サークル「Dose and Dreams」さんの催眠音声作品(女性向け)。

今回紹介する作品は、声は穏やかだけど性格は割とSな記者君が
自分に会いに来た女性に催眠をかけたり独特なエッチをして気持ちいい証を刻みつけます。

M向けの要素を色々盛り込んだ調教色の強いプレイが行われており
首輪をつける、スパンキングする、痴態を撮影するといった割と過激な要素を盛り込み
それらに専用の効果音を入れて彼に責められてる雰囲気を作ります。

音声を聴く際に指輪を用意しておくとより楽しめます。
今回は初回用を聴いてのレビューをお送りします。
怪しい記者君とする変わったプレイ
記者君に催眠をかけられ調教されるお話。

「こんにちは 今日はよく来ていただけましたね」
記者君はトーンが低く穏やかな声のお兄さん。
音声を聴く際の注意事項を説明すると
主人公に挨拶し、噂が好きかどうか尋ねます。

本作品は男性に焦らされたり軽く意地悪されるMの快感を味わわせることを目的に
彼がおよそ60分に渡って催眠を交えた刺激が強めのエッチをします。
彼が彼女に様々な烙印を刻むことをコンセプトに掲げてまして
パートごとに内容を変えながら女性向け催眠音声ではあまり見かけないプレイを積極的にやります。

「甘い快感 だけじゃなくて 鋭い快感も 耳のこと 責めながらお尻 何度も叩いて」
エッチの冒頭で首輪を装着して上下関係を明確にし
さらにスパンキング、恥ずかしい姿の記念撮影などM向けの要素が充実してます。
彼の声やセリフが割と優しいのでどぎつい感じはしないでしょうけど
属性が合う人のほうがずっと楽しめると思います。
手マンやSEXといった一般的なプレイは敢えてやらず、シチュと技術で興奮させることを目指してます。

また冒頭でも触れたように製品版には初回用と2回目以降用が用意されてます。
詳しいファイル構成は付属のテキストに書いてあるので
とりあえずは初回用を聴き、その後で次に進むのがいいでしょう。

催眠はおよそ18分間。
最初の「01_導入」(約15分)は楽な姿勢で目を瞑り
まずは深呼吸しながら彼の言葉に耳を傾けます。

「ふーって ゆるゆるーって 力が抜ける 心地よーく抜けていく ずーんと重くなる」
エッチは割とぶっ飛んだことをしますけど、催眠に関しては癒しのパワーが強いです。
上のセリフのように擬声語を適度に挟んでリラックスや脱力を直感的に促し
さらにゆっくりのんびり語りかけて彼の言葉を受け入れやすい状況を作ります。

疲れてる時に聴いたらそのまま寝落ちする人がいるんじゃないでしょうか。
脱力を重視してるおかげで体の重さや動かない感覚を実感しやすいです。

「ゆっくりと 落ちていくのも すとーんと落ちていくのも とってもいいですよね」
「ふわふわーって もやが広がっていくみたい 頭の中 ぼーんやり ぼーっとして 思考が鈍って ふわふわの心地よさに 意識を任せていきましょうね」

ある程度経つと催眠状態をより深める暗示が登場します。
「落ちる」「ぼーっとする」と表現を変えて働きかける堅実なアプローチです。
時間がそれほど長くないからでしょうけど、暗示を厚めに入れることを心がけてました。
特定の感覚を言い回しを変えながら伝えたり、複数の感覚を並行して伝えるなど
以前から催眠が上手なサークルさんの持ち味がきちんと出てます。

2番目の「02_スイッチ」はエッチの準備にあたるパート(約3分)。
彼女の感覚を電気のスイッチに例え、それをつける音を鳴らしながら感度が上がる暗示を入れます。

「背筋を通って ゾクゾクと みっつめ 感覚が鋭くなっていく」
本作品はこのパートから先で効果音を鳴らすシーンが多く
それぞれに対応した音と暗示を組み合わせて彼に従う喜びを教えます。
ここでスイッチ音を鳴らすのもエッチに向けた心の準備をさせるためなのかもしれません。
「パチン」という音が心地よく、体がちょっぴり熱くなるのを感じました。

本題の調教とはあまり絡めず手堅く誘導する癒し系の催眠です。
聴き手の心と体を記者君に従いやすくすることを目的に
深呼吸を交えた脱力と深化、カウントを数えながらする追加の脱力と深化
そしてスイッチ音を使った感度強化とほぼ一直線に進みます。

全体の構成や暗示が優れてるのは間違いないですけど
サークル主で声の担当もされてる望さんの演技もそれを引き出す大事な役割を果たします。
伝えたい暗示の時だけちょっぴり間延びさせる独特な話し方をしてました。
トーンの低い声や適度な間を取るリズムもリラックスに適してます。
同性の私が聴いてもかなり入りやすかったです。
エッチな印をひとつずつ刻まれて
初回用のエッチシーンは5パート34分間。
プレイは首輪の装着、体の愛撫、脚を舐められる、スパンキング、キス、足で踏まれる、記念撮影です。

首輪の装着、体の愛撫、スパンキング、足で踏まれる、記念撮影の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「従属 嗜虐 管理 羞恥 そして隷属 きっちに刻み付けて 虜にして」
催眠を使って主人公を普段よりも従順にした記者君は
主従関係の第一歩として用意した首輪を装着します。

エッチはご主人様にあたる彼が終始責め続けます。
最初の2パート13分間は2人の関係を確立させながら気持ちよくするシーン。
「03_首輪」(約2分)は革っぽい音を鳴らして首輪をつけ
「04_被虐」(約11分)は体の愛撫、脚舐め、スパンキングをされます。

「太もも 気持ちいいね どんどん熱くなる 太ももの付け根 快感がぐつぐつ 気持ちいい」
割とニッチなプレイが出てきますが彼の態度は引き続き穏やか。
このプレイを受け入れやすく感じるように実況しながら気持ちよくなる暗示を小まめに入れます。
どのプレイにも効果音が用意されてるおかげで何をしてるかがすぐわかるのも良いです。
体の愛撫は軽い摩擦音が時々鳴ってましたからたぶん鳴らしてるのだと思います。

「叩かれて 興奮して 気持ちよくなって そういう人の呼ばれ方 知ってますよね?」
この中で最も力を入れてるのはスパンキング。
「ぺしっ」という音を多めに鳴らしてMの快感をくすぐります。
女性向けだから少しやる程度だろうと思ってだけに回数が割と多くて驚きました。
そうやって心と体に彼の所有物になった事実を刻み付けます。

続く3パート21分間は別の烙印を刻むシーン。
「05_管理」(約7分)は気持ちよくなる暗示を引き続き入れてからのおあずけ
「06_写真」(約7分)は恥ずかしいポーズを取ったり下着姿になって写真撮影される
「07_隷属」(約7分)はカウントを交えた絶頂への追い込みと名前に合ったプレイをします。

「恥ずかしくて 気持ちいい 堪らなく気持ちいい その心が 羞恥の証」
この中で最も個性があるのは06パートでしょうね。
見られる快感や見せつける快感といった露出性癖を刺激します。
実際に外へ出てやるわけではありませんから至って安全です。
シャッター音が鳴ることも含めて本作品の特徴がわかりやすく出てます。

このように、タイトルの「烙印」を刻むことを意識したM向けのプレイが繰り広げられてます。
攻めてる作品
男性向けでやりそうなプレイに敢えて挑戦してる意欲作です。

記者君は主人公を自分の従順なペットにしようと
まずは催眠を通じて心も体も十分リラックスさせて受け入れやすい環境を整えます。
そしてエッチは従属、被虐、管理、羞恥、隷属とパートごとに異なるテーマを掲げ
プレイに合った効果音と暗示を組み合わせてMの快感を味わわせます。

記者をやってる男性が催眠を交えたサービスで女性を調教するM向けのシチュ
深呼吸や脱力といった癒しの要素を充実させた質の高い催眠
女性向け催眠音声ではあまり見かけないプレイを積極的に盛り込んだエッチ。
催眠はしっかりやりつつMな人が満足できるように作品を組み立ててます。

「音が聞こえるたび 全身に あまーい快感が走って 頭 真っ白になっちゃいますね」
体への責めは割かしハードですけど、セリフはそれよりもずっと甘いおかげで
音声を聴いた時の印象は意外と柔らかく感じました。
私が男性向けのドM作品を色々聴いてるからというのもあるのでしょうけど…。

スパンキングをする時点で大衆向けとは言えませんし
ご自分の性癖と相談して聴くかどうか判断してみてください。
催眠は過去作と同じくらいレベルが高いです。

効果音それなり、ちゅぱ音そこそこ、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:望さん
総時間 1:38:39(本編…1:27:53 フリートーク…10:46 初回用…1:01:37)


体験版はこちらにあります