サークル「殊更クリエイト」さんの無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかで仕事熱心な女性執行人が
とある罪を犯した男性に変わったお仕置きをします。

無理矢理感を出さずに女体化と肉便器化をするのが特徴で
催眠は深呼吸や脱力でしっかりリラックスさせてから体の変化を実感させ
エッチは2種類のレッスンを挟んだ後に本番へ進み、おちんちんに責められる快感を少しずつ教えます。
性犯罪者への効果的な罰
執行人に催眠をかけられ彼女や他の人に責められるお話。

「いらっしゃい、あなたが性犯罪を犯した、犯罪者くん、ね?」
執行人は明るくて穏やかな声の女の子。
音声を聴く際の注意事項や物語の背景を簡単に説明すると
性犯罪の容疑がかけられてる主人公に挨拶し、その罪状を確認します。

本作品は痴漢をした可能性がある彼を確実に更生させようと
彼女がおよそ80分に渡って女体化催眠をかけたり変わったエッチをします。
この世界にはふたなり女性が数多く存在し、それによって性犯罪が今よりも増加してます。
そこで政府は刑務所に入れたりせず奉仕活動をさせて罪を償わせることにしました。

「これは、犯罪者を更生させるもの。被害にあった女性がどんなことをされたのかを奉仕的に体験して、あなたがどれだけ罪深いことをしたのかを分からせるの」
こういう事情があるので彼が痛みや苦しみを味わうことはありません。
その代わり体を女性に変えられ、おちんちんで何度も責められて自分の犯した罪の重さを認識させます。
といっても実際は気持ちよくなるだけですからお仕置きよりもご褒美に近いです。

テーマは「肉便器化」
不特定多数のおちんちんにおまんこを貫かれても喜ぶビッチにしようと
彼女が一歩ずつ丁寧に進めながら女性の快感や犯される喜びを教えます。

殊更クリエイトさんが女体化作品を出されるのは確か初だったはずなので
全体の進め方やエッチの内容を割とマイルドに調整してます。
終盤は肉便器らしさが出るようガンガン責めますけど
実況をしっかりやったり暗示を小まめに入れるきめ細かなリードをしてくれます。

女体化→肉便器化と順を追って進めますから
女体催眠の経験がある人ならやりやすく感じるでしょう。
おちんちんに対する認識を変えるアプローチもあったりして面白いです。
リラックス重視の堅実な催眠
催眠は2パート22分間。
服を脱いで横になり、まずは執行人に言われた部位に力を入れて脱力します。
そして次は深呼吸を繰り返して心もリラックスします。
目は途中で閉じる指示が出ますから最初は開けておくのがいいでしょう。

「はい。すーっと右腕から力を抜いていく。右腕から力が抜けて楽になる」
「ゆっくりと、目を閉じて。すーっと目を閉じる。すると、目に使っていた力がすーっと抜けていく」

脱力は合図を出しながら抜いた直後にリラックスを後押しする
深呼吸は簡単なイメージを交えて清涼感を与える、といった具合に
どちらも基本を押さえて手堅く進めて女体化を受け入れやすくします。
深呼吸を終えた後に目を閉じるシーンがあるのですが
10分くらい我慢した後にするおかげで目を中心に心地いい感覚がぶわーっと広がりました。

女体化が始まるのはその次から。
薬の効果で変化した彼の体を性差の出やすい部分を中心に実況し
女性に関するちょっとした勉強を挟んでからカウントを数えて催眠状態を深めます。

「お尻の穴のちょっと上から、おちんちんがあったところくらいまで縦筋が伸びる。その中で、おちんちんの名残のクリトリス、膣の入り口の小陰唇」
変化を実況するシーンは割と重要なところなので細かい描写をしてました。
股間が軽くなる、すーすーするといった主観的な感覚の違いに触れても良かったかもしれません。
あと女体化初挑戦なら事前にもっと深化させてから女体化に移ったほうがスムーズに進んだでしょうね。
その直後に行う勉強は現代催眠のテクニックを使って誘導します。

暗示を受け入れやすい状況を作ってから女体化に進むテーマに沿った催眠です。
聴き手を自分がイメージした女性の姿へ変えることを目的に
古典催眠の漸進的弛緩法から入って深呼吸、イメージ重視の女体化
現代催眠のイエスセット、そしてカウントによる深化を行います。

女体化がやや軽いかなとも思うのですが、本作品はエッチを通じてそれを強化するように作られてるので
女体化催眠をある程度経験してる人なら後々気持ちよくなりやすいと思います。
催眠は必要最低限のことをやって、エッチに力を入れてるタイプです。
肉便器の喜びを教えるエッチ
エッチシーンは3パート41分間。
プレイはおちんちんの匂いを嗅ぐ、乳首責め、手マン、デコレーション、SEX(正常位)です。

匂いを嗅ぐ、手マン、デコレーション、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「じゃあ、さっそく始めましょうか、ご奉仕の、お勉強」
催眠を使って主人公を女性の体に変えた執行人は
肉便器になる第一歩として性感帯を責められる喜びを教えます。

エッチは彼女や途中から登場する3人の男女に責められます。
最初の2パート19分間は研修に近い内容。
「4th_レッスン1_上のお勉強」は乳首、「5th_レッスン2_下のお勉強」はおまんこをいじって
女性になったことを強く実感させながら1回だけ絶頂させます。

「とーっても甘い匂いを出している飴。舐めればとっても甘い味がする。そして、中にはあまーい蜜が詰まってるの」
エッチに入っても彼女の穏やかなキャラは変わりません。
自分に生えてるおちんちんを咥えたがらない彼にそれが飴だと思う暗示を入れ
匂いを嗅がせながら乳首をいじってプラスの印象を与えます。
ちなみにおまけでフェラするバージョンも存在します。

肉便器になるにはおちんちんを何度も挿入&中出しされる必要があるので
この時点からおちんちんに対する抵抗心を和らげることを重視します。
最初はピンと来なかったとしても、終盤になる頃にはあまり気にならなくなるでしょう。
プレイを通じて「おちんちんに屈服するのは気持ちいい」とじっくり教えます。

「ほら、この乳首、摘まむよ。乳首をつまむとね、乳首から快感が走るの。とってもあまーい快感が走る」
「じわーってした快感が擦られるたびに股間の内側から湧き出てくるんだよ。それがおまんこの快感」

もちろん体を気持ちよくすることも忘れません。
レッスン1は「ぐり ぐり」と掛け声を挟みながら気持ちよくなる暗示を入れ
レッスン2は掛け声から効果音に変わり股間に熱と疼きを与えます。
それでいて決して満足させないところが彼女らしいなと。
本番に向けて心身の熱を高め、さらに期待も煽ります。

最後の「6th_便女のご奉仕」はいよいよ肉便器になるシーン(約22分)。
場所を公衆トイレの一室に移し、そこで3人の男女と一対一でSEXします。

「ビクビクって体が痙攣して快感が体を貫く。おちんちんは子宮目がけて精液を放出する。びゅるびゅる、って精液が子宮にぶっかけられる。子宮が精液に喜んで、快感が生まれる」
1人目はふたなり、2人目は短小の男性、3人目は巨根の男性とそれぞれに違った特徴を持たせ
おちんちんに責められ中出しされる様子を丁寧に実況し、暗示で快感を伝えます。
執行人は別の場所でこの様子を見守る天の声を担当するので
前の2パートよりもこちらのほうが実況や暗示が充実してました。

3人とも最初から発情してる設定にして前戯の時間を極力省き
主人公のおまんこへ腰を打ちつける様子だけを描いたエロさも高いパートです。
相手の動きによってピストン音が変わる凝った演出もされてますし
上手く催眠に入れていたら股間を中心に熱が高まるのを感じるでしょう。

「体を何度もビクビクさせて、快感に体を震わせる。頭がふわふわ、あまーくとろける。幸せ、幸せ、幸せ」
あとは見知らぬ人のおちんちんで何度もイかされるシチュも興奮を後押しします。
内容は凌辱っぽいですけど、執行人は背徳感や絶望感よりも幸福感を伝えることに力を入れてます。
そのほうが肉便器のキャラに合ってますし、聴きやすくもなるのでいいんじゃないかなと。

レッスン2を聴いた時点では「テーマの割に生ぬるいなぁ」と思ってたのですが
このパートを聴いたらその認識が一気に覆りました。
「なるほど、ここを存分に楽しませるためにソフトなプレイをしてたのか」と。
ギャップを生み出す効果もあってイキやすいプレイに仕上がってます。

このように、聴き手に嫌な気分を与えずに肉便器化する親切でハードなエッチが繰り広げられてます。
ゆっくり堕とす作品
タイトルの「便女(肉便器)」と「甘さ」を大事にしてる作品です。

執行人は性犯罪をした疑いがある主人公を効果的な手段で更生しようと
まずは催眠を使っておちんちんを入れられる側に体を作り変えます。
そしてエッチはおまんこを責められる時間を多く取り、指や複数のおちんちんで責め立てます。

態度は穏やかだけどやることはしっかりやる執行人が肉便器化の催眠をかける変わったシチュ
古典催眠の技術をベースに深化や女体化を進めるスタンダードな催眠
前半は研修で女性の快感を教え、後半からおちんちんを代わる代わる挿入される丁寧なエッチ。
テーマの肉便器化をいかにリアルに、そして気持ちよく味わわせるかを考えて作品を組み立ててます。

「最後には自ら男性やふたなり女性のおちんちんを求めるようになるから。楽しみにしててね」
犯罪者に対するお仕置きとは思えないほど雰囲気が穏やかなのも意外でした。
彼女は別段彼に情けをかけてるわけではありません。
それどころか女性の快楽に溺れさせて今後二度と痴漢をしたいと思わせないようにします。
彼に冤罪の可能性がある点を考慮したのかもしれませんね。

エッチは前項でも書きましたが最終パートが一番の聴きどころです。
ここを楽しめるように時間をかけてリードします。
おまんこをガンガン責めることから絶頂は股間が起点になるでしょう。
私が聴いた時もお漏らししたような生暖かい感覚が絶頂時に広がりました。

絶頂シーンは6回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

exパートは4つの音声、おまけはフェラありバージョンです。

CV:VOICEROID2 紲星あかりさん
総時間 2:48:47(本編…1:23:24 exパート…21:35 おまけ…1:03:48)

視聴&ダウンロードはこちら
https://ci-en.dlsite.com/creator/5186/article/258411