同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ: 催眠音声

   ● 催眠音声-ヤンデレ後輩ちゃんと甘々子作りレイプ
   ● 【催眠音声】~籠絡の声~賭博で負けちゃう快楽に溺れて堕ちる【色仕掛け♪】
   ● 【催眠音声】奏音濃夢~メトロノーム~
   ● 心身をリラックスさせる自律神経訓練法 教習音源
   ● 催眠音声『少年嗜好症』僕達はギムナジウムへ通う男の子
   ● インプの無限湧きバグ催眠
   ● 東方入眠抄18 依るべない夜と少女の依物語
   ● CONTRACT~未知との契約~
   ● 女教師のいいなり~メトロノームの音に合わせて~(再レビュー)
   ● 少女夢催淫 ~はじめてのあまぁーいお泊りご奉仕~


催眠音声-ヤンデレ後輩ちゃんと甘々子作りレイプ

サークル「暗中模索」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、主人公のことを異常なまでに愛してる後輩が
2人きりになれた状況を利用して自分の想いを伝えます。

ヤンデレ成分をできるだけ薄めた純愛ストーリーになっており
催眠は彼女が事前に用意した音声を聴く珍しいスタイルを採用し
エッチも彼を十分満足させた後に本題の子作りSEXへと移ります。
一途な後輩の大胆な作戦
後輩に催眠をかけられ2種類のエッチをするお話。

「これで最後ですね あとは必要事項をプリントに書いて 先生に提出すればいいだけなので あとは私がやっておきます」
後輩は甘く可愛らしい声の女の子。
ある日の放課後、主人公の助けを借りて委員会の仕事を片付けると
音楽室で活動してる軽音部のことや先日教えてもらった音楽の話をします。

本作品は何らかの事情で彼をとてつもなく好きになった彼女が
その気持ちを伝えようとおよそ70分に渡る変わったサービスをします。
タイトルに「ヤンデレ」が入ってることから重い展開をイメージする方もいるでしょうが
実際は体を拘束したり無理矢理犯すシーンはなく、彼をしっかりもてなしたうえで目的を果たします。

「聴きながら寝ると 先輩も同じ曲聴いてるんだ 先輩と繋がってるんだっていうのが嬉しくて」
ヤンデレに分類される要素は終盤に妊娠覚悟のSEXをするくらいです。
道中の会話もマイルドなものばかりですし、余程苦手意識を持ってる方でもなければ無理なく聴けると思います。
若干行き過ぎた描写がある純愛ストーリーと表現するのが妥当でしょう。
後輩役のみもりあいのさんも終始あまあまな声と態度で接します。

作品の主な特徴はふたつ。
音声を聴く形で催眠をかけられることと、エッチの前半と後半でスタイルが大きく変わることです。

前者は聴き手が主人公に自分を重ねやすくする演出と見ています。
通常の声はバイノーラル録音ですがこのシーンだけは音質をやや落としてあります。
誘導自体は割とスタンダードでサークルさんの過去作と同じく入りやすいです。
ただし最後のほうにこの状況を活かした暗示の入れ方をするシーンがあります。

後者は彼女の最終目的にあたる子作りSEXはエッチの後半まで取っておき
前半はエロ要素をほとんど使わない催眠音声ならではのプレイをします。
具体的には音とイメージを組み合わせたドライ系の責めです。
おちんちんにはまったく意識を向けさせないので脳イキに近い快感が味わえるでしょう。

催眠はおよそ20分間。
仰向けに横になって目を瞑り、細く長く呼吸しながら彼女が言うイメージを思い浮かべます。

「芝生の上に 2人で並んで お日さま全身にいっぱい浴びると ぽかぽか気持ちいいんですよ」
青い空、緑の芝生、温かい日差し、そしてすぐ隣にいる彼女。
自然物を通じて癒しつつまずは彼女といるのが当たり前の状況を作り上げます。

聴き始めた直後はあまり催眠っぽく感じないかもしれません。
しかしもうしばらく経つと「重たい」「ぼんやり」を多めに投げかける正統派の誘導へ切り替わります。
短時間で暗示を厚めに入れてきますから脱力感や意識のぼやけが一気に強まるのを実感するでしょう。

催眠がある程度深まった後はいよいよ彼の気持ちをこちらに引き寄せます。
カウントを絡めながら彼女の声に対して良い印象を持たせ
さらにストレートな愛の言葉を何度も投げかけて心をどろどろに溶かします。

「頭の中の気持ちいい感覚がふわーっと広がっていく 頭の中がとろとろとろーってとろけていく」
「大好きです 先輩 大好きです 好き 好き」

催眠によって得られる心地よさを彼女の声とリンクさせる感じです。
表現も控えめになってて受け入れやすく、彼女が彼のことを一途に愛してるのが伝わってきます。
その一方で体が動かなくなる暗示も入れるあたりがヤンデレらしいなと。
押し付けがましさを感じさせない形で少しずつ確実に心を動かします。

エッチを楽しむ環境づくりを見据えた質の高い催眠です。
後輩のことをある程度好きにさせるのを目的に
イメージを交えた深呼吸から入って心身の脱力、好意を膨らませる暗示と
後になるほど催眠状態と幸福感が高まるよう丁寧に誘導します。

全体的に暗示の表現や入れ方が秀逸でとても入りやすかったです。
最後の「好き」を何度も言ってくるシーンでゾクゾクする人がそれなりにいるでしょう。
身も心もモノにするあまあまなエッチ
エッチシーンは44分間。
プレイは音とイメージを使った脳責め、手コキ、SEX(騎乗位)です。

手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります。
セルフはなしですが射精表現があります。

「ごめんなさい 私ばっかり 先輩のことも 気持ちよくしてあげますね」
催眠を使って主人公をすっかり骨抜きにした後輩は
子作りSEXの前段階に変わった方法で彼を気持ちよくします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の23分間は催眠に特化したプレイ。
最初は脳、次は乳首にビー玉くらいのピンクの泡が入り込み弾けるイメージをします。

「ゾク ゾクゾクと 甘くてエッチな快感が押し寄せてくる 気持ちいいのが押し寄せてくる」
キスやフェラといった一般的な責めを完全に取り除き
イメージ、催眠暗示、音を組み合わせてゆっくりじっくり絶頂へと追い込みます。
音をトリガーに快感を上げていくので音モノが好きな人ほど楽しめるでしょう。
「弾ける」を忠実に表現してる結構変わった音が使われてます。

淫語もまったく言わないのでぶっちゃけ全然エロくありません。
しかし音を何度も聴いてるうちに脳内物質がちょろちょろと分泌する感覚が味わえました。
乳首は胸全体が熱くなったところまでで脳のほうがずっと気持ちよかったです。
シーン最後の2連続絶頂も股間ではなく脳にエネルギーが集まってました。

残りの21分は当初の目的にあたる子作りSEX。
ズボンとパンツを脱がせておちんちんの具合を確かめ、軽い手コキを挟んでから騎乗位でひとつになります。

「あぁぁ ダメっ クラクラする 当たってるだけで 熱い快感が流れ込んでくるの」
「先輩の精液が 中にいっぱい 嬉しい 好きっ 大好き」

そしてここでは打って変わって彼女の心情や乱れっぷりに焦点を当てながら進めます。
挿入時に「痛っ」と言ってたところを見るとおそらく処女なのでしょう。
それでも彼のおちんちんを根本まで受け入れ、ピストンを徐々に速めていく姿は健気で愛らしいです。
前半にはほとんどなかった吐息、喘ぎ声、効果音が加わりエロさも一気に増します。

プレイ中に彼が抵抗したり逃げようとする描写がないのでヤンデレっぽさは本当に薄いです。
それどころか下から突き上げ男らしい中出しまで決めます。
射精表現がありますがノーハンド射精ではなくドライを狙ってるのだと思います。
前半と後半でアプローチがまるで違いますから同じドライでも感覚に結構な差があるでしょうね。

想いを一方的に押し付けるのではなく相手にも好きにさせたうえで目的を果たす。
ヤンデレから連想される過酷さや凄惨さを徹底的に排した和やかなエッチが繰り広げられてます。
ちょっぴり重い純愛作品
純愛ストーリーにほんの少しヤンデレを加味したマイルドな作品です。

後輩は好きで好きで堪らない先輩をなんとかモノにしようと
自分が録音した音声を聴いてもらうことでまずは心の距離を近づけ
それから催眠重視とエロ重視のエッチをしてより深い関係になります。

ヤンデレのマイナス面をできるだけ削った作り
通常録音とバイノーラル録音を組み合わせて施す風変わりな催眠
前半は音モノ、後半は純粋なエロと内容が大幅に切り替わる甘いエッチ。
様々な技術を駆使してタイトルの「甘々子作りレイプ」をリアルに味わわせます。

ヤンデレは音声作品の1ジャンルとして十分な存在感を持ってる反面
主人公が破滅する展開になりやすいことから催眠には不向きな題材です。
だからこそ声、セリフ、物語、サービスを柔らかくして適応させてます。

ガチなヤンデレを期待して聴くと肩透かしを食らうでしょうけど
若干スリリングな純愛作品と捉えておけば普通に聴けるし楽しめます。
もう8年ほど活動を続けてるサークルさんなだけあって催眠、エッチいずれもレベルが高いです。

エッチはそれぞれに違った良さを持ってます。
前半は催眠の心地よさやドライの気持ちよさをストレートに追求してるし
後半も後輩に種付けするシチュや吐息&喘ぎ声で気分を盛り上げてくれます。
ここまでタイプの違うプレイを混在させてる作品は珍しいです。

絶頂シーンは3回。
喘ぎ声(吐息含む)それなり、淫語とくちゅ音そこそこ、ちゅぱ音はありません。

CV:男性向け…みもりあいのさん 女性向け…和水創太(旧名義:想)さん
総時間 男性向け…1:11:28 女性向け…1:02:43

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

【催眠音声】~籠絡の声~賭博で負けちゃう快楽に溺れて堕ちる【色仕掛け♪】

サークル「M-STUDIO」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、とある事情で裏カジノへ通い続けてるギャンブラーが
そこのオーナーの罠にかかり気持ちいい破滅を体験します。

物語の舞台や主人公の背景などドラマ部分の描写に大変力を入れており
主人公をメインの語り手に据えてシーンの状況や心情を事細かに話しながら
薬物で思考を奪われ、快楽でとろかされ、ゲームに負けて絶望する感覚を味わわせます。
愛する人を救うために
主人公のギャンブラーが黒薔薇に誘惑され絶頂するお話。

「ここは とある深夜の繁華街 その片隅にある 地下のクラブハウス」
主人公はややトーンの低い穏やかな声の女性(作中の性別は男性)。
裏カジノでポーカーに勝利し帰宅しようとしたところ
そこのバニーガールに呼び止められとある場所へ案内されます。

本作品は多額の借金を背負った恋人を救い出そうとギャンブルで勝ち続けてる彼が
黒薔薇と呼ばれる女性オーナーの目に止まり、情けない姿を晒す様子を彼の視点で楽しみます。
本編の総時間が130分ほどあるのですが、そのおよそ半分を舞台背景や状況説明に割いており
聴き手を作品世界にしっかり引き込んでから取り掛かるドラマ性の強い内容です。


またサークルさん初の催眠音声ということで
催眠音声側で数々の名作を生み出されてるF・A・Sさんの特徴を参考にした様子が窺えます。
本編開始前にリラックス運動をすることや、ほぼ全編で雰囲気に合ったBGMを流すのがいい例です。
中の人のtwitterにもF・A・Sさんを賛美するコメントが見られました。
またところどころで「賭博黙示録カイジ」を想起させるネタが込められてます。

「フロアから届く 男女の行為による艶めかしい嬌声 そして オーナーの甘い香りが 再度私の鼻孔をくすぐり 頭がぼーっとしてしまう」
もうひとつの大きな特徴はメインの語り手を主人公自身が務めてること。
どのシーンでも彼が何を見て何を思ってるかを詳細に語ってイメージを膨らませます。
そしてエッチに入ると主観視点で感度を上げたり絶頂を促す暗示を入れます。

こういうスタイルの催眠音声は「アルラウネの芳香催眠」などごく僅かしかありません。
暗示は誰かに入れられるよりも自分自身で入れたほうが受け入れやすいですし
ドラマ性重視の作風ともマッチしていて良いと思います。

注意事項を説明した後に始まる「リラックス運動~導入」は準備パート。
ここと解除パートにだけ登場する女性の指示に従い深呼吸や簡単なストレッチをします。

「少しだけ体を動かしてみましょうか 手のひらの指を ゆっくりと軽く握ってみてください」
「あなたはこのまま 私の声を聴いたまま 眠るように意識の底へと落ちていきます」

ストレッチは立ち上がって腕をぶらぶらさせるのではなく
手の指に力を入れたり抜くのを繰り返す動作です。
そして合間合間に彼女がこちらの心身をリラックスさせる言葉を投げかけます。
バックで流れる波の音も相まってそれなりの癒しを感じるでしょう。

続く「本編~籠絡の声~賭博で負けちゃう快楽に溺れて堕ちる【前編】」では
主人公がカジノのポーカーで勝利した後、そこよりさらに下にある「失楽園」と呼ばれるフロアへ案内され
そこを取り仕切ってる黒薔薇と話す様子が描かれてます。
エッチな描写はほとんどありません。

「そこはバーフロアでも カジノフロアでもないフロア」
黒薔薇「そろそろ お客様をここへお連れしたその理由を お話させていただきますね」
50分もの時間を割いてるおかげで主人公の素性と心境、今いる場所の情景
そして対戦相手にあたる黒薔薇のことが緻密に描かれてます。
私はてっきりこのパートで催眠誘導をすると予想してたのですが
実際に聴いた限りでは普通のボイスドラマとほぼ同じ言い回しや表現をしてました。

失楽園に到着しその様子を見た時や、黒薔薇が差し出したお酒を飲んだ時に
「頭がボーっとする」と軽い暗示を入れては来るものの
本格的な催眠と呼ぶには質量共に弱く、深い催眠状態に入るには物足りないというのが率直な感想です。

冒頭でリラックス運動をしてもその後に催眠と無関係なことを長時間やったら意味がありません。
催眠音声を制作するからにはドラマ性よりもまず技術を頑張って欲しいです。
リアル催眠術師でもない限り処女作の時点でドラマ形式の催眠誘導をするのは不可能です。
そんな博打を打つくらいなら分割弛緩法などを使って普通に誘導したほうが良かったのではないでしょうか。

以上のことから非常に厳しいと私は見てます。
快楽と敗北の狭間で
エッチシーンは50分間。
プレイはアナルから薬物注入、バニーガールが体を押し付ける、カウントによる絶頂、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
服を脱ぐ指示は特に出ないので最初から脱いでおいたほうがいいでしょう。

黒薔薇「数滴でも人間の脳を鈍らせて ぐっすりさせちゃうお薬を 少し入れ過ぎちゃったみたいでしょうか」
会話中に飲ませたカクテルの効果で主人公の思考力を奪った黒薔薇は
彼の恋人のことを少し話してから催眠快楽ポーカーの勝負を持ちかけます。

エッチは彼女と直接的な接触をせずに絶頂を迎えます。
最初の44分間は当初の目的通りポーカーをするシーン。
彼が眠ってる間にお尻へ差し込んでおいたチューブから別の薬を注入しつつ
カードの枚数である52からカウントを始めてドライオーガズムへと追い込みます。

「見ているだけで射精しそうなほどの扇情的な 艶やかに舌なめずりする彼女の顔を なんとか睨みつけようと努力するも 下半身が鼓動するような 甘くて強力な快楽の波が押し寄せてくる」
そしてここでは主人公をメインの語り手にした状況を活かし
主観視点で感度が上がったり絶頂感がこみ上げてくる暗示を入れます。
前項で話した通り催眠誘導が弱いのでこれらが効くかどうかはわかりませんが
作品の特徴を活かしたエッチをしてるのは事実です。
黒薔薇もそれを煽るセリフを小まめに投げかけます。

ポーカーについては普通にカウントを数え下ろします。
その代わり1カウントごとに気持ちよくなるセリフを挟んで絶頂しやすくしています。
催眠音声でやるスタンダードな追い込みを本作品に合わせてアレンジしてる感じですね。

残りの6分間はセルフからの射精。
彼女だけでなく失楽園フロアにいる人全員にモニター越しに見られながら
おちんちんをしごいたり精液を無様に吐き出します。

「ペニスが 奥底から何か熱いものがこみ上げてくる 大切な人も 金も すべてを失いながらも 絶叫しそうな快楽で どうでもいい」
オナニーによる純粋な快感、痴態を見られ続ける快感、そして勝負に負けてすべてを失う快感。
彼を取り巻く色んな要素を組み合わせて背徳的なプレイに作り上げてます。
時間がもう少しあればより抜きやすくなったでしょう。

このように、声や言葉の力で興奮や絶頂を促す催眠音声らしいエッチが繰り広げられてます。
ややブラックな作品
独自性の強いストーリーやプレイが魅力の作品です。

黒薔薇はカジノで勝ち続けてる主人公を自分の思い通りにしようと
まずは丁寧な態度で事情を話し、さり気なく入れておいた薬でひとまず眠らせます。
そして起床後はお尻に挿した別の薬でさらに心をとろかしながら破滅のゲームを仕掛けます。

エッチと同じくらいドラマパートに力を入れた作り
主人公をメインの語り手に据えて少しずつ作品世界に引き込む演出
有名サークルさんのアイデアを取り入れる工夫。
処女作でありながらかなり大胆なことに挑戦しています。

特に最初の要素はイメージの向上に大変役立ってます。
本作品のエッチは内容が独特ですから、いきなり始めてついてこれる人はあまりいません。
だから事前のストーリーを重厚に描き自分がそこにいる気分に浸らせます。
長編の同人音声を制作されてるサークルさんの持ち味がきちんと活かされてます。

ですが催眠音声は技術の良し悪しが作品の品質に最も強く影響します。
世に名作と言われてる作品はどれもまず技術が優れてるんです。
その上にテーマがぶっ飛んでるとかエッチが過激といった個性が加わり成り立ってます。

この作品の手本となってるF・A・Sさんも例外ではありません。
リラックス運動や音楽に目が行きがちですが、それ以前に催眠誘導やエッチのアプローチが秀逸です。
新規のサークルさんが大手の作品を参考にするのは決して悪いことではありません(盗作はもちろんNG)。
でもその対象は個性ではなく技術にしてほしかったです。

絶頂シーンは2回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。
おまけは嘲笑ボイス等です。

CV:杏子御津さん、秋野かえでさん、山田じぇみ子さん
総時間 2:38:04(本編…2:15:37 おまけ…22:27)

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は4点。
158分で1000円とコスパが良いので+1してあります。

【催眠音声】奏音濃夢~メトロノーム~

サークル「夢音工房」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、先生に特別な感情を抱いてる教え子が
2人きりになれる場所で催眠を交えた課外授業をします。

催眠音声と同人音声の中間にあたるサービスをするのが特徴で
催眠は深呼吸を長めにしたりメトロノームの音を鳴らして心身のリラックスを促し
エッチは催眠の要素をほぼ絡めずにちゅぱ音や喘ぎ声を時間いっぱい鳴らします。
教え子がする大胆な授業
篠宮 澄未香(しのみや すみか)に催眠をかけられ2種類のエッチをするお話。

「あっ 先生 待ってましたよ」
澄未香は可愛くてしっとりした声の女の子。
ある日の放課後、いつものように保健室を訪れた主人公を嬉しそうに迎えると
思わせぶりなことを言ってからエッチな課外授業を始めます。

本作品は彼のことを異性として愛してる彼女が
普段と立場を入れ替えておよそ70分に渡る保健体育の指導をします。
冒頭の注意事項で催眠「風」音声と言ってる通り、一般的な催眠音声とは作りの違う部分がいくつか見られます。

その中で最もわかりやすい要素は催眠とエッチをほぼ分離して行うこと。
催眠は古典系の技法を中心に癒す方向で進めてたのが
エッチに入ると技術や暗示をほとんど使わずストレートに愛し合います。

簡単に言うと本作品のエッチは同人音声のそれとほぼ一緒です。
聴き手を主人公になりきらせて気持ちよくするアプローチを特にしてきませんから
そういうのを期待して聴くとおそらく肩透かしを食らうでしょう。
しかしちゅぱ音や喘ぎ声といったエッチな音が充実しており催眠抜きでの実用性はなかなかのものです。

催眠は2パート26分間。
ホームルームにあたる前半の導入パートはじっくり深呼吸します。

「ほら 先生 先生のだーい好きな匂いですよ ほんのり甘い 桃みたいな匂い」
「ゆっくり じわーって 手から熱が伝わってきて だんだんと 肩まで」

時折合図を出しながら自由なペースでやらせる緩い誘導がされており
「力が抜ける」などの暗示をあまり言わない代わりに彼女の声が至近距離に移動したり
手を繋ぐ描写を交えて匂いや温もりを伝えようとします。

「言葉ではなく雰囲気でリラックスさせる」と言えばわかりやすいのではないでしょうか。
バイノーラル録音なだけあって声の臨場感が非常に高く距離の近さを感じます。
深呼吸を長めにやるおかげで意識がぼやける人もそれなりにいるでしょう。

後半の深化パートはいよいよタイトルにもなってるメトロノームが登場します。
カチカチという小気味良い音を一定の間隔で鳴らし続け
彼女がそれに合わせて体がさらに温まったり意識の力が弱まる暗示を入れます。

「体と一緒に意識もゆっくり沈んでいく もう全身水の中 でも暖かくて気持ちいい」
後者はカウントを数えながら体が落ちるのと浮かび上がるのを繰り返す揺さぶりの技法を使用してます。
最初はゆっくり数えてたのが後になるとスピーディーかつ力強くなるのがいいですね。
メトロノームもカウントに合わせて鳴らしますし、作品固有の要素を使って落とそうとします。

十分リラックスさせてから深化に持っていくシンプルな催眠です。
聴き手を澄未香の虜にするのを目的に、前半は深呼吸を厚めにやりながら温感操作を少し行い
後半はメトロノームの音を鳴らしつつ定番の技法を順に施します。

全体的に暗示をあまり入れてこないので脱力感や落ちる感覚はイマイチでしたが
癒しの気分や彼女に密着されてる感覚はそれなりに味わえました。
前述の通りエッチが催眠とほとんど関係のない作りになってることからわざと浅めにしたのかもしれません。
メトロノームの扱いもしっかりしていてテーマ性を十分出せてると思います。
抜ける音をふんだんに盛り込んだエッチ
エッチシーンは2パート31分間。
プレイは耳舐め、キス、全身舐め、フェラ、SEX(騎乗位)です。

エッチな効果音はありません。
セルフも無しですが射精表現があります。

「先生の熱く滾ったものを 全部私に吐き出して?」
催眠を使って課外授業の準備を整えた澄未香は
ひとまず主人公の全身を舐めて興奮と勃起をさらに強化します。

エッチはどちらも彼女が責め続けます。
最初の暗示Fパートでするのは口を使ったプレイ(約21分)。
耳舐めから始まりキス、顎/首筋/お腹/太もも/足への舐めと繋ぎ最後はおちんちんに落ち着きます。

「先生 大好き」
開始前にカウントを数えながら軽く暗示を入れるシーンがあるものの
それ以降は大部分がちゅぱ音で合間にちょこちょこ普通のセリフが入る流れに変わります。
技術を使ってイメージを膨らませたり快感を伝えることはありません。
催眠状態を維持するアプローチも特にしてこないのでおそらく途中で解けると思います。

ですがオナニーのお供としてなら使い勝手の良いプレイです。
舐める部位によって音の位置や質感が変わりますし
フェラは舌で舐める、咥え込んで絞り上げる、ピストンするなど多彩な責めを繰り出します。
特にピストンフェラは「じゅびゅっ」というやや下品な音をリズミカルに鳴らしてくれてかなりエロいです。

彼女は彼を純粋に愛してるからこういうことをするわけで隷属させる気はありません。
それを踏まえて言葉よりも行為で自分の気持ちを伝えようとします。
最後に精液をきっちり飲んでくれますし、M向けではなく純愛路線のエッチを行います。

続く暗示Hパートは補習授業(約10分)。
先ほどの講義で勉強した成果を彼女のおまんこで実際に試します。

「すごい いっぱいびゅくびゅくって 先生の 中で動いてます」
プレイをSEX一本に絞り込み艶めかしい喘ぎ声を時間いっぱい漏らす抜き重視の作りです。
そして終盤にはカウントを連続で数えて1分間に6回もの射精指示を出すハードな面も持ってます。
実際にやるのはさすがに無理でしょうからどれかに合わせて1回抜くのが妥当です。

このように、先生と生徒が愛し合う様子をできるだけエロく描いたエッチが繰り広げられてます。
催眠つきの抜きボイス
催眠であれこれコントロールするのではなく、催眠をかけてから普通のエッチをする作品です。

澄未香は2人の関係を崩さずに主人公と気持ちよくなろうと
放課後の保健室で特別授業をするのを名目に癒しの催眠を施します。
そしてその後は催眠からほぼ離れてストレートに彼の体を求めます。

深呼吸やメトロノームを軸に据えた催眠、ちゅぱ音と喘ぎ声をたっぷり鳴らすエッチ。
催眠音声と同人音声の特徴をほぼ均等に受け継いだサービスに仕上げてます。

催眠音声は性質上どうしても純粋なエロさが不足しがちです。
だからサークルさんはわざとこういう作りにされたのかもしれません。
声の質感、位置、距離がバッチリで目を瞑って聴けばすぐそばにいる感覚が味わえます。

ですが催眠音声である以上やはり技術をいかに有効活用するかが一番のカギになります。
その観点でいくと正直厳しいです。
残念ながら今の作りでは時間をかけてわざわざ催眠誘導した意味がありません。
エッチに入っても引き続き無意識に働きかけてこそ催眠音声のエッチは成り立ちます。

絶頂シーンは7回。
ちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:逢坂成美さん
総時間 1:10:41

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は4点。
70分で500円とコスパがいいので+1してあります。

2018年9月25日まで50%OFFの250円で販売されてます。

心身をリラックスさせる自律神経訓練法 教習音源

サークル「オフィス リグーシカ」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、催眠音声でも結構使われてる自己催眠法「自律訓練法」を
お姉さんのガイドに従い実際にやりながら身につけます。

彼女が聴き手を催眠状態に誘導するのではなく
自分で催眠に入る方法を伝授するトレーニング要素の強い内容になっており
簡単な説明やイメージを交えながら標準訓練の流れをひとつずつ丁寧に説明します。
自律訓練法をわかりやすくレクチャー
お姉さんに自律訓練法のやり方を教えてもらうお話。

「では 自律訓練法の注意点についてお話します」
お姉さんは穏やかで透き通った声の女性。
自律訓練法の概要や注意点を手短かに説明すると
楽な姿勢になり早速その流れを実際にやりながら説明します。

本作品は20世紀にドイツの精神科医シュルツが考案した自己催眠法である
自律訓練法の習得を目的にしたトレーニングボイス。
彼女が10分程度の短い時間を使ってその流れや催眠に入るコツを伝授します。

音声を聴くだけで催眠に入れるわけではありませんから厳密に言えば催眠音声ではありません。
しかし彼女に教わったことを繰り返し実行することで入りやすくなるのも事実です。
仕事の休憩時間や就寝前など空いた時間を使ってやるといいリフレッシュになるでしょう。
2分、5分、11分の3パターンが用意されておりどれかひとつを自由に選択できます。

今回教わる自律訓練法の標準訓練は至ってシンプル。
手足が重い、手足が温かい、心臓が静かに打ってる、呼吸が楽になる、お腹が暖かい、額が涼しい
以上6個の暗示を順番に復唱するだけです。
誰でも暗示を暗記できるようにどれも簡潔な表現を心がけてます。

「手足に 重い布団が乗っているのをイメージしましょう 手足がずーんと重い 手足がずーんと重い」
ただそれだけでは面白くないだろうということで冒頭にちょっとした心得を話したり
軽いイメージを交えてよりやりやすくする工夫をしてます。

各暗示は3回程度言うだけですが心の中で復唱してみると少しは効果があるかもしれません。
教習音源の名の通り彼女は終始淡々とした表情で進めます。

このように、自己催眠法の習得だけを見据えたコンパクトなサービスが繰り広げられてます。
極めてシンプルな作品
自律訓練法の流れをストレートに教える筋の通った作品です。

お姉さんは主人公が自分自身に催眠をかけられるようにしようと
ストーリー性を一切持たせず最初から最後まで冷静に自律訓練法のやり方をレクチャーします。
そして流れをざっと説明した後は3パターンの音声を好きに選んでもらい繰り返し練習します。

タイトル通りの事をするトレーニング色の強い作り、本題以外のことは一切やらない割り切った内容。
目標に向かって一直線に進む非常にわかりやすい作品になってます。

自律訓練法自体は有料、無料を問わず催眠音声でそれなりに使われてます。
ですがその多くは女性が暗示を入れて誘導するタイプで本作品とは作りが根本的に違います。
この作品がやることは自分で催眠に入るきっかけを与えてくれるところまでだということをご了承ください。

個人的に気になった点はふたつ。
彼女の話すペースが全編を通じて速くセリフごとの間も短いことと
5分や11分のバージョンで第1公式から第6公式を数回ループさせてることです。

前者は作品のコンセプトを考えればもっと緩やかに話したほうが
落ち着いて聴けるし飲み込みやすいと思います。
癒しがテーマの作品で雰囲気が慌ただしかったら本末転倒ですからね。

後者はそれぞれの時間を使って第1から第6公式までを1回やるのではなく
3分程度をかけて第6公式まで終えたら再び第1公式に戻り最初からやるのを繰り返します。
これだと暗示が飛び飛びになってあまり効果が見込めません。
例えば11分なら1分30秒くらいで均等に分けて暗示を厚めに入れたほうがいいでしょう。

シンプルな内容でありながら作りに粗さが見られることを踏まえて
今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:水城結衣さん
総時間 26:26

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2018年9月25日まで30%OFFの280円で販売されてます。

催眠音声『少年嗜好症』僕達はギムナジウムへ通う男の子

サークル「恋煩い」さんの催眠音声作品(女性向け)。

今回紹介する作品は、少年だけが通うギムナジウムを舞台に
そこのルームメイトと甘くエッチなひと時を疑似体験します。

催眠パートの後半に自分が少年になるイメージをしたり
エッチはおちんちんやアナルを責められながら合計2回の絶頂を迎えるなど
ボーイズラブをテーマにした特殊なサービスが楽しめます。
少年たちの園で過ごす甘美な時間
少年に催眠をかけられエッチするお話。

「おじゃましていいかな?」
少年は中性的で落ち着いた声の男の子。
主人公の部屋にやって来て男の子になってみたいかを確認すると
ギムナジウムのことを軽く話してからそこに向かう催眠をかけ始めます。

本作品は思春期あたりの少年になりきって気持ちよくなることを目的に
彼がおよそ80分に渡ってそれに沿ったエッチな催眠を施します。
ボーイズラブがテーマになってるのを受けて物語の中盤から少年化の誘導が始まり
それ以降は少年同士でエッチする
独特な展開になってます。

男性向けで女体化する作品はかなりありますが
女性向けでこういうアプローチをする作品を私は初めて聴きました。
彼も多くの聴き手が少年気分に浸れるようにイメージ力を膨らませながらゆっくり進めます。

催眠は2パート29分間。
最初の「誘導2」パートは少年化を無理なく受け入れられる環境づくりを見据えて
大きく深呼吸したり全身をパーツごとに脱力して心身をリラックスさせます。

「目を閉じたまま 目の周りに、瞼にぎゅっと力を入れてごらん。ギューっと力を入れて よし、瞼の力を抜いて」
深呼吸は吸う/吐くタイミング、脱力はどこにどれくらい力を入れるか丁寧に説明してくれてやりやすいです。
催眠音声では息を吐いた直後や力を脱いた直後に暗示を入れることが多いのですが
本作品はそれを敢えて控える代わりにきめ細かな指示を出してくれます。
12分くらい続けますから次第に意識がぼやけたり体がぽかぽかしてくるでしょう。

「ゆっくり、深く沈んでいく。沈んでいくのはとても心地よいことだ。体の力はぜーんぶ抜けて、とてもふわふわしていて 僕の声だけが自然に頭に染みこんでいく」
そしてパート終盤に差し掛かると一転して暗示の量が大幅に増えます。
「深い」「沈む」といった言葉を単調に感じないよう散りばめて入れ
そこにカウントも交えて気持ちいい催眠の世界に導きます。
メリハリのある誘導と言いますか、暗示の使い方や入れ方が上手で催眠に入りやすいです。

続く「深化1」パートは本題の少年化。
エッチの舞台となるギムナジウムの寮の様子を軽くイメージしてから
彼の言葉に従って変化後の自分の容姿を思い浮かべます。

「サラサラな髪の毛 まつげの長い綺麗な瞳 まだ声変わり前だろうか、それとも少しかすれた声だろうか」
細く長い手足、まだ幼さの残る綺麗な顔、そして股間にそそり立つ男性器。
男性と女性の特徴を併せ持った容姿にして女性でも受け入れやすくしています。
具体的な描写を避けてあるので音声を聴く前に自分がなりたい少年像をイメージしておいたほうがいいでしょう。

催眠誘導してから少年化に進むストレートかつテーマ性の強い催眠です。
聴き手をギムナジウムに通う少年に変えることを目的に
深呼吸から入って漸進的弛緩法、カウントを交えた深化、そして少年化と
後になるほどその感覚が強くなるようゆっくりじっくりリードします。

私は女性じゃないので実際に少年になりきれるかはわかりませんが
そうなるために有効なアプローチをしてると見ています。
イメージ重視なのでそれが得意かどうかでやりやすさに差が出るんじゃないかなと。
愛のこもった甘いエッチ
エッチシーンは2パート33分間。
プレイは乳首責め、耳舐め、手コキ、フェラ、キス、アナル責め、アナルSEXです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「どうしたの?ポカンとした顔をして。ふふふ、おかしいな。今日は二人だけの秘密の日だって事、忘れてたの?」
催眠を使って主人公を自分のルームメイトへ変えた少年は
今日が2人でエッチする特別な日だと教えてから胸元のリボンを外します。

エッチは終始彼がリードします。
前半の「深化2」パートは雰囲気作りを重視した比較的ソフトなプレイ(約13分)。
衣服を脱がせながら乳首、耳、おちんちんを小まめに責めて1回目の射精に導きます。

「僕の舌が君の耳を、首筋を何度も舐めあげる。ぺろぺろぴちゃぴちゃと音を立てながら舐められる。君は気持よくてビクビク身体を震わせる」
彼らはこれ以前にもエッチを何度も繰り返しておりほぼ恋人同士の関係です。
だから彼も流れるような手つきで主人公の性感帯を刺激しつつ
感覚支配の暗示を入れて聴き手にも同じ快感を与えます。
淫語以外のエロ要素は敢えて入れずイメージを膨らませて気持ちよくします。

「恥ずかしがらなくていい。気持よくなれば、ここが大きくなるのは自然な事だよ。大丈夫、ほら僕のものも、後ろから君の腰にあたってるだろ?」
こちらが完全な受け身になりますが意地悪なことは特にしてきません。
我慢汁ですっかり濡れたおちんちんをしごきながら彼自身も興奮してることを教えます。
心の繋がりも持たせて進めるおかげで雰囲気は終始あまあまです。

肝心の絶頂シーンについてはカウントしながら追い込み暗示を小まめに入れ
0と同時にそれの連呼+指を何度も鳴らして刺激を与えます。
射精の快感そのものを暗示で伝えてはきませんからドライっぽいアプローチですね。
「いっちゃえ」などかなりぼかした表現が使われてます。

後半の「暗示」パートはより踏み込んだプレイ(約20分)。
先ほどの射精で汚れたおちんちんをまずは口で綺麗にして復活させ
今度は指やおちんちんを使ってアナルを責め始めます。

「じゅぷ、じゅぷって中指が深くめり込んでいく。えぐるように君のおしりを犯してる。僕が指を動かす度に、君のお尻は熱くなる」
主人公が痛みを感じないよう1本→2本と徐々に圧力を上げ
さらに優しい言葉をかけたりおちんちんも手でお世話する愛のこもった責めです。
途中で感度を段階的に上げるアプローチもされていたりと
できるだけ綺麗な形でボーイズラブを描き気持ちよくします。

このように、同性同士が心と体を深く繋げ合う穏やかなエッチが繰り広げられてます。
珍しい切り口の作品
催眠、エッチいずれも独自性の強い作品です。

少年は主人公にボーイズラブの醍醐味を存分に味わってもらおうと
まずは催眠を通じて自分と似た容姿の少年へ変え
それから男女がするのとは違うプレイをして愛情を育みます。

少年になりきってエッチする変わった展開
イメージを膨らませながら暗示で気持ちよくする手堅い作り。
やや癖のあるテーマをできるだけ受け入れやすい形で提供してくれます。

内容的にボーイズラブが注目されがちなのですが、私個人はそれを下から支える催眠に感銘を受けました。
リラックスと深化の方法が大きく違って面白いですし
少年化もある程度聴き手の自由に任せてイメージしやすくしています。
容姿だけでなく内面の変化にも触れていたらもっとリアルになってたかもしれません。

絶頂シーンは2回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:和登のえるさん
総時間 1:23:19


体験版はこちらにあります

追記
2018年9月25日まで50%OFFの350円で販売されてます。

インプの無限湧きバグ催眠

サークル「F・A・S」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、体験型RPGのデバッグに応募した男性が
その世界に住むインプに責められ連続絶頂する様子を主観的に味わいます。

デバッグルームに向かう様子に技術を絡めて段階的に落とす催眠
最大3人のAIがカウントを数えながら交互に語りかけて何度も追い込むエッチなど
作品の特徴を色濃く反映させた流れのあるサービスが楽しめます。
不安定なゲーム世界を冒険
RPGのデバッグに参加しインプに弄ばれるお話。

「こんばんは デバッグ募集広告に応募された方ですね」
お姉さんは甘く可愛い声の女性。
ナイトメアクエストというゲームのデバッグに応募した主人公を迎えると
簡単な手続きを済ませてからヘッドセットを装着させます。

本作品はリリース前の不安定なゲーム世界を探索することをテーマに
彼女やゲーム内のナビゲート役を務めるAIが一風変わったエッチなサービスをします。
今回するテストの内容は弱いモンスターとの模擬戦闘とアイテム使用時の効果確認なので
こちらからは一切攻撃せず相手の責めをひたすら受け続けて気持ちよくなります。

「泉の周りを 子供が小型のモンスターと楽しそうに追いかけっこしています」
全編を通じて言える大きな特徴は「ゲームらしさ」
催眠パートは主人公が現実世界からゲーム世界へ移動し
その深部にあるデバッグルームにたどり着くまでの様子にイメージや技術を絡めて行い
エッチもインプのフェロモン攻撃を回復アイテムで凌ぎます。

ちなみにこの作品は.␣(Dot-Space)さんと共同で制作されたそうです。
初めてコラボした「催眠迷宮 -Hypnotic Maze-」もゲームを題材にしたお話でしたし
あちらが楽しめた人はこちらも似た感覚で楽しめるでしょう。

F・A・Sさんと言えばバックで流れる音楽の存在も忘れてはいけません。
今作ではゲームっぽさが出るようにポップな曲調を積極的に使用してます。
物語、イメージ、音楽といった各要素を組み合わせてRPG世界をリアルに作り上げてます。
AIに導かれて暗く気持ちいい世界へ
催眠は2パート42分間。
最初のリラックス運動パートは本編で催眠にすんなり入れる準備として
肩幅くらいに足を広げて立ち上がり、そのまま自分の好きなペースで腕をぶらぶらさせます。
サークルさんの過去作を視聴済みならお馴染みのシーンですね。

「腕を揺らせば揺らすほど 深い 深い催眠に入る準備ができるんでしたよね」
そしてお姉さんは早速BGMを流しながら心身がリラックスする暗示を適度に入れます。
今回の音楽は過去作で使ってたものと違い水滴の音を多めに鳴らしてました。
本編に関するちょっとしたお話もしたりとのんびりペースで心身をほぐしてくれます。

続く本編パートはいよいよナイトメアクエストの世界に旅立ちます。
楽な姿勢で横になり、カウントに合わせて全身に力を入れる→抜くを数回繰り返してさらに脱力してから
メインの語り手をAIにバトンタッチしゲーム開始のポイントへと降り立ちます。
AIの声はお姉さんを若干幼くした程度で声質がほぼ同じなため、本レビューでもセリフの色を変えずにおきます。

「ゲーム内の季節は 少し肌寒い風が吹く春の初め 頬を撫でる感覚が心地良いですね」
この世界は中世ファンタジーがモチーフになってるらしく
緑豊かなフィールドや人々で賑わう城下町が存在します。
その様子をAIがわかりやすく語りながら軽い暗示を入れて没入感を高めてくれます。
作品固有のイメージは特にないのでゲームをやってる人なら思い浮かべるのは簡単でしょう。

しかし彼の目的はあくまでデバッグ。
ゲーム世界の雰囲気を掴んだ後は予定通りデバッグルームへ移動します。
特殊な方法を使って通常では行けないフィールドに入り込み暗い空間を進んでいくのですが
ここでは「落ちる」「空っぽ」といった深化と関連性のある単語を多めに盛り込み催眠状態をさらに深めます。

「エレベーターが一気に下層に下りるように 意識がふっと途切れて空っぽ」
短い間に浮遊感と落下感を与えたり、比喩を用いて感覚を直感的に伝えるなど
より多くの聴き手を催眠の世界にすんなり導こうとする工夫が見られます。
リラックス運動やイメージを通じて十分暗示を受け入れやすくなってるでしょうから
このシーンで全身がずーんと重くなる、意識が急激にぼやける人が結構いると思います。

そうやって準備をしっかり整えた後ようやくデバッグ作業が始まります。
インプと呼ばれる弱小モンスターをAIが召喚し攻撃を受けるだけのシンプルなテストなのですが
開発中のゲーム特有のバグが発生してトラブルに巻き込まれます。

「(右)早速正気を失い始めてるのかもしれませんね (正面)だってほら もう頭がクラクラして…おや?」
ここからはAI自身の人数が最大3人に増えるのが面白いですね。
左右中央に陣取りコンビネーションの取れたセリフを投げかける三つ子形式へと変わります。
インプ自体はこれといったセリフをしゃべらずバックで歌声を上げるだけです。
腕力がない代わりにフェロモンを放つ特性を持っており、それで心を責めてこちらの力を奪います。

ゲーム開始からデバッグに入るまでの様子に技術を絡めた独自性の強い催眠です。
聴き手をRPGの世界に案内し、インプに誘惑されてる気分を味わわせることを目的に
リラックス運動から入って漸進的弛緩法、イメージを使ったさらなるリラックスと深化
そして三つ子でのデバッグと物語の流れに沿って少しずつ確実に引き込みます。

時間が十分に取られてるおかげでどのシーンも作りがしっかりしており
技術についても数多くの名作を生み出されてるだけあってレベルが高いです。
F・A・Sさんは他の作品でもそうなのですが誘導時に結構保険をかけてきます。
だから途中で多少上手くいかなかったとしても最後には十分な深さに入れるでしょう。
増え続けるインプの歌声に包まれて
エッチシーンは37分間。
プレイはインプに誘惑される、回復アイテムを使う、おちんちんの愛撫、首輪の装着です。

回復アイテムを使う際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

中央「このように インプたちは 獲物を深い深いトランス状態に導いて 巣へ連れ帰って そのまま廃人にしてしまうのです」
インプのフェロモンを受け続けてすっかり発情した主人公は
デバッグルームから森のフィールドを経由し彼女たちの住む巣へと移動します。

エッチは引き続きAIたちがプレイの様子や得られる快感を細かく実況します。
最初の10分間は感度上昇を見据えた移動シーン。
森の中にある大木にくり抜かれた大きな穴から巣へ入り
そこにいるインプたちのフェロモンを浴び続けてHPをごりごり削られていきます。

「(左)まるで下半身を舐め上げられているような (右)ゾクゾクした快感 (左)気持ちよく吸い取られるたび (右)生命力が失われるたび (左)快感が加速して (右)気持ちよさがどんどん大きくなっていく」
ナイトメアクエストではHPが0になると絶頂するシステムになっており
AIもカウントを数えてそれが徐々に減ってることを教えつつより気持ちよくなる暗示を小まめに入れます。
インプたちは歌を歌ったりおちんちんを軽く撫でるだけなのでプレイ自体はかなりソフトです。

肉体への刺激をほとんど与えずにイかせる催眠音声ならではの責めですね。
私が聴いた時は数が減るたびにおちんちんの根本や先端がムズムズ、ヒクヒクし続けてました。
催眠がしっかりしてるおかげでエッチシーンの暗示もがっつり入ります。

無限湧きバグを活かしたプレイが始まるのはその後から。
このままではゲームオーバーになると判断したAIが回復アイテムを使って絶頂をギリギリで阻止し
さらにレベルを上げ(=HPの最大値を上げ)て気持ちいい状態をより長く味わわせます。

「(左)インプの柔らかい手や足が (右)おちんちんに絡みつく (左)おちんちんが甘く溶けるような感覚」
「(右)おちんちんのビクビクが止まらない (左)震えながら何度も何度も (右)快感の波に飲まれて壊れちゃお」

最初の時よりもカウントの総数が上がり、それと並行して最中の暗示もさらに増えます。
寸止めを繰り返した後に迎える1回目の絶頂はとても強烈でした。
しかもその後にはおよそ5分間で30回近く連続絶頂するハードなシーンも用意されてます。

具体的にどうやるかは聴いてのお楽しみとさせてください。
大きくガツンと来る感じだった1回目の絶頂とは違い
弱めの絶頂感が継続するマルチプルオーガズムっぽい内容になってます。
同じドライでもイかせ方が大きく違うのでそれぞれに異なる快感が味わえるでしょう。
体力をそれなりに消耗する可能性があることをご了承ください。

このように、未完成ゲームのバグを利用した比較的ハードなエッチが繰り広げられてます。
イレギュラーを有効活用してる作品
本来なら起こってはならないことを敢えて利用する面白い作品です。

お姉さんとAIは現在開発中のナイトメアクエストをより完全な形にしようと
主人公に依頼してゲーム世界に入ってもらい、そこでザコ敵との戦闘やアイテムの使用を指示します。
そしてその中に催眠の技術を盛り込むことで聴き手にも同じ感覚を体験させます。

ゲームのデバッグをしながら気持ちよくなる珍しい展開
その世界を冒険するイメージで没入感を高める親和性の高い催眠
折り重なる声や歌声に包まれて寸止めや絶頂を繰り返すややM~M向けのエッチ。
作品が持つ良い部分を余すことなく活用した完成度の高いサービスに仕上げてます。

催眠、エッチいずれも高品質なのですが私個人はどちらかと言うと後者のほうが印象に残りました。
ゲームのシステムをそのまま使って絶頂感を巧みにコントロールしてます。
長めの時間を取ってその間ほぼノンストップでイかせる作品はまだまだ少ないですし
ハード路線のドライ作品が好きならかなり満足できるのではないでしょうか。
人によっては視聴後に軽い筋肉痛を起こすくらい強めの負荷がかかります。

あとはバグの扱い方が秀逸です。
インプを召喚するはずがAIのほうを増やしてしまったり
本来とは違うテストに移ったりとハプニングが色々あって面白味に溢れてます。
純粋に面白いから熱中できて催眠にすんなり入れる、と良い流れが出来上がってます。

絶頂シーンはおよそ30回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえてサークルさんでは7本目の満点とさせていただきました。

CV:そらまめ。さん
総時間 1:40:20

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

東方入眠抄18  依るべない夜と少女の依物語

サークル「Re:Volte」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、東方シリーズに登場するキャラ「依神紫苑」が
偶然出会った男性に寄り添いながら安眠できる催眠をかけます。

催眠自体は深呼吸や分割弛緩といったオーソドックスな技法を施し
その中に若干ネガティブな印象がする暗示を入れて貧乏神らしさを出してます。
貧乏神にできる精一杯のおもてなし
依神紫苑に催眠をかけられ眠りにつくお話。

「あ、あの…こんばんわ ごめん 急に部屋に入ってきたからびっくりさせちゃったかな?」
紫苑は優しくて大人しそうな声の女の子。
主人公の家に突然現れ取り憑いてしまったことを謝ると
自己紹介してから不眠に悩んでる彼を安眠へと導きます。

本作品は自分と相手の両方を不運にする能力を持つ彼女が
眠れなくて夜に出歩いてる彼と偶然出会い、そのまま家まで付き添い悩みを聞いてあげます。
原作では貧乏神をしてるだけあって声が弱々しく態度も控えめに振る舞うことが多いです。

東方入眠抄シリーズは登場人物の特徴や能力を使って催眠をかけるのが特徴です。
本作品もその例に漏れず、主に後半シーンで彼女らしいアプローチをかけてきます。
ただ貧乏神を全面に押し出すと却って安眠しにくくなることを踏まえて
他のシリーズ作品よりも表現に気を遣ったり抑えて進めます。

一風変わった安眠音声といった感じですね。
彼女も終始優しく健気に振る舞うので雰囲気は穏やかです。

催眠はおよそ30分間。
一番最初の「催眠準備」パートは催眠に入りやすい環境づくりを目的に
深呼吸したり体をいくつかのパーツに分けて順番に脱力します。
催眠開始後は彼女の声に若干のエフェクトがかかります。

「吐き出す時に 体の中から 黒いもやのようなものが出ていくイメージ」
「右手に溜まった淀みが 呼吸と一緒に口から出ていく」

そして彼女は早速「悪いもや」「淀み」といった若干ネガティブな単語を取り入れ
それらが体から出ていくイメージを通じてリフレッシュさせます。
脱力の際はそれぞれで短いカウントを数えながら暗示を入れてくれますし
声や雰囲気も相まってそれなりに重さを感じます。

続く「催眠パート」は深化。
彼の許可をもらってから彼女が右手に添い寝し、体を密着させながら意識の力をさらに弱めます。

「とくん とくん 心 温かくて ドキドキしているよ とくん とくん 君の心が 少しずつ無気力になっていく」
「ぐにゃり 意識が 感覚が すべてのものが形を失う」

ここでは彼女の能力を使ってやる気を奪い眠らせようとするのがいいですね。
十分脱力した時に感じるぼやけた感覚を水に例え、自分の存在が希薄になったようなイメージもさせます。
カウントを数えながらゆっくり暗示を入れる流れも緩やかで取り組みやすく
いい気分に浸りながら頭を空っぽにして聴くことができます。

「幸福の中で 君の存在がさらに希薄になって 消えてしまうよ 大丈夫 私が一緒にるから 意識が消えるまで 私たちはずっと一緒」
そして最後の「憑依」パートではお互いの心をさらに近づけます。
彼を支配するのではなく一体化する方針ですから融合と言ったほうが妥当かもしれません。
前のパートを引き継いでより意識を希薄にし、それと同時に彼女がすぐ近くにいる安心感を与えます。
中盤から流れるピアノBGMもその場の雰囲気に合ってて良いです。

このように、多少のイレギュラー要素を交えて眠らせるやや珍しい催眠が繰り広げられてます。
物悲しさを含んだ作品
貧乏神から連想されるイメージを取り入れて癒す挑戦的な作品です。

紫苑は自分が貧乏神だとわかってるのに受け入れてくれた主人公をぐっすり眠らせようと
できるだけ不幸にしないよう気遣いながら少しずつ心と体の距離を縮めます。
そして催眠技法はスタンダードなものを用い、最中の暗示で彼女らしさを出します。

癒しや安眠にあまり適さないキャラがお世話する展開
リラックスできるアプローチを多めに用意し、その中にちょっぴりネガティブな描写を込めた催眠。
あまあまなキャラがする一般的な安眠催眠との違いを出して物語を進めます。

「君のことを大事に思えば思うほど 私は君のそばにはいられない」
彼女は持って生まれた能力のせいで他人となかなか一緒にいることができません。
だから彼に深く感謝しつつできるだけ早くこの場から離れようとします。
この矛盾した思いが聴き終えた時にちょっぴり切ない気分を与えてくれます。

ストレートに眠らせておしまい、ではないところが本作品の個性であり魅力です。
明るいタッチのおまけ音声が用意されてますから寂しいと感じたらそちらで口直しするといいでしょう。

催眠はシリーズの過去作と技法を特に変えず暗示の表現で違いを出してます。
露骨にネガティブな言い回しにすると安眠を阻害してしまうためかなり気を配ってる印象を受けました。
安眠音声として十分な品質を持ってると言えます。

おまけは2種類の音声と4種類のBGMです。

CV:稲垣麻木さん
総時間 1:05:30(本編…36:32 おまけ…28:58)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

CONTRACT~未知との契約~

サークル「誰得催眠製作所」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、可愛いけど得体の知れない女の子が
催眠を交えた契約を結び普段と違うタイプの快感を与えます。

某魔法少女アニメを元ネタにした珍しいサービスが行われており
催眠パートでは特殊な宝石の力を借りて心身をスライムのようなどろどろの存在に変え
エッチは体の内側に指を入れて愛撫したり、全身を飴のように舐めてドライオーガズムへ導きます。
グロい描写は一切ありませんからこういうシチュが余程苦手でなければ問題なく聴けるでしょう。
僕と気持ちいい契約をしようよ
白いアレに催眠をかけられ食べられるお話。

「やぁ こんばんは 突然だけど君 僕と契約しようよ」
白いアレは少年っぽい話し方をする可愛い声の女の子。
主人公に突然契約しようと言い見事に断られると
気を取り直して今回結ぶ契約の内容を話します。

本作品はオナニーやSEXといった一般的なエッチとは違うタイプの快感を味わってもらおうと
彼女が50分程度の時間を使ってテーマに沿った催眠とエッチをします。
サークルさんご自身が「魔法少女まどか☆マギカをモチーフにした」とほのめかされてるだけあって
彼女のセリフや作中に登場するイメージに原作を匂わせるものが使われてます。

といってもアニメを観てないとわからないほど込み入った内容ではありません。
私はwikiを軽く読んだ程度のにわかですが問題なく催眠にかかれたしイけました。

「僕は君を気持ちよくする それに対して君は僕を気持ちよくする」
今回結ぶ契約は簡単に言えば快楽の交換。
彼女は催眠を通じて癒しやドライオーガズムを与え
その見返りに彼からエネルギーや支配による満足感を得ます。

催眠は割とスタンダードなのですがエッチが非常に特殊でして
全身をゼリー状にしてから指を突っ込み内側から刺激するとか
最後のほうには飴玉に変えて口に放り込み舐めて消化するプレイが登場します。


ですが他の催眠音声と同じく痛みや苦しみを与える描写は一切ありません。
催眠に入った時に感じるとろけた感覚をそれらに例えて絶頂させるマイルドなアプローチがされてます。
誰得催眠製作所さんはこれ以外にも「あいすくりーむになっちゃう催眠音声。」など
イートミーを題材にした作品を制作されており、聴き手に抵抗や不安を与えないことに大変気を遣ってます。
心身をとろかす癒し重視の催眠
催眠はおよそ30分間。
契約の内容を不審がる主人公に「1回体験してダメなら破棄して構わない」と言って安心させた後
仰向けに横になって目を瞑りまずは深呼吸の合図を出します。

「呼吸を続けていると だんだん だんだん 体がぽかぽかしてくるね」
まだ始まったばかりなので暗示はそこまで多く入れず純粋なリラックスを促します。
そして合間に普段通りのボクっ娘口調で体が温まってることを実感させます。
今みたいな暑い時期だとあまりピンと来ないかもしれませんが
特定の部位が妙に火照るとかヒリヒリする人がきっといると思います。

お次は彼女が持ってる特殊な宝石で彼の心身を徐々に溶かします。
右腕→左腕→右脚→左脚→心とパーツごとに脱力の暗示を厚めに入れる分割弛緩形式で
そこに作品独自のイメージを盛り込んで催眠状態をスムーズに深めます。

「触れたところから ゆっくりと力が吸い取られていく 疲労が抜けていく とっても温かい とっても心地いい」
「温かい光に 意識がだんだん溶けていく ぽかぽか ぽかぽか なんだかとっても気持ちいい」

ストレートに「体が溶ける」と言ったら多くの人が拒絶反応を示すことを踏まえて
「力が吸い取られる」「重くなる」など受け入れやすい表現に変えて丁寧に進めます。
またそれと同時に光から連想される温かさも強化して心のほうも気持ちよくします。
「ぽかぽか」「とろとろ」といった擬声語を適度に盛り込みリズムと柔らかさを与えてるのも良いです。

15分くらいかけてじっくりやってくれますから
後になるほど手足の重さや意識のぼやけを強く感じるでしょう。
お疲れな人が聴いたらそのまま寝落ちしてしまうほど癒しのパワーが強いです。

「どこからか なんだかあまーい匂いが漂ってくる 嗅いでいるとなんだかとっても幸せで とっても気持ちいい香り」
そうやって十分な深さの催眠状態に誘導した後、ようやく本題のスライム化を始めます。
内容はこれまで育ててきた体の温かさをエッチな熱に変えるというもので
催眠特有の心地よさや感覚のぼやけを溶ける感覚に当てはめ
さらに嗅覚にも働きかけて催眠の入り具合をチェックしつつ普段とは違う自分になったことを実感させます。

自分がアイスクリームになったのをイメージするとやりやすいのではないかなと。
私が聴いた時は手足がなくなったかのような不思議な感覚が味わえました。

技術を手堅く行使して存在を曖昧にするテーマに沿った催眠です。
聴き手の心と体をどろどろに溶かすことを目的に
深呼吸、宝石のイメージを交えた分割弛緩法、そして感度上昇&スライム化と
たっぷり癒しながらスライムになるようゆっくり進めます。

技術自体は割とスタンダードなものばかりですが
全体の流れ、暗示の表現と入れ方、イメージの使い方など運用面がとても優れてます。
「どんなヤバイことをされるんだろう?」と思って聴いたらあまりのマイルドさに拍子抜けするでしょうね。
エッチを存分に楽しむための環境づくりをしっかりやってくれます。
内側からいじられる快感、食べられる快感
エッチシーンは22分間。
プレイは体を舐められる、指による全身愛撫、指で転がす、食べられるです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「軽く舐められるだけでも ゾクゾク ゾクゾク感じちゃうんだよ ほら舐めてあげるよ」
入念な催眠で主人公の心と体をピンク色のゼリーに変えた白いアレは
いよいよ契約の最終段階にあたる特殊な快感をプレゼントします。

エッチは終始彼女に責められ続けます。
前半の9分間は体の愛撫を軸に据えたソフトなプレイ。
軽く舐めて感度の具合を確かめてから体内に指を挿入し、そのままかき混ぜて最初の絶頂へと導きます。

「ほら 指先が君の中でうごめいている ぎゅーっと押しつぶしたり 掻きむしるように指を動かしたり うねうねと指先をそよがせたり 指先を動かすたび 快感が広がる」
現実世界では絶対にできないタイプのプレイなので実況を多少詳しく挟みつつ
それによって得られる快感を暗示で伝える催眠音声らしい内容です。
乳首やおちんちんといった特定の部位を指定せず全身まるごと気持ちよくする感じですね。
私の場合はおちんちんと金玉のあたりがずっとゾワゾワしてました。
最後にカウントを数えてタイミングを取ってくれますから、ドライ慣れしてる人なら割とあっさりイけると思います。

残りの13分間は本作品の醍醐味にあたるイートミー。
スライムのまま丸呑みするのは難しいので再び宝石の力を使って小さく凝縮させ
その後口に放り込み舌と唾液で少しずつ消化します。

「ほら やわらかーい舌が 君の全身を舐め回す 全身をねっとりしたものが這い回っている ぬるぬると刺激されて とっても気持ちいい」
全身を柔らかく舐め回される快感、粘液に包まれる快感、そして溶けて吸収される快感。
前半に引き続きメリットを強調しながら柔らかい描写で進めます。
ちゅぱ音が多少流れますが性的快感よりも幸せイキに近い絶頂感を味わうでしょう。
明確な絶頂タイミングを指定せず時間内に聴き手が任意でイク作りになってます。

実際に聴いてみた感想ですが前半のほうがイキやすかったです。
多少変則的とはいえ後半よりも通常のエッチに近かったのが原因ではないかなと。
後半はプレイよりもシチュによる刺激がメインになってるのもあります。

このように、Mな人をターゲットにした独自性の強いエッチが繰り広げられてます。
まろやかな作品
聴き手にマイナスの印象を与えずに契約を結ぶアプローチが光る作品です。

白いアレは用心深い主人公に契約した時の特典を疑似体験させようと
催眠を通じてまずは心身をふどろどろに溶かし、エッチはその状況を引き継いでより気持ちよくします。
そして人々が抵抗を感じやすい要素を敢えて盛り込み、それらを柔らかく表現して受け入れやすくします。

「魔法少女まどか☆マギカ」の登場キャラやアイテムを使う奇抜な設定
癒し系の技術を厚めに行使しとろける感覚を味わわせる催眠
直接的なエロ要素を極力使わずシチュと暗示でイかせる個性的なエッチ。
サークルさんが元々得意とされてるプレイを同人らしいタッチで形にしてます。

誰得催眠製作所さんだからストレートなエロではないだろうと一応予想してましたが
実際はそれを上回る徹底した仮想プレイに仕上げてます。
この作品を聴いて勃起したり純粋に興奮する人はあまりいないのではないでしょうか。
でもスリルを孕んだシチュにゾクゾクし、その結果絶頂する人は一定以上いると思います。
責めの方向が違うだけでこれも立派なエッチです。

催眠はメインとなる分割弛緩法がとても入念で寝落ちしそうになるほど癒されます。
深い催眠に入りやすい作りなので催眠のトレーニングにも向いてます。
スライムになる感覚と脱力による感覚のぼやけを上手にリンクさせてます。

絶頂シーンは一応2回。
ちゅぱ音そこそこ、淫語と喘ぎ声はありません。

風変わりで聴きやすい作品です。

CV:霜月優さん
総時間 57:18

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2018年7月25日まで20%OFFの560円で販売されてます。

女教師のいいなり~メトロノームの音に合わせて~

サークル「みじんこ」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第34回目は知的で面倒見のいい女教師が
落ち着きのない生徒にエッチな催眠をかけてその改善を手伝います。

後になるほど集中力が高まるように誘導するのが特徴で
催眠はリラックスさせてからメトロノームの音を流してスムーズに深化させ
エッチはプレイをソフトにする代わりにイメージと暗示を厚くして絶頂できる環境を整えます。
集中すれば雑音も気にならない
女教師から集中力が高まるトレーニングを受けるお話。

「やっと来たわね・・・呼び出されたらすぐ来る事。で、どうして呼び出されたか解ってるわよね?」
先生は上品で整った声の女性。
授業中の態度が悪い主人公を個別に呼び出すと
集中力不足が原因と判断し、それを改善するトレーニングをします。

本作品は気が散って物事に集中できずにいる人を救済することを目的に
彼女がおよそ60分に渡ってそれに合ったサービスをします。
気持ちよくなるためにエッチするのとは違うためトレーニング要素が割と強く
催眠、エッチいずれも独自性の強い方法でわかりやすくリードします。
台本担当が本家の双子シリーズを手がけたListenable pharmacyさんなだけあってレベルが高いです。

「雑念に気付かなければ、それは雑念にはならないの。だから、もし雑念に気付いても、気付いた段階でまた無視してしまえば気付かなかったと同じ事」
「集中」と聞くと自分の意思で何かを見据える行為のように思えるでしょうが
本作品における集中はそれ以外の物事がまったく気にならない状態を意味します。
趣味に没頭してると他人に声をかけられても気づかないあの感覚です。
彼女の指示に従ってれば自然とそうなりますから楽な気持ちで聴いてみてください。

催眠は2パート20分30秒間。
最初の催眠導入パートはソファやベッドへ仰向けに横になって目を瞑り
大きく数回深呼吸してから先生の言葉に耳を傾けます。

「吸う時に頭の天辺から脚の爪先まできれいな空気が行き渡る。吐く時にあなたの中の嫌な事を全部息に乗せて吐き出す」
そして彼女は早速スムーズにリラックスできるコツを教えながら丁寧に進めます。
暗示も多少は入れてきますけどこのパートは心構えを身につけることをより意識してます。
言われたことを何となくこなすよりも、その意味を理解して取り組んだほうが効果的ですからね。
そうやって彼女の言うことをすんなり受け入れられる環境も整えます。

本格的な誘導をするのは次の深化誘導パート。
タイトルにもなってるメトロノームの音をバックで鳴らしながら簡単なトレーニングをします。

「このメトロノームの音を聴いていると、あなたはさらに深く、深く集中した状態に入って行くわ」
トレーニングの内容は瞼の裏に光の点をイメージし上下左右に動かしたり
音に合わせて彼女が指定した分の数を口に出す、もしくは心の中でつぶやきます。
両方に共通して言えるのは音を使ってリズムを取ってるということです。
そうすれば自然と音に集中できてそれ以外のことが気にならなくなります。

「先生の声を、意識から、追いやって、無意識で、聴いていると あなたの、気付かない、うちに、さらに深く、深く、深く催眠に、落ちて、いく」
特に数字を数えるトレーニングは音に合わせてセリフを小まめに区切る独特なアプローチがされてます。
音に集中すればするほど全身がずーんと落ちたり頭がくらくらするのを感じるでしょう。
聴き手を集中させることで心の隙を意図的に作り、そこへ暗示を叩き込む本作品らしい深化です。

集中力の向上だけを見据えた風変わりな催眠です。
聴き手の心を落ち着け何かひとつの物事に熱中できる状況にするのを目的に
深呼吸から入って集中に関するコツを教え、さらにメトロノームを使ったトレーニングに進みます。

全体的に指示や説明が丁寧でわかりやすく、集中に関しても順を追って少しずつ高めます。
どのシーンも彼女が必ずどれに集中すべきか言ってくれますから
その通りにしてるだけで没入感や催眠の感覚が強くなるのを実感するでしょう。
リアルが慌ただしいせいで心が乱れてる人が精神統一するのにも役立つと思います。
先生の温もりを感じながら
エッチシーンは2パート23分間。
プレイはイメージによる体の愛撫、亀頭責め、SEX(騎乗位)です。

服を脱がせる際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「あなたの集中力が、先生の指の気配を、気配だけを捕らえると、眉間がかすか暖かく、むず痒くなっていくのを感じる」
メトロノームを使った催眠で主人公の気持ちを整えた先生は
そのまま指先を顔や上半身に近づけて熱と快感を送ります。

エッチは引き続きトレーニングしながら彼女がソフトに弄びます。
最初の「3時間目・性感イメージ誘導」パートでするのは体の愛撫(約16分)。
眉間、額、唇、首筋、鎖骨、喉に指先からエネルギーを送り込み
多少感度を上げた後で脇腹やおちんちんを優しく撫でます。

「集中して、集中して感じて。暖かくて、むず痒くて、ジンジンと気持ちいい感覚。その感覚がゆっくりと下がって行く、まぶたの向うにある先生の指先がゆっくり下がって行く」
そして彼女はここでも集中力の大切さを親切丁寧に教えます。
どこに指先を置いてるかを事前に教え、それから気持ちよくなる暗示を入れるので
自分がどこに集中すればいいかが手に取るようにわかります。

淫語やちゅぱ音といったストレートなエロ要素はあまり使わずイメージで気持ちよくする流れです。
催眠にしっかり入れていれば特定の部分がジンジン、ゾワゾワしてくるでしょう。

「ほぅら、おちんちんの先から頭の天辺まで一気に快感が走り抜ける。すごく気持ちいい。感じる。悶える。白い光が全身にあふれて、何も考えられない。全身がジンジン感じて、ビクビク震える」
それを最も実感しやすいのがパート中盤から始まる亀頭責め。
ズボンとパンツを脱がせてから亀頭を優しく撫でるかなりソフトなプレイなのですが
開始と絶頂時にカウントを数え、その前後最中に厚めの暗示を入れてくるおかげで一気に気持ちよくなれます。
集中力がどれだけ高まったかテストしつつご褒美をあげる本作品らしいプレイです。

もうひとつの「4時間目・性感イメージ誘導」はSEXがメイン(約7分)。
彼の痴態や反応を見て我慢できなくなった先生が自ら上に跨がりおまんこで再度の絶頂へ導きます。

「人間はね、言葉に出すと、例え嘘でもその言葉に心が引き摺られてしまうの・・・だから、本当の事を言えば、その気持は、その感覚はさらに強く、あなたに帰ってくるわ」
喘ぎ声は特に上げないものの、声の感じが前のパートより明らかに艶っぽくなり
腰を打ち付けながら彼にもっと気持ちよくなれるアドバイスをします。
教師と生徒が禁断の行為をするシチュもいいですね。
私が聴いた時は股間を中心に生温かい快感が断続的に流れてました。

ちなみにこのパートの絶頂はドライ、ウェットどちらでもいいそうです。
ドライを経験してる人はそのまま目指せばいいし、不慣れな人は普通にオナニーするのがいいでしょう。
ノーハンド射精をするには時間、内容いずれもパワー不足かなと。

このように、催眠で育ててきたものをそのまま活用するイメージ重視のエッチが繰り広げられてます。
優しく教えてくれる作品
M向けの要素を極力なくして弄んでくれる作品です。

先生は主人公に集中力の大切さをわかりやすく教えようと
まずはその心構えを説明したりメトロノームの音を使ってスムーズに落とします。
そしてエッチは物理的な刺激を敢えて控える代わりにイメージで心と体を盛り上げます。

隅から隅まで手取り足取り教える取り組みやすい作り
集中力が高まってる状況を逆手に取った面白い催眠誘導
指先ひとつで感度を上げたり絶頂させる催眠音声ならではのエッチ。
テーマをしっかり定め、それに沿った形で不思議な感覚を味わわせます。

「勉強に、仕事に、そして催眠に。あなたの意志でより深く、集中力を発揮できるようになる。練習した事は、決して無駄にはならない」
音声の冒頭で彼女が多少指示的なことを言うので調教っぽく感じる人がいるかもしれません。
でも聴き進めていくうちに彼のためを思ってそうしてるのが徐々にわかります。
エッチの後に多少の時間を割いてやってきたことの復習をするのもその一環です。
最後におまんこできっちりサービスしてくれますし優しい女性だなと。

催眠は深化パートで音響法+混乱法っぽい珍しい誘導をしてくれます。
こういう技法を使う作品は現在でもあまり見かけません。
前回のレビューを書いた時はこれを煩わしく感じたのですが
改めて聴いてみると話しかけるタイミングやセリフの長さが計算されており
煩わしさを低減するための工夫もきちんとされてます。

エッチは催眠にかかってるから気持ちよくなれるタイプのものです。
うまくかかっていれば彼女が指を近づけた部位だけ一際感覚が強くなるのを感じます。
私個人は3時間目にやる亀頭責めのほうが気持ちよかったです。

絶頂シーンは2回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

催眠音声を聴く時にうまく集中できない人には特におすすめします。

CV:誠樹ふぁんさん
総時間 1:06:22(本編…59:10 何故か緊張気味なおまけボイス…7:12)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2018年7月25日まで20%OFFの720円で販売されてます。

少女夢催淫 ~はじめてのあまぁーいお泊りご奉仕~

サークル「キャットアイランド」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、緑豊かな夢の世界に住む少女が
助けてくれたお礼にエッチな恩返しをします。

キャラやストーリーといった作品固有の要素を活かした甘いサービスをするのが魅力で
催眠は主人公が夢の世界に降り立ちコテージへ移動するまでの様子に暗示を絡め
エッチは少女のセリフや反応も交えつつ綺麗な体を汚す快感を適度にくすぐります。

今回は本編部分(Track.1~7)を中心に紹介します。
あどけない少女と過ごす幸せな夜
語り手に催眠をかけられ少女とエッチするお話。

「青く澄んだ快晴の空 窓を開けると 吹き抜けてくる心地の良い風」
語り手はやや幼さを感じる可愛らしい声の女の子。
注意事項や自己紹介といった前置きはすべて省略し
これから自分と主人公が行く夢の世界の情景を語ります。

本作品は現実世界では実現が難しいプレイを満喫してもらうことを目的に
彼女がおよそ90分に渡って催眠をかけたりエッチに関するあれこれを話します。
作中で彼女が名前を明かすシーンは一切なく、「語り手」はあくまで当サイトに限定した呼び名です。
エッチには直接参加せず天の声として聴き手のイメージ力を膨らませる役割を果たします。

また冒頭にわざわざ本編部分と書いたことからもわかるように
本作品にはそれ以外にも色んな音声が同梱されてます。
Track.8は本編の後日談、Track.9から13は呼吸音・フェラ音・喘ぎ声といったオカズ音声です。
さらに基本Trackの音声を編集したexTrackも用意されてます。
exTrackは軽く聴いてみたところエッチシーンで語り手と少女の声が同時に流れてました。

催眠はおよそ16分間。
語り手が用意した小舟に乗り込み、周りの情景を眺めながら深呼吸します。

「水面に反射する木漏れ日が まるで妖精が 幸せの国に導いてくれているかのよう ただそこにいるだけで 心が安らぐような 一面に広がるのどかな風景」
この物語の舞台は夢の世界ですからイメージ力や没入感が重要になります。
だから彼女は最初からここがどんな場所かを細かく語りながら進めます。
豊かな緑が広がり澄んだ川が流れるメルヘンチックな世界です。
この後のシーンも彼女はイメージを中心に据えてサービスを進めます。

ある程度進んだ後は船を降り目的地のコテージへと歩きます。
その途中でパートナーにあたる少女と出会うわけですが
これらの様子に暗示を絡めて少しずつ確実に催眠状態も深めてくれます。

語り手「奥へ 奥へ 深くなる 奥へ 奥へ ずーっと奥へ」
少女「わぁ 甘くてとっても美味しい …あれ? なんだか眠くなってきちゃった」
具体的には森を踏み分けて進む際に「深い」を多めに言ったり
彼女の安らいだ表情を通じて心地よくする、といった感じです。
このあたりまで来ると頭の中がそれなりにボーっとする人がいると思います。

エッチに至るまでのシーンに技術を盛り込んだ流れのある催眠です。
聴き手を夢の世界へ案内し少女と出会わせることを目的に
船に乗るイメージをしながらの深呼吸、散歩や少女と出会う様子に絡めた深化と
作品独自の要素を必ずセットにして緩やかに催眠を進めます。

時間が比較的短い割に暗示が少ないせいで催眠の深度は浅めでしたが
2人がいる場所や何をしてるかはイメージしやすかったです。
出会ったばかりの主人公を真っ直ぐ信頼する少女の姿にも癒されます。
少女自身にしゃべらせるところも含めて催眠ボイスドラマっぽい作りになってます。
禁断の恋を甘く描いたエッチ
本編のエッチシーンは5パート56分間。
プレイは服を脱がせる、体の愛撫、キス、手コキ、フェラ、アナル責め、イラマチオです。

エッチな効果音はありません。
セルフも無しですが射精表現があります。

「少女の服のボタンを上から ゆっくり外していきましょう」
途中で会った少女と一緒にコテージへ到着した主人公は
疲れて寝入った彼女が汗ばんでるのに気づきひとまず服を脱がせます。

エッチは彼がリードしながら彼女に責めてもらいます。
最初のTrack.1は雰囲気作りを見据えたプレイ(約12分)。
上半身→下半身→パンツの順に服を脱がせ、露わになった彼女の大事な部分を眺めます。

「そーっと そーっと 小さな穴が見えてくる そーっと そーっと 小さなお尻が見えてくる」
少女は挿し絵の通りこれから体が発育していく年頃です。
ほぼ平らな胸、小さくてぷにぷにしたお尻、そして縦に筋が一本入っただけのおまんこ。
一般的には魅力に乏しいと思われる体も好きな人にとっては堪らない破壊力を秘めてます。
見てはいけないものを見てしまうシチュも相まって背徳感を伴った快感を覚えるでしょう。

しかし彼女はこういうことをされても一切嫌がりません。
彼の行動や考えをすべて受け入れ、逆に気持ちよくしようと積極的に行動します。
年の離れた恋人同士とでも言えばいいのでしょうか、無理矢理感がまったくなくて雰囲気は引き続き穏やかです。
一歩間違えばブラックになりそうな展開を別の要素で上手く中和してます。

本格的なエッチが始まるのはTrack.2から。
キス&手コキ、フェラ、手コキ、イラマチオと同系統のプレイを交互に組み合わせ
語り手はその実況や感覚支配の暗示を、少女は会話と乱れっぷりを担当してイメージ力と興奮を膨らませます。

語り手「少女のお口に指を1本入れると ちゅーちゅー吸ってきます 少女の温かい口の中」
少女「しーこ しーこ どうですか?」
少女はほぼ催眠と関係ないことを言うので双子形式ではありませんが
2人が異なる役割を持って行動するからエッチの様子が手に取るようにわかります。
不得手ながらも一生懸命ご奉仕する少女の姿に多くの人が満たされるでしょう。
そんな彼女を己の体液で汚すのも大きな快感です。

この要素が最も強いのはTrack.5のイラマチオ(約16分)。
4回射精してもまったく衰えないおちんちんを鎮めようと、少女が口を開け喉奥まで迎え入れてしごきます。

「ゆっくり ゆっくり前後する 前後するたび 少女の唾液がとろとろぬるぬるで気持ちいい」
プレイだけを見れば確かにイラマチオです。
でも主人公は彼女を苦しめないよう気遣ってピストンを繰り返すし
少女も別段嫌がる様子もなくそれを一生懸命受け止めます。
心の繋がった男女が同意の上でするプレイですから陵辱とは明らかに違います。

このように、年の離れた女性とひたすらイチャイチャするちょっぴりスリリングなエッチが繰り広げられてます。
絆を感じる作品
性欲を満たすためでなくお互いが幸せになるためのエッチをする作品です。

語り手は現実世界では満たせないタイプの欲求を埋めようと
主人公を夢の世界まで案内し、そこにいる少女と出会わせます。
そして目的地に到着した後は実況や暗示を使って2人のエッチを応援します。

催眠、エッチいずれもイメージを大事にした作り
あどけない少女がひたすら尽くしてくれるあまあまなシチュ
そんな彼女の手や口をおちんちんと精液で汚すちょっぴりブラックな快感。
純愛色を前面に出しつつ多少の背徳感も織り交ぜた独特なサービスを行います。

少女「ふーきふーき ふーきふき おちんちん綺麗になったー」
色んなプレイを経験してもまったく変わらない彼女のキャラが特に印象的でした。
この行為が何なのかを知ってるかどうかはわかりませんが
出会った当初と同じ想いや態度で彼に接し続けます。
そして彼女が純真過ぎるからこそエッチした時の後ろめたさがより強く感じられます。

気になった点は全部で3つ。
全編を通じてカウントの扱いに難があること、エッチで快感を伝える際にどれも「気持ちいい」と言ってること
おちんちんを一切いじらないのに射精させてる=ノーハンド射精を目指してることです。

「3 2 1 0 あっ あなたのここ おっきくなっちゃってますね」
カウントは重要な暗示を入れる以外に何か行動を開始する、絶頂の合図を出す、暗示を解除するなど
作中のありとあらゆるシーンで使われてます。
しかしそのすべてがほぼ同じ数え方をしており目的に沿った使い分けがされてません。
重要な暗示を入れる時は前後最中の暗示を一際厚くする、催眠を解く時は溌剌とした声で数えるなど
何のためにカウントを数えてるかをもっと意識して使ってほしいです。

残りの2点はエッチで得られる快感に大きな影響を与えます。
フェラと手コキでは同じ快感でも当然違いが出るわけで
そのへんをしっかり伝えたほうがプレイの臨場感や絶頂への持っていきやすさが上がります。
絶頂についてもノーハンド射精を目指すよりは表現を多少ぼかしてドライにしたほうがやりやすいです。

本編の絶頂シーンは6回。
淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:星野ゆんさん
総時間 3:49:04(本編…1:30:11 ループ音声…26:08 exTrack…1:46:54 おまけ(少女との日常)…5:51)

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は5点。
229分で800円とコスパがいいので+1してあります。

↑このページのトップヘ