同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ:同人音声 > 無料作品

   ● 【無料】離島へ転校したらホストファミリーがドスケベで困る ボイスドラマ 灯&鼓編 環編
   ● 弟大好きなおねえちゃんのこたつであまあま耳かき♪
   ● メイドと暮らそ♪くるみちゃんと一緒【バイノーラル】
   ● 癒し系専属ナースのケアを体験できちゃうバイノーラル
   ● 姉妹の二人と両耳同時耳かきボイス
   ● 【バイノーラル】優しい妹の耳かきボイス【イヤホン推奨】
   ● 声付き耳かき音を作ってみた(終)
   ● 髪を切って整える音
   ● 【無料】ナナ狐に射精を縛られるオナサポ初級(中級)編
   ● 【無料】サンタな彼女とイチャラブ生活


【無料】離島へ転校したらホストファミリーがドスケベで困る ボイスドラマ 灯&鼓編 環編

サークル「サウンドステッカー」さんの無料の同人音声作品。

今回紹介する作品は、ほぼ正反対の性格を持つ双子とその母親が
ホームステイしてる男子学生の体を存分に味わいます。

彼女たちのキャラを活かした比較的激しいエッチが行われており
双子は掛け合いを交えながら2人で協力し、母親は幼児プレイっぽく責めるとスタイルを切り替え
いずれも射精シーンを多めにしたり喘ぎ声を大きくしてドスケベなところをアピールします。
天気や場所を気にせずイチャイチャ
中之郷灯(あかり)、中之郷鼓(つづみ)、中之郷環(たまき)とエッチを楽しむお話。

「あー やっぱり宿題ここに忘れてた てへ」
灯は元気で明るい声の女の子。
「あ、灯ちゃん 早く行こうよ」
鼓はおっとりした穏やかな声のお姉さん。
台風がすぐそこに近づいてる日の夜、主人公の恵と3人で忘れ物を取りに学校へやって来ると
そのついでにエッチする気満々な灯を鼓が止めようとします。

本作品は都会の生活に馴染めず離島へ転校した彼が
一緒に住んでる彼女たちと2つのシチュで60分程度のエッチをします。
灯&鼓編は深夜の学校で複数人プレイ、環編は仕事の合間に青姦と異なる舞台を用意し
いずれも彼女たちの「ドスケベさ」を前面に押し出しながら進めます。

挿し絵に「第2弾」と書かれてるように、この作品には有料の別作品も存在します。
シリーズものですが全編の9割以上がエッチシーンなので今作からでも普通に楽しめます。

灯「ねぇ恵 女の子2人と夜中にこんなところにいて ムラムラしてこない?」
鼓「あっ 灯ちゃん ダメだよ 早く出ないと」
ドスケベな点は一致してても彼女たちには異なる個性があります。
妹の灯は自分の欲望に忠実なキャラでガンガン責めてきますし
姉の鼓は序盤控えめに振る舞ってたのがスイッチが入ると一気に積極性が増します。
そして母親の環は大きなおっぱいで甘やかしたり彼のわがままを受け入れる包容力豊かな女性です。

どちらのパートもセリフの量が多めになってまして
状況説明や彼女たちの心情を小まめに挟みイメージしやすくしています。
その一方でフェラや耳舐めといった口を使うプレイではちゅぱ音が少なめです。
本作品は彼女たちのキャラが売りだからこういう作りにしたのではないかなと。
若干のスリルを孕んだエッチ
エッチシーンは2パート58分間。
プレイは灯&鼓編が「耳舐め、手コキ、乳首責め、フェラ、SEX(正常位)」、環編は「脇舐め、乳揉み、授乳手コキ、SEX(バック)」です。
服を脱ぐ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

灯「学校からは出れなくても ズボンからは出してあげますからねーっと」
鼓の制止を振り切り恵のズボンとパンツを脱がせた灯は
すっかり大きくなったおちんちんを手でしごき、それと同時に耳も舐めてあげます。

エッチはシーンによって攻守を入れ替えながら楽しみます。
灯&鼓編はおよそ34分間。
台風が近づき間もなく雨が降りだそうとしてる学校の教室内で
灯が右、鼓は左に陣取り耳・乳首・おちんちんを手分けして同時に責めます。

灯「ちんちんと乳首いじられて 耳をぺろぺろされて あんあんよがっちゃって情けなーい」
そして本作品の特徴であるドスケベさと性格の違いが早速発揮されます。
灯はエッチを持ちかけた張本人ということで最初からガンガン責め
その合間に軽めの言葉責めも繰り出して彼の心身をバランスよく盛り上げます。
彼のことはもちろん大好きですから、見下すのではなくサービスの意味合いが強いです。

鼓「本当ですか? 本当に恵さん こうされるの嫌じゃないですか?」
それに対し鼓は彼が本当にエッチしたいのかを確認しながら
灯に続く形で性感帯を責めて反応を見ます。
そしてこのまま続けてもOKと判断した後は灯以上に大胆な行動を取ります。

むっつりスケベとでも言いましょうか、普段とエッチのギャップが大きい女性です。
特に中盤以降は自ら股を開きSEXをおねだりするなど灯を引っ張る役に回ります。

鼓「警備員さんが来るかもしれないのに こんなことしてるなんて」
エッチについては公共の場所でエッチしてる状況を活かして
校内を巡回してる警備員を気にするやり取りが時々入ります。
といっても見つかることはありませんから雰囲気作り程度の弱い位置づけです。
それでもエッチを続けることで彼女たちの淫乱さを引き立てようとしてる風に映りました。

彼が3連続射精を決めるのもポイント。
「種馬主人公」と書かれてる通り、彼もドスケベな彼女たちに負けない性欲と精力を持ってます。
実際に聴いてみると後半のSEXシーンは彼が彼女たちを圧倒してるように映るはずです。
M性や凄惨さを打ち消してあるおかげで終始明るい空気が漂ってます。

続く環編は24分ほど。
別の日、彼女がやってる牧場のアルバイトを手伝ってた恵が
休憩するついでに彼女と幼児プレイっぽいエッチをします。

環「女の人のおっぱいはね こうして優しくこねるように そうよ その調子」
彼女は灯や鼓の母親なだけあって落ち着いた性格をしており
彼とエッチする状況になってもさほど慌てず人気のない場所に移動しおっぱいをいじらせてあげます。
そして少し経つと膝枕して授乳手コキに切り替えます。
乱暴に揉もうとする彼に正しい責め方を教えるなど、前のパートより甘やかし成分が強めです。

環「恵のが私のお尻にぶつかって パンパンっていってるぅ もっと もっとぉ」
しかしそのまま1回射精させた後はメスの顔になります。
動物のようにバックでおちんちんを迎え入れ、ピストンを受け止めながら艶めかしい声を存分に漏らします。
ここから彼をわざと呼び捨てにするのも印象的でした。
ホームステイ先の母親ではなく、一人の女として彼と愛し合う意志がよく表れてます。

このように、彼女たちの個性を大事にした甘く激しいエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の明るい作品
性欲旺盛な男女がストレートにそれを発散させる抜き重視の作品です。

灯、鼓、環は自分たちの家に居候してる恵のおちんちんを存分に味わおうと
ある時は深夜の学校、またある時は仕事中の野外で嬉しそうに相手します。
そしてその中に3人の違いを持たせて魅力を引き立たせます。

ドスケベな双子姉妹&母親とひたすらエッチするわかりやすいシチュ
最初から飛ばす灯とスロースターターな鼓が協力して責める前半パート
年上の女性らしい優しさとメスのエロさを兼ね備えた後半パート。
パートごとに登場人物やプレイ構成を変えて違った良さを出してます。

4人全員がエッチ大好きなのが面白いなと。
音声作品の場合、システムの関係で女性側がグイグイ引っ張ることのほうが多いです。
でも本作品では彼にぶっといおちんちんと並々ならぬ精力を持たせて彼女たちに対抗させます。
お互いに活躍する場があるおかげでほぼ対等な関係が維持されており
プレイが割と激しくてもMっ気をあまり感じずに聴くことができます。

私個人は環編のほうが好きです。
母親としての彼女と女の彼女が混在していてキャラに深みがあります。
他の人に見つかる危険を感じ、彼を押し止めようとして結局流されるところにも可愛さがあります。

射精シーンは5回。
淫語と喘ぎ声それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこです。

無料とは思えないほどしっかり作られてる作品です。

CV:灯…星鹿りえさん 鼓…加々美澪さん 環…彩瀬ゆりさん
総時間 1:04:23

【無料】離島へ転校したらホストファミリーがドスケベで困る ボイスドラマ 灯&鼓編 環編
こちらからダウンロードできます

追記
ページがうまく表示されない場合は以下のコメントご覧ください。
http://doonroom.blog.jp/archives/36419653.html#comments

弟大好きなおねえちゃんのこたつであまあま耳かき♪

サークル「杏仁まくら」さんの無料の同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、弟のことを溺愛してるお姉ちゃんが
コタツに入って雑談しながら彼の耳をお掃除します。

会話と音のバランスをほぼ半々に設定したあまあまな耳かきが行われており
買ってきたみかんを食べさせてあげたり、やや踏み込んだ会話で仲の良さを出しつつ
耳かき中は「かり かり」などのセリフと同じタイミングで効果音を鳴らします。
寒い日はあったかいお姉ちゃんと
姉の天音が耳かきするお話。

「ただいまー あー寒かったー」
天音は明るくて瑞々しい声のお姉さん。
とある冬の日、仕事から帰宅してすぐさまコタツに入り込むと
その途中で買ってきたみかんを取り出し皮を剥いてあげます。

本作品は彼のことを実の弟以上に意識してるブラコン気味な彼女が
20分程度に渡って雑談したり耳のお掃除をします。
サークルさんの音声第一作目ということでストーリーや細かな設定は入れず
彼女の魅力をストレートに引き出しながら比較的リアルな音を鳴らします。

「こうして隣でくっついていると なんだか落ち着くのよねー」
彼女は世話好きで人懐っこい女性。
コタツに入る際にわざわざ彼の右隣に陣取り
剥いたみかんを「あーん」と言って食べさせたり逆にそうしてもらおうとします。
そして耳かきに入ると熱心に手を動かしながらちょっぴり踏み込んだ話題を振ります。

全年齢向けなので露骨な描写は入ってませんが
少なくとも彼女は彼のことを異性としてある程度意識してるのが窺えます。
単に耳かきするだけだと甘さがあまり出せないからこうしたのかもしれません。
キャラと効果音の存在感を同じくらいに保って作品を組み立ててます。
音の違いを楽しむ耳かき
耳かきはおよそ14分間。
膝枕の状態で左耳→右耳の順に綿棒のみを使って汚れを取り
仕上げに弱めの風圧で3回程度息を吹きかけます。

綿棒は「ぞすっ」という面積広めの乾いた音が使われており
耳の壁をなぞるようにゆっくり動かします。
動きが綿棒よりも耳かき棒に近い気もしますが音の質感は良いです。

穴の奥を掃除する際に音が低く鈍いものに変化するのが印象的でした。
手前以上にデリケートな部位なので動きも一段階緩やかになります。
また音を鳴らすのに合わせて「かり かり」と細かく実況しイメージしやすくしています。

「そっか… いないんだ」
最中の会話はお互いの恋愛事情や明日のことなどやや突っ込んだ話題が中心。
主人公に恋人がいないことを知って安心した表情を見せるなど
肉親以上の感情を抱いてるのがなんとなくわかります。
自分が恋人になりたいというよりは、彼を独り占めできる今の状況を維持したいのかもしれません。

このように、お姉ちゃんの心情を交えたシンプルな耳かきが繰り広げられてます。
バランスの良い作品
キャラと音の両方に光を当ててる耳かき作品です。

天音は実の弟以上に溺愛してる主人公と楽しい夜を過ごそうと
一緒のコタツに入ってみかんを食べたりコンパクトな耳かきをします。
そして最中の会話を独特なものにして彼女の内面もほんのり描きます。

明るくて人懐っこいお姉ちゃんが耳かきするあまあまなシチュ
擬声語を言いながら状況に合った音を鳴らす耳かき、弟を大事に思う気持ちがこもった会話の数々。
作品が持つ長所をそのまま活用した物語に仕上がってます。

「じゃあ はいっ そのままお姉ちゃんの膝に頭乗っけて?」
特に彼女はウザさを感じないレベルで積極的なスキンシップを取ります。
彼女にとって冷えた心と体を温めるには彼との触れ合いが一番なのでしょう。
耳かき自体はしっかりやってますからお姉ちゃんらしさはちゃんと残ってます。

寒い季節にピッタリなほんわかした作品です。

CV:月野きいろさん
総時間 20:45

視聴はこちらから
https://www.youtube.com/watch?v=DLHfOmZZoLA

メイドと暮らそ♪くるみちゃんと一緒【バイノーラル】

DLsiteで公開されてる無料の同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、明るくて人懐っこいメイドが
風呂上がりから就寝までの時間を使って4種類の健全なお世話をします。

数多くのアニメに出演されてる阿澄佳奈さんを起用し
主従よりも友達に近い砕けた態度で接しながらリアルな音を鳴らして癒しを与えます。
明るいメイドの温かいご奉仕
メイドのくるみと夜を仲良く過ごすお話。

「あっ はいはーい お帰りなさいませ ご主人様」
くるみは明るくて可愛い声の女の子。
お風呂から出た主人公に湯加減はどうだったか尋ねると
彼を少しからかってからドライヤーで髪を乾かします。

本作品は素材は良いけど身だしなみに無頓着な彼を少しでもカッコよくしようと
彼女が20分程度の時間を使って髪、耳、手、心を綺麗にします。
サービス自体は王道のメイドものですが、阿澄さんの持ち味を活かすために
うやうやしさや事務的感といった主従によくある部分を徹底的に取り除いて進めます。

「一緒に (お風呂)入っちゃいますか? って 冗談ですよ あははっ」
一緒にお風呂に入ろうと言って彼の反応を楽しんだり
「うんしょ」などの掛け声を漏らしながらスムーズに手を動かすなど
メイドとしての仕事をしっかりやりつつ親しみを込めて接します。
セリフの表現も現実世界でする会話に近くて雰囲気がとても緩いです。

またバイノーラル録音の長所が出るよう声の位置や距離も小まめに変えてきます。
例えばドライヤーをかける時は左右にスライドし、添い寝中は普段よりもずっと近い位置で囁きます。
特に添い寝は彼女がしゃべるたびに微かな風圧が感じられてリアルです。

彼女と並ぶもうひとつの魅力は効果音。
どのパートも専用の音を現実さながらの位置とタイミングで鳴らします。
サービス中もよくしゃべるのでASMRっぽさは薄いのですが
それだけでも何をしてるかわかるくらいの品質を持ってます。

同人音声の魅力を宣伝する意味合いを持った作品なので
阿澄さんに頼り切るのではなく、音とのバランスを考えて制作されてます。
声と音が織りなす癒しのひと時
一番最初のトラック01でするのはドライヤー(約2分)。
主人公に座ってもらい左右に細かくスライドさせて隅々まで乾かします。

「ほら 計画的に綺麗に伸ばすんならいいんですけど 伸ばしっぱなしのボサボサ頭じゃ 女の子にもモテないでしょ?」
彼女は彼に恋愛感情を抱いてるようには見えませんが、磨けばモテる素質があるのは理解してます。
だから身だしなみに無頓着な彼にアドバイスしてそれを応援します。
口調も適度に砕けていて序盤から和やかな空気が漂ってます。

最中に鳴る効果音も同じくらいの存在感を持ってます。
ドライヤーが耳の近くに移動するたびに「ぼぼぼぼー」という軽い風圧が感じられます。
バイノーラル作品を初めて聴いた人は驚くのではないでしょうか。
音を通じて感覚を刺激してくるおかげで臨場感が高いです。

続くトラック02は同人音声の代表的なサービスにあたる耳かき(約3分)。
右耳→左耳の順に綿棒のみを使って綺麗にします。
このパートで息を吹きかけてくることはありません。

綿棒は「すしゅっ」という若干引っかかりのある滑らかな音が使われており、ゆっくり回転させるように動かします。
綿棒特有の適度なふわふわ感が忠実に表現されてました。
時間の関係で耳かき好きには物足りないでしょうが、お試しの役割は果たしてると思います。

「ここですか? ここが弱いんですか? やだなぁもう 敏感なお耳さんですね」
最中の会話は「くるくる」と言って耳かきの様子を実況しながら
彼の反応を観察して軽くからかいます。
ドライヤーに比べて雑談の量を減らし音に集中しやすくしてました。

彼女の違った一面が見られるのは最後のトラック04(約7分)。
耳かき後に爪切りも行い退出しようとしたところを彼に呼び止められ
そのまま左側に添い寝して安らかな眠りを提供します。

「くるみの元気 注入しておきました だから絶対元気になります」
彼の様子を見て何かおかしいとすぐさま察知したのでしょう。
事情についてはそこまで深く詮索せず、囁き声による雑談と軽めのハグで元気を注入します。
普段よりも穏やかな声に代わり、間隔を長めに取って語りかける安眠に適した演技をされてます。
馴れ馴れしそうに見えるけど相手にちゃんと合わせられる思いやりのある女性です。

このように、声と音の両方で癒やす短いながらも充実したお話が繰り広げられてます。
自然と頬が緩む作品
自然な演技とリアルな音がガッチリ噛み合ってる質の高い作品です。

くるみは自分のことになるとつい手を抜いてしまう主人公を綺麗にしようと
一般的なメイドよりも近い距離感で色んな話をしながら主に上半身をお世話します。
そして一通り終わった後は体を密着させながらの添い寝で安心感と温もりを与えます。

良い意味でメイドらしくない女の子があれこれお世話する和やかなシチュ
アニメ声優さんらしい自然な演技とそれを引き出すシナリオ
最中に鳴る極めてリアルな効果音の数々。
通常の全年齢向け作品よりもキャラに比重を置いて作品を組み立ててます。

「くるくる くる…くる くるくる くるっと」
特に2番目の要素は最大の特徴なだけあってこだわりを感じました。
セリフと呼べない細かな掛け声や息遣いを挟んでリズミカルに語りかけてきます。
元気で若干のウザさがあるところも阿澄さんがアニメで演じられてるキャラに似てて良いです。

短時間でリラックスとやる気を補充できる作品です。

CV:阿澄佳奈さん
総時間 21:45


こちらからダウンロードできます

癒し系専属ナースのケアを体験できちゃうバイノーラル

サークル「ya-ho-games」さんの無料の同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った魅力を持つ2人のナースが
入院中の男性に一対一で秘密のご奉仕をします。

耳やおちんちんをたっぷり舐めながら甘やかす温かいプレイが行われており
片方はセリフとちゅぱ音をバランスよく、もう片方はちゅぱ音重視とスタイルを変えながら
彼を気遣ったり全肯定する言葉を投げかけて心身両面をケアします。
弱った心と体を癒す気持ちいいお薬
ナースのしずえとあんずがご奉仕するお話。

「失礼します 本日専属ナースとしてお世話させていただきます しずえと申します」
しずえは上品で落ち着いた声のお姉さん。
入院中の主人公に挨拶しお風呂をすすめると
彼が嫌がるのでひとまずおちんちんだけでも綺麗にします。

本作品は女性の優しさと温かさを感じながら気持ちよく射精させることを目的に
彼女たちが45分近くに渡って3種類のエッチなサービスをします。
登場人物が2人いますが同時責めするシーンはなく
最初の2パートはしずえ、最後はあんずと手分けして個別にケアします。
2人とも彼のことを「旦那様」と呼んでるところを見ると身分の高い人物なのかもしれませんね。

しずえ「恥ずかしがらないで しずえにすべて 任せていいんですよ」
あんず「おちんちんをシコシコって撫でてあげて ふふっ 上手ですねー」
彼女たちは職業柄弱った人々を相手にすることが多いので
今回のエッチも最初から最後まで彼を全肯定する言葉を投げかけながら進めます。
お風呂に入ってないせいで汗まみれのおちんちんを嫌がるどころか愛おしそうに咥え込んだり
目の前でオナニーしても見下すことなく穏やかな表情で見守ります。

単にエッチするだけだとナースらしさがあまり出ませんから
サークルさんも彼女たちの言葉や態度に意識して柔らかさを持たせてます。
完全女性上位ですけどネガティブな描写が一切なく雰囲気はとても甘いです。

もうひとつの特徴はプレイそのもの。
フェラ、耳舐め手コキ、耳舐めオナニーと全パートで舐める行為を取り入れ
話しながらそれに合ったちゅぱ音をガンガン鳴らして射精を応援します。

しずえはセリフとちゅぱ音をほぼ半々にして交互に、あんずは舐めるほうをやや重視と責め方に若干の違いを持たせ
ちゅぱ音自体もそれぞれのキャラに合ったものを鳴らします。

先ほど言ったように本作品はセリフも大事な要素ですから
どちらかに専念すると魅力が大幅に下がってしまいます。
そのへんのさじ加減を取りながらタイミングよく射精できるように組み立てられてます。
価格は無料ですが有料作品にまったく引けを取らない品質を持ってます。
慈愛に満ちたエッチ
エッチシーンは3パート44分間。
プレイはフェラ、キス、耳舐め、手コキ、オナニーです。
手コキの際に効果音が鳴ります。

「皮の上から舐められるの いかがですか? くすぐったいですか?」
主人公のベッドに潜り込み皮被りのおちんちんに顔を近づけたしずえは
ひとまずそれを剥かずに舐めたり吸ったりして汗と汚れを取り除きます。

エッチはどのパートも女性側がリードします。
最初の2パート28分間はしずえが担当するサービス。
フェラ→耳舐め手コキと異なるプレイを組み合わせて少しずつ射精へ導きます。

「旦那さまのお元気精子 しずえのお口に びゅーっ びゅーってたくさんお射精して いいんですよ」
包茎おちんちんに嬉しそうな表情でむしゃぶりつき
表面はもちろん、皮の内側や亀頭に至るまで丁寧に舌を這わせます。
整った声に反してちゅぱ音がやや下品なのもいいですね。
多少のギャップを持たせて彼女が一心不乱にご奉仕してる様子を表現します。

もうひとつ、このシーンではどちらも射精後に2~4分ほどを割いてゆっくり責め続けます。
おちんちんや尿道についた精液を取り除きながら絶頂の余韻に浸らせるわけです。
エッチが終わった後の事まで気を配ってるところにナースらしさを感じました。

最終パートでするのはあんずの耳舐めオナサポ(約16分)。
主人公とは顔なじみのようで、親しげな挨拶を交わしてからすぐさまご奉仕に取り掛かります。

「旦那様ー ひとりエッチ いーっぱい頑張りましょうねー」
彼女はしずえよりも年下系のキャラでのんびり話すのが特徴です。
だからプレイについては耳舐めで応援する程度に留め、おちんちんのお世話はほぼ彼に任せます。
めんどくさがり屋というよりは彼自身がこういうプレイを望んでるように映りました。

耳舐めはしずえよりも水分を一段階下げコリコリした音を鳴らします。
セリフの量を少なめにしてひたすら舐める音フェチ寄りの責め方でした。
オナニーについては開始、ペースアップ、カウントダウンによる射精のみを指示し
それ以外はほぼ自由にやらせるかなり緩いスタイルです。

このように、患者を労りながら気持ちよくする甘めのエッチが繰り広げられてます。
いい気分で抜ける作品
エッチメインですが心へのケアにも気を配ってる作品です。

しずえとあんずは何らかの事情で入院してる主人公をスッキリさせようと
彼のすべてを受け入れつつ口や手を使って優しく刺激します。
そして射精が近づいてきたあたりから徐々にペースを上げ、事後は再びソフトに責めて余韻に浸らせます。

心優しい2人のナースが一対一でご奉仕する甘いシチュ
フェラや耳舐めといった口を使うプレイに力を入れたエッチ
その最中に投げかけられる全肯定の言葉の数々。
キャラ、プレイ、セリフに明確な個性を持たせて作品を組み立ててます。

「旦那様ー お久しぶりでーす 専属ナースの あんずです」
サークルさんが作品説明文でおっしゃられてる通り大まかな物語や設定だけを用意してあります。
主人公が何者なのか、どういう病気にかかってるのか、あんずと以前どこで会ったのかなどは語られてません。
エッチに直接関係ないからなのでしょうけど、聴き手にある程度イメージする余地も持たせたかったのだと思います。
本格的なボイスドラマでもない限りはこれくらい緩いほうが受け入れやすいんじゃないかなと。

エッチは声優さんが違うおかげで同じ耳舐めでも明確な違いがあります。
年上系のしずえはじゅるじゅると、年下のあんずはそれよりも抑えた音を鳴らします。
フェラも主人公をわざと包茎にしてお掃除する時のちゅぱ音を微妙に変える工夫がされてます。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

おまけは別作品の予告です。

CV:しずえ…篠守ゆきこさん あんず…真宮ひいろさん
総時間 1:07:29(本編…48:08 おまけ…19:21)


こちらからダウンロードできます

姉妹の二人と両耳同時耳かきボイス

サークル「バイノーラル6音」さんの無料の同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、お兄ちゃんのことが大好きな姉妹が
左右同時に耳かきして心地いい眠りに導きます。

同じ質感の音を異なるリズムで両方から鳴らす密度の高い作りが魅力で
息吹き、綿棒、梵天と優しい系統のサービスを取り揃え
2人の仲の良さを感じる掛け合いも挟みながらゆっくりのんびり進めます。
妹たちの耳かき勝負
ユツキとその姉が左右同時耳かきをするお話。

「お兄ちゃん こっち来て?」
ユツキは素朴で可愛い声の女の子。
「あれ? ユツキちゃん 部屋にお兄ちゃん入れて何してたの?」
姉はややトーンが低く穏やかな声のお姉さん。
お兄ちゃんを部屋に呼び出したユツキが事情を説明してる最中に
姉が帰宅しどっちの耳かきが上手いか競争します。

本作品は姉が自分に隠れて彼に耳かきしてたことを知ったユツキが
彼女に少しでも追いつこうと16分程度のコンパクトな耳かきをします。
1人でやるつもりがすぐさま姉に見つかってしまったたため
実際はユツキが左、姉が右に陣取り同時にやるスタイルを取ってます。

2人とも彼のことをお兄ちゃんと呼んでるところを見ると
年齢はお兄ちゃん>姉>ユツキの順なのでしょう。
ユツキは正統派の妹、姉はそれよりもやや大人びたキャラと声や態度に違いを持たせてます。

耳かきの流れは息吹きから始まりダブル綿棒→ダブル梵天→もう一度息吹きとやり方を揃え
その代わり左右の動きやリズムを多少変えて重厚さを出してます。
元々音に強いサークルさんなだけあってどれも品質がとても高く
息吹きのシーンでは弱めの風圧が耳に伝わってきてこそばゆいです。

メインの耳かきも綿棒は「しゅくっ」という乾いててパチパチした音で穴の中をゆっくりなぞる
梵天は綿棒よりも広くふんわりした音で軸を持ってゆっくり回転させる、と
器具ごとの特徴をそのまま反映させたリアルな音を鳴らします。
1人でやる時と違って音の途切れがほとんどないのがいいですね。
優しい音に包まれてる感覚がして実時間以上の癒しが得られます。

ユツキ「お姉ちゃんばっかり こっそり(耳かき)やっててずるい」
姉「ユツキちゃんだって こっそりしようとしてたでしょー?」
最中に交わされる2人の会話もそれに大きく貢献してます。
初めはお兄ちゃんに何度も耳かきしてる姉にライバル心を燃やしてたユツキですが
彼女の話を聞くにつれてだんだんとそれが薄れ、中盤以降はアドバイスに従い熱心なお世話をします。
姉も彼を独占する気は特になく、ユツキと共有しようと自分の技術を伝授します。

2分くらい無言で耳かきを続け、1分程度会話するのを繰り返す感じです。
ASMRらしさを残したままキャラにも光を当ててます。

このように、音の質と密度にこだわった緩やかな耳かきが繰り広げられてます。
小さくまとまってる作品
短時間ながらもしっかりとした個性を持ってる作品です。

ユツキは大好きなお兄ちゃんを少しでも癒そうと
姉に内緒で彼を呼び出し耳かきしたいと打ち明けます。
しかしその直後に偶然やって来た姉に見つかり結局2人ですることになります。

2人の妹が左右から同時にお世話する独特な耳かき
サークルさんらしい質感と動きに優れた効果音の数々
音の邪魔にならない形で交わされる彼女たちの何気ない会話。
メインの耳かきをきっちりこなしたうえでキャラも引き立つように作品を組み立ててます。

姉「ふふっ ユツキちゃん見て? 気持ちよさそうな顔」
ユツキ「これ好きなのかな? お兄ちゃん じゃあもっと…」
お話が進むにつれてユツキと姉の息が合うのも面白いです。
技術や経験に差があっても彼を癒したい気持ちは2人とも一致してます。
だから年上の姉がユツキをリードして彼を共有できる状況へ持っていきます。
ASMR作品はキャラの存在感が薄くなりがちなので、こういう要素があると全体のバランスが良くなります。

耳かきは現在活動してる耳かきサークルさんの中で上位に位置する品質を持ってます。
左右の動きにもう少し大きな違いを持たせたほうが特徴は出るのでしょうけど
その匙加減を誤ると統一感が薄れて癒されなくなることを考えてこれくらいにしたのかなと。
音とセリフの配置や分量にも気を配ってあって完成度が高いです。

無料ですから興味が湧いた方は是非一度お試しください。

CV:ユツキ…棗いつきさん 姉…hana10さん
総時間 18:28

姉妹の二人と両耳同時耳かきボイス
https://www.youtube.com/watch?v=Tlag_p_fK-w

【バイノーラル】優しい妹の耳かきボイス【イヤホン推奨】

サークル「バイノーラル6音」さんの無料の同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、優しくて愛嬌のある妹が
冒険で怪我をしたお兄ちゃんにシンプルな耳かきをします。

効果音と吐息だけが流れる時間を長めに取った音フェチ系の作りに加えて
ファンタジー世界らしさを出しながら会話したり心配する彼女の姿にも癒されます。
幻想世界の妹がする耳かき
妹に耳かきしてもらうお話。

「あ、起きてる お兄ちゃん 狩りに出かけて以来記憶が無いでしょ?」
妹は幼さの残る可愛い声の女の子。
モンスターにやられそうになったところを助けられ、2日間眠っていたお兄ちゃんに声をかけると
水を飲ませてから採取した綿を使って制作した棒で耳を綺麗にしてあげます。

本作品はまだ駆け出し冒険者程度の力量しかないお兄ちゃんを元気づけようと
彼女が総時間のほぼ全部を使って耳かきします。
使用する器具は綿棒のみで左耳だけ息を吹きかける至ってシンプルなものですが
最近流行ってる音フェチ(ASMR)と彼女のキャラを組み合わせて個性を出してます。

「前に採取してくれた綿で柔らかい棒を作ったの 綿棒って勝手に名前つけたんだけど」
彼らがいる世界はゲームやラノベなどでよく描かれてるファンタジー世界。
村の外には凶暴なモンスターが徘徊しており、今回使う綿棒も彼女のお手製です。
耳かき作品ではあまり見かけない設定なので実際に聴いてみるとセリフが独特に感じるでしょう。
でも無茶をする兄を妹が心配する構図には温かみがあります。

耳かきはおよそ15分間。
右耳→左耳の順に綿棒だけを使って綺麗にします。
体勢は膝枕だと思うのですが作中では明言されてないので違うかもしれません。

綿棒は「プチプチ クシュッ」という乾燥した柔らかい音が使われており
耳の中を優しく撫でてから手を止めるのを繰り返す感じで動きます。
音に強いサークルさんだけあって質感、ペース、力加減がどれもリアルで優しいです。
バックで控えめに流れ続ける虫の声も作品の雰囲気に合ってて癒されました。

「お兄ちゃん なんであんな危ないとこ行ったの?」
最中の彼女は危ない場所に出かけた理由を尋ねたり
彼の誕生日プレゼントになるものを取ってきたことを報告するなど
彼のことを大事に思ってるのがよくわかるやり取りを交わします。

ただセリフよりも効果音と吐息だけを流す時間のほうが多く取られてるので
そこまでおせっかいを焼かれてると感じるほどではありません。
彼が無事だったことを素直に喜びつつ同じことを繰り返さないよう軽く釘を刺します。

このように、音と会話を丁度いい配分で組み合わせた和やかな耳かきが繰り広げられてます。
安眠のお供に向いてる作品
時間があまり取れない時でも無理なく聴ける手軽さが魅力の作品です。

モンスターたちの驚異に晒されながら毎日を逞しく生きてる兄妹が
ふとしたことをきっかけに耳かきしながら穏やかなひと時を過ごします。
そしてその様子をリアルな効果音と特徴的なセリフで描きます。

効果音や吐息の分量を多めにして静かに癒す演出
ウザさを感じないレベルで心配する世話好きな妹、彼女のキャラに合った優しくて柔らかい効果音。
音フェチ系でありながらキャラも立たせた耳かきを行います。

「まだ安全にしてないとダメだからね」
彼女はなんだかんだで彼のことを相当大事に思ってるのでしょう。
だから2日ぶりに目覚めた彼に安堵しつつ、重荷に感じないレベルで心配します。
作中で「叔父さんに助けられた」と言ってたので両親はもういないのかもしれません。
少ないセリフの中に2人の仲の良さや背景が垣間見えます。

耳かきは左右合わせて15分と短いですが品質はかなり高いです。
寂しかったり気持ちが高ぶって眠れない時に聴けば効果があると思います。
ちなみに現在はこの続編も出てまして、2作合わせれば約32分とそれなりのボリュームになります。

CV:棗いつきさん
総時間 16:48

【バイノーラル】優しい妹の耳かきボイス【イヤホン推奨】
https://www.youtube.com/watch?v=qy9eCNZp7r4

続編はこちら
【バイノーラル】優しい妹の耳かきボイス(続)【イヤホン推奨】
https://www.youtube.com/watch?v=ObIgbNvyE9o

声付き耳かき音を作ってみた(終)

サークル「とみみ庵」さんの無料の同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、素朴でちょっぴりいたずら好きな女の子が
友達あたりの関係にある男性に丁寧で幅広い耳かきをします。

従来のシリーズと同じく効果音の質と量にとことんこだわった作りや
親しみを感じる彼女のセリフと態度で癒しの空間を作り上げてます。
前よりもちょっぴり近い心の距離で
女の子に耳かきしてもらうお話。

「あ、また来たんですか? 凝りないですね ほんと」
女の子は素朴で優しい声の女の子。
自分の部屋に再びやって来た主人公をクールな表情で迎えると
膝枕に誘ってからお世話する順番や使用する器具を考えます。

本作品はこれまで58本出てる同シリーズの最終作。
声や口調は素っ気ないけど実は優しい彼女が、耳かき好きな彼におよそ24分間の耳かきをします。
彼女はシリーズの過去作にも何度も登場してるキャラで「炭酸ちゃん」の愛称を持ってます。
以前は割と変わったこともやってたのですが、今回は原点に戻って耳かきだけを時間いっぱい頑張ります。

「いいえ 今は暇なんでいいですよ 忙しいって言ったらどんな反応するか気になっただけです」
性格は一言で言えばいたずら好きでしょうか。
自分の思ってることとは違うことをわざと言って彼の反応を楽しみ
耳かき中も今までになかった原始的な手段で綺麗にするシーンがあります。

でも耳かき自体はとても真面目にやるので悪意があるとは思えません。
楽しそうにお掃除してるのがはっきりわかる描写もありますし、彼女なりの愛情表現と見るのが妥当です。
言葉よりも態度で気持ちを伝えるタイプのキャラで独特な可愛さを持ってます。

もうひとつの柱となる耳かき音も魅力的。
耳かき棒、綿棒、梵天と定番の器具をシーンに応じて使い分けながらリアルな音を存分に鳴らします。
とみみ庵さんと言えば時間に対するセリフの量を減らし、音ですべてを表現する作風が持ち味です。
今作もその例に漏れず、効果音と彼女の吐息だけが流れる時間を長めに取って癒します。
質感、動き、力加減、リズムのすべてが繊細で優しくて本当に素晴らしいです。

耳かきはほぼ全編にあたる24分間。
膝枕の状態で左耳→右耳の順に穴の手前は耳かき棒、奥は綿棒で汚れを取り
仕上げに梵天と3回程度の息吹きをします。

耳かき棒は「ずすっ じりじり」と尖りのある乾いた音
綿棒は「すりずり」という面積広めで柔らかい音が使われており
前者は耳の壁を優しく引っかくように往復させ、後者は汚れを絡め取るようにゆっくり擦ったり回転させます。
梵天もふんわりした優しい質感の音で心地いいです。

この4年間耳かきをひたすら追求してきたサークルさんなだけあってすべてが自然です。
綿棒は動きに軽い引っ掛かりがあり、梵天は耳に軽い圧迫感があるといったように
器具ごとの細かな特徴まで音でリアルに表現されてます。
またこれらが耳垢に触れた際はほんの少しの時間だけ効果音がパリパリしたものに変わります。

「ふわ ふわ 気持ちいいですか? 私も ちょっと楽しいかな」
「人の耳に指を入れるって 面白い感覚かも」

最中の彼女は「かりかり」「ふわふわ」などの擬声語で耳かきの様子を実況しつつ自分の気持ちを漏らします。
また後半の右耳をお世話するシーンでは自分の指を彼の耳の穴に入れて掻き出します。
「ぐぐっ すいっ」という弾力のある摩擦音を掻き出すように鳴らしてて結構リアルです。

そしてこれは恋人まではいかないにしても彼女が彼に対して一定以上の好意を抱いてることも表します。
今は耳かき中ですから彼の耳の中は当然ある程度汚れてます。
それを知ったうえで自分から直接それを掬うのは一種の愛情表現と言えるのではないでしょうか。
行為自体の珍しさに加えて彼女の内面も描かれてるのが面白いです。

このように、リアルな音と2人の仲の良さで癒す温かい耳かきが繰り広げられてます。
シンプルで洗練された作品
王道のサービスに色々な工夫を加えた高度な耳かき作品です。

女の子は自分に何度も会いに来てくれる主人公を満足させようと
素っ気ない態度を取りつつしっかりお世話して耳と心を綺麗にします。
そしてその様子を主に効果音で表現し、合間に彼女らしさを感じるセリフを挟みます。

数多く存在する耳かき音声の中でも最高品質を誇る効果音
現実世界の耳かきをそのまま音声化したような自然な演出、クールな態度の中に垣間見える彼女の優しさ。
音フェチ系でありながらキャラも立ってる優れた耳かきが楽しめます。

「ふわふわでおねむですかね そのまま寝ちゃってもいいですからね」
私が炭酸ちゃんの作品をいくつか聴いてるからなのでしょうが
以前よりも彼女の態度が柔らかくなり、彼を素直に受け入れられるようになったと感じました。
最初の彼女は彼を実験台にしてあれこれ試す感じにサービスしてました。
しかし今回は特殊なことをほとんどやらず、彼を気持ちよくすることを第一に考えてお世話します。
ただそれだけだと個性が失われてしまうから時々からかってバランスを取ってます。

効果音が抜群に優れてるおかげで耳かきの様子を細かく説明する必要がなくなり
その結果何気ない会話にセリフの多くをつぎ込む余裕が生まれてます。
音が主役なのは間違いないのですが、一般的な音フェチ作品とは違う魅力を持ってます。

シリーズの最後を飾るに相応しい安定感のある作品です。

CV:藍月なくるさん
総時間 27:24

声付き耳かき音を作ってみた(終)
https://www.youtube.com/watch?v=4uccah3DTkU

髪を切って整える音

サークル「とみみ庵」さんの無料の同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、自宅で誰かに髪を切ってもらう様子を
様々な効果音と環境音だけを使ってお届けします。

サークルさんが日々研鑽を重ねられている質の高い音を数多く用意するだけでなく
それらを実際の散髪に近い鳴らし方・動かし方で上手に扱っています。
声が無いおかげで静かな雰囲気が漂っていますから
乱れた心を落ち着けるのにも打ってつけの一品と言えます。
散髪の一部始終を音だけで表現
誰かに髪を切ってもらうお話。

「ズズー カチッ チリーン」
音声が開始すると早速誰かが部屋で明かりをつける音や
窓を開けてからカットクロスをかける音などが鳴り始めます。

冒頭でも書いたように本作品は100%効果音で構成されており
音声の開始から終了までハサミの音を中心とした爽やかな音の数々が鳴り響きます。
音声作品に必ずと言っていいほど登場する女性の声が無いため
全編に渡って静かで落ち着いた空気が流れています。
極端なまでに音を重視した音フェチ向けの内容です。

散髪はカットクロスをかけた後、床を汚さないための新聞紙を敷き
霧吹きで髪を濡らしてからハサミで主に即頭部を切っていきます。
総時間が11分と非常に短いこともあり、伸びた部分を切りそろえているように思えます。

そしてすべての動作で別々のリアルな効果音をしっかりと用意し
それらをシーンに応じて位置や距離を適切に切り替えながら鳴らしています。
とみみ庵さんの効果音は現時点でナンバーワンと言ってもいいほどにクオリティが高く
説明するセリフが入らなくても何をしているのかが手に取るようにわかります。

散髪の時間はおよそ7分間。
「サクサク シャリッ」という小気味良い金属音を右から左、あるいはその逆にスライドさせ
最初は大きくざっくりと、後になるほど切りそろえるように小刻みに動かします。
ただ効果音を鳴らすのではなく、流れに合わせて刻々と変化していくリアルなサービスです。

中でも開始2分後あたりに左のもみあげを切るシーンは
音が一気に近づき微かな振動まで伝わってきます。
他にも窓を開けているシチュを利用し、散髪の合間に軽く風鈴を鳴らすなど
作品全体に爽やかなイメージを持たせる演出が盛り込まれています。
簡単に言えば雰囲気作りが上手いってことです。

このように、現実の散髪に非常に近いサービスが繰り広げられています。
コンパクトな音フェチ作品
リアルな音の数々が心に癒しを、耳に心地よさを与えてくれる作品です。

ハサミだけを使って髪を整える家庭的な散髪の一部始終を
滑らかな動作が生み出す諸々の効果音でわかりやすく演出しています。
バイノーラル録音ということで実際にダミーヘッドの後ろに立って鳴らされているのでしょう。
音の質だけでなく動かし方や間も自然で全体に統一感があります。

そしてアクセントとして時折鳴る風鈴の音も静けさや爽やかな印象を与えています。
散髪というサービスではなく「部屋で散髪している」空間そのものを描いているのが見事です。
ハサミが数回鳴って移動するのを繰り返すおかげで適度に無音の時間があり
それも癒しにプラスの影響を与えているように思えます。

サービス・癒し系音声いずれの意味でも優れたものを持っている作品です。
無料ですので興味を持った方は是非お試しください。

CV:なし
総時間 11:06

髪を切って整える音
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26961144

【無料】ナナ狐に射精を縛られるオナサポ初級(中級)編

サークル「めがみそふと」さんの無料の同人音声作品。

今回紹介する作品は、クールでSっ気の強い女の子が
Mな男性の性癖に合ったオナサポで気持ちいい射精に導きます。

シコシコボイスを最初に少し言ってから微笑や熱っぽい吐息を漏らしたり
カウントダウンでやや意地悪に、罵り言葉責めできつめにと2種類の射精シーンを用意するなど
スタンダードなオナサポに彼女の性格を盛り込んだ臨場感の高いプレイをします。
あなたのオナニー、縛ってあげる
妖狐のナナ狐がオナサポするお話。

「あら お客様のようね どうぞ いらっしゃい」
ナナ狐はややトーンの低いクールな声の女性。
「あなたのオナニー手伝います」という看板を見て部屋に入ってきた主人公を迎えると
彼の意思を確認してから服を脱いで横になるよう言います。

本作品はSっ気が強く男性の精液も大好きな彼女が
40分近くに渡ってMな人を対象にしたやや意地悪なオナニーの指示をします。
「初級(中級)編」とあるようにノーマルモード以外にもイージーモード(約30分)が用意されてまして
そこではオナサポを初めて聴く人でも無理なく完遂できるように手加減したプレイをしてくれます。

めがみそふとさんは長編ボイスドラマや耳かきといったノーマル向けの作品を得意とされてるサークルさんです。
今回はオナサポ初挑戦ということでより多くの人に聴いてもらおうと無料で公開されました。
まだ試行錯誤の段階なのか、プレイ自体は割とオーソドックスなもので揃え
その中に彼女らしさを感じる要素を盛り込んで個性と実用性を上げてます。


「ふぅん 大きさはなかなかのものね ふふふっ だけど 皮被りの包茎さん」
例えば冒頭のオナニーを始めるシーンでは彼のおちんちんをまじまじと観察しながら軽く貶し
オナサポの最中も耳元至近距離から熱っぽい吐息を多めに漏らして男心をくすぐります。
他にも射精しそうになったところでわざとストップをかけたり、一部できつめの罵声を浴びせかけるなど
彼女のSっ気を感じさせる描写がいくつも登場します。

その一方でシコシコボイスの量は意外に少なく、プレイを再開するたびに30秒程度言った後は
ペースや強さを維持させながら別のことをして興奮を煽ります。
基本的には弱めにいじって終盤だけ激しくしごく流れですから
オナサポ作品を既に色々聴いてる人にとっては生ぬるく感じると思います。
あくまでめがみそふとさん基準でのM向けですよということをご了承ください。
密着感のある艶めかしいエッチ
エッチシーンは3パート33分間。
プレイはおちんちんの観察、オナニー、吐息を漏らす、耳に息を吹きかけるです。
エッチな効果音はありません。

「これから私がストップって言うまで 絶対にしごくのをやめたらダメ いいわね?」
主人公のおちんちんを観察したり至近距離から匂いを嗅いで勃起を促したナナ狐は
ひとまず普段やってるスタイルでオナニーさせてその様子を嬉しそうに眺めます。

エッチは終始彼女に言われた通り手を動かします。
最初のオナサポ本編パートはプレイ開始から射精直前までもっていくシーン(約23分)。
おちんちんの観察から始まって普段のオナニー、彼女に指示されながらのオナニーと
後になるほどM性が増すようにスタイルを変えつつ心と体をバランスよく責めます。

「私をオカズにシコれるのがそんなに嬉しいの? ふふふっ そう…じゃあストップ」
「また速くなってるわよ 吐息もはーはーさせて 本当に盛りのついた犬みたい」

彼女が彼をオナサポに誘った背景を踏まえて露骨に突き放すことはないものの
気持ちよさそうにしてるところにストップをかけて焦らしたり
パートの中盤以降は彼のことを犬呼ばわりして上下関係を明確にします。

シコシコボイスでペースを定めた後は多くのシーンで熱っぽい吐息や喘ぎ声だけを漏らすので
言葉責めよりもそれらの声や彼女に見られてるシチュで興奮させる色合いが強いです。
バイノーラル録音なだけあって声の臨場感がものすごく高く
体を動かした時に鳴る微かな布ずれの音まで入っていて彼女がすぐそばにいる気分を味わいやすいです。

声や音の品質に自信があるからこういうプレイにしたのでしょう。

オナニーのほうは1~3分程度の短い間隔でストップをかけて寸止めさせつつ
序盤から中盤は1秒1~1.5コキ、終盤は1秒2コキくらいのスピードでひたすらしごきます。
焦らし系といってもノーマルモードの場合は30分近く断続的にしごき続けるので
ハードなオナサポにすっかり慣れてる人でもなければ射精は十分に可能です。

続く2パート10分間はお待ちかねの射精シーン。
フィニッシュ1はカウントダウン、フィニッシュ2はきつめの言葉責めと内容を大きく切り替え
どちらも1回の射精に向けて意地悪かつ激しく追い込みます。

「いっぱい我慢したものね 一体どれだけの精液が飛び出すのかしら 私も楽しみよ」
「気持ち悪いからとっとと射精して?」

カウントダウンは長めのセリフを挟んで射精のタイミングを遅らせます。
0に近づくほど激しくしごく指示は出ませんから自由にオナニーしていいのでしょう。
罵り言葉責めは語気がこれまでよりもやや強くなり、下のセリフのような突き放すことを積極的に言います。
一部で「○ね」とも言われるので人を選びそうな内容ですね。

このように、リアルな声を活かした比較的難度の低いオナサポが繰り広げられてます。
オナサポ初心者向けの作品
早漏な人やオナサポをまだあまり聴いてない人におすすめしたい作品です。

ナナ狐は普段よりも気持ちいいオナニーや射精を体験したくてやって来た主人公を喜ばせようと
クールでSっ気のある態度を取りながらまずは弱めの刺激を与え続け
射精できる状態になったところで2種類の異なるフィニッシュを提供します。

シコシコボイスやカウントといった定番の要素を中心に据えた取り組みやすいシステム
その中にリアルで艶めかしい微笑、吐息、喘ぎ声を多めに盛り込んだ作り
イージーモードや2種類の射精パートといったプレイの幅広さ。
オナサポの要所を押さえつつサークルさんの持ち味が出る形でプレイを進めます。

「もっともっと私の声で縛って よがって 気持ちよくしてあげる」
中でも2番目の要素はサークルさんが「ナナ狐の存在を感じてください」とおっしゃられてる通り
目を瞑って聴けばそれこそ実際にされてると思えるレベルのリアリティがあります。
オナサポにとって不足しがちな「純粋なエロさ」を補う役割も果たしてますし
ひたすらハードに責めるM向けオナサポとは明らかに違う良さを持ってます。

エッチは私がオナサポを聴きまくってるからでしょうけど易しく感じました。
全体のペースが緩く言葉責めも少ないからでしょう。
序盤にやってた見られる快感や羞恥を煽るアプローチを増したほうがより興奮できたと思います。

射精シーンは2回(1プレイあたりの回数は1回)。
淫語と喘ぎ声(吐息含む)そこそこ、ちゅぱ音ごく僅かです。

無料とは思えないほど一体感のあるオナサポが楽しめる作品です。
おまけは後日談、アフタートーク、ラジオ登場です。

CV:ちゆさん
総時間 1:02:04(本編…56:24 おまけ…5:40)

【無料】ナナ狐に射精を縛られるオナサポ初級(中級)編
こちらからダウンロードできます

追記
ページがうまく表示されない場合は以下のコメントご覧ください。
http://doonroom.blog.jp/archives/36419653.html#comments

【無料】サンタな彼女とイチャラブ生活

サークル「Aボイス」さんの無料の同人音声作品。

今回紹介する作品は、とある秘密を持ってる活発な女の子が
寂しい思いをしてる男性の彼女になってクリスマスを一緒に過ごします。

恋人らしさを大事にしたあまあまラブラブなエッチが行われており
全編の至る所でキスをしたり、相手を思いやる言葉を小まめに投げかけるなど
二人の仲の良さを感じるプレイや描写が数多く登場し心をたっぷり温めてくれます。
特別な日をより幸せに
クリスマスに彼女とエッチするお話。

「えーと……『サンタさんへ。ぼくはげーむがほしいけどけいたいでんわもほしいです。できればふたつほしいです。だめならげーむがほしいです。おねがいします』……子供の時の願い事っていうのはちょっと面白いよね」
彼女は明るくて元気な声の女の子。
主人公の家で彼の子供の頃と今の願い事を見比べると
自分自身がクリスマスプレゼントになってエッチなご奉仕をします。

本作品は恋人ができずクリスマスを毎年一人で過ごしてる彼を慰めるために
彼女がおよそ50分に渡って3種類のエッチをしながら親睦を深めます。
二人の本来の関係や彼女の正体は音声を最後まで聴くと初めてわかるようになってまして
本レビューでもネタバレを避けるために「彼女」とだけ書いておきます。

全編を通じて言える大きな特徴はタイトルにもなってるイチャラブっぷり
恋人らしいやや砕けた口調で彼が喜ぶことを数多く言ったり、自分から積極的に肌を重ねて気持ちよくします。

「それにさ、強がってるけどリードされるの結構好きだよね? むしろぎゅーってされて撫で撫でされる甘やかしえっちとかすっごい憧れてたよね?」
彼女は年下で気の強そうな性格をしてますが彼にだけはとことん甘く
どうすれば興奮してくれるか、喜んでくれるかを理解したうえでそこを的確に突きます。
そして自分が責められる時は思ってることや感じてることを素直に伝えながらエッチに乱れます。

簡単に言えば男心をくすぐるのが上手な女性です。
どのパートも主導権は彼女が握るものの、彼を立てながらリードするのでほぼ対等な関係を維持できてます。
その細かな気遣いやエッチの経験が浅いのに頑張る姿が心をすごく温めてくれます。
キスシーンが非常に多いのもそう感じる理由のひとつです。

ちなみに彼女の声はソク・ニョンさんという方が担当されてますが
音声を聴いた限りでは日本人とほぼ同じ演技でした。
外国の方が日本語をしゃべる時によくあるイントネーションの違いもなく至ってナチュラルです。
絆の強さを感じるあまあまなエッチ
エッチシーンは3パート50分30秒間。
プレイはキス、乳&尻揉み、フェラ、手マン、SEX(騎乗位)です。
エッチな効果音はありません。

「別に怒らないって。あんたがそういう人なのは理解してるし……ん、ちゅぅ……理解した上でこういう事してる訳だしね」
サンタに「恋人が欲しい」と願ってしまうほど心が渇いてる主人公を軽くからかうと
彼女は素直な反応を見せる彼へのご褒美にキスをします。

エッチはどのパートも彼女が責める形で進みます。
一番最初の「メリークリスマス!」パートでするのはキスとソフトな愛撫(約16分)。
久しぶりに会った彼と色々話しながら唇を何度も重ねてお互いの温もりを確かめます。

「ヘタっぴはうーそ。てか、そういうの気にするだけ無駄だって、ふふ……だってさ、どんなに上手でも嫌いな人にされるのはイヤでしょ? 好きな人ならちょっとヘタでも嬉しいでしょ?」
「うん、あなたにそういう目で見られてるって思うとすっごいゾクゾクする……ほら、手貸して……心臓、すごいドキドキしてるでしょ」

童貞と処女のエッチということで二人ともテクニックにはあまり自信がありません。
でも彼女は彼の性格や性的嗜好を知り抜いてるので、それを活かした言葉を投げかけて少しずつ興奮を煽ります。
「ヘタでも好きな人とキスするなら嬉しい」と言ったり、自分の体を触ることに躊躇する彼に助け舟を出すなど
細かな言葉や仕草に愛情が滲み出ていて雰囲気がとても甘いです。
彼女の気持ちを素直に伝えるセリフが割と多いのも恋人らしさを出すのに役立ってます。

プレイのほうはちゅぱ音を小まめに挟みながらしゃべるスタイルになってまして
これらを固めてやるタイプに比べると純粋なエロさは控えめかなぁと。
絶頂シーンがありませんから雰囲気作りの色合いが強いです。

続く「こっちもぺろりん?」パートはフェラがメイン(約15分30秒)。
先ほどのエッチを終えた後、彼女が作った夕食を一緒に食べてる最中に
性的欲求を解消できなかった彼がすかさず彼女にキスをし、それを受けて今度はおちんちんへご奉仕します。

「おっきくて男らしくて素敵だと思うけど? ……これ、あたしの身体に……おへその下くらいまで……あれ、平気……?」
「さすがにずっと咥えてるとちょっと大変かも……ごめんね? 中途半端に休憩入れちゃって」

そしてここでも多くの男性が愛おしいと感じる要素をいくつも織り交ぜて心と体をバランス良く盛り上げます。
かなりのサイズを誇る彼のおちんちんを褒めつつ、おまんこに入るかどうか心配するシーンがすごく印象的でした。
遠回しな言い方で「この後SEXしてもいいよ」と伝えてます。
舌と唾液で十分に湿らせてから休憩を挟みつつ一生懸命責める姿も健気で可愛いです。

前のパートに比べてちゅぱ音の割合は増えてますが
引き続きセリフを多めにしてあるのでバランス型のフェラと言えます。
ちゅぱ音をひたすら鳴らすだけだと仲の良さを表現しにくいですし、イチャラブを優先した結果こうなったのだと思います。
でも射精時に口で全部受けとめて飲み干すといった要所はきっちり押さえてます。

甘さが最も強いのは最後の「プレゼント交換だよ」パート(約19分)。
フェラで1回抜いてもまったく収まらないおちんちんへの最後のプレゼントとして
軽い前戯を挟んでから騎乗位で繋がりひとつになります。

「それくらいで怒らないってば、本当にもう……あ、んぁ……はぁ、ふぁ……でも、触られるの心の準備必要だったから嬉しいかも、えへへ」
ここでは彼女だけでなく彼が相手を思いやる気持ちもプレイに色濃く出ています。
フェラ終了後、彼がおっぱいやお尻をいじるのにおまんこだけ触れないのは好きな人の一番大事なところだからです。
それを見て彼女も感謝しつついじって欲しいことをアピールします。
その直後にある指を挿入するシーンも痛い思いをさせないようにゆっくり進めます。

音声作品ではエッチの相手を務める女性に魅力を持たせる一方で
聴き手が自分を投影させる主人公については設定を淡白にすることが多いです。
でも本作品は彼女の魅力を引き立てるために彼にもそれに見合った優しさを持たせてます。
そしてお互いがお互いを大事にするからプレイに一体感が生まれてます。

「恥ずかしいよ? 恥ずかしいけど……喜んで貰いたいもん……だから、頑張ってあたしがリードしちゃうから、にひひ」
「うん、まだちょっとだけジンジンしてるから……動かなくて良いの? ……えへへ、ありがと」

山場のSEXシーンも彼を満足させようと恥ずかしい気持ちを振り払って自ら挿入する彼女と
その直後に射精を迎え、彼女の痛みが引くまでピストンを控える彼の優しさが噛み合い甘く温かなプレイに仕上がってます。
効果音が入ってないのでピストンの様子がわかりにくいのは残念ですが
キスシーンを多めに入れてエロさを補ってますし、童貞と処女が初めてを捧げ合うシチュも幸福感を与えてくれます。

プレイそのものよりも二人の関係、心の繋がり具合、背景といったドラマ部分で抜かせる感じです。
いい気分に浸りながら射精できますから通しで1回抜くくらいの感覚で聴けば十分満足できると思います。

このように、普通の恋人同士とは違う男女がストレートに愛し合う雰囲気のいいエッチが繰り広げられてます。
愛に満ちてる作品
聴けば聴くほど心がぽかぽかしてくる作品です。

とある事情であまり頻繁に会えないでいる男女が
クリスマスの夜を二人きりで仲良く過ごしながらお互いの気持ちを素直に伝えます。
年下の彼女がリードしつつ主人公をひたすらもてなすご奉仕色の強いエッチ
その中にキスシーンをできるだけ多く挟むテーマに合った演出、そして愛を感じる言葉の数々。
特別な環境で付き合ってるからこそこの時間を大事にしながら一緒に気持ちよくなります。

「うん、(精液)全部飲んじゃった……あはは、さすがにすぐには無理だったから唾液でうすめてうすめてー、だったけど……だってこうした方が喜んでくれるかなーって」
中でもセリフは「好きだよ」みたいな直接的な表現をあまり使わず
その場の状況に合った思いやりの言葉をかけて大事にされてる気分にさせてくれます。
無理なことは決してやらない/させないし、思ったことをはっきり言うのも相手を強く信頼してるからです。

セリフの裏に潜んでる意味で愛情を表現してるとでも言えばいいのでしょうか。
ひとつひとつのセリフに重みを持たせ、それを積み重ねることでイチャラブっぷりを出してます。
各パートのプレイは違いますが全体にひとつの大きな流れが出来上がってます。

作品を聴く前は「彼女が彼にエッチなことをして励ますのだろう」くらいに思ってました。
でも実際は彼女が彼を本気で愛してるのがひしひしと伝わってきます。
意地悪なことや言葉責めも特にしないので本当に誰でも聴けます。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

女性の愛や温もりを感じながら抜ける作品です。
無料とは思えないほどよくできてますから興味を持った方は是非お試しください。

CV:ソク・ニョンさん
総時間 59:50

【無料】サンタな彼女とイチャラブ生活
こちらからダウンロードできます

追記
ページがうまく表示されない場合は以下のコメントご覧ください。
http://doonroom.blog.jp/archives/36419653.html#comments

↑このページのトップヘ