サークル「ラムネ屋」さんの催眠音声作品。
今年3月に処女作を出されたばかりの新しいサークルさんです。

今回紹介する作品は、クールで知的好奇心旺盛な同級生が
自分に好意を寄せてる男子に催眠を交えたエッチな実験をします。

ヤバさを極力薄めてドM向けのプレイをするのが特徴で
催眠は深呼吸を長めにやりながら不安を取り除く暗示を入れて心身を楽にさせ
エッチも前半は彼が望むことをやり、後半から指や器具でアナルを重点的に責めます。
恋人は無理だけどペットなら
同級生の秋野梨花がする実験に協力するお話。

「私の名前は梨花 高校3年生 最近は受験勉強なんて周りの凡人は騒いでるが 私には関係ない」
梨花はトーンが低くてクールな声の女の子。
自分の身の上や最近催眠に興味があることを話すと
その実験道具として目をつけた主人公に声をかけます。

本作品は多くの大学から声がかかるほど高い知能を持つ彼女が
勉強、運動ともにダメだけど自分に好意を寄せてる彼と50分程度のエッチな実験をします。
彼女は現在催眠の可能性を模索しており
それを使って彼の心身を意のままに操ることを目指します。
そのため痛みや苦しみを与えるシーンはほぼなく、むしろ彼を喜ばせる方針で進めます。

「私の言うことを聞く実験動物が欲しいと思っていたところだ」
最初から彼を自分より下に扱ったり、声や口調が終始クールなことから
彼女が彼を対等な男性として見てないことは明らかです。
でも催眠音声は信頼関係が重要になるので、それを崩さないよう気をつける優しさも見られます。

わざわざ「ドマゾ向け」と書いてあるくらいだから何をするか不安なところもあったのですが
エッチの終盤にアブノーマルなことをする以外は割と穏やかで聴きやすいです。
また新規のサークルさんでは珍しく暗示を丁寧に入れることを心がけてます。

ただし、タイトルから連想されるメス堕ちの成分はかなり弱いです。
詳細は後で説明しますけど、それよりも同い年の女性に調教される快感を味わわせることを重視してます。
呼吸に合わせて悪いものを吐き出そう
催眠はおよそ10分間。
ベッドに横になり、まずは深呼吸しながら彼女の言葉に耳を傾けます。
目はエッチの開始時に閉じる指示が出ますけど、開けてる状況を活用することは特にないので
最初から閉じておいたほうがリラックスできるし催眠にも入りやすくなります。

「いらないものを含んだ空気は 息を吐くたびに外に飛び出していく」
「私の声を聞くのが気持ちいい 私の声を聞くと 体の芯が温かくなっていき 幸せな気持ちになる」

「吸って」「吐いて」と合図を出して大まかなペースを教え
2セットやるごとに体の中から悪いものが出る暗示や
彼女の声や言葉に対して良い印象を抱く暗示を入れて主に心を緩めます。

彼女のキャラが割と高圧的だったのでこういう誘導をするのは意外でした。
彼をモルモット扱いしたうえで2人とも楽しめるようにリードします。
時間が短いからでしょうけど暗示の量を多めに設定してあります。

4分くらい深呼吸を続けた後は若干スタイルが変わります。
3カウントダウンに合わせて呼吸を行い、その後10秒ほど息を止めてから吐き出します。
そして最後に簡単な指示を出して彼女のペットになったことを実感させます。

「プールの後のような心地のいい疲労感 不安や考え事は息を吐いたと同時に宙に消えた」
彼にとって今回の実験は初めてなので
彼女は彼が不安を抱くことを予測してたのでしょう。
だからわざわざ先ほどとは別のやり方でそれを解消しようとします。
てっきり深化の暗示を入れてくると思ってたのですが、普通に脱力させる感じでした。

深呼吸しながら暗示を入れる非常にシンプルな催眠です。
聴き手の心を梨花の言いなりにすることを目的に
前半は通常の深呼吸にリラックスする暗示を入れるスタイル
後半は息を軽く止めてから吐き出し、それに合わせて暗示を入れるスタイルと
やり方を少し変えて彼女の言葉を受け入れやすくします。

深呼吸メインなのでリラックスはできるでしょうけど
深化にあたるシーンが特になく、おそらくは浅いところに留まると思います。
リラックスはあくまでより深い催眠状態に入るための準備に過ぎませんから
カウントに合わせて深化の暗示を入れて落とし、その後にエッチで効果的な暗示を入れるのが望ましいです。
やってることは悪くないけどもう少し追加要素が欲しいです。
飴と鞭でスムーズに調教
エッチシーンは2パート28分間。
プレイは足の拘束、耳舐め、ベロチュー、フェラのイメージ、アナル責めです。

拘束、服を脱がす、アナル責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「では 次は直接君の肉体に刺激を与えるとしよう」
催眠を使って主人公の心を支配した梨花は
彼の両足だけ拘束してから口を使って性感帯を刺激します。

エッチは身動きの取れない彼を彼女が責め続けます。
前半の「第三章【トランスフェラ絶頂】」は2人の関係をより定着させることを意識したプレイ(約13分)。
左右の耳を片方ずつ舐めるところから始まり
ベロチュー→フェラのイメージと少しずつ踏み込んだものに移ります。

「今から私は舌で 君の耳を舐める 舐め終わったら 君は私の舌がどんなものより愛しく感じるようになる」
エッチに入っても催眠重視の姿勢は変わりません。
このパートの鍵となる彼女の舌に愛おしさを感じる暗示を入れ
実際にちゅぱ音を鳴らしてから後押しして彼が自分からペットになりたくなるよう誘導します。

ちゅぱ音を鳴らす時間はかなり短いので暗示のほうが存在感は大きいです。
催眠パートよりも声が若干嗜虐的になりますけどやってることは結構マイルドでした。

中盤にベロチューするのがそう言える大きな要因です。
彼は物語の開始時点から彼女と付き合いたいと思ってました。
結局は恋人じゃなく主従になるのですが、そんな状況でのキスはかなりのご褒美と言えます。
実験はちゃんとやるけど彼にもメリットを与えて気分よく協力できる環境を作ります。

「君が感じているのは 私の舌と 口に包まれてるチンポの温かさだけ」
パート終盤のフェラについてはちゅぱ音をほとんど鳴らさず
おちんちんが彼女の口に包まれてる感触を伝えてイメージ力を膨らませます。
そして最後はカウントに合わせて「イケ」を連呼して追い込みます。
作中では射精してますけど、この内容ならドライのほうが迎えやすいんじゃないかなと。

続く「第四章【ドマゾケツ穴雌イキ絶頂】」は実験色の強いプレイ(約15分)。
彼に自分でアナルを開かせ、そこにローションを垂らしてから指や器具を挿入します。

「人差し指と薬指で 優しくあなたのアナルを撫でる あなたはそれだけで ふわふわと気持ちよく 私にお尻をさらに突き出してしまう」
控えめな音量で水音を鳴らしながらプレイの様子をわかりやすく実況し
さらにそうされることに快感を覚えさせる親切丁寧なリードが光ります。
自分の意志で彼女のペットになる時点で彼がMなのは間違いないですから
好きな人に恥ずかしい部分をゆっくり開発されるのは嬉しいのではないでしょうか。
プレイは前半よりもアブノーマルですけど、進め方や雰囲気はきちんと維持されてます。

「君は異物感に苦しくなるが だんだんだんだん アナルをいじる私の指が鮮明に感じられ 苦痛が快感に変わっていく」
「アナルの中で指を曲げられると 腰が跳ねてしまうような 悶えてしまうような快感だろう?」

また経験者がそれほどいないことを踏まえて、前半よりも感覚を伝える暗示を強化してました。
ローションつきの指で入り口を優しく撫でられる感触
そのまま挿入される圧迫感、そして指を曲げられ前立腺を刺激される気持ちよさ。
アナル責めから連想される様々な要素を聴き手視点で語り臨場感を出します。

私が聴いた時は催眠が弱いせいであまり深く入れなかったのですが
それでもこのシーンではお尻のあたりが自然とムズムズしました。
終盤には「ぶぅぅぅぅん」という振動音を鳴らしながらバイブ機能付きのエネマグラで責めるなど
言葉と音を組み合わせて彼女にアナル開発されてる気分を味わわせます。

ただし、フィニッシュを射精にしてる点だけは残念です。
本作品のテーマはメス堕ちですから、ここはむしろ女性になりきらせてイかせるほうがしっくりきます。
タイトルとやってることがズレてたら聴き手は満足できませんからね。
まだ2作目だから仕方ないのでしょうけど、目的を見据えてプレイを組み立てたほうがいいと思います。

このように、飴と鞭を使い分けて調教する比較的穏やかなエッチが繰り広げられてます。
惜しい作品
進め方が丁寧だしプレイも個性なのだけどもったいないところもある作品です。

梨花はペットになってでも自分と一緒にいたい主人公を使って知的好奇心を満たそうと
まずは催眠をかけて彼の気持ちをほぐしながら主従関係を明確にします。
そしてエッチは前半と後半でやることを大きく変えて自分好みの体に変えます。

頭脳明晰でSっ気もある同級生のペットになって調教されるM~ドM向けのシチュ
深呼吸と暗示を組み合わせてリラックスさせるコンパクトな催眠
信頼関係が崩れないよう優しくしながら実験を進めるアブノーマルなエッチ。
つい先日まで同級生だった女性に弄ばれる快感を味わわせる方針で仕上げてます。

中でもエッチはもっと乱暴なことをするのかと思いきや
彼に十分美味しい思いをさせたうえで好き放題する譲歩した内容になってます。
彼女は頭が良いので催眠にとって何が重要かもよく心得てるのでしょう。
だから無理矢理何かしたりせず、彼が自分からそれを望むように言葉をかけます。

新規のサークルさんだと無茶苦茶なことをするケースも割とあるので
このへんがしっかりしてるのは意外だったし安心しました。
エッチをする際にイメージしやすくなる配慮もされてたりして作りが丁寧です。
今後制作を続けていけばまだまだ伸びる可能性を感じました。

それに対してイマイチだったところもいくつかあります。
催眠パートが弱い、エッチの準備(暗示とイメージ)が長いせいで実際に責める時間が短くなってる
アナル責めの内容がテーマのメス堕ちからズレてる、解除音声がないなどです。

特に最後は催眠音声では必須の要素ですから入れておいて欲しいです。
この作品を聴いた方は無料で構いませんから解除音声を必ず聴いてください。
良いところと残念なところがはっきりしてる作品だなと。

絶頂シーンは2回。
淫語それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:不明
総時間 51:14

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

追記
2020年5月28日まで30%OFFの770円で販売されてます。