サークル「おほおほ庵」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、可愛くて生意気なメスガキっぽい女の子が
学校内で担任教師に襲われエッチで下品な姿を晒します。

タイトル通り彼女がオホ声を漏らすのが特徴で
序盤から中盤にかけては彼を罵倒しながら控えめに乱れてたのが
終盤に差し掛かると一気にオホ声の量が増えるメリハリを持たせた展開になってます。
メスガキが漏らす2種類のオホ声
メスガキちゃんと保健室でエッチするお話。

「なんですかぁ?先生 保健室なんかに呼び出して」
メスガキちゃんは砕けた口調で話す可愛い声の女の子。
主人公に突然呼び出されてその理由を尋ねると
指を鳴らされた瞬間熱っぽい吐息を漏らします。

本作品は教師をしながら女子生徒たちをエッチな目で見てる彼が
その1人にあたる彼女を呼び出し、およそ60分に渡って責め立てます。
彼には指を鳴らすと相手を言いなりにできる特殊能力が備わっており
軽く雑談した後にすぐさま鳴らしてエッチに突入します。
上海飯店さんの「即おち!」シリーズっぽい設定ですね。

「おっ おぉっ おぉぉぉぅ」
最大の魅力はもちろんオホ声。
可愛い声とは随分違う低く太い声を漏らして気持ちいいことをアピールします。
こうやって書くと責められたらすぐオホるように思うかもしれませんが
中盤までは割と普通に乱れて終盤でオホ声メインに変わります。

メリハリを大事にしてると言いましょうか
できるだけ自然な流れでオホ声に繋ぐことを意識してました。
オホ声を漏らす時間は2パート合わせて15分くらいです。

またオホ声を初めて聴く人でも無理なく楽しめるように
製品版にはノーマルおほ声versionと清楚おほ声versionの2種類が入ってます。
前者は音声作品でよく聴くタイプのオホ声で、後者はそれをある程度抑えた大人しいものです。

オホ声は個性が強いせいで人を選ぶところもあるからこうしたのでしょう。
基本的な流れはどちらも一緒で終盤の乱れっぷりが違います。
本レビューではノーマルおほ声versionを中心に紹介します。
少しずつ堕ちていくエッチ
ノーマルおほ声versionのエッチシーンは28分。
プレイは手マン、耳舐め、手コキ、SEX(正常位?)、メスガキちゃんの放尿です。
手マン、手コキ、SEX、放尿の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「やめろ この…クソ教師 やめっ ううっ」
指パッチンの効果で抵抗できなくなったメスガキちゃんは
主人公にクリトリスをいじられ悔しそうな表情をします。

エッチは彼がリードしながら彼女も一部で反撃します。
前半の16分間は比較的穏やかなプレイ。
パンツ越し→直におまんこを触るところから始まり、彼女が1回イった後はお返しに耳舐め手コキします。

「もう 意味わかんない くっ イって イってないし」
彼女は彼のことをかなり嫌ってるのですんなり快楽堕ちすることはありません。
クソ教師と罵倒したり、イってるのにイってないと強がってみせます。
しかし能力のおかげで彼に逆らうことができず好き放題されます。

彼女が泣き出したり絶望することはないので暗い印象はないですけど
やってることは強姦に近いと言えます。
耳舐め手コキしてる時も「嫌い」とはっきり言いながら一生懸命お世話します。
言葉と行為に大きなギャップがあって彼女の心情がわかりやすいです。

後半の12分間はいよいよオホ声が出てきます。
たぶん正常位で挿入し、後になるほど激しく責めて中出し射精を目指します。

「先生 先生 そ、それ また ダメ おっ おぉっ ぐっ おぉぉぉ」
事前に指を鳴らすからでしょうけど、ここからの彼女は抵抗する様子をまったく見せません。
初めての感覚に戸惑いながら気持ちよさそうな声を漏らします。
「あんあん」ではなく「おぉっ」と喘ぐシーンが多くてやや下品に感じました。
特に終盤の7分間はほぼずっとオホ声になってて本作品らしいです。

このように、準備を整えてからオホり始める流れを持たせたエッチが繰り広げられてます。
ギャップを持たせたわからせ作品
できるだけ自然なオホ声を楽しめるように組み立ててるややS向けの作品です。

主人公は前々から好意を抱いてたメスガキちゃんの体を味わおうと
2人きりになれる場所に呼び出してから指を鳴らして従順にします。
そしてエッチの序盤から中盤にかけては割と普通だったのが
終盤に入るとオホ声の割合が一気に上がります。

年下好きの教師がメスガキをエッチでわからせるシチュ
途中までは可愛く乱れてたのが最後でオホ声重視になるメリハリを持たせた作り
より多くの人がオホ声を楽しめるようふたつのバージョンを用意する配慮。
オホ声作品の入門用として楽しめるように仕上げてます。

中でも2番目は無暗にオホらせずぐっと我慢するところが素晴らしいなと。
こうしたほうが聴いた時のインパクトが強くなるしエロさも上がります。
「おほおほ庵」というサークル名にしてるだけあって使い方を心得てます。
次回作も制作されてるようですから今後どうなるか楽しみです。

射精シーンは2回。
くちゅ音と喘ぎ声それなり、淫語とちゅぱ音そこそこです。

CV:彩夢ひなさん
総時間 59:58(ノーマルおほ声version…31:01 清楚おほ声version…28:57)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
60分で110円とコスパが良いので+1してあります。

2021年2月9日まで30%OFFの77円で販売されてます。