サークル「VOICE LOVER」さんの同人音声作品(R-15指定)。

今回紹介する作品は、明るくてサービス精神旺盛な小町が
お店を初めて利用するお客を音と会話で癒します。

耳かき、音叉、耳舐めを組み合わせたASMR系のサービスをするのが特徴で
耳かきと音叉は3種類の音を用意して聴き手が自由に選べるようにし
耳舐めは最初は1人、次は2人で耳の穴や奥をゆっくりじっくり責め続けます。
初めての客を別世界へご案内
ささやき庵の小町、萌菜が色んなご奉仕をするお話。

「いらっしゃいませませー ささやき庵へようこそ」
萌菜は甘く穏やかな声の女の子。
主人公の部屋に来てまだ着替え終わってない理由を尋ねると
新人研修があることを思い出し、新人小町の代わりに自分が手伝うことにします。

本作品はささやき庵で最も長く続いてるシリーズの第8弾。
数多くの男性客を癒してきた彼女が、今回初めて利用する彼をおよそ180分に渡ってもてなします。
耳かき、音叉、耳舐めと全編を大きく3つのシーンに分け
それぞれで十分な時間を確保してから音と会話を組み合わせて癒しや眠気を与えます。

「そんなにパンツ見られるのが恥ずかしかったらぁ… 萌菜のパンツを見ちゃいますか?」
彼女は年齢は若いはずですけどささやき庵の中ではもうベテラン。
下着姿になるのが恥ずかしい彼に自分からパンツを見せて和ませます。
通常は新人小町がする着替えも代わりに手伝ってあげたりと
ベテランだからといって驕らず、自分らしさを出しながら様々な気配りをします。

ASMR色の強い作品なので会話量は少なめですが
話す時とそうでない時をある程度分けてキャラ作りもしっかり行います。
8作続いてるだけあって明るく、気さくで、腕が良いと魅力を兼ね備えてる女性です。
また音叉を鳴らすシーンから耳舐め終了までの約70分間は囁き声で話します。

サービスについては主人公がASMR好きなこともあり音を扱うものが充実してます。
耳かきと音叉はどちらも3種類の音が存在し
聴き手がその中からひとつを自由に選ぶことができます。


それぞれに違った良さがあるので聴き比べる楽しさがありますし
最低でも3回は聴ける点でお得感もあります。
耳舐めだけは一本道ですが、時間が60分程度用意されててなかなか濃いです。
サークルさんが得意とされてる耳の内側や奥を集中攻撃してくれます。

萌菜のフレンドリーなキャラとリアルな音を駆使した癒しのサービス。
シリーズの特徴をしっかり受け継ぎ、質量共に強化してる安定感のある作品です。
様々な癒しの音に包まれて
着替えを終えた後から始まる最初のサービスは耳かき(約23分)。
膝枕の状態で耳かき棒と梵天を使い分けて右耳→左耳の順にお掃除します。

「この耳かきの名前はリンドウ 悲しんでるあなたを愛する なんて花言葉があるんですよ」
そしてここでは花の名前がついた3種類の耳かき棒が登場します。
リンドウは「ずずっ」という乾いててやや尖り気のある音
ハナミズキは「ずしゅー」という幅が広くてぱちぱちした音
オミナエシはリンドウとハナミズキの中間あたりの質感を持つ音が鳴ります。

リンドウは皆さんがイメージする耳かき棒をそのまま形にしており
ハナミズキは耳かき棒よりも綿棒に近い柔らかさと広がりのあるもので随分違います。
流れは全部一緒ですから軽く聴いてみて気に入ったものを選ぶと良いでしょう。
奥から手前へ掻き出すような動きをシーンごとに多少変えてあります。

耳かき棒の後に登場する梵天もすごく印象的でした。
面積が広くふわふわした柔らかい音が使われており、音が鳴るたびに軽い圧迫感も伝わってきます。
左右どちらも1分程度で終わってしまうのは残念に思うくらい良い音です。
これまで数多くの耳かき作品を制作されてるサークルさんらしい冴えが見られます。

「タイトルとかには「ぐっぽり奥まで」とか謳ってますけど 実際には奥まで入ってきませんよね」
最中の萌菜は緊張気味な彼をリラックスさせようとうるさくない程度に話しかけます。
耳かきのこと、自分が飼ってる猫のこと、彼が好きなASMRのことなど他愛もない話題ばかり。
ASMRの時はやや大胆なことを言うなどマイペースなところを見せてくれます。
しばらく話し、吐息だけを漏らすのを繰り返すのでセリフと音が上手く共存できてます。

次の4パート39分間は彼女が得意とする音叉を使います。
528ヘルツ、417ヘルツ、741ヘルツ、852ヘルツと4種類の音を用意し
528ヘルツと他の3つからひとつを組み合わせて耳かきとは別の癒しを与えます。

「この音が 導いてくれる あなたを 望む世界へ 綺麗な綺麗な 音の世界へと」
「ぽーーん」という透き通った金属音が心地よく
30秒程度の余韻を取ってからまた鳴らすのを繰り返します。
音がやや大きいので普段よりも音量を少し下げたほうが聴きやすいかもしれません。

ふたつの音叉を組み合わせる05A~05Cパートはそれ以外に環境音や音楽も流します。
「05A_音叉ヒーリング【417x528】」は波の音+ギターメインの音楽
「05C_音叉ヒーリング【852x528】」は雨音+ピアノメインの音楽と随分違いました。
それぞれの音には別の癒し効果があるので、今の自分が何を求めてるかで選んでみるといいでしょう。

そして終盤の2パート56分間は耳舐めで心と体をとろかせます。
「07_耳舐めヒーリング」は片方ずつ舐めるスタンダードなもの
「08_もっと耳舐め」は左右同時の耳舐めとさらに奥を舐める特殊なプレイを繰り出します。
08パートは夢の世界らしさが出るよう声にエフェクトをかけてました。

ちゅぱ音だけを楽しんでもらおうとセリフを極端に切り詰めた作りや
耳の内側や穴の入り口を集中攻撃する割と個性的な耳舐めです。
姉妹サークルにあたるHORNETさんの作品を聴いたことがある人ならわかるでしょうけど
耳の内側を舐める時はじょりじょりしたざらつきのある音
穴の入り口は「ごごごごご」と指で耳の穴を塞いだ時に聞こえる圧迫感を伴う音が鳴ります。

音質も非常に良くて視聴中は音に包まれてるような感覚がしました。
また08パートの終盤には現実世界ではできない変わったサービスも出てきます。
動きや舐め方も小まめに変えてくるので耳舐め特化でも単調さはあまり感じませんでした。

このように、それぞれを高い水準で丁寧にこなすプロらしいサービスが繰り広げられてます。
音重視の癒し系作品
定番のものから変わり種まで色々取り揃えてる総合力の高い作品です。

萌菜はささやき庵を初めて利用する主人公に満足してもらおうと
店員と友達の中間あたりの気さくな態度で話しかけて場を和ませます。
そしてサービス開始後は後になるほど音の割合が高くなるように調整してたっぷり癒します。

明るくてフレンドリーな小町が耳かき、音叉、耳舐めで癒すノーマル向けのシチュ
会話よりも音の量を多くしてシーンごとに異なる音を鳴らすASMR系の作り
耳かきと音叉は3種類の音を、耳舐めは片耳舐めと両耳舐めを順に行う奥深いサービス。
過去作のファンはもちろん、今作から聴く人も楽しめるように仕上げてます。

中でも2番目は本作品の鍵にあたる要素なだけあって作り込みがすごいです。
音質、動き、鳴らすタイミング、各音の組み合わせ方がどれもしっかりしてます。
本作品は時間に対するサービスの種類がそれほど多くないので
各サービスの品質を上げることに力を入れてます。

私は音叉が一番好きですね。
他の音声作品ではなかなかお目にかかれないサービスですし
音自体も癒しに適してて心が浄化される感覚がします。
環境音や音楽と組み合わせてるところも単調さを打ち消すのに役立ってます。

以上を踏まえてサークルさんでは5本目の満点とさせていただきました。

CV:ニャルぽむぽむさん
総時間 3:08:57

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月15日まで10%OFFの990円で販売されてます。