サークル「F・A・S」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、敵国に所属する妖艶なスパイが
売れっ子の催眠音声サークル運営者をエッチな催眠で従順な奴隷にします。

技術と復唱を駆使して聴き手が自分で自分を洗脳するスタイルが特徴で
ほぼ全編で状況に合った音楽を流しながら、彼女が指示したセリフを言ったりある行為をして
悪いお姉さんに弄ばれて破滅する快感をたっぷり味わわせます。

総時間が214分もあるので前編(01~04)、後編(05~08)の2回に分けてお送りします。
声優の正体は敵国のスパイ
スパイに催眠をかけられドライ絶頂したりオナニーするお話。

「これから話すのは とある男性が異国の女スパイに操られ 彼女の計画に加担させられるお話です」
スパイは上品で穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
物語のあらすじや登場人物たちの背景をわかりやすく語ります。

本作品はヒプノトランス連邦という架空の国に所属する彼女が
敵対国へ声優として潜入し、サークル活動をしてる男性をエッチな手段で手懐けます。
今回紹介する前編(約119分)はリラックス、催眠誘導、ドライ絶頂といったサービスを行い
後編(約95分)は射精管理やオナサポなど前編とはまったく違うプレイで気持ちよくします。

スパイの快楽尋問催眠」「スパイの快楽セミナー催眠」 と同じキャラが登場しますが
物語は完全に独立してるので未視聴でも大丈夫です。

「復唱すればするほど スパイである私のことが好きになる」
テーマは「自分で自分を洗脳調教してしまう射精管理」
通常の催眠音声よりも聴き手が復唱するシーンを多く用意し
自分で自分に暗示を入れるスタイルにして彼女の言いなりになる快感を強化します。
また前編の最後にあるギミックを用意してそれをするほど奴隷化が促進するよう働きかけます。

このシリーズは国家機密を漏らす快感や、会社ごと敵国に寝返る快感など
大事なものを失うことで背徳的な気持ちよさを与えることを目標にしてます。
本作品も同じ要素を持ってますから主にエッチシーンでゾクゾクするでしょう。
痛みや苦しみを与える描写もないですし、Mな人なら割と誰でも聴けるようになってます。

ほぼ全編で状況に合った音楽を流すのもF・A・Sさんの大きな特徴です。
催眠パートは癒し系、エッチはやや不穏な曲調とシーンによって内容を変えて
リラックスや没入感を与える重要な役割を果たします。
音声の冒頭で行う運動にも様々な音が登場して耳を楽しませてくれます。
リラックス重視の入念な催眠
催眠は2パート56分間。
最初の「02.深く音を感じるためのレクリエーション(約19分)」は横になって目を瞑り
お姉さん(スパイとは別の人物)の声や彼女が指定した音に意識を向けます。

「さぁ まずは 水滴が落ちる音だけに意識を向けてください」
水滴、メトロノーム、鳥の声など多くの人が癒しを感じる音を同時に流し
その中のひとつに意識を向けて集中力を高めます。
これはマインドフルネス瞑想と呼ばれるもので、サークルさんの過去作にも導入されてます。
このパートだけでも結構癒されますから空いた時間に聴くといい気分転換になるでしょう。
1回目の視聴だけは必須で2回目以降は飛ばすこともできます。

本格的な催眠が始まるのはその後から。
7分程度をかけて物語に関する諸々を説明し
それから声優に扮したスパイがスタジオ内で自作の催眠音声を演技してみせます。

「(左)とにかく 声を出すことを我慢すればするほど (右)頭の中で声が発散できずにどんどん大きくなって (中央)それが自分を縛る暗示になっちゃうってこと あるよね」
そしてここからは彼女の声が左右中央へ小まめに移動します。
脳を軽く揺さぶられてる感覚がして心地よさを感じるでしょう。
またこの時点から自分で自分を洗脳調教する準備も始まります。
深呼吸した後にまずは顎の脱力をして声を出しにくい状況を作ります。

本当に声を出せなくなるかは人それぞれでしょうけど
割と小まめに働きかけてくるので出しにくく感じる人は多いと思います。
喘ぎ声を漏らせなくなれば快感を外へ発散しにくくなりますし
破滅的なドライ絶頂へ向けて一歩ずつ着実に誘導します。

「つま先から力が抜けると かかとの力も抜けてくる すると だんだんと 足首からも力が抜けてくるよね」
もちろん顎以外も入念に脱力します。
つま先、かかと、足首と全身を下から上へ流す感じで行い
そのひとつひとつで「力が抜ける」「気持ちいい」と暗示を多めに入れて感覚を上手に伝えます。
この後のシーンも含めて、催眠はシーンごとにキーワードを定めてそれを厚めに言ってました。

普段のサークルさんよりも暗示の表現がストレートに感じましたが
彼女が催眠音声の台本を書くのは今回が初めてなので、それに合わせたのかもしれません。
最初にやったマインドフルネス瞑想や音楽と合わさってかなりの脱力感が得られます。

「心が 脳が 私の色に染まって 認識すべてを私に塗り替えられて 〇〇」
そして終盤は催眠状態をさらに深めながら
彼の頭の中を空っぽにして彼女の従順な奴隷にします。
ここもふたつのキーワードを定め、片方は自己暗示を入れて催眠が深まる
もう片方は催眠が浅くなっても再び深くなると別の効果を持たせます。
前者は声とは別にバックで流れ続けたりと、できるだけ深いところまで入れるようしっかりリードします。

このへんまでくると体の脱力や意識のぼやけがかなり強くなってて心地いいです。
催眠で頭の中を空っぽにしてから彼女の暗示を入れ続ける展開もテーマに合致してます。

しっかりリラックスしてから重要な暗示を入れる親切丁寧な催眠です。
聴き手をスパイに逆らえない状況にすることを目的に
マインドフルネス瞑想から入って深呼吸、顎から始まる分割弛緩法
キーワードを交えた深化、そして暗示とひとつずつ着実に行使します。

時間が十分ある、音楽が流れ続ける、リラックスに力を入れてるなど
初心者から上級者まで誰でも楽しめる構造になってます。
私が聴いた時もレビューを書く必要がなかったらそのまま寝たくなるほど癒されました。
テーマの自己洗脳を見据えたアプローチもかけてて高い品質を持ってます。
我慢してから一気に発散
前編のエッチシーンは42分間。
プレイは感度上昇、恥ずかしいセリフの復唱、カウントによる絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「さぁ 私の催眠奴隷くん 君は私の声に逆らえない」
催眠を使って主人公を自分の言いなりにしたスパイは
彼の恥ずかしい性癖を暴露させながら気持ちいい絶頂へと追い込みます。

エッチは服を脱いだり体を触れ合わず言葉だけでドライさせます。
最初の14分間は性感を上昇させてイキやすくするシーン。
これまでよりもやや嗜虐的な声と態度でおちんちんや前立腺が気持ちよくなる暗示を入れます。

「我慢を意識すればするほど さらに快感は増幅しちゃうよね」
そしてここでも彼が声を出せない状況を有効活用します。
声を出すことを我慢させて快感を発散しにくい環境を作り
そのまま暗示を入れ続けて絶頂の瞬間に一気に放出できるようにします。

エッチに入ると左右の彼女が同じセリフを同時に言うようになるので
音声を聴くと彼女の声が頭の中で軽く反響してるように感じるでしょう。
音楽も催眠パートから随分変わりますし、雰囲気作りにも力を入れてます。

続く28分間はお待ちかねの絶頂シーン。
これまでずっと封印してきた声を出すタイプの復唱をようやく解禁し
1セットごとに違うことを言わせながら長めのカウントを数えて絶頂するのを繰り返します。

「言葉が溢れるほど 前立腺にまた痺れが押し寄せて 頭にはピリピリと甘い痺れが行き渡る」
どれも彼女が指定したセリフを繰り返し言う形になっており
心の中に溜まったものを吐き出す快感と純粋な快感の両方を味わえます。
1カウントごとに長めの暗示を入れながらゆっくり進めますから
股間を中心にビクビク、ジンジンした快感が徐々に強くなるのを感じます。

ここは実際に声を出すかどうかでイキやすさが随分変わるので
是非とも声を出せる環境で聴いてみてください。
恥ずかしさ、背徳感、爽快感など心の快感も複数同時に襲ってきました。

前編部分をまとめると、催眠がしっかりしてるしエッチもテーマ性が強くてかなり気持ちよくなれます。
声を出す、出さないという催眠音声ではあまり着目されない要素に光を当て
それと敵国のスパイに篭絡される背徳感や、自分の性癖を曝け出す快感を組み合わせて追い込みます。
誘導も無理矢理感がまったくなく、Mな人が喜びそうな餌を与えて手懐けます。

ここで一旦区切れるようになってますから後編部分と分けて聴くのがいいでしょう。
04パートの最後に催眠を解除するシーンがあります。
サークルさんも1日~数日後にこの先を聴くことを推奨されてます。

前編の絶頂シーンは3回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

後編へ続く…。
スパイの人類催眠奴隷化工作(後編)

CV:野上菜月さん
総時間 3:34:30


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月13日まで20%OFFの1232円で販売されてます。