彼女と彼女の姉に色々されちゃう催眠

サークル「Si-A」さんの無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くて初々しい女の子が
最近疲れてる恋人を催眠で癒したりエッチで気持ちよくします。

時間、内容いずれも催眠を重視したものになっており
総時間の半分以上を誘導と深化に割いて催眠状態をしっかり深め
エッチは一般的なプレイをやらず暗示とカウントを駆使して絶頂まで持っていきます。
技術がしっかりしてるので催眠特有の心地いい感覚を味わえるでしょう。
可愛い彼女がする癒しのサービス
亜衣にマッサージを交えた催眠をかけてもらうお話。

「ど、どうぞ入って?」
亜衣は明るくて可愛い声の女の子。
緊張した様子で主人公を自宅に迎え麦茶を用意すると
男の人を部屋に入れるのが初めてなのでドキドキしてると言います。

本作品は男性との付き合いにまだ慣れてない初々しい女の子が
本を読み過ぎてお疲れ気味な彼を40分近くに渡って癒したり気持ちよくします。
彼を自宅に呼ぶのが初めてということはまだ恋人になったばかりなのでしょう。
だからエッチは一般的なプレイを避けて暗示で快感をコントロールします。

タイトルや挿し絵から彼女の姉(麻衣)と一緒にお世話する
双子形式の作品と思う人もいるんじゃないでしょうか。
ですが実際は麻衣が登場するのは冒頭の3分間だけで、あとは亜衣が1人で行います。

サークルさんによるとこれは複数あるルートのひとつだそうです。
姉が1人で、もしくは2人が協力してお世話する話も今後出てくるのでしょう。
まだ先がありそうな終わり方をしてましたし、シリーズの1作目と見るのが妥当です。

内容については総時間が短めなことを踏まえて催眠重視の構成になっており
彼の体をマッサージしながら暗示を入れてリラックスさせてからきっちり落とします。
そしてエッチは催眠で生まれた感覚を引き継ぎ強化する方針で進めます。

催眠に入ってるのが前提の責め方をするから入念に誘導するわけです。
まだ2作目ですけど技術力は十分なレベルに達しており簡単に入ることができました。
基本に忠実と言いますか、定番の技法を作品に合わせてアレンジしながら手堅くやります。
心身をゆっくり脱力する催眠
催眠は2パート20分間。
仰向けに横になって目を瞑り、軽く深呼吸してから亜衣が体をマッサージします。

「足の裏に 私に手が触れる 手が触れると 触れた部分に 意識が向いていくよね」
マッサージは左右の足から始まり脹脛、太もも
二の腕、肘、手のひら、頭と全身をパーツごとに分けて13分くらい行います。
効果音は鳴らさず実況しながら揉まれる感覚を聴き手視点で伝えてました。
「力が抜ける」と言うことが多いので後になるほど脱力を強く実感できます。

「力が抜けると どうなるんだっけ? そう 頭の力が抜けて ぼーっとしてくる」
複数の感覚を関連づけて少しずつ変化させるのも良いですね。
「体が温かくなると力が抜ける、力が抜けると意識がぼんやりする」といった具合に
簡単なところから始めて催眠状態が少しずつ深まるようにリードします。

前項で「エッチは催眠で生まれた感覚を引き継ぐ」と書きましたが
この時点からその流れは既に始まってます。
温感や脱力感は比較的実感しやすい感覚ですし、催眠音声初心者を見据えた親切なアプローチと言えます。

次の深化パートは催眠状態をさらに深めるシーン。
カウントアップで半覚醒し、カウントダウンで深化するのを数回繰り返します。

「沈む ずーんと沈む さっきと同じ心地のいい世界まで沈んでいく」
カウントダウンする際に「沈む」と繰り返し暗示を入れるため
回数を重ねるたびに体がもっと重くなったり全身が落ちる感覚がするでしょう。
催眠音声でよく使われる「揺さぶり」という技法で非常に効果的です。

当初の予定通りマッサージしてから落とすシンプルな催眠です。
聴き手を癒しつつ亜衣の言葉に反応できるようにすることを目的に
深呼吸から入って両手両足を重点的に行う分割弛緩法、そして揺さぶりと
古典催眠の技法を作品に合ったやり方で行使します。

どれも催眠音声では定番の技法なのでリラックスしやすいです。
マッサージ音を入れても良かった気はしますが
それ無しでも十分深化できる品質を持ってます。
体の火照りをエッチな熱に変換
エッチシーンはおよそ9分間。
プレイは言葉による絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「ほら 私の声が 体全体に響き渡る 声が響くと なんだか今までと違う感覚が 体の奥底から湧き上がってくる」
催眠を使って主人公の疲れを取り除いた亜衣は
それによって生まれた温かさをエッチな熱に変えて別の気持ちよさを与えます。

エッチは体を一切接触させず言葉だけでイかせます。
内容は最初の8分間をカウントを交えた感度上昇に費やし
残りの1分で連続絶頂させるコンパクトなものです。

「快感を逃がそうと体を動かすと 服が擦れて ゾワゾワとした感覚が走り さらに気持ちよくなっちゃう」
ソフトな部類に属しますけど上手く催眠に入れていれば色んな感覚が味わえます。
体がかーっと熱くなる、手足がピリピリ痺れる、脳や股間にエネルギーが集まってくるなどです。
特に熱は催眠パートで入念に伝えてたおかげで変化がわかりやすかったです。

時間がかなり短いことから絶頂できるかどうかは人によると思います。
私が聴いた時は絶頂の手前あたりまで行って終わりました。
もう5分くらい長ければ1回ならイけそうな雰囲気を感じます。

恋人なのにこういうプレイをしたのは心の準備ができてないからでしょう。
最初のほうでも書いたように、この作品はシリーズ化される可能性が高いので
次回作以降でより踏み込んだことをするのだろうと予想してます。

このように、純粋なエロさを極力削った催眠音声らしいエッチが繰り広げられてます。
堅実な作品
催眠をしっかりかけて、その効果を体感してもらうことを強く意識した作品です。

亜衣は初めて自宅へ招いた主人公の疲れを効果的に取り除こうと
まずは体をマッサージしながら力が抜ける暗示を入れて外側から気持ちよくします。
そしてエッチはマッサージの熱を性的快感に変えて内側から気持ちよくします。

可愛くて初々しい彼女が愛する恋人を催眠で癒す甘いシチュ
手足の脱力を入念にしながら意識の力も弱める手堅い催眠
体への刺激を一切与えず暗示だけで気持ちよくする変わったエッチ。
催眠音声だからこそできることを貫く方針で作品を組み立ててます。

中でも催眠は時間が十分に取られてますし内容もテーマに沿ってて良いです。
「色々されちゃう」と言うほど奇抜なことはやりませんけど
彼女のキャラを考えればこれでも十分頑張ってるほうだと思います。
もしかしたら姉との差別化を図るためにこうしたのかもしれません。

絶頂シーンは4回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

催眠の感覚を掴みたい初心者には特におすすめします。

CV:篠守ゆきこさん
総時間 37:28

ダウンロードはこちらから
https://ci-en.dlsite.com/creator/2238/article/256410