同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ:同人音声 > 9点

   ● 聖女精飲~白濁の聖慰問~
   ● 1秒1回コキ縛り 無感情ダークエルフのスローオナニー耐久勝負
   ● 【KU100】冒険者ギルドで遊び人のお姉さんたちに逆ナンされて冒険どころではなくなるお話♪
   ● 【中盤まで無料】生意気ナツキはあなたに勝ちたい!! ~挿れただけで勝手にイっちゃう弱くて強気なボーイッシュ~
   ● 子作りオナホ村【バイノーラル】
   ● 憧れの姫宮さんは僕だけの催眠性処理ご奉仕メイド
   ● ひとつ屋根の下、親戚の旅館で同居性活☆
   ● おほガキ~モールで拾ったメスガキにおほ声アクメキメさせたった!ブヒブヒブヒブヒブッヒッヒwww~
   ● あなたの全てを受け入れて甘やかしてくれるお姉ちゃんとの性活【KU100ハイレゾバイノーラル】
   ● 【オナサポJOI】射精我慢とRuined Orgasm「ルーインドオーガズム3・JOI編」~シコるオナニーの命令~【オナ指示特化】




サークル「こむらがえり」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、小さな教会を1人で運営してるドスケベなシスターが
教会へ来た信徒や村の男性たちにエッチな手段で愛情を注ぎます。

フェラや精飲といった口を使うプレイに特化してるのが特徴で
シスターの印象とは随分違う下品なちゅぱ音をガンガン鳴らして興奮を煽ったり
吐き出された精液を嬉しそうな表情でゆっくり飲み干して心身両面を満足させます。
上品なシスターの気持ちいい愛に包まれて
シスターが色んな男性にフェラするお話。

「ん どうでしょう? まだ 感じてしまいますか?」
シスターは明るくて穏やかな声のお姉さん。
教会を訪れた男性に早速フェラすると
以前よりもおちんちんが強くなったことを嬉しそうな表情で褒めます。

本作品は2020年7月に発売された人気作「聖女精飲」の続編。
シスターとして多くの人々に愛を与えてる彼女が
男性たちのおちんちんをおよそ100分に渡ってお世話します。

早漏な男性、歪んだ性癖を持つ男性、ホームレスと思しき人々、村の男性たちとパートによって相手を変え
それぞれに合ったプレイをみっちりやって幸せな射精に導きます。
物語が独立してますから今作から聴いてもまったく問題ありません。

「今宵 貴方は生まれ変わるのです 過去の自分を捨て 新しい 健やかなるおちんぽとして」
そして彼女は彼らへ愛の大切さを伝えるために口を使ったご奉仕をします。
おちんちんをわざと「おちんぽ」と呼んで男心をくすぐり
竿やカリを丁寧に舐めて汚れを取る、咥え込んで口をすぼめながらピストンするなど
相手が喜ぶ責め方を選んで下品なちゅぱ音をガンガン鳴らします。

声とプレイのギャップが大きいおかげで彼女のドスケベっぷりが引き立ってます。
でも彼らの悩みとしっかり向き合い、解決しようと頑張る姿はまさにシスターです。
とことん尽くしてくれますから満足感や充足感といった癒しの感覚も得られるでしょう。

精飲やちん嗅ぎといったフェラと関連性の高いプレイに力を入れてるのもポイント。
どちらも特定のパートで十分な時間を割いてじっくり行います。
約20分も精飲だけするパートがあったりしてサークルさんのこだわりを感じました。
口をもごもごする、精液でうがいする、喉を鳴らして飲み込む、その直後にゲップするなど
フェラとは違う種類のちゅぱ音を鳴らして綺麗な女性を汚す快感を与えてくれます。

フェラ特化なんだけどフェラしかしないわけじゃないので単調さはありません。
同じフェラでも人によって責め方を変えてて幅広いプレイに仕上がってます。
この手の作品をいくつも制作されてるサークルさんの持ち味がしっかり出ていて個性的です。
心身両面を満たしてくれるエッチ
エッチシーンは4パート88分間。
プレイはフェラ、精飲、おちんちん/精液の匂いを嗅ぐ、ゲップ、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「たくさん、たくさん おちんぽに愛を与えて下さい 愛を学び、育めば 貴方の思いに、きっと応えてくださいます」
おちんちんをゆっくり舐めながら男性に愛の大切さを説いたシスターは
唾液を十分まぶしたところで咥え込み、今度はピストンフェラで早漏改善を応援します。

エッチはどのパートも彼女が責め続けます。
一番最初の「01.愛の洗礼編(約23分)」は本作品の特徴や彼女の性格がわかりやすく表現されてるパート。
音声開始から3秒後には早速ちゅぱ音が鳴り始め
後になるほど刺激の強い責めを繰り出し射精をギリギリまで我慢させます。

「大丈夫 生まれ変わっても これまで通りたっぷり愛して差し上げますから 変化を恐れてはいけません」
多少意地悪なプレイですけど彼女にS性はないので雰囲気は終始穏やか。
シスターらしく優しい言葉をかけながらスローに責めて暴発しないようにします。
その代わりちゅぱ音はパワフルなものが多くてエロさは高めです。

本当にいきなりエッチを始めるので序盤は会話量を多めにし
中盤以降はちゅぱ音の割合を上げて抜きやすくしてます。
「イチ ニッ」と掛け声を出しながらリズミカルにピストンを続ける姿はなかなか下品です。

射精後に4分ほどかけて精飲するのも本作品の魅力です。
精液に軽く挨拶してから口をもごもごさせたり喉を鳴らします。
おちんちんだけでなく精液も愛するところに慈悲深さを感じました。

次の2パート45分間はニッチなプレイに光を当ててるシーン。
「02.愛の赦し編(約18分)」は精液がたっぷり詰まった瓶を持ってきた男性の目の前で飲んでみせ
「03.愛の慰問編(約27分)」は炊き出しのボランティアをしたついでに
複数の男性たちを順に相手してスッキリさせます。

「少し お恥ずかしいですが どうぞ授けましょう 貴方の罪に赦し与える 祈りのザーメンゲップを」
02パートは精液の匂いを嗅いだり飲む様子に的を絞ってます。
こちらはそれをオカズにオナニーする流れで体を直接責めることは一切ありません。
ほとんどの女性がドン引きしそうなことを嫌な顔ひとつせずやってのけるだけでなく
すべて飲み干し嬉しそうな表情でゲップを漏らして彼の期待に応えます。

彼女自身が匂いフェチで精液好きだからここまでできるのでしょう。
ゲップが出てくるのはこのパートのみで3回程度とかなり抑えられてます。

「おちんぽ はぁ はぁ おちんぽ すんすん すんすん んぅぅ ちんぽ ちんぽ」
それに対して03パートはちん嗅ぎを重点的にやります。
炊き出しに参加してるということはたぶん彼らはホームレスなのでしょう。
汗で蒸れ蒸れなおちんちんを嫌がるどころか積極的に嗅いで興奮を煽ります。
チンカスまみれのおちんちんをしゃぶってもらうことも含めて、シスターを汚すSの快感が味わえます。

最初の9分間はちん嗅ぎに専念し、その後1人ずつフェラして何度も射精させます。
1人目は長めのストロークでゆっくり舐める、2人目はピストンすると責め方を変えてました。
射精後はきっちり精液を飲んでくれますし、本作品に出てくるプレイがほぼ全部網羅されてます。

最後の「04.愛の祈り編(約21分)」は彼女の視点でフェラをお届けするパート。
毎週行ってるエッチな典礼に参加した男性たちを順番に相手します。

「例えばこの方は、とっても逞しいおちんぽをしてらっしゃいます 極太で おくちいっぱいに咥えるのがいつも大変なんですよ」
このパートはバックでちゅぱ音を鳴らしながら彼女が独白するスタイルになっており
おちんちんによって責め方を変えてることや、どんな思いでご奉仕してるかを丁寧に語ります。
例えば1人目は強めの刺激を与えないと感じてくれないのを知ってるので
最初からバキュームを交えたピストンフェラを繰り出します。

精飲もやりますけど心情描写とフェラを中心にしてました。
どんな相手でも心を込めてお世話するところに彼女の温和な性格がよく出てます。
パート前半は常連さん、後半は初めての男性と方向性を変えてます。
ネガティブな描写がまったくなく彼女がこのエッチを楽しんでるのが伝わってきます。

このように、パートによってプレイ構成や責め方を変える温かくて濃厚なエッチが繰り広げられてます。
広く深く掘り下げてる作品
フェラとそれに関する行為を独自の視点で描いてるノーマル~ややS向けの作品です。

シスターは性の悩みを抱えてる男性たちに救いの手を差し伸べようと
終始上品かつ穏やかな物腰で接しながらおちんちんを美味しそうにしゃぶります。
そしてちん嗅ぎや精飲といったマイナーなプレイにも光を当て
さらに彼女の魅力もしっかり引き出して満たされた射精に導きます。

仕事熱心でおちんちんや精液も大好きなシスターがたっぷりフェラするシチュ
フェラは相手によって責め方を変えながら異なるちゅぱ音を鳴らし
ちん嗅ぎや精飲はわざと下品な姿を晒して興奮を掻き立てるギャップを持たせたエッチ
これらすべてを嬉しそうな表情でする彼女の慈愛に満ちたキャラ。
前作の長所を受け継いだうえでエッチな慈善事業をさらに掘り下げてます。

特に2番目はフェラだけをとことんやるのではなく
上品な彼女を下品に見せる要素が充実していてそそります。
でも彼女のフェラによって多くの人が救われてるのも事実です。
やり方は変わってますけどシスターのお仕事をちゃんとこなしてて整合性が取れてます。

ニッチなプレイが含まれてますから多少は人を選ぶでしょうけど
そこを理解して聴く分にはかなり楽しめる作品と言えます。
ちゅぱ音の鳴らし方やセリフの表現方法にこだわってて完成度は高いです。

射精シーンは7回。
ちゅぱ音多め、淫語それなり、喘ぎ声はありません。

EXトラックは4つの音声です。

CV:高梨はなみさん
総時間 3:03:57(本編…1:43:54 EXトラック…1:20:03)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月29日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「シルトクレーテ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、森の中で人間を奴隷として飼ってるクールなダークエルフが
偶然迷い込んできた男性に焦らし特化のオナサポをします。

最初から最後まで1秒1コキのペースでしごき続けるのが最大の特徴で
耳舐め、キス、疑似フェラでちゅぱ音を鳴らして誘惑したり
1秒1コキよりもずっと速いペースでシコシコボイスを言ってルール違反を誘うなど
体への刺激を固定したうえで心を色んな手段で責めて負けへ追い込みます。
簡単そうに見えて難しいオナニー
ダークエルフの指示に従ってオナニーするお話。

「こんばんは どうしたんですか? 人間がこんなところへ」
ダークエルフは淡々と話す穏やかな声の女性。
自分たちが住む森の中で主人公を発見し声をかけると
これからするエッチな勝負に勝ったら見逃してあげると言います。

本作品は声も態度もクールなダークエルフが
何らかの理由で村の近くを徘徊してた彼にエッチなゲームを持ち掛けます。
彼女たちは人間を家畜同然の存在と見下しており
通常は見つけたらすぐさま捕まえて性奴隷に調教するそうです。
しかし彼女は変わり者なのでそうする前に1回だけチャンスを与えます。

「今からあなたには この場でオナニーをしてもらいます その際 1秒に1回というペースを最後まで保つことができたら勝ち 我慢できず 途中で勝手に手を速く動かしたら負け、という たったこれだけのルールです」
ルールは至って簡単。
最初から最後まで1秒1コキのペースでおちんちんをしごき続け
彼女が許可を出すまで射精を我慢出来たら勝ちです。
オナニー中はもちろん、射精の直前や出してる最中もこのペースを維持しなければなりません。

通常のオナサポ作品に比べて体への刺激が弱いので
早漏な人でもない限り途中で暴発する可能性は低いです。
しかしもっと速くしごきたい、より強い快感が欲しいというもどかしさが湧いてきます。
彼女も彼がそう感じるだろうと予測してペースを崩しにかかります。

ちなみにしごく速度は聴き手が自分で管理するため
序盤以外は1秒1コキのペースでシコシコボイスが流れることはありません。
その代わりちゅぱ音を鳴らしたりオナサポではお馴染みの要素を使って揺さぶりをかけます。

たぶんこの作品はオナサポをよく聴いてる人ほどクリアが困難です。
理由は後で説明しますが心へのアプローチに力を入れてます。

「負けますか? 負けを認めれば 射精 させてあげてもいいんですよ」
彼女については知的な女性と呼ぶのがピッタリなキャラです。
彼に負けを認めさせてから村へ連れて行く展開や
プレイ中も終始落ち着いた態度で彼の姿や反応を眺めるところにそれが出てます。

罵倒にあたるセリフもほとんどありませんし
囁き声で話すシーンが結構あるので割と穏やかな空気が漂ってます。
「普通にやれば絶対勝てる」という自信があるからこうするのでしょう。
愛情は皆無ですけど事務的感も特になく淡々とリードします。
焦らし特化の意地悪なエッチ
エッチシーンは6パート68分間。
プレイはオナニー、耳舐め、キス、シコシコボイス、疑似フェラ、カウントです。
エッチな効果音はありません。

「よろしいでしょうか では まずはペニスの勃起ですね」
4分程度の雑談でオナサポのルールや勝敗条件を説明すると
ダークエルフはひとまず自由におちんちんをしごかせ
それと同時に耳舐めして勃起を促します。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
最初の「2_本編(約60分)」は勃起から射精寸前までを行うメインパート。
シコシコボイスで1秒1コキのペースを軽く教えた後に
序盤の24分間は耳舐めやキスでストレートに興奮させます。

「気持ちよさそうにとろけた 恥ずかしい顔ですね 粘膜の接触は本能を直接刺激しますから 快楽を感じるのは当然です」
エッチ開始後も彼女の態度は至ってクール。
おちんちんを見せてオナニーしてる姿をほぼ無表情で眺めながら
左右の耳や唇に口を寄せて割と上品なちゅぱ音をゆっくりペースで鳴らします。
そしてその合間に速くしごけばもっと気持ちよくなれることを教えて負けへ誘導します。

人間を見下してるからもっと手厳しいことをするのかと思いきや、キスまでするのは意外でした。
ただし勝ちに対する執着心は強く、そのためには手段を選ばない狡猾さが見られます。
序盤から本気を出したらつまらないのでわざと抑えてるように映りました。

ちなみに本作品のエッチは休憩時間がほとんどありません。
プレイを切り替える際に1分程度休むのを数回する程度です。
1秒1コキを固定してる時点で体への刺激は上げられませんから、そのハンデをしごく時間の長さで補います。

中盤の13分間はオナサポならではの面白いプレイが登場します。
1秒2コキ~3コキのペースでシコシコボイスを流し
さらに負けを誘うソフトな言葉責めもして心を上手に突き崩します。


「勘違いしないようにしてくださいね 1秒に2回 3回とペースを狂わせるように意地悪な声を流す、という意味です」
オナサポ作品をよく聴いてる人はその自覚がなかったとしても
「シコシコボイスの速度に合わせておちんちんをしごく」という習慣が身に着いてます。
だから1秒1コキ以外のペースで流されるとどうしてもそれに合わせたくなります。
オナサポの特徴を逆手に取った面白いプレイです。

1秒1コキでしごき始めてから2分後にシコシコボイスがなくなったので
「そのまま流し続けたほうがやりやすいのに」と思ってました。
でもここを聴けばこれをするために敢えて流さなかったと見ることができます。
オナサポを数多く制作されてるサークルさんだからこそこういう発想を思いついたのでしょう。

終盤の23分間は寸止めが加わります。
カウントダウンをして0になったら射精するルールを定め
何度も数えながら直前でストップをかけて出したくても出せない状況を維持します。

「ずりずりと乱暴に擦ったら 頭が真っ白になる気持ちよさでしょうね」
彼女が言う通り60分近く焦らし続けてから出せば相当に気持ちいいでしょう。
でも一時の快楽に負けたらダークエルフの奴隷になって一生を棒に振ります。
彼の心理を見抜いたうえで負け射精へ追い込もうとするなかなか意地悪なプレイです。
疑似フェラや耳舐めも投入しますから純粋なエロさもそれなりにあります。

残りの5パート8分間は勝敗を決めるシーン。
勝利、敗北、ギブアップ、ルール違反、暴発と5つのルートが存在し
聴き手がどの道を選んだかによって聴くパートを選択します。
彼女の性格に合わせてどれもあっさり済ませてました。

このように、1秒1コキのルールは固定しそれ以外で変化をつけるM向けのエッチが繰り広げられてます。
たっぷり焦らしてくれる作品
激しくしごくのとは正反対のやり方で悶えさせる個性的な作品です。

ダークエルフは自分たちの村の近くまでやって来た主人公をおもちゃにして楽しもうと
ゲーム形式でのオナサポを提案し、最初から最後まで1秒1コキのペースでゆっくりしごかせます。
そして序盤はちゅぱ音、中盤はシコシコボイス、終盤はカウントと
色んな手段で揺さぶりながら負けを誘うセリフを投げかけて気持ちいい敗北へ追い込みます。

クールで知的なダークエルフがスローなオナサポでとことん焦らすM向けのシチュ
体への刺激は固定して心への責めをシーンごとに変える割と多彩なエッチ
彼が自分の意志で負けたくなるようにそそのかす彼女の巧みなリード。
より強い快感を求める男の心理を的確に突いた面白い作品に仕上がってます。

中でも2番目は中盤で出てくるシコシコボイスがすごく印象的でした。
通常とは真逆の使い方でギブアップしやすくしてます。
終盤のカウントも焦らしまくった後に寸止めするえげつないプレイですし
M度の高い人のほうが楽しめる要素が充実してます。
心の強さが試される作品だなと。

彼女のキャラや言葉責めはソフトな部類なので責め方が一番の魅力です。
60分以上もあれば1秒1コキのペースでも普通に射精できます。

射精シーンは4回(1視聴あたりの回数は1回)。
淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:みもりあいのさん
総時間 1:17:54

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月4日まで10%OFFの1089円で販売されてます。



サークル「ダチュラスクリプト」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、戦闘は苦手だけどエッチは得意な遊び人のお姉さんが
新米勇者とパーティーを組んでエッチな経験値稼ぎをします。

おねショタ特有の甘さとエロさを組み合わせた濃厚なエッチをするのが特徴で
片方は彼を少年扱いしながら色っぽく、もう片方はとことん持ち上げながら健気にとスタイルを変え
下品なちゅぱ音を激しく鳴らしたり連携を取って責めて何度も射精に導きます。
物語が進むほど2人が彼に本気で惚れますから甘さがどんどん強くなるのを感じるでしょう。
お姉さんとする気持ちいい冒険
ステラ(挿し絵左)、マリー(挿し絵右)と6種類のエッチをするお話。

「あ、ねぇねぇマリー あの子にしない?」
ステラは上品で色っぽい声のお姉さん。
「どの子ですか? あぁ あの子ですね」
マリーは丁寧語で話す明るい声のお姉さん。
主人公に突然声をかけて事情を話すと、彼が勇者だと知って驚きます。

本作品はクエストやモンスター退治をせず酒場やカジノで働いてお金を稼いでる彼女たちが
ギルドの前で偶然見かけた彼とパーティーを組み、およそ100分に渡って色んなエッチをします。
2人は遊び人なので戦闘ができない代わりにエッチのレベルは非常に高いです。
だから初心で童貞な彼を優しくリードしながら自分たちの魅力をアピールします。

ステラ「ドスケベな大人のお姉さんに食べられちゃう前に ステラたちが たっぷり教育をしてあげるね」
ステラは「悪いお姉さん」と呼ぶのがピッタリの淫乱な女性。
このあたりに痴女が出るから保護すると言って彼を捕まえ(もちろん犯人は彼女たち)
音声開始から3分後にはもうおちんちんを取り出してしごき始めます。
大山チロルさんの妖艶な声も相まって王道の痴女キャラになってます。

マリー「おっきなチンポの勇者様と パーティーを組めて マリーたちは幸せです」
それに対してマリーは尽くすタイプの女性。
彼のことを「勇者様」と呼んで持ち上げたり、自分の気持ちを素直に伝えて幸せな感覚を与えます。
ステラと組んでるのでもちろんエッチは上手ですけど
痴女よりも近所のお姉さんに近い温かみのある女性です。

同じ遊び人でも性格が随分違うのでキャラが立ってました。
2人で同時に責めるシーンと交互に責めるシーンを同じくらいの時間用意し
複数人プレイと彼女たちの個性が両方出るようにバランスを取ってます。
お話が進むにつれて2人の態度が変わるなど、エッチ以外の部分にも気を配って作品に深みを与えてます。

エッチは遊び人の痴女から連想される通りエロさの高いものです。
2人で同時に責める時は複数のちゅぱ音を鳴らしながら熱っぽい吐息を漏らすし
交互に責める時も例えばフェラならステラは下品に、マリーはそれよりも大人しくと
キャラの違いがわかりやすくなるように責め方を変えてます。
射精シーンが比較的多いですから抜き場に困ることはまずないでしょう。

完全女性上位ですがM向けの要素はほとんどないのでノーマル向けです。
年上の女性にねっとり優しくお世話されるのが好きな人に最も向いてます。
音の量と密度にこだわったエッチ
エッチシーンは6パート78分間。
プレイは手コキ、フェラ、耳舐め、SEX(騎乗位)、キスです。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

マリー「ふふっ 暴れちゃダメですよ勇者様 これは マリーたちとあなたが仲良くなるための ただのご挨拶みたいなものなのですよ」
主人公と無事パーティーを組めたステラとマリーは
その場でズボンとパンツを脱がせて挨拶代わりに手コキします。

エッチは経験豊富な彼女たちが終始リードします。
最初の3パート45分間は2人の痴女っぷりをわかりやすく描いてるシーン。
「01.ステラとマリーの逆ナン耳キス♪(約10分)」はギルドの前で手コキ
「02.ステラとマリーの連続フェラチオ♪(約20分)」は宿に移動してから2連続フェラ
「03.ステラとマリーの耳舐め手コキ♪(約15分)」は翌朝に耳舐め手コキして4回射精させます。

ステラ「変態バニーのステラに お精子見せて? ザーメンいっぱい ぴゅっぴゅして?」
マリー「やっぱり勇者様は おちんぽのほうも一流なんですね」
彼女たちは職業柄パーティーに入ろうとすると断られることが多く
ほぼふたつ返事で仲間にしてくれたことが余程嬉しかったようです。
ステラは右、マリーは左に体を密着させてからおちんちんをゆっくりペースでしごきます。
そしてプレイ中はやや媚びる感じでおねだりしたり彼を持ち上げていい気分にさせます。

この世界でも勇者になれる人は希少らしいですから
彼が上、彼女たちが下という関係を維持したまま気持ちよくします。
ちなみに01パートは「耳キス」がついてますけどやるのは手コキのみです。

本作品のエロさをストレートに物語ってるのが02パート。
ステラ→マリーの順にフェラするのですが
ステラは水分高めの下品なちゅぱ音をガンガン鳴らします。

最初は緩めのペースで吸い中心だったのが、少し経つと包皮の間に舌を滑り込ませ
さらにバキュームを絡めたピストンフェラで一気に射精へ追い込みます。
「童貞がこれやられたらすぐ出ちゃうだろうなぁ」と思うくらい強烈なフェラです。
次に出てくるマリーも十分エロいですがステラの直後に聴くと控えめな印象を受けます。
精液はきっちり口で受け止め飲み干すなど、男慣れしてるのがプレイを通じて伝わってきます。

03パートは2人いる状況を活かした密度の高いプレイ。
手コキから始まりその3分後に両耳舐めが加わります。
ここもステラは舌で素早く舐める、マリーはゆっくりちゅぱちゅぱするといった具合に
音だけで2人の性格の違いがなんとなくわかるように演じ分けてます。

マリー「あなたは本当なら 今頃 命を賭けて モンスターを退治する 勇敢な冒険者になってたはずですよね でも わるーい遊び人のお姉さんたちに捕まったばっかりに こうして おちんぽを 好き勝手に弄ばれてるんです」
手コキ音が小さめですからここは耳舐めを楽しむパートかなと。
冒険を忘れてエッチに励んでる状況を教えて軽く背徳感を煽るなど
心身両面をバランスよく責めて充実した射精に導きます。
ここでの2人は初心な少年を堕落させる悪いお姉さんに描かれてます。

続く2パート24分間はSEXシーン。
「04.バニーお姉さんのぴょんぴょんセックス!(約11分)」はステラ
「05.猫耳お姉さんとの猫撫で声セックス!(約13分)」はマリーと騎乗位で生ハメします。

マリー「童貞の卒業 おめでとうございます」
ステラ「ステラも 君のチンポのことが ますます好きになっちゃったよ」
04パートは筆おろしにあたるので丁寧に進めます。
挿入後にお祝いの言葉を言ったり、射精後は満足そうな表情を見せて幸せな初体験をプレゼントします。
ピストンのペースを緩めに設定する、最中に濃厚なキスを挟むなど
初心な少年を弄ぶのではなく本気で愛情を注ぐつもりで相手をします。

彼と何度かエッチしたことで彼女たちの内面に変化があったことがわかります。
SEXによって体をひとつにするのと同時に心の距離も近づけて甘さを出してました。
これらの次にあたる「06.ステラとマリーの耳かき♪」で2人の気持ちがきちんと語られてます。

このように、彼女たちの魅力を出しつつ抜きやすさにも配慮したエッチが繰り広げられてます。
エロさ重視のおねショタ作品
年上のお姉さんに甘やかされながら搾り取られるややハードな作品です。

ステラとマリーはクエストを受けに来た主人公の仲間になろうと
軽い雑談をしてから早速手コキして彼の心を一気に引き寄せます。
そして宿に移動した後はより踏み込んだプレイをして親密度をさらに高めます。

遊び人をしてる2人のお姉さんが新米勇者をエッチで鍛える魅力的なシチュ
2人同時に責めるパートと一対一で責めるパートを同じくらい用意し
その両方でステラとマリーの違いが出るように行うキャラを大事にしたエッチ
下品なちゅぱ音、熱い吐息、連続生ハメといった痴女らしさを感じる要素の数々。
一般的なおねショタよりも刺激を強くして実用性を上げてます。

中でも2番目はステラは「勇者くん」、マリーは「勇者様」と呼称がまず違いますし
責めっぷりもそれぞれの口調や性格に合わせてあってなかなか凝ってます。
得意なプレイとかは設定されてないのでやることは基本的に一緒ですが
声優歴の長い大山チロルさん、琴音有波さんの演技力によって明確な違いが出てます。
02パートのフェラはそれが顕著に出てるし2人の痴女っぷりがわかりやすく表現されてます。

マリー「マリーは今 勇者様に 心の底から 惚れてしまってるんですよ」
悪いお姉さんがいいお姉さんに変わる展開も面白いです。
最初は彼の体を味わいたくて近づいたのが
彼の魅力に少しずつ気づいて彼女たちのほうから惚れ込んでいきます。
遊び人の自分たちを仲間にしてくれた優しさ、エッチで見せる可愛さ、そして立派なおちんちん。
そうなってもおかしくない要素がちゃんとあるので彼女たちの変化も頷けます。

色んな特徴を持ってるからでしょうけど視聴後の余韻も多少長く続きました。
抜き性能も割と高いですし(特に02パート)、総合力の高い作品と私は見てます。

射精シーンは7回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:ステラ…大山チロルさん マリー…琴音有波さん
総時間 1:47:32

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月7日まで30%OFFの1155円で販売されてます。



サークル「ライオクライオ」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、しゃべり方は乱暴だけど性格はとっても可愛い女の子が
自宅や学校内で彼氏と恥ずかしくてややハードなエッチをします。

普段は強気な彼女がエッチで情けない姿を晒すギャップが一番の魅力で
開始前は余裕たっぷりな表情で彼を挑発してたのが
おまんこを責められるとすぐさま潮を吹き「イキましたぁ」と敗北宣言します。
彼女の乱れる姿をたっぷり聴けるのでオカズとしての実用性も高めです。
勝気な彼女の弱点は…
恋人のナツキと5種類のエッチをするお話。

「おっ よしっ っしゃぁざまぁ 勝てる 勝てる勝てる」
ナツキは男っぽいしゃべり方をするトーンの低い声の女の子。
主人公とのゲームに負けて軽く文句を言うと、今度はエッチなゲームで勝負を挑みます。

本作品は口調は乱暴だけど内面は結構繊細な彼女が
現在付き合ってる彼とおよそ100分に渡って色んなエッチをします。
彼女は普段強気に振舞ってますが、おまんこがものすごく弱いという弱点を持っており
彼に責められるとイメージとは随分違う乙女な姿を晒します。

「もうチンポやばいな だいじょぶか? まぁ お前のチンポは 雑魚チンポだもんな」
「負けました 負けました 負けましたぁ」

自分が責めてる時は彼のおちんちんを雑魚呼ばわりしますけど
逆に責められた時は敗北宣言をしながら潮を何度も吹きます。
彼女の弱さをわかりやすく表現するためでしょうが、作中で潮吹きするシーンが非常に多いです。

サークルさんもおっしゃられてる通りギャップ萌えを強く意識したエッチをします。
恋人にだけ見せるもうひとつの顔がエロさ高めに描かれててイチャラブ感が強いです。
「好き」などの言葉ではなく態度や反応で愛情を示します。

エッチについては彼女の二面性を出すために交互に責め合うスタイルを取ります。
彼女は負けず嫌いな性格をしてるので完全な受け身になることはありません。
イかされたらお返しをしようと果敢に挑戦し、返り討ちに遭います。
これだけ弱いおまんこを持ってるのに全然諦めないところも彼女の魅力と言えます。

またプレイに臨場感を出すために色んな効果音を入れてます。
手コキやSEXといった他の作品でも鳴るものはもちろん
ローターを起動する音や潮吹きの音まで入っててなかなか凝ってます。

ライオクライオさんが音声作品を出すのが今回が初めてですけど
中の人は「ウラオモテ」という別サークルも運営されており
そちらで既に2本出してますから完全な新規ではありません。
キャラ、ストーリー、プレイ、音など各要素が丁寧に作られてて安定感があります。

2番目のパートまではCi-enで無料公開されてるので
とりあえずそちらを試しに聴いてみて、続きに興味が湧いたら買うのが良いと思います。
ギャップを活かしたエッチ
エッチシーンは5パート87分間。
プレイは手コキ、フェラ、耳舐め、キス、手マン、潮吹き、ローター責め、パイズリ、クンニ、足コキ、SEX(正常位、立ちバック、対面座位)、ナツキのオナニー、乳首を摘まむです。
手コキ、手マン、潮吹き、ローター責め、パイズリ、足コキ、SEX、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「どうした? 引っかいてるだけだぜ?」
ゲームでは勝てないと判断しエッチで勝負することに決めたナツキは
早速主人公に密着してズボン越しにおちんちんを優しく責めます。

エッチは彼が責める時間を多めに用意したうえで彼女も責め返します。
最初の2パート26分間は彼女の特徴や2人の関係を描きながらイチャイチャするシーン。
「01.ボーイッシュ彼女と手コキ我慢対決(約15分)」は自宅で手コキ、フェラ、耳舐め、手マン
「02.学校でこっそりフェラwithリモコンローター(約11分)」は屋上手前の踊り場で
ローター責め、フェラ、パイズリをして1回ずつ射精します。

「へぇ 耐えるんだ ただいま 休憩はさせねぇから シコシコ シコシコシコ」
彼女は「家デートする時は毎回エッチしてる」と言ってるので
たぶん2人は過去に何度もエッチしてるのでしょう。
序盤から慣れた様子でおちんちんをしごいたりフェラして有利な状況を作ります。
男っぽい口調も相まってここでの彼女は強そうな女性に見えます。

しかし彼が手マンを始めたら状況は一変します。
責められてから1分30秒後にはもう絶頂を迎え、潮を吹きながら降参する弱い姿を晒します。
01パートは本作品の売りであるギャップを非常にわかりやすく表現してました。
本当にびっくりするほど弱いので彼女が愛らしく感じます。
喘ぎ声は音量大きめですが無理にアヘらせず普通の声を漏らしてました。

「ダメっ 止めて イって あっ イってるから 止めて 止めて」
02パートは彼が先に責めて彼女が反撃する真逆のスタイル。
ローターのスイッチが入るたびにエロ可愛い声を漏らして止めてくれるよう懇願し
イかされた後はGカップのおっぱいで挟み込んで一緒の絶頂を目指します。
誰かが来るかもしれないスリルは特に煽らず普通に責め合ってました。
事後にキスで余韻を楽しむあたりに恋人らしさが出ています。

続く3パート61分間はSEX中心。
「03.びしょびしょ初えっち(約16分)」は正常位
「04.鏡の前で恥じらい潮吹き、低音甘イキえっち(約22分)」は立ちバック
「05.純情乙女とお泊り生えっち(約23分)」は対面座位と正常位で繋がりお互いに何度もイキます。

「あぁっ やばぁ チンポ抜くのやばぁ 潮吹き 止まんな…あっ もうダメっ」
03パートは2人が初めてSEXするシーンなので事前の準備に力を入れてます。
クンニで1回イかせてから手マンもしておまんこを十分にほぐし
それから正常位でゆっくりピストンする優しい責めっぷりです。
でも彼女が絶頂する回数は多く、おまんこの弱さをエロくわかりやすく表現してます。

彼女がストップをかけたらきちんとピストンを止めますし
彼女も精液を顔で受け止めて惜しみない愛情を示します。
最初の2パートは2人が勝負する感じでしたけど、ここからは心の繋がりも感じます。

「えっと チンポ 入れて欲しいにゃぁ」
彼女の可愛さが最もよく出てるのは04パート。
挿し絵のように猫耳カチューシャを頭に被り、語尾に「にゃ」をつけて話します。
部屋にある大きな鏡に映った自分の痴態を見て恥ずかしがるなど
女の子らしさをいくつも見せてくれてすごく魅力的でした。

彼女がそういう姿を見せられるのは彼のことを相当に信頼してるからだと思います。
このパートだけで5回も潮を吹きますし、序盤よりもずっと素直になってて甘いです。
終始ギャップ萌えだと内容が単調になりますから
好きな人へ健気に尽くすところも見せてキャラに深みを出してます。

このように、強気に振舞う女の子が弱々しく乱れまくる落差の大きいエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視のイチャラブ作品
恋人の普段の顔と好きな人にだけ見せる顔を対比させてるノーマル~ややS向けの作品です。

ナツキはゲームに負けた悔しさを他の手段で晴らそうと
自分からエッチなゲームを持ち掛けて耳やおちんちんを丁寧に責め続けます。
しかし彼が反撃に出るとすぐさま弱気になり潮吹き絶頂を何度もします。

かっこよさそうに見えて可愛いところもある女の子が恋人とたっぷりエッチする王道のシチュ
責めてる時と責められてる時で彼女の様子を大きく変えてギャップ萌えさせる演出
おまんこが弱い彼女の特徴が出るように絶頂シーンを多く設けたエロさ高めのエッチ。
2人の関係を大事にしながら彼女らしさが出るように作品を組み立ててます。

中でも2番目はサークルさんが最も強調されてる要素なだけあって
彼女の魅力を出す意味とエロさを上げる意味の両方で上手く機能してます。
こういうキャラだと相手をM男にして終始責めさせることが多いのに
本作品では敢えて致命的な弱点を設けて逆転させた時の様子を劇的に描いてます。

挿入しただけでイク、1回ピストンしただけでイクなど
ものすごく弱いキャラに描かれてて、それが彼女を愛おしい存在に感じさせてくれます。
完全な受け身にならず反撃するのも、彼に楽しんで欲しいという優しさの表れなのかもしれません。
彼のために可愛く振る舞うシーンもありますし、すごく献身的な女性に映りました。

…といった感じで色んな魅力を秘めてるわけですが
実はこの作品、音声を最後まで聴かなければわからない秘密があります。
それが何か予想しながら聴いてみるのも面白いんじゃないかなと。
わかる前と後で本作品に対する印象が多少変わると思います。

絶頂シーンは主人公6回、ナツキ22回。
くちゅ音と喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音それなりです。

CV:こやまはるさん
総時間 1:49:40(本編…1:44:02 フリートーク…5:38)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月24日まで20%OFFの880円で販売されてます。



サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、現実世界とは別の時空に住んでる双子の女の子が
偶然迷い込んできた男性を色んなエッチでもてなします。

淡々とした様子であまあまなエッチをするのが特徴で
彼の好きな耳舐めや淫語責めを積極的にやっておちんちんを元気にしたり
精液は必ず上下の口で受け止めて幸福感や満足感を与えます。
キャラはクールですが事務的感はまったくないのでノーマルな人も普通に楽しめます。
処女の双子とみっちり子作り
リサ(挿し絵右)、リト(挿し絵左)と4種類のエッチをするお話。

「こんにちは、お兄さん」
リサとリトはややトーンの違うどちらも穏やかな声の女の子。
森の中で道に迷った主人公に声をかけると、近くにある自分たちの村へ案内します。

本作品は現実とは別の場所(並行世界)で育った双子が
ここへ偶然やって来た彼とおよそ130分に渡って子作りに励みます。
ふたつの世界は通常だと行き来できないようになってますが
何らかの事情で時々繋がることがあり、彼以外にもここを訪れた人がいるそうです。
およそ1週間後に再びそうなることも知ってるので、その時まで村でのんびり過ごします。

リト「さすがに、一度や二度のおまんこだけでは、確実に妊娠できるとは言えないでしょう。少しでも可能性を高めるために、毎日、子作りさせてください」
しかし彼女たちは完全な無償で彼を泊めるわけではありません。
元の世界へ戻るまでの間はエッチしまくって種付けするようお願いされます。
並行世界の人同士で子供を作ることもできるそうですが
それを続けてたら村全体が血の繋がった者だらけになりそのうち滅びます。
作中で「子作り担当」と呼んでることから、適齢期の女性が交代で外の男性から精液をもらってるのでしょう。

この世界におけるSEXは村の人口を維持するための手段という意味合いが強いので
物語の開始時点で彼女たちも彼に好意や愛情は特に持ってません。
エッチ開始後も普段と同じクールな声で接します。
たぶん音声を聴き始めた直後はやや事務的な印象を受けるでしょう。

リト「お兄さんのおちんぽが、最高に気持ちよくなれて。睾丸……タマタマの中身が空っぽになるまで、中出ししてもらえるように……リトたちも、創意工夫させていただきます」
でもエッチの内容は声のイメージとほぼ正反対で非常に手厚いです。
彼がどうすれば喜ぶかを即座に察知して嗜好に合った責めを繰り出し
セリフも彼を持ち上げたり興奮させることを強く意識してます。
肝心のSEXも嫌な顔ひとつせず2人が順番で処女を捧げて中出しまで許します。

このクールな女の子たちがとことん甘いプレイをするのが本作品最大の特徴です。
サークルさんの過去作「双子で事務的なJKメイドに性欲処理される生活。」や
双子でクールなJKアイドルが性処理オナホになってくれる生活。」と似た部分を持ってるので
これらを好きな人が一番楽しめると思います。
M向けの要素がまったくと言っていいほどないので属性はほぼノーマルです。

エッチについては双子相手ということで常に2人が協力して責めます。
片方がSEXしてる時はもう片方が耳舐めしたり
フェラとキスを同時にやって別のちゅぱ音をお届けするなどなかなか濃いです。

リサ「お・ま・ん・こ。……ですとか」
リト「こういった……少し、下品めな淫語がお好きなようですね」
また彼が淫語に反応しやすいことを利用し淫語責めを積極的にやります。
クールな声で「おちんぽ」や「おまんこ」をガンガン言うギャップを持たせた責めっぷりです。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフで応援するなど、淫語好きなサークルさんの持ち味がしっかり出てます。

クールな双子が温かみのあるご奉仕をするシチュと淫語を多めに交えた複数人プレイ。
ほぼ正反対の属性を持つ要素を上手く融合させたエロくて穏やかな作品です。
少しずつ変わる双子の心
エッチシーンは4パート99分間。
プレイは耳舐め、SEX(騎乗位、対面座位)、オナホコキ、乳首舐め、フェラ、キス、乳揉み、双子同士で精液の口移し、双子のオナニーです。
SEX、オナホコキ、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

リサ「お兄さんの服、お脱がせいたします……」
リト「ん……しょ、っと……」
主人公に事情を話して無事同意を得た双子は
彼の服を脱がせてから両耳舐めしてまずはおちんちんを元気にします。

エッチはどのパートも彼女たちが責め続けます。
前半の2パート45分間は本作品のコンセプトや彼女たちの特徴を前面に押し出したプレイ。
「1.『リサとリトと、子作りしてください』(約30分)」はリサ→リトの順に騎乗位SEXし
「2.『本物のオナホでご奉仕いたします』(約15分)」はオナホコキで気持ちよくします。

リサ「今まで、おちんぽを挿入した経験がないものですから……桜色のお肉が、ぴったりと閉じたままですが……」
リト「クリトリスは、ぷくっと膨らんでいて。食べごろです」
この並行世界には人以外に物も流れ着いてくることがあるらしく
そこで手に入れたエッチな教材を使って今まで色んな勉強をしてきました。
だから男性と初めてエッチする状況でも不安がる様子は特になく
彼が喜びそうなことをガンガンやってスムーズに興奮させます。

肝心のSEXも騎乗位で挿入してからゆっくり腰を動かす割と穏やかなものです。
喘ぎ声の代わりに熱っぽい吐息を頻繁に漏らし
やや下品な淫語責めと耳舐めを組み合わせて抜きやすい空気を作ります。
愛情はほとんどありませんが彼のために尽くす姿勢は強く見られて健気に感じました。
会ったばかりの男性に自ら進んで処女と中出しを捧げる展開も甘いです。

リト「いえ。恥ずかしがる必要など、まったくありません。お兄さんのどんな性癖も、どんな欲望も、リトたちは笑ったりしません」
2番目のオナホコキは彼女たちの包容力がよく表れてます。
毎回SEXでは彼が飽きるだろうと思って偽物のおまんこを用意し
引き続き淫語を多めに投げかけながら耳、乳首、おちんちんを同時に責めます。
彼が乳首で感じても見下すどころか好意的に受け入れる姿がすごく優しいです。

子作り担当だから仕方なく相手するのではなく
彼のことを第一に考えながら工夫して責めることを常に心がけてます。
男性の気持ちを一切考慮せず無慈悲に責める事務的プレイとはほぼ対極に位置する内容です。
子作りが目的でもSEXに固執せず、彼がより良質な精液を出せる環境作りに努めます。

後半の2パート54分間はクールな2人に多少の変化が表れます。
「3.『お外でお口えっちしましょう』(約16分)」は村の中を散策してる途中でキス&フェラを行い
「4.『“好き”と言い合いながら子作りおまんこしましょう』(約38分)」は
彼が元の世界へ戻る前の晩に再びリト→リサの順に対面座位でSEXします。

リト「それに。ベロとベロを絡ませると、体がぽかぽか温かくなるような気がします」
彼と1週間近く生活を続けて多少は感化されたのでしょう。
普段通りのクールな声で彼女たちの中に不思議な感情が芽生えてることを漏らします。
たぶん好意や愛情にあたるのでしょうけど、それが何かわからず戸惑ってるように見て取れます。

またフェラ、ベロチュー、精飲と口を使うプレイで固めてるおかげで
複数のちゅぱ音が同時に鳴るシーンが多くエロさ高めです。
前半の2パートは淫語重視でしたから、ここで責めの方針を変えてメリハリをつけてます。
物語が佳境に入ったのを受けてキャラとエッチの両方に新しい要素が加わってます。

そして最終パートは時間、エロさ、温かさのすべてが最も充実してます。
騎乗位よりも顔の位置が近くなる対面座位を選んでピストンとキスを繰り返し
さらに彼のリクエストを受けて「好き」と何度も言って甘さをさらに強化します。
SEXしないほうは耳舐めで応援してました。

リト「確かに、これなら……〝好き〟と言い合ったほうが、気持ちが盛り上がるのも、納得です」
彼女たちがSEXが持つ別の意味を理解し始めてるのが印象的でした。
最初は単なる生殖行為にすぎなかったプレイを愛情表現へと変えてます。
これのおかげで同じSEXでも最初と最後のパートでは雰囲気が随分違います。
引き続き喘ぎ声は漏らしませんけど、吐息は前回よりも明らかに熱っぽいです。

このように、双子の心情変化も描きながら彼にとことん尽くす甘さの強いエッチが繰り広げられてます。
心がぽかぽかする作品
偶然出会った男女がエッチを通じて少しずつ仲良くなるイチャラブ系の作品です。

村のルールで子作り担当になったリサとリトは主人公の子供を確実に妊娠しようと
物語の序盤で早速SEXして精液をおまんこでしっかり受け止めます。
そしてその後は無理のない頻度でエッチしながら心の距離も徐々に近づけます。

別世界に住んでる双子が初対面の男性と子作りSEXに励む変わったシチュ
SEXシーンを長めに用意し1回目と2回目で違う魅力を持たせるテーマに沿ったエッチ
淫語を多めに投げかけながら彼が喜ぶことを積極的にやる健気な責めっぷり。
サークルさんが以前からやられてる「事務的キャラの甘いエッチ」を独自の世界観で行います。

中でも2番目は会った直後と別れる直前にSEXするのでそれなりの違いが見られます。
通常だと処女喪失や初中出しが絡んでる1回目のほうが甘く感じるのですが
本作品の場合はむしろある程度仲良くなった後にする2回目にそれが強く表れてます。
当初の目的である精液と、異性を愛することの大切さを彼女たちが同時に受け取るからです。

キャラが崩れないように彼女たちは最後までクールなままでいます。
でも彼と過ごした1週間が大きな影響を与えたのは間違いありません。
そういう温かみを感じる要素があるおかげで普段よりも満たされた射精が迎えられます。
異世界でエッチする状況を上手く活かして良いお話にまとめてます。

エッチはパートごとの時間が比較的長く、すべてが複数人プレイなのでどれも濃いです。
淫語を意識して多く盛り込んだりちゅぱ音重視のパートを挟むなど細かな工夫も見られます。
彼女たちの属性を大事にしてるのでそこまで激しく責めるシーンはありません。
彼の心身に負担がかからないよう徐々に刺激を上げる方針で進めます。。

射精シーンは6回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音と吐息それなり、喘ぎ声はありません。

おまけは「二人で左右から耳舐めさせていただきます」です。

CV:逢坂成美さん
総時間 2:21:59(本編…2:14:36 おまけ…7:23)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月14日まで10%OFFの1089円で販売されてます。
過去作も4月14日まで50%OFFの550円で販売されてます。



サークル「甘師子チャンネル」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、清楚で面倒見のいいクラスメイトの女の子が
催眠アプリの効果で性処理メイドになり甘く濃厚なエッチをします。

日常パートは優しく接しながらきちんと距離を取る
催眠パートは彼のことを「ご主人様」と呼びながら一生懸命尽くす、といった具合に
ふたつの場面で大きなギャップを持たせてエロさと下品さを引き立ててます。
憧れの人を性処理メイドに
姫宮 小春 (ひめみや こはる)と3種類のエッチをするお話。

「ぁ… あの… 手紙、くれたのって…」
姫宮さんは可憐な声の女の子。
ある日の放課後、主人公の手紙に書かれてる待ち合わせ場所に行くと
やや緊張した様子で呼び出した理由を尋ねます。

本作品は裕福な家に生まれ両親から愛情をたっぷり受けて育ったお嬢様が
自分に好意を寄せてる男子のメイドになっておよそ100分に渡るエッチなご奉仕をします。
この世界には特殊な音を鳴らすだけで相手を意のままに操れるアプリが存在し
それを使って彼は物語が始まる3か月前から彼女と肉体関係を結んでます。

「この前、文化祭の時に、その…  ぁ、えっと… 告白… されて… りーくんと、付き合うことになったの… だ、だから… ごめんなさいっ!」
冒頭の彼が告白するシーンで遠慮がちに断ったり
2人きりで係の仕事をしてる時は先日振ったことを気にかけるなど
相手に対する思いやりを決して忘れない優しくて清楚な女性に描かれてます。
また現在付き合ってる男性がいるため主人公とは一定の距離を取ろうとします。

「大丈夫ですよ 姫宮小春は、あなただけのメイドですから… 安心してください」
それに対してエッチシーンは彼にとことん尽くす姿勢を取ります。
彼がご主人様、彼女がメイドの関係を維持したまま
ディープキスしたり全身を丁寧に舐めるなかなか濃いサービスをします。

日常パートとエッチパートが交互に来る構成になってますから
普段の彼女とメイドになった彼女のギャップが非常に大きく感じます。

声はどちらも一緒なので同一人物なのは間違いないですけど
やることや言うことは別人と言っても大げさじゃないくらい変わります。

ちなみに2人がこうなった経緯については付属の前日譚小説で語られてます。
そちらを読んだ後に音声へ進んだほうが状況を掴みやすくなるでしょう。
10分もあれば読み終わるくらいの長さです。
音声では彼女がすっかり従順になったところからスタートするので重さや暗さはほとんどありません。

エッチについては先ほど説明したギャップを引き立てるためなのか
どのパートも下品でパワフルなちゅぱ音を鳴らします。
ディープキスは舌を絡めて舐めたり吸う濃いものですし
2番目のパートに出てくるフェラも口をすぼめて絞ったり吸い上げる感じの音を鳴らします。

飲尿、アナル舐め、精飲といった汚いプレイも盛り込んだりと
綺麗な女性を汚す快感をくすぐることを意識してます。
基本的には彼女がリードしますけど、M向けの要素は特にないのでややS~S向けになります。
心を込めて気持ち良くするエッチ
エッチシーンは3パート75分間。
プレイは催眠アプリを使う、キス、乳首責め、手コキ、飲尿、全身舐め、フェラ、イラマチオ(短時間)、SEX(正常位、騎乗位)です。
催眠アプリ、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほら、舌を出して… まずはベロチューをして、おちんちん、しっかり勃起させていきますから」
帰宅した主人公に普段よりも親しげな態度でおかえりの挨拶をした姫宮さんは
彼が食事よりもエッチを優先したい気分なのを察して早速熱いキスをします。

エッチはパートごとに責め手を変えながら進めます。
最初の2パート47分は彼らの日常風景。
「02ご奉仕あまあま手コキプレイ(約19分)」はディープキス、乳首責め、手コキ、飲尿
「04全身リップお口ご奉仕プレイ(約28分)」は全身舐めからのフェラで1回ずつ射精させます。

「…ふふっ じょ~ず ご主人様のおちんちん、今日もすっごくおりこうさんですね」
彼女はアプリの効果ですっかり彼を本物のご主人様だと思い込んでますから
プレイ中に抵抗したり泣き出すことはありません。
同い年の彼を弟のように可愛がりながら各プレイを丁寧にこなして無理なく射精へ導きます。
彼女には歳の離れた弟がいるそうですから元々甘やかすのが好きなのでしょう。

そして声や態度の甘さに反して下品なちゅぱ音を積極的に鳴らします。
ディープキスを小まめに挟んで彼に惜しみない愛情を注ぎ
乳首やおちんちんにも唾液をまぶして彼の心と体をとろとろにします。

02パートは彼が彼女に振られた直後のお話なはずですが
それがまるで嘘だったかのように感じられるほどリードが手厚いです。
射精後にはおしっこを口で直飲みするなど、恋人同士でもできないことを平然とやってのけます。

04パートは本作品の売りであるちゅぱ音に焦点を当ててます。
キスから始まり顔、喉ぼとけ、腋、乳首と全身を上から下へ流す感じに舐め続け
おちんちんに到着した後は全体を綺麗にしてから咥え込んで強めの刺激を与えます。
部位に応じて音の位置や舐め方を小まめに変える凝った演技をされてます。

「私なんかの性処理でそんなに気持ち良くなってもらえて… すごく… その… 嬉しいです…」
これらの最中に彼女が嬉しそうな表情を見せるのも印象的でした。
恋人以外の男性とエッチしてる自覚がないからでしょうけど
汚いところも含めて全部口でお世話する献身的な姿を見せてくれます。

ここまでやってくれると主人公が彼女に惚れ込むのもなんとなくわかります。
事務的感や無理矢理感を一切出さずにエッチするので雰囲気は終始穏やかです。
セリフも優しいものばかりで女性に甘やかされる心地よさを感じながら抜けます。

最後の「06ご主人様専用おま○こ好き好きご奉仕プレイ(約28分)」は
主人公が姫宮さんに二度目の告白をして振られた直後のお話。
思い通りにいかないもどかしさをぶつけるように彼女をやや乱暴に責め立てます。

「さっきも言った通り… ご主人様がしたいこと、何でも… 全部… 大丈夫ですから… 私の体を使って… たっくさん、気持ち良くなってくださいね」
帰宅した直後におちんちんを口へねじ込まれたり
正常位で激しくピストンされても彼女は決して彼を見捨てません。
性処理メイドとしての役目を果たすため自分の体を好きに使うように言います。
そしてパート中盤から始まるSEXではエロ可愛い喘ぎ声を漏らして射精を応援します。

ピストン音と喘ぎ声のタイミングが完全に合ってるおかげでSEXがリアルに感じました。
音が鳴るたびに「あんっ」などの声を漏らして気持ちいいことをアピールします。
状況の応じてピストンのペースも変わりますし、キャラやシチュ以外の部分もこだわってエロさを上げてます。

「お゛っ お゛っ お゛っ お゛っ ぁ、だめ、いく、いく、いくいくいくっ」
喘ぎ声が後になるほどオホ声交じりになるのも良いですね。
彼女が持つ「下品さ」をちゅぱ音とは別の形で表現してギャップを作ります。
セリフや態度に多少の変化が表れるなど、02や04パートとの違いが色んなところで見られます。

このように、彼女が元々持ってる魅力を出しながらやや下品に愛し合う濃いエッチが繰り広げられてます。
キャラ&エロさ重視の寝取り作品
寝取りの過程はほぼ省略して結果を重点的に描いてる珍しいタイプの作品です。

主人公は前から好きだったのに他の男と付き合い始めた姫宮さんをモノにしようと
事前にアプリを使って性処理メイドになりきらせてから色んなエッチをします。
そして彼女は彼を弟のように甘やかしながら一生懸命尽くして愛情を注ぎます。

自分には到底手の届かないお嬢様を従順なメイドに変えてエッチする夢のあるシチュ
日常パートとエッチパートと交互に挟んで進めるギャップを持たせた展開
優しい言葉をかけながら下品なちゅぱ音や喘ぎ声を漏らすキャラを活かしたエッチ。
本作品が持つ固有の要素を組み合わせて個性的な作品に仕上げてます。

中でもエッチは日常パートの直後に聴くから甘さやエロさが余計引き立ってます。
寝取り作品は躊躇したり嫌がる女性を巧みな話術や快楽で堕とす過程を楽しむことが多いのですが
本作品は敢えてそこを端折ってすっかり言いなりになった彼女とエッチする様子に的を絞ってます。
そのため寝取り特有のドロドロした部分がかなり薄れていて聴きやすいです。

ただし、販売ページの説明文で「本当の姫宮さんは、決して僕を見ていない」と書いてあるように
彼女が完全に堕ちたわけではないことを匂わせる描写も一部で見られます。
体は好き放題できても心だけは決して手に入らない。
十分満足していい状況なのになぜか切なさも感じるところが面白いです。
この内容だともう1作くらいお話が続きそうに思えます。

射精シーンは3回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:MOMOKA。さん
総時間 1:49:12(本編…1:40:06 フリートーク…9:06)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月23日まで20%OFFの880円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「ブラックマの嫁」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、緑豊かな場所で温泉旅館を経営してる親戚のお姉さんが
しばらく居候することになった男性をエッチな手段で甘やかします。

2人の違いを出しながらたっぷりご奉仕する甘いシチュが魅力で
姉は貞操観念がないのか序盤から積極的にお世話する
妹は2人のエッチを止めるため仕方なくやってるように見せて実はすごく楽しんでる、といった具合に
ほぼ正反対の態度を取って若い男の体を存分に味わいます。
ちゅぱ音、吐息、効果音、環境音の質が高く臨場感があるのも魅力です。
若女将たちの気持ちいいおもてなし
親戚のはな(姉 挿し絵右)、アヤ(妹 挿し絵左)と4種類のエッチをするお話。

「あら うふふ いらっしゃいませ ご入浴のお客様ですか?」
はなは明るくてしっとりした声のお姉さん。
旅館へやって来た主人公が予約を取ってないのでアヤを呼ぶと
紹介されて来たことを聞いて一応確認します。

本作品は旅行できないこのご時世で少しでもその気分を味わってもらうことを目的に
彼女たちが長期休みを利用して来た彼をおよそ130分に渡ってエッチにもてなします。
彼らは親戚にあたりますがそこまで面識があるわけではなく
冒頭シーンでは彼の体が聞いてたよりも大きくて驚く様子が描かれてます。

はな「仲良くするには裸の付き合いが一番よ ほらほら遠慮しないで こっち来て?」
はなはやや抜けたところがあるのんびりした女性。
たぶん高校生くらいの年齢にあたる彼を仕事の合間にあれこれお世話します。
自慢の温泉に入ってる時は裸になって体を洗う、翌朝はおまんこを使って朝立ちおちんちんを鎮めるなど
年上の女性から連想される優しさや温かさを感じるシーンが至るところで登場します。

エッチもごく一部を除いて甘く責めますからおねショタっぽい空気が漂ってます。
妹のアヤもなんだかんだで優しいですし属性はほぼノーマルです。
最初は興味本位で相手してたのが、後になるほど彼女たちのほうがのめり込んでくのがわかります。

もうひとつの魅力は最中に鳴る音。
旅館で過ごしてる気分がリアルに味わえるように色んな環境音が流れます。
彼が旅館に着いた時は鳥の声や時計の音、温泉はお湯がさらさら流れる音と
彼らがいる場所や時間帯に応じて変化するなかなか凝ったものです。
部屋にいる時も近くで水がちょろちょろ流れる音がしてました。

効果音も全体的に高品質で彼女たちがすぐそばにいる感覚に浸れます。
サークルさんが得意とされてる耳舐めはおよそ41分ありました。
他の作品に比べれば少ないですけど、両耳舐め主体にして密度を上げてます。

先に本作品で唯一健全なサービスをする「03_スッキリした後のお耳掃除(約20分)」を紹介します。
これは温泉ではなと最初のエッチをした後に出てくるパートで
綿棒、耳垢水、梵天、クリームマッサージを左右同時に行います。

そして先ほど説明したリアルな効果音が早速威力を発揮します。
綿棒は「ぞすぞす」という柔らかくて乾燥した音、耳垢水は「ぷすぷす」という湿り気を帯びた音
梵天は綿棒よりも面積が広く滑らかな音、とそれぞれに専用の音を用意し鳴らし分けてます。
耳かき音声の制作歴が長いサークルさんなだけあってどれも質が高いです。

耳かきで20分は決して長い時間ではありませんが
左右同時にお世話するおかげで濃厚なひと時を送れます。
2人も何気ない雑談を挟んで場を和ませますし、本作品の良いところがわかりやすく表現されてます。
イチャラブ感の強いエッチ
エッチシーンは4パート89分間。
プレイは体を洗う、手コキ、素股、授乳、SEX(対面座位、騎乗位?)、フェラ、パイズリ、パンツコキ、パンツをはくです。
体を洗う、手コキ、素股、SEX、パイズリ、パンツコキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

はな「君にとって 私もちゃんと女だったのね 嬉しいな」
温泉へ入浴中の主人公のところへ裸でやって来たはなは
体を洗ってる最中におちんちんが勃起してることに気づきそちらもお世話してあげます。

エッチは年上の彼女たちが終始責め続けます。
前半の2パート43分間は一対一でご奉仕するシーン。
「02_お背中流してあげる(約25分)」ははなが手コキ、素股、ほんの少しのSEX
「04_夜這いはさせないわよ(約18分)」はアヤがパイズリフェラで1回ずつ射精させます。

はな「おっぱい吸いたいの? 赤ちゃんみたいで可愛いわね」
彼女は彼が自分の体で興奮してくれたことが嬉しかったのでしょう。
すぐ暴発しないようにゆっくりペースで責めながらおっぱいも吸わせて甘やかします。
パート後半はおまんこを擦りつけて追い込んだりと序盤から大胆なリードをします。
作中では「おばさん」と言ってますけど、まだアラサーなので熟女と言うほどではありません。

このパートで面白いのは射精シーン。
出る直前まで素股を続け、射精の時だけ挿入し中出しさせます。
彼が童貞だから奪わない範囲で味わいたかったのかもしれません。
彼女が性におおらかな性格だからこそ、先ほど会ったばかりの男性相手にここまでするのでしょう。
効果音や環境音もしっかりしており温泉でエッチしてる感じがよく出てました。

アヤ「熱い それに太い お口の中に入りきらないくらい いけない子」
04パートで相手を務めるアヤははなよりもずっとしっかりしてるお姉さん。
姉が彼に襲われるのを防ぐ名目でおちんちんを味わいます。
最初は少しツンツンした態度を取りますが、それは素直になれない性格のせいで本心ではありません。
その証拠にしばらくすると嬉しそうな表情でむしゃぶりつきます。
フィニッシュもしっかり口で受け止め飲み干してくれますし、姉に負けないくらいの淫乱さを持ってます。

後半の2パート46分間は2人が協力して責めるシーン。
「05_若さってすごい!(約24分)」は両耳舐め+SEX
「06_同居生活でのオナニー事情(約22分)」は両耳舐め+パンツコキで合計3回射精させます。

そしてここからは耳舐めが一気に存在感を増します。
前半は2パート合わせて5分程度しかやらなかったのが05は24分、06は12分と十分な時間が取られてます。
舐め方は外側を舐めたり吸うスタンダードなものです。

アヤ「今 すっごい跳ねた これじゃほんとに暴発しちゃうんじゃない?」
はな「それだけアヤちゃんの中と お耳舐められるのが気持ちよかったってことね いいんじゃない? それなら出しちゃっても」
特に05パートはSEXと同時にやりますが挿入後はピストンを一切しません。
膣圧だけで刺激を与えながら両耳を舐める変わったプレイになってます。
ピストン音が鳴らないのでほぼ耳舐めパートと呼んでいい内容です。
2人とも嬉しそうにお世話しますし、初めて会った時よりも打ち解けてるのがわかります。

06パートはそんな彼女たちの気持ちがプレイに反映されてます。
使用済みパンツを使ってこっそりオナニーしてたのを発見し
パンツコキやパンツをはかせたままの腰振りで情けない射精に導きます。

アヤ「そんなに私たちのパンツ シコシコ気持ちいい? へんたぁい」
一部でややM向けの言葉責めも出てきますが本気で見下してるわけではありません。
言ってくれればいつでもエッチするのに、それをやらずパンツで済ませるからお仕置きするわけです。
嫉妬心の裏返しみたいなものなのでノーマルな人でも普通に聴けるでしょう。
2人にとって彼はもう家族同然の存在になってるようです。

このように、2人の個性を出しながら前半と後半で違う甘やかし方をする和やかなエッチが繰り広げられてます。
音が魅力のイチャラブ作品
上品で淫乱なお姉さんたちとイチャイチャする様子をリアルに描いた作品です。

はなとアヤは親戚に頼まれてしばらく預かることになった主人公を喜ばせようと
最初からお姉ちゃんぽい態度で接しながらおちんちんのお世話もします。
そして物語の後半からは彼女たち自身が楽しむ意味合いも強くしてより濃いプレイに挑戦します。

おっとりした姉としっかり者の妹が年下の男性を優しく責めるほぼノーマル向けのシチュ
前半は一対一でまったり責め、後半は2人同時に両耳舐めをがっつりやる落差のあるエッチ
効果音、環境音、ちゅぱ音や吐息といった色んな音を違和感なく組み合わせた臨場感のある作り。
旅館という特別な場所でエッチしてる感覚がそのまま味わえるように組み立ててます。

中でもエッチは彼女たちの心の変化にも着目してます。
彼らの関係を他人に近いくらい疎遠にしたのは、たぶん後半の溺愛っぷりを引き立てるためでしょう。
最初から仲良しだとそのへんの違いが伝わりにくいですからね。
最終パートのパンツコキも彼が自分たちに遠慮したのを残念がる気持ちが込められてます。

音の良さや耳舐めの多さはサークルさんが元々持ってる長所です。
だから私はそれよりもこちらのほうが印象に残りました。
「歳が離れたお姉さん」という微妙な関係を上手く形にできてるなと。
エロ重視ですけど耳かきもやるので癒しの成分もそれなりに持ってます。

射精シーンは5回。
ちゅぱ音多め、淫語・くちゅ音・吐息それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは「生おま〇こに甘えさせてあげるトーク」です。

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 2:32:09(本編…2:14:32 おまけ…17:37)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月10日まで25%OFFの990円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「おほおほ庵」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、学校に通いながらネット配信してる真面目な女の子が
ファンの1人にあたる男性と2つの場所で濃いエッチをします。

タイトル通り彼女がオホ声をたっぷり漏らすのが特徴で
吠えるような野太いやつではなく、腹から絞り出す感じの控えめな声を漏らし
さらに彼女が責められる時間を長く取って快楽堕ちする様子も自然に描きます。
指パッチンでメスガキを虜に
ショッピングモールや自宅で七(なな)とエッチするお話。

「え、なんですか? お兄さん」
七はやや幼さを感じる可愛い声の女の子。
ショッピングモールで主人公に声をかけられてお礼を言うと
彼に突然指を鳴らされ熱っぽい吐息を漏らします。

本作品はネットで算数の勉強に関する配信をしてる彼女が
それを以前から見てた彼に3つのシチュで責められ何度も絶頂します。
彼は指を鳴らすだけで相手を興奮させる特殊能力を身につけており
初対面の彼女にもそれを使ってすぐエッチできる状況に持っていきます。

「やばい やばっ やばっ これやばっ うっ おっ やばっ くるっ おっ おぉぉぉぉ」
そして彼女が発情してることをわかりやすく表現するために
作中の至るところでオホ声を漏らします。
獣のように吠える大げさなやつではなく、吐息に混じって腹から絞り出されるような割と控えめなやつです。
彼の責めが激しくなったり彼女の絶頂回数が増えるにつれて声の出し方や大きさが変わります。

サークルさんの処女作「おほガキ<ぷち>」とコンセプトは同じで
ボリュームを増やしたり内容を濃くした感じの作品です。
あちらはたったの110円ですから、未視聴の人は先に聴いて気に入ったらこちらに手を出すと良いでしょう。
癖のあるジャンルだからこそ、自然さを重視した丁寧なオホり方にしてます。

エッチについては手マン、ゴムありSEX、ゴムなしSEXと彼女が受けに回ることが多いです。
指パッチンで無理矢理相手をさせられるので最初は抵抗する姿勢を見せますが
押し寄せる強烈な快楽に屈服して次第に彼の責めを自分から受け入れるようになります。
泣き出したり絶望することは一切なく、快楽堕ちっぽい展開にして聴きやすくしてました。

メスガキをわからせるシチュですからややS~Sあたりの人が最も楽しめるでしょう。
耳元至近距離から吐息を漏らすシーンも多く彼女の近さを感じます。
終盤には彼女の特徴を活かした刺激的なプレイも出てきますし
キャラとオホ声を組み合わせて個性とエロさを押し上げてます。
徐々にオホるエッチ
エッチシーンは3パート80分間。
プレイは手マン、フェラ、SEX(騎乗位、背面座位)、キス、ローター責め、乳首責めです。
手マン、SEX、ローター責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「お兄さん なんで私のパンツ 手、入れて… なんで?」
急に体が火照ったので主人公と一緒に多目的トイレへ移動した七は
彼に突然パンツの中に手を入れられ戸惑います。

エッチは一部を除いて彼が責め続けます。
一番最初の「トラック1_手マン清楚あくめ(約23分)」は彼女を快楽の虜にするパート。
プレイを手マンに絞り込み、彼女が4回絶頂するまで続けます。

「お兄さん 大人のくせに ダメですね…おぉっ んっ さ、最低 お兄さん最低」
「あぁっ イクイクイクイクイクイクイクイクイクイク いぐっ おっ おっ おうぉぉぉぉ」

彼女は勉強に関するネット配信をしてるだけであって結構真面目な性格。
自分を凌辱しようとしてる彼を「お兄さん」と礼儀正しく呼びながら罵声を浴びせかけます。
しかし1回目の絶頂を迎えた頃から態度が徐々に変わり、パート終盤には大きめのオホ声を上げます。

このパートだけでもギャップがそれなりにあってエロいです。
こういう女の子がオホ声を何度も漏らして絶頂する姿もそそります。
射精シーンはないので彼女の痴態をオカズに抜く形になるでしょう。

そして前作でも好評だった自然なオホり具合が光ります。
手マンが始まった直後は吐息交じりに切ない声を漏らす感じだったのが
後になるほどオホ声の割合が高く、乱れっぷりが激しくなります。
指パッチンで即座に興奮させるところは突拍子もないですけどそれ以外は割とリアル志向です。
快感を我慢できなくなった結果オホるので、いきなりそうなるよりも違和感なく聴けます。

続く2パート57分は主人公の自宅が舞台。
「トラック2_ゴムハメおせっせ(約32分)」はフェラと騎乗位SEXで2回
「トラック3_配信生ハメおせっせ(約25分)」はローター責め、乳首責め、背面座位SEXで1回射精します。

「お兄さんのおちんちん おっきくて 先っちょだけで お口いっぱいです」
トラック1の手マンが相当に気持ち良かったようで彼女も多少は素直になります。
おちんちんを差し出すとすぐさまちゅぱちゅぱついばむ感じにしゃぶり
精液も口でしっかり受け止め飲み込んでくれます。
SEXもゴムありですが奥までしっかり受け入れてキスまでしてみせます。

メスガキの口内やおまんこをおちんちんで蹂躙するSには堪らないプレイです。
フェラを挟むためオホ声の割合はやや下がってますが
ピストンを始めた頃から一気に増えて盛り返します。
1回目、2回目いずれも射精後に精飲するところにもこだわりを感じました。

トラック3はネット配信者の彼女だからこそできる変わったプレイ。
授業の内容を算数から保健に切り替え、女の子の体について実戦形式で教えます。
このパートはYoutubeで動画を観たことがある人のほうがイメージしやすいです。

ここではネット配信でお馴染みのある行為をされるほど彼女が気持ちよくなる面白い設定が登場します。
エッチなこととはまったく関係ないのにオホ声を何度も漏らし
体のほうもバイブとおちんちんでおまんこを、指で乳首を同時責めされ激しめに喘ぎます。
不特定多数が見守る前で生ハメ&中出しSEXすることも含めてシチュが刺激的でした。

「みんな祝福してくれてる こんなに喜ばれるの 初めてです」
でも彼女が落ち込んだり泣き出すことはまったくありません。
自分がすっかり快楽堕ちしたことを見せつけるように気持ちよさそうなイキっぷりを披露します。
射精シーンで漏らす低く鈍いイキ声も下品でエロいです。

このように、オホ声を多く盛り込んだうえで彼女の変化も描いた奇抜なエッチが繰り広げられてます。
オホ声まみれの作品
可愛い女の子からイメージされるものとは随分違う喘ぎ声をたっぷり聴ける作品です。

主人公はネット配信を見て以前から興味を持ってた七を自分の虜にしようと
得意の指パッチンで興奮させた後にトイレへ連れ込み、まずは手マンで女の悦びを教えます。
そしてその後はフェラ、SEX、バイブ責めなど踏み込んだプレイでさらに堕とします。

真面目で礼儀正しい女の子を指パッチンとおちんちんでわからせるS向けのシチュ
エッチシーンの多くで大げさじゃないタイプのオホ声を漏らすタイトル通りの内容
最初は抵抗してた彼女が快楽にどんどん溺れて公開SEXまでしてしまう落差の大きい展開。
前作で好評だった要素をそのまま受け継ぎボリューム&パワーアップさせてます。

中でもオホ声は他のサークルさんとの差別化ができてて良いです。
「おほーっ」みたいなやつじゃなくて「んっ おぉぉぉ」と偶然漏れる感じに演技してます。
挿入シーンや絶頂シーンに最も多く出てくるのも使いどころを考えてます。
吐息と組み合わせてリアリティを出したりと、おほおほ庵さんなりのオホ声が出来上がってます。

あとは女の子を半ば凌辱するシチュなのに暗さや重さがあまりないのも魅力です。
指パッチンするだけであっさり堕ちるから展開もスムーズですし
最大の武器であるオホ声を存分に聴いてもらえる下地ができてます。

オホ声好きな人が一番楽しめるのは間違いないですけど
今まで聴いたことなかった人が試すと新しい性癖の扉が開くかもしれません。
前作を「オホ声作品の入門用」と書いたように、今作もオホ声を普及させようとする意気込みを感じました。

射精シーンは3回。
吐息と喘ぎ声多め、淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:彩夢ひなさん
総時間 1:32:36

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月10日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「めとりくす」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、血は繋がってないけど弟を溺愛してる世話好きなお姉ちゃんが
自宅の部屋やお風呂場でひたすらエッチしてその気持ちを伝えます。

彼女の魅力を引き立てながらあまあまラブラブなエッチをするのが登場で
愛の言葉や全肯定のセリフを至るところで言って彼女の心情を表現し
エッチもお互いが責め合う形で色んなプレイをやって幸せな時間を過ごします。
お姉ちゃんと過ごす幸せなひと時
姉の結城 麻衣(ゆうき まい)と8種類のエッチをするお話。

「あ、おかえりー 今日も1日お疲れ様」
麻衣は甘くて穏やかな声のお姉さん。
仕事から帰宅した主人公をすぐさま抱きしめると
今日の出来事を尋ねてから褒めたり甘やかします。

本作品は10年ほど前にある事情で主人公の家に引き取られた彼女が
大人になって彼と同棲を始め、およそ160分に渡って色んなエッチをします。
2人は血は繋がってませんが親密度は実の姉弟よりも高く
序盤からハグやキスといったスキンシップを積極的にしてイチャラブ感を出します。

「何かしたいことがあったら 何でも言ってね お姉ちゃん 君のしたいこと何だってするからね」
彼女はタイトル通り彼のことをすべて受け入れ甘やかす全肯定キャラ。
「好き」「カッコいい」などポジティブなセリフを至るところで言いながらお世話します。
彼女視点で会話することがとても多いので何を思い、感じてるのかがわかりやすいです。
文字通りべた褒めしてくれますから、これらを聴いてるだけでも脳がとろけるような感覚がするでしょう。

実は彼女がなぜ彼をここまで溺愛するかは作中でほとんど語られてません。
ですが製品版の「イラストなど(差分あり)」フォルダに入ってるテキストからそれを窺うことができます。
事前に読んでおいたほうが音声をより楽しめると思います。

エッチについてはお風呂場、部屋、お酒を飲んだ後、媚薬を飲んだ後と4つのシーンがあり
それぞれの状況に合った甘さの強いプレイをして幸せな射精に導きます。
お姉ちゃんらしく丁寧にリードすることもあれば
敢えて彼に主導権を譲り思う存分乱れることもあります。

音声を聴いた限り彼女は割と独占欲の強い性格をしてるので
一方的に愛するだけでなく、彼に愛されることも望んでるのだと思います。
SEXシーンが多いのも2人の絆の強さが伝わってきて良いです。
身も心も深く繋がるエッチ
エッチシーンは8パート113分間。
プレイは体の洗浄、耳舐め、手コキ、手マン、キス、SEX(立ちバック、騎乗位、対面座位、正常位)、授乳オナホコキ、乳首責め、オナニー、媚薬を飲む、フェラです。
体の洗浄、手コキ、手マン、SEX、オナホコキ、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほーら んっ ぬるぬるになったお互いの体を擦り合わせてぇ こうやって洗うの どうかな?」
主人公がお風呂に入りたがってるのですぐさま服を脱がせると
麻衣は自分も裸になりおっぱいを使って彼の体を綺麗にします。

エッチはパートによって攻守を入れ替えながら進めます。
前半の4パート54分間は2人の日常風景。
「02 お風呂であまあま手コキ(約14分)」は体の洗浄、耳舐め、手コキ
「03 お風呂で後ろからあまあまラブラブセックス(約17分)」は手マンを挟んでからの立ちバック
「04 お部屋であまあま授乳オナホコキ(約10分)」は授乳オナホコキ
「05 ベッドであまあま騎乗位セックス(約13分)」は騎乗位SEXで1回ずつ射精します。

「おちんちんいい子 おちんちんいい子 世界で一番かっこいい君のおちんちん とーってもいい子だね」
2人はかれこれ5年以上はエッチな関係を続けてるので
こういう展開になっても驚くことはありません。
体を洗うついでに勃起したおちんちんもゆっくり丁寧にしごきます。
既に働いてる彼を子供のように扱うところがお姉ちゃんらしいなと。
言葉と行為の両方から惜しみない愛情を注いて射精時の快感を大きくします。

「いいっ いいよ 君のおちんちん すごくいいよ」
そしてお世話した後はエッチなおねだりをして彼を誘惑します。
おっぱいやおまんこを彼に洗ってもらう時は熱っぽい吐息を漏らし
その後のSEXはバックで繋がり気持ちよさそうな喘ぎ声を上げます。

キャラを重視してそこまで激しく乱れることはありませんが
2人の仲の良さがプレイを通じてしっかり伝わってきて甘いです。
最後はきっちり中出しを決めるなど、通常の姉弟よりもずっと踏み込んだことを序盤から積極的にやります。

「お姉ちゃんに甘えて おっぱいちゅーちゅーして エッチなおもちゃでおちんちん気持ちよくなっちゃって 可愛いでちゅねー」
04~05パートは幼児プレイを主軸に据えたエッチ。
ここだけ彼女の口調が赤ちゃん言葉に変わりオナホとおまんこで甘やかします。
02~03パートとは別の甘さを持ってて本作品のテーマに合ってます。
こちらを褒めたり甘やかすセリフも多く、彼のためなら何でもする彼女の性格が色濃く反映されてます。

後半の4パート59分間は普段と違う彼女とエッチするシーン。
「06 お酒を飲んで酔っ払ったお姉ちゃんのオナニー授業(約18分)」はオナニー
「07 酔っぱらったお姉ちゃんとあまあま対面座位セックス(約16分)」は対面座位SEX
「08 媚薬を使ってエッチになっちゃったお姉ちゃんの全身舐め(約14分)」は全身舐めからのフェラ
「09 お姉ちゃんとの乱れまくり媚薬セックス(約11分)」は正常位SEXをします。

「ふぅ やっぱりこれ美味しい ふふっ ふふふふ」
彼女はあまりお酒を飲まないそうですから酔って多少ハイテンションになったのでしょう。
06~07は「性教育」をテーマに掲げてオナニーやSEXのやり方を教えます。
オナニーはシコシコボイスを言いながら効果音を鳴らすやりやすい作り
SEXはキスやハグといったオプションや女性の心理に関するレクチャーを挟むなど
前の4パートよりも丁寧さに力を入れてゆっくり気持ちよくします。

普段が割と落ち着いてるからこういうリードをする彼女が可愛く感じました。
世話好きな性格を維持したまま少しだけわがままに振舞います。
彼が彼女に甘えるのと同じくらい彼女も彼に甘えたいのでしょう。

08~09はキメセクっぽい内容。
08は熱っぽい吐息を漏らしながら全身を上から下に向けてたっぷり舐め
最後はおちんちんにたどり着いてむしゃぶりつく感じの激しいちゅぱ音を鳴らします。
露骨に下品と言うほどではないものの、これまでしてきた彼女の責めっぷりよりは明らかにパワフルです。

09のSEXも体位が正常位なので乱れるのに専念します。
通常の喘ぎ声とアヘ声の中間あたりに位置する気持ちよさそうな声を漏らしてました。
ただ個人的にはもっとぶっ飛んだ喘ぎ方をしたほうが媚薬を飲んでる状況に合うと思います。
キャラを崩したくないとサークルさんが思われてるのか
「他より少しは激しいかな?」くらいの大人しい乱れ方をしてます。

前半の4パートでイチャラブ感や彼女の性格はしっかり表現されてますから
ここはもっと方向性の違うエッチをしたほうがメリハリが出たんじゃないかなと。
設定は面白いのに、それを形にする段階で思いきれてないのが残念です。

このように、彼女の魅力や2人の仲の良さを前面に押し出したノーマル向けのエッチが繰り広げられてます。
すべてが甘い作品
年上の女性が長時間に渡って甘やかしてくれる幸せいっぱいな作品です。

麻衣は血は繋がってないけど実の弟以上に溺愛してる主人公を満足させようと
最初から積極的にスキンシップを取りながら全肯定と愛の言葉を投げかけます。
そしてエッチはお互いが責め合うスタイルにしてシーンごとに違うプレイを繰り出します。

すべてを受け入れてくれる優しいお姉ちゃんと色んなエッチをするシチュ
SEXを多めに用意したうえでM向けの要素をまったく入れずにリードする純愛系のエッチ
好意を伝えたり嬉しそうな表情を見せながら彼にたっぷりご奉仕する彼女の献身的なキャラ。
お姉ちゃんの魅力をぎっしり詰め込んだ甘さ満点な作品に仕上がってます。

中でも3番目は家族であり恋人でもある彼をとても大事にしてるのがわかります。
彼のことが純粋に好きだからというのもあるでしょうけど
自分を救ってくれたかけがえのない存在だから恩返ししたい気持ちもありそうです。
血が繋がってない姉だからこそ、そこにはより複雑な感情が入り混じってます。

エッチは幼児プレイをするシーン以外は割と王道のプレイで固めてます。
本作品はキャラの描写に力を入れてるので
それ以外の要素は無難に組み立てる方針を取ったのかもしれません。
最大の売りである甘さはきっちり出てますから、強烈な個性を求めない限りは高確率で楽しめます。

最後に、本作品は発売からおよそ2か月間(2021年4月14日頃まで)はたったの110円で販売されてます。
これだけのボリュームと品質でこの価格は驚異的です。
それ以降は1000~1200円になるそうですから
興味が湧いたら今聴く時間がなくてもとりあえず買っておくことをおすすめします。

射精シーンは8回。
くちゅ音多め、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなりです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:42:47

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
162分で1000~1200円ならコスパが良いので+1してあります。
110円で販売されてる最初の2か月間は10点をつけます。

2021年3月13日まで10%OFFの99円で販売されてます。



サークル「072LABO」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声と態度はクールだけど性格は結構Sなお姉さんが
ルーインドオーガズムを織り交ぜた過酷なオナサポでM男を悶えさせます。

ステージごとに方向性を変えながらひたすら射精を我慢させるM向けのプレイが行われており
最初はイメージ、次は淫語、最後はカウントと異なるテーマを掲げ
そこに変化に富んだシコシコボイスを加えて射精を我慢しにくい状況を作ります。
途中で射精したかどうかでルートが変わりますから、我慢する/負ける2通りの楽しみ方ができます。

事前に紙コップを用意しておくとより楽しめます。
耐え抜くか、罰を受けるか
碧(あおい)の指示に従ってオナニーするお話。

「あなたなの? 命令されるオナニーをしたいっていうのは」
碧はトーンが低くお淑やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
左右に分身してからオナサポの概要やルールを教えます。

本作品は「ルーインドオーガズム1」「ルーインドオーガズム2」に続く人気シリーズ第3弾。
クールで落ち着いた雰囲気の彼女が彼をおよそ120分に渡ってエッチに弄びます。
松、竹、梅の3パートを射精せずに耐え抜いたら勝ち
途中で射精したら負けというルールを定めてそれぞれで違う結末を迎えます。

「お兄さんは ルーインドオーガズムがお似合い」
そして彼女はこれらをするにあたってルーインドオーガズム(台無し射精)を絡めてきます。
これは射精が始まった瞬間に手を離して精液を甘出しすることを意味し
実際にやってみると射精したのに賢者タイムがほとんど来ない不思議な感覚が味わえます。
その代わり性的快感も控えめですから消化不良に感じるでしょう。

過去2作は道中でも割と頻繁にルーインドオーガズムさせてたのですが
今作はクリアできるか罰ゲームへ進むかの分岐条件になってます。
また終盤は射精シーンを一気に増やして精液をできるだけ多く吐き出させます。

簡単に言うと序盤から中盤までは割と普通のオナサポで
終盤だけルーインドオーガズムを前面に押し出してます。
これなら普通の人も無理なくオナニーできますし、ルーインドオーガズムの快感も程よく味わえます。
休憩時間が非常に短く初回でクリアするのはかなり難しいです。

それ以外の特徴はステイフィールドと複数人プレイ。
前者は射精を我慢できなくなった時に「ステイフィールド」と宣言すれば
プレイ中に一度だけ即座にオナニーを中断できます。
しかし彼女が「ヘンタイ」と言ったら効果が消えてオナニーを再開する必要があります。

072LABOさんの過去作を聴いたことがある人ならお馴染みのシステムです。
以前は3回だったのが今作は1回に減らされてます。
ただし救済措置としてステイフィールドを増やす方法も冒頭で教えてくれます。

後者は過去2作は背景音としてシコシコボイスを流してたのが
今回は彼女が2人に増えて口で直接言うスタイルに変わってます。
そして左右を小まめに切り替えたり、速い→遅い→速いと落差をつけるシーンが非常に多いです。

彼女の声や態度がクールなのでどぎつい印象はしませんが
やってることは結構ハードでMをメインターゲットにしてるのがわかります。
こちらを見下したり罵声を浴びせることはなく、イメージや淫語責めで興奮させるリードをしてました。
多彩な責めで追い込むエッチ
エッチシーンは6パート98分間。
プレイは耳舐め、オナニー、エッチなイメージ、淫語責めです。
エッチな効果音はありません。

「激しくしちゃダメ しっかりと焦らしなさい」
オナサポのルールや勝敗条件を説明した後
碧は耳舐めしてる間だけおちんちんをいじる指示を出して焦らします。

エッチは終始彼女に言われた通りしごきます。
最初の4パート59分間はメインにあたる射精我慢ゲーム。
「03 【戯】自分で前戯しなさい(約3分)」は耳舐めを交えたソフトなオナニー
「04 【松】言われた通りに我慢しなさい(約22分)」はエッチなイメージをしながらするオナニー
「05 【竹】淫語を我慢しなさい(約12分)」は淫語を多めに言うオナニー
「06 【梅】たったの5秒我慢しなさい(約22分)」はカウントを使ったオナニーをします。

「ぷるぷるしたおっぱいは好きかしら? 大きなおっぱい 小さなおっぱいもどちらも好きなの?」
そして彼女は様々な責めを繰り出して彼を確実に追い込みます。
シコシコボイスは4秒1コキ~1秒3コキと幅広い速度を用意し
2分程度の短い間隔で小まめに変えて快感に慣れにくくします。
それと同時に好きな子のおっぱいやおまんこをイメージさせて心も盛り上げます。

彼女の声や態度のおかげで雰囲気は割かし落ち着いてますけど
心身両面の責めがしっかりしてて後になるほど射精の我慢が難しくなります。
オナサポ作品を数多く制作されてるサークルさんなのでシコシコボイスの扱いも上手です。
緩急をつけてしごかせますから体の刺激だけでもかなり気持ちよくなれます。

「折角だから女性の私が おまんこっていっぱい言ってあげるわね」
パートによって言葉責めの方向性を変えるのも慣れさせないための工夫なのでしょう。
05パートは表現を多少変えながら「おまんこ」をガンガン言って興奮を煽ります。
声が割と上品なのでギャップにそそる人がいるんじゃないでしょうか。
「オナニーの命令が趣味」と言うだけあって男が喜ぶツボを心得てます。

それに対して06パートは体への責めを重視してます。
彼女がカウントを数えてる間だけシコシコボイスが速くなる独自ルールを定め
それを20分以上に渡り何度も繰り返して敗北射精に追い込みます。
確認したところここの休憩時間は全部合わせて1分程度でした。
射精感を抑える手段がステイフィールドしかないので、ここまで温存できるかがクリアの鍵になります。

終盤の2パート39分間は選択式。
「07 【勝】勝者だけが楽しめる甘出しエンディング(約14分)」は
松竹梅をすべて射精せずに乗り越えた場合のみ聴けるクリアパート
「08 【罰】失敗時の罰(Ruined Orgasm)(約25分)」は途中でギブアップした場合のお仕置きパートです。
07パートはすいませんが内容を伏せさせていただきます。

「お前はマゾ 変態マゾ 女に命令されて喜ぶドM」
08パートは「罰」とはっきり書いてあることもありなかなかハードなプレイです。
ここだけで射精シーンを最低でも3回用意し
そのすべてをルーインドオーガズムにして満足させずに精液を搾り取ります。

シコシコボイスの平均速度も速めで歯ごたえがあります。
彼女の言葉責めも普段より手厳しくなってました。

射精我慢ゲームの時にルーインドオーガズムはほとんど出てきませんから
このパートが最も本作品らしい内容だと私は思います。
正しいやり方で射精すれば最低でも2回は連続で出せるでしょう。
敗北パートをあっさり済ませることが多いオナサポで最も長い時間を割いてるのも面白いです。

このように、独自ルールやルート分岐で個性を出しながら丁寧にリードするM向けのエッチが繰り広げられてます。
穏やかでハードなオナサポ作品
穏やかな雰囲気で過酷なオナサポをするやり応えのある作品です。

碧は女性に射精を管理されたがってる主人公の願いを叶えようと
全体の流れやルールを説明してからまずは3つのステージで異なるオナサポをします。
そしてそれらをクリアできた場合はご褒美、できなかった場合は罰を与えて巧みに躾けます。

声や態度は穏やかだけど性格はSなお姉さんがM男をエッチに弄ぶシチュ
シコシコボイスを小まめに変えてオナニーを制御しながら言葉責めするバランスの取れたエッチ
序盤から中盤にかけては射精を我慢し、終盤で何度もルーインドオーガズムする落差の大きい展開。
多くの男性が苦戦するだろうと言えるあたりに調整してます。

中でも2番目はシコシコボイスの進め方が秀逸で後になるほど我慢が難しくなります。
オナサポで120分は長い部類に属しますから
これを初回で乗り切れる人はそうそういないと思います。
そしてクリアが難しいからこそ、失敗した場合の罰をたっぷり与えてMを喜ばせます。

オナサポはクリアできるかどうかに焦点を当てることが多いので
失敗しても楽しめるのは大きな強みと言えます。

本気でクリアしたい人向けの救済措置もあったりと様々な工夫が見られます。

ルーインドオーガズムは終盤に固めてありますから
過去2作を聴いてる人でもあまりマンネリを感じないのではないかなと。
ただし、ルーインドオーガズム作品としての個性は過去作よりもやや弱くなってます。

射精シーンは6回。
淫語それなり、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

生半可な責めではビクともしないMな人には特におすすめします。

CV:柚木つばめさん
総時間 2:15:13(本編…2:02:35 PR音声…12:38)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月17日まで20%OFFの880円で販売されてます。

↑このページのトップヘ