同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ:催眠音声 > 再レビュー

   ● 稲荷神のやすらぎ催眠(再レビュー)
   ● ひょーい!(再レビュー)
   ● Succubus Hypnosis Vol.02 -Wサキュバスの射畜催眠-(再レビュー)
   ● ヒプノふぉれすと ~妖精の棲む森~(再レビュー)
   ● 幼児化あまあま催眠(再レビュー)
   ● ご主人様のお人形さん化催眠(再レビュー)
   ● ヒプノダークエルフ(再レビュー)
   ● hypnoなメイド(再レビュー)
   ● りふれくどーる(再レビュー)
   ● サキュバスのエナジードレイン催眠(再レビュー)




サークル「Muse」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第73回目は声も態度もあまあまな狐娘が
疲れやストレスを感じてる男性を安らげる催眠でリフレッシュします。

エロよりも癒しを重視した作りになってるのが特徴で
催眠は深呼吸や脱力といった癒し系の技法をのんびり行い
エッチもほぼ自由にオナニーさせながら気持ちよくなる暗示を入れて無理なく射精に導きます。
狐娘と過ごす安らかなひと時
稲荷神(いなりのかみ)に催眠をかけられオナニーするお話。

「ん? 君は どうしたの? こんな夜更けに来るなんて」
稲荷神はのんびり話す可愛い声の女の子。
心に安らぎを求めてここへやって来た主人公に声をかけると
彼の心に見えない鎖が巻き付いてることを教えます。

本作品は人々に癒しを与えて現実世界へ送り出す仕事をしてる彼女が
助けを求めてやって来た彼をおよそ60分に渡って癒したり気持ちよくします。
エッチよりも催眠の時間を長く取ってまずは心身の疲れをしっかり取り除き
それからほぼノーマル向けのオナニーをして性欲発散の手伝いもします。

「無理なことに力を入れたらダメだよ? そのままでも 気持ちよーくなれるからね」
彼女の声や態度も癒しに大きく貢献してます。
会ったばかりの彼に催眠に入りやすくなる心構えを教えて信頼関係を築いたり
開始後はゆっくりのんびり語りかけて頭を空っぽにしやすい環境を作ります。
催眠の技法も心身をリラックスさせることを強く意識してますし
作品を構成するあらゆる要素が癒しに収束してて統一感があります。

催眠はおよそ28分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずは深呼吸や軽い運動をして心身を落ち着けます。

深呼吸は吸う/吐くの合図を出しながらその合間に語りかけ
脱力は手足を1か所ずつ動かしてから脱力後に暗示を入れるなど
序盤からテーマの「癒し」を意識したアプローチを積極的にかけます。

「肩の力を抜いて? 鎖に釣られた全身を 優しく そっと横たえるように 水の流れに身を任せるように」
これらをする際に比喩を織り交ぜて働きかけるのも良いですね。
「力が抜ける」とかのストレートな暗示と組み合わせて脱力感が伝わりやすくします。
彼女は冒頭で「彼には見えない鎖が絡みついてる」と言ってましたから
催眠を通じてそれを取り除く方針で進めます。
技法は古典催眠のものを中心としてますが、本作品特有の要素もあって面白いです。

それが出てくるのはパートの後半部分。
緑は草原、青は海といった具合に色とそれに関するイメージを使って
今度は主に体の内側や心を安らげます。

「暖かな日差しと 静かな草原 背の低い草が 絨毯のように敷き詰められた草原で 君は寝転んでいる」
自然物に関するイメージは人間なら誰でも癒しを感じます。
だからそれを順に投げかけて嫌なことがあった現実世界と一時的に切り離します。
終盤には再度深呼吸しながら深化を促す暗示を入れるなど
聴き手が催眠の世界へゆっくり入っていけるように優しく誘導します。

当初の予定通り彼を癒すことを第一に考えてる催眠です。
聴き手の心と体にある疲れやストレスを取り除くことを目的に
深呼吸から入って漸進的弛緩法、色に対応した自然のイメージ
そしてもう一度の深呼吸と深化の暗示といった具合に
癒しの感覚がしっかり得られるようにゆっくり進めます。

技術の使い方、暗示の入れ方/表現/タイミング、イメージの選択がどれも考えられてて良いです。
ただ最後の深化が短いし弱めなので、中程度の催眠状態に留まる可能性がそれなりにあります。
本作品のエッチはオナニーですから、そこまで深める必要はないと判断されたのかもしれません。
でも私はもっと入念に深化させたほうが作品全体のバランスも良くなると思います。
稲荷神に腕を操られながら
エッチシーンは17分間。
プレイはオナニー(疑似手コキ)のみです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「君の右手に お札を張り付けて 余計な力がもう入らないようにね」
催眠を使って主人公をスッキリさせた稲荷神は
おちんちんが勃起してるのに気づき変わった手段でお世話します。

エッチはほぼ自由にオナニーしながら彼女の言葉を聞きます。
最初の6分間はオナニーに向けた準備。
両腕にお札を貼られて彼女に制御されてるイメージをしたり
興奮が高まる暗示を入れてより気持ちよくなれる環境を整えます。

お札のイメージは催眠音声特有のプレイをするためでしょう。
普通にオナニーしたら同人音声のオナサポと変わりませんから
彼女に操られながらするスタイルにして快感に没頭させます。
腕に絞った人形化とでも言いましょうか、あまり見かけないプレイです。

「実はね 私も少しエッチな気分なんだ」
好き放題できる状況になっても彼女の態度は変わりません。
自分の気持ちを素直に伝えてから彼の願いを叶えてあげます。
引き続き暗示の量を厚めにしてきめ細かくリードしたりと、彼女の性格が色濃く反映されてます。

残りの11分間はもちろんオナニー。
シコシコボイスや効果音でペースを指示することはせず
気持ちよくなる暗示を入れたりカウントを数えて優しく射精へ持っていきます。

「波紋が さらに大きな波紋を呼び寄せるように 大きな快感が 押し寄せてくる」
淫語はおちんちんを数回言う程度で、それ以外は比喩を交えた言葉で応援してました。
催眠状態ならではの快感を味わわせるためにエロさをわざと落としたのだと思います。
キスや耳舐めも一切しませんからソフトな部類に属します。

時間がそれほど長くないのでオナニーに絞り込んでるのは良いのですが
この展開なら運動支配の暗示も入れたほうが臨場感が出たと思います。
「自分の意志とは関係なく手が勝手に動く」と言ったほうが
腕にお札を貼られてるこの状況に合いますからね。

催眠パートの前半で入念に脱力をした後にオナニーするのも首を捻ります。
聴き手が自由にオナニーするなら一度暗示を解除してから進んだほうがいいでしょう。
今の内容だとこのどちらもやってないので
私が聴いた時はオナニーしたいのに上手く動かせない感覚がしました。

このように、彼女らしさを出しつつ軽めのオナニーをするシンプルなエッチが繰り広げられてます。
癒し一色の作品
エロよりも癒しのパワーが強い作品です。

稲荷神は現実世界に疲れて自分の領域へ迷い込んできた主人公を癒そうと
まずは深呼吸、脱力、イメージを組み合わせた催眠で心身両面を綺麗にします。
そしてエッチは凝ったことやハードなことはやらず、ほぼオナニーに絞って無理なく射精させます。

多くの人に癒しを与えてる狐娘が穏やかな催眠で男性を救うノーマル向けのシチュ
癒しの技法を中心に据え、さらに作品固有のイメージを盛り込んだテーマ性の強い催眠
お札で両腕を操られてることを意識しながらオナニーするエッチ。
彼女の性格を踏まえて癒し重視で作品を組み立ててます。

中でも催眠は色んな要素が癒しの属性を持ってて良い気分転換になります。
眠らせる暗示は入れてきませんけど、疲れてる人が聴いたら寝落ちするかもしれません。
時間も長めに取ってあってタイトルの「稲荷神のやすらぎ催眠」をきちんと形にできてます。

エッチは元々彼女がする予定じゃなかった背景もあるので
催眠のついでみたいな弱い位置づけです。
気持ちよくなる暗示を積極的に入れてきますから
上手く催眠に入れてれば体の熱や疼きを実感するでしょう。

最後に、本作品は視聴後にそのまま寝る流れになってるので解除音声がありません。
ですから寝ないで他のことをしたり出かける場合は他作品の解除音声を必ず聴いてください。

射精シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回から1点だけ上げさせていただきました。

CV:餅よもぎさん
総時間 1:04:15

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は6点。
64分で770円とコスパがいいので+1してあります。

2021年4月25日まで90%OFFの77円で販売されてます。



サークル「すくりぷてっどこねくしょん」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第72回目は声も態度も穏やかなお姉さんが
「憑依」をテーマにした催眠とエッチで普段と違う快感を味わわせます。

催眠はリラックス系の技法と色んな暗示を組み合わせて彼女との一体感を出し
エッチは彼女に体や感覚を操られてる気分に浸らせてややアブノーマルなプレイをする、といった具合に
テーマを強く意識しながら催眠に入りやすく、維持しやすくリードする丁寧なサービスが楽しめます。
お姉さんに憑依されて一緒に気持ちよくなろう
お姉さんに催眠をかけられ乳首とアナルで絶頂するお話。

「ようこそ どうもどうも 今日はあなたと御一緒させていただきます」
お姉さんは丁寧語で話す上品な声の女性。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明し、催眠を始める前に服装や環境も確認します。

本作品は女性に体や感覚を操られてる気分をリアルに味わわせることを目的に
彼女がおよそ70分に渡って癒しの催眠をかけたりドライ系のエッチをします。
挿し絵や作中のセリフを見る限り彼女はおそらく幽霊なのでしょう。
だから彼に憑りついて一緒に気持ちよくなる方針で物語を進めます。

「あなたは私の事をどんどん好きになっていく だってこんなに安心できることって中々ないでしょ? 一緒にいる、それだけで心が落ち着いてる でも体は少しずつ熱を帯び、火照っていく」
例えば催眠パートは彼女の声に対して興味を持たせるところから始まり
好きになる、一緒にいると落ち着くなど一体感を与える暗示がいくつも出てきます。
そしてエッチも彼女に手や感覚を操作されてるイメージを交えて進めます。

催眠音声では最大手に位置するサークルさんなだけあって
聴き手が受け入れやすく感じるアプローチを心がけながらじっくり誘導します。
エッチも催眠色の強い内容ですから、意識のぼやけを強めに感じながらイけるでしょう。
おちんちんを直接いじるシーンは一切なく、乳首やアナルといった他の性感帯を刺激します。

催眠はおよそ24分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずは肩や腕を中心に脱力します。
そして次は深呼吸を繰り返して心のほうもリラックスします。

「何もしなければ、重さを感じて肩がすーっと沈んでいく そう、その調子 肩が沈んでくると、だんだん肩が楽になっていく」
「お風呂に入って湯船でぼーとしている時のような あるいは、やることが全て終わってリラックスしている時のような 満足感の高いだるさ… うれしい… とってもしあわせな感覚」

「すーっと沈む」とストレートな暗示を入れてたかと思えば
お風呂に入るイメージを使って体を動かしたくなくなる感覚を与えるなど
より多くの人がスムーズに脱力できるよう多方面から働きかけます。
足の脱力をしないのはたぶんエッチで手だけ使うからでしょう。
まだ序盤ですが先々のことを見据えて催眠を組み立ててます。

後になるほど彼女の声が近くなるのも良いですね。
向き合って話しかけてた彼女が憑依によって一体化したことをわかりやすく伝えます。
憑依した後はほとんど囁き声で話すなど、雰囲気作りにもしっかり気を配ってます。

リラックスが完了した後はいよいよ催眠状態を深めます。
カウントを数えながら「ぼーっとする」などの暗示を入れ
それと同時に彼女が好きになる暗示も入れて心の距離を縮めます。

「だんだん、頭がぼーっとしていきます それは私の声を全て受け入れるということ あなたは気持ちいいことが大好き 大好きだから、全て受け入れます」
ここもストレートに深化させるのではなく
彼女の声や言葉と絡めてエッチを楽しみやすい環境を整えます。
穏やかな声やセリフの間隔を長めに取るのんびりした口調も相まって
このへんに来る頃には頭の中がもやもやする感覚が強めに実感できました。

テーマの憑依を意識しながら手堅く誘導する質の高い催眠です。
お姉さんに心や体を操られやすい状況にするのを目的に
部分的な弛緩法から入って深呼吸、カウントを交えた深化と古典催眠の技術をベースに進めます。

大まかな流れはシンプルですけど、最中のセリフや暗示が結構濃いおかげで
彼女に対して親しみが湧いたり心地よさを感じながら深化できます。
バイノーラル録音を活かして声の位置や距離を適度に変える演出もありますし
すくりぷさんらしい隙のない催眠に仕上がってます。
ふたつの快感を同時に味わえるエッチ
エッチシーンは38分間。
プレイは乳首オナニー、アナル責め、パンツの匂いを嗅ぐ、パンツを被るです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
エッチの終盤でパンツを脱ぐ指示が出ます。

「好き、とっても大好き… ほら、一緒にえっちなこと、しよ…」
催眠を使って主人公に無事憑りついたお姉さんは
両手で胸や乳首をいじらせてまずは体の感度を上げます。

エッチは終始彼女に言われた通りに動きます。
最初の17分間は絶頂に向けた準備。
乳首を撫でたりこねながら彼女の言葉を聞いて気持ちよくなります。

「そのまま、乳首を指でこねこね、こねこねし続けるの どんどん気持ちよさが増えて 深いところへ沈んでいけるよ」
そしてここも催眠の技術を駆使してスムーズに進めます。
乳首自体を気持ち良くする暗示ももちろん入れますが
それ以外に「乳首をいじるほど催眠が深くなる」など催眠状態がさらに深まるようにリードします。

これはすくりぷさんの作品全般に言える特徴で
被暗示性の低い人がエッチの途中で催眠が解けてしまう可能性を減らす役割を果たします。
催眠特有の脳がとろける快感と乳首の快感を同時に味わうことになりますから
普段の乳首オナニーよりも気持ちよく感じるでしょう。
腕の動きをコントロールする暗示も入れてきますし、抵抗感を与えずに操られてる感覚を味わわせます。

乳首オナニーは同人音声のオナサポみたいに掛け声を小まめに出すことはせず
どんなふうにいじるか教えた後は暗示で応援するスタイルを取ります。
乳首を既に開発してる人のほうが楽しめるのは間違いないですけど
未開発の人が催眠の効果で乳首の快感に目覚める可能性も十分あります。

続く20分間は絶頂シーン。
1回目はアナルに気持ちいい棒を挿入されてるイメージ
2回目は自分のパンツを嗅いだり頭に被って乳首オナニーします。

「異物感を感じると一気に体中にせつなさがこみ上げてきます 指を鳴らすと、アナルに違和感を感じます」
アナル開発をしてる人はあまりいないでしょうから
ここもいきなり気持ち良くするのではなく、先に違和感を与えてリアリティを出します。
私が聴いた時もお尻のあたりがムズムズする感覚がしました。
実際に挿入する指示は出ませんから抵抗がなければ誰でも聴けます。

「ほら、体中がぞくぞくって震えて気持ちいいね… 匂いを嗅いでるだけなのに… 体がどんどん敏感になっていくね」
それに対して2回目は変態になりきって心を開放しながら絶頂を迎えます。
本作品のエッチは彼女に憑依された状態でやりますから
「彼女に操られてるのなら仕方ない」という立派な言い訳ができます。
一緒に乳首もいじりますけど陶酔感や解放感といった別方向の快感を重視してます。
家族や恋人に見られたら関係が悪化するかもしれませんので、視聴時の環境にはくれぐれもご注意ください。

私はどちらかと言えば1回目のほうがイキやすいと思います。
乳首オナニーしながら追い込んでくれるのが大きいです。
それに対して2回目は現実逃避やリフレッシュといった心のケアに力を入れてます。

このように、彼女に操られてる感覚を味わわせながら変態プレイをするM向けのエッチが繰り広げられてます。
催眠重視の良作
催眠状態ならではの快感を与えることを意識した質の高い作品です。

実体を持たないお姉さんは主人公を喜ばせながら自分も快感を味わおうと
まずは催眠を通じて身も心も繋がる憑依状態に持っていきます。
そしてエッチは引き続き催眠状態を深めながら乳首、アナル、心をバランスよく責めてイかせます。

声も態度も穏やかなお姉さんが男性に憑依して気持ちよく弄ぶシチュ
深呼吸、脱力、カウントといった要素に様々な暗示を込めて誘導する丁寧な催眠
乳首やアナルといったおちんちん以外の性感帯を重点的に責め
さらに催眠状態を維持したり心を開放するアプローチをかける催眠重視のエッチ。
催眠の世界にどっぷり浸る感覚と純粋な快感を両方楽しめるように作品を組み立ててます。

中でも催眠はエッチシーンでも引き続き深化させる独特な作りや
聴き手のことを第一に考えた暗示表現、その分量、入れるタイミングがどれも優れてます。
催眠音声は催眠に入れなければ始まりませんから
そこがしっかりしてる作品は自然と満足感も上がります。
エッチが独特なので「初心者向け」タグはつけてませんけど、催眠自体は結構初心者向けだと思います。

エッチは乳首の開発具合で多少差が出る点を除けば個性と品質の両方が光ってます。
セルフ系なのにおちんちんを触るどころか意識すらさせませんし
絶頂への追い込みも催眠の技術を駆使して行うことを心がけてます。
アナル責めも未開発者向けの内容でアブノーマル路線だけど聴きやすいです。

絶頂シーンは2回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:かの仔さん
総時間 1:10:07

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります



サークル「Es_Lab」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第71回目はほぼ正反対の属性を持つ2人のサキュバスが
以前調教した男性を再び気持ちよくして精液を搾ります。

双子催眠とサキュバスらしいエッチを組み合わせたM向けのサービスが行われており
催眠は2人で連携を取りながら心地よさと彼女たちに従う喜びを少しずつ膨らませ
エッチは耳舐めを挟みつつおちんちんとアナルをゆっくり責めて2種類の絶頂に導きます。
プレイはアブノーマルですが雰囲気は穏やかなので、ややMあたりの人でも聴きやすく感じるでしょう。

サテンロンググローブを用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
サキュバスたちがする変わった搾精
サキュバスのアリアとミリアがM男を弄ぶお話。

「んふふ また会えたのう」
アリア(挿し絵右)は古風なしゃべり方をする穏やかな声のお姉さん。
「はーい ミリアだよー またミリアたちの射畜になりに来ちゃったのかな?」
ミリア(挿し絵左)は明るくて可愛い声の女の子。
自分たちに再び会いに来た主人公を嬉しそうに迎えると
金玉に溜まった精液を一滴残らず吐き出させます。

本作品は性に貪欲だけど性格は穏やかな彼女たちが
以前エッチしてすっかり射畜になってる彼とおよそ70分間の独特なエッチをします。
彼らが既に顔見知りなので前置きは2分程度まで切り詰め
催眠22分、エッチ44分とほぼ倍の時間配分にして心と体をとろとろにします。

Succubus Hypnosis Vol.01 -Wサキュバスの射畜催眠-」の続編にあたりますけど
お話は完全に独立してるので今作からでも問題ありません。

ミリア「大きく息を吸ってー いっぱい吐いてー」
アリア「ほら その調子で続けておるうちに だんだん鼓動も収まって 気分が楽になるじゃろう?」
最大の特徴は双子形式。
アリアは右、ミリアは左に陣取って協力しながら催眠とエッチを進めます。
深呼吸の時は合図を出す役と暗示を入れる役を分担する
深化はひとつのセリフを2人で分けて意識を揺さぶるなど
1人で催眠をかける場合はできないことを積極的に行います。

アリアは年上、ミリアは年下と2人の属性も正反対ですし
催眠をきっちりこなしつつキャラも立つように作品を組み立ててます。
時間に対する暗示の量が多めに設定されてるおかげで意識のぼやけを強烈に実感できます。

エッチは暗示を使って感度を上げたり絶頂させるのと同時に
ちゅぱ音や喘ぎ声を漏らしてエロさも補います。

アリアは誘導役、ミリアは乱れる役とここも2人の役割を明確にしてました。
サキュバスならではのプレイも出てきて割とアブノーマル路線です。
でも彼女たちは終始優しく、アプローチが上手なのも相まって自分から従いたい気分にさせてくれます。
暗示の質と量で勝負する催眠
催眠は2パート22分間。
仰向けに横になって目を瞑り、深呼吸してから2人の言葉に耳を傾けます。

ミリア「全身から力が抜けて なんだか眠くなってくる」
ミリア「ほら 落ちれば落ちるほど 意識がぼんやりして 何も考えられなくなるよ」

深呼吸の時は心身がリラックスする暗示を入れてたのが
その後は「落ちる」など深化を意図した暗示に切り替わります。
本作品の催眠は古典ベースになってますが、特定の技術を行使するよりも
暗示を厚めに入れて聴き手の無意識へストレートに働きかけることを重視してます。


双子形式も活かして色んな暗示を入れてきますから
声を聞いてるだけで体が妙に重いとか、頭の中がぽわぽわする感覚が自然と湧いてきます。
聴き手が受け入れやすく感じる言い回しを心がけてるので雰囲気も非常に穏やかです。

アリア「わらわたちの声を聞いているだけで もっと気持ちよくなれる」
そのわかりやすい例がパート終盤に出てくる暗示。
「彼女たちの声は気持ちいい、気持ちいいから従いたくなる」と
メリットを強調する形で彼女たちの奴隷になるよう呼びかけます。

彼らは過去にエッチしてますから無理矢理何かをさせることは一切ありません。
彼女たちは快楽を提供し、その見返りに彼は服従と精液を差し出します。
両者の利害が一致してるおかげで催眠もスムーズに進みます。

2番目の深化パートは催眠状態をさらに深めます。
軽く目を覚ましてから再び深化するのを繰り返してより入りやすい状況を作り
引き続き彼女たちの奴隷になる喜びを伝えてエッチの準備を整えます。

アリア「服従することが快感になる」
ミリア「だから 服従するだけの快楽人形になる」
服従すること自体に快感を与えるのが良いですね。
こうすればエッチで指示を出し、その通りにするだけでも催眠状態を維持できます。
本作品のエッチはセルフ系だからこうしたのかもしれません。
サキュバスなだけあってM男がどうすれば喜ぶかよく心得てます。

双子形式とテーマの射畜調教を組み合わせた重厚な催眠です。
彼女たちの言うことを素直に受け入れやすくするのを目的に
深呼吸から入って深化の暗示、長めの沈黙法、揺さぶり、そしてメインの暗示と
2人の暗示を多めに盛り込んだうえで古典催眠の技術と組み合わせて少しずつ確実に落とします。

双子催眠は時間に対してやれることが多くなるのが長所ですから
こういう暗示重視の構造にしたほうがかかりやすさと安定感が増します。
催眠の時間を短くできればそれだけエッチに割けますし、目的を見据えた質の高い内容だと思います。
ふたつの穴を徹底攻撃
エッチシーンは2パート44分間。
プレイは耳舐め、手コキ(オナニー)、尿道責め、アナル責めです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

アリア「ほれ 快感で何も考えられなくなってくるぞ」
連携の取れた催眠で主人公を快楽人形に変えた2人は
左右の耳を個別に舐めてそのことをわかりやすく教えます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
前半の「Track 04 プレイパート1(約20分)」は耳とおちんちんの同時責め。
耳舐めしながら感度が上がる暗示を入れて性感を高め
それからアリアが手コキして射精寸前まで持っていきます。

アリア「奉仕することはとても気持ちいいこと 射畜奴隷の最大の奉仕は 射精すること」
ミリア「先っぽだけコシコシするの気持ちいいね おちんちんの根元ぎゅーっと絞って 亀頭いーっぱい擦るんだよ?」
そしてここでも従う喜びを適度に教えて彼女たちの奴隷になった気分を膨らませます。
手コキはオナニーしてもいいと言われますからしごいたほうが気持ちよくなれるでしょう。
耳舐めのちゅぱ音も適度に鳴って催眠とエロをバランスよく融合させてます。

アリア「ほら どんどん咥え込んでいく 尿道を擦り上げる異物の感覚がどんどん入っていく」
手コキする際に尻尾を使って尿道責めをするのがサキュバスらしいですね。
異物感を伴う快感を与えてリアリティを出します。
アリアは暗示、ミリアは喘ぎ声と協力して責めてました。
最後の絶頂シーンは射精ではなくドライっぽい描写がされてます。

後半の「Track 05 プレイパート2(約24分)」はより変態度を増したプレイ。
耳舐めと尿道責めは継続し、そこにアリアのアナル責めを加えてより強い快感を与えます。

ミリア「おちんちんも ケツマンコも 脳みそも みーんなトロトロになって 快感だけになっちゃう」
アリア「ケツマンコの感度がどんどん上がっていくぞ ほれ 出し入れするたびにイキそうになる」
アナルのことをわざわざケツマンコと呼ぶのは被虐心を高めるためでしょう。
おちんちんの穴も同時に責める展開は人間の女性相手とは随分違います。
でも催眠特有の心地よさに浸りながら聴けるので嫌な気分はまったくしません。
私が聴いた時も股間全体の筋肉がビクビク痙攣して気持ち良かったです。
こっちは射精の描写がありますからカウントに合わせて出せばスッキリするでしょう。

このように耳、おちんちん、アナル、心を同時に責める変態向けのエッチが繰り広げられてます。
穏やかなサキュバス作品
Mが喜ぶことを積極的にやって手懐ける聴きやすい調教作品です。

アリアとミリアは前回のエッチが忘れられない主人公をもっと気持ちよくしようと
まずは双子形式を活かした催眠で深いところまでスムーズに落とします。
そしてエッチは耳舐めを織り交ぜて股間全体を複合責めします。

正反対の属性を持つサキュバスたちがM男をエッチな催眠で奴隷にするM向けのシチュ
時間に対する暗示の量を多めに設定し、催眠の感覚と従う喜びを膨らませる手堅い催眠
気持ちよくなる暗示、ちゅぱ音や喘ぎ声、変態度の高いプレイを組み合わせた独特なエッチ。
ハードさや無慈悲さを薄める代わりに個性やエロさを強化してイキやすく、抜きやすくしてます。

中でも催眠はシリーズの売りなだけあってレベルが高いです。
年上のアリアは催眠、エッチいずれもメインの誘導役を務め
ミリアはそれをサポートしたりエッチで乱れる別の役割を果たします。
シーンによって2人の担当が切り替わったりして内容が結構凝ってます。

エッチで尿道責めやアナル責めの効果音が鳴らないところはやや残念ですが
プレイをイメージしやすくするよりも、音をごちゃごちゃさせないほうを優先したのかもしれません。
効果音も入ると声やちゅぱ音と合わせて3種類になりますから
催眠にとって重要な「集中」を妨げる可能性があります。
効果音なしでも普通に絶頂できるので結局は好みの問題かなと。

絶頂シーンは2回(ドライ1回、射精1回)。
淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:東十条真里亜さん
総時間 1:13:07

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります



サークル「キャンドルマン」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第70回目は声も態度も穏やかなお姉さんが
催眠を使って仮想世界へ案内し不思議でエッチな体験を味わわせます。

催眠は草原や森のイメージを絡めてリラックスと没入感を与える
エッチは妖精たちのセリフを挟みながら独特なプレイで何度もイかせる、といった具合に
聴き手を現実世界から一時的に切り離し
気持ちよくしながらリフレッシュさせることを目指したM向けのサービスを行います。
不思議な森でする気持ちいい体験
お姉さんに催眠をかけられ妖精たちに責められるお話。

「これからあなたを とっても気持ちの良い 妖精の森へとご案内します」
お姉さんは清らかで優しい声の女性。
音声を聴く際の環境や注意事項を簡単に説明すると
主人公が催眠に入りやすくなるおまじないをかけてから始めます。

本作品は幻想の世界にある森で気持ちいい体験をさせることを目的に
彼女たちがおよそ80分に渡って催眠をかけたり独特なエッチをします。
お姉さんは案内役や催眠者といった天の声を担当し、物語の途中から出てくる3人の妖精が責める役を務めます。
両者のセリフの方向性を明確に変えて立場の違いをはっきりさせてました。

「だんだんと 森に近づくにつれて 森の少し湿った空気や 薄暗い影 差し込む光などを 感じるようになっていきます」
全編を通じて言える大きな特徴はイメージをさせながらリードすること。
彼がいる森がどんな場所かわかりやすく実況したり
妖精たちのセリフを適度に挟んでエッチに臨場感を与えます。

催眠の段階からイメージ力を膨らませるアプローチをかけるので
イメージがよほど苦手な人でもない限り自然と頭に浮かんでくるでしょう。
緑の草原、ピンク色の光が差す森など自然物に色を加えてわかりやすくしてます。

エッチについてはM向けを得意とされてるサークルさんなだけあってその手のプレイが多いです。
前半は乳首を自分の指でいじったり妖精たちに舐められて感度を上げ
後半は現実世界だとまずできないプレイを投入して連続絶頂させます。

イメージ力が重要になるプレイだからでしょうけど
言葉責めはあまりやらず実況や暗示に力を入れてました。
催眠音声では珍しくエッチな音が結構鳴るので、それに釣られて体が熱くなる人がいると思います。
森を進みながら催眠の世界へ
催眠は2パート32分間。
ベッドや布団へ仰向けに横になり、まずは自分のペースで1分くらい深呼吸を続けます。
そして幻想世界の入り口にあたる爽やかな草原をイメージします。

「暖かい日差しと 爽やかな風が吹く草原へと あなたの意識は飛んでいきます」
暖かい日差し、爽やかな風、そして透き通るような青い空。
多くの人が清涼感を覚えるイメージを使って心身両面をスッキリさせます。
本作品の催眠は現実世界から一時的に切り離して気持ち良くする方針を取ってるので
視聴後に心が軽くなったような感覚がする人がそれなりにいると思います。

短いカウントを数えながら現実世界と幻想世界を行き来させるのもポイント。
両者の感覚の違いを聴き手が実感しやすくすることで催眠に入りつつあることを教えます。
古典催眠で使われてる「揺さぶり」とイメージを組み合わせた本作品らしいアプローチです。

タイトルにもなってる森が登場するのは催眠開始からおよそ9分後。
薄暗い空間の先にあるピンク色の光(=妖精)を目指して少しずつ前進します。

「ぼんやりと光を放つ 小さなピンク色 夜空にぼんやりと輝く星のような 小さな光」
質問形式で妖精に会いたい気持ちを膨らませたり
セリフの中に「ぼんやり」を多めに入れて意識の力を弱めるなど
森の中を移動してる様子を描きながら催眠状態も深まるように進めます。

実際に聴いてみるとたぶん通常の催眠音声よりも催眠っぽさをあまり感じないはずです。
そうしたほうが幻想世界にいる気分に浸りやすくなるからでしょう。
キャンドルマンさんはエッチが個性的なサークルさんですけど、催眠の技術もかなり高い水準に達してます。

次の「2.hypnoforest 2(約15分)」は深化しながらエッチの準備も整えるパート。
前パートの最後で会った妖精たちに導かれて巣穴へ移動します。

「今のあなたの心と体は ふわふわ とろとろの状態 言葉の振動を受けて 気持ちよく震えます」
「吸い込むたびに さっきよりもさらに濃厚な香りが あなたの肺を満たしてきます」

前半は「ふわふわ」「ぼーっと」など深化を意識した暗示を状況に合ったやり方で入れ
後半は妖精が放つ甘い香りを吸い込んでエッチな熱を高めます。
たぶん感度の上昇はエッチに入った後から実感するでしょうね。
意識のぼやけは強めに味わえてすごく心地よかったです。

主人公が幻想世界にある森へ行く様子に技術を盛り込んだテーマ性の強い催眠です。
聴き手を妖精たちの巣へ案内しながら催眠状態や体の感度を上げることを目的に
最初のパートは深呼吸、イメージを絡めた揺さぶりで暗示を受け入れやすい状況を作り
次のパートはそれを強化しながらエッチで気持ち良くなれる環境を整えます。

通常の催眠とやり方が随分違いますけど技術的におかしいと感じるところはありません。
イメージと暗示の組み合わせ方が秀逸で後になるほど意識のぼやけが強くなります。
脱力についてはエッチの序盤でオナニーするから軽めにしてました。
イメージ重視なことさえ理解してれば初心者から玄人まで誰でも楽しめます。
おちんちんをメスのように責められて
エッチシーンは36分間。
プレイは乳首/おちんちんを見られる、乳首オナニー、オナニー、乳首舐め、チンポレイプ(尿道責め)、カウントによる絶頂です。

チンポレイプの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありです。
エッチの序盤~中盤で服を脱ぐ指示が出ます。

妖精「うふふっ もうチンポも 乳首も 触りたくって仕方ないんだよね」
妖精たちはトーンの高い可愛らしい声の女の子。
お姉さんの催眠を受けてすっかり犯される準備が整った主人公の左右中央に陣取ると
シャツをたくし上げさせてから乳首とおちんちんを優しくいじるよう指示します。

エッチは終始彼女たちに責められます。
前半の16分間は没入感をさらに高めながら絶頂に向けて体を温めるシーン。
乳首とおちんちんを同時にオナニーするところから始まり
さらに両乳首を舐められる→おちんちんを見せると繋いで心身をバランスよく盛り上げます。

「触れば触るほど もっと触りたくなる 少し刺激を与えるたびに 触れた場所を中心に 甘い感覚が染み渡る」
序盤のオナニーは5分くらいしかやりませんから前菜に近い位置づけです。
乳首は地肌、おちんちんはパンツ越しと快感を弱めに設定し
いじるペースや強さは好きにさせたうえでお姉さんが気持ちよくなる暗示を入れます。
そして妖精はその様子を観察して羞恥や見られる快感を煽ります。

お姉さんは催眠音声ならではの責め、妖精は同人音声寄りの責めと役割分担してました。
しっかり催眠に入れていれば弱めの刺激でも結構気持ちよくなれます。
乳首で絶頂するのもOKらしいので、どちらかと言えば開発済みな人のほうが有利です。

続く20分間はアブノーマルさが一気に上がります。
中央にいる妖精が自分の尻尾をおちんちんの形に変え
それを使って彼の尿道を責めて何度もイかせます。


「情けなさと 幸福感が入り混じった 奇妙な気分 徐々に痛みが 快感に塗りつぶされて もっと奥に欲しいと メスの欲求がせりあがって来る」
本来なら女性のおまんこに挿入するおちんちんを逆に犯される。
尻尾が尿道に入ってくる感覚を音と言葉でリアルに伝えながら
被虐心や幸福感といった心の快感も与えて全身を気持ちよくします。
快感重視で暗示を入れてきますから雰囲気は意外と穏やかです。

もちろんこのプレイには中出しも含まれてます。
開始からしばらく経つと妖精が尿道内に精液を吐き出し
それから主人公の精液とブレンドされた液体がおちんちんから放出されるイメージをします。

「圧倒的な快楽 自分のすべてが搾り出されたような すべてがはじけ飛んだような 破滅的な快楽に あなたは放心状態にされている」
作中では射精の描写がありますけど、妖精が「幻想の世界だから何度も射精できる」と言ってるのを見ると
必ずしも射精しなければならないわけではなさそうです。
体への刺激はおちんちんの根元を支えるだけで竿をしごくことはありません。
およそ3分間で3連続射精しますし、私はドライのほうがイキやすいと思います。

おちんちんを責める描写が多いおかげで股間がかなり熱くなりました。
そして絶頂を促すカウントを数えるシーンでは筋肉が勝手にビクビク痙攣したり
実際に射精してないのに射精したかのような快感がこみ上げてきて気持ち良かったです。
仮想的なプレイですからイメージ力によって満足感が多少上下すると思います。

このように、可愛い妖精たちにメス扱いされ弄ばれるM向けのエッチが繰り広げられてます。
引き込まれていく作品
催眠、エッチいずれも強い個性を持ってる優れた作品です。

お姉さんは幻想の森でのエッチをできるだけリアルに疑似体験させようと
催眠は深呼吸を終えたらすぐさまあちらの世界のイメージを投入し
その中を冒険しながら状況に合った暗示を入れて深化と感度上昇を後押しします。
そしてエッチは体への刺激を少なくする代わりにインパクトのあるプレイを用意して何度も絶頂させます。

穏やかなお姉さんが妖精と協力して変わったエッチを提供するシチュ
イメージの中に技術と暗示を込めてストーリー仕立てで誘導する催眠
乳首責めやチンポレイプなどM向けのプレイを中心に据えたエッチ。
発売から10年以上経った今でも新鮮な気持ちで楽しめる作品に仕上がってます。

中でもエッチは尿道を責められて絶頂する非常に面白い内容です。
お姉さんを実況役に専念させたり効果音を鳴らしてわかりやすくしています。
催眠も流れがあって入りやすく、この独特なエッチをより楽しませるのに貢献してます。
私も久しぶりに聴きましたがまったく色褪せてなくて大満足でした。

絶頂シーンは4回。
淫語それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:お姉さん…紅月ことねさん 妖精…椎那天さん
総時間 1:22:13

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年2月4日まで50%OFFの385円で販売されてます。



サークル「ホワイトピンク」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第69回目は声も態度もあまあまなお姉さんが
甘えん坊な男性のママになって催眠を交えた幸せなサービスをします。

催眠は揺りかごに揺られるイメージを使ったり脱力しながら幼児退行させる
エッチは彼女に体を愛撫されたりおっぱいに吸い付いて幸せイキする、といった具合に
どちらもテーマの幼児退行を活かした堅実で癒されるリードをします。
嫌なことを忘れて赤ちゃんに
お姉さんに催眠をかけられ2種類の絶頂を迎えるお話。

「ようこそ いらっしゃいました」
お姉さんは穏やかで清らかな声の女性。
気持ちよくなるために自分に会いに来た主人公を嬉しそうに迎えると
まずは深呼吸で催眠に入りやすい心と体にします。

本作品は一時的に赤ちゃんになりきって心身をリフレッシュすることを目的に
彼女がおよそ80分に渡って催眠をかけたり独特なエッチをします。
赤ちゃん言葉を話す、彼女のおっぱいに甘える、目の前で放尿するなど
現実世界の赤ちゃんと接するのに近い姿勢で色んなサービスをしてくれます。

「向こうの世界で あなたを可愛いらしい赤ちゃんに変えてあげます」
そして彼女はこれらをするにあたって催眠を有効活用します。
催眠パートでは揺りかごに揺られるイメージと優しい音を組み合わせて癒しを与え
さらに左右の腕、足、胴体、顔、頭を個別に脱力して無力な状態にします。
エッチシーンも体より心をケアする行為が充実してて本当に甘いです。

サークルさんの中では古い作品にあたるため技術面は割とシンプルですが
テーマの幼児化に合ったセリフの表現やイメージを上手く使ってて完成度は高いです。
射精シーンもあるのでドライ未経験者でも普通に楽しめます。
心と体をしっかり脱力する催眠
催眠は2パート38分間。
ベッドや布団へ仰向けに横になり、まずは5分ほど深呼吸を続けて気持ちを落ち着けます。
そして右腕→左腕→右足→左足の順に脱力して体のほうもリラックスします。
途中で目を閉じる指示が出ますからそれまでは開けたまま聴きます。

「右肩から力が抜けていく 吐く息とともに 力が抜けていく 力がすーっと抜けていく」
深呼吸は吸う時、吐く時両方に短いセリフを挟んで応援し
脱力も言い回しを変えながら「力が抜ける」を多めに言って感覚を伝えます。
これらの合間にお姉さんの声を聞くほど心地よくなる暗示を入れるなど
序盤から癒しのパワーを高めにして彼女に甘えられる空気を作ります。

本作品の脱力は三段構えになってますから後になるほど手足の重さを実感するでしょう。
そしてこれは自力で動けない赤ちゃんの特徴とも合致してます。
脱力の最後にある目を閉じるシーンでは心地いい感覚が全身に広がっていきました。

ある程度リラックスできた後は催眠状態を深めます。
自分が揺りかごに横たわってる様子をイメージし
彼女が鳴らす「カーン」という金属音を聞いて今度は心の力を抜いていきます。
それと同時に体のほうも追加で脱力して赤ちゃんの体に近づけます。

「ふわふわ ふわふわ とっても心地いい ふかふか ふかふか とっても気持ちいい」
揺りかごの心地よさが伝わるよう擬声語を多めに挟みながらリズミカルに語り掛け
音も1回ごとに左右へ揺らして意識を上手に揺さぶります。
赤ちゃんになるメリットを教えて前向きな気持ちにさせたりと
幼児退行の要所をしっかり押さえた堅実なリードがされてます。

2番目の「02深化」はさらに脱力して赤ちゃん気分に浸るパート。
左右の腕と足、胴体 お尻、お腹、顔などをカウントを交えて個別に脱力し
最後にそれよりも長めのカウントを数えて深い催眠状態に落とします。

「右肩から 指の先まで 力が抜けていく 右腕全体の筋肉が どんどんなくなっていき 右腕の骨格や皮膚が やわらかーくなっていく」
ここでの脱力は幼児退行を強く意識したものです。
「力が抜ける」と暗示を入れながら体が柔らかくなったことも伝えます。
赤ちゃんの体はぷにぷにしてますからそれをイメージするわけです。
このへんまで来ると脱力感はもちろん、意識のぼやけも結構強くなってて頭の中がぽわぽわします。

幼児化に向けて一直線に進む質の高い催眠です。
聴き手の心と体を赤ちゃんへ戻すことを目的に
深呼吸から入って分割弛緩法、揺りかごのイメージを交えた音響法、軽い沈黙法
そして追加で脱力しながらの幼児退行と古典催眠の技法を作品に合わせてアレンジしてます。

リラックスできる技法が充実してるので聴けば聴くほど癒されますし
穏やかな声でゆっくりのんびり語りかけるお姉さんもそれに貢献してます。
この内容なら催眠音声初心者でも入りやすいんじゃないかなと。
脱力重視の誘導は自分が催眠に入ってることを認識しやすいです。
甘さ満点のエッチ
エッチシーンは3パート28分間。
プレイは体の愛撫、おっぱいに顔を埋める、授乳、オナニー、放尿です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「じゃあまずは ママに可愛がってもらうために 可愛らしく幼児言葉で 自己紹介してみましょうか」
催眠を使って主人公を立派な赤ちゃんにしたお姉さんは
エッチを始める前に自己紹介として自分が言うことを復唱してもらいます。

エッチはママ役の彼女が終始リードします。
一番最初の「03ドライ(約15分)」は幸せイキを目指すメインパート。
自己紹介の後で彼女に頭や体を撫でてもらい、それからおっぱいに吸い付いてたっぷり甘えます。

「なでなで なーでなで お顔がふにゃーっとしちゃってまちゅよ とっても可愛いでちゅね」
そしてここからは彼女が今まで以上にママらしく振る舞います。
多くのシーンで赤ちゃん言葉をしゃべるようになり
サービスも体を密着させて愛情を注ぐあまあまなものばかりです。

体を撫でたりおっぱいを吸うのに合わせて暗示を入れることがあるものの
男女がする一般的なプレイはまったくやりません。
女性に甘えて温もりを感じるシチュを通じてイかせます。
あまりエロくないですけど、催眠に深く入ってればそれなりに気持ちよくなれます。

続く2パート13分間はオプション扱い。
「04追加セルフ(約10分)」は授乳+オナニーで射精を目指し
「05おもらし(約3分)」は彼女におしっこする姿を見てもらって恥ずかしい気分を味わいます。

「ボクちゃんのおててに ママが手を添えて おちんちん擦るの手伝ってあげる」
04パートも赤ちゃんらしさを出す工夫がされてます。
彼が自分の力でおちんちんをしごくのではなく
彼女に手を添えてもらい協力してオナニーする形にしてます。

オナニー自体は開始と射精のタイミングを指示する以外ほぼ自由の緩い内容です。
時間が8分くらいしかないので事前に2日程度溜めておいたほうが抜きやすいと思います。
もうひとつの05パートは彼女が「しーしー」と言ってる間に放尿します。

このように、赤ちゃんになりきらせながら気持ちよくする甘さの強いエッチが繰り広げられてます。
安定感のある幼児退行作品
催眠をきっちりこなしたうえでテーマ性も出してるノーマル~ややM向け作品です。

お姉さんは大人になってなかなか甘えられない主人公の願いを叶えようと
まずは催眠を通じて入念に脱力しながら赤ちゃんになりきれるアプローチをかけます。
そしてエッチは赤ちゃん言葉や授乳を前面に押し出して2種類の絶頂に導きます。

優しくて甘やかし上手なお姉さんが甘えん坊な男性をエッチにお世話するシチュ
手足の力をしっかり弱めてから揺りかごのイメージで幼児化させるタイトルに沿った催眠
体への刺激を弱めにする代わり心をたっぷり温める幸せなエッチ。
赤ちゃんが母親と仲良くする感覚を疑似体験できるように作品を組み立ててます。

中でも催眠はサークルさんが活動を始めたばかりのものとは思えないほどレベルが高いです。
技術の選択や行使がしっかりしてるし、最中に使うイメージも幼児化に合ってます。
そして彼女のセリフを全体的に柔らかくしてママらしさを出してます。

催眠音声は催眠に入れてなんぼですから、そこの質が高いほうが作品全体に安定感が生まれます。
エッチも幼児化を引き継いでますし癒されながら気持ちよくなれました。
最後のお漏らしパートは実際にするので幼児プレイ上級者向けですね。

絶頂シーンはドライ1回、射精1回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:琴音有波さん
総時間 1:21:44

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
81分で770円とコスパが良いので+1してあります。

2021年2月4日まで50%OFFの385円で販売されてます。



サークル「国屋敷」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第68回目は声も態度も穏やかなお姉さんが
「人形化」をテーマにした催眠とエッチで幸せなひと時を提供します。

古典催眠の技術を駆使して体→心の順に入念な脱力をしたり
彼女の命令に従う喜びを味わわせながら2種類の絶頂に追い込むなど
人形の気分がリアルに味わえるようゆっくりじっくり調教してくれます。
強引さをまったく出さずにリードしますから、彼女の命令に従うことでむしろ喜びを感じるでしょう。
お人形になるのは気持ちいい、そうでしょ?
お姉さんに催眠をかけられ2種類のエッチをするお話。

「あなたは 気持ちよくなること 幸せになることは好きですか?」
お姉さんは穏やかな声の女性。
音声を視聴する際の注意事項を手短に説明すると
主人公に気持ちいいことが好きか尋ねてから人形になる魅力を語ります。

本作品は女性に身も心も操られる快感を味わわせることを目的に
彼女がおよそ65分に渡ってそれに沿ったエッチな催眠を施します。
催眠37分、エッチ16分と前者にかなりの時間を割き
心身両面をバランスよく人形に変えながら催眠特有の心地よさを与えます。

「人形化」と聞いてヤバそうに感じる人がいるかもしれませんが
彼女はあくまで彼を喜ばせるためにそうするのであって悪意はありません。
その証拠に全編を通じて彼が自分からそうなりたくなるように働きかけます。

「難しいことを頭で考えたり 一生懸命手を動かしたり そんなことをする必要はありません 私の言うことをよく聞いて 簡単な指示に従ってもらえれば 何の苦労もなく 快楽を得ることができます」
彼女に従えば頭を空っぽにしたまま気持ちよくなれるとか
様々な命令を出しながらそれに幸福感を覚える暗示を入れる、といった具合に
メリットを強調する形でサービスを進めるので雰囲気はものすごく穏やかです。
彼女も彼が嫌がることは特にやらせませんし、隷属よりももてなす色合いが強いです。

エッチについては国屋敷さんの他作品と同じくセルフとドライの2パターンあります。
前者はわざと「気持ちいいところをいじる」と表現をぼかしてたので
おちんちんはもちろん、乳首など他の性感帯でもいいみたいです。
純粋なエロ要素は控えめにしてシチュと技術で気持ち良くする催眠音声ならではのプレイです。
全身を空っぽにする催眠
催眠は2パート37分間。
最初の「3-導入(約7分)」は人形化に向けた準備として
深呼吸しながらお姉さんの話を聞いて気持ちを落ち着けます。

「深呼吸をしていると だんだんと 心が落ち着いてきます 心がゆったりして 幸福感で満たされていきます」
「吸ってー」「吐いてー」の掛け声を出しながら
呼吸するほど心地よさや幸福感が強まる暗示を入れてスムーズに癒します。
本作品は深呼吸やカウントをセリフと分離してあるおかげで
カウントを数えながら暗示を厚めに入れるシーンが何度も登場します。
彼女の声も相まって人形化がテーマとは思えないほど穏やかでした。

次の「4-深化(約30分)」は本格的な人形化に取り掛かります。
左右の腕、脚、お腹とお尻、胸、頭、おちんちんと全身を大まかなパーツに分け
それぞれで長めのカウントを数えながら暗示を小まめに入れて隅々まで脱力します。

「数字が減るにつれ あなたの右腕が重くなっていく あなたの意志とは無関係に 重くなる」
「お人形さんは ご主人様に 動かしてもらえばいいから 自分では 何もできなくて いいんだからね」

ここに16分も費やしてるだけあってリードがとても丁寧です。
「重い」「重くなる」と脱力感をストレートに伝えるセリフを多めに盛り込んだうえで
彼女に従う心地よさをやんわり伝えて聴き手が動かしたくなくなるように導きます。
人形は自分の意志で体を動かせませんから、それが実感できるように一際力を入れてます。
私が聴いた時も手足を中心にかなりの脱力感がありました。

頭が脱力できた後は心の脱力。
先ほどよりもさらに多くのカウントをゆっくり数えながら
意識のぼやけや頭が真っ白になる感覚を与えて何も考えられなくします。

「ご主人様に 命令を与えてもらうまで ただぼーっとすることしか できなくなる」
ここも深化の暗示を入れながら人形化としっかり絡めてるのが良いですね。
彼女の指示や命令に従う場合のみちゃんと動けるようにしてエッチをやりやすくします。
一番最後には自己暗示を入れる形でさらなる保険をかけてますし
目標をひとつに定めてじっくり進める堅実なリードが光ります。

人形化を強く意識した高品質な催眠です。
聴き手の心と体を空っぽにし、お姉さんの言うことに従えるようにすることを目的に
深呼吸から入ってカウントを交えた分割弛緩法、長めのカウントを数えながらする深化
そして最後の暗示とひとつずつ丁寧に進めます。

ここまで脱力に力を入れてる作品はなかなかありませんから
疲れてる人が聴いたらそのまま寝落ちする可能性も十分にあります。
彼女が人形化の悪いイメージを払拭しながら語りかけてるのも大きいです。
興味があるなら催眠音声初心者でも楽しめると思います。
幸福感に包まれながら絶頂へ
エッチシーンは2パート16分間。
プレイは復唱、カウントによる絶頂、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
作中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「これからあなたは 私の声を聞いて 心で感じてしまうの」
入念な催眠をかけて主人公を従順なお人形に変えたお姉さんは
そのご褒美に今度は言葉でエッチな快感を与えます。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
最初の「5-絶頂(セルフなし)(約9分)」はドライオーガズムを目指すプレイ。
心には幸福感を、体には火照りを与えてバランスよく盛り上げます。

「あなたは 私の命令を聞けば聞くほど 幸せになっていきます 命令されるだけで嬉しくて 心が温かくなります」
ご主人様になった後も彼女の態度はまったく変わりません。
普段と同じ穏やかな声で話しかけながら自分に従う喜びを丁寧に伝えます。
体についても熱を上げる暗示を中心に据えてるので一般的なエッチよりもエロさは控えめです。

催眠に深く入ってたからでしょうけど、このシーンで胸のあたりがぽかぽかするのを強く実感しました。
体のほうもジンジンしてましたし、催眠に入れさえすれば気持ちよくなれると思います。
そして終盤にカウントに合わせて追い込み暗示を小まめに入れてスムーズにイかせます。
絶頂も気持ちよさでイクよりは幸せイキっぽい感覚でした。

次の「6-絶頂(セルフあり)(約7分)」は体への刺激を加えるプレイ。
おちんちんをはじめとする性感帯を自分のペースでいじりながら
彼女の許可が出るまで待ってタイミングよく絶頂します。
射精が無難ですけどドライオーガズムでもいいみたいです。

「ご主人様に見てもらえて 心も体も 幸せになってる」
そしてここでは彼女に見られる快感をくすぐる露出っぽいアプローチをかけます。
ご主人様の視線を感じながらオナニーを続けて絶頂を迎える。
彼女に依存してる状況だからこそできるちょっぴり恥ずかしいオナニーです。
最中にする言葉責めもソフトですから彼女なりのサービスと見るのが妥当でしょう。

このように、ふたつの手段でふたつの絶頂を味わわせるややM向けのエッチが繰り広げられてます。
穏やかな調教作品
聴き手の抵抗心を上手に削ぎながら人形化を進める聴きやすい作品です。

お姉さんは主人公に人形になる心地よさと気持ちよさを教えようと
まずは催眠に長めの時間を割いて心と体を両方とも空っぽにします。
そしてエッチは従う快感を味わわせながらドライとウェット両方の絶頂に導きます。

お姉さんにエッチな催眠をかけられ気持ちいい人形になるややM向けのシチュ
心と体の脱力を入念に行い、さらに彼女に従うメリットも教えるテーマを見据えた催眠
純粋なエロさを薄めにして指示と暗示で快感を膨らませる独特なエッチ。
催眠、エッチいずれも人形化の魅力がはっきり出るように組み立ててます。

中でも催眠は進め方、技術の構成、暗示の表現などがかなり練られており
聴いてるだけで自然と心地いい感覚が湧いてきます。
セリフの言い回しにとても気を配ってるおかげで無理矢理感がまったくありません。
エッチもその状況を活かしたプレイばかりで作品全体に統一感があります。

あとは彼女の優しさも人形化をスムーズに進めるのに貢献してます。
人形になったところでデメリットは一切ありませんから
私は調教よりもご奉仕と呼ぶほうがしっくりくると思ってます。
エッチがやや短い点以外は各要素が高水準でまとまってます。

絶頂シーンは2回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:06:32

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年2月4日まで50%OFFの660円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「モルモットストリップ」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第67回目は穏やかな物腰のダークエルフが
現実世界とは別の場所へ連れて行き屈辱的なエッチをプレゼントします。

エッチの開始直後に恥ずかしいポーズを取らせて羞恥心を煽ったり
彼女の唾液を性感帯に吐きかけて体の熱を高めるなど
Mな人が喜ぶ要素をいくつも盛り込んだ変態向けのプレイを行います。

事前に目隠し(アイマスクやタオル)を用意しておくとより楽しめます。
ダークエルフとする不思議なエッチ
ダークエルフに催眠をかけられ2種類の絶頂をするお話。

「こんにちは それとも こんばんはですか?」
ダークエルフは丁寧語で話す穏やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項や環境を丁寧に説明すると
惨めな格好をしてる主人公を軽く見下します。

本作品は普段よりも恥ずかしくて屈辱的なエッチを味わわせることを目的に
彼女がおよそ60分に渡って催眠をかけたりM度の高いエッチをします。
催眠は2人が現実世界から別の場所に移動する様子を絡めたシンプルな誘導を行い
エッチは長めの時間を取って心身両面をバランスよく盛り上げます。

「すごいですねぇ 私の唾と あなたのおちんぽ汁が混ざり合って すごくドロドロになってますよ」
モルモットストリップさんと言えばド変態向けの作品をよく制作されてるサークルさんです。
今作もその例に漏れず恥ずかしいポーズを取らせる、彼女の唾液を吐きかける
情けない言葉を言いながら絶頂するといったM向けの要素が充実してます。

他人に見られたら色々とヤバいですから視聴時の環境にはくれぐれもご注意ください。

時間、内容いずれもエッチ重視で属性の合う人ならきっとハマるでしょう。
暗示やイメージで気持ちよくすることが多い通常の催眠音声とは違い
言葉責めや羞恥を煽るアプローチといった同人音声向けの責め方と組み合わせてます。

ダークエルフが相手するのに普通に催眠をかけるだけでは個性が出ませんから
敢えて催眠の割合をやや下げてこういうハイブリッド型にしたのだと思います。
声は上品に、責め方は下品にとギャップを持たせてあってゾクゾクします。
ストレートに落とす催眠
催眠はおよそ17分間。
目隠しをしてからまずは2分くらい深呼吸を続けて気持ちを落ち着けます。
そして自分が今いる空間が下へ移動する様子をイメージしながら
ダークエルフの言葉に耳を傾けて催眠状態を深めます。

ちなみに本作品は座って聴くことを想定してます。
寝て聴くのも一応可能ですが、エッチでポーズを取る時にやりにくく感じるかもしれません。

「空間が 一番下に到着した時 あなたは完全に催眠状態に入ることができ さらに あなたは気持ちのいい世界の 住民になれます」
彼女によるとこの催眠を受ければ気持ちいい場所に移動できるそうです。
だから空間のイメージをさせながら下がれば催眠状態も深くなると告げます。
わかりにくい人はエレベーターに乗ってる様子をイメージするといいでしょう。
後になるほど意識のぼやけが強くなって気持ちよかったです。

「どんどん体の力が抜けていきます 体も どんどん温かくなっていきます 体が温かくなると 今度は考えるための力が抜けていきます」
深化と並行して脱力も入念に行うのが良いですね。
催眠が深まれば体の力が抜ける、力が抜ければ温かくなるといった具合に
それぞれを関連付けて心地いい感覚が強くなるよう導きます。
そして別世界に到着した後は復唱形式でそれを受け入れさせて心の準備を整えます。

深化と脱力をほぼ同時に行う変わったスタイルの催眠です。
聴き手を今よりも気持ちいい世界へ案内することを目的に
軽い深呼吸から入ってイメージを交えた深化&脱力、そして入国のための宣誓と
物語に沿った形でリラックスと催眠状態を高めます。

エッチが売りの作品ですけど催眠のレベルも高くてスムーズに入れます。
私が聴いた時も最初は意識のぼやけ、次に脱力感が湧いてきました。
変態向けの要素は特にないので落ち着いた気分で聴けます。
心を解き放ってくれるエッチ
エッチシーンは36分間。
プレイは恥ずかしいポーズを取る、おちんちんに唾をかける、フェラ、潮吹き、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
最初から全裸の状態で聴きます。

「あなたにはもっと 屈辱的なポーズをしてもらいます」
催眠を使って主人公を気持ちいい世界に招待したダークエルフは
現実世界だとなかなかできないポーズを取らせて羞恥心を煽ります。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の26分間は感度上昇から1回目の絶頂に持っていくシーン。
両脚を開き、両腕を上げて頭の上に置き、舌を出して服従のポーズを取り
彼女がおちんちんや乳首に唾を吐きかけて心身の熱を上げます。

「大したおちんちんでもないのに なんでそんなに自慢げに 見せつけているんですか?」
彼女の唾液には強烈な媚薬成分が含まれてるらしく
カウントを刻みながら暗示を入れてその感覚を上手に伝えます。
さらに通常の言葉責めや痴態を見られる快感をくすぐって普通に興奮させます。
恥ずかしいポーズを取ることに快感を覚えさせるなど、アプローチの内容が結構多彩です。

また彼女が唾を吐きかける時は「ぺっ」というちゅぱ音を実際に鳴らします。
声のイメージとは違う音にしてて下品さが引き立ってました。
このシーンはおちんちんに指一本触れないので主に心がゾクゾクすると思います。

絶頂は長めのカウントに合わせて潮吹きを迎えます。
実際にそうなるのは難しいでしょうから、目指すならドライのほうが妥当かなと。
5カウント毎に長めのセリフを挟んで丁寧に追い込んでました。

続く10分間は体のほうも気持ちよくするシーン。
軽い深呼吸で息を整えてからおちんちんを握って好きなペースでしごきます。

「ザーメン噴射する時は ちゃんと 〇〇って なさけなーく報告してからお願いしますね」
絶頂形式が変わっても彼女の責めっぷりは変わりません。
おちんちんに唾を吐きかけながら情けないセリフを言わせてマゾ射精に導きます。
本作品のエッチは主に絶頂シーンで復唱する指示が出ますから
可能なら声に出して言ってみるとより興奮が高まるでしょう。

このように、恋人相手ではまずできないアブノーマル路線のエッチが繰り広げられてます。
穏やかで変態度の高い作品
個性的でバランスも取れてるエッチが魅力の作品です。

ダークエルフは現実世界ではなかなか味わえない体験を主人公にさせようと
まずは催眠を通じて別世界に移動し、変態プレイをしても許される状況を作ります。
そしてエッチは痴態を見られる快感、唾を吐きかけられる屈辱感と体の疼き
潮吹きと射精による純粋な快感といった色んな要素を組み合わせてもてなします。

声と責めっぷりにギャップのあるダークエルフが独特なエッチをするM~ドM向けのシチュ
物語の流れに合わせて技術を行使するシンプルで無駄のない催眠
Mな人が喜ぶことをガンガンやって心身を盛り上げるサークルさんらしいエッチ。
発売から9年以上経った今でも十分個性的と言える作品に仕上がってます。

中でもエッチは催眠パートの倍以上の時間を割き
イメージ、暗示、通常の責めを駆使した複合責めを行います。
唾液に含まれる媚薬で気持ち良くするところは催眠音声らしいですし
恥ずかしいポーズ、言葉責め、情けないセリフの復唱は同人音声に近いと言えます。

1回目の潮吹きは難度が高いですけど2回目の射精は普通に可能です。
精神的に盛り上がった状態でオナニーを始めるのが大きいです。
非現実的なプレイをしますから視聴後は気分がスッキリするでしょう。

絶頂シーンは2回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回から1点だけプラスさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:04:37

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「催眠日記」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第66回目は声も態度も穏やかなメイドが
ご主人様にコンパクトで個性的な催眠をかけます。

全編をうつ伏せの状態で聴くのが大きな特徴で
催眠は総時間の75%以上を費やしてゆっくりじっくり誘導し
エッチはおちんちんに手を一切触れずベッドと擦り合わせて射精を目指します。
メイドがするちょっぴり恥ずかしいご奉仕
メイドに催眠をかけられ床オナするお話。

「ご主人様、まだおきてらっしゃいますか?」
メイドはややトーンが低く整った声の女性。
ある日の夜、主人公が1人で寝るのは寂しいだろうと思い催眠を提案すると
早速彼にうつ伏せになるようお願いします。

本作品は彼のことを敬愛してる世話好きな彼女が
寝る前の時間を使っておよそ40分の気持ちいいサービスをします。
催眠29分、エッチ4分と前者にものすごく力を入れ
催眠特有の心地よさや幸福感といった癒しの感覚を与えます。

「うつぶせで寝てみると、あおむけで寝たときよりもベッドに力が吸い取られる感じがしませんか?」
そして彼女はこれらをするにあたってうつ伏せになる指示を出します。
催眠音声は多くの作品が仰向けに寝て聴くので非常に珍しいです。
体重がある人とかはずっとそうしてるのは難しいでしょうから
エッチの時だけうつ伏せになるなど無理のない範囲でお聴きください。

またエッチシーンはうつ伏せになってる状況を活かして床オナのみやります。
射精の表現は特にありませんが、普通に考えればそのまま出すのでしょう。
ゴムを着けたりタオルやビニールシートを敷いて汚れても大丈夫な準備をするのが良いです。

催眠はおよそ29分間。
うつ伏せになって目を瞑り、まずは5分ほど深呼吸を続けます。
そして目の前にある長い階段をカウントに合わせて下りていくイメージをします。

「ひとつ階段を降りれば・・・あなたのイメージがもっと鮮明になって・・・催眠に深く入っていけるようになります・・・・ 催眠に深く入るということは・・・・体の力も・・・・頭の力も・・・・抜けていくということです・・・・」
深呼吸は「吸ってー」「吐いてー」と合図を小まめに出しながらリラックスする暗示を入れる
階段のイメージはカウントを数え終えた直後に催眠が深まるよう働きかける、と
シーンごとにやることを切り替えながら丁寧に誘導します。
催眠に定評のあるサークルさんなだけあってうつ伏せでも催眠に入りやすいです。

階段のシーンはカウントをかなりの回数数えますから
それを繰り返すたびに頭の中がぼーっとしたり体が重くなるのを感じるでしょう。
メイドらしさとかはあまり考えずスムーズに落とす方針で進めます。

催眠がある程度深まった後はさらなる暗示で心をぽかぽかにします。
引き続き短いカウントと組み合わせて体の重さ、頭が真っ白になる感覚、充足感を伝え
最後に彼女が頭に手を置き力を吸い取って完全なリラックス状態にします。

「あなたは人形です・・・ 心と頭の中を・・・人形という言葉が埋め尽くしていく・・・」
これらをする際に人形になった気分にさせる暗示を入れますが
彼女に彼を好き放題しようとするSな感情はありません。
脱力して体を動かせなくなった状態を人形に例えたのだと思います。
並行して幸せな感覚も与えますし、最初から最後まで彼に尽くす姿勢を維持します。

リラックスさせてから深化を厚めに行う堅実な催眠です。
聴き手を腕力と思考力が空っぽな人形へ変えることを目的に
深呼吸から入って階段のイメージを使った最初の深化
様々な暗示を交えた二段階目の深化とほぼ一直線に進めます。

約30分も時間を割いてるおかげで落ち着いた気分で聴けますし
技術的にもレベルが高くて後になるほど心地よさが強くなります。
脱力に結構力を入れますから体のだるさや動かない感覚が味わいやすいです。
床オナ特化のシンプルなエッチ
エッチシーンは4分間。
プレイは床オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「それでは・・・お人形さん・・・ オナニーをしてみましょう・・・・ おちんちんを硬くしなさい・・・・」
催眠を使って主人公を従順な人形へ変えたメイドは
普段と違い命令口調で彼にオナニーするよう言います。

エッチはほぼ全部の時間を使って床オナするだけです。
開始を宣言した後に感度が上がる暗示を入れ
それから最後に10カウントダウンで絶頂のタイミングを取ります。
「自分の手でする」がセルフの定義なので当サイトではセルフなしと判断してます。

時間が非常に短いことや、普段あまりしない床オナに特化してることを考えると
事前に溜めておくか工夫しない限り射精は難しいと思います。
手を添えて腰を動かせば通常のオナニーに近くなってやりやすいでしょう。

このように、うつ伏せだからこそできる極めてコンパクトなエッチが繰り広げられてます。
催眠重視の変わった作品
短いながらも十分な個性を持ってる催眠に入りやすい作品です。

メイドは就寝前の主人公に満たされた時間を提供しようと
まずは催眠を通じて余計な力を取り除き、さらに心地いい感覚で包み込みます。
そしてエッチは手を使わずに腰を動かして射精まで持っていきます。

穏やかなメイドが愛を込めてご主人様を気持ち良くするほぼノーマル向けのシチュ
総時間の大部分を使って脱力と深化を促す安定感のある催眠
床オナに的を絞って進める独特なエッチ。
サークルさんの他作品と同じく催眠重視で仕上げてます。

うつ伏せに関しては催眠パートだとほとんど関係ないので
エッチが始まった時に体勢を変えても別に問題はありません。
これだけ入念にかけてくれるならその程度で催眠が解けることはまずないです。
催眠の感覚を楽しむのがメインで、エッチはおまけに近い位置づけと思ってください。

射精シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:椎那 天さん
総時間 37:56

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「すくりぷてっどこねくしょん」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第65回目はマッサージ店で働いてる穏やかなお姉さんが
そこを訪れた男性客に催眠を交えた気持ちいいサービスをします。

彼女の言いなりになった気分でオナニーや射精する調教っぽいエッチが行われており
催眠は古典系の技術を上手に組み合わせてリラックス+集中の状態を作り
エッチもオナニーだけをするのではなく、時折休憩を挟んで彼女の人形になる暗示を丁寧に入れます。
お姉さんの人形になって気持ちいい射精を
マッサージ店員のお姉さんにエッチな催眠をかけられるお話。

「ようこそ、いらっしゃいました ここは、リフレクソロジーエリアと呼ばれています」
お姉さんは穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
主人公に今回受けるコースを確認してから目を閉じるように言います。

本作品は聴き手を存分に癒してから射精させることを目的に
彼女がおよそ75分に渡って催眠をかけたりややM向けのエッチをします。
マッサージ店が舞台ですが体を揉みほぐすシーンはありません。
でも催眠が充実してしてるおかげで聴き終えるとスッキリした気分になります。

「あなたの心を全て、私のものにしてあげる あなたは、わたしのもの あなたの意思は全て、私の心の中 私の言うとおり、忠実に従うお人形・・・」
テーマは「人形化」
催眠パートは心身の脱力を入念にやって空っぽの状態にし
エッチはオナニーの指示を出しながら彼女に従う喜びを教えます。
調教っぽい内容ですけどあくまで癒しが目的ですから雰囲気は終始穏やかです。
セリフの表現に気を配って聴き手が自分からそうなりたくなるようにリードします。

催眠はおよそ24分間。
横になって目を瞑り、彼女のお話を軽く聞いてから全身をじっくり脱力します。

「腕の力が、抜けていきます 右腕の力が・・・ すーっと抜けていきます ゆっくりと力が消えていきます」
右腕→左腕→胸→お腹→背中→右足→左足→お尻→顔→頭とパーツを細かく分け
そのひとつひとつに「力が抜ける」「消える」といった暗示を入れます。
ここだけで11分くらいかけますから、後になるほど体が重くなったりだらーんとするでしょう。
お姉さんも催眠開始後はセリフを区切りながらゆっくり話しかけてくれます。
これを最初にやるあたりはマッサージ店らしいなと。

残りの時間は催眠状態をさらに深めます。
事前に少しの間無言になって今の感覚を確認する機会を用意し
それから短いカウントに合わせて半覚醒状態と催眠状態を行き来します。
そして最後は長めのカウントを数えながら暗示を入れてストレートに落とします。

「さらに沈んでいきます 3,2,1,ゼロ もっと深く沈んでいきます」
実力のあるサークルさんなだけあって
進め方、暗示の入れ方、その表現がいずれも高品質でするする入れます。
長めのカウントを数えるシーンは5カウント→10カウントと後になるほど数を増やしてました。
前後の暗示もきちんと入れるなど安定感のある誘導になってます。

「あなたは私の声を聴き続けていると だんだんと心が、どこか深いところへ沈んでいきます それは気持ちのいい、催眠の状態です」
これらをする際に彼女の声に良い印象を持たせるのが良いですね。
催眠はリラックス+集中の状態ですから、それを自然に作って彼女の言葉を受け入れやすくします。
そしてこれはエッチシーンで彼を人形に変えるのにも役立ちます。
単に落とすのではなく先々を見据えてるところにすくりぷさんらしさが窺えます。

聴き手の心身を癒しつつ深いところまで誘導する手堅い催眠です。
お姉さんの言うことを受け入れやすくするのを目的に
分割弛緩法から入って短い沈黙法、揺さぶり、カウントを交えた深化と
古典催眠の技術をベースに暗示を厚くして多くの人が入りやすくします。

この時点では人形化を匂わせる要素はほとんどありません。
主人公がこの店に癒されに来た背景を汲み取って癒す方針で進めます。
話すペースがゆったりしてるおかげで後になるほど頭の中がぼーっとするでしょう。
心と体を操られる快感
エッチシーンは3パート45分間。
プレイはおちんちんを握る、オナニー、お掃除フェラです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
エッチの冒頭に服を脱ぐ指示が出ます。

「早速さっきの続き、進めていきましょう では、お待ちかねの・・・性欲処理、です」
催眠を使って主人公を空っぽにしたお姉さんは
下半身の服を脱ぎおちんちんを握らせてから追加の暗示を入れます。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
最初の2パート11分間は準備に近い内容。
「2、RDパート2(約9分)」はおちんちんを握ったまま彼女の言葉を聞き
「3、RDパート3(約2分)」はそこへ彼女の喘ぎ声が加わります。

「勃起ちんぽ、大人ちんぽ 太くて固くて、赤黒くて・・・ むくむくと、勃起が止まらない 勃起すればするほど、いやらしい気分止まらなくなる 犯されたい、おちんちん犯されたい」
おちんちんを取り出したのだからオナニーするのかと思いきや
彼女は再びカウントを数えながら興奮したりおちんちんが勃起する暗示を入れます。
催眠をかけ終えた直後なのでその具合を確かめたかったのかもしれません。
エッチに入っても引き続き暗示を厚めに入れるのはすくりぷさんの作品全般に言える大きな特徴です。

彼女が「ちんぽ」とやや下品な淫語をそれなりに言ってくれるのが良いですね。
催眠重視だとどうしてもエロさが不足しますからこういう形で補ってます。
RDパート3で人形化の暗示を入れながらバックに喘ぎ声を流すのもその一環なのでしょう。

最後の「4、RDパート4(約34分)」は寸止めオナニーを繰り返して射精するメインパート。
彼女が出すふたつの指示に従ってオナニーの開始と停止を行い
さらに彼女の言いなりになる喜びも教えて心身をバランスよく責め立てます。

「だんだんと、機械的にオナニーだけに夢中になるの そう、あなたはお人形 オナニーするだけの人形」
オナニー主体のプレイですがしごき続ける時間はそれほど長くありません。
数分しごいたら停止の合図を出して彼女の人形になったことを強く印象付けます。
「体が勝手に動く」など運動支配の暗示を小まめに入れてくるのもそれに貢献してます。
焦らしや寸止め重視のオナニーをしますから結構もどかしく感じるでしょう。

シコシコボイスなどの細かな指示は出さないので
許可が出てる間はほぼフリースタイルでオナニーできます。
その代わり射精だけは彼女が定めたタイミングでする感じです。
言葉責めも特にしませんし、人形化がテーマのエッチにしては雰囲気が穏やかでした。

「す~っと全身がピンクの球体に取り込まれました ぞくっとする、全身が快楽に震える しあわせになる、ただ、幸福感に包まれる」
パートの後半は射精しやすくするために刺激を多少上げます。
オナニーを停止してからピンク色の球体へ近づくイメージをし
それに合わせて体の感度が増したり興奮が高まる暗示を入れて準備を整えます。
そして最後はルール通りにオナニーを進めて射精を目指します。

このシーンは15分ほどあるのですが、実際にオナニーする時間は約3分と短いです。
なのでどれだけ深く催眠に入れてるかが射精できるカギになります。
私個人はもう少し固めてしごかせてくれたほうが出しやすいかなぁと。
セルフ系ですけどかなり催眠重視の内容と思ってください。

このように、彼女に操られる快感や焦らされるもどかしさを味わわせるやや意地悪なエッチが繰り広げられてます。
空っぽになれる作品
仕事や日常生活の嫌なことを忘れて気持ちよくなれる作品です。

お姉さんは癒しを求めてやって来た主人公の願いを叶えようと
まずは催眠をかけて心身をしっかり脱力し、まっさらな状態にします。
そしてエッチは指示と暗示を組み合わせてオナニーや快感を操られる心地よさを教えます。

穏やかでちょっぴりSなお姉さんが男性を人形にして弄ぶややM向けのシチュ
リラックスと集中力を高めて余計なものを取り除く癒し重視の催眠
焦らし気味のオナニーをしながら彼女に従う喜びを味わわせるテーマに沿ったエッチ。
非現実的なサービスを通じて疲れやストレスを取り除こうとします。

中でも催眠は催眠パートはもちろん、エッチにおいても重要な役割を果たします。
体の感度を上げる、興奮させる、彼女の人形になった気分を与える、オナニーを制御するなど
暗示を駆使して聴き手を操ろうとするシーンが多いです。

オナニーもそこそこやりますけどオナサポみたいにがっつりやるわけではありません。
女性の言いなりになる快感にどっぷり浸らせたまま
おちんちんを優しく刺激して射精させることを目指します。
催眠状態特有の快感を味わわせるためにストレートな快感をわざと弱めてあります。
全編を通じて暗示が充実してるおかげで催眠状態を維持しやすかったです。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。
セルフ系だけどオナニーは控えめな点だけご注意ください。

CV:胡桃れみさん
総時間 1:14:19

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります



サークル「F・A・S」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第64回目は普段は穏やかだけどエッチになるとSっ気を見せるサキュバスが
催眠を使ってMな男性を自分の世界へ案内してから精気を搾り取ります。

様々な音や音楽を流しながら物語を進めるのが最大の特徴で
水が弾ける音、電子音、神秘的な音楽、やや不穏な音楽とシーンによって内容を切り替え
それと催眠の技術を上手に組み合わせて催眠に落ちる感覚や性的快感を呼び起こします。
音を駆使して気持ちいい世界に
サキュバスのディーナに精気を吸い取られるお話。

「今日は 催眠に入りやすくなる 簡単なリラックス運動を教えてあげるね」
ディーナはややトーンが低い穏やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項や環境について簡単に説明すると
本編に入る前に体を動かして催眠に入りやすい状態にします。

本作品は男たちを弄ぶのが得意な彼女が
およそ75分に渡るエッチな催眠をかけてM気質な彼をとろとろにします。
物語の開始時点の彼女は声だけの存在で彼に直接触れることはできません。
だからまずは催眠を通じて彼女が住む淫魔の世界まで案内します。

ちなみにディーナという名前は本作品には出てきません。
名前がついたのは後の作品でこれが出た当時は「いやらし系ドSサキュバス」と呼んでました。

そして彼女は聴き手が別世界に移動し自分に精気を吸い取られる感覚をよりリアルに味わえるように
序盤から様々な音や音楽を流して雰囲気を作ります。
基本的には癒しを感じるものばかりですが、終盤のエナジードレインするシーンだけは
他よりもちょっぴり不穏な音にしてスリルを与えてました。

痛みや苦しみ感じたり死に至ることは一切ありません。
サキュバスらしさを出すために怪しくしてるだけなのでMっ気がある人なら誰でも聴けます。
今のF・A・Sさんにとっては当たり前の要素ですけど、それもこの作品から始まってます。
音、技術、イメージを組み合わせた質の高い催眠
催眠はおよそ46分間。
最初の12分間は本編へ入る前の準備として立ち上がったまま足を肩幅くらいに開き
両腕を好きなペースで前後にぶらぶらさせて体の筋肉をほぐします。
「スワイショウ」という気功や太極拳で行われてる準備運動です。

「これから 頭を落ち着ける音を流してあげるから そのまま ぶらーんぶらーんと前後に手を動かしたままでいてね」
そして本作品の売りである音が早速流れ始めます。
このシーンでは水がぶくぶくと弾けるような音が使われており
その清涼な印象のおかげでしばらく聞いてると気分がスッキリしてきます。
腕の運動も肩のあたりを中心にぽかぽかして心地よかったです。

最近の作品では女性が軽めの暗示を入れたり本編のあらすじを語るのですが
本作品ではディーナが一切話さず音だけが流れ続けます。
被暗示性の高い人ならこのシーンだけでも軽く催眠に入れるかもしれませんね。

準備運動が終わった後はいよいよ彼女が淫魔の世界へ案内してくれます。
「ぷっぷっぷっぷっ」という昔のゲームで鳴りそうな電子音が左右へスライドするように動き
それを聞きながらベッドに横になって目を開けたまま数回深呼吸するのを繰り返します。

「目を閉じると 体からも勝手に力が抜けて リラックスしてくる気がする」
最初は深呼吸に合わせて、少し経つと瞼を開閉させながらとスタイルを切り替えながら
彼女は瞼が重くなる暗示を小まめに入れます。
目を開閉するシーンは後になるほど開けるのが辛くなるでしょう。
そうやって自分が催眠に入りつつあることを聴き手が実感できるように進めます。

本作品は結構独特な作りをしてますが初心者向けの配慮も随所でされてます。
例えば深呼吸を始める前には日常生活で催眠の感覚を体験できる具体例を教えて
催眠が我々にとって身近なものだと教えます。
それ以降のシーンも誘導が丁寧ですし、催眠にあまり触れてない人でも普段と違う感覚が味わえるでしょう。

2人が淫魔の世界へ向かうのはその次から。
長めのカウントを数えながら彼女が声の魔法をかけて暗示をより受け入れやすい状況を作り
さらに白い部屋→川のある場所→鏡張りの部屋と移動して催眠状態を深めます。
音楽も穏やかな曲調の神秘的なものに変わります。

「光に包まれて 真っ白になる 真っ白な光に 意識が引っ張られる」
「一段下りると 君の意識と体が 遠くなった気がする」

白い部屋を通る時は「真っ白」、階段を下りるときは「意識が遠くなる」といった具合に
各イメージに合った暗示を入れて少しずつ確実に深めます。
川のある場所では実際に川の音が鳴ったりと作品の特徴も上手く活かしてます。

リラックス運動から始まって40分以上もじっくり誘導してくれるおかげで
鏡のある部屋に到着した頃には意識のぼやけや体の重さが結構強くなってました。
到着後も浮遊感や頭が揺れる感覚を与えるなど、初心者でも入れるように手堅くリードします。

ストーリーに沿った形で様々な技術を行使する個性的でレベルの高い催眠です。
聴き手をディーナが住む淫魔の世界へ案内することを目的に
リラックス運動から入って深呼吸を交えた凝視法、目の開閉法、カウントを使った暗示
色のついた3つの場所を移動しながらする深化と
古典催眠の技術をベースに作品固有の要素を盛り込んで流れを作ります。

サークルさんの中では初期に制作されたものですが完成度は非常に高く
催眠特有の心地よさにどっぷり浸りながら彼女の声や音楽を聴くことができます。
音楽の扱い方も巧みでリラックスやイメージ力の向上を助ける重要な役割を果たしてました。
発売から5年半経った今でも十分聴く価値がある品質と面白さを持ってます。
落差をつけたM向けのエッチ
エッチシーンは24分間。
プレイは疑似手コキ、SEX(体位不明)、おっぱいを押し付けるです。
疑似手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「徹底的に抵抗力を削いで ボクのおもちゃにしてあげるよ」
長めの催眠をかけて主人公を自分の世界へ招待したディーナは
魔力を乗せた音を流して彼の性感をコントロールします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の14分間は音と技術を組み合わせてイかせるプレイ。
手コキ音を鳴らしながらそれに暗示を込めてエッチな感覚を高め
準備ができた後はカウントを数えながら寸止めしてやや意地悪に追い込みます。

「音と一緒に 快感の波が来る 音の波が 頭から足までを愛撫し 全身の毛穴から 精気を噴き出していく」
ここはもう彼女の領域ですから人間の彼が逆らうことなどできません。
それを踏まえて彼女の声と態度が以前よりもやや嗜虐的になります。
音を起点に感度を上げるアプローチも本作品ならではで面白いです。

おちんちんに快感を集中させる方針で進めますから
後になるほど股間が熱くなったりムズムズするでしょう。
カウントもイキそうでイけない状況を維持した後に解放する焦らし気味の内容です。
Mな人が喜ぶように催眠パートよりも言葉と行為の両方にSっ気を持たせてます。

続く10分間は打って変わって連続絶頂。
彼女が直接おまんこで彼のおちんちんを包み込み
ピストンしながら抱きついたり言葉責めを浴びせかけてストレートに興奮を高めます。

「君はどうしようもなく愚かで 惨めで 恥ずかしい変態だね」
前半が催眠重視の内容だったからこそ、こういうセリフに余計ゾクゾクするでしょうね。
SEXしてるのに喘ぎ声を一切漏らさないところにも圧倒的な力の差を感じます。
焦らしや寸止めで1回の絶頂を盛り上げてた先ほどとは違い
終盤にカウントを何度も数えてその都度絶頂させます。

こちらのほうがエナジードレインらしいプレイじゃないかなと。
彼の精気を存分に搾り取ろうとする彼女の気持ちがしっかり込められてます。

このように、前半と後半でスタイルを大きく変える比較的激しいエッチが繰り広げられてます。
安定感のある音系作品
斬新さと堅実さを合わせ持つ高品質な作品です。

ディーナは主人公の中にある精気を無理のない程度に搾り取ろうと
まずは催眠を使ってエナジードレインができる淫魔の世界まで連れて行きます。
そして到着後は2種類の手段で気持ちよくしながら目的を果たします。

穏やかでSっ気もあるサキュバスがエッチな手段で精気をいただくM向けのシチュ
リラックス運動や音楽といった固有の要素と技術を融合させた流れのある催眠
焦らし&寸止め→連続絶頂とほぼ正反対のやり方を組み合わせて責めるドライ系のエッチ。
サークルさんが現在の作品でも取り入れてる様々な要素がここに凝縮されてます。

中でも2番目は他のサークルさんがやられてないことだからでしょうけど
通常の催眠誘導よりもゆっくりじっくり進めてて入りやすいです。
個性的なことをやった結果催眠に入れないじゃ意味がありませんから
初心者から玄人まで誰にでも通用するようにバランスを取ってます。

エッチは前半が催眠重視、後半はそれよりもエロさ重視とタイプが違います。
個人的には準備が丁寧なぶん前半のほうがドライを迎えやすいと思いますけど
後半は言葉責めや連続絶頂によってM向けの要素が強化してます。
このへんも聴き手の相性を考えてふたつ用意したんじゃないかなと。
催眠、エッチいずれも「1人でも多くの聴き手に楽しんで欲しい」という思いが込められてます。

絶頂シーンは6回。
くちゅ音それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。
おまけは3種類の音楽です。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 1:36:09(本編…1:16:12 おまけ…19:57)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年9月23日まで50%OFFの550円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。

↑このページのトップヘ