off ton tonさんで公開されてる無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、育ちの良さそうな声と態度のお姉さんが
お花見を題材にした催眠とエッチで幸せなひと時を提供します。

お酒を飲むのに合わせて体の熱が高まる暗示を入れたり
聴き手の意識と桜の花びらを結び付けて深化させるなど
お花見にまつわるイメージを駆使した穏やかなサービスが楽しめます。
仮想世界でお花見を
お姉さんと2人でお花見するお話。

「あら あらあら よくここを見つけましたね」
お姉さんはお嬢様っぽい話し方をする明るい声の女性。
ある日の夜、特別な場所を訪れた主人公に挨拶すると
自分が用意したお酒を飲んでハッピーになろうと言います。

本作品はお酒を飲みながらお花見する気分を疑似体験させることを目的に
彼女が60分ほどを使って催眠をかけたり変わったエッチをします。
彼は元々お花見に来たのでストレートにエッチするのではなく
お酒や桜の花びらといったテーマに合う素材を使って感覚をコントロールします。

ちなみにサークルさんは当初4月に公開する予定でしたが
色々あって6月に流れたそうです。

「ひとたびお酒が喉を通ると ふわりと体の中から温かさを感じる」
お酒を飲むのに合わせて体が温まる暗示を入れたり
舞い散る花びらを通じて落下感を伝えるなど
イメージと技術を上手く組み合わせた季節感のあるリードをします。

これらをするにあたって「ふわり」「ひらひら」といった擬声語を言うことが多く
彼女の上品な声も相まって穏やかな空気が漂ってます。
深化にかなり力を入れてますから、初心者が催眠の感覚を掴むのにも向いてます。

催眠はおよそ27分間。
仰向けに横になって目を瞑り、軽く深呼吸してからお酒をひと口いただきます。

「意識をして呼吸をすると 意識をした分 気持ちが穏やかになっていく」
通常よりもセリフを細かく区切ってペースを落とし
自由に深呼吸させながらリラックスを促す言葉をかけて応援します。
深呼吸が終わった後に「ありがとうございます」とお礼を言うなど
育ちの良さを感じる描写がいくつもあって和みました。

お酒を飲むシーンもカウントに合わせて熱を高める暗示を入れて臨場感を出します。
お花見がテーマだからでしょうけど、雰囲気作りにも気を配って進めてました。

主役の桜が登場するのはその次から。
ピンク色の花をたくさんつけた大きな桜の木をイメージし
風に吹かれて花びらが舞い落ちる様子をのんびり眺めます。

「風に吹かれた桜の木から 花びらが落ちていく 花びらが落ちる 淡いピンク色が ゆっくりと ひらひらと ふわりふわりと 落ちる 落ちていく」
これらの様子を彼女が実況するわけですが
その際に「ゆっくり」「落ちる」といった深化を促す単語を多く盛り込んでます。
実際に聴いてみると後になるほど頭や体が重くなるのを感じるでしょう。
聴き手の意識と桜の花びらを関連付けてあってなかなか上手です。

そしてこれをよりスムーズに成り立たせるためにお酒を活用します。
詳しい内容は伏せますが、両者を繋ぎ合わせるギミックが込められてます。
お酒と花びらがセットになってるほうがよりお花見らしくなりますからね。
17分くらいかけてゆっくりやるので慣れてる人なら結構深くまで入れるでしょう。

お花見では定番の要素を組み合わせたイメージ主体の催眠です。
聴き手をお花見してる気分に浸らせることを目的に
彼女に膝枕されたまま深呼吸で心身を落ち着け
それからひらひら落ちる桜を眺めながらお酒を飲む様子に技術を込めて落とします。

やってることは割かしシンプルですけど、お酒と桜を関連付けたり
擬声語を適度に入れて暗示にリズムと柔らかさを持たせるといった工夫がされてます。
彼女の上品な声と態度も夜のお花見に合ってて良いです。
日本人なら桜は見慣れてるはずですから、イメージに苦手意識を持ってる人でも楽しみやすいと思います。
ちょっぴり下品に振る舞うエッチ
エッチシーンは17分。
プレイは体を舐める、フェラ、カウントによる絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありませんが射精表現があります。

「ごめんなさいね 今脱がせますわ」
風情のある催眠をかけて主人公を幸せな感覚で包み込んだお姉さんは
その途中でお酒をうっかり倒してしまい、お詫びに彼の体を舐めて綺麗にします。

エッチは引き続き桜を見ながら彼女におちんちんを舐められます。
最初の8分間は絶頂に向けて感度を上げるシーン。
彼女が彼の体を舐めてお酒の味を楽しみ、さらに暗示を入れて体の熱をさらに高めます。

「桜が風に煽られて ぶわーっと 花びらが舞い散ると あなたの感度も ぶわーっと上がっていくの」
催眠の結果を踏まえて引き続き桜の花びらと関連付けてますが
息遣いが熱を帯びる、やや下品なちゅぱ音を鳴らすといったエロさを感じる要素もあります。
彼女を上品なキャラにしたのはここでのギャップを引き立てるためかもしれませんね。
催眠パートから温感操作を小まめにしてたおかげで体がカーッと熱くなるのを感じました。

後半の9分間は絶頂シーン。
舐める対象を体からおちんちんに切り替え
短めのカウントに厚めの暗示を盛り込んで1回ずつ丁寧にイかせます。

「快感が一気に押し出される 快感が体中をぶわーっと駆け巡る 視界がピンクに染まっていく イクっ イクイクっ」
作品の山場だからでしょうけど、ここだけはセリフとフェラの音を同時に流し
0を宣言した後はスピーディーな追い込み暗示を入れるパワフルな責め方をしてました。
ほぼノンストップで2回やるので両方絶頂できるどうかは人によりますが
やり方はしっかりしてて催眠に入れていれば何かしらの変化を実感できると思います。
プレイ時間が短めだったからか、私の場合は2回目に軽めの絶頂を迎えました。

このように、上品な雰囲気とやや下品な責めっぷりを組み合わせたエッチが繰り広げられてます。
イメージ重視の作品
お花見気分に浸らせながら気持ちよくする季節感のある作品です。

お姉さんは自分に会いに来てくれた主人公を幸せにして送り出そうと
まずはお花見に関する催眠をかけながらお酒を飲ませて舞台を整えます。
そしてエッチはアクシデントを名目に体やおちんちんをねっとり舐めます。

普段は上品だけどエッチになると下品に振る舞うお姉さんとお花見するノーマル向けのシチュ
お酒を飲む感覚や桜の花びらが落ちるイメージで深化させるテーマ性のある催眠
熱い吐息、じゅるじゅるしたちゅぱ音、気持ちよくなる暗示を組み合わせたエッチ。
催眠を重視したうえでドライも迎えられるように組み立ててます。

中でも催眠はお花見らしさがちゃんと出てますし
深化の内容が独特&手厚いと一際耳を惹くところを持ってます。
お酒は桜に比べると脇役ですが絡めてあって統一感があります。
音声を聴いてればその場の情景が頭の中に自然と浮かんでくるでしょう。

エッチはもうちょっと時間が欲しい気もしますが
催眠でやったことを受け継いだリードをしてるのは事実です。

絶頂シーンは2回。
淫語とちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

無料ですから興味の湧いた方は是非お聴きください。

CV:麓さん
総時間 56:12

ダウンロードはこちら
https://fmfmtonton.hatenablog.com/entry/2020/06/28/133219