キャンプフォーリー~テントに籠って彼女とラブラブ密着中出しえっち~【フォーリーサウンド】(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「#6.キャンプでおやすみ」以降の様子を中心に紹介します。
エッチの後はまったりお休み
最初の2パート27分間は前編でエッチした後のお話。
「#6.キャンプでおやすみ」は軽く会話してからまどかとテントで眠り
「#7.モーニングコーヒーをまどかと」は翌朝焚き火にあたりながらモーニングコーヒーを飲みます。
#6は大部分が彼女の寝息で構成されてるため説明を省略します。

「今日はねー めっちゃいい豆買ってきたんだ これさー 一袋で1300円もした」
この2パートはいずれもエッチな描写が特になく、彼女のセリフや一緒に鳴る音を楽しみます。
彼女がこの日のために買っておいたコーヒーミルの「がりがり」という粗い音
お湯やコーヒーをカップに注ぐ音、そして息を吹きかけながらコーヒーを飲む音と
コーヒー作りの一部始終をほぼ音だけで表現します。
そしてバックでは焚き火の音と鳥の鳴き声が流れて清涼な雰囲気を作ります。

会話もそこそこしますけど、やはり音のほうが存在感は大きいです。
たっぷりエッチした後だから彼女の表情も晴れやかでした。
エッチ三昧だったキャンプを非エロパートで爽やかに締めくくってます。
少しずつ前進するエッチ
後編のエッチシーンは2パート48分間。
プレイはキス、手マン、SEX(正常位)、フェラです。
服を脱ぐ、手マン、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「じゃあ あの 不束者ですが あの…よろしくお願いします」
主人公と付き合い始めてまだ日の浅い時期に初めてキャンプへ出かけたまどかは
食事が美味しかったことや温泉が気持ちよかったことなどを一通り語ってから
勝負下着を着てきたことを告げてエッチに誘います。

後編のエッチはパートによって責め手を切り替えながら進めます。
ちなみにこの2パートはいずれも前編より過去のお話です。
最初の「#8.初めてキャンプえっち」は2人が初めてエッチした時の様子(約30分)。
キスから始まり軽い手マンを挟んでから正常位SEXへと移ります。

「私もまぁ なんかいい感じだ うん、いいよ もう1回(キス)してみよう」
この時点の2人はSEXどころかキスすらしたことのない状態なので
お互いに試行錯誤しながら上手くエッチできるように頑張ります。
キスだけで8分以上の時間を割き、その中に彼女の心情を挟んで一体感を出します。
SEXもゴムをつけてからゆっくり繋がり7分程度やったら終了する控えめなものです。

前編よりもさらにスローペースでエッチするため
正直なところ抜きよりもキャラや雰囲気を楽しむパートだと思います。
詳しい事情は話せませんけど同人音声でこういう展開になるのは非常に珍しいです。

「ちといてぇけど なんか 嬉しい…のもある」
そしてエッチがソフトだからこそ彼女の可愛さや健気さが一層際立ってます。
彼におまんこを見られた時はすごく恥ずかしそうな反応をしますし
SEXに入ると痛がりながら嬉しそうな表情を見せます。

彼女は大人になる前からずっと彼を好きだったそうですから
自分の処女を捧げられたことによる幸福感や満足感は相当なもののはずです。
成長してエッチになった姿は前編で十分披露してますし
ここでは初々しさや不得手さといった別の魅力を込めたSEXをします。

次の「#9.まどかとの日常えっち」は唯一キャンプ場以外でエッチするパート(約18分)。
休日前の夜に彼の家へ押しかけた彼女がフェラで仕事の疲れを取り除きます。

「出そうなん? おけおけ じゃ 口でイっていいぞ」
SEXがまだ痛いと言ってたり、精液の匂いを興味深そうに嗅いでるところを見ると
やはりこれも前編のキャンプより前の出来事と見るのが妥当です。
あちらでは精液を飲んでたのがこちらではティッシュで拭き取ってます。
フェラの音も前編に比べると下品さが薄れてました。

射精シーンがあるので一応抜けるとは思いますけど
最中の会話がそれなりにあるところを見るとやはりイチャラブ感を楽しむパートかなぁと。
音重視だった前編に対し、後編は会話量を増やして彼女の心情や反応をより綿密に描いてます。

このように、2人が付き合い始めたばかりの様子を描いた初々しいエッチが繰り広げられてます。
キャラ&雰囲気重視の作品
好きな人とキャンプしてる気分に浸らせながらエッチする作品です。

まどかは主人公と2人きりのキャンプを満喫しようと
最初はテントの外、次はテントの中でフェラやSEXをがっつりします。
そしてその様子を高品質な声と音を組み合わせてリアルにお届けします。

ギャルっぽい彼女とキャンプでイチャイチャしながらエッチするノーマル向けのシチュ
セリフよりも声や音でその様子を表現するASMR系のエッチ
これらの最中に見せる彼女の可愛くて純情な姿。
キャラ作りをしっかりしたうえで音と組み合わせて一緒にいる雰囲気を作ります。

「いいんだよ お前になら 何されてもいいんだから」
中でも3番目は口調はやや乱暴だけど彼を一途に愛してるのが強く伝わってきます。
キスを小まめにしたり「好き」と何度も言うのが良い例です。
騎乗位でSEXする時も結局は彼にイかされますし
自分のすべてを曝け出して彼を喜ばせようと頑張る魅力的なキャラに描かれてます。

あとはサークルさんがこだわりポイントに挙げられてる通り音の臨場感が高いです。
今回は自然さを出すためにわざと微弱なノイズを残してます。
野外はもちろん、テント内でも普通は外の音が聞こえてきますから
完全な無音よりもこうしたほうがキャンプらしくなります。

立ちバックの時に地面を踏みしめる音でピストンを表現するなど
純粋なエロさよりもリアリティを重視するシーンがいくつもありました。

エッチについては全体的に責めるペースが緩いことや
彼女がイキやすい体質なためSEX中に休憩を何度も挟むことから
スローSEXが好きな人に向いてると思います。

後編の射精シーンは1回。
淫語とちゅぱ音そこそこ、くちゅ音と喘ぎ声ごく僅かです。

キャラ、音、雰囲気の作り込みは素晴らしいけどエロがやや弱いと判断し
今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:秋野かえでさん
総時間 3:16:42

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年8月7日まで15%OFFの1122円で販売されてます。