サークル「F・A・S」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、敵対国家に所属しスパイ活動をしてる妖艶なお姉さんが
仕事で行き詰ってる男性に催眠を交えた気持ちいいセミナーをします。

快楽と引き換えに自分の国家と会社を裏切る背徳的なエッチを味わえるのが魅力で
最初は3つの契約を復唱して彼女に従う心を養い
それから緩めのオナニーをして精液と一緒に大事なものを全部吐き出します。
癒しの音楽を流しながら双子形式でじっくり催眠をかけてくれるので
催眠音声初心者や被暗示性が低い人も心地いい感覚を実感しやすくなってます。
スパイの誘惑再び
女スパイに催眠をかけられ気持ちいい契約を結ぶお話。

「このたびは セミナーCDをご購入いただき ありがとうございます」
スパイは上品で穏やかな声の女性。
CDに興味を持ち再生してる主人公にそのお礼を言うと
セミナーが持つふたつの効果を教えてからある男性に関する話をします。

本作品はサークルさんの人気作「スパイの快楽尋問催眠」の続編。
ヒプノトランス連邦という敵対国家に所属する彼女が
音声セミナーを通じて彼に快楽を与え従順な奴隷にします。
2人が直接会ってるわけではないのでフェラやSEXといった触れ合うプレイは一切やらず
巧みな話術と背徳的な快感を組み合わせて彼が自分からそうなりたくなるよう誘導します。

前作との共通点は登場人物だけで物語の繋がりはありません。
ですから今作から聴いても問題なく楽しめます。

「君はこれから 君の国と 会社を同時に裏切るんだよ? 射精とともに 君の心も体も 私のものになっちゃうんだよ?」
最大の特徴は自分の国や会社を裏切る快感を味わわせながら気持ちよくすること。
エッチシーンで3つの契約をひとつずつ結んで彼女に従う喜びを教え
最後の仕上げに寝返る快感を与えながらオナニーさせてブラックな射精に導きます。

前作は国家機密にあたるパスワードを漏らす快感を追求してましたから
今作もそれと同じ、もしくはそれ以上の破滅的な快感を味わせてくれます。
背筋がゾクゾクする快感、取り返しのつかないことをやってしまった快感など
体よりも心への刺激が強く得られるようになってて個性が強いです。

催眠についてもサークルさんの過去作と同じく色んな個性を持ってます。
本編に入る前に15分ほどのリラックス運動をすること、ほぼ全部のシーンで状況に合った音楽が流れること
本編の序盤から彼女が3人に増え左右中央から個別に
あるいは同時に話しかける双子形式を採用してる
ことなどです。

特に双子は編集にかなりこだわって制作したらしく
彼女の声が頭の中で響くように聞こえたり、左右で違う動きをするシーンがあります。
60分くらい割いてゆっくりじっくり催眠をかけますから癒しの感覚も強めです。
他人の体験を語りながら進めるなど、現実世界のセミナーに近いやり方で誘惑します。
リラックス要素を多く盛り込んだ催眠
催眠は2パート57分間。
最初の「02.リラックス運動(約15分)」は本編に入る前の準備として
立ち上がって脚を開き両腕を前後にぶらぶらさせる運動をします。

「気持ちいい音を聞いていると 心が 安らぎますね」
そしてお姉さんは早速癒しの音楽を流して心もほぐします。
水滴の音が混じってるおかげで清涼感がありました。
軽めの暗示を入れたり本編の大まかなあらすじも語ってくれるので
とりあえず1回目の視聴時は必ず聴くことをおすすめします。

ここ数作はマインドフルネス瞑想をやってたのですが
本作品はそこまでイメージ力を要求しないからリラックス運動に戻ったのかなと。
実際に体を動かすおかげで肩を中心に温かさと心地よさが湧いてきます。

続く「03.スパイの快楽セミナー催眠(約42分)」はスパイが本格的な催眠をかけ始めます。
軽い前置きを挟んでから深呼吸を数回繰り返し
その後全身を下から上へ流す感じで15分ほどかけて入念に脱力します。

右「次は足首に〇〇を感じ始める」
左「と同時に 足首からも力が抜けてくる」

深呼吸を始める段階から彼女の声が左右中央に分かれ(左右は事前に録音した音声という設定)
「力が抜ける」「だらーんとする」などのリラックスに役立つ暗示を小まめに入れます。
元々このセミナーは主人公が仕事で抱えてる悩みを取り除くために開いてるので
催眠パートは心身のリフレッシュを重点的に行い彼の願いを叶えます。

信頼関係を築いておいたほうがエッチで手懐けやすくなりますからね。

双子についても結構複雑です。
本レビューでは読みやすさを優先して普段と同じ表記にしてますが
実際は文節単位で左右を切り替えたり、同じセリフを左右同時に言うシーンが何度も登場します。
暗示の入れ方、入れる量、その表現も秀逸で聴けば聴くほど手足を中心に体がだらーんとします。

「彼は 悩み苦しんだ末に 私のセミナーを受けに来たの 私には 彼の悩みの原因がすぐにわかったわ それは〇〇だって」
セミナーを受けた他の男性の体験談を合間に語るのも良いですね。
セミナーの効果を裏付けるいい材料になりますし
「この後彼はどうなったのだろう?」と聴き手の興味を引くこともできます。
このお話はエッチの終盤まで断続的に続きますから、それを聞く面白さも生まれてます。

心身を十分脱力できた後は催眠状態を深めます。
中央から長めのカウントをゆっくり数え、左右からは暗示を小まめに入れて落とす王道のアプローチです。
色んな手段でリラックスした後に始まるおかげで
数字が減るほど意識がぼやけたり全身が沈み込む心地いい感覚が味わえました。

今後に向けて催眠状態を維持しやすくするキーワードを設定するなど
催眠の丁寧さに定評のあるサークルさんの持ち味が今作でも発揮されてます。

心身を存分に癒してから深化させる手堅くて質も高い催眠です。
疲れや悩みを取り除きながらスパイの言うことを受け入れやすくすることを目的に
リラックス運動から入って軽い深呼吸、分割弛緩法、カウントを交えた深化と
古典催眠の技術を本作品に合うようアレンジしてゆっくりじっくり進めます。

時間に対してやることを絞ってあるのでどのシーンもゆとりがあるし
双子形式による手厚いリードも相まってかなり深いところまで入れます。
バックで流れ続ける音楽にも多くの人が癒しを感じるでしょう。
背徳的なシチュを扱ってる作品とは思えないくらい催眠パートは雰囲気が穏やかです。
シチュ重視のややブラックなエッチ
エッチシーンは46分間。
プレイはおちんちんを握る、契約を結ぶ、カウントによる絶頂、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。

「これから君の一番隠したくて そして一番見てほしい部分を見てあげる」
催眠を使って主人公の悩みを取り除いたスパイは
勃起したおちんちんやオナニーを観察してMの快感を与えます。

エッチは終始彼女に言われた通りに動きます。
最初の29分間は彼を奴隷として手懐けながら気持ちよくするシーン。
彼女が提示した3つの契約をひとつずつ確認し、さらに長めのカウントを数えて絶頂するのを繰り返します。
おちんちんを握る指示が出ますがしごくのはNGです。

「本当はこんな契約 結んじゃいけないのに 君はそうやってどんどん気持ちよく堕ちていくの」
そしてここからの彼女は悪いお姉さんへと変わります。
自国を裏切りヒプノトランス連邦に利益をもたらすよう働きかけながら
やってはいけないことをする快感をくすぐってそれに抗えないようにします。

音声セミナーなら彼の意志でいつでも視聴を止められますから
彼女もそこまで強引に押さず、話術を駆使して彼が快楽に負けたくなるように誘導します。
純粋なエロ要素は控えめにしてシチュで興奮させることを意識してます。

「0 おちんちんの奥から痺れがのぼってきて弾ける ぞわぞわーっと鳥肌が立つように 波が何度も押し寄せる」
そして契約に同意した場合は厚めの追い込み暗示を入れてイかせます。
快楽(飴)と服従(鞭)を組み合わせてるところがスパイらしいなと。
主導権を握ったまま彼にもメリットがあるように関係を作ります。

続く17分間は最後の仕上げ。
おちんちんをゆっくりしごく許可を出してから男性が最終的にどうなったか話し
さらに彼にも自国と自社を裏切る決断をさせて背徳射精に追い込みます。

「もうダメなの? 何がダメなの? 出ちゃうの? 何が出ちゃうの?」
オナニーに関する指示は開始と射精のタイミングを決めるだけに留め
彼女は射精の快感と裏切る快感を言葉でリンクさせて悪堕ちを応援します。
これは前作にもあった要素ですから今作に出てくるのも頷けます。
体への刺激を控えめにする代わりにシチュを強烈にして心を上手く盛り上げます。
私が聴いた時も背筋がゾクゾクする感覚を何度も味わいました。

このように、本作品固有の要素と快感を融合させたM向けのエッチが繰り広げられてます。
非日常的な快感が味わえる作品
現実世界ではまず味わえないタイプの快感を疑似体験できる高品質な作品です。

スパイは自己啓発セミナーのCDに手を出した主人公を従順な快楽奴隷にするために
まずは長めの催眠を通じて彼が抱えてる悩みを取り除きます。
そしてエッチは自分に服従する快感や裏切る快感を前面に押し出して心を重点的に責めます。

巧みな話術と妖艶な声を合わせ持つスパイが真面目な会社員をエッチに手懐けるシチュ
リラックス運動や脱力をしっかりやってからカウントで深化させる双子形式の催眠
最初はドライ、次は射精の快感と引き換えに裏切りを約束させる背徳的なエッチ。
催眠は癒し、エッチはインモラルとほぼ正反対の要素を繋げて上手に堕落させます。

中でもエッチは同人音声、催眠音声どちらでもあまり見かけないアプローチをかけてて面白いです。
人間はやってはいけないことをした時に強い快感や満足感を得る生き物ですから
そこを執拗にくすぐりながら純粋な快感も与えて彼が誘惑に負けるよう仕向けます。
契約を結ぶ展開にしたのも彼が「自分の意志で」裏切る形にするためでしょう。
彼女に無理矢理そうさせられるより、自分でそうしたほうが強い背徳感が湧いてきます。

あとは他の男性の体験談を織り交ぜたり、彼女に自然と依存できるようにしてるのが見事です。
両方とも自己啓発セミナーに関連する要素でテーマに合ってます。
催眠とエッチで音楽の曲調を変えてあったりと
色んな特徴を盛り込んだうえでそれぞれが連携を取れるように仕上げてます。

絶頂シーンは4回(ドライ3回、射精1回)。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

悪いお姉さんに弄ばれるのが好きな人には特におすすめします。

CV:野上菜月さん
総時間 2:18:23

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年1月5日まで20%OFFの1056円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。
前作も2021年2月4日まで50%OFFの550円で販売されてます。