同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ:同人音声 > 無料作品

   ● 【炭酸マッサージ】声付き耳かき音を作ってみた番外編2【シャンプー】
   ● 搾精チェンバー2
   ● 声付き耳かき音を作ってみた26
   ● ヨミ外伝 妖艶くノ一搾精淫技
   ● あまあま添い寝~幼馴染みと過ごす初めての夜~
   ● 【艦むす耳かきバイノーラル】五月雨を集めて流る約束の…【五月雨】
   ● 【少年声】声付き耳かき音を作ってみた25
   ● 愛梨の母乳を召し上がれ☆
   ● 声付き耳かき音を作ってみた22
   ● 泉の女神の耳かき


【炭酸マッサージ】声付き耳かき音を作ってみた番外編2【シャンプー】

サークル「とみみ庵」さんの無料の同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、ちょっぴり冷めた口調で話す不思議系の女の子が
主人公に一風変わった癒しのサービスを行います。

炭酸水を使った頭皮マッサージやシャンプーをするのが特徴で
髪越しに指で頭を擦る音や泡の音の合間に鳴るシュワシュワした独特な音が
耳と心に心地よい刺激を与えてくれます。
本日の実験テーマは炭酸水
女の子に炭酸水を使った2種類のサービスをしてもらうお話。

「あ…来た こんちは 丁度来ないかなーって思ってたところだったんですよ」
女の子は素朴で優しい声の女の子。
再び部屋にやって来た主人公を迎え入れると
洗面所に移動し一風変わったマッサージをしてあげます。

本作品はサークルさんが以前公開された「声付き耳かき音を作ってみた26」の姉妹作品にあたり
洗面所の椅子に座った彼の髪と頭を彼女が丁寧にケアします。
とみみ庵さんと言えば耳かきで非常に有名なサークルさんですが
今回は敢えてやらず、その代わりに個性的な音が鳴るサービスが登場します。

「うんしょっ これです 炭酸水で頭皮のマッサージ」
その正体はタイトルにも書かれている炭酸水。
頭皮を擦るときに頭に垂らしたりシャンプーに混ぜたりします。
彼女によると炭酸水には血行促進や皮膚の汚れを落とす効果があるそうです。

実際に聴いてみると最中は炭酸飲料を飲むときに聞こえてくる
シュワシュワ、パチパチした音が程よい音量で鳴り響きます。

シャンプーする時に鳴る泡の弾ける音とは違う爽快感のある音です。

サークルさんの他の作品と同じくすべての効果音が極めてリアルですから
様々な音に包まれてるような心地いい感覚が味わえます。
サービスのすべての動きを音だけで表現している音フェチ要素の強い作品です。

「次もありますから まだ座ってて? ね? ふふ…ちょろい」
お相手を務める女の子は恋人よりは後輩に近いキャラ。
主人公と心の距離を適度に取りながらそれぞれを一生懸命に行います。
そして合間合間にこちらを弄ぶセリフや態度を取ります。

意地悪ではなく恋愛に対してあまり興味がない感じです。
その証拠に彼女なりのやり方で信頼を表すシーンも登場します。
男女よりも友達に近いほのぼのしたやり取りが心を温めてくれます。
リアルな音を駆使した質の高いサービス
彼女が最初にするサービスは頭皮マッサージ(約7分)。
シャワーで髪を濡らし、炭酸水をかけながら指で揉んだり擦るシンプルなものです。
しかしシャワーからお湯が出る音、髪にかかる音、排水口に流れ落ちる音など
すべての効果音の質が非常に高いおかげで実際にされてる気分が強く味わえます。

「炭酸水を ぷしゅっと」
肝心の炭酸水についても水を垂らすとシュワシュワした音が鳴り始め
時間が経つにつれて消えていく細かな演出がされています。
実際に使って録音しない限りここまでリアルな音は出せないでしょう。
マッサージもこめかみあたりをじょりじょり擦る音が耳に心地よい刺激を与えてくれます。

続くシャンプーはおよそ11分間。
炭酸水を混ぜたシャンプーで髪を洗ってからシャワーですすぎ
軽くタオルで拭いた後にドライヤーで乾かします。

こちらも「ワシャ シャクッ」というシャンプーの音に混じって炭酸の弾ける音が聞こえます。
ゆっくり円を描くように動かしたり、小刻みに擦ったりする手の動きもとってもリアル。
左右の手を別々に動かして洗うので音に囲まれてる感覚が味わいやすいです。
耳かきだけでなくシャンプーも他の追随を許さないサービスを聞かせてくれます。

「(感情を込めずに)もう やだー はずかしいですぅー …これでいいですか?」
またここでは最中にちょっとしたハプニングがあり
ドキドキする彼を彼女が冷静にあしらうシーンも登場します。
普通の女性なら嫌がることを許しているのは彼に対して多少は好意を持ってるからでしょう。
落ち着いた態度の中にある彼女の優しさがうまく表現されています。

このように、リアルな音をふんだんに使った臨場感抜群のサービスが繰り広げられています。
ちょっぴり刺激的な作品
炭酸水を含めた様々な音が癒しを与えてくれる作品です。

頭皮マッサージ、シャンプーの両方に炭酸水を絡め
メインの効果音を妨げないレベルで適度に鳴らします。
炭酸水が本作品の個性なのは間違いありませんが
だからといってサービスそのものの骨組みを崩すわけにはいきません。
このへんのバランスを取りつつそれぞれを行ってるのが見事です。

今回はお湯、炭酸水、シャンプーと質感の異なる液体を使うシーンが多く
その違いを音だけでここまではっきりと伝えていることに驚きました。
効果音に一際こだわりを持つとみみ庵さんだからこそできるサービスだと思います。
音を通じて温かさや圧力を感じることができる素晴らしい作品です。

「何度かやらないと 効果が見えないのかもしれませんね そうですね またやってみるのもいいかもしれません」
女の子については前作と同じく彼を実験台として認識し、その範囲内で適度な優しさを見せます。
実験台と言われると冷たそうに感じるでしょうが
あくまで彼女がそう言ってるだけで、やってることは人に対するものと同じく温かいです。
大人びてるとも言えるし不器用とも取れる不思議なキャラです。

短時間の癒しに抜群の効果をもたらす作品です。
無料ですので過去作も含めて興味を持った方は是非お試しください。

CV:藍月なくるさん
総時間 20:43

【炭酸マッサージ】声付き耳かき音を作ってみた番外編2【シャンプー】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm28864984

サークル「Hypnotic_Yanh」さんの無料の同人音声作品。

今回紹介する作品は、新開発された搾精機のテスターに選ばれた少年が
胸や股間を中心に様々な機械で徹底的に責められます。

多種多様な効果音を駆使したリアルな機械姦が行われており
振動、圧迫、電気など現実世界で行われるエッチとは違う刺激を与えながら
彼の心身がぶっ壊れないギリギリのラインで何度も射精させます。
男をイかせ続ける夢の機械
搾精チェンバー2の実験台になり何度もイかされるお話。

「お目覚めになりましたでしょうか」
A.I.1919は淡々と話す明るい声のお姉さん。
搾精チェンバー2の第一号テスターに選ばれた主人公の体を拘束すると
今回行うテストの内容を簡単に説明します。

本作品は2010年8月に発売されたサークルAshさんの名作「搾精チェンバー」を聴いて
感銘を受けたHypnotic_Yanhさんが原作を元に独自に製作されました。
催眠音声で有名な同サークルさん唯一の同人音声です。
お話が独立してますから原作を無理に聴く必要はありません。

内容は原作と同じくとある企業で開発された搾精チェンバーの改良版を
A.I.1919のナビゲーションに従い思春期くらいの少年が体を張ってテストするというもの。
その一部始終を様々な効果音を使ってリアルに表現しています。
ちなみにA.I.1919の声は声優さんではなくボイスロイドが担当しています。

テストに登場する機械ごとに質感の異なる音が鳴るのはもちろん
彼の体を拘束したり体調をチェックするといった細かなシーンにも固有の音が入ってます。
効果音にこだわっていた原作の作風を忠実に継承してます。

もちろん肝心のテストも個性的なものばかり。
大型の電マでおちんちん全体に振動を与えるプレイから始まり
吸引機とバイブで乳首とアナルを同時に責めたり、性感帯に電流を流すぶっ飛んだものまで登場します。
そして最中は彼が喘ぎ声を上げながら何度も何度も射精します。

「血圧、脈拍、体温、ペニスの膨張率、射精回数のいずれかが、規定数値をオーバーした際には、自動的に停止いたしますので、ご安心下さい」
ただし今回行うのはあくまで動作テストですから
被験者の心身をとことん痛めつけ、壊してしまうほどに過酷な展開にはなりません。
開始前にはA.I.1919がテストを受けられる状態かどうかを細かくチェックし
最中も彼の様子がおかしくなった時は安全装置が作動しプレイを中断させます。

一言で言えば思いやりのある機械姦をしてくれます。
責め方は確かにハードなんだけど彼女の態度のおかげで雰囲気は意外に和やかです。
エンディングも至って明るいですし、ブラックな作品が苦手な人でも普通に聴けます。
これも原作にあった非常に面白い要素です。
股間の内外を集中攻撃
エッチシーンは4パート26分30秒ほど。
プレイは電マ責め、乳首&アナル同時責め、電流責め、尿道責めです。
すべてのプレイに極めてリアルな効果音が鳴ります。

「それでは、最初のテストを開始いたします」
説明を終え主人公を第一テストのステージに移動させると
A.I.1919は彼の体に異常がないのを確認し、電マを股間から10cmの位置に近づけます。

エッチはどのパートも機械に責められる形で進みます。
最初の「chamber02」パートで行われるのは電マ責め。
AVで使うものよりずっと大きいサイズのそれをおちんちんに少しずつ近づけ
おちんちんの膨張率、脈拍、彼の反応などを逐一チェックします。

電マが近づくにつれて「ブブブブブ」という効果音が徐々に重く鈍くなり
おちんちんに接触するようになると微かな摩擦音が入り、音のリズムも若干不規則になります。
このパートだけでも本作品の音の素晴らしさがきっとわかっていただけるはずです。
射精の際も心臓の鼓動音と吸引音が同時に鳴って精液採取の様子をリアルに表現しています。

主人公「ひゃんっ」
A.I.1919「ペニスへの充血を確認。被験者に、空気振動と音による興奮が認められます」
そしてプレイ中はシーンに応じて主人公が女性とほぼ同じな可愛い喘ぎ声を漏らします。
(喘ぎ声が入ってないバージョンもあります)
悲鳴に近い声を漏らすシーンも一部ありますが凄惨さはそれほど感じません。

最も個性的なプレイが登場するのは「chamber04」パート。
2つの睾丸、亀頭、アナル(前立腺)に電極を装着し
少しずつ慣らしながら電流を流す部位を増やしパワーも上げていきます。

敏感な部分に伝わる初めての刺激が余程気持ちいいのか
主人公は僅か6分間に3回連続で射精するほどの激しい反応を見せます。
バックで流れる「ジジジジジジ」という小刻みな効果音や彼の喘ぎ声からも責めのハードさが伝わってきます。

「射精を確認しました。精液を採取中です。安全装置解除中のため、このまま、テストを続けます」
パート終盤にA.I.1919が彼の同意を得た上で安全装置を解除し責め続けるシーンがあったりと
機械に無慈悲に犯され、イかされるドM向けのプレイが楽しめます。
音声作品では滅多に登場しない電流責めも魅力です。

このように、限界ギリギリまで男性を追い込むハードなプレイが繰り広げられています。
独特な機械姦が楽しめる作品
機械姦の醍醐味が数多く詰まっている作品です。

感情を表に出さないA.I.1919がテストでより良い結果を出すために
心身を壊さないよう気をつけながら主人公の性感帯をとことんまで責め抜きます。

機械姦からイメージされる激しさと無慈悲さ、それに付随する射精回数の多さに加え
前立腺や尿道責めといった人間相手では難しいプレイもきっちり登場します。
そしてそのすべてをリアルな効果音によって臨場感を出しながら進めています。

普段とは違うエッチだからこそ、聴き手がイメージしやすく感じる演出が重要になります。
その点において本作品は非の打ち所がないほど優れてます。

「よくここまでプレイにマッチした音をタイミング良く鳴らせるなぁ」と本当に感心しました。
喘ぎ声無しバージョンなら自分が実際に責められてる気分がより強く味わえます。

「まだ射精を迎えていないため、体が疼いているようですね? では、少し落ち着かれてから、テストを再開します」
そしてテスト中にA.I.1919が適度に見せる優しさも
機械姦につきまといがちな暗さや凄惨さをうまく中和しています。
彼女はテストの妨げにならない限りは彼をできるだけ楽しませます。
責め方も過度な負担をかけないよう段階的に強くしていて思いやりがあります。
これらのおかげで嫌な気分を抱くことなくプレイに熱中できます。

エッチはプレイの内容がどれも個性的で力加減も絶妙です。
紹介できなかった2つのパートもこの手の嗜好を持つ人ならきっと楽しめるでしょう。
処女作の段階で今のサークルさんの魅力が垣間見えます。

射精シーンは全部で10回。
くちゅ音(機械音含む)多め、喘ぎ声それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音はありません。

激しいながらも制御された機械姦が楽しめる作品です。
機械姦好きはもちろん、そうでない人も興味を持ったのなら是非お試しください。

CV:Voiceroid+民安ともえさん、涼貴涼さん(使用している素材の喘ぎ声を担当)
総時間 36:18

催眠オナニー・同人音声の日記
http://blog.livedoor.jp/yanh_japan/archives/2249853.html

声付き耳かき音を作ってみた26

サークル「とみみ庵」さんの無料の同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、丁寧な言葉使いをするマイペースな女の子が
耳に関するちょっとした実験と耳かきのサービスをします。

シリーズを通じて培ってきた質の高い耳かきを継承しつつ
今までになかった効果音も取り入れられており
実際の耳かきとほぼ同じのリアルな音と動きが耳に心地よい刺激を与えてくれます。
特殊なジェルを耳に塗り塗り
女の子に耳のケアをしてもらうお話。

「こんばんは 今日は何か用事があって来たんですか?」
女の子は素朴で優しい声の女の子。
部屋にやって来た主人公に親しげな挨拶をすると
この前買ったとあるアイテムを試したいので耳を貸して欲しいと言います。

本作品は序盤に彼女が耳に特殊なジェルを塗って皮脂を綺麗にし
その後綿棒と梵天を使って丁寧な耳かきをします。

サークルさんが「今回ははじめて収録した音もあります」とおっしゃられていたのは
おそらくこのジェルの音なのだと思います。
といっても最初に2分程度かけて軽くやる感じですからメインはあくまで耳かきです。

「何ですか? 梵天って あぁ これ梵天って言うんですね」
やり取りを聴く限り2人は高校の先輩と後輩あたりの関係なのでしょう。
恋人よりはやや距離を出しつつ和やかな雰囲気でサービスを行っています。
従来通り効果音重視ですがキャラも意外と立ってる作品です。

耳のケアはほぼ全編にあたる19分30秒ほど。
最初は膝枕の体勢で先ほど説明した特殊なジェルを左→右の順に耳の外側に塗ります。

「すりゅりゅっ」という滑らかな水音を鳴らしてジェルを塗った後
耳全体を覆うように「ぽりゅっ」とやや低い篭った音が鳴ります。
後の音は今までの耳かき音声ではちょっと聴き覚えのないものでした。
耳の中にポップコーンくらいの軽いものを詰め込まれるような微妙な重さと圧迫感があります。
適度な刺激を与えてくれる独特な音ですね。

その後に始まる耳かきはおよそ16分30秒間。
右耳→左耳の順に綿棒と梵天を使って汚れを取り、左耳だけ最後に軽く息を吹きかけます。

綿棒は「ずずっ しゅりっ」と若干のざらつきが混じった滑らかな音
梵天は「すりすり ぷしゅっ」と面積が広く柔らかい音が使われており
前者は短めのストロークでゆっくりと擦る動きを
後者は軸を持って小刻みに回転させたり細かく掻き出す動きをします。

サークルさんらしい音も動きもパーフェクトな耳かきです。
綿棒は多少の引っ掛かりがあるので耳に心地よい刺激が伝わりやすく
梵天も綿棒とは明らかに違うふわふわ感と適度な圧迫感があります。
今回は梵天が左右合わせて6分近くと長めに取られてますから、梵天好きな人は聴いて損は無いです。

「やっぱりこっちもジェルが残ってますね こうして…綿棒を少し押し付けて 取って…」
他に気づいた点といえば、左耳を掃除するシーンで綿棒の音に若干の湿り気を感じたことです。
直前に塗ったジェルが耳に残っていて、それを掻き出す際に鳴ったのでしょう。
従来の綿棒とは明らかに違った要素が混じっています。
乾き・湿り気の両方が感じられる不思議な音です。

「あーはいはい 太もも触っちゃいやーん …満足ですか?」
「ははぁん 耳の奥が弱点みたいですねぇ 痛くない程度に くりくりしちゃいましょうか?」

最中の彼女はというと、基本的には微かな吐息を漏らして黙々と行います。
しかし器具や体勢を切り替える際に入るやり取りでは
甘えたりちょっかいを出す彼を彼女が上手にあしらう様子が楽しめます。

友達以上恋人未満の関係とでも言えばいいのでしょうか。
口調はクールなんだけど冷たさや事務的っぽさはほとんどありません。
年下に弄ばれてる感じを出したセリフが多くほのぼのします。

このように、新要素を交えたリアルな耳かきが繰り広げられています。
安心して聴ける作品
家庭的な耳かきを極めて高い水準で表現している作品です。

好奇心旺盛で感情を表に出すのがちょっぴり苦手な女の子が
主人公を相手にあれこれ試したり、お礼に耳かきをしてあげます。
タイトルにもなっている耳かきは言うまでもなく優れてますし
追加のサービスであるジェルを塗るシーンも個性的な音を出しています。

サークルさんの過去作を聴いてきた方なら間違いなく満足できるでしょう。
そうでない方は聴いてみれば耳かき音声の素晴らしさを知る良いきっかけになります。
ここまでのものを無料で公開してくれている点も素晴らしいです。

「そんな顔されると悪い気はしませんね ほーら ふわふわー ふわっふわー」
サービスをしてくれる女の子も十分に個性的です。
主人公に他人行儀な言葉使いをし、軽く突き放す態度を取りながらも
結局は彼の言う通りにしっかりお世話してあげる愛らしいキャラです。
彼女の存在も本作品における重要ポイントと言えます。

シンプルで遊び心もある耳かき音声です。
無料ですので興味の湧いた方は是非お試しください。

CV:藍月なくるさん
総時間 21:31

声付き耳かき音を作ってみた26
http://www.nicovideo.jp/watch/sm28012402

ヨミ外伝

サークル「ほんにゃらインダストリー」さんの無料の同人音声作品。

今回紹介する作品は、大人の色気漂う妖艶なくのいちが
自慢の性技を駆使して男性忍者の精液を一滴残らず絞りつくします。

30分弱の時間内に8回もの射精シーンを設け
数種類のプレイを行いながら死を臭わせるセリフを彼女が投げかけるなど
まさに拷問と呼ぶに相応しいとってもハードなエッチが繰り広げられています。
裏切り者へのエッチな制裁
くのいちのヨミが抜け人にエッチな尋問をするお話。

「んぁ… んふ… どうした もう限界か?」
ヨミはややトーンの低い色っぽい声のお姉さん。
抜け忍として捕まえられた主人公へのお仕置きに
彼女が手コキで何度も射精に追い込むところから物語は始まります。

本作品はサークルさんが今から4年以上に出された
妖艶くノ一 ヨミの三つの淫技」の別ストーリー。
かつては仲間だったのに敵方へと寝返った彼から情報を入手するため
彼女が責めている様子が音声開始3秒の段階から早速始まります。

短編作品ということで余計な前置きは挟まず、全シーンでエッチする抜き重視の作りです。
彼女の責めの激しさを聴き手にわかりやすく伝えるために
平均するとおよそ4分毎に射精シーンが登場する点もその特徴を後押ししています。
独立したお話になってますからオリジナルを予め聴いておく必要はありません。

「後は徹底的に管理させてもらうからな お前の子種を 精神を 徹底的に追い詰め壊してやろう」
最中に投げかけられるスリルを孕んだヨミのセリフも大きなポイント。
彼女は与えられた任務を全うするため、そして自分の中に眠るSの欲求を満たすために
言葉による脅しを何度もかけて彼の心を突き崩そうとします。

彼が裏切り者な時点で助かる見込みはないわけですが
一気に息の根を止めるのではなく、じわじわと追い込んでいるあたりに
彼女の「男性をいじめ抜きたい」という救いがたい性癖が滲み出ています。

プレイの最中に死を臭わせる表現が登場することや、最終的に彼が死に至ることから
そういった描写に免疫のない人だとちょっぴり厳しいかもしれません。
ですが直接息の根を止めるのではなく、彼が精液を吐き出し続けた結果
衰弱して息を引き取るといったマイルドな表現に抑えられています。
ノンストップで責め続ける容赦の無いエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる2パート28分間。
プレイは手コキ、キス、SEX(騎乗位)、フェラ、顔面騎乗です。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります。

「口づけしながらの性交で… んっ… お前を追い詰めてやろう… んふっ… 頑張って耐えてくれよ」
開始直後に手コキで早速1回射精させると
ヨミは嬉しそうな表情で主人公と騎乗位で繋がり
中出しをさせたところで再び手で再度の射精を促します。

エッチは身動きの取れない彼を彼女が一方的に責め続けます。
最初のパートは手コキとSEXで合計3回射精させた後
今度は手コキによる寸止めで彼の情報を引き出すシーン。
正反対の性質を持つ責めを上手に使い分けることで、彼の抵抗心を徐々に弱めていきます。

「ではここで止めてやろう あははっ! 行き場のない子種が肉棒の中で震え上がってるではないか! 全く可哀想だなぁ」
特にパート後半の寸止めは責めが停止するときっちり効果音が鳴り止み
彼女が嗜虐的な笑みを漏らすドM向けのプレイが行われています。

連続射精にせよ、寸止めにせよ彼女は彼が死ぬまで決して責めの手を止めません。
だからこそ後になるほど彼の苦しみが伝わってくるように思えます。
実際にやられたら相当に厳しいでしょうね。

次のパートは情報を吐いてくれた彼へのご褒美的なシーン。
顔面騎乗で自分のおまんこの匂いをたっぷり嗅がせながら
下品なちゅぱ音を振りまくフェラで精根尽き果てるまで射精を繰り返させます。

「ほら逝け… んふっ… 出してしまえ… んんっ… 無様な子種を… んふっ… くノ一に罵られ… んぁ… その口の中に… んっ… 狂いながら吐き出せっ」
相変わらず責めっぷりは苛烈極まりないのですが
ヨミが彼と仲間だったころのエピソードを軽く語る和やかな部分も持ち合わせています。
彼女としては彼を少しでも安らかに眠らせてあげたかったのかもしれません。
前のパートに比べて彼女がエッチを純粋に楽しんでる節が見られます。

このように、女性が男性を徹底的に責め抜く極めてハードなプレイが繰り広げられています。
たっぷりいじめてくれる作品
ストーリーからエッチの内容に至るまですべてがドM向けの作品です。

ヨミは自分たちを裏切った主人公への復讐として
最初から最後までずっとおちんちんに刺激を与え続け、何度も何度も射精に追い込みます。
くのいちと言うとエッチが上手なイメージがあるだけに
その期待を裏切らないプレイが多くの人を満足させるでしょう。

エッチの際に見せる彼女のS性もプレイのハードさをさらに引き立てています。
情報を聞きだすのが元々の目的だったわけですから
それを入手した時点で彼女の任務は完了しているはずです。
しかし彼女は尚も責め続け、最終的には息の根を止めています。
この展開がもたらす背徳感もM心をくすぐるのではないでしょうか。

エッチは何らかのプレイをずっとしているシンプルかつ実用的な作りです。
個人的には最初のパートの方が弄ばれてる感じがして抜きやすく思えます。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

最近あまり見かけないくのいちを扱った抜きやすい作品です。
くのいち好き、激しく責められるシチュが好きな人には特におすすめします。

CV:天川みるくさん
総時間 29:11

ヨミ外伝
こちらからダウンロードできます


追記
ページがうまく表示されない場合は以下のコメントご覧ください。。
http://doonroom.blog.jp/archives/36419653.html#comments

るいるいるーさんで配布されている無料の同人音声作品。

今回紹介する作品は、つい最近恋人になった幼馴染のお姉さんと
一緒の布団に入ってあまあまラブラブなひと時を過ごします。

バイノーラル録音による声の臨場感を活かしたシーンが多く
彼女がすぐ横に寄り添っている、後ろから抱きついている気分が味わいやすくなっています。
露骨なエロはありませんがちょっぴりエッチな表現も登場しますので
音声を聴きながらイメージを膨らませる、なんて楽しみ方もできます。
恥ずかしがり屋の幼馴染と一緒の布団で
幼馴染の彼女に添い寝されながら会話をするお話。

「これでいいかな? うん お待たせ」
幼馴染は明るくて優しい声のお姉さん。
久しぶりに主人公と一緒に寝ることになった彼女が
ちょっぴり恥ずかしがりながら彼にキスをするところから物語は始まります。

本作品は総時間7分という非常に短い時間の中で
彼女が彼の布団に潜り込み、ちょっとしたスキンシップを取りながら愛を語る様子が描かれています。

無料作品では珍しく全編バイノーラル録音なおかげで声の臨場感が非常に高く
彼女が添い寝をする際には声の位置が中央から右手至近距離へとスライドしたり
終盤に後ろから抱きつかれるシーンでは声が若干篭ったりと
バイノーラルの長所を活かした様々な演出が登場し、その場を盛り上げます。
特に声の近さがリアルで彼女に添い寝されている雰囲気が良く出ています。

「君と一緒に寝るなんて 嬉しすぎて にやにやが止まらないよ」
二人はお隣同士なので子供の頃から親しい間柄だったのですが
つい最近ようやく恋人同士の関係になった初々しいカップル。
そんな背景もあって彼女は音声開始直後から自分の幸せな気持ちを素直に言葉にします。
お互いに一番盛り上がってる時期ですから雰囲気はとことん甘いです。

お話の流れは彼女が添い寝を始めて密着しながらほっぺをぷにぷにしていたところ
ノーブラだった胸の谷間を見られて恥ずかしがり
彼に後ろを向いてもらって自分はそこに抱きつきます。
会話と同じくらいに肉体的な接触を盛り込んでいるところが添い寝モノとしては珍しいですね。

「うぅ 油断したよ 寝る前だから油断してたし うう…恥ずかしい」
彼女はキスや耳舐めを自分から行う積極的な部分がある一方で
彼に大事な部分を見られると途端に戸惑う乙女なところも持っています。
淫語を言うシーンは無いのですが、シチュがシチュなので軽く勃起するくらいのエロさはあります。
幼馴染から恋人になってまだ日が浅いからか、彼との距離感を掴みかねているようにも見て取れます。

「当然 私の柔らかいところも 当たってるよね?」
終盤の背中に抱きつくシーンも彼女の胸の感触を意識させたり
普段意地悪されていることへのお返しとして軽く耳を舐めたりしてくれます。
添い寝という癒しのジャンルを敢えてエロくした変わった展開が面白いですね。
二人が完全な男女の関係になる直前の様子を、聴き手に期待を抱かせるタッチで描いています。

このように、添い寝に適度なエロを配合したやや珍しいお話が繰り広げられています。
初々しいエロが楽しめる作品
ニヤニヤするしちょっぴり興奮もする甘酸っぱい作品です。

幼馴染は今までとは違う関係になった主人公にちょっぴり戸惑いを感じつつも
優しい言葉をかけたり密着して女性の温もりを感じてもらおうとします。

「えーっと う、うん 私も 君となら…いいよ」
添い寝をテーマとした作品は多くが安眠に持っていくようお話を進めるのですが
本作品は二人がより深い関係になる心の準備をする時間に位置づけることで
普段のイメージとはまったく違う艶っぽい雰囲気を漂わせています。

正直なところ、思ってた以上にエロくてびっくりしました。
製作者さんが意図されている安眠やリラックスの効果はやや薄いものの
恋人ならではの甘さはしっかりと感じられます。

似たシチュの画像とセットで使えば十分なオカズになると思います。
イメージの膨らませ方がうまいストーリーだなと。
バイノーラルによる声のリアルさもこれを助けています。

短時間ながらも面白い要素がしっかり詰まっている作品です。
無料ですので興味を持った方は是非一度お試しください。

CV:姫綺るいなさん
総時間 7:07

るいるいるー
http://himekiruina.blog.fc2.com/blog-entry-30.html

【艦むす耳かきバイノーラル】五月雨を集めて流る約束の…【五月雨】

サークル「藤和工場」さんの無料の同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、艦これでお馴染みの駆逐艦娘「五月雨」が
愛する提督のために心のこもった耳かきをします。

五月雨の魅力や2人の絆の強さを強調したドラマ性のある耳かきがされており
ちょっぴりおっちょこちょいだけど献身的な彼女の姿が癒しを与えてくれます。
一生懸命な姿が眩しい艦娘
五月雨に耳かきをしてもらうお話。

「提督ー? 五月雨 入りますっ!」
五月雨は明るくて甘い声の女の子。
任務の成果を報告するために提督の部屋にやってきた彼女が
入ろうとして転びそうになり、彼に抱きとめられるところから物語は始まります。

本作品は彼が子供の頃に母親にしてもらった耳かきを再現するために
彼女が短時間ながらも愛のある耳かきを行います。
元ネタがある作品なのですが専門用語や他の艦娘の話が出ることは無く
2人の仲の良さを感じさせてくれるやり取りがメインです。
原作を知らない人でも普通の耳かき音声として問題なく楽しめるでしょう。

「ちょっと嬉しいなーって 長いだけの髪ですけど 提督のお役に立てたのかな」
今回お相手を務める五月雨はドジっ子だけど純真無垢なキャラ。
提督に対して絶対的な信頼を寄せているらしく
長い髪を褒められると大喜びする可愛らしい仕草を見せます。

耳かきでも時折手を止めて会話をするシーンがあったりと
耳だけでなく心も癒そうとする気持ちが窺えます。

メインのサービスとなる耳かきはおよそ11分間。
膝枕の体勢で右耳→左耳の順に耳かき棒と梵天で汚れを取り
仕上げに短く数回息を吹きかけるシンプルなものです。

耳かき棒は「ぞりぞり ずずっ」と細く硬い音
梵天は「ぽりぽり ぷす」と柔らかい音が使われており
前者は耳の壁をなぞるように何度も掻き出す感じで
後者は軸を細かく前後に回転させる動きをします。
音質、動かし方ともに素朴でリアルな印象を受けました。

そもそもの時間が短いことを考えてあまり大きく位置を動かしたりはせず
最中は五月雨が無言になって効果音だけを集中的に楽しませてくれます。
そしてしばらくすると手を止めて会話をするメリハリを持たせた耳かきがされています。

会話の内容は耳かきのきっかけとなった提督の子供の頃のこと。
自分の耳かきが母親にされているようだと言われて五月雨が喜んだり
彼の要望に応えて髪を触らせてあげたりする和気藹々としたやり取りが心を温めます。

「微かな川の音 風に揺れる風鈴 遠くではセミの声」
また後半の左耳に入るとより昔に戻りやすくするための演出として
小川のせせらぎ、風鈴の音、セミの鳴き声といった環境音も登場します。
場所ではなくイメージに合わせて環境音を使うのは珍しくて面白いですね。
音質も極めてリアルで自然な音の数々が別の癒しを与えてくれます。

このように、五月雨のキャラや2人の人間関係を意識した耳かきがされています。
心を綺麗にしてくれる作品
五月雨の表裏の無い性格が見せる提督への気遣いが印象的な作品です。

五月雨は仕事の上司であり敬愛している提督が少しでも安らげるように
彼女なりに一生懸命な耳かきをします。
専門店の店員のような熟練した腕はないものの、動き自体はとてもしっかりしており
話しかけるときは必ず一旦手を止めていることからも
彼の耳を傷つけないよう気を配りながら行っているのがわかります。

「いつか 提督の故郷で お家の縁側で こうしてあげたいです」
会話の内容についても一部でしんみりするところもありますが
この先の戦いを乗り越え、無事故郷に帰ろうと決意を固める形でまとめてあります。
単に耳かきをするのではなくひとつのイベントに近い演出がされています。
これが冒頭に書いた「ドラマ性のある耳かき」の意味です。

耳かきは右耳では効果音のみにし、左耳で環境音を加えて変化を持たせています。
元々音に定評のあるサークルさんですからレベルは高いです。

五月雨の魅力を引き出している耳かき作品です。
最近音声作品にあまり出演されていない野上さんのお声が聴けるのもポイント。
無料ですので興味の湧いた方は是非お試しください。

CV:野上菜月さん
総時間 17:38

藤和工場
http://factouwa.blog.fc2.com/blog-entry-51.html

【少年声】声付き耳かき音を作ってみた25

サークル「とみみ庵」さんの無料の同人音声作品(全年齢向け)。

2014年5月からニコニコ動画で公開が開始された同シリーズ。
その25番目を飾る本作品は、主人公のお姉さんに一方ならぬ好意を抱いている少年が
マッサージや耳かきのサービスで癒しを提供します。

普段のサークルさんの作品に比べてキャラ萌え要素が強くなっており
女性との接し方に不慣れな様子や、自分の気持ちを隠しきれない彼の未熟さが
聴いてるこちらが恥ずかしくなってくるようなニヤニヤした気分を与えてくれます。
少年からの温かいプレゼント
少年にマッサージと耳かきをしてもらうお話。

「おっ おかえり…なさい」
少年は穏やかで中性的な声の男の子。
帰宅した主人公の疲れを癒すために早速マッサージをしてあげます。

本作品は音声作品としては珍しく少年がお姉さんに癒しのサービスをします。
少年が相手をするのは女性ですからアレな部分は一切ありません。
そんなわけで女性の方がもちろん楽しめるわけですが
所謂イケボではないので男性が聴いても問題なく楽しめます。

「あっ いえ 綺麗なうなじ…してますね ボクの手で触ってしまっていいのかなって」
そして作中には彼が男性として成長期にあるのを感じさせる描写が随所に登場します。
音声を聴く限り2人はまだ恋人同士の関係にはなってないのでしょう。
彼女の体に手を触れる事や膝枕をする事に明らかな遠慮が見られます。

彼女がちょっぴり積極的にスキンシップを取り
その結果彼が慌てる、なんていう微笑ましいシーンも登場します。
彼の純情さや可愛さに萌えを感じる人がきっといるでしょうね。
リアルな音と心温まるやり取り
最初に行うマッサージはおよそ4分間。
うつ伏せになった彼女の肩・背中・首筋を優しく擦ったり
拳や手の甲でリズミカルに叩く家庭的なものです。

擦るときは「さすさす しゅりっ」と滑らかだが若干ざらつきもある音
叩くときは「とんとん」と肉がぶつかる音が鳴り響き
それらが体の部位に応じて音の位置を切り替えながら小まめに動きを変えていきます。

キャラが立っている作品なのですが効果音のクオリティも極めて高く
実際のマッサージに非常に近いものを音だけで見事に表現しています。
特に肩を叩くシーンは音の近さのおかげで軽い振動まで感じる人もいるでしょう。
彼が未熟といってもサービス自体は従来通りしっかりと行っています。

その後に行う耳かきは18分ほど。
膝枕の体勢で右耳→左耳の順に耳かき棒で大きな汚れを、梵天で細かな汚れを取り
仕上げに短く数回息を吹きかけるシンプルなものです。

耳かき棒は「ずりっ ずずー」とやや硬くて滑らかな音
梵天は「ぽりぽり ぷしゅっ」と柔らかくふんわりした音が使われており
前者は奥から手前に掻き出す、耳の壁を優しくなぞる動きを
後者は耳の中を軽く擦る、小さく回転させる動きを中心に目まぐるしく変化します。

何度も言っていますがとみみ庵さんの耳かき音は現在の業界における最高峰に位置します。
ですから癒しの効果も抜群に感じられるはずです。

「いえっ その 膝枕に抵抗ないみたいだったので そうだったら 嫌…だなぁ」
「耳が気になったら頼んでください また耳かきしましょう これでボクだけの耳かき、ですね」

最中に交わされる2人のやり取りも大きなポイント。
主人公が自分から膝枕をして欲しいと言ったことや耳が意外に綺麗なことから
少年が他の男性との関係を不安に思い、彼なりのやり方で詮索しようとします。

彼のセリフを聴いていると明らかにその気持ちがバレバレなんですよね。
彼が十分以上に彼女を大事に思っており
さらにそれを堂々と伝えられず、かといって隠しきれてもいないところに一層魅力を感じます。

彼女が彼に体を預けている時点である程度の答えは出ているのに
それに気づいていないところも彼の恋愛に対する未熟さが窺えて面白いです。
効果音のクオリティと相まってとても温かい雰囲気が漂っています。

このように、キャラの特徴を活かした癒しのサービスが繰り広げられています。
心がぽかぽかしてくる作品
元々高水準だったサービスと珍しいキャラを上手に組み合わせている作品です。

マッサージ・耳かきいずれも有料作品を軽く凌駕するクオリティを持っています。
音の良さ、キャラの良さ、雰囲気の良さなどいずれかに特化している作品は割と多いのですが
この作品のようにどの要素もレベルが高い作品はまだまだ少ないです。

無料作品と舐めて聴いたらきっと驚くに違いありません。
耳かき作品を数多く聴いてる私も毎回同じような気分を抱いています。

そして今回は様々な効果音と登場人物とのバランスがきっちり取れています。
少年によく見られる年上の女性に対する憧れをセリフや行動に取り入れ
主人公をからかう役に据えることで彼の初々しい反応を引き出しています。

全年齢向けですからいやらしく感じる描写も特にありませんし
2人の仲の良さが良い形で表現されていると思います。

基本的な部分はしっかり行い、それ以外で個性を出している作品です。
無料ですから興味の湧いた方は是非ともお試しください。

CV:藤堂れんげさん
総時間 24:36

【少年声】声付き耳かき音を作ってみた25
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27431332

【無料】愛梨の母乳を召し上がれ☆

サークル「雅-MIYABI-」さんの無料の同人音声作品。

今回紹介する同サークルさんの処女作は、明るくて献身的な若妻が
一緒にお風呂に入りながらエッチなサービスをしてくれます。

音声単体で聴く従来の使用方法以外にもアプリケーション版が存在し
そこではシーンや会話に合わせて彼女の表情が変わる凝った演出がされています。
肝心のエッチについても母乳を取り入れた珍しいプレイが登場するなど
夫婦の営みをとても甘く、そして個性的に描いています。
夫の帰りを待つ若々しい人妻
妻の愛梨とお風呂で体を洗ったりエッチするお話。

「お帰りなさい あなた」
愛梨は明るくて優しい声の女性。
仕事を終えて自宅に帰ってきた主人公を温かく出迎えると
一緒にお風呂に入って背中を流してあげます。

冒頭でも述べたとおり、本作品は普通に音声を聴く方法と
専用のソフトを起動させて聴く2つの楽しみ方が用意されています。

bonyuu01










ソフトを起動するとこんな感じでメニュー画面が表示され
Startを押せば最初から、下にある番号を押せば好きなトラックから再生できます。

bonyuu02










そして音声再生中は控えめのBGMがバックで流れ
セリフに合わせて彼女の表情が変化したり軽く体が動いたりします。
設定でBGMやテキストのオンオフが変更可能です。

ただし大きく変化するのは表情のみで
残念ながら彼女が腕をどけておっぱいを見せてくれたりはしません。
音声作品とエッチなノベルゲームの中間あたりの作りですね。
それでも音声だけの時よりずっと彼女の仕草がわかりやすく感じます。

お話は仕事でお疲れな彼の背中や体を彼女が洗い流しそれから勢いでエッチに突入します。
2人の共通の趣味である「温泉」を意識してこうされたのでしょう。

「これから食事にする? お風呂にする? それとも あ・い・り?」
夫婦モノでは定番のセリフも登場するなど最中の2人のやり取りはとってもあまあま。
特にプレイの中心がおっぱいや母乳を使ったものになっていますから
女性に甘える幼児プレイが好きな人なら特に楽しめるでしょう。
イク度に母乳を噴き出すエッチな愛梨
エッチシーンは5パート18分30秒ほど。
プレイはパイズリ、手コキ、乳揉み、授乳、SEXです。
愛梨が母乳を噴き出す際に効果音が鳴ります。

「あなたのおちんちんも 綺麗に…ね? 愛梨のおっぱいで」
2人でお風呂に移動し背中を軽く流した後愛梨は
主人公の前へと周り、自慢のおっぱいを使っておちんちんを綺麗にします。

エッチはバックで湯船の揺れる音が鳴る中
体を洗っている最中は彼女が、それ以降は彼が責める形で進められます。
タイトルの通りおっぱいと母乳を絡めたプレイを行うシーンが非常に多く
最中は彼女が何度もイキながらその都度母乳を噴き出してくれます。

「やぁん なんだか… 変な気分になってきちゃった」
見た目や仕草からしてちょっぴり奥手に見える彼女も
彼の前でだけはエッチにとっても積極的。
序盤の体を洗うシーンでは彼のリクエストに応えてパイズリをしたり
自分から「おちんちんを食べたい」と言ってフェラします。

年齢がまだ22歳といってもやっぱり人妻なだけあって
ゆっくりながらも水分高めの、ねっとりとしたエロさを感じるちゅぱ音を鳴らしてくれます。
今回のプレイの目的が彼の疲れを取ることにあるのを考えると
淫乱よりはサービス精神旺盛な女性のように見えます。

「母乳が たくさんぴゅーって出ちゃったよぉ」「あぁん いっぱい母乳が出てくる あなた まるで赤ちゃんみたいよ」
しかしその後、体を洗い終えて一緒に湯船に入ったあたりから
おっぱいを執拗に揉んだり、しゃぶったりする彼の責めに大いに乱れます。
幼児プレイを扱った作品に多い女性が飲ませるタイプの授乳とは逆で
彼が責めながら母乳を飲み続けるのが面白いですね。
乳首責めの色が強いおかげで喘ぎ声の量が意外に多く、よりエッチなプレイに感じます。

「奥を くりくり突かれながら おっぱいを揉まれてるぅ」
山場のSEXシーンはおよそ7分間。
愛梨が1回イクまでは普通に、その後は母乳を飲みながら腰を打ち付けます。
彼女のセリフが口語よりも文語に近くなっているのが少々残念ですが
合間に流れるエロ可愛い喘ぎ声がそのハンデを補っています。

精液もきちんと中で受け止め、お掃除フェラまでしてくれるなど至れり尽くせり。
主人公の性的嗜好をすべて受け止め、満たしてあげる彼女の姿に
きっと多くの人が癒しや満足感を感じるでしょう。

このように、母親が子供を甘やかすようなあまあまなプレイが繰り広げられています。
母乳特化だが夫婦愛も感じる作品
変わったスタイルの幼児プレイが楽しめる作品です。

愛梨は主人公ができるだけ大きな癒しを得られるようにと
体を洗ってあげるだけでなく、エッチにおいてもすべてを許しています。
その姿とおっぱいや母乳を強調したプレイが合わさって
女性に甘える心地よさや安らぎを感じさせてくれます。

母乳も噴き出す、飲む、おちんちんに絡めるなど
考えられる限りの様々な使い方がされていてとってもユニークです。
個々のプレイ時間をもう少し長くして欲しいとも思うのですが
ソフトも入っていることを考えると十分満足できます。
今後の作品がとても楽しみなサークルさんですね。

エッチは序盤の体を洗うシーン以外のほぼすべてで母乳を絡めています。
主人公の射精が1回に対し、彼女の絶頂回数は4回と多く
それに伴う喘ぎ声の多さが純粋なエロのパワーを底上げしています。
喘ぎ声そこそこ、淫語・くちゅ音・ちゅぱ音ごく僅かです。

大人のまま子供気分が味わえる個性的な作品です。
といっても赤ちゃん言葉は言って来ないノーマル寄りのプレイですし
何より無料ですから興味を持った方は是非一度お試しください。

CV:樹ひなのさん
総時間 26:36

愛梨の母乳を召し上がれ☆
こちらからダウンロードできます


追記
ページがうまく表示されない場合は以下のコメントご覧ください。
http://doonroom.blog.jp/archives/36419653.html#comments

声付き耳かき音を作ってみた22

サークル「とみみ庵」さんの無料の同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、主人公を癒すことが大好きな優しいお姉さんが
彼の家で専門的な要素を交えた珍しい耳かきを行います。

泡で耳の外を洗浄する音、梵天の音など
耳かきではあまり注目されない音を敢えて中心に据えているのが特徴で
そのリアルで特徴的な音の数々が耳に程よい刺激と心地よさを与えてくれます。
勉強熱心なお姉さんの耳かき
お姉さんに耳かきしてもらうお話。

「こんばんはー あぁ…またパソコン」
お姉さんは明るくて優しい声の女性。
耳かき店のサイトを見るほど耳かきが大好きな主人公のもとにやってくると
自分で勉強してきた成果を披露するために早速耳かきの準備を始めます。

本作品はこのひとつ前に公開された「声付き耳かき音を作ってみた21」の続編。
耳かき店のサイトに書いてあるサービスをやや不慣れな感じでやっていた前作に対し
今作はみっちり勉強してきただけあって終始慣れた手つきで行っています。
興味のある人は2作を聴き比べてみるのもいいでしょう。

そして今作の大きな特徴として挙げられるのが
一般的な耳かき音声ではあまり見かけない音を意識的に多く取り入れていること。
具体的には泡立てた石鹸をチークブラシで耳の外側に塗ったり
それを綿棒でゆっくりと落としていく専門店っぽいサービスが登場します。

シャンプーをしてくれる作品を聴いたことがある人ならわかるでしょうが
「ぱちぱち ぷすぷす」という泡の弾ける音が非常に個性的。
今回は頭ではなく耳に直接つけるので音の近さや臨場感も極めて高く
耳に爽快感のある心地よい刺激を与えてくれます。

他には耳かきの仕上げに行う梵天のボリュームを多くしていたりと
耳かきのメインから焦点をわざと外して個性を出している部分も見られます。
効果音が好きな人にはたまらない作品と言えるでしょう。
リアルであり個性的でもある耳かき
耳かきの時間はほぼ全編にあたる21分間。
膝枕ではなくマットに頭を乗せた状態で左耳→右耳の順に
先ほど言った泡洗浄から始まり、綿棒で耳の中をマッサージしてから
仕上げに梵天をかけたり右耳にだけ息を吹きかけたりします。

泡洗浄は「ぷちぷち しゅりっ」と泡の弾けるような音
綿棒は「ずりずり じじっ」と若干ざらつきのあるふわふわとした音
梵天は綿棒に比べて軽い圧迫感のあるふわふわした音、など
サークルさんらしいリアルな音の数々がサービスごとにきちんと使い分けられています。

「洗浄が終わったら このまま綿棒で 掃除する というよりは 耳の中をマッサージするように…っと」
普通なら耳かきのメインになるはずの綿棒でのお掃除を
敢えて穴の中のマッサージに位置づけているのも大きなポイント。
それを反映して綿棒は手前→奥の順にゆっくり回転させる動作を多くし
直後の梵天で耳の壁を優しく擦る動作を何度も行っています。

耳かきにおける主役と脇役を意図的に入れ替えている感じです。
主人公が耳かき好き=定期的に耳かきをしているということで
耳の中がそこまで汚れていなかったのかもしれません。
外側を泡で洗浄しているのも、見落としがちな部位のケアが目的のように思えます。

「そういえば 手前から掃除をするのは 耳垢を奥に入れないようにするためらしいですよ」
最中のお姉さんはと言うと、作業を切り替える際にその内容を説明したり
時々手を休めて自分が勉強してきた耳かきに関する豆知識を教えてくれたりします。

前作で満足のいくサービスができなかっただけに
今回それが無事成し遂げられたことに幸せを感じているようにも思えます。
彼女がお世話してくれている雰囲気作りもしっかりされています。

このように、変わった音を多めに鳴らすリアルな耳かきが繰り広げられています。
音フェチ要素の高い作品
耳かきの王道からちょっとずらし、珍しいタイプの音を多めに盛り込んでいる個性的な作品です。

耳かきの定番とも言える綿棒でお掃除する時間をある程度抑え
その代わり前後に特徴的な音が鳴るタイプのサービスを配置しています。

こうやって書くと耳かき音声としてアンバランスに思えるかもしれませんが
根幹部分をしっかり維持したまま拡張させているような作りです。
耳かきでは最大手のサークルさんですからこのへんはきちんと考えられています。

個人的には梵天の音が最も印象的でした。
音の質感や動きがリアルなのに加えて、耳のあたりに軽い圧迫感があります。
物理的な接触無しにそう感じさせてくれるのが素晴らしいですね。
もちろん泡洗浄の音もちょっぴり刺激的で面白いです。

普段とは違う方向性を持つ耳かき作品です。
無料ですから興味を持った方は是非お試しください。

CV:下明穂茶さん
総時間 22:53

声付き耳かき音を作ってみた22
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27181941

泉の女神の耳かき

サークル「藤和工場」さんの無料の同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、とある森の奥にある泉に住む女神が
迷い込んできた主人公を会話と耳かきでもてなします。

全編で流れ続けるクリアでリアルな水の音、気だるそうな彼女との様々なやり取りなど
正統派の耳かき音声に比べてキャラやストーリーといった背景部分に力が入れられており
短時間ながらも現実逃避した気分を抱きながら心をリフレッシュすることができます。
行き場を失った男と気だるい女神
泉の女神に耳かきをしてもらうお話。

「はい あなたが落としたのは この金の耳かきかしら? 銀の耳かきかしら?」
泉の女神は気だるそうに話す落ち着いた声のお姉さん。
森で迷って泉にやってきた主人公にからかう形で挨拶をすると
元の世界へと戻るまでの間、耳かきをしてあげます。

彼女は森から通じる別世界にあるこの泉を長い間一人で管理しており
ごくたまに迷い込んでくる人間たちの願いを聞き届けてから送り返しているそうです。
そんなわけで基本的には女神らしい善人キャラなのですが
退屈な責務を負わされ続けていることもあり、主人公に対する態度がかなり素っ気無いものになっています。
ツンデレとも違う、癒し系作品では滅多に見かけないタイプのキャラです。

「どう? 喉の渇きが消えたでしょ?」
また舞台が泉ということもあり、音声の全編に渡って様々な水の音が登場します。
開幕からバックで流れ続けるさらさらと流れる音、合間に入る泡が弾ける音、湖に入った際の水面が揺れる音など
どれもクオリティが極めて高く、スッキリとした清涼感があります。
女神のキャラも合わせて雰囲気作りがしっかりしている作品と言えるでしょう。

メインのサービスにあたる耳かきはおよそ9分間。
湖の上に横になり、右耳→左耳の順に耳かき棒でお掃除してから
仕上げに1~2分に渡って断続的に息を吹きかけます。

ここでのポイントは先ほど登場した2種類の耳かき棒を使い分けていること。

「じゃあそうね せっかく出したんだし あなたの耳で 金と銀の耳かき棒 使い比べってことにしましょうか」
右耳を担当する金の耳かきは「かりかり さすさす」と乾いた軽い音
左耳で登場する銀の耳かきは金に比べて面積が広く摩擦感も少し強い音、といったように
明らかな違いがある効果音をシーンに応じて別々に鳴らしています。

音の質感も作品の雰囲気を壊さないよう柔らかいもので統一されていますし
耳かきのクオリティもかなり高いものを持っていると言えます。
仕上げの息吹きシーンで耳がこそばゆく感じる人もいるでしょうね。

「なかなか… 女神の手をもってしても 奥深い行為ね うんしょ」
「ほら 喜んでるじゃない」

個人的に印象に残ったのは最中に交わされる女神とのやり取り。
主人公を癒すためではなく自分の好奇心を満たすために始めた耳かきなのに
汚れを取ろうと一生懸命になったり、息を吹きかけるたびに反応する彼に笑いかけたりと
冒頭の気だるい態度とは少し違った優しい顔を見せ始めます。

左耳のシーンでは過去に泉を訪れた2人の女の子のことをしんみり語るなど
彼女が耳かきを通じて失っていた感情を取り戻しつつあるように思えました。
耳かきという行為はされる側が癒されるのは間違いありませんが
行っている側も多少は温もりや安心感を得ているのではないでしょうか。
そういった相手の感情の変化を描いているところも本作品の大きな魅力です。
世界観がしっかりしている作品
耳かきというサービスだけでなく、作品全体が持っている様々な要素にも癒しを感じる作品です。

永遠とも言える時の中で泉を守り続けてきた結果、様々なことに無関心になってしまった女神が
主人公を含めたここ最近の人間たちとの出会いを通じて
失いかけていた愛を取り戻す物語を耳かきと絡めながら繊細に描いています。
タイトルから「彼女が何から何まで甘やかしてくれるのだろう」と予想していただけに
こういう俗な性格を持った女神を登場させ、活躍させている展開がとても新鮮でした。

「あなたにこうした時 その安らかな顔を また見たいと思ってしまったから」
物語の結末についてもちょっぴり変わった形で締めくくられています。
神様として人間たちに様々なものを与えることができる彼女が
逆に人間たちに教えられ、自分には無いものを求めようとする。
耳かき音声にはあまり見られないしっかりとしたストーリーがあり
それが作品に対する没入感を高めています。

耳かきそのものについても音質にこだわる一方で
女神の経験の浅さを踏まえて動きは若干拙くしているのがいいですね。
といってもミスをして耳を傷めるシーンとかはありませんから
他の作品と同じく安心して聴けるし癒しも得られます。

また作中に登場する主人公以外の人間キャラには元ネタがあります。
サークルさんの過去作を聴いている人ならニヤリとするでしょうね。

無料とは思えないほど練りこまれている癒し系作品です。
野上さんはわけあって今年は活動を自粛されていますし
彼女の温かい声を聴きたい人にも強くお薦めします。

CV:野上菜月さん
総時間 17:14

藤和工場
http://factouwa.blog.fc2.com/blog-entry-47.html

↑このページのトップヘ