同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ: 催眠音声

   ● 双子の射精管理
   ● 淫らな従属の黒魔術
   ● コーヒーサイフォン ver1.0
   ● ドスケベお姉ちゃんのイタズラ催眠
   ● 女体化催眠! 「あらあら可愛いお嬢ちゃんね♪」
   ● 【催眠音声】女の子に添い寝でえっちな催眠かけられ手ェよ
   ● TRハウス(TS)
   ● 女の子のアナタが初めての女の子オナニーしちゃう催眠音声
   ● カウント・ダウン(再レビュー)
   ● すんどめない -射精管理官の射精管理-


双子の射精管理

サークル「双子プロジェクト」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、可愛い声とちょっぴり意地悪な性格を持つ双子が
左右に寄り添いながら「寸止め」をテーマにしたエッチな催眠を施します。

術者が二人いる状況を利用し左右から交互に語りかけてくる催眠
運動支配の暗示を入れつつ耳を舐めて性感を蓄積させるエッチなど
「双子の射精管理」をそのまま音声化した独特なサービスを行います。
可愛い双子が射精をコントロール
双子の女の子が催眠をかけたりオナニーをリードするお話。

「こんばんはー」
双子はやや声質の違うどちらも可愛い声の女の子。
催眠に関する基本的なことや音声を聴く際の注意事項を説明すると
催眠を使って主人公の射精をコントロールし始めます。

本作品は催眠に入ったまま気持ちいい射精を迎えることを目的に
彼女たちが総時間をほぼ半々に分けて催眠とエッチなサービスをします。
サークルさんにとって初の有料催眠音声にあたりますが
この界隈で非常に人気のある双子催眠に挑戦されてます。

右「呼吸を繰り返してるだけで 心地がいいよね」
左「それだけであなたは何とも言えない開放感を感じることができる」
音声開始1秒の段階から二人が登場し、多くのシーンで交互に語りかけながらお話を進めます。
また一部のシーンではセリフの感覚が急激に速くなったり、0を左右から素早く連呼するなど
Synergism Duet」を初めとする本家の双子を手本にしたと思われる表現や演出が登場します。

完成度に関しては残念ながら首を捻る部分があるものの
新規のサークルさんによくある表面を真似ただけの双子とは明らかに違うものを持ってます。
催眠の技術も勉強されてるようですし、今後のご活躍が十分に期待できるサークルさんです。

催眠はおよそ18分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずは深呼吸しながら体を脱力します。

左「呼吸を繰り返しながら 右腕全体に意識を向けて」
右「右腕の力が すーっと抜けていく」
右腕、左腕、右足、左足、頭、全身とパーツごとに意識を向けさせながら
「抜ける」などの暗示を左右交互に入れる双子らしい分割弛緩です。
催眠の時間が短い関係で個々の暗示が薄くなってるものの
意識を頻繁に揺さぶられるおかげで頭がぼんやりする感覚が徐々に強くなります。

右「全身は軽いのに 左腕だけなぜか重い」
左「必ずそうなる」
これらを行った直後に脱力具合を確認させてくれるシーンがあるのがいいですね。
特定の部位だけ重感、他は浮遊感と正反対の暗示を入れて感覚の違いを味わわせようとします。
他にも催眠開始直後に双子催眠を聴く時の心構えを説明するなど
催眠音声初心者でも無理なくついてこれるように細かな気配りを所々でしてくれます。

体がある程度リラックスできた次はいよいよ催眠状態を深めます。
左の子はカウント、右の子は深化の暗示と役割を分担して進め
最後の0カウントと追い込み暗示だけは協力して行うコンビネーションの取れた深化です。

右「あなたの心は 無意識に躍りだし 暗示を与えられたことに喜びを感じる」
左「幸せ 声を聞くのが幸せ 暗示を与えられるのが幸せ」
催眠誘導の要所ということでカウントを2回に分け
1回目は純粋な深化、2回目はそれプラス声に対する服従心の強化と内容をやや切り替えて進めます。
本作品のエッチは彼女たちに操られながらオナニーするスタイルですから
暗示や指示にどれだけスムーズに反応できるかがカギとなります。

ここだけはテンポをやや速くして暗示を入れるので
0を言った直後に体全体が軽く落ちる感覚を味わう人もいるでしょう。
その後の暗示も「気持ちいいから従いたくなる」とメリットを強調する形で言いますし
M性がそれほどない人でも受け入れやすく感じると思います。

双子形式をそれなりに活用したシンプルな催眠です。
聴き手の心と体を双子の言いなりにすることを目的に
前半は深呼吸+分割弛緩法、後半はカウントを絡めた深化と
催眠音声ではお馴染みの技法を双子に合わせてアレンジしながら進めます。

時間があまり長くないことを踏まえてやることをきちんと絞り込んでますし
暗示もシーンごとに表現や方向性を変えて後になるほど催眠状態が深まるように組み立ててます。
全体の流れについては特に問題ないと見ています。

ですが双子の運用面はどうしても引っ掛かる部分があります。
最も気になったのは双子の話すペースと間です。
双子催眠は二人で話しかける性質上、多くの作品で一人の時よりも話すペースが若干速くなります。
そうしないと時間あたりのセリフのボリュームが普段と変わらなくなってしまうからです。
間を極端に短く取るのも息継ぎの時間を減らして暗示の密度を高めるためです。

それに対し本作品はほぼすべてのシーンを一人でかける時と同じペースや間で進めます。
これを改善するだけでも今よりずっと入りやすくなるのではないかなと。
双子のもうひとつの特徴である役割分担も十分に機能してるとは言えませんし
双子催眠と呼ぶには今一歩足りないというのが正直なところです。
私が聴いた時は多少意識がぼやけるところまでで脱力感はほとんどありませんでした。
出したくても出せない不思議な感覚
エッチシーンは4パート25分間。
プレイはオナニー、耳舐め、ダブル耳舐めです。

エッチな効果音はありません。
セリフはありになります。

左「管理されることで より興奮していく」
右「管理されることを望んでいる ドMの変態野郎」
催眠を使って主人公を自分たちの声の虜にした双子は
引き続き左右交互に語りかけながら彼の感度を上げ始めます。

エッチは彼女たちとの接触はせずに指示や暗示に従っておちんちんをしごきます。
一番最初の「プレイパート」は準備から射精直前までを行うメインパート(約18分)。
追加のカウントを刻んで彼のM度を普段よりも押し上げてから腕が勝手に動く、射精が近づくと自然に止まるなど
複数の暗示を組み合わせたオナニーで彼に寸止め地獄を味わわせます。

右「手がひとりでに動き出す 快感を求めて シコシコって」
左「勝手に動いているから まるで自分の手じゃない感じがするね」
催眠パートで脱力に力を入れてたのはこのプレイをスムーズに進めるためでしょうね。
運動支配の暗示は比較的入りやすいと言われてますし
うまく催眠に入れていれば彼女たちの言う通りになるかもしれません。

オナニーのペースや強さといった細かい部分は一切指示せず
開始、中断、射精のみを制御する取り組みやすいオナニーです。
明確な寸止めシーンが指定されてませんから、やり方によって難易度が大きく変わるでしょう。

右「耳を舐められてるだけなのに 全身にいやらしい快感がこだまする おちんちんからは我慢汁がぶわって溢れてきて ますます気持ちよくなる」
最大の特徴である双子ももちろん活用します。
パート後半に入ると双子が耳を舐め始めるシーンがあり
ここでは片方が舐めてもう片方が引き続き気持ちよく暗示を入れる連携の取れた責めをします。

暗示中心のエッチだとどうしても純粋なエロさが不足しますし
その部分を作品のスタイルに合った方法でカバーしてるのが実に良いです。
ペースが緩いもののちゅぱ音の水分は高めで吐息も多めに漏らしてくれます。

残りの3パート7分間は寸止めの難易度調節と射精。
「寸止めパート」と「耳舐め」はオプション扱いでオナニーの時間を長くする役割を果たし
「射精」は名前の通りこれまで蓄積してきた興奮と精液を一気に放出します。

前の2つは基本的に耳舐めするだけなのでお好みで入れるかどうかをお選びください。
最初のパートだけでも10分近くしごかせてくれますし、1回ずつ加えると射精しやすい長さになります。
射精はカウントではなく耳舐め音に合わせて迎えるやや独特な方法です。

このように、自分で限界に挑戦する比較的緩い寸止めプレイが繰り広げられてます。
まったりした双子作品
ゆったりしたリズムで催眠やエッチをリードするテーマに沿った作品です。

双子は主人公に普段よりも強烈な射精感を味わわせようと
催眠を通じて心と体を骨抜きにし、その状況を活かした寸止めオナニーを指示します。
左右から交互に暗示を入れる双子らしい作り、聴き手の無意識に任せて寸止めさせるエッチ。
作品名が持つふたつの特徴をそのまま反映させたわかりやすいサービスをします。

左「挑戦したくなる」
右「だって 我慢すればするほど その後の絶頂が気持ちよくなるのだから」
プレイだけを見ると意地悪に感じるところもあるのですが、彼女たちの仕草や態度に悪意はほとんど見られません。
M気質な彼を喜ばせようとしてわざとこう振舞ってるように見て取れます。
セリフの表現が柔らかいもので統一されてるのも相まっていい気分で聴くことができました。
寸止めも途中で暴発してしまうほど激しいものではないです。

催眠は一言で言うと「惜しい」です。
体験版を聴いた時点では双子にすらなってないんじゃないかと思ってたのですが
実際は双子の良い部分を催眠やエッチにある程度反映させてます。
ただ双子特有のリズムや間だけは今のところ表現できてないと見てます。

エッチは催眠らしさと双子らしさの両方を強く意識したものです。
最初の感度強化をもうちょっと入念にやったほうがいいとも思うのですが
それ以降のオナニーは独自性が強く、そこに耳舐めを添えて性的興奮も盛り上げてくれます。
運動支配+セルフと催眠初心者向けのプレイをしてる点も魅力です。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音そこそこ、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

テーマ性は十分持ってるけど双子の運用面にやや難があると判断し、この点数とさせていただきました。

CV:七海うとさん
総時間 50:18

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

淫らな従属の黒魔術

サークル「暗中模索」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、黒魔術を研究してる怪しいお姉さんが
3つのアイテムを使って催眠をかけたりマゾの快感を教えます。

催眠はベル、エッチは縄や鞭の音を鳴らしながら暗示を入れるSM色の強いサービスが魅力で
彼女に服従し痛めつけられるだけの表層的なものではなく
その先にある心の繋がりや快楽を目指してゆっくりじっくりリードします。

今回は通常版のレビューなので、口枷パートの入ってるバージョンで登場するプレイには触れてません。
音声を聴く前にタオルをご用意ください(通常版なら無しでも可)。
苦痛の先にある快感を求めて
お姉さんに催眠をかけられ調教されるお話。

「こんばんは あなたは黒魔術って知ってますか?」
お姉さんは淡々とした口調で話すぼんやりした声の女性。
音声を聴く際の注意事項や準備物を説明すると、早速黒魔術に関するお話を始めます。

本作品は今からほぼ1年前に発売された「淫らな蜜の黒魔術」の続編。
彼女の誘導に従い催眠に入った後、2種類の器具を交えた比較的激しいエッチを楽しみます。
タイトルに「黒魔術」が入ってますが彼に呪いをかけるシーンは特になく
彼女のキャラ、雰囲気、サービスに怪しさを持たせてそれらしさを出してます。
シリーズものですがお話は完全に独立してますから今作から聴いても大丈夫です。

テーマは「幸福による服従」。
主従関係から連想されるマイナスの要素をできるだけ取り除き
彼女に従う喜びや、責めを受けることによって生まれる苦痛を快感に変換してマゾの醍醐味を味わわせます。
プレイ自体はSMに近いのですが、言葉の表現に気を遣っていて雰囲気はとても穏やかです。
彼女が罵倒に類するセリフをほとんど言わないのもあります。

そしてこの過酷なプレイを聴き手ができるだけ身近に楽しめるように
彼女はいくつかの音に暗示を込めて感覚をコントロールします。
催眠パートは音モノの色が特に強いですから、音に反応して催眠に入る不思議な感覚が味わえるでしょう。

催眠はおよそ28分間。
まずは座った状態で深呼吸しながら彼女が鳴らすベルの音を聴きます。
寝ながら聴いたほうが入れる人はもちろんそうしても大丈夫です。

「硬くなった心 緊張や不安 理性や心の防御壁 心を取り囲む様々な要素がベルの音と共に消えていく」
「りぃーん」という涼やかな音を長めの間隔で鳴らしながら
お姉さんは心身の緊張がほぐれたり催眠状態が深まる暗示を丁寧に入れます。
音と暗示を必ずセットにしてるおかげで最初は単なる効果音としか感じなくても
後のほうになるとそれに連動して体がビクついたり心が震える反応が現れます。

シーンによって暗示の入れ方や内容が切り替わっていくのもポイント。
最初は「心地いい」「まどろむ」などリラックスを促す言葉をメインにしてたのが
少し経つと「落ちる」「消える」といった深化に関わりのあるワードへとシフトします。

他にも声とベルの位置を左右に振り分け、意識を大きく逸らすことで暗示を入れやすくする効果的なアプローチをします。
やってることを簡単に言うと「ベルを鳴らしながら暗示を入れる」なのですが
催眠音声を数多く製作されてるサークルさんなだけあってその流れは変化に富んでます。

「あなたは私と二人だからこそ 限界を超えて乱れることができるし ありふれた関係では決して見ることの出来ない 美しいあなたの姿に 私は酔いしれて 魅了され 溺れる」
ある程度催眠が深まった後はいよいよ本題となるマゾの快感に関するお話をします。
自分ひとりの力ではできることに限界がある。
だから彼女が色んなプレイをし、それによって彼の本当の姿を引き出す。
彼女ではなく彼=聴き手のメリットを強調する形でマゾへの興味をくすぐります。

本作品のプレイは結構人を選びますから心構えも重要です。
この後始まるエッチでも彼女は信頼や愛情を至るところで見せます。
彼女の言葉をある程度受け入れやすくなった段階でこれを切り出すところも秀逸と言えます。

第一のアイテムにあたるベルを活用して催眠状態を深める独特な催眠です。
SMプレイに耐えられる前向きな心を育てることを目的に
序盤は純粋なリラックス、中盤は深化を意識した言葉を盛り込みながらベルをうるさく感じない程度に鳴らし
それからSMの人間関係に関するお話を通じて魅力を伝え、最後に改めてがっちり落とします。

割と特殊な誘導なのですが暗示の量、入れ方、表現が工夫されていて
意識のぼやけや体のだるさが比較的早い段階から実感できます。
途中でイエスセットっぽい言い方をして落とすシーンもあるなど色んな技術が盛り込まれてます。
ベルの少し響く透き通った音も心地いいです。
飴と鞭を織り交ぜたエッチ
エッチシーンは42分間。
プレイは縄による拘束、背中/お尻への鞭打ち、キス、耳舐め(超短時間)です。

拘束、鞭打ちの際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「これからたくさん可愛がってあげますからね」
催眠を使って主人公の心を従順なマゾへと変えたお姉さんは
彼のために作った特別な縄で体を隅々まで縛ります。

エッチはご主人様にあたる彼女に終始責められます。
最初の12分間でするのは縄による拘束。
体をどんな風に縛ってるか話しながらその感覚を暗示で小まめに伝えます。

「少し硬く しなやかな縄の感触に ゾクリと震える」
「ぐっと締め上げる 快感が溢れ出して心が形を変えていく 窮屈で 苦しくて でも気持ちがいい」

一見するとヤバいプレイに感じるでしょうけど、彼女はここでも縛られる痛みにはほとんど触れず
女性に縛られるシチュやそこから得られる精神的な快感を強く味わわせます。
最中に鳴る効果音も非常にリアルで縛られる様子をイメージするのに役立ちます。

音そのものに暗示を入れることはあまりありませんが
縄をぎゅーっと締めた時に鳴る音に反応してゾクゾクする人がいると思います。
催眠パートと同じく音が重要な役割を果たしてます。

準備ができた後に始まるのは鞭打ち。
バラ鞭と呼ばれる枝分かれした器具を最初は背中、次はお尻に何度も叩きつけます。
お尻を叩く時に四つん這いになる指示が出ますが無理にやらなくてもいいそうです。

「大丈夫ですか? もし強すぎて辛ければ 首を横に振って教えてくださいね」
「刺激に敏感になった肌に 甘いキスのご褒美」

このいかにもSMなプレイの最中にも彼女は信頼や愛情を注ぎます。
序盤は「ぺしっ」という叩くよりも撫でると言ったほうがしっくり来る音を鳴らし
彼が痛みを我慢してそうだと判断したら優しい言葉をかけて力加減を調節します。
そして背中を一通り叩いた後にはご褒美のキスをして彼の心をさらに蕩かそうとします。

ひたすら痛めつけるだけでは拷問になってしまいますから
SMにとって重要な「心の繋がり」を感じられるようにプレイを進めます。
男女両用だからというのもあるのでしょうけど鞭の音もかなり抑えられてて聴きやすいです。

肉体よりも精神への責めがずっと充実してるエッチですね。
自分が彼女に縛られてる、体を叩かれてる、恥ずかしい姿を見られてる状況で気持ちを盛り上げます。

「快感が打ちつけられる 体の中を通り 前立腺に ペニスに快感が響く」
ただし、絶頂が絡む終盤だけはハードな責めを繰り出します。
普段よりも嗜虐的な表情を見せつつ嬉しそうに鞭を振るう姿はまさしく女王様。
お尻を叩きながら強めの語気で暗示を入れるシチュも相まって股間が強めにウズウズします。

最初に1回絶頂し、少し後に2回連続でイク流れです。
溜めが長いからか私は1回目のほうがイキやすかったし快感も強めでした。

このように、SMプレイを受ける心情を綿密に描いて興奮させる雰囲気重視のエッチが繰り広げられてます。
挑戦的な作品
催眠音声ではタブーとされてる要素を積極的に盛り込んでる作品です。

ちょっぴり中二病をこじらせてる怪しい雰囲気のお姉さんが
タイトルの黒魔術らしさを持たせた催眠とエッチでMの快感を味わわせます。

ベルの音と暗示を連動させて落とす催眠、縄を縛る音や鞭で叩く音を多めに鳴らしイかせるエッチと
どちらも「音」を重要な位置に置いて感覚を少しずつ膨らませます。
中でも催眠はシーンごとに音の位置まで切り替える凝ったものです。

ここまでガチなSMプレイをするのも非常に珍しいです。
催眠は被験者と催眠者の信頼関係があって初めて成り立つ行為なので
本作品のように相手をストレートに痛めつける描写を入れることはほとんどありません。
大抵が快楽漬けにするとか、背徳感を強く味わわせるといった別方向のアプローチをします。

「私だって あなたという奴隷なしで 生きていけない心になってるんですよ」
普通にやったら聴き手が抵抗を感じる可能性が高いことを考慮し
彼女はこの行為が愛に基づくことを強調し、その先に快感が待ってることを教えます。
痛みや苦しみといったマイナスの感情をできるだけ弱めたりぼかしながら進めるので
実際に聴いてみると凄惨さは相当に薄いです。

彼女がプレイ中に飴と鞭を織り交ぜてるのも大きいです。
縄の音や鞭の音がややハードに感じるからこそ、キスの音や労わりの言葉で中和します。
最中の暗示も快楽を増幅させるものがほとんどですし、難しいテーマを繊細に扱ってるのがよくわかります。

SMを受け入れられるかどうかで満足感に違いが出るのは否定しませんが
できるだけ多くの人に楽しんでもらおうとする創意工夫が込められてるのも事実です。
サークルさんが1時間近くの体験版を用意されたのも納得したうえで製品版を聴いて欲しいからだと思います。

絶頂シーンは3回。
効果音それなり、淫語とちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

癖のある素材を上手に料理してる作品です。

CV:男性向け…みもりあいのさん 女性向け…想さん
総時間 男性向け…1:25:39 女性向け…1:26:20

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

癒し風味さんで配布されてる無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、懐かしい雰囲気漂う小さな喫茶店で
女性マスターがコーヒーを淹れたりエッチの相手をして男性をもてなします。

コーヒーサイフォンを使ってコーヒーを淹れる様子に暗示を絡めた催眠や
お互いの温もりを伝え合い二人同時の絶頂を目指すエッチなど
イメージ力を膨らませながら癒しと快感を与えるテーマ性の強いサービスが味わえます。
コーヒーの匂いと音に包まれて
喫茶店のマスターにコーヒーを淹れてもらうお話。

「さぁ、目を閉じて 想像してみて あなたの目の前にある、赤いレンガ造りの小さな建物」
マスターは穏やかで落ち着いた声の女性。
注意事項の説明や挨拶といった前置きはすべて省略し
物語の舞台となる喫茶店のイメージを語り始めます。

本作品は催眠オナニーまとめWikiにあるフリースクリプトをAkariさんが音声化されたもので
前半は彼女が淹れたコーヒーやケーキを味わいながら催眠に入り
後半は手、胸、性器などをお互いに刺激し合うスタイルでじっくり気持ちよくなります。

タイトルからもわかるようにコーヒーに関するイメージを積極的に取り入れてますから
日頃コーヒーを嗜んでる人のほうが没入感を得やすいと思います。
連想させるのは匂いと音だけで味覚を変化させるアプローチはありません。

「アンティーク調の、落ち着いた装飾とテーブル、椅子 天井から下がった、ランプの明かり」
全編を通じて言える特徴は聴き手のイメージ力を膨らませるセリフが多いこと。
二人がいる喫茶店はもちろん、コーヒーサイフォンやコーヒーミルを使う様子
エッチで体を触れる様子などを聴き手視点で事細かに語ります。

最初から言ってしまいますと、本作品のエッチは直接的なエロ要素がほとんどありません。
キスする際にちゅぱ音がほんの少し鳴るだけで淫語と喘ぎ声はゼロです。
でもセリフを通じて二人がどんな風に愛し合ってるかが頭に浮かんでくるので意外と興奮できます。
暗示の方向性もしっかりしてますから、催眠にうまく入れば感覚の変化を楽しみながら気持ちよくなれるでしょう。

催眠はおよそ20分間。
マスターに促されてお店の中に入り、まずは深呼吸で店内に漂うコーヒーの香りを堪能します。

「コーヒーの香りをゆっくりと吸い込んで楽しんで 香りのなくなった息を、ゆっくりと吐き出す」
やってる事はごく普通の深呼吸ですがコーヒーの匂いを感じる人もいるでしょうね。
イメージ重視の作品だからこそ、物語の世界に入れるきっかけをきちんと用意します。
彼以外のお客はいないので彼女ものんびりとサービスを進めます。

「あなた好みの濃さに、入れて差し上げますわ それにお砂糖もミルクも、あなたのお好み次第」
最中に彼女がいくつかの選択肢を用意し、その中から好きに選ばせるのもポイント。
座る席、コーヒーに入れる砂糖とミルク、一緒に食べるケーキなどをいくつか具体的に教えてくれます。
すべてをマスターが決めてしまったらお店らしさが崩れてしまいますし
聴き手にある程度の自由を与えることで心のゆとりや信頼関係の構築へと繋げてます。

席についた後はいよいよ主役のコーヒーサイフォンが登場します。
ふたつのガラスにコーヒーの粉とお湯を入れ、アルコールランプに火をつけ
沸騰したお湯とコーヒーが混ざる様子をコンパクトに実況します。

「ほら、火がついた チリチリと音のする小さな炎が、ガラスの器の底を撫でる チリチリ、チリチリ… チリチリ、チリチリ…」
「沸騰が止み、静かになる ガラス管を伝って、出来上がったコーヒーが、下のガラスへと移っていく ゆっくりと、深い色のコーヒーが溜まっていく…」

「チリチリ」「コポコポ」などの擬声語を積極的に取り入れてセリフにリズムを持たせ
完成が近づいたら短いカウントを数え、直後に「静か」「ゆっくり」などリラックス系の暗示を絡めて話します。
本作品の催眠はコーヒーのできる様子を通じてリラックスや深化を促すため
聴き手に対して直接働きかけるセリフがほとんどありません。
ですが聴いてると気持ちが落ち着くとか、意識がぼやける感覚が徐々に強くなります。

コーヒーを淹れる様子に暗示を込めて落とすテーマに沿った催眠です。
聴き手をリラックスさせ、喫茶店にいる気分に浸らせることを目的に
深呼吸で心身を軽くリフレッシュしてからコーヒーサイフォンを数回使用します。
そして最後に粉を補充するためにコーヒーミルを使い、そこで深化の暗示を入れます。

堅苦しさを感じる部分がほとんどなく、イメージの膨らませ方も上手で没入感を得やすいです。
コーヒーミルについても擬声語を使って直感的に実況することを心がけてます。
最中の暗示がかなり遠まわしなおかげで催眠慣れしてないとやや入りにくい部分もあるのですが
全体の構造やセリフの表現に統一感があってとても癒されます。
女性の温もりを感じながら
エッチシーンは26分間。
プレイはキス、乳揉み、乳首責め、手マン、手コキ、SEXです。

エッチな効果音はありません。
セルフもなしですが射精っぽい表現があります。

「あなたの右手に、私の手のひらが触れた 感じるでしょう? 私の手のひらの、温もり」
自分が淹れたコーヒーと催眠で主人公を心地いい気分にしたマスターは
彼の手に自分の手を重ねて体の熱を少しずつ高めていきます。

エッチはお互いの体をいじり合うM性の低いものです。
前半の14分間は体の感度と熱の上昇に力を入れてるシーン。
手を触れ合うところから始まり唇(キス)、胸のいじり合いと後になるほど踏み込んだプレイをします。

「肘まで来た温もりが、更にゆっくりと上っていく 肘から肩の方へと、ゆっくりと、温もりが伝わる」
「熱い… 熱い…、胸の先が 熱を帯びて、ジリジリと、敏感になっていく 呼吸が荒くなる 胸の先が、ジンジン痺れて 切ない…。 じれったい…」

プレイだけを見るとソフトな部類に思うでしょうが、最中に体の熱を高める暗示が非常に多いおかげで
それほどエッチでもないのに体の火照りや胸のドキドキが徐々に強くなります。
催眠パートでホットコーヒーを何杯も飲んだからこういうアプローチをしてるのでしょう。
女性と肌を触れ合うシチュも暗示の内容にマッチしていて実に良いです。

続く後半は絶頂に向けてよりストレートな責めを繰り出します。
二人が同時にお互いの乳首をいじり、そのまま性器へと進み、十分高まったところで最後に繋がります。

「胸の先から、手足の先まで、静電気が走ったみたい 身体中が、ビクンってなって ものすごい、一瞬だけの快感」
「熱い…、気持ちいい… あなたと私、二人分の気持ちよさ こみ上げてくる 根元からコポコポと、こみ上げてくるものを もう抑え切れない」

おちんちんを「モノ」、おまんこを「あそこ」と表現がぼかしてあるものの
ほぼすべてのセリフを聴き手視点で表現し、さらにコーヒーに例えたイメージで興奮を巧みに盛り上げます。
このあたりまでくればイメージ力も高まってるでしょうから
彼女の体の感触や繊細な責めにときめいたり勃起する人が普通にいると思います。

私が聴いた時も体に一切触れてないのに勃起がずっと続いてました。
最後の絶頂シーンもおまんこをコーヒー、精液をミルクに見立てた面白い暗示でイかせてくれます。
心身にできるだけ負担をかけずに気持ちよくする思いやりに満ちたエッチが楽しめます。
イメージ重視の作品
喫茶店で女性と仲良くする様子を和やかに描いた作品です。

マスターは自分の店を訪れた主人公が幸せなひと時を過ごせるように
まずは自慢のコーヒーを振舞いながら催眠の世界へ誘導し
それから女性の柔らかさと温もりで安らぎや性的興奮を与えます。

聴き手が喫茶店にいる気分をできるだけ味わえるように配慮したセリフの数々
コーヒーサイフォンでコーヒーを淹れる様子に暗示を込めて落とす催眠
「熱」をテーマにした穏やかで艶のあるエッチ。
イメージ力を少しずつ膨らませ、その状況を活かしたサービスを提供します。

「また、安らぎのひとときを過ごしたくなったら 私の喫茶店に、いらしてくださいね」
これらを行うマスターも包容力のある癒し系キャラです。
私はてっきりエッチもコーヒーのイメージを通じてイかせるのだと思ってたのですが
実際は自分の体を差し出し、お互いをいじり合う対等なスタイルを貫きます。

体をいじられて熱っぽい吐息を漏らすとか、喘ぎ声を上げるシーンはありません。
でも彼女を愛し、愛されてる雰囲気がよく出ていて十分エロいです。
暗示の方向性をしっかり定め、絶頂に向けてそれを徐々に強化してくれるのもあります。
まったりしたエッチなのでドライの快感も通常より弱めになると思います。

絶頂シーンは1回。
ちゅぱ音ごく僅か、淫語と喘ぎ声はありません。

色んな温もりを与えてくれる作品です。
無料ですから興味を持った方は是非お試しください。

CV:Akariさん
総時間 56:51

癒し風味
http://akarisaimin.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

ドスケベお姉ちゃんのイタズラ催眠

サークル「すたじお ちぇりー」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて悪戯好きなお姉ちゃんが
寝たフリをしてる少年に催眠をかけてから変わったエッチをします。

深呼吸をたっぷりさせながら軽い暗示を入れるリラックス特化の催眠
特定の音やカウントを起点に興奮と絶頂を促すエッチなど
年上の女性に優しく弄ばれる雰囲気を大事にした催眠音声らしいサービスを行います。

この作品はDMM専売となっておりDLsiteでは現在販売されてません。
今後発売される見込みもないようですから興味を持った方はDMMにてお買い求めください。
お姉ちゃんとするいけないお遊戯
お姉ちゃんに催眠をかけられ何度もイかされるお話。

「おーい おーい おーい 起きろ」
お姉ちゃんはやや男らしい話し方をする優しい声のお姉さん。
主人公の部屋に来たところ彼が寝てるので起こそうとすると
寝たフリをしてるとすぐさま見抜き、催眠を使ったエッチな悪戯を始めます。

本作品は肉親もしくは幼馴染あたりの非常に親しい間柄にある彼女が
無抵抗な彼にちょっぴり意地悪する形で催眠やエッチなサービスを提供します。
「ドスケベお姉ちゃん」と言われてるだけあってほぼすべてのシーンを積極的にリードし
エッチも前半と後半でスタイルを大きく切り替え何度も何度も絶頂へ追い込みます。

「あたしがお前に催眠術かけて すっごいいやらしいことしてやる」
セリフだけを見ると乱暴な印象を受けるでしょうが
口調は終始穏やかで高圧的に感じることはまずありません。
弄ばれてる雰囲気をより強く出すために敢えて男性っぽい部分を持たせた感じです。
無理矢理犯す展開にもなりませんし、聴き手を楽しませることを第一に考えながらプレイを進めます。

催眠はおよそ19分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずはお馴染みの深呼吸で心身を一旦落ち着けます。

「本当に眠ってるみたいに 眠ってるみたいに ゆーっくり」
彼が寝たフリをしてる状況を利用し寝てる時の感覚をイメージさせたり
息を吐くのに合わせて「力が抜ける」と軽い暗示を入れるなど
催眠に入るための環境作りを見据えて最中は色んな言葉を投げかけます。

本作品は催眠パートが19分、エッチは11分と深呼吸する時間が非常に長く
これらを続けてるだけでも胸のあたりがスッキリするとか、意識がぼんやりする感覚が湧いてきます。
催眠は意地悪な要素がまったくありませんからいい気分に浸って聴けるでしょう。

7分程度深呼吸を続けた次はいよいよ催眠状態を少しずつ深めていきます。
引き続き呼吸しながら彼女が手を叩くのに合わせて目を開き、しばらくしたら閉じるのを繰り返します。

サークルさんは半覚醒状態と催眠状態を往復させる揺さぶりを意図してやられてると思うのですが
1回目をやる際に目を閉じるタイミングが明確に指定されないこと
閉じたのに合わせて追い込みの暗示を入れてこないことから
このシーンで催眠に入っていく感覚が味わえる可能性は低いと見てます。
私の場合も深呼吸による眠気を軽く感じただけで体の重さや催眠特有の感覚はありませんでした。

深呼吸も合図はしっかりしてるのですがそれに合わせて暗示を入れる頻度が低く
結局のところ暗示を受け入れやすい状況を作ったところで終わってます。
この流れなら例えば呼吸の合図と暗示を入れる声をふたつに分け
それぞれがタイミングを取って語りかけていれば今よりもずっと深いところに誘導できたはずです。
「何のために深呼吸や目の開閉をさせるのか」を考えながら催眠を組み立てて欲しかったです。

ひたすら深呼吸を繰り返すリラックス特化の催眠です。
聴き手の心と体を骨抜きにし、お姉ちゃんが好きに弄べる状態にすることを目的に
最初から最後までほぼずっと深呼吸を繰り返し、その合間に脱力の暗示を入れたり目の開閉をさせます。

全体の流れは特に問題ないと思います。
ですが時間に対する暗示のボリュームが少なく、入れるタイミングも的確とは言えません。
催眠のキーとなってる深呼吸を有効活用できてないところも引っ掛かります。
彼女の目的を考えれば脱力にもっと力を入れてもよかったのではないかなと。

以上のことからあまりよくない催眠と私は考えてます。
最初は優しく、次は意地悪に
エッチシーンは38分間。
プレイは擬似手コキ、音による絶頂、上半身舐め、フェラ、お姉ちゃんのオナニーです。

擬似手コキ、オナニーの際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「今からお姉ちゃんが ご褒美をあげような」
催眠を使って主人公を抵抗できない状態にしたお姉ちゃんは
言葉と音を組み合わせた責めで体の感度や絶頂したい気分を盛り上げます。

エッチは終始彼女がリードする形で進みます。
前半の20分間はおねショタらしい甘やかすスタイルでの責め。
手コキっぽい音を鳴らしながらおちんちんが敏感になる暗示を入れ
ある程度準備できた後にカウントと心臓の鼓動音を組み合わせて最初の絶頂へと導きます。

「この音が聞こえるたびに お姉ちゃんがキスしてくれる おでこの奥が ムズムズして ジンジンして 気持ちよくなる」
「この音がするたびに お前の体の奥がキューッとなって 切なくなる」

このシーンでは彼女が彼の体に直接触れる描写がほとんどない代わりに
責められてるイメージを膨らませる音を適度に鳴らして興奮を後押しします。
特定の音をトリガーに感覚を操作する音モノっぽいプレイと思ってください。
心音以外の音は同人音声のエッチシーンで流れる効果音とほぼ同じで結構エロいです。

絶頂については心音が鳴った瞬間にイク暗示を事前に入れ
それから10あるいは5カウントをストレートに数えるシンプルなものです。
面白い試みだと思うのですが、残念ながらここも前後の暗示が弱い関係で効果が薄くなってます。
今回がまだ2作目なのもあるのでしょうけど、音やカウントといった素材を持て余してる印象を受けました。

それに対して後半は彼女の態度がややSへと傾きます。
心音でイクことを教え込んだうえで今まで通りカウントを数え、それを最後にわざと鳴らさなかったり
5秒程度ちゅぱ音を鳴らしてしゃべるのを繰り返す焦らし系のフェラで性感を限界ギリギリまで蓄積させます。

「イかせてもらえないたびに お前の中でムズムズしたものが溜まって 気が変になりそう」
プレイ自体は意地悪ですが彼女の態度は引き続きさばさばしてます。
言葉責めをしたり彼の情けない姿を嘲笑うことはありません。
前半よりも強い絶頂を味わわせるために敢えてこうしてると見るのが妥当です。

カウントを使った寸止めプレイがメインになるので、カウントを数えるシーンがとにかく多いです。
ただカウントは単に数えるだけだと催眠にとってそれほど意味のある行為にはなりませんから
回数をもう少し減らす代わりに「数が減るほど股間のムズムズが強くなる」など
カウントそのものに暗示を丁寧に入れることを頑張ったほうがより機能したと思います。

「オナニー気持ちいいっ チンポ チンポ好きっ」
最後の絶頂を迎える終盤だけはプレイの内容が大きく変化します。
これまでのプレイで我慢できなくなった彼女が彼に跨ってオナニーを始め
おまんこをかき回す音を鳴らしながらやや下品な淫語を連呼します。

最後まで意地悪に振舞ってたらおねショタらしさが崩れてしまいますし
二人で一緒に楽しんで締めくくる展開はとても良いと思います。

このように、優しさと厳しさが混在した催眠音声らしいエッチが繰り広げられてます。
シチュは良いのだが…
ワイルドな女性が自分なりのやり方で少年をもてなす穏やかな作品です。

お姉ちゃんは自分が来ても恥ずかしくて起きられない主人公を楽しませようと
まずはリラックスできる催眠を施して緊張をほぐし、それから緩急をつけた独特なエッチをします。

全編の半分近くで深呼吸を続けるスタイル、音やカウントといった催眠らしい要素を織り交ぜたエッチ。
おねショタの醍醐味である年上の女性が優しくリードする姿勢を維持しつつ
男女がする普通のエッチとは明らかに違うプレイで彼をドライオーガズムに導きます。

「また遊んで欲しかったら 何度でも戻ってきていいんだぞ? お姉ちゃんは お前のこと大好きだから」
彼女は自分となかなか上手く接することができない彼を可愛いと感じており
強引に責めたりせず言葉と体への刺激を組み合わせてじっくり気持ちよくします。
そしてエッチの終盤では我慢できずにオナニーを始める可愛いところも見せてくれます。
頼り甲斐があって女性らしさも持ってる魅力的なキャラに映りました。

催眠は暗示の扱いや表現が軽い点を改善した方がいいと思います。
深呼吸は催眠音声だと本当によく見かける行為ですが
サークルさんの実力や経験によってその品質に大きな差が出ます。
深呼吸をしっかりやること自体は問題ないので、今後の作品でそれをどう活かすかに期待したいです。

エッチは催眠音声だからこそできるプレイを強く意識してます。
中でもくちゅ音や心音に暗示を連動させるアプローチは珍しくて面白いです。
ただカウントは今のままでは闇雲に数えてるだけになってるかなぁと。
序盤の感度強化も「ムズムズ」「ジンジン」といった同じ単語を繰り返し言ってましたし
催眠パートと同じく暗示の表現力や幅広さを磨いていけばもっと良いものが生まれると思います。

絶頂シーンは10回。
くちゅ音それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

以上のことから今回はこの点数とさせていただきました。
価格がたったの100円ですから興味を持った方はどうぞ気軽にお試しください。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:07:43

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点

ドスケベお姉ちゃんのイタズラ催眠
体験版はこちらにあります


追記
ページがうまく表示されない場合は以下のコメントご覧ください。
http://doonroom.blog.jp/archives/36419653.html#comments

作品自体の点数は3点。
コスパが非常に良いので+2してあります。

女体化催眠!  「あらあら可愛いお嬢ちゃんね♪」

サークル「ボトムズ」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、大きな体と逞しいおちんちんを持つ女調教師が
催眠を使って男性を女の子の姿に変え、それから甘く激しいエッチをします。

一般的なレズプレイに催眠とふたなりを盛り込んだ比較的マイルドサービスが行われており
催眠は古典系の技術に目的となる暗示を絡めてゆっくり深化させ
エッチも無理矢理犯すのではなく心と体の準備を十分にしてから気持ちよくイかせます。
ふたなり女性の優しい調教
ふたなり女調教師の奴隷になり犯されるお話。

「あら、気がついた? うふふ。驚かせてごめんなさい」
ふたなり女調教師は穏やかで色っぽい声の女性。
目を覚ました主人公にこれから何をするか教えてあげると
彼を自分好みの女の子にするための催眠をかけます。

本作品は彼女のペットになって女性の快感をたっぷり味わうことを目的に
まずは女体化催眠を通じて女性の体や奴隷としての心構えを身につけてから
前半はソフト、後半はハードなエッチで合計3度の絶頂を目指します。

ボトムズさんは私の知る限り今まで催眠音声を2本製作されていて
残念ながらそのどちらも品質に大きな難がありました。
しかし今回は無料側で活躍されてるササジマさん(願望消火栓)をシナリオ担当に迎えたおかげで
以前よりもずっと本格的な作品に仕上がっています。

挿し絵だけを見るとかなりハードな内容に思えるでしょうけど
実際は彼女が愛情を注ぎながら屈服させる比較的マイルドな路線で進めます。
痛みや苦しみを与えるシーンはほぼなく、女性特有の快感を与え続ける快楽堕ちっぽい調教です。

催眠はおよそ23分30秒間。
最初は彼女の声に合わせて深呼吸したりお話を聴いて心身をリラックスさせます。
作中では特に指定されませんが仰向けに横になって目を瞑るのがいいでしょう。
催眠開始からエッチ終了まで彼女の声に若干のエフェクトがかかります。

「ゆっくりと呼吸をして、私の話を聞いているうちに、きっと全身の力が抜けて 考えるのも面倒になって、体も心もドロドロになってしまう」
「例えば、大空から落ちてくる雨粒。重力に引かれて、落ちて、落ちて、落ちて、地上にぶつかる」

深呼吸の最中にタイミングよく言葉をかけたり、自然に関するイメージに暗示を込めるなど
ふたなり女調教師は早速様々なアプローチをかけて意識の力を少しずつ弱めます。
作品説明文のプロフィールではかなりの悪女となってますが
声や口調は至って上品で彼に対してもあまり高圧的な態度を取らずに接します。

他にもお話の最中に柔らかい表現で彼女に従うメリットを教えるなど
押し付けるのではなく自分からそうなりたくなるように誘導します。
言い回しにも気を遣ってますし、彼女に対して嫌な気分を抱く人は少ないと思います。

お次はカウントを数えて一度半覚醒させ、もう一度数えて深化させる動作を数回繰り返します。
催眠音声では割とよく見かける「揺さぶり」という技法です。

「崖から放り投げられた小石のように、何も考えず全てを任せて落ちていく。一番下の深い所まで落ちて、落ちて、落ちていく」
1回目は前後の暗示を厚めにして入念に、それ以降は段階的に間を短くしながら
「落ちる」などの言葉を多めに投げかける手堅い深化です。
回数が増えるほど半覚醒時の意識のぼやけや深化時の心地いい感覚が強く味わえるでしょう。
カウントの数え方や暗示の言い方にもっと気を配っていればより良くなったと思います。

本題にあたる女体化は最後の7分間。
顔、腕、胸、性器など男女の差が顕著に出る部位に的を絞りそれぞれでカウントを数えます。

「まずは頭から。長い髪、大きな瞳、小さな鼻、柔らかな唇」
進め方はいいと思うのですが、変化後の女性像に関するフォローが特にされてなかったり
容姿の変化にだけ触れておっぱいやおまんこの感覚はこれといった暗示を入れてこないなど
女体化催眠と呼ぶには配慮に欠ける部分がいくつか見られます。

前者は敢えて具体的に言わないことでイメージ力を膨らませようとしたのでしょうけど
それなら「あなたの好きな容姿をイメージしていいわよ」などを言って欲しかったです。
後者も見た目を変えるだけではエッチで気持ちよくなれませんから重要です。

脱力感を通じて男性よりも非力になった気分にさせるところまでは良かったのですが…。
聴き手を女性になりきらせるための工夫がもう少し欲しいです。

古典系の技術をベースに自然な服従を促すシンプルでテーマ性のある催眠です。
聴き手を女の子の姿に変え、尚且つふたなり女調教師の言葉を素直に受け入れられる心にすることを目的に
深呼吸やイメージによる脱力、揺さぶりを使った深化、追加の脱力&女体化と
後になるほど催眠が深まり抵抗力も薄れるように少しずつ導きます。

細かく見ると気になる部分はあるものの、深化させるところまでは十分な品質を持ってると言えます。
ただし催眠の〆を飾る女体化については先ほど書いたように粗さが見られました。
女体化作品で女体化に失敗するとこの後のエッチが成り立たなくなりますから
その可能性をできるだけ減らすための保険をかけても良かったと思います。
最初は優しく、次は激しく
エッチシーンは2パート39分間。
プレイは手マン、クリ責め、クリトリスへのキス、SEX(体位不明)です。

手マン、クリ責め、SEX、射精の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「今からあなたにしてもらうのは、とっても気持ち良くて素敵なこと」
催眠を使って主人公を可愛い女の子へ変えたふたなり女調教師は
彼に脚を開かせ綺麗なおまんこを指で優しくいじります。

エッチは終始彼女が責める形で進みます。
最初の「処女を奪ってあげる」は前戯に力を入れてるパート(約25分30秒)。
指でおまんこの外側を十分にいじってから中に差し込み
そのままクリトリスも指や唇で責めて愛液をたっぷり分泌させます。

「ほら、私の指があなたのピッチリと閉じたおまんこの周囲を撫で回す。なんてことのない些細な刺激なのに、何だかとても気持ちいい」
そして彼女はプレイの様子を実況しながら気持ちよく暗示を丁寧に入れて、イメージ力と快感をバランスよく膨らませます。
本作品のエッチは感度を強化する暗示が非常に多く
焦らしや寸止めといったやや意地悪な責めも相まって後になるほど股間がムズムズしてきます。
セリフの邪魔にならないよう効果音の音量を控えめにしてるのも良いです。

エッチに入ってもふたなり女調教師は引き続き優しく接してくれますから
調教されてる感覚をあまり抱くことなく気持ちよくなれるでしょう。
女性の快感を思う存分味わわせて離れられなくする女体化作品らしい調教です。

穏やかな雰囲気に変化が訪れるのはプレイ開始からおよそ24分後。
エッチを通じて奴隷の心をさらに養い、おまんこもぐちょぐちょにしたところで
いよいよ自慢のおちんちんで彼の膣内を一気に貫きます。

「全身の快感が弾けて、頭の中が気持ちよさでめちゃくちゃになり、アクメに達する!」
このパート内のSEXは2分程度と非常に短いのですが
これまでに言葉、暗示、エッチな音を使って心身を十分に盛り上げてることや
穏やかだった前戯から一転して激しく責めるおかげで、股間を中心に熱やエネルギーが一気に高まってきます。
挿入後に流れる「ぱちゅん」というピストン音も激しく、絶頂時の追い込み暗示も力強いです。

まったり責め続けるだけでは奴隷への調教になりませんから
このように落差をつけてイかせるスタイルは効果的だと思います。
ご奉仕っぽいプレイだけど上下関係だけはきっちり維持するところも作品の雰囲気に合ってます。

続く「連続絶頂」は激しさを前面に押し出したパート(約13分30秒)。
先ほどのSEXで彼をイかせたものの、自分はまだまだ射精に届かず欲求不満なふたなり女調教師が
そのままプレイを続けて彼を2回連続の絶頂へと追い込みます。

「7、8、9、10、回数を重ねるごとに快感が積み重なっていって ほら、もっと感じてしまっていいのよ」
「クリトリスを責められる度に鋭い快感が全身に走って、中を責められる度に全身がとろけるような甘い快感が全身に広がる」

1回目は緩めのピストンで、2回目はクリ責めも一緒にとスタイルを切り替え
前のパートと同じく感度の上がる暗示を入念に入れる催眠音声らしいエッチです。
大事な部分をおちんちんで擦られる快感、ご主人様に犯される快感、そして彼女の精液を注がれる快感。
男性では決して味わえない要素をいくつも組み合わせて絶頂へ追い込んでくれます。

このように、多少の調教要素を交えた主観的に楽しみやすいエッチが繰り広げられてます。
マイルドな調教作品
どぎつい描写を極力抑えた聴きやすい作品です。

ふたなり女調教師は主人公を自分好みの従順なメス奴隷へと変えるために
まずは催眠を通じて女性の体を与えつつ抵抗心の除去を行い
それから緩急をつけたエッチで心身両面を自分の虜にします。

安定感のある技術と暗示を組み合わせてしっかり深める堅実な催眠
痛みや苦しみではなく快楽で彼を堕とす甘めのエッチ。
「調教」から連想される激しさや凄惨さをできるだけ匂わせずに彼を手懐けようとします。

「大丈夫よ。また可愛がってあげるから」
音声を聴く前は「最初は優しく接して徐々に本性を現すのかな?」とも思ってたのですが
実際は最初から最後まで気のいい女性であり続けます。
エッチの描写がソフトですし、エンディングもさっぱりしてるのでM性が低めの人でも割と聴けます。
ドMの人が期待して聴いたらおそらく拍子抜けするでしょう。

催眠はササジマさんが過去に出された無料作品に比べるとグレードダウンしてる印象を受けました。
彼が台本だけ担当したのか、それとも演技指導や編集まで手がけてるのかがわからないので
私もそこまで突っ込んだことを書けないというのが実際のところです。

「ねえ。私はあなた好みの主人よ? わかるよね? マゾなんだから?」
エッチはササジマさんがハード系の作品に初挑戦されたこともあり甘さが強いです。
彼女が調教師を名乗ってることや、主人公が作中である程度のM性を持ってると明言されてることを考えると
M心を刺激する描写やアプローチがもう少しあっても良かったかもしれません。
例えば他人に大事な部分を好き放題弄ばれてるシチュや、SEXであっさりイかされてしまった屈辱感などです。

あと連続絶頂パートの最後でカウントを数え、追い込み暗示を入れた直後に音声が終わるのも引っ掛かります。
ドライとはいえ連続絶頂を迎えたのですから、その余韻に浸る時間が30秒程度は欲しいです。

絶頂シーンは3回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。
おまけは「中古便器の分際で」パートです。

CV:柚木つばめさん
総時間 1:23:55(本編…1:17:06 おまけ…6:49)

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

【催眠音声】女の子に添い寝でえっちな催眠かけられ手ェよ

サークル「mosquito cock」さんの催眠音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、声も態度もあまあまな女の子が
体を密着させながら他愛もない会話をしたり催眠をかけて幸せにします。

普通の会話にできるだけ近づけた極めてナチュラルな演技、リラックス重視の堅実な催眠
複数個所を同時にいじりながら少しずつ絶頂へと導くエッチなど
恋人同士がイチャイチャする雰囲気を大事にした癒し要素満載のサービスが味わえます。

音声を聴く前に抱き枕をご用意ください(無しでも可)。
優しい女性との幸せなひと時
女の子に催眠をかけられ乳首や耳を責められるお話。

「何してんの? 暇? 暇ですかー」
女の子は明るくて甘い声の女の子。
暇そうにしてる主人公に声をかけると
彼に腕枕してもらいながら他愛もないことを話します。

本作品は恋人と言っても差し支えないほど親しい関係にあたる彼女が
軽い世間話をしてから催眠をかけたりドライ系のエッチをします。

サークルさんは「酒に酔った勢いでシナリオを書いた」とおっしゃられてますが
処女作とは思えないほど催眠、エッチどちらもレベルが高く
特に催眠は特定のタイミングですーっと落ちていく感覚がとても味わいやすいです。

「ねぇねぇ たまにはさ腕枕とかしてよ うんうん私のことをさ はいはい腕こっちに貸して」
そう言える最大の要因は彼女のキャラ。
最初から友人や家族に対するような大変親しい口調と態度で接し
サービス中も多くのシーンで自ら体を密着させて癒しと温もりを与えます。


セリフをしゃべるよりも普通に会話する感じで語りかけてくれますから
目を瞑って聴いてると彼女がすぐそばにいる気分がしてきます。
販売ページの説明文には書かれてませんがバイノーラル録音を採用しており
シーンによって声の位置や距離を変える凝った演出もされてます。

聴いたことのある人向けに付け加えると、エロトランスさんの「リアルヒプノ」に雰囲気がよく似てます。
あちらが好きな人ならその時点でこの作品も同じく楽しめるでしょう。
リラックス重視の和やかな催眠
音声が始まってから最初の10分間は世間話。
主人公の腕枕で添い寝しながら女の子が会話したり軽いスキンシップをとります。

「ほんと冬はさお部屋暖房入れてあったかいのに 足とかめちゃくちゃ冷たくなるんだよねー 嫌がらせかーってね」
「えへへ柔らかいかー 満足するまで触っていいよ」

ボディソープの話、体温の話、ほっぺたの柔らかさの話など他愛もないことばかり。
でも彼女の柔らかい声や口調のおかげでなんだかホッとします。
催眠とは直接関係のないシーンですが、彼女との信頼関係の構築に大変役立ってると言えます。
催眠者の人となりを教え、自然な形で作品の世界に引きこむ本作品らしいアプローチです。

その後から始まる催眠は13分30秒ほど。
今度は彼女に腕枕してもらった状態で深呼吸したり肩や顔の筋肉を脱力させます。
目は開ける/閉じるどちらでもいいそうです。

「肩の力が腕とか腰の方に抜けていくような感じがしたり 肩の力が抜けてずーんと重くなったりするかもしれないね」
呼吸の合図や数字を数えてタイミングをわかりやすく指示しながら
力が抜けた時を見計らって上のセリフのようなやや婉曲な暗示を入れてくれます。
どのシーンも暗示を入れるタイミングが的確で感覚の変化が実感しやすいです。

事前の会話も含めて本作品の催眠はリラックスに力を入れており
技術、暗示、口調に統一感があってとても癒されます。
ある程度聴き続けてると眠気や体がへにゃっとした感覚がするでしょう。

「まぶたが重くなる 何も考えられなくなる すーっと気持ちのいい世界に落ちていく ズーンと落ちていく どんどんおちる」
また顔の運動を終えたあたりでは催眠特有のずーんと来る感覚も味わえます。
この後にも短めのカウントを何度か刻んで段階的に深化させてくれますし
大切な人を驚かせないようにゆっくりと心地いい世界へ導きます。

人肌の温もりや幸福感を与えながら催眠状態を深める癒しに満ちた催眠です。
十分な深さにまで誘導し、エッチを楽しめる敏感な心と体にすることを目的に
深呼吸から上半身の脱力、カウントを使った深化と基本的な技術を堅実に組み合わせて進めます。

催眠の実時間は短めですが、事前の会話のおかげで心がほぐれており
誘導自体も丁寧で後になるほど沼に飲み込まれていくような心地いい感覚が強くなります。
ベースの技術は古典催眠を使用し、暗示の言い回しは現代催眠のテクニックにあたる許容暗示を取り入れてます。
この内容で「力が抜ける」とか言うと堅苦しくなりますから、こういう工夫をされてるのは大変素晴らしいです。

まとめると、テーマ性があり技術力もある優れた催眠です。
甘やかされる幸福感を味わいながら
エッチシーンは20分間。
プレイは耳舐め、口の内側を舐める、乳首オナニー、言葉による絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありですが射精表現はありません。

「さてさて どうしてあげよっかなー えっちなスイッチ入れようか」
催眠をかけて主人公の心と体をとろとろにした女の子は
彼にもっと気持ちよくなってもらおうと言葉を使ってエッチなスイッチを入れます。

エッチは比較的ソフトなプレイと技術を組み合わせて気持ちよくします。
最初の15分間は絶頂に向けての準備にあたるシーン。
感度が上がる暗示を入れたり彼女が耳舐めをしてエッチな気分をさらに盛り上げ
自分でも乳首を指で、口の裏側を舌でいじり別方向からそれを手伝います。

「敏感になっちゃってるんだし 声出ちゃったりビクビクしちゃったり 我慢しないでいいからね ありのままを見せてよ 私はそれが見たいんだからさー」
「きもちいいが貯まれば貯まるほど 体は溜まった分だけ敏感になっていってしまいます 感じれば感じるほど 体の感度はどんどん上がってっちゃうよー」

エッチに入っても彼女の態度は引き続きあまあま。
自分の声や舌で感じてる彼を一切見下さず、むしろ嬉しそうに見守ります。
暗示も引き続き会話に近い表現が徹底されていて優しい雰囲気をしっかり維持します。
体への刺激はある程度抑え、その不足分を癒しや幸福感といった精神面の心地よさでカバーしています。

プレイで面白いのは口の裏を舐めるやつでしょうね。
上あごの奥のほうにあるざらざらした部分が性感帯らしく、そこを舐めて気持ちよくします。
実際にやってみたところ性的快感と呼ぶほど強くありませんがむず痒い感覚はしました。
音声作品でこういうプレイは初めて聴きました。

最初は耳舐め、次はこのプレイ、もう少し後には乳首オナニーといったように
後になるほどプレイのバリエーションを増やし、それらを同時に行うことで快感を高めます。
ひとつひとつは弱いけど全部合わせたらそれなりに気持ちよくなるように組み立ててるわけです。

「溜め込んだ快感が一気に爆発してしまう さっきより強い快感が体中を駆け巡って もう何が起こってるのかわからなくなっちゃうかもしれない」
残りの5分間はこれまで貯めてきたものを一気に吐き出す絶頂シーン。
カウントを数えてから追い込み暗示を入れるオーソドックスなスタイルで
焦らしや寸止めを一切交えずストレートにイかせてくれます。

乳首オナニーが絡む関係で開発具合によってオーガズムの強さにある程度の差が出そうですが
うまく催眠に入っていれば「気持ちいい」と言えるレベルの絶頂感が襲ってきます。
癒し重視ということで体にあまり負担をかけないように導いてる印象を受けました。
1回では物足りない人向けに連続絶頂形式を採用してるのも良いです。

このように、女性に甘やかされながら絶頂を目指すあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
だらっとしてる作品
最初から最後までゆるーく話しかけてくれる癒し特化の作品です。

女の子は大好きな主人公を普段とは違った形で癒そうと
小話を通じて催眠をかけるきっかけを掴み、それから丁寧な誘導で催眠の感覚やドライオーガズムを味わわせます。

仲の良さが感じられる親しげな声と態度、癒しの空気をそのまま技術にしたかのような催眠
心身にできるだけ負担をかけずに感度上昇や絶頂を促すエッチ。
M向けの要素は微塵も見せず、思いやりや愛情を注ぎながらそれぞれをゆっくり進めます。

「せっかくだからこのままぐっすり眠っちゃおうね ずーっと一緒にいてあげるからさ」
この作品が持つ最大の魅力は彼女との距離の近さです。
添い寝や抱き合ってサービスを進める体の密着感に加え
言葉の端々から彼を大事に想う気持ち(=心の近さ)が滲み出ています。
恥ずかしい姿をすべて受け止めてくれる包容力にも大変癒されます。

催眠音声では女性が突然現れて催眠を始める作品もそれなりにありますが
本作品の場合は相手の存在や温もりを伝えながら催眠やエッチをすることにこだわってます。
簡単に言えば「雰囲気がいい」となるのですが、そう感じる明確な材料がいくつも内包されてます。

催眠はしっかり落とすことを大事にしていてかなり入りやすいです。
1記事につき10個しかタグをつけられないルールのせいで「初心者向け」タグをつけてませんが
この内容なら催眠にあまり慣れてない人でもその感覚を実感できると思います。
今年参入してきた新規さんの中ではずば抜けて優れてます。

エッチは激しく愛し合うのではなくイチャイチャする感じをプレイに反映させてます。
幸福感に浸りながら気持ちよくなれるので聴いた後もしばらく良い気分が続くでしょう。
耳舐めもペースを緩めて上品な音を鳴らします。

絶頂シーンは2回。
ちゅぱ音そこそこ、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

人恋しさや疲れを感じてる人には特に聴いてほしい作品です。

CV:そらまめ。さん
総時間 初回用…47:39 二回目以降用…38:55 翌朝用音声…3:51
(オリジナル部分の合計は60分程度)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

TRハウス(TS)

TS heavenさんで配布されてる無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、男性の夢を叶えてくれる変わったお店で
アンドロイドが催眠を交えた気持ちいいサービスを提供します。

触手や他の女性ではなく本物の男性に犯される正統派のM向けプレイが行われており
おっぱいやおまんこを責められる純粋な快感はもちろん
男性に体を激しく求められるシチュを通じて幸福感も味わわせます。
ラボへ移動し女性型アンドロイドに魂を移すまでの様子に技術を絡めた催眠も個性的です。

今回は男性バージョンを聴いてのレビューをお送りします。
男女のエッチを反対側で体験
TR1に女体化催眠をかけられ男性に犯されるお話。

「はじめまして、やはり来られたのですね」
TR1は淡々とした口調で話す穏やかな声のお姉さん。
来店した主人公にサービスのコンセプトを説明すると
まずは彼を車に乗せて海底100メートルの地中にあるラボへと案内します。

本作品は男女のエッチを女性側でストレートに体験することを目的に
彼女が彼をラボへ案内しながら催眠を施し、それから背が高く筋肉質の男性に責められます。
サークルさんの過去作と同じくボイスロイドが声を担当しています。

女体化催眠音声は有料無料いずれもかなりの数が存在しますが
触手責め、機械責め、レズプレイといった男性を相手にしないものが多いです。
しかし本作品では最初の時点で男性に愛されることをはっきり定め
それに向けて心と体をバランスよく女性へと近づけていきます。


どうしても苦手な人向けにふたなりサキュバスが相手をするバージョンも一応ありますが
サークルさんは男性バージョンを聴くことを推奨されてます。
男性に犯されるといっても陵辱系ではなく、Mっ気のある主人公を楽しませるためにやや乱暴に責める程度です。
痛みや苦しみを伴う描写はほとんどありませんから、他の女体化音声と同じ感覚で聴けるでしょう。

催眠は5パート42分間。
白いワンボックスカーに乗り込み、リクライニングシートに体を預けた状態で目を閉じ
まずは深呼吸したり周りの情景を思い浮かべて心身をリラックスさせます。

「外は天気がよく、陽気な日差しが差し込んできて心地いいです ほんのりとあたたかな日差しに、思わず頬が緩み、肩の力もぬけてゆきます」
「浮いては沈み 沈んでは浮かび また沈む 全身の力が完全にぬけて、ふわふわ、ゆらゆらと波に漂う」

窓の外から降り注ぐ日光、高速道路の継ぎ目を通過するたびに感じる小さな揺れ
そこから見える海に関する様々なイメージ。
テーマの女体化には一切触れず自然物に暗示を絡めて癒します。

「カタンカタン」「ぷかぷか」といった擬声語を積極的に盛り込んでるおかげでセリフにリズムがあり
イメージのしやすさも相まってホッとする気分が自然と湧いてきます。
主人公が移動する様子をそのまま催眠にしてるところも面白いです。

お次は彼が魂を移し変える女性型アンドロイドの説明を受け
さらに二人のアンドロイドからマッサージされてるイメージを通じて手足をさらに脱力させます。
アンドロイドの正式名称は「TX7-α」ですが作中ではミクと呼ばれてます。

「四つの手で、ぐーーっと、上から下へ圧迫される 腕全体がベッドに押し付けられて動かせない状態 そのまま、ゆっくり押さえられ、腕全体が重くなる」
事前に数回全身に力を入れて抜くのを繰り返してからイメージする複合的な脱力です。
先ほどよりもやや間を取りながら一箇所ずつ丁寧に暗示を入れるのがいいですね。
声優さんの演技にできるだけ近づけようと声や口調の編集をかなり頑張ってます。

車が港に着いた後はいよいよ潜水艇に乗り込みミクと融合するための更なる準備を進めます。
10メートル刻みで潜りつつ深化の暗示を入れて催眠状態を徐々に深め
さらにミクの映像を流して彼女との共通点をひとつずつ増やしていきます。

「体はどんどん重くなるけど、意識はふわっと宙に浮くような感覚がする、あなたの魂と体が、少しずつ離れ始める、あなたはミクになり、ミクとして男性を受け入れる」
潜るイメージにカウントを絡めて深化と女体化を同時に行う珍しいシーンです。
カウント後の追い込み暗示がしっかりしてるおかげで後になるほど頭や体の重さを強く感じます。
特に最後の50メートルはジェットコースターに乗ってるのに近い感覚が味わえるかもしれません。

深化の感覚を体と魂が分離する感覚に例えてミクへ乗り移りやすくするアプローチもテーマに合ってます。
このシーンで全部終わりじゃなく直後に8分程度の時間をかけて女体化を定着させてもくれます。

ラボへ移動しミクと同化する過程に技術を盛り込んだ独特な催眠です。
聴き手の心を男性の体から離しミクに定着させることを目的に
序盤は深呼吸やイメージによる純粋なリラックス、中盤はミクのイメージと更なる脱力
終盤は深化+女体化と段階的にじっくり誘導します。

どのシーンもイメージ力を膨らませるセリフが多く
主人公がどんなものを見てるのかが手に取るようにわかります。
そしてこれは作品への没入感を高めるのにも役立ってます。
最後の深化もきっちり落としてくれますし、催眠にはかなり入りやすいほうと見ています。

女体化についてはエッチで男性にご奉仕する快感や責められる幸福感を強めに味わわせてくれるので
催眠パート終了時よりもエッチシーンでその効果がわかるでしょう。
男性を相手にすることに対してあまり抵抗を感じなくなります。
ちょっぴり乱暴に責められる快感
エッチシーンは2パート28分間。
プレイはハグ、乳揉み、キス、フェラ、クンニ、SEX(正常位)、乳首舐めです。

クンニの際にちゅぱ音、SEXと射精の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「あなたが服を脱ごうとしたところを、彼が後ろから抱き着いてきました」
TR1の催眠でミクに魂を移すことに成功した主人公は
エッチの前にシャワーを浴びようとしていたところをパートナーの男性に後ろから抱きつかれます。

エッチは男性が主導権を握りお互いに責め合う形で進みます。
前半のプレイタイム01は本番に向けての前戯にあたるパート(約14分)。
背後からのハグと乳揉みから始まり正面に回ってのキス、フェラ、69でのクンニと
体だけでなく心も近づくように相手の体をゆっくり味わいます。

「やわらかく胸を揉まれる 逃げられないのに、やさしく胸を揉まれて、何がなんだかわからなくなってくる 頭は真っ白になり、これからされるいやらしいことしか考えられない」
そしてTR1はセリフのほとんどを聴き手視点で実況し
その中に気持ちよくなる暗示を込めて実際に責められてるイメージと感覚を膨らませます。
彼がやや強引に責めるシーンがあるものの、表現がかなり抑えられてるので辛いと感じることはまずありません。
それよりも自分の体を激しく求めてくれることに満たされた気分がするでしょう。

「やがて、頭がクラクラしてきて意識が飛びそうになった瞬間、さっとペニスを引かれ意識が戻ってくる それを何度も繰り返されると頭の中が朦朧として、ただ、犯されることに幸せを感じるようになっていく」
その部分が最も色濃く出てるのがパート中盤から始まるフェラ。
口に含むと息ができなくなるくらい逞しいおちんちんをミクが嬉しそうに受け入れます。
素の精神状態でこれを聴いたらホモでもない限り嫌な感じがするはずです。
でもきちんと催眠に入っていればそういったことはなくむしろ興奮したり股間がピクピク痙攣します。
男性のままでは難しいプレイを敢えて取り入れることで女体化を強く実感させてくれます。

続くプレイタイム02はお待ちかねのSEX(約14分)。
M字開脚の格好で挿入して最初は動かずに性器の感触を楽しみ
十分馴染んでからはややゆっくりしたスピードでリズミカルに腰を打ちつけます。

「ガンガン突かれることを望むように体が勝手に反応していく おまんこも乳首も更に激しい責めを求めている」
挿入直後のシーンはわざと動かないでミクのおねだりを引き出す焦らしであり
大きなおちんちんを急に動かして彼女を苦しめたくない彼の優しさとも取れます。
彼が単に欲望の捌け口として彼女の体を使ってるのならわざわざこういうことはしないはずです。

彼の行動を通じてその気持ちもなんとなく伝わってくるのが実に良いです。
SEXは一人じゃ絶対にできない行為ですから、相手の存在を強く感じられるほうが臨場感も上がります。

「彼と一つになれたことが嬉しい ぶち込まれ、犯され、屈服させられながら、気持ちよくて、嬉しくて、涙が出そう」
その後のピストンも男性に大事な部分を貫かれる純粋な快感だけでなく
男性に屈服する快感や膣内を精液で染め上げられる被征服感など
精神面の快楽もバランスよくくすぐってドライオーガズムを迎えやすくしてくれます。

絶頂シーンのすべてでカウントを数えてくれるのでタイミングが取りやすく
カウント後の畳み掛けるような追い込み暗示もそれを上手に後押ししてます。
個人的には最後のSEXからの中出しシーンが最もイキやすく感じました。
お漏らしのようなじんわりした温かさが股間に広がり、直後に痙攣が10秒くらい続いて気持ちよかったです。

このように、男性に愛される気分を大事にした一体感のあるエッチが繰り広げられてます。
愛のあるM向け作品
女性の快感をものすごくストレートに味わわせてくれる作品です。

TR1は女体化願望のある主人公ができるだけ女性に近い立ち位置でエッチを楽しめるように
まずはプレイ会場となるラボへと案内しながら催眠をかけ
それから逞しい男性に責められ続けるM向けのプレイを提供します。

物語の世界を語りながら催眠状態を徐々に深めていくイメージ重視の催眠
その状況を活かしつつ男性の気持ちも伝えて相手の存在と温もりを与えるエッチ。
女性の快感だけを追い求めるのではなく、男性と一緒に絶頂へ上り詰めるスタイルで気持ちよくします。

「これが本当の女の快感 ぶちこまれ、犯され、心も体もメロメロに陥落したけど、嬉しくて泣きそうになるくらい幸せ」
自分が男性に必要とされてる、求められてることを強く実感させてくれるので
プレイ中の精神的な充実感がオナニーの時よりもずっと高いです。
セリフの表現や暗示の入れ方も的確で優れてますし
男性とガチでエッチするシチュさえ受け入れられるのならかなりの満足感が得られます。

催眠は作品の世界観を損なわずに深化や女体化へ持って行ってるところが素晴らしいです。
自然物以外のわかりにくい部分は言葉でちゃんとフォローしてくれます。
過去作より明らかにレベルアップしてると感じました。

エッチは多少の強引さや乱暴さを出しつつ大事な部分は優しくします。
愛情の裏返しと言いますか、好きだからこそつい突っ走ってしまう感じです。
状況描写がわかりやすく効果音も鳴るのでプレイの様子を簡単にイメージできます。

絶頂シーンは3回。
淫語そこそこ、くちゅ音とちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

男女のエッチを普段とは真逆の立場で味わわせてくれる作品です。
無料ですから興味を持った方は是非一度お試しください。

CV:VOICEROID+結月ゆかりさん
総時間 男性バージョン…1:24:51 ふたなりサキュバスバージョン…1:24:52

TS heaven
http://ts-heaven.blog.jp/archives/17490847.html

女の子のアナタが初めての女の子オナニーしちゃう催眠音声

サークル「黒月堂」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、女子校のお姉さまっぽい上品な先輩が
エッチをほとんど知らない女の子に女性の快感をじっくり優しく教えます。

女体化誘導を挟まずに女性になりきってエッチする展開や
暗示ではなく指示を与えてオナニーをリードするプレイスタイルなど
催眠音声よりもオナサポ系の同人音声に近い作りをしてるのが特徴です。

音声を聴く前に以下のものをご用意ください。
制服、可愛い下着、梵天つき耳かき棒(必須)、ローション(必須)、自分は女の子だという自覚
女の子の初オナニーを疑似体験
先輩の天堂麻里香にオナニーのやり方を教えてもらうお話。

「ごきげんよう。このワタクシ、天堂麻里香に何かご用かしら?」
麻里香は明るくて上品な声のお姉さん。
主人公に女性のオナニーを教えて欲しいと言われて少し驚くと
部屋のソファに座らせ、足を開かせて恥ずかしい格好にします。

本作品は女性になりきって乳首やクリトリスをいじる快感を存分に味わってもらうことを目的に
彼女がごくごく軽い催眠を施してから1時間以上にも渡る丁寧なオナサポをします。

催眠音声でこのシチュだと女体化をイメージする人がそれなりにいるでしょうが
作中で彼女が女体化誘導することは一切ありません。
冒頭の準備物にも書いたように、聴き手が自分の力で女の子になりきりプレイに取り組みます。

「恥ずかしそうにおっぱいを触っている貴女、とっても可愛い。女の子のオナニーしてる姿って、エッチで可愛いわ」
ただし、彼女のセリフは女の子らしさを非常に強く意識してます。
エッチに未熟な主人公を笑うどころか「可愛い」と褒め称え
プレイ中もどこをどのようにいじればいいのかを細かく教えながらゆっくり絶頂に導きます。

同人音声のほうで主に活躍されてるサークルさんなので
催眠音声専門のサークルさんとは色んな部分に違いが見られます。
ガチの催眠音声ではなく催眠を織り交ぜたオナサポ音声と呼ぶのが妥当な内容です。

催眠はおよそ11分間。
ソファに座って楽な姿勢を取り、目を瞑ったままゆっくり深呼吸するところから始めます。

「貴女の指先から力が抜けていく。心地良いお湯の中でフワフワ、フワフワと漂っている感じ」
そして彼女は短い間に主人公をできるだけリラックスさせられるように
お風呂に入ってるイメージを交えて体から力を抜いていきます。
このシーンはお湯の揺れる音も鳴るので結構リアルです。

イメージの扱い方は上手ですが、この場合は暗示を「力が抜ける」よりも
「温かくて気持ちいい」と入れることを頑張ったほうが良かったと思います。
お風呂に入ってるなら脱力感より温感のほうを強く感じるでしょうし
催眠後に始まるエッチがセルフ主体なのを考えればあまり力を抜かないほうがスムーズに進みます。

大事なのは力を抜くことではなく心身をリラックスさせることではないでしょうか。
目的に沿った暗示を選ぶことも催眠音声では重要です。

「さあ、ゆっくり目を開けて。今から、私が20から0まで数を数えます」
お次はお馴染みのカウントを数えて催眠状態をさらに深めます。
しかしカウントを始める前になぜか目を開ける指示が出たり
最中の暗示が体の感度を上げるものばかりなのがどうにも引っ掛かりました。

感度上昇はエッチを見据えてのことなのでしょうが、この催眠には深化と呼べるシーンが特になく
催眠状態をほとんど深めないままメインの暗示を入れてしまっています。
私が聴いた時も催眠に入った感覚はほとんどしませんでした。
そんな状況で大事な暗示を入れてもあまり効果は見込めないと思います。

カウントの直前にわざわざ目を開ける理由もよくわかりません。
人間は目を閉じてるほうがずっとリラックスできますし、情報が制限されて音声にも集中しやすくなります。
「催眠じゃない」と言う気はありませんが違和感を覚える部分がいくつも見られます。
性感帯を焦らすようにゆっくりと
エッチシーンは2パート65分30秒間。
プレイは耳たぶへのキス、乳首オナニー、亀頭オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフは有りになります。

「さあ、それじゃあ始めるわよ。まずは、貴女の可愛いおっぱいを見せて頂こうかしら」
主人公にコンパクトな催眠を施してリラックスさせた麻里香は
いよいよ本題となるオナニーのやり方を手取り足取り教えます。

エッチは彼女に言われた通り指を動かして乳首や亀頭を刺激します。
最初の「チクニーで快感を高める」パートでするのは乳首オナニー(約34分30秒)。
序盤から中盤は耳かき棒を、終盤は指を使ってゆっくりいじります。

「まずは利き手の人差し指と親指で、利き手側のおっぱいの乳輪の右と左の部分を優しく、そ~っと擦るの」
そして彼女はどのシーンでもどこをどのようにいじればいいのかや、その際の心得やコツを丁寧に教えます。
暗示で体の動きをコントロールしたり感度を上げることはほとんどなく
同人音声側で人気のあるオナサポにとても近い作りをしています。

一応感度の強化はとあるトリガーを用意してるのですが
前項で話した通り催眠が不完全なので実際にそうなる可能性は薄いかなと。
ただしオナニーの進め方はしっかりしていてやりやすいです。

「さあ、反対の乳輪にも梵天で円を描いてみて。ほらほら、力が入ってる。力は抜いて。優しく、触れてないぐらいの力加減よ」
このパートで特徴的なプレイは耳かき棒を使ったオナニー
梵天→ヘラの順に乳輪、乳頭、乳首を丹念にいじります。
乳首特化の作品がこのところ俄かに増えてますがこういうプレイは初めて聴きました。
梵天はこそばゆくて面白いし、ヘラは強めの刺激が走って別の良さを持ってます。

続く「クリオナで絶頂」は亀頭に的を絞ったオナニー(約31分)。
最初はパンツ越しに、しばらくすると直に指や手を使ってたっぷりいじり
絶頂しそうになったら手を止めるのを繰り返して性感をできる限り蓄積させます。

「スゴイでしょ? 剥いたクリを触ると、快感の刺激が今までの倍になるよね」
エッチが始まっても麻里香の態度は引き続きあまあま。
裸になりおまんこを晒してる主人公を一切見下さず、むしろ嬉しそうな表情で指示や言葉をかけます。
サークルさんが当初百合系の作品を目指されてただけあって雰囲気はとても柔らかく
途中で激しくいじりたいと言う彼を彼女が制止するシーンもあります。
焦らしをやや意識したまったり系のエッチです。

プレイについてはパンツ越しに指でなぞるところから始まり
パンツを脱ぎローションを塗ってから優しく押したり、指で輪っかを作りカリ首を刺激するなど
十分過ぎる時間を活用して幅広い刺激が得られるようにリードします。
彼女はクリトリスと言いますが亀頭オナニーと同じ感覚でやってもまったく問題はありません。

ちなみに最後の絶頂シーンはドライ、ウェットどちらでもいいそうです。
指で実際にいじり続けることを考えればウェットのほうがずっとやりやすいでしょうね。
ドライはこの内容だとさすがに厳しいと思います。

このように、百合っぽさを出しつつ性感帯をじっくりいじる和やかなエッチが繰り広げられてます。
優しく教えてくれる作品
催眠音声と言うよりはほんの少しの催眠要素を含んだオナサポ音声です。

麻里香は女性の快感に興味を持ってるけどやり方がわからない主人公にそれを味わわせようと
お嬢様っぽい優雅な態度で最初から最後までいじり方やそのペースを丁寧に教えます。

簡単に入手できる器具を交えて色んな快感を与える乳首オナニー
敏感な部分なので痛みを与えないよう注意して続けさせる亀頭オナニー。
18禁音声としての実用性をひたすら追求したテーマに沿ったプレイをします。

「恥ずかしがらずに、どんどんエッチな挑戦をして頂戴ね」
そして女体化誘導しないハンデを補うためにセリフの表現を工夫しています。
実際に女の子になりきれるかはともかく、そんな雰囲気でエッチをしてるのは事実です。
オナサポ自体も男性相手の時よりずっと穏やかで柔らかいです。

催眠については時間的にも内容的にもほぼおまけです。
リラックスさせたところでエッチに進んでしまってますし、暗示の方向性にも疑問を感じます。
女体化を省略するならせめて深化まではきっちりやって欲しかったです。
サークルさんが催眠音声だとおっしゃられてるので一応こちらにカテゴライズさせていただきましたが
一般的な催眠音声の水準に届いてないというのが正直なところです。

エッチはオナサポとして聴く分には楽しめる内容に仕上がってます。
時間が60分以上ありますしプレイの内容も個性的で色んな刺激が味わえます。

絶頂シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:かなせさん
総時間 1:34:52(本編…1:28:04 フリートーク…6:48)

オススメ度
■■■□□□□□□□ 3点


体験版はこちらにあります

カウント・ダウン

サークル「催眠日記」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第22回目は穏やかでちょっぴり心配性な彼女が
入念な催眠とそれを活かしたエッチで自分の魅力をアピールします。

タイトルにもなってるカウントを軸にしたシンプルで緻密な催眠が行われており
重要なシーンは前後の暗示を厚く、そうでない時は軽めに入れながら
カウントを何度も数えて催眠状態を段階的に深めていったり体の一部を動かなくします。
催眠に入る心地よさや、彼女に心と体を操られる気持ちよさをたっぷり味わえるでしょう。
カウントの力であなたを虜に
彼女に催眠をかけられ気持ちよく絶頂するお話。

「・・・・・大好き。もうすぐお別れだけど、毎日私のことを忘れないように」
彼女はややトーンの低い穏やかな声の女の子。
自己紹介などの前置きはすべて省略し、ちょっぴり意味深なことを言うと
主人公が自分を好きでいてくれるように催眠をかけ始めます。

本作品は何らかの事情で彼氏としばらく会えなくなる女性が
その間に浮気しないようにと70分近くに渡る催眠とエッチを提供します。
催眠が49分、エッチが16分とかなり催眠に寄った作りをしており
深化に力を入れてるのも手伝って催眠特有の落下感や心地いい感覚が味わいやすくなってます。

「私が今から・・・・10から0までカウントをしていくと・・・0に近づくたび・・・ あなたの頭の中に真っ白なもやがかかり始める・・・・・」
最大の特徴は何と言ってもカウント。
催眠の序盤からエッチの終盤に至るまで大小様々なカウントを数え続け
その前後や最中に状況に応じた暗示を的確に入れて上手に働きかけます。


カウントは催眠音声だとかなりメジャーな要素にあたりますが
ほぼこれだけで完結してる作品は本当に珍しいです。
だらだら数えるのではなくシーンごとに明確な目的を持って行う考えられたカウントですから
リズミカルな印象を抱きながらそれに合わせて自分の心が大きく揺れ動くのを感じるでしょう。

催眠はおよそ49分間。
仰向けに横になって目を瞑り、7分近く深呼吸をしてから
主役にあたるカウントを繰り返し数えつつリラックスや脱力の暗示を入れます。

「深呼吸していくごとに・・・・力がじわり・・・・じわりと抜けていく・・・・」
最初の深呼吸は所謂準備にあたるシーンですが
呼吸の合図を出しながら吐いた直後にのみタイミングよく暗示を入れます。
冒頭よりもセリフの間を長めに取りぼんやりした声で彼女が語りかけるのもいいですね。
ここだけでも気持ちがスッキリしたり手足が少し重たくなるのを感じます。

「頭の中が真っ白な霧で包まれる感覚・・・・・ ふわふわとした・・・・気持ちいい感覚・・・・ さらにその霧が濃くなっていきます・・・」
「0になるたびに深くなる感覚・・・ カウントすれば・・・するほど・・・その感覚は二倍・・三倍と深く入っていく・・・・」

続くカウントを数え続けるシーンは初めが頭の中にもやがかかる感覚
次は深い催眠に落ちる感覚、そして体が重くなる感覚といったように
後になるほど心身がよりリラックスできるように異なる暗示を順番に入れていきます。
そしてカウントをたくさん数える状況を利用し、カウント自体にも暗示を込めて深化を後押しします。

やってることはものすごくシンプルですが、カウントの数え方がシーンによって違いますし
暗示の表現や入れ方も上手で時間が経てば経つほど頭の中がドロドロになります。
普段はゆっくりのんびり数えてるからこそ、急激にペースを上げた時にヒュンと落ちる面白い感覚がします。

後半の25分間は今まで以上に深い深い催眠状態へと導きます。
カウントにちなんだキーワードを設定し、それをトリガーに深化を促したり
カウントに合わせて半覚醒と催眠状態を何度も往復させるなど引き続きカウントを有効活用します。

「両手の手のひらが・・・・まるで磁石に引っ張られているように・・・・・ もう片方の手とくっついてく・・・・」
そしてここでも聴き手が単調さを感じないよう適度な変化をつけてます。
中でも終盤に登場する腕がくっついて離れなくなる暗示は
一定以上の催眠状態に入っていればそれに近い感覚を実体験できます。

本作品の催眠は体のコントロールを制御する暗示に力を入れており
催眠音声をまだ聴き始めたばかりの方や、被暗示性が低めの方でも催眠の感覚が味わいやすくなってます。
一般的には運動支配の暗示が最も入りやすいとされてます。
催眠重視の作りやカウント特化の展開と合わせて初心者向けの作品と私は見ています。

テーマのカウントを使ってじっくり催眠状態を深めていく大変丁寧できめ細かい催眠です。
聴き手の心と体を彼女の虜にすることを目的に、長めの深呼吸で十分にリラックスさせてから
10、5、3といったカウントを状況に応じて使い分けて脱力感や心地よさを少しずつ確実に広げます。

この催眠を一言で言えば「カウントを数えまくる」なのですが
実際は落とすべきところでカウントや追い込み暗示のペースを急激に上げるとか
軽くフェイントをかけてからキーワードを言って深化させるといった細かなテクニックが随所に込められてます。

流れが単純だからこそ、そういった変化に心が何度も揺さぶられてすごく気持ちいいです。
初心者から熟練者まで誰でも楽しめるでしょう。
女性にオナニーを制御される快感
エッチシーンは16分間。
プレイはオナニー、声による絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフは有りになります。

「ズボンとパンツをおろしなさい・・・・」
入念過ぎるほど入念な催眠で主人公を心地いい世界に案内した彼女は
ズボンとパンツを脱いでおちんちんを握らせ、しばらくそのままにして弱い快感を与えます。

エッチは彼女が暗示で手の動きをコントロールする形で行います。
最初の12分間はドライオーガズムを見据えたプレイ。
引き続きカウントを数えたりキーワードを言って催眠状態を維持しつつ
手がおちんちんにくっつく、勝手にしごく、動かないといった暗示を入れて焦らします。

「時にはゆっくり・・時にはすばやく・・・・あなたのてはおちんちんをしごき続ける・・・ あなたの手じゃないみたいに・・・あなたを知り尽くした私の手みたいに動き続ける・・・・」
彼女は彼の恋人ですから本当に意地悪したいわけではありません。
だからオナニーの開始と停止、それから射精のタイミングだけは制御して
しごくペースや強さについては彼の好きにさせます。

彼女に操られてる気分を味わわせながら気持ちよくする感じのプレイですね。
ですがここでのフィニッシュは敢えて射精ではなくドライにしてます。
催眠がしっかりしてますし、カウントの使い方も上手なので0に近づくほどこみ上げてくるものを感じると思います。

「精子どぴゅどぴゅでて、体に快感の電流が走り抜け・・・・ いままでに味わったことのないような快感に心が支配される・・・・」
残りの4分間はもうひとつの絶頂形式にあたる射精。
ドライの時とほぼ同じスタイルでカウントに合わせて発射します。
オナニー自体はとても気持ち良いのですが、もう少し時間があったほうが抜きやすいかなぁと。
ドライ、セルフいずれか一方だけにしたほうが充実したエッチになったと思います。

このように、カウントで心と体を制御するテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
催眠特化のシンプルな作品
カウントを駆使して色んな感覚を与えてくれる質の高い作品です。

彼女はしばらく会えなくなる主人公が他の女性に目移りしないようにと
普通の人にはできないレベルの緻密な催眠を施してから2種類の絶頂をプレゼントします。

様々な暗示にカウントを絡めたタイトル通りの作り
そしてその中に適度な変化をつけて催眠を深めたり絶頂させる効果的なアプローチ。
基本的な流れはシンプルにして他の部分で個性や面白味を出してます。
「次もこう来るだろう」と思わせておいてストンと落とすところが特に印象的でした。

カウントは催眠音声における基本的な要素だからこそ
その運用方法に作り手の実力がダイレクトに現れます。
目的を見据えた数え方、トーンの上げ下げ、ペース、前後や最中の暗示の入れ方などです。
こういった細かな部分がすべてしっかりしてるのですごく聴きやすいし入りやすいです。

エッチはサークルさんの他作品と同じく催眠に比べると存在感は薄いです。
ですが初心者はセルフからの射精、熟練者はそれに加えてドライと多様性があります。
催眠に入る/漂う感覚も存分に味わえますから十分に気持ちよくなれます。

絶頂シーンはドライ1回、射精1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

ひとつの要素をとことん追求し磨き上げてる良作です。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:10:19

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

すんどめない -射精管理官の射精管理-

サークル「カジハラエム」さんの催眠?音声作品。

今回紹介する作品は、男性が気軽にオナニーできなくなった世界を舞台に
可愛くて恥ずかしがり屋な女の子が体を使って射精を管理します。

同人音声と催眠音声の中間あたりに位置する作りになってるのが特徴で
一般的な催眠音声で行われる誘導や深化を明確な形ではやらずに
彼女と仲良くなったりエッチする様子に暗示を多少織り交ぜて臨場感を出してます。
あなたの精子、お恵みください
射精管理官のBeBe(ツービー)とエッチするお話。

「はじめまして。本日より、あなたの射精を管理する事になりました、射精管理官のBeBeと申します」
BeBeはやや幼さを感じる明るい声の女の子。
一等国民になった主人公の家にやって来て事情を説明すると
早速本日分の精液が欲しいとおねだりします。

本作品は少子化の加速に伴い現在よりも精子が貴重になった世界で
彼女が催眠要素を織り交ぜたおよそ1時間に渡るサービスで良質な射精に導きます。
タイトルの「射精管理」からM向けのプレイをイメージする方もいるでしょうが
この場合は射精させないのではなく、彼が無駄撃ちしないように回数を制限する意味で使われてます。

「自慰のような、射精のための射精からは永遠にお別れです♪」
彼女のキャラも事務的、あるいは高圧的なものとは程遠く
オナニーできない彼を満足させようと全身を使ってご奉仕します。
先ほど説明した設定がなければ純愛系のお話と言っても差し支えないほどに甘いです。
属性はノーマル~ややMあたりの人が最も向いてると思います。

もうひとつの特徴は同人音声と催眠音声のハイブリッドに近い構造をしてること。
二人がエッチを始めるまでに催眠誘導っぽいことを多少するものの
催眠状態を深めるアプローチや暗示がほとんどなく、リラックスさせるところまでに留まっています。
またその後に始まるエッチも催眠音声のそれとは随分違う表現がされてます。

私が聴いた時も催眠に類する感覚は特に得られませんでした。
ただ一部のシーンで催眠暗示っぽいことを言ってくるので
彼女が身近にいる気分がしたり、エッチが普段よりもリアルに感じる可能性はあります。

催眠をかけてあれこれ操作するのではなく、表現方法のひとつとして技術を取り入れてる感じです。
一般的な催眠音声とは違う方向性を持った作品であることをご了承ください。

催眠にあたるシーンはおよそ18分間。
簡単なやり取りを済ませ、これから彼の精液をいただくことに同意してもらったうえで
二人きりになれる豪華な部屋へと移動します。

「あたたかい、ヒトハダ。心から優しい気持ちになれます」
「体温に、意識が、(引っ張られます) 温もりに、意識を、(引っ張られます)」

そして彼女は手を繋いでる状況を利用して体が温かくなる暗示を入れたり
その合間に意識の力を弱める意味合いを含んだ言葉を投げかけます。
深呼吸やストレッチといったリラックス動作をやらずにいきなり入れてくるため効果は薄めですが
催眠音声の序盤で見られるセリフに似た表現なのも事実です。

部屋に到着した後にするのは心の準備。
深呼吸で部屋の新鮮な空気を取り込んだり、ベッドに一緒に寝て耳に息を吹きかけてもらいます。

「手を繋ぐよりも体温を感じられますけど、こうした方が、もっと…わかります…」
良質な精液を大量に出してもらうには心の充実が必要不可欠です。
だから彼女は彼を見下すことなく積極的に体を密着させて信頼を得ようとします。
先ほど体が温まる暗示を入れたのはこのシーンに臨場感を持たせたかったからかもしれませんね。
言葉よりも態度や雰囲気で彼女との一体感を伝えようとしています。

こんな風に暗示がちょこちょこ出てくるものの、催眠状態に導くのとは明らかに違うことをします。
音声の最後に解除音声がないことからサークルさんご自身にも誘導する意図はないのが見て取れます。
かといってまったく催眠ではないとも言い切れないので冒頭に「催眠?音声作品」と書かせていただきました。
射精に向けてたっぷりご奉仕
エッチシーンは34分ほど。
プレイはおちんちんの愛撫、フェラ、耳舐め、全身愛撫、SEX(騎乗位)です。

愛撫、SEXの際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「お洋服は必要ありませんので、このまま、脱がせてしまいますね」
会話と自分の温もりで主人公の心を落ち着けさせたBeBeは
彼の衣服を脱がせてからおちんちんを優しく刺激して勃起を促します。

エッチは終始彼女がリードする形で進みます。
最初の23分間は本番に向けて心と体を温めることを意識したプレイ。
おちんちんのソフトな愛撫から始まりフェラ→耳舐め→全身愛撫と多少焦らす感じに責めます。

「感動です…。改めて、あなたの射精を管理できる事に感謝…っ。本日は、わたくしにとっても、人生のメモリアル…」
精液が貴重になってるということは多くの女性がおちんちんを見たことがないのでしょう。
彼女も彼の立派なそれに嬉しそうな表情を見せ、感謝の気持ちを表しながらご奉仕を続けます。
おちんちんや精液をとてもありがたがってくれるので良い気分で聴くことができます。
この低姿勢っぷりも射精管理が持つM性を中和するのに役立ってます。

本作品のエッチはこの後始まるSEXシーンも含めて彼女の視点や内面を中心に描きながらプレイを進めます。
催眠音声では聴き手が主人公と感覚を重ねやすいように主観視点で語ることがほとんどですし
これも同人音声と催眠音声のハイブリッドと言える要因のひとつです。
イメージしやすいのだけど自分がエッチしてる気分には浸りにくいかなと。

「右と左、(舐め音)ふたつのお耳、(舐め音)ふたつの性器を、(舐め音)隅々まで…、(舐め音)余すところなく、(舐め音)舐めて」
プレイについては愛撫が滑らかな摩擦音、フェラと耳舐めはちゅぱ音を適度に鳴らしながら話します。
上のセリフのように2~3秒舐めてから少ししゃべり、また舐めるのを繰り返すことが多く
それぞれを固めてやるのに比べてエロさが落ちてる印象を受けました。
舐めてる最中にしゃべられないのは当たり前ですし、無理にセリフを挟まないほうが自然だと思います。

残りの11分間は本題となるSEXシーン。
彼女が上に跨ってすっかり濡れたおまんこを見せつけ
ゆっくり挿入してから速めのペースでピストンを繰り返します。

「腰がぁ…、勝手に…動き始めます…。感動を貪欲に求める、無意識の、グラインド。抑えられません」
「あ…ふン…っ。子宮口に当たる、あなたのおチンポが…っ。ヤバすぎ…。快感…、沸騰。あぁううぅぁあっあううぅ……ぁあっ」

おちんちんを大事な部分に受け入れて喜ぶ姿や、腰を積極的に動かし快感を貪る姿がエロ可愛いです。
暗示にあたるセリフは特にないものの、喘ぎ声をそれなりに漏らしてくれますからオカズにはなると思います。
絶頂後に幸せそうな息遣いで余韻を楽しむところも印象的でした。

このように、献身的な女性がじっくり射精に導く緩いエッチが繰り広げられてます。
臨場感を持たせたボイスドラマ
多少の催眠要素を含んだボイスドラマ作品です。

良質な精液を持つ男性の専属射精管理官に任命された女の子が
彼を縛りつけるのではなく楽しませるスタイルでエッチに取り組みます。

上下関係を一切感じさせず、思ったことを素直に言葉にする優しくてピュアなキャラ
そして1回の射精に向けて心のケアもしながら一体感のあるエッチをする展開。
Sな女性が意地悪しながら射精させるのとはまるで違うあまあまなサービスをします。

私も作品を聴く前はてっきりM向けのエッチをすると思ってました。
音声作品における射精管理は3~7日間に渡って実際にオナ禁したり
女性に射精の権利を奪われもどかしい思いをさせられるものが多いです。
しかしこの作品では性感や興奮をできるだけ溜めてから吐き出せるようにリードします。

タイトル通り寸止めは一切やらず最後もすんなり射精させてくれます。
ですからどちらかと言えばM性の低い人のほうが楽しめるでしょう。
エッチの内容や雰囲気も恋人同士がするのにとても近いです。

催眠についてはおまけと言っていいほどに存在感が薄いです。
エッチを始めるまでのシーンは先ほど説明した通りですし
エッチの最中も全身愛撫をする際に感度が上がる暗示っぽいことをほんの少し言う程度です。
この音声を聴いて一定以上の催眠状態に入れる人は皆無でしょう。

絶頂シーンは1回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

本来の催眠音声とは作りが根本的に違い効果も薄いこと
エッチシーンのセリフやプレイの表現方法に首を捻る部分があることから
当サイトでは以下の点数にさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 57:11

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

追記
2017年7月31日まで2割引の560円で販売されてます。

↑このページのトップヘ