同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ: 同人音声

   ● 騎士団長は俺の孕ませ妻 ~ドスケベボディにやりたい放題~
   ● びしょ濡れ無口系JKと雨らぶバス停えっち【バイノーラル/フォーリーサウンド】
   ● 聖女精飲~白濁の聖慰問~
   ● ゴミマゾお兄ちゃんへ-チクニー奴隷化指示-
   ● 1秒1回コキ縛り 無感情ダークエルフのスローオナニー耐久勝負
   ● 微ヤンデレ少女と純愛共依存同棲
   ● 今月のダブルセフレ係
   ● 街はずれの洋館に住む女主人~ショタ乳首を開発し、性癖を捻じ曲げる~
   ● 【KU100】冒険者ギルドで遊び人のお姉さんたちに逆ナンされて冒険どころではなくなるお話♪
   ● 【中盤まで無料】生意気ナツキはあなたに勝ちたい!! ~挿れただけで勝手にイっちゃう弱くて強気なボーイッシュ~




サークル「甘辛ギネコクラシー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、世界最強の騎士と言われてるかっこいい女性が
立派なおちんちんを持つ絶倫な男性と本気の子作りに励みます。

凛々しい女性がおちんちんの虜になる堕ちっぷりが最大の魅力で
最初は子孫を残す手段としてSEXしてたのが、絶頂を繰り返すうちにだんだんクセになり
終盤になると自分から淫語多めのおねだりをしながらエロくて情けない姿を晒します。
SEXシーンが多いおかげで彼女の乱れる姿をたっぷり楽しめるのもポイントです。
最強の騎士でも勝てないものは…
アルザガルド王国の第一騎士団長リーザと6種類のエッチをするお話。

「…入れ ほう お前が私の子作り相手か よく来たな」
リーザはトーンが低く凛々しい声のお姉さん。
部屋に来た主人公に自己紹介し、彼の呼び名を尋ねると
こうなった経緯を語ってから早速子作りに取り掛かります。

本作品は小さい頃から訓練に明け暮れ現在は最強クラスの実力を持つ彼女が
立派なおちんちんと底なしの精力を持つ彼とおよそ120分に渡ってエッチします。
彼女に結婚願望はありませんが、国王は彼女の子孫を残したいと考えており
国内で適合率の高い者を探した結果彼が選ばれました。
そんなわけで2人がほぼ他人同士の関係なところから物語は始まります。

「私は男になど興味がない そうお伝えしたところ ならばせめて子供だけでも作れときた」
彼のことを「オタク」と呼びながら性愛に興味がないことをはっきり告げ
エッチ開始後は彼に色々教わりながら進める初々しい姿を見せます。
しかしある程度慣れると逆にハマって自分から積極的におちんちんを求めます。

物語の序盤と終盤で彼女がまったく違う姿を見せてくれますから
そのギャップや堕ちっぷりに興奮する人が続出するでしょう。
戦いでは誰にも負けない女性をおちんちんで屈服させる展開にもそそります。
心情や反応の描写にも力を入れてますし、彼女が変わっていく様子を楽しませることを強く意識してます。

エッチについては子作りがテーマなのでSEXを最も重視してます。
エッチシーンのおよそ半分にあたる54分も用意し(もちろん全部中出し)
パートによって体位や彼女の乱れっぷりを変えて堕ちる様子をわかりやすく描きます。
彼女が責めることもありますが、反撃されるとすぐ負けるので主導権はずっと彼が握ります。

「これしきのことで 負けてなるものか 必ずイかせてやるからな」
「負ける また負けてしまう 第一騎士団長たる私が おちんぽに負けてしまう」

彼女が負けず嫌いな性格をしてるからでしょうけど
先にイったほうが負けというルールを定めて勝負することが何度もあります。
始める前は勝つ気満々だったのが、おちんちんに責められるとすぐ弱気になるところがすごく可愛いです。
でも彼女自身はそれを恥じたりせず、むしろ喜ぶ仕草を見せます。

エッチを通じて2人の親密度が上がっていく様子も描いてるので
後になるほど甘さとエロさの両方が増します。
中盤以降は淫語多めのおねだりも積極的にしてきて
彼女が彼を興奮させることに幸せを感じてるのがわかります。
射精シーンが比較的多いことも含めて、18禁音声にとって大事な「抜きやすさ」にも気を配ってます。

凛々しい女騎士団長をおちんちんで負かすシチュとSEXメインの甘くドスケベなエッチ。
キャラとプレイの両方に個性を持たせたノーマル~ややS向けの作品です。
徐々に目覚めていくエッチ
エッチシーンは6パート104分間。
プレイはキス、乳首責め、クンニ、SEX(正常位、騎乗位)、フェラ、パイズリ、耳舐め、〇〇です。
SEX、パイズリの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「というわけでオタク 閨(ねや)に入るぞ 手早く済まそうではないか」
お互いのことを軽く話し終えたところで主人公をベッドへ誘ったリーザは
彼にキスやハグを求められ、少し驚いた様子でそれを受け入れます。

エッチは彼がリードしつつお互いに責め合う形で進めます。
最初の2パート36分間は彼女の魅力を出しつつ2人が仲良くなる様子を描くシーン。
「track1 「子作り初日:落ちレベル1」(約17分)」はキスと正常位SEXで1回
「track2 「子作り二日目:堕ちレベル2」(約19分)」はフェラと騎乗位SEXで2回射精します。

「なに? キスはなるべくいやらしく舌を絡めるのが常識 そ、そうだったのか」
この時点の彼女はエッチに関する知識と経験がほぼない状況。
だから彼が言うことを素直に聞いて実践しながら男の愛し方を学びます。
会った直後にディープキスを求めるあたりはさすがにやり過ぎだと思いますけど
それを一切疑わずやり遂げるところが真面目で可愛く感じました。

国の意向で子作りするため、少なくとも彼女に好意や恋愛感情はありません。
でもエッチという特別な行為を通じて少しずつ変化が表れます。
プレイ中に彼のセリフをオウム返しで言うシーンを適度に挟んであるのも
そのへんをわかりやすくするための演出なのでしょう。

パート後半から始まるSEXは彼女がおまんこを指で開いて見せる恥ずかしいポーズを取り
そこへ彼が自慢のおちんちんを挿入して強さを見せつけます。
挿入前は普段通りかっこよく振る舞ってた彼女が
ピストンに合わせて大きめの喘ぎ声を漏らす姿はギャップがあってエロ可愛いです。

「お、オタクよ 今夜も私に たっぷり種付けしてくれ お前の粘っこいこってりザーメンで 私を孕ませてくれ」
track2は1回エッチした後なので彼女が前回よりも素直になります。
冒頭に淫語交じりの恥ずかしいおねだりをして興奮を煽り
前半のフェラは先っぽにキスする→全体を舐める→しゃぶると三段構えで責め続けます。
やや泡立った音をリズミカルに鳴らしてて彼女なりに喜ばせようとしてるのが伝わってきます。

たぶんSEXで思い切り負けたから彼のことを密かに認めてるのでしょう。
2回目のSEXも果敢に勝負を挑み、あっさり負かされます。
そうやって彼の強さや男らしさに少しずつ惚れ込んでいくわけです。
普通の女性とは違うからこそ、好きになる過程も特殊にして個性を出してます。

中盤の2パート40分間は彼女のデレが一気に強くなります。
「track3 「子作り七日目:堕ちレベル3」(約18分)」はパイズリと正常位SEX
「track4 「子作り十四日目:堕ちレベル4」(約22分)」はフェラと正常位SEXで2回ずつ射精します。

「ば、バカ者 私という者がありながら 自慰をするやつがあるか お前のザーメンはすべて私のもの」
作中では語られてませんが、おそらく3日目から6日目も毎日SEXしてたのでしょう。
序盤で見せた凛々しい姿は随分弱くなり、彼の精液をひたすら求めるメスの顔が強くなります。
彼に言われたちょっぴりエッチな実験の結果を報告するなど
お願いされたことは何でもやろうとする一途なところを見せてくれます。

彼女のデレっぷりを加速させてるのが恋人プレイ。
彼の提案で恋人になりきってエッチするルールを定め
最中は「好き」「愛してる」といった甘い言葉をガンガン言います。


「いいぞ 愛の言葉も囁いてくれ これは恋人プレイだからな あぁ 私も好きだぞ 私もお前が好きだ 愛してる」
彼女の性格を汲み取って助け舟を出してあげたのでしょう。
内心そう思ってても言えなそうだから「恋人プレイなら仕方ない」という口実を作ります。
彼がリードするプレイスタイルが活きるように彼の心情も多少は描いて2人の一体感を出します。
彼女の態度や表情も嬉しそうで親密度がかなり上がってるのをひしひしと感じます。

またtrack4は2人の関係を決定づける要素が加わります。
販売ページにも書いてあるのでズバリ言うと結婚宣言します。
「結婚はしない」と言ってた彼女がそれを受け入れたのは余程の事情があるはずです。
相性が良いから選ばれただけの彼を自分にとってかけがえのない存在と認識してます。

プレイはtrack4の前半に出てくるフェラが一際エロかったです。
track2との違いを出すためにひょっとこフェラを導入し
その最中はバキュームを多めに交えた激しいピストンを披露します。
彼女が順調に開発されてる様子も描かれてて征服欲や独占欲をくすぐってくれます。

終盤の2パート28分間はその後のお話。
「track5 「妊娠三ヶ月:落ちレベルMAX」(約15分)」は騎乗位SEX
「track6 「ファンサイト『オナペット騎士団』用ハメ撮り動画」(約13分)」は
これまでとは違う趣向のプレイで合計3回射精します。
track6はサークルさんの意向を汲み取って完全に伏せさせていただきます。

「あぁ 幸せだ ダーリンの上で腰を振ってるだけで 天にも昇る気持ちになる」
結婚し妊娠までした彼女はもうすっかり彼の虜。
この日も熱いキスや耳舐めをしながら腰をリズミカルに打ちつけて幸せを噛み締めます。
最中のセリフもストレートなものが多く、彼に心を許してるのがわかります。
プレイ自体はそこまで特殊じゃないのでやはり彼女のセリフや反応が魅力かなと。

このように、武骨な女騎士が女の悦びに目覚めていく過程を大事にしたエッチが繰り広げられてます。
変化を楽しむ作品
リーザの心情、セリフ、責めっぷり、乱れっぷりが徐々に変化する流れのある作品です。

リーザは国王に命じられた子作りを無事やり遂げようと
その相手に選ばれた主人公にリードされてまずはエッチのやり方を学びます。
そして中盤以降は彼に対して好意を抱き、彼のために何でもする従順なメスへ生まれ変わります。

戦闘では誰にも負けない実力を持つ女騎士が、おちんちんにあっさり負けて快楽堕ちするシチュ
どのパートも必ずSEXを盛り込み淫語を交えたおねだり、下品でパワフルなちゅぱ音
可愛くて艶めかしい喘ぎ声を随所で繰り出すテーマ性のある充実したエッチ
最初はさばさばしてたのがエッチを通じて少しずつ甘くなり、彼を本気で愛するようになる彼女のキャラ。
エッチをまったく知らない女性をおちんちんで目覚めさせる魅力的な物語が楽しめます。

中でも3番目は序盤と終盤で彼女のセリフや態度が随分違ってて落差が大きいです。
快楽に負けてそうなったところももちろんありますが
おちんちんの逞しさや精力の強さといった男らしさと組み合わせてます。
終盤に彼だけを愛してることがわかる描写がいくつも出てきます。

エッチは彼女が乱れる姿を多めに盛り込んでるので結構エロいです。
喘ぎ声は終盤にオホ声を軽く入れる程度で他は可愛い声を上げてました。
キスシーンや淫語多めのおねだりを適度に挟んできて各要素のバランスが取れてます。

射精シーンは10回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:大山チロルさん
総時間 2:02:27

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「EXcute」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、大人しそうに見えて結構大胆なクラスメイトが
雨の日に偶然会った顔見知りの男子とバス停や自宅でイチャイチャします。

バックで雨音を流しながらゆっくりじっくり愛し合うのが特徴で
序盤はバス停、中盤はお風呂場、終盤は部屋とシーンごとに場所を変え
ちゅぱ音、効果音、環境音を組み合わせてエッチの様子をしっとりした雰囲気で描きます。
雨がくれた温かいプレゼント
クラスメイトの水無月早霧と3種類のエッチをするお話。

「あ、こんにちは うん 傘 持ってきてない」
早霧はややトーンが低く穏やかな声の女の子。
本屋へ行く途中で雨に降られたところを主人公に話しかけられると
一緒の傘に入りお礼を言ってからバス停へ移動します。

本作品は教室や図書室でよく会う程度の関係だった男女が
雨の日に偶然出会い、およそ90分に渡るエッチをして仲良くなります。
彼女は物語の開始時点から彼に一定以上の好意を寄せており
冒頭の相合傘で会話するシーンにもそれが早速出てきます。

「私服 見てみたかった? じゃあ 今度写真撮ってくるね」
休日なのに制服を着てる理由を尋ねられた時は「私服姿を見せてあげる」と言ったり
同じ傘に入ってる状況を見て「恋人みたい」と思わせぶりなことを言うなど
彼女が彼をどう思ってるかがわかるように進めます。

2人とも本が好きなようですからそこに親近感が湧いたのかもしれません。
しゃべり方は淡々としてますが性格は純情で年頃の女の子らしいです。

また雨の日にイチャイチャしてることを表現するために
物語の大部分でリアルな雨音が流れ続けます。
外にいる時はクリアだったのが、自宅に着いた後は若干こもって遠くなるなど
2人がいる場所に応じて鳴らし方を変える凝った演出がされてます。

彼女がセリフを区切りながらゆっくりのんびり話すおかげで
声と音の両方を無理なく聴けるようになってます。
終盤のSEXシーンは会話量を減らしてエッチな音を中心に据えてますし
彼女と一緒にいる雰囲気を味わいながら抜くしっとりした作品です。
キャラ重視の穏やかなエッチ
エッチシーンは6パート69分間。
プレイは耳舐め、キス、手コキ、フェラ、SEX(騎乗位)です。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「私も 我慢するの 無理かも こういうエッチな事 君としたかったから」
バス停に到着し、軽い耳舐めとキスで主人公を興奮させた早霧は
バスが来るまでの時間を使って気持ちいい恩返しをします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の「02_田舎のバス停、雨音と手コキ(約15分)」でするのは手コキ。
左右の手を竿と亀頭に被せてゆっくりペースでしごきます。

「大丈夫 私の両手で すっかり隠してるから もし他の人が来ても 恥ずかしいところは 見えないよ エッチな事してるのは バレちゃうけど」
声や態度は普段通り落ち着いてますがやることは積極的。
彼が寒い思いをせずに済むようおちんちん全体を優しく包み込み
優しい言葉をかけて羞恥心を和らげながら丁寧に責め続けます。

手コキのペースが終始ゆっくりで彼女の口調と合ってました。
でも音自体は割と下品でそれが余計エロく感じます。
雨音を聞きながら公共の場でこっそりエッチする状況も本作品らしさがあって良いです。
彼女と一緒にいる雰囲気を作りながらその魅力を伝える結構重要なパートです。

続く4パート27分間は彼女の家のお風呂場が舞台。
雨で冷えた体を温めようと2人で一緒にシャワーを浴び
そのまま勢いで耳舐め手コキとフェラをして再度の射精に導きます。

「これで もう寒くないよね」
脱衣所で躊躇する彼を見て「手伝おうか?」と尋ねたり
お風呂場へ移動した後は体を密着させて温める大胆なところを見せてくれます。
バス停の時も十分積極的でしたが、誰にも邪魔されない場所だから遠慮しなくなったのかもしれません。
無口だから行動で気持ちを伝えようとするところに愛らしさを感じました。

プレイについては「05_耳舐め手コキ-その1(約8分)」と「07_耳舐め手コキ-その2(約5分)」は耳舐め手コキ
「06_焦らされ舐め(約5分)」「08_じゅぽじゅぽフェラ(約9分)」はフェラと
それぞれを2回ずつ交互に行うスタイルを取ってます。

05と07は左右を切り替えてるだけなのでそこまで変化はありませんが
06はおちんちんを舐めたりしゃぶるスタンダードなフェラ
08は咥え込んだまま吸い多めでパワフルに責めるフェラでギャップがあります。
特に08は射精に直結するパートだからわざとやや下品に振舞ってました。
フィニッシュはしっかり口で受け止め飲んでくれますし、ここも彼女の愛を感じる描写が多いです。

そうやってお互いの心の距離を近づけた後
「09_誰もいない静かな部屋で雨らぶ甘々えっち(約27分)」で体のほうもひとつになります。
彼女が上に跨って腰を打ちつける女性上位のシチュですが
甘いセリフやエロ可愛い喘ぎ声が多いおかげでノーマル向けのプレイになってます。

「好き 好き 好き 大好きぃ」
山場にあたるシーンだからでしょうけど、これまで以上に彼女の心情描写に力を入れてました。
中盤からは熱っぽい吐息、喘ぎ声、キス&耳舐めによるちゅぱ音の割合が上がり
バックで流れる雨音と組み合わさって彼女がすぐそばにいるような感覚が味わえます。
ストレートな愛の言葉も言ってくれますし、満たされながら抜けるプレイに仕上がってます。

このように、2人の親密度に合わせてプレイも濃くなるイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます。
雰囲気の良い作品
雨の日に女の子とエッチする様子を忠実に描いた落ち着いてる作品です。

早霧は以前からある程度の好意を寄せてた主人公に相合傘のお礼をしようと
まずはバス停でゆっくり手コキしながら自分の気持ちを伝えます。
そして自宅に着いた後はより大胆に責めて彼の心をガッチリ掴みます。

好きな人にはとことん尽くす物静かな女の子が、知り合いの男子とエッチで仲良くなるノーマル向けのシチュ
多くのシーンで雨音を流しながらゆっくり愛し合う雰囲気の良いエッチ
無機質な表情で何を思い、感じてるかをストレートに伝える彼女のピュアなキャラ。
静けさや落ち着きを大事にしながら2人の恋愛模様を描きます。

「なんで ここまですると思う? こんなこと 嫌いな人にはしないよ」
中でも3番目はもっと内気な女性かと思いきや、ストレートなセリフが多くて少し驚きました。
エッチも「彼のことが好き」という気持ちを込めてやるので事務的感はありません。
ファーストキスや処女といった大事なものを彼に捧げて惜しみない愛情を注ぎます。
一部では割とパワフルな責めもしますし、M向けの要素がまったくないので誰でも聴けます。

ただし、彼女が彼を好きになった経緯や理由が曖昧になってるところや
バス停でエッチするのがエッチシーンのおよそ22%と控えめなところは気になりました。
前者は2人の関係が「図書室でよく会う」くらいしか書かれてないので
それだけでここまでのエッチをするのはさすがに飛躍してると思います。

例えばエッチの最中にそのへん事情をもう少し語ってくれたら違ったでしょう。
あるいはエッチを通じて彼の魅力を表現するとか。
本作品は抜き系ではなく雰囲気を楽しむタイプなので
そのへんをしっかりさせておいたほうが聴いた時の違和感がなくなり没入できます。

後者はタイトルが「バス停えっち」なら半分くらいの時間は欲しいかなぁと。
今の内容だとバス停エッチは2人がより仲良くなるきっかけ程度の位置づけで
メインはお風呂場や部屋でのプレイになります。

射精シーンは3回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:逢坂成美さん
総時間 1:34:41

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月6日まで30%OFFの616円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「こむらがえり」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、小さな教会を1人で運営してるドスケベなシスターが
教会へ来た信徒や村の男性たちにエッチな手段で愛情を注ぎます。

フェラや精飲といった口を使うプレイに特化してるのが特徴で
シスターの印象とは随分違う下品なちゅぱ音をガンガン鳴らして興奮を煽ったり
吐き出された精液を嬉しそうな表情でゆっくり飲み干して心身両面を満足させます。
上品なシスターの気持ちいい愛に包まれて
シスターが色んな男性にフェラするお話。

「ん どうでしょう? まだ 感じてしまいますか?」
シスターは明るくて穏やかな声のお姉さん。
教会を訪れた男性に早速フェラすると
以前よりもおちんちんが強くなったことを嬉しそうな表情で褒めます。

本作品は2020年7月に発売された人気作「聖女精飲」の続編。
シスターとして多くの人々に愛を与えてる彼女が
男性たちのおちんちんをおよそ100分に渡ってお世話します。

早漏な男性、歪んだ性癖を持つ男性、ホームレスと思しき人々、村の男性たちとパートによって相手を変え
それぞれに合ったプレイをみっちりやって幸せな射精に導きます。
物語が独立してますから今作から聴いてもまったく問題ありません。

「今宵 貴方は生まれ変わるのです 過去の自分を捨て 新しい 健やかなるおちんぽとして」
そして彼女は彼らへ愛の大切さを伝えるために口を使ったご奉仕をします。
おちんちんをわざと「おちんぽ」と呼んで男心をくすぐり
竿やカリを丁寧に舐めて汚れを取る、咥え込んで口をすぼめながらピストンするなど
相手が喜ぶ責め方を選んで下品なちゅぱ音をガンガン鳴らします。

声とプレイのギャップが大きいおかげで彼女のドスケベっぷりが引き立ってます。
でも彼らの悩みとしっかり向き合い、解決しようと頑張る姿はまさにシスターです。
とことん尽くしてくれますから満足感や充足感といった癒しの感覚も得られるでしょう。

精飲やちん嗅ぎといったフェラと関連性の高いプレイに力を入れてるのもポイント。
どちらも特定のパートで十分な時間を割いてじっくり行います。
約20分も精飲だけするパートがあったりしてサークルさんのこだわりを感じました。
口をもごもごする、精液でうがいする、喉を鳴らして飲み込む、その直後にゲップするなど
フェラとは違う種類のちゅぱ音を鳴らして綺麗な女性を汚す快感を与えてくれます。

フェラ特化なんだけどフェラしかしないわけじゃないので単調さはありません。
同じフェラでも人によって責め方を変えてて幅広いプレイに仕上がってます。
この手の作品をいくつも制作されてるサークルさんの持ち味がしっかり出ていて個性的です。
心身両面を満たしてくれるエッチ
エッチシーンは4パート88分間。
プレイはフェラ、精飲、おちんちん/精液の匂いを嗅ぐ、ゲップ、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「たくさん、たくさん おちんぽに愛を与えて下さい 愛を学び、育めば 貴方の思いに、きっと応えてくださいます」
おちんちんをゆっくり舐めながら男性に愛の大切さを説いたシスターは
唾液を十分まぶしたところで咥え込み、今度はピストンフェラで早漏改善を応援します。

エッチはどのパートも彼女が責め続けます。
一番最初の「01.愛の洗礼編(約23分)」は本作品の特徴や彼女の性格がわかりやすく表現されてるパート。
音声開始から3秒後には早速ちゅぱ音が鳴り始め
後になるほど刺激の強い責めを繰り出し射精をギリギリまで我慢させます。

「大丈夫 生まれ変わっても これまで通りたっぷり愛して差し上げますから 変化を恐れてはいけません」
多少意地悪なプレイですけど彼女にS性はないので雰囲気は終始穏やか。
シスターらしく優しい言葉をかけながらスローに責めて暴発しないようにします。
その代わりちゅぱ音はパワフルなものが多くてエロさは高めです。

本当にいきなりエッチを始めるので序盤は会話量を多めにし
中盤以降はちゅぱ音の割合を上げて抜きやすくしてます。
「イチ ニッ」と掛け声を出しながらリズミカルにピストンを続ける姿はなかなか下品です。

射精後に4分ほどかけて精飲するのも本作品の魅力です。
精液に軽く挨拶してから口をもごもごさせたり喉を鳴らします。
おちんちんだけでなく精液も愛するところに慈悲深さを感じました。

次の2パート45分間はニッチなプレイに光を当ててるシーン。
「02.愛の赦し編(約18分)」は精液がたっぷり詰まった瓶を持ってきた男性の目の前で飲んでみせ
「03.愛の慰問編(約27分)」は炊き出しのボランティアをしたついでに
複数の男性たちを順に相手してスッキリさせます。

「少し お恥ずかしいですが どうぞ授けましょう 貴方の罪に赦し与える 祈りのザーメンゲップを」
02パートは精液の匂いを嗅いだり飲む様子に的を絞ってます。
こちらはそれをオカズにオナニーする流れで体を直接責めることは一切ありません。
ほとんどの女性がドン引きしそうなことを嫌な顔ひとつせずやってのけるだけでなく
すべて飲み干し嬉しそうな表情でゲップを漏らして彼の期待に応えます。

彼女自身が匂いフェチで精液好きだからここまでできるのでしょう。
ゲップが出てくるのはこのパートのみで3回程度とかなり抑えられてます。

「おちんぽ はぁ はぁ おちんぽ すんすん すんすん んぅぅ ちんぽ ちんぽ」
それに対して03パートはちん嗅ぎを重点的にやります。
炊き出しに参加してるということはたぶん彼らはホームレスなのでしょう。
汗で蒸れ蒸れなおちんちんを嫌がるどころか積極的に嗅いで興奮を煽ります。
チンカスまみれのおちんちんをしゃぶってもらうことも含めて、シスターを汚すSの快感が味わえます。

最初の9分間はちん嗅ぎに専念し、その後1人ずつフェラして何度も射精させます。
1人目は長めのストロークでゆっくり舐める、2人目はピストンすると責め方を変えてました。
射精後はきっちり精液を飲んでくれますし、本作品に出てくるプレイがほぼ全部網羅されてます。

最後の「04.愛の祈り編(約21分)」は彼女の視点でフェラをお届けするパート。
毎週行ってるエッチな典礼に参加した男性たちを順番に相手します。

「例えばこの方は、とっても逞しいおちんぽをしてらっしゃいます 極太で おくちいっぱいに咥えるのがいつも大変なんですよ」
このパートはバックでちゅぱ音を鳴らしながら彼女が独白するスタイルになっており
おちんちんによって責め方を変えてることや、どんな思いでご奉仕してるかを丁寧に語ります。
例えば1人目は強めの刺激を与えないと感じてくれないのを知ってるので
最初からバキュームを交えたピストンフェラを繰り出します。

精飲もやりますけど心情描写とフェラを中心にしてました。
どんな相手でも心を込めてお世話するところに彼女の温和な性格がよく出てます。
パート前半は常連さん、後半は初めての男性と方向性を変えてます。
ネガティブな描写がまったくなく彼女がこのエッチを楽しんでるのが伝わってきます。

このように、パートによってプレイ構成や責め方を変える温かくて濃厚なエッチが繰り広げられてます。
広く深く掘り下げてる作品
フェラとそれに関する行為を独自の視点で描いてるノーマル~ややS向けの作品です。

シスターは性の悩みを抱えてる男性たちに救いの手を差し伸べようと
終始上品かつ穏やかな物腰で接しながらおちんちんを美味しそうにしゃぶります。
そしてちん嗅ぎや精飲といったマイナーなプレイにも光を当て
さらに彼女の魅力もしっかり引き出して満たされた射精に導きます。

仕事熱心でおちんちんや精液も大好きなシスターがたっぷりフェラするシチュ
フェラは相手によって責め方を変えながら異なるちゅぱ音を鳴らし
ちん嗅ぎや精飲はわざと下品な姿を晒して興奮を掻き立てるギャップを持たせたエッチ
これらすべてを嬉しそうな表情でする彼女の慈愛に満ちたキャラ。
前作の長所を受け継いだうえでエッチな慈善事業をさらに掘り下げてます。

特に2番目はフェラだけをとことんやるのではなく
上品な彼女を下品に見せる要素が充実していてそそります。
でも彼女のフェラによって多くの人が救われてるのも事実です。
やり方は変わってますけどシスターのお仕事をちゃんとこなしてて整合性が取れてます。

ニッチなプレイが含まれてますから多少は人を選ぶでしょうけど
そこを理解して聴く分にはかなり楽しめる作品と言えます。
ちゅぱ音の鳴らし方やセリフの表現方法にこだわってて完成度は高いです。

射精シーンは7回。
ちゅぱ音多め、淫語それなり、喘ぎ声はありません。

EXトラックは4つの音声です。

CV:高梨はなみさん
総時間 3:03:57(本編…1:43:54 EXトラック…1:20:03)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月29日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「ぱーう゛ぁーとすれいぶ」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、声は可愛いけど性格はSな義妹が
Mなお兄ちゃんの乳首をじっくり開発して従順な奴隷にします。

乳首オナニーの指示を丁寧に出しながら心も責めるバランスの良いエッチが行われており
何をするか説明してからプレイに合った掛け声を小まめに出してリズムを取り
その合間に恥ずかしいことをさせたり言葉責めもぶつけて羞恥と興奮を煽ります。
愛情のこもった調教をするのでMな人なら気分よく受け入れられるでしょう。
可愛い妹がする恥ずかしい調教
義妹の月見里(やまなし)マイが乳首開発するお話。

「あれ? お兄ちゃんどうしたの~? もしかしてー、また今日もオナニーの命令されに来たの~?」
マイは明るくて可愛い声の女の子。
オナサポされたくて部屋にやって来た主人公を少し呆れた表情で迎えると
自分の言うことをちゃんと聞くように言ってから準備を始めます。

本作品は両親の再婚に伴い兄妹になった2人が
自宅でおよそ60分に渡るアブノーマルなエッチをして親密度を高めます。
彼は物語の開始前から彼女に何度も調教されてるので
彼女がご主人様、彼はその奴隷の関係が既に出来上がってます。

「今日からお兄ちゃんにはそのお胸についてる乳首さんを使って 乳首オナニー してもらうよ!」
そして今回は新たに乳首オナサポを取り入れます。
おちんちんをいじるシーンはごく僅かで、それ以外はほぼ乳首だけを責める非常に尖った作りです。
絶頂形式も射精ではなくドライオーガズムを採用してました。
未開発者には難度が高いプレイですから、最初はおちんちんも一緒にしごいたほうが気持ちよくなれます。

サークルさんが乳首オナサポをそれなりに研究されてるのか
どのパートもリードが非常に丁寧です。
何をするか教えた後に「コネコネ」「スリスリ」といった掛け声を小まめに出し
さらに終盤はきつめの言葉責めも行って心身をバランスよく盛り上げます。

本作品のテーマは乳首オナサポ+調教なので
乳首オナニーに関する指示だけでなく心への責めも充実してます。
乳首の快感だけだとパワー不足になるから別の手段で補うわけです。
他人に見られたら社会的に死ぬ可能性があるプレイも出てきますし
視聴時の環境にはくれぐれもご注意ください。

「これからは毎日弄りまくって~、超敏感なド変態乳首さんに開発していこうね~」
マイについては明るくて無邪気なキャラに描かれてます。
どうしようもなくMなお兄ちゃんを満足させようと積極的にサービスしたり
羞恥を煽るプレイをいくつも盛り込んで普通の女性相手ではなかなか味わえない快感を与えます。

血は繋がってませんが彼に対する想いは結構強い女性です。
彼女も楽しそうにリードしますからM向け作品の中でも雰囲気は明るい方と言えます。
お互いに性癖が歪んでるからこうなった感じですね。

乳首特化の丁寧なリードと心の責めにも力を入れてるエッチ。
現在人気のあるジャンルに独自要素を盛り込んだMには堪らない作品です。
愛を込めていじめるエッチ
エッチシーンは3パート52分間。
プレイは乳首オナニー、奴隷宣言(アヘ顔、M字開脚)、セリフの復唱、オチンポダンス、ドライ絶頂です。
エッチな効果音はありません。

「じゃあまずは~お兄ちゃんのピンクでかわいい乳輪を 変態さん仕様のドス黒くてとっても感じる乳輪にしていこっか!」
主人公を全裸にし、これから乳首開発することを教えると
マイはとりあえず乳輪を優しくいじらせて体の感度を上げます。

エッチは終始彼女に言われた通りオナニーします。
最初の2パート23分間は乳首絶頂に向けた準備。
「【2】 乳首開発-ぷくぷく敏感乳首作っちゃおう...(約16分)」は色んないじり方を実際に行い
「【3】 チクニー奴隷化宣言-私専用のチクニー奴隷にしてあげる(約7分)」は
体への刺激を一切与えず主従の契約を結んで奴隷の心構えを身に着けます。

最初のパートは本作品の売りであるリードの丁寧さが光ります。
乳輪を指で挟んでこねるところから始まり、乳輪を円を描くようにゆっくり撫でる
人差し指と親指で乳首を摘まんで引っ張る、ぎゅーっと潰す
ここまでやってきたプレイを組み合わせるなど色んなプレイが登場します。

乳首は未開発の人がいじってもくすぐったくなる程度ですから
まずは色んな刺激を与えて気持ちいいと感じるきっかけを作ります。
乳輪はソフトですけど乳首はどのパートも強めのプレイをしてて快感を得やすいです。
でも乳首オナニーでは定番の爪で引っかく動作が入ってないのは意外でした。

「私の声に合わせて指を動かしてね! コネコネ、コネコネ コネコネコネコネ、コネコネコネコネ」
またどのプレイも対応する掛け声を小まめに言ってリズムを取ります。
言葉責めも多少するので完全サポートではありませんけど
普段いじらない人でもスムーズにできるくらいの量と頻度で言ってました。
ちょっとしたアドバイスもするなど親切丁寧でやりやすいです。

「いい感じだよ!お兄ちゃんえらいえらい! そのまま続けていこうね~ スーリスリ、スーリスリ」
言う通りにできたら彼女がちゃんと褒めてくれるのが良いですね。
無理矢理従わせるのではなく、彼が自分から従いたくなるように進めます。
この時点では彼女の声や口調も普段通りでどぎつい感じはしません。
パートの最後で彼に感想を尋ねますし、2人とも楽しめるエッチにすることを目指します。

次の奴隷化宣言パートは前項で説明した「心への責め」に特化してます。
彼にアヘ顔やM字開脚する指示を出して羞恥を煽り
さらに彼女の奴隷になるセリフを復唱させてM心を上手にくすぐります。

ここは乳首をいじらないので完全に調教を見据えた内容です。

最後の「【4】 絶頂-ぐちょぐちょチクニーでおかしくなっちゃえ(約29分)」は
本格的な乳首オナサポと調教でドライイキさせるパート。
彼女の声や態度が普段よりもSっ気を増し、乳首オナニーも刺激を上げて追い込みます。

「ほら豚。口の中にため続けてた唾液を聞き手の掌に出しなさい!」
大部分は普段と同じ可愛い声ですけど
一部でキレのある言葉責めを普段よりもトーンの低い声で言ってくれます。
初めて聴いた時は背筋に電流が走りました。
主従の契約は先ほど済ませたので、妹ではなくご主人様として彼に接します。

乳首オナニーは唾液を積極的に使うのがポイントです。
口で唾液を溜めてから手にまぶしてぬめりを良くし
それから胸や乳首に塗りたくってローション代わりにします。
途中で継ぎ足す指示が数回出ていて実際にやること強く意識してました。
衛生面や肌荒れが気になる人はローションを使えばほぼ同じ感覚でプレイできます。

責め方は手のひらを乳頭につけてこねる、乳首と乳輪を同時に撫でる
人差し指でスリスリする、指を置いたままブルブル震わせて振動を与えるなど
最初のパートとはできるだけ被らないようにやってました。
言葉責め、恥ずかしいポーズ、復唱も加わりますし手広く構えてじっくり盛り上げます。

「ほらほら、発情豚みたいに激しく腰振ってオチンポダンスしなさい!」
体勢を変える指示が何度か出ますから体力をある程度消耗すると思います。
膝立ちのまま腰を振っておちんちんをブルンブルンさせる珍しいプレイもあって面白いです。
完全に乳首へ寄せるのではなく、使えるものを全部投入して羞恥と興奮を与えてくれます。

絶頂は長めのカウントに合わせて行います。
ほんの少しですが催眠暗示っぽいセリフも出てきました。
私は催眠音声慣れしてるのでドライできませんでしたが
おちんちんオナニーもやりながら聴けば十分イけるパワーを持ってます。

このように、乳首オナサポを中心に据えてそれ以外の責めも繰り出す手厚いエッチが繰り広げられてます。
快感と羞恥に酔える作品
一般的な乳首オナサポにはない要素を加えて厚みと深みを出してる作品です。

マイは血は繋がってないけど毎日のように仲良くしてる主人公を立派な乳首奴隷にしようと
まずは乳首オナニーのやり方を教えたり、奴隷としての心構えを身に着けさせて準備を整えます。
そしてその後は乳首オナサポしながらややきつい言葉責めをして興奮を煽り
さらに恥ずかしい行為や復唱も盛り込んで全身で気持ちよくなれるようにします。

可愛くてSっ気もある義妹がドMなお兄ちゃんの乳首を開発するシチュ
乳首オナニーする時間を長く取り、掛け声を出しながら丁寧にリードする尖ったエッチ
調教の要素もそれなりに盛り込んで心を上手に責める独自のアプローチ。
乳首オナサポをしっかりやったうえで調教される快感も味わえるように組み立ててます。

中でも2番目は「処女作だからどうかなー」と思ってたら良い方向に期待を裏切られて驚きました。
何をするかの説明を丁寧にしますし、掛け声も小まめに出してペースを教えます。
いじり方の種類も結構多くて他では見たことがないものも含まれてました。

種類を少し減らして個々のいじる時間を延ばしたほうがバランスがもっと良くなりそうですけど
まだ1作目ですからサークルさんが色々やってみようと思われたのかもしれません。
現時点で土台はほぼ出来上がってるので、今後も制作を続ければより良い作品が生まれる可能性は十分にあります。
刺激の強いプレイが多いことから乳首開発済みの人でも楽しめると思います。

絶頂シーンは1回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:柚木つばめさん
総時間 59:44

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月13日まで30%OFFの616円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「シルトクレーテ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、森の中で人間を奴隷として飼ってるクールなダークエルフが
偶然迷い込んできた男性に焦らし特化のオナサポをします。

最初から最後まで1秒1コキのペースでしごき続けるのが最大の特徴で
耳舐め、キス、疑似フェラでちゅぱ音を鳴らして誘惑したり
1秒1コキよりもずっと速いペースでシコシコボイスを言ってルール違反を誘うなど
体への刺激を固定したうえで心を色んな手段で責めて負けへ追い込みます。
簡単そうに見えて難しいオナニー
ダークエルフの指示に従ってオナニーするお話。

「こんばんは どうしたんですか? 人間がこんなところへ」
ダークエルフは淡々と話す穏やかな声の女性。
自分たちが住む森の中で主人公を発見し声をかけると
これからするエッチな勝負に勝ったら見逃してあげると言います。

本作品は声も態度もクールなダークエルフが
何らかの理由で村の近くを徘徊してた彼にエッチなゲームを持ち掛けます。
彼女たちは人間を家畜同然の存在と見下しており
通常は見つけたらすぐさま捕まえて性奴隷に調教するそうです。
しかし彼女は変わり者なのでそうする前に1回だけチャンスを与えます。

「今からあなたには この場でオナニーをしてもらいます その際 1秒に1回というペースを最後まで保つことができたら勝ち 我慢できず 途中で勝手に手を速く動かしたら負け、という たったこれだけのルールです」
ルールは至って簡単。
最初から最後まで1秒1コキのペースでおちんちんをしごき続け
彼女が許可を出すまで射精を我慢出来たら勝ちです。
オナニー中はもちろん、射精の直前や出してる最中もこのペースを維持しなければなりません。

通常のオナサポ作品に比べて体への刺激が弱いので
早漏な人でもない限り途中で暴発する可能性は低いです。
しかしもっと速くしごきたい、より強い快感が欲しいというもどかしさが湧いてきます。
彼女も彼がそう感じるだろうと予測してペースを崩しにかかります。

ちなみにしごく速度は聴き手が自分で管理するため
序盤以外は1秒1コキのペースでシコシコボイスが流れることはありません。
その代わりちゅぱ音を鳴らしたりオナサポではお馴染みの要素を使って揺さぶりをかけます。

たぶんこの作品はオナサポをよく聴いてる人ほどクリアが困難です。
理由は後で説明しますが心へのアプローチに力を入れてます。

「負けますか? 負けを認めれば 射精 させてあげてもいいんですよ」
彼女については知的な女性と呼ぶのがピッタリなキャラです。
彼に負けを認めさせてから村へ連れて行く展開や
プレイ中も終始落ち着いた態度で彼の姿や反応を眺めるところにそれが出てます。

罵倒にあたるセリフもほとんどありませんし
囁き声で話すシーンが結構あるので割と穏やかな空気が漂ってます。
「普通にやれば絶対勝てる」という自信があるからこうするのでしょう。
愛情は皆無ですけど事務的感も特になく淡々とリードします。
焦らし特化の意地悪なエッチ
エッチシーンは6パート68分間。
プレイはオナニー、耳舐め、キス、シコシコボイス、疑似フェラ、カウントです。
エッチな効果音はありません。

「よろしいでしょうか では まずはペニスの勃起ですね」
4分程度の雑談でオナサポのルールや勝敗条件を説明すると
ダークエルフはひとまず自由におちんちんをしごかせ
それと同時に耳舐めして勃起を促します。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
最初の「2_本編(約60分)」は勃起から射精寸前までを行うメインパート。
シコシコボイスで1秒1コキのペースを軽く教えた後に
序盤の24分間は耳舐めやキスでストレートに興奮させます。

「気持ちよさそうにとろけた 恥ずかしい顔ですね 粘膜の接触は本能を直接刺激しますから 快楽を感じるのは当然です」
エッチ開始後も彼女の態度は至ってクール。
おちんちんを見せてオナニーしてる姿をほぼ無表情で眺めながら
左右の耳や唇に口を寄せて割と上品なちゅぱ音をゆっくりペースで鳴らします。
そしてその合間に速くしごけばもっと気持ちよくなれることを教えて負けへ誘導します。

人間を見下してるからもっと手厳しいことをするのかと思いきや、キスまでするのは意外でした。
ただし勝ちに対する執着心は強く、そのためには手段を選ばない狡猾さが見られます。
序盤から本気を出したらつまらないのでわざと抑えてるように映りました。

ちなみに本作品のエッチは休憩時間がほとんどありません。
プレイを切り替える際に1分程度休むのを数回する程度です。
1秒1コキを固定してる時点で体への刺激は上げられませんから、そのハンデをしごく時間の長さで補います。

中盤の13分間はオナサポならではの面白いプレイが登場します。
1秒2コキ~3コキのペースでシコシコボイスを流し
さらに負けを誘うソフトな言葉責めもして心を上手に突き崩します。


「勘違いしないようにしてくださいね 1秒に2回 3回とペースを狂わせるように意地悪な声を流す、という意味です」
オナサポ作品をよく聴いてる人はその自覚がなかったとしても
「シコシコボイスの速度に合わせておちんちんをしごく」という習慣が身に着いてます。
だから1秒1コキ以外のペースで流されるとどうしてもそれに合わせたくなります。
オナサポの特徴を逆手に取った面白いプレイです。

1秒1コキでしごき始めてから2分後にシコシコボイスがなくなったので
「そのまま流し続けたほうがやりやすいのに」と思ってました。
でもここを聴けばこれをするために敢えて流さなかったと見ることができます。
オナサポを数多く制作されてるサークルさんだからこそこういう発想を思いついたのでしょう。

終盤の23分間は寸止めが加わります。
カウントダウンをして0になったら射精するルールを定め
何度も数えながら直前でストップをかけて出したくても出せない状況を維持します。

「ずりずりと乱暴に擦ったら 頭が真っ白になる気持ちよさでしょうね」
彼女が言う通り60分近く焦らし続けてから出せば相当に気持ちいいでしょう。
でも一時の快楽に負けたらダークエルフの奴隷になって一生を棒に振ります。
彼の心理を見抜いたうえで負け射精へ追い込もうとするなかなか意地悪なプレイです。
疑似フェラや耳舐めも投入しますから純粋なエロさもそれなりにあります。

残りの5パート8分間は勝敗を決めるシーン。
勝利、敗北、ギブアップ、ルール違反、暴発と5つのルートが存在し
聴き手がどの道を選んだかによって聴くパートを選択します。
彼女の性格に合わせてどれもあっさり済ませてました。

このように、1秒1コキのルールは固定しそれ以外で変化をつけるM向けのエッチが繰り広げられてます。
たっぷり焦らしてくれる作品
激しくしごくのとは正反対のやり方で悶えさせる個性的な作品です。

ダークエルフは自分たちの村の近くまでやって来た主人公をおもちゃにして楽しもうと
ゲーム形式でのオナサポを提案し、最初から最後まで1秒1コキのペースでゆっくりしごかせます。
そして序盤はちゅぱ音、中盤はシコシコボイス、終盤はカウントと
色んな手段で揺さぶりながら負けを誘うセリフを投げかけて気持ちいい敗北へ追い込みます。

クールで知的なダークエルフがスローなオナサポでとことん焦らすM向けのシチュ
体への刺激は固定して心への責めをシーンごとに変える割と多彩なエッチ
彼が自分の意志で負けたくなるようにそそのかす彼女の巧みなリード。
より強い快感を求める男の心理を的確に突いた面白い作品に仕上がってます。

中でも2番目は中盤で出てくるシコシコボイスがすごく印象的でした。
通常とは真逆の使い方でギブアップしやすくしてます。
終盤のカウントも焦らしまくった後に寸止めするえげつないプレイですし
M度の高い人のほうが楽しめる要素が充実してます。
心の強さが試される作品だなと。

彼女のキャラや言葉責めはソフトな部類なので責め方が一番の魅力です。
60分以上もあれば1秒1コキのペースでも普通に射精できます。

射精シーンは4回(1視聴あたりの回数は1回)。
淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:みもりあいのさん
総時間 1:17:54

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月4日まで10%OFFの1089円で販売されてます。



サークル「アゲハ蝶」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、主人公のことを深く愛してる女の子が
家で色んなエッチをしてさらに親睦を深めます。

Mな彼の欲望を満たしつつあまあまなエッチをするのが特徴で
亀頭を集中攻撃しながら寸止めしたりニーソをおちんちんに被せて責めながら
キスを多めに挟む、甘い言葉を囁くといった愛を感じる行為もガンガンやって幸せな射精に導きます。
ヤンデレ成分はかなり低いですから純愛ストーリーが好きな人ほど満足できるでしょう。
同棲少女はちょっぴりヤンデレ
伊月 愛菜と自宅でイチャイチャするお話。

「お兄さん ただいまです」
愛菜は丁寧語で話す甘い声の女の子。
帰宅して主人公にちゃんとお留守番できたか尋ねると
遅くなったことを謝ってからあるものを見せます。

本作品は元々同じマンションに住んでて現在同棲中の男女が
およそ130分に渡ってエッチしたり物語の読み聞かせをします。
微ヤンデレ少女に純愛監禁される音声」という作品の続編にあたりますが
(↑DLsiteへのリンクです。レビューはまだありません)
単体でも楽しめるシナリオになってます。

「はい これ お兄さん わかりますか? はい 2人分の 結婚指輪です」
最大の特徴は彼女の溺愛っぷり。
帰宅した直後に彼へ買ってきた結婚指輪を見せ
さらに自宅でささやかな結婚式を挙げて永遠の愛を誓います。
エッチも彼のことを第一に考えながら責めるので非常に甘いです。

育った環境のせいか道徳意識や倫理観が普通の人とややズレており
一部で「ちと重いかなぁ」と感じる描写はあります。
でも一般的なヤンデレキャラみたいに自分の考えを押し付けることはほとんどなく
彼のためにとことん尽くして幸せな日々をプレゼントします。

冒頭の結婚シーンで彼があっさり受け入れてるところを見ると
既に2人が相思相愛の関係になってることがわかります。
SEXの直前にこうなったいきさつも話してくれますから
彼女がどんな性格で彼をいかに深く愛してるかが徐々に伝わってくるでしょう。

エッチについては彼が女性に意地悪されるのが好きな性癖なので
序盤から中盤にかけてはM向けのプレイ、終盤は甘めのプレイとシーンによって方向性を変えます。
亀頭責めや寸止めといった体への刺激を強くしてるだけで罵倒は一切しません。
キスシーンを多めにして愛情表現の一種なのだとわかりやすくアピールします。
変態なところも受け入れ満たしてくれるあたりに彼女の一途さが強く出てます。
心を込めて責めるエッチ
エッチシーンは4パート63分間。
プレイはキス、手コキ、亀頭責め、拘束、オナホコキ、耳舐め、ニーソコキ、嘘喘ぎ、エロ漫画の朗読、SEX(対面座位)です。
手コキ、亀頭責め、オナホコキ、ニーソコキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「私 お兄さんにだったら いつどのタイミングで興奮されても 嫌じゃありません」
結婚式の最後に主人公と誓いのキスをした愛菜は
おちんちんが元気になってるのを見てそのままお世話を始めます。

エッチは彼女がリードしつつ一部で責め合います。
最初の3パート48分間は彼女の性格や彼の性癖を強調しながら愛し合うシーン。
「02-誓いのキス手コキ(約17分)」はキス+寸止め手コキ
「03-拘束オナホコキ(約17分)」は体を拘束した状態で耳舐め+オナホコキ
「04-ニーソまんこコキ(約14分)」はキス+ニーソコキで1回ずつ射精させます。

「誓いのキスも まだですよ んーっ」
02パートは結婚の儀式も兼ねてるプレイなのでキスを一際多くやります。
序盤から舌を絡めるディープなちゅぱ音を鳴らし
おちんちんは竿→亀頭→竿と責める部位を切り替えてギリギリまで我慢させます。

後になるほどセリフを減らしてキスの割合を上げるなど
2人が幸せに浸りながらイチャイチャしてるのが伝わるように進めます。
寸止めは軽くやる程度でそんなにどぎついものではありません。
年下の女性に主導権を握られ射精も管理されるM向けのリードで彼を喜ばせます。

「どうせだったら 普通にするよりも お兄さんの興奮をより高められる形でしたほうが お兄さんにも喜んでもらえるなって」
03パートは最もヤンデレらしい内容ですがイメージプレイの意味合いが強いです。
彼を興奮させるために拘束を取り入れてることを最初にはっきり告げてから
徐々にペースを上げる流れで締め付けの強いオナホをしごきます。

体への責めがややハードになるからこそ、セリフを囁き声にして柔らかさを出してました。
射精させた後にやりすぎてなかったか彼に確認しますし
彼女の欲望を満たすよりも彼を満足させることを優先してます。
耳舐めも外側をゆっくり舐める感じでソフトな部類でした。

04パートは本作品というよりはアゲハ蝶さんの作品全体に言える特徴です。
学校から帰ってくるまで穿き続けてた蒸れ蒸れのニーソを目の前で脱ぎ
穴の部分でおちんちんを包み込むオナホに近い使い方をします。

「足でしごく時は外側の生地ですが 今は 私の足を直接包み込んでいた 内側の生地が たっぷりお兄さんのおちんちんに絡みついてるんです」
ニーソを穿いたまま足で擦らないところにこだわりを感じました。
おちんちんを足蹴にするのではなく、自分のエキスが染みついたものでしごいて愛情を示します。
一部で喘いでみせてSEXしてる雰囲気を出すのもそのためです。

効果音にもう少しざらつきがあるほうがリアルになると思いますが
前の2パートとは違う形で彼女の魅力を表現してます。
ニーソを精液で汚す展開もなかなか良いなと。

一番最後の「05-純愛共依存セックス(約15分)」でするのはもちろんSEX。
彼が持ってたエロ漫画の朗読を軽くしてから対面座位で繋がります。
ちなみにここは時間が31分ほどありますけど、前半は2人の馴れ初めや彼女の今の気持ちを語ります。
そこはエッチしませんからSEXは後半部分のみになります。

「こうやって 2人抱き合ってキスしながら 愛し合ってSEXするの 堪らないんですよね」
エッチの最後を飾るシーンなのでM向けの要素はほぼなくなり
向かい合ってキスしながらお互いに責め合う愛情深いプレイが楽しめます。
ピストンも「ぱつん」という乾燥した音をリズミカルに鳴らしててなかなかリアルです。
セリフやキスを優先してる関係で喘ぎ声はほとんど漏らさず割と落ち着いてました。
最後はきっちり中出しを決めますし、2人の心と体がひとつになったことをストレートに伝えます。

純粋なエロさは02~04パートのほうが上ですけど
事前に背景を語ってから本番に臨む展開のおかげで胸のあたりがぽかぽかします。
精神的に満たされた状態で射精できますから余韻は長く、後味は良くなります。

このように、彼のM性癖を汲み取ったうえで溺愛するややアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
ややM向けの純愛作品
やや歪んだ部分を持つ男女の愛情模様を丁寧に描いた風変わりなイチャラブ作品です。

愛菜は自分が心底惚れた主人公に幸せな日々を送ってもらおうと
衣食住といった身の回りのお世話をすべてこなしながらおちんちんも気持ちよくします。
そして彼に喜んでもらえるようにわざと意地悪し
それと同時にキスを小まめに挟んだり甘いセリフを囁いて愛情を注ぎます。

好きになった相手にはとことん尽くす女の子が
仕事を頑張りすぎて壊れそうになった男性へたっぷりご奉仕する甘めのシチュ
心は甘く、体はやや意地悪に責めて2人とも満足させる独特なエッチ。
王道の純愛作品とは違う部分を持たせて彼女の想いの強さを表現します。

私は前作を聴いてないのでどれくらいヤンデレなのかが気になってました。
実際は拘束するシーンが1パートあるだけですし
彼の同意を得たうえでやるマイルドなものです。
見下したり突き放すセリフも一切なくサービスとしてやってるのがよくわかります。

エロさがもうちょっと欲しいかなぁとは思いますけど
キャラが立ってるし心情描写もしっかりしてて没入感は高いです。
ドスケベな作品じゃないことを理解して聴けばかなり楽しめると言えます。

エッチの後に30分ほどの読み聞かせパート(非エロ)があるのも良いですね。
「幸福な王子」というオスカー・ワイルドの子供向け小説で
タイトルにもなってる幸福な王子とツバメの心温まる物語です。
有名な作品なので知ってる方も結構いるんじゃないでしょうか。

射精シーンは4回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

女の子に優しくいじめてもらうのが好きな人には特におすすめします。

CV:一之瀬りとさん
総時間 2:15:38

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月29日まで10%OFFの1089円で販売されてます。
前作も4月28日まで40%OFFの660円で販売されてます。



サークル「しゃーぷ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ほぼ正反対の性格をしてる2人のJKが
学校でただ1人の男子生徒へ交互に、あるいは同時にエッチなご奉仕をします。

片方は彼を見下したり呆れるセリフを言いながら一生懸命責める
もう片方はストレートに甘やかす、といった具合に
2人の魅力をわかりやすく表現しながら何度も射精させるキャラ&抜き重視の作りになってます。
温かいJKと冷たいJK
セフレ係の茅野さん(挿し絵右)、佐倉さん(挿し絵左)と6種類のエッチをするお話。

「あなたが お相手の男子ですか? 今月のセフレ係になった茅野です。よろしくお願いします。」
茅野さんは淡々と話すクールな声の女の子。
「あっ、いたいた~♪ 楽しみにしてた? こんにちは、わたし、今月のセフレ係の佐倉だよ♪」
佐倉さんは明るくて甘い声の女の子。
主人公に挨拶し早速左右から密着すると、彼女たちが担当してるセフレ係が何か教えます。

本作品は今年から共学になり今は男子生徒が1人しかいない学校を舞台に
今月のセフレ係になった2人がおよそ90分に渡って色んなエッチをします。
セフレ係で精液を搾り取ると成績が上がるシステムになってるらしく
2人とも序盤から積極的に耳とおちんちんを責め続けます。

佐倉「あなたが興奮できるように頑張るから♪」
茅野「ずいぶんと欲張りな方ですね、さては都合よくなんでもしてもらえると思っていましたか?」
しかしエッチするにあたって2人はほぼ正反対の態度を取ります。
佐倉さんは実の弟を甘やかすように優しく接するのに対し
茅野さんは終始クールな声で見下す姿勢を見せます。

特に茅野さんは「毒舌JK」と呼ばれてるだけあって言うことが割と容赦ないです。

ただし、ドSキャラのように手厳しいことをするわけではありません。
嫌そうな表情を見せながらしっかりお世話する面倒見のいい女性に描かれてます。
物語の終盤は佐倉さんよりも踏み込んだことをしますし
言葉に出さないだけで多少は彼に好意を抱いてるように受け取れます。
事務的そうに見えてそうじゃないのが彼女の魅力です。

プレイは耳舐め、手コキ、SEXといったノーマル向けのものばかりですから
私はややM~ややSがメインターゲットになると見てます。
興味が湧いたら誰でも聴けるあたりに調整されてて守備範囲が広いです。

エッチについては最大の売りである2人のキャラが活きるように
序盤は一対一だったのが中盤以降は3Pへと変わります。
一部のシーンはわざと展開を同じにしてあって性格の違いがすごくわかりやすいです。
佐倉さんのあまあまなキャラと茅野さんのクールなキャラのギャップが引き立ってます。

抜き性能についても複数人プレイ作品を数多く制作されてるサークルさんなだけあって高めです。
片方がおちんちんを責めてる時はもう片方が耳舐めでサポートしますし
どのパートも会話量を多めにして方向性の違う言葉責めをガンガンします。

耳舐めの時間はそこまで長くないですけど
耳の外をちゅぱちゅぱ舐めたり吸うお馴染みの音ではなく
耳の内側をジョリジョリ擦る感じの独特な音を鳴らしてました。
効果音も挿入とピストンで大きく違ったりと、音に対するこだわりも見られます。
一生懸命お世話するエッチ
エッチシーンは6パート77分間。
プレイはキス、耳舐め、ハンカチコキ、手コキ、オナホコキ、SEX(正常位)、フェラです。
ハンカチコキ、手コキ、オナホコキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「あなたの膝の上、跨っても良いですか? 近くでわたしの身体を感じれた方が…興奮するんじゃないですか?」
最初から2人同時にエッチするのは恥ずかしいので主人公に相手を選んでもらうと
指名された茅野さんは彼の上に跨り熱いキスをします。

エッチは彼女たちがリードしつつ一部で攻守を入れ替えます。
最初の2パート30分間は2人の魅力や違いをわかりやすく表現してるシーン。
「02茅野の冷ややかハンカチ越し手コキ(約16分)」は茅野さんが
「03佐倉の優しい甘やかし手コキ(約14分)」は佐倉さんがキスと手コキをします。

「女の子の匂い、ですか? シンプルに気持ち悪いですね…ただのシャンプーですから」
「セフレ係になったのは成績が理由ですが…まあ、性犯罪者を減らす世直しだと思えば悪くないですね」

茅野さんは学校初の男子を警戒してるのか序盤からきつめの言葉責めをします。
ハグしてる時に良い匂いがすることを言われて「気持ち悪い」と言ったり
彼を性犯罪者予備軍に指定するなどストレートな表現が多いです。
クールな声や淡々とした口調も相まって事務的キャラに映ります。

しかしやってることは結構手厚いです。
パート序盤でするキスは舌を絡めるディープなやつだし
自分から制服の上を脱ぎブラを見せつけて彼を上手に興奮させます。
成績が絡んでることを加味してもサービス精神旺盛なほうと言えます。

手コキはどちらのパートも精液を回収する必要があるのでゴム越しにやります。
最初はゆっくり、終盤だけハイペースでしごいて無理なく追い込んでました。
セリフ以外は割と甘い責め方をしますからM度が低い人でも聴きやすく感じると思います。

「あ~、皮被ってる、可愛い♪ ちゃんとムキムキしてあげるからね~♪」
それに対して佐倉さんは甘やかし上手なお姉ちゃんキャラ。
セフレ係の仕事で相手する彼に嬉しそうな表情で話しかけます。
こちらを受け入れたり全肯定するセリフが多いので雰囲気も非常に甘いです。
茅野さんの次に佐倉さんのパートを置いて2人を上手く対比させてます。

ちなみに本作品は手コキする02~03パートと
SEXする05~06パートはほぼ同じ展開とプレイ構成にしてます。
でもセリフが大きく違うおかげで聴いた時の印象もガラリと変わります。
こういう演出からもサークルさんがキャラを大事にされてることがわかります。

次の4パート47分間は3P。
「04左右耳舐めダブルオナホコキ(約12分)」は両耳舐め+オナホコキ
「05甘やかし誘惑イチャラブセックス(約11分)」は佐倉さんとのSEX+茅野さんの耳舐め
「06茅野と事務的わからせナマハメセックス(約11分)」は茅野さんとのSEX+佐倉さんの耳舐め
「07事後おちんぽ交互お掃除フェラ(約13分)」はお掃除フェラと通常のフェラで合計4回射精させます。

茅野「彼女でもなんでもない子に…耳なめされてすぐ興奮しちゃうんですね。男子というのは…」
佐倉「そんなことないよね? わたしたちのこと気に入ってくれてるんだよ♪」
そしてここからは2人が掛け合うシーンが一気に増えます。
彼を否定的な目で見る茅野さんを佐倉さんがたしなめるなど、2人の性格の差を活かしたものが多いです。
佐倉さんに多少は感化されたのか、茅野さんの態度が徐々に柔らかくなります。

それをわかりやすく物語ってるのがSEXシーン。
最初の佐倉さんはゴム有り、次の茅野さんはゴム無しと大事な部分で違いを持たせます。

茅野「んっ… サイアク…あなたのおちんぽが入ってくる感触…気持ち悪いです」
セリフのほうは相変わらず冷たいですけど、普段よりも吐息が明らかに熱っぽいですし
喘ぎ声を軽く漏らした時に「感じてない」と否定する可愛いところも見せてくれます。
中出し射精する時は同時にキスする、事後に彼の性欲の強さを心配するなど
彼に対してマイナスの感情を持ってないことを匂わせる描写がいくつも出てきます。

この学校は去年まで女子校でしたから、茅野さんも男をよく知らなかったのだと思います。
でも実際に肌を重ねた結果そんなに悪いものではないと認識を改めたのでしょう。
言うことが相変わらず冷たいのは照れ隠ししてるのかもしれません。
言葉と行為に大きなギャップがあって魅力的に描かれてます。

もちろん佐倉さんも甘やかし上手で違う魅力を持ってます。
2人が同じくらい活躍するようにエッチを組み立ててあって聴き比べる楽しさがあります。

このように、おちんちんをしっかり責めつつ他の部分にも力を入れてる穏やかなエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の濃い作品
複数人プレイの要所を押さえたうえでキャラにも光を当ててる優れた作品です。

佐倉さんと茅野さんは主人公が女子生徒だらけの校内で問題を起こさないように
おちんちんを責めながらそれぞれの個性を活かした言葉責めもしてスッキリさせます。
そして中盤以降は3Pに切り替えて掛け合いを挟みつつ協力して上手に責めます。

甘やかし上手なJKとクールなJKが個別に、あるいは同時に童貞男子を責めるシチュ
彼女たちをほぼ正反対の性格にしてセリフに大きな違いを持たせたキャラ重視の演出
耳、唇、おちんちんを同時に責めてエッチな声や音をガンガン鳴らす複数人プレイ。
キャラ、セリフ、プレイ構成、音など色んな要素にこだわって作られてます。

中でも2番目はバランス感覚に気を配ってあってすごく良いです。
茅野さんは順当にいけば事務的なドSキャラになるのに
実際はセリフがきついけど責めっぷりは優しい女性にして聴きやすくしてます。
物語の終盤は佐倉さん以上に手厚いサービスをするなど、心情変化がプレイを通じて伝わってきます。

佐倉さんは最初から最後まであまあまなキャラを通すので
私は茅野さんのほうが深みのある女性に映りました。
嫌がったり無理矢理責めることもなく、彼のために尽くす姿勢でリードします。
彼女をわからせるシーンもあったりと男が喜びそうな素材が充実してます。

射精シーンは6回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
キャラ作りがしっかりしてる複数人プレイ作品が好きな人には特におすすめします。

CV:佐倉さん…逢坂成美さん 茅野さん…思ちぽさん
総時間 1:35:27

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月22日まで15%OFFの1122円で販売されてます。



サークル「えるしすラバー♪」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大きな屋敷に1人で住んでる妖艶なお姉さんが
偶然そこにやって来た少年におちんちんとは違う快楽を教えます。

乳首開発しながらおちんちんも同時に責めるのが特徴で
どのパートもご褒美を用意して彼のやる気を高めてから
前半は比較的ソフトなプレイで感度を上げ、後半は強めにいじって気持ちいい射精に追い込みます。
無理矢理感を出さずに進めますから、悪いお姉さんに弄ばれる快感を楽しみながら抜けるでしょう。

絆創膏とローションを事前に用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
無垢な少年を立派な乳首マゾに
雨森 瑞樹(あめもり みずき)に乳首を開発されるお話。

「あら…君、そんなにズブ濡れで、どうしたの?」
瑞樹は穏やかで色っぽい声のお姉さん。
とある雨の日、自分の屋敷で雨宿りしてた主人公を見つけて声をかけると
とりあえず中へ入れてからタオルを取りに行きます。

本作品は裕福な家に生まれ20代で豪邸に1人暮らししてる彼女が
そこを偶然訪れた彼をおよそ140分に渡ってソフトに調教します。
彼女は男性がおちんちん以外で気持ちよくなる姿を見るのが好きらしく
彼に対しても一歩ずつ前進する形で乳首の気持ちよさを教えます。

「君、お姉さんの谷間をずーっと見てたのよ? 気づいてなかった? あらあら、可愛い♪」
精通は済ませてるけど女をまったく知らない彼に穏やかな態度で接し
挿し絵にも描かれてる大きなおっぱいを見せつけてさり気なく誘惑します。
割とSっ気のある性格ですが彼を見下したり罵声を浴びせることはありません。
彼が自分から乳首マゾに堕ちたくなるようゆっくり丁寧にリードします。
柚木つばめさんの声や演技も匂い立つような色気があって良いです。

また乳首未開発者をターゲットにしてる関係で
どのパートも必ず乳首とおちんちんをバランスよく責め続けます。
乳首の快感をまったく知らない人に特化型のエッチをしても消化不良になりやすいので
おちんちんの快感と連動させて乳首をいじるともっと気持ちよくなれることを教えます。
音声を聴く時も両方を同時にいじったほうがいいでしょう。

「君がもっと乳首で気持ちよくなってくれたら…乳首マゾに堕ちてくれたら…。フェラ、してあげる」
飴と鞭を組み合わせてリードするのも大きな特徴です。
乳首を開発してくれたらフェラしてあげる、自分の言う通りに射精したらSEXするなど
彼が乳首マゾになりたいと思える材料を用意します。
最終パートでは筆おろしもしますから、おねショタの醍醐味である甘やかし成分もきちんと含まれてます。
ゆっくりじっくり開発するエッチ
エッチシーンは4パート107分間。
プレイは乳首責め、乳揉み、手コキ、フェラ、乳首オナニー、亀頭責め、SEX(騎乗位)です。
手コキ、亀頭責め、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「男の子の乳首はね、オチンチンと神経が繋がってるの。例えばこんな風に、私の服の上から、オチンチンをスリスリーってされると、気持ちいいでしょ?」
主人公をお風呂に入れて服を乾燥機にかけた瑞樹は
自分の肌着を彼に着せてからおちんちんを優しくいじって興奮させます。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
前半の2パート43分間は乳首をソフトにいじりながら2人の関係を定着させるシーン。
「トラック1 お話の後に……(約18分)」は乳首責め+手コキ
「トラック2 宿題をやった君へのご褒美(約25分)」は乳首責め+フェラで1回ずつ射精させます。

「乳首に触れるか触れないかの位置を、スリ…スリ…スリ…スリ…。ね、気持ちいい?」
この時点の2人はほぼ他人なので彼女もいきなり大胆なことはやりません。
「おっぱいを揉ませてあげる代わりに乳首をいじりたい」と言ってエッチできる環境を作り
シャツ越しに指の腹でゆっくり撫でて彼の反応を楽しみます。

彼女は彼を弄ぶ喜びを味わい、彼は乳首とおちんちんの快楽を得る。
2人とも得するようにエッチを進めるので雰囲気は結構和やかです。
無理矢理感を出さないようセリフの表現にも気を配ってました。

そしてパート後半からは手コキが加わります。
「しゅくっ」という滑らかな水音をリズミカルに鳴らし
それと同時に乳首を撫でたり軽く引っかいて別の快感を与えます。
掛け声はそこまで細かく出しませんから、教えられたいじり方を好きにやってみるといいでしょう。

「ふふっお姉さんのお口、凄いでしょう…? 君の顔、もうとっろとろぉね… 乳首弄りは止めないわよ……ほら、カリカリ、カリッ、カリカリカリカリ~ぃ♪」
トラック2は乳首とおちんちん両方の刺激が強くなります。
乳首は乳輪を撫でて多少焦らした後に爪で引っかく責めを中心に行い
おちんちんは舐めと吸いを組み合わせたやや下品なちゅぱ音を積極的に鳴らします。
声が上品なキャラなので音とのギャップが大きく感じました。
フィニッシュはしっかり口で受け止め飲み干すなど、彼女の淫乱な部分が徐々に表へ出てきます。

またトラック2の名前を見ればわかるように本作品のエッチにはいくつか宿題が用意されてます。
それをこなすことで乳首の開発度がさらに上がり、彼女が成果を直接確かめるわけです。
宿題はEXトラックに位置付けられてるので本レビューでは説明を省略します。

後半の2パート64分間は調教色がやや強くなります。
「トラック3 乳首マゾ認定試験(約32分)」は乳首オナニー+亀頭責めをしながら3つの試験を行い
「トラック4 セックスがしたくてここまで堕ちたのに(約32分)」は
総仕上げとして乳首オナニー+騎乗位SEXで童貞を奪います。

「オアズケで鈍感になった乳首を休ませて、敏感になったところを自分で乳首弄ると、気持ちいいわよね…」
そう言える理由は焦らしや寸止めといった意地悪な要素が出てくるから。
トラック3は彼女にもたれかかる体勢で前半は指示通りに乳首オナニーし
後半はローションまみれの手で亀頭を責められながら彼女の許可が出るまで射精を我慢します。

やや恥ずかしいおねだりをさせるシーンもあったりと
彼女がご主人様、彼が下僕の関係を作ることも意識してリードします。
どぎつい描写は一切ありませんからMな人にはご褒美に感じるでしょう。

またこのパートは乳首責めから乳首オナニーに変わることを受けて
亀頭責めをするあたりから右側で「カリカリ」の掛け声を頻繁に言うようになります。
前のパートはこういう指示が控えめでしたから、そこが補われてよりやりやすくなってます。
寸止めを繰り返すおかげで射精した時の快感も強めでした。

「おっ、おっ、おっ、おっ…んぁ、ッ…おぁっ…ほぉおっ、おっ、おっ…」
トラック4は彼女の淫乱さを強調してエロさを上げてます。
前半はゆっくりペースで腰を打ちつけるやや抑えた責めっぷりだったのが
後半に入ると一気に激しくなり、それに合わせてオホ声を漏らすようになります。
普段の声とは随分違うので聞いた直後は少し驚くでしょうね。
最後の絶頂シーンも獣のようなイキ声を漏らしてくれます。

乳首オナニーについてはほぼ自由です。
トラック3のように細かな指示を出すことはありません。
SEXの様子や彼女の乱れっぷりに焦点を当ててるので脇役に感じました。
彼が乳首オナニーのやり方を既に身に着けてるから敢えてこうしたのかもしれません。

このように乳首、おちんちん、心をバランスよく責めるM向けのエッチが繰り広げられてます。
乳首重視の穏やかな作品
乳首開発しながらお姉さんに弄ばれる快感も味わう変わったおねショタ作品です。

瑞樹は自分の屋敷で雨宿りしてる主人公を立派な乳首マゾに育てようと
おちんちんの快楽を餌に乳首を責めたり乳首オナニーさせて徐々に開発します。
そして前半は優しく、後半はやや意地悪にとスタイルを変えて彼のM心もくすぐります。

年下の男を弄ぶのが大好きなお姉さんが初心な少年の乳首を開発するシチュ
どのパートも乳首とおちんちんを同時に責めて射精へ持っていく未開発者向けのエッチ
飴と鞭を組み合わせて彼をやる気にさせる巧みなリード。
嫌な気分をまったく抱かずに乳首を開発できるよう作品を組み立ててます。

中でも2番目はこのところよく見かける乳首だけをいじるタイプではなく
乳首とおちんちんの快感を連動させて射精の快感を押し上げる方針を取ってます。
既に開発してる人にとってはやや物足りなく感じるところもあるでしょうけど
乳首をまったくいじったことのない人や開発中の人にはこのほうがやりやすいと思います。

彼が自分から乳首マゾへ堕ちられるようにリードするのも印象的でした。
彼女の欲望を満たしつつ、彼にも十分なご褒美を与えて楽しい時間を過ごします。
最終パートでは筆おろしもきっちりやりますし、彼女なりの甘やかしと言える内容に収まってます。

射精シーンは4回。
くちゅ音多め、淫語と喘ぎ声それなり、ちゅぱ音そこそこです。

EXトラックは2つの宿題、おまけは約2分の音声とフリトークです。

CV:柚木つばめさん
総時間 2:52:15(本編…2:15:45 EXトラック…28:56 おまけ…7:34)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「ダチュラスクリプト」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、戦闘は苦手だけどエッチは得意な遊び人のお姉さんが
新米勇者とパーティーを組んでエッチな経験値稼ぎをします。

おねショタ特有の甘さとエロさを組み合わせた濃厚なエッチをするのが特徴で
片方は彼を少年扱いしながら色っぽく、もう片方はとことん持ち上げながら健気にとスタイルを変え
下品なちゅぱ音を激しく鳴らしたり連携を取って責めて何度も射精に導きます。
物語が進むほど2人が彼に本気で惚れますから甘さがどんどん強くなるのを感じるでしょう。
お姉さんとする気持ちいい冒険
ステラ(挿し絵左)、マリー(挿し絵右)と6種類のエッチをするお話。

「あ、ねぇねぇマリー あの子にしない?」
ステラは上品で色っぽい声のお姉さん。
「どの子ですか? あぁ あの子ですね」
マリーは丁寧語で話す明るい声のお姉さん。
主人公に突然声をかけて事情を話すと、彼が勇者だと知って驚きます。

本作品はクエストやモンスター退治をせず酒場やカジノで働いてお金を稼いでる彼女たちが
ギルドの前で偶然見かけた彼とパーティーを組み、およそ100分に渡って色んなエッチをします。
2人は遊び人なので戦闘ができない代わりにエッチのレベルは非常に高いです。
だから初心で童貞な彼を優しくリードしながら自分たちの魅力をアピールします。

ステラ「ドスケベな大人のお姉さんに食べられちゃう前に ステラたちが たっぷり教育をしてあげるね」
ステラは「悪いお姉さん」と呼ぶのがピッタリの淫乱な女性。
このあたりに痴女が出るから保護すると言って彼を捕まえ(もちろん犯人は彼女たち)
音声開始から3分後にはもうおちんちんを取り出してしごき始めます。
大山チロルさんの妖艶な声も相まって王道の痴女キャラになってます。

マリー「おっきなチンポの勇者様と パーティーを組めて マリーたちは幸せです」
それに対してマリーは尽くすタイプの女性。
彼のことを「勇者様」と呼んで持ち上げたり、自分の気持ちを素直に伝えて幸せな感覚を与えます。
ステラと組んでるのでもちろんエッチは上手ですけど
痴女よりも近所のお姉さんに近い温かみのある女性です。

同じ遊び人でも性格が随分違うのでキャラが立ってました。
2人で同時に責めるシーンと交互に責めるシーンを同じくらいの時間用意し
複数人プレイと彼女たちの個性が両方出るようにバランスを取ってます。
お話が進むにつれて2人の態度が変わるなど、エッチ以外の部分にも気を配って作品に深みを与えてます。

エッチは遊び人の痴女から連想される通りエロさの高いものです。
2人で同時に責める時は複数のちゅぱ音を鳴らしながら熱っぽい吐息を漏らすし
交互に責める時も例えばフェラならステラは下品に、マリーはそれよりも大人しくと
キャラの違いがわかりやすくなるように責め方を変えてます。
射精シーンが比較的多いですから抜き場に困ることはまずないでしょう。

完全女性上位ですがM向けの要素はほとんどないのでノーマル向けです。
年上の女性にねっとり優しくお世話されるのが好きな人に最も向いてます。
音の量と密度にこだわったエッチ
エッチシーンは6パート78分間。
プレイは手コキ、フェラ、耳舐め、SEX(騎乗位)、キスです。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

マリー「ふふっ 暴れちゃダメですよ勇者様 これは マリーたちとあなたが仲良くなるための ただのご挨拶みたいなものなのですよ」
主人公と無事パーティーを組めたステラとマリーは
その場でズボンとパンツを脱がせて挨拶代わりに手コキします。

エッチは経験豊富な彼女たちが終始リードします。
最初の3パート45分間は2人の痴女っぷりをわかりやすく描いてるシーン。
「01.ステラとマリーの逆ナン耳キス♪(約10分)」はギルドの前で手コキ
「02.ステラとマリーの連続フェラチオ♪(約20分)」は宿に移動してから2連続フェラ
「03.ステラとマリーの耳舐め手コキ♪(約15分)」は翌朝に耳舐め手コキして4回射精させます。

ステラ「変態バニーのステラに お精子見せて? ザーメンいっぱい ぴゅっぴゅして?」
マリー「やっぱり勇者様は おちんぽのほうも一流なんですね」
彼女たちは職業柄パーティーに入ろうとすると断られることが多く
ほぼふたつ返事で仲間にしてくれたことが余程嬉しかったようです。
ステラは右、マリーは左に体を密着させてからおちんちんをゆっくりペースでしごきます。
そしてプレイ中はやや媚びる感じでおねだりしたり彼を持ち上げていい気分にさせます。

この世界でも勇者になれる人は希少らしいですから
彼が上、彼女たちが下という関係を維持したまま気持ちよくします。
ちなみに01パートは「耳キス」がついてますけどやるのは手コキのみです。

本作品のエロさをストレートに物語ってるのが02パート。
ステラ→マリーの順にフェラするのですが
ステラは水分高めの下品なちゅぱ音をガンガン鳴らします。

最初は緩めのペースで吸い中心だったのが、少し経つと包皮の間に舌を滑り込ませ
さらにバキュームを絡めたピストンフェラで一気に射精へ追い込みます。
「童貞がこれやられたらすぐ出ちゃうだろうなぁ」と思うくらい強烈なフェラです。
次に出てくるマリーも十分エロいですがステラの直後に聴くと控えめな印象を受けます。
精液はきっちり口で受け止め飲み干すなど、男慣れしてるのがプレイを通じて伝わってきます。

03パートは2人いる状況を活かした密度の高いプレイ。
手コキから始まりその3分後に両耳舐めが加わります。
ここもステラは舌で素早く舐める、マリーはゆっくりちゅぱちゅぱするといった具合に
音だけで2人の性格の違いがなんとなくわかるように演じ分けてます。

マリー「あなたは本当なら 今頃 命を賭けて モンスターを退治する 勇敢な冒険者になってたはずですよね でも わるーい遊び人のお姉さんたちに捕まったばっかりに こうして おちんぽを 好き勝手に弄ばれてるんです」
手コキ音が小さめですからここは耳舐めを楽しむパートかなと。
冒険を忘れてエッチに励んでる状況を教えて軽く背徳感を煽るなど
心身両面をバランスよく責めて充実した射精に導きます。
ここでの2人は初心な少年を堕落させる悪いお姉さんに描かれてます。

続く2パート24分間はSEXシーン。
「04.バニーお姉さんのぴょんぴょんセックス!(約11分)」はステラ
「05.猫耳お姉さんとの猫撫で声セックス!(約13分)」はマリーと騎乗位で生ハメします。

マリー「童貞の卒業 おめでとうございます」
ステラ「ステラも 君のチンポのことが ますます好きになっちゃったよ」
04パートは筆おろしにあたるので丁寧に進めます。
挿入後にお祝いの言葉を言ったり、射精後は満足そうな表情を見せて幸せな初体験をプレゼントします。
ピストンのペースを緩めに設定する、最中に濃厚なキスを挟むなど
初心な少年を弄ぶのではなく本気で愛情を注ぐつもりで相手をします。

彼と何度かエッチしたことで彼女たちの内面に変化があったことがわかります。
SEXによって体をひとつにするのと同時に心の距離も近づけて甘さを出してました。
これらの次にあたる「06.ステラとマリーの耳かき♪」で2人の気持ちがきちんと語られてます。

このように、彼女たちの魅力を出しつつ抜きやすさにも配慮したエッチが繰り広げられてます。
エロさ重視のおねショタ作品
年上のお姉さんに甘やかされながら搾り取られるややハードな作品です。

ステラとマリーはクエストを受けに来た主人公の仲間になろうと
軽い雑談をしてから早速手コキして彼の心を一気に引き寄せます。
そして宿に移動した後はより踏み込んだプレイをして親密度をさらに高めます。

遊び人をしてる2人のお姉さんが新米勇者をエッチで鍛える魅力的なシチュ
2人同時に責めるパートと一対一で責めるパートを同じくらい用意し
その両方でステラとマリーの違いが出るように行うキャラを大事にしたエッチ
下品なちゅぱ音、熱い吐息、連続生ハメといった痴女らしさを感じる要素の数々。
一般的なおねショタよりも刺激を強くして実用性を上げてます。

中でも2番目はステラは「勇者くん」、マリーは「勇者様」と呼称がまず違いますし
責めっぷりもそれぞれの口調や性格に合わせてあってなかなか凝ってます。
得意なプレイとかは設定されてないのでやることは基本的に一緒ですが
声優歴の長い大山チロルさん、琴音有波さんの演技力によって明確な違いが出てます。
02パートのフェラはそれが顕著に出てるし2人の痴女っぷりがわかりやすく表現されてます。

マリー「マリーは今 勇者様に 心の底から 惚れてしまってるんですよ」
悪いお姉さんがいいお姉さんに変わる展開も面白いです。
最初は彼の体を味わいたくて近づいたのが
彼の魅力に少しずつ気づいて彼女たちのほうから惚れ込んでいきます。
遊び人の自分たちを仲間にしてくれた優しさ、エッチで見せる可愛さ、そして立派なおちんちん。
そうなってもおかしくない要素がちゃんとあるので彼女たちの変化も頷けます。

色んな特徴を持ってるからでしょうけど視聴後の余韻も多少長く続きました。
抜き性能も割と高いですし(特に02パート)、総合力の高い作品と私は見てます。

射精シーンは7回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:ステラ…大山チロルさん マリー…琴音有波さん
総時間 1:47:32

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月7日まで30%OFFの1155円で販売されてます。



サークル「ライオクライオ」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、しゃべり方は乱暴だけど性格はとっても可愛い女の子が
自宅や学校内で彼氏と恥ずかしくてややハードなエッチをします。

普段は強気な彼女がエッチで情けない姿を晒すギャップが一番の魅力で
開始前は余裕たっぷりな表情で彼を挑発してたのが
おまんこを責められるとすぐさま潮を吹き「イキましたぁ」と敗北宣言します。
彼女の乱れる姿をたっぷり聴けるのでオカズとしての実用性も高めです。
勝気な彼女の弱点は…
恋人のナツキと5種類のエッチをするお話。

「おっ よしっ っしゃぁざまぁ 勝てる 勝てる勝てる」
ナツキは男っぽいしゃべり方をするトーンの低い声の女の子。
主人公とのゲームに負けて軽く文句を言うと、今度はエッチなゲームで勝負を挑みます。

本作品は口調は乱暴だけど内面は結構繊細な彼女が
現在付き合ってる彼とおよそ100分に渡って色んなエッチをします。
彼女は普段強気に振舞ってますが、おまんこがものすごく弱いという弱点を持っており
彼に責められるとイメージとは随分違う乙女な姿を晒します。

「もうチンポやばいな だいじょぶか? まぁ お前のチンポは 雑魚チンポだもんな」
「負けました 負けました 負けましたぁ」

自分が責めてる時は彼のおちんちんを雑魚呼ばわりしますけど
逆に責められた時は敗北宣言をしながら潮を何度も吹きます。
彼女の弱さをわかりやすく表現するためでしょうが、作中で潮吹きするシーンが非常に多いです。

サークルさんもおっしゃられてる通りギャップ萌えを強く意識したエッチをします。
恋人にだけ見せるもうひとつの顔がエロさ高めに描かれててイチャラブ感が強いです。
「好き」などの言葉ではなく態度や反応で愛情を示します。

エッチについては彼女の二面性を出すために交互に責め合うスタイルを取ります。
彼女は負けず嫌いな性格をしてるので完全な受け身になることはありません。
イかされたらお返しをしようと果敢に挑戦し、返り討ちに遭います。
これだけ弱いおまんこを持ってるのに全然諦めないところも彼女の魅力と言えます。

またプレイに臨場感を出すために色んな効果音を入れてます。
手コキやSEXといった他の作品でも鳴るものはもちろん
ローターを起動する音や潮吹きの音まで入っててなかなか凝ってます。

ライオクライオさんが音声作品を出すのが今回が初めてですけど
中の人は「ウラオモテ」という別サークルも運営されており
そちらで既に2本出してますから完全な新規ではありません。
キャラ、ストーリー、プレイ、音など各要素が丁寧に作られてて安定感があります。

2番目のパートまではCi-enで無料公開されてるので
とりあえずそちらを試しに聴いてみて、続きに興味が湧いたら買うのが良いと思います。
ギャップを活かしたエッチ
エッチシーンは5パート87分間。
プレイは手コキ、フェラ、耳舐め、キス、手マン、潮吹き、ローター責め、パイズリ、クンニ、足コキ、SEX(正常位、立ちバック、対面座位)、ナツキのオナニー、乳首を摘まむです。
手コキ、手マン、潮吹き、ローター責め、パイズリ、足コキ、SEX、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「どうした? 引っかいてるだけだぜ?」
ゲームでは勝てないと判断しエッチで勝負することに決めたナツキは
早速主人公に密着してズボン越しにおちんちんを優しく責めます。

エッチは彼が責める時間を多めに用意したうえで彼女も責め返します。
最初の2パート26分間は彼女の特徴や2人の関係を描きながらイチャイチャするシーン。
「01.ボーイッシュ彼女と手コキ我慢対決(約15分)」は自宅で手コキ、フェラ、耳舐め、手マン
「02.学校でこっそりフェラwithリモコンローター(約11分)」は屋上手前の踊り場で
ローター責め、フェラ、パイズリをして1回ずつ射精します。

「へぇ 耐えるんだ ただいま 休憩はさせねぇから シコシコ シコシコシコ」
彼女は「家デートする時は毎回エッチしてる」と言ってるので
たぶん2人は過去に何度もエッチしてるのでしょう。
序盤から慣れた様子でおちんちんをしごいたりフェラして有利な状況を作ります。
男っぽい口調も相まってここでの彼女は強そうな女性に見えます。

しかし彼が手マンを始めたら状況は一変します。
責められてから1分30秒後にはもう絶頂を迎え、潮を吹きながら降参する弱い姿を晒します。
01パートは本作品の売りであるギャップを非常にわかりやすく表現してました。
本当にびっくりするほど弱いので彼女が愛らしく感じます。
喘ぎ声は音量大きめですが無理にアヘらせず普通の声を漏らしてました。

「ダメっ 止めて イって あっ イってるから 止めて 止めて」
02パートは彼が先に責めて彼女が反撃する真逆のスタイル。
ローターのスイッチが入るたびにエロ可愛い声を漏らして止めてくれるよう懇願し
イかされた後はGカップのおっぱいで挟み込んで一緒の絶頂を目指します。
誰かが来るかもしれないスリルは特に煽らず普通に責め合ってました。
事後にキスで余韻を楽しむあたりに恋人らしさが出ています。

続く3パート61分間はSEX中心。
「03.びしょびしょ初えっち(約16分)」は正常位
「04.鏡の前で恥じらい潮吹き、低音甘イキえっち(約22分)」は立ちバック
「05.純情乙女とお泊り生えっち(約23分)」は対面座位と正常位で繋がりお互いに何度もイキます。

「あぁっ やばぁ チンポ抜くのやばぁ 潮吹き 止まんな…あっ もうダメっ」
03パートは2人が初めてSEXするシーンなので事前の準備に力を入れてます。
クンニで1回イかせてから手マンもしておまんこを十分にほぐし
それから正常位でゆっくりピストンする優しい責めっぷりです。
でも彼女が絶頂する回数は多く、おまんこの弱さをエロくわかりやすく表現してます。

彼女がストップをかけたらきちんとピストンを止めますし
彼女も精液を顔で受け止めて惜しみない愛情を示します。
最初の2パートは2人が勝負する感じでしたけど、ここからは心の繋がりも感じます。

「えっと チンポ 入れて欲しいにゃぁ」
彼女の可愛さが最もよく出てるのは04パート。
挿し絵のように猫耳カチューシャを頭に被り、語尾に「にゃ」をつけて話します。
部屋にある大きな鏡に映った自分の痴態を見て恥ずかしがるなど
女の子らしさをいくつも見せてくれてすごく魅力的でした。

彼女がそういう姿を見せられるのは彼のことを相当に信頼してるからだと思います。
このパートだけで5回も潮を吹きますし、序盤よりもずっと素直になってて甘いです。
終始ギャップ萌えだと内容が単調になりますから
好きな人へ健気に尽くすところも見せてキャラに深みを出してます。

このように、強気に振舞う女の子が弱々しく乱れまくる落差の大きいエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視のイチャラブ作品
恋人の普段の顔と好きな人にだけ見せる顔を対比させてるノーマル~ややS向けの作品です。

ナツキはゲームに負けた悔しさを他の手段で晴らそうと
自分からエッチなゲームを持ち掛けて耳やおちんちんを丁寧に責め続けます。
しかし彼が反撃に出るとすぐさま弱気になり潮吹き絶頂を何度もします。

かっこよさそうに見えて可愛いところもある女の子が恋人とたっぷりエッチする王道のシチュ
責めてる時と責められてる時で彼女の様子を大きく変えてギャップ萌えさせる演出
おまんこが弱い彼女の特徴が出るように絶頂シーンを多く設けたエロさ高めのエッチ。
2人の関係を大事にしながら彼女らしさが出るように作品を組み立ててます。

中でも2番目はサークルさんが最も強調されてる要素なだけあって
彼女の魅力を出す意味とエロさを上げる意味の両方で上手く機能してます。
こういうキャラだと相手をM男にして終始責めさせることが多いのに
本作品では敢えて致命的な弱点を設けて逆転させた時の様子を劇的に描いてます。

挿入しただけでイク、1回ピストンしただけでイクなど
ものすごく弱いキャラに描かれてて、それが彼女を愛おしい存在に感じさせてくれます。
完全な受け身にならず反撃するのも、彼に楽しんで欲しいという優しさの表れなのかもしれません。
彼のために可愛く振る舞うシーンもありますし、すごく献身的な女性に映りました。

…といった感じで色んな魅力を秘めてるわけですが
実はこの作品、音声を最後まで聴かなければわからない秘密があります。
それが何か予想しながら聴いてみるのも面白いんじゃないかなと。
わかる前と後で本作品に対する印象が多少変わると思います。

絶頂シーンは主人公6回、ナツキ22回。
くちゅ音と喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音それなりです。

CV:こやまはるさん
総時間 1:49:40(本編…1:44:02 フリートーク…5:38)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月24日まで20%OFFの880円で販売されてます。

↑このページのトップヘ