同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ: 同人音声

   ● マヨイヤド~真夏の一人旅エロティックホラー~【フォーリーサウンド】
   ● オナクラ風俗嬢のあまあま乳首責めお射精プレイ
   ● ハメ放題♪ドスケベJKメイド喫茶はじめましたっ!【KU100収録】
   ● 【ドーパミン分泌】シコシコボイス大作戦「スパイゲーム1」~おち◯ぽデバイスで重要データを盗み出せ~【音声で手コキ】
   ● メイドさんの甘やかし&筆おろし
   ● 早漏いじめ専門店の意地悪射精プログラム♪
   ● 聖女精飲
   ● 囁いてオノマトペ~お嫁さんはロリババア様~
   ● 蠱惑
   ● イジワルであまあま~後輩彼女に手コキで愛される音声~




サークル「空心菜館」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、寂れた旅館をずっと1人で切り盛りしてる若々しい女将が
道に迷った末に訪れた男性をエッチな手段でもてなします。

ホラー要素を交えたASMR系のエッチをするのが特徴で
プレイの様子をセリフよりも音で表現しながら、その合間に時折気味の悪い笑みを浮かべたり
射精シーンなどで軽く驚かせる音を鳴らして背筋をゾクゾクさせます。
スリル重視でグロい描写は一切ありませんから怖い作品が余程苦手な人でもない限り聴けるでしょう。
旅館女将の正体は…
女将のミヤコと2種類のエッチをするお話。

「あら これはすみません お客様だとは 気づかなくて」
ミヤコはやや陰のあるお淑やかな声のお姉さん。
古い旅館に足を踏み入れた主人公に声をかけると
「こっち」と何度も言って誘導しながら軽く悪戯します。

本作品は容姿は若いけどこの旅館を長い間守ってきた彼女が
寝床を求めてやって来た彼とおよそ75分に渡ってエッチします。
前半は耳舐め+フェラ、後半は耳舐め+SEXとプレイだけを見ると普通ですが
それをやる前や最中の雰囲気が通常のエッチとは随分違います。

「それにしても あなた 綺麗な目なのね まるで…いいえ 何でもありません」
そう感じる一番の理由はホラー要素があるから。
久しぶりに訪れた客を愛想よく迎えるどころか冷ややかな態度で接し
さらに何か含みのあることも言って不気味さを醸し出します。
笑い声も「あはは」ではなく「ひひっ」みたいな狂気を宿したものです。

また一部のシーンでぱりーんとガラスの割れる音が鳴ります。
突然耳に息を吹きかけてくることもあったりと、聴き手を軽く驚かせることを意識して作品を組み立ててます。
プレイ中にスリルを煽ることを言いますが痛みや苦しみを与える描写はありません。
心に肌寒いものを感じながら抜けるあたりに上手く調整されてます。

本作品のホラーを引き立たせてるもうひとつの要素はASMR。
セリフよりも吐息、効果音、環境音の割合を大幅に上げて静けさを演出します。
状況説明をあまりしないのでややイメージしにくいところもありますが
それは何が起こるか、何をされるかわからない不安を掻き立てるための工夫と見ることができます。

タイトルにもついてるようにフィーリーサウンドを採用しており
冒頭の「【1】フルイヤド」というパートでは彼が旅館にたどり着いて入る様子を
セミの声、風の音、足音といった様々な音だけでリアルに表現してます。
また「ぶーん」という何かの装置の稼働音っぽい音も鳴ってました。

彼女が話す時にセリフの間を長く取ってありますし、ホラー作品らしいひっそりした空気が漂ってます。
そして普段が静かだからこそ、エッチの時に鳴る激しいちゅぱ音やピストン音との対比が際立ってます。

ホラー要素を交えてエッチする展開とASMR色の強いエッチ。
現在の流行を盛り込んだうえで暑い時期に聴きたくなるよう調整したややM向けの作品です。
精気を吸い上げるように責めるエッチ
エッチシーンは2パート53分間。
プレイは耳舐め、フェラ、乳揉み、SEX(騎乗位?)です。
服を脱がす、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ねぇ 気持ちいいこと しよ?」
旅館に着いた日の夜、何らかの方法で主人公の体を動けなくしたミヤコは
ひとまず左耳を舐めておちんちんを元気にします。

エッチは抵抗できない彼を彼女が責め続けます。
最初の「【2】なんで?なんで?なんで?」はちゅぱ音に特化したプレイ(約30分)。
左耳舐めから始まり4分後には彼女が2人に増えて両耳舐めに変化し
さらに片耳舐め+フェラに発展して1回目の射精へ追い込みます。

「美味しい まるで生きてるみたい」
冒頭シーンで「お客が滅多に来ない」と言ってましたから
彼女が男にありつくのも久しぶりなのでしょう。
水分控えめなコリコリしたちゅぱ音を耳元至近距離から鳴らします。
そしてその合間に人間の女性とは少し違うセリフを漏らします。

2分くらい無言でしゃぶってから少し話す流れで進みますから
セリフよりもちゅぱ音のほうがずっと存在感が大きいです。
両耳舐めも左は吸い、右は舐めと鳴らし方を変えて聴きやすくしてました。
右側の声にエフェクトがかかってたところを見ると、そちらは彼女の分身もしくは思念体なのかもしれません。

パート中盤から始まるフェラは「むさぼる」と呼ぶのがピッタリな激しいものです。
中央やや遠くから下品な音をガンガン鳴らしておちんちんを味わいます。
そしてもう1人は耳舐めしながら吐息だけ漏らして静けさを演出してました。
セリフは囁き声ですし、ホラー特有の静けさとASMRが上手く組み合わさったプレイになってます。

次の「【3】憑リツカレ」でするのはSEX(約23分)。
まだまだ満足できない彼女がおちんちんを中に迎え入れ
そのまま激しく腰を打ちつけて2連続射精へ持っていきます。
体位は明言されてませんが状況を考えれば騎乗位と見るのが妥当でしょう。

「久しぶりの 生きてる男のおちんちん 最高」
「こりゅっ」みたいな弾力のある水音を標準くらいのペースで鳴らしながら
吐息に近い喘ぎ声を漏らす通常よりもやや抑えた乱れっぷりです。
その代わりほぼ休憩なしにして男に対する執着心の強さを表現します。

若干過激なことも一部で言いますが
吐息交じりの喘ぎ声と効果音だけを鳴らす時間が多く純粋なエロさは高めです。
もう1人も右耳舐めで応援したりと複数人いる状況を活かして責めてくれます。

王道のプレイなのに寒気を感じたのは小石川うにさんの演技が結構影響してると思います。
声質をやや無機質にして生気をなくしたり、異質な笑い声を時折漏らして不気味さを出します。
喘ぎ声をほとんど吐息にしてたのも躍動感を薄めたかったのでしょう。
セリフの量が少ないからこそ、息遣いや間も使って彼女の心情を聴き手に伝えてます。

このように、エッチな音の量や密度にこだわったやや緊張感のあるエッチが繰り広げられてます。
ホラーテイストのASMR作品
多くの人が聴ける程度の怖さを持たせてエッチする夏に合う作品です。

ミヤコは何の事情も知らずに旅館を訪れた主人公の体を味わおうと
まずは女将らしく振る舞って安心させ、それから金縛りをかけて逃げられなくします。
そしてその後は上下の口を使ったプレイを順に繰り出して精液をたっぷり搾ります。

人間の女性とは違う雰囲気を持つ女将が宿泊客をエッチに弄ぶややM向けのシチュ
全編を通じて静けさを出すホラーを意識した演出
吐息、ちゅぱ音、ピストン音を多く鳴らしてじわじわ追い込む音重視のエッチ。
雰囲気を大事にしながら抜きに使えるよう作品を組み立ててます。

中でも2番目は本作品の鍵になる要素なので丁寧に扱ってます。
異様に静かな場所へ来たときに感じる不安、そこで会った女将の声や仕草から伝わってくる不気味さ
何も言わず一心不乱に責められ射精に追い込まれるスリルなど
同人音声だとあまり光を浴びない感覚を中心に据えてます。

途中で視聴を止めたくなるほど怖いものではありません。
でも聴いててそわそわする人はそれなりにいると思います。
彼女の貪欲さを出すためにエッチな音をたっぷり盛り込んでますから
ASMR系の作品が好きな人なら問題なく抜けるでしょう。

射精シーンは3回。
吐息とちゅぱ音多め、くちゅ音と喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

CV:小石川うにさん
総時間 1:16:39

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年8月6日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「甘師子チャンネル」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、穏やかで面倒見のいい風俗嬢が
自分をよく指名してくれる常連客をゆっくりねっとり気持ちよくします。

タイトル通り甘い雰囲気で乳首とおちんちんを同時責めするややM向けのプレイが行われており
上品な声とは違う力強いちゅぱ音を小まめに鳴らしながら
おちんちんを緩めに責めて少しずつ確実に射精へ追い込みます。
人気風俗嬢と過ごす甘いひと時
風俗嬢が乳首責め+手コキをするお話。

「こんにちは~ あ、お客様  また指名してくださって、とっても嬉しいです ふふっ」
風俗嬢は上品で穏やかな声のお姉さん。
ラブホテルの一室で待ってた主人公に挨拶すると
いつも指名してくれることにお礼を言ってからまずは代金をいただきます。

本作品はオナクラ嬢のサービスを音声で疑似体験させることを目的に
彼女がおよそ35分に渡って焦らし気味に責め続けます。
彼が何度も相手をしてる常連客なだけあって前置きは必要最低限まで削り
エッチをじっくり描きながらプロらしいきめ細かなリードをします。
ちなみに現在のオナクラはオナニーを観察するだけじゃなく手コキもしてくれるそうです。

「ふふっ いいですよ 分かってます お客様の大好きなプレイですもの 乳首責め手コキコース、始めていきますね」
彼の好みはすべて把握してるので流れがスムーズですし
プレイについてもややMあたりの人が喜ぶことを色々やって上手に盛り上げます。
短時間の作品だと何かひとつに特化させるケースが多いのですが
本作品はオナクラらしさを優先したようでバランス型の構成になってます。


具体的には乳首とおちんちんを同じくらいの分量で責め
そこにソフトな言葉責めを盛り込んで彼女にお世話されてる雰囲気を出します。
体のほうはそれなりに焦らしてきますけど、小まめに応援してくれるので意地悪さはありません。
彼が絶好のタイミングで射精できるように調整してるのがわかります。

またこれらをするにあたってやや下品なちゅぱ音を鳴らします。
乳首責めは狭い範囲で強めに吸う、キスはそれよりも広い範囲でソフトにと違いを出してました。
手コキの効果音も鳴りますけど私はこちらのほうがエロいと思います。
無理なく焦らすエッチ
エッチシーンはおよそ30分間。
プレイは胸の愛撫、乳首責め、キス、手コキ、玉揉みです。
服を脱ぐ、手コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ゆ~っくり、指を滑らせていきます くる、くる... つ~~ こうやって少しずつ、感度を高めていきますよ」
主人公をパンツ1枚の格好でベッドに寝かせると
風俗嬢はその横に添い寝し乳首の周辺を優しく撫で始めます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の11分間は乳首を重点的に責めるシーン。
乳輪のあたりを撫でるところから始まって乳頭を指でつつく
口に含んで舐めたり吸うと徐々に刺激の強いプレイに移ります。
そして途中から彼のリクエストに応えてディープキスが加わります。

「ふふっ お客様は、相変わらず感度が抜群ですね」
そして彼女は早速プロらしい気配りを見せてくれます。
彼がもどかしい思いをするようにわざと刺激を弱くしたうえで
「感度がいいですね」と褒めて意地悪さを打ち消します。
乳首責めも何をしてるか丁寧に実況してくれるのでイメージしやすいです。

乳首責めを取り入れてる作品だとオナサポっぽく進めることもあるのですが
本作品は指よりも口で責めるシーンを多くしてるので実際にやるのは難しそうです。
その代わりちゅぱ音が充実しておりエロさは上がってます。

中盤以降はいよいよ手コキが加わります。
「ずちゅっ」という控えめな水音をゆっくりペースで鳴らしながら
引き続き乳首と唇をバランスよく責めて射精感をじっくり高めます。

「だーめ まだ我慢 おあずけですよ もうちょっと... もうちょっとですから」
彼にとって厳しい時間帯だからでしょうけど、今まで以上にセリフが優しくて本当に甘いです。
聞き分けのない弟をなだめるお姉ちゃんのような雰囲気を感じました。
ちゅぱ音と効果音が同時に鳴る時間もそれなりにあって甘さとエロさが両立してます。

手コキの時間が16分くらいありますから音に合わせてしごけば射精は可能です。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフを多めに言うなど最後までしっかりリードします。

このように、心をケアしながら流れるような手つきで焦らすエッチが繰り広げられてます。
リアリティのある作品
オナクラ嬢にお世話されてる様子を忠実に音声化した作品です。

風俗嬢は自分を気に入ってくれてる主人公を今回も満足させようと
丁寧語で話しながらできるだけ優しく接して彼の心を楽にします。
そして体のほうは乳首とおちんちんを同時にゆっくり責めて気持ちよくします。

穏やかな態度と巧みなテクニックを合わせ持つ風俗嬢が乳首責め手コキするややM向けのシチュ
体への刺激を抑えたうえで優しい言葉をかける焦らし系のエッチ
キスや乳首舐めをする際に鳴るやや下品なちゅぱ音。
タイトルに込められた特徴を組み合わせてひとつのプレイを作り上げてます。

中でも2番目は意地悪さを極力出さないようにして彼女の責めを受け入れやすくしてます。
焦らしメインと聞くとM性が高めに感じる人もいるでしょうが
この作品に限って言えばノーマルな人でも聴けるあたりに調整されてます。
プレイ時間がそこまで長くないから焦らしも弱めというのもあります。

「お客様はとっても感度が良いから、私いつも、つい楽しくなってしまって... いじめすぎじゃないですか? 大丈夫ですか?」
あとは風俗サービスならではの適度な距離感が良いです。
常連客に対しても終始丁寧語で語り掛け、お金はきっちりもらう割り切った態度を取ります。
その一方で射精後に彼を心配する優しいところも見せてくれます。

風俗嬢だからエッチが上手いことももちろん大事なのですが
彼女の場合は人柄も多くの常連客を引きつける要因になってそうです。
エッチメインですけどキャラ作りもしっかりしてました。

射精シーンは1回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:分倍河原シホさん
総時間 34:51

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります



サークル「Deep;Dahlia」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、選ばれた人だけが入場できる文化祭でメイド喫茶をやってるJKたちが
体を密着させながら個別に、あるいは同時にエッチなご奉仕をします。

左右の至近距離から囁き声で褒めるセリフを多く投げかけたり
お口やおまんこでたっぷり責めてどちらも中出しを許すなど
女性に尽くされる幸福感で包み込みながら気持ちよくするメイドらしいプレイが楽しめます。
お嬢様がする大胆なご奉仕
JKのえまやさらと4種類のエッチをするお話。

「おやおやおや? お兄さん 当メイド喫茶は初めて…ですよね?」
さらは明るくて可愛い声の女の子。
「それでは早速 私たちのほうから 当店のご説明をさせていただきまーす」
えまは穏やかな声の女の子。
来店した主人公を元気よく迎えると、左右に陣取り耳舐めしながらお店の説明をします。

本作品は財閥の御曹司でもなければ招待してもらえない文化祭の会場で
メイド喫茶を開いた彼女たちが彼をおよそ130分に渡って存分にもてなします。
3日間限りのメイドなのでそこまで本格的なことはやらず
ドリンクとプレイが一緒になったメニューを提供して彼を喜ばせます。
ちなみに彼は友人から招待状をもらっただけの一般人のようです。

えま「お触りも キスも もちろんJKのおまんこで遊ぶのも なーんでもOKですよ」
彼のことを「ご主人様」と呼びながら自分たちの体を好きにしていいと告げ
エッチ開始後は2人で協力して耳、唇、おちんちんを同時に責めます。
超お嬢様学校の生徒ならそちらの経験は浅いのだろうと思いきや
序盤から慣れた様子でガンガン責めるビッチなところを見せてくれます。

お祭りだから彼女たちなりにハメを外してるのかもしれませんね。
彼を見下すどころか持ち上げるセリフが多く、聴けば聴くほど幸福感が強くなります。
さらにおちんちんを敢えて「おちんぽ」とやや下品に言って興奮を後押してくれます。

プレイ中は至近距離から囁くシーンが多いのも特徴です。
場所が主に学校の教室だからでしょうけど
えまは左、さらは右に陣取りできるだけ静かに話してました。
作中で彼に宣伝しないようお願いしてたところを見ると秘密のお店なのかもしれませんね。
彼女たちが話すたびに軽い風圧が感じられてすぐ近くにいる気分が味わえます。

本物のお嬢様たちがドスケベに振る舞う展開と囁き声を織り交ぜたエッチ。
特別な女性に尽くされたり征服する快感を上手にくすぐってくれるノーマル向けの作品です。
ハーレム感のある抜きやすいエッチ
エッチシーンは5パート83分間。
プレイは耳舐め、キス、手コキ、フェラ、SEX(対面座位、立ちバック)、記念撮影です。
服を脱ぐ、SEX、記念撮影の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

えま「ねぇお兄さん 私にもそれ飲ませてくださーい ほらほら 口移しでぇ」
喫茶店なのでとりあえず主人公にドリンクを注文してもらってから
えまとさらはそれを口移しで飲み、さらに両耳を舐めておちんちんを元気にします。

エッチは終盤を除いて彼女たちがご奉仕します。
一番最初のトラック02は2人いる状況を活かしたプレイ(約18分)。
序盤は片耳舐め+淫語責め、中盤以降は両耳舐め+手コキで1回目の射精に導きます。

さら「お兄さんの生チンポだ 超カッコいいよ」
会ったばかりでいきなりキスしたり、おちんちんを手放しで褒めるなど
彼女たちは彼をもてなそうと明るくエッチに振る舞います。
片方がしゃべってる時はもう片方が舐め続けてちゅぱ音を途切れさせないようにもしてました。
ブラを外しておっぱいを見せつけるシーンもあったりとサービス精神旺盛です。

両耳舐め手コキは効果音を鳴らさずシコシコボイスで表現します。
後半のSEXシーンも音量を控えめにしてましたし
サークルさんが彼女たちの吐息やちゅぱ音を聴いてほしかったのだと思います。
最高級の機材を使ってるだけあって臨場感が非常に高いです。

えま「どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ どぴゅぴゅぴゅぴゅぴゅぴゅー」
このパートで一番の聴きどころは射精シーン。
カウントに合わせてするのですが、0を宣言した直後にぴゅっぴゅのセリフを左右から多めに言ってくれます。
それぞれが違う表現になっててなかなか手厚いです。

耳舐めは外側をちゅぱちゅぱ舐めるスタンダードなやつなので
私は淫語を交えたセリフのほうが強く印象に残りました。

続く2パート33分は彼女たち1人1人に光を当ててるシーン。
トラック03はえまがフェラで、トラック04はさらが対面座位SEXでご奉仕します。

えま「お兄さんのチンポ すごく大きくて えま お口幸せですぅ」
トラック03はえま役をやられてる陽向葵ゅかさんのテクが存分に味わえます。
媚薬効果のある薬を亀頭に乗せたまま舐めてエッチな気分を高め
それから舐め、吸い、すすりを短時間で変化させながら後になるほど激しく責めます。
特に終盤はやや泡立った音をリズミカルに鳴らしてピストンする力強いプレイです。

純粋なエロさだけで見ればこのパートが最も高いと私は見てます。
上品な声と下品なちゅぱ音のギャップがあって股間にビンビン響きました。
途中で軽くしゃべる以外はほぼずっと責め続けるのでオナニーのオカズとして使いやすいです。
射精した後は口を一旦開けてから飲み干すなど、男が喜ぶツボをよく心得てます。

さら「んっ あっ ふっ もうお兄さん あっ んっ おちんちんずちゅずちゅ んっ 良すぎだよぉ」
それに対してトラック04は愛情をたっぷり注いでくれます。
自分から生ハメを提案したうえで「大好き」と言って気持ちをストレートに伝え
挿入後は吐息交じりの喘ぎ声を漏らしながら彼を全肯定します。
ピストン音は「きゅっ」みたいなゴムっぽい音が鳴ってました。

フィニッシュはしっかり中で受け止めてくれますし
メイドなのを差し引いても思い切ったことをやってます。
彼女たちはお嬢様だから一般人の彼に余計魅力を感じたのかもしれませんね。

トラック05はこれまでとは違った趣向でする3P(約16分)。
後夜祭の会場で偶然2人と出会い、校舎の裏側へ移動してから今度はえまとSEXします。
そしてさらは軽い手コキ、キス、耳舐めでそれをサポートします。

えま「何これっ 何これしゅっごっ」
自分よりも先にさらがSEXしたと聞いて軽く嫉妬したのでしょう。
壁に手をつきすっかり濡れたおまんこを見せつけて誘うお嬢様らしからぬ行動を取ります。
そして挿入後は「おうっ」と腹から出す感じのやや太い喘ぎ声を漏らします。

アヘ声も軽く混じってますし、さらの時よりも下品な印象を受けました。
さらに見守られながらするシチュも相まって
これまでよりもアブノーマルなプレイに仕上がってます。

ちなみにこのパートは直前に紹介したトラック05Aの他にトラック05Bがありまして
そちらはさらが耳舐めなどをせずにセリフだけで応援します。
シナリオは一緒ですから好きなほうをひとつ選ぶ形になります。

このように、お嬢様のイメージを敢えて崩すこと意識した大胆なエッチが繰り広げられてます。
明るい抜きボイス
変わったシチュを設定したうえでお嬢様たちとストレートにエッチする作品です。

えまとさらは友人の代わりに文化祭を訪れた主人公を楽しませようと
最初から人懐っこく接しながらメイドになりきって色んなご奉仕をします。
そして2人同時に責めるパートと1人ずつ責めるパートを同じ数だけ用意し
前者は音の密度、後者は彼女たちの性格を重視したプレイをします。

超お嬢様学校に通ってる2人の女の子が文化祭でエッチなご奉仕をする魅力的なシチュ
そのイメージとは随分違う積極的な責めを繰り出す実用性を意識したエッチ
えまはギャップ、さらは愛情と2人に異なる特徴を持たせたキャラを大事にする作り。
タイトルに沿った形で明るく抜きやすい作品に仕上げてます。

さら「私そろそろ お兄さんとおまんこしたいなー」
中でも2番目は彼女たちのドスケベっぷりをわかりやすく物語ってます。
どちらかと言えばえまのほうが引き立ってますけど
さらもえまがいないタイミングでSEXを持ち掛ける抜け目のない性格をしてます。

囁き声で話すシーンが多いからちゅぱ音を敢えて下品にしたのでしょう。
トラック05のオホ声もそうですがきちんとバランスを取ってます。
個々に焦点を当ててる関係で同時責めする時間がやや短くなってる点だけご注意ください。

射精シーンは5回。
吐息多め、淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは「JKメイドのダブル添い乳手コキオナサポ♪」とフリートークです。

CV:えま…陽向葵ゅかさん さら…浅木式さん
総時間 2:26:54(本編…2:10:37 おまけ…16:17)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年7月24日まで30%OFFの924円で販売されてます。



サークル「072LABO」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、機密情報を入手するスパイ活動をしてるお姉さんが
相棒になった男性と変わった手段で任務を遂行します。

様々なデータを解析する様子に合わせてオナサポするのが特徴で
セリフとシコシコボイスを同時に流してしごくペースをきめ細かく指示しながら
疑似プレイを織り交ぜてエロさを増したり、軽いアクシデントを挟んでスリルを与えます。
ストーリーとプレイを上手く融合させてるので主人公になりきりながらオナニーを楽しめるでしょう。
情報を盗む鍵はオナニー
アカネの指示に従ってオナニーするお話。

「聞こえる? あなた この音声作品を買ってしまったのね」
アカネはトーンが低く整った声の女性。
音声を聴く際の注意事項や物語の背景を説明すると
これから行う任務の内容をわかりやすく教えます。

本作品はとある犯罪に関する情報を盗もうとしてる彼女が
パートナーに選ばれた彼と協力しておよそ85分間のエッチな任務を遂行します。
彼女の組織は快感によって暗号解読の速度を上げる珍しいシステムを導入しており
部屋に入る番号やPCのパスワードを解析する際にオナニーする指示が出ます。

「射精はしちゃダメよ 重要な局面なの」
失敗したら敵に捕まる可能性がある結構シリアスな状況ですが
内容はエッチを大変重視しておりオナサポ作品として十分な歯ごたえがあります。
エッチシーンを総時間のおよそ8割も用意し、パートごとに責め方を変える凝った演出がされてます。
シチュがあまりエロくないからこそ、全体的に心身の刺激を強めに設定してました。

例えば任務を始める前に11分程度の練習パートがあるのですが
そこではこれから行うオナニーに関する様々なルールを教えます。
開始から少し経つとセリフとシコシコボイスが分離して同時に流れるようになり
任務に移った後は1分程度の間隔でそのペースが小まめに変わります。


危険を伴う活動だからでしょうけどシコシコボイスの平均ペースが速いです。
4秒1コキ、2秒1コキ、1秒1コキ、1秒2コキ、1秒3コキとスピードの種類も豊富で快感に慣れにくくなってます。
さらに2番目のミッション以降は純粋なエロさを上げて我慢を難しくするなど
オナサポを数多く制作されてるサークルさんらしい様々な工夫が随所でされてます。

オナサポを有利に進めるシステムが用意されてるのもポイント。
プレイ中に「ステイフィールド」と宣言すれば3回だけオナニーを休憩できます。
しかし彼女が「ヘンタイ」と言ったらその効力はなくなり再開する必要があります。

このへんはサークルさんの過去作を聴いたことのある人ならお馴染みでしょうね。
これを使うことを前提にしたきつさになってますから
どのタイミングで宣言するかによってクリア難度が大きく変わります。

機密情報を盗むためにオナニーする変わったシチュとそれを盛り上げる様々なシステム。
一般的なオナサポよりもストーリー性を持たせたうえで難度も上げてるM向けの作品です。
気の抜けないスリリングなエッチ
エッチシーンは6パート59分間。
プレイはオナニー、フェラ、足コキ、手コキ、SEX(立ちバック)です。
足コキ、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「今から私たちは このコンピュータールームに忍び込み データを盗み出すの」
事前の練習でオナサポのルールを主人公に一通り教えたアカネは
2人でパーティー会場に潜入し、まずは目的の情報がある部屋の鍵を開けにかかります。

エッチは終始彼女に言われた通りオナニーします。
「04 ミッション1〜入り口のパスコードを解読せよ〜(約14分)」はスタンダードなオナサポ。
開始と同時にシコシコボイスが流れ、それに合わせておちんちんをしごき続けます。
これの前に「03 スパイのルール&実践トレーニング(約11分)」というパートもありますが
ルール説明しながら軽くオナニーするだけなので省略します。

「女の穴で交尾できそうなくらいまで かなり硬くなってきてるわよ」
まだ序盤なので本作品の中では緩いほうですが
それでも1秒1コキが中心になってて結構気持ちいいです。
そして彼女が「チンポ」などのやや下品な淫語を言って別方向から盛り上げます。
プレイ中に別の声で解析率を報告するなど雰囲気作りもしっかりしてます。

このパートで鍵になるのがカウント。
彼女が5カウントした後に休憩するシーンが何度かあります。
そしてこれこそがクリアの難度を上げるトラップにもなってます。
詳細は伏せますが本作品ではいくつかのイレギュラー要素を盛り込み聴き手にスリルを与えます。
ビックリさせたり怖がらせるのではなく心の隙を突いてくる感じです。

続く2パート22分間は本題の情報を盗むシーン。
「05 ミッション2〜ターゲットPCにログインせよ〜(約7分)」はPCのパスワードを解析し
「06 ミッション3〜USBに機密情報をコピーせよ〜(約15分)」は
情報をコピーしてることがバレないようにオナニーを頑張ります。

「こんなの簡単なはずだから フェラチオして 一気に調べるわね」
そしてここからは彼女と疑似的にエッチする形で進めます。
05はフェラ、06は足コキ&手コキとプレイを切り替え
むしゃぶりつくような力強いちゅぱ音や効果音を鳴らして純粋なエロさを上げます。

本作品はエッチとあまり関連性がないスパイ活動をテーマにしてるので
両者を整合させながら心身をいかに上手く盛り上げるかが重要になります。
オナニーが激しくなれば情報分析にかかる時間も短くなりますし
違和感を出さずによりハードなプレイができる状況を作ってます。

「私の黒タイツの足裏で 足コキしてあげる」
私は06パートのほうがきつく感じました。
時間が05パートの倍近くあるのに加えて、足コキや彼をマゾ呼ばわりする言葉責めといった
M向けの要素がこれまでよりも強化されてます。
他にもここだけで登場する特別ルールもあったりしてやり応えがあります。
1秒2コキや1秒3コキでシコシコボイスを言う割合が増えてるのも大きいです。

そうやって試練を潜り抜けてきた後
「07 ミッション「脱出」〜陰茎静脈認証で脱出せよ〜(約9分)」でようやく射精の瞬間が訪れます。
名前の通り施設から脱出する様子が描かれており
今回は彼女とSEXして出口の鍵を開けようとします。

「立ちバックにするわよ 後ろからおまんこに入れて?」
凛々しかった彼女の声が挿入に合わせて一気に色っぽくなり
喘ぎ声を漏らしながら激しいシコシコボイスでスムーズに追い込みます。
ここまで頑張ってきた彼にご褒美をあげたのかもしれませんね。
時間は短めですがエロさは高く、我慢してきたこともありサクッと抜けました。

実際にやってみた感想は「気が抜けない」です。
序盤から速度の平均を高めに設定してるので油断すると暴発する可能性がありますし
後のパートになるほど責めの強さやエロさが上がってクリアが難しくなります。
ところどころにトラップが用意されてるのもスパイ活動に合ってて良いです。

しかし難度が高いからこそ無事やり遂げた時の達成感も大きいです。
罵倒とかはせず体への責めを激しくしてるタイプなので
興味があるならややMあたりの人でも聴けんじゃないかなと。
彼女も意地悪なことはほとんどせず協力する姿勢で接してくれます。

このように、独特なシチュとオナサポを上手く組み合わせたエッチが繰り広げられてます。
ストーリー性のあるオナサポ作品
一見するとなんの繋がりもない要素をきっちり関連付けてる独創的な作品です。

アカネは自分のパートナーになった主人公と協力して機密情報を得ようと
彼にはオナニーに専念してもらい、自分はそれをサポートしながら任務を遂行します。
そしてこれらの様子をシコシコボイスや疑似プレイによってエロく激しく表現します。

普段は落ち着いてるけどエッチでは淫乱に振る舞う女性スパイがオナサポする珍しいシチュ
スパイ活動の様子を描きながらそれぞれに合ったオナニーをするストーリー性のある作り
シコシコボイス、ステイフィールド、ヘンタイといった様々な要素を盛り込み
さらに平均ペースや純粋なエロさを高めに設定してクリアを困難にしたやりがいのあるエッチ。
サークルさんがこれまで培ってきたオナサポのノウハウを活かしたうえで
ボイスドラマとしても楽しめるように作品を仕上げてます。

中でも2番目は「オナニーで興奮するほど情報分析が速くなる」という斬新な設定を考案し
それをオナサポに役立つように上手く落とし込んでます。
一見すると無茶苦茶なんだけど、音声を聴くとさほど違和感がないことに驚きました。
序盤から激しめに責めて暴発を誘うなど、危険を伴う仕事に相応しいきつさになってます。

あとはリードが非常に丁寧で頭を空っぽにしたままオナニーに集中できます。
オナサポによくあるエロさの不足を解消する工夫もされてて実用度が高いです。
ちゅぱ音や効果音の速さがシコシコボイスとしっかり連動してますし
聴き手が主人公になりきりながらオナニーできるよう細かいところまで調整されてます。

射精シーンは1回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえてサークルさんでは2本目の満点とさせていただきました。
おまけは「スパイ育成トレーニング講座」です。

CV:大山チロルさん
総時間 1:25:12(本編…1:16:06 おまけ…9:06)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
販売ページには各パートの時間が書いてないのでこちらに記載しておきます。

01 注意事項 0:44
02 プロローグ 6:47
03 スパイのルール&実践トレーニング 12:03
04 ミッション1~入り口のパスコードを解読せよ~ 14:55
05 ミッション2~ターゲットPCにログインせよ~ 7:54
06 ミッション3~USBに機密情報をコピーせよ~ 17:04
07 ミッション「脱出」~陰茎静脈認証で脱出せよ~ 13:02
08 ゲームオーバー人生~性奴隷のセックスショー~ 3:38

2020年8月2日まで20%OFFの880円で販売されてます。

天宮じゅじゅさんが公開されてる無料の同人音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまなメイドが
童貞なご主人様へ一歩ずつ丁寧に性の手ほどきをします。

彼を立派な男に育てることを意識した甘いエッチが行われており
序盤は女性に慣れる、中盤は本格的なプレイ、終盤は筆おろしとシーンごとに異なる方針を掲げ
キス、ハグ、甘やかすセリフなど愛情を感じる行為を挟みながらゆっくり責め続けます。
無料作品では珍しく効果音に力を入れてるのもポイントです。
メイドとする気持ちいいお勉強
メイドの美優と6種類のエッチをするお話。

「夜分恐れ入ります 坊ちゃま」
美優は甘く穏やかな声のお姉さん。
ある日の夜、主人公の部屋にやって来ると
性教育の担当になったことを告げ早速キスします。

本作品はまだ学校に通ってる彼を立派な次期当主にするために
彼女がおよそ75分かけて女性の愛し方をじっくり教えます。
言葉遣いは終始丁寧ですが現在お世話係を務めてることもあり
彼女にとって彼は実の弟のように近しい存在です。
そのため事務的に振る舞ったりせず愛情を込めてエッチに取り組みます。

「こんなふうに 直接的にぼっちゃまと触れ合い 女の良さと扱い方を覚えてもらうのが 実技訓練です」
開始直後にキスやハグをして女性の柔らかさと温もりを教え
さらに「可愛い」と言いながらゆっくりペースで責める甘さの強い内容です。
筆おろしがテーマですけどSEXするのは終盤の2パートに留め
それまでは女性との接し方を教えながらおちんちんを軽く鍛える方針で進めます。

彼女がリードしつつ責め合うスタイルにしてるのも良いですね。
最初から最後まで彼女がお世話したら彼がマグロになってしまいます。
何人ものメイドを雇ってる家の当主がそれだとまずいので
おっぱいを揉んでもらったり腰を動かす指示を出して女性の責め方も教えます。

クッキーボイスさんがシナリオを担当されてるだけあって
単に筆おろししておしまいにならないように物語を組み立ててました。
エッチを通じて彼が成長する様子も描かれており2人の仲の良さが伝わってきます。

エッチについては童貞な彼がすぐ射精しないよう全体のペースを落としたうえで
各プレイの効果音をしっかり鳴らしてエロさを出してます。
手袋コキ、太ももコキ、パイズリ、SEXで別の音が使われてますし
質感も無料作品の中では高いほうだと思います。

本作品はテーマの関係上どうしても会話量が多くなるので
音が入ってるかどうかは抜きやすさに結構影響します。
SEXするトラック5と6は開始から5秒後には早速ちゅぱ音が鳴るなど
彼が経験を積むほどエロさが増すように調整されてます。
愛を込めてご奉仕するエッチ
エッチシーンは6パート68分間。
プレイはキス、ズボン越しの愛撫、乳揉み、手袋コキ、パンツ越しの手マン、太ももコキ、耳舐め、フェラ、パイズリ、SEX(騎乗位、正常位)です。
服を脱ぐ、愛撫、乳揉み、手袋コキ、太ももコキ、パイズリ、SEXの際に効果音が鳴ります。

「どうですか? 柔らかいですか? 何をドギマギしてるんです? ブラは着けてきてないに決まってるじゃないですか」
メイド服越しにノーブラのおっぱいを触らせた美優は
そのお返しにおちんちんをズボン越しに撫でて最初の射精に導きます。

エッチはごく一部を除き年上の彼女がリードします。
序盤の2パート23分間はエッチに慣れさせることを重視したプレイ。
トラック1はお互いに服を着たままおっぱいとおちんちんをいじり合い
トラック2は手袋をはめたままおちんちんをしごいたり彼女の太ももに擦りつけます。

「坊ちゃま おててとキスで ぴゅるるってしましょ?」
「坊ちゃまがたっぷり揉むから 美優も感じてきちゃいました…んんっ」

彼女は彼が童貞なことを知ってますから見下すことは一切ありません。
ソフトな刺激で射精しそうになったらすぐさま許可を出し
おっぱいを揉まれて気持ち良かったら素直に喘いで自信をつけます。
女性上位ですがご奉仕色が強いので属性はほぼノーマルです。

そして最中に鳴る効果音もエッチにリアリティを与えます。
おちんちんの愛撫は布を擦るような乾燥してて滑らかな摩擦音
手袋コキは「にゅちゅっ」みたいな水分高めの音と状況に応じて質感が変わります。
通常よりもゆっくり責めるので焦らされてる感じがするかもしれません。
これらをやりながらキスを適度に挟むなど、彼を甘やかしてるのがわかるようにのんびり進めます。

中盤の2パート23分間は一歩踏み込んだプレイ。
トラック3はフェラ、トラック4はパイズリフェラとより強い快感が得られるものに切り替えます。

トラック3は本作品で唯一効果音を鳴らさないパートなこともあり
亀頭に軽くキスする→竿を舐める→咥え込んでしごく流れをちゅぱ音を変えて表現してました。
キスとの違いがはっきり出るよう空気交じりの水音になっててエロさが増してます。

もう少し会話量を減らしたほうが自然になるとも思いますが
性教育らしさを出すために敢えてこうしたのかもしれません。
射精時は口できっちり受け止めて飲み干し、さらにお掃除フェラもする行き届いたご奉仕です。

「おっぱい 柔らかいですか? でも こういうこともできるんですよ」
それに対してトラック4は効果音が耳を惹きました。
最初は「ぱすんっ」という弾力のある摩擦音が鳴ってたのに
ペースを上げると弾力が落ちて代わりに水分が増します。
終盤に差し掛かるとベッドがきしむような音が加わりなかなか凝ってます。

同時にフェラをしたり射精時にぴゅっぴゅのセリフを多めに言ってくれるなど
前の3パートよりも抜きやすさがパワーアップしてるのがわかります。
優しくするだけではおちんちんが弱くなってしまいますから
彼にとって無理のない程度の試練を与えたのかもしれませんね。

終盤の2パート22分間は本題の筆おろし。
トラック5は騎乗位→正常位で2回、トラック6は騎乗位→フェラで2回と
これまでよりも射精シーンを増やして彼をさらに鍛えます。

「坊ちゃまの突き上げ上手 上手です 美優 感じちゃいます」
そしてここからは彼女の喘ぎ声が増えます。
挿入するところまでは性教育っぽさを出してますが、それ以降は普通に楽しむ感じで責めてました。
「中出しして初めて一人前」と言って男心をくすぐってくれますし
これまで頑張ってきた彼が報われるように精一杯のサービスをします。

色々積み重ねてきた後に繋がる展開も相まって、やはり初めてSEXするトラック5が最も盛り上がりました。
パート後半は彼が責め手に回って高速ピストンする激しいシーンも登場します。
物足りなかったからというのもあるのでしょうけど、私は彼女に対する感謝の気持ちを表したのだと思います。

このように、無理のないペースで前進する穏やかでテーマ性の強いエッチが繰り広げられてます。
丁寧な筆おろし作品
メイドがご主人様にエッチのやり方を教える様子を描いたあまあまな作品です。

美優は大好きな主人公を立派な男にするために
まずはキスやハグといったソフトなプレイをしながらおちんちんを優しく責めます。
そして中盤は口やおっぱい、終盤はおまんこと
後になるほど踏み込んだプレイをして童貞卒業を応援します。

優しくて面倒見のいいメイドが年下のご主人様を甘やかしながら筆おろしするノーマル向けのシチュ
いきなりSEXするのではなく、その過程もしっかり描いた流れのあるエッチ
彼の経験が増すのにつれてプレイが激しくなりエロさも上がる展開。
年上の女性に優しくされる幸福感で包み込みながら抜けるように作品を組み立ててます。

「ほら ブラのホックがあるでしょう? それを外してみてください」
中でも2番目はテーマの性教育を意識した描写がいくつもあって良いです。
例えばパイズリをする前にブラの外し方を教えるシーンがありました。
彼の気持ちを大事にしながら状況に合った責め方をする流れも愛に溢れてます。

天宮さんについては声を甘く穏やかにしたうえで
ちゅぱ音をやや下品にするギャップのある演技をされてます。
中盤までは緩めに責めて、終盤はエロさの高いSEXをするところもメリハリがありますし
言葉と行為の両方から彼に対する想いを伝えようとする意図が見られます。

射精シーンは8回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

無料ですから興味の湧いた方は是非お聴きください。

CV:天宮じゅじゅさん
総時間 1:17:26

視聴はこちらから
https://ci-en.dlsite.com/creator/5103/article/336285



サークル「ねこじた結社」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、明るくてSっ気もある風俗嬢が
早漏なM男を多彩なエッチで何度も射精に追い込みます。

各シーンに3つのレベルを設定し、後になるほど責めが激しくなるのが特徴で
コキ系、オナニー、その他と大きく3つに分けて
最初はあまあま、次は体への責めを強化、そして言葉責めも強化と
段階的にパワーアップさせてそれぞれの違いを鮮明にします。
3つのレベルで早漏いじめ
早漏いじめ専門店「ナイトメア」の受付をしてる「出雲 藍佳(いずも あいか)」がサービスするお話。

「あらあら? いらっしゃーい、お客様♪」
藍佳は明るくて優しい声のお姉さん。
ナイトメアに来店した主人公を嬉しそうに迎えると
新メニューの早漏射精プログラムについて説明します。

本作品は早漏な人をメインターゲットにした珍しいお店を舞台に
彼女がおよそ100分に渡って合計9種類のプレイをします。
コキ系、オナニー、その他と3つのシーンに分かれており
そのすべてでレベル1から3のプレイを用意し、心身の刺激を段階的に上げていきます。

「ちょっと甘やかされただけでイきたくなっちゃうよわよわおちんぽなのは、当たり前ぇ……♪」
風俗サービスなので基本的には優しく接しますが
彼の早漏っぷりを貶して興奮を煽ったり、短時間で連続射精させるM向けの責めが充実してます。
レベル1は甘く、レベル2はやや強く、レベル3はさらに激しくと明確な違いがあるので
似たようなプレイでも実際に聴いてみると違う印象を抱くでしょう。

パートあたりの時間は10分程度と短いのでレベル1から3をセットで聴くほうが抜きやすいです。
どのシーンも合計時間を30分前後に揃えてます。
時間に対する射精回数が多いですから、ガチでやる場合は体力をかなり消耗することを覚悟してください。

プレイについてはM向けなことを考慮しSEXなどの踏み込んだプレイはやらず
手コキ、オナホコキ、足コキといった女性が一方的に責めるものを色々取り揃えてます。
すべてのプレイで効果音がちゃんと鳴りますし、状況に応じて質感や動きも変化するのでわかりやすいです。

「クズちんぽ射精しろ……ザコなんだからさっさと射精しろ、このマゾ♪」
またレベル2以降になると言葉責めがパワーアップします。
パート数が多い関係でねこじた結社さんの他作品に比べると量は少なめですが
「ザコ」「クズ」といったあからさまに見下すセリフを穏やかな声で投げかけます。
私個人はもっとトーンを下げて冷たく言ってくれたほうが心に突き刺さると思います。

3段階のレベルを設定して徐々に刺激を上げる展開と心身をバランスよく責めるエッチ。
プレイの種類が多く、属性もややM~ドMと広めにカバーしてる割と欲張りな作品です。
多彩な責めを繰り出すエッチ
エッチシーンは9パート83分間。
プレイは手コキ、キス、オナホコキ、レザー手袋コキ、オナニー、耳舐め、乳首責め、パンツの匂いを嗅ぐ、足コキ、薄手の手袋による亀頭責めです。
服を脱ぐ、手コキ、オナホコキ、レザー手袋コキ、オナニー、足コキ、亀頭責め、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「さ……♪ それでは初めは手コキからいきましょうね♪」
早漏射精プログラムの大まかな流れを説明した藍佳は
その手始めとして言葉責めを交えた軽めの手コキをします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の3パート23分間は主に手を使ってしごくプレイ。
01は手コキ、02はオナホコキ、03はレザー手袋コキと徐々に刺激の強いものへ移ります。

「一杯気持ちよくなって……すぅぐザーメン吐き出しちゃえ♪ 早漏君は、そうするしかないの♪ だって、早漏なんだもの♪」
ナイトメアは早漏をいじめるお店ですから言葉責めもそれに沿ったものが多いです。
「きゅちゅっ」という粘っこい水音を鳴らしながら
おちんちんの弱さや早漏っぷりをソフトに貶して気持ちよく射精させます。
レベル1は手加減するのでMな人には生ぬるく感じるでしょう。

しかしレベル2に入ると徐々に変わります。
「ザコ」「弱い」といったあからさまに見下す言葉が加わり
おちんちんへの責めも平均ペースが上がって我慢するのが難しくなります。

「蒸れ蒸れの手袋で、腰震わせて射精するのがお似合いなんだよ、この早漏マゾっ♪」
特に03パートはわざと摩擦のある手袋を装着して2連続射精させるなかなかハードな内容です。
言葉責めが命令口調に変化したり、精液まみれの手袋をプレゼントされるなど
Mな人が喜びそうなことを積極的にやって彼を満足させます。

おちんちんへの責めは割とスタンダードなのでシチュや言葉責めのほうに個性を感じました。
この後も連続射精するパートを多めに用意して早漏いじめらしさを表現します。

中盤の3パート30分間はオナニー。
04は耳舐め+オナニー、05は乳首責め+オナニー、06は言葉責め+オナニーと
おちんちん以外の責めを変えて前回同様激しくしていきます。

「早漏君のザコちんぽが耐えられるはずがありませんよねっ♪ メス乳首を絶頂まで追い込まれて、早漏ちんぽが震えちゃってますもん♪」
オナニー自体は開始と射精の指示を出す以外は効果音を鳴らす程度に留め
そのぶん乳首責めの実況や言葉責めを充実させてM心をくすぐります。
言葉責めに強いサークルさんなだけあってセリフの表現方法がなかなか多彩でした。
そして04は緩め、05は標準、06は速めとオナニーの平均ペースも変えてレベルごとの違いを出します。

私個人はこの中だと04パートが最も良かったです。
プレイ時間が作中で最も長い13分あるのに加えて耳舐めも変化に富んでます。
右→左の順にほぼ半々の時間で舐めるのですが
耳の外側を舐める、内側を舌でぐりぐりする、耳全体を口に含んでもごもごすると色々やってくれます。
事後に「甘くし過ぎたかな」と彼女がちょっぴり反省するのも可愛いです。

終盤の3パート30分間は落差を際立たせてるシーン。
07は赤ちゃん言葉やベロチューを交えた手コキ、08は後ろから抱き着き乳首を責めながらの足コキ
09は薄手の手袋をはめてから亀頭責めと手コキを組み合わせて激しく責めます。

「はぁ……可愛い所がちゅき♪ いっぱいお射精しちゃう所がちゅき♪ ちょっと情けない所がちゅき♪」
「ほんっと、早漏♪ こんな簡単に出しちゃって、恥ずかしくないんですかぁ♪ くすくす♪」

ここの落差が大きいと感じる理由は雰囲気と絶頂回数。
07では「ちゅき」「可愛い」と言って緩めに責めて1回射精させてたのが
09に入ると11分間で2回の射精、3回の潮吹きと一気にハードさが増します。

さすがにこれを実際にこなすのは無理でしょうから
射精と潮吹きを1回ずつ目指すあたりが妥当です。
亀頭責めをイメージしやすくするために実況をやや多くしてありました。

このように、パートやシーンによって責め方を変える幅広いエッチが繰り広げられてます。
個々のプレイはしっかりしてるのだが
メジャーからマイナーまでプレイの種類が豊富なところが魅力の作品です。

藍佳は女性にいじめられたい早漏な主人公を喜ばせようと
3つのシーン、3つのレベルを用意しそれぞれに合ったプレイを順に繰り出します。
そしてレベルによって体への責めや言葉責めのきつさを変えてメリハリをつけます。

声と態度は優しいけど性格は割とSな風俗嬢にいじめられるM向けのシチュ
シーンごとに3つのレベルを設けて徐々に責めを強くする面白い展開
効果音と言葉責めをバランスよく組み合わせたエッチ。
早漏な人でも楽しめるようにひとつひとつを短くしたうえでまとめてます。

中でも2番目は他の音声作品でもなかなか見られないシステムですし
レベルごとの違いもある程度わかるように調整されてます。
私は別に早漏じゃないので「パートごとの時間が短すぎるかなぁ」と思いましたが
早漏な人にとってはこれくらいが丁度いいのかもしれません。

ただ言葉責めの量がそれほど多くないのは残念です。
ねこじた結社さんは言葉責めが得意なサークルさんなので
こういうテーマであっても心に響くセリフをもっと言ったほうが持ち味が出ると思います。
パートをかなり細かく分けたのがそれを難しくしてしまったのかなと。

絶頂シーンは18回(射精15回、潮吹き3回)。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:天知遥さん
総時間 1:42:19

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年7月18日まで20%OFFの880円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「こむらがえり」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、包容力があって性欲も旺盛なシスターが
教会へ懺悔しに来た色んな男性をエッチな手段でスッキリさせます。

フェラと精飲にこだわったエッチをするのが特徴で
前者はシスターのイメージよりもずっと下品なちゅぱ音を積極的に鳴らし
後者は口を閉じる/開ける両方のスタイルでうがいしてから美味しそうに飲み干します。
シスターとする気持ちいい懺悔
シスターが4人の男性とフェラや精飲するお話。

「遠い所までようこそおいでくださいました」
シスターは明るくて穏やかな声のお姉さん。
教会へ来た人たちを確認し、その中にいる少年へ声をかけると
彼の悩みを聞いてからおちんちんを見せて欲しいと言います。

本作品は人里離れた教会で愛を布教するために頑張ってる彼女が
信徒にあたる彼らとおよそ80分に渡るエッチをします。
思春期くらいの少年、遅漏に悩んでる妻帯者、真正包茎、そして特殊な趣味を持つ男性と
パートごとに相手を変えながら状況に合ったプレイをして悩みを取り除きます。

「私の愛が、貴方のオチンポを癒します さぁさぁ、その悩めるオチンポを こちらへ」
彼らの懺悔を真剣な表情で受け止めたり、優しい言葉をかけて心の重しを取り除くなど
彼女はシスターと呼ぶのに相応しい穏やかで献身的な性格をしてます。
しかし彼らとエッチすることに対しても非常に積極的で
おちんちんのことをわざと「オチンポ」と呼んで興奮を煽ります。

シスターと聞くと清楚な女性をイメージする人が多いでしょうから
それを逆手に取って敢えて下品に振る舞うことを心がけてます。
ノーマルな人でももちろん楽しめますが、女性を汚すことに快感を覚えるSな人のほうが向いてると思います。

それを最もわかりやすく物語ってるのがプレイ構成。
どのパートもフェラや精飲といった口を使う行為を中心に行い
その際に下品なちゅぱ音をガンガン鳴らして彼女の淫乱さを強く印象付けます。


本作品のエッチはすべて懺悔室の壁越しに行うためキスやSEXはできません。
だから彼女におちんちんを差し出し、しゃぶってもらうことで己の罪を悔い改めます。
といっても開始後は普通にエッチする感じですから堅苦しさはありません。
彼女もノリノリで責めてくれますし、信徒へのご奉仕と呼ぶのがピッタリな内容です。

わざわざ「フェラや精飲」と書いたように精液を飲む描写にもかなり力を入れてます。
具体的に言うと最初の3パートは射精後に4分程度の時間を設け
口の中に吐き出された精液を相手に見せつけてから入念にうがいして飲み込みます。
また最終パートはすべての時間を精飲に費やす珍しいプレイが登場します。

口をもごもごする、ガラガラと喉を鳴らす、一部でゲップを漏らすなど
エロさよりも下品さを強調した飲み方をするのでそういうのが苦手な方はご注意ください。
でもこういうプレイをする作品は数が少なく、受け入れられる人ならドハマリすると思います。

清楚な印象のシスターが下品に振る舞う展開とフェラや精飲に特化したエッチ。
タイトルの「聖女精飲」を忠実に音声化したキャラとプレイの両方に個性がある作品です。
口と喉でとことん尽くすエッチ
エッチシーンは4パート64分間。
プレイはフェラ、精飲、口を使った皮むきです。
エッチな効果音はありません。

「今からお姉さんが、オチンポくんに、愛の洗礼を授けます」
少年の話を聞いてすぐさま事情を把握すると
シスターは既に硬くなってるおちんちんにむしゃぶりついて性欲を発散させます。

エッチはどのパートも彼女が責め続けます。
最初の2パート29分間はフェラに力を入れてるシーン。
「01.愛の洗礼(約12分)」は少年、「02.愛の癒し(約17分)」はなかなか射精できない男性を口で清めます。

「ムズムズ、すぐにないないして、大人チンポになろうねぇ」
彼女はエッチなシスターとして有名だそうですから
これまで数多くのおちんちんにご奉仕してきたのでしょう。
その証拠に序盤からじゅるじゅると泡立ったちゅぱ音を積極的に鳴らします。
聞きやすくするためにペースはやや遅くし、代わりにパワーを上げてバランスを取ってました。

「童貞の少年がこんなフェラされたらすぐ射精するんじゃない?」と思うくらいパワフルです。
最初は舐めとすすりを組み合わせてたのが少し経つとピストンフェラに変化します。
本作品はちゅぱ音を鳴らすシーンが多いので、単調さが出ないよう鳴らし方を適度に変えてました。

「ムズムズの原因はぁ…コレでしたぁ」
射精後にもお楽しみがあるのが本作品の魅力です。
ここでは口を開けて精液を見せつけ、口の中で4分くらい堪能してから飲み込みます。
フェラと精液が大好きな彼女の性格が早速発揮されててエロいです。

02パートは相手が遅漏なのでフェラの時間を長めに取ってます。
ゆっくりペースでしゃぶるところから始まり先端をぺろぺろ舐める
口をすぼめて「じゅじゅー」と吸い上げてから軽く舐めるのを繰り返す
ピストンフェラに移る、そこにバキュームが加わるとバリエーションが豊富です。

精飲の時間は3分程度ですから本作品の中で最も無難なプレイと言えます。
少年を射精させるのは簡単ですから、ここで彼女のテクニックを披露したかったのかなと。
また02と04パートはしゃぶりながら彼女が心の声を漏らす演出がされてます。

それに対して後半の2パート35分間はアブノーマルな内容。
「03.愛の浄化(約20分)」は包茎のせいで汚れてるおちんちんの掃除を行い
「04.愛の赦し(約15分)」は自分の精液を女性に飲ませると興奮する男性の欲望を満たします。

「そうですね…きっとこの皮の奥にいるオチンポは悪い気に侵され、苦しんでいるはず… うふふ… 私に全てお任せ下さい」
普通の女性ならすぐさま拒絶するくらいにチンカスを溜めたおちんちんを嬉しそうに嗅ぎ
およそ11分もかけて皮を剥いてからフェラと精飲に移る独特なプレイです。
清楚な女性が汚れていくシチュが好きな人ほど興奮するでしょう。
この男性もかなりの変態ですが、その願いを受け入れる彼女も負けないくらい変態だと思います。

そして04パートは彼女の変態っぷりを最も印象付けるプレイです。
男性がコツコツ出して溜めてきた精液をその場で飲む様子を時間いっぱい描きます。

「あぁ なんて濃い味 卵の白身みたいに ねとぉって精子たちが口の中でへばりついて 喉に絡んですごく飲みづらぁい」
独特な匂いと口当たりのする精液を嫌がるどころか嬉しそうに飲み続け
長めのうがいを挟んでからゲップを漏らす動作を数回繰り返します。
ゲップは3回程度ですから多いと言うほどではありません。
追加で彼がその場で出した精液も味わうなど、精液大好きな性格がストレートに反映されてます。

正直人を選ぶプレイですけど、本作品のタイトルが「聖女精飲」なことを考えれば
こういうパートがあったとしても別におかしくはありません。
ちゅぱ音を駆使してリアルに表現されてますし質は高いと思います。

このように、柱となるふたつのプレイを上手に組み合わせた独特なエッチが繰り広げられてます。
ちゅぱ音まみれの作品
比較的下品なちゅぱ音をたっぷり盛り込んでるノーマル~ややS向けの作品です。

シスターは教会へ懺悔しに来た男性たちの悩みを取り除こうと
一対一で向き合いながらそれぞれに応じたプレイで気持ちよくします。
そしておちんちんだけでなく精液も愛し、その様子をやや下品なセリフと音で表現します。

清楚だけどエッチが始まると下品に振る舞うシスターに口で抜いてもらうシチュ
どのパートもフェラと精飲に力を入れてる尖った作り
これらすべてを受け入れ優しい言葉をかける彼女の慈愛に満ちたキャラ。
シスターによるご奉仕をサークルさんらしいやり方でお届けします。

中でも2番目はこのところ耳舐めが幅を利かせてるからこそ新鮮に感じます。
フェラは下品でパワフルな音を多く鳴らしてキャラとの落差をつけてますし
精飲もただ飲み込むのではなくじっくり味わうフェチズム溢れるプレイになってます。
同じちゅぱ音を垂れ流さず数分単位で責め方を変える工夫がされてるのも良いです。

後半が結構ぶっ飛んでるので万人向けとは言えませんけど
どのプレイもしっかりしてるし十分なエロさを持ってます。
フェラや精飲をここまで幅広く表現できるのは素晴らしいです。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音多め、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

おまけは信者一同から「愛」のプレゼントです。

CV:高梨はなみさん
総時間 1:48:16(本編…1:19:05 おまけ…29:11)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年7月15日まで20%OFFの880円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「たれうさぎ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまなロリババアが
愛する夫のために短時間の風変わりなエッチをプレゼントします。

タイトル通り囁き声で色んなオノマトペを言うのが特徴で
シコシコ、くちゅくちゅ、ぴゅっぴゅなど音声ではお馴染みのものを取り揃え
それらを左右から個別に、あるいは同時に言って興奮と射精を後押しします。
ロリババア嫁がする変わったご奉仕
ロリババアがオノマトペを言いながら手コキするお話。

「ふーっ 1人で何をしておる おまえ様」
ロリババアは古風なしゃべり方をする甘い声のお姉さん。
これからオナニーしようとしてる主人公に声をかけると
もっと自分を頼って欲しいと言ってからそのお手伝いをします。

本作品は彼と結婚し幸せな日々を送ってる彼女が
性欲の解消をしようとおよそ15分に渡って彼の耳とおちんちんを責めます。
彼女は人外のようですが性格はとても温厚で
自分を使わずオナニーしようとする彼を見て軽くすねる可愛いところを持ってます。
そのため人間の夫婦と同じく終始あまあまな雰囲気で責め続けます。

「ぴゅっぴゅー ぴゅるぴゅる ぴゅっぴゅー ぴゅるぴゅる」
最大の魅力はオノマトペ。
おちんちんを撫でる時は「つつー」、しごく時は「シコシコ」
射精の時は「ぴゅっぴゅ」とそれぞれに対応したセリフを言って応援します。
これらのほとんどを耳元至近距離から囁き声で言うため臨場感も高いです。

しかし本作品の場合はこれらの運用方法にも光るものを持ってます。
エッチ開始時から彼女が2人に分身し、セリフを言う役とオノマトペを言う役を分担します。
具体的には左側がオノマトペだけを言い、右側は普通にしゃべりながら耳舐めします。
彼女をロリババアに設定したのはサークル主の大山チロルさんが得意にされてるのもありますが
このプレイを違和感なく成立させる意味合いもあるのだと思います。

総時間が短い作品でオノマトペに特化するとプレイの状況がわかりにくくなりますし
夫婦らしさや純粋なエロさについても弱くなってしまいます。
そのすべてを解決する効果的な演出と言えるでしょう。
密度が高く愛に満ちたエッチ
エッチシーンはおよそ12分間。
プレイは右耳舐め、おちんちんの愛撫、手コキ、オノマトペです。
エッチな効果音はありません。

「反対側の耳から わらわの声が聞こえるな」
主人公の同意を得て目を瞑ってもらうと
ロリババアは分身し、左右からセリフとオノマトペを言って興奮させます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の6分間は手コキに向けた準備をするシーン。
左は熱っぽい吐息と「つつー」、右は耳舐めとエッチなイメージで心身を盛り上げます。

「美味しそうじゃ おまえ様のオチンポ わらわのきつきつおまんこに入れると きっとカリ首が気持ちいいところに引っ掛かり ぐっちゅぐっちゅと犯してくれるんじゃろうなぁ」
彼女は彼のことが大好きですからエッチが始まっても愛情たっぷりに接します。
「おちんちんは自分がお世話するから触らないでね」とお願いしてから
指先で裏筋のあたりをゆっくり撫でる様子を実況し
さらに自分とSEXしてる様子も軽くイメージさせて気持ちをわかりやすく伝えます。

ここでSEXしないのは時間が短いのもあるでしょうけど
オナニーしたがってた彼の気持ちを尊重したのかなと。
手コキなら非常に近いプレイですから2人の願望を同時に叶えることができます。
エッチを通じて彼女の思いやりが伝わってくるおかげでとても温かいプレイに感じました。

本格的な手コキが始まるのは後半から。
左はシーンに応じて速度を変えながら「シコシコ」「くちゅくちゅ」を言い
右は前半よりも熱っぽい息遣いで実況と耳舐めを続けます。

「しごくスピードが速くなったのう おまえ様の精子をこき出そうとしておる速さじゃ」
シコシコボイスが適度に変わるおかげでオナサポとしての側面も持ってます。
右が吐息や耳舐めを重視してるのは左とは別のオノマトペをぶつけるためでしょう。
射精の直前に差し掛かると一緒にオノマトペを言って密度をさらに上げます。

しごく時間がそれほど長くないことを考えると
1~2日溜めた状態で聴いたほうがタイミングよく出せそうです。
あるいは自分が好きな画像を見ながらオナニーするとか。
価格が220円と安いので、そういう使い方をしても十分元は取れます。

このように、愛情を込めてオノマトペを言うタイトル通りのエッチが繰り広げられてます。
コンパクトで個性的な作品
オノマトペを多めに盛り込んだうえで夫婦愛も描いてる作品です。

ロリババアは愛する夫の射精を手伝おうと
分身し左右に密着しながらおちんちんを愛撫し、同時にオノマトペや吐息を漏らします。
そしてある程度温まった後はシコシコボイスを交えた耳舐め手コキで射精に導きます。

優しくて愛情深いロリババアがオノマトペを言いながら手コキするノーマル向けのシチュ
シコシコ、ぴゅっぴゅなどのセリフを多めに盛り込んだテーマ性の強い作り
左はオノマトペ特化、右はセリフ&耳舐めと役割分担して責める密度の高いエッチ。
囁き声によるオノマトペをしっかりやりつつキャラも立ったプレイに仕上げてます。

オノマトペはオナサポやM向けの作品で割と出てくる要素ですが
最初から最後までそれを重点的にやる作品はあまり見かけません。
そこに着目し音声化するのが素晴らしいし、ロリババアとも違和感なく融合させてます。

「大好きな旦那様 もっとスケベになり わらわとまぐわおうな」
さらに彼女の魅力も引き出せてるところにサークルさんの力量の高さが窺えます。
彼女がこういうエッチをするのは彼を喜ばせたいからです。
そして今後2人がより深いプレイをするきっかけ作りにもなってます。
エッチメインですけど、そこからキャラの心情や物語の背景がイメージできるように作られてます。

射精シーンは1回。
淫語(オノマトペ)そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

オノマトペが好きな人、女性の愛に飢えてる人には特におすすめします。
おまけはオノマトペ素材11種です。

CV:大山チロルさん
総時間 18:01(本編…14:38 おまけ…3:23)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります



サークル「喫茶綴」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段はお淑やかだけど特定の状況で淫乱になる妻が
旦那と耳かきやエッチをして親密度をさらに深めます。

パートによって彼女のキャラが大きく変わるのが最大の特徴で
昼間は穏やかで恥ずかしがり屋、夜は淫乱で積極的とほぼ正反対の属性を持たせ
それぞれに合ったプレイをして自分のすべてを曝け出します。
愛らしい嫁が持つもうひとつの顔
妻と耳かきやエッチをするお話。

「あ、おはようございます お体は 大丈夫ですか?」
妻はのんびり話す上品な声の女性。
縁側で膝枕されながら寝てた主人公が目覚めたので挨拶すると
以前話した時に彼が言ってた耳かきを志願します。

本作品は夫にひたすら尽くすことに喜びを感じる献身的な奥さんが
自宅の縁側や室内で140分に渡る癒しとエッチなサービスをします。
彼女は肌の色や髪の色がこの世界の普通の人と違うことにコンプレックスを抱いており
そんな自分を嫁に迎え優しくしてくれる彼に心から感謝してます。
だから愛情をたっぷり詰め込んだサービスをしてその恩に報います。

「私 嬉しいんですよ 無防備なお姿を見せてくださるのは 私に気を許してくださっている証拠だと 思っていますから」
厳しく躾けられたのか夫に対しても丁寧語で話しながら
自分の気持ちを素直に伝えて幸せな時間を過ごします。
初めて耳かきをする時に真剣そうな表情を見せたりと
大事にされてる気分が強く伝わってきて胸のあたりがぽかぽかしました。
少なくとも冒頭の彼女は優しくて、貞淑で、初々しい理想的な新妻です。

しかし彼女にはもうひとつの顔が存在します。
夜になると普段とはまるで違う淫乱で積極的な姿を見せてくれます。

「私はあなたの妻なんだから 私はあなたの望むこと 全部 全部叶えてあげたい」
口調が丁寧語からタメ口へと変わり、声のトーンもやや落ちて色っぽくなります。
他にもキスや耳舐めする時のちゅぱ音が激しくやや下品になるなど
男の興奮をくすぐる要素がいくつもあってエロさがパワーアップしてます。
(人格の違いを分かりやすくするために表は青、裏はピンクでセリフを表記します)

この二面性こそが本作品最大の魅力です。
表→裏→表とパートごとにキャラが変わるので
同じ女性とエッチしてるのに聴いた時の印象が結構変わります。
しかし彼を愛する気持ちだけは一切変わらず、それが2人の仲をより深くすることへと繋がります。
表現方法は独特ですけど新婚夫婦らしいイチャラブ全開なお話になってます。

一番最初の「01.蠱惑の癒」でするのは耳かき(約26分)。
縁側で彼女に膝枕されながら耳かき棒で左→右の順にお掃除します。
そしてどちらも終了時に弱めの風圧で3~5回息を吹きかけます。

耳かき棒は「ずすーっ」という滑らかで丸みを帯びた音が使われており
奥から手前へ掻き出したり壁をなぞるように長めのストロークで動きます。
器具は1種類ですけど位置、動き、ストロークの長さが小まめに変わるので単調さはありません。
適度な間隔で音が途切れるなど現実の耳かきに近い表現がされててレベルが高いです。

「やっぱり 緊張…しますね」
「少しだけですけど 勝手がわかってきた気がします」

そして最中の彼女(表)も色んな表情を見せてくれます。
やりたかった耳かきが実現して嬉しいのと同時に緊張して深呼吸を繰り返し
左耳に取り掛かった直後は息を飲む音を挟みながら真剣に手を動かします。
そして右耳に移ったあたりから気持ちに余裕ができて会話も少し増えます。

本作品は彼女のキャラが一番の魅力ですから
このパートでは耳かきしながら普段どんなふうに接してるかを表現します。
初めてだからといってわざとミスすることもないですし、音とセリフの両方に癒しを感じました。
お互いのすべてを曝け出すエッチ
エッチシーンは4パート82分間。
プレイは耳舐め、キス、素股、手コキ、SEX(騎乗位)、アナルSEX、お掃除フェラです。
素股、手コキ、SEX、アナルSEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「そろそろ エッチな事 したいよね?」
耳かきをした日の夜、そのまま寝入った主人公を耳舐めで起こすと
妻は「気持ちが高ぶってるからSEXしたい」とストレートに伝えます。

エッチは最終パートを除き彼女が責め続けます。
最初の「02.蠱惑の夜」は裏の彼女が初めて登場するパート(約24分)。
突然の展開に戸惑う彼へ積極的に迫り、結局彼の気持ちを汲み取って素股に切り替えます。

「あなたに耳かきをしながら 興奮していたのかも ねぇ 私 変態だね」
こちらの彼女はタイトルの「蠱惑(こわく)」にピッタリな妖艶な女性。
この時を待ちわびてたことを言葉と行為の両方から伝え
序盤にするキスはじゅるじゅるといやらしい音を立てながら吸い付くように責めてきます。
表の彼女がまずやらなそうなことをガンガンするのでギャップが本当に大きいです。

作品の販売ページを見ると耳舐めもそれなりにやりそうな雰囲気ですけど
確認した限りでは4パート合わせて約17分と少なめでした。
耳舐めよりもキスのほうが量は多いので耳舐め特化じゃないことをご了承ください。

パート後半から始まる素股は「ぱんっ」という肉がぶつかり合うような音を
後になるほどペースを上げる形で鳴らし続けます。
お互いに生で接してるからでしょうけど彼女の吐息も結構熱っぽかったです。

そして勢いで挿入できそうな状況なのにそれをやらないところに優しさを感じました。
彼女が彼とSEXしたいのは間違いないですけど無理矢理する気はありません。
一時の快楽を得るためではなく、夫婦の仲をより親密にするためにしたいと思ってます。
淫乱になっても彼への愛はしっかり維持されてて甘くエロい空気が漂ってます。

2番目の「03.蠱惑の愛」は表の彼女と初めてエッチするパート(約25分)。
昨夜のことをきちんと謝ってからその埋め合わせに耳舐め、キス、手コキをします。

「あなた 好きです 愛しています 大好きなんです」
前のパートよりも恥ずかしそうな表情で愛の言葉を投げかけ
手コキもゆっくりペースで控えめな摩擦音を鳴らすキャラに合った責めっぷりです。
純粋なエロさはやや落ちてるので、女性に尽くされてるシチュが一番の抜きどころになるでしょう。
射精した後に彼の耳元で精液を飲み干すなど、普段より大胆なところも見せてくれます。

後半の2パート33分間はより深いプレイに挑戦するシーン。
「04.蠱惑の刻」は裏の彼女と騎乗位SEX(約16分)
「05.蠱惑の罰」は表の彼女とアナルSEXをします(約17分)。

「ねぇ 私のおまんこに あなたのおちんぽ 入れて?」
04パートは彼女が上に乗って彼が抵抗しないことを確認し
それからストレートなおねだりを経て挿入にこぎつけます。
うっとりした声、熱い息遣い、弾力のあるピストン音、そして同時にやる耳舐めやキスのちゅぱ音。
エッチな声や音を複数組み合わせて濃厚なプレイに仕上げてます。

彼女が処女だからでしょうけど捻ったことは特にやりません。
表の彼女にはできないことを裏の彼女が見事にやってのけてます。
前の2パートで雰囲気を作った後に挿入するので聴いた時の満足感も大きかったです。

それに対して05パートは彼女の健気さを面白い方向から描いてます。
裏の自分がしたことを罰するために自らアナルSEXを志願し
挿入後は彼が射精を迎えるまでピストンを受け止め続けます。
事前に洗浄を済ませてあるので衛生面は問題なさそうです。

「なぜこんなに気持ちよく んぐぅっ」
彼女の予想ではもっと痛みや苦しみを味わうと思ってたようですが
実際は気持ちよくて吐息交じりの喘ぎ声を多めに漏らします。
彼より先に絶頂しますし、なんだかんだで楽しんでるのが微笑ましいです。

耳かきをすることすら恥ずかしがってた表の彼女が
最終的にアナルSEXまでするようになったところに成長を感じました。

彼女にふたつの顔があることを知ったうえで両方愛そうとする彼の器も大きいです。

このように、お互いのすべてを曝け出してより親密になる夫婦愛を感じるエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の純愛作品
妻が持つふたつの顔を引き立てながらたっぷりイチャイチャする作品です。

妻は結婚したけどまだ肉体関係はない主人公とより親密になろうと
まずは耳かきで体が触れ合っても緊張しないように練習します。
そしてエッチはパートごとに表と裏を切り替えながら後になるほど大胆なプレイをします。

普段は貞淑だけど夜になると淫乱さを発揮する妻と耳かきやエッチをするノーマル向けのシチュ
彼のことを大事にしながら恥ずかしそうにお世話したり責められる表のキャラ
ストレートなおねだりや下品なちゅぱ音で誘惑する裏のキャラ。
彼女がどんな人物で、何を思いながら彼と接してるかを中心に描いてます。

最初は控えめだった表の彼女がだんだん積極的になっていくところが特に印象的でした。
裏の彼女も彼の気持ちを尊重しますし、両者が影響し合って良い方向に進んでます。
どんな時も彼女を信じ愛し続ける主人公にも十分な魅力を感じました。
サークルさんなりのやり方で夫婦の愛情模様を表現してます。

時間、内容ともにエッチメインですけど耳かきの品質も高いです。
30分を切る手頃な時間に設定されてますし
就寝前にここだけ聴いておくと心が穏やかになって寝つきがよくなると思います。

エッチは02と03パートの会話量が多めでややテンポが悪く感じましたが
04と05できっちり盛り返してて上手くまとまってます。
キャラ重視の作品だとどうしても内面描写が厚くなるので
女性に尽くされる充足感や幸福感を味わいながら抜きたい人に最も向いてます。

射精シーンは4回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

おまけは「蠱惑の夢」とフリートークです。

CV:かの仔さん
総時間 3:04:20(本編…2:22:19 おまけ…42:01)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年7月15日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「いちのや」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ちょっぴり意地悪だけど根は優しい後輩が
超早漏な恋人のおちんちんをローション手コキでゆっくり鍛えます。

「早漏じゃない」と言い張る彼をすぐさま射精へ追い込んだり
己の弱さに気落ちする彼をパンツコキで慰めるなど
甘さと厳しさを混在させた愛のあるエッチをするのが特徴です。
後輩彼女とする気持ちいいトレーニング
後輩の家で手コキされるお話。

「ふぅ 先輩が手伝ってくれたおかげで いっぱいお買い物できました」
後輩は丁寧語で話す甘い声の女の子。
買い物に付き合ってくれた主人公にお礼を言うと
下着選びを手伝ってくれなかったことをからかってから自宅に誘います。

本作品はものすごく弱いおちんちんを持つ彼を無理のないペースで鍛えようと
彼女がおよそ75分に渡って合計3種類のプレイをします。
2種類のローション手コキ、パンツコキと手を使ったプレイを中心に据えており
これらをするにあたって彼女は甘さと意地悪さを混在させておちんちんを責め続けます。

「あははっ もしかして もう出ちゃいそうなんですか? そんなわけないですよねー?」
彼女は彼の弱点や耐久度を知り尽くしてるので決して無理はしません。
通常よりもずっとスローペースで責めながら、彼が悶える姿を嬉しそうに観察します。
言葉責めも軽くしますけど悪意があるわけではなく
彼が少しでも射精を我慢できるように挑発する意味合いが強いです。

そして彼が十分頑張った後はきちんとご褒美をあげます。
優しい言葉をかける、彼が望むことをやってあげると内容も手厚く
彼女が彼に強い愛情を抱いてるのが自然と伝わってきます。

意地悪もややMあたりの人ならむしろご褒美に感じるでしょうね。
各パートに射精シーンがありますけど、かなり焦らす感じで責めるので
早漏じゃない人は最後に1回抜く姿勢で聴いたほうが気持ちよくなれると思います。

音声版と漫画版が用意されてるのも大きな特徴です。
本作品は原作者で挿し絵も描かれてる葵井ちづるさんの漫画を音声化したもので
違和感が出ないようシナリオに手が加えられたバージョンと(本レビューで紹介するのは主にこれ)
漫画のセリフをそのまま読み上げるふたつのバージョンが入ってます。

漫画は「イジワルであまあま~後輩彼女に手コキで愛されるお話~」という別の作品になってますから
読みながら音声を聴いて抜きたい人は両方買う形になります。
防鯖潤滑剤さんがシナリオを担当されてることもあり
音声版は原作の雰囲気がしっかり表現されててレベルが高いです。
漫画版は主人公の心情や反応を絵で補完するため、音声単体だとややわかりにくい印象を受けました。

好感度MAXな後輩彼女が甘く意地悪に責めるシチュとふたつの媒体で表現する演出。
ややM向けのエッチを通常とは違うやり方でお届けするイチャラブ系作品です。
ゆっくりねっとり責めるエッチ
エッチシーンは4パート56分間。
プレイはローション手コキ、おちんちんに息を吹きかける、亀頭責め、キス、パンツコキです。
服を脱ぐ、手コキ、亀頭責め、パンツコキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「敏感なおちんちん 私が優しくいじめてあげますから 恥ずかしい声 いっぱい聞かせて欲しいです」
自宅へ移動し軽い休憩を挟んでから早速エッチを持ち掛けた後輩は
本当はしたいのに素直になれない主人公を軽く誘惑して興奮させます。

エッチはどのパートも彼女が責め続けます。
一番最初の「01 ローション手コキで優しく弄ってあげますね…♪」は
彼女の性格と彼のおちんちんの弱さをわかりやすく物語ってるパート(約12分)。
1分間手コキに耐えられたらSEXできるルールを定め
ローションまみれの手で亀頭、竿、金玉を個別にゆっくり刺激します。

「ぷにぷにの手のひらで おちんちんを抱きしめて 指を1本ずつ丁寧に絡ませますから しっかり我慢してくださいね」
彼女は最初から彼を応援する姿勢を取っており
すぐ暴発しないよう通常よりもずっと緩いペースで粘っこい水音を鳴らします。
最中のセリフも甘いものが多くて意地悪さはそれほど感じません。
「これだけ手加減したらさすがに耐えられるだろう」と思うあたりに調整してます。

しかし彼のおちんちんはそんな予想を遥かに上回るほどの早漏です。
玉揉みの途中で我慢できなくなりあっさり敗北します。
彼女もそれを予想してたのか、すかさずぴゅっぴゅのセリフで応援してました。

プレイ自体は確かに焦らし系のやや意地悪な内容です。
でもこれは彼に合わせただけで彼女の意志によるものではありません。
こういう背景があるからイジワルであまあまなエッチが成立するわけです。
これだけヘタレな彼と真面目に向き合ってる時点で彼女は相当に優しいと思います。

続く「02 息を吹きかけたり四つん這い手コキでいじめられるのはどうですか…?」は
彼女の意地悪なところをやや強くしたパート(約15分)。
ソフトな手コキであっさり射精した彼への罰として
四つん這いにさせてからおちんちんに息を吹きかけたり再度手コキします。

「これ ダメですか? じゃあゆっくり いい子いい子 ふふっ 逃がしませーん またはやーく ちゅこちゅこちゅこちゅこ」
おちんちんだけでなくアナルも観察して羞恥に悶えさせる
射精したばかりの亀頭を小刻みに責める、速い→遅いを繰り返して揺さぶりをかけるなど
Mな人が喜びそうなプレイが充実してます。
体への責めはやや激しいですけど、声やセリフを引き続き穏やかにしてバランスを取ってます。

それに対して「03 私のパンツの中で射精していいですよ♪」は甘さが引き立つプレイ(約11分)。
ここまで合計3回射精した彼を今度はパンツコキで甘やかします。

「ほら パンツ越しなので刺激も柔らかいですよ おちんちん ふわふわで幸せですね」
囁きに近い穏やかな声へと変わり、その場でパンツを脱いでおちんちんに絡めるご褒美色の強い内容です。
彼はとんでもない早漏だけど回復力は驚異的なので
最後に優しさを感じるプレイを持ってきて後味を良くしたのでしょう。
「ずじっ」みたいな柔らかい水音を鳴らして手コキとの違いをはっきり出してます。
前のパートが意地悪だったからこそ幸福感に包まれながら射精できました。

このように、本作品の特徴をそのまま反映させたエッチが繰り広げられてます。
(「06 ★漫画の台詞に忠実版!読みながら聴く用の音声同梱!」はここまでの内容とほぼ一緒なので説明を省略します。プレイ時間は約18分です。)
愛を込めて意地悪する作品
嫌な気分をまったく抱かせずに焦らす変わった純愛作品です。

後輩は主人公のおちんちんを今より少しでも強くしようと
まずはSEXする権利をかけたゲームをしてその弱さ加減を確かめます。
そして次は意地悪→優しいと落差を持たせた手コキとパンツコキで鍛えます。

根は優しいけど時折意地悪なところも見せる後輩がソフトな手コキをするややM向けのシチュ
甘さと意地悪さを混在させた愛情たっぷりなエッチ
音声と漫画の両方で同じストーリーを描いた新しい試み。
超早漏な彼氏とするエッチを柔らかいタッチで描いてます。

「いえいえ 気にしないでください 私がやってあげたかったんですから」
中でも2番目は彼女の優しさが随所に込められてて良い気分で焦らしを受け入れられます。
彼のおちんちんが弱くても見下したりせずむしろ元気づけ
精液を手にたっぷりぶっかけられたらそれを嬉しそうに眺めます。
「好きでやってる」と作中でも言ってますし、本当に面倒見のいい女性です。

そして彼女が優しいからこそ裏切って射精してしまう展開にゾクゾクします。
彼は結構頑張ってるのでしょうけど、それでも一般的な男性よりずっとヘタレです。
四つん這いでアナルを見られるシーンもありますし、羞恥を味わいたい人には特に向いてると思います。

射精シーンは4回。
淫語それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

おまけは「オナホコキ興味あるんですよね♪」です。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:25:05(本編…1:15:01 おまけ…10:04)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年7月7日まで10%OFFの1188円で販売されてます。

↑このページのトップヘ