サークル「Delivery Voice」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声は可愛いけど性格は結構意地悪な双子が
M男を相手にとってもハードでもどかしいオナサポをします。

焦らしと寸止めを交互にやって精液を熟成させるのが特徴で
前者はオナニーを禁止したうえで耳舐めや吐息を繰り出してしごきたい気分にさせ
後者はパートごとにやり方を変えながら強めに責めて暴発を誘います。
じっくり溜めて気持ちよく射精
ノアとココアがきつめのオナサポをするお話。

「お兄さん はじめまして 私はココアだよ」
ココアは明るくて可愛い声の女の子。
「私はノア よろしく」
ノアはややトーンが低く穏やかな声の女の子。
普通のオナニーじゃ満足できない主人公に左右から話しかけると
エッチを始める前に作品のコンセプトや全体の構成について説明します。

本作品は普段よりも気持ちいい射精を味わわせることを目的に
彼女たちがおよそ70分に渡るドM向けのオナサポをします。
サークルさんの代表作「じっくりじっくり焦らされて最後に思いっきり搾り取られる音声」の続編にあたりますが
コンセプトが一緒なだけでキャラやストーリーの繋がりはありません。
声優さんも交代してますから前作未視聴でも問題なく楽しめます。

最大の特徴は焦らしと寸止めを交互に行う落差の大きい責め。
オナニーできるパートとできないパートを用意し、それぞれでまったく違うことをします。
寸止めを繰り返した直後に休憩する展開だけを見ると優しく感じるでしょうが
実際はオナニーしたい気分にさせるアプローチをガンガンしてくるのでもどかしくなります。
おちんちんや金玉を握る指示を出したりと、彼がゲームオーバーになるよう巧みに誘惑します。

ココア「お兄さんみたいな変態さんはマゾだから 私たちがおもちゃにするの」
ノア「射精しないように 弱くシコシコしたり ちょっと休んで また波が去ったら高速シコシコ 見てるだけで マジで面白いね」
2人は声は見た目通りに可愛いのですが性格はかなりのS。
彼が射精を必死で我慢する姿やオナニーしたがってる姿を面白そうに眺めます。
オナサポも時折罠を仕掛けて暴発を誘うシーンがありますからクリア難度は高めです。
物語の終盤には内容を完全に伏せたパートをふたつ用意するなど
この先何が起こるかわからない状況を常に作って揺さぶりをかけます。

寸止めオナニーその1、その2とパート名はほぼ同じですけど
毎パートやることが変わるので最後まで飽きずに聴くことができます。
純粋なエロさも結構高めでオナニーしないパートも勃起を維持しやすかったです。

焦らしや寸止めをがっつりやる意地悪な展開と責め方の種類が豊富なエッチ。
前作の特徴を受け継いだうえでよりハードなオナサポをするやり応えのある作品です。
押し引きを繰り返す変化に富んだエッチ
エッチシーンは8パート62分間。
プレイは耳舐め、オナニー、キス、喘ぎ声を流す、吐息責め、亀頭/金玉を揉む、〇〇です。
エッチな効果音はありません。

ココア「このパートで お兄さんには勃起してもらうよ」
ノア「寸止めするには まず そのだらーんとしたチンポを 勃起させる必要があるの」
ノアが右、ココアは左に陣取ってオナサポの概要を説明すると
まずは片耳舐めと両耳舐めを順にやっておちんちんを元気にします。

エッチは終始双子の言う通りに動きます。
最初の3パート25分間はウォーミングアップに近い内容。
「2.勃起タイム(約5分)」は耳舐め、「3.寸止めオナニーその1(約9分)」はオナニー
「4.シコシコ禁止その1(約11分)」は両耳舐めやキスしながらの言葉責めと
ちゅぱ音の量を多めにして興奮しやすい状況を作ります。

ココア「おちんぽに支配されて すぐお猿さんみたいにシコシコする よわよわチンポは 門前払い」
ノア「マゾのお兄さんには もっともっと苦しんでもらうために 耳舐めエグくしてるだけだよ」
通常の音声作品は耳舐めが始まるとしゃべらなくなります。
しかし本作品は録音した耳舐め音を流すスタイルになってるので普通に話しかけてきます。
他のパートでもこのシステムを採用しており全編を通じて言葉責めが多めです。
2人とも彼をおもちゃ扱いしてるので序盤から容赦ありません。
耳舐めも水分高めでパワフルと暴発させることを見据えたちゅぱ音になってます。

耳舐めの間に挟まってる寸止めオナニーもなかなか手ごわいです。
彼女たちが宣言した数字の回数だけしごくルールになっており
次の数字を言うまでの時間を使ってこなします。
20→30→50→70→100とガンガン増えていくためオナニーのペースも自然と上がります。
もちろんそれだけじゃなく他の責め方も投入して快感に慣れるのを防ぎます。

さすがにこのシーンで射精することはないと思いますけど
ボディブローのように後で影響が出てくる可能性は高いです。
彼女たちの声が可愛いからと舐めてかかったら痛い目を見るでしょう。

続く中盤の2パート19分間は別パターンの焦らしと寸止め。
「5.寸止めオナニーその2(約11分)」はシコシコボイスを使ったオナニーで追い込み
「6.シコシコ禁止その2(約8分)」は左右同時の吐息、亀頭&金玉を揉むプレイで彼を悶えさせます。
ここから先はノアが左、ココアが右に入れ替わります。

ノア「私たちのおまんこはきつきつ ちゃんとフルパワーで握ってね」
前者は1秒1コキ~1秒3コキと比較的速いペースを設定してるのに加えて
途中から喘ぎ声が加わって疑似SEXに近いプレイへ変わります。
シコシコボイスと喘ぎ声のスピードが連動してるので雰囲気が出てました。
引き続き言葉責めも多く実時間以上の濃いオナニーが楽しめます。

後者はプレイ自体は割とソフトですけどおちんちんに微弱な刺激を与え続けることになり
そのままオナニーしたい、射精したい気持ちを食い止めながらする結構意地悪な内容です。
亀頭は「にぎ にぎ」、金玉は「もみ もみ」と専用の掛け声も用意されててやりやすかったです。
吐息はおちんちんに吹きかけてるようですが、音声では耳にやってるふうに聞こえました。

そうやって様々な試練を乗り越えてきた後
ようやく最後の「9.射精パート(約1分)」で射精の瞬間が訪れます。
(「7.???」と「8.???」は本レビューでも完全に伏せさせていただきます)
10カウントに合わせて射精する至ってシンプルな内容で
我慢に我慢を続けた末に出せたおかげで普段よりも強い快感が襲ってきました。

しかしパートの時間がかなり短く余韻を楽しみにくいのは残念です。
本作品のオナサポは結構ハードですから、純粋な快感以外に達成感や満足感も味わえるはずです。
それを踏まえて事後の時間をもう1~2分長くしたほうがスッキリできたんじゃないかなと。
道中が濃いのに最後だけあっさりしてるのがどうしても引っ掛かりました。

このように、いつ暴発したりルールを破ってもおかしくない変化に富んだエッチが繰り広げられてます。
ドM向けのオナサポ作品
オナサポに使われてる色んな要素をひとつに凝縮してる豪華な作品です。

ノアとココアは普段よりも刺激的なオナニーを求めてる主人公の願いを叶えようと
左右に陣取り耳元で話しかけながら焦らしと寸止めを交互に繰り出します。
そして同じ寸止めでもパートごとにやり方を変えて暴発を上手に誘います。

可愛くてドSな双子がドMな男性にハードなオナサポをするシチュ
オナニーをするパートとしないパートを交互に配置した落差の大きい展開
寸止めはノルマ式オナニーと喘ぎ声を交えたシコシコボイスオナニー
焦らしは耳舐め、吐息、おちんちんや金玉を揉むプレイと種類が多彩なエッチ。
ひとつの大きなテーマを定めたうえで中身を複雑にする手の込んだ作品に仕上がってます。

中でも2番目はオナニーする時は射精へガンガン追い込む
しない時は音と言葉で興奮させてもどかしい気分にさせると
まったく違う責め方をしてくれて面白いです。
本作品はパートごとにルールが定められてるので、それを破った場合も敗北になります。
おちんちんを握らせてにぎにぎするシーンはその良い例です。

ココア「ほら シコシコしたかったら シコシコしていいんだぞー」
あとはセリフとシコシコボイスや耳舐めが分離してる状況を活かして言葉責めを積極的にします。
これもオナサポのクリア難度を上げるのに結構影響してます。
責め方に落差をつける、時折罠を張るのも含めて心を揺さぶることに力を入れてました。

射精シーンは1回。
淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 1:10:12

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります