サークル「モヨホシバコ」さんの催眠音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、穏やかでSっ気もあるお姉さんが
お店を初めて利用する男性に催眠を交えた気持ちいいサービスをします。

催眠をしっかりかけてからちゅぱ音重視のエッチをする手堅い作りが魅力で
催眠は総時間のおよそ半分を使ってリラックスと深化をゆっくり行い
エッチは感度が上がったり気持ちよくなる暗示を小まめに入れながら
耳→おちんちんの順に時間いっぱい舐めしゃぶってドライオーガズムに導きます。

全編を通じて暗示を厚めに入れてくれるおかげで
催眠特有の心地よさや暗示でイかされる不思議な感覚を味わいやすくなってます。
お姉さんがする気持ちいい施術
トリップサロン1号店でリサがエッチな催眠をかけるお話。

「あら いらっしゃいませ 本日ご予約していた方ですね?」
リサは上品で穏やかな声のお姉さん。
予約を取って来店した主人公を嬉しそうに迎えると
サービスの内容やリラックス成分を配合した飲み物に関するお話をします。

本作品は催眠の世界にどっぷり浸かって心身を癒すことを目的に
彼女がおよそ60分に渡って催眠をかけたりドライ系のエッチをします。
催眠30分、エッチ18分と前者に寄せた作りになっており
時間が十分ある状況を活かしてゆっくりじっくり進めます。

新規サークルさんの催眠音声を聴く場合、ちゃんと催眠に入れるかを気にする人は多いと思います。
催眠音声とは名ばかりの作品を出してるサークルさんが未だにいますからね。
その点に関して本作品は結構しっかりしてると言えます。
詳細は後で説明しますが全編を通じてリードが丁寧ですし
技術の使い方や暗示の入れ方、表現方法についても十分なレベルを持ってます。

エッチについても催眠を重視した内容になってますから
エロよりも催眠そのものを楽しみたい人のほうが向いてると思います。
私が聴いた時も体が重くなる感覚、全身が軽く落下する感覚、肌がピリピリする感覚など
他の催眠音声で味わったことがある感覚をいくつも体験できました。
新規さんの処女作でここまではっきり味わえるケースは割と珍しいです。

もうひとつ、本作品はより多くの人に聴いてもらいたいからか価格がたったの110円です。
値段以上の価値が絶対にあるので興味を持った方は是非気軽に聴いてみてください。
ふたつの手段で落とす催眠
催眠はおよそ30分間。
仰向けに横になって目を閉じ、まずはリサの言葉を聞きながら深呼吸と脱力をします。

「息を吸ってー 体全体に 新鮮なエネルギーが いき渡っていく」
「太ももから力が抜けると 腰のほうからも力が抜けていく どんどん力が抜ける 抜けていく」

深呼吸は吸う時、吐く時両方で癒しを感じる暗示を入れる
脱力は足→足首→太ももと全身を下から上へ流す感じに進め
そのひとつひとつに「力が抜ける」と小まめに言って感覚を徐々に伝えます。
深呼吸は呼吸のリズムがやや遅いので、息苦しく感じたら自分のペースでやりましょう。

癒しがテーマのお店なだけあってここだけにおよそ12分かけてます。
脱力は一通り終わったら全身をおさらいし、さらに頭の脱力へ進んで催眠状態を深めます。
カウントを数えながら「深く」「落ちる」を適度に言う堅実なリードがされており
このシーンだけでも心身両面が癒されるのを感じます。

深呼吸や脱力は催眠音声だと定番中の定番にあたる技法ですが
作者さんの実力によって品質が大きく上下します。
モヨホシバコさんの場合は基本に忠実と言いますか
暗示を入れる量、タイミング、表現方法にこだわってました。
処女作でここを卒なくこなせるサークルさんはあまりいないので私は「凄いな」って思います。

演技もシーンによってしゃべる速度、間、声の強弱がきちんと変わります。
サークルさんの演技指導か、それとも声優さんのアドリブなのかは判断できかねますけど
催眠をかけるにあたって気を配ったほうがいい要素なのは確かです。

ある程度リラックスできた後は催眠状態をさらに深めます。
このお店が独自に制作したドリンクを彼女に飲ませてもらい
さらにカウントを何度も数えながら追い込み暗示を入れて徐々に落ちていきます。

「だんだんと ハチミツとレモンの酸味のある香りも広がっていき 頭の中が少し ふわーっとしていく」
ドリンクを飲むシーンは色、味、匂いをわかりやすく伝えるのに加えて
バックでぱちぱちと泡の弾ける音を鳴らして雰囲気を作ります。
五感全体に満遍なく働きかけて臨場感を出してるように見て取れました。
深化に関連する暗示も入れてきますし、作品固有の要素を使って落とす面白い手法です。

またここからはカウントを数える頻度が一気に増えます。
ただ数えるのではなく1カウント毎に軽めの暗示を入れたり
0に合わせて畳みかけるように追い込む丁寧なリードが光ります。
十分リラックスした後で深化へ進むおかげで全身が落下する感覚が味わえました。
終盤には彼女が口移しでドリンクを飲ませるちょっぴりエッチな描写も出てきます。

前半はリラックス、後半は深化を重点的に行う安定した催眠です。
聴き手の心と体をとろとろにすることを目的に、深呼吸から入って分割弛緩法
ドリンクのイメージとカウントを交えた深化とひとつずつ着実にこなして催眠状態を深めます。

ドリンク以外は王道の技法なので真新しさはそれほどありませんけど
新規の1作目としてこれ以上ない催眠に仕上がってると私は見てます。
珍しいことに挑戦して爆死するよりも「催眠かけられますよ」とアピールしたほうが
サークル活動を今後も続けていくにあたって絶対良いと思うのです。
技術面で疑問を感じるところもないですし、現時点におけるサークルさんの実力がきちんと発揮されてます。
言葉と音でゾクゾクさせるエッチ
エッチシーンは18分間。
プレイは吐息をかける、耳舐め、カウントによる絶頂、フェラ、乳首責めです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「では 私が合図してあげますから そんなエッチで敏感な状態を 感じやすくしてあげます」
催眠を使って主人公を心地いい感覚で包み込んだリサは
引き続き技術を駆使して今度は体の感度を上げていきます。

エッチはお店のサービスなので終始彼女が責めます。
最初の12分間は耳舐めだけでイかせる変わったプレイ。
カウントを数えて敏感になる暗示を入れてから片方→両方の順に舐めます。

「ぬめぬめとした いやらしい舌の感触が 耳の内側を優しく撫でていき さらに高ぶっていく」
エッチに入っても催眠重視の傾向は変わりません。
カウントの前後最中に状況に合ったセリフを組み込み確実に追い込みます。
そしてリードと耳舐め両方を無理なくこなせるように
セリフとちゅぱ音を同時に流すスタイルを取ります。

セリフが聞きやすくなるようにちゅぱ音の音量をやや下げてありました。
こりこりしたちゅぱ音がゆっくり鳴り続けて催眠とは別の心地よさを与えてくれます。
両耳舐めの時は最大3人に増えますし、催眠と耳舐めの両方を楽しめるように進めてくれます。
ちゅぱ音に暗示を込めることはないので音モノとは違うと見てます。

残りの6分間はおちんちんにターゲットを移します。
ズボンを脱がせてカウパーを舌で舐め取り、さらに乳首責めも加えて気持ちよく絶頂させます。

やり方は耳舐めとほぼ一緒ですが、彼女がちょっぴりSっ気を見せて弄ばれてる雰囲気を出してました。
言葉責めとかはやりませんからほぼノーマル向けの内容です。
終盤の絶頂シーンも射精の描写を避けておりドライを見据えてるのだと思います。
ちゅぱ音がこれだけ鳴るならセルフへ持っていくのも良かったかもしれません。
私が聴いた時は耳舐めのほうが気持ち良かったです。

このように、暗示とちゅぱ音を組み合わせて優しく追い込む催眠色の強いエッチが繰り広げられてます。
催眠重視の穏やかな作品
催眠と癒しをテーマに掲げてそれぞれを手堅く行う安定感のある作品です。

リサはお店を初めて利用する主人公を心の芯から癒そうと
総時間のおよそ半分を使ってリラックスと深化を応援します。
そしてエッチは耳舐め→フェラと口を使うプレイを中心に据え
ちゅぱ音と一緒に気持ちよくなる暗示を入れたりカウントを数えてスムーズにイかせます。

穏やかでちょっぴりSなところもあるお姉さんが男性客をもてなすノーマル向けのシチュ
古典催眠の技術とドリンクのイメージを組み合わせた癒しのパワーが強い催眠
セリフとちゅぱ音を同時に鳴らしてエロさを出しつつ技術で追い込むバランスの良いエッチ。
処女作の時点で十分な品質を持つ作品に仕上がってます。

中でも催眠は新規さんだと軽視する傾向があるのでこの内容は意外でした。
時間を長めに取って前半と後半でやることを切り替えるし
細かな部分にも気を配ってあってサークルさんの努力やこだわりが窺えます。

エッチも催眠をかけた状況を活かしたプレイをやっており
今後も経験を積めばかなり良い作品が生まれるんじゃないかと期待してます。

唯一気になったのはカウントに頼り過ぎてるところです。
催眠の後半からエッチ終了まで多用してるおかげで流れがやや単調になってます。
このへんは制作を続けていくうちに解消されるんじゃないかなと。

絶頂シーンは2回。
ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:琴音有波さん
総時間 55:40

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
55分で110円とコスパが良いので+1してあります。