サークル「off ton ton」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、山の麓に建ってる小さなお店で
バニーガールたちが催眠を交えた独特なサービスをします。

左右に陣取り連携を取りながら催眠とエッチを進める双子形式が魅力で
片方は深呼吸の合図を出す、もう片方は呼吸音を漏らすと役割分担しながら誘導したり
多くのシーンで声を被せて深化や絶頂へスムーズに持っていきます。
純粋なエロ要素は皆無ですから女性でも普通に聴けるでしょう。
バニーガールがする気持ちいいおもてなし
バニーちゃんとウサミちゃんが協力してエッチな催眠をかけるお話。

「いらっしゃいませ ワンナイトバニーへようこそ」
バニーちゃんはややトーンが低く穏やかな声のお姉さん。
ワンナイトバニーを訪れた主人公に挨拶すると
彼が衣装をじろじろ見てるのに気づいて興味があるか尋ねます。

本作品は小さいながらも賑わってるバニーガールのお店を舞台に
彼女たちがおよそ30分に渡って催眠をかけたりドライ系のエッチをします。
「テーブルやソファが並んでる」と冒頭で言ってましたから
個室でイチャイチャするのではなくキャバクラっぽい作りなのでしょう。
作中で彼女たちが脱ぐことはなく、体への刺激も必要最低限に抑えて技術で気持ちよくします。

バニー「右側に寄りかかってもいいし」
ウサミ「左側に寄りかかってもいい」
最大の魅力は双子形式。
バニーちゃんが右、ウサミちゃんが左に陣取って協力しながらサービスを進めます。
2人が手分けして違うことをやるシーンもあれば
同じセリフを同時に言ったり、その一部で正反対のことを言うなど割と変化に富んでます。

双子のい・い・な・り~性感開発ボイス~」をはじめとする本家よりもしゃべるペースは遅く
文節単位で声を左右へ移動させて揺さぶりをかけてくることもほとんどありません。
その代わり声を重ねるシーンを増やして厚みを持たせます。
言い回しに気を配ってますから左右同時に話すスタイルでも聴きやすいです。

催眠の技術も深呼吸や脱力といったスタンダードな技法を手堅く行使します。
off ton tonさんはこれまで無料作品を4本制作しており、実際に聴いたところかなりの実力を持ってます。
ただ今回は有料1作目ということで普段よりも慎重に組み立ててる印象を受けました。
催眠音声はサークルさんの信用やブランド力も割と影響しますから
まずは「ちゃんと催眠かけられますよ」とアピールすることを目指したのかもしれません。

エッチについてはフェラやSEXといった一般的なプレイをやらず
責める部位をほぼ耳に絞り込んでイメージ、暗示、吐息を組み合わせて徐々に盛り上げます。
販売ページに「直接的な性表現はございません」と書いてある通り
淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声といったストレートなエロ要素は一切ありません。
でもその分しっかり誘導してくれるので、催眠に入れれば快感や絶頂感は普通に得られます。

30分くらいの作品で色々やっても中途半端になるだけですから
内容を尖らせてそれをきちんと行う割り切った作りになってます。
リラックス重視のコンパクトな催眠
催眠は2パート9分間。
座った状態で目を瞑り、まずは2人の声を聞きながらゆっくり深呼吸します。
さらに少し経つと深呼吸を継続したまま全身をパーツごとに脱力します。
この内容なら別に寝て聴いても大丈夫だと思います。

バニー「鼻から吸って お腹を膨らませるように すーっと吸う 口から息を吐いて お腹をへこませるように ふーっと吐く」
ウサミ「すーーー はーーーー」
そして彼女たちは早速双子の持ち味を活かしてリードします。
深呼吸の合図はバニーちゃんが担当し、ウサミちゃんは呼吸音を漏らしてリズムを取ります。
バニーちゃんの落ち着いた声や、間を取りながらゆっくりしゃべるところも心地いいです。
脱力は腕、肩、お腹、足、顔などを意識させて「力が抜ける」とそれぞれに暗示を入れます。

これらを約7分でこなすため、被暗示性が低い人にはやや厳しい気もしますが
双子のおかげで実時間以上の癒しが得られて心地いいです。
私が聴いた時も意識のぼやけをそれなりに感じました。

続く「03このお店は全て「××」「××××」!」はメインの暗示を入れるパート。
文字が伏せてあるのでさすがに書けませんけど
ここも双子ならではのアプローチをかけてきます。
バニーのお店らしいサービスも登場するなどテーマ性を持たせた内容になってます。

心身をリラックスさせてから暗示を入れる要所を押さえた催眠です。
聴き手の体を普段よりも敏感にすることを目的に
深呼吸から入って深呼吸+分割弛緩法、そして暗示とほぼ一直線に進めます。

通常だと9分間でこれらをこなすのは相当にきついです。
でも2人いれば時間に対する声や言葉の密度が高くなります。
繰り返し聴くことも想定してここまで切り詰めたのかなと。
有料作品の1本目として見るぶんには上手くまとめてると思います。
イメージと暗示でじっくり追い込むエッチ
エッチシーンは2パート13分間。
プレイは吐息を吹きかける、感度上昇、言葉による絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

バニー「ほら ふーーー ぞくぞくとした気持ちよさが あなたの耳を通り」
ウサミ「あなたの中に入っていく」
催眠を使って主人公の感度を上げたバニーちゃんとウサミちゃんは
左右同時に息を吹きかけたり、さらなる暗示を入れてそれを強化します。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の「04バニーのお耳でふーふーぞくぞく(約3分)」は絶頂に向けた準備。
耳元至近距離から気持ちよくなる暗示を入れて耳と心をぞくぞくさせます。

そしてここでは露骨なエロ要素を使えないハンデをイメージと暗示で補います。
「ぞくぞく」「ざぶー」といった擬声語を多めに盛り込み
さらに快感を波に例えて徐々に押し上げていく形でドライへ持っていきます。

淫語と言えるのは絶頂時の「イケ」だけなので性差を感じる描写は特にありません。
波のイメージなら多くの人ができるでしょうから取り組みやすいと言えます。

小さい波が ぞくぞく ぞくぞく ぞくぞく ぞくぞく たくさんたくさんやってくる
次の「05気持ちいい波にゆらゆらぞくぞく(約10分)」はお待ちかねの絶頂シーン。
これまでと違いひとつのセリフを2人が分担してリズミカルに語り掛けたり
「揺さぶられる」「溺れていく」など波に漂ってる雰囲気が出る言葉を選んで快感を高めます。
具体的にどこが気持ちよくなるかは言わないので、人によって違う部位が反応しそうです。
私の場合は脳よりも股間がムズムズしたりこみ上げてきました。

ちなみに絶頂シーンは2回連続で行います。
カウントは数えず言葉に合わせて迎えるシンプルなやつです。
焦らし、寸止め、言葉責めといった意地悪な要素はないので完全にノーマル向けです。

このように、イメージと暗示を組み合わせて快感を操作する催眠色の強いエッチが繰り広げられてます。
穏やかな双子作品
テーマ性を出しつつ手堅くまとめた安定感のある作品です。

バニーちゃんとウサミちゃんはワンナイトバニーを訪れた主人公に楽しんでもらおうと
左右に陣取り密着しながらまずは癒し重視の催眠でサクッと落とします。
そしてエッチは気持ちよくなる暗示、波のイメージ、擬声語を駆使して絶頂感を少しずつ押し上げます。

バニーガールのお店で2人の女性がエッチな催眠をかけるシチュ
催眠、エッチいずれも連携を取って進める双子形式
純粋なエロ要素を一切使わずに気持ちよくする催眠音声ならではのエッチ。
短いながらも明確な個性が出るように作品を組み立ててます。

中でも催眠は双子によって誘導時間を切り詰めたり
暗示を駆使して快感の波に飲まれる感覚を与えるといった重要な役割を果たします。
作者さんが女性だとエロエロなプレイをしても男性と感性がズレてしまうことがありますし
それならいっそこういうバリバリ催眠なやつにしたほうが安定すると思います。

サークルさんが双子作品を作るのは確かこれが初めてのはずです。
なので今後も経験を積んでいけばより良いものが生まれると見てます。

絶頂シーンは2回。
淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声いずれもありません。

CV:麓さん
総時間 初回用…33:09 2回目以降用…28:35 おまけ…1:17

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります