サークル「スマート挿入」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、態度はクールだけど性格はとても積極的なクラスメイトが
性欲旺盛な男子と色んな場所でひたすらエッチします。

事務的感や冷たさを薄めて対等に責め合う穏やかエッチが行われており
全編を通じて彼のおちんちんや精力の強さを褒めてやる気にさせ
さらに「チンコ」などやや下品な淫語を小まめに言う、SEXは毎回生ハメ&中出しするなど
男性が喜ぶ要素をいくつも盛り込みながら一緒に楽しむ姿勢でリードします。
ダウナーなのに世話好きなクラスメイト
クラスメイトの瑠果(るか)と6種類のエッチをするお話。

「お、珍しいね こんなところに来るなんて」
瑠果はややトーンが低く落ち着いた声の女の子。
空き教室へやって来た主人公を不思議そうな表情で迎えると
おちんちんの勃起にすぐ気づき自分からフェラを提案します。

本作品はエッチの経験豊富で自分の欲望にも素直な彼女が
同じ学校に通ってる彼とおよそ90分に渡る色んなエッチをします。
トイレ、空き教室、屋上、通学路近くの林とパートごとに場所を変え
さらに前置きや後の時間をできるだけ削ってひたすらエッチに専念します。
パート開始から2~3分後にはもうSEXを始めてました。

「健康健康 ムラムラしちゃったんでしょ? わかるわかる 私もどうしても急にムラムラしちゃう時とかあってさー」
彼の勃起を確認したらすぐさまエッチを持ち掛け
前戯もあまりせずいきなりSEXする割とスピーディーな展開です。
こうしたのはサークル名の「スマート挿入」に合わせてるのかもしれませんね。
彼女もスイッチが入りやすい性分らしく、彼を見下したり突き放すことは一切ないです。
むしろおちんちんの立派さや精力の強さを褒めて明るい雰囲気を作ります。

ダウナーキャラだから感情を表に出すことはあまりしません。
でも言葉と行為の両方から彼に対して一定以上の好意があることを示します。
キスシーンもそれなりにありますし、セフレなんだけど恋人っぽさもあるプレイに仕上がってます。

また「どこでもハメまくり!」の名の通り6パート中5パートがSEXメインになってます。
対面座位、立ちバック、騎乗位と異なる体位を設定し
どれも生ハメ&中出しするサービス精神旺盛な内容です。

彼女が作中で「体の相性が良い」と何度も言ってるところを見ると
仕方なくやらせてあげるのではなく純粋にそれを望んでるのだと思います。
淫語をどれもやや下品な表現にしてることも含めて男心を上手にくすぐってくれました。
事務的なところがまったくないので属性はほぼノーマルです。
ゆっくりじっくり愛し合うエッチ
エッチシーンは6パート69分間。
プレイはフェラ、キス、SEX(対面座位、立ちバック、対面立位、騎乗位)、耳舐めです。
SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほら しんどいっしょ? 早くトイレの中行こうよ」
主人公のムラムラに気づきすぐさまトイレへ連れて行った瑠果は
おちんちんを取り出し口と舌で気持ちよくします。

エッチは経験豊富な彼女が終始リードします。
前半の3パート28分間は彼女の性格や本作品の特徴をわかりやすく表現したシーン。
トラック1はフェラ、トラック2と3は対面座位SEXで1回ずつ射精させます。

「いい感じだね カウパーたくさんで チンコが喜んでるのが簡単にわかるよ こんだけ反応してくれると 舐め甲斐もあるね」
「んっ あぁいいね 私のマンコと相性ぴったりって感じ」

物語開始時点の2人はただのクラスメイトです。
でも彼女はおちんちんの見た目や感触を適度に褒める優しい態度を取ります。
セリフはプレイの実況と彼女の心情描写に力を入れてるおかげで
彼女が何を思い、感じてるかがわかりやすくなってます。

プレイについてはフェラは彼女のビッチなところがよく表れてます。
「じゅびびっ」みたいな下品な音を小まめに鳴らすことが多く
終盤にはピストンフェラに切り替えて一気に射精へ追い込みます。
精液はきっちり口で受け止め飲み干すなど、最初から手厚いご奉仕をしてくれます。

それに対してSEXは長めの時間を取りゆっくりペースで責め続けます。
ピストン音を緩く鳴らしながら彼のリクエストを尋ねて歩み寄り
キスや耳舐めといった口を使うプレイも挟んで心身両面を温めます。

「気持ちいいSEXって心も大事って聞いたことあるけど なんか繋がってるって感じしたし」
セフレだから体が気持ちよくなれればそれでいいはずなのですが
彼女の場合は心のケアにも気を配ってて雰囲気が結構甘いです。
彼の耳元で囁くシーンをそれなりに用意してることも含めて
サークルさんが2人の一体感を大事にしてるように感じました。

後半の3パート41分間はSEXに専念するシーン。
トラック4は通学路の途中で立ちバック、トラック5は学校の屋上で対面立位
トラック6は彼の自宅で騎乗位と毎回違う体位で時間いっぱい楽しみます。

「いや いい感じだよ テンポよく 気持ちいいところを刺激してて」
彼がSEXにある程度慣れたと判断したのか
ここからは彼に責めさせる描写を適度に挟んで彼女がそれを応援します。
彼がマグロになったらSEXがつまらなくなるのもあるのでしょうけど
この場合は彼に対する信頼の表れと見ることもできます。
前半に引き続きポジティブなセリフが多くて雰囲気が甘いです。

最終パートを彼の自宅にしてるのも2人の関係が変化してることを匂わせます。
プレイ自体はキスや耳舐めを挟みながら騎乗位で責め合う従来通りの内容で
そこに恋人繋ぎや2回連続射精といった新しい要素を盛り込み変化をつけてます。
口で言わなくても2人の心はもう恋人になってるような印象を受けました。

SEX中の会話量が全体的に多いせいであまり喘いでくれないのは残念ですが
激しく乱れたら彼女のダウナーキャラが崩れると判断したのかもしれません。
ピストンのペースが緩いことや囁き声も相まって、結構まったりしたSEXになってます。

このように、彼女の魅力を引き出しながらSEXを長めにやるタイトルを意識したエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の穏やかな作品
物静かで優しい女の子とたっぷりイチャイチャする正統派の作品です。

瑠果は同じクラスに所属する主人公と気持ちいいひと時を共有しようと
友達あたりの親しい態度で接しながらまずは優しくリードしてセフレの関係を築きます。
そしてある程度慣れた後は彼に責め手を任せたり、屋外のSEXに挑戦してより強い刺激を味わいます。

ダウナーだけどエッチにとても積極的なクラスメイトとがっつりエッチするノーマル向けのシチュ
SEXの時間をできるだけ長く取り、さらに前後の時間も最低限まで削った抜きを意識した作り
事務的感や素っ気なさを微塵も見せず、彼が喜ぶことをガンガンやる彼女の優しいキャラ。
セフレとエッチする様子を穏やかな雰囲気でストレートに描いてます。

中でも2番目は本作品のタイトルに直結する要素なだけあってかなり尖らせてます。
SEX以外のプレイで射精するのはトラック1だけ、しかも5分と非常に短く
それ以外は全部生ハメ&中出しのスタイルで場所、体位、責め手を切り替えます。
前置きや射精後の時間を短く設定してるのもテーマに合ってて良いです。

ただパートごとの違いをもう少し打ち出してほしいとも感じました。
場所や体位は確かに変わりますけどSEXの表現方法はどれも基本的に一緒なので
例えば林や屋上で繋がってる時は誰かに見られる、あるいは見せつけるスリルを煽るとか
彼が責めてる時は逆の時よりも乱れてさり気なく応援するといった明確な違いが欲しいです。

ダウナーキャラ、ピストンが緩い、囁き声で話す、喘ぎ声をあまり漏らさないと
ただでさえエロさを下げる要素をいくつも盛り込んでる作品なので
それをカバーする要素も入れておいたほうが実用性の向上に繋がります。
トラック1のフェラは声とちゅぱ音のギャップが引き立ってましたし
そういうパートをもう1~2個用意しておけばより深みのある作品になったと思います。

射精シーンは7回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

SEX重視の落ち着いた作品が好きな人には特におすすめします。

CV:涼花みなせさん
総時間 1:29:29

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年11月20日まで20%OFFの1056円で販売されてます。