サークル「シルトクレーテ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、美味しい精液を追い求めてる無感情サキュバスが
M男を相手にとってもハードなオナサポをします。

精液を何度も小出ししてから最後に大きく射精させる変わったオナサポが行われており
前半は焦らし気味に責めながら休憩を挟んで精液を熟成させ
後半は「漏らせ」の合図でルーインドオーガズムを繰り返し金玉の中を空にします。
ガチでやったら体力を相当に消耗しますから無理のない範囲で取り組むのがいいでしょう。
サキュバスがする過酷な搾精
サキュバスの指示に従って何度も射精するお話。

「こんばんは しもべの人間 そう お前のこと」
サキュバスはややトーンが低く淡々と話す女性。
主人公の前に現れいきなり下僕扱いすると
彼がMなことを見抜いてからおもちゃにして遊びます。

本作品は喜怒哀楽をほとんど表に出さないクールな彼女が
精力旺盛な彼におよそ90分間のオナサポをします。
彼女は最初彼の精液をいただくつもりで近づいたのですが
彼が不味い精液を持つMだと知ったら方針を変えてルーインドオーガズム(台無し射精)させます。

「イク時みたいに 勢いよく精液をびゅっ びゅって吐き出すんじゃなくて 少しずつ少しずつ とろって漏らすような恥ずかしい出し方を 丁寧に〇回繰り返さないと 射精はさせてあげないってこと」
ルーインドオーガズムは通常の射精のように精液を勢いよく吐き出すのではなく
射精が始まった瞬間に手を離して甘出しさせることを意味します。
実際にやってみると精液が出てるのに性欲がほとんど衰えません。
それを活かして短時間に何度も出す過酷なプレイに挑戦します。

具体的な射精回数は伏せますけど、すべてやろうとしたら体にかなりの負荷がかかります。
翌日動けなくなるくらい消耗する可能性があるので
自分の体力や精力と相談して無理せず取り組むことをおすすめします。
射精シーンが多いほうがルーインドオーガズムもやりやすくなりますから
サークルさんもそういう感覚でこの回数を設定されたのだと思います。

「お前は今から この音に合わせて SEXしてるって思いこみながら チンポをシコシコしごくの」
オナニーについては前半は焦らし重視、後半はルーインドオーガズムと違う目的を掲げ
いずれもバックに効果音を流してその通りにしごくよう指示します。
挿し絵に描かれてるオナホ状の尻尾で彼女の指をしごいてるらしく
粘性高めのいやらしい水音がシーンごとに異なる速度で鳴ります。

右は効果音、左はセリフと複合責めっぽいスタイルになってますから
どんな風にオナニーすればいいかわからなくなることはまずないです。
彼女も言葉責め、ディープキス、耳舐めで応援してくれますし
無感情キャラの印象よりも穏やかな空気が漂ってました。

ドSなサキュバスの指示に従ってルーインドオーガズムを繰り返す展開と
セリフとオナニーの指示を分けて同時に行う実用性に配慮した作り。
オナサポに強いサークルさんの持ち味を出しながら新しいプレイをするドM向けの作品です。
一滴残らず搾り出すエッチ
エッチシーンは2パート71分間。
プレイはオナニー、耳舐め、キス、疑似フェラです。
オナニーの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「まずは その精液を入れておくためのタンク じっくり快楽に溺れさせて 白く濁ったザーメン 満杯に溜めるところから」
オナニーに関する説明を手短に行ったサキュバスは
主人公の下半身を裸にして早速効果音を鳴らします。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
最初の「2_精液熟成オナニー(約27分)」はルーインドオーガズムに向けた準備。
2秒1コキくらいのペースでオナニーを始め
休憩を適度に挟みながらシーンごとに速度を変えて徐々に射精へ追い込みます。

「ほら 無駄撃ち嬉しいです 無駄撃ちさせてくださいって ちゃんと言って」
彼女は彼の精液にもう興味を持ってませんからエッチの最中も至ってクール。
彼にルーインドオーガズムすることを認めさせて被虐心を煽ったり
パート後半からは耳舐めを投入してストレートに興奮させます。
尻尾による効果音も鳴り続けるためエッチな音の量がそれなりにあります。

そしてシルトクレーテさんらしい巧みなリードが光ります。
2秒1コキ→1秒1コキ→さらに速くと数分単位でペースを切り替え
さらにわざと遅くしてもどかしい思いを与えるシーンも挟んで上手にコントロールします。
このパートは射精させずにギリギリのところまで持っていくのが目的ですから
射精させる時よりも刺激を抑えて出したくても出せない状況を作ります。

本作品を聴くようなM男ならここで射精することはさすがにないんじゃないかなと。
彼女の態度をクールにしたり、囁き声で言葉責めしてエロさを多少下げてます。

続く「3_ルーインドオーガズム(約44分)」はいよいよルーインドオーガズムに挑戦します。
彼女が「漏らせ」と命令したらするルールを定め
カウントを数えたり唐突に言って何度も何度もお漏らしさせます。

「マゾのオナニーが辛いのは当たり前 自分から望んでしてることだもんね」
「チンポ咥えられてるって妄想してるんでしょう? いいよ もっとして」

時間を長めに取ってる状況を活かして1回ずつ丁寧に行い
その合間に彼を見下すセリフを投げかけて彼女の下僕になる快感を教えます。
そして指示や命令を無事守れたら多少の飴を与えて甘やかします。
ディープキスや疑似フェラを挟んでくるあたりは割と優しく感じました。

連続射精をするパートで終始きつく当たると聴き手が途中で萎える可能性もありますから
飴と鞭を組み合わせて進めたほうがやる気を維持できると思います。
休憩も挟んでくれますし、ハードにしたうえでそれを和らげる配慮がされてました。

実際にやってみた感想ですが、さすがに全部で射精するのは無理でした。
回数がとんでもなく多いので毎回上手くやるのは難度が高いです。
それでも3回できましたからルーインドオーガズムを楽しめるプレイになってると言えます。

ちなみにルーインドオーガズムを繰り返した後
最後の最後に1回だけ普通に射精するシーンが用意されてます。
ちゃんとスッキリさせてから終わるので消化不良になることはないでしょう。

唯一気になったのはルーインドオーガズムのやり方にほとんど触れられてないこと。
通常だと射精が始まったタイミングで手を離すのですが
そういったアドバイスはほとんどなくオナニーの流れを説明してプレイに移ります。
ルーインドオーガズムは今年から音声に導入された新しいジャンル(のはず)なので
認知度を上げる意味も込めてやり方やコツを丁寧に教えたほうが良いと思います。

このように、たっぷり焦らしてから何度も吐き出させる落差の大きいエッチが繰り広げられてます。
もどかしい射精が味わえる作品
一番気持ちよくなる射精を敢えて台無しにしてるM度の高い作品です。

サキュバスは自分の好みに合わない精液を持つ主人公をおもちゃにして遊ぼうと
終始クールな態度で接しながら色んな指示や命令を出してオナニーを制御します。
そして前半は焦らし気味にゆっくりと、後半は金玉が空になるまで吐き出させるといった具合に
Mな人を喜ばせることを意識したハードな流れで進めます。

人間をモノ扱いするクールなサキュバスがM男をオナサポで弄ぶドM向けのシチュ
ルーインドオーガズムするパートに長い時間を割き何度も行うテーマ性の強いエッチ
オナニー自体は効果音で指示を出し、彼女は言葉責めや耳舐めで応援する実用性に配慮した作り。
通常の連続射精とは違うやり方で精液を搾り取ります。

中でも2番目はルーインドオーガズムを扱ってる作品の中でも
上位に位置するくらい体への責めが厳しいです。
カウントを数えずにいきなり「漏らせ」と言ってくるシーンもあるので
無理に合わせようとせず、できる時にやる感じで取り組んだほうが楽しめると思います。

あとは全体的にリードが丁寧です。
シーンごとに効果音のペースや彼女の責め方を変えて単調さを打ち消してます。
効果音やちゅぱ音を積極的に鳴らす姿勢もオナサポに不足しがちなエロさを補う役割を果たします。

射精シーンは1回以上。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:涼花みなせさん
総時間 1:37:03(本編…1:29:36 フリートーク…7:27)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月15日まで10%OFFの1089円で販売されてます。