サークル「1日分のもちもちだま」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、サービス精神旺盛で商売上手な店員のお姉さんが
アダルトグッズを初めて利用する童貞にエッチな実演販売をします。

オナホや乳首責めの機械といった器具を使ったプレイが充実しており
使い捨てオナホ、繰り返し使えるオナホ、口を象ったオナホ、そして生オナホと
パートごとに違うものを用意したうえで淫語や耳舐めもして上手に盛り上げます。
オナホは実際に使ってみないとね
アダルトグッズ店で働いてるお姉さんと5種類のエッチをするお話。

「いらっしゃいませー あっ、ごめんなさい ビックリさせちゃいましたか?」
お姉さんは明るくて優しい声の女性。
緊張した様子でオナホを眺めてる主人公に声をかけると
棚に置かれてるアイテムを軽く説明してからエッチの経験があるか尋ねます。

本作品は大人のおもちゃに関する知識が深くエッチも大好きな彼女が
最近始めた実演販売に興味を持って来店した彼をおよそ110分に渡ってもてなします。
お店で売ってるオナホの販促が目的なので直接イチャイチャするシーンは終盤まで取っておき
序盤から中盤にかけては色んな器具を使って乳首とおちんちんを気持ちよくします。

使い捨てオナホや(たぶん)非貫通式の通常のオナホだけでなく
乳首責め専用の機械、フェラホール、実物大のおっぱいマウスパッドなども出てきます。
同人音声におけるオナホは作品内の1パートだけやるケースが多く
こうやって最初から最後まで続けることは結構珍しいです。

最中に鳴る効果音も器具ごとに微妙な違いがありました。
プレイ前の準備や射精後に引き抜く際も専用の音が鳴ったりと
本作品の鍵になるプレイなだけあって音に関してもこだわって制作されてます。
質感もなかなかリアルで雰囲気作りやエロさの向上にとても役立ってます。

「使い捨てのタイプって 実は あんまり気持ちよくないらしいよ」
これらをリードする彼女については「気のいいお姉さん」と呼ぶのがピッタリです。
店員なので彼に商品を売り込むセリフももちろん言いますが
何でもおすすめするのではなく、ちゃんとデメリットも教えて彼が満足できるように進めます。
エッチの責め方も丁寧で事務的感はまったくありません。

彼女が冒頭で「このお店にはおじさんばかり来る」と言ってたのを見ると
自分より年下の男性に実演販売できるのが純粋に嬉しいのだと思います。
おちんちんの立派さを褒めたり、プレイの途中から淫語責めや耳舐めもしたりと
オナホコキの邪魔にならない範囲で色々サービスしてくれて本当に明るいです。
そして終盤では彼を気に入ったのか特別なプレイも用意します。

オナホを前面に押し出したエッチと彼女の明るくて積極的なキャラ。
音声作品ではマイナーなプレイに光を当てた個性的な抜き系作品です。
色んなオナホで何度も射精
エッチシーンは5パート79分間。
プレイはオナホコキ、耳舐め、首筋舐め、乳首舐め、乳首機械責め、乳揉み、パイズリ、フェラ、〇〇です。
服を脱ぐ、オナホコキ、乳首機械責め、乳揉み、パイズリ、〇〇の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「じゃあ早速 オナホール 試してみよっか」
使い捨てオナホの形状や使い方を簡単に説明すると
お姉さんはすっかり勃起してる主人公のおちんちんに被せてゆっくりしごき始めます。

エッチは年上で経験豊富な彼女が終始リードします。
最初の3パート48分間は当初の予定通りオナホを実演販売するシーン。
「01_初めての使い捨てオナホ(約14分)」は使い捨てオナホ
「02_初めてのオナホ(約18分)」は通常のオナホ
「03_乳首開発もしちゃう(約16分)」はオナホと乳首責めの機械を組み合わせて1回ずつ射精させます。

「ほら おちんぽ気持ちいい? 私に こーんなに密着されながら オナホでシコシコされるの 気持ちいいんだ」
彼女は事前の会話で彼が童貞なことやアダルトグッズ初利用なことを知ってるので
オナホコキのペースをわざとやや落としてゆっくり責めます。
そして体を密着させながら話しかけたり軽い耳舐めをして別の興奮も与えます。
「ぎゅぷっ」という空気交じりの水音もオナホらしさがよく出てました。

実演販売だからオナホコキだけでも問題ないのに
そこへ他のサービスを盛り込むあたりに彼女の性格が反映されてます。
やるからには彼に楽しんで欲しい、より気持ちよくなって欲しいという思いが込められてて甘いです。
天知遥さんと言えば耳舐めで有名な声優さんですけど
本作品はオナホが主役なので耳舐めをあまりやらないようにしてました。

この中で最も刺激的なプレイが出てくるのは03パート。
2回射精してもまだまだ元気なおちんちんを鎮めようと2種類の器具を同時に使います。

「強弱の調整もできるし リズムに合わせて 定期的に強くなるモードとかもあるよ」
乳首を責める器具は電動式で現実世界の「U.F.O. SA」に近いものだと思います。
効果音も「ぶぅぅぅぅん」みたいな電動音で後になるほどパワーが上がります。
そして彼女は普段よりもちょっぴり意地悪に振る舞って彼のM心をくすぐります。

言葉責めはしませんけど多少焦らしたり恥ずかしいセリフを言う指示が出てました。
プレイと属性の両方を前の2パートと変えて違いを上手く出してます。
機械を持ってる人は少ないでしょうから、聴く時は乳首オナニーと同時にオナニーするといいでしょう。

続く2パート31分間はイチャラブ感を強化したプレイ。
買ったオナホを使いすぎて壊してしまった彼が後日再び来店し
「05_もっと楽しめるアイテム(約15分)」はフェラホール+おっぱいマウスパッド
「06_リアル志向生オナホ(約16分)」は世界に1つしかないオナホを実際に試します。

「それ 私が揉んでみても唸るくらいには おっぱいの感触に似てるんだけど でもでも 実際に本物のおっぱい揉んでみないと 比較できないよね」
このシーンもやることは実演販売で一緒なのですが
彼女が彼を気に入った背景を考慮し女性の体とアダルトグッズと交互に試す形で進めます。
例えば05パートは彼女のおっぱいを揉んだりパイズリフェラして本物を味わってから
フェラホールを試し、それからまたパイズリフェラに戻って射精します。

アダルトグッズを使ってるのは間違いないですけど
この2パートは通常のエッチにとても近く彼女も一緒に楽しみます。
前のシーンでおちんちんの逞しさ、精液の多さ、精力の強さをしきりに褒めてましたから
たぶんそれを自分の体で味わってみたくなったのでしょう。
彼女の心情が以前から大きく変わってるのがわかります。

それをストレートに表現してるのが06パート。
事前に目隠しをしてから彼女のお店で開発してる試作品のオナホで責められます。

「あぁ いい チンポいい ちゃんと奥擦ってる」
販売ページの説明文に「生挿入/無責任生中出し♪」と書いてあるので
これがどんなプレイかは皆さんにもわかるはずです。
これまでよりも彼女の吐息が明らかに熱っぽく、時折喘ぎ声が混じるのも良い証拠です。
彼が童貞だから彼女なりのやり方でご褒美をあげたかったのかもしれません。
テーマの実演販売を活かしたままより踏み込んだプレイに進みます。

全体的にエッチな音の量と密度が高めで抜きやすかったです。
オナホコキするパートが多いですけど毎回器具が変わるので単調さはありません。
一部では乳首開発も絡めてますし、テーマ性を持たせたうえで幅広いプレイに挑戦してます。

このように、色んなアダルトグッズを使って甘く責める穏やかなエッチが繰り広げられてます。
個性の強い抜きボイス
オナホ尽くしのプレイとお姉さんの明るいキャラを組み合わせた抜きやすい作品です。

お姉さんはオナホをまだ一度も使ったことがない主人公にその魅力を教えようと
店内の別室で自分が見繕った商品を実際に使って何度も射精させます。
そして後日再び来店した時は本物の女性の体も味わわせてグッズとは別の快感を与えます。

商売上手でエッチ大好きなお姉さんが年下の童貞をオナホで責めるノーマル~ややM向けのシチュ
色んなタイプのオナホを用意し、それぞれで違う音を鳴らす凝ったエッチ
それと同時に淫語責め、耳舐め、乳首責めをする彼女の積極的なキャラ。
単にオナホを実演販売するのではなく、彼女の存在感もしっかり持たせて作品を組み立ててます。

中でも2番目は同人音声ではなかなかお目にかかれない内容ですし
全体の流れ、各パートのプレイ構成、そして最中に鳴る音がどれも高品質です。
オナホコキだけをやることはほとんどないのでどのパートも濃く感じました。
彼女のセリフもポジティブなものが多く良い気分に浸りながら抜けます。
最初はグッズ中心だったのが後になると彼女の体も試させてくれる展開も良いです。

射精シーンは6回。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

オナホを使ったプレイが好きな人には特におすすめします。

CV:天知遥さん
総時間 1:57:45(本編…1:50:45 フリートーク…7:00)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります