サークル「青春×フェティシズム」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大きなおっぱいを持つウザ可愛いJKが
大好きな先輩と通学バスの中でエッチして親密な関係になります。

周りにバレないようこっそりエッチするのが特徴で
囁き声や吐息の割合を通常よりも増やして近さと密着感を演出し
さらに彼女の可愛さや一途さも表現して幸せな射精に導きます。
通学中にするスリリングなエッチ
バスの中で後輩の三羽みうと3種類のエッチをするお話。

「すみませ~ん ちょっと通してくださいね~ 先輩っ おっはようございま~す♪」
みうは丁寧語で話す可愛い声の女の子。
主人公が乗ってるバスに乗り込んですぐさま彼に挨拶すると
雑談しながら自分のことや2人の関係を教えます。

本作品は「超囁き!~甘ギャルJK 一河アリサと電車の中で~
超囁き!~えちえち清楚JK 二条由乃と電車の中で~」に続くシリーズ第3弾。
図書委員の活動で一緒になることの多い男女がバスの中でおよそ100分に渡りイチャイチャします。
物語の開始時点で2人は付き合ってませんが、少なくとも彼女のほうは強い好意を抱いており
水泳部で鍛えた自慢の体を使って積極的に誘惑します。

コンセプトが一緒なだけでキャラやストーリーは完全に独立してますから
過去作未視聴でもまったく問題ありません。

「先輩の腕に 三羽のおっぱいが ぎゅ~っておしつけられてるの…わかっちゃいました?」
車内が混み合ってるのをいいことに自分からHカップのおっぱいを押し付けたり
終盤は生でおまんこに導いて2回連続で中出しさせるなど
言葉と行為の両方から好きなことをわかりやすくアピールします。

彼が相当に鈍い性格だからやや手こずってるところもありますが
普通の男性ならまず確実に落ちるだろうと言えるくらいサービスが手厚いです。
中盤にはパイズリやパイズリフェラをするシーンもありますし
年下の女の子に尽くされる心地よさをたっぷり味わうことができます。

そして「超囁き!」の名の通り、彼女はこれらをするにあたって囁き声や吐息を多く漏らします。
エッチする場所がすべてバスの中なので普通にやったら通報されてしまいます。
そのことを踏まえて体を密着させ至近距離から話しかけるシーンを増やし
SEXの時も吐息に混じって喘ぎ声を漏らす感じの控えめな乱れ方をします。

現実世界でやったらさすがに見つかると思いますけど
シチュに合うようできるだけこっそりエッチする配慮をしてました。
声や効果音の品質も高くて臨場感があります。
惜しみない愛情を注ぐエッチ
エッチシーンは3パート71分間。
プレイは耳舐め、ハグ、手コキ、パイズリ、フェラ、SEX(対面立位)、キスです。
手コキ、パイズリ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「先輩、かわぁい♪ 食べちゃいたいくらい あぁむ。」
バスの中でおっぱいを押し付けて主人公を興奮させたみうは
彼が抵抗しないのを見て右耳を軽く舐めてさらにからかいます。

エッチはパートによって責め手を変えながら進めます。
一番最初の「track01_ウザ可愛後輩とえっちな通学車内(約29分)」は
雰囲気作りをしながら比較的ソフトに責めるパート。
耳舐めから入ってハグに移り、その体勢のままおちんちんを手でしごいて射精に導きます。

「観念して、三羽ちゃんを抱きしめててください いいですよ? 先輩になら、触られても」
彼女は彼のことが大好きですから体を触られても嫌な反応は一切しません。
むしろ触るようにお願いしてより親密な関係を築こうとします。
さらに普段よりもエッチな吐息を漏らして彼をやる気にさせます。

主導権は完全に彼女が握ってますが、その内容はすべて彼を喜ばせることを意識してます。
手コキもちゃんと彼の気持ちを確認してますし、彼女なりに気を遣ってるのがわかります。

「わ、わわわ、すご…っ でてます、先輩のが… こんなにたくさん…」
そして手コキが始まるとJKらしい初心な反応を見せてくれます。
おちんちんの硬さや熱さに興味津々な表情を見せ
射精シーンも予想以上に多く出た精液に驚きながらぴゅっぴゅのセリフで応援します。

彼を好きだから誘惑してみたけど、いざエッチが始まったら戸惑う姿が可愛いです。
精液も手で受け止めてから飲み干してくれたりと愛を感じる要素が充実してます。

次の「track02_ガラガラ車内でナイショのパイズリ(約20分)」は自慢のおっぱいが活躍するシーン。
別の日の放課後、2人しか乗客がいないバスでパイズリとパイズリフェラをします。

「なんか先輩にオナホ扱いされてるみたいで… んっ…あっ… ん…ちょ ちょっと濡れて来ちゃったっス」
「可愛い三羽ちゃんの顔を ドロドロに汚させてあげますからね♪」

track01よりもずっと安全なシチュだからでしょうけど
自分からシャツのボタンを外したりおちんちんを挟み込む積極的な姿勢を見せます。
密着できない状況を踏まえて囁き声を控えめにする代わり熱っぽい吐息を漏らしてました。
射精が近づくと体にぶっかける許可を出すなど引き続き至れり尽くせりです。

track02以降は2連続射精するようになるのも良いですね。
本作品はどうしてもエッチの描写が控えめになってしまいますから
それを射精シーンの多さで補う工夫がされてます。
2回戦のフェラは泡立ったちゅぱ音を小まめに鳴らしてて結構パワフルでした。

ちなみに本作品の射精はどれもカウントを数えるスタイルになってまして
おまけフォルダに入ってる字幕付き音声動画を視聴した場合は
その時画面左下に射精までの残り時間が表示されます(20秒前くらいから)。

最後の「track03_満員バスでえちえちハメハメ(約22分)」は体のほうも深く繋がるパート。
さらに別の日、通学するバスで再び一緒になった2人がいよいよSEXに挑戦します。
体位は状況を見る限り対面立位と思われます。

「ねぇ、見て 先輩… 下ろしたショーツが糸ひいちゃう もうトロトロっス…」
物語の山場なので彼女もさすがに彼をからかったりはしません。
もうすっかり興奮してることをわかりやすくアピールしてから
彼に主導権を委ねて自分と恋人になる意思があるか確かめます。

そして無事挿入出来たあとは周りにバレないレベルで乱れて幸福感に浸ります。
前の2パートとは違い受けに回るおかげで吐息や喘ぎ声を漏らすシーンが多く
これまで一度もしなかったキスも解禁して2人が一線を越えたことを伝えます。

前戯をほとんど挟まずにSEXすること、彼女の乱れる姿を重点的に描いてること
抜かずの中出しを2連続で決めることなどオナニーのオカズとして役立つ要素が充実してます。
ずっと好きだった人と無事結ばれた展開も相まっていい気分に浸りながら射精できました。
彼のために自分のすべてを捧げる姿が一途で愛らしいです。

このように、公共の場で愛し合う様子をリアルに描いた純愛系のエッチが繰り広げられてます。
シチュが特殊なイチャラブ作品
囁きと吐息重視のエッチで体を、みうの尽くす姿で心を温めてくれる大変甘い作品です。

みうは同じ図書委員で十分以上の好意を持ってる主人公と恋人になるために
一緒のバスに乗れた機会を使ってまずはソフトに責めて彼の反応を見ます。
そしてエッチできると踏んだ後はパイズリ→SEXと進めながら自分の気持ちを伝えます。

魅力的な体を持つ明るいJKとバスの中でイチャイチャするほぼノーマル向けのシチュ
囁き声と吐息を多めに盛り込んで近さと密着感を表現するやや静かなエッチ
彼が望むことを積極的にやって愛情を注ぐ彼女の一途なキャラ。
キャラとシチュを上手く組み合わせて聴き手に満たされる射精を提供します。

「先輩は特別ですから なんだったらその先も…」
中でも3番目は彼を特別視してることを匂わせる描写が至るところにあって
彼女が彼を本気で愛してることが強く伝わってきます。
彼女は人当たりのいい性格と大きなおっぱいを持つJKですから
何もしなくても男性たちが言い寄って来るくらいの魅力があるはずです。
それなのに彼を持ち上げる立場に徹するところに優しさを感じました。

過去2作はほぼ他人同士だったのが今回は友達からスタートしてますし
シリーズ作品によくあるマンネリ感を打破しようとするサークルさんの意図が見られます。
エッチもパイズリメインのパートがあったりしてキャラを活用してます。

ただ前作に比べると「超囁き!」の部分が弱くなってるかなぁとも感じました。
普通の作品に比べれば確かに多いですけど囁き特化と言うほどではありません。
純愛作品としてはよくできてるので、このへんをもう少し上手く調整できたら良かったと私は思います。

射精シーンは5回。
淫語・吐息・くちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

年下の女の子に尽くされるのが好きな人には特におすすめします。

CV:涼花みなせさん
総時間 1:45:39

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月26日まで25%OFFの990円で販売されてます。