サークル「あるみかん」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまな2人の女の子が
左右に寄り添い密着しながら催眠をかけたりセルフ系のエッチをします。

催眠は2人が別々の技法を同時に使って徐々に深める
エッチは耳舐めや吐息責めをしながら気持ちよくなる暗示を小まめに入れて射精へ導く、といった具合に
双子形式の長所を活かした密度の高いサービスが味わえます。
催眠にかなり力を入れてるので、脳がとろけるような心地よさを強めに実感できるでしょう。
双子催眠で両耳を幸せに
女の子たちに催眠をかけられオナニーするお話。

「こんばんは お久しぶり、かな それとも初めましてかな?」
女の子はややトーンの違うどちらも可愛い声の女の子。
主人公に挨拶し、どっちのほうが気持ちいいか決めてもらうことを告げると
その前に彼を深い深い催眠状態に導きます。

本作品は2019年に公開された「女の子の催眠勝負 -どっちの催眠が気持ちいい?-」の続編。
主人公と親しい関係にある彼女たちが、およそ40分間の催眠とエッチで心と体をとろとろにします。
催眠19分、エッチ21分と両者のバランスをほぼ同じにしたうえで
どちらも甘さや幸福感をゆっくりじっくり膨らませて幸せな射精をプレゼントします。

登場人物が一緒なだけでストーリーの繋がりは特にありません。
前作は無料ですから先にあちらを聴いて、気に入ったらこちらに手を出すのも良いでしょう。
あちらも時間が36分と短くて気軽に聴けます。

左「とっても気持ちよくしてあげるから 楽しみにしていてね」
右「とっても深い催眠状態で 気持ちよくしてあげるから 私たちの声を受け入れてね」
最大の魅力は双子形式。
左右で交互に語り掛けたり、別のことを同時にやってスムーズに催眠状態を深めます。
前作では正反対のアプローチをかけて軽く混乱を誘う感じに進めてましたが
今作は同じ目的に向けて別の道を歩む流れで進めます。

作中で2人が同時にしゃべるシーンがそれなりにありますから
無理に両方聴こうとせず、とりあえずどちらか片方に集中してみるといいでしょう。
どちらを選んでもちゃんと催眠に入れるようになってます。
催眠慣れしてる人は両方を聞き流すようにするとサクッと落ちられるかもしれません。

元々催眠に定評のあるサークルさんなだけあって
催眠、エッチいずれも技術がしっかりしてて心地いい感覚にどっぷり浸れます。
意識のぼやけ、脳がとろとろに溶ける快感、そして幸福感と癒しを与えるものばかり。
2人の可愛い声も相まって甘い空気が終始漂ってます。

エッチについては「溜め込んだ快感を一回の射精で出し切る」を目標に掲げてる関係で
ドライではなくセルフからの射精を目指す形になってます。
オナニーそのものの制御は開始と射精のタイミングを指示する程度に留め
彼女たちは気持ちよくなる暗示を入れたり両耳を舐めて応援します。

「(左)私の声が気持ちいい (右)私の声のほうが気持ちよくなるよ? (左)私の言葉が気持ちいい (右)私の言葉のほうが気持ちよくなるよ?」
またタイトルに合わせて左右のどっちが気持ちいいか確かめるセリフを投げかけます。
別に喧嘩してるわけじゃありませんから自分の魅力をアピールする程度です。
このシステムをオナニーに活用したりと、2人いる状況を最大限に使って快感を押し上げてくれます。
女の子に取り合いされるのは男にとって嬉しいことですから、これも癒しの要素と言えるでしょう。

2人が別の手段を使ってリラックスや深化を促す催眠と
どっちの耳が気持ちいいか確かめながらオナニーするエッチ。
催眠初心者から上級者まで誰でも楽しめるようにしたノーマル向けのあまあまな作品です。
連携の取れた高度な催眠
催眠はおよそ19分間。
横になって目を瞑り、まずは女の子たちの声に耳を傾けます。

右「催眠状態に入っている人のことを想像してみて? イメージしてみて? あるいは催眠状態の感覚を思い出してみて?」
左「呼吸に意識を向けて? 全身に意識を向けていると 私たちの声の心地よさからは 意識が離れていたかもしれない それでいいの」
冒頭で彼女たちの声に気持ちよさを感じる暗示を入れるところは共通ですが
その後からは2人が別の行動を取るようになります。
右は自分が催眠に入った時の記憶や感覚を呼び起こすアプローチ
左は深呼吸の合図を出しながらリラックスする暗示をストレートに入れます。

このシーンに限って言えば初心者は左に集中したほうが入りやすいです。
逆に慣れてる人は右のほうが意識のぼやけや心地よさが実感しやすくなります。
リラックスの段階から初心者と経験者両方に対応してるのが素晴らしいです。

右「体からすーっと力が抜ける 力が抜ける もっと抜ける ずーんと抜ける」
ある程度リラックスできた後は体の力も抜いていきます。
ここも2人が役割分担しながら「力が抜ける」を多めに言ってました。
本作品のエッチはセルフなので腕を入念に脱力するとかはやりません。
全身を軽めに流してより深い催眠状態に入りやすくします。

後半の10分間は深化やエッチの準備に取り掛かります。
カウントを交えて「ぼーっとする」「落ちる」といった深化を匂わせるセリフを投げかけ
さらに意識がとろける暗示や頭の中が気持ちよくなる暗示を入れて
この後から始まる耳舐めを存分に楽しめる環境を作ります。

右「ほら ずーん ふかーい世界に 滑り落ちていく とーっても とーっても気持ちいい 幸せ」
左「落ちる 落ちる 落ちる 落ちる 落ちる 落ちる 落ちる 落ちる」
左右でやることはそこまで大きく変えてませんけど
セリフの言い回しや方向性に明らかな違いが見られます。
セリフを重ねるタイミングにも気を配ってあって心地よさがさらに強くなるのを感じました。
双子形式は時間あたりの暗示量が多くなるので、同じ時間でも1人の時より深いところまで入れます。

しっかり催眠をかけてからエッチで役立つ暗示も入れる丁寧で手堅い催眠です。
女の子たちの声や言葉に心地よさを感じさせることを目的に
異なるアプローチによるリラックスから入って協力する脱力
別の暗示を同時に入れる深化、そして言い回しを変えた感度強化の暗示と
基本部分は割とシンプルにして双子催眠の長所が出るように組み立ててます。

声が聞こえない時間がかなり少ないおかげで声に包まれてるような感覚が味わえました。
催眠開始から5分後にはもう意識のぼやけを実感できましたし
この内容なら催眠音声を聴き始めた人でも楽しめるんじゃないかと思います。
運動とかはしないので本当に聴いてるだけで入れるお手軽設計です。
頭の快感を股間に移して
エッチシーンは21分間。
プレイは耳キス、両手でおちんちんを挟む、耳舐め、オナニー、吐息責めです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

左「息を吹きかけるだけで あんなに気持ちよかったのに 耳にキス されちゃったらどんなに気持ちいいんだろう?」
催眠を使って主人公をとろとろふにゃふにゃにした女の子たちは
耳に吐息を吐きかけたり直接舐めてその感覚をさらに強化します。

エッチは終始彼女たちがリードします。
最初の6分間はオナニーに向けて気持ちを高めるシーン。
左右同時に耳キスや吐息責めをしながら引き続き暗示を入れて盛り上げます。

左「耳を舐められるたび お兄さんの意識は とろとろと溶けていく 気持ちいい」
同人音声との違いを出すためにストレートな淫語はあまり言わないようにしたうえで
体の快感と催眠の感覚が両方高まるように働きかけます。
エッチ開始後も深化を見据えたアプローチをかけてくるのは初心者を意識してて良いなと。
2人いれば耳キスしながら暗示も入れられるのでバランスの良い責め方ができます。

オナニーが加わるのはその後から。
おちんちんを左右の手のひらで挟む体勢になり、そのまま好きなペースでしごいて射精の合図を待ちます。

右「右耳が気持ちいいって感じたら 右耳の快感を右手で逃がすように右手が動いちゃう」
わざわざこの握り方にしたのは彼を取り合う構図を成立させるためでしょう。
このへんから左右で別の効果がある暗示を入れて、自分のほうが気持ちよくできることをアピールします。
左右で動きが変わるかどうかは人それぞれですけど
単におちんちんを握ってしごくよりも面白いプレイになってるのは事実です。
耳キスから耳舐めに変えて純粋なエロさもパワーアップします。

最後の射精シーンが長めに取られてるのもポイント。
精液を全部搾り出せるように最中も彼女たちが応援してくれます。
オナニーの時間が15分くらいあるので出すのはそんなに難しくありません。
催眠特有の心地よさや幸福感も強烈に味わえて余韻が普段よりも長くなってました。

このように、耳から生まれた快感をおちんちんに伝播させて放出する催眠色が強めのエッチが繰り広げられてます。
甘さの強い双子作品
双子催眠の要所を押さえてやりやすさにも気を配ってる親切丁寧な作品です。

女の子たちは主人公にどっちのほうが気持ちいいか決めてもらおうと
まずはそれぞれで違うアプローチをかける濃厚な催眠で深いところまで導きます。
そしてエッチは吐息や口で耳を集中攻撃しながらオナニーさせて充実した射精を味わわせます。

可愛くてご奉仕上手な女の子が左右に密着しながらエッチな催眠をかける甘いシチュ
2人が同じ目的に向かって別々のことを同時にする双子ならではの催眠
耳舐めやオナニーをやりながらどっちのほうが気持ちいいか尋ねてくるタイトル通りのエッチ。
両手に花の状況を味わいながら抜けるように優しく優しくリードします。

中でも催眠はサークルさんの実力がきちんと発揮されてて素晴らしいです。
本家の双子よりもしゃべるペースを落とす代わりにセリフを重ねるシーンを増やし
さらに2人が別のことをする展開にして競ってる感じを出します。
エッチもオナニー開始後に同様の描写が出てくるのでテーマ性があると思います。

あとは暗示の量を多めに設定してるおかげで催眠の感覚をがっつり味わえます。
たぶんこれだけでもかなりの癒しやリフレッシュが得られるでしょう。
幸福感に包まれながら射精すれば当然気持ちよくなれますし
1回の射精をより良いものにするサークルさんの意志が色濃く込められてます。
総時間が43分なら休日のちょっと暇な時に聴けますから使い勝手も良いです。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音それなり、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

おまけは2回目以降用のバージョンです。

CV:みもりあいのさん
総時間 本編…43:42 おまけ…43:08

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります