同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ:催眠音声 > 再レビュー

   ● 黒催眠 ~操られて~(再レビュー)
   ● わりと親切な催眠音声 手コキ支援編(再レビュー)
   ● ヒプノマルチボイス(再レビュー)
   ● 遊園地でご奉仕~スピードコース~(再レビュー)
   ● マゾ犬ペット化催眠2(再レビュー)
   ● ザーメンミルク催眠(再レビュー)
   ● すんどめ☆超寸止め催眠 CV紅月ことね編(再レビュー)
   ● サイニィコンディショナー(再レビュー)
   ● 催眠音声魔界ステージ(再レビュー)
   ● 朝倉催眠診療所 Vol.02(再レビュー)


黒催眠 ~操られて~

サークル「Night Avenue」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第18回目は穏やかな声とちょっぴり意地悪な性格を持つお姉さんが
比較的コンパクトな催眠とエッチで気持ちいい射精へと導きます。

催眠は彼女の声に対する集中力を高めるのと同時に脱力感を与え
エッチは運動支配の暗示とイメージで射精への欲求を膨らませる、といった風に
タイトルの「操られる」快感を味わわせることを目指して丁寧にリードします。
言葉で操られる快感をあなたに
お姉さんに催眠をかけられオナニーするお話。

「アナタがもっともリラックスできる体勢をとってください」
お姉さんは清涼感のある穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意点をいくつか説明すると、楽な姿勢になり目を閉じるよう言います。

本作品は女性に言葉で操られながら射精することを目的に
総時間30分程度の時間をほぼ1:2に分けて催眠とエッチなサービスをします。
同日に発売された姉妹作品「白催眠 ~癒されて~」が癒しを重視してるのに対し
こちらは焦らしや寸止めなど軽い意地悪を交えたノーマル~ややM向けのプレイを楽しみます。

Night Avenueさんはこのところずっと新作を出されてない関係で
特に催眠音声を最近聴き始めた方にとっては馴染みのないサークルさんだと思います。
ですが少なくとも黒催眠と白催眠に関しては処女作とは思えない堅実な作りです。
およそ4年ぶりに聴いた私も一定以上の催眠状態に入れたし、射精も気持ちよくできました。

催眠は10分30秒ほど。
目を瞑ったまま彼女の言葉にしばらく耳を傾けまずは軽くリラックスします。

「私の声は気持ちいい。私の声がアナタの中でいっぱいになる」
彼女は最初の段階から自分の声に意識を集中するよう呼びかけ
それと同時に声に対して心地よさを感じる暗示を丁寧に入れます。

「アナタは私の声に集中しすぐにトランス状態に落ちていくかもしれませんし、ゆっくりとトランス状態に落ちていくかもしれません」
暗示についても許容暗示やダブルバインドといった現代催眠における技術を交えて
くどいと感じないよう表現をある程度和らげてます。
さらに声に注意を向けさせる→興味を膨らませる→離れられなくする、と
内容を徐々に変化させて無理なく従える環境を整えます。

本作品のテーマは「操られる快感」ですから、声に対して良い印象を持つことは非常に重要です。
こんな風に彼女は催眠、エッチどちらも目的を見据えてストレートかつ効果的にリードします。
聴き手をどう楽しませるか考えたうえで有効な技術や暗示を選択してるという意味です。
他にも誘導の時間が短いことを踏まえて暗示の量を多めにするなど細かな工夫が見られます。

彼女が操るのは心だけではありません。
パート後半からは足、腰、手、胸、首、頭を一箇所ずつ脱力させます。

「アナタの腰。重くなり意図する方向に体勢を立て直すこともできません。腰の力が抜ける、どんどん抜ける」
ここでも「重い」「ゆっくり」「気持ちいい」といった言葉を低く鈍い口調で小まめに投げかけ
後になるほど体の重さが広がるように働きかけます。
進め方が丁寧ですし、事前に声に対して良い印象を抱かせてるのも相まって
かけた時間よりもやや強い脱力感が得られました。

エッチで操るための準備に的を絞ったシンプルかつ比較的良質な催眠です。
聴き手の心と体のコントロールを彼女に預けさせることを目的に
前半は暗示を受け入れやすくなるよう声への集中力を高め、後半は体を脱力させつつ深化の暗示を入れます。

時間が非常に短いので頭の中が真っ白になるほど落ちるのはさすがに難しいでしょうが
意識のぼやけや脱力感が実感できるレベルで味わえると思います。
エッチシーンでも色々仕掛けてきますから、そこで自分が催眠に入ってることを認識するかもしれませんね。
被暗示性にあまり自信のない方は音声を聴く前に少し深呼吸やストレッチをしておくといいでしょう。
ちょっぴり焦らしてから気持ちよく
エッチシーンは16分間。
プレイはオナニーのみです。

エッチな効果音はありません。
セルフはもちろん有りです。

「うふふ。おかえりなさい。私のかわいいマリオネット」
催眠をかけて主人公の心と体を従順にしたお姉さんは
彼のことをマリオネットと呼びながら引き続き言葉を使ってオナニーをコントロールします。

エッチは彼女に言われた通りおちんちんをしごきます。
最初の9分間は射精に向けて心身を盛り上げることを見据えたプレイ。
軽くオナニーしてから寸止めし、彼女の話を聴いてから再びしごき始めます。

「手の動きが速くなってくる。でもアナタは自分で動きをセーブすることはできない。それは私の意思でありアナタの無意識」
そして彼女は自分に操られてる気分をより強く味わえるようにオナニーの要所で運動支配の暗示を入れます。
ここでも最初は「手の動きが速くなる」「オナニーを止めることができない」と言ってたのが
後半に差し掛かると彼女に手コキされてるイメージを交えて自分の手じゃなくなったように錯覚させます。

本当にそうなるかは人それぞれですが、少なくとも普段のオナニーと何か違う感覚を抱くのではないでしょうか。
それこそが彼女のやりたかった「操られる快感」なのだと思います。

「オチンチン気持ちいい。扱きたくて扱きたくてたまらなくなっています。握って扱いたらきっと今まで感じたことのない快楽が待っています」
「(寸止めの直後に)辛いね~。精液でなくて辛いね~。でもそれが快感。アナタにとってとっても心地よい気持ち」

また合間に入るお話のシーンでは、この後のオナニーをより楽しめるように
感度の上昇や射精への欲求を膨らませる暗示を入れます。
おちんちんをただしごいてるだけでも射精できますけど、心が充実してたほうがずっと気持ちいいですからね。
焦らしや寸止めもこちらを苦しめるためではなく、最後の瞬間に向けて性感を蓄える意味合いが強いです。
心と体をバランスよく責めてくれるのも本作品のエッチにおける大きな特徴と言えます。

ちなみにオナニーについては開始、停止、射精のタイミングを指定するくらいで
おちんちんをしごくペースや強さはそれほど細かく指示してきません。
パート内にオナニーする時間が7分30秒程度ありますから、1~2日溜めた状態なら時間内の射精は十分可能です。

続く7分間はいよいよフィニッシュに向けてより強い刺激を与えます。
しごく時間が純粋に増えるのに加えて、彼女がとあるキーワードを設定して興奮を後押ししたり
恥ずかしい言葉を復唱させたりと、前半と同じく心身両面を責めたてます。
射精シーンが30秒程度あり、カウントよりもタイミングを合わせやすいのも魅力です。

このように、女性に軽く弄ばれながら射精を目指すテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
ちょっぴり意地悪なセルフ系作品
ノーマル~ややMあたりの人に向いてるコンパクトな作品です。

お姉さんは誰かに操られたい願望を心の中に抱いてる主人公に
催眠を施したりエッチのお手伝いをしてそれを叶えます。
彼女が彼を好きに弄んでるように見えるプレイですが、実際はご奉仕と呼ぶのがしっくりくる内容です。
催眠パートにおける堅実なアプローチやエッチの流れがいい証拠です。

「はやくなる、どんどん速くなる。握る力も強くなる。さっきより強くなる 快感があふれてきてアナタはどうすることもできません」
特にエッチは多少もどかしい思いを与えながらオナニーさせるので
彼女に言われなくてももっとしごきたいと感じる人が結構いるはずです。
要はその時の彼の気持ちに乗る、あるいは伸ばす形で暗示を入れるわけです。

寸止めを除けば押しつけがましく感じるシーンはほとんどありません。
調教っぽさを極力薄めた取り組みやすいプレイと言えます。

催眠はテーマとの親和性の高さが最大の魅力です。
聴き手に操られる快感を味わってもらうにはどうすればいいか。
それを考えた末にポイントをふたつまで絞り込み、それぞれで暗示を多めに入れながら進めます。

このへんの判断やそれに適した技術の選択は新規のサークルさんだとなかなかできないものです。
無駄なくスピーディーな誘導をしてるおかげで聴きやすいし入りやすいです。
ただし、事前の準備がほとんどないことから催眠に多少慣れてるほうがいいかなと。

射精シーンは最後に1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

女性に依存しながら気持ちよくなれる作品です。
前回のレビューでは初心者向けと書きましたが
改めて聴いた結果そうとは言い切れないと判断し1点だけ下げさせていただきました。

CV:ゆづき ひな。さん
総時間 34:41

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

わりと親切な催眠音声 手コキ支援編

サークル「催眠音声研究所」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第17回目は声も態度もあまあまなお姉さんが
催眠の技術を絡めた丁寧なエッチで普段よりも良質な射精へと導きます。

1回の射精に向けて心身を徐々に盛り上げていく親切なリードや
オナニーしやすいように両腕の力だけを残したまま深化させる催眠など
セルフ系のプレイとオナサポを組み合わせた大衆的かつ実用度の高いエッチが楽しめます。

音声を聴く際は箱ティッシュとゴミ袋を予めご用意ください。
いつもとは一味違うオナニーを
お姉さんに催眠をかけられオナニーするお話。

「さぁ オナニーの時間ですよ」
お姉さんは甘く温かい声の女性。
音声を聴く際の注意事項や準備物を説明すると
主人公が気持ちよくオナニーできるように優しくリードします。

本作品は催眠状態に浸りながら気持ちいい射精を迎えることを目的に
前半は脱力特化の催眠、後半は指示と暗示を組み合わせた焦らし重視のエッチとスタイルを切り替えながら
最後の射精に向けて心身を万全の状態へと持っていきます。
オナサポ要素をそれなりに含んでますがM性は一切ないためノーマルな人でも安心して聴けます。

「箱のティッシュペーパーを 取り出しやすいように 枕元にセットしましょうね」
そして最中は彼女が本当に隅から隅まで親切にリードします。
例えば一番最初の注意事項を説明するパートでは心構えや環境はもちろん
エッチで使用する2つのアイテムを置く場所まで教えます。
サービス開始後も聴き手のことを第一に考えたセリフが多く、大事にされてる気分がしてとても癒されます。

男性ならおちんちんをしごけば誰でもそのうち射精するでしょうが
それまでにかけた時間や与えた刺激の質、そして精神面の充実度によって得られる快感は大きく変わります。
その点を見据えて彼女は終始穏やかな態度で優しく接しながら焦らずじっくりプレイを進めます。
リードが親切なのに加えて雰囲気が良いから気持ちよく射精できるわけです。

催眠はおよそ28分間。
これからするオナニーのコンセプトやルールを教わり1分ほど実際にやってから
目を閉じて自分が広い部屋の中にいるのをイメージします。

「少し 邪魔になるかもしれませんので 空間を広げます」
オナニーをする際に狭い場所だとやりずらいし何より窮屈に感じます。
だから彼女はイメージを通じて思う存分オナニーできる場を擬似的に提供します。
最初に軽くオナニーさせるのも催眠をかけた前後で快感がどう変わるかを味わってもらいたいからです。
こんな風に体だけでなく心のケアもしてくれるのでとてもやりやすいです。

お次はオナニーに不要な体の力みを取り除きつつ頭の中を空っぽにします。
最初は足先や足首、脹脛、膝、太ももなど下半身を中心に
その後はお尻、腰、お腹、頭をじっくり時間をかけて脱力し深い催眠状態へと入ります。

「指先や 足先から すーっと 力が 抜けていく感じでしょうか? それとも 全体から 滲み出るようにじわーっと 宙に流れていくイメージですか?」
「爪先から 力が抜けていく 足首の関節が だらーんとして力が入らない」

ここでも彼女は持ち前の親切さを存分に発揮します。
催眠に不慣れな人でもついてこれるように脱力のイメージを事前にわかりやすく教え
開始後も「力が抜ける」「力が入らない」といった暗示を何度も丁寧に入れて感覚をしっかり伝えます。

お姉さん役が数々の催眠音声に出演されてる紅月ことねさんなだけあって
暗示の内容に適した話し方と脱力に専念できる間の取り方がされてます。
セリフを細かく区切りゆっくりやってくれるおかげで後になるほど体の重さを顕著に感じました。

「オナニーをするためには 自分で腕を動かす必要がありますよね? だから 腕には力を残さないといけないよね?」
「なんだか腕が温かく感じます 腕だけはあなたが自由に動かすことができます」

脱力中に両腕だけは力を残しておくのが実に良いですね。
これからするのはオナニーですから腕が動かなかったら何もできません。
そこで今まで抜いてきた力を腕に集めてあげます。
目的をしっかり見据えて催眠を施すのも本作品が持つ親切さのひとつです。

オナニーを心置きなくできる環境作りに専念したシンプルで気配りに満ちた催眠です。
一定以上の催眠状態に入り、腕以外の部分を脱力することを目的に
簡単なイメージを挟んでから体の下から上へと脱力感を少しずつ広げます。
そしてオナニーに使う腕と手だけは自由に動かせるようにします。

音声の開始時点から彼女が親身に接してくれるおかげで無意識的な信頼関係を築きやすく
その結果脱力シーンで多くの人が体の重さや浮遊感を体験するでしょう。
でも腕だけは普段通りなので感覚の違いがわかりやすいです。
自分が催眠に入ってることを自覚しやすい点でも初心者向けと言えます。
適度に焦らして性感を蓄積
エッチシーンは2パート31分30秒。
プレイはオナニー、乳首オナニー、お掃除フェラです。

エッチな効果音はありません。
セルフはもちろん有りです。

「手を 動かしてください 私が じーっと 見ててあげる」
催眠をかけて主人公がオナニーに没頭できる環境を整えたお姉さんは
いきなりしごかせずまずはおちんちん全体を優しく揉ませて少しずつ気持ちよくします。

エッチは彼女の言う通りに手を動かして性感帯をいじります。
最初のパートは本作品のメインとなるオナニーを楽しむシーン(約27分)。
手のひらで揉むところから始まり、もう片方の手で乳首をいじる、竿を握ってゆっくりしごくなど
後になるほどより大きな快感が得られるプレイを提供して無理なく射精に導きます。

「ほーら 右手をぐーる ぐーる おちんちんが気持ちよくなる」
「乳首をいじってると おちんちんが 敏感になってくるよね」

彼女の親切さはエッチに入ってもまったく衰えません。
「しーこ しーこ」「ぐーる ぐーる」などの言葉でオナニーのペースやいじり方を指示しつつ
感覚支配の暗示を入れて普段以上に気持ちよくしてあげます。

簡単に言えば指示と暗示を組み合わせたオナサポですね。
どこをどういじればいいか細かく教えてくれるおかげで頭を空っぽにしたままオナニーできます。
そして最後の瞬間に最高の射精を迎えられるように催眠の技術も活用します。
この絶妙なバランス感覚が充実したオナニーや射精に大きく貢献しています。

その長所が最も際立つのがパート後半。
竿を握ってしごくスタンダードなオナニーにカウントを絡めて感度を強化したり
わざと一旦ストップさせて焦らす変化に富んだリードをします。

人によっては少し意地悪に感じるでしょうが、これも彼女なりの優しさの現れです。
普段のオナニーだとなかなか我慢できないので、わざと一回溜めて射精時の爆発力を上げたかったのでしょう。
私も実際にやってみたところとても気持ちいい快感が味わえました。
我慢に見合ったご褒美がもらえるのですから十分に親切と言えます。

「今日だけ 特別ですよ?」
もうひとつのパートは射精後にするお掃除フェラ。
性欲が収まりきらない彼の様子を見て特別にお口でご奉仕してあげます。
前のパートとは打って変わって数種類のちゅぱ音を鳴らすほぼ同人音声と同じ作りです。
絶頂シーンもありませんしオマケに近いプレイですね。

このように、最終目的に向かってじっくり導く取り組みやすいプレイが繰り広げられてます。
良質なセルフ系作品
「わりと親切」ではなく「極めて親切」な作品です。

包容力に溢れた優しいお姉さんが手取り足取りリードしながら射精を応援します。
催眠状態を深めつつ腕に力を集める催眠、その状況を活かした繊細で穏やかなエッチ。
彼女のキャラにぴったりな甘く温かい催眠オナニーが味わえます。

「まーだ シコシコしたら ダメだよ?」
全編に渡って彼女が聴き手のことを考えて言葉をかけてくれるおかげで
催眠、エッチいずれも良い気分に浸って聴くことができます。
主人公の意に沿わないことをする際も表現をできるだけ柔らかくして受け入れやすくしています。

聴き手目線の細かな配慮と言葉選び。
このふたつが本作品の親切さを根本から支えてます。
射精による純粋な快感はもちろん、女性に優しくしてもらう癒しも得られるでしょう。

催眠は気分よくオナニーできることだけを考えた質の高いものです。
分割弛緩は催眠音声だとよく見かける技術ですが、これだけで深化までやり遂げるケースは割とレアです。
体の下から上へ脱力が広がっていく不思議で心地いい感覚が味わえました。

エッチは同人音声側で人気のオナサポに催眠の技術を組み込みアレンジしてます。
一般的なセルフプレイとは進め方やアプローチの方向性が違って個性的ですし
しっかり溜めてから放出させる流れも気持ちいい射精を迎えるのに適してます。
催眠初心者から熟練者まで誰でも楽しめるのも大きな魅力です。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

発売から6年以上が経った今でも十分通用する実用性重視の作品です。
改めて聴いた結果、前回から1点プラスさせていただくことにしました。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:07:47

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

ヒプノマルチボイス

サークル「エロトランス」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第16回目は可愛い声とちょっぴりSな性格を持つ女の子たちが
独特なスタイルの催眠を施してから声や音を使って気持ちいいひと時を提供します。

バイノーラル録音の長所を活かした臨場感のあるサービスが行われており
シーンによって声の位置や距離を目まぐるしく変化させながら
後になるほど人数を増やしていくことで彼女たちに弄ばれる感覚をリアルに味わわせます。
様々な声に包まれ続ける夢の世界に
女の子に催眠をかけられ舌と言葉で弄ばれるお話。

「こんばんは 私の そしてあなたの世界へようこそ」
女の子は明るくて穏やかな声の女の子。
視聴に際して推奨する環境や注意事項を簡単に説明すると
空想の世界へやって来た主人公に気持ちいい体験をさせてあげます。

本作品は催眠状態にどっぷり浸かりながら感覚をコントロールされる快感を味わうことを目的に
彼女が比較的短い時間で催眠を施し、その後独自性が極めて強いややM向けのエッチをします。
総時間は46分と短めなのですが、実際に聴いてみると時間以上の濃厚な体験ができます。

「実際に囁かれているようにも感じるかもしれませんし 私の吐息を感じることもあるかもしれませんね」
そう言えるのは声の臨場感が極めて高いからです。
バイノーラル録音による声そのものの品質に加えて、左右に歩きながら語りかけたり
遠くにいたのが一気に耳元に寄り添い囁き声で暗示を入れたりと、最中は声の位置や距離も目まぐるしく変化します。
彼女自身が言ってるように微かな息遣いまで伝わってきてゾクゾクします。

バイノーラル録音は今でこそ様々な作品に使用されてますが
本作品が発売された2013年はまだ普及が始まった段階で数が本当に少なかったです。
声の良さだけでなく、それを催眠にもしっかり活用してるところも大変素晴らしいです。

左「ねぇ 私の声も聞いてよ」
右「いいえ 私の声だけに意識を向けなさい」

もうひとつの特徴は女の子の声が後になるほど増えること。
冒頭の挨拶では1人だったのが少し経つと2人目が登場し
エッチシーンに入る頃にはさらに増えて体中を舐めまわします。

サークルさんが付属のテキストで「双子系のような作品に仕上がりました」とおっしゃられてる通り
メインの語り手は2人までにして、それ以外の子はちゅぱ音や要所で短い暗示を入れる役に据えてます。
ですが少し前に書いたように声の位置が細かく切り替わるおかげで声に包まれてる気分が味わいやすいです。

声の質が極めて高く数も多い。
タイトルに相応しいマルチボイスな催眠とエッチが楽しめる不思議な作品です。
心の隙を突いてくる巧みな催眠
催眠はおよそ14分間。
目を瞑り女の子の声に軽く集中してからまずは深呼吸します。

「こうやって 私の声に従うだけで あなたはだんだん 幸せな気分になってくるよね」
「今 この時だけは あなたはわがままでいい 好き嫌いをしてもいいのよ」

こちらの好きなペースでやらせながら、彼女は自分の声を聴く心地よさや従う幸せを穏やかな口調で教えます。
その一方で好ましくないと感じる言葉はあまり気にせず都合のいいものだけを受け入れるよう言います。

この時点ではまだ1人なので声の密度もそれほど高くなく
深呼吸の効果も相まって心身がゆったりしてくるのを感じます。

「そういった驚きや 一瞬だけ訪れる緊張 ドキドキ その瞬間の心の隙間は とても暗示が入りやすい とても気持ちよく染み込んでくる」
また彼女は時折こちらを驚かせようとしてきます。
人間はびっくりするとその瞬間心が無防備になり暗示を受け入れやすくなるからです。
といっても突然大きな声を出すなどの露骨なアプローチではなく
遠くから声を一気に近づけて囁きかけるとか、反対側から別のセリフを言うといった感じです。

心臓がバクバクするほど驚かせたら信頼関係が壊れて催眠どころじゃなくなりますし
軽くビクッとさせる程度のソフトなものに抑えられてます。
声を複数使用できるからこそ可能な面白い演出ですね。

お次は2人目の女の子が参加し両腕、両足、顔を脱力したり
お馴染みのカウントを数えて深い催眠状態へゆっくり導きます。

右「両腕はどんどんおもーくなっていき 両足もだらーんと重くなる」
左「今度は ふわーっと浮かぶような感覚 体重はすっと消え 気持ちよく空を漂う」

そしてここからは2人が手分けして様々な暗示を投げかけます。
メインの語り手を左右で切り替えつつ正反対のことを言うシーンが印象的でした。
最初に2人で協力して重くなる暗示を入れ、その少し後で軽くなると言って揺さぶりをかけます。

話すテンポもとても良く、手足が一気にズーンと重くなる感じがします。
最後の深化も心地いい感覚が徐々に広がっていくのを強く実感できました。

作品の長所を活かしてサクッと落とすハイレベルな催眠です。
女の子の言うことに素直に従える心にするのを目的に
声に対する集中力を高めながらリラックスさせ、左右からの小まめな暗示で徐々に深化させます。

催眠パートの段階だと声がまだ2つまでなのでマルチボイスっぽさはそれほどないものの
声の質・位置・距離がいずれもリアルで彼女の存在を近くに感じます。
技術についても1人では絶対にできない誘導がされていてとても入りやすいです。
エッチを存分に楽しめるよう彼女の声に心と体をしっかり馴染ませてくれます。
イきたいけどイけないもどかしい快感
エッチシーンはおよそ27分間。
プレイは耳舐め、フェラ、足舐め、言葉による絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「あなたはこれから なすがままに襲われる そしてあなたは それに喜びを感じる」
催眠を使って主人公を声の虜にした女の子は
裸にした彼の体をいやらしく観察してエッチな気分を煽ります。

エッチは彼女たちから一方的に弄ばれる形で進みます。
最初の4分間は深化具合の確認と感度上昇を兼ねたプレイ。
彼女たちの視線を感じさせて心身を軽く温めてから、残りの女の子が登場し様々な言葉をかけます。

左「ねぇ 私の声も聞いてよ」
右「いいえ 私の声だけに意識を向けなさい」

特に女の子が勢ぞろいするシーンは声の密度が一気に高まり
色んな位置から声をかけてくるので軽く混乱したようなクラクラする感覚がします。
脳の処理能力を超える情報を投げかけて暗示を入れやすくする意図も見られます。

本格的なプレイが始まるのはその後から。
右の子が耳舐めを始めたのと同時に左の子がさらなる感度強化の暗示を入れ
別の子も足やおちんちんを舐めるといったマルチな責めを繰り出します。

ちなみに本作品には通常版とちゅぱ音あり版の2種類が用意されていて
後者を選んだ場合はこのあたりから色んなちゅぱ音がバックで流れるようになります。

右「お腹に舌が這う それはそれはくすぐったいよね」
右「あなたの乳首に ねっとりしたいやらしい舌がまとわりついている 気持ちよくて なんだか首筋をゾクゾクさせる」

リアルなちゅぱ音とその快感を的確に伝える暗示で後になるほど体の熱が高まります。
純粋なエロさを出しながら催眠をしっかり継続できるところもマルチボイスの長所です。
私の場合は特に胸と股間がじんじん、むずむずするのを強烈に感じました。

さらに面白いのがその後。
もう十分絶頂できそうな主人公の性感をさらに蓄積させようと
女の子たちはカウントと絶頂禁止の暗示を組み合わせて何度も何度も寸止めします。

左「ほらっ イけないという暗示が あなたの心の隙間をスッと通って入り込む」
カウントのほうは10から数えて最初は0の直前でストップ
少し経つと0まで持っていくだけの割とシンプルなものですが
もうひとりの女の子が0になった瞬間、上のセリフのような絶頂を抑制する暗示を素早く入れます。

この暗示を入れるタイミングが絶妙で、0になっても下腹部がプルプルしっぱなしでした。
ドライ慣れしてる人だとなんとなくわかるでしょうが絶頂寸前の状態がずっと維持される感じです。
カウント=寸止めの回数も多めでもどかしい思いをしばらく味わうことになります。

中央「ぞわーっという快感が 全身に駆け巡る!」
左「今度は 私の許可が出るまで イクのが止まらない」

そして絶頂シーンでは許可が出ても最初の10秒くらいは特に何も感じず
それが過ぎると快感がじわーっと全身に広がっていきました。
寸止めを何度も繰り返したせいで無意識が本当にイっていいのかを迷ったのかもしれません。
時間差ドライオーガズムとでも言えばいいのでしょうか、今までに味わったことのないタイプの絶頂でした。

このように、舌と言葉で蹂躙する比較的ハードなエッチが繰り広げられてます。
独創的で機能性も高い作品
現在出ているバイノーラル催眠音声の先駆け的作品です。

最初は1人だった女の子が最終的には4人くらいにまで増え
左右中央を目まぐるしく移動しながら多彩かつ重厚なサービスをします。
高品質な声と状況に応じた位置や距離の変化、そして暗示を方々から同時に投げかける演出など
バイノーラル環境だからこそできる要素を催眠に盛り込んで進めます。

この作品を聴いた当時の私は催眠にそれほど詳しくなく
さらに同人音声のほうでバイノーラル作品を割と聴いてたためあまり感銘を受けませんでした。
ですが今こうして聴いてみると催眠との絡め具合が秀逸で以前の考えを改めさせられました。
3年以上も前にバイノーラルをここまで使いこなしてるのは「素晴らしい」の一言です。

中でも心の隙を突くアプローチと双子っぽい入れ方の小まめな暗示が優れてます。
この両方を組み合わせてるから短時間の深化やドライの寸止めが成り立つのでしょう。
前者は最近の作品でもあまり見かけない要素ですし、発売当時は相当な反響があったものと思われます。

エッチはちゅぱ音を相当鳴らしてるのにちゃんと暗示で誘導してる質の高いものです。
寸止めのおかげで一部ちょっぴり苦しい、もどかしいシーンもありますが
それを越えた先には我慢に見合ったご褒美が用意されてます。
絶頂タイムが1分近くあるので人によってはオーガズムを普段よりも長く味わえるでしょう。

絶頂シーンは1回。
ちゅぱ音多め(ちゅぱ音あり版の場合 通常版だとそこそこ)、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

リアルで高密度な快感が味わえる作品です。
改めてレビューした結果、前回の6点では低すぎると判断しこの点数にさせていただきました。

CV:紗藤ましろさん
総時間 通常版…46:20  ちゅぱ音あり版…46:53

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

遊園地でご奉仕~スピードコース~

サークル「みじんこ」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第15回目は穏やかでちょっぴり意地悪なところもあるメイドが
愛するご主人様のために催眠を使ったオナニーのお手伝いをします。

エッチ有りで総時間たったの20分という極めてコンパクトな作りが魅力で
催眠はイメージを織り交ぜた暗示でリフレッシュと軽い深化を促し
エッチはおちんちんをできるだけ長くしごかせながら射精を適度にコントロールします。
色々と簡略化されてるので催眠にある程度慣れてる人のほうが楽しめるでしょう。
サクッとかかりサクッと射精
メイドに催眠をかけられオナニーするお話。

「おかえりなさいませ、ご主人様」
メイドは甘く穏やかな声のお姉さん。
ご主人様にあたる男性を温かく迎えると
スピードコースとゆっくりコースのどちらを希望するか尋ねます。

本作品はこれよりおよそ半月前に発売された「メイドのいいなり~遊園地でご奉仕~」の短縮版。
軽い前置きを挟んでからスピーディーに催眠を施し
その後いくつかの暗示を入れながら1~2回の射精を目指したオナサポをします。

最大の特徴は何と言っても時間の短さ。
催眠とエッチの両方をおよそ19分30秒の間に行います。
全年齢向けでこれくらいのものはそれなりにありますが、エロ込みだとここまで短いものはほとんどありません。
スピードコースの名に相応しい余計なものを極限まで削ぎ落とした内容となってます。

ちなみに本作品には解除音声がありません。
サークルさんが作品ページの説明文で「メイドのいいなり」とセットでの視聴を推奨されてることから
おそらく解除はそちらを聴いてくださいという意味なのだと思います。

でも値段が安いからこっちを先に試してみようと思う人もいるでしょうし
そういう場合は無料作品あたりから音声を借りて最後に必ず聴いてください。
誠樹ふぁんさんの催眠音声は有料・無料いずれも数多くあります。

催眠はおよそ9分間。
楽な姿勢で目を瞑り、ゆっくり呼吸しながら彼女の声に耳を傾けます。

「声を聴いていると、それだけで力は自然に抜けていきます それはわたくしの声が、とても心地いいからです」
彼女は冒頭の挨拶よりもずっとトーンの低い声でゆったり語りかけてきます。
催眠に適した声と演技のおかげで比較的早い段階から意識のぼやけを感じました。
「力が抜ける」「重い」などリラックスを促す暗示を適度に盛り込んでお話を進めます。

「頭の中が、ふわ~りふわ~り ふんわり、ふんわり、雲の上みたいになる 空へ舞い上がりふわふわ浮いている、そんな感じ」
「ひなたぼっこのときのウトウト す~っと意識が落ちちゃいそう…」

しばらくすると自然に関するイメージを通じて深化させようとしてくるのがいいですね。
本作品の催眠はスピード勝負ですから、ストレートな暗示を入れるよりも聴き手の協力を求めたほうがやりやすいです。
彼女の言う通り、頭の中に雲がかかったようなぽわぽわした感覚が味わえました。

リラックスと深化をほぼ並行して行う極めてコンパクトな催眠です。
メイドの声に心地よさを感じ、素直に従える心にすることを目的に
前半は暗示を受けやすくするための脱力重視、後半は誰でもわかるイメージに暗示を組み合わせた深化といったように
一般的な催眠の流れに従い比重を変えながらスピーディーに行います。

短時間の誘導ですから催眠音声をある程度聴いてる人のほうがずっと入りやすいです。
進め方は理に叶ってますし、演技もしっかりしてるので慣れてる人なら多少は入れると思います。
ズーンと来る感じよりも眠気のほうが強いかなと。
この後するエッチがセルフだからあまり深いところまで落とす必要はないと判断されたのでしょう。
限られた時間の中で最善の行動を取ってます。

まとめると、経験者なら楽しめる比較的良質な催眠です。
ふたつの手段で射精をコントロール
エッチシーンは9分ほど。
プレイはオナニーのみです。

エッチな効果音はありません。
セルフはもちろん有りです。

「気持ちのいい声を聴きながら 気持ちのいいこと、しましょうね」
催眠を使ってご主人様を自分の声のいいなりにしたメイドは
その心地いい感覚をできるだけ維持しながら少しずつ射精へ導きます。

エッチは彼女に言われた通りおちんちんをしごきます。
最初の4分間は体よりも心への責めを重視したプレイ。
彼女の目の前でパンツを脱ぎ、おちんちんを見せつけるように両手で支えます。

「実はわたくし、精液がおちんちんから ぴゅっぴゅーって出るのを見るのが大好きなのです」
二人の関係を考えればこういうことをするのはとても恥ずかしいはずです。
だからこそ彼女は彼のすべてを余すことなく観察し続けてることを適度に告げます。
見られる快感、見せつける快感をくすぐり気持ちを盛り上げるわけです。

「だってほら、3数えたら動き始めたでしょ? だから操られている そう、あなたの指はわたくしが操っているの」
「はい、もう射精できませんよ おちんちんびくんびくんしても何もでなくなる」

本作品は催眠音声ですからそれを活かしたアプローチももちろんします。
中盤以降は腕や指の動きを制御する暗示(運動支配)と、もうひとつ個性的な別の暗示を入れて射精を制御します。

「催眠の技術を使った寸止めプレイ」と言えばなんとなくわかっていただけるのではないでしょうか。
体と心の両方に働きかけて時間いっぱい射精を我慢できるよう巧みにリードします。
寸止めと言っても実際にオナニーする時間は6分程度ですからノーマルな方でも問題なく楽しめます。
むしろ2日くらい溜めてから聴いたほうが抜きやすいと思います。

このように、多少の焦らし要素を交えた催眠音声らしいオナサポが繰り広げられています。
手軽に、気軽に聴ける作品
時間があまり取れない人でも楽しめるように考えられてる作品です。

メイドは多忙なご主人様が短い時間の中で気持ちいい体験ができるように
催眠とエッチの時間をほぼ均等に分配し、最終目的を見据えたリードをします。
18禁音声ではありえない短さにも関わらずある程度の催眠に入れるし
それを活用して射精をコントロールするなどやるべきことをきちんとやってます。

催眠音声は同人音声と違ってまず催眠をかける必要がありますから
ここまで短いと作品として成立させるのは相当に困難です。
並のサークルさんならおそらく催眠をかけるあたりが限界です。
それをエッチまでやり遂げてるところに最も感銘を受けました。

どちらかと言えば催眠のほうが優れてると私は見ています。
台本と演技が噛み合っていてあっさり気持ちよくなれます。
乱れた心を軽くリセットするのにも役立ちそうです。
エッチはオナニーのペースや強さは特に指定せず射精だけを制御します。

射精シーンは1~2回(2回目は任意)。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

ほんの少しの暇しかない時でも聴ける使い勝手のいい作品です。
経験者向け=多少人を選ぶことを考慮し前回から1点だけ引かせていただきました。

CV:誠樹ふぁんさん
総時間 19:32

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はありません

マゾ犬ペット化催眠2

サークル「国屋敷」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第14回目は穏やかで面倒見のいいお姉さんが
催眠を使って男性をマゾ犬に変え、様々な躾をしてから絶頂のご褒美をあげます。

ワンと鳴く、お手をする、ドッグフードをおあずけするなど
実際の犬を躾けるように何度も指示を繰り返し、それに従う喜びを教える本格的な調教が楽しめます。
ご主人様の犬になる喜び
お姉さんに催眠をかけられマゾ犬になるお話。

「こんにちは あなたは私のこと 覚えているかな?」
お姉さんは明るくて穏やかな声の女性。
自分に以前マゾ犬調教を受けたことをすっかり忘れてる主人公に
催眠をかけてからその時と同じ快感を味わわせてあげます。

本作品は国屋敷さん唯一の無料作品「マゾ犬ペット化催眠」の続編。
30分近くに渡る入念な催眠で彼女の指示に従う喜びをとことん教え込み、その後2種類のエッチを順に楽しみます。
続編扱いになってますが内容はほぼ独立してますので本作から入っても大丈夫です。

「嬉しいなら 私にわかるように ワンとお鳴きなさい」
そして作中では一人でも多くの聴き手が本物の犬になりきれるように
現実世界の犬へ芸を仕込むのと似たやり方で服従する喜びを教えます。
犬の姿に変わる暗示を入れられることはありませんが、彼女は完全に彼を犬として扱います。
人の言葉を話すことを禁じられたり、ドッグフードを食べるシーンもありますから当然M向けです。

しかし、そんな変態向けのプレイとは打って変わって彼女の態度や雰囲気は終始穏やかです。
犬になることを押しつけるのではなく、催眠の技術を使って自分からそうなりたいと願うように誘導するからです。
中でも主従関係のカギとなる「指示に従う喜び」を時間をかけて徹底的に教え込んでくれますから
エッチを始める頃には変態プレイをすることにむしろ快感や幸福感を覚えるようになるでしょう。
愛玩動物を躾けるような極めて優しい調教が行われています。

催眠は2パート32分間。
仰向けに横になって目を瞑り、最初は深呼吸しながら彼女の声に耳を傾けます。

「私の声で 気持ちよくなる 声を聞いて 幸せになる」
ご主人様の指示を素直に受け入れるにはまず気持ちを落ち着ける必要があります。
それを考慮し彼女は意識してゆっくり呼吸させながらリラックスする暗示を入れます。
さらにしばらくすると自分の声に良い印象を持つよう働きかけます。

これからするマゾ犬プレイは様々な指示を出しながら進めますから
その根本となる声に対して抵抗を抱かせないことが極めて重要です。
こんな風に彼女は犬化に向けて一歩一歩着実に準備を整えます。

「マゾ犬がいつも考えてるのは ご主人様に命令されたい ご主人様にご奉仕したい ということだけ」
「マゾ犬だから 恥ずかしくても大丈夫 マゾ犬がエッチで恥ずかしいことをするのは 当たり前」

お次は犬化の手始めとして「ワン」と鳴く指示を出しながら
命令されることやそれを成し遂げる喜びを丁寧に教えます。
彼女も彼が指示に従った場合は頭を撫でてしっかり甘やかします。

ここでのポイントは隷属するデメリットにはほとんど触れず、メリットだけを強調して伝えることです。
実際にところこの作品で指示に従ってもデメリットはほとんどないのですが
「調教」と言うと窮屈な印象を抱く人もいるでしょうし、不安や心配はできるだけ取り除くのが妥当です。
「彼女に言われてやった」という正当な理由を掲げて堂々と変態プレイができるわけです。

続く「深化」パートは催眠状態を深めつつより犬になりきらせることを目的に
彼女が先ほどよりもさらに踏み込んだ指示を与えます。

「ワンワンと鳴いていると 頭の中が真っ白になっていきます もう 何も考えられない」
「何度も命令に従うたびに あなたの体は マゾ犬の体になっていきます」

ワンと鳴く、合図が出るまで鳴き続ける、お手をする、ドッグフードを出しておあずけするなど
人によってはそれなりの屈辱感を覚えそうなものが登場します。
ですが彼女の声や態度が至って穏やかなことや、従う喜びをある程度養ってきたおかげで
不思議と嫌な感じはせず、むしろ指示を出してくれないと寂しい気分がしてきます。

聴いてる最中は寝る直前のようなぽわぽわしたいい気分に浸ってました。
一般的な催眠音声で味わう「落ちる」感覚ではなく陶酔感に似た気持ちよさです。

犬化に向けて少しずつ確実に心を誘導するテーマ性の強い催眠です。
聴き手の心をお姉さんの指示に素直に従えるようにすることを目的に
彼女の声は気持ちいい→彼女が出す指示に従うのは気持ちいい→犬になりきるのは気持ちいい、といったように
暗示の内容をシーンごとに切り替え、違和感なくシフトさせることで犬の心を育てます。

暗示の表現はほぼ古典催眠ですが、分割弛緩法や凝視法といった定番の技術は使われておらず
犬に対する指示に暗示を絡めて深化させる独特な催眠が行われています。
リラックス部分の時間が短いので指示に従うことにあまり抵抗を感じない、つまり多少のM性が要求されますが
それさえクリアしていれば先ほど書いた一種の陶酔感が味わえるでしょう。
従う快感と見られる快感をスパイスに
エッチシーンは2パート25分。
プレイはおちんちんの勃起と収縮、声による絶頂、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。

「じゃあまずは あなたのおちんちん 勃起させなさい」
催眠を使って主人公を従順な犬へと変えたお姉さんは
M向けのエッチな指示を出して2種類の絶頂へと追い込みます。

エッチはもちろん彼女の指示に従う形で行います。
前半の「絶頂(セルフなし)」パートでするのはノーハンド射精。
言われた通りおちんちんを硬くしたり萎えさせた後、カウントに合わせて精液を吐き出します。

「おちんちん大きくしたり 小さくしたりするところ ご主人様に眺めてもらえるなんて とても幸せ」
おちんちんの勃起は普通なら自身でも制御できないものですが
彼女はそれを暗示でコントロールし、自分の一番大事な部分まで掌握されたことを思い知らせます。
そしてそれすらも犬にとっては喜びであると教えます。

また彼女は勃起や収縮の一部始終をじっくり観察してると告げます。
自分が性的に興奮しつつある様子を女性に見られるのはやはり恥ずかしいものです。
物理的な刺激を与えられない分、精神を盛り上げることに力を入れています。

「0って言われると 気持ちいいよね 0になると 快感が溢れてくる」
ちなみに絶頂シーンは短めのカウントを何度も数え、その間に絶頂する変則的なものです。
実際にやってみたところ射精はできませんでしたが熱やエネルギーが集まってくるのは感じました。
次のパートでどの道射精できますし、ここはドライを目指したほうが楽しめると思います。

もうひとつの「絶頂(セルフあり)」パートは好きなペースでオナニーするシンプルなプレイ。
開始と射精のタイミングだけを彼女が設定し、その時が来るまでおちんちんを慰めながら我慢します。

「射精しそうになると あなたの手が おちんちんをしごくのをやめてしまいます」
「見ていてあげるから 射精しなさい 精液ぶちまけなさい」

ここでも彼女は運動支配の暗示を使って射精をコントロールしようとします。
そして射精の瞬間は自分の視線を感じさせてより気持よく出させてあげます。
オナニーする時間が5分程度と短いので多少溜めてから聴くのがいいでしょう。
射精の快感はもちろん、彼女の言う通りにやり遂げた達成感も得られます。

このように、指示と視線を組み合わせて興奮と絶頂を促す独特なエッチが繰り広げられています。
優しく躾けてくれる作品
極めてマイルドな調教を施してくれる作品です。

お姉さんは主人公が自分の指示に従って喜ぶマゾ犬になれるように
高圧的な態度を一切取らず、愛玩動物に語りかけるような調子でじっくり催眠をかけます。
そしてその成果を確かめつつ気持ちよくする方向でエッチを進めます。

「こんなに大きくしてしまうなんて 可愛いよ ポチ」
作品名を見ただけだと相当ヤバいプレイをするように思うのではないでしょうか。
しかし彼女は他の催眠音声と同じく聴き手を楽しませることを第一に考えてリードします。
やり方がとても上手ですから終始いい気分に浸りながら気持ちよくなれます。
私個人は癒しのパワーをそれなりに持ってる作品と見ています。

催眠は国屋敷さんらしいと言いますか、暗示の繋げ方や表現が洗練されてます。
スタイルが他のサークルさんと随分違いますし、色々聴いてる方でも新鮮な気持ちで楽しめます。
現時点で最も売れてる作品なだけあってレベルが高いです。

エッチは催眠に時間を使いすぎた影響でどちらのパートも短くなってしまっています。
セルフなしパートはもう少し準備をしてからカウントに持っていって欲しかったです。
セルフありもオナニーする時間をもう5分程度長くしたほうが抜きやすくなります。
催眠パートに比べると色々惜しい内容かなぁと。

絶頂シーンは2回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

女性に飼われる喜びをとことん教えてくれる作品です。
ソフトな調教が好きな人には特におすすめします。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:02:16

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

ザーメンミルク催眠

サークル「モルモットストリップ」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第13回目は穏やかでちょっぴり嗜虐的なお姉さんが
催眠を交えたエッチな命令でドMな男性の性的欲求を満たします。

タイトルにもなっている精液とミルクを掛け合わせた前代未聞のプレイが行われており
彼女は催眠をかけながら命令に従うことの大切さを丁寧に教え
エッチも聴き手が無理なく取り組めるよう少しずつステップアップする形でド変態プレイを提供します。

音声を聴く前に以下のアイテムをご用意ください(必須)。
コップ(背が低く平たいものを推奨)、ミルク(コップ半分程度、苦手な場合は水でも可)
催眠を使って変態プレイをお手伝い
お姉さんに催眠をかけられ特殊なエッチをするお話。

「いらっしゃい 来てくれてありがとうございます」
お姉さんは甘く色っぽい声の女性。
エッチな催眠をかけて欲しくてやって来た主人公を温かく迎えると
始めるにあたって必要なことや準備物の確認をします。

本作品は普通の精神状態では到底できないプレイを聴き手に体験してもらうことを目的に
彼女がテーマに沿った20分弱の催眠を施し、その後で2パート35分程度をかけて様々なプレイをします。
催眠音声におけるエッチは女性とするスタンダードなプレイだけでなく
女体化して触手に犯されるとか、体に一切手を触れずドライオーガズムを迎えるなど変わったものも多いです。

しかしこの作品で行うエッチはそれらを遥かに上回る変態性を持ってます。
最初から言ってしまうと相当なドMでない限りこのプレイを完遂するのは不可能です。
その代わり無事成し遂げた時に得られる達成感や敗北感は強烈です。
彼女もより多くの聴き手がゴールできるように考えながらリードします。

音声開始直後の6分間は催眠を始める前の準備。
お風呂やシャワーに入って体を綺麗にしてあるか、エッチで使用するコップとミルクの有無を確認します。
またその後で催眠に入りやすくするための3つの約束をします。

アイテムはもちろん、体の洗浄もプレイの内容的にとても重要です。
特におちんちんは念入りに洗っておいてください。
約束は心得程度のものばかりですから身構える必要はありません。

催眠はおよそ17分30秒間。
パンツ一枚の格好で仰向けに横になり、最初は天井の一点を見つめながらカウントに耳を傾け
0になり閉じた後は深呼吸で体をリラックスさせます。

「もう眠すぎて焦点が合わない 限界が近い」
「深呼吸を続けていると 体の力が抜けて 少しずつ体の重さを感じることができます」

そしてお姉さんはカウントの合間や呼吸の最中に心身がリラックスする暗示を入れます。
本作品のジャンルは調教ですが、少なくとも催眠パートはそれっぽい部分がほとんどありません。
意識の力を弱め、暗示を受け入れやすくする環境作りに力を入れてますから
M性に関係なく体がぽかぽかする、気持ちが落ち着くなどの感覚が自然と湧いてきます。

次のシーンは深呼吸を引き続きしながら両腕、両足、胴体の順にしっかり脱力します。

「手の指先が 重くて温かい その重くて温かい感覚が 深呼吸をするたびに広がっていく」
手の指先→肘→肩と各部位をいくつかのパーツに分け
それぞれで「重くなる」「動かせない」「温かい」といった暗示を極めて丁寧に入れてくれます。
エッチのインパクトが非常に強いのでそちらに目がいきがちなのですが
本作品は催眠においても優れた部分を持ってます。

「体がさらに重くなっていく どんどん重くなっていく 体が動かせない 体がさらに重くなっていくと あなたは意識が消えていく」
「体が軽くなっていくということは 私の命令が欲しくて仕方なくなってるということ」

さらに面白いのが体の重さと温かさを一通り伝えた後
一転して体が軽くなる暗示を入れ、それと同時に彼女の命令を受け入れやすくしていることです。
これから行うエッチは彼女の言うことにどれだけ素直に従えるかが重要です。
だから重さ→軽さと正反対の感覚を伝えて揺さぶりをかけ、催眠を深めつつメインの暗示を入れます

体を軽くするのにはもうひとつの理由があります。
それは彼女がエッチで聴き手に体を動かす命令を出すシーンが多いからです。
こんな風に先々を見据えながら催眠を巧みに施し、十分な深さまにで誘導してくれます。
緻密で効果的な催眠という印象を受けました。

目的に向かって一直線に進むオーソドックスで優れた催眠です。
お姉さんの言うことにすんなり従える心と体にすることを目的に
凝視法、分割弛緩法、揺さぶり、沈黙法といった古典催眠の技術を順序良く組み合わせ
後になるほどリラックスしたり意識の力が弱まるように進めます。

最近の催眠音声は催眠っぽさをぼかす傾向が強く、それらに比べて堅苦しさを感じるかもしれません。
ですが今回行うエッチは彼女の命令をひたすら遂行する王道型の調教プレイですから
催眠の段階から多少の上下関係を匂わせておいたほうがむしろ後々やりやすくなります。
私の場合は体の温かさや軽さを強く実感しました。
命令に従う喜びを感じながら
エッチシーンは2パート35分ほど。
プレイはパンツをドアノブにかける、ミルクをかき混ぜる、ミルクを飲む、オナニー、精飲です。

エッチな効果音はありません。
セルフは有りになります。

「今からエッチでド変態な命令をしてあげます」
催眠を使って主人公を自分の従順な奴隷に作り変えたお姉さんは
その効果を確認する手始めとして簡単な命令を出します。

エッチは終始彼女の命令を言われた通りに遂行します。
前半のパートは命令に従う喜びを教えつつ後半への準備をするシーン。
これまで穿いていたパンツをドアノブにかけてすぐ取れないようにし
その後で予め用意したコップとミルクを使った変態プレイをします。

「ベッドから体を起こしたら 今度は パンツをドアのノブにかけてきてください」
催眠を施した後も彼女の声と態度は至って穏やか。
聴き手が命令に従いやすく感じるように最初は簡単なものから始め、後になるほど難度を上げていきます。
そして命令する時も「~しろ」ではなく「~してください」「~しましょう」と柔らかい表現を心がけます。

「私の命令に逆らえないことを自覚するたび あなたの催眠はどんどん深くなっていきます」
また彼女はプレイ中も催眠状態を維持できるように命令の遂行とリンクさせる形で深化の暗示を入れます。
一般的な催眠音声はエッチに入ると運動支配の暗示でオナニーを制御するとか
カウントの前後に感度強化の暗示を入れるなど、暗示を中心に据えてプレイを進めることが多いです。
しかし本作品はひたすら命令を出し、そのサポートとして命令に従いたくなる暗示を入れます。
エッチの進め方やアプローチの仕方が独特で面白いです。

もちろんエッチの主役にあたるプレイも奇抜なものばかり。
パンツをドアノブにかけさせた後に始まるミルクをかき混ぜるプレイは
ベッドの上で四つん這いになって股間の下にミルクの入ったコップを置き
そのまま腰を下ろしておちんちんを挿入します。


「うふふふっ どうですか? おちんちんで味わうミルクは美味しいですか? とっても美味しいですね」
普段は飲むだけのミルクに大事な部分を突っ込んでじっくりかき回す。
普通の神経では到底できないプレイに取り組む彼の姿を彼女も嬉しそうに眺めます。
腰を使うプレイなので体への負担が多少あるものの
底の浅いコップを使用した場合はひんやりした感覚と鈴口にこそばゆい快感が味わえます。

次のパートはもっともっと踏み込んだプレイが登場します。
休憩がてらに先ほどのミルクを飲んで喉を潤し、いよいよザーメンミルクの作成に取り掛かります。

「牛さんのミルクと あなたのおちんちんミルクの夢のコラボレーションです うふっ」
実際に何をするかは名称、プレイ一覧、彼女のセリフから汲み取ってください。
最も難しいのは射精後に始まる最後のプレイです。
男性は射精を迎えると性欲が極端に減少しますから、その状況でこれを成し遂げるのは至難の業です。
だからこそ普段のプレイでは決して得られない精神的な快楽を味わうことができます。

このように、ド変態プレイと催眠を掛け合わせた極めて独創的なプレイが繰り広げられてます。
ぶっ飛んでる作品
他では決して聴けないエッチが楽しめるド変態向け作品です。

お姉さんは主人公が持つ変態性癖を思う存分満たすために
催眠は意識の力を弱め、自分の命令を受け入れやすくすることだけに注力し
その後のエッチでミルク・おちんちん・精液を使った破滅的なプレイを提供します。

こういうプレイをガチでやらせてくれるサークルさんは現在でもモルストさん以外にいません。
何から何までオリジナリティに溢れてるのでとても新鮮な気持ちで聴くことができます。
色々とハードルの高い部分はあるものの、それに向けてできるだけやりやすくする努力をしています。
奇想天外なプレイからは想像できない相当に練られた作品と言えます。

そしてこのプレイを成立させるために催眠の技術を活用しています。
催眠パートでは変態的な要素を一切取り入れずちゃんと深化できるように進めてますし
エッチに入っても命令に従う喜びを伝えていい気分に浸らせながらリードします。
プレイの内容とはまるで違う穏やかな雰囲気が終始漂っています。

エッチは好みが大きく分かれますがプレイの流れはしっかりしています。
難易度の上げ方、体への負担を考えた休憩のタイミングなどです。
1回目で最後までできる人はそうそういないでしょうね。
私は2回目なのでなんとかやり遂げましたが、射精後のプレイだけは相当な勇気が要りました。

射精シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

発売から6年近く経った今でも異彩を放ち続けてる作品です。
困難な命令ほどやる気が出る生粋のドMにのみおすすめします。

CV:みる☆くるみさん
総時間 1:01:13

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

すんどめ☆超寸止め催眠 CV紅月ことね編

サークル「カジハラエム」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第12回目は男性のオナニーを見るのが趣味な肉食系お姉さんが
リラックス重視の催眠と暗示を中心に据えたエッチで快感をプレゼントします。

手を使わずにおちんちんをしごいてる感覚を与え絶頂させる独特なプレイが魅力で
彼女の言葉を聴いてるだけでお腹や股間を中心に自然と体が熱くなったり
射精する時のような熱いものがこみ上げてくる感覚を味わわせてくれます。
逆ナン女子の変わった趣味とは?
お姉さんに逆ナンされオナニーを披露するお話。

「…ねぇ。 ねぇ、ねぇっ。 ねぇってばぁ…」
お姉さんは明るくて色っぽい声の女性。
街中でぼーっとしてる主人公に突然声をかけると
彼の不安を解いた上で自宅に連れ込みオナニーを見せて欲しいと言います。

本作品は今までで最も強烈な射精感を聴き手に体験してもらうことを目的に
総時間をほぼ同じ長さに分けて催眠→エッチの順に行います。

作品名や作品説明文からエッチの最中にオナニーする、つまりセルフ系の作品と思われるでしょうが
彼女は作中でこちらに対して明確なオナニーの指示を出しません。
ただし進め方は手によるオナニーを想定してるようにも見て取れますので
いじる/いじらないを聴き手がある程度自由に選んでいいシステムなのだと思います。

私個人はドライ系の作品と見ています。
その理由の一番は催眠の技術を的確に行使し、しっかりと性感を高めてくれるからです。
ドライをある程度経験してる人ならノーハンドでも十分気持ちよくなれるクオリティを持ってます。
この作品がサークルさんの中でダントツのDL数を誇るのは純粋に優れてるからです。

音声開始直後の7分間は2人が出会ってから家に移動し催眠を始めるまでのシーン。
お姉さんは突然のナンパに不安がる彼がすんなり催眠に入りエッチで気持ちよくなれるように
最初から気さくな態度で接し、彼の気持ちを和らげるセリフを意識して投げかけます。

「ふふ。実はねぇ、お姉さん、キミの事が気に入ったの」
「私は、男の子が毎日オナニーするのなんて、全然、驚かない。男の子がオナニーしないとおかしいもんね」

具体的には彼に対して好意があることをはっきりと告げ
彼が毎日オナニーに勤しんでることをことを知っても嫌な顔ひとつせず
むしろ「若い男性ならやってて当たり前」と積極的に受け入れます。
そして催眠を始める際も無理矢理押しつけるのではなくメリットを提示した上で持ちかけます。

催眠とは直接関係ないシーンなのですが
セリフの端々から彼女との信頼関係を構築しようとする意図が見て取れます。
そしてこれは彼女の催眠を受け入れやすくするのに効果的です。
こういった細かな言葉使いにこだわってるところも本作品の魅力と言えます。
リラックス重視のシンプルな催眠
催眠はおよそ10分間。
最初はお姉さんの呼吸に合わせて4分近くゆっくり深呼吸します。
音声を聴く際の体勢は特に言われませんが、仰向けになり目を瞑るのがいいでしょう。

「吐く度に、緊張が、抜けていく。吐くたびに、リラックス、していく」
「深呼吸するたびに、おちんちんに集まっていく。おちんちんに、力がみなぎっていく。おちんちんだけが、元気。」

そして彼女は呼吸を2セット行うたび吐くのに合わせてリラックスする暗示を入れます。
深呼吸の時間が長めに取られてるだけでも気持ちが安らぐのに
穏やかな声と口調で優しい言葉をかけられたらより癒されるのは当たり前です。

催眠・エッチいずれも大部分で彼女が囁いてくれるのもそれを後押しします。
テーマの逆ナンとは随分違う静かで落ち着いた空気が終始漂っています。
並行しておちんちんが勃起する暗示も入れてきますが私の場合はさっぱりでした。
まだエッチが始まってませんし下準備的な意味合いなのだと思います。

「視界が真っ白になる。真っ白。頭の中も塗りつぶされる」
体が十分に安らいだ後はいよいよ催眠状態を深めます。
カウントを数えるお馴染みのスタイルに前後と最中の暗示を多めに交え
後になるほど意識の力が弱まり暗示を受け入れやすくなるよう上手に導きます。

事前のリラックスがしっかりしてるだけあって
カウントが進むたびに頭や体がずーんと重くなるのを強く感じます。
暗示を入れるタイミングも的確ですし、多くの人が同様の感覚を味わうのではないでしょうか。

深呼吸してからカウントを使って落とすだけの極めてシンプルな催眠です。
聴き手を催眠状態に誘導し、お姉さんの言いなりにすることを目的に
深呼吸させながらリラックスを促進する暗示を入れる→カウントを織り交ぜた深化の暗示を入れる、といったように
基本に忠実にそれぞれを進めて少しずつ確実に催眠に入れるよう進めます。

最近の作品に比べると個性の面で物足りない部分があるものの
今から5年以上も前に出た作品ですし、メインはエッチなのでまったく問題はありません。
むしろこれだけの短時間でここまで深く落とせるのが素晴らしいです。
声と言葉で快感をコントロール
エッチシーンは13分ほど。
プレイは言葉による寸止め/絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフも無しですが射精表現はあります。

「今から、キミは、私の言うとおりに、感じて、気持ちよくなっていく。私が一切、触らなくても、感じる」
催眠を使って主人公の心と体を従順にしたお姉さんは
引き続き声と言葉を使って彼の性感を高め、気持ちいい射精をさせてあげます。

エッチは終始彼女にリードされる形で進みます。
序盤に行うのは催眠音声ではお馴染みの感度上昇。
お腹を起点に腕、顔、足、おちんちんなど全身に温かい感覚を伝播させ
それをエッチな熱へと変えてオナニーしてる時のような快感を与えます。

「ジンジン、ジンジン。徐々に、じんわり、熱くなってくる。ジンジン、ジンジン。その熱が、どんどん、広がっていく」
「今すぐ、爆発しちゃいそうに、気持いい。でも、発射しちゃったら、気持よさが終わっちゃう。だから、発射は、できない」

彼を自分の言いなりにした後も彼女の態度は一切変わりません。
囁き声で擬声語を交えた暗示を入れ、中枢から末端にかけて体を温かくします。
そしてある程度高まったところで射精を制御し寸止め気分を味わわせます。

実際に聴いてみるとお腹や股間を中心に結構な熱が感じられます。
お腹はぽかぽか、股間はムズムズと若干違うものの気持ちいいのには変わりません。
物足りないなら射精しない程度におちんちんをしごくのもいいでしょう。
腕を動かなくする暗示は特に入れてきませんし、利き手を軽く上下させるくらいなら動くはずです。

続く後半は焦らし要素が一気に強くなります。
カウントをかなり多くの回数数えて性感をさらに高め、その上で射精をギリギリまで遅らせます。
このシーンだけは彼女がちょっとだけ意地悪になります。

「頭の中の、真っ白を全部っ、出っせぇええええっ!! 一発で金玉袋の中の精液を全っ部、出しきれっっ!!!」
ですが最後の瞬間は0カウントとハイペースかつ力強い口調で絶頂をちゃんと応援してくれます。
多少焦らしたおかげでそれなりの快感が得られました。
股間がキューッ、ビクンビクンと勝手に反応し心地いい痺れが走ります。
カウントの回数をもう少し減らし、その分を暗示に回していたらより良くなったと思います。

このように、催眠の技術を使ってイかせる独特なエッチが繰り広げられています。
ドライ系の秀作
最後の性的絶頂に向けてシンプルかつストレートに導いてくれる作品です。

彼女は「男性のオナニーや射精が見たい」という願望のために
会ったばかりの主人公とまるで友達のように接し、気持ちいい催眠とエッチを提供します。
彼女は逆ナンするほどですから明らかに肉食系女子なのですが
その手段は彼の心と体への気遣いや思いやりに溢れてます。
この彼女から滲み出る優しさ・温かさが催眠やエッチを楽しみやすい環境を作り上げています。

「私も、最高の射精を見られて満足だわ」
作中でするプレイがオナニーなのに実際にいじる指示が出ないとか
寸止めよりも焦らしのほうが強いなど気になる部分も確かにあります。
ですがサービスのレベルが高く、聴いてて気持ちよくなれるのも事実です。
内容を理解したうえで聴くなら普通に楽しめる確かな品質を持ってます。

催眠は実際にかけるシーンよりもその手前のほうがずっと印象的でした。
魅力的な女性とはいえ会ったばかりの人に心を開くのはそうそうできることではありません。
だからこそ主人公のことを第一に考え言葉を選んで上手に語りかけます。
このシーンがなかったら本番の催眠におけるかかり具合が随分落ちたでしょうね。

エッチはノーハンドでの射精を目指すとなると相当に難しいです。
何回か聴いてますが私も今のところ成功したことはありません。
ドライ慣れしてる人はドライを、未経験の方は普通にしごいて射精するのが無難です。

絶頂シーンは最後に1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

コンパクトにまとめられてるドライ向けの作品です。

CV:紅月ことねさん
総時間 34:39

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

サイニィコンディショナー

サークル「Novel-Trance-Lab」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第11回目は母性を感じる大らかな声のお姉さんが
特殊な音を使った催眠でリフレッシュをお手伝いします。

「シューマン共振」という非常に珍しい音をバックで鳴らしながら催眠を施すのが特徴で
マッサージ器つきの椅子に座ってる時に感じるような微かな振動が心の凝りをほぐします。
不思議な音で心をスッキリ
お姉さんに音を使った癒しの催眠をかけてもらうお話。

「これから 催眠誘導を始めます」
お姉さんは穏やかで落ち着いた声のお姉さん。
自己紹介などの前置きにあたる部分はすべて省略し
早速主人公を催眠状態へと誘導し始めます。

本作品は現実世界で多くの人が抱えているストレスの軽減を目的に
シューマン共振SEを織り交ぜた20分くらいの短い催眠を施します。
シューマン共振は「地球の脳波」とも言われており
人間がリラックスしている時に出す脳波と似通った部分を持つそうです。

音系の催眠音声で使われるバイノーラルビートやヘミシンクと同じく聴き手を癒す音ですね。
私が知る限りシューマン共振SEを使っている作品は本作品のみです。

音自体は「ブォンブォン」という適度な振動音で、音声開始から終了直前までほぼずっと流れ続けます。
音量が抑えてあるので鳴り始めた直後は気づかないかもしれません。
ですが彼女が全編を通じてセリフを緩やかに、そして間を開けながら語りかけてくれますから
無音の時にノイズみたいな別の音が鳴ってるのがわかると思います。
耳や頭を軽く揺さぶられてるような程よい心地よさを感じます。

もちろん音以外の部分も癒し要素が満載。
本作品では心のリフレッシュやイメージ力の強化を目的としたアプローチが多く
後になるほど頭がスッキリするとか、胸のつかえが取れた気分が湧いてきます。

安眠成分もそれなりに含んでますが気持ちをリセットする効果の方がずっと強いです。

またサークルさんによるとこの音声を聴いた後に何か他の音声を聴くことで
感受性が向上し作品の世界に没頭しながら楽しめるそうです。
同人音声ならその可能性があるかもしれません。
ですが他の催眠音声に組み込んで聴くのは止めたほうがいいです。
催眠音声は催眠とエッチが複雑に絡み合ってできており、他の要素を持ち込むと品質が著しく下がります。

独特な音と癒し特化のアプローチ。
この2点が本作品の大きな特徴です。
心をまっさらにしながら催眠の世界へ
催眠はほぼ全編にあたる23分間。
最初は自分のペースで軽く深呼吸をしてから目の前に白い光の玉があるのをイメージします。

「息を吸うたびに 綺麗な白い光のエネルギーが 体の中を巡ってゆきます」
「あなたは今 とても綺麗な白い光に抱かれています 白い光の揺りかごに すべてを委ねて 安らいでいます」

彼女はより多くの聴き手が清涼感を感じるように「綺麗な」「白い」光と意識して伝えます。
白は元々何もないまっさらな状態、あるいはすべてが消え去った状態を意味し
どちらも本作品のテーマである「心のリフレッシュ」に通ずるところがあります。
それに「綺麗な」を組み合わせてより清らかな印象を与えます。
下のセリフに登場する揺りかごも赤ん坊が眠る場所、即ち安らぎを感じるアイテムです。

こんな風に彼女は「心地いい」「安らぐ」といったストレートな暗示と
聴き手が無意識的にそう感じるイメージを上手に組み合わせてリラックスを促します。

バックで流れるシューマン共振SEの効果も相まって多くの人が癒しを感じるでしょう。
私の場合は音声開始から9分後には実感できるレベルの意識のぼやけを感じました。

十分にリラックスできた後はいよいよ深い催眠に入ります。
自分がいる部屋の中に空いてる穴に入るイメージをするのですが
ここで彼女は敢えて特定のイメージを提示せず、聴き手にそれを委ねる形で進めます。

「穴の中はどんな感じがする? 自由にイメージしてみてくださいね」
部屋から覗いた穴の先はどうなってるか、実際にたどり着いたら何が映るか。
彼女の言われるままに好きにイメージしてみましょう。
この自由奔放な誘導が心をより大きく解き放ってくれます。
別の世界に行くイメージも気持ちをリセットするのに向いてます。

「深く 深く ふかーく入ってゆく」
そして穴を落ちる時にはちゃんと深化の暗示を入れてくれます。
キーとなる暗示は必ず3回重ねて言ってくれるのがいいですね。
聴き手をできるだけ縛らないように気を遣いながら催眠の感覚を強化します。

「とても綺麗な白い光が あなたのハートに すーっと入ってゆきます」
「いらなくなったもの 停滞しているものは すーっと消えてゆきます」

体の浄化が終わった後は心の浄化です。
先ほどと同じく白い光が自分の心を包み込み、中にある悪いものが消えてなくなるのをイメージします。
彼女の話を聴いてると胸のあたりがポカポカしてくるんじゃないでしょうか。
明日以降を元気に生きる活力も与えてくれます。

このように、進め方や投げかける言葉に注意を払った癒しの催眠が繰り広げられています。
心を洗い流してくれる作品
短時間のリフレッシュに大変効果的な作品です。

お姉さんは主人公が現実世界で抱えているストレスを少しでも軽減できるように
特殊な音とイメージを組み合わせた催眠で少しずつ確実に心を浄化します。
シューマン共振SEが珍しいのでこちらに注目しがちですが
実際は癒しを応援する脇役に過ぎず、主役はあくまで催眠の技術です。

中でも古典催眠の球体心像法に清涼感を感じる表現を交え
体→心の順に癒していく流れが堅実かつハイレベルです。
言葉の選び方がとても上手で聴いてるうちに気持ちが自然とスッキリします。
聴き手に好きにイメージさせる後半のアプローチもそれを後押しします。
目的を明確に定め、それに向けて高い水準で技術を行使している名作です。

私が1回目のレビューを書いたのは当サイトの開設から1週間後くらいでした。
その頃は催眠音声のレビューの書き方もよくわからず、この作品についても漠然とした良さを感じただけでした。
しかし改めて聴いてみると純粋に「すごい」と思える部分をいくつも持っています。
これほど短い時間にまとめてあるところも素晴らしいです。

サクッと聴けてサクッと癒される万人向けの作品です。
価格が300円と非常に安いのもポイント。
以上を踏まえて前回と同じく満点とさせていただきました。

CV:美咲さゆりさん
総時間 25:53

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2016年9月12日まで半額の150円で販売されてます。

催眠音声魔界ステージ

サークル「暗中模索」さんの催眠音声作品(男女両用)。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第10回目は上品で意地悪な性格を持つ魔族のお姉さんが
偶然見つけた男性を彼女らしい方法で辱め、絶頂へと導きます。

肉体への刺激はほとんど与えず視線だけで興奮させる非常に変わったエッチが行われており
催眠パートでは双子形式に近いスタイルで短時間のうちに深い催眠状態へと導き
エッチに入ると他人の視線を強く意識させ、同時に感度強化の暗示を入れてイキやすい環境を整えます。
魔族が集う享楽のステージへ
魔族に催眠をかけられ2種類のエッチを楽しむお話。

「あら…人間がいるわ あなたこんなところで何してるの?」
魔族は上品でちょっぴり嗜虐的な声のお姉さん。
魔族の領域に偶然迷いこみ、帰りたそうにしてる主人公に声をかけると
自分を満足させることができれば願いを叶えてあげると言います。

本作品は彼が人間界に戻ることへの交換条件として
彼女が催眠を交えた羞恥心満点のエッチをプレゼントします。

全編を通じてまず挙げられる大きな特徴は催眠とエッチのスタイル。
音声開始30秒後には彼女が2人に分身し
左右から交互に、あるいは同時に語りかけてくるようになります。


左「あなたが私の言うとおりにしていれば きっといいことがあるわ」
右「緊張しなくてもいいわ。大丈夫」

こんな風に左右から別々のことを頻繁に語りかけてくるおかげで
聴いてるうちに意識が小刻みに揺さぶられ、比較的早い段階からぼんやりした感覚が湧いてきます。
催眠音声ではメジャーなジャンルのひとつである双子形式にとても近いです。
ただし、左右の声質は若干トーンに差があるくらいでほとんど一緒です。

催眠はおよそ17分間。
仰向けに横になり目を瞑った状態で深呼吸をしたり手足と体全体を脱力します。

右「体の内側から力が抜けていく 右腕がずーんと重くなる」
左「力が抜けていく」

どちらも催眠音声の序盤によく見る技法なのですが
魔族は呼吸のタイミングを取る役とリラックスする暗示を入れる役を分担したり
特定のキーワードを多く盛り込んだ暗示を左右から畳み掛けるように入れて
少しずつ確実に催眠の世界に誘導します。

個々のセリフを短く区切って話しかけてくるので、一種の音楽を聴いてるようなテンポの良さを感じます。
またシーンごとにセリフの間を細かく調整し聴き手が暗示を受け入れやすく感じるようにもしています。
2人の術者が語りかけてくる表面的な奇抜さだけでなく、催眠音声としての品質も抜群に優れてます。

お次は沼に沈んでいくイメージをしながらカウントに合わせて特定の部位に力を入れたり
彼女が魔法で沼から変化させた湖や空から落ちるイメージをして催眠状態をさらに深めます。

左「(沼に)ずぶずぶと沈む」
右「意識が深く沈む」
右「ほら(空から)落ちていくよ」
左「ものすごい勢いで落ちていく」

ここでも彼女は沼に沈むときは重い口調でゆっくりと、空の時は間を置かずスピーディーにという風に
イメージに合わせて声や口調を小まめに変化させながら暗示を的確に叩き込みます。
最中ずっとセリフを投げかけられ続けることもあり
実際に聴いてると平衡感覚を失ったときのようなくらくらした心地いい感覚を覚えます。

左「ほら、私を憎みなさい 奥歯を噛んで憎みなさい」
右「あなたは私の奴隷 だからあなたは私を愛しなさい 心のそこから愛しなさい」

そうやって意識の力を十分すぎるほど弱めたところで
最後の最後に本題となる「魔族の声に従う」暗示を入れます。
ここでは彼女が正反対のことを左右から同時に言ってくるのが面白いですね。
人間の脳の処理能力を上回る情報を一気に流し込んで暗示を入れやすくしています。

双子形式を最大限に活用した個性的かつ堅実な催眠です。
聴き手を魔族の声の言いなりにするのを目的に
深呼吸や分割弛緩法、漸進的弛緩法、混乱法など
古典催眠の技術を上手に繋げて後になるほど催眠状態が深まるように誘導します。

技術だけを見ると割とシンプルです。
でも双子形式に沿った形で進めてくれるのでとても新鮮に思えます。
中でも暗示の入れ方や重ね方が本当に的確でがっつり催眠に入れます。

セリフの文字数・シーンごとの間・左右の割り振り具合、声のトーン・ペース・暗示の意味に適した言い方など
細かいレベルにまで気配りが行き届いていて実に素晴らしいです。

双子の扱い方も非の打ち所がないほど優れてますし、サークルさんの技術の高さがよく表れています。
大勢の観衆に痴態を見られる快感
エッチシーンは2パート20分ほど。
プレイは脱衣、裸を見られる、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
ドライ・セルフ両方の絶頂形式が登場します。

右「さぁ奴隷に嬉しい嬉しい命令をしてあける」
濃密な催眠で主人公を自分の声の虜に変えた魔族は
彼を下着だけの格好にさせてから魔界の住人がひしめくステージへと案内します。

エッチは彼女に言われた通りのイメージをしたり体を動かして楽しみます。
最初のパートは人間界に戻る前のお話。
タイトルにもなっている魔界ステージに行きストリップショーのようなプレイをします。
実際に脱ぐ指示が出ますから催眠パートは服を着たまま聴くのがいいでしょう。

右「着ているものが減る度に露出が増え」
左「視線に肌がじりじりと感じるわ」

そして彼女は最初の服を脱ぐシーンから自分たちの視線を強く印象づけ
同時に感度が高まる暗示を入れて性的興奮を執拗に煽ります。

まさに視線でイかせるプレイですね。
十分な深さの催眠に入っていればイメージ力も高まってるでしょうから
彼女の言葉に対して肌がピリピリするとか、股間を中心に体が火照る感覚が味わえます。
物理的な刺激を一切与えない代わりに心を上手く盛り上げてくれます。

本作品ならではのプレイはやはりステージに上がってからのシーンでしょう。
スポットライトを浴び、多くの魔物たちが見守る中で最後に残ったパンツを脱ぎ捨てます。

右「それを脱いでしまったら 興奮した勃起おちんぽが丸見えになっちゃうわよ」
右「ぬるりとした視線が体中を這い回る 反応するように体中が熱くなる 快感はどこまでも強くなる 体中視線でおかされる」

最も盛り上がる瞬間だからこそ、彼女も脱いだ後のことを事前にイメージさせたり
実際に脱ぐときも少しずつやらせて羞恥心と期待感をとことんくすぐります。
そして脱いだ後はおちんちんが観衆の視線に晒される快感を暗示で的確に伝えます。
聴き手が主人公の立場に立って楽しめるように演出面に力を入れたリードをします。

終盤にカウント合わせてドライオーガズムを迎えるのですが
その瞬間に股間が自然にビクビクして気持ちいい痺れが流れてくるのを感じました。
他のドライ系作品に比べると快感の度合いは弱いものの、20秒くらいに渡って感じられてすごく気持ちよかったです。

もうひとつの「セルフ」パートは人間界に戻った後のお話。
一緒についてきた魔族の言葉に従ってちょっぴりスリリングなオナニーを楽しみます。
こちらもテーマの「視線」を使って気持ちを盛り上げるシーンが多く
精神が充実しているおかげで普段のオナニーよりも大きな射精感が得られました。
でもプレイ時間を今の6分より延ばしたほうが余裕を持って取り組めるようにも思えます。

このように、他人に自分の恥ずかしい姿を見られるシチュでイかせるエッチが繰り広げられています。
羞恥に悶えさせてくれる作品
独特な視点のエッチが魅力的な双子系作品です。

魔族はたまたま魔界に迷いこんできた主人公への記念に
2人の術者が手分けしてかける濃厚な催眠と露出プレイに近いエッチをプレゼントします。

双子催眠は今でこそ作品数が増えてますが、催眠音声の中でも極めて複雑な構造をしており
正直なところ並の製作者さんでは聴けるレベルにすることすら難しいです。
それをここまで高い品質で成し遂げてるのが素晴らしいです。
ひとつひとつのセリフに対してどう投げかければ聴き手の心に響くのかが考えられてます。

対するエッチはステージに上げて裸を見せる特殊なプレイを用意し
それで聴き手が興奮し絶頂できるように少しずつ丁寧にリードします。
プレイだけを見ると男性向けの中では相当にソフトです。
でも作品の雰囲気に浸りやすいから股間が勝手にムズムズしてきます。
催眠の技術がしっかりしてるのも大きな要因です。

私は前回のレビューで「エッチの言葉責めが物足りない」と書きました。
ですが改めて聴いてみると言葉責めをする必要が無いからしてないのだとわかりました。
イメージ力が高まってる状況を利用して羞恥をくすぐり
それと同時に感度が高まる暗示を的確に入れて絶頂したい気分へと導く。
催眠パートの結果をきちんと役立ててる大変優れたエッチと言えます。

絶頂シーンはドライ7回、射精1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

むず痒い快感が味わえる作品です。
改めて聴いた結果、前回の7点から2点プラスさせていただきました。
双子形式や露出プレイが好きな人におすすめします。

CV:男性向け…野上菜月さん 女性向け…想さん、黒兵衛さん
総時間 男性向け…43:05 女性向け…42:11

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2016年09月12日まで半額の350円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。

朝倉催眠診療所 Vol.02

サークル「Es_Lab」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第9回目は大人の女性らしい上品な佇まいの催眠療法士が
催眠の技術を使った特殊なエッチで主人公の心と体をリフレッシュします。

声に対する印象操作を駆使した比較的ソフトな調教が行われており
最初は特に何も感じてなかったのが次第に声を聞くほど気持ちが落ち着くようになり
エッチに入ると言葉に合わせておちんちんがムズムズする心地よい感覚が湧いてきます。
心地いい声に包まれながら催眠の世界へ
朝倉さくら先生から催眠を使った治療を受けるお話。

「こんにちは 朝倉さくらです さあどうぞ 椅子にお座りください」
朝倉先生は明るくて整った声の女性。
音声を聴く際の注意点や心構えを簡単に説明すると
主人公を心地いい催眠に導くために深呼吸してもらいます。

本作品は「Wサキュバス」と並ぶサークルさんの看板シリーズ2作目にあたり
彼女がM奴隷の育成をテーマにした言葉による調教を施します。
催眠療法士がすることですからおそらく彼の心の病を治すのが目的なのでしょう。
他の作品で見られるようなキツい表現は一切無く
催眠の技術を駆使して自分から彼女に服従したくなるよう心を上手に操作します。

ちなみに本作品はベッドに寝るのではなく椅子に座って聴くことを想定しています。
催眠に入っても怪我をしないように大きな背もたれのあるものに座るのがいいでしょう。
最中にこの体勢を利用した技術が登場し、そこでは頭がくらくらする不思議な感覚が味わえます。

催眠は5パート26分ほど。
最初は目を開けたまま彼女の声に合わせて深呼吸と脱力をします。

「この音声を聴く上で重要なことは リラックスすることです」
「さあ 普段の嫌なことは 何もかも忘れて 今だけ新しい自分になりましょう」

やってることは至ってオーソドックスですが
それらの合間にどんなことを意識すればいいかを彼女が丁寧に教えてくれます。
各行動の指示もきめ細かく頭を空っぽにしながら取り組むことができます。
行為による純粋なリラックスと彼女の優しさによる安らぎの両方を感じるでしょう。

「今は体を楽に 心を楽にして 私の声に耳を傾けてください」
また彼女は節目節目で自分の声に集中するよう適度に呼びかけます。
彼女の暗示を受け入れやすくなるためには声に対する集中力を高めるのが有効です。
リラックスと集中、催眠にとって重要な要素を彼女は押し付けない形で少しずつ強化します。

本作品はこの「声」に対する印象や感覚を操作することを軸にサービスを進めており
後になるほど彼女の声を聴いてると安心するとか、妙に気持ちいい感覚が湧いてきます。
そして一人でも多くの聴き手がそう感じられるように彼女は順を追って少しずつ感覚をシフトさせます。

催眠・エッチいずれも初心者を意識した丁寧なアプローチがされてますから
催眠に不慣れな人でも普段とは違う不思議な感覚を体験できる可能性がそれなりにあります。
この万人向けの作りも本作品の魅力と言えます。

リラックスできた後は目を瞑りいよいよ催眠状態を深めます。
ここでは息を吸ってから少し止め、吐き出しながら首を回す変わった運動が登場します。

「頭がゆらゆら ふわふわしますね 頭の ゆらゆら ふわふわした感覚が 体にも伝わっていきます」
「水がどんどん落ちていく どんどん落ちていく 落下する 落ちる 落ちる」

実際にやってみると視界がぐらつくような感覚がすると思います。
そうやって心に隙を作りながら彼女はコップの水を水槽に流すイメージを話し
「落ちる」を多く交えた暗示を入れて催眠状態を一気に深めます。

私の場合は特に頭がずーんと一気に重くなるのを感じました。
座った状態なので寝ている時よりも強く実感できると思います。
「水がこぼれる」という誰でもわかるイメージから感覚を伝えている点も実に良いです。

「私の声を聞いていると あなたはとても幸せな状態になります」
「嫌なことも 辛いことも全部忘れて 私の声に耳を傾けて そうすればあなたはいつでも この幸せな時間に浸ることができる」

そして最後はさらなる深化の暗示を入れながら声に対する依存心を養います。
彼女の透き通った声が元々良い印象を抱きやすいことやこれまでの経緯もあって
声を聴いているほうがなんとなく安心する人がきっといるでしょう。
さらに「声に従うと気持ちよくなれますよ」とデメリットよりもメリットを強調する形で言葉をかけてくれます。

催眠そのものの気持ちよさと彼女の声に包まれる気持ちよさ。
この2つの感覚を使って聴き手が自然とこのままでいたいと願うように導きます。

催眠療法士らしい確かな技術と流れるような手つきが光るハイレベルな催眠です。
先生の声に良い印象を抱き、依存したくなる心境にさせることを目的に
深呼吸や軽い運動によるリラックス、回頭法と水のイメージを組み合わせた深化、仕上げの暗示と
シーンごとに明確な目標を定め、それに向けて技術を的確に用いています。

中でも中盤に登場する回頭法は座ってるからこそできる技術で
平衡感覚を失ったかのようなふわふわした感覚がとても味わいやすいです。
水が揺れる、注がれるイメージもこの「意識の揺れ」に近く深化の成功率を上げています。
個性があり実用性もあるところが素晴らしいですね。

声に対する印象についても集中させ、心地よさを感じさせ、離れなれなくするといったように
催眠の進み具合と連動させて段階的に興味が強まるようにリードします。
そしてそのすべてで聴き手が受け入れやすいと感じる言い回しが徹底されてます。
セリフの細かな表現においても優れたものを持っています。
声だけでイかされる快感
エッチシーンは3パート26分ほど。
プレイは主従の契約、声による絶頂、乳首とアナルへの興味を引くです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「さあ これからあなたの心の一番奥に 契約の言葉を刻みこみます」
催眠を使って主人公を自分の声の言いなりにした先生は
いよいよご主人様と奴隷の関係になるためのとある契約を持ちかけます。

エッチは引き続き彼女の声を聴きながらドライオーガズムを目指します。
先生がフェラやSEXをするといった一般的なプレイは登場しません。
ここまで育ててきた声の印象と暗示の力だけで絶頂させる催眠音声らしいプレイが楽しめます。

最初の10分間は調教にとって重要な上下関係を確立するシーン。
主人公が自分の声にすっかり依存している状況を利用し
彼女に命令されることに快感を覚えるよう上手に暗示を入れていきます。

「大丈夫 あなたは何も考えなくていいの 私にすべてを委ね 服従していればそれで幸せ そうでしょ?」
「ご主人様の望む催眠奴隷になりたい ご主人様が望むことなら どんな変態的なプレイでもしてみたい それはあなたの願望 強い願いです」

先生は本当の意味での女王様ではありませんから
こちらに無理なことを押し付け苦しめるようなことは決してしません。
今まで通りの穏やかな口調で自分に従うことで得られる安心感や満足感を伝えます。
そして「命令に従ってやった」という正当な理由で変態的なことだってできると告げます。

セリフの方向性を切り替えながらゆっくり丁寧に進めてくれますから
それほどM性が無い人でも後になると「奴隷になってもいいかな」と多少は思うかもしれません。
肉体への刺激は一切与えず、精神的な快楽のみを追求した優しい調教と言えます。

主従の契約が成立した後はお待かねのご褒美(約12分間)。
引き続き声を起点におちんちんが気持ちよくなる暗示を入れ
準備が整ったところでカウントを使い連続絶頂へと導きます。

「脳がとろとろに溶けて とろけるような感覚が 全身に広がっていく」
「私の声が あなたの脳に届くだけで 射精するような快感が 全身に広がっていくよ?」

彼女が催眠状態を上手く維持してくれることもあり
この時点で頭の中がドロドロになったような感覚があると思います。
その気持ちよさを全身に広げ、さらにおちんちんの快感にも繋げて性的快感を盛り上げます。

私が聴いた時も淫語をほとんど言ってこないのに股間がムズムズしっぱなしでした。
おちんちんに一切触れてないのにオナニーしてる時に近い快感が走ります。
ここまで時間をかけて声に対するイメージを操作してきた成果が現れています。

最後のカウントで0の時に追い込み暗示を入れてこないところだけが残念ですが
それまでの誘導が上手ですし、ドライもしくはそれに近い快感は十分に味わえます。

「あなたは アナルで気持ちよくなることを想像するだけで 妖しい快感に包まれます」
残りの2パート4分間はアナルと乳首に興味を抱くよう彼女が呼びかけます。
何かプレイをするのではなく後々に向けて勉強してねと言うだけです。
朝倉催眠診療所 Vol.03」は乳首を、「朝倉催眠診療所 Vol.04.1」はアナルを責めるエッチをするので
それらを楽しみやすくする準備だと思います。

このように、声や言葉によって感覚を操作する独特なエッチな繰り広げられています。
催眠重視の良作
シチュやプレイではなくほぼ催眠の技術だけで絶頂させる王道型の作品です。

上品で透き通った声を持つ催眠療法士のお姉さんが
何らかの悩みを抱えた主人公をちょっぴり刺激的な催眠とエッチで癒します。
テーマのM化や調教からはやや遠い穏やかな雰囲気が終始漂っており
先生も女王様よりは面倒見のいい姉のような優しい口調と態度で接します。

彼女が自分の考えを押し付けてくるシーンがほとんど無いので
最中はリアルの嫌なことから解き放たれたような爽快感や安らぎを感じると思います。
そして心が緩みきってるからこそ彼女の言葉をすんなり受け入れられます。
結果的には調教されるのだけどその道筋が催眠にマッチしていてとても面白いです。

実は私は前回のレビューでもこの作品を「王道」と評しています。
その理由は催眠が持つ力をストレートかつ最大限に使ってドライオーガズムに導くからです。

一般的な18禁催眠音声は何らかの背景やストーリーがあったり
現実世界で男女がするプレイをリアルに体験させてそこから快感や絶頂へと繋げます。
しかし本作品は先生との物理的な接触がなくエッチするイメージも登場しません。
その代わり声に対する様々な暗示を入れて徐々に気持ちを盛り上げます。
このスタイルや過程がとても洗練されていて催眠のすごさを改めて思い知らされました。
誰にでも聴けることを強く意識したアプローチも大変魅力的です。

エッチは奴隷になり命令に従うことに快感を覚えさせる独特なものです。
リアルでご主人様になってくれる女性はなかなかいないでしょうし
その手の願望を叶えるという意味では立派なプレイと言えます。
契約後のドライも適度に焦らして最後の瞬間にイきやすくしてくれます。

絶頂シーンは全部で3回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

催眠音声でしかできない調教をしてくれる作品です。
その古風で堂々とした作りや実用性の高さを考慮し前回から1点プラスさせていただきました。

CV:早乙女 碧さん
総時間 57:44

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
シリーズ4作をまとめたセットパックも販売されてます。
バラで買うより600円ほどお得です。
朝倉催眠診療所SET PACK

↑このページのトップヘ