同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ:催眠音声 > 全年齢向け.

   ● 座敷童女と見る夢 ―初恋―
   ● 安深催眠 -星南編-
   ● 催眠スクール~催眠にかかる為の催眠音声~
   ● 心身をリラックスさせる自律神経訓練法 教習音源
   ● 東方入眠抄18 依るべない夜と少女の依物語
   ● ルミナスタジオによる 力を伝えるシャボン玉のエクササイズ
   ● 爽やかに××が体を流れてゆく…
   ● 東方入眠抄17 あうんちゃんに守護られて安らかに眠る音声催眠
   ● 眠れる捕虜生活 ~ほりょ☆みん~
   ● ルミナスタジオによる 体の調子を整えるシャボン玉のエクササイズ


座敷童女と見る夢 ―初恋―

サークル「Re:Volte」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、里に住み着いて子供たちをずっと見守ってきた座敷童女が
すっかり成長した男性と再会し安眠のお手伝いをします。

キャラやストーリーに力を入れたドラマ仕立ての誘導が行われており
催眠暗示は深化や入眠時に固めて入れる程度に留め
その代わり彼女のお話、BGM、囲炉裏の音といった別の要素で癒しと眠気を与えます。
座敷童女が選んだ道
座敷童女に催眠をかけられ眠りにつくお話。

「おや 起こしてしまったかの?」
座敷童女は上品で可愛い声の女の子。
都会の喧騒に疲れて故郷へ帰ってきた主人公が目覚めたのに気づくと
自分の姿が見えることに驚き昔話を始めます。

本作品はサークルさんのオリジナル作品第3弾。
子供時代の彼を始め多くの人々を陰ながら見守ってきた彼女が
昔語りをしながらおよそ35分に渡る癒しの催眠を施します。

東方入眠抄シリーズを数多く制作されてきたサークルさんなだけあって
ストレートに催眠を施すのではなく、キャラやストーリーを大事にしたドラマ性のある誘導を行います。
暗示をガンガン入れるタイプじゃないので催眠に入ってる感覚はそこまでしないでしょうが
音声を聴くうちに癒されたり眠気を感じる人は多いと思います。

「小さい頃は よく遊んだんじゃぞ まあ 忘れてても仕方のないことじゃ」
それに最も貢献してるのが彼女の存在。
「~じゃ」という古風な言葉遣いで序盤から親しげに語りかけます。
彼女は彼のことをよく知ってますが、彼はとある事情で昔の記憶を失ってるそうです。
その理由も含めて2人の関係を少しずつ紐解いていきます。
しっかりしたストーリーがあるので聴いてて純粋に面白いです。

所々にBGMや環境音を取り入れてるのもポイント。
音楽も手がけられてるサークルさんらしいやり方で作品世界に引き込みます。
催眠と直接関係のある要素ではありませんが、臨場感やイメージ力の向上に役立ってるのも事実です。
そしてこれは作品の特徴であるドラマ仕立ての誘導と相性が良いです。
昔の思い出を辿りながら
催眠は2パート36分間。
横になって目を瞑り、まずは深呼吸や鬼ごっこで心身をリラックスさせます。
ちなみに催眠開始後は彼女の声にたびたびエフェクトがかかります。

「わしはこっちじゃぞ お姉さんを捕まえてごらん?」
「お主の手が わしに触れる 温かな感触に 心が安らぐ」

世間では立派な大人でも座敷童女から見れば主人公は可愛い子供です。
だから昔やった遊びに再び取り組む形で意識の力を上手に弱めます。
彼女の手が鳴った方向へ意識を向けるというもので、繰り返すと軽い疲れやぼんやりした感覚がします。
彼女を無事捕まえた時にその温かさを伝えて安心感を与えるのも良いです。

ある程度落ち着いた後は安眠の舞台となる忘れられた場所へと旅立ちます。
カウントを数える合間に「落ちる」「浮かぶ」などの暗示を厚めに入れて催眠状態を一気に深めます。
私が聴いた時も数が進むたびに全身がズーンと重くなりました。
ストーリー重視ですが要所はしっかり技術を行使していて安定感があります。

2番目の「忘れられた場所」パートは彼女が生まれ育った場所へと移動し
そこにあるあばら家で寛ぎながら昔話の続きを聴きます。

「ぱちぱち燃える炎が お主の体を温めてくれる 体の芯から ぽかぽかしてくるね」
ここでは到着後に彼女がつけた囲炉裏の音が癒しを与えてくれます。
昔話についても作品の全貌がわかるものになっており、最後まで聴くとしんみりするのではないでしょうか。
私はパートの中盤あたりでホロリと涙が出ました。

「眠気がお主を包み込む 暗くて暗くて 温かな漆黒の眠り」
そしてすべてが終わった後に眠りの世界へ導きます。
再会できたことが余程嬉しかったのか、母親のような安らいだ声でゆっくり数を数えます。
和風情緒漂うBGMが流れたり、セリフの間隔を意識して長くするなど
聴き手がすんなり眠れるよう気遣いながら物語を締めくくります。

ちなみに本作品にはおまけの後日談がありまして
本編視聴後はそちらも合わせて聴くことをおすすめします。
解除音声がついてないので本編の最後に眠らなかった場合は他作品の解除音声を聴いてから
そのまま寝入った場合はおまけを直接聴く形になります。

このように、彼女との思い出を振り返りながら眠りにつく流れのある催眠が繰り広げられてます。
ちょっぴり切ない作品
東方入眠抄シリーズと同じく登場人物の個性と魅力を引き立たせた作品です。

座敷童女は久しぶりに再会した主人公と新しい思い出を作ろうと
催眠を使ってまずは彼の疲れた心をほぐしつつ自分の生家へ案内します。
そして移動後は囲炉裏に当たりながら膝枕をして安眠へと導きます。

見た目は若々しいけど母親のような優しさと包容力がある彼女のキャラ
昔の出来事を振り返る中で技術を行使するストーリー重視の催眠
BGMや環境音で雰囲気を盛り上げる演出。
作品独自の要素を活かしたちょっぴり切ない物語が楽しめます。

Re:Volteさんは東方入眠抄シリーズで完成された作風を持つ一方で
オリジナルは自分の持ち味を活かせてなかったり個性が薄いなど首を捻る部分がありました。
それが今作でほぼ解消されたと私は見ています。
あちらの良かったところを上手く落とし込んでるなと。

催眠の技術自体は古典系の基本的なもので揃え
その間に昔語りや彼女の心情描写を違和感なく組み込んでます。
最近の催眠音声は物語の中に暗示を散りばめる現代催眠型も結構ありますけど
本作品の場合は技術とドラマ部分をある程度分離したうえで共存させてます。

2人の関係やストーリーこそが一番の聴きどころですね。
最初はわからなかった部分が少しずつ明らかになっていきます。
本編だけだとしこりが残るかもしれませんけど、後日談まで聴けばスッキリできます。

ストーリー性のある作品が好きな人には特におすすめします。

CV:冬岸るいさん
総時間 49:37(本編…44:30 おまけの後日談…5:07)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
50分で400円とコスパが良いので+1してあります。

安深催眠 -星南編-

サークル「Eryps」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

【立体音響】安深催眠 -楓編-」に続くシリーズ2作目となるこちらは
不眠症の改善を目的にお姉さんが催眠を使って優しく眠りへと導いてくれます。
聴き手がそのまま眠りにつくことを想定してリラックスに十分な時間が取られていたり
その後も安心できるイメージや静かな時間を演出するテーマに即した作りが特徴です。



良い睡眠には心の平穏が不可欠
催眠サロンの店員「星南」に安眠できる催眠をかけてもらうお話。

「初めまして ようこそ 催眠サロンへ」
星南は誠実そうな優しい声の女性。
不眠症に悩んで初めて来店した主人公に対して
お店やサービスの内容を簡単に説明してあげます。

本作品は有料の催眠音声では珍しく全年齢ということもあって
作品の大部分が催眠導入及び深化に費やされているのが特徴です。
催眠音声だと深化後にエッチな事をする作品が多いのですが
催眠は本来心の病を治すために行うもので、本作品のように用いる方がむしろメジャーです。

「私の手のひらが あなたの素肌を滑って 硬い筋肉を指圧します」
本格的に催眠を開始する前に、星南は足・太もも・背中・腕をマッサージしてくれます。
これは初来店で緊張しているであろう主人公を催眠に入りやすくするためでしょう。
時間が2分程度と短く効果音も無いため、聴き手に対しては雰囲気づくり的なシーンと言えます。

催眠は3パート23分ほど。
最初は拳や目に意図的に力を入れてからカウントを数え
それに合わせて脱力することでより自然な体のリラックスを行います。
「~を意識して脱力してください」とか言われるものよりはずっとやりやすく感じるはずです。
脱力した瞬間に軽い暗示で効果を強めているところもいいですね。

「桜以外の草木を見てください 目に優しい綺麗な緑色 それを眺めてると だんだん心が落ち着いていきます」
軽い深呼吸を挟んだ後、今度は春夏秋冬をイメージしながら体に寒さや温かさを感じます。
春の穏やかな空気、夏の強い日差し、秋のほんのりとした肌寒さ、冬の身を切るような冷たさ。
それぞれの条件に合わせて暗示として入れられる正反対の感覚が
だんだんと心を疲れさせ、自然な眠気を誘ってくれるでしょう。
こういった正反対の感覚を交互に植え付けていく手法は他の作品でもしばしば登場します。



数字だけが刻まれる静かなひと時
十分にリラックスできたところで星南は長い螺旋階段をイメージし
そこをカウントに合わせて下りながらゆっくりと意識を沈めていくように言います。
催眠音声では割と見かけるシーンですね。

「深く 深く あなたの意識は沈んでいく」
彼女が100の数字を逆に数えていくのを聴きながら更に意識をぼんやりさせていきましょう。
今回は合間に暗示を一切入れないシンプルな構成で
聞こえ続ける数字に耳を傾けているとそれだけで眠くなるかもしれません。
人間は数字を数えるととてもリラックスするらしいですから、それはごくごく普通の反応です。

「明日になったら きっと今まで以上に 頭がよく回って どんな問題も すぐに解決できます」
そして最後に本題である不眠症を改善するための暗示を入れていきます。
自分が楽しいと思うときの情景を思い描かせたりして
仕事や自分への不安を取り除き、明日への活力を生み出す。
そんな催眠らしい無意識を利用したアプローチが印象的でした。

主人公の悩みを踏まえてかなりリラックスに力を入れた比較的シンプルな催眠です。
体の脱力を2回に分けて行ったり、イメージも人に優しい自然の情景を描いたりと
とにかく相手に安らいでほしいと思いながらそれに適した手法を投入しています。

個人的にはもうちょっと暗示を厚くした方がいいとも思うのですが
そうすることで心が必要以上に疲れるのを避けたかったのかもしれません。
ゆったりとした雰囲気や静かなひと時はそれだけでリラックス効果をもたらしてくれますから。
そう考えると催眠音声よりも安眠音声の色が濃いかな?とも思えます。



思いやりが感じられる作品
主にセリフ周りが聴き手を労わる気持ちに溢れている作品です。

星南の発する声は清らかで癒しのパワーがあり
それと催眠が合わさることで一段階上のリラックス効果を生み出してます。
先程書いたように彼女の話す内容には一切棘が無く安心して聴くことができます。
総合すると安眠効果は十分に見込めると言えるでしょう。

一方催眠音声としてこの作品を見た場合、もっと声を有効活用する必要性を感じました。
例えばもう少し間を置いたり話すスピードを緩めてゆったりとした雰囲気を作り出したり
声に緩急をつけてセリフ以外の部分でもイメージを埋め込んだりといったところです。

最も残念だったのが深化の100カウントの数え方に一切変化が無かったこと。
後になるほどゆっくりと、トーンを落としながら数えるだけでも大きな違いが生まれたはずです。
台本についてはそれほど問題を感じません。

そんなわけでちょっと辛めの点数とさせていただきました。
安眠特化型ってことで難しいところなんですけどね…
でも催眠を扱っている以上、催眠音声としてどうかという基準で判断しました。

体験版に全編の台本が収録されています。
本作品についてもっと詳しく知りたい方はそちらもご覧ください。

CV:伊藤あすかさん
総時間 31:33


オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

催眠スクール~催眠にかかる為の催眠音声~

サークル「エロトランス」さんの催眠音声作品(男女両用 全年齢向け)。

今回紹介する作品は、催眠音声を聴き始めたばかりの人をターゲットに
先生たちが催眠に関する説明や誘導を行ってより楽しめるお手伝いをします。

事前に20分程度の時間を割いて催眠のあれこれをレクチャーしたり
担当声優、催眠誘導、イメージ誘導を複数パターン用意し聴き手の自由に選ばせるなど
多くの人に催眠状態を実感してもらうことを目指した親切丁寧なサービスをするのが特徴です。

今回は陽向葵ゅかさんのバージョンを聴いてのレビューをお送りします。
催眠の第一歩を踏み出す手助けを
催眠スクールで先生の講義を受けるお話。

「初めまして 本校に入学いただきありがとうございます」
先生は知的で上品な声のお姉さん。
催眠にかかりたくてやって来た主人公を温かく迎えると
学校のコンセプトを軽く説明してから授業を始めます。

本作品は催眠音声を聴き始めた人にありがちな悩みを解消することを目的に
彼女を含めた教師陣が2時間近くに渡る独特なサービスをします。
催眠状態に入って癒しを感じたり気持ちよくなる一般的な催眠音声とは違い
催眠そのものを理解し、その感覚に触れることだけを見据えてリードします。

サークルさん自身もおっしゃられてますが、既に催眠を十分堪能してる人には必要の無い作品です。
内容もかなり真面目でエンターテインメント性は低いことをご了承ください。
ですが内容を絞ってあるおかげで催眠にはものすごく入りやすいです。

そう言える一番の理由は「幅広さ」。
声質の異なる声優さんを数多く起用し、さらに催眠誘導の方法も複数種類用意してあります。
人によって好きな声質は様々ですからそれにできるだけ対応するのが狙いでしょう。
今後のバージョンアップでもう3人追加されるそうです。
一対一で講義を進めますから双子形式ではありません。

誘導も最初は3パターン、次は5パターン存在しやり方がそれぞれで違います。
私もメールやコメントで「催眠にかかれない」というご意見をよくいただくのですが
催眠は相性の影響が割と大きく、世間で名作と言われてるものでもまったく入れない可能性があります。
だからこれらを聴き比べて自分に合うものが何かを知るのはとても有効です。

「すごく簡単に催眠現象を説明すると ○○といったことです」
もうひとつは催眠をかけ始める前にその説明をすること。
そもそも催眠とは何か、催眠状態や催眠誘導の概要、そして催眠にかかったらどうなるか。
催眠に関する教本を一冊も読んだことのない人でも理解できるよう噛み砕いて教えます。

中の人がリアル催眠術師さんなだけあってどのパートも丁寧でわかりやすく
我々が説明を聴いた結果どう思うかまで予想しながら的確なフォローをします。
そしてこれは彼女との信頼関係の構築に大変役立ってます。

ちなみに彼女は冒頭で「対面催眠や催眠音声を一度も体験してない人はまだ聴かないほうがいい」と注意します。
まずはまっさらな状態で催眠に触れてみて、そこでもし躓いたら聴いてねという位置づけです。
完全な初心者さんはひとまず他の作品をいくつか試した後に検討してみてください。
不安を取り除いてから気持ちのいい世界へ
注意事項の説明を終えた後から始まるのは催眠の講義(約22分間)。
催眠のメカニズム、人間と催眠状態の密接な繋がり、催眠誘導の種類
それを受けたことによって生まれる感覚を具体例を交えてひとつずつ教えます。

「そう 普段私達は 一日の中で 何度も催眠状態に入っています」
「どれかひとつでも 当てはまるものがあったり 体の変化を感じたら それは催眠状態に入っていると考えていいでしょう」

専門用語を使わずに話すことで小難しい印象を聴き手に植え付けるのを避けつつ
催眠にかかりにくい人が抱きがちな後ろ向きの感情を払拭できるよう
多くのシーンでポジティブな表現を使うことを心がけてます。
例えば人間は催眠に類する感覚を毎日体験してる、催眠を受けて何かしらの変化があればそれはもう入ってるなどです。

催眠にまだガチでかかったことのない人はもっとすごいものだと思ってるのでしょうけど
実際のところ最初は「意識がちょっとぼやけてるかな?」程度の小さな変化です。
でもそれを実感し、自分が催眠に入り始めてるとわかればもっと別の感覚が生まれ始めます。
本職の方に対面でかけてもらったらまた違うかもしれませんが、私のレビューを読む人はほとんどが催眠音声のはずです。

そうやって催眠に対する理解を深め不安を取り除いた後、いよいよ催眠誘導が始まります(約30分)。
全部バラしたらつまらないでしょうから催眠誘導、イメージ誘導いずれも一番目のものだけ紹介します。

流れは楽な姿勢で目を瞑り数回深呼吸やストレッチをして心身を軽くほぐし
それから腕、脚、顔、頭など全身をいくつかのパーツに分けて個別に脱力します。
そして最後にエレベーターに乗って下りるイメージとお花畑のイメージでさらに深めます。

「抜き方がわからないなら 抜けるイメージをするだけでもいいですよ」
「頭の中の力も すーっと抜いていく すると 頭の中がふわふわしてきたり あるいはじんじん ぴりぴりと痺れるように感じてくるかもしれません」

何をしたらわからない人でもついていけるよう簡単な心構えを伝授し
表現を小まめに変えながら「すーっと」「抜ける」を何度も重ねる堅実なアプローチです。
また「~かもしれない」とやや婉曲な表現を用いることで受け入れやすくもしています。
一通り終えたところで全身を再度流し、脱力具合の確認までするところが素晴らしいです。

最初の講義から通しで聴いたからか、私の場合は脱力の開始と同時に肩のあたりがぽかぽかしました。
脱力感も実感できるレベルであったのを覚えてます。
そして頭の脱力に入ったところで後頭部がじんじんし始めました。

「下へ行くほど 吐く息とともに ますます力が抜けていき 今よりもさらに 深い世界に連れて行ってくれます」
イメージ誘導もエレベーターに乗った時の全身が落ちる感覚や
その先にあるのどかな風景、花の匂い、ベンチで寝転ぶ感覚を言葉で上手に伝えます。
イメージの内容をどれも平易にしてるのも初心者に配慮してあって良いですね。
彼女の眠そうな表情につられて眠気が湧く人がいると思います。

催眠終了後にあるふたつの実践パートも本作品の魅力です。
手を固める練習、振り子とまった違う内容で催眠の成功体験を提供します。
後者は製品版付属のPDFファイルを印刷した紙とネックレスやペンデュラムを使います。

「石は硬いもの、と 頭の中や実際に声に出して呟くと よりそのイメージ力が高まると思います」
手を固める練習は実際にやってみたところ
彼女がそうなる暗示を入れる前の段階からうまく開かない状態になってました。
この後何をやるかがわかってたからそう反応したのかもしれません。
人によっては結構がっちり決まるんじゃないかなと。

このように、催眠の扉を開くことだけを見据えた質の高いサービスが繰り広げられてます。
初心者向けの作品
催眠にかかれないと思ってる人は必聴の作品です。

先生は催眠を楽しみたいけどそうなれずにいる主人公を助けようと
まずは催眠そのものを知ってもらうことで無意識的な不安や緊張を取り除きます。
そして複数の誘導法を用意し、それを彼に選ばせることで入れる道筋を示します。

声優さんや誘導法を幅広く揃えた大衆性の高い作り
催眠誘導を始める前に催眠のあれこれをわかりやすく説明する展開
聴き手の立場に立ったきめ細かなアプローチとアドバイス。
催眠にかかるまでのことだけを考えたタイトル通りのサービスが楽しめます。

催眠にかかれるかどうかは催眠音声を聴く人なら誰もが必ず通る道なので
初心者のための催眠音声」などそれを主目的にした作品は過去にいくつも出ています。
しかしここまでストイックに追求してる作品を私は他に知りません。
催眠術師や催眠音声製作者として長く活躍されてるサークルさんの本気を感じました。

「催眠にかかりにくい人は どうすればいいか それは ○○ていくことが大切です」
私個人は最中のアドバイスに最も感銘を受けました。
彼女の説明を聴いたことによって生じる疑問点を速やかに、かつ簡潔に解消します。
そしてそのすべてが平易な表現で行われてます。
全体の大きな作りだけでなく、こういう細かな部分にまで気を遣ってるから入りやすく感じるのです。

催眠は実力のあるサークルさんなだけあって抜群に優れてます。
普段は変わったことを好んでやる傾向がありますが、今回は真正面から勝負していてあっさり入れました。
1回目でうまくいかなかったとしても声優さんや誘導方法を変えていけばきっかけが掴めると思います。

以上を踏まえてサークルさんでは5本目の満点とさせていただきました。

CV:かの仔さん、みもりあいのさん、陽向葵ゅかさん、あきらさん、一条ひらめさん、ユメノシオリさん
総時間 2:14:04(声優さんによって多少前後します)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

心身をリラックスさせる自律神経訓練法 教習音源

サークル「オフィス リグーシカ」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、催眠音声でも結構使われてる自己催眠法「自律訓練法」を
お姉さんのガイドに従い実際にやりながら身につけます。

彼女が聴き手を催眠状態に誘導するのではなく
自分で催眠に入る方法を伝授するトレーニング要素の強い内容になっており
簡単な説明やイメージを交えながら標準訓練の流れをひとつずつ丁寧に説明します。
自律訓練法をわかりやすくレクチャー
お姉さんに自律訓練法のやり方を教えてもらうお話。

「では 自律訓練法の注意点についてお話します」
お姉さんは穏やかで透き通った声の女性。
自律訓練法の概要や注意点を手短かに説明すると
楽な姿勢になり早速その流れを実際にやりながら説明します。

本作品は20世紀にドイツの精神科医シュルツが考案した自己催眠法である
自律訓練法の習得を目的にしたトレーニングボイス。
彼女が10分程度の短い時間を使ってその流れや催眠に入るコツを伝授します。

音声を聴くだけで催眠に入れるわけではありませんから厳密に言えば催眠音声ではありません。
しかし彼女に教わったことを繰り返し実行することで入りやすくなるのも事実です。
仕事の休憩時間や就寝前など空いた時間を使ってやるといいリフレッシュになるでしょう。
2分、5分、11分の3パターンが用意されておりどれかひとつを自由に選択できます。

今回教わる自律訓練法の標準訓練は至ってシンプル。
手足が重い、手足が温かい、心臓が静かに打ってる、呼吸が楽になる、お腹が暖かい、額が涼しい
以上6個の暗示を順番に復唱するだけです。
誰でも暗示を暗記できるようにどれも簡潔な表現を心がけてます。

「手足に 重い布団が乗っているのをイメージしましょう 手足がずーんと重い 手足がずーんと重い」
ただそれだけでは面白くないだろうということで冒頭にちょっとした心得を話したり
軽いイメージを交えてよりやりやすくする工夫をしてます。

各暗示は3回程度言うだけですが心の中で復唱してみると少しは効果があるかもしれません。
教習音源の名の通り彼女は終始淡々とした表情で進めます。

このように、自己催眠法の習得だけを見据えたコンパクトなサービスが繰り広げられてます。
極めてシンプルな作品
自律訓練法の流れをストレートに教える筋の通った作品です。

お姉さんは主人公が自分自身に催眠をかけられるようにしようと
ストーリー性を一切持たせず最初から最後まで冷静に自律訓練法のやり方をレクチャーします。
そして流れをざっと説明した後は3パターンの音声を好きに選んでもらい繰り返し練習します。

タイトル通りの事をするトレーニング色の強い作り、本題以外のことは一切やらない割り切った内容。
目標に向かって一直線に進む非常にわかりやすい作品になってます。

自律訓練法自体は有料、無料を問わず催眠音声でそれなりに使われてます。
ですがその多くは女性が暗示を入れて誘導するタイプで本作品とは作りが根本的に違います。
この作品がやることは自分で催眠に入るきっかけを与えてくれるところまでだということをご了承ください。

個人的に気になった点はふたつ。
彼女の話すペースが全編を通じて速くセリフごとの間も短いことと
5分や11分のバージョンで第1公式から第6公式を数回ループさせてることです。

前者は作品のコンセプトを考えればもっと緩やかに話したほうが
落ち着いて聴けるし飲み込みやすいと思います。
癒しがテーマの作品で雰囲気が慌ただしかったら本末転倒ですからね。

後者はそれぞれの時間を使って第1から第6公式までを1回やるのではなく
3分程度をかけて第6公式まで終えたら再び第1公式に戻り最初からやるのを繰り返します。
これだと暗示が飛び飛びになってあまり効果が見込めません。
例えば11分なら1分30秒くらいで均等に分けて暗示を厚めに入れたほうがいいでしょう。

シンプルな内容でありながら作りに粗さが見られることを踏まえて
今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:水城結衣さん
総時間 26:26

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2018年9月25日まで30%OFFの280円で販売されてます。

東方入眠抄18  依るべない夜と少女の依物語

サークル「Re:Volte」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、東方シリーズに登場するキャラ「依神紫苑」が
偶然出会った男性に寄り添いながら安眠できる催眠をかけます。

催眠自体は深呼吸や分割弛緩といったオーソドックスな技法を施し
その中に若干ネガティブな印象がする暗示を入れて貧乏神らしさを出してます。
貧乏神にできる精一杯のおもてなし
依神紫苑に催眠をかけられ眠りにつくお話。

「あ、あの…こんばんわ ごめん 急に部屋に入ってきたからびっくりさせちゃったかな?」
紫苑は優しくて大人しそうな声の女の子。
主人公の家に突然現れ取り憑いてしまったことを謝ると
自己紹介してから不眠に悩んでる彼を安眠へと導きます。

本作品は自分と相手の両方を不運にする能力を持つ彼女が
眠れなくて夜に出歩いてる彼と偶然出会い、そのまま家まで付き添い悩みを聞いてあげます。
原作では貧乏神をしてるだけあって声が弱々しく態度も控えめに振る舞うことが多いです。

東方入眠抄シリーズは登場人物の特徴や能力を使って催眠をかけるのが特徴です。
本作品もその例に漏れず、主に後半シーンで彼女らしいアプローチをかけてきます。
ただ貧乏神を全面に押し出すと却って安眠しにくくなることを踏まえて
他のシリーズ作品よりも表現に気を遣ったり抑えて進めます。

一風変わった安眠音声といった感じですね。
彼女も終始優しく健気に振る舞うので雰囲気は穏やかです。

催眠はおよそ30分間。
一番最初の「催眠準備」パートは催眠に入りやすい環境づくりを目的に
深呼吸したり体をいくつかのパーツに分けて順番に脱力します。
催眠開始後は彼女の声に若干のエフェクトがかかります。

「吐き出す時に 体の中から 黒いもやのようなものが出ていくイメージ」
「右手に溜まった淀みが 呼吸と一緒に口から出ていく」

そして彼女は早速「悪いもや」「淀み」といった若干ネガティブな単語を取り入れ
それらが体から出ていくイメージを通じてリフレッシュさせます。
脱力の際はそれぞれで短いカウントを数えながら暗示を入れてくれますし
声や雰囲気も相まってそれなりに重さを感じます。

続く「催眠パート」は深化。
彼の許可をもらってから彼女が右手に添い寝し、体を密着させながら意識の力をさらに弱めます。

「とくん とくん 心 温かくて ドキドキしているよ とくん とくん 君の心が 少しずつ無気力になっていく」
「ぐにゃり 意識が 感覚が すべてのものが形を失う」

ここでは彼女の能力を使ってやる気を奪い眠らせようとするのがいいですね。
十分脱力した時に感じるぼやけた感覚を水に例え、自分の存在が希薄になったようなイメージもさせます。
カウントを数えながらゆっくり暗示を入れる流れも緩やかで取り組みやすく
いい気分に浸りながら頭を空っぽにして聴くことができます。

「幸福の中で 君の存在がさらに希薄になって 消えてしまうよ 大丈夫 私が一緒にるから 意識が消えるまで 私たちはずっと一緒」
そして最後の「憑依」パートではお互いの心をさらに近づけます。
彼を支配するのではなく一体化する方針ですから融合と言ったほうが妥当かもしれません。
前のパートを引き継いでより意識を希薄にし、それと同時に彼女がすぐ近くにいる安心感を与えます。
中盤から流れるピアノBGMもその場の雰囲気に合ってて良いです。

このように、多少のイレギュラー要素を交えて眠らせるやや珍しい催眠が繰り広げられてます。
物悲しさを含んだ作品
貧乏神から連想されるイメージを取り入れて癒す挑戦的な作品です。

紫苑は自分が貧乏神だとわかってるのに受け入れてくれた主人公をぐっすり眠らせようと
できるだけ不幸にしないよう気遣いながら少しずつ心と体の距離を縮めます。
そして催眠技法はスタンダードなものを用い、最中の暗示で彼女らしさを出します。

癒しや安眠にあまり適さないキャラがお世話する展開
リラックスできるアプローチを多めに用意し、その中にちょっぴりネガティブな描写を込めた催眠。
あまあまなキャラがする一般的な安眠催眠との違いを出して物語を進めます。

「君のことを大事に思えば思うほど 私は君のそばにはいられない」
彼女は持って生まれた能力のせいで他人となかなか一緒にいることができません。
だから彼に深く感謝しつつできるだけ早くこの場から離れようとします。
この矛盾した思いが聴き終えた時にちょっぴり切ない気分を与えてくれます。

ストレートに眠らせておしまい、ではないところが本作品の個性であり魅力です。
明るいタッチのおまけ音声が用意されてますから寂しいと感じたらそちらで口直しするといいでしょう。

催眠はシリーズの過去作と技法を特に変えず暗示の表現で違いを出してます。
露骨にネガティブな言い回しにすると安眠を阻害してしまうためかなり気を配ってる印象を受けました。
安眠音声として十分な品質を持ってると言えます。

おまけは2種類の音声と4種類のBGMです。

CV:稲垣麻木さん
総時間 1:05:30(本編…36:32 おまけ…28:58)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

ルミナスタジオによる 力を伝えるシャボン玉のエクササイズ

サークル「ふしぎラボ -Mystiska Lab-」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、声も態度もおおらかなお姉さんが
シャボン玉のイメージを使った独特なエクササイズを指導します。

暗示よりも様々な音を使ってイメージを膨らませるのが最大の特徴で
バイノーラルビート、シャボン玉の音、膜をつついた時に鳴る神秘的な音色などを組み合わせ
幻想的な世界に漂ってる様子を直感的に伝えて癒しと没入感を与えます。
シャボン玉の癒しを他者に
ミレーニアにリードされて癒しのエクササイズをするお話。

「こんばんは お元気ですか?」
ミレーニアは上品で穏やかな声のお姉さん。
鳥の鳴き声が流れる中、主人公に作品のコンセプトを説明すると
ひとまず主人公をシャボン玉の夢の中へ案内します。

本作品は現在までに7本出てるシリーズの第6弾。
彼女の誘導で深いリラックス状態になってから他者を癒す方法を教わります。
催眠音声と言えば体を隅々まで脱力させたりカウントを数えながら暗示を入れるのが主流ですが
本作品では暗示よりもイメージや音を使ってシャボン玉の世界にいる感覚を与えます。

実際に聴いてみると所謂「落ちる」感覚はしないと思います。
でもその代わりに心身がリフレッシュしたり現実から離れた場所にいる気分を味わえます。
全体的に音のレベルが高く聴けば聴くほど作品世界に引き込まれていきます。
過去作に登場した要素を使うシーンがあるので視聴済みの人ほどイメージ力の向上を実感できるでしょう。

またシャボン玉を使って自分自身に働きかけてた過去5作とは違い
本作品では物、場所、他人といった自分以外を対象にしたアプローチも登場します。
例えば歯医者に行くのが嫌いな人にそれを和らげる暗示をかけるなどです。
誰かに催眠をかける方法を教えるのとは違いますからあくまでセルフヒーリングの一環と思ってください。
音とイメージが織りなす癒しの空間
催眠はおよそ40分間。
今回行うエクササイズの内容を理解した後、まずは深呼吸で心身を軽く落ち着け
さらに大きくて頑丈な箱をイメージし心の中にある嫌なものをすべて放り込みます。

「後ろ向きな感情や マイナスな思考 嫌な出来事や過去の痛みなどを思い浮かべたら そのまま粘土のように丸めて 箱の中へ入れていきます」
社会に出て仕事をしてる人ほど疲れやストレスを溜めてしまいがちです。
だからイメージを使ってそれを一旦リセットしシャボン玉に集中できる環境を整えます。
敢えて無言の時間を用意してこれらに取り組みやすくしてる点も良いです。

また催眠開始と同時にバイノーラルビートと呼ばれる特殊な音が流れ始めます。
最初は「しゅうぉー」という滝っぽい音だったのがしばらくすると「ぽーー」という電子っぽい音へ変化し
脳を小刻みに揺さぶって別の心地よさを与えてくれます。
これらの音は現実世界の雑音を遮断する役割も持ってます。

そうやって準備を整えた後、いよいよシャボン玉の世界に旅立ちます。
自分の全身がすっぽり入るほどの大きなシャボン玉を2つイメージし
その片方に入り込んでさらなる癒しを感じます。

「まずは頭の中へ音が響き渡り そして首から肩 腕から手先へと響いていきます 振動に身を浸されると とろけるように気持ちが落ち着き 体も緩んでいきます」
ここではシャボン玉の膜を指でつつき、それによって生まれたゆらぎを全身に浸透させます。
言葉だけだとわかりにくいでしょうが音声にはこれらを補助する様々な音が入ってます。
シャボン玉に入ると水中に潜ってる時のようなこぽこぽした音が鳴り
膜をつつく時は少し泡立ってから細く透き通った音色が流れます。

そしてこれによって生まれた振動がもう1つのシャボン玉へ伝わるイメージをします。
暗示のように直接語りかけるのではなく、ほのかなエネルギーを送り込んで他者を癒すわけです。

本題の力を伝える方法を学ぶシーンは催眠開始からおよそ16分後。
ぬいぐるみや小物といった身近なもの→場所や空間→友人や集団と対象を切り替えながら
それらをもう1つのシャボン玉で包み込み膜をつついて癒しの力を送り込みます。

「あなたを包み込んでいるシャボン玉を 強く意識しつつ 胸の部分にあるピンク色のハートのシャボン玉を 額の奥には 青色の知性のシャボン玉をイメージしてみてください」
ここでは色が持つイメージを取り入れてるのが面白いですね。
前作「ルミナスタジオによる 体の調子を整えるシャボン玉のエクササイズ」で学んだことを応用してます。
基本的なやり方はどれも一緒ですから何をすればわからないということはないと思います。
内容はシンプルにして細部を多少変える親切丁寧なエクササイズです。

このように、自分以外の存在が持つ印象を変えさせる一風変わったサービスが繰り広げられてます。
音で癒す作品
シリーズで培ってきたことを応用してる非常に変わった作品です。

ミレーニアは主人公に自分だけでなく他者も癒すスキルを伝授しようと
深呼吸や箱のイメージで現実世界と軽く分離してからシャボン玉の世界へ案内します。
そして膜に振動を与えてもう1つのシャボン玉と共鳴させ、そこに入ってるものに同じ感覚を与えます。

言葉よりもイメージや音を重視した独特な催眠
幻想的な世界をリアルに演出する音の数々、そしてこれらを使い他者の印象を変える展開。
一般的な催眠音声よりもずっと独自性の高いサービスをします。

音声を聴く前はタイトルの「力を伝える」が何を意味するかよくわからなかったのですが
聴いた結果これは自分の中にある見方を変えることなのだと認識してます。
就活中の学生ならこれから面接する企業(建物、ロゴ、商品など)を対象にすればいいし
社会人なら嫌いな上司を包み込んで多少なりとも気持ちを軽くすることができます。

自己を癒すのと違い根本的な解決にはならないでしょうけど
少なくともふさぎ込んでるよりはずっとましです。
ただ過去作に比べて難度が高い印象を受けました。

過去作を視聴済みで興味の湧いた方にのみおすすめします。

CV:桜月秋姫さん
総時間 45:16

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2018年7月25日まで20%OFFの560円で販売されてます。

シリーズ3作がセットになったバージョンも販売されてます。
個別に買うより430円ほど安いです。
こちらも7月25日まで2割引きです。
ルミナスタジオによるサウンドエクササイズシリーズ 応用プログラム三点セット

爽やかに××が体を流れてゆく…

サークル「Novel-Trance-Lab」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、声も態度も穏やかなお姉さんが
疲れやストレスで悩んでる人によく効く癒しの催眠を施します。

深呼吸や脱力といったリラックスに適した技術を重点的に使うのが特徴で
それと並行して深化の暗示を適度に入れたり、タイトルに関連したイメージでリフレッシュさせるなど
心身両面にバランスよく働きかけて明日を生きる活力を与えます。

音声を聴いた後によく冷えた水(500mlくらい)を使用する指示が出ます。
心身に爽やかなエネルギーを
お姉さんに癒しの催眠をかけてもらうお話。

「これから催眠誘導を始めます」
お姉さんはややトーンの低い穏やかな声の女性。
自己紹介や作品説明といった前置きはすべて省略し
早速横になって目を閉じ深呼吸するよう言います。

本作品は心身を内側からリフレッシュすることを目的に
彼女が30分程度の短い時間を使ってそれに適した催眠を施します。
全年齢向けということで総時間のほとんどを催眠に費やし
どのシーンもゆっくりのんびり語りかけてリラックスできる雰囲気を作り上げてます。

催眠はおよそ25分30秒間。
まずは深呼吸したり彼女に言われた部位の筋肉を動かして心身をほぐします。

「あなたのペースで 心地よく 深く ふかーく 入ってゆきましょう」
「そう ゆっくりと 左右に 左右に ゆっくりと頭を動かしていると 首のあたりは心地よく緩んでゆきます」

彼女は大まかな指示を出すだけで細かい部分は聴き手の自由に任せます。
そしてこれらを行いながら「ゆっくり」「ゆったり」など落ち着く暗示を散りばめて入れます。
暗示を立て続けに入れて脱力させるよりも余裕を持たせてあるおかげで堅苦しさがなく
音声を聴けば聴くほど心地いい感覚が自然と湧いてきます。

筋肉を動かすシーンは頭を左右にゆっくり振るところから始まり
額に意識を集中させる、目をぎゅっと閉じる、顔全体に力を入れて変顔を作るなど
15分くらいかけて全身を上から下へ個別に行います。

「目の周りの力が完全に抜けて とてもリラックスしています とても リラックスしています」
「顔のあらゆる部分が あらゆる筋肉が まるでとろけそうなくらいゆっくりしています そしてあなたはどんどん深く入っていきます」

やってることは割とシンプルなのですが、特定の暗示を2回続けて入れる
リラックスと深化を並行して行うといった工夫が随所に見られます。
実際に体を動かすから被暗示性の高低に関わらず脱力できるのもポイントです。

タイトルに関連した要素が出てくるのは催眠開始から17分30秒後あたり。
自然に関するイメージや冒頭に書いた冷水の使用方法を教えつつ
全部で3種類の××が体を流れてゆく感覚を伝えて爽快な気分にさせます。

「不必要なものはすべて洗い流されていき 心と体は 爽やかにリフレッシュします」
頭の中でやるだけじゃなく実際にそうなる行動をさせるところが面白いですね。
冷水は音声の視聴後に使いますから、冷蔵庫に入れてしっかり冷やしておくのが効果的です。
何をするかは敢えて伏せますが文字通り体の内側から浄化される感覚が味わえます。

このように、リラックスさせつつ爽やかな気分にするタイトル通りの催眠が繰り広げられてます。
スッキリする作品
短時間のリフレッシュに適してる作品です。

お姉さんは何らかの事情で心と体に重さや汚れを抱えてる主人公を少しでも癒そうと
穏やかな声とのんびりした口調で話しかけながら両方に働きかけます。
そして序盤から中盤にかけては主に体を、終盤は心に焦点を当てて順番にスッキリさせます。

深呼吸や漸進的弛緩法で十分にほぐしてからイメージや行為で爽やかにする流れ
特定の単語を散りばめる、同じ暗示を2回続けて入れる、リラックスと深化を同時に進めるなどの細かなアプローチ。
30分足らずの間に多くの聴き手がそうなるようシンプルかつ効果的にリードします。

私が聴いた時は体に脱力感やほのかな火照りを感じたものの眠気はほとんどなく
代わりに運動した後によくある晴れやかな気分が味わえました。
冷水を実際に使うシーンもありますし暑い時ほどより強く実感できます。
状況に合った環境音をバックで流しておけばより良くなったかもしれませんね。

これからの季節にピッタリな作品です。

CV:誠樹ふぁんさん
総時間 27:26

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2018年6月16日まで90%OFFの60円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

東方入眠抄17 あうんちゃんに守護られて安らかに眠る音声催眠

サークル「Re:Volte」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、東方シリーズに登場するキャラ「高麗野あうん」が
催眠を交えた独自の方法で寝付きの悪い男性を安眠へ導きます。

催眠を始める前に彼を安心させる言葉をかけて信頼関係を構築したり
神社でお祓いする様子に暗示を込めて心を浄化するなど
彼女の性格や特性を反映させた穏やかで温かみのあるサービスが楽しめます。
安眠に最も効く薬は
高麗野あうんに安眠できる催眠をかけてもらうお話。

「ん? こんな時間にどうしたんだい?」
あうんはあどけない声の女の子。
ある日の夜、自分が守護してる神社を偶然訪れた主人公に声をかけると
素性を説明してから彼の悩みを聞いてあげます。

本作品はストレスや不安で寝付きの悪い人をぐっすり眠らせることを目的に
彼女が40分程度の時間に渡って心身をリラックスさせたり催眠状態を深めます。
シリーズ17作目ということで最大の特徴である「キャラを活かした催眠をかける」部分を継承し
それに多少の新要素を盛り込んで眠りやすい環境づくりに努めます。

「せっかくの眠りだもの 気持ちよく眠りたいよね」
あうんは一言で言えば人懐っこく面倒見のいい女の子。
初めて会ったばかりの主人公が不眠に悩んでるのを知って同情し、すぐさま自分の力を少し貸して心を軽くします。
さらに眠る時間になったら彼の部屋に出向いて安眠できてるかを確認します。

神社に祀られてる狛犬がモチーフになってるだけあって相手を守る気持ちを非常に強く持ってます。
多くのシーンで体を密着させながら語りかけてきますから
聴いてるうちに彼女の優しさや温もりが伝わってくるのを感じるでしょう。
催眠がメインなのは間違いありませんが、聴き手を安心させる要素も多く盛り込んで物語を組み立ててます。

催眠は3パート29分間。
2人が出会った日の深夜、主人公がうまく眠れてるか気になって部屋を訪れたあうんが
右手に添い寝したまま深呼吸や簡単なお祓いをしてまずは心を浄化します。
彼女は目を開けたまま聴いてねと言いますが、私は最初から閉じたほうがいいと思います。

「私の熱が 君にゆっくりと移っていく 私のいる右側から 徐々に君の体が温かくなっていくよ」
そして聴き手がより主人公と同じ視点でこの音声を楽しめるように
序盤から体がほんのり温かくなる暗示を入れて彼女の近さを感じさせます。
この後のシーンでも温感操作を適度にしてきますから、後になるほど変化を実感するでしょう。

「祓い給え 清め給え スーッと心が綺麗になっていく 感情が平坦になって 頭の中が空っぽになる」
お祓いは手を叩き祝詞を唱えつつ心が清らかになる暗示を丁寧に入れます。
彼女の来歴を踏まえて本作品は神社にまつわる行為やイメージを積極的に使用します。
日本人にとって神社は特別な場所ですから、その雰囲気によって癒そうとする意図が見られます。

心をある程度リラックスさせた後は彼女と別の世界に旅立ちます。
浮遊するイメージや溶けるイメージで今度は体を浄化し
無事移動できた後はそこにある神社で夕方から夜にかけてを過ごします。

「右へふわふわ 左へふわふわ 暖かくて 優しくて 気持ちがいい」
「徐々に 徐々に 感覚を失っていきます 足の先から ピリピリと 痺れるように 感覚がなくなっていく」

浮遊するイメージの時に声が左右に小まめに移動するのが面白いですね。
本作品はシリーズ初のバイノーラル録音なので、声の位置や距離を活かした演出も取り入れてます。
直後の体が溶けるイメージも全身を下から上へなぞる形でピリピリした感覚を少しずつ広げます。

催眠に入ると体がピリピリする人は割といるのではないでしょうか。
私の場合は膝から下の部分が特にそう感じました。
正座をしばらく続けた時に近い不思議で心地いい感覚です。

「君の心は満たされて ゆっくりと 眠りの底へと沈んでいく」
神社に移動した後はお願い事をしてから満天の星空の下で眠りにつきます。
カウントをゆっくり数えてその直後に眠気が増す暗示を入れるストレートなアプローチに加えて
落ち着いた音楽を流す、彼女が寝息をたてると催眠以外の要素も盛り込んだ雰囲気の良いシーンです。
さらに最後のほうで彼女が自分の正直な気持ちを漏らすなど、彼女の存在を身近に感じながら静かなひと時を送ります。
そのまま眠って終わる流れですから解除音声はありません。

このように、和風情緒漂う和やかな催眠が繰り広げられてます。
安心する作品
技術で直接眠らせるのではなく安心させて眠気を誘う作品です。

あうんは眠れなくて悩んでる主人公を少しでも楽にするために
最初から人懐っこい態度で彼の力になろうと頑張ります。
そして催眠開始後は自分にまつわるイメージを絡めた誘導で少しずつ心身を落ち着けます。

良い意味で神獣っぽくない彼女のキャラ、狛犬がいる神社のイメージを活用した催眠
彼女との近さや一体感を重視した演出。
彼女の人肌で体を、優しい言葉で心を温めて安らぐ環境を整えます。

「夢を見よう? とても幸せで 満たされた夢を」
特に3番目の要素は音声の最初から至近距離に寄り添い
その後も2人で一緒に移動したり眠りにつく流れで進めます。
安眠できない理由は色々ありますが、彼の場合は寂しさが最も大きな原因と考えたのでしょう。
だから彼女は常に「守護られて」る気分に浸れるように誘導します。

従来の東方入眠抄シリーズよりも純粋な癒しが強くなってる印象を受けました。
バイノーラル録音だから以前より距離が近く感じるのもあります。
今後も録音環境を活かした表現や演出が登場するのではないかと見てます。

唯一気になった点は目を閉じるタイミングです。
作中では最終パートの冒頭(音声開始からおよそ27分後)に閉じる指示が出ますが
催眠開始からそこに至るまでのシーンに目を開けてる状況を活用したアプローチが特にされてません。
これが例えば凝視法を使うのならわかるのですが、実際はほとんどがイメージを用いたものです。

目を開けてると視覚から色んな情報が入ってきてイメージ力が削がれてしまいます。
イメージ重視で進めるなら最初から閉じたほうが催眠に入りやすいのではないかなと。
純粋に目を閉じてたほうがリラックスできるのもあります。

キャラの性格や持ち味を反映させた安眠特化の作品です。
おまけは「【添い寝ボイス】ああ、うん。そう?」とBGM2種です。

CV:鷹澄真咲さん
総時間 59:39(本編…37:46 おまけ…21:53)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
59分で400円とコスパがいいので+1してあります。

眠れる捕虜生活 ~ほりょ☆みん~

サークル「Re:Volte」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、数十年も戦争を続けてる敵国に所属する女兵士が
捕虜になった男性に心が休まる催眠をかけて眠りに導きます。

技術自体は至ってシンプルにし、その中に作品固有のイメージを盛り込んだり
環境音や音楽を流して癒しを与えるサークルさんらしい催眠が楽しめます。
敵地での温かいおもてなし
ファーベル王国軍のエルザ伍長に催眠をかけてもらうお話。

「気がついた? ようこそ 我が王国へ」
エルザはちょっぴり気が強そうな声と態度の女性。
戦闘の結果捕虜になった主人公に事情を説明すると
危害を加えないことを保証してから自己紹介します。

本作品は敵国の牢獄でひとり不安な日々を送ってる彼を少しでも落ち着けようと
彼女が25分程度の短い時間を使って安眠できる催眠を施します。
敵に催眠をかけられると聞くと尋問っぽく思う人もいるでしょうが
彼は士官ではなく二等兵なので後日収容所に移送され、戦争が終わったら解放されることが決まってます。
そういう事情を説明しながら技術を使って少しずつ心と体の緊張をほぐします。

Re:Volteさんは東方入眠抄という全年齢向けシリーズを数多く制作されており
そこでは登場人物の特徴に合ったイメージを駆使して癒しを与え
リアルな効果音、環境音、音楽を流して作品の世界に引き込む演出をされてます。

本作品でも自然物のイメージや水滴の音、風の音、フクロウっぽい鳥の鳴き声を取り入れて個性を出してます。

催眠は3パート26分30秒ほど。
目を瞑って力を抜き、まずはしばらく深呼吸して心身を軽くリラックスさせます。

「新鮮な空気が 君の体に入ってくる 体の力が 抜けていく 体の疲れが 抜けていく」
彼女は監視役としての義務感に加えて一個人としても彼に多少の親近感を抱いており
催眠開始後は実の姉のような穏やかな声と態度で接します。
深呼吸も最初は「吸って」「吐いて」の合図を出してリズムを取り
しばらく経つとそれを止めて「力が抜ける」「楽になる」と暗示を入れることに専念します。

「落ちる 落ちる 意識が落ちていく 暗闇に落ちていく すーっと意識が斜め後ろにずれていく」
そして準備が整った後はカウント数えながら深化できるように働きかけます。
まだ始まったばかりということで作品固有の要素は特に入れず
古典系の技術を使って堅実に落とすことを心がけてます。

本作品らしさが出てくるのはその次から。
軽く催眠に入ったところで今度はのどかな小麦畑をイメージし
夜になった後は彼女と一緒にそのまま眠りにつきます。

「温かな日差しが 君の体に降り注ぐ 燦々と降り注ぐ だんだんと気持ちよくなっていく」
人間なら誰でも癒しを感じる自然物をいくつも盛り込み
さらにバックで風が爽やかに吹き抜ける音を流してその効果を後押しします。
先ほどよりも眠そうな彼女の声もこの場の雰囲気に合ってます。

一番最後の夜のシーンは長めのカウントを非常にゆっくりしたペースで数え
その後はセリフの間を長く取って無音の時間を設ける安眠に適した作りです。
ここだけは環境音が流れないのでこれまでより静かな印象を抱くでしょう。
最中に投げかけられる彼女の言葉も温かくて安らぎを感じました。

このように、戦争から一時的に遠ざけて癒すテーマを意識した催眠が繰り広げられてます。
シンプルな作品
癒しに不向きなシチュをサークルさんなりのやり方で料理した面白い作品です。

エルザは敵国の捕虜として穏やかでない日々を送ってる主人公を少しでも安心させようと
年上の女性らしい優しさを見せながら目的に合った催眠を施します。
そして序盤は定番の技法でストレートに責め、それ以降はイメージや音を使って別方向から癒します。

敵にあたる女性にお世話される変わったシチュ
サークルさんが得意とする要素を違和感なく取り入れた堅実な作り。
2人の心の距離が徐々に近づいてくのが感じられるように物語を進めます。

「君にとってはそうではないかもしれないけど 君と出会えてよかったよ」
エルザは職務に忠実で情け深い女性に描かれてます。
だから彼を痛めつけたり逃さず今の状況でできる限りのことをします。
催眠を始める前に信頼関係を構築する会話も挟んで受け入れやすくしてるのも良いです。
最初は堅いと感じた人も最後まで聴けば随分印象が変わるのではないでしょうか。

正直なところこの作品を聴く前は色々と不安でした。
というのもオリジナル作品の第一弾にあたる
甘え犬 お姉さんの犬になって甘やかされる音声催眠」が色々とアレな内容だったからです。
でも実際は大幅に持ち直して十分安眠できる品質に仕上がってます。

ただし、総時間が短いことを加味しても個性がまだ弱いかなぁとも見ています。
最近の作品はテーマと技術を高度なレベルで融合させたものが結構出てますし
深呼吸やカウントを数える際に作品独自のイメージを盛り込むなどもうひと工夫が欲しいです。

あと牢獄に入れられてる状況で息を吸う時に「新鮮な空気が入ってくる」と言われても違和感があるので
吐く時に悪いものを吐き出すほうを強調する形で進めたほうがいいと思います。
ファンタジー世界で二等兵に衛生環境のいい牢獄を提供することはないでしょうから。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
一部でネガティブなことも書きましたが安眠効果は高いです。

CV:鷹澄真咲さん
総時間 31:50

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
最後に眠る流れなので解除音声はありません。

ルミナスタジオによる 体の調子を整えるシャボン玉のエクササイズ

サークル「ふしぎラボ -Mystiska Lab-」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、現代人の多くが求める「体調改善」をテーマに
お淑やかなお姉さんがシャボン玉を使った癒しの催眠を施します。

「体が重くなる」などのストレートな暗示はほとんど入れず
イメージ、音、色といったセリフ以外の要素で癒すのが最大の特徴です。
リアルな音を複数重ねて流し続けますから、目を瞑って聴けば別の世界にいるような気分が味わえるでしょう。
シャボン玉の力で心身をリフレッシュ
ミレーニアに体調が整う催眠をかけてもらうお話。

「こんばんは お元気ですか?」
ミレーニアは上品で穏やかな声のお姉さん。
鳥の鳴き声が流れる中、主人公に作品のコンセプトを説明すると
さらに2つの特殊な音を流して心地いいシャボン玉の世界へ案内します。

本作品は現在までに7本出てるシリーズの第5弾。
心身両面の調子を改善することを目的に、彼女がおよそ50分に渡る癒しのサービスをします。
シリーズものですがストーリーは特にないので今作から聴いても問題ありません。

現在出てる催眠音声は序盤に「体が重くなる」とタイミングよく言ったり
終盤にカウントを数えて一気に深化させるなど暗示を中心に据えたアプローチをします。
しかしこのシリーズは言葉で感覚を伝えるシーンがほとんどありません。
その代わりイメージ、音、色を上手を組み合わせて作品世界にいる感覚を膨らませます。

催眠音声を多く聴いてる人ほど独特に感じるでしょうね。
しかしやり方が通常と異なるだけでこれも立派な催眠です。

音声の最初から最後までほぼずっと何らかの音が流れ続けるおかげで
現実世界のノイズが遮断され集中力を維持しやすくなってます。
また付属のPDFファイルに各シーンの概要や聴く際のコツも書かれてます。
様々な癒しの音に包まれて
催眠はほぼ全編にあたる47分30秒間。
横になって目を瞑り、1回だけ深呼吸してから大きくて頑丈な箱をイメージします。

催眠開始より少し前に「ヴヴヴヴヴヴ」という小刻みな振動音(バイノーラルビート)が流れ始め
開始直後には滝の音のような爽やかな効果音も加わります。
バイノーラルビートは聴けば聴くほど脳を軽く揺さぶられてる感覚がして心地いいです。

「これにより ネガティブな思いや感情が すべて遠くへと消え去りました」
箱のイメージは不安やストレスといった自分にとってマイナスの要素をすべてそこに放り込み
遠ざけてこの先のお話に専念できる環境を整えます。
本作品の舞台はシャボン玉の世界ですから、現実世界と一時的に切り離す意図もあるのでしょう。

ちなみにミレーニアは作中の色んなところで敢えて無言になり
その間は効果音だけを流して没入感と心のゆとりを与えてくれます。
暗示を無理に追う必要が無いので最中は頭の中を空っぽにしたまま聴くことができます。

テーマの体調改善に取り掛かるのはその次から。
全身がすっぽり収まるくらい大きなシャボン玉の中に入り
そこに湧き出す小さな泡を全身に纏って体の内外を洗浄します。

「この泡に包まれることで あなたの全身は まるで炭酸風呂に入ってるかのように 爽やかにリフレッシュしていきます」
そしてここからは先ほどの音に加えて水中に潜ってるような水と泡の揺れる音や
炭酸飲料を飲む時によく聴くシュワシュワ、パチパチした音が加わります。
炭酸の泡は全身をいくつかのパーツに分けて順番にゆっくり意識させてくれますし
仕事や生活で疲れてる人ほど爽快感や開放感を抱くでしょう。

無事シャボン玉の世界に移動した後は本題へと移ります。
先ほどイメージした小さな泡を今度はゼリーに変化させ
それを赤、青、緑、黄、橙、白の順に変化させてそれぞれに対応した癒しのパワーを充填します。
そして最後にすべてが融合した虹色の光でおさらいします。

「この赤色の光は 血液を浄化し 癒していき 精神的には元気や情熱を育む色です」
赤は活力、青は鎮静、緑は平和と色が持つ印象をわかりやすく伝えながら
鉄琴のような澄んだ音を鳴らす本作品らしいリフレッシュ法です。
このシーンだけで27分もの時間を取り、それをほぼ均等に分けて各色の感覚を楽しみます。
無言の時間も長めに取られてますからそのまま寝てしまう人がいるかもしれませんね。

複数の音を同時に鳴らす場合、どうしても噛み合わせが悪くなったりするのですが
同じ系統の作品をいくつも制作されてるサークルさんなだけあって扱い方がとても上手です。
ひとつでも癒やされる音をぶつからないように鳴らしてくれれば当然より癒やされます。
色が変わるたびに鉄琴のトーンを変えるなど、細かな部分にも気を遣っていて完成度が高いです。

このように、誰でもわかるイメージと音を使って誘導する変わった催眠が繰り広げられてます。
幻想的に癒す作品
サークルさんらしいやり方で体の内外を同時に浄化する良作です。

ミレーニアは主人公の調子を心身両面で改善しようと
大らかな声とのんびりした口調で語りかけながら少しずつシャボン玉の世界へ案内します。
そしてその様子を言葉よりもリアルで優しい音の数々で表現します。

イメージ、音、色といった大衆性の高い要素を使って癒す作り
その中で敢えて無言の時間を用意し聴き手をボーっとさせる配慮
炭酸や鉄琴など作品のコンセプトに合った音選び。
一般的な催眠音声とはかなり違うやり方でサービスを進めます。

催眠音声でよくある体が重いとか、落ちる感覚はあまりしないと思います。
だけど聴いてて妙にスッキリするとか、イメージ力の向上を感じる人は結構いるんじゃないでしょうか。
中盤以降の色を使ったヒーリングはその状況を活かした効果的な手法と言えます。
あとは心地よさで意識がかなりぼんやりします。

効果音がとにかく充実していて後になるほど眠くなります。
過去4作とは違う試みもされており楽しく聴くことができました。
催眠音声の中では総時間が比較的短いのも良いです。

人の心に眠る力を使って体調改善を応援してくれる作品です。

CV:桜月秋姫さん
総時間 49:54

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
シリーズ3作がセットになったバージョンも販売されてます。
個別に買うより430円ほど安いです。
ルミナスタジオによるサウンドエクササイズシリーズ 応用プログラム三点セット

↑このページのトップヘ