ
やることをほぼ腹式呼吸と肛門括約筋トレーニングに絞り込み
十分な時間を取って繰り返し行うエロさを抑えたエッチ。
物理的な刺激を与えるタイプのドライオナサポとして考えながら作られてます。

催眠に関しては色々と首を捻るところがあるものの
テーマの前立腺トレーニングは割としっかりできてます。
やり方を手取り足取り教えてくれますし、エッチで長めの時間を割いて取り組みます。
暗示を使って性感を高めるアプローチをしてればより良くなったでしょうね。
同人メインのサークルさんなだけあってオナサポ部分は質が高めです。

さすがに初回の視聴では気持ちよくなれませんでした。
でもおまけで2時間トレーニングできる音声が用意されてますし
これを聴きながら根気よく続ければ徐々に変化が表れるのかもしれません。
すぐ気持ちよくなる部位ではないのでのんびり開発することを想定してます。

明確な絶頂シーンはありません。
吐息それなり、淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

おまけは安眠向け音声とシステムボイス(21種)です。

CV:涼花みなせさん
総時間 3:42:48(本編…1:41:55 安眠向け音声…2:00:01 システムボイス…0:52)

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります



サークル「みるくやしき」さんの催眠音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、名前も素性もわからない可愛い女の子が
何らかの理由で記憶を失った男性のそれを催眠で蘇らせます。

彼女視点のセリフを多く盛り込みながらソフトにイチャイチャするのが特徴で
街中、夏の海、クリスマス、そして彼の自宅と場面を変えながら
遠回しに誘惑してやる気にさせたりややパワフルなちゅぱ音を鳴らして射精を応援します。

同人音声と催眠音声のハイブリッドみたいな作りになってるので
催眠にかかりにくい人でも楽しめると思います。
恋人との思い出を取り戻す旅
女の子に催眠をかけられ4つのシチュでエッチするお話。

女の子は明るくて可愛い声の女の子。
これから寝ようとしてた主人公に突然話しかけると
自分をすっかり忘れてる彼に昔深く愛し合ってたことを教えます。

本作品は付き合ってた恋人との思い出を蘇らせることを目的に
彼女がおよそ90分に渡って催眠をかけたりイチャラブ系のエッチをします。
音声開始から2分30秒後には早速催眠を始めるため、序盤は彼女のことがほとんどわかりません。
ですがその後のパートを聴けばどんな人物か、彼とどれくらい仲が良かったかが少しずつわかります。

最初に催眠をかけるので催眠音声なのは間違いないのですが
その後のエッチが催眠から大きく脱線しており
少なくとも私は同人音声と催眠音声のハイブリッド作品と見てます。
催眠に多少は入れるけどそれを最後まで維持するのが難しい感じです。

催眠はおよそ8分間。
横になって目を瞑り、3分くらい深呼吸を続けてから彼女が色んな暗示を入れます。
また催眠の開始に合わせて「ぶぅぅぅん」という振動音が左のほうで鳴り始めます。

深呼吸は彼女が実際に呼吸してペースをわかりやすく指示し
少し経つと呼吸音をバックで流しながら脱力する暗示を入れます。
みるくやしきさんが催眠音声を作るのはこれが1本目のはずですけど
事前に勉強されたのかセリフの表現方法がしっかりしてました。
シーンによって何を伝えるか決め、それに関する言葉を繰り返し入れるのが大きいです。

振動音については最初バイノーラルビートだと思ってたのですが
他の作品を聴いた時のように頭を小刻みに揺らされる感覚は特にしませんでした。
もしかしたら雰囲気作りをするための単なる振動音なのかもしれません。
音の質感も明らかに違いますし、この音を聴き続けたから催眠に入りやすくなる可能性は低いと思います。

次の暗示はタイトルについてる耳舐めが登場します。
耳舐めされるほど催眠状態が深くなる暗示を入れ
実際にソフトなちゅぱ音も鳴らしてそれに反応できるようにします。


催眠の段階で耳舐めするのは珍しいですね。
この後から始まるエッチも散発的に鳴らすシーンが何度も出てきます。

軽くリラックスさせてから深化とメインの暗示を同時に行うコンパクトな催眠です。
女の子の声と言葉へ釘付けにすることを目的に
深呼吸しながら脱力する暗示を入れる→ちゅぱ音を鳴らしながらそれに反応する暗示を入れると
時間がかなり短いことを考慮しほぼ一直線に進めます。

内容が軽いので深いところまで入るのは難しいですけど
私が聴いた時は意識が多少ぼやけて心地よかったです。
たぶん今の倍くらいの時間を割いてたらもっとしっかり誘導できたでしょう。

技術面で明らかにおかしいと感じるところもなかったです。
この時間で目的を達成するならこうするのが妥当かなと。
甘く切ないエッチ
エッチシーンは4パート55分間。
プレイはデートのイメージ、おちんちんを足で踏みつける、日焼け止めを塗られる、キス、オナニー、SEX(体位不明)、耳舐めです。

日焼け止めを塗られる際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

催眠を使って主人公を普段よりも集中できるようにした女の子は
自分たちが過去に体験した楽しい思い出を順番に語ります。

エッチは彼女の物語を聴きながらイメージの中でイチャイチャします。
前半の2パート28分間は2人の日常風景。
「02「町中デートで思わずおっき?」(約13分)」はラーメン屋とカフェに出かける様子
「03「真夏の海でイケナイ遊び」(約15分)」は海でオイルを塗られたり
岩場で彼女に見られながらオナニーする様子を彼の視点で楽しみます。
ちなみにどのパートも射精する直前にカウントダウンします。

そしてここからは過去の彼女がメインの語り手になります(声質は現実の彼女と一緒)。
ラーメン屋で並んでる時は麺の硬さを尋ねるついでにフェラしたいことを伝え
その後のカフェでは周りにバレないよう足でおちんちんを擦る淫乱なところを見せます。

声のイメージよりも積極的に仕掛けてくるので多少のギャップを感じました。
公共の場でエッチするため02、03パートいずれも体を責める時間は約3分と短いです。
ノーマル向けの言葉責めで興奮させてからサクッと抜かせる流れになってます。

そしてここからは彼女視点のセリフが大幅に増えます。
催眠音声の場合、通常は聴き手視点のセリフを中心にして臨場感を出すのですが
本作品はそれと真逆のことをやっており、暗示にあたるセリフがほとんどありません。

同人音声のように出来事をそのまま伝えてるだけなので、残念ながら催眠音声のエッチと呼ぶのは難しいです。
射精シーンもカウントの後に「ぴゅー」と言うだけで、前後最中に追い込み暗示を入れてませんでした。

例えば02パートならラーメン屋やカフェの内装がどうなってるかや
周りにいるお客や従業員の様子を彼の視点で語ったり
彼女の足でおちんちんを責められた時にどう気持ちいいのかを伝えていれば随分違ったでしょう。
事前の催眠誘導が短いことも相まって、この内容なら視聴中に催眠状態が解けてしまうと思います。
これが前項で「同人音声と催眠音声のハイブリッド」と書いた主な理由です。

03パートは海で彼女に日焼け止めを塗ってもらってから
人気のない岩場へ移動し水着姿をオカズにオナニーします。
ここも主人公が何を思い、感じてるかを綿密に描いてたらずっと催眠音声になってたでしょう。

後半の2パート27分はさらに後のお話。
「04「クリスマスの夜、性なる時間」(約10分)」はクリスマスイブにキスとSEX
「05「ある夜の出来事、初めての魔法」(約17分)」は独特なプレイをします。

クリスマスは特別な日ということで彼女もエッチする気満々。
3分ほどキスを続けてから暖かい部屋へ移動し、そこでSEXして身も心もひとつになります。
実プレイ時間は短めですが雰囲気はとても甘くて他のパートよりも抜きやすく感じました。

最後の05パートは具体的に何をするか内緒にさせていただきます。
この4パートの中では一番催眠音声らしいプレイじゃないかなと。

このように、2人の仲の良さを前面に押し出した比較的ソフトなエッチが繰り広げられてます。
変わった切り口の作品
催眠音声よりも催眠の要素を取り入れたボイスドラマと呼ぶほうがしっくりくる作品です。

女の子は自分との思い出をすっかり忘れてしまった主人公にそれを疑似体験させようと
まずはコンパクトな催眠をかけてリラックスと集中力を高めます。
そしてエッチは街中デート、海水浴、クリスマス、別の日とパートごとにシチュを変え
それぞれに合ったノーマル向けの言葉責めや軽めのプレイで射精を応援します。

声は可愛いけど性格は割と淫乱な女の子が恋人だった男性の記憶を呼び起こす珍しいシチュ
深呼吸を挟んでから耳舐めに反応する暗示を入れる催眠
彼女視点のセリフを多く盛り込んでひたすらイチャイチャする恋人らしいエッチ。
催眠よりもエッチの比重を高くして甘い作品に仕上げてます。

中でもエッチはひたすら体を責め合うのではなく
彼をその気にさせたり彼女の心情を伝えるといった心の繋がりも感じられます。
記憶を失った彼と関係を取り戻そうとする展開も愛に溢れてますし
精神的に満たされながら抜くことを目指した内容になってます。

催眠に関してはこれまで書いてきたように色々疑問が残ります。
記憶支配がテーマなのに催眠誘導が軽いところが一番引っ掛かりました。
(記憶支配がわからない人は「催眠用語集」をご覧ください)

記憶支配は一般的に催眠状態が深いほうが暗示も入りやすいとされてます。
でも本作品は時間、内容いずれも深く誘導することを想定してるようには見えません。
この作品が1本目、つまりサークルとしての威光がまだないことも考えれば
むしろ通常より長く手厚く誘導するのが順当です。

要は作品が目指してることと実際にやってることが噛み合ってないんです。
エッチが全然催眠になってない点も十分まずいですけど
こちらも同じくらい気をつけたほうがいいんじゃないかと思います。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音それなり、淫語と吐息そこそこ、くちゅ音と喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
コンセプトが面白かっただけに、それを形にする段階で躓いてしまったのが残念です。

CV:もっと(仮)さん
総時間 1:30:30

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月11日まで30%OFFの770円で販売されてます。
その場合の点数は5点です。



サークル「ボトムズ」さんの催眠?音声作品。

今回紹介する作品は、エッチ大好きでSっ気もある妖艶なサキュバスが
M男の夢の中に現れて人間の女性にはできないプレイをします。

本編のほぼ全部でヘミシンクが流れ続けるのが大きな特徴で
音の高さや振動の度合いを変えながら、言葉責めしたり艶めかしい喘ぎ声を漏らして興奮を誘います。

今回は初回用(初夜)を聴いてのレビューをお送りします。
サキュバスと過ごす不思議で気持ちいいひと時
サキュバスに魔法をかけられSEXするお話。

「私の声、聞こえてる? 聞こえないフリをしても無駄よ オマエはずっと私に監視されているんだから」
サキュバスは明るくて色っぽい声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
主人公の夢の中に現れ自己紹介してから特殊な音を流します。

本作品は男たちにエッチな夢を見せて弄ぶのが得意な彼女が
精力旺盛な彼とおよそ70分間の独特なプレイをします。
彼女の魔法はかけた相手に特殊な音が聞こえる効果があり
音声開始から1分後には「ぷぅぅぅぅん」という小刻みに振動する音が鳴り始めます。

これは催眠音声で割と使われてるヘミシンクというもので
しばらく聴いてると頭の中を軽く揺さぶられる感覚や意識のぼやけが生まれます。
同じ音をずっと鳴らし続けるのではなく状況に応じてトーン、リズム、振動の大きさが変わります。
現実世界の雑音を遮断する効果もあって音声に集中しやすいです。
ヘミシンクを使ってる作品で有名なものはエロトランスさんの「まどろみ世界」などです。

ただし、これ以外で催眠に類する要素はほとんどありません。
序盤で深呼吸するシーンが少しあるものの、それ以降はほぼ同人音声と同じ作りになってます。
音声と製品版についてる台本の両方をチェックしましたが
残念ながらセリフの言い回しが暗示ではなく普通に会話する感じでした。

サークルさんも「ボトムズ仕様の催眠路線を打ち出してみました」とおっしゃってますし
既存の催眠音声とは大きく違うことをご了承ください。
ぶっちゃけ私はこの音声を聴いて催眠にまったく入れなかったのですが
もしかしたら入れるかもしれない可能性があるので一応催眠音声側に分類してます。

「今の私の獲物はオマエ 逃げたり逆らったりしてくれてもいいんだよ? 捻じ伏せて力の差を思い知らせるのは、狩りの一番の楽しみだからね」
今回のお相手を務めるサキュバスはイメージ通りの妖艶なお姉さん。
主人公を獲物に見立てて見下したり、中盤ではややハードな言葉責めもして興奮させます。
その一方で気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らしながら彼を褒める優しいところも見せます。

パートによって態度が結構変わるので、厳しさと優しさを兼ね備えてる女性に映りました。
エッチでやることはキスとSEXに絞り込んでじっくり進めます。
この内容なら属性はややM~Mがメインターゲットになるかなと。

また冒頭で触れたように本作品には初回用(初夜)と2回目以降用(堕眠)が存在します。
両者の違いは冒頭部分で2回目以降用は15分ほど短くなってます。
音とプレイを組み合わせたエッチ
エッチシーンは4パート48分間。
プレイはSEX(騎乗位?、正常位?)、キスです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「きて きて 私を滅茶苦茶に凌辱して 上手に出来たらご褒美に滅茶苦茶にしてあげる」
ヘミシンクを流しながら深呼吸させて主人公を落ち着けたサキュバスは
おちんちんをおまんこに迎え入れてその具合を確認します。

エッチは彼女がリードしながら責め手を切り替えます。
前半の2パート26分間は彼女のSなところが引き立ってるシーン。
「01.捕食開始(約7分)」はキスを交えた軽めのSEX
「03.征服侵食セックス(約19分)」は言葉責めを多めにするM向けのSEXをします。

「こっちは軽く体重掛けてるだけなのに、虫みたいにピクピクしちゃって 顔がブサイクな上に、オスとして最低限の力もない、か」
彼女はサキュバスですから男の扱い方をよく心得てます。
彼がMだと見抜くと見下したり貶すセリフを多めに盛り込んで女性に弄ばれる快感をくすぐります。
SEXと同時にやりますがピストン音が入ってませんし
この2パートは喘ぎ声をほとんど漏らさないので言葉責めがメインの抜き要素になります。

催眠音声なのに「死ね」と言うのはどうかと思いますけど
M向けの同人音声を数多く制作されてるサークルさんなだけあって
そちらの感覚で聴く分には楽しめる内容と言えます。
ヘミシンクも数分単位で変化させてて音に対するこだわりを感じました。

後半の2パート22分間はエロさと甘さを引き立ててるプレイ。
「04.発情淫魔セックス(約12分)」は彼女が喘ぎ声をたっぷり漏らし
「05.一夜睦言(約10分)」はそこに彼を褒めるセリフが加わります。

「おっ、おああっ、おああああっ あ、あひあうう、あうううう、あんっ」
04パートの喘ぎ声は通常のやつと野太いやつを組み合わせてました。
オホ声と言うほど露骨なものではありませんが、可愛さよりも下品さを感じる乱れっぷりです。
セリフや言葉責めの割合が一気に落ちて喘ぎ声メインに変わるので
同じ女性とSEXしてるのに聴いた時の印象が随分違います。

個人的にはここが一番抜けるんじゃないかなと。
喘ぎ声のリズムを変えてピストンの様子を表現するあたりも上手です。
内容がシンプルだからこそ声優さんの演技力が光ってます。

「好きよ♪ ずっとオマエのことを考えていた 私のスキを焼き付けてあげるね」
05はベタ惚れと言っていいくらい彼女が優しい態度を取ります。
「好き」とストレートに言う、キスを適度に挟む、パート終盤には潮吹きまでするなど
彼を喜ばせながら興奮させることを意図した要素が多いです。
厳しいばかりだと彼に逃げられちゃいますからここで飴を与えてるのかもしれません。

このように、前半と後半でスタイルを大きく変える独特なエッチが繰り広げられてます。
エロボイスとしてなら
催眠音声よりも同人音声の色合いが強い作品です。

サキュバスは普通の男性よりも強い精力を持つ主人公を手懐けようと
軽く深呼吸させてから前半は言葉責め重視のSEXをしてM心をくすぐります。
そして後半は喘ぎ声を重点的に漏らしたり、彼を甘やかして心をがっちり掴みます。

エロさとSっ気を兼ね備えたサキュバスがM男を夢の中でもてなすややM~M向けのシチュ
ほぼ全編を通じて流れ続けるヘミシンク、パートによって随分違う態度や反応を見せる彼女のキャラ。
やることはシンプルにしてそれ以外の部分で個性を出します。

中でもヘミシンクは単一の音を垂れ流すのではなく
シーンによって音の高低や強弱を変える凝ったものです。
催眠音声におけるヘミシンクは技術と組み合わせるのが定番ですけど
本作品では敢えて音とそれ以外をあまり関連付けずに進めます。

「この音を聴けば聴くほど意識がとろとろになる」とか
音に対して暗示を入れてれば少なくとも今よりは催眠に入りやすくなったでしょう。
解除音声が解除になってないことも含めて首を捻る部分が色々あります。

私がレビューの序盤で「もしかしたら入れるかもしれない可能性がある」と書いたのは
ヘミシンクを流す他の催眠音声を過去に聴いてる人が
この作品を聴いてその時の記憶や感覚を思い出すかもしれないからです。
それ以外で催眠に入れるケースがちょっと思いつきません。
催眠は結局のところ技術なので、それをいかに上手く使ってるかで作品の質もだいたい決まります。

絶頂シーンは2回くらい。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

CV:野上菜月さん
総時間 1:18:40(初夜…1:06:35 堕眠…51:57)

オススメ度
■■■□□□□□□□ 3点


体験版はこちらにあります



サークル「フラワー症候群」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声はお淑やかだけど性格はドSなメイドが
ドMなご主人様に催眠を交えた恥ずかしいご奉仕をします。

催眠音声と同人音声の中間あたりの構成になってるのが最大の特徴で
催眠は深呼吸や脱力といったリラックスできる技法を二段構えで行い
エッチは催眠の要素を一気に薄めて彼を貶したり突き放す言葉責めをガンガンします。
ご主人様にする刺激的なご奉仕
メイドに催眠をかけられ2種類のエッチをするお話。

「あら、こんな時間にいかがいたしました? ご主人様」
メイドは丁寧語で話す穏やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の環境や注意事項を説明すると
主人公に例のアレをして欲しいと言われてすぐさま了承します。

本作品は多くの人を従えながら内心支配されたがってる彼が
雇ってるメイドにおよそ70分の恥ずかしいサービスを受けます。
主従逆転をテーマにしてるので催眠とエッチでキャラが大きく変わり
特にエッチは彼を露骨に見下したりあざ笑う嗜虐的な態度を取ります。

「仕えてるメイドに命令されて くっさーいおちんぽとアナルを丸見えにさせて 腰振っちゃってるんですよ こんな姿 他の人に見せられませんよね?」
情けないポーズを取らせる、羞恥心を煽るセリフを復唱させる
M向けの言葉責めをガンガンするなど結構突き抜けた内容になってます。
よく笑ってるところを見ると彼女も結構楽しんでるのでしょう。
言葉責めが充実してるのでそういうプレイが好きな人ほど興奮できます。

その一方でエッチにおける催眠の要素は非常に少ないです。
ごく一部で感度を上げたりカウントを数えながら追い込むくらいで
一般的な催眠音声のように暗示を駆使して快感をコントロールすることはほぼありません。
実際に聴いてみると同人音声のエッチに近く感じるでしょう。

催眠については深呼吸や脱力といったリラックス系の技法を中心にしてます。
深呼吸→脱力→深呼吸→脱力と二段構えの作りになっており
深呼吸の時間を長めに取ってるおかげで意識のぼやけをそれなりに実感できます。
本作品の場合エッチが個性的なので催眠は割とシンプルにこなしてました。
心身をじっくり脱力する催眠
催眠はおよそ21分間。
横になって3分程度深呼吸を繰り返し
それからカウントに合わせて体→頭の順に脱力します。
頭の脱力をする時に目を閉じる指示が出るので、開始時は開けたまま聴くのだと思います。

「ぼーっとする 89 88 87 86 85…」
深呼吸は「吸ってー」「吐いてー」を小まめに言う
脱力はカウントの合間に軽めの暗示を入れるとリラックス重視で進めてました。
カウントを数えるほうを頑張っても脱力効果は薄いので
カウントの数か頻度を減らし、その分暗示を強化したほうがいいと思います。

他にもカウントの数え方がはきはきしてたりと
催眠をかけるにあたって適さない演技がちらほら見られました。
もっと声のトーンを下げ、ぼんやり話したほうが入りやすくなります。

目を閉じた後は改めて深呼吸と脱力をします。
前者は吸う、吐くの指示を出しながら暗示の量を多少増やし
後者は右腕→右足→左足→左腕と今度はパーツに分けて重さと心地よさを与えます。

「おもーく ふかーく 右腕から先が沈んでいく 気持ちよーく 抗えない」
1回目の深呼吸と脱力を終えた時点では「これちょっとやばいかなぁ」と思ってましたが
このシーンは暗示の量や入れ方が一気に改善されて安心して聴けました。
脱力を終えた後は彼女の声に対する集中力を高めるなど
この後から始まるエッチがスムーズに進められるよう準備してます。

催眠音声における基本的な技法を組み合わせたシンプルな催眠です。
聴き手をメイドの声の言いなりにすることを目的に
深呼吸→カウントを交えた弛緩法→2度目の深呼吸→分割弛緩法と
心身のリラックスに効く技法だけを採用し1回目と2回目でやり方を変えます。

全体的に暗示が弱いおかげでそれほど深いところまで入れませんでしたが
深呼吸によるリラックス感や意識のぼやけはそれなりにあって癒されます。
本作品のエッチは催眠をほとんど活用しないのでわざと浅めに調整したのかもしれません。
言葉責め重視のエッチ
エッチシーンは2パート38分間。
プレイはペットの宣誓、恥ずかしいポーズ、言葉責め、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ます。

「十分催眠状態になったところで 次はご主人様の欲望を 素直に曝け出して差し上げますわ」
催眠を使って主人公を従順にしたメイドは
普段とは逆に彼のご主人様になって恥ずかしい指示を出します。

エッチは終始彼女がリードします。
最初の「Track4.ドライ(約25分)」は心への責めに特化してるパート。
脚を開いておちんちんを見せつけ、さらに舌を出したりお尻を振って彼女に媚びます。
そして彼女はきつめの言葉責めを投げかけてドライオーガズムに追い込みます。

「あなたはもう ご主人様という名の私のペット 私のげ・ぼ・く なんですわ あはははは」
最初に彼女のペットになる宣誓をして主従逆転を明確にしたり
その後は彼を露骨に見下し、突き放してM心をくすぐるなど
催眠パートとは随分違うドSなところを随所で見せます。
またパート後半に差し掛かると恥ずかしいセリフを言わせてさらに興奮を煽ります。

催眠に類することはほとんどしないので、催眠音声のエッチとしては正直イマイチです。
でも責めっぷり自体はしっかりしており同人音声として聴く分には楽しめます。

例えば「恥ずかしいセリフを言うほど幸福感が湧いてくる」とか
「彼女に見下されるほど体がゾクゾクする」といった暗示と組み合わせていれば
少なくとも今よりはずっと催眠音声らしいプレイになったでしょう。
軽く言っておしまいではなく、実際にそうなるよう入念に働きかけるのが大前提です。

もうひとつの「Track5.セルフ(約13分)」は射精を目指すパート。
おちんちんを好きなペースでしごかせながら引き続き言葉責めで応援します。

「普段はご立派でも 本性は罵られて興奮する変態マゾチンポだったなんて 軽蔑しますわ 気持ち悪い」
前のパートで散々貶されてもまったく反抗しない彼を見て味を占めたのでしょう。
以前よりも手厳しいセリフを繰り出して心を重点的に責め続けます。
オナニーに関する指示はほとんどしないのでオナサポとはちょっと違う感じです。
開始と射精のタイミングを設定し、直前にカウントを数える緩いリードをしてました。

このように、言葉責めを多めにやりながら2種類の絶頂をさせるM向けのエッチが繰り広げられてます。
個性はあるのだが…
催眠、エッチいずれも面白いところを持ってるのだけど
その噛み合わせに結構な難点がある作品です。

メイドは自分に支配されて屈辱的な絶頂をしたがってる主人公の願いを叶えようと
まずは催眠を通じて心身を脱力させながら、指示や言葉責めを素直に受け入れられる環境を作ります。
そしてエッチはご主人様になりきって容赦ない罵声を浴びせかけます。

礼儀正しくてSっ気の強いメイドがドMなご主人様を気持ちよく躾けるM向けのシチュ
深呼吸と脱力を別のやり方で2回ずつ行うリラックス重視の催眠
最初はドライ、次はウェットに向けて言葉責めで追い込む刺激的なエッチ。
催眠とエッチの属性をほぼ正反対にして主従逆転気分を味わわせます。

シーンごとに楽しむ分にはそこまで悪くない作品だと思います。
催眠は無理せず基本的な技法で揃えて癒しの感覚を得やすくしてますし
エッチも言葉責めを中心に据えて彼女のドSっぷりを鮮明にしてます。

でも催眠音声は催眠とエッチが相互に絡み合うことで初めて成り立ちます。
その観点から見ると残念ながら「良くない」と言わざるを得ません。
今の内容では両者が別々のサービスになってしまってます。

フラワー症候群さんはブランクがあるとはいえ活動歴は約4年
現時点の作品数は24本と十分な経験を積まれてるサークルさんです。
だからこそこういう基本的なところはしっかりクリアしててほしかったです。

絶頂シーンはドライ1回、ウェット1回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:佐藤みるくさん
総時間 1:14:46

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

追記
11月23日まで58%OFFの550円で販売されてます(まとめ買いキャンペーン対象作品)。
その場合の点数は5点です。
キャンペーンについては以下のページをご覧ください。
DLsiteでジャンル限定まとめ買いキャンペーン開催中です(催眠音声編)



サークル「e-kimochi」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、異世界を支配してる穏やかな物腰の魔王が
勇者として召喚された男性に人生最高の瞬間を追体験させます。

60回分の絶頂感を事前に与えて最後に爆発させる時間停止をテーマにしたエッチが行われており
催眠は基本的な技法を行使しながら物語をわかりやすく教え
その後は10回ごとに絶頂する聖女の喘ぎ声を挟んで最後の瞬間への期待と興奮を高めます。
異世界ならではの体験をあなたに
魔王ティアマトに催眠をかけられ過去のエッチを追体験するお話。

「勇者様 とうとうここまで辿り着きましたね」
聖女は明るくて澄んだ声のお姉さん。
主人公と2人で魔王のいる最上階まで到着すると
これまでの出来事を軽く振り返ってから最終決戦に臨みます。

本作品は異世界の魔王として人間たちと戦ってる彼女が
それを阻止するために召喚された彼におよそ110分間の変わったエッチをプレゼントします。
現実世界でも流行ってる異世界モノにあたるわけですが
物語の舞台となるのは日本で、時間も彼らが出会い戦った後のことになります。

ストーリー性のある作品なので最初に概要を説明すると
彼は異世界の人間たちによって勇者として召喚され
神の血を引く聖女と共に旅をして様々な魔物を打ち破りました。
そしてようやく魔王の領域まで辿り着き、そこで2人揃って完膚なきまでに敗北します。

魔王「聖女と言っても 所詮は愚かな人間ね あなたたちは何も知らない 私が 時間を止められることも」
というのも魔王には時間を止める能力が備わってるため
たとえ能力の高い人間であってもまともに勝負することができません。
衣服を脱がされ、そのまま2人でSEXさせられる屈辱的な末路を辿ります。
このへんは冒頭で全部教えてくれますから覚えておく必要はありません。

時止めと聞くと例のスタンド使いあたりをイメージする人がいると思います。
でも彼女の場合は世界全体ではなく対象の時を自在に止められます。
コールドスリープを任意に引き起こせると言ったほうがわかりやすいかもしれません。
作中では彼の上半身だけ時を止め、下半身はピストンさせる変わった描写も出てきます。

そしてこの能力がタイトルの「61回分絶頂」へと繋がります。
彼が実際に絶頂するのは最後の1回のみです。
残りの60回は時を止めた状態で行い、それらすべてを61回目に凝縮する流れで進めます。
確かに時が止まってたら感じたり射精するのは不可能ですからね。
絶頂シーンが61回あるのとは違うことにご注意ください。
リラックス重視のドラマ性がある催眠
催眠はおよそ44分間。
戦いが終わり日本へ戻ってきた主人公のところへ魔王が訪れ
諸々の事情を話してからその時の様子や感覚を再び彼に味わわせます。

「異世界で勇者と呼ばれることに 憧れる気持ちもあるでしょうけど できれば 辛い思いや苦しい思いはしたくないでしょ?」
彼女は彼に再び邪魔されるのを危惧してるのでしょう。
だから勇者になることのデメリットを教えたり
苦しい思い出ではなく気持ちいい思い出だけを与えて奮い立つ気力を奪います。
別の世界にいる時点で手は出せませんから、優しい言葉とサービスを使って手懐けるわけです。

彼女がかける催眠にもその気持ちが強く表れてます。
3セット単位で深呼吸するのを数回繰り返した後に
左右の足、脹脛、太もも、背中、左右の腕と下から上へ流す感じに脱力します。

「吸ってー 吐いてー 力が抜けていく 吸ってー 吐いてー 緩んでいく」
そして脱力もパーツごとに3セットずつ深呼吸を繰り返します。
本作品の催眠パートは深呼吸をかなりの回数こなしますから
これだけでもある程度の脱力感や眠気を実感するでしょう。
脱力シーンに18分もかけてたりと、魔王のイメージとは随分違う穏やかな誘導をします。
全編を通じて彼女が気だるげに話すのも催眠に合ってて良いです。

体が脱力できた後は心の脱力。
カウントを数回に分けて数えながら深化の暗示を入れて催眠状態を深め
それと同時に聖女の声も流して自分が異世界に近づきつつあることを実感させます。

「数字が小さくなると あなたの意識は 無意識の底へ向かって ゆっくりと沈んでいく」
魔王討伐の直前に聖女が言ったセリフが再び流れたり
聖女が眠りの魔法をかける様子に合わせて深化を促すなど
独特な世界観や設定を持つ本作品の強みを活かしたリードをしてくれます。

催眠の技術自体は非常にシンプルなので、それ以外の部分が個性になってるなと。
途中から魔王の声にエフェクトをかけて世界が移動したことを遠回しに教えてくれます。

ストーリーを語りながらエッチの追体験を準備する癒し重視の催眠です。
異世界で過去に起こった出来事の記憶を呼び起こすことを目的に
深呼吸から入ってそれを交えた分割弛緩法、カウントを絡めた深化と
催眠音声では定番の技法を行使し、その中に物語を挟んで没入感を高めます。

ドラマ性のある作品ですからそこに力を入れるのは正しいです。
ですが深呼吸やカウントと共に入れる暗示の量がかなり少なく
残念ながら催眠特有の感覚を味わいにくくなってます。
私が聴いた時もそれなりにリラックスできたところで終わりました。

深呼吸や脱力をするのは結局のところ暗示を入れやすくするためなので
暗示をもっと厚く入れたほうがスムーズに誘導できたと思います。
進め方が丁寧だっただけにもったいないです。
以上のことからイマイチな催眠と私は見てます。
聖女が乱れイキ狂う姿を見ながら
エッチシーンは33分間。
プレイは聖女とのSEX(体位不明)、時間を止めるです。

SEX、聖女の絶頂、時間を止める際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「これは あなたが実際に体験したこと 過去の事実は変えられない」
催眠を使って主人公の忘れた記憶を復活させた魔王は
そこで何が起きたか、どんな快感を味わったかをゆっくり語り始めます。

エッチは特に何かするのではなく彼女のお話を聞きます。
前半の17分間は30回目の絶頂を迎えるまでのシーン。
バックでピストン音が鳴り響き、10カウント単位で聖女がイキ声を漏らします。

「11回目 12回目 13 14 15 もう一度 快感が蓄積されていく 彼女の中にも もちろんあなたの中にも」
彼と聖女は時を止められたままSEXするため、本人たちには何が起きてるかわかりません。
だからそれを近くで見てた魔王が実況する流れで進めます。
また10回絶頂を迎えるごとに聖女だけ時止めを少し解除するシーンがあり
その時は回数を重ねるほど大きくて激しい喘ぎ声を漏らします。

長めのカウントを数えてドライ絶頂させる様子を
本作品なりのやり方で描いたプレイといった感じです。
実況重視で進めてるせいで肝心の感度上げたり気持ちよくする暗示が少なく
結果的に魔王と同じくSEXの様子を第三者視点で観察する形になってます。

後半の16分間は残る31回の絶頂を迎えるシーン。
60回目までは前半と同じくカウントを数えながらプレイや聖女の様子を描き
最後の1回だけは軽い追い込み暗示を入れて60回分の絶頂感を彼に叩きつけます。

「上半身は時間を止められたまま 快感の総量だけが蓄積され 積み上がっていく」
上半身だけ時を止められてる感覚がイマイチわかりにくかったり
最後の絶頂シーンでする追い込みが弱かったりと
本作品の鍵になる要素なのに作り込みが甘い印象を受けました。

こういう非現実的なプレイは聴き手にどう上手く伝えるかで
イメージ力や快感の度合いが随分変わります。
実況はしっかりしてるのだけど、その参加者になりきらせるにはもうひと工夫ほしいです。
下半身の時は動かしてるようですから、例えば60回目の絶頂を迎えるまでは股間の快感をガンガン上げていき
61回目でそれを頭に移動させる形で進めてれば流れをそのまま追うことができます。

このように、暗示よりも実況を主軸に据えた独特なエッチが繰り広げられてます。
発想は素晴らしいのだが
催眠音声よりも催眠を盛り込んだエッチなボイスドラマと呼ぶのがしっくりくる作品です。

魔王は世界征服の障害となる勇者を穏便なやり方で無力化しようと
彼がいる現実世界までわざわざ出向いて穏やかに語りかけ
まずは催眠を使ってリラックスさせながら彼が過去に味わった記憶を鮮明にします。
そしてエッチはそれをなぞる中に聖女の乱れる様子を挟んで60回分の絶頂感を蓄積させます。

異世界を支配する魔王が変わった手段で勇者を骨抜きにするややM向けのシチュ
深呼吸や脱力を入念にやりながらストーリーを語るドラマ仕立ての催眠
10回ごとに聖女の時を動かしてそのイキっぷりを楽しむ魔王ならではのエッチ。
一般的な催眠音声よりもドラマ性を上げてそれを活かしたサービスをします。

中でもエッチは時止めの能力を持ってるキャラだからできる個性的なプレイに仕上がってます。
魔王にとって2人のSEXには特別な意味があるようですけど
今回は事後のお話なのでそのへんにはあまり触れず快感に焦点を当ててます。

ですが全編を通じて暗示が弱い点がどうしても気になりました。
深呼吸と脱力を組み合わせてるのなら入れるタイミングが取りやすいですから
もっと体の重さや催眠が深まる感覚を入念に伝えていれば随分違ったでしょう。
エッチも暗示を駆使して聴き手をSEXの参加者にするアプローチがもっと欲しいです。

制作歴の浅いサークルさんがよくやる「暗示を軽んじる」傾向が思い切り出てしまってます。
「発想力に表現力が追い付いてない」というのが本作品に対する率直な感想です。
アイデアがすごく面白いだけに上手く形にできてないのが残念でなりません。

絶頂シーンは1回。
くちゅ音それなり、淫語と(聖女の)喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
おまけは「聖女の主観で聴く、ほんの一瞬の物語」です。

CV:聖女…綾音まこさん 魔王…白流くじらさん
総時間 2:10:54(本編…1:54:56 おまけ…15:58)

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

追記
2020年11月2日まで30%OFFの847円で販売されてます。
その場合の点数は6点です。



サークル「RadioERO」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、明るくてサービス精神旺盛なサキュバスが
性欲の強い男性に催眠を交えた多彩なエッチをプレゼントします。

催眠よりもエッチをずっと重視した作りになっており
催眠誘導は深呼吸を多めにやってから暗示を軽く入れる程度に留め
それからスタンダードなエッチ、妹との近親相姦、3Pとシチュを変えて何度も射精させます。
サキュバスが贈る気持ちいい夢
サキュバスのルルと4種類のエッチをするお話。

「ねぇ 起きて? お・き・て?」
ルルは甘く穏やかな声の女の子。
ある日の夜、寝ている主人公のもとにやって来て声をかけると
膝の上に座って自己紹介します。

本作品は他のサキュバスと同じく精液大好きな彼女が
質の良い精液を大量に出せる彼と75分程度のエッチを楽しみます。
音声作品のサキュバスはSっ気のあるキャラを多く見かけますが
彼女の場合はとても温和で、常に彼をどう喜ばせようか考えながらリードします。

「ルルが気持ちいい時は あなたも気持ちよくなるよ?」
ここは夢の中だから2人の感覚はリンクしてることを事前に教え
それからお互いに責め合うスタイルで様々なプレイを行います。
彼女が責めるシーンももちろんありますけど、SEXはすべて彼に主導権を譲ります。
M向けの言葉責めや罵倒も特になくサキュバスものとは思えないほど雰囲気が穏やかです。

催眠についてはサークルさんが催眠音声初挑戦だからでしょうけど結構あっさりしてます。
催眠、エッチいずれも冒頭で深呼吸するシーンを多めに用意し
さらにバックで振り子時計が動く音を鳴らして夢の中にいる気分を出します。

深呼吸をしっかりやるので音声を聴いて意識がぼやける人はいると思います。
しかし暗示と呼べるセリフが極端に少なく
この内容で深い催眠に入ったりエッチでそれを維持するのは難しいと見てます。
責め方やイかせ方も催眠を考慮してませんし
催眠音声よりも催眠っぽいことをするエッチなボイスドラマと呼ぶのが妥当です。

催眠はおよそ9分間。
楽な姿勢で被暗示性のテストを行い、それから深呼吸を続けたり天井の一点を見つめます。
終盤に目を閉じるので最初は開けたまま聴いてください。
また催眠中は時計の音が控えめな音量で鳴り続けます。

「こう 胸の前で 両手を組んでみて? そして 両手の人差し指を立てて」
被暗示性のテストは手を組んだまま人差し指だけを離し
そこへ彼女がくっつく暗示を入れる定番のものです。
筋肉が余程発達してる人でもない限り彼女の言う通りになるでしょう。
そうやって「自分は催眠にかかれる」と聴き手に自信をつけさせるところから始めます。

「1、2、3、4 吸ってー 1、2、3、4、5、6、7 止めてー」
深呼吸は本作品の催眠部分で最も力を入れてる要素なだけってリードが丁寧です。
吸う時、吐く時両方に異なる秒数を定め
その間に息を止める時間を挟みどれもカウントを数えてタイミングを教えます。

息を止める時間がやや長いので無理のない範囲で取り組むのがいいでしょう。
およそ4分間みっちりやって心身をしっかりリラックスさせます。
これらの合間に軽い暗示を入れておけばなお良かったです。

「そう そのままじーっと見ていると だんだん体の力が 抜けてくる 力が抜けて 体中の筋肉が 寛いでくる」
天井を見つめるシーンはどこかを見つめたまま彼女の言葉に耳を傾けます。
催眠の最後を飾ることもあり、これまでよりも暗示を厚めに入れてました。
目を開けてる時は体の重さ、閉じた後は「ふかーく」など深化を促すものと内容も変わります。
入念に深呼吸した後にやるおかげで軽く落ちる感覚が味わえました。

リラックスしてから深化させるとてもシンプルな催眠です。
ルルと一緒に夢の世界へ移動することを目的に
被暗示性のテストから入って深呼吸→凝視法を絡めた深化と
古典催眠の技術をベースにひとつずつ丁寧にやります。

先ほど「催眠っぽいことをするエッチなボイスドラマだ」と書きましたけど
そう言う原因は主にエッチシーンにありまして
このパートだけはちゃんと催眠音声になってます。
誠樹ふぁんさんの演技も安定してますし、催眠慣れしてる人なら入れる可能性は十分にあります。
色んなシチュを満喫するエッチ
エッチシーンは4パート40分間。
プレイは耳舐め、キス、乳揉み、相互オナニー、パイズリ、69、SEX(正常位)、性器の相互愛撫、アナル舐め、フェラです。

乳揉み、オナニー、パイズリ、SEX、相互愛撫の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフは一応ありです(3分くらい)。

「じゃあ ルルとエッチなことをしてくれる?」
催眠を使って主人公を2人だけの世界へ案内したルルは
彼の意志を確認してからキスや耳舐めといった軽いプレイで興奮させます。

エッチはシーンによって責め手を変えながら進めます。
前半の2パート22分間はスタンダードなプレイ。
「02深いところへ」はキス、耳舐め、乳揉み、フェラ、相互オナニー(約13分)
「03恥ずかしいことしてあげる?」はキス、パイズリ、69、SEXをします(約9分)。

ちなみに作中ではパートごとに日を跨ぐ設定になってますが
音声を聴く時は必ず全部一気に聴いてください。

「おちんぽ 擦る手が止まらないね ルルも自分であそこをいじっちゃう」
そしてここからは同人音声とほぼ同じやり方でイチャイチャします。
ちゅぱ音や効果音を鳴らしながら状況説明と彼女の心情を話し
射精シーンも最終パート以外は追い込み暗示を入れずに行います。

催眠音声のエッチは聴き手が催眠に入ってる状況を活かして気持ちよくするものですから
それをやらない時点で少なくとも純粋な催眠音声と呼ぶのは難しいです。

各パートの冒頭に1分程度の深呼吸をしたり、途中で時計の音を鳴らすシーンがありますが
それらをやるだけで感覚をコントロールしようとする要素は見当たりませんでした。

プレイについては時間に対する種類を多めに用意してあり
2分程度の間隔でそれらを切り替えながら進めます。
パートごとの時間がそれほど長くないのにこうすると実プレイ時間が短くなるので
私はメインのプレイをひとつ定め、それをしっかりやったほうが抜きやすくなると思います。

後半の2パート18分間はシチュで勝負するシーン。
「04妹と背徳セックス」はルルが妹になりきってキス、性器の触りっこ、SEX(約8分)
「05ふたりなのに、3P」は彼女が2人に増えてアナル舐め、SEX、フェラをします(約10分)。

「今日は お兄ちゃんが一緒に寝てくれるって言ったんじゃない」
ここでのルルは普段とやや違う態度を取ります。
彼のことを「お兄ちゃん」と呼び、いつもより幼い声でストレートに体を求めます。
わざとエッチのやり方を知らないフリをするなど
実の妹に性の手ほどきをする雰囲気を出してました。
やることはそれほど特殊じゃないのでキャラの変化が一番の特徴と言えます。

「もう2人のルルが あなたに夢中よ」
最後の05パートはエッチな声や音の密度を上げてます。
しゃべるのは引き続き1人なのですが、プレイ中にちゅぱ音と喘ぎ声が同時に鳴るとか
彼女が2人いることを意識させるセリフを挟んで3Pっぽさを出してます。
実況が少なめなので何をしてるかややイメージしにくいかもしれません。
こちらのほうがサキュバスらしいエッチだと思います。

このように、プレイやシチュの種類を多めに用意したほぼノーマル向けのエッチが繰り広げられてます。
惜しい作品
もう少し工夫すれば立派な催眠音声になった可能性を秘めてる作品です。

ルルは性欲旺盛な主人公から精液をたっぷりいただこうと
最初は催眠をかけたり焦らし気味のエッチをして没入感ともどかしい気分を高めます。
そして準備が整った後はパートごとに異なるやり方で何度も射精へ追い込みます。

性格は温和だけど精液に対する執着心は強いサキュバスが男性と変わったエッチをするノーマル向けのシチュ
催眠は軽くかける程度に留め、その分エッチを多く行う抜きを意識した作り
前半は普通に責め合い、後半は近親相姦や3Pに切り替える多彩なエッチ。
時間、内容いずれも催眠よりエッチに力を入れる形で作品を組み立ててます。

特にエッチはパートごとにプレイ構成やスタイルを変える手の込んだものです。
妹になりきったり3Pするのは人間の女性との差別化を図ったのでしょう。
場所が夢の中なら自分が好きなこともできるでしょうし
同人音声メインのサークルさんとしての良さが出ています。

ですが催眠音声として見るには色々不備があるとも思います。
具体的には催眠の時間が短く暗示の量も少ないこと、エッチに催眠を活かせてないこと
解除音声が入ってないことなどが挙げられます。

解除は催眠音声にとって必須の要素なのでないのはまずいです。
この作品を聴いた人は無料で構いませんから必ず解除音声を聴いてください。
指を1回鳴らして催眠を解くシーンもありますが
実際の催眠でそれだと明らかに不親切です。

エッチについてはこの内容で進めるのなら
バックで流れる時計の音にしっかり暗示を入れておけば今よりもずっと良くなります。
「この音を聞けば聞くほど催眠が深くなります」と入念に入れて
その後エッチで流しておけば催眠状態を維持するのに役立ちます。
あるいは別の時計の音を用意し、それを起点に感度を上げたりイかせるのもいいでしょう。

現時点ではうーん…だけど、少し手を加えればかなり変わるんじゃないかと私は見てます。
1作目の段階で上手くいく人なんてそうそういませんし
今後も制作を続けて良い作品を出してくださることを期待してます。

射精シーンは5回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそこそこです。

CV:誠樹ふぁんさん
総時間 1:14:07

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

追記
販売ページにはパート構成が記載されてないのでこちらに書いておきます。
01夢の中で Part1 12分29秒
02深いところへ 15分53秒
03恥ずかしいことしてあげる? 13分23秒
04妹と背徳セックス 15分04秒
05ふたりなのに、3P 15分11秒
06夢の中でPart2 2分04秒

2020年10月16日まで70%OFFの264円で販売されてます。
その場合の点数は5点です。



サークル「フラワー症候群」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声は穏やかだけど性格は割と意地悪なお姉ちゃんが
Mで甘えん坊な弟に催眠を交えたエッチなご褒美をあげます。

前半と後半で属性が大きく異なるエッチをするのが特徴で
最初は焦らしや恥ずかしいセリフの復唱といったM向けの要素を盛り込んだオナニーを楽しみ
次は授乳手コキやSEXで彼女に愛情をもらって心をぽかぽかにします。
催眠で心に眠る願望を発散させよう
お姉ちゃんに催眠をかけられ2種類のエッチをするお話。

「いらっしゃい 待ってたよ 初めての人は 初めまして」
お姉ちゃんはややトーンの低い穏やかな声の女性。
これからするエッチなヒプノセラピーに関して簡単に説明すると
緊張気味な主人公をひとまず深呼吸でリラックスさせます。

本作品は彼が心の内に抱えてるエッチな欲望を満たしてスッキリさせることを目的に
彼女がおよそ70分に渡って催眠を交えたエッチなサービスをします。
催眠23分、エッチ42分と後者の割合を高めに設定し
パートごとに違う特徴を持つプレイをしてMの欲求と甘えたい欲求を両方叶えます。

久しぶりの新作なので先にサークルさんの紹介をします。
フラワー症候群さんは2012~16年に活躍してた中堅サークルさんで
当時は何かひとつのジャンルを突き詰めたりせず手広く構えてたのを覚えてます。

今回のように年上の女性がお世話するものもあれば
代表作「小っちゃい系催眠ボイスドラマ プチエンジェルサロンへようこそ♪」のような年下モノもあります。
催眠の技術は割と普通な代わりにキャラやシチュで個性を出されてました。

本作品も作品説明文で「丁寧な導入~深化スクリプト」と書いてあるように
特殊な技術は使わずリラックス重視で手堅く進めます。
ただし脱力が二段構えになってるところはやや特殊ですね。
深呼吸も多めにやるので意識がぼやける人がそれなりにいると思います。

「いいんだよ 可愛い声を出して 我慢しちゃだーめ お姉ちゃんにだらしのない恥ずかしい声と顔いーっぱい見せてね」
エッチについては前半が焦らし重視のオナニー
後半は赤ちゃん言葉を言いながらする授乳手コキ&SEXと内容が随分違います。
ただし恥ずかしいセリフを言わせる点だけは共通しており
どちらのパートも彼女が言ったことを復唱する指示が何度も出ます。

実際にやる場合は他人に見られたら色々まずいでしょうからご注意ください。
催眠暗示を入れることも多少はありますけど、それよりも指示や実況をメインに据えてました。
同人音声とのハイブリッドっぽい内容なので暗示で操られる感覚はやや味わいにくいです。

リラックス重視の催眠と属性を大きく変えてくるエッチ。
4年ぶりの復帰作ということでサークルさんが比較的得意な要素で組み立ててます。
心身の脱力をしっかりやる催眠
催眠はおよそ23分間。
楽な姿勢で目を瞑り、まずはお馴染みの深呼吸を4分くらい続けて落ち着きます。
そして次は左右の手足をひとつずつ脱力して体のほうもスッキリします。

「左足の重さ わかるよね? 力 完全に抜けてるよね?」
まだ始まったばかりだからでしょうけど深呼吸は「吸ってー」「吐いてー」の合図を出し
脱力も短いカウントの間だけ力を入れ、抜いた直後に軽く話しかける程度に留めてました。
深呼吸をもう少しゆっくりやったほうがより効果的にリラックスできると思いますけど
やってることは催眠音声では定番のものでサークルさんの方針に合ってます。

後半は脱力を強化しながら催眠状態を深めます。
今度は5分くらい頻繁に深呼吸を繰り返して体内の空気を隅々まで入れ替え
さらに先ほどよりも長いカウントを数えながら左半身→右半身の順に再度脱力します。
そして最後に深化の暗示やエッチを有利に進める暗示を入れて準備を整えます。

深呼吸は多少なりとも暗示を入れてくるのかと思いきや、本当に合図を出すだけでした。
4年ぶりの新作だと少なくとも当時に比べてサークルさんのブランド力が落ちてますから
ここは吐く時だけでもいいので暗示を入れておいたほうがスムーズに誘導できたと思います。
長いブランクがあるならそれをカバーする要素を入れて欲しかったです。

「ほら 右腕から力がなくなっていったよね 力がなくなった左腕に 私の声が気持ちいい」
その後から始まる脱力も左腕→左足→右足→右腕の順にやってるはずなのに
左腕のシーンで「右腕が脱力する」、右足のシーンで「左足が重くなる」と暗示を入れてます。
実際に聴いてかなり違和感があったので編集ミスかもしれません。
最後の深化させるシーンは暗示を入念に入れてて良かっただけに残念です。

心身の脱力に注力してるシンプルな催眠です。
お姉ちゃんの言うことを素直に受け入れられる心と体にすることを目的に
深呼吸から入って力を入れてから抜く弛緩法、2回目の深呼吸、先ほどとは違うタイプの脱力
そして深化&メインの暗示とリラックス重視でほぼ一直線に進めます。

やりたいことはわかりますし全体の流れがおかしいとも思いません。
ですがそれ以外で首を捻る部分が残念ながらいくつかあります。
4年のブランクを跳ねのけるにはもうしばらく時間がかかりそうです。
意地悪さと甘さを兼ね備えたエッチ
エッチシーンは2パート42分間。
プレイは吐息を漏らす、乳首オナニー、オナニー、恥ずかしいセリフを言う、授乳手コキ、SEX(体位不明)です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
エッチの序盤に服を脱ぐ指示が出ます。

「今日はあなたを言葉で支配して いーっぱい恥ずかしいことを言わせたり いーっぱい我慢させたりするからね」
催眠を使って主人公を自分の言いなりにしたお姉ちゃんは
ひとまず自分のエッチな声を聞かせて彼を興奮させます。

エッチは終始彼女がリードします。
前半の「3.焦らし声出しサポート(約25分)」はややM向けのプレイ。
喘ぎ声で勃起させた後に乳首オナニーをやらせて焦らし
残り10分のところでおちんちんもいじる許可を出し1回目の射精に導きます。

「一緒に声出して? もっと大きくエッチな喘ぎ声 聞かせて?」
「気持ちいい 気持ちいい 私に声で支配されるのが気持ちいい 言いなりになるのが気持ちいい」

そして彼女はこれらをする際に喘ぎ声を漏らしたり恥ずかしいセリフを言うように言います。
彼女の言う通りにすると気持ちよくなる暗示も多少は入れてきますが
それよりも羞恥や体の快感といった別の要素を中心に据えてます。
オナニー主体だから暗示の割合を低くしたのかもしれませんね。

おちんちんオナニーの開始をしきりに遅らせてくるので焦らしが強く
いじりたいのにいじれないもどかしさをそれなりに味わうことになります。
乳首をいじる時間が長めに取られてることから開発済みな人のほうが楽しめるでしょう。
同人音声のオナサポと催眠を組み合わせた感じになってて割と独特です。

それに対して後半の「4.赤ちゃんプレイ(約17分)」はお姉ちゃんらしさが光るパート。
彼女がママ、彼はその子供になって授乳手コキとSEXを楽しみます。

「お姉ちゃんも 赤ちゃんせっくちゅ とーっても気持ちいいでちゅよ」
おちんちんを勃起させる時に応援してくれる、パート中盤から赤ちゃん言葉で話すなど
多くの男性が甘さを感じる要素が込められてて前のパートとは雰囲気が随分違います。
先ほどがややM向けだったから余計そう感じるでしょうね。
最後は中出しさせてくれたりと彼女の愛を感じる幸せなプレイです。

催眠と呼べるのは序盤のおちんちんを勃起させるシーンと
終盤のカウントを数えながら追い込み暗示を小まめに入れるシーンくらいでした。
赤ちゃん言葉や喘ぎ声といった別の要素で気持ちを盛り上げてくれます。

このように、ややM向けとノーマル向けを組み合わせた独特なエッチが繰り広げられてます。
テーマ性はあるのだが…
どちらかと言えば催眠よりもエッチが魅力的な作品です。

お姉ちゃんは主人公が自分の性癖を曝け出して気持ちよくなれるように
まずはリラックス重視の催眠をかけて心と体をまっさらな状態にします。
そしてエッチはオナサポに近いオナニー、甘さたっぷりな幼児プレイと
パートによってプレイの内容や方向性を切り替えて射精へ持って行きます。

普段は優しいけど時には意地悪にもなるお姉ちゃんが実の弟にエッチな催眠をかけるシチュ
深呼吸と体の脱力を繰り返し行うシンプルな催眠
どちらも恥ずかしいセリフを復唱するシーンを挟みながら
前半は焦らしや痴態を見られる快感、後半は彼女に甘やかされる快感を与えるエッチ。
「ヒプノセラピー」の名の通りただ気持ちよくするのとは違うやり方で進めます。

中でもエッチはパートによって内容が大きく変わるのが面白いですし
前半はセルフ系、後半はドライ寄りと絶頂形式にも違いが見られます。
彼女も意地悪とあまあまで態度が変わりますし、彼のためにそうしてるのが伝わってきました。

絶頂シーンは2回。
淫語それなり、喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
今はバイノーラルが主流になったりと2016年当時とは環境が変わってますし
サークルさんがこの状況下でどういう作品を生み出すか楽しみです。

CV:梓乃さん
総時間 1:15:15

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります



サークル「ラムネ屋」さんの催眠音声作品。
今年3月に処女作を出されたばかりの新しいサークルさんです。

今回紹介する作品は、クールで知的好奇心旺盛な同級生が
自分に好意を寄せてる男子に催眠を交えたエッチな実験をします。

ヤバさを極力薄めてドM向けのプレイをするのが特徴で
催眠は深呼吸を長めにやりながら不安を取り除く暗示を入れて心身を楽にさせ
エッチも前半は彼が望むことをやり、後半から指や器具でアナルを重点的に責めます。
恋人は無理だけどペットなら
同級生の秋野梨花がする実験に協力するお話。

「私の名前は梨花 高校3年生 最近は受験勉強なんて周りの凡人は騒いでるが 私には関係ない」
梨花はトーンが低くてクールな声の女の子。
自分の身の上や最近催眠に興味があることを話すと
その実験道具として目をつけた主人公に声をかけます。

本作品は多くの大学から声がかかるほど高い知能を持つ彼女が
勉強、運動ともにダメだけど自分に好意を寄せてる彼と50分程度のエッチな実験をします。
彼女は現在催眠の可能性を模索しており
それを使って彼の心身を意のままに操ることを目指します。
そのため痛みや苦しみを与えるシーンはほぼなく、むしろ彼を喜ばせる方針で進めます。

「私の言うことを聞く実験動物が欲しいと思っていたところだ」
最初から彼を自分より下に扱ったり、声や口調が終始クールなことから
彼女が彼を対等な男性として見てないことは明らかです。
でも催眠音声は信頼関係が重要になるので、それを崩さないよう気をつける優しさも見られます。

わざわざ「ドマゾ向け」と書いてあるくらいだから何をするか不安なところもあったのですが
エッチの終盤にアブノーマルなことをする以外は割と穏やかで聴きやすいです。
また新規のサークルさんでは珍しく暗示を丁寧に入れることを心がけてます。

ただし、タイトルから連想されるメス堕ちの成分はかなり弱いです。
詳細は後で説明しますけど、それよりも同い年の女性に調教される快感を味わわせることを重視してます。
呼吸に合わせて悪いものを吐き出そう
催眠はおよそ10分間。
ベッドに横になり、まずは深呼吸しながら彼女の言葉に耳を傾けます。
目はエッチの開始時に閉じる指示が出ますけど、開けてる状況を活用することは特にないので
最初から閉じておいたほうがリラックスできるし催眠にも入りやすくなります。

「いらないものを含んだ空気は 息を吐くたびに外に飛び出していく」
「私の声を聞くのが気持ちいい 私の声を聞くと 体の芯が温かくなっていき 幸せな気持ちになる」

「吸って」「吐いて」と合図を出して大まかなペースを教え
2セットやるごとに体の中から悪いものが出る暗示や
彼女の声や言葉に対して良い印象を抱く暗示を入れて主に心を緩めます。

彼女のキャラが割と高圧的だったのでこういう誘導をするのは意外でした。
彼をモルモット扱いしたうえで2人とも楽しめるようにリードします。
時間が短いからでしょうけど暗示の量を多めに設定してあります。

4分くらい深呼吸を続けた後は若干スタイルが変わります。
3カウントダウンに合わせて呼吸を行い、その後10秒ほど息を止めてから吐き出します。
そして最後に簡単な指示を出して彼女のペットになったことを実感させます。

「プールの後のような心地のいい疲労感 不安や考え事は息を吐いたと同時に宙に消えた」
彼にとって今回の実験は初めてなので
彼女は彼が不安を抱くことを予測してたのでしょう。
だからわざわざ先ほどとは別のやり方でそれを解消しようとします。
てっきり深化の暗示を入れてくると思ってたのですが、普通に脱力させる感じでした。

深呼吸しながら暗示を入れる非常にシンプルな催眠です。
聴き手の心を梨花の言いなりにすることを目的に
前半は通常の深呼吸にリラックスする暗示を入れるスタイル
後半は息を軽く止めてから吐き出し、それに合わせて暗示を入れるスタイルと
やり方を少し変えて彼女の言葉を受け入れやすくします。

深呼吸メインなのでリラックスはできるでしょうけど
深化にあたるシーンが特になく、おそらくは浅いところに留まると思います。
リラックスはあくまでより深い催眠状態に入るための準備に過ぎませんから
カウントに合わせて深化の暗示を入れて落とし、その後にエッチで効果的な暗示を入れるのが望ましいです。
やってることは悪くないけどもう少し追加要素が欲しいです。
飴と鞭でスムーズに調教
エッチシーンは2パート28分間。
プレイは足の拘束、耳舐め、ベロチュー、フェラのイメージ、アナル責めです。

拘束、服を脱がす、アナル責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「では 次は直接君の肉体に刺激を与えるとしよう」
催眠を使って主人公の心を支配した梨花は
彼の両足だけ拘束してから口を使って性感帯を刺激します。

エッチは身動きの取れない彼を彼女が責め続けます。
前半の「第三章【トランスフェラ絶頂】」は2人の関係をより定着させることを意識したプレイ(約13分)。
左右の耳を片方ずつ舐めるところから始まり
ベロチュー→フェラのイメージと少しずつ踏み込んだものに移ります。

「今から私は舌で 君の耳を舐める 舐め終わったら 君は私の舌がどんなものより愛しく感じるようになる」
エッチに入っても催眠重視の姿勢は変わりません。
このパートの鍵となる彼女の舌に愛おしさを感じる暗示を入れ
実際にちゅぱ音を鳴らしてから後押しして彼が自分からペットになりたくなるよう誘導します。

ちゅぱ音を鳴らす時間はかなり短いので暗示のほうが存在感は大きいです。
催眠パートよりも声が若干嗜虐的になりますけどやってることは結構マイルドでした。

中盤にベロチューするのがそう言える大きな要因です。
彼は物語の開始時点から彼女と付き合いたいと思ってました。
結局は恋人じゃなく主従になるのですが、そんな状況でのキスはかなりのご褒美と言えます。
実験はちゃんとやるけど彼にもメリットを与えて気分よく協力できる環境を作ります。

「君が感じているのは 私の舌と 口に包まれてるチンポの温かさだけ」
パート終盤のフェラについてはちゅぱ音をほとんど鳴らさず
おちんちんが彼女の口に包まれてる感触を伝えてイメージ力を膨らませます。
そして最後はカウントに合わせて「イケ」を連呼して追い込みます。
作中では射精してますけど、この内容ならドライのほうが迎えやすいんじゃないかなと。

続く「第四章【ドマゾケツ穴雌イキ絶頂】」は実験色の強いプレイ(約15分)。
彼に自分でアナルを開かせ、そこにローションを垂らしてから指や器具を挿入します。

「人差し指と薬指で 優しくあなたのアナルを撫でる あなたはそれだけで ふわふわと気持ちよく 私にお尻をさらに突き出してしまう」
控えめな音量で水音を鳴らしながらプレイの様子をわかりやすく実況し
さらにそうされることに快感を覚えさせる親切丁寧なリードが光ります。
自分の意志で彼女のペットになる時点で彼がMなのは間違いないですから
好きな人に恥ずかしい部分をゆっくり開発されるのは嬉しいのではないでしょうか。
プレイは前半よりもアブノーマルですけど、進め方や雰囲気はきちんと維持されてます。

「君は異物感に苦しくなるが だんだんだんだん アナルをいじる私の指が鮮明に感じられ 苦痛が快感に変わっていく」
「アナルの中で指を曲げられると 腰が跳ねてしまうような 悶えてしまうような快感だろう?」

また経験者がそれほどいないことを踏まえて、前半よりも感覚を伝える暗示を強化してました。
ローションつきの指で入り口を優しく撫でられる感触
そのまま挿入される圧迫感、そして指を曲げられ前立腺を刺激される気持ちよさ。
アナル責めから連想される様々な要素を聴き手視点で語り臨場感を出します。

私が聴いた時は催眠が弱いせいであまり深く入れなかったのですが
それでもこのシーンではお尻のあたりが自然とムズムズしました。
終盤には「ぶぅぅぅぅん」という振動音を鳴らしながらバイブ機能付きのエネマグラで責めるなど
言葉と音を組み合わせて彼女にアナル開発されてる気分を味わわせます。

ただし、フィニッシュを射精にしてる点だけは残念です。
本作品のテーマはメス堕ちですから、ここはむしろ女性になりきらせてイかせるほうがしっくりきます。
タイトルとやってることがズレてたら聴き手は満足できませんからね。
まだ2作目だから仕方ないのでしょうけど、目的を見据えてプレイを組み立てたほうがいいと思います。

このように、飴と鞭を使い分けて調教する比較的穏やかなエッチが繰り広げられてます。
惜しい作品
進め方が丁寧だしプレイも個性なのだけどもったいないところもある作品です。

梨花はペットになってでも自分と一緒にいたい主人公を使って知的好奇心を満たそうと
まずは催眠をかけて彼の気持ちをほぐしながら主従関係を明確にします。
そしてエッチは前半と後半でやることを大きく変えて自分好みの体に変えます。

頭脳明晰でSっ気もある同級生のペットになって調教されるM~ドM向けのシチュ
深呼吸と暗示を組み合わせてリラックスさせるコンパクトな催眠
信頼関係が崩れないよう優しくしながら実験を進めるアブノーマルなエッチ。
つい先日まで同級生だった女性に弄ばれる快感を味わわせる方針で仕上げてます。

中でもエッチはもっと乱暴なことをするのかと思いきや
彼に十分美味しい思いをさせたうえで好き放題する譲歩した内容になってます。
彼女は頭が良いので催眠にとって何が重要かもよく心得てるのでしょう。
だから無理矢理何かしたりせず、彼が自分からそれを望むように言葉をかけます。

新規のサークルさんだと無茶苦茶なことをするケースも割とあるので
このへんがしっかりしてるのは意外だったし安心しました。
エッチをする際にイメージしやすくなる配慮もされてたりして作りが丁寧です。
今後制作を続けていけばまだまだ伸びる可能性を感じました。

それに対してイマイチだったところもいくつかあります。
催眠パートが弱い、エッチの準備(暗示とイメージ)が長いせいで実際に責める時間が短くなってる
アナル責めの内容がテーマのメス堕ちからズレてる、解除音声がないなどです。

特に最後は催眠音声では必須の要素ですから入れておいて欲しいです。
この作品を聴いた方は無料で構いませんから解除音声を必ず聴いてください。
良いところと残念なところがはっきりしてる作品だなと。

絶頂シーンは2回。
淫語それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:不明
総時間 51:14

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

追記
2020年5月28日まで30%OFFの770円で販売されてます。



サークル「おかしのみみおか」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、女性だけが住むことを許されてる国に迷い込んだ男性が
そこの看守に捕まり名誉女性として調教される様子を主観的に楽しみます。

催眠よりもエッチを重視した作りになっており
おちんちんオナニーをさせながら催眠をかけて体を女性に変え
その後はレズプレイを通じて心も女の快楽で塗りつぶします。
女になって新しい人生を
女性先進国「フェイム」の看守に女体化調教されるお話。

「人っ子一人いない 不気味な路地を あなたは歩き続けている」
ナレーターは上品で穏やかな声のお姉さん。
好奇心から普段と違う路地を歩いてる主人公が道に迷い
時折見える人影を追っていくところから物語は始まります。

本作品は男性は住むどころか生きることすら許されない女性だけの国を舞台に
そこの看守が迷い込んできた彼を敵国のスパイと違いし
およそ70分に渡って催眠をかけたりエッチな手段で言いなりにします。
メインの語り手や催眠をかける役はナレーターが担当し
看守はところどころで普通に会話して雰囲気を作るボイスドラマっぽい作りです。

看守「薬物投与による遺伝子操作によって 貴様の体は女に生まれ変わる」
看守は牢獄を管理してるだけあって罪人には容赦がなく
彼のことを最初から見下しほぼ強制的に女体化する薬を注入します。
そして女性になった後はレズプレイで純粋な快楽を与えて心も男から遠ざけます。
性別が尊重される国家なだけあって女体化後は意外と優しいです。

また催眠をかけるシーンでは同時にオナニーして男の自分と決別します。
通常の催眠音声は催眠をかけてからエッチに進むのでこういう展開は珍しいです。
エッチシーンでもカウントを数えながら暗示を入念に入れるなど
催眠とエッチをできるだけ混在させながらサービスを進めます。

最初から言ってしまうと催眠誘導が弱いので中上級者向けです。
エッチは結構しっかりしてますから被暗示性に自信のある方や
女体化催眠の視聴経験がそれなりにある人なら楽しめると思います。
精液を吐き出して女性の体に
催眠はおよそ11分間。
看守が主人公の手を使っておちんちんをしごき始め
ナレーターはその様子を彼の視点で語りながら深呼吸させたりリラックスする暗示を入れます。
彼の手を彼女が持ってするので実際にオナニーすることを想定してるのでしょう。

ナレーター「揺れる 揺れる 胸が揺れるのを見つめてしまう しごかれるうちに あなたのおちんちんは だんだん充血して熱くなる 血液という血液が おちんちんに集まっていき だんだん頭がぼーっとしてくる」
挿し絵のような大きなおっぱいを間近に眺めさせながら
「頭がぼーっとする」「揺れる」「男性の存在が薄くなる」と言って少しずつ男性から遠ざけます。
古典、現代いずれの技術もほとんど使わずいきなり暗示を入れてくるため
催眠にかかれるかどうかは聴き手の被暗示性や催眠音声の経験にかなり左右されそうです。
私が聴いた時も残念ながら催眠に類する感覚はほとんどしませんでした。

ナレーター「お尻が柔らかくなり 膨らんでく あなたの乳首が疼き ぷっくりと膨れてくる」
そして手コキ開始から5分くらい経つとカウントを数え始め
1カウントごとに彼の体が男性から女性へ変わっていく様子を実況します。
肌、お尻や乳首、顔立ち、声、胸など性差の出やすい部分を流す感じで行います。

0カウントで射精した後におちんちんがおまんこに変わる様子を語ってましたし
気持ちよくなるためではなく、性転換するためのプレイに位置付けてます。

看守に手を添えられオナニーしてる様子を通じて女体化させる非常に変わった催眠です。
聴き手の体だけを性転換させることを目的に
前半はプレイの実況とリラックス、後半はカウントを交えた女体化&射精と
時間、内容いずれも通常の女体化誘導より簡略化されてます。

別に催眠をかけながらオナニーするスタイルを否定する気はありません。
ですが催眠音声である以上、催眠はしっかりかけてほしいというのが正直なところです。
催眠開始前にある9分程度の会話も普通に状況説明するだけでした。
ここを予備催眠にあててれば今よりもずっと良くなったでしょう。
女の喜びを教えるエッチ
エッチシーンは2パート33分間。
プレイはオナニー(催眠パートに登場)、乳揉み、手マン、ディルド挿入、クンニ、ストッキングを口に入れる、アナル責めです。

手マンの際に少しだけ効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありです(催眠パートのみ)。
最初から服を脱いだ状態で聴きます。

看守「汚らわしい男の肉体を浄化され 晴れ晴れしい気分だろう?」
特殊な薬とオナニーを組み合わせて主人公の体を女性に変えた看守は
フェイムの名誉女性としてしっかり働けるよう体を張った教育をします。

エッチは彼女にリードされながらお互いに責め合います。
前半の「02ようこそ女性先進国フェイムへ」は比較的ソフトなプレイ(約15分)。
女体化とは別の薬を飲んでから乳首やおまんこの内外を看守に責められ絶頂します。

ナレーター「入れてほしい 犯してほしい 節の太くなった指を 中に入れて かき混ぜてほしい かき混ぜて滅茶苦茶にしてほしい」
そして催眠に引き続きナレーターがプレイの様子を実況しつつ
彼の心情を代弁したり気持ちよくなる暗示を入れます。
フェイムでは男性から女性へ変えられた人間は娼婦のような職を与えられるそうで
それに向けた訓練も兼ねて今回のエッチをします。

内容は軽く責めてからナレーターのカウントダウンが始まり
そこから8分くらいかけてゆっくり数えながらどんなふうに責めてるかを丁寧に語ります。
前項で「催眠はイマイチ」と言いましたがエッチは結構しっかりしてます。
何をしてるかわかりやすいし、聴き手が主人公になりきれる言い回しを心がけてます。

後半の「03名誉女性」は心も女性に変えることを意識したプレイ(約18分)。
気絶した彼のおまんこに双頭ディルドを挿入してからそれを手でしごかせ
さらに看守のストッキングを咥えたまま彼女にクンニでご奉仕します。

看守「私は射精しろと言ったんだ 射精してみせろ」
ナレーター「しごけばしごくほど 虚しさと物欲しさだけがあなたの中で増殖していく」
ディルドをしごくシーンは物語の序盤でやったオナニーと比べさせてるのでしょう。
その証拠にナレーターは快感ではなく虚無感を伝えます。
見た目は同じなのにいじってもまったく気持ちよくなれない。
その事実を通じて自分が女性になったことを強く印象付けます。

プレイはこちらがクンニし、看守が最後のほうでアナルをいじるだけなので
体よりも心でイクことを重視してます。
前のパートと同じくカウントをゆっくり数えながら少しずつ盛り上げてました。

このように、気持ちよくしながら女性の心を植え付ける調教っぽいエッチが繰り広げられてます。
エッチが魅力の作品
催眠特有の心地よさよりもエッチな快感を強く与えようとしてる作品です。

看守は敵国のスパイと思しき主人公を従順な奴隷へ変えようと
まずは催眠を交えた手コキ(オナニー)で体を男性から女性へ転換させます。
そしてエッチは心の女性化を意識しながら女の快感と奉仕する幸せを教えます。

Sっ気の強い看守に女体化調教されるM向けのシチュ
オナニーや射精する様子に暗示を込めた独特な催眠
前半は責められる、後半は尽くす快感を味わわせる比較的マイルドなエッチ。
通常の催眠よりもエッチの割合を高くして作品を組み立ててます。

そう言える大きな理由のひとつが催眠とエッチでアプローチの手厚さが違うことです。
短めのカウントを長めの時間をかけて数え、その合間にセリフを多く挟みゆっくり進めます。
0を宣言した後の絶頂シーンも2分くらい追い込み暗示を入れてました。

そしてエッチが入念だからこそ催眠の軽さが残念でなりません。
催眠音声は聴き手を催眠にかけることで初めて成り立ちますから
それが疎かになってると作品全体に悪影響が出ます。
現在名作と呼ばれてる作品たちはひとつの例外もなく催眠のレベルが高いです。
どうしてこうなったのかはよくわかりませんが、次回作はもっと催眠に力を入れてみてはいかがでしょうか。

絶頂シーンは射精1回、ドライ2回。
淫語それなり、くちゅ音とちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:大山チロルさん
総時間 1:08:56

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります



サークル「Whisp」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、時間遡行を得意とする催眠術師とその助手が
年齢退行をテーマにした催眠をかけてエッチな初体験を再び味わわせます。

全編を通じて時計の音がバックで流れ続けるのが特徴で
催眠の前半までは1種類、その後は2種類と音の構成を変えながら
リラックス、年齢退行、それに沿ったエッチを順にやって気持ちいいお漏らしへ導きます。
気持ちいい初体験をもう一度
クロックとラビットが幼児退行の催眠をかけるお話。

「いらっしゃいませ、お客様。ここは時計の間。時間が陽炎のように揺蕩い、移りゆく空間」
クロックは穏やかで落ち着いた声のお姉さん。
「そして私はアシスタント。あなたが催眠に落ちるお手伝いをいたします」
ラビットは明るくて可愛い声の女の子。
音声を聴く際の注意事項や環境を説明すると
テーマの時間遡行催眠やエッチな初体験に関するお話をします。

本作品は時計屋を営みながら催眠術師としても活躍してるクロックが
助手にあたるラビットと協力して110分程度に渡る独特なサービスをします。
タイトルを見ればわかるように年齢退行をテーマにしてまして
思春期→小学生→赤ちゃんと段階的に時を戻し、それぞれに合った快感を提供します。

全編を通じて言える大きな特徴は時計の音。
注意事項を説明した後から解除パートまでほぼずっと流れ続けます。
「カチ カチ」という小気味よい音が長めの間隔で鳴り続ける空間はとても落ち着いており
これを聞いてるだけで自然とリラックスしたり眠くなる人がそれなりにいると思います。
人間の脳はこういう単調な音に弱いので催眠音声にもよく使われます。

クロック「カチ、カチ、カチ、カチ。あなたの頭の中で針の回る音が残響します」
ラビット「カチ、カチ、カチ、カチ。音があなたをリラックスさせる」
また音そのものに暗示を込めてリラックスさせるシーンも登場します。
物語の途中から別の音が加わったり、時計のイメージを通じて退行させるなど
本作品にとって結構重要な役割を果たします。

彼女たちが2人体制で催眠をかけるのも特徴のひとつです。
こう言うと「双子のい・い・な・り」をはじめとする双子形式と思う人もいるでしょうが
その構造や使われてる技術はまったくの別物です。
詳しい理由は後で説明しますから、とりあえず双子催眠ではないことだけ理解しておけばOKです。
十分リラックスさせてから子供の頃へ
催眠は2パート42分間。
最初の催眠準備パートは立ち上がって足を肩幅くらいに開き
そのまま深呼吸、腕のストレッチ、首の回転などをして心身をリラックスさせます。

ラビット「胸の中で呼吸が整ったのを感じて……。吸って…………吐いて……。息を吸って吐くだけなのに……気持ちいい…………気持ちいい…………」
クロック「息を吐き出すと共に、あなたの中に溜まっていた力が抜けていく……」
そして2人は早速協力して呼吸の合図を出したり癒しを与える暗示を入れます。
双子催眠だとこういう場合、片方が呼吸のリズムを取り
もう片方がタイミングよく暗示を入れる流れで進めるのですが
本作品ではそういった役割分担を特にせず1人ずつ話しかけてました。

また全編を通じて2人の話すペースが非常に緩く、間も長めに取ってます。
これは1人で催眠をかけるなら有効ですけど、2人の場合はむしろデメリットになります。
時間あたりの暗示量を増やしたり、左右から同時に働きかけるといった双子の持ち味を潰すからです。

簡単に言うと本作品の催眠は1人でできることをわざわざ2人で手分けしてやってるんです。
それに対して双子催眠は2人いなければ絶対にできないことをやります。
これが本作品が双子形式じゃないと言う一番の理由です。

クロック「ぶらぶらと、体全体を揺らしてみましょう。力は入れないまま、首をふらふらと揺らして…………転びそうになったら、無理せずに座ってくださいね……」
ただやってることはリラックス重視で良いです。
腕や首を実際に動かせば意識するだけよりもずっと筋肉がほぐれますし
バックで流れ続ける時計の音も心の緊張をほぐすのに役立ってます。
安全性に配慮したアドバイスもしてくれたりと色々考えられてます。

2番目の催眠導入パートは深化と退行をするシーン。
前のパートの終盤でベッドへ横になり、そのまま時計の音を聞いて少しずつ昔の自分に戻します。

ラビット「針の音が鳴る度に、あなたの頭に気持ちいいのが流れ込んでくる。時計の音が気持ちいい。昔に戻っていくのが気持ちいい」
2人のセリフを聴いた限りでは両者をほぼ同時にやってるようです。
時計の音がもたらす心地よさと昔に戻る心地よさを関連付けてました。
またここからは「カチャ」というやや違う音を加えて時計が逆に動く様子も表現してます。
音に集中させながら暗示を入れる流れも本作品らしいなと。

十分にリラックスさせてから深化に進むテーマ性のある催眠です。
聴き手の心だけをある程度若くすることを目的に
最初のパートは深呼吸、時計の音を使った音響法、回頭法と思しき首の運動
ほんの少しの沈黙法、軽い分割弛緩法といった古典催眠の技術を小刻みに繋げ
次は時計の音をひとつ増やしてからそれに暗示を込めて落とします。

時計の音やリラックス要素が充実してるおかげで、意識がぼーっとする感覚が多少味わえました。
ですが技術の種類を多く入れ過ぎた影響でひとつひとつの効果が弱まってるのは気になります。
意識のぼやけも技術よりは時計の音によるところが大きいです。

やることを増やすとそれぞれに説明する時間を割く必要が生まれます。
それだったらもっと絞り込みゆっくりじっくり進めたほうが効果的です。
Whispさんは確か今回が催眠音声初挑戦だったはずなので
双子形式も含めて技術面に色々と改善の余地があります。
退行とプレイを組み合わせたエッチ
エッチシーンは2パート32分間。
プレイはオナニー、手コキ、おちんちんを見られる、放尿です。

エッチな効果音はありません。
セルフは一応ありです(3分くらい)。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

ラビット「あなたは今、人生ではじめてのオナニーをしています」
催眠を使って主人公を思春期あたりの年齢まで戻したクロックとラビットは
彼がオナニーや勃起してる様子を実況しながらさらに退行させます。

エッチは退行する様子を厚めに描きながらその合間合間に気持ちよくします。
最初の「初めてのオナニー」パートは小学生あたりまで戻るシーン(約24分)。
彼が初めてのオナニーをしてるところへ乱入しておちんちんを軽くいじり
そこから退行暗示を入れて今度は初勃起の感覚を味わわせます。

ラビット「かち、かち、かち、かち。あなたは幼くなっていく」
クロック「わからない。わからない。オナニーがなんだかわからない」
最初から言ってしまいますと本作品のエッチは退行がメインです。
他の退行作品では思春期に戻った状態でオナニーしたりお姉さんに弄ばれるといった
プレイの様子や得られる快感を主観視点でお届けすることを中心に据えます。
しかしこの作品では自分が普段よりも若くなった感覚や、オナニーのことがわからない戸惑いなど
初体験に直面した時のドキドキ感を主に味わわせようとします。

感度を上げたり気持ちよくする暗示も一応入れてくるのですが
それよりも若くなった情景やその心情描写のほうに力を入れてます。
かなり特殊なプレイなので人によって好みが分かれるのではないかなと。

例えばこのパートですと彼がオナニーしてるところから始まり
その3分後には2人のお姉さんが登場しておちんちんをいじり始めます。
そしてさらに3分経ったら時計の音に集中して小学生まで退行し
おちんちんが初めて勃起した時のムズムズ感を追体験させます。
場面やプレイがころころ変わるので得られる快感も弱めです。

続く「初めてのおしっこ」パートは赤ちゃんがするお漏らし(約8分)。
時計の音を交えた長めのカウントで年齢をさらに下げ
赤ちゃんになったところでムズムズ感を暗示で強化し絶頂まで持っていきます。

ラビット「大好きなママが見てくれてる」
クロック「おちんちんの根本に、ぎゅ~~~っとムズムズが集まってくる」
ここも退行に十分な時間を割き、それが終わったら母親がいることを意識させつつ
感度が上がる暗示を適度に入れるテーマ性を重視したものです。
絶頂シーンで「白いおしっこ」と言ってたのでたぶん射精を狙ってると思うのですが
ここまでおちんちんへの刺激が弱い状況ならむしろドライにしたほうが現実味があります。

このように、テーマの年齢退行を強めに味わわせながら気持ちよくする変わったエッチが繰り広げられてます。
個性はあるのだが
全編を通じて流れる時計の音が一際耳を惹く作品です。

クロックとラビットは主人公に色んな初体験を疑似的に味わわせようと
まずはリラックス重視の催眠をかけて精通した頃まで戻します。
そしてエッチはそこからさらに小学生→赤ちゃんと戻しながらおちんちんのムズムズを強化します。

催眠術師とその助手が年齢退行をテーマにしたエッチな催眠をかけるノーマル向けのシチュ
時計の音をバックで流しながらリラックス、深化、退行を行う多彩な催眠
初オナニー、初勃起、初お漏らしを順に味わわせる退行成分の強いエッチ。
作品の鍵にあたる「時計」と「退行」を組み合わせてサービスを作り上げてます。

中でも催眠は時計の音を普通に聞かせてリラックスを促進する
音そのものに暗示を込めてそれを強化する
時計が巻き戻るイメージを通じて退行させると色々な工夫が見られます。
深化を始めるまでの準備に長めの時間を割いてることも含めて癒しの感覚はそれなりに得られます。

ですが他の部分に関してはぶっちゃけ厳しいかなぁと…。
催眠音声初挑戦で退行を扱うこと自体ハードルが高いですし
2人いるのにしゃべり方が1人の時とまったく同じとか、エッチが退行重視で快感が弱くなってるとか
指摘したいところが残念ながらいくつもあります。

最も改善すべき点は的を絞ることだと思います。
催眠は今よりも技術の数を減らしてひとつひとつを丁寧にこなす
エッチは思春期、小学生、赤ちゃんを順にやるのではなく
どれかひとつの世代に限定してそれを臨場感を出しながら濃く表現するといった具合です。
これさえやっておけば少なくとも今よりはずっと良いものになったはずです。

絶頂シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
おまけは3つの音声です。

CV:クロック…花澤さくらさん ラビット…広深香菜さん
総時間 2:01:25(本編…1:52:16 おまけ…9:09)

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

追記
2020年3月23日まで20%OFFの1056円で販売されてます。

↑このページのトップヘ