同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

カテゴリ:催眠音声 > 再レビュー

   ● ディープシャングリラ(再レビュー)
   ● ヒプノドラッグレディ(再レビュー)
   ● 初心者のための催眠音声(再レビュー)
   ● お姉様の奴隷催眠(再レビュー)
   ● 妹催眠2-Little Sister Hypnosis-(再レビュー)
   ● 催眠にょナニー2;触手洗脳(再レビュー)
   ● 4ジゲントリップ催眠(再レビュー)
   ● 稲荷神のやすらぎ催眠(再レビュー)
   ● ひょーい!(再レビュー)
   ● Succubus Hypnosis Vol.02 -Wサキュバスの射畜催眠-(再レビュー)




サークル「催眠日記」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第80回目は声も態度も穏やかな女の子が
催眠を使ってシャングリラへ連れて行き、そこで独特なエッチをします。

純粋なエロさを極限まで削ぎ催眠の技術で気持ちよくしたりイかせるのが特徴で
催眠は総時間の半分以上を割いて軽くリラックスさせてから深化を厚めに行い
エッチは人間なら誰でも日常的にしてる行為をトリガーに快感と絶頂感を高めます。
催眠特有の心地よさを強めに味わえますから、初心者が催眠にかかる練習をするのにも向いてます。
催眠の世界で幸せなひと時を
女の子に催眠をかけられドライ絶頂するお話。

「今回の催眠のテーマは 楽園 あなたの意識を 幸せな楽園へ連れて行きます」
女の子は穏やかで可愛い声の女の子。
音声を聴く際の注意事項や環境を簡単に説明すると
催眠を使って主人公を幸せな楽園に連れて行きます。

本作品は催眠特有の心地よさに包まれながら絶頂することを目的に
彼女がおよそ40分に渡って癒し系の催眠をかけたり独特なエッチをします。
催眠22分、エッチ13分と前者により多くの時間を割き
ものすごく深いところまで誘導してからイかせる催眠色の強いサービスを行います。

「ゆっくりとした呼吸をしながら 頭が真っ白になっていく とても幸せ とても気持ちがいい」
そして彼女はこれらをするにあたって幸福感を強めに与えます。
タイトルのシャングリラは理想郷という意味ですから
現実世界から一時的に切り離して心身をリフレッシュさせます。
癒しのパワーが強いので疲れやストレスを感じてる人が聴くと良い薬になるでしょう。

エッチはフェラやSEXといった通常のプレイをやらないだけでなく
淫語やちゅぱ音も完全に取り除いて技術とイメージだけで気持ちよくします。
催眠の感覚をさらに強化する感じで進めるおかげで
終盤に差し掛かる頃には頭の中がドロドロになったような感覚が味わえます。
性差を感じる要素も特にありませんから、興味があるなら女性でも普通に楽しめると思います。
深く深く落としてくれる催眠
催眠はおよそ22分間。
楽な姿勢で目を瞑り、まずは深呼吸したりカウントを交えた脱力をして心身を落ち着けます。

「頭がぼーっとしてきて 幸せになってきて 私の声が ゾクゾクと あなたの全身に流れていく」
深呼吸は合図を出さず好きにやらせながら穏やかに語りかけてホッとする空気を作り
カウントは長めに数えて要所で「力が抜ける」とストレートな暗示を入れます。
前項で説明した幸福感を与えるアプローチもかけるなど、序盤からあまあまな内容になってます。
低めのトーンでゆっくり語る女の子の演技も相まって早速意識のぼやけを感じました。

ある程度リラックスできた後はいよいよシャングリラ(催眠の世界)に移動します。
白い風船が浮かび上がるイメージをしてから、短い間隔で半覚醒状態と催眠状態を何度も往復し
さらに彼女の指示通りに行動して頭の中を空っぽにします。

「ほら もう目が離せない まばたきの量が多くなって 瞼がおもーく おもーくなってきます」
ディープシャングリラと名付けてるだけあって本作品の深化はなかなか強力です。
カウントに合わせて半覚醒状態と催眠状態を往復する時に目も開閉するのですが
後になるほど瞼が重く感じたり、目を開いても視界がぼんやりしてる感覚が強くなります。
白い風船のイメージも意識を上手に揺さぶってきますし
できるだけ幅広い手段で働きかけて多くの人が深く入れるようにリードします。

私が聴いた時は催眠開始から10分後には中程度の深さまで入ってて
ここを聴き終えた時にはぬるま湯に浸かってるような心地よさが全身を包み込んでました。
疲れてる人が聴いたら途中で寝落ちするかもしれませんね。
テーマ性があって効果的でもある洗練された催眠です。
エロくない行為で気持ちよくするエッチ
エッチシーンは13分間。
プレイは感度上昇、まばたき/カウントによる絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「少し意識は戻り 興奮した気持ちに気づき さらにエッチな気持ちになっていきます」
催眠を使って主人公を幸せな世界に案内した女の子は
興奮したり感度が上がる暗示を入れて今度はエッチな気分を膨らませます。

エッチは体の接触を一切せず言葉だけで気持ちよくします。
前半の6分間は感度の強化に力を入れてるシーン。
引き続きカウントを数えながら気持ちよくなる暗示を入れ
その合間に目をまばたきさせて感覚の変化を聴き手にも認識してもらいます。

「まばたきしてごらん? またさっきのすごい衝撃が訪れるから ほら ほら!」
本作品のエッチはまばたきを起点に連続絶頂するシーンがあります。
人間なら誰でもやってる行為を快感に変えるあたりがすごく催眠音声らしいなと。
目やその周辺が気持ちよくなるなるというよりは、脳に軽い電流が走る感じでした。
最後にしっかり絶頂させてくれるのでここでイけなくても問題ないです。

後半の7分間は直前に話した連続絶頂を行います。
引き続き感度を上げるアプローチをかけてそうなりやすい環境を整えてから
最後に長めのカウントを数えて大きくイかせます。

「今までで一番の気持ち良さがあなたを襲う! 体が痙攣して 白目剥いちゃうくらいの気持ちよさ」
ここも「頭が真っ白になる」「どんどん幸せを感じていく」といった具合に
通常の快感ではなく脳イキや幸せイキを強く見据えた追い込みをかけます。
私が聴いた時も股間はほぼ無反応で首から上だけ気持ちよかったです。
催眠特有の心地よさも相まって視聴後は気分がすごくスッキリしました。

このように、何気ない行為を特別な行為に変える個性的なエッチが繰り広げられてます。
催眠重視の甘い作品
「別世界への旅行」をテーマに比較的短い時間でまとめ上げてるノーマル向け作品です。

女の子は主人公を気持ちいい催眠の世界へ連れて行こうと
まずは深呼吸、脱力、揺さぶり、軽い凝視法といった古典催眠の技術を駆使してどっぷり深化させます。
そしてエッチは瞼の開閉、暗示、カウントを組み合わせて連続絶頂と単発絶頂に導きます。

あまあまな女の子と一緒にシャングリラへ行きドライ絶頂するシチュ
リラックスは軽めにして深化を入念に行うタイトルを意識した催眠
エロいと感じる要素を一切使わずに体を敏感にしたりイかせる催眠色の強いエッチ。
催眠の技術に定評があるサークルさんらしい高度な作品に仕上がってます。

中でも催眠は深化がとにかく印象的で、頭がくらくらするほど深く入れました。
脱力感はあまりない代わりに意識のぼやけやとろける感覚を強烈に味わえます。
目の開閉を使って気持ちよくするプレイも催眠との関連性があって全体に統一感があります。
通常の催眠音声は目を閉じたまま聴くので、エッチで開けても大丈夫なように保険をかけてるのだと思います。

絶頂形式はドライですがこの内容なら催眠初心者にもおすすめします。
総時間が40分なら繰り返し聴くのにも向いてますからね。
ここまで短くまとめてるところにもサークルさんの力量の高さが窺えます。

絶頂シーンは最低でも1回。
淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声いずれもありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:三森愛乃さん
総時間 40:29

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月13日まで40%OFFの528円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「キャンドルマン」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第79回目は声は穏やかだけど性格はドSなお姉さんが
音を使った不思議な催眠で快感と恍惚感を与えます。

合計6種類の音を鳴らしながらそれぞれに暗示を込めて感覚を操作するのが特徴で
ひとつひとつを丁寧にやって心と体に音を染み込ませてから
複数の音を組み合わせた寸止めを何度もやって性感を徐々に蓄積させます。

今回は初回コースを聴いてのレビューをお送ります。
音を使って不思議な世界に
お姉さんに催眠をかけられ寸止めを繰り返してからドライ絶頂するお話。

「ようこそ これがどういう音声なのか 知ってて聴いてるんですよね?」
お姉さんは穏やかで色っぽい声の女性。
主人公に催眠の世界に入る準備が整ってるか尋ねると
早速特殊な音を左右交互に鳴らし始めます。

本作品はサークルさんの代表作「レイプ・サウンド・ガール♪」の続編。
丁寧語で話しながらえげつないことをするドSなお姉さんが、Mな彼をおよそ100分に渡って弄びます。
フェラやSEXといった通常のプレイを一切しない代わりに音で感覚を操作するシーンが多く
彼女の言う通りにしてるだけで自然と心地よさや快感が湧いてくる不思議な体験ができます。
コンセプトが一緒なだけで繋がりはありませんから、前作未視聴でもまったく問題ないです。

「この音を聞けば聞くほど 力が抜けて リラーックスしていく」
催眠開始直後から何らかの音を鳴らし
さらにひとつひとつに別の効果を持たせて音に操られやすい状況を作ります。
そしてエッチに入った後は1~3個の音を組み合わせて絶頂感を高めます。
音自体はまったくエロくないので催眠状態だからこそ気持ちよくなれるプレイです。

音に負けないくらい暗示も入念に入れてきますから
正確に言うと音と暗示のバランス型にあたります。
催眠の途中から暗示の密度を上げる演出が加わるなど、催眠自体のレベルもかなり高いです。

また本作品には初回コースと2回目以降用が存在します。
後者はshort、middle、longの3パターンありまして70分から110分と時間にそれなりの違いがあります。
1回目はとりあえず初回コースを聴いて、2回目以降はこの中から好きなものを選ぶといいでしょう。
ある程度慣れを要する作品なので繰り返し聴くことを想定した作りになってます。
心と体に音を染み込ませる催眠
初回コースの催眠は2パート45分間。
最初の「HDL 初回-1」は仰向けで横になり、お姉さんが鳴らす音と言葉に耳を傾けます。
目は途中で閉じる指示が出ますから最初は開けたまま聴きます。

「あなたは 変化していく 今見ている 現実の世界が だんだん 夢の世界へと すり替わっていくような 不思議な感覚を味わいながら あなたは変化していく」
「ブンッ」という弦楽器のような音を鳴らしながら
現実世界から離れて心地いい場所に行く感覚をやんわり与えます。
この時点で出てくるは音は1種類、しかも鳴らす間隔が長く落ち着いた空気が漂ってます。
まずは音が鳴ってても気にならない状況を作るところから始めます。

左「音が鳴るたびに 幸福感が 隅々まで広がっていく」
右「リラックスを通り越して とろとろに とっても幸せな気持ち」

パートの後半から誘導のスタイルが変わるのもポイント。
彼女の声がふたつに増え、左右から違うセリフを同時に投げかけるようになります。
暗示の密度を上げるだけでなく、自分が夢の世界へ移動したことを実感しやすくするための演出です。
両方を同時に聴くのは大変なのでどちらか片方を意識するといいでしょう。

次の「HDL 初回-2」は新たな音が登場します。
「ぶぅん ぶぅん」という振動音、「どぅん」という弦を強めに弾くような音をタイミングよく鳴らしながら
さらに深い催眠状態へ誘導したり、理性など余計なものを取り除いて音に没頭しやすくします。

「視界に入るのは あなたがこの音声を聴く前に 見ていた部屋と同じ部屋 それなのにとてもそれが 同じものだとは思えない」
カウントに合わせて現実世界と夢の世界を往復する流れで進めますから
後になるほど意識のぼやけや恍惚感が強くなります。
音も割と響くものなので、それに合わせて心や体が軽くビクつくかもしれません。
前のパートで音に慣らしたから今度は音で反応できるようにします。

ちなみに最初のパートの終盤から2番目のパートの終盤まで(約17分間)
彼女がうつ伏せの状態で聴く指示を出します。
これについてはやってもやらないくてもそれほど変わらないと思います。
体重がある人とかは仰向けのまま聴いたほうが催眠に入りやすいんじゃないかなと。

本作品の売りである音を前面に押し出した特殊な催眠です。
聴き手の心と体を音に反応できるようにすることを目的に
最初のパートと次のパートで異なる音を2種類ずつ鳴らし、それぞれに暗示を込めて効果を伝えます。
そして途中からカウントを交えた揺さぶりをかけて催眠状態も深めます。

通常の催眠音声とは随分違うことをやるからでしょうけど
どのシーンもリードがゆっくりかつ丁寧で安心して聴けます。
キャンドルマンさんはカウントを数える前の暗示を入念に入れる傾向がありまして
本作品でもそれを活かして音のイメージや感覚を上手に伝えてくれます。
初心者向けとはさすがに言いませんが、ある程度催眠音声を聴いてるなら入りやすい部類だと思います。
寸止めしてから一気に発散
初回コースのエッチシーンは5パート49分間。
プレイは音による感度上昇/寸止め/絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「イキそうでイけない 心が締めあげられるような切なさと のたうち回って 発狂するようなもどかしさを 何倍にも 何十倍にも 増幅してくれる音を 与えてあげます」
音を使った催眠で主人公を別の世界に案内したお姉さんは
さらなる音を加えたり、複数の音を組み合わせて今度は性的快感を与えます。

エッチは引き続き音を鳴らしながら暗示を入れて気持ちよくします。
最初の「HDL 初回-3(約23分)」はここから出てくる音に馴染ませるパート。
「ふぃぃぃぃん」という細くトーンの高い音や
「ピシィ」という鞭がしなる音を投入し、さらに催眠パートで出てきた音も使って軽く追い込みます。

右「私に痛めつけられる 甘い苦痛 少しずつ 少しずつ 苦痛の中で 甘い快感が 女に痛めつけられる喜びが じわり じわりと 湧き上がってくる」
そしてここからはM向けの要素が一気に増えます。
絶頂シーンを1回に絞り込んでひたすら音で寸止めさせたり
鞭の音をリズミカルに鳴らして痛みを伴う快感を与えるSMっぽい責め方をします。
実際に叩くわけではありませんからあくまでイメージ上の話です。

左右から同時に話しかける、複数の音を同時に鳴らすなど
催眠パート以上に声と音の密度を上げて別世界にいる感覚を与えます。

次の4パート26分間は絶頂に向けてさらに追い込みます。
カウントを始めてから合計3つの音を後になるほど重ねて雰囲気を作り
0の手前で止める動作を何度も繰り返して音イキの練習をします。
そして最後の「HDL 初回-7(約5分)」でようやく絶頂の許可が下ります。

「繰り返すたびに 射精レベルの強烈な快感が走る でも 決して満足できない」
このへんまで来ると音が鳴ってない時間のほうが少ないです。
彼女も気持ちよくなる暗示とM向けの言葉責めを組み合わせてそれを後押しします。
やることはシンプルにして、聴き手がイける準備を整えてから絶頂させる丁寧なリードです。
50分近く焦らしに焦らされたからこそ、最後の絶頂シーンはとてつもない快感が襲ってきます。

ちなみに私が初めてドライを経験したのはこの作品です。
久しぶりに聴いたら股間が軽く爆発するような感覚と、その直後にすーっとする爽快感が味わえました。
発売から9年以上経ってもまったく色褪せてないのが素晴らしいです。

このように、様々な音と暗示をバランスよく投げかけるテーマ性の強いエッチが繰り広げられてます。
高品質な音モノ
催眠音声が数多く出てる今でも強烈な個性を持ってる大変優れた作品です。

お姉さんはエッチじゃない音で気持ちよくなったり絶頂する感覚を味わわせようと
催眠パートは比較的落ち着いた音を鳴らしながらそれぞれに暗示を込めて催眠状態を深めます。
そしてエッチは先ほど使った音と新しい音をいくつも組み合わせ
さらに軽い言葉責め、SMプレイ、寸止めも盛り込む豪華なプレイで1回の絶頂を充実したものにします。

声は穏やかだけど性格はSなお姉さんがM男を変わったプレイで弄ぶシチュ
複数の音を順に鳴らし、それらに暗示を込めたりカウントを数えて落とす個性の強い催眠
合計6種類の音を使い分けて寸止めを繰り返してから絶頂へ追い込む割と意地悪なエッチ。
音モノというジャンルが確立されてなかった時代に出たのに極めて高い完成度を誇ります。

ひとつひとつの行為に十分な時間をかけてるから落ち着いて聴けますし
エッチも練習を繰り返した後で本番に臨む親切設計です。
奇抜なことをやっても聴き手がついてこれなかったらサークルさんの独りよがりになりますから
できるだけ多くの人が催眠に入れたり絶頂できるように考えて制作されてます。

個性と丁寧さを両立できてるところが本作品の一番すごいところだと思います。

ここまでを読めばわかるように結構変わったことをやるので
「1回目の視聴で上手くいくか?」と言われれば私は首を捻ります。
こういう作品は繰り返し聴くことで徐々に馴染んでいくものだと思います。
ですから1回目でイマイチだったとしても気にせず再度チャレンジしてみてください。
サークルさんもそのために2回目以降用の音声を用意してくださってます。

初回コースの絶頂シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 初回コース…1:42:35 2回目以降short…1:10:58 2回目以降middle…1:30:39 2回目以降long…1:48:00
音声ドラッグ…24:18 説得+解除…29:00

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月13日まで50%OFFの605円で販売されてます。



サークル「催眠日記」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第78回目は声も態度も穏やかな催眠術師が
シンプルかつ丁寧な催眠で心地よさと気持ちよさを与えます。

タイトル通り催眠音声初心者を見据えたリードをするのが特徴で
ひとつひとつをゆっくりこなしながら合間にコツやアドバイスを挟んでやりやすくしたり
エッチも催眠に入ったことを実感させたうえで気持ちいい絶頂へ追い込みます。
催眠を楽しみたいあなたのために
催眠術師が催眠をかけてから短めのエッチをするお話。

「はじめまして。私はあなたを気持ちのよい世界へ誘導する催眠術師」
催眠術師は甘く穏やかな声のお姉さん。
主人公に催眠や催眠オナニーの気持ちよさを伝えるために来たと告げると
催眠の感覚を軽く教えてから入るための準備をします。

本作品は催眠音声を聴き始めたばかりの人や
色々聴いてるけどなかなか入れない人を助けることを目的に
彼女がおよそ40分に渡って催眠をかけたりセルフ系のエッチをします。
総時間が短めなので開始から2分後には早速催眠が始まり
色んな技術を行使しながらちょっとしたコツを教えてより入りやすい環境を作ります。

「考える必要はない、といってもどうしても考えてしまいますよね。なので、私の言った言葉を頭のなかで復唱するようにしてみてください」
例えば頭を空っぽにするのが難しい場合は彼女の声を頭の中で復唱する指示を出し
脱力するシーンでは力が抜けなかった人へのフォローをします。
エッチも終盤でドライとセルフを自由に選べるようにしたりと
聴き手の視点に立ったセリフを言ったりアプローチをかけることが多いです。

こうすることで彼女との信頼関係も構築できますから有効な手段と言えます。
セリフと演技の両方が柔らかくて落ち着ける雰囲気ができてます。
催眠日記さんは以前から催眠重視の作品を多く制作されてるサークルさんなので
催眠そのものの心地よさを味わいやすくなってます。

それ以外の特徴は催眠の中盤以降からカウントをよく数えるようになります。
ストレートに数えてから追い込み暗示を入れたり、1カウントごとに話しかけるなど
状況に応じて進め方や数える数字の多さを変えて巧みに誘導します。
私が聴いた時もゆっくり沈む感覚と一気に落ちる感覚の両方が味わえました。
カウントを数えること自体にもリラックス効果がありますから、それも見据えてるのかもしれませんね。
ゆっくりじっくり誘導する催眠
催眠はおよそ22分間。
楽な姿勢で目を瞑り、まずは自分のペースで深呼吸したり
催眠術師が指定した部位に意識を向けて集中力を高めます。

「意識するだけでいいですからね・・・・ もしくは・・・私の声を聞くだけ・・・・ ただ・・・私の声を心のなかで復唱して・・・心を開く練習・・・・」
そして彼女は早速初心者向けのアプローチをかけます。
やることを簡単にしてリラックスしやすい状況を作り、さらに声に集中する大切さを教えます。
催眠はリラックス+集中の状態ですから自然な形でそこへ持っていこうとします。

意識するシーンは足、膝、腰、胸と全身を下から上へ流す感じにやります。
そしてその直後に両足、両腕、腰、肩、顔の順に本格的な脱力をします。
体に力を入れてからカウントに合わせて抜く分割弛緩法を用いており
ただ意識しながら暗示を入れるタイプよりもリラックスを実感しやすくなってます。

「0・・・という言葉を聞くだけで・・・ あなたの体は・・心は真っ白になっていく・・・」
心身がほぐれた後は催眠状態をさらに深めます。
カウントに合わせて「落ちる」「真っ白」といった暗示を絡めたセリフを投げかけ
合間に会話を多く挟みながら1回ずつ丁寧にこなして少しずつ確実に深めます。
1回目とその後でやり方を変えますから、催眠に入る感覚にも多少の違いが出るかもしれません。
癒しを感じる言葉も多く、心地よい気分に包まれながら入ることができます。

初心者向けのアドバイスを挟んで誘導する堅実な催眠です。
聴き手に催眠特有の感覚を味わわせることを目的に
深呼吸から入って全身を意識する→分割弛緩法と繋げてまずは体の力をしっかり抜き
それからカウントと暗示を組み合わせた王道の手法で深化させます。

古典催眠がベースになってるので内容は割とシンプルです。
でも最中の会話にテーマ性が強く見られてすごく入りやすいです。
20分程度なら集中力が切れることもないでしょうし、上手くまとめてあるなと思います。
催眠を実感させながら気持ちよくするエッチ
エッチシーンは12分間。
プレイは感度上昇、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「そろそろ・・・・違う気持ちよさも混ぜてみてもいいかしら・・? そう・・・えっちな気持ちよさ・・・」
丁寧な催眠で主人公を心地いい世界へ案内した催眠術師は
それを維持したまま今度はエッチな感覚を呼び起こします。

エッチは体への接触をせず言葉と技術で気持ちよくします。
内容は最初の7分間で感度を上げるアプローチをかけ
残りの5分間はおちんちんをしごいて射精を目指します。
オナニーはしなくてもOKとなってますが、催眠初心者ならしたほうが気持ちよくなれます。

「さっきは全身から快楽の電流のようなものが走っていたけど・・・・ 今は右手だけ・・・・ 右手の中だけ・・気持よくて・・・幸せ・・・・」
彼女のスタイルはエッチに入っても変わりません。
わざと右手だけ気持ちよくなる暗示を入れて左手との差を比べさせたり
淫語をできるだけ使わずにリードして自分が催眠に入ってることを実感させます。

一般的な催眠音声は気持ちよくなるためにエッチしますが
本作品の場合は催眠の効果を確かめるためにやってるように見て取れます。
淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声といった純粋なエロ要素をほとんど使わないのが良い例です。
オナニーも暗示による感度強化があって初めて成り立ちます。

良くも悪くも催眠に寄せてあるので物足りなく感じる人もいるでしょうけど
こういうエッチをする催眠音声はそれなりにありますから
後々に向けた練習と見れば順当なプレイだと思います。
オナニーの時間が短いので射精する場合は2~3日溜めてから聴くといいでしょう。

このように、催眠の延長線上にあたるプレイをする本作品らしいエッチが繰り広げられてます。
丁寧さが光る作品
催眠音声の1本目として十分に聴く価値がある作品です。

催眠術師は催眠音声に興味を持った主人公にその素晴らしさを教えようと
まずは総時間の半分を使ってゆっくりじっくり催眠に落とします。
そしてエッチは露骨にエロくせず技術とオナニーの快感で射精に導きます。

穏やかな催眠術師が初心者向けのエッチな催眠をかけるタイトル通りのシチュ
アドバイスを挟みながらリラックス→深化と繋ぐ堅実な催眠
催眠に入ってることを実感させたうえで絶頂に追い込むやや変わったエッチ。
催眠特有の心地よさや気持ちよさが十分味わえるように作品を組み立ててます。

中でも催眠は元々リードが丁寧なサークルさんがそれをさらに強化してて入りやすいです。
手足を中心とした脱力感、頭や全身が沈む感覚、意識がぼやける感覚が体験できました。
そしてエッチは手のひら、内もも、股間が妙に熱くなったり体が敏感になるのを感じてます。

催眠に力を入れてる一方でエッチは弱いので、そのへんが人を選びそうではありますが
催眠音声は催眠に入らないと何も始まりませんし、この構成は別におかしくないと私は思います。
総時間が40分なら繰り返し聴くのも楽ですから
最初はピンと来なかったとしても回数を重ねれば徐々に変化が表れます。

射精シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:誠樹ふぁんさん
総時間 38:33

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月13日まで55%OFFの445円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「国屋敷」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第77回目は声も態度も穏やかなお姉さんが
催眠を交えたエッチな調教でマゾの快感をたっぷり味わわせます。

無理矢理従わせるのではなく聴き手が自分からそうなりたくなるように誘導するのが特徴で
リラックスしながら声に対する興味や集中力を高めたり
深化後は幸福感と気持ちよさで包み込んで彼女に従う喜びを与えるなど
こちらが望むものをガンガン与えて手懐ける穏やかな調教を施します。
奴隷になって幸せなひと時を
お姉さんに催眠をかけられ恥ずかしいエッチをするお話。

「あら 目が覚めたのね 私の声 聞こえているかしら?」
お姉さんはトーンが低く穏やかな声の女性。
主人公を捕まえて部屋に連れ込み体を固定すると
事情がわからない彼にそのことを話し、これから調教すると告げます。

本作品は大人の女性に従う快感を味わいながら射精することを目的に
彼女がおよそ60分に渡って催眠をかけたりM向けのプレイをします。
彼を拉致して体を拘束するところまでは割と強引ですけど
催眠開始後は手荒なことを一切せず、彼の心を解きほぐす方針で進めます。

「勃起したおちんちん見られるの 好きなんでしょ? 男の子の一番恥ずかしいところ 女の子に見てもらえるのが 嬉しいんでしょ?」
催眠パートは彼女の声や言葉に良い印象を持たせて受け入れやすい環境を作り
エッチはおちんちんを露出して彼女に見せつける、恥ずかしいセリフを復唱する
2つのやり方で射精してみせるなど羞恥心を煽ることに力を入れてます。

彼が特に嫌がってないところを見ると元からそういう性癖があるのでしょう。
彼女が好き放題弄んでるように見えて、実際は彼が喜ぶことをガンガンやります。
飴を与えて手懐けるスタイルですから無理矢理感はほとんどありません。
見下したり突き放す言葉責めも一切なく、愛玩動物に接するような優しい態度を取ります。

国屋敷さんは穏やかな雰囲気でアブノーマルなプレイをする作品が多いですから
どぎつい描写が苦手な人でも安心して聴けるしイけます。
ちなみにエッチはセルフありとなしの2種類ありまして、その両方で射精します。
落としてから躾ける催眠
催眠は2パート23分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずは深呼吸と脱力で心身をリラックスさせます。

「息を吸うと 安らかな空気が あなたの体に入ってくる 私の声が あなたの体の中に入っていく」
この時点の主人公は突然調教を受けることになり多少怒ってますから
彼女も自分の声や言葉を受け入れやすくなるように働きかけます。
深呼吸する時は息と共に彼女の声が体に染み込む暗示を入れ
脱力も「力が抜ける」と厚めに言って緊張をほぐします。

大山チロルさんの低音ボイスも相まって聴けば聴くほど気持ちが穏やかになります。
脱力の後はカウントを交えて半覚醒状態と催眠状態を往復するなど
定番の技術を組み合わせてストレートかつスムーズに催眠の世界へ案内します。

「ハートがあなたの体に入る 気持ちいい 幸せ 気持ちいい」
2番目の「4-深化」は主従関係をさらに強化し、彼女の命令に従う喜びを教えます。
ピンク色のハートを彼女からもらう様子をイメージするというもので
それに合わせて気持ちいい、幸せといったポジティブな感覚を伝えます。
彼女に従うことに幸せを感じさせれば何もせずとも自然に主従関係を維持できます。
言うことを聞いてくれた時は彼の頭を撫でて褒めるなど、適度に甘やかして依存心を膨らませます。

サクッと落としてからメインの暗示を入れる無駄のない催眠です。
聴き手をお姉さんの従順な奴隷に変えることを目的に
深呼吸から入って弛緩法、カウントを交えた揺さぶりでまずは催眠状態を深め
その後はハートのイメージを使った暗示、復唱形式による主従の契約と繋ぎます。

催眠誘導は要所を押さえてコンパクトにまとめてますし
2番目のパートも誰にでもわかるイメージを使って幸福感を与えます。
実際に聴いてみるとあまり隷属してる感覚はしないでしょう。
抵抗心を徹底的に削ぐアプローチがされててとても穏やかです。
羞恥を快感に変えるエッチ
エッチシーンは3パート29分間。
プレイはおちんちんを見せつける、カウントによる絶頂、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
エッチの序盤で服を脱ぐ指示が出ます。

「お姉さんに命令されると あなたのおちんちんが 熱くなってしまう」
催眠を使って主人公を従順な奴隷にしたお姉さんは
その場で服を脱がせておちんちんを勃起させる命令を出します。

エッチは彼女の指示や命令に従って絶頂を目指します。
一番最初の「4-深化(約9分)」パートは射精に向けて気持ちを盛り上げるプレイ。
おちんちんを勃起させる→萎えさせるのを順にやって彼女の言う通りにできるか確認します。
このパートは前半が催眠の最後、後半はエッチの序盤にあたります。

「催眠奴隷は ご主人様の命令で いつでもおちんちん勃起させられる いい子ね」
主従関係が確立された後も彼女の態度はまったく変わりません。
目の前でおちんちんを勃起させても見下すどころか褒めてやる気にさせます。
彼女が「おちんちん」を多めに言うのもさり気ない応援なのでしょう。
逆に萎えさせる時は深化の暗示を入れてリラックスを促します。

射精シーンが出てくるのはその次から。
「5-絶頂(セルフなし)(約10分)」はおちんちんの勃起を維持したままカウントで快感を制御し
「6-絶頂(セルフあり)(約10分)」は直接しごいて1回ずつ出します。

「数字が減って 0に近づくと おちんちんの根元に 熱い感覚が訪れる」
前者はカウントと暗示を組み合わせた催眠色の強いものですから
私はどちらかと言えば射精よりもドライのほうが迎えやすく感じます。
音声を聴いた時も射精しない代わりにおちんちんが何度もビクビクしました。
最後に気持ちよくイけるように多少焦らして性感を蓄積させてから追い込みます。

後者は基本スタイルはセルフなしとほぼ一緒でオナニーが加わります。
時間が10分と短いですから事前に1~2日溜めてからのほうが抜きやすいでしょう。
催眠に深く入れてたおかげで射精時の快感が通常よりも強かったです。

このように、見られる快感を煽りながらふたつの手段で射精させるややアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
穏やかな調教作品
調教のイメージよりもずっとマイルドなやり方で躾けるややM~M向けの作品です。

お姉さんは主人公を自分の立派な奴隷にしようと
まずは催眠を通じて彼女に良いイメージを持たせたり、命令に従う喜びを教えます。
そしてエッチはおちんちんをじっくり観察する視姦っぽいプレイや
セルフあり、なし両方のケースで射精するプレイで羞恥心と快感を与えます。

トーンが低く穏やかな声のお姉さんが催眠を駆使して調教するM向けのシチュ
古典催眠の技術をベースに作品固有の要素を盛り込んだ堅実で入りやすい催眠
露出とオナニーに絞り込み、カウントと暗示で快感をコントロールする変態向けのエッチ。
どぎつい描写やプレイは入れず、女性に従う幸福感を与える方針で作品を組み立ててます。

中でも催眠はわざと主人公が抵抗する設定にしたうえで
それを徐々に解きほぐすチャレンジ精神のある内容になってます。
圧倒的に有利な状況なのに自分の考えを押し付けたりせず
むしろ彼が望むものを与えて屈服させる彼女のアプローチも良いです。

エッチのセルフなしがノーハンド射精を目指す形になってるので
ここだけは無理に狙わずドライにしたほうが迎えやすいと思います。
セルフは普通に出すだけですから本当に誰でもできます。

射精シーンは2回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:大山チロルさん
総時間 1:01:09

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月13日まで50%OFFの660円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「Es_Lab」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第76回目は声も態度もあまあまな実の妹が
催眠を交えたアブノーマルなエッチで幸せなひと時をプレゼントします。

彼女の想いの強さをしっかり込めてる愛情たっぷりなサービスが行われており
催眠は一緒にストレッチしてからロウソクのイメージでリラックスと深化を促し
エッチは耳、乳首、おちんちんを同時に責めて2種類の絶頂に無理なく導きます。
雰囲気がものすごく穏やかなので、プレイを受け入れられるならノーマルな人でも楽しめるでしょう。
お兄ちゃんが大好きな妹と
妹に催眠をかけられ2種類のエッチをするお話。

「こんな時間にどうしたの? お兄ちゃん」
妹は明るくて可愛い声の女の子。
ある日の夜、自室に突然押しかけてきた主人公に勉強中なことを教えると
その成果を試すために催眠の実験台になるようお願いします。

本作品は彼のことを異性としても深く愛してる彼女が
およそ70分に渡る催眠とエッチでその気持ちをわかりやすく伝えます。
妹催眠」の続編にあたりますがお話はほぼ独立しており
人懐っこい態度で序盤から惜しみない愛情を注ぎます。

「催眠術をかけさせてくれたら 後で何でも言うこときくからぁ ね?」
彼に甘える態度を取って催眠をかける許可をもらい
開始後は体を密着させて耳元から穏やかに語りかけます。
エッチはサークルさんの嗜好に合わせてややM向けの内容になってますけど
愛情表現の一環であって無理矢理感や調教っぽさはまったくありません。
愛の言葉を適度に言ってくれますし、全編を通じてとろけるように甘い空気が漂ってます。

Es_Labさんの作品の中ではかなり大衆性が高い内容です。
催眠の技術も優れてますから作風を知りたい人はここから入ることをおすすめします。
妹のキャラがとにかく可愛くて感情移入しながら聴けます。

エッチについては2015年に出た作品では珍しく耳舐めと乳首オナニーを重視してます。
ふたつあるパートの両方でこれらを行い、それ以外のプレイで違いを出してます。
ドライ→ウェット(射精)の順で絶頂しますから得られる快感にも違いがあります。
催眠っぽさを多少薄める代わりに甘さとエロさを強化してました。
一体感を持たせた催眠
催眠はおよそ27分間。
最初のパートはベッドに座る姿勢で彼女に言われた通りストレッチします。

「最初は腕を前に出して ぐーって はい ぐーって押し出すー んんん」
体の前で手を組んでから頭の上に上げる、両足を床から上げて30秒維持するなど
ストレッチ自体はそこまで特別なものではありません。
しかしこれらすべてを彼女も一緒にやります。
声が多少力んだりちょっぴり息が上がってるので実際にやってることがわかります。

妹は主人公にとって大変身近な存在ですけど、聴き手にもそれが当てはまるわけではありません。
だからストレッチを一緒にやることで共通点を作り
今後の催眠を受け入れやすく感じる環境を整えます。
体が温まる暗示を多少入れるのも彼女の温もりを伝えたいのでしょう。
実際に体を動かすおかげで意識するだけの時よりもずっとリラックスできます。

「ロウソクの火が消えて お兄ちゃんの意識もふっと真っ暗になる ほら すーっと意識がなくなっていく」
2番目のパートは横になって目を瞑り、ロウソクの炎が揺らめくイメージをします。
カウントに合わせて息を吹きかけ、その直後に深化の暗示を小まめに入れてました。
ロウソクの火を見つめる時は「ゆらゆら揺れる」と言いますし
このへんから意識のぼやけや脳がとろける感覚が一気に強くなります。

そして最後のパートは彼女がこの催眠をかける理由に触れます。
「好き」「幸せ」といった多くの人が癒しを感じるセリフを積極的に盛り込み
さらにキーワードも定めてエッチに入った後も催眠状態を維持できるようにします。

キーワードにだけ軽いエフェクトがかかってますから
音声を聴けばそれが何かすぐわかるでしょう。
彼を一途に愛する彼女の性格にも合致しててものすごく甘いです。
催眠の技術と純粋な癒し要素を組み合わせてるのも本作品の魅力です。

リラックス→深化→暗示と一歩ずつ前進する堅実で穏やかな催眠です。
聴き手が妹を好きになるようにすることを目的に
最初のストレッチは手足を動かしながら彼女も一緒にやって信頼関係を構築し
次はロウソクのイメージとカウントを組み合わせてスムーズに落とします。
そして最後は彼女の気持ちを伝えながら暗示も入れて心の芯から潤します。

エッチが特殊なので本作品を初心者向けとは言いませんが
催眠に限って言えば初心者から上級者まで誰でも楽しめる内容です。
各パートの内容がしっかりしてるし、妹のキャラや性格も本当に可愛いです。
女性の愛に飢えてる人が聴いたら温かいものがこみ上げてくるでしょう。
複数の性感帯を手広く責めるエッチ
エッチシーンは2パート35分間。
プレイは耳舐め、乳首オナニー、疑似足コキです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。

「これから私と気持ちいいこと いっぱいしようね お兄ちゃん」
甘く濃厚な催眠で主人公を自分の虜にした妹は
体を密着させて左右の耳をゆっくりパワフルに舐め始めます。

エッチは彼女に責められながら自分もオナニーします。
最初の「Imouto2_05(約16分)」は耳と乳首に的を絞ったプレイ。
数分間隔で左右を切り替えながらほぼ時間いっぱい耳を舐め続けます。
そして途中から乳首オナニーを加えてドライオーガズムに導きます。

「ほーら 耳のゾクゾクと 乳首の快感が繋がって もっと気持ちよくなってくよ」
プレイは割とM向けですけど彼女の態度は引き続きあまあま。
吸い中心の力強いちゅぱ音を耳元で鳴らしながら
気持ちよくなる暗示も適度に入れて心身をバランスよく盛り上げます。

一般的な催眠音声よりも耳舐めを重視した作りになってるので純粋なエロさも高めです。
ちゅぱ音を多く鳴らす代わりに暗示の量を減らしてます。
乳首オナニーについては開始の指示を出すだけでほぼ自由にやらせてました。
この内容ならどちらかと言えば開発済みな人向けかなと。

次の「Imouto2_06(約19分)」はおちんちんの快感も加えたより濃いプレイ。
彼女に足コキされてるイメージをしながらあることをしておちんちんを気持ちよくします。
具体的に何をするかは伏せますが、こういうやり方でオナニーする作品は他に見たことがないです。

「妹に足コキされて気持ちくなってる変態お兄ちゃん 可愛い」
おちんちんを足蹴にする変態プレイをしても彼女はまったく引きません。
普段通りの明るくて優しい態度で彼のすべてを受け入れます。
そして後になるほど息を荒くして一緒に興奮してることを表現します。
催眠パートで見られた彼女の包容力や一体感がしっかり引き継がれてるのが素晴らしいです。

オナニーのやり方が特殊なので1回目に射精するのは難しいかもしれません。
その場合は無理に合わせず普通にオナニーしたほうが気持ちよくなれます。
精神的に満たされた状態で出すため射精時の快感も普段より強めです。
彼の嗜好に合わせてアブノーマルなプレイをするところに彼女の一途さや愛らしさを感じました。

このように、催眠の技術と純粋なエロ要素を組み合わせてバランスよく責めるあまあまなエッチが繰り広げられてます。
疲れが吹っ飛ぶ作品
妹の魅力を出しつつサービスもしっかりやる総合力の高い作品です。

妹はエッチしたいほど大好きな主人公に気持ちよくなってもらおうと
まずは催眠を通じて体のリラックス、心の心地よさ、幸福感を与えます。
そしてエッチはそれらを引き継いだまま耳、乳首、おちんちんを同時に責め
さらにドライとウェット両方の絶頂も用意してスッキリさせます。

可愛くて世話好きな妹がお兄ちゃんとたっぷりイチャイチャする純愛系のシチュ
パートごとに違う目的を定めてそれぞれを堅実にこなす入りやすい催眠
耳舐めと乳首オナニーを重点的にやりながら暗示や愛の言葉で心も潤す温かいエッチ。
年下の女の子に愛される感覚を強めに与えながら体のほうも気持ちよくします。

中でも催眠は単に落とすだけでなく彼女の性格や想いを込めてて癒しのパワーが強いです。
ストレッチは指示を出しながら自分も一緒にやって一体感を作り
深化は古典系の手堅いアプローチですんなり深いところまで誘導します。
そして最後の暗示は彼女の気持ちをたっぷり込めて好きだからしてることをアピールします。

彼女がものすごくピュアな女性に描かれてますから
声、言葉、態度、仕草といった諸々に愛らしさを感じると思います。
そしてそんな子にとことん尽くされる展開が心を存分に温めてくれます。

催眠音声だから催眠の技術が重要なのは間違いないですけど
本作品の場合はキャラにもかなり力を入れており、それがきちんとプラスに働いてます。
エッチで暗示メインにしなかったのも彼女らしさを出したかったのではないかなと。
前回のレビューでも書いたように「あぁ この作品を聴いてよかった」と思える作品です。

絶頂シーンはドライ1回、射精1回。
ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:いちるさん
総時間 1:13:05

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります



サークル「風呂井戸ソフト」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第75回目は声も態度も穏やかなお姉さんが
エッチな催眠をかけて女性の快感や触手プレイを疑似体験させます。

時間、内容いずれも催眠よりエッチを重視しており
催眠の4倍近くの時間を割いて序盤は焦らしながら性感を高める
中盤は乳首、クリトリス、おまんこといった性感帯を同時に責める
終盤は連続絶頂へ追い込むと徐々に加速させる感じでたっぷり気持ちよくします。
催眠も割と強力なので心地いい感覚に浸りながらイけるでしょう。
触手の快感をリアルに体験
お姉さんに催眠をかけられ数多くの触手に全身を責められるお話。

「仰向けになって 寝転がってください」
お姉さんは穏やかで可愛い声の女性。
自己紹介や背景説明といった前置きはすべて省略し
早速不思議な音を流しながら催眠をかけ始めます。

本作品は女性になりきって触手に責められる仮想プレイを楽しんでもらうことを目的に
彼女がおよそ90分に渡って催眠をかけたりM~ドM向けのエッチをします。
催眠16分、エッチ60分と後者にかなりの時間を割き
ソフトなものからハードなものまで幅広くこなして何度もドライ絶頂させます。


催眠にょナニー(女体化催眠)」と同じシリーズにあたりますが
それぞれの内容は独立してますので今作からでも大丈夫です。
前作はオナニーのみ、今作は触手による複合責めとエッチの内容が大きく異なります。

時間を見て「催眠が弱い作品なのかな?」と思う人がいるかもしれません。
ですが実際は目的意識を強く持ちつつ暗示を厚めに入れてスムーズに誘導します。
詳細はこの後説明しますが私が聴いた時も結構がっつり入れました。
エッチをできるだけ長く楽しんでもらうために無駄を削って洗練された催眠に仕上げてます。
心地いい音と言葉で落とす催眠
催眠はおよそ16分間。
楽な姿勢で目を瞑り、まずは深呼吸しながらお姉さんの声に耳を傾けます。
そして催眠開始と同時に「ぽーん」という神秘的な音がバックで流れます。

「息を吐くたびに 体中の緊張がほどけていきます だんだんだんだん 体がリラックスしていきます」
深呼吸は吸う、吐くどちらもゆっくりやりながら
彼女がタイミングよくリラックスを後押しする暗示を入れる堅実なものです。
これと同時に彼女の声に対して良い印象を持たせるのもいいですね。
催眠状態はリラックス+集中ですからそうなるようにさり気なく働きかけます。

バックで流れる音にも心地よさを感じました。
作中で特に説明はされてませんが、おまけファイルに鉄琴と書いてあるのでそうなのだと思います。
本作品は女体化誘導の時間をかなり短くしてるので
催眠の技術以外の要素も盛り込んでよりリラックスできる状況を作ります。

お次は深化や女体化といった重要なシーンに突入します。
前者は自分の中にある余計なものを捨てるイメージをしたり
カウントを数えながら小まめに追い込み暗示を入れて意識の力を弱めます。
そして後者は自分が好きな女性と融合するようなイメージをします。

「全部捨てる 残らず捨てる 捨てるたびにのぼってく のぼってくたびに幸せになる」
理性、見栄、世間体、倫理観、そして男らしさ。
「捨てる」というわかりやすい行為を通じて心を軽くし、同時に女体化への足掛かりも作ります。
捨てるたびに軽くなる暗示を入れて心地良さを与えるなど
ネガティブに捉えられがちな要素をポジティブに受け入れられる工夫がきちんとされてます。
このテクニックはエッチでも使われてますから、本作品を語るうえで欠かせないものです。

効果音による癒しも相まってこのへんまで来ると意識のぼやけを強めに感じました。
深化の感覚は落下感よりも宙に浮かんでる感覚のほうが強かったです。

「華奢な彼女の手 彼女の体温が伝わります 心臓の鼓動も聞こえてきます」
「胸のあたりが重い 股間がすーすーする」

終盤の女体化は女性と手を繋いで体温や胸の鼓動をリンクさせ
変身後は胸や股間といった性差が出やすい部位に的を絞って感覚の変化を伝えます。
女性の具体的な容姿は言わないので事前にイメージしておいた方がやりやすいと思います。
自分の体を直接変えるのではなく、彼女の体に心を移し替える感じに進めます。

リラックス→深化→女体化とほぼ一直線に進める無駄のない催眠です。
聴き手の体を自分にとって理想の女性へ変えることを目的に
深呼吸から入って捨てるイメージやカウントを組み合わせた深化
女性と融合し鏡を見ながら軽く確認する女体化とテーマを見据えて進めます。

前項でも書いたように催眠はかなり入りやすい部類と言えます。
やることをシンプルにする代わりに暗示の量を増やしたり
お姉さんの言葉を受け入れやすくなるアプローチを適度に挟むのが大きいです。
女体化はここよりもエッチシーンのほうが実感できるでしょう。
少しずつハードになるエッチ
エッチシーンは7パート60分間。
プレイは触手の匂いを嗅ぐ、体の拘束、触手による胸/乳首/口/おまんこ/アナル責め、精飲、放尿(10秒くらい)です。

粘液を分泌する、触手責め、放尿、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありません。

「かなり強烈に匂ってくる 嗅ぐと脳みそがクラっとしてしまう」
お姉さんに催眠をかけられ女性の姿になった主人公は
同じ場所にいるおちんちんの形をした触手に顔を近づけ匂いを堪能します。

エッチは大小様々な大きさの触手に体を拘束され責められ続けます。
最初の2パート19分間は準備の意味合いが強いプレイ。
ちん嗅ぎから入り手足を拘束されてから胸を重点的に触られます。
そして同時に媚薬効果のある粘液を分泌してエッチな気分も高めます。

「犯してほしい 犯してほしい この臭い触手チンポに激しく犯されたい おまんこをぐちゃぐちゃにされたい」
お姉さんはエッチに直接参加しないのでプレイの様子を実況したり
主人公が何を思い感じてるかを綿密に語ります。
触手相手ですが彼が嫌がったり苦しむシーンはほとんどなく
むしろ自分から女性の快感を味わおうとするセリフが多いです。

本作品のエッチは簡単に言うと穏やかな雰囲気でハードなプレイをやります。
凌辱や拷問とは違う意味合いになってるので抵抗をあまり感じずに聴けるでしょう。
触手たちもいきなりハードなことはやらず徐々に慣らす形で進めます。

複合責めが出てくるのはその次から。
おまんこのスジとクリトリスを同時に責めてから口の中に精液を吐き出し
挿入した後は最初はピストンのみ、少し経つと乳首責めも加えて3回絶頂させます。

「膣奥に当たる感触に こぶが膣壁を擦る感触に 意識が飛びそうな快感の波が襲ってくる」
本作品の山場にあたるシーンなだけあって一際厚く実況してました。
おまんこに触手が入る感覚や責められる感覚を聴き手視点で忠実に伝え
さらに効果音も鳴らして仮想プレイに臨場感を持たせます。
エッチの序盤が割とぬるかったからこそ、中盤以降の責めっぷりがよりハードに感じました。

主人公「んっ すごい クリトリスこんなっ すごいよ」
またエッチシーンは全編で主人公の喘ぎ声や気持ちよさそうなセリフが入ります(もちろん女性声)。
これもリアリティや純粋なエロさを向上させるための工夫なのかなと。
女体化作品だと主人公の声は入ってないことが多いので
いらないと思うようなら効果音&喘ぎ声なしのバージョンを聴けば大丈夫です。

最もハードなプレイが登場するのは終盤の2パート17分間。
乳首とおまんこを同時責めしながらアナル責めも加えて12回も絶頂させます。

「子宮の入り口に注ぎ込まれる液体に 焼けるような疼きを感じて あなたは背中を反らせて アクメに達する」
追い込み方はカウントに合わせて暗示を入れるシンプルな手段で統一し
その間隔をものすごく短くしたり、効果音を激しくして上手に盛り上げます。
股間を重点的に責められるおかげで股間の筋肉が何度も痙攣しました。
前後の穴に精液を中出しされる展開も相まってM度が高い人ほど楽しめます。

このように序盤はソフト、中盤はややハード、終盤はものすごくハードと
各シーンで異なる方針を取って徐々に追い込む触手特化のエッチが繰り広げられてます。
穏やかでハードな作品
癖のあるプレイをできるだけやりやすく調整したM~ドM向けの作品です。

お姉さんは主人公に女体化や触手責めを存分に味わってもらおうと
催眠はできるだけ短い時間にまとめたうえで内容を濃くしてサクッと落とします。
そしてエッチはシーンごとに激しさを変えたり複数の性感帯を同時に責めて何度もイかせます。

清楚な印象のお姉さんが女体化催眠をかけてから触手プレイするアブノーマルなシチュ
技術を的確に行使しながら厚めの暗示と癒しの音で深化させるコンパクトな催眠
長めの時間を割いてソフトなものからハードなものまで手広く触手責めする独特なエッチ。
最大の売りである触手が引き立つように作品を組み立ててます。

「ゆっくりと床に下ろされ 横たわったあなたは 精液と愛液にまみれながら 快感の余韻に浸る すごく満たされた気分」
内容はかなりハードなのに聴きやすいのがすごく印象的でした。
エッチをすべて終えた後も触手が「ゆっくり」床に下ろしてくれます。
こういう小さな優しさをこつこつ積み重ねてるから雰囲気がまろやかに感じるわけです。
乱暴さや強引さを上手に打ち消してあって細かな気配りが窺えます。

これだけエッチに寄せてる内容なのに催眠がまったく負けてないのも素晴らしいです。
16分で女体化までこなすのは相当に難しいですから
女体化を専門に制作されてるサークルさんならではと言えます。
本作品はエッチで女体化を強化する方針だからこのバランスでも成立してるのでしょう。

絶頂シーンは16回。
淫語・くちゅ音・喘ぎ声それなり、ちゅぱ音ごく僅かです。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。
おまけは没テイク、メス犬洗脳音声、あえぎ声データです。

CV:桃華れんさん
総時間 2:29:16(本編…1:27:05 おまけ…1:02:11)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります



サークル「F・A・S」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第74回目は声も態度もあまあまなお姉さんと女の子が
心の中にあるクラブハウスへ案内し、そこで気持ち良くて幸せな時間をプレゼントします。

ほぼ全編で何らかの音楽を流し続けるのが最大の特徴で
催眠パートは癒し系のゆったりした音楽、その後はハウス系テクノと異なるものを用意し
音楽と暗示を組み合わせて充足感や幸福感といった癒しの感覚に包み込みながら絶頂させます。
序盤に2種類の運動をするおかげでリラックスしやすいのも魅力です。
クラブハウスで素敵なひと時を
お姉さんに催眠をかけられ、女の子とクラブハウスでイチャイチャするお話。

「それではまず 催眠に入りやすくなる 簡単なリラックス運動をしましょう」
お姉さんは甘く穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明してから
本編へ入る前にリラックス運動を始めます。

本作品はサークルさんの中で特に人気が高いクラブミュージック催眠の第1弾。
名前はないけど主人公に強い好意を抱いてる女性が
催眠を通じて架空のクラブハウスへ招待し、そこで音楽を楽しみながら抱き合ったり絶頂します。
場所が場所なのでフェラやSEXなどのストレートなプレイはやらず
女の子に愛される幸福感や、抱き合う一体感といった癒しの感覚で気持ちよくします。

最大の特徴はもちろん音楽。
ハウス系テクノが30分ほど流れ、それ以外のシーンも水の音や癒しの音楽が登場します。
F・A・Sさんが音楽を本格的に導入した初期の作品にあたるのですが
曲のレベルは非常に高く、クラブハウスにいる感覚をしっかり味わえます。

曲自体の質が良いのに加えてシーンごとに曲調が変わる演出がされており
女の子の気持ち、プレイの様子、絶頂のタイミングを伝えて上手に乗せてくれます。
もちろん暗示も小まめに入れてくれますからふたつの要素で感覚を操作するスタイルです。
最初は戸惑うかもしれませんが、聴いてるうちにだんだん没入していくのを感じるでしょう。
現実世界から切り離す意味合いもあって本作品における大事な要素と言えます。

それ以外だとリラックスさせる運動を2種類行うのが特徴です。
本編に入る前に7~13分ほど立って運動するシーンがあり
それ以降も寝たまま体を軽く動かす指示を出して全身をくまなく脱力させます。

リラックスが十分できてれば当然催眠にも入りやすくなるわけで
「クラブハウスに行って音楽にイかされる」という独特なエッチを楽しみやすくしてくれます。
催眠中も音楽を流すので疲れてる人が聴いたら眠くなるかもしれません。
音モノでは珍しくM度も低いためノーマル~ややMあたりの人におすすめします。
音楽に馴染ませながら落とす催眠
催眠はおよそ37分間。
最初の「02.リラックス運動(約11分)」は立ち上がって足を肩幅くらいに開き
好きなペースで腕をブラブラさせて体の力を抜きます。
ちなみに催眠は主にお姉さんが担当し、終盤から女の子に交代します。

「これから 頭を落ち着ける音を流していきますので そのまま ぶらーんぶらーんと 前後に手を動かすのを続けてくださいね」
そして本作品の売りである音楽が早速登場します。
ここで流れるのは水の弾ける音ですが、それを聞いてるだけでも癒しや清涼感が得られます。
運動中は彼女が一切しゃべらないので頭を空っぽにしたまま運動できます。
ちなみにこのパートは短縮版(約7分)も用意されてます。

本編に入った後は本格的な催眠をかけ始めます。
事前に3分ほど使って催眠に関する小話をしてから
仰向けに横になって目を瞑り、先ほどとは違う運動を行います。
ここからは音楽も水音からゆったりした曲調のものへと変わります。

「グーをイメージしながら 息を吸って 握り込んだ手が 胸へ押し付けられていく 腰が浮く パーをイメージしながら 息を吐いて 胸から手が離れて 開いていく 腰がベッドに沈み込む」
ここでする運動は全身でグーとパーを表現する変わったもの。
息を吸うのに合わせて全身を丸め、吐いた時に元へ戻すのを繰り返します。
最初は細かな指示を出しながらゆっくりやってたのが
しばらく経つとカウントに合わせて繰り返すスタイルに変わります。

冒頭のリラックス運動と合わせて20分くらいやりますから
両方終えた頃には体がポカポカしたり弛緩してるのを感じるでしょう。
催眠に限って言えば初心者向けの内容だと思います。

お次はいよいよ女の子が待ってるクラブハウスへ移動します。
カウントに合わせて深化の暗示を入れて催眠状態を強化し
それから目の前にあるドアを通って目的地に移動します。

「頭がぼーっとして 見とれてしまう 周りの音が遠ざかり 時間が止まってしまったように感じる」
クラブハウスへ行ったことがない人でもイメージできるように
周りの情景を細かく実況してそこにいる感覚を膨らませます。
楽しく踊ってる他の客、色とりどりの光を放つ天井、そしてテンポの良い曲。
それらを語りながら暗示も小まめに入れて没入感を高めます。

音楽が癒し系からクラブミュージックに変わるので
聴いてるとなんだか踊りたい気分になるでしょうね。
音量が大きめですけどしばらく聴いてれば次第に慣れると思います。

音、音楽、技術、イメージを上手に組み合わせた本作品らしい催眠です。
クラブハウスにいる気分に浸らせることを目的に
リラックス運動から入って深呼吸を交えた漸進的弛緩法、カウントによる深化
そしてクラブハウスのイメージと時間をかけてゆっくり誘導します。

ほぼ全編で流れ続ける音楽が耳と心に心地よく
催眠の技術も的確でかなり深いところまで入れました。
リラックスに力を入れてる構成もかかりやすさに貢献してます。
愛と音楽に包まれるエッチ
エッチシーンは30分間。
プレイは愛の言葉、ハグ、背中/脇腹の愛撫、音楽による絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「言葉は違うけど 愛してるって言われたら 安心感で胸がいっぱいになって 君のことずっと考えてたよ なんて言われたら 幸せで満たされたような気持ちになるかも」
女の子はお姉さんよりも若々しい声の女の子。
クラブハウスにやって来た主人公を嬉しそうに迎えると
愛の言葉をたっぷり投げかけて幸せな感覚で包み込みます。

エッチは引き続きクラブミュージックを聴きながら彼女とソフトにイチャイチャします。
前半の14分間は幸福感を与えながら上半身を責めるシーン。
「好き」などのセリフを多めに言い、さらに途中から抱き合って体の距離も近づけます。

「好きで好きで堪らない 大好き 心の中で 頭の中で 快感がどんどん膨らんでいき 体へと流れていく」
彼女は最初から彼に好意を抱いてるので声も態度もあまあま。
愛の言葉を聞くほど心がぽかぽかしたり体が気持ちよくなる暗示を丁寧に入れます。
バックで流れる音楽もビートが効いてて体に軽く響きます。
音楽が売りの作品ですから両方を組み合わせて気持ち良くすることを意識してます。

後半の16分間は絶頂シーン。
1回目は30カウント、2回目は20カウントと総数を徐々に減らしていき
その都度追い込み暗示を入れたり専用の音を鳴らしてドライへ導きます。

「おちんちんをピリピリした快感が襲う おまんこもどんどん熱くなって ビクビクと震えてきた 君が感じると 私も感じる 気持ちいい無限ループ」
そしてここでは彼女との一体感を出すためにお互いの感覚をリンクさせます。
カウントを数えてる間は控えめな喘ぎ声を漏らして多少のエロさを出してました。
絶頂時の音は「だららららららら だんっ」みたいな結果発表をする時の音に近いドラム音です。
後になるほど鳴らす間隔を狭めていく連続絶頂っぽい追い込みをしてくれます。

彼女が股間に意識を向ける指示を出してくれたからでしょうけど
股間を中心に熱が高まったりビクビクするのを数回繰り返して気持ち良かったです。
女の子と一緒に絶頂を迎える展開もあまあまで良いなと。
F・A・SさんはM度の高いシチュを好む傾向がありますが、この作品に限ってはかなり低くて聴きやすいです。

このように、恋人っぽい雰囲気で幸せイキを目指すほぼノーマル向けのエッチが繰り広げられてます。
親切で没入しやすい作品
発売から6年近く経った今でも十分聴く価値がある優れた作品です。

お姉さんと女の子は主人公にクラブハウスで過ごす楽しさを疑似体験させようと
まずはリラックス重視の催眠でしっかり落としてから目的地に案内します。
そしてその後は愛の言葉、音楽、催眠の技術を組み合わせて一体感と幸福感を与えます。

2人の女性が手分けして独特な催眠とエッチをする甘いシチュ
ほぼ全編で何らかの音や音楽が流れ続ける個性的な作り
2種類の運動をしてからイメージ主体の深化をする催眠
イチャラブ感を出しつつ暗示と音でドライへ追い込むテーマ性のあるエッチ。
催眠音声が数多く出てる現在でも強烈な個性を放ってます。

中でも2番目はサークルさんの今の作品にも受け継がれてる要素で非常にレベルが高いです。
特定の音楽を垂れ流すのではなく、状況に応じて曲調やリズムがシームレスに変化します。
クラブハウスのシーンも雰囲気作りがしっかりしてて高い没入感を得られました。
エッチは音モノの側面を持ってるので絶頂するには多少の慣れが要ると思います。

絶頂シーンは9回。
淫語と喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

以上を踏まえて前回から1点だけ上げさせていただきました。
音モノに興味があるけどどれから聴けばいいかわからない人には特におすすめします。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 共通パート…54:55 リラックス運動(オリジナル版)…13:07 リラックス運動(短縮版)…7:07

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月17日まで50%OFFの550円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「メロン100%」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第73回目は声も態度もあまあまな狐娘が
疲れやストレスを感じてる男性を安らげる催眠でリフレッシュします。

エロよりも癒しを重視した作りになってるのが特徴で
催眠は深呼吸や脱力といった癒し系の技法をのんびり行い
エッチもほぼ自由にオナニーさせながら気持ちよくなる暗示を入れて無理なく射精に導きます。
狐娘と過ごす安らかなひと時
稲荷神(いなりのかみ)に催眠をかけられオナニーするお話。

「ん? 君は どうしたの? こんな夜更けに来るなんて」
稲荷神はのんびり話す可愛い声の女の子。
心に安らぎを求めてここへやって来た主人公に声をかけると
彼の心に見えない鎖が巻き付いてることを教えます。

本作品は人々に癒しを与えて現実世界へ送り出す仕事をしてる彼女が
助けを求めてやって来た彼をおよそ60分に渡って癒したり気持ちよくします。
エッチよりも催眠の時間を長く取ってまずは心身の疲れをしっかり取り除き
それからほぼノーマル向けのオナニーをして性欲発散の手伝いもします。

「無理なことに力を入れたらダメだよ? そのままでも 気持ちよーくなれるからね」
彼女の声や態度も癒しに大きく貢献してます。
会ったばかりの彼に催眠に入りやすくなる心構えを教えて信頼関係を築いたり
開始後はゆっくりのんびり語りかけて頭を空っぽにしやすい環境を作ります。
催眠の技法も心身をリラックスさせることを強く意識してますし
作品を構成するあらゆる要素が癒しに収束してて統一感があります。

催眠はおよそ28分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずは深呼吸や軽い運動をして心身を落ち着けます。

深呼吸は吸う/吐くの合図を出しながらその合間に語りかけ
脱力は手足を1か所ずつ動かしてから脱力後に暗示を入れるなど
序盤からテーマの「癒し」を意識したアプローチを積極的にかけます。

「肩の力を抜いて? 鎖に釣られた全身を 優しく そっと横たえるように 水の流れに身を任せるように」
これらをする際に比喩を織り交ぜて働きかけるのも良いですね。
「力が抜ける」とかのストレートな暗示と組み合わせて脱力感が伝わりやすくします。
彼女は冒頭で「彼には見えない鎖が絡みついてる」と言ってましたから
催眠を通じてそれを取り除く方針で進めます。
技法は古典催眠のものを中心としてますが、本作品特有の要素もあって面白いです。

それが出てくるのはパートの後半部分。
緑は草原、青は海といった具合に色とそれに関するイメージを使って
今度は主に体の内側や心を安らげます。

「暖かな日差しと 静かな草原 背の低い草が 絨毯のように敷き詰められた草原で 君は寝転んでいる」
自然物に関するイメージは人間なら誰でも癒しを感じます。
だからそれを順に投げかけて嫌なことがあった現実世界と一時的に切り離します。
終盤には再度深呼吸しながら深化を促す暗示を入れるなど
聴き手が催眠の世界へゆっくり入っていけるように優しく誘導します。

当初の予定通り彼を癒すことを第一に考えてる催眠です。
聴き手の心と体にある疲れやストレスを取り除くことを目的に
深呼吸から入って漸進的弛緩法、色に対応した自然のイメージ
そしてもう一度の深呼吸と深化の暗示といった具合に
癒しの感覚がしっかり得られるようにゆっくり進めます。

技術の使い方、暗示の入れ方/表現/タイミング、イメージの選択がどれも考えられてて良いです。
ただ最後の深化が短いし弱めなので、中程度の催眠状態に留まる可能性がそれなりにあります。
本作品のエッチはオナニーですから、そこまで深める必要はないと判断されたのかもしれません。
でも私はもっと入念に深化させたほうが作品全体のバランスも良くなると思います。
稲荷神に腕を操られながら
エッチシーンは17分間。
プレイはオナニー(疑似手コキ)のみです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「君の右手に お札を張り付けて 余計な力がもう入らないようにね」
催眠を使って主人公をスッキリさせた稲荷神は
おちんちんが勃起してるのに気づき変わった手段でお世話します。

エッチはほぼ自由にオナニーしながら彼女の言葉を聞きます。
最初の6分間はオナニーに向けた準備。
両腕にお札を貼られて彼女に制御されてるイメージをしたり
興奮が高まる暗示を入れてより気持ちよくなれる環境を整えます。

お札のイメージは催眠音声特有のプレイをするためでしょう。
普通にオナニーしたら同人音声のオナサポと変わりませんから
彼女に操られながらするスタイルにして快感に没頭させます。
腕に絞った人形化とでも言いましょうか、あまり見かけないプレイです。

「実はね 私も少しエッチな気分なんだ」
好き放題できる状況になっても彼女の態度は変わりません。
自分の気持ちを素直に伝えてから彼の願いを叶えてあげます。
引き続き暗示の量を厚めにしてきめ細かくリードしたりと、彼女の性格が色濃く反映されてます。

残りの11分間はもちろんオナニー。
シコシコボイスや効果音でペースを指示することはせず
気持ちよくなる暗示を入れたりカウントを数えて優しく射精へ持っていきます。

「波紋が さらに大きな波紋を呼び寄せるように 大きな快感が 押し寄せてくる」
淫語はおちんちんを数回言う程度で、それ以外は比喩を交えた言葉で応援してました。
催眠状態ならではの快感を味わわせるためにエロさをわざと落としたのだと思います。
キスや耳舐めも一切しませんからソフトな部類に属します。

時間がそれほど長くないのでオナニーに絞り込んでるのは良いのですが
この展開なら運動支配の暗示も入れたほうが臨場感が出たと思います。
「自分の意志とは関係なく手が勝手に動く」と言ったほうが
腕にお札を貼られてるこの状況に合いますからね。

催眠パートの前半で入念に脱力をした後にオナニーするのも首を捻ります。
聴き手が自由にオナニーするなら一度暗示を解除してから進んだほうがいいでしょう。
今の内容だとこのどちらもやってないので
私が聴いた時はオナニーしたいのに上手く動かせない感覚がしました。

このように、彼女らしさを出しつつ軽めのオナニーをするシンプルなエッチが繰り広げられてます。
癒し一色の作品
エロよりも癒しのパワーが強い作品です。

稲荷神は現実世界に疲れて自分の領域へ迷い込んできた主人公を癒そうと
まずは深呼吸、脱力、イメージを組み合わせた催眠で心身両面を綺麗にします。
そしてエッチは凝ったことやハードなことはやらず、ほぼオナニーに絞って無理なく射精させます。

多くの人に癒しを与えてる狐娘が穏やかな催眠で男性を救うノーマル向けのシチュ
癒しの技法を中心に据え、さらに作品固有のイメージを盛り込んだテーマ性の強い催眠
お札で両腕を操られてることを意識しながらオナニーするエッチ。
彼女の性格を踏まえて癒し重視で作品を組み立ててます。

中でも催眠は色んな要素が癒しの属性を持ってて良い気分転換になります。
眠らせる暗示は入れてきませんけど、疲れてる人が聴いたら寝落ちするかもしれません。
時間も長めに取ってあってタイトルの「稲荷神のやすらぎ催眠」をきちんと形にできてます。

エッチは元々彼女がする予定じゃなかった背景もあるので
催眠のついでみたいな弱い位置づけです。
気持ちよくなる暗示を積極的に入れてきますから
上手く催眠に入れてれば体の熱や疼きを実感するでしょう。

最後に、本作品は視聴後にそのまま寝る流れになってるので解除音声がありません。
ですから寝ないで他のことをしたり出かける場合は他作品の解除音声を必ず聴いてください。

射精シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回から1点だけ上げさせていただきました。

CV:餅よもぎさん
総時間 1:04:15

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は6点。
64分で770円とコスパがいいので+1してあります。

2021年4月25日まで90%OFFの77円で販売されてます。



サークル「すくりぷてっどこねくしょん」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第72回目は声も態度も穏やかなお姉さんが
「憑依」をテーマにした催眠とエッチで普段と違う快感を味わわせます。

催眠はリラックス系の技法と色んな暗示を組み合わせて彼女との一体感を出し
エッチは彼女に体や感覚を操られてる気分に浸らせてややアブノーマルなプレイをする、といった具合に
テーマを強く意識しながら催眠に入りやすく、維持しやすくリードする丁寧なサービスが楽しめます。
お姉さんに憑依されて一緒に気持ちよくなろう
お姉さんに催眠をかけられ乳首とアナルで絶頂するお話。

「ようこそ どうもどうも 今日はあなたと御一緒させていただきます」
お姉さんは丁寧語で話す上品な声の女性。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明し、催眠を始める前に服装や環境も確認します。

本作品は女性に体や感覚を操られてる気分をリアルに味わわせることを目的に
彼女がおよそ70分に渡って癒しの催眠をかけたりドライ系のエッチをします。
挿し絵や作中のセリフを見る限り彼女はおそらく幽霊なのでしょう。
だから彼に憑りついて一緒に気持ちよくなる方針で物語を進めます。

「あなたは私の事をどんどん好きになっていく だってこんなに安心できることって中々ないでしょ? 一緒にいる、それだけで心が落ち着いてる でも体は少しずつ熱を帯び、火照っていく」
例えば催眠パートは彼女の声に対して興味を持たせるところから始まり
好きになる、一緒にいると落ち着くなど一体感を与える暗示がいくつも出てきます。
そしてエッチも彼女に手や感覚を操作されてるイメージを交えて進めます。

催眠音声では最大手に位置するサークルさんなだけあって
聴き手が受け入れやすく感じるアプローチを心がけながらじっくり誘導します。
エッチも催眠色の強い内容ですから、意識のぼやけを強めに感じながらイけるでしょう。
おちんちんを直接いじるシーンは一切なく、乳首やアナルといった他の性感帯を刺激します。

催眠はおよそ24分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずは肩や腕を中心に脱力します。
そして次は深呼吸を繰り返して心のほうもリラックスします。

「何もしなければ、重さを感じて肩がすーっと沈んでいく そう、その調子 肩が沈んでくると、だんだん肩が楽になっていく」
「お風呂に入って湯船でぼーとしている時のような あるいは、やることが全て終わってリラックスしている時のような 満足感の高いだるさ… うれしい… とってもしあわせな感覚」

「すーっと沈む」とストレートな暗示を入れてたかと思えば
お風呂に入るイメージを使って体を動かしたくなくなる感覚を与えるなど
より多くの人がスムーズに脱力できるよう多方面から働きかけます。
足の脱力をしないのはたぶんエッチで手だけ使うからでしょう。
まだ序盤ですが先々のことを見据えて催眠を組み立ててます。

後になるほど彼女の声が近くなるのも良いですね。
向き合って話しかけてた彼女が憑依によって一体化したことをわかりやすく伝えます。
憑依した後はほとんど囁き声で話すなど、雰囲気作りにもしっかり気を配ってます。

リラックスが完了した後はいよいよ催眠状態を深めます。
カウントを数えながら「ぼーっとする」などの暗示を入れ
それと同時に彼女が好きになる暗示も入れて心の距離を縮めます。

「だんだん、頭がぼーっとしていきます それは私の声を全て受け入れるということ あなたは気持ちいいことが大好き 大好きだから、全て受け入れます」
ここもストレートに深化させるのではなく
彼女の声や言葉と絡めてエッチを楽しみやすい環境を整えます。
穏やかな声やセリフの間隔を長めに取るのんびりした口調も相まって
このへんに来る頃には頭の中がもやもやする感覚が強めに実感できました。

テーマの憑依を意識しながら手堅く誘導する質の高い催眠です。
お姉さんに心や体を操られやすい状況にするのを目的に
部分的な弛緩法から入って深呼吸、カウントを交えた深化と古典催眠の技術をベースに進めます。

大まかな流れはシンプルですけど、最中のセリフや暗示が結構濃いおかげで
彼女に対して親しみが湧いたり心地よさを感じながら深化できます。
バイノーラル録音を活かして声の位置や距離を適度に変える演出もありますし
すくりぷさんらしい隙のない催眠に仕上がってます。
ふたつの快感を同時に味わえるエッチ
エッチシーンは38分間。
プレイは乳首オナニー、アナル責め、パンツの匂いを嗅ぐ、パンツを被るです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
エッチの終盤でパンツを脱ぐ指示が出ます。

「好き、とっても大好き… ほら、一緒にえっちなこと、しよ…」
催眠を使って主人公に無事憑りついたお姉さんは
両手で胸や乳首をいじらせてまずは体の感度を上げます。

エッチは終始彼女に言われた通りに動きます。
最初の17分間は絶頂に向けた準備。
乳首を撫でたりこねながら彼女の言葉を聞いて気持ちよくなります。

「そのまま、乳首を指でこねこね、こねこねし続けるの どんどん気持ちよさが増えて 深いところへ沈んでいけるよ」
そしてここも催眠の技術を駆使してスムーズに進めます。
乳首自体を気持ち良くする暗示ももちろん入れますが
それ以外に「乳首をいじるほど催眠が深くなる」など催眠状態がさらに深まるようにリードします。

これはすくりぷさんの作品全般に言える特徴で
被暗示性の低い人がエッチの途中で催眠が解けてしまう可能性を減らす役割を果たします。
催眠特有の脳がとろける快感と乳首の快感を同時に味わうことになりますから
普段の乳首オナニーよりも気持ちよく感じるでしょう。
腕の動きをコントロールする暗示も入れてきますし、抵抗感を与えずに操られてる感覚を味わわせます。

乳首オナニーは同人音声のオナサポみたいに掛け声を小まめに出すことはせず
どんなふうにいじるか教えた後は暗示で応援するスタイルを取ります。
乳首を既に開発してる人のほうが楽しめるのは間違いないですけど
未開発の人が催眠の効果で乳首の快感に目覚める可能性も十分あります。

続く20分間は絶頂シーン。
1回目はアナルに気持ちいい棒を挿入されてるイメージ
2回目は自分のパンツを嗅いだり頭に被って乳首オナニーします。

「異物感を感じると一気に体中にせつなさがこみ上げてきます 指を鳴らすと、アナルに違和感を感じます」
アナル開発をしてる人はあまりいないでしょうから
ここもいきなり気持ち良くするのではなく、先に違和感を与えてリアリティを出します。
私が聴いた時もお尻のあたりがムズムズする感覚がしました。
実際に挿入する指示は出ませんから抵抗がなければ誰でも聴けます。

「ほら、体中がぞくぞくって震えて気持ちいいね… 匂いを嗅いでるだけなのに… 体がどんどん敏感になっていくね」
それに対して2回目は変態になりきって心を開放しながら絶頂を迎えます。
本作品のエッチは彼女に憑依された状態でやりますから
「彼女に操られてるのなら仕方ない」という立派な言い訳ができます。
一緒に乳首もいじりますけど陶酔感や解放感といった別方向の快感を重視してます。
家族や恋人に見られたら関係が悪化するかもしれませんので、視聴時の環境にはくれぐれもご注意ください。

私はどちらかと言えば1回目のほうがイキやすいと思います。
乳首オナニーしながら追い込んでくれるのが大きいです。
それに対して2回目は現実逃避やリフレッシュといった心のケアに力を入れてます。

このように、彼女に操られてる感覚を味わわせながら変態プレイをするM向けのエッチが繰り広げられてます。
催眠重視の良作
催眠状態ならではの快感を与えることを意識した質の高い作品です。

実体を持たないお姉さんは主人公を喜ばせながら自分も快感を味わおうと
まずは催眠を通じて身も心も繋がる憑依状態に持っていきます。
そしてエッチは引き続き催眠状態を深めながら乳首、アナル、心をバランスよく責めてイかせます。

声も態度も穏やかなお姉さんが男性に憑依して気持ちよく弄ぶシチュ
深呼吸、脱力、カウントといった要素に様々な暗示を込めて誘導する丁寧な催眠
乳首やアナルといったおちんちん以外の性感帯を重点的に責め
さらに催眠状態を維持したり心を開放するアプローチをかける催眠重視のエッチ。
催眠の世界にどっぷり浸る感覚と純粋な快感を両方楽しめるように作品を組み立ててます。

中でも催眠はエッチシーンでも引き続き深化させる独特な作りや
聴き手のことを第一に考えた暗示表現、その分量、入れるタイミングがどれも優れてます。
催眠音声は催眠に入れなければ始まりませんから
そこがしっかりしてる作品は自然と満足感も上がります。
エッチが独特なので「初心者向け」タグはつけてませんけど、催眠自体は結構初心者向けだと思います。

エッチは乳首の開発具合で多少差が出る点を除けば個性と品質の両方が光ってます。
セルフ系なのにおちんちんを触るどころか意識すらさせませんし
絶頂への追い込みも催眠の技術を駆使して行うことを心がけてます。
アナル責めも未開発者向けの内容でアブノーマル路線だけど聴きやすいです。

絶頂シーンは2回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:かの仔さん
総時間 1:10:07

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります



サークル「Es_Lab」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第71回目はほぼ正反対の属性を持つ2人のサキュバスが
以前調教した男性を再び気持ちよくして精液を搾ります。

双子催眠とサキュバスらしいエッチを組み合わせたM向けのサービスが行われており
催眠は2人で連携を取りながら心地よさと彼女たちに従う喜びを少しずつ膨らませ
エッチは耳舐めを挟みつつおちんちんとアナルをゆっくり責めて2種類の絶頂に導きます。
プレイはアブノーマルですが雰囲気は穏やかなので、ややMあたりの人でも聴きやすく感じるでしょう。

サテンロンググローブを用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
サキュバスたちがする変わった搾精
サキュバスのアリアとミリアがM男を弄ぶお話。

「んふふ また会えたのう」
アリア(挿し絵右)は古風なしゃべり方をする穏やかな声のお姉さん。
「はーい ミリアだよー またミリアたちの射畜になりに来ちゃったのかな?」
ミリア(挿し絵左)は明るくて可愛い声の女の子。
自分たちに再び会いに来た主人公を嬉しそうに迎えると
金玉に溜まった精液を一滴残らず吐き出させます。

本作品は性に貪欲だけど性格は穏やかな彼女たちが
以前エッチしてすっかり射畜になってる彼とおよそ70分間の独特なエッチをします。
彼らが既に顔見知りなので前置きは2分程度まで切り詰め
催眠22分、エッチ44分とほぼ倍の時間配分にして心と体をとろとろにします。

Succubus Hypnosis Vol.01 -Wサキュバスの射畜催眠-」の続編にあたりますけど
お話は完全に独立してるので今作からでも問題ありません。

ミリア「大きく息を吸ってー いっぱい吐いてー」
アリア「ほら その調子で続けておるうちに だんだん鼓動も収まって 気分が楽になるじゃろう?」
最大の特徴は双子形式。
アリアは右、ミリアは左に陣取って協力しながら催眠とエッチを進めます。
深呼吸の時は合図を出す役と暗示を入れる役を分担する
深化はひとつのセリフを2人で分けて意識を揺さぶるなど
1人で催眠をかける場合はできないことを積極的に行います。

アリアは年上、ミリアは年下と2人の属性も正反対ですし
催眠をきっちりこなしつつキャラも立つように作品を組み立ててます。
時間に対する暗示の量が多めに設定されてるおかげで意識のぼやけを強烈に実感できます。

エッチは暗示を使って感度を上げたり絶頂させるのと同時に
ちゅぱ音や喘ぎ声を漏らしてエロさも補います。

アリアは誘導役、ミリアは乱れる役とここも2人の役割を明確にしてました。
サキュバスならではのプレイも出てきて割とアブノーマル路線です。
でも彼女たちは終始優しく、アプローチが上手なのも相まって自分から従いたい気分にさせてくれます。
暗示の質と量で勝負する催眠
催眠は2パート22分間。
仰向けに横になって目を瞑り、深呼吸してから2人の言葉に耳を傾けます。

ミリア「全身から力が抜けて なんだか眠くなってくる」
ミリア「ほら 落ちれば落ちるほど 意識がぼんやりして 何も考えられなくなるよ」

深呼吸の時は心身がリラックスする暗示を入れてたのが
その後は「落ちる」など深化を意図した暗示に切り替わります。
本作品の催眠は古典ベースになってますが、特定の技術を行使するよりも
暗示を厚めに入れて聴き手の無意識へストレートに働きかけることを重視してます。


双子形式も活かして色んな暗示を入れてきますから
声を聞いてるだけで体が妙に重いとか、頭の中がぽわぽわする感覚が自然と湧いてきます。
聴き手が受け入れやすく感じる言い回しを心がけてるので雰囲気も非常に穏やかです。

アリア「わらわたちの声を聞いているだけで もっと気持ちよくなれる」
そのわかりやすい例がパート終盤に出てくる暗示。
「彼女たちの声は気持ちいい、気持ちいいから従いたくなる」と
メリットを強調する形で彼女たちの奴隷になるよう呼びかけます。

彼らは過去にエッチしてますから無理矢理何かをさせることは一切ありません。
彼女たちは快楽を提供し、その見返りに彼は服従と精液を差し出します。
両者の利害が一致してるおかげで催眠もスムーズに進みます。

2番目の深化パートは催眠状態をさらに深めます。
軽く目を覚ましてから再び深化するのを繰り返してより入りやすい状況を作り
引き続き彼女たちの奴隷になる喜びを伝えてエッチの準備を整えます。

アリア「服従することが快感になる」
ミリア「だから 服従するだけの快楽人形になる」
服従すること自体に快感を与えるのが良いですね。
こうすればエッチで指示を出し、その通りにするだけでも催眠状態を維持できます。
本作品のエッチはセルフ系だからこうしたのかもしれません。
サキュバスなだけあってM男がどうすれば喜ぶかよく心得てます。

双子形式とテーマの射畜調教を組み合わせた重厚な催眠です。
彼女たちの言うことを素直に受け入れやすくするのを目的に
深呼吸から入って深化の暗示、長めの沈黙法、揺さぶり、そしてメインの暗示と
2人の暗示を多めに盛り込んだうえで古典催眠の技術と組み合わせて少しずつ確実に落とします。

双子催眠は時間に対してやれることが多くなるのが長所ですから
こういう暗示重視の構造にしたほうがかかりやすさと安定感が増します。
催眠の時間を短くできればそれだけエッチに割けますし、目的を見据えた質の高い内容だと思います。
ふたつの穴を徹底攻撃
エッチシーンは2パート44分間。
プレイは耳舐め、手コキ(オナニー)、尿道責め、アナル責めです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

アリア「ほれ 快感で何も考えられなくなってくるぞ」
連携の取れた催眠で主人公を快楽人形に変えた2人は
左右の耳を個別に舐めてそのことをわかりやすく教えます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
前半の「Track 04 プレイパート1(約20分)」は耳とおちんちんの同時責め。
耳舐めしながら感度が上がる暗示を入れて性感を高め
それからアリアが手コキして射精寸前まで持っていきます。

アリア「奉仕することはとても気持ちいいこと 射畜奴隷の最大の奉仕は 射精すること」
ミリア「先っぽだけコシコシするの気持ちいいね おちんちんの根元ぎゅーっと絞って 亀頭いーっぱい擦るんだよ?」
そしてここでも従う喜びを適度に教えて彼女たちの奴隷になった気分を膨らませます。
手コキはオナニーしてもいいと言われますからしごいたほうが気持ちよくなれるでしょう。
耳舐めのちゅぱ音も適度に鳴って催眠とエロをバランスよく融合させてます。

アリア「ほら どんどん咥え込んでいく 尿道を擦り上げる異物の感覚がどんどん入っていく」
手コキする際に尻尾を使って尿道責めをするのがサキュバスらしいですね。
異物感を伴う快感を与えてリアリティを出します。
アリアは暗示、ミリアは喘ぎ声と協力して責めてました。
最後の絶頂シーンは射精ではなくドライっぽい描写がされてます。

後半の「Track 05 プレイパート2(約24分)」はより変態度を増したプレイ。
耳舐めと尿道責めは継続し、そこにアリアのアナル責めを加えてより強い快感を与えます。

ミリア「おちんちんも ケツマンコも 脳みそも みーんなトロトロになって 快感だけになっちゃう」
アリア「ケツマンコの感度がどんどん上がっていくぞ ほれ 出し入れするたびにイキそうになる」
アナルのことをわざわざケツマンコと呼ぶのは被虐心を高めるためでしょう。
おちんちんの穴も同時に責める展開は人間の女性相手とは随分違います。
でも催眠特有の心地よさに浸りながら聴けるので嫌な気分はまったくしません。
私が聴いた時も股間全体の筋肉がビクビク痙攣して気持ち良かったです。
こっちは射精の描写がありますからカウントに合わせて出せばスッキリするでしょう。

このように耳、おちんちん、アナル、心を同時に責める変態向けのエッチが繰り広げられてます。
穏やかなサキュバス作品
Mが喜ぶことを積極的にやって手懐ける聴きやすい調教作品です。

アリアとミリアは前回のエッチが忘れられない主人公をもっと気持ちよくしようと
まずは双子形式を活かした催眠で深いところまでスムーズに落とします。
そしてエッチは耳舐めを織り交ぜて股間全体を複合責めします。

正反対の属性を持つサキュバスたちがM男をエッチな催眠で奴隷にするM向けのシチュ
時間に対する暗示の量を多めに設定し、催眠の感覚と従う喜びを膨らませる手堅い催眠
気持ちよくなる暗示、ちゅぱ音や喘ぎ声、変態度の高いプレイを組み合わせた独特なエッチ。
ハードさや無慈悲さを薄める代わりに個性やエロさを強化してイキやすく、抜きやすくしてます。

中でも催眠はシリーズの売りなだけあってレベルが高いです。
年上のアリアは催眠、エッチいずれもメインの誘導役を務め
ミリアはそれをサポートしたりエッチで乱れる別の役割を果たします。
シーンによって2人の担当が切り替わったりして内容が結構凝ってます。

エッチで尿道責めやアナル責めの効果音が鳴らないところはやや残念ですが
プレイをイメージしやすくするよりも、音をごちゃごちゃさせないほうを優先したのかもしれません。
効果音も入ると声やちゅぱ音と合わせて3種類になりますから
催眠にとって重要な「集中」を妨げる可能性があります。
効果音なしでも普通に絶頂できるので結局は好みの問題かなと。

絶頂シーンは2回(ドライ1回、射精1回)。
淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:東十条真里亜さん
総時間 1:13:07

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ