即おち!~"city girls"~脈なし女子を即堕ち催眠→地雷女子ゆな、かれぴしか勝たん実質処女です。。NTRちゃいまーす。。。(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「即おち!_yuna_track02」以降の様子を中心に紹介します。
決別宣言から即おちへ
後編のエッチシーンは2パート108分間。
プレイはキス、乳揉み、乳首責め、耳舐め、性器の相互愛撫、SEX(騎乗位、寝バック、正常位)、彼氏への実況、お漏らしです。
ゴムの装着、SEX、お漏らしの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「もうこの前やることやっちゃったんで 焦らされるのも 正直しんどいです」
前回のエッチからしばらく経ったある日、自分から主人公を呼び出したゆなは
その理由や近況を話してから早速エッチなマッサージをお願いします。

エッチはシーンごとに責め手を交代しながら対等に愛し合います。
track02(約65分)はtrack01で行った治療の続き。
あの後も体に疼きを感じる彼女が色んなプレイでそれを取り除いてもらいます。

エッチ開始まで30分以上もかけたtrack01とは違い
track02は9分後にもうキスを始めるスピーディーな展開です。
生ハメ&中出しまで済ませてるので彼女が嫌がることもまったくなく
2人がこのエッチを楽しんでるのが伝わってきます。

「焦らすみたいにして ソフトタッチで カリカリ カリカリって」
彼女が責めに回る時間が増えてるのが大きな変化のひとつです。
彼におっぱいを責めてもらった後はすぐさまお返しをするし
その直後にはおちんちんとおまんこを手でいじり合って本番の準備を整えます。
SEXは結構激しいですけどその前はどれもゆっくり責めてます。

これらをしながら自分が今ハマってることや苦手なことを話すなど
他人同然の関係だった2人が徐々に仲良くなっていく様子が描かれてます。
track01は体を堕とすことに注力してたので、ここからは心にも手を伸ばすわけです。

このパートのSEXシーンはおよそ36分間。
ゴムを着けてから彼女が上に乗って騎乗位で繋がり
途中に寝バックを挟んだ後再び騎乗位に戻って一緒の絶頂を目指します。

「私 他にもちょっとやってみたいことがあって」
「あっ あっ あっ あっ あぁぁぁぁ おぉうっ」

SEXに対するネガティブな感情は前回吹き飛ばしたので彼女は最初から積極的。
ゆっくりペースで腰を動かしながら「やってみたい体位があるので試す」と言ったり
寝バックで責められてる時は軽いオホ声を漏らして気持ちいいことをアピールします。
吠えるような野太いやつじゃなく、腹から自然と漏れてくるような声でした。

ゴム有りになった点を除けばさらに濃く激しいSEXをしてます。
ピストン音がリアルだし喘ぎ声も多めで純粋なエロさが高いです。
スムーズに進めてることも含めてドラマ性重視からエッチ重視にシフトしてます。

「ほんと 私にカー君がいなかったら 別に全然 生でもいいんだけどね」
しかし、ここでも彼氏持ち属性が大きな壁として立ちはだかります。
主人公とのエッチは気持ちいいけど、やっぱり彼氏と楽しみたい。
心は決して傾いてないことを繰り返し教えて嫉妬心を煽ります。

こういうややめんどくさいところがあるのが地雷女子と呼ばれてる所以なのかなと。
エッチを強化しつつ最終パートに向けて伏線を張ります。

続くtrack03(約43分)は彼女が完全に堕ちるパート。
さらに数日後、再び主人公を呼び出したゆながこれまでと違う趣向のプレイを提案します。

「じゃあ 今日は ほんとは私がカー君にしてもらいたかったこと 代わりにお兄さんにやってもらいまーす」
それは彼氏と通話しながらエッチすること。
主人公に事情を説明してからスマホをスピーカーモードに切り替え
今2人が何をしてるか彼氏に実況しながらイチャイチャします。
どうしてこうなったのかは伏せさせていただきますが、別に彼女が暴走したわけではありません。
観客を置いてエッチするため前の2パートよりも実況のセリフが増えてます。

恋人同士がするベロチューから始まり
耳舐め、彼女への乳揉み、我慢汁をおまんこに塗るなど焦らし気味にゆっくり進めます。
彼氏に対するセリフをそれなりに挟んであるので
track02に比べるとスローペースで進めてる印象を受けました。

「あっ うっ おぉっ おぉぉぉぉ」
それがSEXに移ると大きく変わります。
時間は約20分と短くなってるものの、オホ声の割合が一気に増え
さらに激しいピストンや喘ぎ声の量の多さも相まって開始前との落差が大きいです。
彼女も彼氏にSEXの様子を聞かれて興奮してるのかもしれませんね。
でも罪悪感を抱いてる様子は微塵もなく、むしろ見せつけるような態度で思い切り乱れます。

最中のセリフも彼氏から主人公へ乗り換えたことがわかるものばかりですし
最後はカウントを交えた中出し射精でしっかり征服されます。
寝取りがテーマですけど彼氏目線で寝取られも楽しめる内容になってて新鮮でした。
track02と同じくSEXメインなのに彼氏を登場させてるおかげで随分違うプレイに仕上がってます。

このように、体への責めと展開の両方で落差が激しいエッチが繰り広げられてます。
変わった切り口の寝取り作品
無理矢理感や重さをできるだけ感じさせずにJKを寝取る聴きやすい作品です。

主人公は街中で偶然会ったゆなを得意の催眠術で堕とそうと
体を疼かせてからラブホへ連れて行き、マッサージからの中出しSEXでまずは体を開発します。
そしてtrack02以降は引き続き体を気持ちよくしながら心のケアもして少しずつ彼女を引き寄せます。

可愛くてスタイルもいい彼氏持ちのJKを色んな手段で堕とすややS向けのシチュ
パートごとに異なる目標を定めてじっくり責める丁寧なエッチ
寝取られから連想される暗さや重さを極力取り除いたマイルドな演出。
過去作と同じくより多くの人が楽しめる、抜ける作品を目指して組み立ててます。

中でもエッチは過去3作から総時間が倍増してるおかげでどのパートも内容が濃いです。
track01は会ったばかりの彼女を少しずつ攻略する面白さが上手く表現されてるし
track02は展開をスピーディーにする代わりに抜きやすいエッチをする
track03はさらに彼氏を介在させてゾクゾク感を与える、とプレイは似てても方向性が随分違います。
それでいて全体を見れば着実に寝取りへ向かってるので統一感があります。

あとは寝取りに至る道筋も独特でした。
十分過ぎるほどの快楽を与えてるのに彼氏への気持ちがまったく崩れなかった彼女が
track03に入るとあっさり陥落する意外な展開を見せます。
ストレートに責めて快楽堕ちさせるのとは違うので、そういう作品を色々聴いてる人も楽しめるでしょう。

エッチはどのパートもSEXに十分な時間を割いて乱れ方を変えてます。
純粋なエロさだけを見ればtrack03>track02>track01ですけど
プレイ時間の長さなど別の要素も考慮すれば甲乙つけがたいです。
track02の嫉妬心を煽るアプローチ、track03の彼氏視点でエッチを聴けるスタイルも個性的ですし
プレイ構成は割とシンプルなんだけどその表現方法が複雑に感じました。

後編の射精シーンは2回。
吐息・くちゅ音・喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音それなりです。

260分で1320円ならコスパも申し分ありません。
以上を踏まえてサークルさんでは5本目の満点とさせていただきました。

CV:縁側こよりさん
総時間 4:19:59

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月4日まで20%OFFの1056円で販売されてます。