サークル「HORNET」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くてサービス精神旺盛な店員さんが
耳舐めをテーマにした癒しとエッチなサービスで男性客をもてなします。

シリーズの過去作と同じく耳舐めの質、量、個性に力を入れてるのが特徴で
エッチシーンの90%近くもの時間を割いて片耳舐めや両耳舐めをがっつり行い
さらに一般的な耳舐め作品とは違うジョリジョリした音を至近距離から鳴らします。
ふたつのスタイルで気持ちいいひと時を
耳舐め風俗店でなぎさ子が4種類のサービスをするお話。

「こんばんは ご指名ありがとうございます なぎさ子でーす」
なぎさ子は甘くて可愛い声の女の子。
先日会った主人公が自分を指名してくれたので喜ぶと
彼のリクエストを聞いてからひとまず耳を拭いて綺麗にします。

本作品は「せんべろ」「せんべろ2」「せんべろ3」「せんべろ4」に続く人気シリーズ第5弾。
ウザかわ系小悪魔サキュ嬢として精力的に働いてる彼女が
お店の常連である彼をおよそ80分に渡ってエッチにご奉仕します。
彼女は前作「せんべろ4」の終盤にも登場しており、先輩のさくら子と両耳舐めした経緯があります。
だから彼に対しても最初から気さくな態度で接します。

一部で前作の視聴者向けのセリフを言うシーンがありますが
基本的にはエッチするだけなのでシリーズ未視聴でも大丈夫です。

「なぎさ子は 癒し系から いやらしい系まで なーんでも対応できますよー」
彼女はオールラウンダーを名乗ってるだけあってサービスの幅が割と広く
最重要ポイントの耳舐めはもちろん、乳首責めやパンツオナニーといった
ややアブノーマルなプレイまで押さえてあります。

癒しとエッチな耳舐めの舐め分けもできてて器用な印象を受けました。
明るく振る舞いなら彼が喜ぶ責めを繰り出すあたりもプロらしいです。
しゃべる時とそうでない時をある程度分けてあり、キャラを立てることを意識してます。

シリーズ最大の売りである耳舐めももちろん充実してます。
エッチシーンのおよそ85%にあたる58分も用意し(おまけも入れると75分)
前半は1人、後半は2人とスタイルを変えてお世話します。
両耳舐めは最終パートのみで、他は片耳舐めをしながら別のプレイも一緒にやります。

質については過去作ですっかり定着してるジョリジョリした独特な音を鳴らします。
耳の内側や穴の入り口を責めるシーンが多く
音の近さや微弱な刺激にゾクゾク感と心地よさが味わえます。
全体的にペースを落として丁寧に責めることを心がけてました。

耳舐めの邪魔にならないよう幅広くお世話するスタイルと質量共に優れた耳舐め。
過去4作の特徴を維持したままキャラで変化をつけてるノーマル~ややM向けの作品です。
後になるほど密度が増すエッチ
エッチシーンは4パート68分間。
プレイは耳舐め、乳首責め、オナニー、パンツオナニーです。
射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「はーい こっちの耳ですね ふふっ 可愛い耳たぶ」
主人公をパンツ1枚の格好にしてから右手に陣取ったなぎさ子は
ひとまずソフトな耳舐めで癒しながら興奮させます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
前半の2パート34分間はゆっくり射精へ追い込む穏やかなプレイ。
「[02]癒やしの耳舐め(約14分)」は右耳舐めに専念し
「[03]乳首責め耳舐め(約20分)」はそこに乳首舐めとオナニーを加えて気持ちよくします。

02パートはわざわざ癒しと言ってることもあり責め方が控えめです。
事前に息吹きや吐息を入れて近さをアピールしてから
R-15あたりにまで水分を下げて耳の外側→内側の順にご奉仕します。
せんべろシリーズ特有のざらついた音もパート後半から登場しますし
シリーズ未視聴な人に本作品の特徴を伝える役割を果たします。

「ほら もっと犯してあげますね 耳マンコ もっと気持ちよくしてあげる」
それに対して03パートは「いやらし系」と呼ぶに相応しいパワフルな耳舐めをします。
ペースはそれほど変わりませんが水分や力強さが多少上がるし
最中のセリフも彼の耳をおまんこに見立てて犯される快感を与えます。

乳首責めは「ぎゅーっ」などの掛け声を時折出すだけ
オナニーは開始と射精のタイミングを指示するだけですから主役は明らかに耳舐めです。
舌先で穴の入り口をぐりぐりしたり、耳の内側をジョリジョリするのを組み合わせてました。

後半の2パート34分間は密度が売りのプレイ。
「[04]しこしこアプリパンツコキver. with 極・耳舐め(約18分)」は右耳舐め+パンツオナニー
「[05]3P耳舐めプレイでW極・耳舐め(約16分)」は両耳舐めをします。

左「ほら その脱ぎたてパンツ もうくんくんした? 匂い嗅いだかな?」
04パートは前作でも登場した「Neuro JIJU」という仮想のアプリを使って
右耳はずっと舐める、左耳はパンツオナニーの指示を出す複合責めを行います。

耳舐めはセリフを完全になくしてひたすらちゅぱ音を鳴らします。
そして左は彼女の脱ぎたてパンツを使う様子をエロいタッチで実況します。

パート終盤には彼女とSEXしてるイメージも登場しますから
前半よりもエロさが上がってる印象がするでしょう。
耳舐めをしっかりやりつつ別の手段でも興奮させる彼女らしいサービスです。

さくら子「あぁイクっ 射精しないのにイっちゃう」
最後の05パートは過去3作でメインヒロインを務めた先輩のさくら子が加わり
2人体制で左右の耳を同時に責める耳舐め特化の内容です。
終盤でこんなセリフが出てくるところを見ると
射精ではなくドライオーガズムを想定してるのかもしれません。
別にオナニーしてはいけないとも言われませんから普通にしごいても大丈夫そうです。

このように、色んなスタイルで耳舐めしながらおちんちんも気持ちよくするテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
耳舐め重視の穏やかな作品
大ボリュームで個性もある耳舐めを聴ける耳舐め好きには堪らない作品です。

なぎさ子はお店を何度も利用してる主人公を満足させようと
オールラウンドな自分を活かせるサービスを提案し、実行します。
そしてどのパートも耳舐めを十分にやったうえで乳首やおちんちんにも手を伸ばします。

明るくてサービス精神旺盛な女の子が耳舐め特化のエッチなサービスをするシチュ
質、量、個性のすべてに優れた聴き応えのある耳舐め
単調さが出ないようパートごとにそのやり方を変える柔軟な作り。
せんべろシリーズが元々持ってる魅力を出して若干アブノーマルなプレイにも挑戦します。

中でも耳舐めはこれだけ耳舐め作品が出てる今でも十分な存在感を持ってます。
あまりうるさくならないようにペースを落とし、その代わりパワーを多少上げて耳に刺激を送ります。
舌の先で穴を塞いでる時は閉塞感が味わえますし、過去作同様音のレベルが高いです。

ただし、せんべろ4と特徴や展開が割と似てることから
それを既に聴いてる人だと「あまり変わらないなぁ」と思うかもしれません。
耳舐め特化の時点で大きな違いを出すのは難しいですし、私個人はそれほど問題ではないと見てます。
シリーズ未視聴、あるいは1~3だけ聴いてる人ならそう感じることはまずないでしょう。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音多め、淫語そこそこ、くちゅ音と喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえてサークルさんでは6本目の満点とさせていただきました。
おまけは「W極・耳舐めエンドレスループ」です。

CV:なぎさ子…乙倉ゅいさん さくら子…遊佐ミコトさん
総時間 1:43:51(本編…1:26:37 おまけ…17:14)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
104分で770円とコスパが良いので+1してあります。

11月16日まで20%OFFの616円で販売されてます。
せんべろ1~3も11月27日まで50%OFFで販売されてます。