同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ:同人音声 > 9点

   ● ひたすら事務的に性欲処理をしてくれるナースさん
   ● 悪魔さまの淫語オナサポのV
   ● おにいちゃん管理のーと♪~エッチで楽しいふたりあそび~
   ● ぼっちくんはクリスマスにノエルを選ぶよね?
   ● ささやき庵 紅葉 伍【超リアル仕様】
   ● 女子マネとデトックスたいむ
   ● 甘々いじめ ~ちょっぴりSで意地悪な先輩に弱味を握られいじめられちゃう~
   ● 悪の女幹部のお姉さん二人とヒーローくん幼児退行でちゅまちゅエッチ
   ● 脳みそとろとろ射精我慢オナサポアプリ 媚びながら執拗に煽りまくる少女の場合
   ● ドSでビッチな花子さんのシコシコ耐久ゲーム♪[バイノーラル収録]


ひたすら事務的に性欲処理をしてくれるナースさん

サークル「インゴヒゴ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、クールで仕事熱心なナースが
性欲を溜め込んでる入院中の男性を色んなプレイでスッキリさせます。

ナースと患者の関係を維持しながら積極的にお世話するのが特徴で
あくまで仕事の一環と割り切りつつ彼のリクエストを適度に受け入れ
さらにやや下品な淫語もガンガン言って心身をバランスよく盛り上げます。
事務的ナースの大胆なご奉仕
ナースが患者の性欲処理を手伝うお話。

「失礼します。このような深夜に、何かご用でしょうか。怪我が痛むのですか?」
ナースはトーンが低い整った声のお姉さん。
ある日の深夜、主人公に呼び出され性欲が溜まってることを告げられると
すぐさま了承しまずは手でおちんちんを気持ちよくします。

本作品はナースよりも女医っぽい雰囲気を持つクールな女性が
両腕を骨折してる彼のおちんちんに80分程度のエッチな処置を施します。
手コキ、フェラ、オナホコキ、パイズリ、SEXとパートごとに異なるプレイを用意し
その一部始終をとことん事務的な態度で行います。

「ここまで立派な勃起ができる、ということは、体が徐々に回復に向かっている、と見て間違いなさそうです。あとは、ストレスを貯めないように、精液を排出するだけですね」
彼女は一言で表すなら合理的な女性。
オナニーできずに性欲を溜め込んでるのは心に良くないと判断し
彼のリクエストをできるだけ受け入れつつ自分なりに考えて気持ちよくします。
しかし彼の言うことが理にかなってないと判断したらあっさり却下します。

おちんちんをガンガン責めて無理矢理射精させる事務的キャラもいますが
彼女の場合は相手が望むことを受け入れ満足させる方針で進めます。
そうすればわざわざ深夜に自分を呼び出しエッチな要求をする回数が減ると見越したからです。
好意や愛情を込めずに手厚く奉仕する感じなので十分事務的と言えます。

「柔らかいタマタマを、更にもみほぐすように……精巣が活発になり、おちんぽミルクを大量に作り出せるように……」
もうひとつの大きな特徴は淫語の質と量にこだわってること。
淫語好きな彼がスムーズに興奮し射精できるように普段よりもやや下品な表現で連呼します。
おちんちんは「おちんぽ」、精液は「おちんぽミルク」といった感じです。
特定のセリフを連呼することもあれば、セリフに違和感なく混ぜてぶつけることもありました。

おちんちんへの責めが的確でも事務的キャラの場合は雰囲気がどうしても淡白になるので
こういうセリフを使った責めは純粋なエロさの向上と作品の個性づけに役立ちます。
インゴヒゴ(防鯖潤滑剤)さんはサークル名の通り淫語の扱いに定評があり
パートによって分量や言い回しを変えて単調さを防ぐ工夫がされてます。

クールで合理主義者のナースが淫語を交えた大胆なご奉仕でスムーズに射精させる。
作品の特徴とサークルさんの特徴を組み合わせた実用度の高い作品です。
態度は冷たく、お世話は手厚く
エッチシーンは5パート80分間。
プレイは淫語責め、手袋コキ、玉揉み、フェラ、玉舐め、オナホコキ、パイズリ、SEX(騎乗位)、キスです。
手コキ、玉揉み、オナホコキ、パイズリ、SEXの際にリアルな効果音が鳴ります。

「……手袋のほうが興奮するのですか。では、断る理由はありませんね」
主人公に悩みを打ち明けられすぐさま了承したナースは
素手でしようとしたところ医療用手袋での手コキをリクエストされその通りにします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の「まずは手コキでヌキヌキします」でするのはもちろん手コキ(約18分)。
手袋を装着してから上下に小刻みに動かし、少し経つとそれに淫語責めが加わります。

「なるほど。おちんぽをしごくときは、“しこしこ”と口にして欲しい、と」
彼女はナースをやってるだけあって相手の言うことには必ず耳を傾けます。
彼が淫語好きとわかれば積極的に取り入れ、手袋で本当に大丈夫か確認までします。
でも声と口調は相変わらずクールで事務的です。

相反する要素を併せ持ってるところが面白いなと。
思い切り事務的にしたらナースっぽさが薄れますし、優しすぎてもテーマから脱線してしまいます。
だからこれくらいの匙加減でしっかりバランスを取ってます。

最中に鳴る効果音も本作品のエッチにおける大きなポイントです。
若干粘性のある摩擦音がちゅこちゅことリズミカルに鳴り続け
彼がカウパーを分泌させ始めたら水分が増してよりいやらしい音へと変化します。
同じプレイでもシーンによって責め方を変え、それに合わせて効果音も変わるこだわった演出がされてます。

続く「フェラチオ? いいでしょう」はお口を使ったご奉仕(約19分)。
手袋コキをした3日後、再び性欲解消をお願いされた彼女がちゅぱ音をたっぷり鳴らします。

「イキそうになったら、このまま私のお口まんこの中に出してください。そのほうが、周りが汚れずに済みますから」
彼女は男性が単調な刺激に慣れやすいことを理解してます。
だから前回と同じく手コキしようとしたところでフェラをリクエストされたらそのほうが良いと判断し
カリ首や裏筋を集中的に舐める、金玉を舌でチロチロするなど流れを作って奉仕します。
精液の処理が簡単だからとそのまま口で受け止め飲み干すあたりも彼女らしいです。

ちゅぱ音メインなので淫語の量は他のパートに比べて少ないですが
こういうプレイも少しは挟んだほうが作品全体が引き締まって良くなると私は思います。
サークルさんがマンネリ感の打破を強く意識されてるように映りました。
各パートの時間を20分程度に揃えてるのも聴きやすさに配慮したのでしょう。

残りの3パート43分間はより踏み込んだサービス。
非貫通式のオナホ、おっぱい、おまんこと異なる手段で1回ずつの射精へ導きます。

「ただ上下に動かすだけではなく……回転させてみるのはどうでしょう」
3回目ともなると彼女も彼の性癖をある程度把握したようで
スタンダードなものからやや変わったものまで幅広い責めを繰り出します。
声や態度は相変わらずクールですがこちらを見下してる感じはまったくありません。
オナホとおまんこどっちが気持ちいいかさり気なく尋ねるなど、彼女の側から働きかけるシーンも出てきます。

この中で最も盛り上がるのは最後のSEXパート。
退院を間近に控えた彼のお願いをいつも通りあっさり受け入れ、ゴム有りでの挿入を許します。

「おちんぽが、ビクビクして……あなたの、気持ちいいという感情が、伝わってくるようです……。それは、決して、不愉快ではありません」
普段よりも息遣いが明らかに熱っぽくなり、腰を打ちつけたりグラインドしてリズミカルに責めるなど
これまでのプレイとは違う優しさや温もりを感じるサービスをしてくれます。
中盤からは比較的濃厚なキスも挟みますし、事務的な彼女の心に若干の変化が表れてるのがわかります。

もちろん彼女は今回のSEXがあくまで処置に過ぎないことを知ってるし
始める前に彼へ言葉ではっきり伝えてもいます。
ですが合意のうえでお互いの大事な部分を密着させたら親しみが湧くのはおかしいことではありません。
ツンデレのように大崩れさせず、事務的キャラの範囲内で心の移りゆくさまを描いてます。

このように、心の距離を取りながら親身に尽くすやや変わったエッチが繰り広げられてます。
適度な距離感の作品
冷たすぎず、かといって優しすぎもしない関係が上手く表現されてる作品です。

ナースは両腕を骨折したせいでオナニーできずにいる主人公の欲求不満を解消しようと
プレイや責め方のリクエストを聞きながら淫語をガンガン言って興奮と射精を促します。
その一方でこの行為に愛情がないことをはっきり伝えて心の距離を取ります。

事務的なナースが淡々とした表情でおちんちんを気持ちよくするシチュ
見下すことはないものの親しい態度も取らない彼女の立ち位置
やや下品な淫語を状況に応じて使い分けるサークルさんらしい言葉責め。
事務的の中では割と聴きやすいあたりに設定した抜き重視のエッチを行います。

「ここで無理をしてはいけません。怪我が問題なく治るように、ストレスをためずに、ゆっくり休むこと。いいですね?」
本作品の一番面白いところは彼女をナースにしてる点だと思います。
事務的なエッチをするにはある意味最も相応しくない職業です。
仕事柄患者には優しくする必要がありますし、エッチをいい加減にやるわけにもいきません。
そのへんを解消するために彼の希望をある程度叶えながらクールな態度で責める形にしてます。

淫語責めに関してもサービス色の強いプレイですから事務的作品にはまず出てきません。
「さっさと出せよ、この変態」など強めの罵声を浴びせかけたほうがずっとジャンルに合ってます。
あるいは「おまんこきもちいいわー」みたいにわざと感情をまったく込めずに言うとかですね。
このかなり難しい状況を見事に切り抜け、活かしてることにとても驚きました。

エッチはどのパートもレベルが高く使い勝手が良いです。
今回紹介できなかったパイズリも効果音が多彩で十分なエロさがあります。
彼女のデレ具合はほんの僅かですから、事務的プレイをよく聴く人も満足できると思います。

射精シーンは5回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

聴き手にある程度歩み寄ってる事務的作品です。
おまけは「事務的ナースさんの淫語連呼」です。

CV:秋山はるるさん
総時間 1:47:03(本編…1:41:25 おまけ…5:38)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年2月4日まで30%OFFの700円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。

悪魔さまの淫語オナサポのV

サークル「Low-F」さんの同人動画作品。

今回紹介する作品は、可愛い声と穏やかな性格を持つ悪魔の少女が
心の調子を崩してる男性にエッチな治療を施します。

映像を流しながらオナサポするのが最大の特徴で
前半はスタンダードな方法、後半は動画作品だからこそできる方法とスタイルを切り替え
彼女の動きとセリフ&効果音を完璧に連動させながら丁寧にリードします。
優しい悪魔の大胆な治療法
悪魔の指示に従ってオナニーするお話。

「ようこそ。わたしの可愛い患者さん」
悪魔は穏やかで可愛らしい声の女の子。
体調を崩しカウンセリングを受けに来た主人公に自分の匂いを嗅がせると
すぐさまパンツを脱いでおちんちんを取り出すよう言います。

本作品は見た目は可憐な少女だけど性格はかなりのエッチ好きな彼女が
現実世界と夢の世界で30分程度に渡るエッチなサービスをします。
総時間が短いことを踏まえてその9割近くをエッチシーンに割き
プレイ中はほぼずっとおちんちんをしごかせてきっちり射精できるように導きます。
akumav
一般的なオナサポとの大きな違いは映像を使ってリードすること。
音声開始直後からこんなふうに彼女の姿が映し出され、シーンによって動きを細かに変えてリアルにお届けします。
販売ページにある体験版を見ていただければわかるように結構ぬるぬる動きます。
目の瞬き、口の開閉、呼吸のたびに体が僅かに上下するなど細かな部分にも凝っててレベルが高いです。

肝心のオナサポもその長所を最大限に活用します。
彼女が手を動かすのに合わせてシコシコボイスを言ったり効果音を鳴らしてリズムを取り
射精時には少しの間ホワイトアウトしてその直後に彼女の顔が精液まみれになります。


精液をぶっかけるアニメーションはなく、エフェクトの後にもうかかってる感じです。
また後半のパートには音声だけだとまずできないタイプのプレイも登場します。
中の人がオナサポ好きなのか、初めての動画作品なのに指示や進め方が堅実でやりやすいです。
ちなみに製品版には音声のみのファイルも一緒に入ってます。

「あのね。つらいことやくるしいことは、体液と一緒に出しちゃうのが一番いいんだよ」
彼女についてはどちらかと言うと人間に近い性格をしてます。
彼の調子が悪いのはストレスを抱えてるのが原因と判断し
それらを精液と一緒に吐き出させる方向で治療を進めます。
最中のセリフも温もりを感じるものが多くきつい言葉責めは一切ありません。

ただし、精液に対する執着心だけは悪魔らしさを持ってます。
じゅるじゅるといやらしい音を立てて精液を美味しそうに飲み干したり
おまんこの中に吐き出されたそれを嬉しそうに感じるなどです。
ほぼノーマル向けの内容ですから人外が苦手な人でも普通に聴けると思います。
視覚と聴覚で興奮させるエッチ
エッチシーンは2パート29分間。
プレイは手コキ、フェラ、相互オナニー(疑似SEX)、体の鑑賞です。
手コキ、オナニー、射精の際に効果音が鳴ります。

「びゅくびゅくって吐き出したら、一緒につらいことや悲しいことも出て行くよ♪」
予想外の展開に戸惑う彼にオナニーする理由を説明した悪魔は
早速おちんちんを握りゆっくりしごいて勃起を促します。

エッチはどちらも彼女がリードします。
前半のシーン1は現実世界でのお話(約14分)。
手コキから入りしばらくすると軽めのフェラを挟んで気持ちよくします。

「わたしの手の動きに合わせて、しゅっ……しゅっ♪ まだゆっくり。焦らないで。手を見て」
やってることは手コキなのですが、聴き手がオナニーしやすいように
映像の動きに合わせる指示を出したりシコシコボイスを適度に言ってペースを取ります。
視覚でどんな風にオナニーしたらいいかわかるからすごくやりやすいです。
上目遣いでおちんちんを眺める彼女の表情にもそそられます。

「キンタマのなかでドロドロに熟成された臭いザーメン……全部わたしに差し出すの」
最中のセリフも引き続きあまあま。
焦らし気味に責めて精液をできるだけ熟成させ、さらにやや下品な淫語を言って心の興奮も煽ります。
彼を持ち上げながら美味しい精液をいただく悪魔らしい責めです。
フェラのちゅぱ音を声よりもずっと激しくしてるのもその感じを出すためでしょう。

手コキは2秒1コキ程度のゆっくりペースから始まり
段階的に速度を上げて中盤から尿道口を軽くしゃぶるフェラが加わります。
そして十分高まった後にカウントを数えて射精のタイミングを取ります。

時間が短めで内容もシンプルですが、映像のおかげで実時間以上に気持ちよくなれました。
射精シーンとその後の描写にも力を入れてるのが大きいです。
精液を顔にかけられても嫌な顔ひとつせず、喉を鳴らして美味しそうに飲み干す姿がエロ可愛いです。

続くシーン2はおそらく夢の中のお話(約15分)。
販売ページのサンプル画像3枚目のように彼女がほぼ裸の状態で脚を開き
許可が出るまで射精しないこと、オナニーを始めたら決して中断しないルールを定めたうえで
自分の裸体を見せつけながら好きなペースでオナニーさせます。

「まずお腹。おへそ。ここに、子宮があるよ。わたしのおまんこに、ぴゅっぴゅっ、て精液かけたら、精子がここまで泳いでくるかもね」
このパートはシーン1以上に視覚に寄った責めを繰り出します。
丁度いいサイズの柔らかそうなおっぱい、無毛でピンク色のおまんこなど
多くの男性が魅力を感じる部位に視線を向けさせてオナニーのオカズにします。

彼女が言った部位をややズームインして注意を引きつける演出がされてたりと
映像形式のオナサポだからこそできる要素がいくつも込められてます。
オナニー自体は所々でシコシコボイスを言う程度ですからシーン1よりもずっと緩いです。

「きみのザーメンいっぱいぴゅっぴゅしてほしくて、おまんこきゅんきゅん締め付けて……奥に誘ってるよ」
一番の抜き場は中盤から始まる相互オナニー。
2人が実際にSEXしてると思わせる実況を交えて切ない声を漏らします。
自分から指を開いて中を見せつけ、さらに中指を上下させてクリトリスをいじるなど
先ほど以上に大胆なサービスをしながら一緒の絶頂を目指します。
おまんこの入り口と周辺に精液をべっとりつけたまま優しい言葉をかける姿も印象的でした。

このように、視覚と聴覚の両方に働きかける斬新なエッチが繰り広げられてます。
新しいタイプのオナサポ作品
音声単体とは違ったやり方で射精させてくれる優れた作品です。

悪魔は何らかの事情で心が疲れてる主人公を芯からスッキリさせようと
自分の正体には敢えて触れずまずは手と口でおちんちんを応援します。
そして1回射精できた後は本来の姿でより大胆なプレイをします。

優しくて精液大好きな悪魔がゆっくり射精に導くマイルドなシチュ
その様子をすべて映像でお届けする凝った作り
前半は正統派のオナサポ、後半はエロ要素を多く提供するオナサポと異なる責めを繰り出す展開。
音声形式でするオナサポとの違いをはっきり出したリアルなプレイが楽しめます。

何かを見せながらオナサポする作品は過去にもあったのですが
その多くはシーンによって画像が切り替わる紙芝居っぽいものでした。
しかしこの作品は完全なアニメーションでオナニーを隅から隅までサポートします。
真新しいうえに作り込みもしっかりしてるのが素晴らしいです。

エッチは映像を見ながらオナニーするおかげで音声だけの時よりも刺激が強いです。
特にシーン2はおっぱいやおまんこを見ながらしごけるからより捗ります。
オナサポで30分は短いほうですけど物足りなさは特に感じませんでした。

射精シーンは2回。
淫語それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

甘めの変わったオナサポが好きな人には特におすすめします。

CV:紫乃小文さん
総時間 32:59

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

おにいちゃん管理のーと♪~エッチで楽しいふたりあそび~

サークル「ちょこうさぎ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くて面倒見の良い妹が
自分に好意を抱いてるド変態なお兄ちゃんから精液を搾り取ります。

心と体の責め方に大きな落差をつけたエッチをするのが特徴で
自分の下着をオカズにしても見下すどころか親身になって付き合う優しさを見せつつ
ほぼ休憩なしでおちんちんを体の色んな部分で責め何度も何度も射精へ追い込みます。
優しい妹の厳しいご奉仕
妹がお兄ちゃんの性欲処理を手伝うお話。

「ただいまー あれ? お母さんまだ帰ってきてないのかな?」
妹は素朴で可愛い声の女の子。
帰宅した直後に2階から変な音が聞こえてくるので確認すると
お兄ちゃんが部屋で苦しそうな声を上げてることに気づき心配します。

本作品はこれまでごく普通の兄妹として付き合ってきた2人が
今回の出来事をきっかけにより深い関係へと発展します。
血の繋がった者同士ということで前置きにあたるシーンはほぼ省略し
オナニー中の彼の部屋へ彼女が押しかけるところから始まります。

「もう一度聞くけど 何してるの? それってその…私のブラだよね?」
彼は物語の開始時点で既に彼女を異性として強く意識しており
この時も彼女が身に着けてたブラをオカズにオナニーを楽しんでました。
彼女はそんな事情を一切知らなかったものですから発見時は当然のように戸惑います。
しかし彼の気持ちを知った後は自ら進んでその手伝いをしてあげます。

普通ならドン引きされ「今後私に近づかないで」と言われてもおかしくないシチュです。
でも彼女は嫌な顔ひとつせずすべてを許し、しかも全身を使って彼の相手をします。
最中に甘やかしたり好意を伝えるセリフをガンガン投げかけるなど、彼に負けないレベルの愛情も示します。


彼が元々Mなので時折「変態」と言ったり終盤にアブノーマルなプレイもしますが
上下関係は特に持たせてませんから雰囲気はかなり甘いです。
キスや中出しSEXといった踏み込んだプレイもしますし、多くの人が彼女の愛を感じるでしょう。

しかし彼女には「男性の生理にそこまで詳しくない」という残念な特徴があります。
そのためおちんちんが勃起してる=まだ出し足りないと判断し
金玉の中にある精液が尽きるまでほぼノンストップで責め続けます。


具体的には時間に対する射精回数が比較的多く
同じパート内では射精した後も休憩を挟まずに次のプレイを開始します。
彼が「もうダメだ」と言っても引き下がらずに責め続けるなどなかなかハードです。
でも聴き手にとってはそれだけ抜き場が増えることになりますからデメリットと言うほどのことではありません。

心は甘く責め、体は厳しく責める。
この大きな落差こそが本作品最大の魅力です。
愛を込めて搾精するエッチ
エッチシーンは5パート79分間。
プレイは手コキ、耳舐め、フェラ、パイズリ、キス、SEX(騎乗位)、アナル責めです。
手コキ、パイズリ、SEX、アナル責め、射精の際に効果音が鳴ります。

「だーめ そのまま動かないで おちんちんから一回手を離して」
オナニーを見られて慌てるお兄ちゃんに自分のことが好きかと尋ねた妹は
おちんちんから手を離させ、代わりに自分でしごき始めます。

エッチは常に彼女が責め続けます。
一番最初の「01あのさぁ、お兄ちゃん…何してるの?」でするのは耳舐め手コキ(約13分)。
最初はおちんちんをゆっくり刺激し、少し経つと体を密着させて耳も同時に気持ちよくします。

「お兄ちゃん 私の下着の匂い嗅ぎながらのオナニー 気持ちよかった?」
「私いいから お兄ちゃんが妹に欲情するシスコンでも 受け入れてあげる」

彼女は彼が自分にエッチな感情を抱いててもまったく嫌な顔をしません。
開始前に少しだけ怒った後は普段通りの様子で積極的にリードします。
最中のセリフもわざとオナニーのことを思い出させて興奮させたり
悪い部分も含めて彼のすべてを受け入れる姿勢を取るなど本当に優しいです。

完全に彼の嗜好に合った責め方をしてるのが良いですね。
悪いことをした罰ではなく、変態な彼へのご褒美と呼ぶのが妥当なプレイです。
彼女がなぜこういう態度を取るのかは物語を聴いていけば自然とわかります。
耳舐めはしゃべりながらちょこちょこやる程度なのでメインはあくまで手コキです。

バックで流れる効果音も全体的にレベルが高いです。
最初は水気混じりのゆっくりした摩擦音だったのが
彼がカウパーを分泌させたあたりからにちゃにちゃしたよりいやらしい音へと変わります。
プレイ一覧を見ていただければわかるように本作品はコキ系のプレイが多めです。
だから音だけで何をしてるかわかるように専用の音を用意し、シーンに応じてペースや質感を微妙に変化させます。

単体で最も時間が長いのは次の「02お口?おっぱい?どっちが良いの?」(約23分)。
1回射精しても萎えるどころか一層硬くなるおちんちんを見て
妹はこのままでは埒が明かないと判断し、より踏み込んだご奉仕に取り掛かります。

「妹の 口の中に あの濃ーい精液 出しちゃお?」
「よかったね お兄ちゃん これは本物 もう私の下着盗んで 想像しながらオナニーなんてできないね」

まだ精液が残ってるおちんちんを美味しそうに舐めるだけでも十分健気なのに
フィニッシュの時は自分から口に出すことを許しきちんと受け止めます。
さらにパート終盤には本物のおっぱいを見せつけそれでおちんちんを気持ちよくします。

2回連続射精する点だけを見ればそれなりにハードです。
でも彼がどうしたら喜ぶかを考え実行しながら進めるのできつさは全然感じません。
年下の女性に尽くされる、愛される幸福感を抱きながら射精できるでしょう。
前項で話した本作品の魅力がよく表れてるパートだと思います。

そんな彼女が普段と違う顔を見せてくれるのが「04やば…、興奮してきちゃった」(約17分)。
何度射精させてもまったく衰えないおちんちんに興奮を覚え
自分から上に跨がり騎乗位でそれをじっくり味わいます。

「おちんぽ おちんぽ おちんぽ あぁ欲しいよぉ お兄ちゃんの硬くて熱いおちんぽ 欲しいよぉ」
そしてここでは彼女の乱れっぷりに焦点を当ててます。
すっかり濡れたおまんこを見せて準備ができてることをアピールし
挿入シーンではうっとりした声を漏らし、ピストン開始後はやや下品な淫語を言ってお互いを盛り上げるなど
他のパートに比べて2人で一緒に楽しもうとする姿勢が強くなっててエロいです。

このへんまで来ると彼よりも彼女のほうがノリノリになってることに気づくでしょう。
最初は性欲処理を手伝ってあげるつもりが、おちんちんを相手にするうちにその魅力を知り
やがて男性に奉仕したり精液で体を汚されることに喜びを感じる。
彼女の内面もある程度描くことで事務的感や冷たさを打ち消すことに成功してます。

このように、優しい態度で容赦なく責め立てる重厚なエッチが繰り広げられてます。
変わった兄妹愛を描いた作品
妹の魅力を引き出しつつ実用性にも配慮したバランスの良い作品です。

妹は自分の下着をオカズにオナニーしてる残念なお兄ちゃんの性欲を発散させようと
そのことにはあまり深く触れず、むしろ自ら進んで色んなプレイをしながら優しい言葉をかけます。
そして彼が精力絶倫なことを踏まえておちんちんについてはかなり厳しく責め立てます。

愛らしい妹が変態なお兄ちゃんを存分にもてなす甘めのシチュ
悪いところも含めて彼のすべてを受け入れ好意の言葉を投げかける彼女のキャラ
現実世界でされたら相当にきついレベルと言えるエッチ。
2人の心情を描きながらオナニーのオカズとして役立つようきっちり仕上げてます。

「だーい好きだよ お・に・い・ちゃ・ん」
特に2番目の要素はそれこそ天使と言っても差し支えないほどの慈愛を見せてくれます。
もちろんこれらの背景には彼に対する想いの強さがあるのでしょうけど
元々の性格が優しくないとここまでのことはそうそうできません。
そんな彼女の人の良さが作品全体に明るくて穏やかな雰囲気を与えてます。

エッチはプレイのバリエーションが豊富で抜き場も多いと充実してます。
おちんちんへの責めがハードな点に関しては、これらすべてをぶっ通しで行ってることや
「03これは徹底的にやらないとダメかな♪」に11分で4連続射精を決めてることからそう言いました。
このパート以外は1~2回で終わりますからそこまできつさは感じないと思います。

射精シーンは9回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

おまけは「07_寝てるなら、イタズラしてもいいよね?」と「08_好きなだけ甘えていいよ♪」です。

CV:そらまめ。さん
総時間 2:00:30(本編…1:46:39 おまけ…13:51)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
120分で800円とコスパが良いので+1してあります。

2019年1月15日の24時まで20%OFFの640円で販売されてます。

ぼっちくんはクリスマスにノエルを選ぶよね?

サークル「VOICE LOVER」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、明るくてサービス精神旺盛な女の子が
クリスマスの夜をぼっちで過ごしてる男性にエッチなプレゼントを贈ります。

自分からM字開脚してオナニーを応援したり
至近距離でオナニーを見せつけ勃起と興奮を促すなど
彼の寂しさが少しでも和らぐよう体を張って存分にご奉仕します。
クリスマスはエッチなサンタと
クリスマスにノエルと色んなエッチをするお話。

「ごめーん 遅くなっちゃった」
ノエルはノリが軽くて可愛い声の女の子。
クリスマスの夜、ぼっちで過ごす主人公の家を訪問すると
まずは炭酸入りの飲み物をグラスに注いで乾杯します。

本作品は彼女ができず1人でクリスマスを送ることになった男性を励まそうと
彼女が100分近くに渡って癒したりあまあまなエッチをします。
非エロ10分、エロ90分と後者にとても力を入れており
オナサポ、性器の相互愛撫、フェラ、SEXなどパートごとにプレイを切り替えじっくり愛し合います。
シリーズものですがストーリーは特にないので今作からでもまったく問題ありません。

「お尻って 生で見るより パンツ穿いてるほうがエッチだよね?」
ノエルは一言で言えばオープンな女性。
ぼっちクリスマスという気落ちしそうな状況を一気に塗り替えようと
序盤から明るい声と態度で接しながら積極的にサービスします。


パンツを見せてオナニーのオカズになる、逆にオナニーを披露する、手マンをおねだりするなど
男が喜びそうなことをガンガンやって場を盛り上げます。
そして責める時は淫語、くちゅ音、ちゅぱ音を組み合わせて上手に射精へ持っていきます。

彼を楽しませつつ自分も楽しもうとするエッチですね。
こうしたほうが一方的に責めるよりも2人で一緒にいる雰囲気が出せます。
若干アブノーマルなプレイがありますがM向けにあたる要素はほとんどありません。
音質も非常にリアルで彼女の近さを実感しやすいです。

ちなみにこのぼっちシリーズ第1作にあたる「ぼっちな君にオナサポバイノーラル音声のクリスマスプレゼント」は
2019年12月12日まで無料で販売されてます。
ですから未視聴の方はとりあえずこちらを聴いて、それから本作品の検討をすることをおすすめします。

冒頭の挨拶を除いた本作品唯一の非エロパートは「音叉ヒーリングで癒しタイム♪」(約10分)。
1回目のエッチを終え少し疲れた主人公を眠らせようとノエルが3種類の音叉を鳴らします。

「この音叉は 運気を上げてくれる音 君には 幸せになってほしいからね」
1本目はやや低い音、2本目はそれよりもトーンの高い音、3本目は不思議な音と
シーンによって使い分けながら長めの間隔で鳴らして癒しを与えます。
音叉特有の澄んだ音が耳に心地よく、バックで流れる2種類の神秘的な音楽もそれにマッチしてます。

3本目はガラス製のコップの縁を指で撫でた時に出る音に近いので、もしかしたら音叉じゃないのかもしれません。
何にせよ癒し効果が非常に高く時間も手頃ですから寝る前にここだけ聴くのも十分有りです。
脇役に近いサービスもきちんと作り込んでるところにサークルさんの熱意が窺えます。
楽しみながらするエッチ
エッチシーンは4パート90分間。
プレイはパンツを見る、乳首オナニー、オナニー、手マン、キス、ノエルのオナニー、指舐め、耳舐め、乳首責め、手コキ、パンツを被る、フェラ、素股、SEX(騎乗位)です。
ノエルのオナニー、手マン、手コキ、素股、SEX、射精の際に効果音が鳴ります。

「ほーら 見て? ノエル スカートまくりあげちゃうよ?」
クリスマスの乾杯を終えた後、自分からスカートをたくし上げてパンツを見せたノエルは
それをオカズにまずは乳輪を優しく撫でる指示を出します。

エッチはパートによって責め手を変えながらほぼ対等な立場でします。
一番最初の「元祖!オナサポ娘♪」でするのはもちろんオナサポ(約18分)。
色んな角度からパンツ越しに彼女のおまんこを眺めつつ乳首→おちんちんの順にいじります。

「ほら 両方同時にやってごらん? 右手で左の乳首 左手で右の乳首 ぐーる ぐーる ぐーる ぐーる」
「見て? 割れ目に食い込んじゃった パンツが割れ目に食い込んで マン筋 くっきり浮き出てるよ」

堅苦しさが出ないよう普段通りの砕けた態度で接しながら
乳輪を撫でる、乳首を指で挟んで擦る/押す/ひねると後になるほど刺激が強くなるようリードします。
そして自身はパンツを脱がない範囲で際どい格好をして心に刺激を与えます。

彼女は1作目でもオナサポをしてましたからそれを受け継いだのでしょう。
彼に指示を出し続けるのではなく、それと同時に自分の体をオカズにさせる歩み寄ったオナサポです。
恥ずかしい思いをさせる時は自分も似た立場に置いて一体感を出します。

続く「ノエルのオナサポして……たら結局一緒に♪」は2人で責め合うパート(約25分)。
音叉ヒーリングで寝入った主人公の前でオナニーに励んでたノエルが
目覚めた彼にそれを見せつけ、さらに性器の相互愛撫へ発展させます。

「そうっ 割れ目に指を沈めて 掻き出すように…あぁっ」
彼女は過去作を通じて彼とかなり仲良くなってますから
おまんこを指でいじられる際も嫌がるどころかむしろ嬉しそうに喘ぎ声を漏らします。
かといって淫乱と言うほどではないのは乱れっぷりが割りかし上品だからでしょう。
この後のパートも含めてノエル役の紅月ことねさんはわざとらしさが出ないよう自然な演技をされてます。

プレイについては彼女が性感帯を責められ続けるおかげで喘ぎ声が多めです。
オナニーしながら彼の指を舐める時はくちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声が同時に流れますし
時間に対するエロ要素の量と密度を多くして実用性を上げてます。
最初のオナサポがイメージ重視だったのに対し、こちらはストレートな責めを繰り出すのも良いです。

後半の2パート47分間はよりディープなプレイ。
「愛情たっぷりフェラチオ天国♪」は2回目の射精を迎えたおちんちんを口で掃除するついでにフェラへ進み
「ノエルイっきまーーす♪」は素股からの騎乗位SEXで彼女が4連続絶頂を迎えます。

「たまたまちゃん こんばんは 今たっぷりしゃぶしゃぶしてあげるからね」
両方ともメインのプレイがほぼひとつ、しかも時間が25分程度と余裕があるのを利用し
フェラは竿の根本、金玉、裏筋、尿道口を個別に舐めてからピストンで締める幅広いプレイが楽しめます。
SEXも前半は彼女、後半は彼と主導権を入れ替えてじっくり進めます。

「続けて そのまま続けて 君がイクまで続けていいから」
エロさの面で言えばSEXのほうが上かなと。
ちゅぱ音単体のフェラに比べてエッチな音声のバリエーションが豊富で
それらを同時に鳴らすシーンが多く、彼女が何度もイキ声を漏らすなど内容が充実してます。
こちらの射精シーンは1回ですからハードと言うほどでもありません。
クリスマスの夜に相応しい愛のこもったSEXをしてくれます。

このように、人恋しさを和らげる豪華なエッチが繰り広げられてます。
スッキリできる作品
体はもちろん、心のもやもやも吹き飛ばしてくれる作品です。

ノエルは年末の大事な日をぼっちで過ごしてる主人公を元気づけようと
最初から最後まで明るく振る舞いながら色んなエッチをプレゼントします。
そして音声作品によくある女性が男性を責め続けるスタイルではなく
自分がオカズになったり相互に責め合う方針で進めます。

ノリのいい女性が一晩中エッチに付き合ってくれる甘いシチュ
気持ちよさと恥ずかしさを共有しながら絶頂を目指す展開
リアルな声と音をふんだんに盛り込んだ質の高いエッチ。
クリスマスパーティーっぽさを出した温かみのある作品に仕上がってます。

「気持ちいいね 久しぶりの君のおちんぽ すごく気持ちいいよ」
彼女の魅力は素直さや柔軟性だと私は思います。
ぼっち君を慰めるためだからといって彼にひたすら尽くそうとはせず
自分の欲望も適度に曝け出し、彼にそれを解消して欲しいとお願いします。
そのうえでワガママキャラにならないよう同じくらい彼に尽くします。

ぼっちと聞くと誰かを求める気持ちだけに目が行きがちですが
誰かに求められたいという感情もある程度湧くのではないでしょうか。
音声を通じてその両方を満たそうとしてるところが素晴らしいです。

エッチは時間、内容いずれもこだわりがあってハイレベルです。
前半の2パートはイレギュラーなプレイ、後半は王道とバランスが取れてます。
クリスマス特有のプレイとかはありませんから年末以外でも普通に聴けるんじゃないかなと。
冒頭の挨拶と飲み物を飲むシーンくらいです。

絶頂シーンは主人公4回、ノエル6回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、淫語と喘ぎ声それなりです。

おまけは「クイックオナサポver.5」です。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:53:53(本編…1:49:13 おまけ…4:40)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年1月19日まで25%OFFの900円で販売されてます。

ささやき庵 紅葉 伍【超リアル仕様】

サークル「VOICE LOVER」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ささやき庵で小町をしてるフレンドリーな女性が
旅行先の部屋や温泉で愛する人とたっぷりイチャイチャします。

恋人らしい親しげな会話を挟みつつリアルな音をふんだんに鳴らしたり
非エロとエロを織り交ぜながら物語を進めるなど
作品を構成する各要素の分量をほぼ同等にしたバランスの良い作りが魅力です。
温泉旅館でのんびりイチャイチャ
ささやき庵の小町「紅葉(くれは)」と温泉旅行するお話。

「それじゃあ 目を閉じて リラーックスだよ?」
紅葉は気さくに話す明るい声の女の子。
挨拶や状況説明といった前置きはすべて省略し
横になった主人公に囁きかけて寝かしつけます。

本作品は2011年から続いてるシリーズの第5弾。
舞台をささやき庵から温泉旅館へと移し、そこで2時間近くに渡って癒しとエッチなサービスをします。
お話が完全に独立してますから今作から聴いても特に問題ありません。
普段と場所が違うため通常のささやき庵とは随分違ったことをします。

「疲れてたんだね お部屋に着くなり座り込んで眠そうにしてるんだもの そりゃ 彼女としては少し休ませてあげたくなっちゃうわよ」
テーマはずばり「恋人らしさ」
宿に到着した後は店員よりもずっと砕けた口調で語りかけ
この日のために用意した下着を自ら披露したり、入浴中に抱きつきおっぱいを押しつける大胆な行動を取ります。
その一方で彼にお世話する時は必ず確認を取る優しさも見せます。

紅葉役の柚木朱莉さんがナチュラルな演技を得意とされてる事も相まって
最初から最後まで堅苦しさがまったくなくゆったり時間が流れていきます。
囁いたり吐息を漏らす時間を多めに設けてるのも臨場感があって良いです。
バイノーラル録音を活かして彼女がすぐ近くにいる雰囲気をしっかり出してます。

最中に鳴る様々な音も本作品を語るうえで欠かせない要素です。
入浴シーンではお湯がちょろちょろと流れる音が常に入り
シャンプー、ドライヤー、耳かき、マッサージといった行為のすべてに専用の効果音を用意してます。
それらを左右にスライドさせて広い範囲をケアしてる様子を表現するなど、紅葉と同じくらいの存在感を持ってます。

レビューの冒頭でも書いた通り、本作品はどれかひとつに特化してるのではなく
これらのパーツを同じくらいのバランスで共存させてリアルな世界観を作り上げてます。

非エロとエロの時間配分もほぼ半々ですし、どちらを目当てで聴いても満足できるでしょう。
2時間近くなら半分でも普通の作品1本分のボリュームがありますからね。
活動歴と実績を兼ね備えてるサークルさんらしい隙のない作品に仕上がってます。

音声開始直後の「少し眠ろっか♪」は旅行の前段階(約15分)。
仰向けに横になって目を瞑り深呼吸や全身の脱力で心身をリラックスさせます。
そして最後は温泉に浸かってるイメージをしながら深い眠りにつきます。
このパートは常に囁き声で語りかけます。

「ずーんと膝から下が重くなって まったく力が入らない」
「ゆらゆら ゆらゆら 意識が揺れる」

催眠音声を聴いたことのある人はそれに似た空気を感じるでしょうね。
実際のところここで行ってることは催眠誘導とほぼ一緒です。
技術と囁き声が大変マッチしていてかなり眠くなりました。
彼女が最初になぜこれをやるかは最後まで聴けばわかるようになってます。
イチャラブ要素満載のサービス
非エロとエロが混在してるため、ここからはそれぞれを分けず流れに沿って紹介します。
エッチシーンの大まかな合計時間は4パート60分間。
プレイは手コキ、キス、耳舐め、乳揉み、乳首責め、クリ責め、手マン、フェラ、SEX(騎乗位)です。
手コキ、手マン、SEX(後半シーン)の際に効果音が鳴ります。

本題の温泉旅行が始まるのは2番目の「温泉に入ろ♪」から(約17分)。
疲れたのか宿に着いた途端に眠り、その後目覚めた主人公に紅葉が声をかけ
貸し切り露天風呂へ案内してからまずは手コキで一度スッキリさせます。

「ダーリン 最近忙しかったでしょ? だから今日は温めのお湯にゆっくり浸かって いーっぱい癒やされていこうね」
彼のことを最初から「ダーリン」と親しげに呼び
下着姿や裸になっても恥ずかしがるどころか積極的に見せつけ
入浴中は体を密着させたまま湯船の中に気持ちよく精液を吐き出させます。
彼女のセリフ、態度、行為を通じて親しみや愛情がガンガン伝わってきました。

手コキは湯船に入ったまま行うため効果音はお湯の揺れる音を使用し
それだけではエロさに欠けるだろうということで耳舐めと淫語責めを追加してます。
聴き手を本気で抜かせるよりも雰囲気作りの色合いが強いプレイかなと。
手コキの時間が9分程度と短めなのもあります。

続く「紅葉が洗ってあげる♪」は完全非エロのパート(約14分30秒)。
湯船から上がった彼の頭をシャンプーとリンスで綺麗にし
風呂から出た後はドライヤーと綿棒で髪と耳の水気を取ります。

首のやや後ろあたりからぽりぽりと小気味良い音を鳴らすシャンプー
それよりも滑らかな摩擦音をゆっくり鳴らすリンス、耳に当たるたびにそれなりの風圧が感じられるドライヤー
「すしゅっ」というやや引っかかりのある滑らかな摩擦音を耳元至近距離から鳴らす綿棒。
本作品の売りとなるリアルで立体的な効果音を組み合わせてお世話の様子を高いレベルで表現してます。

前のパートに比べるとセリフが少なめなので完全に音重視のパートです。
最初から最後までひっきりなしに話しかけられたら聴いてるほうも疲れますから
こういう頭を空っぽにできる時間を挟んであるのは良いことだと思います。
この後のお話もセリフが多めのパートと少なめなパートを交互に繋げてバランスを取ってます。

残りの3パート65分間は部屋でのエッチ。
「お部屋でごろごろ♪」は寛ぐついでに彼女の乳、クリ、おっぱいをいじり
「紅葉がしてあげる♪」はソフトなマッサージを挟んでからのフェラ
「今夜は寝かせないよ♪」はキスと耳舐めをしながらのSEXと
それぞれにプレイや方向性を変えてじっくり愛し合います。

「ほらほら こうして摘んでくにくにするとー あら不思議 乳首が立っちゃいましたー」
「そうっ そこ ダーリンの指じゃないと届かないところ その壁のところ 好きっ」

彼の性感帯をちょっぴり意地悪にいじる顔、逆に指で大事なところを責められ声を震わせてイク顔。
お互いの弱点を知り尽くしてる恋人らしい穏やかで深いやり取りと反応が楽しめます。
一番最初に手コキをしてるのでこのシーンの責め手は主人公2パート、紅葉1パートにしてあります。
女性が責められてる様子をオカズに抜かせるささやき庵の特徴を組み込んであってエロいです。

個人的に一番エロいと思ったのは「紅葉がしてあげる♪」(約18分)。
下半身重視のマッサージでおちんちんを復活させた後、その全体を慈しむように刺激します。

ソフトなキスから始まり「れろれろ」と言いながら裏筋を丹念に舐める
尿道口を連続で吸う、「ずごごごー」という力強いバキューム音を鳴らすなど
多彩なちゅぱ音だけでプレイの様子をわかりやすくお届けします。
前段階のマッサージも音重視ですからこのパートは音が主役ですね。
残念ながら射精シーンがないので、できればそのまま射精するルートが欲しかったです。

イチャラブ感が最もよく出てるのは最後の「今夜は寝かせないよ♪」(約14分)。
おちんちんへのご奉仕で我慢できなくなった彼女がSEXをおねだりし
シーンの前半は彼女が、後半は彼が動く形で責め合います。

「あぁっ 気持ちいい 気持ちいいよぉダーリン おちんちん おちんちんもっとぉ」
前半は効果音が鳴らずにしっとり愛し合う感じで「最後にしては大人しい」と思ってたのですが
彼が腰を突き上げ始めたのと同時に「ぱんぱん」と肉のぶつかる音が鳴り始め
それに合わせて彼女がとても気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らしてくれます。
同時の絶頂を迎えた後、その余韻に浸りながらキスするあたりは2人の関係にすごく合ってます。

このように、仲の良い男女が休日を満喫する様子を和やかかつエッチに描いてます。
正統派イチャラブ作品
紅葉との温泉旅行を主人公とほぼ同じ視点で楽しませることを目指した質の高い作品です。

紅葉は日頃仕事を頑張りお疲れ気味な彼が少しでもリフレッシュできるように
優しい言葉をかけながら身の回りだけでなくおちんちんのお世話も喜んでします。
そして行為の一部始終を多彩でリアルな効果音を駆使してお届けします。

人懐っこい彼女と旅先でひたすらイチャイチャする甘いストーリー
砕けた調子で話しつつ彼をちゃんと気遣う彼女のキャラ
質感・動き・位置のすべてにこだわった効果音と環境音、それらの良さを最大限に引き出すバランス感覚。
シリーズ5作目を飾るに相応しい充実した作品になってます。

「夢の中でも ダーリンと紅葉は繋がってるよ」
私は前作の「ささやき庵 紅葉 肆」から入ったものでそれ以前のお話は知らないのですが
彼女はとにかく相手との距離を詰めるのが上手な女性だと思います。
自分から惜しみなく愛情を注ぐ一方で彼にもそれをする機会を与え
2人が快感や幸福感を同じくらい共有できるようにリードします。

彼女が一方的にご奉仕するだけだと普通のささやき庵との違いが出せませんから
より近く、より親しみを込めて接することを心がけてるように映りました。
聴いてるうちに胸がぽかぽかしてくる人が結構いるのではないかなと。
温泉旅館を舞台にしてるのもあります。

エッチは紅葉、主人公両方に活躍の場を与えてます。
時間に対して射精シーンが少ない点だけはもったいなく感じますけど
それ以外はほぼ完璧と言っていいくらいどのプレイも完成度が高いです。
冒頭に催眠誘導をするおかげで通常の作品よりも没入しやすく感じるかもしれませんね。
不安な方は無料で構いませんから他作品の解除音声を最後に聴いておくといいでしょう。

絶頂シーンは主人公2回、紅葉3回。
喘ぎ声(吐息含む)多め、淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなりです。

CV:柚木朱莉さん
総時間 1:54:01

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
囁き声の時間は全パート合わせて37分ほどです。

2019年2月4日まで90%OFFの120円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。

女子マネとデトックスたいむ

サークル「1日分のもちもちだま」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、処女だけどサービス精神旺盛な2人の女子マネが
体を張ったご奉仕でスランプ気味な野球部のキャプテンを元気づけます。

複数人プレイの長所を活かした密度の高いエッチが魅力で
両耳舐めや耳舐め+フェラなど1人じゃできないプレイを積極的に盛り込み
パートによって主役を切り替えながらとことん尽くして心の芯から癒します。
男によく効く薬を注入
マネージャーのあゆちゃんとまにちゃんが野球部のキャプテンとエッチするお話。

「あっ! キャプテンいたいた お疲れ 今日午後練ないんでしょ? ちょっと顔貸してよ」
まにちゃんは明るくて活発な声の女の子。
「まにちゃん その言い方なんか怖いよ?」
あゆちゃんは優しくて大人しい声の女の子。
主人公に声をかけて午後に付き合って欲しいと言うと
女子部室に案内してから彼女たちなりのやり方で気合を入れます。

本作品は何らかの事情でこのところ成績不振に陥ってる彼を立ち直らせようと
彼女たちが50分近くをかけて3種類のエッチなご奉仕をします。
マネージャーとしての義務感も多少はあるのでしょうが、彼女たちは元々彼のことを純粋に好きで
この機会を利用してより親密になろうと最初から積極的にリードします。

最大の特徴は複数人プレイ。
彼女たちが左右に陣取り同じプレイをしたり、別の性感帯を同時に責めて気持ちよくします。
サークル主の天知遥さんが耳舐め好きだからなのでしょうけど
片耳あるいは両耳を舐めるシーンが約30分と長めに用意されてます(おまけも合わせると38分)。

舌をちろちろ動かして舐める、唇で挟んで軽く吸うなど
彼女たちのイメージを崩さないレベルでやや力強いちゅぱ音を鳴らします。
他にも耳とおちんちんを同時に舐めるシーンがあったりして全体的に音の密度が高いです。

まに「こんなふうに大きくなるんだ すごーい」
あゆ「おちんちん大きくできて偉いね」
キャラについては「デトックスたいむ」の名の通り終始あまあま。
2人とも処女ということで多少の初々しさを出しつつ彼を上手に持ち上げます。
多くのシーンが女性上位ですがM向けの要素は一切ありません。
中盤以降は1人ずつ順番に初めてを捧げて好意をストレートに伝えます。

私個人はどちらかと言うとあゆちゃんのほうが魅力的に映りました。
声やセリフだけを見ると奥手そうなキャラですが
エッチに入ると一転して大胆な行動を取るようになります。
それでいて終盤にはまにちゃんを主役に立てて自分はサポートに回る優しさも見せます。

彼を取り合うのではなく共有する方向でエッチを組み立ててるので
彼女たちの仲の良さもそれなりに伝わってきます。
キャラ、プレイ、雰囲気のすべてが甘い癒し系の作品です。
上下の口でたっぷりご奉仕
エッチシーンはパート49分間。
プレイは耳舐め、フェラ、あゆちゃんのオナニー、SEX(正常位、騎乗位)、キス、手コキ、おっぱいを舐めるです。
オナニー、SEX、手コキの際に効果音が鳴ります。

あゆ「キャプテンも疲れてるし 色々と溜まってると思うんです そこで…」
まに「抜いてあげようかなって」
主人公を女子部室に呼び出し近々行う練習試合のことを話した2人は
左右に陣取り両耳を同時に舐めて彼の心と体をほぐします。

エッチはどのパートも彼女たちがリードします。
一番最初の「デトックスぴゅっぴゅフェラ」は口だけを使ってご奉仕するパート(約16分)。
あゆちゃんは左耳、まにちゃんは右耳を分担して舐め
ある程度性感が溜まった後はまにちゃんがフェラに移って気持ちよく射精させます。

あゆ「すごーい キャプテンのおちんちん まにちゃんのお口に ずっぽり入ってるよ」
まに「これってカウパーって言うんだ」
彼を慰めるのを目的としたエッチですが彼女たちにやってあげてる感はまったくありません。
初めて見る立派なおちんちんを素直に褒め、滲み出てきたカウパーを不思議そうな表情で味わいます。
そしてちゅぱ音をノンストップで鳴らしつつスピードとパワーを徐々に上げます。

耳舐め開始後はセリフが一気に減りますからちゅぱ音好きな人ほど楽しめるでしょう。
フィニッシュはしっかり口で受け止め飲み干すなど、男が喜ぶことをガンガンやって落ち込んだ気持ちを奮い立たせます。
純粋なエロさも高く、序盤から本作品の持ち味が十分に発揮されてます。

続く2パート31分間は彼女たちのキャラを引き立たせたプレイ。
「あゆちゃんと女の子のお勉強」はあゆちゃんと一対一で性教育要素を交えた初SEXを楽しみ
「まにちゃんの発情」はそのことを知ったまにちゃんが主人公に処女を捧げます。

「ちゃんと見える? これが女の子のおまんこだよ」
「キャプテンに触られると おまんこきゅんきゅんしてたんだ」

前者は先ほど話した声と性格のギャップを活かして興奮を盛り上げます。
彼に女性の体を詳しく知ってもらおうと自ら股を開いておまんこを見せつけ
そのままオナニーするシーンなどはそれが最もよく表れていてエロいです。
山場のSEXも繋がりながら自分の想いをはっきり伝えて彼の心をガッチリ掴みます。

自分の気持ちにすごく素直な女の子ですね。
好きな人のためなら何でもする献身的な姿が心を潤します。
デトックスをタイトルにつけてるだけあって心のケアにもある程度気を配ってます。

「待って びくびく止まんないの キャプテンのもまだ中で とくんとくんって」
それに対して後者はまにちゃんの可愛さにスポットを当ててます。
普段の口調がやや男っぽいからこそ、あゆちゃんとこっそりSEXしたことに軽く嫉妬したり
精液をおまんこにたっぷり注がれて気持ちよさそうにする姿にグッときました。
あゆちゃんも途中から参戦しますが耳舐めするだけで完全な脇役に徹してます。

あゆちゃん専用のパートが用意されてる点だけを見るとまにちゃんのほうがやや劣勢なのですが
最初のパートで彼女だけがフェラと精飲を担当してることを考えれば存在感はほぼ互角と言えます。
一番最後に2分程度イチャイチャするのもそれを印象付けたかったのではないかなと。

このように、2人の魅力を出しながら男性をリフレッシュさせる温かいエッチが繰り広げられてます。
エッチに癒してくれる作品
耳かきやマッサージを使わずに気持ちをほぐしてくれる作品です。

あゆちゃんとまにちゃんは野球部のキャプテンとして頑張ってる主人公の力になろうと
誰にも邪魔されない場所へ案内してから密着感のあるあまあまなエッチをします。
そして最中にマネージャー以上のことをやってこれが単なる慰めではないことをアピールします。

2人の女の子が口とおまんこを使って同時に責める密度の高い作り
女性側が責め続けてるのにMっぽさをまったく感じない癒やされる演出
ギャップ萌えを意識した彼女たちのキャラと責めっぷり。
女子マネや複数人プレイといった作品の特徴を組み合わせていい気分で抜ける作品に仕上げてます。

まに「キャプテンって ほんと母性本能くすぐってくるね」
単にエッチして終わりじゃなく恋愛要素も盛り込んでるのが特に良かったです。
マネージャーがキャプテンとエッチするシチュだと立場上仕方なくといった可能性も出てきます。
だから彼女たちが元から彼を好きだった設定にしてこれが義務感によるものじゃないことにしています。
これの有無で聴き終えた時の後味が随分変わるのではないでしょうか。

あとは彼女たちが色んなものを彼に捧げる展開が男心をくすぐります。
ファーストキス、精液を飲んでもらう、初SEX、初中出しと
恋人以上の親密度がないとまずできないことをガンガンやってくれます。
言葉よりも行動で気持ちを伝えるタイプです。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音と喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

女性に尽くされるシチュが好きな人には特におすすめします。
おまけは両耳舐め、フリートーク、NG集です。

CV:あゆちゃん…天知遥さん まにちゃん…こやまはるさん
総時間 1:32:41(本編…1:05:16 おまけ…27:25)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

甘々いじめ ~ちょっぴりSで意地悪な先輩に弱味を握られいじめられちゃう~

サークル「ファイナルえびパスタ」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、主人公に十分な好意を抱いてる先輩が
彼の弱みを握ったのをきっかけにややM向けのエッチをします。

オナニーを見せてもらう代わりに自分の体へ精液をぶっかけることを許可したり
緩急をつけた寸止め手コキを繰り返しながら優しい言葉をかけるなど
意地悪と甘やかしを同じくらいのバランスで共存させた愛のあるサービスが楽しめます。
好きだからいじめたくなるの
先輩と3種類のエッチをするお話。

「あぁ……こんにちは、待ってましたよー? 後輩くん」
先輩は穏やかでしっとりした声のお姉さん。
主人公が生徒会室に置き忘れたスマホを偶然見つけると
彼の目の前でそれを起動し中に入ってる画像を確認します。

本作品は彼女のことが好きで以前から盗撮をしていた彼へのお仕置きに
およそ110分に渡って2つの要素を併せ持った独特なエッチをします。
相思相愛だけどそのことをお互いに知らなかった2人の関係を踏まえて
本来の目的を果たしつつ愛情を注いで心の距離を近づけようとします。

「どうしてこんなに、私の事ばっかり――それも、ちょっぴりえっちな奴ばっかり隠し撮りしたのか……教えて欲しいなー……♪」
彼女は才色兼備の生徒会長らしく丁寧な口調と穏やかな物腰で接する一方で
彼にちょくちょく意地悪してその反応を楽しみます。
そして彼が泣きそうになったり可愛そうな状況に陥ったらすぐさま助けて甘やかします。

彼を可愛がりたいんだけど、それだけだとS心が満たされないからついいじめてしまう感じです。
彼もそれなりにMなので2人の属性に合ったサービスと呼ぶのが妥当でしょう。
相反する要素を上手く融合させてるおかげで意地悪なプレイなのに終始あまあまな雰囲気が漂ってます。

プレイのほうはオナニー、寸止め手コキ、オナホコキとシーンごとにメインのプレイをひとつ用意し
ソフトな言葉責めも積極的にしながら気持ちいい射精に向けて心身をバランスよく刺激します。
サークルさんがこの手のシチュを相当に好きなのか
全体の流れ、プレイ構成、セリフ選び、細かな責め方など色んな部分が処女作とは思えないほど練られてます。

例えば2番目と3番目のシーンにはふたつのルートが用意されており
選んだ結果によってプレイの内容や責めっぷりにそれなりの変化があります。
全部をひとつのお話にしようとするとどうしても整合が難しくなりますから
こういう風にしたほうが作者のやりたいことを反映させやすいし、聴き手にとっても別の楽しみが生まれます。

Sだけど世話好きな先輩がMで弱い後輩を優しく弄ぶ。
ややMな人が喜ぶ要素をいくつも盛り込んだ純愛系の作品です。
男の子を男に変えるエッチ
エッチシーンは6パート80分間。
プレイはオナニー、パンツ鑑賞、手コキ、耳舐め、太ももコキ、オナホコキです。
オナニー、手コキ、太ももコキ、オナホコキの際に効果音が鳴ります。

「今日のお仕置きはー……今から私の目の前で、いつもシてるみたいにオナニーしてみせてください♪」
盗撮のことを先生に告げない代わりに絶対服従を了承させた先輩は
早速主人公に裸になってもらい、可愛らしいおちんちんやオナニーを嬉しそうに眺めます。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
一番最初の「先輩の目の前でオナニー実演」は視線をテーマにしたプレイ(約17分)。
彼の裸体を軽く鑑賞してからオナニーの指示を出し
さらに彼女自身がオカズになって恥ずかしい射精に導きます。

「へぇ……もっとグロテスクなものを想像してたけれどイメージと違うかなぁ……♪ ちっちゃくて、可愛らしくて」
「ほら、私の目を見て……♪ 恥ずかしくても視線を逸らしたらダメですからね……♪」

彼女は彼のことを溺愛してるのでダメなところも含めて全部受け止めます。
実年齢よりも小さいおちんちんを貶すどころか「可愛い」と褒め称え
見られてることに興奮する彼と目を合わせてそれをより強く意識させます。
彼女は罰と呼んでますが、M男にとってはご褒美と言ったほうがしっくりくるプレイです。

パートの中盤からスカートをたくし上げてパンツを見せるのもポイント。
彼が恥ずかしい思いをしてるからこそ、自分もそれに近い状況に置いて一体感を高めます。
そして最後は精液を体で受け止め好きな女性を汚す快感も満たしてあげます。
主導権を握りつつ相手が求めるものを与えるところに愛の深さを感じました。

最も時間の長いパートは次の「意地悪寸止め焦らし手コキ」(約34分)。
後日主人公を再び呼び出した先輩が変わったやり方で彼の軟弱な心を鍛えます。
ちなみにここは無事耐え抜いた場合と途中で暴発した場合の2パターンあります。

「これじゃあダメなんですか?♪ もー……ワガママな後輩くんだなぁ……♪ しょうがないなぁ……それじゃあ少しずつ扱くスピード早くしてあげます♪」
1回目は敏感なカリを激しく集中攻撃し、2回目は一転して射精できない力と速度でしごくなど
1回ごとに責め方のスタイルを切り替えながら何度も寸止めさせます。
そして射精を禁止する以外は彼のリクエストをある程度受け入れて辛さと苦しさを和らげます。

時間に対する寸止め回数がそれほど多くないのできついってほどではありません。
すぐ感じ射精してしまう今の彼より少しでも我慢強くしようと手加減して意地悪します。
こんな風に彼女は彼を立派な男に育てる方向でエッチを進めます。

3番目の「オナホ相手に腰振り交尾ごっこ」は最も実戦に近いプレイ(約29分)。
さらに後日、いつもより上機嫌な先輩が通販で買ったオナホを取り出し
それを自分のおまんこに見立てて女性を責める方法を教えます。

「いつか、目の前の意地悪な先輩をおちんちんで乱暴に分からせちゃうことができるかもしれませんよ♪」
今のままでは彼とまともにSEXするのは難しいと考えてるのでしょう。
挿入しただけで降参しそうになる彼を少しでも奮い立たせようとしきりに応援します。
そしてシーンの中盤には彼にとある選択を迫ります。

「○○したい」「○○させたい」とパート名がぼかしてあるので内容は伏せますが
ここでどちらを選ぶかによって展開がやや変わります。

後輩をいじめたい一方で強くなってもらいたいとも思う先輩
その期待に応えようと頑張るけどやっぱり負けてしまう後輩。
2人の関係や属性を上手に絡み合わせた独特なイチャラブエッチが繰り広げられてます。
バランスの良い作品
タイトルの「甘々いじめ」を忠実に反映させた良質な作品です。

先輩は可愛くて頼りない主人公を少しでも逞しくしようと
自分の盗撮画像を見つけたことをきっかけに意地悪なエッチをします。
そして声、言葉、態度は普段通り甘くする代わりにプレイのほうをややハードにします。

ちょっぴりSで意地悪な先輩がMな後輩を優しく弄ぶシチュ
意地悪さと甘さを兼ね備えた彼女らしいエッチ、そこに込められた彼に対する深い愛情。
「愛のムチ」と表現するのがぴったりな比較的マイルドないじめを行います。

「後輩くんがどんな風にオナニーするかは前回見せてもらったから、どこが感じるのかはぜーんぶ分かってるんですよ……♪」
特に3番目の要素はプレイが持つ厳しさを色んな方法で中和する気遣いが随所に見られます。
最初のパートでひとまずオナニーを見せてもらってどうすれば彼が感じるかを勉強したり
彼に嫌われない程度の回数に寸止めを留めてるのがいい例です。
相手をもてなす気持ちを強く持って意地悪するから受け入れやすく感じるわけです。

エッチはどのシーンも時間と内容が充実していて抜きやすいです。
純粋な快感の強さは寸止め手コキが一番でしょうけど、オナニーには見られる快感や見せつける快感
オナホコキには女性に負かされる快感と別の良さがあります。
射精シーンのバランスも丁度良く完成度が高いです。

射精シーンは6回。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:51:17

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

悪の女幹部のお姉さん二人とヒーローくん幼児退行でちゅまちゅエッチ

サークル「カモネギちゃんねる」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、性格は結構違うけどいずれも母性が強い2人の女幹部が
捕虜になったヒーローを快楽調教して自分たちの赤ちゃんにします。

前半は抵抗する彼を快楽漬けにして段階的に堕とす
後半はすっかりダメになった彼にとことん愛情を注ぐ、といったように
彼らの関係と幼児プレイを組み合わせた甘く濃厚なエッチを行います。
厄介な敵を気持ちよく懐柔
悪の組織アリアドネの幹部「さくら」と「もみじ」の赤ちゃんになるお話。

「・・・あら。さくらー? 目が覚めたみたい」
もみじはクールで落ち着いた声の女性。
「んぅ~? わっ、本当♪ くすくす♪ こんばんは、レッドくん♪」
さくらは上品で色っぽい声のお姉さん。
自分たちに敵対してる主人公を捕まえ今の状況を説明すると
自己紹介の後にこれから何をするか教えます。

本作品は自分たちの活動を妨害する彼をスムーズに無力化しようと
彼女たちが90分近くをかけて色んなエッチをしながら幼児退行させます。
敵同士だからといって痛みや苦しみを与えるのではなく
心身両面を徹底的に甘やかして自然と離れられなくします。

さくら「ね? ね? 気持ちいいでちゅかぁ~?♪」
もみじ「くすくす♪ そんな顔して気持ち良く無いなんて言っても説得力ありまちぇんね~?♪」
エッチの開始直後から赤ちゃん言葉をガンガン投げかけ
さらにキスを積極的に挟みながらおちんちんを弄んで抵抗力を徐々に奪います。
そして十分に手懐けた後は彼のママになって快感と幸福感を与えます。
ただし幼児プレイの定番にあたる授乳手コキはやりません。

正義のヒーローがダメになる展開だけを見れば割と暗いのですけど
やってることはとてつもなく甘いです。
彼女たちが純粋に彼のような可愛い男性を好きなのもあります。

もうひとつのポイントは必ず2人が同時に責めること。
多くのシーンでさくらが左、もみじは右に陣取り言葉責めと体への責めをバランスよく行います。

もみじ「受け入れて、諦めて、・・・甘えたら、とぉ~ってもちあわちぇになれまちゅよ~・・・♪」
特に言葉責めは彼女たちが敵であることを忘れ、気持ちいい射精を迎えたくなるものばかり。
女性に弄ばれたり負ける展開が好きなややM~Mの人には特に突き刺さります。
それに対して体への責めはあまり実況を挟まず効果音を鳴らす程度に留めてます。

カモネギちゃんねるさんは以前から言葉責めに定評のあるサークルさんなので
今作もそれを駆使して興奮させたり射精へ追い込んでくれます。
淫語やちゅぱ音といった純粋なエロ要素も充実していて抜きやすいです。

悪の女幹部2人が幼児プレイをテーマにした快楽責めでヒーローを骨抜きにする。
ちょっぴりブラックなシチュをとことん甘く明るく描いた濃ゆい作品です。
少しずつダメにされていくエッチ
エッチシーンは7パート84分間。
プレイは手コキ、体を擦り合わせる、キス、水飴の口移し、SEX(正常位、騎乗位)です。
手コキ、体を擦り合わせる、SEXの際に効果音が鳴ります。

もみじ「今からあなたがされちゃうのは最低最悪の幼児退行ドレイン・・・♪」
さくら「人間の尊厳なんてゴミクズのように消し去っちゃう・・・♪」
主人公の今いる場所が深い地下で脱出や救出はほぼ不可能なことを告げると
さくらともみじは彼の左右に密着し、まずは手コキで反抗する気力を奪います。

エッチは終始彼女たちがリードします。
最初の3パート37分間は当初の予定通り彼を無力化するシーン。
手コキ、ママ布団サンド、射精を我慢させながらの手コキとパートごとに違いを持たせ
いずれも1回の射精に向けて色んな言葉責めを繰り出します。

彼女たちは最初の時点で勝利を確信してますから手荒なことは一切しません。
耳元至近距離から甘い言葉を囁き、それと同時におちんちんを後になるほど激しくしごきます。
声も終始あまあまですし敵同士であることを除けば正統派の幼児プレイです。

もみじ「びゅっびゅっびゅぅ~♪ びゅくびゅくぅ~♪ どぴゅ、どぴゅぴゅ~ん♪ くすくす♪ びゅるびゅるぅ~♪」
ほぼ全パートで射精時にぴゅっぴゅのセリフを言ってくれるのがいいですね。
男にとって最も恥ずかしい瞬間を見られ続ける快感を与えるのと同時に
彼がヒーローから赤ちゃんに退行しつつあるのを印象づけてます。

さくら「ぬるぬるの僕ちゃんとママの体をぉ、目一杯擦り合わせちゃいまちゅ♪」
2番目のママ布団サンドはソープランドのローションプレイに近い行為。
2人が彼の前後から抱きしめてぬるぬるの体を擦りつけます。
これまで散々苦しめられてきたことを考えればもっと強引に責めても良いはずです。
それを敢えて避け彼を楽しませるのは彼女たちに一定以上の母性があるからなのでしょう。
この後のシーンも含めて彼を本気で自分の赤ちゃんにしようとする気持ちが随所に窺えます。

続く4パート47分間はそれをストレートに実現させるプレイ。
水飴を口移しで飲ませるスタイルで激しいベロチューを繰り返し
最後はさくら→もみじの順にSEXして幸せな種付け射精を味わわせます。

さくら「ちゅぅ、ぱぁ・・・♪ んふ♪ 舌めいっぱい突き出して♪ 二人でれろんれろん舌絡めてあげりゅ♪」
もみじ「ちゅぷ、ぷぁ♪ んふ♪ 僕の舌を挟んでぇ、こねくりまわしてあげまちゅ♪」
このへんまで来ると主人公が抵抗する描写はほとんどなくなり
一般的な幼児プレイとほぼ同じ流れで進みます。
30分以上もベロチューに時間を割いてるのが特に印象的でした。
手コキも一緒にやりますけどむしゃぶりつくような激しいちゅぱ音のほうがずっとエロいです。

終盤のSEXシーンも敵に自分の遺伝子を提供する背徳感には特に触れず
彼女たちの赤ちゃんになって文字通り心と体がひとつになる快感を前面に押し出します。
特にもみじとのSEXは普段クールな彼女がデレデレな顔を見せるギャップ萌えを意識したプレイです。
声、言葉、プレイ、雰囲気のすべてが甘く、脳がとろけるような感覚を抱きながら射精できました。

このように、悪い女性たちにダメにされる快感を追求したエッチが繰り広げられてます。
徹底的に甘やかす作品
シチュとプレイをほぼ真逆の属性にした特殊な幼児プレイ作品です。

さくらともみじは強大なヒーローパワーと正義の心を持つ主人公を無力化しようと
まずは誰にも邪魔されない場所へ連れていき、そこでとことん甘やかすエッチをします。
そして彼を自分たちの赤ちゃんに見立てて何度も射精させます。

女幹部がママになって敵対する男性と幼児プレイする珍しいシチュ
大ボリュームの赤ちゃん言葉やベロチューなど愛情たっぷりなプレイの数々
2人いる状況を活かした密度の高い言葉責め。
作品が持つ特徴を違和感なく組み合わせたややM~M向けのエッチが楽しめます。

さくら「ん~、最初は遊ぶだけのつもりだったけど・・・これ私のものにする♪」
最初はおもちゃ感覚で彼の相手をしてたのが、次第に情が移り本気で愛し始めるのも面白いです。
悪堕ちや快楽漬けといったややブラックな要素を他の部分で上手く中和してます。

エッチは過去作と同じく言葉責めを中心に据え
そこにキスと手コキを多めに盛り込みエロさを出してます。
個人的には手コキをもう少し減らしてその分をパイズリや授乳手コキに回して欲しかったです。

射精シーンは8回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音多め、喘ぎ声そこそこです。

番外編は5種類の音声です。

CV:さくら…沢野ぽぷらさん もみじ…そらまめ。さん
総時間 2:26:55(本編…2:06:15 番外編…20:40)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2018年11月15日まで20%OFFの960円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。

脳みそとろとろ射精我慢オナサポアプリ 媚びながら執拗に煽りまくる少女の場合

サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、男性をおもちゃにして遊ぶのが大好きな少女が
主人公に変わったオナサポをして悶える姿を楽しみます。

いつ射精できるかわからない状況で我慢し続けるのが最大の魅力で
アプリ形式で5つの難易度を用意し、勃起やオナニーに複数のプレイを設け
さらに毎回違う責めを繰り出しながら焦らしや寸止めを繰り返して暴発を誘います。

今回はハードモード→ヘルモードの順に聴いてのレビューをお送りします。
完全ランダムで射精をコントロール
少女の指示やカウントに合わせてオナニーするお話。

「こんにちはー お兄さん 私を選んでくれたんだね」
少女は甘く可愛い声の女の子。
主人公にオナニーの準備ができてるか確認すると
少し考えた後、おちんちんをどう勃起させるか決めます。

本作品は媚びた態度でエグいことをしてくる彼女が
3つのルールを定めたうえでランダム性が非常に強いオナサポをします。
音声からアプリケーションソフトに作品形式を切り替え、約190個の音声からその都度選んでエッチを組み立てます。
random01
実行ファイルを起動するとこういう画面が表示され
下の開始ボタンの後にイージー、ノーマル、ハード、ヘル、デスからひとつ選んで始めます。
途中でギブアップした場合はソフトを終了させてから再起動すると失敗ボタンが表示されます。
random02
またプレイ開始後はシーンによって上のように画像も変化します。
これをオカズにオナニーすれば射精の我慢がより難しくなるでしょう。

オナサポのルールは至って簡単。
彼女が10カウントダウンを始めたらオナニーに取り掛かり、数が少なくなるほど射精へ追い込みます。
そして0を宣言したら射精、ストップだったら停止するのを繰り返します。

しかしその内容は結構複雑です。
冒頭の勃起シーンは3通り、続くオナニーは4通りのプレイを用意し
さらに毎回カウントの数え方や追い込み方を変えて執拗に揺さぶりをかけます。
私が聴いた時も同じ責め方をすることはほとんどありませんでした。
途中でプレイを小まめに切り替えるなど、次に何をしてくるかまったくわからないので気が抜けません。

販売ページの紹介文に書かれてる通り、難易度によって射精のチャンスが随分変わります。
イージーは50%、デスは1%と確率の幅が広く普通の人から変態まで楽しむことができます。
といってもこれはあくまで目安ですからイージーでなかなか射精できない場合もあります。
そういうところも本作品の面白さではないかなと。
変化に富んだ意地悪なエッチ
エッチの時間は毎回変わるため不明。
プレイはキス、オナニー、パイズリ、SEX(正常位)です。
エッチな効果音はありません。

「女の子の涎の音で 種付けの準備させられちゃってるね 簡単なちんちん」
下半身裸になった主人公におちんちんの根本を持つ指示を出すと
少女はそのままキスしてそこをさらに硬く大きくします。

エッチはルールに沿って彼女が言った通りにオナニーを続けます。
プレイ構成がその都度変わることから、今回は私が聴いた時にどうなったかをレポートします。
皆さんが視聴する時はおそらくこれと違う展開になるでしょう。

最初に聴いたハードモードはおよそ13分間。
4分程度のキスで勃起を促してから本題のカウントダウンオナサポへと進みます。

「じーって私に見られてるのに お構いなしに興奮してるね」
キスシーンはオナニーの前段階ということでおちんちんには軽く触れるだけに留め
粘性高めのちゅぱ音をゆっくり鳴らしながら彼女に見られてることを意識させます。
とりたてて下品に振る舞ったりはしませんけど十分にエロい音でした。
ちなみにここは言葉責めや喘ぎ声を漏らす場合もあります。

続くオナニーは10カウントから始まって1セット目は1まで進んだ後に0.1刻みへと変化して追い込み
2セット目はスピーディーに数えて1で長めのキスをするなどやり方が随分違います。
そして3セット目は1→5→1とジャンプを繰り返す責めをしてました。
サークルさんが過去作でやってきたことの多くを投入してあって本当に多彩です。

私も「お、これはなかなかきつそうだ」と思ってたのですが・・・。
3セット目の最後にあっさり0を宣言されて終了しました。
射精できる可能性は15%程度らしいですから結構運が良かったようです。
時間があまりに短かったせいで射精はできませんでした。

これではさすがにレビューにならないだろうと思い、その直後に挑戦したヘルモードは51分間。
前回と同じくキスで勃起させてから長めの焦らし&寸止めをしてくれました。

「おっぱいの動き 激しくなっちゃったね ちゃんと我慢しないと めっだよ?」
1~2セット目はパイズリ、3~4セット目はSEX
5~6セット目は再びパイズリ、7~8セット目はキスと切り替えが多く
そのたびにセリフを変えてイメージしやすくしています。
これだけ頻繁に変わるなら効果音を鳴らさないのが正解でしょうね。

ハードがあまりに短かったせいで内心舐めてたのですが
今回はヘルの名に相応しいハードなオナサポでした。
カウントの合間に休憩時間をほとんど挟んでこないから後になるほど抑えにくくなります。
音声の時とは違いいつ射精できるかがまったかわらないのも精神的に堪えます。

「おっぱいに捕食されるためのちんちん たーくさんいじめてあげるからね」
だからこそ最後の射精シーンは心身両方が開放される感覚がして気持ちよかったです。
彼女もその時は丁度パイズリをしていて出し切るまで応援してくれました。
50分はB-bishopさんのオナサポだと短いほうですし十分耐えきれると思います。

ドMな方はとりあえずここから始めてデスに移る感じでしょうか。
ハードだと消化不良に終わる可能性があります。

このように、作品のシステムを最大限に活用した意地悪なオナサポが繰り広げられてます。
守備範囲の広い作品
プレイ、展開、属性のすべてがバリエーションに富んでる作品です。

少女はMな主人公を喜ばせつつ自分自身も楽しもうと
5つの難易度を定めていずれも先がまったく読めないオナサポをします。
そしてそれを聴き手にも味わわせようとアプリケーションによるランダムプレイを行います。

数多くの音声を用意し聴くたびに違うプレイをする重厚な作り
勃起シーン、オナニー、カウントいずれも複数パターンから無作為に選ぶ幅広さ
射精のタイミングを完全に伏せたうえで焦らしや寸止めを続ける過酷な展開。
音声形式が持つ弱点をことごとく克服した真新しいオナサポが楽しめます。

この手の作品は別のサークルさんもちらほら制作されてますけど、全体から見ればごくごく僅かです。
そしてオナサポを数多く手がけてきたサークルさんならではの気配りが随所に見られます。
最低でも5回聴ける作りになってますからコスパも値段相応と言えます。

私の場合ハードが短くなってしまいましたが
たぶん次回聴いたらまた違う展開になると思います。
デスモードは下手したら2時間以上続くかもしれませんね・・・。
サークルさんが推奨しないとおっしゃられてますし、ヘルでも十分な歯ごたえがあります。

射精シーンは1回。
淫語とちゅぱ音そこそこ~多め、喘ぎ声ごく僅か~そこそこです(難易度によって変わります)。

ノーマルからドMまで幅広くカバーした高品質な作品です。

CV:分倍河原シホさん
総時間 3:50:19(音声ファイルの合計)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

ドSでビッチな花子さんのシコシコ耐久ゲーム♪[バイノーラル収録]

サークル「ふぇち部」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、女子トイレを住処にしてる幽霊の女の子が
自分の領域に入り込んできた男子生徒にエッチな意地悪をします。

言葉責めを軸に据えながら前半と後半でプレイスタイルを変えてくるのが特徴で
前半は「変態」などのストレートな単語とコキ系のプレイで射精できる態勢まで持っていき
後半は射精を我慢するゲーム形式でエッチなおねだりや複数人プレイをします。
幽霊特有の怖い描写はまったくありませんからM性が高めの人なら誰でも楽しめるでしょう。
ドS幽霊のスリリングな悪戯
トイレの花子さんに責められながら射精を我慢するお話。

「ふーーーっ びっくりした?」
花子さんは明るくてちょっぴり気の強そうな声の女の子。
かくれんぼの最中に女子トイレへ逃げ込んだ主人公に息を吹きかけると
軽くビンタしてから自分のことを話します。

本作品は3番目の女子トイレに住み着いてる彼女が
偶然入ってきた彼をおもちゃにおよそ45分間のエッチを楽しみます。
彼女は幽霊の性質上普通の人には姿を見ることができないそうですが
彼にはその能力があるため人間の男女と同じく普通に肌を触れ合わせて責め続けます。

「女子トイレで勃起って 本当にあなた変態ね」
「ドSでビッチ」の名の通り全体的に言葉責めが質量共に充実してます。
本来なら男性が入ってくるはずのない場所にいる彼を「変態」と露骨に見下し
おちんちんを足で踏みつける、疑似プレイをする、ドアを開けてそこにいた女子生徒に精液をぶっかけさせるなど
Mな人のほうが喜ぶことをガンガン行い興奮を高めます。

ただ声や口調が年齢相応に柔らかいのでどぎつい感じはしません。
自分を見つけてくれた彼に内心感謝してるのか、ある程度のご奉仕色を持たせてリードします。

もうひとつの特徴は前半と後半でプレイが大きく変わること。
最初は正統派の言葉責めとコキ系のプレイを組み合わせてストレートに進め
十分温まった後はシコシコ耐久ゲームに切り替えて彼を限界ギリギリまで追い込みます。

「どう? 私の口の中 メチャクチャにしたいと思わない?」
押し引きのメリハリがはっきりしてるとでも言えばいいのでしょうか
最大の売りである言葉責めの内容もまるで違うため両方を新鮮な気分で聴くことができます。
終盤には幽霊な彼女だからこそできるプレイも登場しますし
処女作とは思えないほど色んな部分に気を配って作られてます。

ドSな幽霊らしいキレのある言葉責めとプレイスタイルの変化。
M~ドMあたりをターゲットにした明るくて意地悪な作品です。
リアルな効果音を駆使したエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる43分間。
プレイは足コキ、手コキ、耳舐め、太ももコキ、オナニー、疑似パイズリ、チンポビンタ、疑似フェラです。
足コキ、手コキ、太ももコキ、疑似パイズリ、チンポビンタの際に効果音が鳴ります。

「こんな嘘つきチンポには お仕置きが必要だねぇ 足で踏んづけてあげる」
会話中に主人公のおちんちんが勃起してるのに気づいた花子さんは
ズボンを脱がせてその具合を確認してから足で軽く踏みつけます。

エッチは終始彼女がリードします。
前半の20分間は正統派のM向けプレイ。
2種類の足コキから始まり手コキ、太ももコキと使用する部位を変えて存分にしごきます。

「マゾじゃない? どこからどう見てもドMでしょ」
彼女は過去にも男性を何度か相手してるらしく、彼の性癖をすぐさま見抜きます。
そしてM男によく突き刺さる類の言葉責めをバンバン浴びせかけて気持ちを盛り上げます。
体への責めもゆっくりペースでパワフルにやっててドSらしいです。
痛みや苦しみを与えるシーンは特にありませんから属性が合えばゾクゾクするでしょう。

ただしスリルを与える描写はそれなりにあります。
2人は女子トイレでエッチしてますから当然プレイ中に他の女子生徒も来ることがあります。
それを踏まえて女子生徒のセリフを時々挟み、彼女たちに見つかるかもしれないことを意識させます。
フィニッシュが「同級生に精液ぶっかけ」となってるのもこの快感を盛り上げるための演出です。

「こうやってぇ パンツの上に足乗せて伸ばすとぉ すっごい糸引いてるー」
それ以外だとプレイごとに専用の効果音を用意してるのが個人的にすごく印象的でした。
例えば上のセリフは足コキの最中に言うものなのですが
これ以前は布を擦るような滑らかな音だったのが、このシーンに入るとカウパー混じりの水音へと変わります。
他にも手コキは筋っぽい上下に往復する水音、太ももコキはややコリコリした弾力のある音といったように
同じコキ系のプレイでも音の質感や動きに明らかな違いが見られます。

本作品は言葉責めをどれだけできるかが鍵になるので
効果音をしっかり鳴らしておけば実況のセリフをある程度減らせてやりやすくなります。
音がリアルなら純粋なエロさも増しますし、色んな意味で効果的に働いてます。

対する後半のメインは射精我慢ゲーム。
彼女が停止の合図を出すまで自分のペースでオナニーを続け
その間彼女は色んな誘惑をかけて射精への欲求を膨らませます。

「ねぇ頂戴? 花子にあなたのいやらしいチンポぶっこんでよ」
自らお尻を突き出して挿入をねだる、指を実際に挟み込んでパイズリする
口を大きく開けておちんちんが触れるかどうかの距離まで近づける、と積極的な色仕掛けをします。
前半に比べれば言葉責めはマイルドになりますが
マンネリ感を出さずに射精まで持っていくにはこれくらい大幅に変えたほうが有効です。
シコシコボイスとかは言いませんので加減に気をつければ我慢はできると思います。

右「2人でいじめられるのはどう?」
左「すっごい興奮するでしょ」
さらに終盤の10分間は彼女が2人に分身して同時責めを始めます。
オリジナルが右、加わった花子さんが左に陣取り色んなプレイを繰り出す密度の高いシーンです。
淫語責めや言葉責めも引き続きガンガンしてきますし
効果音のペースも速めで追い込まれてる感じがよく出てます。

このシーンで面白いのはチンポビンタでしょうね。
「ペシッ」という軽めの打撃音を何度か鳴らしてM心をくすぐります。
玉じゃなく竿に的を絞ってるようですからここもサービスと呼ぶのが妥当です。

このように、様々な特徴を上手に組み合わせた総合力の高いエッチが繰り広げられてます。
バランスがいい作品
心と体をバランスよく責めてくれる作品です。

花子さんはかくれんぼ中に偶然女子トイレへやって来た主人公に悪戯しようと
最初から体を密着させ至近距離から話しかけたり実際に体を弄びます。
そして最初の半分はきつめの言葉責めとコキ系のプレイ
残り半分はゲーム形式による射精の我慢と方向性を変えて少しずつ確実に追い込みます。

硬軟併せ持つ言葉責めをガンガンぶつける作り
リアルな効果音を鳴らしつつ色んな責めを繰り出す展開、幽霊や女子トイレを活かしたプレイと演出。
幽霊=怖いというイメージから完全に脱却した爽快感のあるお話が楽しめます。

「射精した後 立てないくらい気持ちよくイかせてあげるよ」
聴き始めた直後は「確かにドSなビッチだなぁ」とだけ思ってたのですが
後になるにつれて彼女が嬉しそうにこれらをやってる風に映りました。
彼女は特定の人間にしか見えない存在ですからエッチできる機会は相当に限られてるはずです。
しかも女子トイレにいたら男性と触れ合うことなどそうそうありません。

言葉や行動でそうアピールするシーンは特にありませんけど
彼をいじめたくてやってるエッチにしてはサービスがえらく手厚いなと。
悪意をそんなに感じないから雰囲気がカラッとしてて抜きやすくもなってます。

エッチはサークルさん独自の要素が色々と込められていてレベルが高いです。
キャラがしっかりしててその特性を反映できてるし、音の扱いも処女作なのに安定してます。
現時点で2作ほど予告が出てたりと今後の活躍が期待できるサークルさんです。

射精シーンは1回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 47:03

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ