サークル「空心菜館」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段は控えめだけどスイッチが入ると大胆になる女の子が
不思議な状況で知り合った男性に床オナのやり方を伝授します。

最初から最後まで床オナだけをするのが特徴で
どのパートも小まめに掛け声を出してペースを教えながら
前半は比較的ソフトなプレイで慣らし、後半は上級者向けのハードなプレイに挑みます。
最中は彼女が吐息や喘ぎ声をよく漏らしてくれるので純粋なエロさもそれなりにあります。
床オナをしっかりサポート
ゆかねの指示に従って床オナするお話。

「あ… こ、こんばんは」
ゆかねは可愛くて大人しそうな声の女の子。
主人公の耳元に話しかけ2人でうつ伏せになってる状況に戸惑うと
枕元に本があることに気づき、それをめくって内容を確認します。

本作品は手を一切使わずおちんちんを床に擦りつけて射精するのを目的に
彼女がおよそ130分に渡って4種類の変わったエッチをします。
初級編、中級者編、上級者編とパートが進むごとにステップアップし
それぞれでやり方を変えながら時間いっぱい床オナを続けます。

「今度は 床におちんちんが またぴったりくっつくまで ぐぐぐっと体重をかけてみてください 一気にやるんじゃなくて あくまでゆっくり」
床オナはおちんちんに体重がかかるため、手を使うオナニーよりも危険性がやや高いです。
それを踏まえて全体のペースを緩めに設定し、無理しないよう言い聞かせながら丁寧に進めます。
一番速い時でも2秒1コキくらいですから手よりずっとスローペースです。
頭を空っぽにしてオナニーできるよう1回1回掛け声を出してくれます。

さすがに床へ直に擦りつけるのは痛いでしょうから
下にタオルを敷くかクッションを置いたほうが衝撃を緩和できてやりやすいです。
あとは手で補助したりオナホを使うのもいいでしょう。
体重のある人はこのへんをちゃんとやっておいたほうが負担が減ってスムーズにできます。

「すごっ 間近でおちん…見ちゃった こんなに硬くなるんですね」
ゆかねについては清楚な普通の女の子といった印象のキャラです。
主人公と2人きりになった状況に戸惑いつつ、参考書に書いてあることをわかりやすく教えます。
途中から彼女とSEXするイメージを盛り込んだり、一緒にオナニーして絶頂を目指すなど
主人公とできるだけ同じ目線で接する穏やかな態度を取ります。
これのおかげでオナサポでは珍しく吐息や喘ぎ声が多めになってます。

床オナを1から教えてくれる個性的なエッチと彼女の優しくて積極的なキャラ。
人気ジャンルのオナサポではあまり扱わないプレイに光を当ててる意欲作です。
少しずつ前進する手厚いエッチ
エッチシーンは4パート105分間。
プレイは床オナニー(おちんちんの圧迫、床に擦りつける、ピストン、逆向き擦り)、ゆかねのオナニー、〇〇です。
床に擦りつける、ピストン、逆向き擦り、ゆかねのオナニー、〇〇、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「それじゃあ 実際に床オナを始めてみましょう」
10分程度の前置きを挟んで床オナの準備を整えたゆかねは
その手始めにうつ伏せのまま腰を上げて下ろすソフトなプレイを教えます。

エッチは終始彼女に言われた通りに体を動かします。
一番最初の「【2】初級編~圧迫~」は床オナに慣れさせることを意識したプレイ(約31分)。
「ぐぐぐぐー」の合図でおちんちんを圧迫するところから始まり
腰を上げてから押し付ける→前後に動かして擦ると徐々にピストンっぽい動きに近づけます。

「床オナニーで 一番気持ちいいのは やっぱり先っぽ 亀頭らしいですから できるだけ亀頭に感覚を集中させて 刺激を楽しみましょう」
サークルさんはおそらく床オナ初心者向けに制作されたのでしょう。
何をするかはもちろん、簡単なコツも交えてゆっくりじっくり進めます。
ペースが緩いのに加えて1回ごとの間隔も長めに取ってありますから
生まれて一度もやったことがない人でも無理なくついていけるはずです。

その代わり得られる快感は弱めになってます。
私がやった時も「多少気持ちいいかな?」程度でした。
床オナでいきなりハードなプレイをするのは危ないので、最初はこれくらいが丁度いいと思います。

次の「【3】中級者編~ピストン~」は床オナで射精するのが目標(約29分)。
引き続き「ずり ずり」と掛け声を出してピストンを繰り返し
段階的にペースを上げた後は彼女もオナニーを初めて一緒の絶頂を目指します。

「もしあそこに入れられた時も こんなふうに焦らされたら きっと 辛いですよね」
そしてここからは彼女とSEXしてるイメージを交えて進めます。
本作品のオナサポは指示にとても力を入れてるので純粋なエロさが不足しがちです。
だからSEXっぽくして気持ちを盛り上げ、さらに彼女が吐息多めの喘ぎ声を漏らして雰囲気を作ります。
ピストン床オナを始めた頃から掛け声に合わせて粘性のある水音も鳴るなど
心への刺激にも気を配ってリードします。

床オナの経験がほとんどないのでさすがに射精はできませんでしたが
それでも通常のオナニーに近い快感は得られました。
ある程度慣れれば十分射精できるプレイだと思います。

後半の2パート45分間は床オナの基本を押さえた人向けのプレイ。
「【4】上級者編~逆向き擦り~」はこれまでと違うやり方で亀頭を擦りつけ
「【5】地獄の片道切符コース」は普段と違うゆかねが登場し、今までよりもM度が高い床オナをします。

「さっきのは亀頭の裏側を床に擦りつけるやり方だったけど 今度は逆 亀頭の表側を床に擦りつけるやり方なの」
逆向き擦りは言葉だけだとわかりにくいでしょうから説明しますと
おちんちんと床の位置が平行だった従来の床オナとは違い
両者を垂直にして亀頭の先端や上側を擦りつけます。

腕立て伏せの体勢で床オナする感じですね。
腕にしっかり力を入れないとおちんちんが折れる可能性があるのでくれぐれもご注意ください。
体力を消耗するからでしょうけど時間は本作品の中で最も短い20分に設定し
ペースも5秒1コキ~3秒1コキと他よりも緩くしてます。

このパートに関しては完全なチャレンジ要素かなぁと。
やるのがきついし快感もそれほど得られなかったです。
普通の床オナでは満足できなくなった人向けと私は認識してます。

「ほらほら もっといやらしく 腰動かしてみな?」
最後の地獄の片道切符コースはキャラの変化が最大の特徴です。
今までお淑やかだった彼女が小悪魔っぽい態度を取るようになり
彼を軽く見下しながら床オナの指示を出してちょっぴり惨めな射精を味わわせます。

雰囲気はやや厳しくなりますけど、プレイについてはそこまでハードじゃありません。
おちんちんに圧力をかけるのは間違いないですが聴き手1人では絶対にできないやり方です。
「女性に実際にされたら膣内射精障害になるかもしれないかな?」と思う程度で
1人で楽しむ分にはシチュがM向けになっただけに留まってます。
逆向き擦りは一切やりませんし、上級者編よりもこちらのほうが本作品の総仕上げに相応しい内容だと思います。

このように、パートを跨ぐたびに少しずつ刺激の強いプレイに移る親切丁寧なエッチが繰り広げられてます。
個性の強いオナサポ作品
マイナーなプレイをひたすら掘り下げてる独特な作品です。

ゆかねは何らかの理由で自分と一緒の場所にいた主人公に床オナのやり方を教えようと
初級、中級、上級とパートごとにランク分けしてそれぞれで異なるプレイを指示します。
そして最終パートはもうひとつの顔を見せて普段よりもM向けの床オナを味わわせます。

清楚と小悪魔ふたつの顔を持つ女の子が手取り足取り床オナサポするノーマル~M向けのシチュ
何をするか説明してから掛け声を出してリズムを取るやりやすいリード
疑似SEXのイメージや一緒にオナニーするスタイルで興奮させる抜きに配慮した演出。
プレイ自体は奇抜ですが、そのやり方は慎重かつ丁寧でじっくり床オナに取り組めます。

中でも2番目は「完全サポート」と言っても差し支えないレベルで指示を出してくれます。
床オナは音声作品だとかなりマイナーなプレイなので
どうやるか教えるところから始める必要があります。
本作品は最初におちんちんを圧迫する、次は体を持ち上げて押し付けるのを繰り返す
そして前後に擦ると床オナの動きに慣らしてから射精を目指します。

パートごとにやることの種類はそれほど多くありません。
おちんちんを刺激する時間をできるだけ長く取って射精できるようにしてます。
そして上級者編ではより難度の高いプレイに挑戦します。
かなり初心者向けの内容ですが歯ごたえのある要素も一部盛り込んであって幅広いです。

最初のほうでも書いたように、ただおちんちんを床へ擦りつけるよりも
何か道具を使ったほうがやりやすさと抜きやすさが上がると思います。
個人的にはオナホがおちんちん全体を刺激できるし精液の処理もできて便利だと思います。
疑似SEXする中盤以降の雰囲気に合ってるのもあります。

射精シーンは3回。
くちゅ音と吐息多め、淫語と喘ぎ声それなり、ちゅぱ音ごく僅かです。

変わったオナサポに挑戦したい人には特におすすめします。

CV:小石川うにさん
総時間 2:09:59

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年6月25日まで20%OFFの968円で販売されてます。