サークル「HORNET」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、保健室の先生をしながら若い男たちを漁ってるサキュバスが
偶然訪れた男子生徒を色んなプレイで搾精します。

タイトル通り耳舐めの質と量にこだわってるのが特徴で
耳の外側、内側、穴の入り口と責める部位を複数用意し
後になるほど深く濃くする流れ個性的かつリアルなちゅぱ音をたっぷり鳴らします。
70分くらいほぼノンストップで耳舐めするパートもありますから好きな人ほど満足できるでしょう。
濃厚な耳舐めで童貞をとろとろに
保健室の先生をしてるサキュバスが童貞男子を何度も射精させるお話。

「あら、どうしたのかな? ふらふらしてるね どこか具合でも悪い?」
サキュバスは明るくて穏やかな声のお姉さん。
体調不良で保健室にやって来た主人公を心配そうに問診すると
とりあえず熱を測ってどこに原因があるか確かめます。

本作品は「耳舐めサキュバス」「耳舐めサキュバス2」に続く人気シリーズ第3弾。
人間社会に溶け込んで数多くの男たちから精液を搾り取ってる彼女が
そのことをまったく知らずにやって来た彼をおよそ200分に渡って弄びます。
コンセプトが一緒なだけで物語は別ですから過去作未視聴でもまったく問題ありません。
このシリーズは今のところ作品ごとに声優さんが交代してます。

「先生も スカート 皺になっちゃうから脱いじゃった」
彼女はサキュバスの中では割と善良な性格をしており
体温を確認して問題がなくてもお茶菓子を出したりベッドに寝かせて甘やかします。
そして彼の看病をする名目で同じ布団へ潜り込み
その際にもっともらしい理由でスカートだけ脱いで反応を見ます。

序盤はおねショタ感のある優しいリードをしますから悪女な印象はまったくしません。
エッチも童貞な彼が受け入れやすく感じるよう一歩ずつ前進する形で進めます。

しかしそんな中で耳舐めだけはサキュバスらしさが強く出てます。
エッチシーンの約8割にあたる138分も用意し、後になるほど濃いちゅぱ音を鳴らします。
具体的には最初は耳の外側と内側を重点的に責めてたのが
中盤に差し掛かると内側と穴の入り口にターゲットが変わります。
そして終盤は彼女が2人に増えて左右同時に外側から穴の入り口までを満遍なくしゃぶります。

耳舐め作品を数多く制作されてるサークルさんなだけあって
長時間の耳舐め作品にありがちなマンネリ感を和らげる工夫が色々されてます。
途中に耳舐めを一切せずフェラに専念するパートを挟んでるのが良い例です。

音についても独自色の強いものになってます。
外側はちゅぱちゅぱするスタンダードな音ですが
内側を責める時はジョリジョリと多少ざらつきのある水音をよく鳴らします。
そして耳の穴は舌先を差し込んで軽い圧迫感と閉塞感を与えます。

同じパートでも5分程度の間隔で外側や内側を切り替えてきますし
似たような音を延々垂れ流す耳舐め作品との差別化ができてます。
耳舐め中はセリフを一切挟まなかったり、中断してしゃべる時は囁き声にするなど
リアルなちゅぱ音を集中して楽しめるように制作されてます。
質量共に優れた耳舐め
エッチシーンは6パート176分間。
プレイはおちんちんの愛撫、オナニー、耳舐め、先生の股間を愛撫する、パンツコキ、上半身舐め、フェラ、SEX(騎乗位)、〇〇です。
パンツコキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「はーい 触診しまーす」
主人公が寝てるベッドに潜り込んだサキュバスは
彼の体が妙に熱いので股間に手を伸ばし異常がないか確認します。

エッチはごく一部を除き彼女が責め続けます。
最初の2パート51分間は先生のままお世話するシーン。
「[02]耳舐めオナサポ(約28分)」は自由にオナニーさせながら耳舐めで応援し
「[03]耳舐めパンツコキ(約23分)」は脱ぎたてのパンツでしごきながら耳も舐めます。

「そこばっかり触ってていいの? もっと下のほうも 触っていいんだよ?」
ここでの彼女はまだサキュバスとしての本性を現わしません。
優しい言葉をかけて初めての体験に戸惑う彼をリラックスさせたり
02パートの後半からはパンツ越しですがおまんこをいじらせて女の体を教えます。
射精の直前はクリトリスをいじられて気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らすなど
童貞の少年が興味を持つことを積極的にやって心をガッチリ掴みます。

魔法で動きを封じて強引に犯すとかはやらないので雰囲気はとても穏やかです。
彼を完全にモノ扱いせず、一緒に楽しむ姿勢でエッチするところに優しさを感じました。
耳舐めも外側半分、内側半分くらいの割合で本作品の中ではソフトな部類です。

「SEXしようね 先生のおまんことSEX 君のおちんぽで 先生のおまんこを いっぱい犯して?」
03パートもパンツ大好きな彼の嗜好に合わせたご奉仕プレイです。
その場でパンツを脱いでみせてからおまんこを隠してた部分を亀頭に当て
間接的ではありますがSEXしてる雰囲気を作り幸せな射精に導きます。
サキュバスだから当たり前なんですけど男が喜ぶツボをよく心得てます。

そして耳舐めは耳の内側と穴の入り口をメインターゲットにして深さを出します。
彼女が自分の舌をおちんちん、彼の耳をおまんこに例える描写もあったりと
SEXしてるイメージを二重に絡めて興奮をさらに上げようとします。
たぶんこのパートから「普通の耳舐めとは違うぞ」と思い始めるでしょうね。

続く4パート125分は本来の彼女が相手するシーン。
「[04]乳首責め_フェラ(約19分)」は乳首責めとフェラ
「[05]淫語満載耳舐めセックス(約23分)」と「[06]終わらない射精(約13分)」は耳舐めSEX
「[07]Devilish Deep Destruction ⊿ 終わらない快楽(約70分)」は両耳舐めと踏み込んだプレイに変わります。

「ダメだ もう無理 もう入れよう?」
先生の時よりも声が甘く可愛いものに変わったり
遠回しに責めてた先ほどとは違いストレートなおねだりをするなど
セリフ、演技、プレイから彼女が持つ二面性がわかりやすく表現されてます。
性格はややSになる程度ですからどぎつい印象は受けません。

ただし、02と03パートは1回ずつ射精させてたのに対し
05と06パートはいずれも3回とハードさが一気に増します。
ピストンの速度を上下させながら耳舐めを続ける本作品最大の抜き場です。

このへんまで来るとセリフの量が減って音重視に変わります。
ピストン音、ちゅぱ音、彼女の吐息が聞こえるひと時は本当に濃くエロく感じました。
途中から彼に腰を突き上げる指示を出すなど、彼が男として成長できるようにリードします。
「搾精」と呼ぶに相応しいプレイなのですが、無慈悲さが和らげてあって聴きやすいです。

そして07パートは最初から最後まで耳舐めに専念します。
これまで1人だった彼女が2人に増え、左右同時に異なるちゅぱ音を鳴らします。
音のタイプが被らないよう右は外側と内側、左は内側と穴みたいに責める部位を多少ずらしてました。
バックでやや不穏な感じの音楽が流れたりして異世界感が上手く表現されてます。
また終盤には前作「耳舐めサキュバス2」にもあった特殊なプレイが登場します。

ここは本当に耳舐めだけを楽しむ作りになってるので明確な射精表現はありません。
10分くらいの間隔で彼女がイキ声を上げますから
出すとしたらそのタイミングが丁度いいと思います。
セリフは非常に少なく音に包まれてる感覚を長時間に渡って味わえます。

このように、彼女の特徴を出しながら多彩で重厚な耳舐めをするややM向けのエッチが繰り広げられてます。
耳舐め尽くしの作品
好評だった過去2作の特徴を受け継ぎ伸ばした耳舐め特化の作品です。

サキュバスは保健室にやって来た主人公から美味しい精液をいただこうと
まずは年上らしい優しく丁寧なリードで彼の心を解きほぐします。
そして準備が整った後はプレイの内容や射精回数を一気に変えて濃厚なひと時をプレゼントします。

性に貪欲だけど優しいところもあるサキュバスが童貞の男子生徒を弄ぶシチュ
十分な時間を用意し後になるほど深くて濃い耳舐めを繰り出す本シリーズらしいエッチ
序盤は先生、中盤以降はサキュバスの顔を見せてそれぞれに合った責め方をするキャラを活かした展開。
耳舐めをしっかり作り込んだうえでキャラも立つように作品を組み立ててます。

中でも2番目は量が多く、音質が良く、変化に富んでると色んな魅力を持ってます。
作品全体に流れやメリハリを持たせて飽きにくくする工夫もされてますし
人気シリーズだからといって胡坐をかかず
聴き手の期待に応えられるようより高みを目指して制作されてます。


私は今回全パートを一気に聴いてみたのですが
予想してたよりもずっと熱中できて大変満足しました。
単に耳舐めするのではなく、キャラや背景といった他の要素をきちんと絡めてるのが大きいです。
おねショタや筆おろしの要素もありますし、年上好きなら誰でも聴ける作品だと思います。
分けて聴く場合は01~03、04~06、07~08の3回にするとどれも65分程度に収まります。

射精シーンは9回。
ちゅぱ音超大量、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

これだけの質と量で価格がたったの880円とコスパも抜群。
以上を踏まえてサークルさんでは8本目の満点とさせていただきました。

CV:琴音有波さん
総時間 3:24:05

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月26日まで10%OFFの792円で販売されてます。